黒田 照夫TERUO KURODA

Last Updated :2018/11/01

所属・職名
大学院医歯薬保健学研究科(薬) 薬科学講座 教授
メールアドレス
tkurodahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
多剤耐性菌の制御に向けて、細菌の多剤耐性化機構の総合的な理解を目指し、分子生物学的な解析を行っています。また天然物などから抗菌活性を持つシーズを見出し、ターゲット探索を行うなど、新規抗菌薬の開発に取り組んでいます。

基本情報

主な職歴

  • 2017年04月01日, 広島大学大学院医歯薬保健学研究科, 微生物医薬品開発学, 教授
  • 2016年04月01日, 2017年03月31日, 広島大学大学院医歯薬保健学研究院, 教授
  • 2007年04月01日, 2016年03月31日, 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科, 准教授
  • 2005年04月01日, 2007年03月31日, 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科, 助教授
  • 2004年07月01日, 2005年03月31日, 岡山大学薬学部, 助教授
  • 2003年04月01日, 2004年06月30日, 岡山大学薬学部, 助手
  • 1998年04月01日, 2003年03月31日, 岡山大学遺伝子実験施設, 助手

学歴

  • 岡山大学, 大学院自然科学研究科, 生体調節科学専攻, 日本, 1995年04月, 1998年03月
  • 岡山大学, 大学院薬学研究科, 製薬化学専攻, 日本, 1993年04月, 1995年03月
  • 岡山大学, 薬学部, 薬学科, 日本, 1989年04月, 1993年03月

学位

  • 修士(薬学) (岡山大学)
  • 博士(薬学) (岡山大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 生物系薬学

研究キーワード

  • 抗菌薬耐性、多剤耐性、消毒薬耐性、抗菌薬開発、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、セラチア、腸炎ビブリオ

所属学会

  • 日本薬学会
  • 日本細菌学会
  • 日本感染症学会

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 学部専門, 1ターム, 生化学II
  2. 2018年, 学部専門, 2ターム, 微生物学
  3. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 微生物薬品化学演習
  4. 2018年, 学部専門, 2ターム, 微生物薬品学
  5. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 微生物薬品学実習
  6. 2018年, 学部専門, 通年, 基礎研究I
  7. 2018年, 学部専門, 通年, 基礎研究II
  8. 2018年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎研究III
  9. 2018年, 学部専門, 通年, 臨床研究I
  10. 2018年, 学部専門, 通年, 臨床研究II
  11. 2018年, 学部専門, 通年, 臨床研究III
  12. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 微生物医薬品開発学特論
  13. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 微生物医薬品開発学特論演習
  14. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 微生物医薬品開発学特論演習
  15. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 微生物医薬品開発学特別実習
  16. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 微生物医薬品開発学特別実習
  17. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 微生物医薬品開発学特別演習
  18. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 微生物医薬品開発学特別演習
  19. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 微生物医薬品開発学特別実験
  20. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 微生物医薬品開発学特別実験

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Structures and Antibacterial Properties of Isorugosins H-J, Oligomeric Ellagitannins from Liquidambar formosana with Characteristic Bridging Groups between Sugar Moieties, JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 80巻, 10号, pp.2723-pp.2733, (2017)Oct
  2. Activation Mechanism of the Streptomyces Tyrosinase Assisted by the Caddie Protein, Biochemistry, 56巻, 41号, pp.5593-pp.5601, (2017)Sep
  3. Ellagitannins of Davidia involucrata. I. Structure of Davicratinic Acid A and Effects of Davidia Tannins on Drug-Resistant Bacteria and Human Oral Squamous Cell Carcinomas, MOLECULES, 22巻, 3号, (2017)Mar
  4. ★, 多剤耐性緑膿菌の新たな理解, 化学療法の領域, 33巻, 5号, pp.91-pp.98, (2017)Apr
  5. ★, 新規抗菌薬のシーズ発掘と標的探索, 薬学雑誌, 137巻, 4号, pp.383-pp.388, (2017)Apr
  6. LCP crystallization and X-ray diffraction analysis of VcmN, a MATE transporter from Vibrio cholerae, ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY COMMUNICATIONS, 72巻, pp.552-pp.557, (2016)Jul
  7. Minimum structural requirements for cell membrane leakage-mediated anti-MRSA activity of macrocyclic bis(bibenzyl)s., Bioorg Med Chem Lett., 26巻, 9号, pp.2324-pp.2327, (2016)May
  8. Indolo[3,2-b]quinoline Derivatives Suppressed the Hemolytic Activity of Beta-Pore Forming Toxins, Aerolysin-Like Hemolysin Produced by Aeromonas sobria and Alpha-Hemolysin Produced by Staphylococcus aureus, BIOLOGICAL PHARMACEUTICAL BULLETIN, 39巻, 1号, pp.114-pp.120, (2016)Jan
  9. ★, Riccardin C derivatives cause cell leakage in Staphylococcus aureus, Biochim Biophys Acta. (Biomembrane), 1848巻, 10号, pp.2057-pp.2064, (2015)Oct
  10. ★, Characterization of MATE-type multidrug efflux pumps from Klebsiella pneumoniae MGH78578., PLoS One, 10巻, 3号, pp.e0121619, (2015)Mar
  11. ★, Action mechanism of 6, 6'-dihydroxythiobinupharidine from Nuphar japonicum, which showed anti-MRSA and anti-VRE activities., Biochim Biophys Acta. (General Subjects), 1850巻, 6号, pp.1245-pp.1252, (2015)Jun
  12. Constituents of Psoralea corylifolia Fruits and Their Effects on Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus, Molecules, 20巻, 7号, pp.12500-pp.12511, (2015)Jul
  13. Anti-MRSA activity of isoplagiochin-type macrocyclic bis(bibenzyl)s is mediated through cell membrane damage., Bioorg Med Chem., 23巻, 13号, pp.3309-pp.3316, (2015)Jul
  14. Characterization of the tripartite drug efflux pumps of Porphyromonas gingivalis ATCC 33277, New Microbiol., 38巻, 1号, pp.101-pp.108, (2015)Jan
  15. A structural model for facultative anion channels in an oligomeric membrane protein: the yeast TRK (K(+)) system, Pflugers Arch., 467巻, 12号, pp.2447-pp.2460, (2015)Dec
  16. Structure-activity relationship of indoloquinoline analogs anti-MRSA, Bioorg Med Chem Lett., 25巻, 23号, pp.5551-pp.5554, (2015)Dec
  17. ★, Overexpression of vmeTUV encoding a multidrug efflux transporter of Vibrio parahaemolyticus causes bile acid resistance., Gene, 541巻, 1号, pp.19-pp.25, (2014)May
  18. Structures of two new flavonoids and effects of licorice phenolics on vancomycin-resistant Enterococcus species., Molecules, 19巻, 4号, pp.3883-pp.3897, (2014)Mar
  19. ★, Suppression of stop codon UGA in acrB can contribute to antibiotic resistance in Klebsiella pneumoniae ATCC10031, Gene, 534巻, 2号, pp.313-pp.319, (2014)Jan
  20. Structures of new phenolics isolated from licorice, and the effectiveness of licorice phenolics on vancomycin-resistant enterococci., Molecules, 19巻, 9号, pp.13027-pp.13041, (2014)Aug
  21. ★, Characterization of all RND-type multidrug efflux transporters in Vibrio parahaemolyticus., Microbiologyopen, 2巻, 5号, pp.725-pp.742, (2013)Oct
  22. ★, Functionally cloned pdrM from Streptococcus pneumoniae encodes a Na+ coupled multidrug efflux pump., PLoS One, 8巻, 3号, pp.e59525, (2013)Mar
  23. S-nitrosated alpha-1-acid glycoprotein kills drug-resistant bacteria and aids survival in sepsis, FASEB J, 27巻, 1号, pp.391-pp.398, (2013)Jan
  24. Structure-anti-MRSA activity relationship of macrocyclic bis(bibenzyl) derivatives., Bioorg Med Chem Lett., 23巻, 24号, pp.6563-pp.6568, (2013)Dec
  25. ★, Structural basis for the drug extrusion mechanism by a MATE multidrug transporter., Nature, 496巻, 7444号, pp.247-pp.251, (2013)Apr
  26. ★, Functional study of the novel multidrug efflux pump KexD from Klebsiella pneumoniae., Gene, 498巻, 2号, pp.177-pp.182, (2012)May
  27. 12-Methyltetradecanoic acid, a branched-chain fatty acid, represses the extracellular production of surfactants required for swarming motility in Pseudomonas aeruginosa PAO1, Jpn J Infect Dis., 65巻, 2号, pp.126-pp.131, (2012)MAR
  28. Polyphenolic constituents of Cynomorium songaricum Rupr. and antibacterial effect of polymeric proanthocyanidin on methicillin-resistant Staphylococcus aureus, J Agric Food Chem. , 60巻, 29号, pp.7297-pp.7305, (2012)Jul
  29. Riccardin C derivatives as anti-MRSA agents: structure-activity relationship of a series of hydroxylated bis(bibenzyl)s., Bioorg Med Chem Lett., 22巻, 24号, pp.7444-pp.7447, (2012)Dec
  30. Furosonin, a novel hydrolyzable tannin from Geranium thunbergii, HETEROCYCLES, 86巻, 2号, pp.1525-pp.1532, (2012)Dec
  31. Anion currents in yeast K+ transporters (TRK) characterize a structural homologue of ligand-gated ion channels., Pflugers Arch. , 462巻, 2号, pp.315-pp.330, (2011)Aug
  32. ★, Patch clamp analysis of the respiratory chain in Bacillus subtilis., Biochim Biophys Acta. (Biomembrane) , 1808巻, 4号, pp.1103-pp.1107, (2011)Apr
  33. The protein encoded by NCgl1221 in Corynebacterium glutamicum functions as a mechanosensitive channel., Biosci Biotechnol Biochem., 74巻, 12号, pp.2546-pp.2549, (2010)Dec
  34. ★, Gene cloning and characteristics of the RND-type multidrug efflux pump MuxABC-OpmB possessing two RND components in Pseudomonas aeruginosa., Microbiology, 155巻, 11号, pp.3509-pp.3517, (2009)Nov
  35. ★, Multidrug efflux transporters in the MATE family, Biochim Biophys Acta. (Proteins and Proteomics), 1794巻, 5号, pp.763-pp.768, (2009)May
  36. Synergistic effect of kaempferol glycosides purified from Laurus nobilis and fluoroquinolones on methicillin-resistant Staphylococcus aureus., Biol Pharm Bull., 32巻, 3号, pp.489-pp.492, (2009)Mar
  37. Gene cloning and characterization of EfmA, a multidrug efflux pump, from Enterococcus faecium., Biol Pharm Bull., 32巻, 3号, pp.483-pp.488, (2009)Mar
  38. Identification and characterization of the Na+/H+ antiporter Nhas3 from the thylakoid membrane of Synechocystis sp. PCC 6803., J Biol Chem. , 284巻, 24号, pp.16513-pp.16521, (2009)Jun
  39. Anti-methicillin resistant Staphylococcus aureus (MRSA) compounds isolated from Laurus nobilis., Biol Pharm Bull., 31巻, 9号, pp.1794-pp.1797, (2008)Sep
  40. Functional gene cloning and characterization of the SsmE multidrug efflux pump from Serratia marcescens., Biol Pharm Bull., 31巻, 3号, pp.516-pp.519, (2008)Mar
  41. Characterization of a tobacco TPK-type K+ channel as a novel tonoplast K+ channel using yeast tonoplasts., J Biol Chem., 283巻, 4号, pp.1911-pp.1920, (2008)Jan
  42. ★, SmdAB, a heterodimeric ABC-Type multidrug efflux pump, in Serratia marcescens., J Bacteriol., 190巻, 2号, pp.648-pp.654, (2008)Jan
  43. Properties and expression of a multidrug efflux pump AcrAB-KocC from Klebsiella pneumoniae., Biol Pharm Bull., 31巻, 4号, pp.577-pp.582, (2008)Apr
  44. Gene cloning and characterization of KdeA, a multidrug efflux pump from Klebsiella pneumoniae., Biol Pharm Bull., 30巻, 10号, pp.1962-pp.1964, (2007)Oct
  45. ★, Molecular cloning and characterization of all RND-type efflux transporters in Vibrio cholerae non-O1., Microbiol Immunol., 51巻, 11号, pp.1061-pp.1070, (2007)Nov
  46. Antimicrobial activity of oleanolic acid from Salvia officinalis and related compounds on vancomycin-resistant enterococci (VRE)., Biol Pharm Bull., 30巻, 6号, pp.1147-pp.1149, (2007)Jun
  47. Potentiation of antimicrobial activity of aminoglycosides by carnosol from Salvia officinalis., Biol Pharm Bull., 30巻, 2号, pp.287-pp.290, (2007)Feb
  48. ★, VmeAB, an RND-type multidrug efflux transporter in Vibrio parahaemolyticus., Microbiology., 153巻, 12号, pp.4129-pp.4137, (2007)Dec
  49. Molecular cloning and characterization of a multidrug efflux pump, SmfY, from Serratia marcescens., Biol Pharm Bull., 30巻, 4号, pp.798-pp.800, (2007)Apr
  50. Involvement of the Vibrio parahaemolyticus pvsC gene in export of the siderophore vibrioferrin., Microbiol Immunol., 50巻, 11号, pp.871-pp.876, (2006)Nov
  51. Gene cloning and characterization of SdrM, a chromosomally-encoded multidrug efflux pump, from Staphylococcus aureus., Biol Pharm Bull., 29巻, 3号, pp.554-pp.556, (2006)Mar
  52. KmrA multidrug efflux pump from Klebsiella pneumoniae., Biol Pharm Bull., 29巻, 3号, pp.550-pp.553, (2006)Mar
  53. Synergistic effect of [10]-gingerol and aminoglycosides against vancomycin-resistant enterococci (VRE)., Biol Pharm Bull., 29巻, 3号, pp.443-pp.447, (2006)Mar
  54. Functional gene cloning and characterization of MdeA, a multidrug efflux pump from Staphylococcus aureus., Biol Pharm Bull., 29巻, 4号, pp.801-pp.804, (2006)Apr
  55. Quantitative modeling of chloride conductance in yeast TRK potassium transporters., Biophys J., 89巻, 4号, pp.2412-pp.2426, (2005)Oct
  56. AbeM, an H+-coupled Acinetobacter baumannii multidrug efflux pump belonging to the MATE family of transporters., Antimicrob Agents Chemother., 49巻, 10号, pp.4362-pp.4364, (2005)Oct
  57. Gene cloning and properties of the RND-type multidrug efflux pumps MexPQ-OpmE and MexMN-OprM from Pseudomonas aeruginosa., Microbiol Immunol., 49巻, 11号, pp.999-pp.1002, (2005)Nov
  58. Gene cloning and characterization of four MATE family multidrug efflux pumps from Vibrio cholerae non-O1., Microbiol Immunol., 49巻, 11号, pp.949-pp.957, (2005)Nov
  59. Multidrug resistance in Klebsiella pneumoniae MGH78578 and cloning of genes responsible for the resistance., Biol Pharm Bull., 28巻, 8号, pp.1505-pp.1508, (2005)Aug
  60. ★, Physiological roles of three Na+/H+ antiporters in the halophilic bacterium Vibrio parahaemolyticus., Microbiol Immunol., 49巻, 8号, pp.711-pp.719, (2005)Aug
  61. Remarkable synergies between baicalein and tetracycline, and baicalein and beta-lactams against methicillin-resistant Staphylococcus aureus., Microbiol Immunol., 49巻, 4号, pp.391-pp.396, (2005)Apr
  62. An H+-coupled multidrug efflux pump, PmpM, a member of the MATE family of transporters, from Pseudomonas aeruginosa., J Bacteriol., 186巻, 1号, pp.262-pp.265, (2004)Jan
  63. ★, Chloride channel function in the yeast TRK-potassium transporters., J Membr Biol., 198巻, 3号, pp.177-pp.192, (2004)Apr
  64. A major Li+ extrusion system NhaB of Pseudomonas aeruginosa : comparison with the major Na+ extrusion system NhaP., Microbiol Immunol., 48巻, 4号, pp.243-pp.250, (2004)Apr
  65. Functional cloning and characterization of a multidrug efflux pump, mexHI-opmD, from a Pseudomonas aeruginosa mutant., Antimicrob Agents Chemother., 47巻, 9号, pp.2990-pp.2992, (2003)Sep
  66. A new member of the tripartite multidrug efflux pumps, MexVW-OprM, in Pseudomonas aeruginosa., J Antimicrob Chemother., 52巻, 4号, pp.572-pp.575, (2003)Oct
  67. Multidrug resistance in Serratia marcescens and cloning of genes responsible for the resistance., Biol Pharm Bull., 26巻, 3号, pp.391-pp.393, (2003)Mar
  68. Gene cloning and characterization of VcrM, a Na+-coupled multidrug efflux pump, from Vibrio cholerae non-O1., Microbiol Immunol., 47巻, 6号, pp.419-pp.427, (2003)Jun
  69. Functional cloning and expression of emeA, and characterization of EmeA, a multidrug efflux pump from Enterococcus faecalis., Biol Pharm Bull., 26巻, 2号, pp.266-pp.270, (2003)Feb
  70. EfrAB, an ABC multidrug efflux pump in Enterococcus faecalis., Antimicrob Agents Chemother., 47巻, 12号, pp.3733-pp.3738, (2003)Dec
  71. Molecular cloning and characterization of the HmrM multidrug efflux pump from Haemophilus influenzae Rd., Microbiol Immunol., 47巻, 12号, pp.937-pp.943, (2003)Dec
  72. ★, An RND-type multidrug efflux pump SdeXY from Serratia marcescens., J Antimicrob Chemother., 52巻, 2号, pp.176-pp.179, (2003)Aug
  73. Molecular cloning and characterization of an ABC multidrug efflux pump, VcaM, in Non-O1 Vibrio cholerae., Antimicrob Agents Chemother., 47巻, 8号, pp.2413-pp.2417, (2003)Aug
  74. Induction of mexCD-oprJ operon for a multidrug efflux pump by disinfectants in wild-type Pseudomonas aeruginosa PAO1., J Antimicrob Chemother., 51巻, 4号, pp.991-pp.994, (2003)Apr
  75. Purification, reconstitution, and characterization of Na+/serine symporter, SstT, of Escherichia coli., J Biochem., 132巻, 1号, pp.71-pp.76, (2002)Jul
  76. VmrA, a member of a novel class of Na+-coupled multidrug efflux pumps from Vibrio parahaemolyticus., J Bacteriol., 184巻, 2号, pp.572-pp.576, (2002)Jan
  77. Na+-driven multidrug efflux pump VcmA from Vibrio cholerae non-O1, a non-halophilic bacterium., FEMS Microbiol Lett., 203巻, 2号, pp.235-pp.239, (2001)Sep
  78. nhaG Na+/H+ antiporter gene of Bacillus subtilis ATCC9372, which is missing in the complete genome sequence of strain 168, and properties of the antiporter., J Biochem., 130巻, 5号, pp.711-pp.717, (2001)Nov
  79. Construction of a series of mutants lacking all of the four major mex operons for multidrug efflux pumps or possessing each one of the operons from Pseudomonas aeruginosa PAO1: MexCD-OprJ is an inducible pump., FEMS Microbiol Lett., 202巻, 1号, pp.139-pp.143, (2001)Aug
  80. A two-component multidrug efflux pump, EbrAB, in Bacillus subtilis., J Bacteriol., 182巻, 8号, pp.2307-pp.2310, (2000)Apr
  81. A new Na+/H+ antiporter, NhaD, of Vibrio parahaemolyticus., Biochim Biophys Acta. (Biomembrane), 1369巻, 2号, pp.213-pp.220, (1998)Mar
  82. Identification of two essential arginine residues in UhpT, the sugar phosphate antiporter of Escherichia coli., J Membr Biol., 164巻, 2号, pp.187-pp.195, (1998)Jul
  83. Cloning and sequencing of a novel Na+/H+ antiporter gene from Pseudomonas aeruginosa., Biochim Biophys Acta. (Gene Structure and Expression), 1398巻, 3号, pp.330-pp.334, (1998)Jul
  84. ★, Patch clamp studies on ion pumps of the cytoplasmic membrane of Escherichia coli. Formation, preparation, and utilization of giant vacuole-like structures consisting of everted cytoplasmic membrane., J Biol Chem., 273巻, 27号, pp.16897-pp.16904, (1998)Jul
  85. A putative multisubunit Na+/H+ antiporter from Staphylococcus aureus., J Bacteriol., 180巻, 24号, pp.6642-pp.6648, (1998)Dec
  86. Na+(Li+)/H+ antiporter in Pseudomonas aeruginosa and effect of Li+ on cell growth., Biol Pharm Bull., 20巻, 6号, pp.621-pp.624, (1997)Jun
  87. Mutational analysis of amiloride sensitivity of the NhaA Na+/H+ antiporter from Vibrio parahaemolyticus., J Bacteriol., 179巻, 23号, pp.7600-pp.7602, (1997)Dec
  88. Cloning and sequencing of the gene for Na+/H+ antiporter of Vibrio parahaemolyticus., Biochem Biophys Res Commun., 222巻, 3号, pp.774-pp.779, (1996)May
  89. Properties and sequence of the NhaA Na+/H+ antiporter of Vibrio parahaemolyticus., J Biochem., 116巻, 5号, pp.1030-pp.1038, (1994)Nov
  90. Lithium toxicity and Na+(Li+)/H+ antiporter in Escherichia coli., Biol Pharm Bull., 17巻, 3号, pp.395-pp.398, (1994)Mar
  91. Properties of the Na+/H+ antiporter in Vibrio parahaemolyticus., J Biochem., 115巻, 6号, pp.1162-pp.1165, (1994)Jun

