津賀 一弘Kazuhiro Tsuga

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯)(歯学)先端歯科補綴学教授
メールアドレス
tsugahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 研究棟C/Research building CC803
TEL:+81-82-257-5675 FAX:+81-82-257-5679
自己紹介
補綴歯科治療および口腔機能検査・リハビリテーションを研究しています。

基本情報

主な職歴

  • 1989年04月01日, 1991年09月30日, 広島大学, 歯学部, 文部教官助手
  • 1991年10月01日, 1993年03月31日, 国家公務員等共済組合連合会, 広島合同庁舎診療所, 歯科医師
  • 1993年04月01日, 1994年10月01日, 広島大学, 歯学部, 文部教官助手
  • 1994年10月01日, 2002年07月31日, 広島大学, 歯学部附属病院, 文部教官講師
  • 2002年08月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 文部科学教官助教授

学歴

  • 広島大学, 歯学研究科, 歯学臨床系歯科補綴学第一, 日本, 1985年04月, 1989年03月
  • 広島大学, 歯学部, 歯学科, 日本, 1979年04月, 1985年03月

学位

  • 歯学博士(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 歯学部 : 歯学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 歯学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 歯学プログラム
  • 口腔保健学プログラム
  • 口腔工学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 補綴・理工系歯学

研究キーワード

  • 歯科補綴学
  • 老年歯科学
  • 口腔機能

所属学会

  • 日本補綴歯科学会, 1985年
  • 日本顎口腔機能学会, 1993年
  • 日本咀嚼学会
  • 日本老年歯科医学会
  • International Association for Dental Research

