伊藤 公訓Masanori Itou

Last Updated :2017/09/22

所属・職名
大学院医歯薬保健学研究科(医) 医学講座 准教授

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 消化器内科学

研究キーワード

  • 胃癌
  • 胃炎
  • 慢性胃炎

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, 集中, 器官・システム病態制御学I
  2. 2017年, 学部専門, 集中, 臨床実習・臨床実践学
  3. 2017年, 学部専門, 集中, アドバンスト医学実習
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 内科学I
  5. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 消化器・代謝内科学特別実験
  6. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 消化器・代謝内科学特別実験
  7. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 消化器・代謝内科学特別演習
  8. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 消化器・代謝内科学特別演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Helicobacter pylori dupA and gastric acid secretion are negatively associated with gastric cancer development, JOURNAL OF MEDICAL MICROBIOLOGY, 59巻, 12号, pp.1484-pp.1489, DEC 2010
  2. Low Prevalence of Helicobacter pylori-negative Gastric Cancer among Japanese, HELICOBACTER, 16巻, 6号, pp.415-pp.419, DEC 2011
  3. Evaluation of Individual Risk in Nonvariceal Gastrointestinal Bleeding Patients with NSAID Administration: A Multicenter Study in Japan, DIGESTION, 86巻, 3号, pp.187-pp.193, 2012
  4. Gastric Cancer Development after Helicobacter pylori Eradication Therapy: A New Form of Gastric Neoplasia, DIGESTION, 85巻, 1号, pp.61-pp.67, 2012
  5. Serum screening for detection of high-risk group for early-stage diffuse type gastric cancer in Japanese, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 27巻, 3号, pp.598-pp.602, MAR 2012
  6. Efficacy of adding sodium alginate to omeprazole in patients with nonerosive reflux disease: a randomized clinical trial, DISEASES OF THE ESOPHAGUS, 25巻, 5号, pp.373-pp.380, JUL 2012
  7. High Expression of Gastrin Receptor Protein in Injured Mucosa of Helicobacter pylori-Positive Gastritis, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 58巻, 3号, pp.634-pp.640, MAR 2013
  8. The effect of Helicobacter pylori eradication therapy on gastric ulcer healing after endoscopic mucosal resection, J Clin Gastroenterol, 40巻, 4号, pp.293-pp.296, 20060401
  9. Growth inhibition of TGF β on human gastric carcinoma cells : Receptor and Post receptor signaling, Cancer Research, 52巻, pp.295-pp.300, 19920401
  10. Reduced levels of TGF-β type I receptor in Human gastric cancinomas, Jpn.J.Cancer Res., 83巻, pp.86-pp.92, 19920401
  11. H pylori 除菌後の胃粘膜の組織学的形態と機能の変化, Therapeutic Research, pp.22(8) 1917-1921, 20000426
  12. 血清ペプシノゲン法による10年間の地域胃集検、胃検診の逐年検診と推移, 日本消化器集団検診学会雑誌, pp.39(5) 403-408, 20011001
  13. ペプシノゲン測定試薬(オートエースPGペプシノゲンIおよびオートエースPGペプシノゲンII)およびヘリコバクターピロリ検出用試薬(オートエースH.ピロリG)の臨床有用性の検討-胃炎例および胃癌例における臨床評価-, 医学と薬学, pp.46(3) 427-436, 20011023
  14. Expression of cell cycle regulators and growth factor/receptor systems in gastric carcinoma in young adults: Association with Helicobacter pylori infection, Int. J. Molecular Med., pp.5: 185-190, 20000101
  15. Changing pattern of gastric cancer in Japan, 2nd International Gastric Cancer Congress= Munich, 19970612
  16. 十二指腸潰瘍の臨床像とHp感染, 消化器の臨床, pp.1,51-54, 19950101
  17. 胃癌の新しい予後因子, 癌と化学療法, pp.19: 26-33, 19920101
  18. 癌の増殖、進展におけるTGFβの役割, 実験医学, pp.10: 89-93, 19920101
  19. 移植腎病理組織診断におけるmicrowave固定法の応用, 移植, pp.26: 246-252,, 19910101
  20. セリンプロテアーゼインヒビター(TAPP-Br)のヒト胃癌培養細胞に対する増殖抑制効果, 消化器癌の発生と進展, 2号, pp.295-pp.299, 19900101
  21. 増殖因子からみたヒト消化器癌, Oncologia, pp.22: 39-44, 19900101
  22. Helicobacter pylori eradication therapy for high-grade mucosa-associated lymphoid tissue lymphomas of the stomach with nalysis of p53 and K-ras alteration and microsatellite instability, Int J Oncol, 18巻, pp.1207-pp.1212, 20010401
  23. Microsatellite instability at D18S61 is associated with no regression of gastric mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma after Helicobacter pylori eradication, Oncol.Rep., 8巻, pp.293-pp.297, 20010401
  24. Helicobacter pylori除菌治療により消失した胃多発性過形成性ポリープの2例, 消化器内視鏡, 13巻, pp.854-pp.858, 20010401
  25. 胃粘膜の組織所見と胃粘膜内IL-8含量の対比 ?レバミピド投与前後の変化を含めて-。, 消化器科, 24巻, pp.681-pp.688, 19970401
  26. 酸分泌抑制剤治療と胃粘膜萎縮, 消化器科, 24巻, pp.112-pp.116, 19970401
  27. Helicobacter pylori除菌治療の成績と副作用についての検討, 消化器科, 23巻, pp.692-pp.698, 19960401
  28. Helicobacter pylori (Hp) 除菌後に発生した逆流性食道炎, クリニカ, 23巻, pp.7-pp.10, 19960401
  29. 血中ペプシノゲンによる胃癌検診法についての調査(第8報), 53巻, 12号, pp.1161-pp.1163, 20000401
  30. 便潜血による大腸癌集団検診法についての調査(第15報);, 53巻, 12号, pp.1164-pp.1168, 20000401
  31. 大腸カルチノイド112病変の臨床病理学的検討?内視鏡的切除適応基準について?, 49巻, 8号, pp.1033-pp.1040, 19960401
  32. Reduction in the incidence of Helicobacter pylori-associated carcinoma in Japanese young adalts, Oncol.Rep., 8巻, pp.633-pp.636, 20010401
  33. Helicobacter pyloriの感染症の疫学, 最新医学, 56巻, 5号, pp.982-pp.988, 20010401
  34. Helicobacter pylori除菌後の急性十二指腸びらんの特徴, 消化器内視鏡, 13巻, 5号, pp.785-pp.790, 20010401
  35. Helicobacter pyloriと胃ポリープ・胃癌, 内科, 87巻, 6号, pp.1120-pp.1122, 20010401
  36. Non-ulcer dyspepsiaに対するH.pylori除菌治療の効果, 消化器科, 31巻, 3号, pp.259-pp.264, 20000401
  37. 胃炎の治療はどのようにして行うのか?, Progress in Medicine, 20巻, pp.1767-pp.1771, 20000401
  38. 大学保健管理におけるリスクマネージメント, 総合保健科学-広島大学保健管理センター研究論文集-, 18巻, pp.45-pp.48, 20020401
  39. 消化器疾患の定番 -消化性潰瘍一酸、H.pylori,NSAID-, 消化器疾患のとらえかた-眼でみるベッドサイドの病態整理-, 1巻, 1号, pp.65-pp.72, 20020401
  40. 拡大内視鏡観察が深達度診断に有用であった大腸sm癌の1例, 消化器の臨床, 8巻, pp.93-pp.96, 20020401
  41. NSAIDとHelicobacter pylori 上皮細胞虚血マーカーの解析による一考察, 消化管の臨床, 8巻, pp.93-pp.96, 20020401
  42. Helicobacter pylori除菌療法後に発生した逆流性食道炎の長期経過, Ther Res, 23巻, 5号, pp.18-pp.20, 20020401
  43. 粘膜防御因子増強薬併用, Helicobacter Research, 5巻, pp.473-pp.478, 20010401
  44. H. pylori時代の消化性潰瘍学-H. pylori発見20周年を記念して-, 日本臨床, 60巻, pp.774-pp.778, 20020401
  45. Helicobacter pylori除菌失敗例の取り扱い。粘膜防御因子増強薬併用。, Helicobacter Research, 5巻, pp.473-pp.478, 20010401
  46. H. pylori陽性者におけるニザチジンおよびポラプレジンクの13C-尿素呼気試験に与える影響, 新薬と臨床, 51巻, pp.281-pp.287, 20020401
  47. 10年以上の長期経過観察を行なったクローン病の臨床的検討, 広島医学, 55巻, pp.93-pp.96, 20020401
  48. Helicobacter pylori除菌後の胃・十二指腸びらん, 胃と腸, 37巻, pp.545-pp.551, 20020401
  49. 尿素呼気試験に対するテプレノン長期投与の影響, 臨床と研究, 79巻, pp.873-pp.876, 20020401
  50. NSAIDとHelocobacter pylori: 上皮細胞虚血マーカーの解析による一考察, 消化管の臨床, 80巻, pp.35-pp.40, 20020401
  51. 大腸内視鏡治療後の遺残再発例の内視鏡的特徴像, 消化器内視鏡, 15巻, pp.945-pp.950, 20030401
  52. 医師の説明に対する期待と法的に求められる医療水準。, 広島医学, 57巻, pp.901-pp.907, 20040401
  53. 大学における摂食障害学生に対するチーム医療の検討 -精神科と内科の連携の重要性-, 広島大学保健管理センター研究論文集, 19巻, pp.7-pp.12, 20030401
  54. 再生不良性貧血経過中に発症した再燃緩解型潰瘍性大腸炎の1例, 広島医学, 56巻, pp.704-pp.708, 20030401
  55. 消化管粘膜下腫瘍の治療 1) 内視鏡的治療, 胃と腸, 39巻, 4号, pp.511-pp.520, 20040401
  56. 大腸sm 癌における浸潤度の臨床診断 -拡大内視鏡診断を中心に-, 胃と腸, 39巻, 10号, pp.1363-pp.1373, 20040401
  57. iNOS発現胃炎に対する血清マーカー, Progress in Medicine, 23巻, 8号, pp.2223-pp.2227, 20030401
  58. 再生不良性貧血経過中に発症した再燃緩解型潰瘍性大腸炎の1例, 広島医学, 56巻, 11号, pp.704-pp.708, 20030401
  59. 重症型逆流性食道炎の臨床像, 消化管の臨床, 9巻, pp.103-pp.106, 20030401
  60. 高齢者消化性潰瘍の臨床的検討, 消化管の臨床, 9巻, pp.107-pp.110, 20030401
  61. 大腸内視鏡治療後の遺残再発例の内視鏡的特徴像, 消化器内視鏡, 15巻, 7号, pp.945-pp.950, 20030401
  62. ペプシノゲン法による胃がん検診の有効性と評価について, 日本がん検診・診断学会, 10巻, 2号, pp.72-pp.75, 20030401
  63. 消化管出血に対する画像診断法と今後の展開、体外式消化管超音波検査新しい画像検査, 胃と腸, 40巻, pp.463-pp.472, 20050401
  64. 大腸EMR,ESDの標準的適応。, 消化器内視鏡, 18巻, pp.1158-pp.1165, 20060401
  65. 症候性GERDの長期経過からみた病態と治療, 消化器科, 40巻, 3号, pp.281-pp.285, 20050401
  66. 慢性胃炎患者における胃癌予知因子, 消化管Network,小林絢三編,朝日新聞社事業開発部消化管Network編集室,東京,20050401, 6巻, 2号, pp.36, 20050401