著書等出版物

  1. 2018年02月15日, 化学療法学(改訂第2版)-病原微生物・がんと戦うー, 南江堂, 2018年, 教科書, 共編著, 供田洋, 黒田照夫, ISBN978-4-524-40349-3, 298
  2. 2016年04月30日, ベーシック薬学教科書シリーズ15 微生物学・感染症学(第2版), 教科書, 共編著, 塩田澄子、黒田照夫(編), ISBN978-4-7598-1621-1
  3. 2016年, バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)に抗菌活性をもつコノテガシワの葉部分(ソクハクヨウ)の成分について, 就実大学薬学雑誌 = The Shujitsu University journal of pharmaceutical sciences / 就実大学薬学部「就実大学薬学雑誌」編集委員会 編, 共著, 和田 朋子;黒田 照夫;土屋 友房;塩田 澄子
  4. 2013年06月01日, 腸炎ビブリオ第Ⅳ集, 腸炎ビブリオの環境因子適応機構ー抗菌薬耐性とNaCl耐性ー, 近代出版, 単行本(一般書), 共著, 黒田照夫、土屋友房, ISBN978-4-87402-193-4, 362, 326-337
  5. 2009年12月01日, 私と統計学(講義室), ファルマシア, 黒田 照夫
  6. 2005年12月25日, 肥満?した微生物の使い道(バイオミディア), 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 黒田 照夫
  7. 2003年04月10日, 植物の膜輸送システム-ポンプ・トランスポーター・チャネル研究の新展開-, 巨大化微生物細胞であらゆるイオン輸送体を解析する, 秀潤社, 単行本(学術書), 共著, 矢部勇、黒田照夫、中西洋一, ISBN4-87962-260-5, 236, 206-210
  8. 2002年07月25日, リポソーム応用の新展開―人工細胞の開発に向けて-, 新しいイオン輸送体アッセイ法:E-cell のデータベースの構築を目指す., エヌ・ティー・エス, 単行本(学術書), 共著, 黒田照夫、中西洋一、岩崎郁子、矢部勇, ISBN4-86043-005-0, 1189, 319-331
  9. 2000年08月05日, 2SE4 巨大化微生物細胞を用いたイオン輸送系の新しい解析法の提案, 生物物理, 矢部 勇;黒田 照夫
  10. 1999年12月, 巨大化微生物細胞に何を語らせるか--呼吸鎖・F型ATPaseのH+ポンプ活性を電流値として初めて捉えた, 蛋白質核酸酵素 / 共立出版株式会社 [編], 矢部 勇;黒田 照夫
  11. 1998年03月25日, パッチクランプ法による細菌細胞のイオン輸送系の解析, その他, 単著, 黒田照夫
  12. 1996年07月, 腸炎ビブリオの細胞膜におけるエネルギー転換系の特徴, 日本細菌学雑誌, 黒田 照夫;土屋 友房