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 4ターム, 歯学概論
  2. 2019年, 学部専門, 1ターム, 歯科理工学I
  3. 2019年, 学部専門, 2ターム, 歯科理工学II
  4. 2019年, 学部専門, 4ターム, 医療情報処理学
  5. 2019年, 学部専門, 1ターム, 義歯補綴学
  6. 2019年, 学部専門, 1ターム, 補綴学
  7. 2019年, 学部専門, 3ターム, 義歯補綴学
  8. 2019年, 学部専門, 3ターム, 補綴学
  9. 2019年, 学部専門, 3ターム, 無歯顎補綴治療学基礎実習I
  10. 2019年, 学部専門, 4ターム, 無歯顎補綴治療学基礎実習II
  11. 2019年, 学部専門, 3ターム, 歯冠補綴治療学基礎実習I
  12. 2019年, 学部専門, 4ターム, 歯冠補綴治療学基礎実習II
  13. 2019年, 学部専門, 1ターム, 部分無歯顎補綴治療学基礎実習I
  14. 2019年, 学部専門, 2ターム, 部分無歯顎補綴治療学基礎実習II
  15. 2019年, 学部専門, 1ターム, 歯列補綴治療学基礎実習I
  16. 2019年, 学部専門, 2ターム, 歯列補綴治療学基礎実習II
  17. 2019年, 学部専門, 2ターム, 歯科補綴学演習・実習
  18. 2019年, 学部専門, 3ターム, 診断・検査学
  19. 2019年, 学部専門, 3ターム, 口腔インプラント学
  20. 2019年, 学部専門, 3ターム, 歯科臨床英語
  21. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 先端歯科補綴学演習・実習
  22. 2019年, 学部専門, 1ターム, 歯科医療安全学
  23. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 成人・高齢者歯科学
  24. 2019年, 学部専門, 年度, 臨床実習(義歯補綴学)
  25. 2019年, 学部専門, 年度, 臨床実習(クラウンブリッジ補綴学)
  26. 2019年, 学部専門, 4ターム, 医療情報処理学
  27. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 口腔工学概論
  28. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 成人・高齢者歯科学
  29. 2019年, 学部専門, 1ターム, 歯科医療管理学示説B
  30. 2019年, 学部専門, 4ターム, 医療情報処理学
  31. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 成人・高齢者歯科学
  32. 2019年, 学部専門, 1ターム, 歯科医療管理学示説B
  33. 2019年, 学部専門, 1ターム, スポーツ歯科・顎関節症保健学
  34. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 先端歯科補綴学特別演習
  35. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 先端歯科補綴学特別演習
  36. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 先端歯科補綴学特別実験
  37. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 先端歯科補綴学特別実験
  38. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 先端歯科補綴学特別演習
  39. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 先端歯科補綴学特別演習
  40. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 先端歯科補綴学特別研究
  41. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 先端歯科補綴学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Manometric evaluation of oral function with a hand-held balloon probe, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 38巻, 9号, pp. 680-685, 201109
  2. Comparison of Three Types of Tongue Pressure Measurement Devices, DYSPHAGIA, 26巻, 3号, pp. 232-237, 201109
  3. Dimensional measurement and finite element analysis of I-bar clasps in clinical use, Journal of Oral Rehabilitation, 27巻, pp. 935-939, 20000401
  4. 顎機能評価法としての咀嚼筋筋電図新分析システムの開発とその応用に関する研究, 広島大学歯学雑誌, 21巻, 1号, pp. 44-59, 19890401
  5. The influeuce of muscle fatigue on masseteric silent period., Dentistry in Japan, 26号, pp. 65-69, 19890401
  6. テレスコープ義歯装着者の咀嚼筋活動の経時的変化-下顎片側遊離端欠損症例の場合, 日本補綴歯科学会雑誌, 33巻, 6号, pp. 1496-1500, 19890401
  7. 顎口腔機能異常診断への多変量解析の応用, 日本補綴歯科学会雑誌, 34巻, 4号, pp. 739-742, 19900401
  8. 顎口腔機能異常者の下顎切歯点限界運動に関する研究-診断パラメーターの確立, 日本補綴歯科学会雑誌, 34巻, 2号, pp. 333-339, 19900401
  9. POSを目指す補綴卒前臨床教育の試み-舌側床装置装着による学生相互実習を通して-(共著), 広島大学歯学雑誌, 27巻, 1号, pp. 139-144, 19950401
  10. ランパントカリエスと歯周炎を併発していた壮年期の男性に対する診療-チームアプローチを行った症例-(共著), 広島大学歯学雑誌, 27巻, 1号, pp. 302-305, 19950401
  11. 実験的口蓋床の持続的装着による味覚閾値の変化(共著), 広島大学歯学雑誌, 28巻, 1号, pp. 221-223, 19960401
  12. パーシャルデンチャー製作上のポイント,問題点 -公歯機能の向上とその長期維持について-, 歯科評論, 658巻, pp. 83-93, 19970401
  13. 顎関節画像診断用超音波CTの試作と基礎的評価, 広大歯誌, 29巻, 2号, pp. 213-219, 19970401
  14. 印象材切除とダウエルピン使用により孤立歯を有する作業模型の破折を防止する, 補綴臨床, 32巻, (1)号, pp. 104-105, 19990401
  15. パーシャルデンチャーの維持装置に関する最新情報 (1)クラスプとフリクションについて, 歯科評論, 677巻, pp. 129-133, 19990401
  16. 超音波コンピュータ断層撮影装置を用いた顎関節診断の試み-試作機器によるシミュレーション-, 顎関節誌, 11巻, (1)号, pp. 24-29, 19990401
  17. パーシャルデンチャーの維持装置に関する最新情報 (2)ガイドプレーンとプロキシマルプレートについて, 歯科評論, 678巻, pp. 119-123, 19990401
  18. パーシャルデンチャーの維持装置に関する最新情報 (3)エーカースクラスプの理想形態, 歯科評論, 679巻, pp. 133-137, 19990401
  19. パーシャルデンチャーの維持装置に関する最新情報 (4)(]G0001[)バークラスプの理想形態, 歯科評論, 680巻, pp. 119-123, 19990401
  20. Effect of vertical curvature on half-oval cast clasps, J Oral Rehabil, 26巻, (7)号, pp. 554-558, 19990401
  21. パーシャルデンチャーの維持装置に関する最新情報 (5)クラスプの維持力調整法, 歯科評論, 682巻, pp. 123-131, 19990401
  22. 新たな千年紀に向けた審美歯科の臨床(全訳), 補綴臨床, 32巻, (5)号, pp. 466-477, 19990401
  23. Finite element analysis of stress relaxation in soft denture liner(共著), J Oral Rehabil, 27巻, 8号, pp. 660-663, 20000401
  24. 文献と臨床の橋わたし 嚥下に関連する舌圧の測定と評価(共著), 歯科評論, 695巻, pp. 217-219, 20000401
  25. インプラント補綴治療における機能評価(共著), 補綴臨床, 33巻, 5号, pp. 480-485, 20000401
  26. Biomechanical effects of double or wide implants for single molar replacement in the posterior mandibular region(共著), J Oral Rehabil, 27巻, 10号, pp. 842-845, 20000401
  27. Dimensional measurement and finite element analysis of I-bar clasps in clinical use(共著), J Oral Rehabil, 27巻, 11号, pp. 935-939, 20000401
  28. A method for quantifying overall satisfaction of complete denture patients(共著), J Oral Rehabil, 27巻, 11号, pp. 952-957, 20000401
  29. Finite element analysis on preferable I-bar clasp shape, J Oral Rehabil, 28巻, 5号, pp. 413-417, 20010401
  30. Evaluation of the colorectal wall in normal subjects and patients with ulcerative colitis using an ultrasonic catheter probe, Gastrointest Endosc, 48巻, 5号, pp. 477-484, 19980401
  31. Analysis on stiffness and stress in I-bar clasps, J Oral Rehabil, 28巻, 6号, pp. 596-600, 20010601
  32. Finite element analysis on preferable I-bar clasp shape, J Oral Rehabil, 28巻, 5号, pp. 413-417, 20010501
  33. Dimensional measurement and finite element analysis of I-bar clasps in clinical use, J Oral Rehabil, 27巻, 1号, pp. 935-939, 20001101
  34. A method for quantifying overall satisfaction of complete denture patients, J Oral Rehabil, 27巻, 11号, pp. 952-957, 20001101
  35. Biomechanical effects of double or wide implants for single molar replacement in the posterior mandibular region, J Oral Rehabil, 27巻, 10号, pp. 842-845, 20001001
  36. A biomechanical effect of wide implant placement and offset placement of three implants in the posterior partially edentulous region, J Oral Rehabil, 27巻, 1号, pp. 15-21, 20000101
  37. 国際渉外委員会セミナー報告, 43巻, 2号, pp. iii-iv, 19990401
  38. Simulation of delayed-onset pain in human masticatory muscles, J. Dent. Res., 78巻, pp. 555, 19990301
  39. A method for quantifying complete denture quality, J. Prosthet. Dent., 80巻, 1号, pp. 52-57, 19980701
  40. 高齢者歯科のこれから, 42巻, 2号, pp. 207-213, 19980401
  41. Three-dimensional bone architecture around submerged commercially pure titanium implant after bone healing in monkeys, J. Hiroshima Univ. Dent. Soc., 29巻, 1号, pp. 108-114, 19970601
  42. Comparative evaluation of chewing function with removable partial dentures and fixed prostheses supported by the single-crystal sapphire implant in the Kennedy class Ⅱ partially edentulous mandible, Int. J. Oral Maxillofac. Implants, 4巻, 3号, pp. 205-210, 19891101
  43. A short-term evaluation of the effectiveness of stabilization-type occlusal splint therapy for specific syndromes of temporomandibular dysfunction syndrome, J. Prosthet. Dent., 61巻, 5号, pp. 610-613, 19890501
