岡村 仁Hitoshi Okamura

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(保)(保健学)精神機能制御科学教授
ホームページ
メールアドレス
hokamurahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞一丁目2番3号 医学部保健学科棟811号室
TEL:082-257-5450 FAX:082-257-5454
自己紹介
以下のホームページをご参照ください: http://home.hiroshima-u.ac.jp/psrlab/okamura.htm

基本情報

主な職歴

  • 1991年04月01日, 1991年06月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医師
  • 1991年07月01日, 1992年09月30日, 中国労災病院健康診断センター, 医師, 医師
  • 1992年10月01日, 1994年03月31日, 社会保険広島市民病院, 精神科, 医師
  • 1994年04月01日, 1995年08月31日, 国立呉病院, 精神科, 医師
  • 1995年09月01日, 1998年06月30日, 国立がんセンター中央病院, 精神科, 医師
  • 1998年07月01日, 2000年03月31日, 国立がんセンター研究所支所, 精神腫瘍学研究部, 室長
  • 2000年04月01日, 2004年03月31日, 広島大学, 医学部保健学科, 教授
  • 2004年04月01日, 2007年12月14日, 広島大学, 大学院保健学研究科, 教授
  • 2012年04月01日, 2017年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 教授
  • 2017年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 教授

学歴

  • 福井医科大学, 医学部, 日本, 1981年04月, 1987年03月
  • 広島大学, 医学系研究科, 内科系専攻, 日本, 1987年04月, 1991年03月

学位

  • 医学博士(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 保健学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 保健科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 保健科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 作業療法学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 精神神経科学

研究キーワード

  • リハビリテーション|がん
  • リハビリテーション|緩和医療
  • 遺伝情報|精神心理社会的側面
  • QOL|がん
  • リハビリテーション|高齢者
  • リハビリテーション|精神障害