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. D-サイクロセリン生産菌Streptomyces lavendulae ATCC11924のゲノム解析, ○矢尾井健人, 黒田照夫, 森田大地, 杉山政則, 熊谷孝則, 2018年度日本放線菌学会大会, 2018年09月12日, 通常, 日本語, 東京
  2. 大環状 bis(bibenzyl)化合物riccardin C類似体の抗菌活性と作用機構の解析, ○森田大地、澤田紘実、小川和加野、宮地弘幸、黒田照夫, 第30回微生物シンポジウム, 2018年08月28日, 通常, 日本語, 東京
  3. Serratia marcescensのChlorhexidine耐性におけるCpxAの役割の解析, ○近藤有馬, 山本幸子, 熊谷孝則, 的場康幸, 小川和加野, 黒田照夫, 第91回日本細菌学会総会, 2018年03月27日, 通常, 日本語, 博多
  4. Streptomyces achromogenes subsp. streptozoticusのゲノム解析による抗真菌化合物の発見, 中村和音, 山本美也子, 黒田照夫, 杉山政則, ○熊谷孝則, 日本薬学会第138年会, 2018年03月26日, 通常, 日本語, 金沢
  5. 大腸菌を宿主としたNG-ヒドロキシ-L-アルギニン生産系の構築を指向した基礎研究, ○折川明日美, 山本美也子, 黒田照夫, 杉山政則, 熊谷孝則, 弟56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 徳島
  6. テンダイウヤクの成分研究(第2報), ○山﨑真菜、下津祐樹、波多野力、黒田照夫, 弟56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 徳島
  7. 肺炎桿菌を用いた多剤耐性菌の分離および新規抗菌薬の探索, ○小川和加野,岡村真弥,森田大地,松原大,黒田照夫, 第51回ビブリオシンポジウム, 2017年10月20日, 通常, 日本語, 石垣島
  8. “一剤二役”の機能を持つ抗菌活性物質の作用機構の解析, ○黒田 照夫,的場 康幸, 土屋 友房,小川 和加野, 第70回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2017年10月14日, 通常, 日本語, 広島
  9. 大腸菌を宿主としたNG-ヒドロキシ-L-アルギニン生産系構築の試み, ○折川明日美, 山本美也子, 黒田照夫, 杉山政則, 熊谷孝則, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月11日, 通常, 日本語, 東京
  10. Serratia marcescensにおけるクロルヘキシジンに対する馴化・耐性機構の解析, 星川果南、山本幸子、峠雄太、芳賀仁美、篠原佳那子、近藤有馬、熊谷孝則、的場康幸、三好伸一、小川和加野、○黒田照夫, 第29回微生物シンポジウム, 2017年08月29日, 通常, 日本語, 呉
  11. 肺炎桿菌の RND型多剤排出ポンプoqxAB発現上昇変異株の分離と変異部位の同定, 北川良子、倪蕊婷、土屋友房、黒田照夫、松原大、○小川和加野, 第29回微生物シンポジウム, 2017年08月29日, 通常, 日本語, 呉
  12. Novel anti-MRSA and anti-VRE compound from Nuphar japonicum, Shinya Okamura, Eri Nishiyama, Tomohiro Yamazaki, Yuta Horikoshi, Nao Otsuka, Shoko Taniguchi, Wakano Ogawa, Tsutomu Hatano, Tomofusa Tsuchiya, ○Teruo Kuroda, IUMS2017, 2017年07月17日, 通常, 英語, Singapore
  13. Analysis of genome-derived RND-type multidrug efflux pump OqxAB in antimicrobial resistant mutant from Klebsiella pneumoniae ATCC10031, Wakano Ogawa, Ryoko Kitagawa, Motoyasu Onishi, Tomofusa Tsuchiya, Futoshi Matsubara, Teruo Kuroda, IUMS2017, 2017年07月17日, 通常, 英語, Singapore
  14. 二成分転写制御系遺伝子kdrAB が関与する多剤耐性化, ○世良希央, 堂段駿太, 松原大, 黒田照夫, 小川和加野, 日本薬学会第137年会, 2017年03月25日, 通常, 日本語, 仙台
  15. 細菌由来シスタチオニンβ-シンターゼの性質と構造、および、その阻害剤開発, ○安武 千晶, 吉田 智喜、伊豆原-木原 久枝, 黒田 照夫, 杉山 政則, 的場 康幸, 第90回日本細菌学会総会, 2017年03月19日, 通常, 日本語, 仙台
  16. D-サイクロセリン合成酵素DcsGの構造生物学的研究およびホモシステインの定量と光学分割への応用, ○工藤真子, 的場康幸, 宇田成利, 熊谷孝則, 黒田照夫, 杉山政則, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月05日, 通常, 日本語, 岡山
  17. 抗腫瘍活性・抗MRSA活性を志向したケルセチン配糖体の合成, ○前野ひとみ、西岡弘美、黒田照夫、森田大地、波多野力、坂上宏、竹内靖雄, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月05日, 通常, 日本語, 岡山
  18. 抗菌薬耐性と消毒薬耐性, ○黒田照夫, 第7回『愛媛微生物学ネットワーク』フォーラム, 2016年10月29日, 招待, 日本語, 松山
  19. 腸炎ビブリオのNa+耐性機構に関わる遺伝子の同定, ○春木裕里恵、三好伸一、黒田照夫, 第50回腸炎ビブリオシンポジウム, 2016年10月20日, 通常, 日本語, 大阪
  20. 腸炎ビブリオの新規抗菌物質排出ポンプの解析, ○森田大地,黒田照夫, 第69回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2016年10月15日, 通常, 日本語, 高松
  21. 耐性菌に効く薬を創るということ, ○黒田照夫, 第28回微生物シンポジウム, 2016年09月02日, 招待, 日本語, 名古屋
  22. コウホネに含まれる抗MRSA, VRE活性を有する成分の解析, ○黒田照夫、岡村真弥、小川和加野、波多野力、土屋友房, 第64回日本化学療法学会総会, 2016年06月10日, 招待, 日本語, 神戸
  23. 新規抗菌薬のシーズ発掘と標的探索, ○黒田照夫, 小川和加野, 日本薬学会第136年会 一般シンポジウムS58 若手が拓く微生物薬学:多剤耐性菌と闘う, 2016年03月29日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 横浜
  24. 呉茱萸の成分研究(第1 報)ポリフェノール成分, ○崔 艶梅, 谷口 抄子, 黒田 照夫, 波多野 力, 日本薬学会第136年会, 2016年03月29日, 通常, 日本語, 横浜
  25. インドロキノリン化合物のβ ポア形成毒素に対する抑制作用, ○高橋 栄造, 藤波 千明, 黒田 照夫, 竹内 靖雄, 岡本 敬の介, 三好 伸一, 日本薬学会第136年会, 2016年03月29日, 横浜
  26. 膜障害性抗MRSA 活性を有する大環状ビス(ビベンジル)類の活性発現必須構造解析, ○藤井 佳那, 森田 大地, 斧田 賢嗣, 澤田 紘実, 黒田 照夫, 宮地 弘幸, 日本薬学会第136年会, 2016年03月28日, 横浜
  27. 臨床分離されたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の抗菌薬耐性と型別に関する解析, ○藤岡 充史, 森田 大地, 杉山 哲大, 近藤 祥代, 塩田 澄子, 黒田 照夫, 日本薬学会第136年会, 2016年03月27日, 横浜
  28. 多剤耐性緑膿菌におけるmexXY 発現調節因子の同定, ○田川 芽衣,小川 和加野,土屋 友房,黒田 照夫, 第89回日本細菌学会総会, 2016年03月25日, 大阪
  29. 肺炎桿菌のRND 型多剤排出ポンプOqxAB 発現亢進株の分離と変異の同定, ○小川 和加野,土屋 友房,松原 大,黒田 照夫, 第89回日本細菌学会総会, 2016年03月24日, 大阪
  30. 腸炎ビブリオのNa+ 耐性機構に関わる遺伝子の同定, ○春木 裕里恵,三好 伸一,黒田 照夫, 第89回日本細菌学会総会, 2016年03月23日, 大阪
  31. Serratia marcescens における新規消毒薬耐性因子の解析, ○星川 果南,小川 和加野,土屋 友房,黒田 照夫, 第89回日本細菌学会総会, 2016年03月23日, 大阪
  32. β ポア形成毒素の溶血活性に対するインドロキノリン化合物の抑制作用, ○高橋 栄造,藤波 千明,黒田 照夫,竹内 靖雄,岡本 敬の介,三好 伸一, 第89回日本細菌学会総会, 2016年03月23日, 大阪
  33. Riccardin C誘導体の抗菌効果と作用機序の解析, ○森田大地, 小川和加野, 黒田照夫, 第68回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2015年10月03日, 岡山
  34. コウホネに含まれる抗MRSA, VRE活性を有する成分の単離と解析, ○岡村真弥, 西山永理, 山崎智弘,大塚菜緒, 谷口抄子, 波多野力, 小川和加野, 土屋友房, 黒田照夫, 第27回微生物シンポジウム, 2015年09月04日, 岡山
  35. 多剤耐性緑膿菌はどのように出現するのか?, ○黒田照夫、小川和加野, 日本薬学会第135年会, 2015年03月28日, 神戸
  36. 抗菌作用及び抗腫瘍作用を有するタンニン類縁体の合成, ○西岡弘美, 渡邉聡子, 小川卓也, 黒田照夫, 坂上宏, 波多野力, 竹内靖雄, 日本薬学会第135年会, 2015年03月27日, 神戸
  37. 抗MRSA 活性を有するIndoloquinoline 類縁体の合成研究, ○趙敏, 鎌田智慎, 竹内綾, 西岡弘美, 黒田照夫, 竹内靖雄, 日本薬学会第135年会, 2015年03月27日, 神戸
  38. Riccardin誘導体の抗菌活性と作用機序の解析, ○森田大地,澤田紘実,小川和加野,宮地弘幸,黒田照夫, 日本薬学会第135年会, 2015年03月26日, 神戸
  39. センコツ中抗菌活性成分のMRSA,VREに対する作用の解析, ○岡村真弥、小川和加野、大塚菜緒、谷口抄子、土屋友房、波多野力、黒田照夫, 日本薬学会第135年会, 2015年03月26日, 神戸
  40. ハンカチノキの成分(第一報), ○木村優里子, 青山弘枝, 下津祐樹, 黒田照夫, 坂上宏, 波多野力, 日本薬学会第135年会, 2015年03月26日, 神戸
  41. Hamamelis x intermedia の抗菌作用成分の研究, ○加藤沙友里、青山弘枝、黒田照夫、波多野力, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 広島
  42. ウヤクLindera strychnifolia の抗菌作用成分の研究, ○山崎真菜、青山弘枝、黒田照夫、波多野力, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 広島
  43. Serratia marcescens における消毒薬耐性機構の解析, ○峠雄太, 小川和加野, 土屋友房, 後藤直正, 黒田照夫, 第67回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2014年10月04日, 徳島
  44. X-ray crystallographic analysis of a MATE multidrug transporter from V. cholerae, ○Tsukasa Kusakizako, Yoshiki Tanaka, Andres D. Maturana, Christopher J. Hipolito, Teruo Kuroda, Pyuichiro Ishitani, Hiroaki Suga, Osamu Nurelki, Congress and General Assembly of the International Union of Crystallography 2014, 2014年08月00日, Montreal, Canada
  45. Action mechanism of riccardin C derivatives for anti-MRSA activity, Daichi Morita, Wakano Ogawa, Hiromi Sawada, Hiroyuki Miyachi, ○Teruo Kuroda, IUMS2014, 2014年07月00日, Montreal, Canada
  46. Suppression of stop codon UGA in acrB can contribute to antibiotic resistance in Klebsiella pneumoniae ATCC10031, ○Wakano Ogawa, Minako Mizusawa, Motoyasu Onishi, Tomofusa Tsuchiya, and Teruo Kuroda, IUMS2014, 2014年07月00日, Montreal, Canada
  47. Riccardin誘導体の抗MRSA作用機構の解析 , ○森田大地,澤田紘実,小川和加野,宮地弘幸,黒田照夫, 日本薬学会第134年会, 2014年03月30日, 熊本
  48. 多剤耐性菌に対するS-ニトロソ化a1-酸性糖タンパク質の多面的抗菌作用 , ○渡辺佳織,異島優,黒田照夫,小川和加野,渡邊博志,甲斐俊哉,小田切優樹,丸山徹, 日本薬学会第134年会, 2014年03月30日, 熊本
  49. 臨床分離されたMRSAの性状解析, ○塩田 澄子、萩谷 英大、黒田 照夫, 日本薬学会第134年会, 2014年03月29日, 熊本
  50. 抗MRSA薬のシーズ発掘と作用機序の解明, ○黒田 照夫、波多野 力、宮地 弘幸, 日本薬学会第134年会, 2014年03月29日, 熊本
  51. アクチノニンおよびその類縁体の合成 , ○趙敏,三谷文望,西岡弘美,黒田照夫,竹内靖雄, 日本薬学会第134年会, 2014年03月29日, 熊本
  52. フェイジョア Feijoa sellowiana Berg の成分研究 第3報 緑膿菌に対する作用物質 , ◯青山弘枝,黒田照夫,波多野力, 日本薬学会第134年会, 2014年03月28日, 熊本
  53. 天然由来bis(bibenzyl)骨格を有する新規膜障害性抗MRSA薬の創製 , ○斧田賢嗣,森田大地,澤田紘実,石坪江梨花,松野研司,常盤広明,黒田照夫,宮地弘幸, 日本薬学会第134年会, 2014年03月28日, 熊本
  54. 臨床分離されたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の抗菌薬耐性と型別に関する解析 , ○藤岡充史,森田大地,上村優貴,小川和加野,塩田澄子,黒田照夫, 日本薬学会第134年会, 2014年03月28日, 熊本
  55. パッチクランプ法による大腸菌呼吸鎖の末端酸化酵素のH+-pumpの機能解析, ○宇野正晃、駒澤光祐、杉村しおり、黒田照夫、川崎寿、矢部勇, 日本農芸化学会2014年度大会, 2014年03月28日, 仙台
  56. 抗MRSA薬の創製を目指して, 黒田照夫, 愛知学院大学薬学部医療生命薬学研究所 第2回サイエンスフォーラム, 2014年03月17日, 招待, 名古屋
  57. X-ray crystallographic analysis of a MATE multidrug transporter from bacterial pathogens, Tsukasa Kusakizako, Yoshiki Tanaka, Andres D. Maturana, Christopher J. Hipolito, Teruo Kuroda, Ryuichiro Ishitani, Hiroaki Suga and Osamu Nureki, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月03日, 神戸