  67. Carditisは実在する疾患か?, Current Review Of Gastroenterology, 10巻, 1号, pp.2月6日, 20050401
  68. 第91回日本消化器病学会総会 学会印象記, 胃と腸, 40巻, 8号, pp.1116, 20050401
  69. Helicobacter oylori ニュース;第11回日本ヘリコバクター学会-臨床編-, Helicobacter Research, 9巻, 5号, pp.66-pp.67, 20050401
  70. 「食道炎:食道腺癌の発生率とリスク(地域住民をベースにしたコホート研究)」Am J Gastroenterol 20060401, 101, 1260-1267の要約, Am J Gastroenterol 日本語版, 1巻, 3号, pp.8月8日, 20060401
  71. Helicobacter pylori CagAから胃癌を考える, 消化管の臨床, 11巻, pp.19-pp.23, 20050401
  72. 抗壁細胞抗体と血清ペプシノゲン法を用いた胃癌スクリーニング, 消化器科, 43巻, 2号, pp.128-pp.133, 20060401
  73. 抗ウイルス剤と白血球除去療法の併用にて粘膜の改善を認めた難治性潰瘍性大腸炎の1例, 広島医学, 59巻, 9号, pp.719-pp.722, 20060401
  74. 好酸球性胃炎・肉芽腫性胃炎・リンパ球性胃炎, Helicobacter Research, 10巻, 1号, pp.25-pp.29, 20060401
  75. Ⅰ. 未病の臨床;4. 消化器と未病 ?消化器疾患の未病と対策;A. 消化器疾患と未病(ピロリ菌を中心に), 次世代の医学・医療がわかる未病医学 臨床;日本未病システム学会 株式会社金芳堂 20060401, pp.65-pp.69, 20060401
  76. Effect of long-term half-dose famotidine therapy on corpus gastritis in peptic ulcer desease.;, Aliment Pharmacol Ther, 21巻, pp.99-pp.104, 20050101
  77. A combination of the Helicobacter pylori stool antigen test and urea breath test is useful for clinical evalution of eradication therapy : a multicenter study., J Gastroenterol Hepatol, 20巻, pp.1241-pp.1245, 20050801
  78. Corrrespondence, Dig Liver Dis, 37巻, pp.982, 20051201
  79. Surface structure of antral gastric mucosa represents the status of histologic gastritis: fundamental evidence for the evaluation of antral gastritis by magnifying endoscopy., J Gastroenterol Hepatol, 21巻, pp.837-pp.841, 20060501
  80. A case of crohn’s dissease with hydronephrosis caused by ureteropelvic junction obstruction., Eur J Gastroenterol Hepatol, 18巻, 9号, pp.1015-pp.1017, 20060401
  81. Biomarkers in patients with gastic inflammation: a systematic review., Digestion, 72巻, pp.164-pp.180, 20050401
  82. Causal role of Helicobacter pylori infection and eradication therapy in gastric carcinogenesis., World J Gastroenterol, 12巻, 1号, pp.10-pp.16, 20060101
  83. Angiogenic switch occurs during the precancerous stage of human esophageal squamous cell carcinoma, Oncol Rep, 11巻, pp.315-pp.319, 20040401
  84. Chromosomal and microsatellite instability in sporadic gastric cancer, J Gastroenterol Hepatol, 19巻, pp.756-pp.760, 20040501
  85. Chronic gastritis with expression of inducible nitric oxide synthase is associated with high expression of interleukin-6 and hypergastrinaemia, Aliment Pharmacol Ther, 19巻, pp.1309-pp.1314, 20040401
  86. Clinical features of gastric cancer discovered after successful eradication of Helicobacter pylori: results from a 9-year prospective follow-up study in Japan, Aliment Pharmacol Ther, 21巻, pp.1121-pp.1126, 20050501
  87. Clinical significance of angiopoietin-2 expression at the deepest invasive tumor site of advanced colorectal carcinoma, Int J Oncol, 24巻, pp.539-pp.547, 20040201
  88. Clinicopathologic and endoscopic features of colorectal serrated adenoma:differences between polypoid and superficial types, Gastrointest Endosc, 59巻, 2号, pp.213-pp.219, 20040201
  89. Clinicopathologic features and endoscopic resection of early primary nonampullary duodenal carcinoma, J Clin Gastroenterol, 37巻, 5号, pp.381-pp.386, 20040501
  90. Development of a novel method to detect Helicobacter pylori cagA genotype from paraffin-embedded materials: comparison between patients with duodenal ulcer and gastric cancer in young Japanese, Digestion, 73巻, pp.47-pp.53, 20060401
  91. Effect of long-term half-dose famotidine therapy on corpus gastritis in peptic ulcer disease, Aliment Pharmacol Ther, 21巻, pp.99-pp.104, 20050601
  92. Eradication of Helicobacter pylori increases the incidence of hyperlipidaemia and obesity in peptic ulcer patients, Dig Liver Dis, 37巻, pp.39-pp.43, 20050101
  93. Frequent loss of heterozygosity on chromosome 10p14-p15 in esophageal dysplasia and squamous cell carcinoma, Oncol Rep, 12巻, pp.333-pp.337, 20040401
  94. Helicobacter pylori infection is the major risk factor for gastric inflammation in the cardia, Dig Dis Sci, 51巻, pp.1582-pp.1588, 20060901
  95. Infliximab therapy for Crohn’s disease in a patient with chronic hepatitis B, Dig Dis Sci, 50巻, 1号, pp.163-pp.166, 20050101
  96. Involvement of proinflammatory cytokines IL-1β and IL-6 in progression of human gastric carcinoma, Anticancer Res, 25巻, pp.709-pp.714, 20050301
  97. Loss of heterozygosity on chromosome 10p14-p15 in colorectal carcinoma, Pathobiology, 72巻, pp.220-pp.224, 20050901
  98. Lymphatic vessel density at the site of deepest penetration as a predictor of lymph node metastasis in submucosal colorectal cancer, Dis Colon Rectum, 50巻, 1号, pp.13-pp.21, 20060101
  99. Magnifying colonoscopic features of ulcerative colitis reflect histologic inflammation, Inflamm Bowel Dis, 10巻, 6号, pp.737-pp.744, 20040601
  100. Magnifying gastroendoscopy for diagnosis of histologic gastritis in the gastric antrum, Dig Liver Dis, 36巻, pp.286-pp.291, 20040401
  101. Meta-analysis of the effects of prokinetic agents in patients with functional dyspepsia, J Gastroenterol Hepatol, 22巻, pp.304-pp.310, 20070301
  102. Morphological changes in human gastric tumours after eradication therapy of Helicobacter pylori in a short-term follow-up, Aliment Pharmacol Ther, 21巻, pp.559-pp.566, 20050301
  103. Mucin phenotype and background mucosa of intramucosal differentiated-type adenocarcinoma of the stomach, Oncology, 66巻, 8号, pp.379-pp.387, 20040401
  104. Relationship between histopathological features and type V pit pattern determined by magnifying videocolonoscopy in early colorectal carcinoma, Dig Endos, 17巻, pp.117-pp.122, 20050401
  105. Helicobacter pylori と除菌後判定, 予後, 臨牀消化器内科, 22巻, 9号, pp.1185-pp.1190, 20070901
  106. Helicobacter pylori感染と酸分泌調節, Helicobacter Research, 8巻, 2号, pp.31-pp.37, 20040201
  107. EMR・ESD の標準的適応 ?EMRと ESD の使い分け?, 消化器内視鏡, 18巻, 7号, pp.1158-pp.1165, 20060701
  108. UC10万人時代の大腸内視鏡検査:治療効果判定の画像検査は, いつ, どのように行うか ?体外式超音波検査を含めて?, 消化器内視鏡, 18巻, 8号, pp.1241-pp.1250, 20060801
  109. クローン病における mucosal healing(粘膜治癒)の重要性, IBD Research, 1巻, 2号, pp.120-pp.124, 20070201
  110. クローン病に特徴的な対外式超音波像に関する検討, 消化管の臨床, 10巻, pp.27-pp.33, 20040401
  111. ダブルバルーン小腸内視鏡が診断過程で有用であった小腸結核の1例, 胃と腸, 40巻, 11号, pp.1553-pp.1558, 20051101
  112. ダブルバルーン小腸内視鏡検査の有用性 体外式超音波検査および小腸造影との比較, 胃と腸, 40巻, 11号, pp.1529-pp.1538, 20051101
  113. ダブルバルーン内視鏡が診断に有用であった空腸癌の 1例, 胃と腸, 41巻, 12号, pp.1707-pp.1711, 20061201
  114. ヘリコバクター・ピロリ感染と胃癌発生からみた胃内視鏡検診間隔, 日消集検誌, 43巻, pp.449-pp.457, 20050401
  115. 胃MALTリンパ腫に対するH.Pylori除菌治療後にdiffuse large B-cell lymphomaが出現した1例, 胃と腸, 39巻, 3号, pp.316-pp.322, 20040301
  116. 胃カルチノイドの診断と治療, 臨牀消化器内科, 21巻, 10号, pp.1393-pp.1398, 20061001
  117. 医師の説明に対する期待と法的に求められる医療水準, 広島医学, 57巻, 11号, pp.901-pp.907, 20041101
  118. 炎症性腸疾患患者における妊娠出産に関する検討, 広島医学, 57巻, 11号, pp.883-pp.886, 20041101
  119. 上部消化管内視鏡検診の現状および受診者側の期待度 ?内視鏡検診の標準的方法の策定に向けて?, 日消がん検診誌, 44巻, 4号, pp.406-pp.416, 20060401
  120. 組織学的胃炎評価の臨床的意義と問題点, 消化器科, 41巻, 2号, pp.128-pp.133, 20050201
  121. 潰瘍性大腸炎治療における免疫抑制剤(Azathioprine)の有用性, 広島医学, 58巻, 8号, pp.472-pp.477, 20050801
  122. 特集 胃癌危険群の設定をめぐって 5 萎縮性胃炎,腸上皮化生, The GI Forefront, 1巻, 2号, pp.19-pp.21, 20050201
  123. 内視鏡治療のみで経過観察可能な大腸 sm 癌の条件 臨床経過からの検証, 胃と腸, 39巻, 13号, pp.1731-pp.1743, 20041201
  124. 難治性口内炎に対するエカベトナトリウムの効果の検討, 新薬と臨牀, 55巻, 10号, pp.46-pp.54, 20061001
  125. 難治性潰瘍性大腸炎における体外式超音波所見の有用性, 胃と腸, 40巻, 10号, pp.1361-pp.1370, 20051001