  44. Effect of abutment tooth reinforcement techniques on the fracture resistance of removable partial denture master casts, J. Prosthodont., 10巻, 1号, pp. 22-25, 20010301
  45. The effects of bucco-lingual width and position of occlusal rest seats on load transmission to the abutments for tooth-supported removable partial dentures, Int. J. Prosthodont., 14巻, 4号, pp. 340-343, 20010701
  46. A biomechanical effect of wide implant placement and offset placement of three implants in the posterior partially edentulous region, J Oral Rehabil, 27巻, 1号, pp. 15-21, 20000101
  47. Effect of abutment tooth reinforcement techniques on the fracture resistance of removable partial denture master casts, J. Prosthodont., 10巻, 1号, pp. 22-25, 20010301
  48. The effects of bucco-lingual width and position of occlusal rest seats on load transmission to the abutments for tooth-supported removable partial dentures, Int. J. Prosthodont., 14巻, 4号, pp. 340-343, 20010701
  49. A biomechanical effect of wide implant placement and offset placement of three implants in the posterior partially edentulous region, J Oral Rehabil, 27巻, 1号, pp. 15-21, 20000101
  50. Immediate maxillary denture base extension for posterior palatal seal, J. Prosthet. Dent., 83巻, 3号, pp. 371-373, 20000301
  51. Creating a vertical stop for interocclusal records, J. Prosthet. Dent., 83巻, 5号, pp. 582-585, 20000501
  52. Masticatory rhythm and mandibular motion control in 80-year-old subjects, J Oral Rehabil, 27巻, 5号, pp. 455, 19990501
  53. Biomechanical effects of double or wide implants for single molar replacement in the posterior mandibular region, J Oral Rehabil, 27巻, 10号, pp. 842-845, 20001001
  54. The effectiveness of element downsizing on a three-dimensional finite element model of bone trabeculae in implant biomechanics, J Oral Rehabil, 26巻, 4号, pp. 288-291, 19990301
  55. The effectiveness of a new algorithm on a three-dimensional finite element model construction of bone trabeculae in implant biomechanics, J Oral Rehabil, 26巻, 8号, pp. 640-643, 19990801
  56. Masticatory ability, bite force and dental state in 80-year-old subjects., J. Dent. Res., 77巻, 5号, pp. 1335, 19970801
  57. ★, Self-assessed masticatory ability in relation to maximal bite force and dental state in 80-year-old subjects, J Oral Rehabil, 25巻, 2号, pp. 117-124, 19980201
  58. Post-impression preparation to prevent fracture of isolated abutments with extensive bone loss in master casts, J. Prosthodont., 7巻, 3号, pp. 198-199, 19980901
  59. 新しい部分床義歯学教育の試み -Problem-based learningの導入-, 13巻, 1号, pp. 80-86, 19971201
  60. ★, Associations between self-assessed masticatory ability and some general health factors in a Swedish population, Gerodont., 13巻, 2号, pp. 110-117, 19961201
  61. 下顎支持要素の受動的運動応答性の測定, 1巻, 2号, pp. 289-297, 19950301
  62. 顎運動機能改善のための訓練運動に関する基礎的研究 第1報 下顎限界運動の反復の短期的な影響について, 2巻, 2号, pp. 201-206, 19951201
  63. マウスピースの硬さと厚さが咀嚼筋活動に及ぼす影響, 38巻, 3号, pp. 696-700, 19940601
  64. 反復開口時の下顎運動範囲の変化, 38巻, pp. 98, 19940601
  65. 持続咬みしめ時の咀嚼筋筋電図の周波数分析 -パワースペクトルの分布形態の変化-, 38巻, pp. 139, 19940601
  66. Reproducibility of tooth tapping rhythm in young and elderly dentate subjects, J Oral Rehabil, 20巻, 7号, pp. 441-447, 19930701
  67. ミニスプリントに関する実験的研究 -最大咬みしめ時の筋活動量について-, 9巻, pp. 113-118, 19910701
  68. 若年者と高齢者のタッピングリズムの再現性, 9巻, pp. 21-26, 19910701
  69. 顎口腔機能異常のプロトコールに関する一考察, 35巻, 5号, pp. 892-899, 19911001
  70. 若年者と高齢者のタッピングの頻度, 34巻, 1号, pp. 197-201, 19900201
  71. 下顎の反応時間 -若年者と高年齢者の比較, 8巻, pp. 105-110, 19900701
  72. 咬みしめ時の咀嚼筋筋電図の周波数分析, 7巻, pp. 25-30, 19890801
  73. テレスコープ義歯装着者の咀嚼筋活動の経時的変化 -下顎片側遊離端欠損症例の場合-, 33巻, 6号, pp. 1496-1500, 19891201
  74. 筋疲労が咬筋sirent periodに及ぼす影響, 32巻, 2号, pp. 353-357, 19880401
  75. 磁気および赤外線センサを用いた舌ならびに下顎運動計測システム, 6巻, pp. 157-162, 19881101
  76. 筋疲労時における EMG silent periodと周波数分析に関する研究, 6巻, pp. 97-102, 19881101
  77. ★, シグナルプロセッサを用いた咀嚼筋筋電図解析システム, 5巻, pp. 145-150, 19870901
  78. 下顎機能障害の臨床的研究 第1報 初診時の病態像について, 補綴誌, 30巻, 3号, pp. 575-580, 19860601
  79. 下顎機能障害の臨床的研究 第2報 全歯列接触型オクルーザル・スプリントの効果について, 30巻, 6号, pp. 1339-1346, 19861201
  80. Accurate procedure for transferring a cast replacement clasp arm to a removable partial denture, J. Prosthet. Dent., 82巻, 5号, pp. 619-622, 19991101
  81. Finite element analysis on preferable I-bar clasp shape, Journal of Oral Rehabilitation, 28巻, pp. 413-417, 20010401
  82. Analysis of stiffness and stress in I-bar clasps, Journal of Oral Rehabilitation, 28巻, pp. 596-600, 20010401
  83. Dynamic viscoelastic properties of antimicrobial tissue conditioners containing silver-zeolite., Journal of Dentistry, 27巻, pp. 517‐522, 19990901
  84. Finite element analysis of the effect of vertical curvature on half-oval cast clasps., Journal of Oral Rehabilitation, 26巻, pp. 554‐558, 19990701
  85. Sex difference of electromyogram of masticatory muscles and mandibular movement during chewing of food., Journal of Oral Rehabilitation, 24巻, pp. 605‐609, 19970801
  86. Handy measurement for tongue motion and coordination with laryngeal elevation at swallowing, Journal of Oral Rehabilitation, 30巻, pp. 985-989, 20031001
  87. Factors influencing the clinical composite assessment of denture-supporting tissues, Int. J. Prosthodont., 15巻, 1号, pp. 49-54, 20020101
  88. In utero and lactational exposure to 2,3,7,8-terrachlorodibenzo-p-dioxin(TCDD)affects tooth development in rhesue monkys., Organohalogen Compounds, 66巻, pp. 3321-3325, 20040901
  89. マウスガードの認知度とその使用成績について, Progress in Medicine, 24巻, 4号, pp. 1041-1047, 20040401
  90. 義歯治療の臨床的評価, 歯科臨床研究, 1巻, 1号, pp. 38-46, 20040101
  91. Effect of in utero and lactational exposure to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin on tooth development in rhesus monkeys, Organohalogen Coumpounds, 64巻, pp. 431-434, 20030801
  92. Masticatory ability in 80-year-old subjects and its relation to intake of energy, nutrients and food items, Gerodontology, 19巻, 2号, pp. 95-101, 20021201
  93. A novel handy probe for tongue pressure measurements, Int. J. Prosthodont., 15巻, 4号, pp. 385-388, 20020701
  94. 要介護高齢者の食事形態と全身状態および舌圧との関係, 日本咀嚼学会雑誌, 14巻, 2号, pp. 62-67, 20041101
  95. Functional dental occlusion may prevent falls in elderly individuals with dementia, J Am Geriatr Soc, 53巻, 9号, pp. 1631,1632, 20050901
  96. Aspects of swallowing in healthy dentate elderly persons older than 80 years., J. Gerontology Bio Sci Med Sci, 60巻, pp. 605-609, 20050401
  97. Eight year mortality associated with dental occlusion and denture use in community- dwelling elderly persons, Gerodontology, 22巻, pp. 234-237, 20050401
  98. Decreased tongue pressure reflects symptom of dysphagia., Dysphagia, 21巻, 1号, pp. 61-65, 20060401
  99. Development of evaluation method for tongue function aiming more rehabilitation., Dentistiry in Japan, 40巻, pp. 195, 20050401