  58. 肺炎桿菌のRND型多剤排出ポンプKexDの発現調節メカニズムの解析, ○堂段駿太,倪蕊婷,小川和加野,黒田照夫, 第66回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2013年10月13日, 呉(広島)
  59. Porphyromonas gingivalisのマルチコンポーネント型薬剤排出ポンプ系をコードする遺伝子, ○井上哲圭,中山真彰,加野小奈美,田口裕子,黒田照夫,大原直也, 第66回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2013年10月13日, 呉(広島)
  60. 抗MRSA活性を示す6,6’-dihydroxythiobinupharidineの作用機構に関する解析, 岡村真弥,西山永理,山﨑智広,小川和加野,谷口抄子,土屋友房,波多野力,○黒田照夫, 第58回日本ブドウ球菌研究会, 2013年09月28日, 東京
  61. 東北甘草の成分研究, ○Eerdunbayaer,青山弘枝,黒田照夫、波多野力, 日本生薬学会第60回年会, 2013年09月08日, 北海道
  62. Feijoa sellowianaの成分研究(第2報), ○青山弘枝,黒田照夫、波多野力, 日本生薬学会第60回年会, 2013年09月08日, 北海道
  63. アクチノニン類縁体の合成, ○趙敏、橋本佳奈、辻愛美、西岡弘美、黒田照夫、竹内靖雄, 日本薬学会第133年会, 2013年03月29日, 横浜
  64. 向精神薬の抗菌作用:構造活性相関の検討, ○藤原由貴、駒越圭子、井上剛、黒田照夫、勝孝, 日本薬学会第133年会, 2013年03月29日, 横浜
  65. 多剤耐性菌はどのようにして出現するのか?, ○黒田照夫、小川和加野, 日本薬学会第133年会, 2013年03月28日, 横浜
  66. メチシリン耐性黄色ブドウ球菌に対して抗菌活性及び既存抗菌薬との併用活性を併せ持つ生薬成分の単離・同定, ○岡村真弥,西山永理,山﨑智広,小川和加野,谷口抄子,土屋友房,波多野力,黒田照夫, 日本薬学会第133年会, 2013年03月28日, 横浜
  67. Riccardin誘導体のMRSAに対する抗菌作用の解析, ○森田大地, 澤田紘実, 小川和加野, 宮地弘幸, 黒田照夫, 日本薬学会第133年会, 2013年03月28日, 横浜
  68. 抗MRSA活性を有するbis(bibenzyl)型天然物riccardin C誘導体の合成と活性評価, ○澤田紘美、森田大地、松野研司、黒田照夫、橋本祐一、宮地弘幸, 日本薬学会第133年会, 2013年03月28日, 横浜
  69. Feijoa sellowianaのポリフェノール成分, ○青山弘枝、黒田照夫、伊東秀之、波多野力, 日本薬学会第133年会, 2013年03月28日, 横浜
  70. メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染対策の戦略を基礎分野から考える, ○塩田澄子、黒田照夫、土屋友房, 日本薬学会第133年会, 2013年03月28日, 横浜
  71. S-ニトロソ化により獲得するa1-酸性糖タンパク質(AGP)の抗菌活性, ○異島優、渡辺佳織、赤池孝章、澤智裕、黒田照夫、小川和加野、渡邊博志、甲斐俊哉、小田切優樹、丸山徹, 日本薬学会第133年会, 2013年03月28日, 横浜
  72. 緑膿菌PAO1株由来の多剤耐性変異株における変異部位の解析, ○小川和加野、黒田照夫, 第86回日本細菌学会総会, 2013年03月18日, 千葉
  73. Serratia marcescensにおける新規消毒薬耐性因子の解析, ○峠雄太、小川和加野、土屋友房、後藤直正、黒田照夫, 第86回日本細菌学会総会, 2013年03月18日, 千葉
  74. 多剤耐性緑膿菌の出現と抗菌薬曝露の関係, ○藤岡孝浩,保田菜美,土屋友房,小川和加野,黒田照夫, 第86回日本細菌学会総会, 2013年03月18日, 千葉
  75. パッチクランプ法による大腸菌呼吸鎖の末端酸化酵素のH+-pumpの機能解析, ○宇野正晃、駒澤光祐、中川陽介、黒田照夫、川崎寿、矢部勇, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月15日, 博多
  76. 大腸菌Giant Protoplastにおける新規大量発現系の構築, ○三上太郎、中村浩二、村井美知子、谷聖人、小川和加野、土屋友房、矢部勇、黒田照夫, 第35回日本分子生物学会年会, 2012年12月00日, 博多
  77. Isolation and analysis of Klebsiella pneumoniae ATCC10031 multidrug resistant mutants , ○W. Ogawa, R. Ni, M. Mizusawa, M. Onishi, R. Kitagawa, T. Tsuchiya, and T. Kuroda, II International Conference on Antimicrobial Research, 2012年11月00日, Lisbon, Portugal
  78. 腸炎ビブリオのdeoxycholate耐性変異株の解析, 松尾平、小川和加野、土屋友房、○黒田照夫, 第46 回腸炎ビブリオシンポジウム, 2012年11月00日, 由布院、大分
  79. 多剤耐性肺炎桿菌Oxa128株におけるRND型排出ポンプOqxABの解析, ○北川良子,倪蕊婷,大西元康,土屋友房,小川和加野,黒田照夫 , 第65回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2012年10月00日, 徳島
  80. 多剤耐性緑膿菌の分離及びその耐性メカニズムの解析, 保田菜美,○藤岡孝浩,藤田智子,土屋友房,小川和加野,黒田照夫, 第65回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2012年10月00日, 徳島
  81. Serratia marcescensの消毒薬クロルヘキシジンに対する耐性機構の解析, ○芳賀仁美、峠雄太、朝熊弘樹、小川和加野、後藤直正、土屋友房、黒田照夫, 第24回微生物シンポジウム, 2012年09月00日, 大阪
  82. 多剤耐性緑膿菌の分離及びその耐性メカニズムの解析, ○保田菜美・藤岡孝浩・藤田智子・土屋友房・小川和加野・黒田照夫, 第85回日本細菌学会, 2012年03月29日, 長崎
  83. 肺炎桿菌のMATE型多剤排出ポンプKetM、DinF、YeeOの解析, ○堂段駿太 高桂鳳 岸野孝則 大西元康 土屋友房 黒田照夫 小川和加野, 第85回日本細菌学会, 2012年03月27日, 長崎
  84. Antibacterial effects of hydrolyzable tannins and related artificial tannins, ○Airi Doi, Mohamed A.A. Orabi, Shoko Taniguchi, Takuya Ogawa, Yasuo Takeuchi, Teruo Kuroda, Tomofusa Tsuchiya, Hideyuki Ito, Tsutomu Hatano, Phytochemical Society of North America 2011, 2011年12月00日, Hawaii, USA
  85. 肺炎桿菌の多剤耐性変異株の分離とその解析, ○小川和加野、水澤実名子、Ni Ruiting、大西元康、土屋友房、黒田照夫, 第33回生体膜と薬物の総合作用シンポジウム, 2011年11月24日, 岡山
  86. 腸炎ビブリオのNa+耐性遺伝子の探索, ○奥野真理、柳楽優、木村佳美、小川和加野、土屋友房、黒田照夫, 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2011年10月00日, 岡山
  87. トランスポゾンを用いた腸炎ビブリオのNa+耐性遺伝子の同定, 奥野真理、柳楽優、木村佳美、小川和加野、土屋友房、○黒田照夫, 第45回腸炎ビブリオシンポジウム, 2011年10月00日, 東京
  88. Na+ tolerance mechanism in halophilic Vibrio parahaemolyticus, ○Teruo Kuroda, Yu Nagira, Kiyohito Tani, Seiji Kojima, Mari Okuno, Makoto Miyazawa, Wakano Ogawa, Tomofusa Tsuchiya, IUMS2011, 2011年09月00日, 札幌
  89. Functional study of RND-type multidrug efflux pump KexD from Klebsiella Pneumoniae, ○Wakano Ogawa, Motoyasu Onishi, Rui-Ting Ni, Teruo Kuroda, Tomofusa Tsuchiya, IUMS2011, 2011年09月00日, 札幌
  90. Cloning and characterization of vvmA, a multidrug efflux pump from Vibrio vulnificus, ○Eun-Woo Lee, Tae-Hwan Byun, Do-Kyun Kim, Young-Mog Kim, Myung-Suk Lee, Byung-Woo Kim, Wakano Ogawa, Teruo Kuroda, Tomofusa Tsuchiya, IUMS2011, 2011年09月00日, 札幌
  91. Acinetobacter baumanniiにおけるRND型多剤排出ポンプの解析, ○関谷洋志、井上文仁、黒田照夫、土屋友房、玉井栄治、牧純, 第131年会日本薬学会, 2011年03月30日, 静岡
  92. 多剤耐性緑膿菌の分離及びその耐性系の解析, ◯保田菜美,藤田智子,小平尚輝,樂万浩美,小川和加野,黒田照夫,土屋友房, 第131年会日本薬学会, 2011年03月30日, 静岡
  93. Serratia marcescens 消毒薬耐性変異株の分離と耐性系の解析, ◯芳賀仁美,朝熊弘樹,小川和加野,黒田照夫,後藤直正,土屋友房, 第131年会日本薬学会, 2011年03月30日, 静岡
  94. Staphylococcus aureusの多剤排出ポンプ破壊株の作製と多剤排出ポンプの網羅的解析, ◯森田大地,清水まり,日高功一朗,山田陽一,小川和加野,黒田照夫,土屋友房, 第131年会日本薬学会, 2011年03月30日, 静岡
  95. 各種抗菌薬と緑膿菌の多剤耐性化の関係及びその耐性化メカニズムの解析, ○保田菜美、藤田智子、小平尚輝、樂万浩美、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第49回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2010年11月00日, 米子
  96. 腸炎ビブリオのNa+耐性機構, ○柳樂 優、谷 聖人、宮澤 誠、小川 和加野、土屋 友房、黒田 照夫, 第44回腸炎ビブリオシンポジウム, 2010年11月00日, 秋田
  97. 腸炎ビブリオのNa+耐性に対するNa+/H+アンチポーターと呼吸鎖Na+ポンプの重要性, ○柳楽優、谷聖人、宮澤誠。小川和加野、土屋友房、黒田照夫, 第63回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2010年10月16日, 松山
  98. 肺炎桿菌のRND型多剤排出ポンプAcrABの性質, ○水澤実名子、大西元康、倪蕊婷、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第63回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2010年10月16日, 松山
  99. 腸炎ビブリオの環境ストレス物質耐性機構~胆汁酸、抗菌物質及びNaClに対する耐性機構~, ○黒田照夫, 第22回微生物シンポジウム, 2010年09月00日, 招待, 大阪
  100. Serratia marcescensの消毒薬耐性系の解析, ◯朝熊弘樹、芳賀仁美、小川和加野、黒田照夫、後藤直正、土屋友房, 第22回微生物シンポジウム, 2010年09月00日, 大阪
  101. ブドウ球菌のバイオフィルム形成に対するAbietic acidと関連物質の影響, ○新谷真代、森江未希、野依久美子、黒田照夫、小川和加野、塩田澄子、土屋友房, 第55回日本ブドウ球菌研究会, 2010年07月00日, 東京
  102. Whole-cell mode patch clamp analysis on enlarged-gram positive bacteria , ○Kouji Nakamura, Satoshi Ikeda, Masaya Takehara, Taira Matsuo, Tomofusa Tsuchiya, Isamu Yabe, Teruo Kuroda, American Society for Microbiology 110th General Meeting, 2010年05月00日, San Diego, USA
  103. Acinetobacter baumannii における未解析多剤排出ポンプの解析, ◯関谷洋志、井上文仁、田所隼人、黒田照夫、土屋友房、玉井栄治、牧純, 第130年会日本薬学会, 2010年03月30日, 岡山
  104. Serratia marcescens の消毒薬耐性系の解析, ○朝熊弘樹,小川和加野,黒田照夫,後藤直正,土屋友房, 第130年会日本薬学会, 2010年03月28日, 岡山
  105. 肺炎桿菌のRND型多剤排出ポンプAcrABの解析, ○水澤 実名子、大西 元康、小川 和加野、黒田 照夫、土屋 友房, 第130年会日本薬学会, 2010年03月28日, 岡山
  106. パッチクランプ法で微生物細胞の呼吸鎖を解析する, ○矢部勇、黒田照夫、川崎寿, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010年03月00日, 京都
  107. 腸炎ビブリオのNa+耐性におけるNa+/H+アンチポーターと呼吸鎖Na+ポンプの役割, 谷聖人、○柳楽優、宮澤誠、小川和加野、土屋友房、黒田照夫, 第43回腸炎ビブリオシンポジウム, 2009年11月26日, 岡山
  108. Analysis of mutants with elevated gene expression of multidrug efflux pumps in Pseudomonas aeruginosa, ○小平尚輝、美間健彦、関谷洋志、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第31回生体膜と薬物の総合作用シンポジウム, 2009年11月00日, 大阪
  109. 多剤排出ポンプの網羅的機能解析, ○黒田照夫, 第31回生体膜と薬物の総合作用シンポジウム, 2009年11月00日, 招待, 大阪
  110. 腸炎ビブリオのMATE 型多剤排出ポンプの性質, 村井美知子,白石奈緒子,○中村浩二,松尾 平,小川和加野,土屋友房, 黒田照夫, 第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月16日, 広島
  111. Serratia marcescens のRND型多剤排出ポンプの遺伝子クローニングおよび解析, 鳥羽晋輔,○朝熊弘樹,港 雄介,小川和加野,黒田照夫,後藤直正, 土屋友房, 第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月16日, 広島
  112. パッチクランプ法による細菌細胞の呼吸鎖の電気生理学的解析, ○黒田照夫, 第82回日本生化学会, 2009年10月00日, 神戸
  113. 肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)の多剤耐性系の解析 , 倪 蕊てい、大西 元康、○水澤 実名子、小川 和加野、黒田 照夫、土屋 友房, 第21回微生物シンポジウム, 2009年09月00日, 福山
  114. 各種抗菌薬と緑膿菌の多剤耐性化の関係 , ○藤田 智子、小平 尚輝、樂万 浩美、小川 和加野、黒田 照夫、土屋 友房, 第21回微生物シンポジウム, 2009年09月00日, 福山