  126. Immune response to cagA protein is associated with improved platelet count after Helicobacter pylori eradication in patients with idiopathic thrombocytopenic purpura, Helicobacter, 12巻, pp.36-pp.42, 20070201
  127. Host factors contributing to the discovery of gastric cancer after successful eradication therapy of Helicobacter pylori:preliminary report, J Gastroenterol Hepatol, 22巻, pp.571-pp.576, 20070401
  128. Efficacy of rabeprazole on heartburn symptom resolution in patients with non-erosive and erosive gastro-oesophageal reflux disease: a multicenter study from Japan, Aliment Pharmacol Ther, 26巻, pp.677-pp.679, 20070701
  129. Helicobacter pylori 感染と胃悪性腫瘍のリスク, Am J Gastroenterol 日本語版(論文要約, 2巻, 2号, pp.10-pp.11, 20070701
  130. Helicobacter pylori-associated gastritisis related to babA2expression without heterogeneity of the 3' region of the cagA genotype in Gastric Biopsy Specimens, Pathobiology, 74巻, 5号, pp.1-pp.7, 20070401
  131. 消化性潰瘍のために入院した手術患者と非手術患者における胃癌の部位別の長期リスク, Am J Gastroenterol 日本語版(論文要約), 2巻, 3号, pp.16-pp.17, 20070401
  132. Helicobacter pylori 陽性胃癌と陰性胃癌の比較 臨床の立場から, 胃と腸, 42巻, 6号, pp.981-pp.988, 20070501
  133. Helicobacter pylori 検査を検診に導入する意義は?, Helicobacter Research, 11巻, 6号, pp.14-pp.19, 20071201
  134. Treatment of functional dyspepsia with serotonin agonists: A meta-analysis of randomized controlled trials, J Gastroenterol Hepatol, 22巻, pp.1566-pp.1570, 20071001
  135. Reduction in gastric cancer mortality by screening based on serum pepsinogen concentration: A case-control study, Scand J Gastroenterol, 42巻, pp.760-pp.764, 20070601
  136. Narrow Band Imaging (NBI) 拡大観察が範囲診断に有用であった Barrett 食道腺癌の1例, 消化管の臨床, 13巻, pp.31-pp.37, 20070401
  137. Role of Helicobacter pylori infection and chronic inflammation in gastric cancer in the cardia, Jpn J Clin Oncol, 37巻, pp.365-pp.369, 20071213
  138. Reg IV is a serum biomarker for gastric cancer patients and predicts response to 5-fluorouracil-based chemotherapy., Oncogene, 26巻, 30号, pp.4383-pp.4393, 20070701
  139. Serum concentration of Reg IV in patients with colorectal cancer: Overexpression and high Reg IV serum level is associated with liver metastasis., Oncology, IN PRESS巻, 20071201
  140. Helicobacter pylori Q&A No.127 Helicobacter pylori 除菌治療後の胃癌をみつけるコツを教えてくださいに対する回答, Helicobacter Research, 12巻, 5号, pp.64-pp.66, 20080117
  141. 食道の運動機能検査 インフュージョンカテーテル法による食道内圧検査, 消化管Network,吉川敏一編,朝日新聞社事業開発部消化管Network編集室,東京,2008, pp.72-pp.73, 20080930
  142. Relation between histologic gastritis and gastric motility in Japanese patients with functional dyspepsia: evaluation by transabdominal ultrasonography, J Gastroenterol, 43巻, pp.332-227, 20081201
  143. Role of the gastrin-gastrin receptor system in the expansive growth of human gastric neoplasms, Digestion, 78巻, pp.163-pp.170, 20081201
  144. 本邦における NSAID 起因性胃粘膜障害予防のための併用薬調査, 消化器の臨床, 14巻, pp.7-pp.9, 20081201
  145. Helicobacter pylori 除菌後に発見された胃癌症例の臨床病理学的特徴 多施設集計 100症例の検討から, 胃と腸, 43巻, 12号, pp.1810-pp.1819, 20081201
  146. 大腸腫瘍性病変に対する narrow band imaging (NBI) の有用性, 胃と腸, 43巻, 6号, pp.881-pp.891, 20080624
  147. 7. 小腸腫瘍性疾患の内視鏡診断, 胃と腸, 43巻, 4号, pp.477-pp.488, 20080613
  148. 1. 小腸腫瘍性疾患 5)脂肪腫, 胃と腸, 43巻, 4号, pp.553-pp.558, 20080613
  149. 腸型Behcet病・単純性潰瘍, 消化器内視鏡, 20巻, 8号, pp.1293-pp.1299, 20080124
  150. 第4章 食道の運動機能 4 その他の食道運動異常, 臨牀消化器内科, 23巻, 7号, pp.63-pp.69, 20081201
  151. 胃底腺ポリープ頂部に発生した胃癌の1例, 消化管Network,吉川敏一編,朝日新聞社事業開発部消化管Network編集室,東京,2009, 10巻, 1号, pp.9, 20091001
  152. ガストリノーマ, Medical Practice, 26巻, 2号, pp.332-pp.333, 20091001
  153. Helicobacter pylori の除菌後に発見された胃癌症例の臨床像, Helicobacter Research, 13巻, 1号, pp.16-pp.20, 20091001
  154. Evaluation of gastric cancer risk using topography of histological gastritis: a large-scaled cross-sectional study, Dig Dis Sci, 58巻, pp.1818-pp.1823, 20091001
  155. 第6章 良性疾患の解説 4. 慢性胃炎, 症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 食道・胃・十二指腸診断, 田尻久雄・小山恒男編, 羊土社, 東京, 2009, pp.369-pp.370, 20091001
  156. 第6章 良性疾患の解説 5. 鳥肌胃炎, 症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 食道・胃・十二指腸診断, 田尻久雄・小山恒男編, 羊土社, 東京, 2009, pp.371-pp.372, 20091001
  157. マウス Oxazolone 腸炎に対する粉砕 Konjac glucomannan (PKGM) の効果, 消化器と免疫, 46巻, pp.168-pp.171, 20091001
  158. Presence of poorly differentiated component correlated with submucosal invasion in the early diffuse-type gastric cancer., Hepato-Gastroenterology, 55巻, pp.2264-pp.2268, 20091001
  159. A case of gastric adenocarcinoma arising from a fundic gland polyp, Clin J Gastroenterol, 2巻, pp.279-pp.283, 20091001
  160. Ecabet sodium induces neuronal nitric oxide synthase-derived nitric oxide synthesis and gastric adaptive relaxation in the human stomach, J Gastroenterol, 44巻, pp.1118-pp.1124, 20091101
  161. Helicobacter pylori 陰性胃癌の特徴, Helicobacter Research, 13巻, 6号, pp.40275, 20091201
  162. 胃癌リスク設定による効率的な胃癌検診ストラテジー, 消化器科, 49巻, 4号, pp.305-pp.307, 20091201
  163. Infliximab treatment for Crohn's disease in a patient with IgA nephropathy, Clin J Gastroenterol, 2巻, pp.380-pp.383, 20091201
  164. Oxazolon腸炎モデルにおける粉砕Konjac Glucomannanの経口摂取の効果, 消化器内科, 51巻, 4号, pp.349-pp.352, 20101201
  165. Helicobacter pylori 除菌後の胃癌, 胃と腸, 46巻, 1号, pp.83-pp.87, 20111201
  166. 胃癌の背景胃粘膜, 胃がんperspective, 3巻, 4号, pp.16-pp.22, 20111201
  167. Histological evaluation of patients with gastritis at high risk of developing gastric cancer using a conventional index., Pathol Res Pract., 207巻, 6号, pp.354-pp.358, 20110601
  168. 当院におけるカプセル内視鏡検査の現況, 広島医学, 64巻, 8号, pp.375-pp.381, 20110801
  169. 若年者胃癌の特徴 中高年に認める胃癌との相違-若年者胃癌のリスク, 胃と腸, 49巻, 6号, pp.1325-pp.1332, 20110801
  170. 内視鏡検診で発見された未分化型早期胃癌の2例, 日本消化器がん検診学会雑誌, 49巻, 6号, pp.1121-pp.1126, 20111101
  171. Helicobacter Pylori 除菌後長期経過による内視鏡所見の変化, Helicobacter Research, 15巻, 6号, pp.4-pp.6, 20111201
  172. A Water-soluble extract from culture medium of ganoderma lucidum mycelia suppresses the development of colorectal adenoma, Hiroshima J Med Sci, 59巻, 1号, pp.1月6日, 20100101
  173. Cheilitis granulomatosa as an early manifestation of Crohn's disease, Clin J Gastroenterol, 2巻, pp.190-pp.193, 20090501
  174. Pathogenetic role of the tyrosine-phosphorylated CagA EPIYA sequence of Helicobacter pylori in histological gastritis in Japanese patients, J Gastroenterol, 44巻, 5号, pp.405-pp.411, 20090501
  175. Clinical prevention of gastric cancer by Helicobacter pylori eradication therapy: a systematic review, J Gastroenterol, 44巻, 5号, pp.365-pp.371, 20090501
  176. Little necessity of acid inhibition against proton pump inhibitor rebound effects and prior Helicobacter pylori eradication therapy in gastric ulcer patients: a randomized prospective study, Hepatogastroenterology, 56巻, 91-92号, pp.624-pp.628, 20090601
  177. Ecabet sodium induces neuronal nitric oxide synthase-derived nitric oxide synthesis and gastric adaptive relaxation in the human stomach, J Gastroenterol, 44巻, 8号, pp.1118-pp.1124, 20090801
  178. Infliximab treatment for Crohn's disease in a patient with IgA nephropathy, Clin J Gastroenterol, 2巻, pp.380-pp.383, 20091001
  179. Plaunotol induces a comparative increase of acidic mucin fraction in gastric juice, Hepatogastroenterology, 58巻, 106号, pp.663-pp.668, 20110301
  180. Long-term rebamipide therapy improves Helicobacter pylori-associated chronic gastritis., Dig Dis Sci., 47巻, 4号, pp.862-pp.867, 20020401
  181. p53 Codon 72 polymorphism in gastric cancer susceptibility in patients with Helicobacter pylori-associated chronic gastritis., Int J Cancer., 100巻, 3号, pp.304-pp.308, 20020701
