村上 英介EISUKE MURAKAMI

Last Updated :2019/06/03

所属・職名
病院(医) 消化器診療科 助教
メールアドレス
emusukehiroshima-u.ac.jp

基本情報

学歴

  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 博士課程創生医科学専攻, 日本, 2010年04月, 2014年09月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1998年04月, 2004年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 消化器内科学

所属学会

  • 日本肝臓学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本内科学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Ultradeep sequencing study of chronic hepatitis C virus genotype 1 infection in patients treated with daclatasvir, peginterferon, and ribavirin., Antimicrobial Agents and Chemotherapy, 58巻, 4号, pp.2105-pp.2112, 2014,1,27
  2. ★, Effect of tenofovir disoproxil fumarate on drug-resistant HBV clones., Journal of infection, 72巻, 1号, pp.91-pp.102, 2015,10,26
  3. Hepatic arterial infusion chemotherapy using 5-fluorouracil and systemic interferon-alpha for advanced hepatocellular carcinoma in combination with or without three-dimensional conformal radiotherapy to venous tumor thrombosis in hepatic vein or inferior vena cava., Hepatology Research, 42巻, 5号, pp.442-pp.453, 2011,11,16
  4. Hepatic arterial infusion chemotherapy followed by sorafenib in patients with advanced hepatocellular carcinoma (HICS 55): an open label, non-comparative, phase II trial, BMC CANCER, 18巻, JUN 4 2018

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 糖尿病合併非アルコール性脂肪肝炎に対する SGLT2阻害薬の治療効果の解析, 第42 回日本肝臓学会 西部会, 2017年11月30日, 通常, 日本語
  2. 非B非C型慢性肝疾患患者の アルコール摂取量で群別化した比較検討, 第104 回日本消化器病学会総会, 2018年04月19日, 通常, 日本語
  3. 2型糖尿病合併非アルコール性脂肪肝炎に対するGLP-1受容体作動薬の治療効果の解析, 2018年06月14日, 通常, 日本語

受賞

  1. 平成25年度 日本肝臓学会 研究奨励賞, 日本肝臓学会
  2. 平成27年度 日本肝臓学会 機関誌 High Citation賞, 日本肝臓学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. ギリアド・サイエンシズ株式会社肝疾患領域の研究助成プログラム, 2018年04月01日