  115. 黄色ブドウ球菌のbiofilm 形成を阻害する天然物由来物質, 森江未希、大塚菜緒、○和田朋子、野依久美子、塩田澄子、波多野力、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第54回日本ブドウ球菌研究会, 2009年09月00日, 倉敷
  116. 各種抗菌物質と緑膿菌の多剤耐性化の関係, ○藤田智子、樂万浩美、小平尚輝、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第129年会日本薬学会, 2009年03月27日, 京都
  117. 抗MRSA効果をもつ月桂樹由来kaempferol配糖体の作用点の解析, ○大塚菜緒、劉美華、塩田澄子、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第129年会日本薬学会, 2009年03月27日, 京都
  118. 黄色ブドウ球菌の多剤排出ポンプ NorA に対するアントラキノン系物質の阻害効果, ○吉野秀紀、土屋友房、波多野力、笠島直樹、黒田照夫、塩田澄子, 第129年会日本薬学会, 2009年03月27日, 京都
  119. 肺炎桿菌の抗菌薬耐性変異株の分離, ○RuiTing Ni, 大西元康、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第82回日本細菌学会総会, 2009年03月12日, 名古屋
  120. 肺炎桿菌のRND型多剤排出ポンプKexDの解析, ○小川和加野、RuiTing Ni, 黒田照夫、土屋友房, 第82回日本細菌学会総会, 2009年03月12日, 名古屋
  121. 枯草菌多剤耐性変異株における多剤排出ポンプ遺伝子yheIHの発現上昇, ○西岡俊博、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第82回日本細菌学会総会, 2009年03月12日, 名古屋
  122. 腸炎ビブリオにおける呼吸鎖Na+ポンプおよびNa+/H+アンチポーター欠損株の性質, ○谷聖人、松尾平、小川和加野、土屋友房、黒田照夫, 第82回日本細菌学会総会, 2009年03月12日, 名古屋
  123. 緑膿菌の多剤排出ポンプ遺伝子emrEPaeの発現制御におけるEmrTの役割, ○小平尚輝、関谷洋志、黒田照夫、土屋友房, 第82回日本細菌学会総会, 2009年03月12日, 名古屋
  124. 長鎖脂肪酸の緑膿菌swarming運動およびサーファクタント産生への影響, ○井上哲圭、新垣隆資、黒田照夫, 第82回日本細菌学会総会, 2009年03月12日, 名古屋
  125. Methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) の多剤高度耐性化における耐性因子の役割, ○宅野正浩、山田陽一、日高功一朗、塩田澄子、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第47回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月00日, 岡山
  126. 腸炎ビブリオのMATE型多剤排出ポンプの性質, 村井美知子、松尾平、小川和加野、土屋友房、○黒田照夫, 第42回腸炎ビブリオシンポジウム, 2008年10月00日, 富山
  127. 肺炎球菌のMATE型多剤排出ポンプPdrMの解析, ○橋本康平, 西岡俊博, 小川和加野, 黒田照夫, 土屋友房, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月00日, 松山
  128. パッチクランプ法による枯草菌呼吸鎖の電気生理学的な解析, ○中村浩二、池田智、宇野正晃、川崎寿、矢部勇、土屋友房、黒田照夫, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月00日, 松山
  129. Serratia marcescensの抗菌薬耐性と多剤排出ポンプ, ○朝熊弘樹、鳥羽晋輔、港雄介、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第20回微生物シンポジウム, 2008年09月00日, 岐阜
  130. ビブリオ属細菌のMATE型多剤排出ポンプの性質, ○村井美知子、松尾平、小川和加野、土屋友房、黒田照夫, 第20回微生物シンポジウム, 2008年09月00日, 岐阜
  131. 黄色ブドウ球菌の多剤排出ポンプNorAの機能を阻害するケツメイシの成分について, ○吉野秀紀、土屋友房、波多野力、笠島直樹、黒田照夫、塩田澄子, 第53回日本ブドウ球菌研究会, 2008年09月00日, 東京
  132. Gene cloning and expression of RND-type multidrug efflux pumps from Klebsiella pneumoniae, ○Wakano Ogawa, Motoyasu Onishi, Teruo Kuroda, Tomofusa Tsuchiya, XII. International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology, 2008年08月00日, Istanbul, Turkey
  133. Characterization of VmeJK, an RND-type multidrug efflux transporters in Vibrio parahaemolyticus, Taira Matsuo, Wakano Ogawa, Tomofusa Tsuchiya, ○Teruo Kuroda, XII. International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology, 2008年08月00日, Istanbul, Turkey
  134. Elevated Expression of emrEPae Gene for a Multidrug Efflux Pump and Mutation in emrT Gene for a Transcriptional Activator in Pseudomonas aeruginosa, Naoki Kohira, Tatsuhiko Mima, Hidemi Senou, Wakano Ogawa, Teruo Kuroda, Tomofusa Tsuchiya, American Society for Microbiology 108th General Meeting, 2008年06月00日, Boston, USA
  135. Kaempferol配糖体と類似体のMRSA, VREに対する抗菌効果, ○大塚菜緒、塩田澄子、波多野力、黒田照夫、土屋友房, 第128年会日本薬学会, 2008年03月28日, 横浜
  136. Cordia verbenaceaのVREに対する抗菌力増強物質, ○板谷和也、大塚菜緒、塩田澄子、黒田照夫、波多野力、土屋友房, 第128年会日本薬学会, 2008年03月28日, 横浜
  137. 黄色ブドウ球菌の付着因子を阻害する物質の探索, ○森江未希、黒田照夫、土屋友房、塩田澄子, 第81回日本細菌学会総会, 2008年03月00日, 京都
  138. 多剤耐性肺炎桿菌MGH78578株の全RND型多剤排出ポンプの解析, ○大西元康, 小川和加野, 黒田照夫, 土屋友房, 第81回日本細菌学会総会, 2008年03月00日, 京都
  139. 肺炎球菌の多剤排出ポンプPdrMの遺伝子クローニングと解析, ○橋本康平, 西岡俊博, 小川和加野, 黒田照夫, 土屋友房, 第81回日本細菌学会総会, 2008年03月00日, 京都
  140. 腸炎ビブリオ多剤排出ポンプの機能と多重破壊株の性質, 松尾平、小川和加野、山本重雄、土屋友房、○黒田照夫, 第81回日本細菌学会総会, 2008年03月00日, 京都
  141. 緑膿菌のMajor Facilitator Superfamily(MFS)型多剤排出ポンプの解析, ○瀬能秀美、小平尚輝、関谷洋志、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第81回日本細菌学会総会, 2008年03月00日, 京都
  142. Serratia marcescensの全RND型多剤排出ポンプの解析, ○鳥羽晋輔, 港雄介, 小川和加野, 黒田照夫, 土屋友房, 第81回日本細菌学会総会, 2008年03月00日, 京都
  143. 黄色ブドウ球菌の主要多剤排出ポンプの遺伝子破壊, ○日高功一朗、塩田澄子、黒田照夫、土屋友房, 第81回日本細菌学会総会, 2008年03月00日, 京都
  144. Serratia marcescensの多剤排出ポンプ遺伝子破壊株の性質, ○港雄介、鳥羽晋輔、小川和加野、黒田照夫、皆川周、後藤直正、土屋友房, 第81回日本細菌学会総会, 2008年03月00日, 京都
  145. 肺炎桿菌のRND型多剤排出ポンプKexDの解析, ○小川和加野、大西元康、黒田照夫、土屋友房, 第81回日本細菌学会総会, 2008年03月00日, 京都
  146. Pseudomonas aeruginosaの多剤排出ポンプMexHI-OpmDの解析, ○関谷洋志、玉井栄治、黒田照夫、土屋友房、牧純, 第81回日本細菌学会総会, 2008年03月00日, 京都
  147. Multidrug efflux transporters in vibrios, Taira Matsuo, Mushfequr M. Rahman, Tomofusa Tsuchiya, ○Teruo Kuroda, The second conference on the biology of vibrios, 2007年11月00日, Paris, France
  148. 腸炎ビブリオのRND型多剤排出ポンプVmeJKの性質, 松尾平、土屋友房、○黒田照夫, 第41回腸炎ビブリオシンポジウム, 2007年11月00日, 神戸
  149. Cordia verbenaceaのVREに対するアルベカシンの抗菌力増強物質, ○板谷和也、大塚菜緒、黒田照夫、塩田澄子、土屋友房, 第46回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月00日, 高知
  150. 腸炎ビブリオのRND型多剤排出ポンプVmeJKの解析, ○松尾平、小川和加野、土屋友房、黒田照夫, 第60回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2007年10月00日, 岡山
  151. 緑膿菌のMexHI-OpmDの解析, ○関谷洋志、玉井栄治、黒田照夫、土屋友房、牧純, 第60回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2007年10月00日, 岡山
  152. 肺炎桿菌のMATE型多剤排出ポンプKetMの遺伝子クローニングとその解析, ○小川和加野、高桂鳳、大西元康、黒田照夫、土屋友房, 第60回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2007年10月00日, 岡山
  153. Serratia marcescens の全RND型多剤排出ポンプの解析, ○港雄介、鳥羽晋輔、小川和加野、黒田照夫、土屋 友房, 第19回微生物シンポジウム, 2007年09月00日, 東京
  154. 緑膿菌の病原因子を阻害する植物成分について, ○堀内久美子、黒田照夫、土屋友房、塩田澄子, 第19回微生物シンポジウム, 2007年09月00日, 東京
  155. 多剤耐性肺炎桿菌のRND型多剤排出ポンプの解析, ○大西元康、岸野孝則、福嶋浩一、西本聖、李代偉小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第19回微生物シンポジウム, 2007年09月00日, 東京
  156. MRSAの多剤高度耐性化と多剤排出ポンプの関係, ○宅野正浩、山田陽一、日高功一朗、塩田澄子、黒田照夫、土屋友房, 第52回日本ブドウ球菌研究会, 2007年09月00日, 徳島
  157. 抗MRSA作用、およびMRSAにおける薬剤感受性増強活性を持つ物質について, ○塩田澄子、大塚菜緒、堀内久美子、黒田照夫、土屋友房, 第52回日本ブドウ球菌研究会, 2007年09月00日, 徳島
  158. Antimicrobial activity of kaempferol glycosides isolated from Laurus nobilis L. against MRSA and VRE, and their mechanism of action , ○Nao Otsuka, Sumiko Shiota, Teruo Kuroda and Tomofusa Tsuchiya , 107th American Society for Microbiology General Meeting, 2007年05月00日, Toronto, Canada
  159. Screening of compounds that inhibit production of virulence factors in Pseudomonas aeruginosa , ○Kumiko Horiuchi, Sumiko Shiota, Teruo Kuroda and Tomofusa Tsuchiya, 107th American Society for Microbiology General Meeting, 2007年05月00日, Toronto, Canada
  160. Serratia marcescensの未解析RND型多剤排出ポンプの遺伝子クローニングおよび解析, ○鳥羽晋輔,港雄介,小川和加野,黒田照夫,土屋友房, 第127年会日本薬学会, 2007年03月30日, 富山
  161. メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の多剤耐性と多剤排出ポンプの関係, ○宅野正浩、日高功一朗、山田陽一、黒田照夫、塩田澄子、土屋友房, 第127年会日本薬学会, 2007年03月28日, 富山
  162. 月桂樹由来kaempferol配糖体のMRSA、VREに対する抗菌活性と作用機序, ○大塚菜緒、塩田澄子、黒田照夫、土屋友房, 第80回日本細菌学会総会, 2007年03月00日, 大阪
  163. 緑膿菌のRND型多剤排出ポンプMuxABC-OpmBの性質と発現亢進変異株, ○小平尚輝、関谷洋志、黒田照夫、土屋友房, 第80回日本細菌学会総会, 2007年03月00日, 大阪
  164. 枯草菌の多剤排出ポンプ遺伝子欠損株の構築, ○西岡俊博、黒田照夫、土屋友房, 第80回日本細菌学会総会, 2007年03月00日, 大阪
  165. 肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)のRND型多剤排出ポンプ欠損株の構築と性質, ○大西元康、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第80回日本細菌学会総会, 2007年03月00日, 大阪
  166. 腸炎ビブリオにおけるRND 型多剤排出ポンプの役割, ○松尾平、小川和加野、土屋友房、黒田照夫, 第80回日本細菌学会総会, 2007年03月00日, 大阪
  167. Vibrio cholerae non-O1のRND型多剤排出ポンプの遺伝子クローニングとその性質, ○黒田照夫、松尾平、小川和加野、土屋友房, 第80回日本細菌学会総会, 2007年03月00日, 大阪
  168. Klebsiella pneumoniaeのRND型多剤排出ポンプKexEFとKexGHの性質, ○岸野孝則、黒田照夫、土屋友房, 第80回日本細菌学会総会, 2007年03月00日, 大阪
  169. 多剤排出ポンプの発現亢進による緑膿菌の多剤耐性化, ○瀬能秀美、関谷洋志、小平尚輝、美間健彦、黒田照夫、土屋友房, 第41回緑膿菌感染症研究会, 2007年02月00日, 岡山
  170. ビブリオ属細菌の多剤耐性と多剤排出ポンプの系統的解析, ○黒田照夫, 第54回日本化学療法学会西日本支部総会, 2006年12月00日, 招待, 博多
  171. 腸炎ビブリオにおけるRND 型多剤排出ポンプの生理的役割, ○松尾 平, 土屋友房, 黒田照夫, 第28回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2006年11月00日, 静岡