  100. Handy measurement for tongue motion and coordination with laryngeal elevationat swallowing., Journal of Oral Rehabilitation, 30巻, pp. 985-989, 20030401
  101. A novel handy probe for tongue pressure measurement., The international journal of prosthodontics, 15巻, pp. 385-388, 20020401
  102. Resin jig to prevent aspiration or ingestion of restorations., Prosthodontic Research and Practice, 5巻, 4号, pp. 238-241, 20060401
  103. Disposable dust chamber for home-visit prosthodontic treatments., Prosthodontic Research and Practice, 5巻, 2号, pp. 113-116, 20060401
  104. Influence of mental status on removable prosthesis compliance in institutionalized elderly persons., The international journal of prosthodontics, 18巻, pp. 146-149, 20050401
  105. Influence of aging and denture use on liquid swallowing in healthy dentulous and edentulous elderly., J Am Geriatr Soc, 54巻, pp. 444-449, 20060401
  106. 咀嚼筋機能に関するスポーツ医学的解析 - プロサッカー選手の場合 -, 顎口腔機能学会雑誌, 1巻, pp. 165-173, 19940401
  107. 咀嚼筋機能に関するスポーツ医学的解析 - バレーボール及びハンドボール選手の場合 -, 顎口腔機能学会雑誌, 1巻, pp. 33-34, 19940401
  108. 若年者における各種食品咀嚼時の筋電図と顎運動, 下顎運動機能とEMG論文集, 11巻, pp. 87-92, 19930401
  109. Swallow of the elderly edentulous and dentate persons., 8th meeting of the International College of Prosthodontists (in Stockholm), pp. 161, 19990708
  110. Mechanical properties of I-bar clasps in clinical use., The 1st Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics (in Seoul), 19990502
  111. In utero and lactational exposure to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD) affects tooth developement in rhesus monkeys., Reproductive Toxicology, 20巻, 1号, pp. 21-30, 20050401
  112. 機能的口腔ケアが要介護高齢者の舌機能に与える効果, 日本老年歯科医学会雑誌, 19巻, 4号, pp. 300-306, 20050401
  113. 「高齢者ソフト食」摂取者の食事形態と舌圧の関係, 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌, 9巻, 1号, pp. 56-61, 20050401
  114. 「私の道具箱」温度管理に重宝する”放射温度計”について, 日本歯科評論, 65巻, 12号, pp. 67-70, 20051201
  115. 感圧シート(デンタルプレスケール)を用いた若年者における顎関節症に関する疫学的研究, 口腔衛生学会雑誌, 56巻, pp. 148-155, 20060401
  116. ペットボトルを使った簡易防塵装置「DFスリーブ」―粉塵のない補綴歯科治療への提案―, 日本歯科評論, 66巻, 9号, pp. 149-153, 20070901
  117. 感圧シート(デンタルプレスケールR)を用いた若年者における顎関節症に関する疫学的研究, 口腔衛生学会雑誌, 56巻, 2号, pp. 148-155, 20060430
  118. Standard values of maximum tongue pressure taken using newly developed disposable tongue pressure measurement device, Dysphagia, 23巻, 3号, pp. 286-290, 20080628
  119. Effects of tooth loss and denture wear on tongue-tip motion in elderly dentulous and edentulous people., J Oral Rehabil, 35巻, 12号, pp. 882-8, 20081201
  120. 第12回ICPに参加して, 補綴臨床, 41巻, 1号, pp. 108-109, 20080101
  121. 風光明媚な鳴門にてのサマースクール, 補綴臨床, 41巻, 1号, pp. 104-107, 20080101
  122. ディスポーザブルプローブを用いて舌運動リハビリテーションを行った口腔癌症例, 日本顎口腔機能学会雑誌, 11巻, 2号, pp. 158-159, 20050201
  123. Residual Periodontal Ligament Index (RPLI)を用いた残存歯咬合支持能力の数値化, 広島大学歯学雑誌, 42巻, 1号, pp. 1-8, 20100601
  124. インターナルジョイント型インプラントを用いた短期臨床予後, 広島大学歯学雑誌, 42巻, 1号, pp. 9-15, 20100601
  125. 咀嚼能力の標準化に関する研究, 日本歯科医学会雑誌, 28巻, pp. 34-38, 20090301
  126. Effect on tooth loss and denture wear on tongue tip motion in dentulous and edentulous older people, J Oral Rehabil, 35巻, 12号, pp. 882-8, 20081201
  127. 顎関節症のスプリント治療に関する実態調査―大学病院顎関節症外来および一般開業歯科医院における診療時間の比較―, 日本顎関節学会雑誌, 21巻, 3号, pp. 222-227, 20091201
  128. スプリント療法ガイドラインの確立, 日本歯科医学会誌, 29巻, pp. 62-66, 20100301
  129. 摂食・嚥下障害ならびに構音障害に対する口腔内補助装置の適用に関するデータベースの構築, 日本歯科医学会誌, 29巻, pp. 72-76, 20100301
  130. Correlation between dental and nutritional status in community-dwelling elderly Japanese., Geriatrics and Gerontology International, 11巻, 3号, pp. 315-9, 20110101
  131. A proposed index for residual periodontal ligament support., Int. J. Prosthodont., 23巻, 5号, pp. 472-4, 20100901
  132. Comparison of three types of tongue pressure measurement devices., Dysphagia, 26巻, 3号, pp. 232-7, 20100701
  133. 歯科医師臨床研修における医療連携プログラムに対する取組み, 広島大学歯学雑誌, 44巻, 2号, pp. 107-111, 20121201
  134. 医療連携患者における口腔管理の実際 -連携口腔ケアサポートチーム活動報告-, 広島大学歯学雑誌, 45巻, 1号, pp. 1-6, 20130601
  135. The effects of buccolingual width and position of occlusal rest seats on load transmission to the abutments for tooth-supported removable partial dentures, INTERNATIONAL JOURNAL OF PROSTHODONTICS, 14巻, 4号, pp. 340-343, 2001
  136. Finite element analysis on preferable I-bar clasp shape, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 28巻, 5号, pp. 413-417, 200105
  137. Analysis of stiffness and stress in I-bar clasps, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 28巻, 6号, pp. 596-600, 200106
  138. Factors influencing the clinical composite assessment of denture-supporting tissues, INTERNATIONAL JOURNAL OF PROSTHODONTICS, 15巻, 1号, pp. 49-54, 2002
  139. A novel handy probe for tongue pressure measurement, INTERNATIONAL JOURNAL OF PROSTHODONTICS, 15巻, 4号, pp. 385-388, 2002
  140. Handy measurement for tongue motion and coordination with laryngeal elevation at swallowing, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 30巻, 10号, pp. 985-989, 200310
  141. Influence of mental status on removable prosthesis compliance in institutionalized elderly persons, INTERNATIONAL JOURNAL OF PROSTHODONTICS, 18巻, 2号, pp. 146-149, 2005
  142. In utero and lactational exposure to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD) affects tooth development in rhesus monkeys, REPRODUCTIVE TOXICOLOGY, 20巻, 1号, pp. 21-30, 2005
  143. Aspects of swallowing in healthy dentate elderly persons older than 80 years, JOURNALS OF GERONTOLOGY SERIES A-BIOLOGICAL SCIENCES AND MEDICAL SCIENCES, 60巻, 4号, pp. 506-509, 200504
  144. Influence of aging and denture use on liquid swallowing in healthy dentulous and edentulous older people, JOURNAL OF THE AMERICAN GERIATRICS SOCIETY, 54巻, 3号, pp. 444-449, 200603
  145. Decreased tongue pressure reflects symptom of dysphagia, DYSPHAGIA, 21巻, 1号, pp. 61-65, 200601
  146. Influence of bite force and tongue pressure on oro-pharyngeal residue in the elderly, GERODONTOLOGY, 24巻, 3号, pp. 143-150, 200709
  147. Standard values of maximum tongue pressure taken using newly developed disposable tongue pressure measurement device, DYSPHAGIA, 23巻, 3号, pp. 286-290, 200809
  148. Effects of tooth loss and denture wear on tongue-tip motion in elderly dentulous and edentulous people, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 35巻, 12号, pp. 882-888, 200812
  149. Dynamic viscoelastic properties of vinyl polysiloxane denture soft lining materials, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 36巻, 12号, pp. 887-893, 200912
  150. Maximal voluntary tongue pressure is decreased in Japanese frail elderly persons, GERODONTOLOGY, 29巻, 2号, pp. E1078-E1085, 201206
  151. A multi-centered epidemiological study evaluating the reliability of the treatment difficulty indices developed by the Japan Prosthodontic Society, JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH, 56巻, 2号, pp. 71-86, 201204