  182. Helicobacter pylori eradication therapy improves atrophic gastritis and intestinal metaplasia: a 5-year prospective study of patients with atrophic gastritis., Aliment Pharmacol Ther., 16巻, 8号, pp.1449-pp.1456, 20020801
  183. Implication of anti-parietal cell antibody levels in gastrointestinal diseases, including gastric carcinogenesis., Dig Dis Sci., 47巻, 5号, pp.1080-pp.1085, 20020501
  184. Role of anti-parietal cell antibody in Helicobacter pylori-associated atrophic gastritis: evaluation in a country of high prevalence of atrophic gastritis., Scand J Gastroenterol., 37巻, 3号, pp.287-pp.293, 20020301
  185. Serological comparison of serum pepsinogen and anti-parietal cell antibody levels between Japanese and German patients., Eur J Gastroenterol Hepatol., 14巻, 2号, pp.123-pp.127, 20020201
  186. Single administration of ecabet sodium diminishes the level of delta-13CO2 in urea breath test., J Gastroenterol., 37巻, 8号, pp.674-pp.675, 20020801
  187. 消化管・消化器疾患のとらえかた 眼で見るベットサイドの病態生理, 文光堂, 19910101
  188. Microsatellite instability at D18S61 is associated with no regression of gastric mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma after Helicobacter pylori eradication., Oncol Rep, 8巻, 2号, pp.293-7, 20010401
  189. c-myc gene mutation in gastric mucosa-associated lymphoid tissue (MALT) lymphoma and diffuse large B-cell lymphoma, Oncol Rep, 8巻, 2号, pp.289-92, 20010401
  190. H.pyloriによる胃粘膜障害, 2巻, 3-4号, pp.10, 20010401
  191. NSAID起因性胃病変, 医学と薬学, 45巻, pp.190-pp.195, 20010101
  192. ペプシノゲン陰性胃がんとその対策, ペプシノゲン法ハンドブック, pp.50-pp.52, 20010101
  193. EMBのための臨床データブック, 臨床医27, pp.340-pp.341, 20010101
  194. Helicobacter pyloriと胃ポリープ、胃がん, 内科, 87巻, pp.1120-2, 20010101
  195. 内視鏡診断の普及と胃食道逆流症の診断率向上, 総合臨床, 50巻, pp.2026-28, 20010101
  196. Reduction in the incidence of Helicobacter pylori-associated carcinoma in Japanese young adults, Oncol Rep, 8巻, 3号, pp.633-6, 20010501
  197. Helicobacter pylori eradication therapy for high-grade mucosa-associated lymphoid tissue lymphomas of the stomach with analysis of p53 and K-ras alteration and microsatellite instability, Int J Oncol, 18巻, 6号, pp.1207-12, 20010601
  198. Helicobacter pyloriの感染症の疫学, 最新医学, 56巻, pp.982-8, 20010101
  199. Helicobacter pylori infection is a major risk factor for gastric carcinoma in young patients, Scand J Gastroenterol, 35巻, 3号, pp.255-pp.259, 20000301
  200. 胃炎の治療はどのようにして行うのか, 20巻, pp.1767-pp.1771, 20010101
  201. 医・歯学部学生、職員のツベルクリン反応におけるブースター効果に関する検討, 総合保健科学, 17巻, pp.7-pp.11, 20010101
  202. Enhanced expression of inducible Nitric Oxide Synthase and Nitrotyrosine in gastric mucosa of gastric cancer patients, Clin Cancer Res, 5巻, 6号, pp.1411-5., 19990601
  203. 腹部超音波検査にて発見された腸重積症を伴う大腸癌の一例, 広島医学, 52巻, pp.383-pp.387, 20010101
  204. Helicobacter pylori感染症と疾患多様性について, 広島医学, 48巻, pp.605-pp.607, 20010101
  205. rIFN-alpha-2b治療中に急性腎不全を発症したC型慢性肝炎の1例, 広島医学, 47巻, pp.589-pp.592, 20010101
  206. 大腸内視鏡的治療, 広島医学, 47巻, pp.1624-pp.1626, 20010101
  207. 高齢者に発症した壊死性リンパ節炎の1例-典型例との免疫組織化学的比較を含めて, 臨床と研究, 71巻, pp.139-pp.141, 20010101
  208. 慢性B型肝炎に対するインターフェロン-alpha再治療の効果, 広島医学, 46巻, pp.692-pp.696, 20010101
  209. HCV関連肝細胞癌の臨床的検討-とくにその予後に関して, 医療, 47巻, pp.92-pp.98, 20010101
  210. 慢性C型肝炎に対するインターフェロン療法-血清TNF-alphaの反応に関して, 医療, 47巻, pp.394-pp.398, 20010101
  211. 肝線維化マーカーとしての血清ヒアルロン酸の臨床的検討, 広島医学, 46巻, pp.1305-pp.1308, 20010101
  212. 心転移をきたした膵ラ氏島癌の3例, 胆と膵, 14巻, pp.1203-pp.1206, 20010101
  213. Reduced levels of transforming growth factor-beta type I receptor in human gastric carcinomas., Jpn J Cancer Res, 83巻, 1号, pp.86-pp.92, 19920101
  214. New prognostic factors in human gastric carcinomas, 癌と化学療法, 19巻, 1号, pp.26-pp.33, 20010101
  215. monoclonal antibody capable of detecting new differentiation antigen of the stomach, Int J Cancer, 50巻, 4号, pp.523-7, 19920201
  216. 肝線維化マーカーとしてのアポリポ蛋白A1の臨床的検討, 医療, 46巻, pp.980-pp.984, 19920101
  217. 血清PⅢP、IVコラーゲン7S、ラミニンP1と腹腔鏡所見の比較検討, 広島医学, 45巻, pp.999-pp.1001, 20010101
  218. スキルス胃癌の間質形成に及ぼすTGFーβの役割, Biotherapy, 5巻, pp.1424-pp.1430, 20010101
  219. EGF and TGF-α, the ligands of hyperproduced EGFR in human esophageal carcinoma cells, act as autocrine growth factors, Int J Cancer, 45巻, 1号, pp.131-pp.135, 19900101
  220. Effect of epidermal growth factor on rat stomach carcino-genesis induced by N-methyl-N’-nitro-N-nitrosoguanidine, Acta Pathol Jpn, 40巻, 3号, pp.165-71, 19900301
  221. 高齢者食道未分化癌, 癌の臨床, 36巻, pp.1014-pp.1018, 20010101
  222. Expression of several growth factors and their receptor genes in human colon carcinomas, Virchows Arch B Cell Pathol Incl Mol Pathol., 59巻, 3号, pp.173-pp.178, 19900401
  223. Expression of ERBB2 in human gastric carcinomas: Relationship between p185ERBB2 expression and the gene amplification, 8002-8009, 50巻, 24号, pp.8002-9, 19901201
  224. 病理組織診断学における免疫組織化学の応用と実際-パラフィン包埋ブロックを用いた 酵素抗体法-III. Hybridization histochemistoryと酵素抗体法の比較, 広島医学, 42巻, pp.886-pp.892, 20010101
  225. 胃腺腫の細胞構築と組織発生, 消化器癌の発生と進展, 1巻, pp.23-pp.27, 20010101
  226. Minute carcinoid arising in gastric tubular adenoma, Histopathology., 15巻, 1号, pp.96-pp.99, 19890701
  227. Expression of TGF-β and procollagen type I and type III in human gastric carcinomas, Int J Cancer., 44巻, 3号, pp.394-pp.398, 19890901
  228. Epidermal growth factor induces the expression of its receptor gene in human gastric carcinoma cell line TMK-1, Jpn J Cancer Res, 80巻, 8号, pp.743-pp.746, 19890801
  229. Cytogenetical analysis of the human gastric carcinoma cell line TMK-1, Hiroshima J Med Sci, 38巻, 3号, pp.121-pp.124, 19890901
  230. Reduced tumorigenicity and cell motility of a gastric-carcinoma cell-line by introduction of wild-type p53 gene., Int J Oncol, 3巻, 2号, pp.265-71, 19930801
  231. Papillary adenoma of the stomach. Pathologic and immunohistochemical study., Arch Pathol Lab Med., 113巻, 9号, pp.1030-4, 19890901
  232. Expression of several growth factors and their receptor genes in human colon carcinomas., Virchows Arch B Cell Pathol Incl Mol Pathol, 59巻, 3号, pp.173-8., 19900101
  233. 住民がん検診及び基本健康診査専門委員会 血中ペプシノゲンによる胃癌検診法についての調査, 広島医学, 54巻, 12号, pp.978-pp.981, 20010301
  234. H.pylori除菌後の胃粘膜の組織学的形態と機能の変化—長期経過例について—, Ther Res, 22巻, 8号, pp.1917-pp.1922, 20010301
  235. 特集 Helicobacter pylori除菌失敗例の取り扱い粘膜防御因子増強薬併用, Helicobacter Research, 5巻, 5号, pp.473-pp.478, 20010301
  236. 胃ポリープ, 臨床医, 21巻, pp.1250-pp.1251, 20010101
  237. 健康診断における生活習慣病危険因子とその推移, 総合保健科学-広島大学保健管理センター研究論文集-, 17巻, pp.47-pp.52, 20010301
  238. 中等度以上の萎縮性胃炎除菌後の長期経過について, Ther Res, 23巻, 6号, pp.51-pp.57, 20020301
  239. ペプシノゲン法(間接X線同時併用) PG(+),X線(−)にて発見した症例2, これからの胃がんスクリーニング 症例から考えるX線法.ペプシノゲン法によるベストアプローチ, pp.108-pp.111, 20020301
  240. 高齢者潰瘍の臨床的特徴とHelicobacter pylori除菌治療の意義づけ, これからの胃がんスクリーニング 症例から考えるX線法.ペプシノゲン法によるベストアプローチ, pp.108-pp.111, 20020301
  241. H.pylori時代の消化性潰瘍学-H.pylori発見20周年を記念して- XII.除菌後の長期予後 除菌後再発潰瘍の分析, 日本臨牀, 60巻, 2号, pp.501-pp.505, 20020301
  242. 特集 胃.食道疾患の最新情報−Helicobacter pylori除菌時代の知見を中心に<除菌後の問題点>今後の胃癌検診に与える影響, 内科, 89巻, 3号, pp.480-pp.483, 20020301
  243. 今後の胃癌検診に与える影響, 内科, 89巻, 3号, pp.480-pp.483, 20020301
  244. 塩酸ラニチジンの臨床的メリットを薬理作用の面から探る, Medical Tribune, pp.41-pp.43, 20030301
  245. Helicobacter pylori 除菌後再発潰瘍の扱い—実態とその対策—, Helicobacter Research, 7巻, 5号, pp.41-pp.45, 20030301
  246. 当施設におけるHelicobacter pylori 除菌療法の実際と問題点, Helicobacter Research, 7巻, 3号, pp.70-pp.75, 20030301