  172. 緑膿菌における個々の多剤排出ポンプの性質と役割, ○瀬能秀美, 関谷洋志, 小平尚輝, 美間健彦, 黒田照夫, 土屋友房, 第28回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2006年11月00日, 静岡
  173. ビブリオ属細菌のRND型多剤排出ポンプの性質, ○Mushfequr Rahman, 松尾平, 黒田照夫, 土屋友房, 第40回腸炎ビブリオシンポジウム, 2006年11月00日, 東京
  174. グラム陽性菌の多剤排出ポンプ解析系の構築, ○西岡俊博、橋本康平、黒田照夫、七宮英晃、河村富士夫、土屋友房, 第4回薬剤耐性菌研究会, 2006年11月00日, 伊香保(群馬)
  175. 黄色ブドウ球菌の多剤耐性と多剤排出ポンプの系統的解析, ○日高功一朗、山田陽一、宅野正浩、塩田澄子、黒田照夫、土屋友房, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月00日, 広島
  176. Serratia marcescens のRND型多剤排出ポンプの遺伝子クローニングと解析, ○鳥羽晋輔, 港雄介, 小川和加野, 黒田照夫, 土屋友房 , 第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2006年10月00日, 宇部
  177. 月桂樹由来kaempferol配糖体の抗MRSA作用とDNA gyrase阻害作用, ○大塚菜緒、塩田澄子、黒田照夫、土屋友房, 第51回日本ブドウ球菌研究会, 2006年09月00日, 盛岡
  178. Klebsiella pneumoniae のRND型多剤排出ポンプの遺伝子クローニングと性質, ○岸野孝則、李代偉、 小川 和加野、 黒田 照夫、土屋 友房, 第18回微生物シンポジウム, 2006年09月00日, 岡山
  179. Serratia marcescensの多剤耐性に関与する遺伝子のクローニングと解析, ○港雄介、陳静、松尾平、鳥羽晋輔、小川和加野、黒田照夫、土屋 友房, 第18回微生物シンポジウム, 2006年09月00日, 岡山
  180. Oligomeric Membrane Proteins May Provide Leak Pathways for Chaotropic Ions: The Picture of ScTRK, Alberto Rivetta, Teruo Kuroda, and ○Clifford Slayman, 24th Small Meeting on Yeast Transport and Energetics, 2006年09月00日, プラハ(チェコ)
  181. Conduction of Chaotropic Ions through Oligomeric Membrane Proteins, ○Clifford L. Slayman, Teruo Kuroda, Alberto Rivetta, Plant Biology 2006, 2006年08月00日, Boston, USA
  182. Patch clamp studies on ion pumps of the cytoplasmic membrane of Staphylococcus aureus, ○Teruo Kuroda, Koji Nakamura, Masaya Takehara, Taira Matsuo, Isamu Yabe, Tomofusa Tsuchiya, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006年06月00日, 京都
  183. Serratia marcescensの転写調節因子SdeTによる大腸菌の多剤耐性化, ○港雄介、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第79回日本細菌学会総会, 2006年03月00日, 金沢
  184. Staphylococcus aureus の多剤排出ポンプの全遺伝子のクローニングと解析, ○山田陽一、塩田澄子、黒田照夫、土屋友房, 第79回日本細菌学会総会, 2006年03月00日, 金沢
  185. 緑膿菌における多剤排出ポンプ遺伝子emrEPaeの過剰発現とPA4989の変異との関連性, ○小平尚輝、美間健彦、関谷洋志、黒田照夫、土屋友房, 第79回日本細菌学会総会, 2006年03月00日, 金沢
  186. 腸炎ビブリオのRND型多剤排出ポンプ欠損株の性質, ○松尾平、土屋友房、小川和加野、黒田照夫, 第79回日本細菌学会総会, 2006年03月00日, 金沢
  187. 肺炎桿菌のMF型多剤排出ポンプKmrAの解析, ○小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第79回日本細菌学会総会, 2006年03月00日, 金沢
  188. 肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)の多剤排出ポンプAcrABkp-KocCの解析, ○大西元康、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第79回日本細菌学会総会, 2006年03月00日, 金沢
  189. Klebsiella pneumoniaeの新規四成分型RND多剤排出ポンプKexABの解析, ○福嶋浩一、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第79回日本細菌学会総会, 2006年03月00日, 金沢
  190. 緑膿菌の新規RND型多剤排出ポンプMuxABC-OpmBの解析, 美間健彦、○関谷洋志、小平尚輝、黒田照夫、土屋友房, 第126年会日本薬学会, 2006年03月00日, 仙台
  191. Multidrug efflux pumps in pathogenic bacteria, ○Teruo Kuroda, The 8th Japan-Korea International Symposium on Microbiology , 2006年03月00日, 金沢
  192. 大腸菌巨大化細胞を用いた呼吸鎖のプロトンポンプ活性の解析, 黒田 照夫、茂木 立志、川崎 寿、稲葉 陽一、神野 真一、土屋 友房、○矢部 勇, 日本農芸化学会 2006大会, 2006年03月00日, 京都
  193. 緑膿菌の多剤耐性における多剤排出ポンプの役割, ○関谷洋志、李 洋、美間健彦、小平尚輝、瀬能秀美、黒田照夫、土屋友房, 第27回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2005年11月00日, 京都
  194. ビブリオ属細菌の多剤排出ポンプ, 松尾 平、Anowara Begum、Mushfequr Rahman、山北寛子、小川和加野、土屋友房、○黒田照夫, 第27回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2005年11月00日, 京都
  195. 緑膿菌の多剤耐性変異株における各種多剤排出ポンプの亢進, ○小平尚輝、関谷洋志、李洋、美間健彦、黒田照夫、土屋友房, 第3回耐性菌研究会, 2005年11月00日, 伊香保(群馬)
  196. 肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)のMF型多剤排出ポンプの解析, ○小川和加野、喩平、黒田照夫、土屋友房, 第3回耐性菌研究会, 2005年11月00日, 伊香保(群馬)
  197. 緑膿菌の多剤耐性変異株と多剤排出ポンプの発現昂進, ○瀬能秀美、李洋、関谷洋志、小平尚輝、美間健彦、黒田照夫、土屋友房, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月00日, 松山
  198. 黄色ブドウ球菌の新規多剤排出ポンプの遺伝子クローニングと機能解析, 山田陽一、○日高功一朗、塩田澄子、黒田照夫、土屋友房, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月00日, 松山
  199. Enterococcus faeciumの多剤排出ポンプEfmAの解析, ○西岡俊博、美間健彦、黒田照夫、勝孝、土屋友房, 第58回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2005年10月00日, 高知
  200. Klebsiella pneumoniaeのRND型多剤排出ポンプの遺伝子クローニングと性質, 李代偉、○岸野孝則、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第58回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2005年10月00日, 高知
  201. 大腸菌の一連の多剤排出ポンプ破壊株の構築と解析, ○小寺澤基博、黒田照夫、土屋友房, 第17回微生物シンポジウム, 2005年09月00日, 多摩(東京)
  202. Staphylococcus aureusの多剤排出ポンプの全体像の解析 , ○山田陽一、日高功一朗、塩田澄子、黒田照夫、土屋友房, 第50回日本ブドウ球菌研究会, 2005年09月00日, 岡山
  203. パッチクランプ法による黄色ブドウ球菌のイオン輸送系の解析, 竹原正也、○中村浩二、松尾平、矢部勇、土屋友房、黒田照夫, 第50回日本ブドウ球菌研究会, 2005年09月00日, 岡山
  204. Multidrug Efflux pump in Vibrio parahaemolyticus, Taira Matsuo, Tomofusa Tsuchiya, ○Teruo Kuroda, Joint Meeting of the 3 Divisions of the International Union of Microbiological Societies 2005, 2005年07月00日, San Francisco, USA
  205. 腸炎ビブリオのRND型多剤排出ポンプの解析, ○松尾平、土屋友房、黒田照夫, 第46回日本生化学会中国四国支部例会, 2005年05月00日, 松山
  206. Staphylococcus aureus の多剤排出ポンプの遺伝子クローニングと解析, ○山田陽一、塩田澄子、黒田照夫、土屋友房, 第78回日本細菌学会総会, 2005年04月00日, 東京
  207. Klebsiella pneumoniae (肺炎桿菌)の多剤排出ポンプの遺伝学的・生化学的解析, ○喩平、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第78回日本細菌学会総会, 2005年04月00日, 東京
  208. Serratia marcescensのSMR型多剤排出ポンプSsmEの構造と機能の解析, ○港雄介、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第78回日本細菌学会総会, 2005年04月00日, 東京
  209. 緑膿菌耐性株における多剤排出ポンプ遺伝子emrEPaeの発現上昇, ○小平尚輝、美間健彦、黒田照夫、土屋友房, 第78回日本細菌学会総会, 2005年04月00日, 東京
  210. 緑膿菌の新規RND型多剤排出ポンプの解析, ○美間健彦、黒田照夫、土屋友房, 第78回日本細菌学会総会, 2005年04月00日, 東京
  211. 肺炎桿菌の多剤排出ポンプの遺伝子クローニングと解析, ○小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第78回日本細菌学会総会, 2005年04月00日, 東京
  212. 肺炎桿菌のRND型多剤排出ポンプKexABの解析, ○土屋友房、小川和加野、黒田照夫, 第78回日本細菌学会総会, 2005年04月00日, 東京
  213. 黄色ブドウ球菌の巨大化とパッチクランプ法によるイオン輸送の解析, ○黒田照夫、土屋友房, 第78回日本細菌学会総会, 2005年04月00日, 東京
  214. 巨大化細菌細胞を用いたパッチクランプ法によるイオン輸送系の解析, ○松尾平、難波卓司、竹原正也、矢部勇、土屋友房、黒田照夫, 第26回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2004年11月25日, 東京
  215. バンコマイシン耐性腸球菌の多剤耐性系の遺伝子クローニングと解析, ○西岡俊博、美間健彦、黒田照夫、土屋友房, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月00日, 松江
  216. Six multidrug efflux pumps belonging to the MATE family in Vibrio cholerae non-O1, ○Anowara Begum、Huda M. Nazmul、黒田照夫、土屋友房, 第38回腸炎ビブリオシンポジウム, 2004年11月00日, 岡山
  217. 多剤耐性菌の多剤排出ポンプの全体像の解析, 小川和加野、黒田照夫、○土屋友房, 第2回薬剤耐性菌研究会, 2004年11月00日, 伊香保(群馬)
  218. Klebsiella pneumoniaeのRND型多剤排出ポンプKexABの解析, ○西本聖、小川和加野、黒田照夫、土屋友房, 第57回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2004年10月00日, 広島
  219. 黄色ブドウ球菌の巨大化とパッチクランプ法の適用, 竹原正也、松尾平、矢部勇、○土屋友房、黒田照夫, 第49回ブドウ球菌研究会, 2004年09月00日, 筑波
  220. 肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)の多剤排出ポンプの網羅的遺伝子クローニングと解析, ○小川和加野、西本聖、李代偉、喩平、黒田照夫、土屋友房, 第33回薬剤耐性菌シンポジウム, 2004年07月00日, 富山
  221. Serratia marcescensの多剤排出系の系統的解析, ○港雄介、陳静、松尾平、Fereshteh Shahcheraghi、黒田照夫、土屋友房, 第33回薬剤耐性菌シンポジウム, 2004年07月00日, 富山
  222. Serratia marcescensの多剤排出ポンプSmfYの解析, ○黒田照夫、陳静、港雄介、土屋友房, 第77回日本細菌学会総会, 2004年04月00日, 大阪
  223. Acinetobacter baumannii ATCC 19606の多剤排出ポンプの遺伝子クローニングと解析, ○蘇顕中、黒田照夫、土屋友房, 第77回日本細菌学会総会, 2004年04月00日, 大阪
  224. Serratia marcescensのMATE型多剤排出ポンプSneMの構造と機能の解析, ○港雄介、陳静、黒田照夫、土屋友房, 第77回日本細菌学会総会, 2004年04月00日, 大阪
  225. 緑膿菌の多剤排出ポンプMexVW-OprMの性質, ○李洋、美間健彦、黒田照夫、土屋友房, 第77回日本細菌学会総会, 2004年04月00日, 大阪
  226. 緑膿菌の未解析RND型多剤排出ポンプの遺伝子クローニングと性質, ○美間健彦、李洋、黒田照夫、土屋友房, 第77回日本細菌学会総会, 2004年04月00日, 大阪
  227. 緑膿菌のMATE型多剤排出ポンプPmpMの誘導性, ○土屋友房、美間健彦、黒田照夫, 第77回日本細菌学会総会, 2004年04月00日, 大阪
  228. 緑膿菌のRND family多剤排出ポンプMexHI-OpmDの解析, ○関谷洋志、美間健彦、黒田照夫、土屋友房, 第77回日本細菌学会総会, 2004年04月00日, 大阪
  229. 腸炎ビブリオに存在する複数のNa+/H+アンチポーター, ○黒田照夫、土屋友房, 第37回腸炎ビブリオシンポジウム, 2003年11月00日, 弘前(青森)
  230. 大腸菌セリン輸送系破壊株の作成とその解析, ○小川和加野、黒田照夫、水島徹、土屋友房, 第42回日本薬学会中国四国支部会, 2003年11月00日, 高松
  231. 緑膿菌の未解析多剤排出系の系統的解析, ○美間健彦、関谷洋志、李洋、何桂新、小森有希子、黒田照夫、水島徹、土屋友房, 第25回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2003年11月00日, 金沢