  152. Tongue thickness evaluation using ultrasonography can predict swallowing function in amyotrophic lateral sclerosis patients, CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY, 127巻, 2号, pp. 1669-1674, 201602
  153. Intermittent administration of parathyroid hormone enhances primary stability of dental implants in a bone-reduced rabbit model, JOURNAL OF ORAL SCIENCE, 58巻, 2号, pp. 241-246, 201606
  154. Osseointegration aspects of placed plant in bone reconstruction ith newly developed block-type interconnected porous calcium hydroxyapatite, JOURNAL OF APPLIED ORAL SCIENCE, 24巻, 4号, pp. 325-331, 2016
  155. Prediction of Pneumonia in Acute Stroke Patients Using Tongue Pressure Measurements, PLOS ONE, 11巻, 11号, 20161101
  156. Influence of implant surface topography on primary stability in a standardized osteoporosis, J. Funct. Biomater., 6巻, 1号, pp. 143-52, 20150318
  157. The Effect of Superstructures Connected to Implants with Different Surface Properties on the Surrounding Bone., J. Funct. Biomater., 6巻, 3号, pp. 623-633, 20150724
  158. 誤嚥・誤飲事故時の診断および治療の迅速化を目指した歯科補綴物参考用模型, 広島大学歯学雑誌, 47巻, 2号, pp. 159-162, 2015
  159. 片側唇顎口蓋裂症例に対して骨造成術を併用しインプラント治療を行った1例, 広島大学歯学雑誌, 47巻, 2号, pp. 151-158, 2015
  160. 健常な若年成人を対象としたスクリーニング検査(最大舌圧、咬合力、咬合接触面積、口腔細菌数)による口腔機能・環境の評価 特に最大舌圧と他の検査結果との比較について, 日本口腔検査学会雑誌, 7巻, 1号, pp. 42-46, 2015
  161. 舌圧から考えた新しい口腔機能向上プログラム, 日本全身咬合学会雑誌, 21巻, 2号, pp. 39-43, 2015
  162. 重度認知症患者に行った飴を用いる口腔機能リハビリテーションの一症例, 広島大学歯学雑誌, 47巻, 1号, pp. 45-48, 2015
  163. 中等度認知症患者に飴を用いる口腔機能リハビリテーションを行った一症例, 日本補綴歯科学会誌, 7巻, 2号, pp. 179-184, 2015
  164. 口腔疾患の治療や口腔機能の維持・回復が全身の健康に与える影響に関するプロジェクト研究 歯科治療による口腔機能の改善が健康に及ぼす影響に関する臨床データベースの構築, 日本歯科医学会誌, 34巻, pp. 69-73, 2015
  165. 間接法 ラボサイドで行う修理, 補綴臨床別冊Denture Repair, pp. 66-69, 2015
  166. Molar loss and powder diet leads to memory deficit and modifies the mRNA expression of brain-derived neurotrophic factor in the hippocampus of adult mice, BMC NEUROSCIENCE, 17巻, 20161205
  167. Reliability and validity of the patient disability-oriented diagnostic nomenclature system for prosthetic dentistry, JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH, 61巻, 1号, pp. 20-33, 201701
  168. Preoperative evaluation of bone quality for dental implantation using an ultrasound axial transmission device in an ex vivo model, CLINICAL AND EXPERIMENTAL DENTAL RESEARCH, 3巻, 3号, pp. 81-86, 201706
  169. Maximum Tongue Pressure is Associated with Swallowing Dysfunction in ALS Patients, DYSPHAGIA, 32巻, 4号, pp. 542-547, 201708
  170. Stability of Implants Placed in Bone Reconstructed with Block-type Interconnected Porous Hydroxyapatite, JOURNAL OF HARD TISSUE BIOLOGY, 26巻, 4号, pp. 393-397, 201710
  171. Effects of continual intermittent administration of parathyroid hormone on implant stability in the presence of osteoporosis: an in vivo study using resonance frequency analysis in a rabbit model, JOURNAL OF APPLIED ORAL SCIENCE, 25巻, 5号, pp. 498-505, 2017
  172. Investigation of Effective Modification Treatments for Titanium Membranes, APPLIED SCIENCES-BASEL, 7巻, 10号, 201710
  173. Prevalence of Torus Mandibularis in Young Healthy Dentate Adults, JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY, 75巻, 12号, pp. 2593-2598, 201712
  174. A stability evaluation of a novel titanium dental implant/interconnected porous hydroxyapatite complex under functional loading conditions, DENTAL MATERIALS JOURNAL, 36巻, 5号, pp. 647-653, 201710
  175. Development of a candy-sucking test for evaluating oral function in elderly patients with dementia: A pilot study, GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL, 17巻, 11号, pp. 1977-1981, 201711
  176. Application of interconnected porous hydroxyapatite ceramic block for onlay block bone grafting in implant treatment: A case report, EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE, 14巻, 6号, pp. 5564-5568, 201712
  177. Evaluation of shear bond strength between PEEK and resin-based luting material, JOURNAL OF ORAL BIOSCIENCES, 59巻, 4号, pp. 231-236, 201711
  178. Novel Development of Phosphate Treated Porous Hydroxyapatite, MATERIALS, 10巻, 12号, 201712
  179. Candy eating behaviour to improve swallowing function in dementia subjects, ARCHIVES OF GERONTOLOGY AND GERIATRICS, 75巻, pp. 181-184, 2018
  180. A multi-centered epidemiological study evaluating the validity of the treatment difficulty indices developed by the Japan Prosthodontic Society, JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH, 62巻, 2号, pp. 162-170, 201804
  181. Effective UV/Ozone irradiation method for decontamination of hydroxyapatite surfaces, HELIYON, 3巻, 8号, 201708
  182. Effect of polymerization temperature on the properties of autopolymerizing resin, JOURNAL OF PROSTHETIC DENTISTRY, 119巻, 5号, pp. 840-844, 201805
  183. Histological and Bone Morphometric Evaluation of Osseointegration Aspects by Alkali Hydrothermally-Treated Implants, APPLIED SCIENCES-BASEL, 8巻, 4号, 201804
  184. Enhancement of calcification by osteoblasts cultured on hydroxyapatite surfaces with adsorbed inorganic polyphosphate, IN VITRO CELLULAR & DEVELOPMENTAL BIOLOGY-ANIMAL, 54巻, 6号, pp. 449-457, 201806
  185. Association between buccal mucosa ridging and oral or occlusal status among older people, ORAL DISEASES, 24巻, 5号, pp. 778-783, 201807
  186. Factors related to masticatory performance in healthy elderly individuals, JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH, 62巻, 4号, pp. 432-435, 201810
  187. Effect of laser groove treatment on shear bond strength of resin-based luting agent to polyetheretherketone (PEEK), JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH, 63巻, 1号, pp. 52-57, 201901
  188. Novel fabrication of porous titanium by a resin-impregnated titanium substitution technique for bone reconstruction, RSC ADVANCES, 9巻, 3号, pp. 1625-1631, 20190113
  189. Oral hypofunction in the older population: Position paper of the Japanese Society of Gerodontology in 2016, GERODONTOLOGY, 35巻, 4号, pp. 317-324, 201812
  190. Effect of attenuation of fibroblast growth factor receptor 2b signaling on odontoblast differentiation and dentin formation, IN VITRO CELLULAR & DEVELOPMENTAL BIOLOGY-ANIMAL, 55巻, 3号, pp. 211-219, 201903
  191. Palatal augmentation prosthesis (PAP) can improve swallowing function for the patients in rehabilitation hospital, JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH, 63巻, 2号, pp. 199-201, 201904
  192. Osteoclastogenesis from bone marrow cells during estrogen-induced medullary bone formation in Japanese quails, JOURNAL OF MOLECULAR HISTOLOGY, 50巻, 4号, pp. 389-404, 201908
  193. 口腔機能訓練器具 舌トレーニング用具「ペコぱんだ」, 日本歯科理工学会誌, 37巻, pp. 155-156
  194. 舌圧の検査とリハビリテーション, 広島歯科医学雑誌, 45巻, pp. 1-5
  195. 舌圧検査, 補綴臨床 別冊 保険適用新技術 完全マスター, pp. 33-37, 20181125