  247. 9.消化管粘膜下腫瘍の治療 1) 内視鏡的治療, 胃と腸, 39巻, 4号, pp.511-pp.520, 20040301
  248. Helicobacter pylori感染と酸分泌調節, Helicobacter Research, 31巻, 37号, pp.31-pp.37, 20040301
  249. III 高齢者におけるラニチジンの副作用と投与上の注意, Ranitidine Manual ラニチジン−20年の足跡−, pp.46-pp.50, 20040301
  250. 胃炎−胃粘膜の障害と修復−, Mebio, 21巻, 7号, pp.8-pp.13, 20040301
  251. 胃の炎症の質的診断とその治療, メディカル朝日, 34巻, 4号, pp.3, 20040301
  252. H.pylori と胃炎,胃潰瘍, 内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像[上部消化管], pp.279, 20050301
  253. 胃炎(Schindler 分類/木村・竹本分類/Sydney system), 内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像[上部消化管], pp.288-pp.290, 20050301
  254. 表層性胃炎病的意義はあるのか? 治療の適応は?, 臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス, pp.96-pp.97, 20050301
  255. 慢性胃炎の診断と分類, 臨床に役立つ消化器疾患の診断基準・病型分類・重症度の用い方, pp.36-pp.38, 20060301
  256. 胃癌 gastric cancer, 病気と薬パーフェクトBOOK 2008, pp.1412-pp.1416, 20080301
  257. (6) 非上皮性腫瘍と鑑別の必要な疾患 a. 粘膜下腫瘍様形態の大腸癌, 早期大腸癌, pp.1412-pp.1416, 20080301
  258. Helicobacter pylori 除菌治療後の胃癌をみつけるコツを教えてください, Helicobacter Research, 12巻, 5号, pp.64-pp.66, 20080301
  259. 専門医に聞くこの病気 胃潰瘍を知ろう<前編>, RE・CREA Style, pp.15, 20090301
  260. One point adovice: ピロリ菌除菌治療と急性出血性大腸炎, RE・CREA Style, pp.15, 20090301
  261. One point adovice: ピロリ菌除菌治療と急性出血性大腸炎, Medical Practice, 29巻, 8号, pp.1414, 20090301
  262. 第8章 消化器系 3.抗潰瘍薬, ナースのための読み解く薬理学, pp.150-pp.156, 20090301
  263. Q1 H2受容体拮抗薬(H2RA)とプロトンポンプ阻害薬(PPI)は, どのように使い分けるのでしょうか?についての回答, ナースのための読み解く薬理学, pp.157, 20090301
  264. Q2 ヘリコバクター・ピロリ除菌治療後の効果判定は, どのようにするのでしょうか?についての回答, ナースのための読み解く薬理学, pp.158, 20090301
  265. 脂肪吸収不全症 lipid malabsorption, 内科学書 , pp.350-pp.351, 20090301
  266. 「抄訳・解説」消化性潰瘍患者において早期の除菌治療が胃癌リスクを減少させる, The GI Forefront, 5巻, 2号, pp.77, 20090301
  267. 胃切除後症候群, 今日の診断指針, pp.714-pp.715, 20100301
  268. NSAID 潰瘍についての最近の話題, Salvus, 4巻, 2号, 20100301
  269. 6. 早期大腸癌の精密画像診断 5) 画像強調・拡大観察 NBI, 胃と腸, 45巻, 5号, pp.829-pp.840, 20100301
  270. マウスoxazolone 腸炎に対する粉砕 Konjac glucomannan(PKGM)の効果, 消化器と免疫, 46巻, pp.168-pp.171, 20100301
  271. 薬剤性消化管傷害のリスクと対策, 大塚製薬株式会社刊行物, pp.1-pp.5, 20100301
  272. Helicobacter pylori 除菌治療により形態変化を呈する胃腫瘍の特性, 消化器内科, 51巻, 3号, pp.258-pp.261, 20100301
  273. Helicobacter pylori 除菌後の胃癌, 胃と腸, 46巻, 1号, pp.83-pp.87, 20100301
  274. 潰瘍性大腸炎寛解維持療法におけるアザチオプリンによる粘膜治癒の意義, 消化管の臨床, 16巻, pp.17-pp.20, 20100301
  275. Helicobacter Pylori 除菌後長期経過による内視鏡所見の変化, Helicobacter Research, 15巻, 11号, pp.4-pp.6, 20110301
  276. 錠剤型経口腸管洗浄剤を用いた大腸内視鏡前処置法の工夫と有用性−患者受容性および腸管洗浄効果に関する無作為比較試験−, 日本消化器がん検診学会雑誌, 50巻, 1号, pp.20-pp.28, 20120301
  277. 「抄訳・解説」 Helicobacter pylori 感染スナネズミにおいてPPI長期投与は慢性胃炎を増悪させ胃癌の発生を促進する, The GI Forefront, 7巻, 2号, pp.78, 20120301
  278. H.pylori陰性胃癌の特徴, 日本臨牀, 70巻, 10号, pp.1802-pp.1806, 20120301
  279. Helicobacter pylori 除菌後10年以上経過して発見された胃癌症例の検討, 胃と腸, 47巻, 11号, pp.1623-pp.1629, 20120301
  280. Advanced method for evaluation of gastric cancer risk by serum markers: determination of true low-risk subjects for gastric neoplasm, Helicobacter, 19巻, 1号, pp.1-pp.8, 20140201
  281. Reduction in the incidence of Helicobacter pylori-associated carcinoma in Japanese young adults, ONCOLOGY REPORTS, 8巻, 3号, pp.633-pp.636, MAY-JUN 2001
  282. Role of anti-parietal cell antibody in Helicobacter pylori-associated atrophic gastritis: Evaluation in a country of high prevalence of atrophic gastritis, SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 37巻, 3号, pp.287-pp.293, MAR 2002
  283. Serological comparison of serum pepsinogen and antiparietal cell antibody levels between Japanese and German patients, EUROPEAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY, 14巻, 2号, pp.123-pp.127, FEB 2002
  284. Long-term rebamipide therapy improves Helicobacter pylori-associated chronic gastritis, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 47巻, 4号, pp.862-pp.867, APR 2002
  285. Implication of anti-parietal cell antibody levels in gastrointestinal diseases, including gastric carcinogenesis, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 47巻, 5号, pp.1080-pp.1085, MAY 2002
  286. p53 codon 72 polymorphism in gastric cancer susceptibility in patients with Helicobacter pylori-associated chronic gastritis, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 100巻, 3号, pp.304-pp.308, JUL 20 2002
  287. Significance of an exaggerated meal-stimulated gastrin response in pathogenesis of Helicobacter pylori-negative duodenal ulcer, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 48巻, 4号, pp.644-pp.651, APR 2003
  288. Expression of hypoxia-inducible factor-l alpha is associated with tumor vascularization in human colorectal carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 105巻, 2号, pp.176-pp.181, JUN 10 2003
  289. Isolated granulomatous gastritis successfully treated by Helicobacter pylori eradication: a possible association between granulomatous gastritis and Helicobacter pylori, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 38巻, 4号, pp.371-pp.375, APR 2003
  290. Somatic mutation of mitochondrial DNA in Helicobacter pylori-associated chronic gastritis in patients with and without gastric cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE, 12巻, 2号, pp.169-pp.174, AUG 2003
  291. Review article: clinical significance of mucosal-protective agents: acid, inflammation, carcinogenesis and rebamipide, ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 18巻, pp.153-pp.159, JUL 2003
  292. Clinical significance of Fhit expression in development of colorectal carcinoma of various macroscopic types, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE, 12巻, 4号, pp.437-pp.442, OCT 2003
  293. Helicobacter pylori infection influences expression of genes related to angiogenesis and invasion in human gastric carcinoma cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 311巻, 4号, pp.809-pp.814, NOV 28 2003
  294. Involvement of proinflammatory cytokines IL-1 beta and IL-6 in progression of human gastric carcinoma, ANTICANCER RESEARCH, 25巻, 2A号, pp.709-pp.713, MAR-APR 2005
  295. Magnifying gastroendoscopy for diagnosis of histologic gastritis in the gastric antrum, DIGESTIVE AND LIVER DISEASE, 36巻, 4号, pp.286-pp.291, APR 2004
  296. Chronic gastritis with expression of inducible nitric oxide synthase is associated with high expression of interleukin-6 and hypergastrinaemia, ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 19巻, 12号, pp.1309-pp.1314, JUN 15 2004
  297. A combination of the Helicobacter pylori stool antigen test and urea breath test is useful for clinical evaluation of eradication therapy: A multicenter study, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 20巻, 8号, pp.1241-pp.1245, AUG 2005
  298. Magnifying colonoscopic features of ulcerative colitis reflect histologic inflammation, INFLAMMATORY BOWEL DISEASES, 10巻, 6号, pp.737-pp.744, NOV 2004
  299. Eradication of Helicobacter pylori increases the incidence of hyperlipidaemia and obesity in peptic ulcer patients, DIGESTIVE AND LIVER DISEASE, 37巻, 1号, pp.39-pp.43, JAN 2005
  300. Morphological changes in human gastric tumours after eradication therapy of Helicobacter pylori in a short-term follow-up, ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 21巻, 5号, pp.559-pp.566, MAR 1 2005
  301. Clinical features of gastric cancer discovered after successful eradication of Helicobacter pylori: results from a 9-year prospective follow-up study in Japan, ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 21巻, 9号, pp.1121-pp.1126, MAY 1 2005
