力石 真MAKOTO CHIKARAISHI

Last Updated :2017/05/31

所属・職名
大学院国際協力研究科 開発技術講座 准教授

基本情報

主な職歴

  • 2010年04月01日, 2010年04月30日, 広島大学, 大学院国際協力研究科, 研究員
  • 2010年05月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 大学院国際協力研究科, 特任助教
  • 2012年04月01日, 2013年12月31日, 東京大学, 大学院工学系研究科都市工学専攻, 日本学術振興会特別研究員PD
  • 2012年08月, 2012年07月, カーネギーメロン大学, Department of Engineering and Public Policy, 客員研究員
  • 2014年01月01日, 2017年03月31日, 広島大学, 大学院国際協力研究科, 特任准教授
  • 2017年03月, アジア工科大学, School of Engineering and Technology, 客員准教授
  • 2017年04月, 広島大学, 国際協力研究科, 准教授

学位

  • 博士(工学) (広島大学)
  • 修士(工学) (広島大学)

研究分野

  • 工学 / 土木工学 / 土木計画学・交通工学

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 開発技術論
  2. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 調査方法論基礎
  3. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), リスク管理技術論演習
  4. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), リスク管理技術論
  5. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), リスク管理技術論演習
  6. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), リスク管理技術論演習I
  7. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), リスク管理技術論演習II
  8. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), リスク管理技術論演習I
  9. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), リスク管理技術論演習II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Unified closed-form expression of logit and weibit and its extension to a transportation network equilibrium assignment, TRANSPORTATION RESEARCH PART B-METHODOLOGICAL, 81巻, pp.672-pp.685, NOV 2015
  2. Exploring spillover effects of Mobility Management: A case study on changes in electricity consumptions by the Great East Japan Earthquake, CASE STUDIES ON TRANSPORT POLICY, 3巻, 2号, pp.111-pp.119, JUN 2015
  3. EXPLORING THE LONG-TERM CHANGES OF CROSS-SECTIONAL VARIATIONS IN JAPANESE TIME USE BEHAVIOUR, 土木学会論文集D3(土木計画学), 68巻, 3号, pp.200-pp.215, 2012
  4. A joint analysis of residential location, work location and commuting mode choices in Hanoi, Vietnam, JOURNAL OF TRANSPORT GEOGRAPHY, 54巻, pp.181-pp.193, JUN 2016
  5. Discrete choice models with q-product random utilities, TRANSPORTATION RESEARCH PART B-METHODOLOGICAL, 94巻, pp.576-pp.595, NOV 2016
  6. Time use of urban poor and rural poor on activity and travel in Gujarat, India: Similarities and differences, Asian Transport Studies, 4巻, 1号, pp.19-pp.36
  7. Influences of tour complexity and trip flexibility on stated commuting mode: A case of mass rapid transit in Ho Chi Minh City, Asian Transport Studies, 4巻, 3号, pp.536-pp.549, 2017
  8. Elderly’s heterogeneous responses to topographical factors in travel mode choice within a hilly neighborhood: An analysis based on combined GPS and paper-based surveys, European Journal of Transport and Infrastructure Research, 17巻, 3号, pp.411-pp.424, 2017

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), マクロ構造へのフィードバックを考慮した生活行動シミュレーションモデルの開発と適用, 2014年, 2016年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 高齢化ニュータウンの新しい地区交通計画手法, 2011年, 2013年
  3. 科学研究費助成事業(研究活動スタート支援), 交通行動調査の最適設計に向けた変動・変化の構造化手法の開発及びその適用, 2010年, 2011年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 地方都市への若者の移住・定住促進策に関する学融合研究, 2015年, 2019年
  5. 科学研究費助成事業(若手研究(A)), 社会環境と行為の共進化による自律分散的な都市・交通システム創発現象のモデル分析, 2017年, 2020年