著書等出版物

  1. 2005年04月, よくわかる顎口腔機能 咀嚼と舌運動 , 医歯薬出版株式会社, 2005年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 赤川 安正
  2. 2006年04月, OkesonTMD第5版(矢谷博文,和嶋浩一監訳)3章 歯列と咬合 , 翻訳, 医歯薬出版株式会社, 2006年, 04
  3. 1997年04月, パーシャルデンチャー製作上のポイント,問題点 -義歯機能の向上とその長期維持について- , 日本歯科評論, 1997年, 04, 単行本(学術書), 共著, 佐藤裕二 津賀 一弘
  4. 1991年, 顎口腔機能分折の基礎と応用 筋電図分析法(共著) , デンタルダイヤモンド社, 1991年, 津賀 一弘
  5. 1993年, 顎機能障害 新しい診断システムと治療指針 心理的要因が強く関与していると考えられた症例(共著) , 医歯薬出版株式会社, 1993年, 津賀 一弘
  6. 1999年03月, 高齢者における咬合の喪失と嚥下動態の関係,健康科学における歯科補綴学-21世紀に目指すもの-(第100回日本補綴歯科学会記念大会出版委員会編,分担) , 口腔保健協会, 1999年, 03, 教科書, 共著, 津賀 一弘
  7. 1991年09月, 顎口腔機能分析の基礎と応用 筋電図分析法 , デンタルダイヤモンド社, 1991年, 09, 単行本(一般書), 共編著, 津賀 一弘
  8. 2006年04月, 臨床初期研修とマッチングを課題にした臨床実習PBLチュートリアル , 第25回日本歯科医学教育学会(仙台), 2006年, 04, 調査報告書, 共著, 寳田 貫 津賀 一弘 宮内 美和 田口 明 岡田 貢 吉野 宏 竹本 俊伸 田口 則宏 小川 哲次 内田 隆
  9. 2010年03月, 顎口腔機能の評価, 八木印刷, 2010年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 9784990335229, 96
  10. 2018年02月10日, 成人~高齢者向け 咀嚼機能アップBOOK, PART 2-4 咀嚼機能評価③ 舌圧計を使った機能評価, クインテッセンス出版株式会社, 2018年, 2, 単行本(一般書), 共著, 日本語, 森隆浩、吉川峰加、津賀一弘, 978-4-7812-0600-4 C3047, 151, 80-86
  11. 2018年08月10日, 歯学生のパーシャルデンチャー 第6版, 第33章 要支援・要介護高齢者に対する局部床義歯(部分床義歯)補綴, 医歯薬出版株式会社, 2018年, 8, 教科書, 共著, 日本語, 津賀一弘、吉川峰加、吉田光由, 978-4-263-45817-4, 325, 307-312
  12. 2018年01月30日, よくわかる高齢者歯科学, 総論Ⅰ章5高齢者の行動科学 各論Ⅰ章4口腔機能の評価, 永末書店, 2018年, 1, 教科書, 共著, 日本語, 呉本晃一、安部倉仁、津賀一弘, ISBN978-4-8160-1339-3, 231, 14-17, 87-90