  302. Effect of long-term half-dose famotidine therapy on corpus gastritis in peptic ulcer disease, ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 21巻, pp.99-pp.104, JUN 2005
  303. Cardiac glands hyperplastic polyp of the stomach, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 20巻, 9号, pp.1461-pp.1463, SEP 2005
  304. Biomarkers in patients with gastric inflammation: A systematic review, DIGESTION, 72巻, 2-3号, pp.164-pp.180, 2005
  305. Evaluation of an ELISA for detection of anti-parietal cell antibody, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 53巻, 67号, pp.11-pp.14, JAN-FEB 2006
  306. The effect of Helicobacter pylori eradication therapy on gastric ulcer healing after endoscopic mucosal resection, JOURNAL OF CLINICAL GASTROENTEROLOGY, 40巻, 4号, pp.293-pp.296, APR 2006
  307. Development of a novel method to detect Helicobacter pylori cagA genotype from paraffin-embedded materials: Comparison between patients with duodenal ulcer and gastric cancer in young Japanese, DIGESTION, 73巻, 1号, pp.47-pp.53, 2006
  308. Surface structure of antral gastric mucosa represents the status of histologic gastritis: Fundamental evidence for the evaluation of antral gastritis by magnifying endoscopy, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 21巻, 5号, pp.837-pp.841, MAY 2006
  309. Anti-parietal cell antibody and serum pepsinogen assessment in screening for gastric carcinoma, DIGESTIVE AND LIVER DISEASE, 38巻, 5号, pp.303-pp.307, MAY 2006
  310. A case of Crohn's disease with hydronephrosis caused by ureteropelvic junction obstruction, EUROPEAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY, 18巻, 9号, pp.1015-pp.1018, SEP 2006
  311. Helicobacter pylori infection is the major risk factor for gastric inflammation in the cardia, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 51巻, 9号, pp.1582-pp.1588, SEP 2006
  312. Efficacy of rabeprazole on heartburn symptom resolution in patients with non-erosive and erosive gastro-oesophageal reflux disease: a multicenter study from Japan, ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 26巻, 1号, pp.69-pp.77, JUL 1 2007
  313. Serum pepsinogen levels in the Japanese population: Prospective study of 9 years of follow-up, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 54巻, 78号, pp.1887-pp.1890, SEP 2007
  314. Relation between histologic gastritis and gastric motility in Japanese patients with functional dyspepsia: evaluation by transabdominal ultrasonography, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 43巻, 5号, pp.332-pp.337, 2008
  315. Evaluation of gastric cancer risk using topography of histological gastritis: A large-scaled cross-sectional study, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 53巻, 7号, pp.1818-pp.1823, JUL 2008
  316. Role of the Gastrin-Gastrin Receptor System in the Expansive Growth of Human Gastric Neoplasms, DIGESTION, 78巻, 2-3号, pp.163-pp.170, 2008
  317. Presence of Poorly Differentiated Component Correlated with Submucosal Invasion in the Early Diffuse-type Gastric Cancer, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 55巻, 88号, pp.2264-pp.2268, NOV-DEC 2008
  318. Relationship between Helicobacter pylori Tyrosine-Phosphorylated CagA-Related Markers and the Development of Diffuse-Type Gastric Cancers: A Case-Control Study, DIGESTION, 82巻, 1号, pp.10-pp.17, 2010
  319. Plaunotol Induces a Comparative Increase of Acidic Mucin Fraction in Gastric Juice, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 58巻, 106号, pp.663-pp.668, MAR-APR 2011
  320. Histological evaluation of patients with gastritis at high risk of developing gastric cancer using a conventional index, PATHOLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 207巻, 6号, pp.354-pp.358, 2011
  321. Helicobacter pylori cagA polymorphism and gastric inflammation: An international comparison between Japanese and Brazilian patients, SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 46巻, 9号, pp.1051-pp.1056, SEP 2011
  322. Bile Acid Promotes Intestinal Metaplasia and Gastric Carcinogenesis, CANCER EPIDEMIOLOGY BIOMARKERS & PREVENTION, 21巻, 11号, pp.2101-pp.2107, NOV 2012
  323. Predicting the efficacy of proton pump inhibitors in patients with non-erosive reflux disease before therapy using dual-channel 24-h esophageal pH monitoring, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 27巻, 5号, pp.899-pp.906, MAY 2012
  324. Histology of symptomatic gastroesophageal reflux disease: Is it predictive of response to proton pump inhibitors?, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 28巻, 3号, pp.479-pp.487, MAR 2013
  325. Changes in endoscopic findings of gastritis after cure of H.pylori infection: Multicenter prospective trial, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 25巻, 3号, pp.264-pp.273, MAY 2013
  326. Relation between bile acid reflux into the stomach and the risk of atrophic gastritis and intestinal metaplasia: A multicenter study of 2283 cases, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 25巻, 5号, pp.519-pp.525, SEP 2013
  327. Characteristics of Metachronous Gastric Tumors after Endoscopic Submucosal Dissection for Gastric Intraepithelial Neoplasms, GASTROENTEROLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 2014
  328. Management and clinical outcomes of type I gastric carcinoid patients: Retrospective, multicenter study in Japan, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 26巻, 3号, pp.377-pp.384, MAY 2014
  329. Characteristic Epithelium with Low-Grade Atypia Appears on the Surface of Gastric Cancer after Successful Helicobacter pylori Eradication Therapy, HELICOBACTER, 19巻, 4号, pp.289-pp.295, AUG 2014
  330. Advanced Method for Evaluation of Gastric Cancer Risk By Serum Markers: Determination of True Low-Risk Subjects for Gastric Neoplasm, HELICOBACTER, 19巻, 1号, pp.1-pp.8, FEB 2014
  331. Rebamipide Improves Chronic Inflammation in the Lesser Curvature of the Corpus after Helicobacter pylori Eradication: A Multicenter Study, BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL, 2015
  332. Time Trends in Helicobacter pylori Infection and Atrophic Gastritis Over 40Years in Japan, HELICOBACTER, 20巻, 3号, pp.192-pp.198, JUN 2015
  333. Interobserver and intraobserver agreement for gastric mucosa atrophy, BMC GASTROENTEROLOGY, 15巻, AUG 4 2015
  334. Time trends in Helicobacter pylori Infection and atrophic gastritis over 40 years in Japan, Helicobacter, 12193巻, 2015
  335. Helicobacter pylori陰性胃癌, 消化器の臨床, 18巻, 2号, pp.133-pp.136, 2015
  336. 酸分泌抑制薬の歴史, 日本医事新報No4751, 4751巻, pp.20-pp.23, 2015

著書等出版物

  1. 2006年04月, 慢性胃炎の診断と分類 , 臨床に役立つ消化器疾患の診断基準・病型分類・重症度の用い方, 棟方昭博・小池和彦・田尻久雄編, 日本メディカルセンター, 東京, 2006, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共著, Tanaka S , 36
  2. 2005年04月, 表層性胃炎;病的意義はあるのか?治療の適応は?, 臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス, 上村直実・菅野健太郎編, 文光堂, 東京, 2005, 2005年, 04, 単行本(学術書), 単著, 96
  3. 2005年04月, 胃炎(Schindler 分類/木村・竹本分類/Sydney system) , 内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像[上部消化管], 長南明道・田尻久雄・田中信治編, 日本メディカルセンター, 東京, 2005, 2005年, 04, 単行本(学術書), 単著, 288
  4. 2005年04月, H.pyloriと胃炎, 胃潰瘍 , 内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像[上部消化管], 長南明道・田尻久雄・田中信治編, 日本メディカルセンター, 東京, 2005, 2005年, 04, 単行本(学術書), 単著, 279