  232. セラチアのABC型多剤排出ポンプSmdABの構造・機能解析, ○片上 平、陳 静、黒田照夫、土屋友房, 第56回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2003年10月00日, 徳島
  233. 緑膿菌の未解析多剤排出ポンプ解析戦略, ○関谷洋志、李洋、美間健彦、何桂新、小森有希子、黒田照夫、土屋友房, 第16回微生物シンポジウム, 2003年09月00日, 京都
  234. Staphylococcus aureus の新規多剤排出ポンプSdrMの解析, ○山田陽一、塩田澄子、黒田照夫、土屋友房, 第48回ブドウ球菌研究会, 2003年09月00日, 安芸(広島)
  235. 緑膿菌多剤排出ポンプのUnityとDiversity, ○美間健彦、関谷洋志、李洋、何桂新、黒田照夫、水島徹、土屋友房, 第44回日本生化学会中国・四国支部例会, 2003年05月00日, 岡山
  236. Staphylococcus aureusの新規多剤排出ポンプの解析 , ○山田陽一、塩田澄子、黒田照夫、土屋友房, 第76回日本細菌学会総会, 2003年04月00日, 熊本
  237. Serratia marcescensの多剤排出ポンプSmeABの性質, ○陳静、黒田照夫、土屋友房, 第76回日本細菌学会総会, 2003年04月00日, 熊本
  238. 緑膿菌のRND family多剤排出ポンプMexHI-OpmDの解析, ○関谷洋志、黒田照夫、美間健彦、土屋友房, 第76回日本細菌学会総会, 2003年04月00日, 熊本
  239. 緑膿菌の新規多剤排出ポンプの遺伝子クローニングと解析, ○李洋、黒田照夫、土屋友房, 第76回日本細菌学会総会, 2003年04月00日, 熊本
  240. Burkholderia cepaciaの多剤排出系の解析, ○吉田忠晃、美間健彦、黒田照夫、土屋友房, 第76回日本細菌学会総会, 2003年04月00日, 熊本
  241. Drug:H+ antiporterに相同なタンパク質をコードする腸炎ビブリオ遺伝子(pvsC)の欠失株と機能解析, ○田邊知孝、中尾浩史、黒田照夫、土屋友房、山本重雄, 第76回日本細菌学会総会, 2003年04月00日, 熊本
  242. 緑膿菌の新規多剤排出ポンプの解析, ○小森有希子、美間健彦、吉田忠晃、黒田照夫、土屋友房, 第123年会日本薬学会, 2003年03月00日, 長崎
  243. Enterococcus faecalisの新規ABC型多剤排出ポンプの解析, 李恩雨、黒田照夫、○土屋友房, 第123年会日本薬学会, 2003年03月00日, 長崎
  244. パッチクランプ法による細菌細胞のイオン輸送系の解析, ○黒田照夫、矢部勇、土屋友房, 第24回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2002年11月00日, 名古屋
  245. 緑膿菌における新規RND family多剤排出ポンプMexUV-OprWの性質, ○関谷洋志、黒田照夫、水島徹、土屋友房, 第55回日本細菌学会中国・四国支部大会, 2002年10月00日, 岡山
  246. 大腸菌巨大化細胞を用いた呼吸鎖のプロトンポンプの解析, 黒田照夫、川崎寿、茂木立志、三芳秀人、土屋友房、○矢部勇, 第75回日本生化学会年会, 2002年10月00日, 京都
  247. 緑膿菌の新規多剤排出ポンプMeUVWの遺伝子クローニングと性質, 関谷洋志、黒田照夫、○土屋友房, 第31回薬剤耐性シンポジウム, 2002年08月00日, 水上(群馬)
  248. 腸炎ビブリオNa+/H+アンチポーター遺伝子破壊株の性質, ○黒田照夫、土屋友房, 第75回日本細菌学会総会, 2002年04月00日, 横浜
  249. ビブリオの多剤排出ポンプ, ○森田雄二、Md. Nazmul Huda、陳静、黒田照夫、土屋友房, 第75回日本細菌学会総会, 2002年04月00日, 横浜
  250. Vibrio cholerae non-O1の新規ABCタイプ多剤排出ポンプVcaM, ○土屋友房、Md. Nazmul Huda、森田雄二、黒田照夫, 第75回日本細菌学会総会, 2002年04月00日, 横浜
  251. 緑膿菌の多剤排出ポンプMexCD-OprJの誘導性について, ○美間健彦、森田雄二、黒田照夫、後藤直正、西野武志、土屋友房, 第75回日本細菌学会総会, 2002年04月00日, 横浜
  252. 緑膿菌の新規多剤排出ポンプの遺伝子クローニングと性質, ○何桂新、陳静、森田雄二、黒田照夫、土屋友房, 第75回日本細菌学会総会, 2002年04月00日, 横浜
  253. 大腸菌の多剤排出ポンプ多重破壊株の構築と性質, ○田中猛、森田雄二、土屋友房、黒田照夫, 第75回日本細菌学会総会, 2002年04月00日, 横浜
  254. セラチア菌多剤排出ポンプの遺伝子クローニングと解析, ○陳静、森田雄二、黒田照夫、土屋友房, 第75回日本細菌学会総会, 2002年04月00日, 横浜
  255. 大腸菌巨大化細胞を用いた呼吸鎖プロトンポンプ活性の解析, ○黒田照夫、川崎寿、茂木立志、三芳秀人、土屋友房、矢部勇, 日本農芸化学会2002年度大会, 2002年03月00日, 仙台
  256. あらゆる微生物細胞の巨大化とその応用, 黒田照夫、池田智、○矢部勇, 第24回日本分子生物学会年会, 2001年12月00日, 横浜
  257. 緑膿菌多剤排出ポンプの一連の欠損変異株の構築と各ポンプの性質, ○美間健彦、森田雄二、小森有希子、黒田照夫、水島徹、土屋友房, 第40回日本薬学会中国四国支部大会, 2001年11月00日, 徳島
  258. Vibrio cholerae non-O1のABCタイプ多剤排出ポンプVcaMの性質, ○Md. Nazmul Huda、森田雄二、黒田照夫、水島徹、土屋友房, 第54回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2001年10月00日, 岡山
  259. 酵母TRKタンパク質の電気生理学的解析, ○黒田照夫、Alberto Rivetta, Gefei Zeng Clifford L. Slayman, 第74回日本生化学会年会, 2001年10月00日, 京都
  260. Enterococcus faecalisの多剤排出ポンプの遺伝子クローニングと性質, ○李恩雨、Md. Nazmul Huda、森田雄二、黒田照夫、水島徹、土屋友房, 第74回日本生化学会年会, 2001年10月00日, 京都
  261. 緑膿菌Mex多剤排出ポンプの一連の破壊株の作成と性質, ○森田雄二、小森有希子、美間健彦、黒田照夫、水島徹、土屋友房, 第23回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2001年10月00日, 熊本
  262. Electrophoretic properties of the Trk transporters in Saccharomyces cereviciae , T. Kuroda, A. Rivetta, G. Zeng and ○C.L. Slayman, 19th Small Meeting on Yeast Transport & Energetics, 2001年09月00日, Chania-Crete, Greece
  263. Electrophoretic Properties of the TRK Proteins in Saccharomyces, Teruo Kuroda, Gefei Zeng, Clifford Slayman, ○Alberto Rivetta, Plant Membrane Biology Workshop, 2001年08月00日, Madison, Wisconsin, U.S.A.
  264. 巨大化微生物細胞による新しいイオン輸送体アッセイ系の開発, ○矢部勇、黒田照夫, 微生物ゲノム研究のフロンティア, 2001年02月00日, 木更津(千葉)
  265. 巨大化大腸菌を用いた呼吸鎖のプロトンポンプ活性の解析, 黒田照夫、川崎寿、寒川武人、茂木立志、三芳秀人、土屋友房、○矢部勇, 第73回日本生化学会年会, 2000年10月00日, 横浜
  266. 巨大化微生物細胞を用いたイオン輸送系の新しい解析法の提案, ○矢部勇、黒田照夫, 第38回日本生物物理学会年会, 2000年09月00日, 仙台
  267. 巨大化大腸菌を用いたイオン輸送系の新しい解析法の提案, 黒田照夫、川崎寿、寒川武人、茂木立志、三芳秀人、土屋友房、○矢部勇, 日本農芸化学会2000年度大会, 2000年04月00日, 東京
  268. 巨大化微生物細胞:新しいイオン輸送体アッセイ系の開発, ○矢部勇、黒田照夫, 第8回農芸化学若手シンポジウム, 2000年04月00日, 東京
  269. 巨大化微生物細胞:新しいイオン輸送体アッセイ系の開発, ○矢部勇、黒田照夫, 第5回植物生体膜シンポジウム「植物生体膜とシグナル伝達」, 2000年03月00日, 名古屋
  270. コレラ菌の多剤排出系NorMの構造と性質, ○M. Nazmul Huda、森田雄二、黒田照夫、土屋友房, 第33回腸炎ビブリオシンポジウム, 1999年11月00日, 沖縄
  271. パッチクランプ法による大腸菌呼吸鎖の電気生理学的解析, ○黒田照夫、川崎寿、茂木立志、三芳秀人、土屋友房、矢部勇, 第72回日本生化学会年会, 1999年10月00日, 横浜
  272. 黄色ブドウ球菌のMnh Na+/H+アンチポーターの性質, ○黒田成志、黒田照夫、平松寿章、合田多喜子、水島徹、土屋友房, 第72回日本生化学会年会, 1999年10月00日, 横浜
  273. 腸炎ビブリオNa+/H+アンチポーター遺伝子破壊株の性質, ○黒田照夫、野崎香織、水島徹、土屋友房, 第21回日本分子生物学会年会, 1998年12月00日, 横浜
  274. 枯草菌のmultiple-gene type Na+/H+アンチポーターの解析, ○黒田成志、黒田照夫、合田多喜子、水島徹、土屋友房, 第21回日本分子生物学会年会, 1998年12月00日, 横浜
  275. 大腸菌巨大プロトプラストを用いたパッチクランプ法によるイオン輸送系の解析, ○黒田照夫、奥田直之、土屋友房、矢部勇, 第20回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 1998年11月00日, 富山
  276. 大腸菌巨大ベジクルを用いたパッチクランプ法によるイオン輸送系の解析, ○黒田照夫、奥田直之、穴澤秀治、寺崎容子、茂木立志、土屋友房、矢部勇, 第71回日本生化学会年会, 1998年10月00日, 名古屋
  277. 枯草菌のNa+/H+アンチポーターの性質と遺伝子クローニング, 合田多喜子、黒田照夫、○黒田成志、藤田尚子、水島徹、土屋友房, 第71回日本生化学会年会, 1998年10月00日, 名古屋
  278. 大腸菌を巨大化させると細胞質膜が反転した液胞様構造体が細胞内に出現する, 黒田照夫、奥田直之、穴澤秀治、茂木立志、土屋友房、○矢部勇, 日本農芸化学会1998年度大会, 1998年04月00日, 名古屋
  279. 大腸菌液胞様構造体を利用したイオンポンプ系のパッチクランプ法による機能解析, ○黒田照夫、奥田直之、茂木立志、土屋友房、矢部勇, 日本農芸化学会1998年度大会, 1998年04月00日, 名古屋
  280. 黄色ブドウ球菌と枯草菌のNa+/H+アンチポーター, ○合田多喜子、平松寿章、黒田照夫、水島徹、土屋友房, 第50回日本細菌学会中国・四国支部総会, 1997年10月00日, 徳島
  281. パッチクランプ法による大腸菌のイオン輸送系の解析, ○黒田照夫、奥田直之、穴澤秀治、土屋友房、矢部勇, 第70回日本生化学会年会, 1997年09月00日, 金沢
  282. 緑膿菌のNa+/H+アンチポーターの性質と遺伝子の解析, ○藤田尚子、黒田照夫、水島徹、土屋友房, 第70回日本生化学会年会, 1997年09月00日, 金沢
  283. 大腸菌巨大プロトプラストの液胞様構造体を用いたイオン輸送系の解析, ○黒田照夫、奥田直之、土屋友房、矢部勇, 日本農芸化学会1997年度大会, 1997年04月00日, 東京
  284. 腸炎ビブリオNa+/H+アンチポーター遺伝子の構造解析, ○野崎香織、稲葉圭、黒田照夫、津田正明、土屋友房, 第69回日本生化学会大会、第19回日本分子生物学会年会合同年会, 1996年08月00日, 札幌
  285. 黄色ブドウ球菌のNa+/H+アンチポーターの遺伝子解析, ○平松寿章、野崎香織、小玉和代、稲葉圭、黒田照夫、津田正明、土屋友房, 第69回日本生化学会大会、第19回日本分子生物学会年会合同年会, 1996年08月00日, 札幌
  286. 部位特異的変異導入法による腸炎ビブリオNa+/H+アンチポーター(NhaA)の機能残基の解析, ○黒田照夫、稲葉圭、野崎香織、津田正明、土屋友房, 第18回日本分子生物学会年会, 1995年12月00日, 名古屋
  287. 腸炎ビブリオNa+/H+アンチポーターNhaAの種々の変異体の解析, ○黒田照夫、稲葉圭、野崎香織、土屋友房, 日本生体エネルギー研究会第21回討論会, 1995年12月00日, 名古屋
  288. 大腸菌の各Na+/H+アンチポーターの役割, 稲葉圭、○野崎香織、黒田照夫、宇津木順子、土屋友房, 第12回微生物シンポジウム, 1995年10月00日, 長崎
  289. 部位特異的変異導入法による腸炎ビブリオNa+/H+アンチポーターの機能残基の解析, ○黒田照夫、稲葉圭、土屋友房, 第17回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 1995年10月00日, 東京
  290. 部位特異的変異導入による腸炎ビブリオNa+/H+アンチポーターのアミロライド感受性の解析, ○黒田照夫、稲葉圭、津田正明、土屋友房, 日本薬学会第115回年会, 1995年03月00日, 仙台
  291. 腸炎ビブリオに対するアミロライドの影響, ○黒田照夫、平國美奈子、稲葉圭、土屋友房, 第16回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 1994年10月00日, 京都
  292. 大腸菌のNa+/H+アンチポーターに対する種々の薬剤の影響, ○稲葉圭、黒田照夫、宇津木順子、津田正明、土屋友房, 日本薬学会第114回年会, 1994年03月00日, 東京
  293. Na+/H+アンチポーターとNa+/H+/基質シンポーターの共役系の解析, 黒田照夫、稲葉圭、○土屋友房, 日本生体エネルギー研究会第19回討論会, 1993年12月00日, 大阪
  294. 腸炎ビブリオのNa+/H+アンチポーター遺伝子の解析とその性質, ○黒田照夫、稲葉圭、島本敏、津田正明、土屋友房, 第66回日本生化学会大会, 1993年10月00日, 東京
  295. 緑膿菌Na+/H+アンチポーターの性質及び生育に対する塩の影響, ○稲葉圭、宇津木順子、黒田照夫、島本敏、津田正明、土屋友房, 第66回日本生化学会大会, 1993年10月00日, 東京
  296. 細菌細胞の生育とNa+/H+アンチポーターに対するアミロライド類の影響, ○黒田照夫、稲葉圭、宇津木順子、島本敏、土屋友房, 第11回微生物シンポジウム, 1993年10月00日, 千葉
  297. Properties and Sequence of Na+/H+ Antiporter of Vibrio parahaemolyticus, Teruo Kuroda, Kei Inaba, Toshi Shimamoto, ○Tomofusa Tsuchiya, 93rd General Meeting, American Society for Microbiology, 1993年05月00日, LasVegas(U.S.A.)
  298. 腸炎ビブリオの生育とNa+/H+アンチポーターに対するアミロライドの影響, 黒田照夫、○稲葉圭、島本敏、津田正明、土屋友房, 日本薬学会第113会年会, 1993年03月00日, 大阪
  299. 腸炎ビブリオのNa+/H+アンチポーターの性質, ○黒田照夫、稲葉圭、島本敏、津田正明、土屋友房, 第65回日本生化学会大会, 1992年10月00日, 博多
  300. 細菌細胞におけるLi+の生育阻害作用と生育促進作用, ○稲葉圭、黒田照夫、島本敏、津田正明、土屋友房, 第65回日本生化学会大会, 1992年10月00日, 博多