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 舌圧検査と口腔機能療法, 津賀一弘, 平成26年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会, 2015年01月25日, 招待, 日本語, 日本補綴歯科学会, 横浜市
  2. リン酸化スレオニンによるチタンインプラント表面改質のオッセオインテグレーションへの影響, 岡﨑洋平、土井一矢、沖佳史、阿部泰彦、津賀一弘, 公益社団法人日本口腔インプラント学会第32回九州支部学術大会, 2015年01月31日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本口腔インプラント学会, 長崎市
  3. 舌圧測定による脳卒中患者の嚥下機能の検討, 中森正博、石川賢一、櫛谷聡美、今村栄次、大下智彦、若林伸一、吉川峰加、津賀一弘、細見直永、松本昌泰, 第40回日本脳卒中学会総会, 2015年03月28日, 通常, 日本語, 日本脳卒中学会, 広島市
  4. 棒付き飴を用いた新しい口腔機能リハビリテーション法, 川野弘道、黒木亜津沙、比嘉千亜己、平岡綾、森隆浩、丸山真理子、田中君枝、笹村和博、高木幸子、呉本晃一、吉川峰加、津賀一弘, 日本顎口腔機能学会第54回学術大会, 2015年04月18日, 通常, 日本語, 日本顎口腔機能学会, 鹿児島市
  5. FGFシグナルが歯根形成に与える影響, 横井美有希、呉本晃一、大上博史、久保隆靖、阿部泰彦、二川浩樹、津賀一弘, 日本組織培養学会第88回大会, 2015年05月26日, 通常, 日本語, 日本組織培養学会, 広島市
  6. Osteoblast-like cell responce to inorganic polyphosphage-adsorbed hydroxyapatite., 加藤寛、森田晃司、保田啓介、是竹克紀、阿部泰彦、二川浩樹、津賀一弘, 日本組織培養学会第88回大会, 2015年05月26日, 通常, 日本語, 日本組織培養学会, 広島市
  7. リン酸化スレオニンによるチタンインプラント表面改質のオッセオインテグレーションへの影響, 岡崎洋平、土井一矢、沖佳史、竹内真帆、日浅恭、阿部泰彦、二川浩樹、津賀一弘, 日本組織培養学会第88回大会, 2015年05月26日, 通常, 日本語, 日本組織培養学会, 広島市
  8. 「口腔機能の客観的評価としての舌圧測定:その意義、開発から展望まで」高齢者の口腔機能向上への舌圧検査の応用, 津賀一弘, 公益社団法人日本補綴歯科学会第124回学術大会, 2015年05月30日, 招待, 日本語, 大宮市
  9. 連通多孔性ハイドロキシアパタイトを用いた骨再建部におけるインプラント支持の様相, 牧原勇介、土井一矢、久保隆靖、梶原志穂、加藤寛、沖佳史、赤川安正、津賀一弘, 公益社団法人日本補綴歯科学会第124回学術大会, 2015年05月30日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 大宮市
  10. 楽しく食べるために舌を鍛える新しい方法, 津賀一弘, 公益社団法人日本補綴歯科学会中国四国支部学術大会, 2015年09月05日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 松江市
  11. 歯の喪失および食餌性状の違いがマウスの学習・記憶能に及ぼす影響, 竹田洋輔、大上博史、是竹克紀、岡田信輔、河野聖、呉本晃一、山中威典、守谷直史、赤川安正、津賀一弘, 平成27年度日本補綴歯科学会中国四国支部会, 2015年09月05日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 松江市
  12. 骨隆起と口腔機能の関係 若年健常者における検討, 森田晃司、柄博紀、加藤寛、森隆浩、土井一矢、岡﨑洋平、是竹克紀、吉川峰加、津賀一弘, 平成27年度日本補綴歯科学会中国四国支部会, 2015年09月05日, 通常, 日本語, 松江市
  13. 重合時温度環境が常温重合レジンの理工学的性質および残留モノマーに及ぼす影響, 柄博紀、森田晃司、加藤寛、安部倉仁、津賀一弘, 平成27年日本補綴歯科学会中国四国支部会, 2015年09月05日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 松江市
  14. 舌圧検査とトレーニングの目指す健康長寿への貢献, 津賀一弘, 第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2015年09月11日, 通常, 日本語, 日本摂食嚥下リハビリテーション学会, 京都市
  15. ALS患者における嚥下機能と最大舌圧の検討, 平岡綾、吉川峰加、高木幸子、笹村博和、田中君枝、中森正博、長崎信一、津賀一弘, 第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2015年09月11日, 通常, 日本語, 日本摂食嚥下リハビリテーション学会, 京都市
  16. 「労働を支える「食」を考える」食の維持向上への口腔機能検査の活用, 津賀一弘, 第25回産業医・産業看護全国協議会, 2015年09月18日, 招待, 日本語, 周南市
  17. 紫外線オゾン処理によるハイドロキシアパタイトの高機能ナノバイオ界面制御, 保田啓介、岡﨑洋平、日浅恭、阿部泰彦、津賀一弘, 第45回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会, 2015年09月21日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本口腔インプラント学会, 岡山市
  18. 副甲状腺ホルモン間歇投与がインプラントの初期固定および骨支持に及ぼす影響ー骨質低下ラビットモデルでの検討, 沖佳史、土井一矢、牧原勇介、久保隆靖、津賀一弘, 第45回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会, 2015年09月21日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本口腔インプラント学会, 岡山市
  19. Effect of intermittent parathyroid hormone administration on osseointegration aspects in rabbit osteoporosis model., Doi K, Kubo T, Oki Y, Makihara Y, Tsuga K, The 24th European Association for Osseointegration annual scientific meeting, 2015年09月25日, 通常, 英語, European Association for Osseointegration, Stockholm
  20. 常温重合レジンの理工学的性質に及ぼす重合時温度環境の影響, 森田晃司、柄博紀、平田伊佐雄、加藤功一、津賀一弘, 平成27年度秋季第66回日本歯科理工学会学術講演会, 2015年10月03日, 通常, 日本語, 日本歯科理工学会, 東京都
  21. 口腔機能評価・向上への積極的貢献, 津賀一弘, 平成27年度秋季第66回日本歯科理工学会学術講演会, 2015年10月03日, 通常, 日本語, 日本歯科理工学会, 東京都
  22. Newly Identified FGFR2 Modulates FGF10-FGFR Signaling During Osteochondrogenesis., Kagawa K, Yoshioka H, Okita S, Kuremoto K, Takei Y, Minamizaki T, Tanimoto K, Tsuga K, Yoshiko Y, The American Society for Bone and Mineral Research 2015, 2015年10月09日, 通常, 英語, The American Society for Bone and Mineral Research, Seatlle
  23. A Novel isoform of FGFR2 Modulates FGF10-FGFR Signaling in Osteochondrogenesis, Yoshioka H, Kagawa K, Okita S, Kuremoto K, Takei Y, Minamizaki T, Tanimoto K, Tsuga K, Yoshiko Y, 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2015年10月23日, 通常, 英語, 広島大学歯学部, 広島市
  24. Intermittent parathyroid hormone administration enhances primary stability and osseointegration on glucocorticoid induced osteoporosis, Doi K, Kubo T, Oki Y, Makihara Y, Tsuga K, 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2015年10月23日, 通常, 英語, 広島大学歯学部, 広島市
  25. 介護予防教室における舌圧検査の応用, 津賀一弘、森隆浩、森田晃司、吉川峰加、中川誠、平井由美、藤田友昭、前田羊一、若林大輔、谷厳範、香川次郎、森本慎樹、有馬隆、能美和基、上田裕次、小松大造、川原正照、土江健也, 第99回広島大学歯学会併催第54回広島県歯科医学会併催日本歯科技工学会中国・四国支部第10回学術大会, 2015年11月08日, 通常, 日本語
  26. 7th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2018年03月29日, 通常, 英語, 広島大学歯学部, 広島
  27. 超高齢社会で舌圧検査と舌トレーニング用具を活用する, 津賀一弘, 平成30年度新潟大学歯学会, 2018年04月22日, 招待, 日本語, 新潟大学歯学部, 新潟
  28. 学術シンポジウム 口腔機能低下症のアウトカムと評価基準の再評価 口腔機能低下症における低舌圧の再考, 津賀一弘, 日本老年歯科医学会第29回学術大会, 2018年06月23日, 招待, 日本語, 日本老年歯科医学会, 東京
  29. 線維芽細胞増殖因子受容体2b減弱が象牙芽細胞の分化および象牙質形成に与える影響, 横井美有希、呉本晃一、岡田信輔、香川和子、津賀一弘, 日本補綴歯科学会第127回学術大会, 2018年06月15日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 岡山
  30. 要介護高齢者の普通食摂取が困難となる要因の検討, 黒木亜津沙、森隆浩、丸山真理子、横井美有希、朝原恵里加、梅原華子、吉川峰加、吉田光由、津賀一弘, 2018年06月22日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本老年歯科医学会, 東京
  31. 2018年07月25日, 通常, 英語
  32. 2018年07月25日, 通常, 英語
  33. 高度顎提吸収に対する義歯治療で複数の口腔機能検査が有効であった一例, 平岡綾、保田啓介、比嘉千亜妃、岡﨑洋平、吉川峰加、阿部泰彦、小羽田敦正、津賀一弘, 平成30年度日本補綴歯科学会中国・四国・関西支部合同学術大会, 2018年09月02日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 徳島
  34. 摂食時の座面のずれが舌圧に及ぼす影響, 竹田智帆、吉川峰加、山脇加奈子、吉田光由、黒木亜津沙、比嘉千亜己、平岡綾、森隆浩、津賀一弘, 平成30年度日本補綴歯科学会中国・四国・関西支部合同学術大会, 2018年09月02日, 通常, 日本語
  35. 2018年09月25日, 通常, 英語
  36. 2018年10月10日, 通常, 英語
  37. 健常高齢者における咀嚼能率と全身状態・顎口腔状態および口腔機能との関連, 森田晃司、柄博紀、丸山真理子、平岡綾、森隆浩、山元祥輝、吉田光由、津賀一弘, 日本補綴歯科学会第127回学術大会, 2018年06月16日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 岡山
  38. レーザーグルーブ処理がポリエーテルエーテルケトン(PEEK)と接着性レジンセメントの接着強さに及ぼす影響, 木村仁美、柄博紀、森田晃司、安部倉仁、是竹克紀、津賀一弘, 平成30年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国・関西支部合同学術大会, 2018年09月02日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 徳島
  39. 臨床応用を目指した粘膜接着性ゲルの設計, 西尾文子、平田伊佐雄、津賀一弘、加藤功一, 第72回日本歯科理工学会秋季学術講演会, 2018年10月06日, 通常, 日本語
  40. 各種表面処理がポリエーテルエーテルケトン(PEEK)と接着性レジンセメントの接着強さに及ぼす影響, 木村仁美、柄博紀、森田晃司、安部倉仁、津賀一弘, 第72回日本歯科理工学会秋季学術講演会, 2018年10月06日, 通常, 日本語
  41. チタン多孔体による骨再建部位へのインプラント骨支持の評価, 小畠玲子、土井一矢、久保隆靖、梅原華子、津賀一弘, 第72回日本歯科理工学会秋季学術講演会, 2018年10月06日, 通常, 日本語, 日本歯科理工学会, 札幌
  42. 生体活性チタンメンブレンのアパタイト形成についての様相, 梅原華子、土井一矢、小畠玲子、久保隆靖、津賀一弘, 第72回日本歯科理工学会秋季学術講演会, 2018年10月06日, 通常, 日本語, 日本歯科理工学会, 札幌
  43. アルカリ処理チタン薄膜の表面性状およびアパタイト形成能の検討, 梅原華子、久保隆靖、土井一矢、小畠玲子、沖佳史、津賀一弘, 第38回日本口腔インプラント学会中国・四国支部学術大会, 2018年11月18日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本口腔インプラント学会, 広島