  5. 2005年04月, H. pyloriと胃癌, MALTリンパ腫 , 内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像[上部消化管], 長南明道・田尻久雄・田中信治編, 日本メディカルセンター, 東京, 2005, 2005年, 04, 単行本(学術書), 単著, 299
  6. 2006年04月, 慢性胃炎の診断と分類 , 臨床に役立つ消化器疾患の診断基準・病型分類・重症度の用い方, 棟方昭博・小池和彦・田尻久雄編, 日本メディカルセンター, 東京, 2006, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共著, 36
  7. 2006年04月, 4 消化器と未病 ?消化器疾患の未病と対策? , 次世代の医学・医療がわかる 未病医学 臨床, 日本未病システム学会編, 金芳堂, 京都, 2006, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共著, 梶山梧朗 , 65
  8. 2002年, これからの胃癌スクリーニング PG(+), X線(-)にて発見した症例2 , メジカルビュー社, 2002年, 単行本(学術書), 共著, 伊藤 公訓
  9. 2006年04月, Molecular pathologic application as a predictor of lymph node metastasis in submucosal colorectal carcinoma:implication of immunohistochemical alterations at the deepest invasive margin , Muto T, Mochizuki H, Masaki T, Edt. Tumor budding in colorectal cancer: Recent progress in colorectal cancer research. p171-180, NOVA, Hauppauge, NY, 2006, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共著, 岡 志郎 田村忠正 伊藤 公訓 日山 亨 上野 義隆 北台 靖彦 , 171
  10. 2009年11月, ナースのための読み解く薬理学, 柳澤克之編第8章 消化器系 3. 抗潰瘍薬, メディカルレビュー社, 2009年, 11, 単行本(学術書), 共編著
  11. 2009年11月, ナースのための読み解く薬理学, 柳澤克之編Q1 H2受容体拮抗薬(H2RA)とプロトンポンプ阻害薬(PPI)は, どのように使い分けるのでしょうか?についての回答, メディカルレビュー社, 2009年, 11, 単行本(学術書), 共編著
  12. 2009年11月, ナースのための読み解く薬理学, 柳澤克之編Q2 ヘリコバクター・ピロリ除菌治療後の効果判定は, どのようにするのでしょうか?についての回答, メディカルレビュー社, 2009年, 11, 単行本(学術書), 共編著
  13. 2009年11月, 内科学書 改訂第7版脂肪吸収不全症 lipid malabsorption, 中山書店, 2009年, 11, 教科書, 共編著
  14. 2015年, Helicobacter pylori未感染胃癌の臨床病理学的特徴, Helicobacter pylori未感染胃癌の臨床病理学的特徴, Helicobacter pylori未感染胃癌の臨床病理学的特徴, Helicobacter Research, 2015年, 2015, その他, 共著, 松尾泰治, 伊藤公訓, 小刀崇弘, 北村陽子, 保田智之, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰
  15. 2015年, NHKきょうの健康, ピロリ菌検査・除菌で予防, ピロリ菌検査・除菌で予防, ピロリ菌検査・除菌で予防, NHK出版, 2015年, その他, 単著
  16. 2015年, NHKきょうの健康, 内視鏡治療どんな場合に行う?, 内視鏡治療どんな場合に行う?, 内視鏡治療どんな場合に行う?, NHK出版, 2015年, その他, 単著
  17. 2015年, Helicobacter pylori 陰性胃癌(未感染胃癌)と除菌後胃癌(既感染胃癌)の診断, Helicobacter pylori 陰性胃癌(未感染胃癌)と除菌後胃癌(既感染胃癌)の診断, Helicobacter pylori 陰性胃癌(未感染胃癌)と除菌後胃癌(既感染胃癌)の診断, Helicobacter pylori 陰性胃癌(未感染胃癌)と除菌後胃癌(既感染胃癌)の診断, 本ヘリコバクター学会誌, 2015年, その他, 共著, 保田智之, 伊藤公訓, 小刀崇弘, 松尾泰治, 北村陽子, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰
  18. 2015年, ヒト胃における細胞系統分布図で認められた胃幽門部の不均一な腺構成成分, ヒト胃における細胞系統分布図で認められた胃幽門部の不均一な腺構成成分, ヒト胃における細胞系統分布図で認められた胃幽門部の不均一な腺構成成分, ヒト胃における細胞系統分布図で認められた胃幽門部の不均一な腺構成成分, GUT (日本語版), 2015年, その他, 単著
  19. 2015年, 日常診療における胃前癌病変の検出:イタリア全国内での調査, 日常診療における胃前癌病変の検出:イタリア全国内での調査, 日常診療における胃前癌病変の検出:イタリア全国内での調査, 日常診療における胃前癌病変の検出:イタリア全国内での調査, Helicobacter(日本語抄訳版), 2015年, その他, 単著
  20. 2015年, 7. 慢性胃炎, 慢性胃炎, 食道・胃腫瘍診断 改訂版, 慢性胃炎, 羊土社, 単行本(学術書), 単著
  21. 2015年, 8. 鳥肌胃炎, 鳥肌胃炎, 食道・胃腫瘍診断 改訂版, 鳥肌胃炎, 羊土社, 単行本(学術書), 単著
  22. 2015年, H.pylori陰性胃癌の現状, H.pylori陰性胃癌の現状, The GI Forefront, H.pylori陰性胃癌の現状, The GI Forefront, 2015年, その他, 共著
  23. 2015年, 5 Demonstration of the usefulness of epigenetic cancer risk prediction by a multicentre prospective cohort study, エピジェネティックがん予測マーカーの有用性に関する多施設前向きコホート研究, エピジェネティックがん予測マーカーの有用性に関する多施設前向きコホート研究, The GI Forefront, 2015年, その他, 単著
  24. 2015年, 除菌診療クエスチョン&アドバンス, 除菌診療クエスチョン&アドバンス, 除菌診療クエスチョン&アドバンス, 除菌診療クエスチョン&アドバンス, Helicobacter Research, 2015年, その他, 共著
  25. 2015年, 6 ピロリ未感染胃に発生する胃がんの頻度と特徴, 6 ピロリ未感染胃に発生する胃がんの頻度と特徴, ピロリ除菌治療パーフェクトガイド, ピロリ未感染胃に発生する胃がんの頻度と特徴, 日本医事新報社, 2015年, 単行本(学術書), 単著
  26. 2015年, 偽A群問題について A群の中のHp感染群の問題, 偽A群問題について A群の中のHp感染群の問題, 血清ABC検診で内視鏡でX線で胃炎をどうする?, 偽A群問題について A群の中のHp感染群の問題, 日本医事新報社, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 吉原正治, 伊藤公訓, 保田智之
  27. 5 Hp未感染胃がん, 5 Hp未感染胃がん, 血清ABC検診で内視鏡でX線で胃炎をどうする?, Hp未感染胃がん, 日本医事新報社, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 伊藤公訓, 吉原正治, 松尾泰治
  28. 2015年, 6 血清PG値を用いたHp感染胃炎の診断, 6 血清PG値を用いたHp感染胃炎の診断, 血清ABC検診で内視鏡でX線で胃炎をどうする?, 血清PG値を用いたHp感染胃炎の診断, 日本医事新報社, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 伊藤公訓, 吉原正治

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 胃癌の増生における腫瘍浸潤マクロファージの役割, 伊藤 公訓, MAGIC2001, 2001年09月, 招待, 日本語
  2. 慢性胃炎に対するムコスタの長期投与, 伊藤 公訓, Conference on Gastric Inflammation & Its Management, 2000年11月, 招待, 日本語
  3. NSAIDs 処方を継続する為に気をつける事-潰瘍リスクを考慮して-, 伊藤 公訓, SCG学術講演会, 2011年01月, 招待, 日本語
  4. NSAIDs による消化管傷害治療戦略, 伊藤 公訓, KYUSHU GI Forum 2011, 2011年01月, 招待, 日本語
  5. 薬剤性胃粘膜障害の診断と治療 新たな展開, 伊藤 公訓, 第136回北九州臨床整形外科医会学術講演会, 2011年04月, 招待, 日本語
  6. NSAIDs 胃粘膜障害の予防と治療における各種抗潰瘍薬の使い分けについて, 伊藤 公訓, 萩市・長門市医師会講演会, 2011年10月, 招待, 日本語
  7. 酸関連疾患の Next Step ~ Life before GERD を目指して~, 伊藤 公訓, 宇和島医師会学術講演会, 2011年11月, 招待, 日本語
  8. NSAIDs による胃粘膜障害とその対策, 伊藤 公訓, 千葉整形外科フォーラム2011, 2011年11月, 招待, 日本語
  9. 胃炎と胃癌スクリーニング:重要な内視鏡所見は?, 伊藤 公訓, 第35回日本消化器内視鏡学会セミナー, 2011年08月, 招待, 日本語
  10. 酸関連疾患の時代変遷と今後の展望, 伊藤 公訓, Nexium Symposium in Hiroshima, 2011年09月, 招待, 日本語
  11. NSAIDs による胃粘膜傷害とその対策, 伊藤 公訓, 大塚 Live on Seminar, 2011年11月, 招待, 日本語
  12. NSAIDS による消化管傷害と治療戦略, 伊藤 公訓, 熱海医師会学術講演会, 2011年11月, 招待, 日本語
  13. 酸関連疾患の Next Step ~ Life before GERD を目指して~, 伊藤 公訓, 高松十人会 第111回例会, 2011年11月, 招待, 日本語
  14. 胃がん検診の現状とリスク分類を加味した展開, 伊藤 公訓, 第42回日本消化器がん検診学会中国四国地方会, 2011年, 通常, 日本語
  15. 内視鏡による H.pylori 除菌診断, 伊藤 公訓, 第81回日本消化器内視鏡学会総会附置研究会「慢性胃炎の内視鏡診断確立のための研究会」報告会, 2011年, 通常, 日本語
  16. 胃がん検診における検体検査による胃がんハイリスク絞り込み, 伊藤 公訓, 第50回日本消化器がん検診学会総会, 2011年, 通常, 日本語
  17. 2015年05月16日, 通常, 英語
  18. 日本およびベトナムの内視鏡医による胃粘膜萎縮判定のinterobserverおよびintraobserver agreementに関する検討, 日山 亨, 松尾泰治, 岡 志郎, 吉田成人, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 吉原正治, 青木利佳, 日山 亨, 松尾泰治, 岡 志郎, 吉田成人, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 吉原正治, 青木利佳, 第54回日本消化器がん検診学会総会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  19. 肺炎を契機に発見された胃重複嚢胞の1例, 友清せらみ, 松尾泰治, 伊藤公訓, 保田智之, 北村陽子, 小刀崇弘, 木曽まり子, 益田和彦, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰, 友清せらみ, 松尾泰治, 伊藤公訓, 保田智之, 北村陽子, 小刀崇弘, 木曽まり子, 益田和彦, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰, 第103回日本消化器病学会中国支部例会, 2015年06月13日, 通常, 日本語
  20. パテンシーカプセルのコーティング膜が停滞したクローン病の1例, 中野 誠, 岡 志郎, 田中信治, 國原紗代子, 井川 敦, 保田智之, 佐野村洋次, 卜部祐司, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 北台靖彦, 吉原正治, 茶山一彰, 中野 誠, 岡 志郎, 田中信治, 國原紗代子, 井川 敦, 保田智之, 佐野村洋次, 卜部祐司, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 北台靖彦, 吉原正治, 茶山一彰, 第103回日本消化器病学会中国支部例会, 2015年06月13日, 通常, 日本語
  21. 2015年06月18日, 通常, 英語
  22. 胃内視鏡検査による萎縮判定からみた胃癌リスク(ABC)分類の検討, 小刀崇弘, 北村陽子, 保田智之, 松尾泰治, 岡 志郎, 吉田成人, 日山 亨, 伊藤公訓, 田中信治, 吉原正治, 茶山一彰, 小刀崇弘, 北村陽子, 保田智之, 松尾泰治, 岡 志郎, 吉田成人, 日山 亨, 伊藤公訓, 田中信治, 吉原正治, 茶山一彰, 第54回日本消化器がん検診学会総会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  23. Helicobacter pylori除菌後胃粘膜に認められる発赤陥凹病変の臨床的意義, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 松尾泰治, 北村陽子, 木曽まり子, 益田和彦, 田中信治, 吉原正治, 茶山一彰, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 松尾泰治, 北村陽子, 木曽まり子, 益田和彦, 田中信治, 吉原正治, 茶山一彰, 第21回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2015年06月26日, 通常, 日本語
  24. 血清抗Helicobacter pylori抗体価実測値による未感染者同定法の検証, 保田智之, 伊藤公訓, 吉原正治, 松尾泰治, 小刀崇弘, 北村陽子, 木曽まり子, 益田和彦, 田中信治, 茶山一彰, 保田智之, 伊藤公訓, 吉原正治, 松尾泰治, 小刀崇弘, 北村陽子, 木曽まり子, 益田和彦, 田中信治, 茶山一彰, 第21回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2015年06月26日, 通常, 日本語
  25. 胃幽門腺型粘膜下層浸潤癌の1例, 小畠彩子, 佐野村洋次, 田中信治, 吉福良公, 実綿倫宏, 岡 志郎, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 北台靖彦, 有廣光司, 茶山一彰, 小畠彩子, 佐野村洋次, 田中信治, 吉福良公, 実綿倫宏, 岡 志郎, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 北台靖彦, 有廣光司, 茶山一彰, 第114回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2015年06月28日, 通常, 日本語