受賞

  1. 2017年08月29日, 第29回微生物シンポジウム優秀アブストラクト賞, 日本薬学会生物系薬学部会, Serratia marcescens におけるクロルヘキシジンに対する馴化・耐性機構の解析

取得

  1. 特許権, 特許第6084084号, 2017年02月03日, 抗菌剤,及び抗菌活性増強剤
  2. 特許権, 特開2014-205657, リカルディン誘導体を含有する抗菌剤
  3. 特許権, 特開2014-030710, インドロキノリン誘導体を含む溶血毒阻害用組成物
  4. 特許権, 特開2016-117665, 抗菌活性増強剤

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費補助金, 失われた抗菌活性を復活させる抗菌活性増強薬の開発, 2015年04月01日, 2018年03月31日
  2. ソルト・サイエンス研究財団研究助成, 減塩食品における保存作用代替物質の開発に向けた基盤研究~普遍的Na+感受性因子の同定~, 2014年04月01日, 2015年03月31日
  3. 科学研究費補助金, 院内感染起因菌の消毒薬耐性の全体像の解明, 2012年04月01日, 2015年03月31日
  4. 科学研究費補助金, 長鎖脂肪酸による細菌の膜機能モジュレーションによる病原性制御, 2008年04月01日, 2010年03月31日
  5. 両備?園記念財団研究助成, 食中毒の防止を目指した,腸炎ビブリオの環境ストレス耐性機構に関する研究, 2008年04月01日, 2009年03月31日
  6. 科学研究費補助金, ビブリオ属細菌の環境適応機構の包括的解析, 2006年04月01日, 2008年03月31日
  7. 科学研究費補助金, 多剤耐性菌における多剤排出ポンプの系統的解析とポンプ阻害剤の開発, 2004年04月01日, 2007年03月31日
  8. 科学研究費補助金, パッチクランプ法による細菌細胞の多剤排出ポンプの解析, 2004年04月01日, 2006年03月31日
  9. 科学研究費補助金, パッチクランプ法による細菌細胞のイオン輸送系の包括的解析, 2004年04月01日, 2005年03月31日
  10. 科学研究費補助金, パッチクランプ法による細菌細胞のイオン輸送ネットワークの解析, 2003年04月01日, 2004年03月31日
  11. 科学研究費補助金, パッチクランプ法を用いた細菌細胞のイオン輸送タンパク質の網羅的解析, 2002年04月01日, 2003年03月31日
  12. 科学研究費補助金, パッチクランプ法による大腸菌の呼吸鎖のプロトンポンプの解析, 2001年04月01日, 2003年03月31日
  13. 科学研究費補助金, パッチクランプ法による細菌細胞のイオントランスポーターの解析, 2001年04月01日, 2003年03月31日
  14. 科学研究費補助金, 細胞膜における能動輸送系の構造、機能および分子機構の統一性と多様性, 1997年04月01日, 1999年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 評議員, 2018年01月01日, 2020年12月31日, 日本細菌学会
  2. 広報委員会委員, 2018年01月01日, 2020年12月31日, 日本細菌学会
  3. 評議員, 日本細菌学会中国四国支部
  4. 薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂に関する調査研究チーム委員
  5. 日本薬学会広報委員会広報DVD作成ワーキンググループ長

学術会議等の主催

  1. 第27回微生物シンポジウム, 世話人, 2015年09月, 2015年09月
  2. 日本薬学会第130年会, プログラム委員会副委員長
  3. 日本薬学会第130年会, 広報委員会副委員長

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 平成29年度ヒロシマ薬剤師研修会, 耐性菌が引き起こす諸問題~薬剤師は耐性菌蔓延阻止の最前線に立っています~, 広島大学薬学部, 2017年/07月/09日, 2017年/07月/09日, 広島, 講師, 講演会, その他

学術雑誌論文査読歴

  1. 2018年, BMC Microbiology, 査読, 1
  2. 2018年, Frontiers in Microbiology, 査読, 1
  3. 2018年, Microbes and Environments, 査読, 1
  4. 2018年, Biological Pharmaceutical Bulletin, 査読, 1
  5. 2017年, Microbiology and Immunology, 編集員, Associate editor, 9
  6. 2017年, Journal of General Applied Microbiology, 査読, 1
  7. 2017年, Microbiology and Immunology, 査読, 1
  8. 2016年, Microbiology and Immunology, 編集員, Associate editor, 11
  9. 2016年, MedChemComm, 査読, 1
  10. 2016年, Scientific Report, 査読, 1
  11. 2016年, International Journal of Antimicrobial Agents, 査読, 1
  12. 2016年, Pharmaceutical Biology, 査読, 1
  13. 2016年, Biological Pharmaceutical Bulletin, 査読, 1
  14. 2016年, Expert Opinion On Drug Metabolism and Toxicology, 査読, 1
  15. 2015年, Microbiology and Immunology, 編集員, Associate editor, 5
  16. 2015年, Biological Pharmaceutical Bulletin, 査読, 2
  17. 2015年, Microbiology and Immunology, 査読, 1
  18. 2015年, Scientific reports, 査読, 1
  19. 2015年, Journal of Infection and Public health, 査読, 1
  20. 2014年, Biological Pharmaceutical Bulletin, 査読, 2
  21. 2014年, Microbiology and Immunology, 査読, 1
  22. 2014年, The Journal of General and Applied Microbiology, 査読, 1
  23. 2014年, Journal of Biochemistry, 査読, 1