受賞

  1. 2018年06月22日, 老年歯科医学賞渡邉郁馬賞, 日本老年歯科医学会, 渡邉郁馬賞

取得

  1. 特許権, 特許4848519, 2011年10月28日, 被写体物品撮影用の鏡装置と、該鏡装置を用いた撮影方法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 飴を舐める口腔機能訓練療法の開発, 2014年, 2016年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 最適とろみ濃度決定のための口腔・咽頭機能アセスメント, 2011年, 2013年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 認知症高齢者の簡易口腔機能定量検査の開発, 2011年, 2013年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 補綴治療の抗加齢作用を増強する機能レーダーチャートの新開発, 2008年, 2010年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 部分床義歯デザインプロセスのための咬合支持能力指数の開発, 2008年, 2010年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 義歯補綴治療による高齢者のタンパク質・エネルギー低栄養状態の改善, 2007年, 2008年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), インテリジェントゲル・bFGF複合体による新しいインプラントGBR法の開発, 2007年, 2008年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 高齢者の義歯治療効果を向上させる新しい口腔パワーリハビリテーション法の開発, 2005年, 2006年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), EBMに基づく高齢者の義歯治療の診断ストラテジー, 2004年, 2005年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 舌による食塊保持は誤嚥防止の鍵となるか, 2004年, 2005年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), バイオメカニックスシミュレーションに基づくインプラント・オーダーメイド医療, 2003年, 2004年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 年齢別最大舌圧標準値を指標とする新しい舌機能診断, 2002年, 2003年
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 8020高齢者の摂食・嚥下機能, 2001年, 2002年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 新坑菌性ティッシュコンディショナーのin vivoにおける理工学的・生物学的挙動, 2000年, 2001年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ポータブル嚥下機能評価システムの新開発, 2000年, 2001年
  16. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 疲労性咀嚼筋症状の高次生理診断, 1998年, 1999年
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 顎関節症の発症と自然治癒に関する疫学的研究, 1998年, 2000年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 高い骨形誘導成能を有する細胞接着分子コーディングインプラントの新開発, 1997年, 1998年
  19. 科学研究費助成事業(萌芽的研究), 嚥下運動の客観的定量評価システムの開発 -超音波画像と顎運動・筋電図の同時解析-, 1996年, 1997年
  20. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 銀ゼオライト添加床用材料の抗菌性に関与する表在性銀動態の解明, 1996年, 1996年
  21. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 筋の粘弾性要素を指標とする筋症状の新しい定量的評価, 1994年, 1994年
  22. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), スルフォン床用材料特有の表面汚染とそのデンチャープラークコントロール, 1993年, 1993年
  23. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), 機能圧下におけるジルコニアインプラント周囲の骨動態, 1988年, 1990年
  24. 科学研究費基盤研究(C), 新しい咀嚼破砕圧検査の開発, 2018年, 2021年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 医療・福祉課題解決に向けたデバイス開発パイロット事業共同研究推進委員会委員, 2013年08月, 2014年02月, 公益財団法人ひろしま産業振興機構
  2. 非常勤講師, 2014年04月, 2015年03月, 徳島大学
  3. 医療・福祉課題解決に向けたデバイス開発パイロット事業共同研究推進委員会委員, 2014年08月, 2015年02月, 公益財団法人ひろしま産業振興機構
  4. 総会準備委員会委員, 2014年09月, 2017年03月, 日本歯科医学会
  5. 歯科保健医療サービス提供困難者に対する歯科保健環境整備事業委員, 2015年04月, 2016年03月, 広島県歯科衛生連絡協議会
  6. 医療・福祉課題解決に向けたデバイス開発パイロット事業共同研究推進委員会委員, 2015年10月, 2016年02月, 公益財団法人ひろしま産業振興機構
  7. 歯科保健医療サービス提供困難者に対する歯科保健環境整備事業委員, 2016年05月, 2017年03月, 広島県歯科衛生連絡協議会
  8. 歯学系OSCE事後評価解析小委員会委員, 2017年04月, 2019年03月, 医療系大学間共用試験実施評価機構
  9. 介護予防・日常生活支援総合事業口腔ケアサービスモデル事業委員, 2017年04月, 2018年03月, 広島県歯科衛生連絡協議会
  10. 広島県病院歯科連絡協議会副会長, 2017年06月, 2019年06月, (社)広島県歯科医師会
  11. 理事, 2017年04月, 2019年03月, 広島市歯科衛生連絡協議会
  12. 客員教授, 2018年04月, 2018年09月, 広島都市学園大学
  13. (株)ジェイ・エム・エス, 2018年04月, 2019年03月, アドバイザー
  14. 九州大学歯学部, 2018年04月, 2018年09月, 非常勤講師
  15. 公益社団法人日本補綴歯科学会特命委員会, 2017年04月, 2019年03月, 公益社団法人日本補綴歯科学会

学術会議等の主催

  1. 日本顎口腔機能学会第44回学術大会, 大会実行委員長, 2010年04月
  2. 社団法人日本補綴歯科学会第120回記念学術大会, 準備委員長, 2011年05月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島県歯科保健医療サービス提供困難者相談医養成研修会, 要介護高齢者の基礎知識と歯科的対応, 広島県歯科医師会, 2018年/03月/11日, 2018年/03月/11日, 広島, 講師, 資格認定講習, 学術団体
  2. 日本歯科医学会歯科医療関係者向け研修会, 口腔機能発達不全症の考え方と小児の口腔機能発達評価マニュアルの見かた, 日本歯科医学会, 2018年/15月/27日, 2018年/15月/27日, 東京, 講師, 講演会, 学術団体
  3. 日本補綴歯科学会第127回学術大会 平成30年度市民フォーラム, お口の機能の有名研究者がやさしく解説 どうすれば健康に食べて肺炎にならない? お口と体の健康法 舌のパワーがあなたを守る!, 日本補綴歯科学会, 2018年/06月/07日, 2018年/06月/07日, 岡山, 講師, 講演会, 社会人・一般
  4. 平成30年度 広島県歯科医師会竹原・豊田歯科医師会学術講演会, 舌圧検査ってなに?, 竹原・豊田歯科医師会, 2018年/08月/11日, 2018年/08月/11日, 広島県竹原市, 講師, 講演会, 学術団体
  5. 県立三原高校模擬授業, 新しい口腔機能評価 舌圧検査のEBD, 広島大学, 2018年/10月/31日, 2018年/10月/31日, 三原市, 講師, 出前授業, 高校生
  6. 福山市中高年歯科保健講演会, メタボ・ロコモもオーラルフレイルからって何?, 福山市歯科医師会, 2018年/12月/08日, 2018年/12月/08日, 福山市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  7. 北海道医療大学歯学部一補燈門会学術講演会, 口腔機能管理に舌圧検査と舌トレーニング用具を活用する, 北海道医療大学歯学部一補燈門会, 2018年/05月/19日, 2018年/05月/19日, 北海道, 講師, 講演会, 学術団体

学術雑誌論文査読歴

  1. 2007年, 日本顎口腔機能学会雑誌, 編集員, 編集委員