  26. Helicobacter pylori感染症の診断と治療, 伊藤公訓, 第21回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2015年06月27日, 通常, 日本語
  27. H.pylori除菌治療により範囲診断が困難となった胃腺腫の1例, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 松尾泰治, 北村陽子, 木曽まり子, 益田和彦, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 松尾泰治, 北村陽子, 木曽まり子, 益田和彦, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰, 2015年06月28日, 通常, 日本語
  28. 2015年07月14日, 通常, 英語
  29. 2015年07月14日, 通常, 英語
  30. 血清抗Helicobacter pylori抗体と血清Pepsinogen値による偽A群抽出の可能性, 2015年10月08日, 通常, 日本語
  31. ベトナムにおける大腸がん検診を考える, JDDW2015 第53回日本消化器がん検診学会大会, 2015年10月08日, 通常, 日本語
  32. Helicobacter pylori未感染胃癌の特徴, 2015年10月10日, 通常, 日本語
  33. H.pylori除菌後胃粘膜に認められる発赤陥凹病変の臨床的意義, JDDW2015 第90回日本消化器内視鏡学会総会,第57回日本消化器病学会大会, 2015年10月10日, 通常, 日本語
  34. ピロリ菌感染と胃がん, 伊藤公訓, 第55回日本臨床化学会年次学術集会, 2015年10月31日, 通常, 日本語
  35. 高脂肪食併用DSS腸炎におけるNKT細胞の検討, 第43回日本臨床免疫学会, 2015年10月22日, 通常, 日本語
  36. 胃がん検診における胃がんリスク評価活用の課題と展望, 木曽まり子, 吉原正治, 伊藤公訓, 益田和彦, 小刀崇弘, 北村陽子, 保田智之, 松尾泰治, 日山 亨, 田中信治, 茶山一彰, 木曽まり子, 吉原正治, 伊藤公訓, 益田和彦, 小刀崇弘, 北村陽子, 保田智之, 松尾泰治, 日山 亨, 田中信治, 茶山一彰, 第46回日本消化器がん検診学会中国四国地方会, 2015年11月28日, 通常, 日本語
  37. 非典型的な形態を呈したA型胃炎に伴う胃カルチノイドの1例, 伊藤林太郎, 保田智之, 伊藤公訓, 松尾泰治, 平野大樹, 佐野村洋次, 岡 志郎, 田邉和照, 有廣光司, 白神邦浩, 田中信治, 茶山一彰, 伊藤林太郎, 保田智之, 伊藤公訓, 松尾泰治, 平野大樹, 佐野村洋次, 岡 志郎, 田邉和照, 有廣光司, 白神邦浩, 田中信治, 茶山一彰, 第104回日本消化器病学会中国支部例会, 2015年12月05日, 通常, 日本語
  38. ヘリコバクター・ピロリ除菌後胃粘膜に認められる発赤陥凹病変の臨床的意義, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 田中信治, 茶山一彰, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 田中信治, 茶山一彰, 第115回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2015年12月05日, 通常, 日本語
  39. 短期間に形態変化した胃inflammatory fibroid polypの1例, 井佳奈, 松尾泰治, 西山宗希, 佐野村洋次, 保田智之, 岡 志郎, 伊藤公訓, 北台靖彦, 田中信治, 茶山一彰, 井佳奈, 松尾泰治, 西山宗希, 佐野村洋次, 保田智之, 岡 志郎, 伊藤公訓, 北台靖彦, 田中信治, 茶山一彰, 第115回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2015年12月05日, 通常, 日本語
  40. 2015年12月03日, 通常, 英語

社会活動

委員会等委員歴

  1. A型胃炎を背景にもつ胃カルチノイドの治療指針に関する研究会委員, 2013年04月, 2014年06月, (社)日本消化器内視鏡学会
  2. H.pylori 診断治療委員会委員, 2013年04月, 2015年03月, (財)日本消化器病学会
  3. 胃部レントゲン読影委員, 2013年04月, 2014年03月, (財)広島原爆障害対策協議会
  4. 学会評議員, 2013年01月, 2013年12月, (財)日本消化器病学会
  5. 専門医制度委員, 2013年04月, 2014年03月, 日本消化器病学会中国支部
  6. 代議員(評議員), 2013年06月, 2015年06月, 日本ヘリコバクター学会
  7. 非常勤医師, 2013年04月, 2014年03月, (医)財団愛人会河村内科消化器クリニック
  8. 非常勤医師, 2013年04月, 2014年03月, (財)広島県集団検診協会
  9. 非常勤医師, 2013年04月, 2014年03月, 広島逓信病院
  10. 非常勤医師, 2013年04月, 2014年03月, 北広島病院
  11. 編集委員, 2013年11月, 2014年01月, ワイリー・パブリッシング・ジャパン(株)
  12. 胃部レントゲン読影委員, 2014年04月, 2015年03月, (財)広島原爆障害対策協議会
  13. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, 北広島病院
  14. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, (医)財団愛人会河村内科消化器クリニック
  15. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, (財)広島県集団検診協会
  16. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, 広島逓信病院
  17. 専門委員, 2015年01月, 2016年12月, 広島地方裁判所
  18. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, 北広島病院
  19. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, (医)財団愛人会河村内科消化器クリニック
  20. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, (財)広島県集団検診協会
  21. 胃部レントゲン読影委員, 2015年04月, 2016年03月, (財)広島原爆障害対策協議会
  22. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, 広島逓信病院
  23. 認定医制度委員会試験問題作成部会委員, 2015年09月, 2016年06月, 日本ヘリコバクター学会
  24. 国際委員会委員, 2015年09月, 2016年06月, 日本ヘリコバクター学会
  25. 学会誌編集委員会委員, 2015年09月, 2016年06月, 日本ヘリコバクター学会
  26. 非常勤医師, 2016年04月, 2017年03月, (医)財団愛人会河村内科消化器クリニック
  27. 非常勤医師, 2016年04月, 2017年03月, 北広島病院
  28. 非常勤医師, 2016年04月, 2017年03月, 広島逓信病院
  29. 胃部レントゲン読影委員, 2016年04月, 2017年03月, (財)広島原爆障害対策協議会
  30. 非常勤医師, 2016年04月, 2017年03月, (財)広島県集団検診協会
  31. 胃がん・大腸がん専門委員会委員, 2016年09月, 2019年03月, (財)広島県地域保健医療推進機構
  32. 学会誌編集委員会委員, 2015年09月01日, 2016年08月31日, 日本ヘリコバクター学会
  33. 試験問題作成委員会委員, 2015年09月01日, 2016年08月31日, 日本ヘリコバクター学会
  34. 国際委員会委員, 2015年09月01日, 2016年08月31日, 日本ヘリコバクター学会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. NSAIDによる薬剤性消化管傷害とその対策, 徳山医師会, 学術講演会, 2012年/07月, 2012年/07月, その他
  2. 酸関連疾患をとりまく日常診療での落とし穴, 呉医師会など, Next Lecture Meeting, 2012年/07月, 2012年/07月, その他
  3. Hp陰性症例に発生した胃癌の特徴, 横浜消化器内視鏡医会, 2012年/09月, 2012年/09月, その他
  4. 酸関連疾患をとりまく日常診療での落とし穴, 安芸高田市医師会学術講演会, 2012年/09月, 2012年/09月
  5. 酸関連疾患をとりまく日常診療での落とし穴, 広島市西部消化器病フォーラム, 2012年/08月, 2012年/08月
  6. 酸関連疾患をとりまく日常診療での落とし穴, 尾三地区整形外科Meeting, 2012年/09月, 2012年/09月
  7. NSAIDによる薬剤性消化管傷害とその対策, 大分県学術講演会, 2012年/09月, 2012年/09月
  8. NSAIDによる薬剤性消化管傷害とその対策, 小倉内科医会, 2012年/10月, 2012年/10月
  9. 内科医からみたムコスタ錠の有用性と臨床上の位置付け, ムコスタ点眼記念講演会, 2012年/10月, 2012年/10月
  10. 胃癌診療の将来像, 北海道Helicobacter pyloriフォーラム, 2012年/12月, 2012年/12月
  11. リウマチ患者におけるNSAIDの消化管傷害, 兵庫県整形外科医会, 2012年/03月, 2012年/03月
  12. NSAIDによる薬剤性消化管傷害とその対策, 八女筑後薬剤師会, 2012年/03月, 2012年/03月
  13. 整形外科領域における消化管傷害とその対策, 整形外科フォーラム in Kumamoto, 2012年/03月, 2012年/03月
  14. 第543回広島市内科医会学術講演会, 国民皆除菌時代の新しい胃がん診療, 第543回広島市内科医会学術講演会, 第543回広島市内科医会学術講演会, 2015年/02月/29日, 2015年/02月/29日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  15. Scientific Exchange Meeting 2015 in Hiroshima, PPI長期安全性の検証, Scientific Exchange Meeting 2015 in Hiroshima, Scientific Exchange Meeting 2015 in Hiroshima, 2015年/02月/26日, 2015年/02月/26日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  16. 第8回安佐消化器病フォーラム, 機能性ディスペプシアの最新情報, 第8回安佐消化器病フォーラム, 第8回安佐消化器病フォーラム, 2015年/02月/27日, 2015年/02月/27日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  17. 第15回東京UGI研究会, ヘリコバクター・ピロリがいない胃癌-除菌後癌と陰性癌-, 第15回東京UGI研究会, 第15回東京UGI研究会, 2015年/02月/28日, 2015年/02月/28日, 講師, 講演会, 研究者
  18. 新時代の酸関連疾患を考える, ピロリ菌除菌治療の最新情報 新規酸分泌抑制薬への期待, 新時代の酸関連疾患を考える, 新時代の酸関連疾患を考える, 2015年/03月/12日, 2015年/03月/12日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  19. タケキャブ錠発売記念講演会, 酸分泌抑制薬 温故知新, タケキャブ錠発売記念講演会, タケキャブ錠発売記念講演会, 2015年/03月/12日, 2015年/03月/12日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  20. 消化器疾患講演会, ピロリ菌除菌治療の最前線, 消化器疾患講演会, 2015年/05月/26日, 2015年/05月/26日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  21. 佐伯地区医師会学術講演会, ピロリ菌除菌治療の最新情報〜新規酸分泌抑制薬への期待〜, 佐伯地区医師会学術講演会, 佐伯地区医師会学術講演会, 2015年/06月/23日, 2015年/06月/23日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  22. 佐伯クリニシャンズグループ勉強会, ピロリ菌除菌治療の最新情報〜新規酸分泌抑制薬への期待〜, 佐伯クリニシャンズグループ勉強会, 佐伯クリニシャンズグループ勉強会, 2015年/06月/30日, 2015年/06月/30日, 講師, 講演会, 研究者
  23. 平成27年度 第1回平成消化器懇話会, ピロリ菌陰性胃がんについて, 平成27年度 第1回平成消化器懇話会, 平成27年度 第1回平成消化器懇話会, 2015年/07月/17日, 2015年/07月/17日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  24. 第44回広島共立病院オープンカンファレンス, ヘリコバクターピロリ除菌治療の正しい理解,, 第44回広島共立病院オープンカンファレンス, 第44回広島共立病院オープンカンファレンス, 2015年/07月/28日, 広島共立病院, 講師, 講演会, 研究者
  25. メディカル朝日出前センター, 除菌治療の諸問題, メディカル朝日出前センター, メディカル朝日出前センター, 2015年/08月/08日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  26. 第4回大手町勉強会, ピロリ菌除菌治療の最前線, 第4回大手町勉強会, 第4回大手町勉強会, 2015年/08月/27日, 2015年/08月/27日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  27. 呉市医師会第38回健康セミナー, ピロリ菌と胃がんについて, 呉市医師会, 呉市医師会第38回健康セミナー, 2015年/10月/04日, 2015年/10月/04日, 講師, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般
  28. Scientific Exchange Meeting 2015 in Nagoya/Hiroshima, 胃炎の京都分類, Scientific Exchange Meeting 2015 in Nagoya/Hiroshima, Scientific Exchange Meeting 2015 in Nagoya/Hiroshima, 2015年/11月/05日, 2015年/11月/05日, 講師, 講演会, 研究者
  29. 胃がん 最新情報, ピロリ菌検査・除菌で予防, NHK, NHK今日の健康, 2015年/02月/02日, 出演, テレビ・ラジオ番組, メディア

学術雑誌論文査読歴

  1. 2007年, Journal of gastroenterology, 編集員, 編集委員
  2. 2008年, Journal of gastroenterology, 編集員, 編集委員
  3. 2009年, Journal of gastroenterology, 編集員, 編集委員
  4. 2010年, Journal of gastroenterology, 編集員, 編集委員
  5. 2011年, Journal of gastroenterology, 編集員, 編集委員
  6. 2012年, Journal of gastroenterology, 編集員, 編集委員