所属学会

  • 国際サイコオンコロジー学会
  • 日本サイコオンコロジー学会
  • 日本精神神経学会
  • 日本総合病院精神医学会
  • 日本精神科産業医協会
  • 日本老年精神医学会
  • 日本家族性腫瘍学会
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本統合医療学会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本職業・産業医学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 精神健康障害看護
  2. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 地域作業療法学演習
  3. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), リハビリテーション精神医学総論
  4. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), リハビリテーション精神医学各論
  5. 2019年, 学部専門, 3ターム, 生理学的心理学
  6. 2019年, 学部専門, 集中, 総合臨床実習I
  7. 2019年, 学部専門, 集中, 総合臨床実習II
  8. 2019年, 学部専門, 3ターム, 卒業研究
  9. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), リハビリテーション精神医学総論
  10. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), リハビリテーション精神医学各論
  11. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 精神障害学特論
  12. 2019年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 調査研究法特論
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 調査研究法特論
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 質的研究法特論
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 質的研究法特論
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 質的研究法特論
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 質的研究法特論
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 質的研究法特論
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 予防医学・健康指導特論Ⅱ
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 予防医学・健康指導特論Ⅱ
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特論
  23. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特論
  24. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特別演習
  25. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特別演習
  26. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 精神機能制御科学特別演習
  27. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 精神機能制御科学特別演習
  28. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 精神機能制御科学特別研究
  29. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 病態生理学
  30. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特講
  31. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特講
  32. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特講演習
  33. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特講演習
  34. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 精神機能制御科学特講演習
  35. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 精神機能制御科学特講演習
  36. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 心身機能生活制御科学特別研究
  37. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 予防医学・健康指導特論B
  38. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 保健科学特論Ⅰ(調査研究)
  39. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 保健科学特論Ⅰ(調査研究)
  40. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 保健科学特論Ⅱ(質的研究)
  41. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 保健科学特論Ⅱ(質的研究)
  42. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 心身機能生活制御科学特別研究
  43. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 心身機能生活制御科学特別研究
  44. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特論
  45. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特論
  46. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特別演習
  47. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 精神機能制御科学特別演習
  48. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特別演習
  49. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 精神機能制御科学特別演習
  50. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特別研究
  51. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特講
  52. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特講
  53. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特講演習
  54. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 精神機能制御科学特講演習
  55. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 精神機能制御科学特講演習
  56. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 精神機能制御科学特講演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Do multiple personal roles promote working energetically in female nurses? A cross-sectional study of relevant factors promoting work engagement in female nurses, ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE, 24巻, 1号, pp. 56. doi: 10.1186/s12199-019-0810-z, 20190912
  2. Voice rehabilitation for laryngeal cancer after radiotherapy: a systematic review and meta-analysis, EUROPEAN ARCHIVES OF OTO-RHINO-LARYNGOLOGY, 276巻, 6号, pp. 1573-1583, 201906
  3. Study of aromas as reminiscence triggers in community-dwelling older adults in Japan., JOURNAL OF RURAL MEDICINE, 14巻, pp. 87-94, 201905
  4. Confidence in communicating with patients with cancer mediates the relationship between rehabilitation therapists' autistic-like traits and perceived difficulty in communication, PALLIATIVE & SUPPORTIVE CARE, 17巻, 2号, pp. 186-194, 201904
  5. Association between Falls and Balance among Inpatients with Schizophrenia: A Preliminary Prospective Cohort Study, PSYCHIATRIC QUARTERLY, 90巻, 1号, pp. 111-116, 201903
  6. Effect of Stride Management Assist Gait Training for Poststroke Hemiplegia: A Single Center, Open-Label, Randomized Controlled Trial, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 28巻, 2号, pp. 477-486, 201902
  7. Hearing laughter improves the recovery process of the autonomic nervous system after a stress-loading task: a randomized controlled trial, BIOPSYCHOSOCIAL MEDICINE, 12巻, 20181221
  8. Alterations in emotional responses (pleasantness/unpleasantness) induced by sniffing food odors during chemotherapy in patients with lung cancer, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 48巻, 10号, pp. 906-912, 201810
  9. Effects of olfactory stimulation on reminiscence practice in community-dwelling elderly individuals, PSYCHOGERIATRICS, 18巻, 4号, pp. 283-291, 201807
  10. Temporal Processing Instability with Millisecond Accuracy is a Cardinal Feature of Sensorimotor Impairments in Autism Spectrum Disorder: Analysis Using the Synchronized Finger-Tapping Task, JOURNAL OF AUTISM AND DEVELOPMENTAL DISORDERS, 48巻, 2号, pp. 351-360, 201802
  11. Combined Exercise and Cognitive Training System for Dementia Patients: A Randomized Controlled Trial, DEMENTIA AND GERIATRIC COGNITIVE DISORDERS, 45巻, 5-6号, pp. 318-325, 2018
  12. 地域で生活する統合失調症者の社会との関係とQOL, 自己効力感との関連, 健康科学と人間形成, 4巻, pp. 35-45, 2018
  13. Exploring a method for evaluation of preschool and school children with autism spectrum disorder through checking their understanding of the speaker's emotions with the help of prosody of the voice, BRAIN & DEVELOPMENT, 39巻, 10号, pp. 836-845, 201711
  14. Effect of wearing fingers rings on the behavioral and psychological symptoms of dementia: An exploratory study, SAGE OPEN MEDICINE, 5巻, 2017
  15. 看護職者のメンタルヘルス向上を目指したマッサージの有効性に関する検討-無作為化比較試験-, 日本職業・災害医学会雑誌, 65巻, pp. 170-177, 2017
  16. がん治療対策食を考案するための嫌悪感を誘発する食べ物のニオイに関する予備的検討, 日本病態栄養学会誌, 20巻, pp. 333-345, 2017
  17. Development of a Method for Transferring Paraplegic Patients with Advanced Cancer from Bed to Wheelchair, JOURNAL OF PALLIATIVE MEDICINE, 19巻, 6号, pp. 656-660, 201606
  18. Family caregivers require mental health specialists for end-of-life psychosocial problems at home: a nationwide survey in Japan, PSYCHO-ONCOLOGY, 25巻, 6号, pp. 641-647, 201606
  19. Reminiscence triggers in community-dwelling older adults in Japan, BRITISH JOURNAL OF OCCUPATIONAL THERAPY, 79巻, 4号, pp. 220-227, 201604
  20. Study on the psychosocial aspects of risk-reducing salpingo-oophorectomy (RRSO) in BRCA1/2 mutation carriers in Japan: a preliminary report, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 46巻, 3号, pp. 254-259, 201603
  21. The Japanese Breast Cancer Society clinical practice guidelines for epidemiology and prevention of breast cancer, 2015 edition, BREAST CANCER, 23巻, 3号, pp. 343-356, 2016
  22. 大腸がん患者への抗がん剤投与による嗅覚および気分の快・不快の変化, 日本病態栄養学会誌, 19巻, pp. 127-134, 2016
  23. 術後患者に対する精神的・心理的サポート, 臨床外科, 71巻, pp. 264-269, 2016
  24. A Single Session of an Integrated Yoga Program as a Stress Management Tool for School Employees: Comparison of Daily Practice and Nondaily Practice of a Yoga Therapy Program, JOURNAL OF ALTERNATIVE AND COMPLEMENTARY MEDICINE, 21巻, 7号, pp. 444-449, 20150701
  25. The Skills of Facilitator Nurses in Psycho-Social Group Intervention for Cancer Patients, YONAGO ACTA MEDICA, 58巻, 2号, pp. 69-75, 201506
  26. Study on factors associated with repeated gambling among gamblers anonymous participants, Journal of Addiction Research & Therapy, 6巻, 2015
  27. Partnership in Psycho-Social Group Intervention for Cancer Patients: Factors to Creating Group Dynamics, YONAGO ACTA MEDICA, 58巻, 1号, pp. 45-50, 2015
  28. The Japanese Breast Cancer Society clinical practice guideline for epidemiology and prevention of breast cancer, BREAST CANCER, 22巻, 1号, pp. 16-27, 2015
  29. Effectiveness of a collage activity based on a life review in elderly cancer patients: a preliminary study, Palliat Support Care, 13巻, pp. 285-293, 2015
  30. 認知症と診断されていない要介護者の介護者における認知症に対する支援ニーズ, 日本認知症ケア学会誌, 14巻, pp. 531-541, 2015
  31. Feasibility and efficacy of speed-feedback therapy with a bicycle ergometer on cognitive function in elderly cancer patients in Japan, PSYCHO-ONCOLOGY, 23巻, 8号, pp. 906-913, 20140801
  32. Influence of alexithymia on the prognosis of patients with major depression, Jpn J Gen Hosp Psychiatry, 26巻, pp. 278-286, 20140401
  33. 精神病床における認知症患者の入院期間に関連する要因の検討-広島県パイロットスタディ, 日本精神科病院協会雑誌, 33巻, pp. 73-79, 201404
  34. 助産師の周産期の喪失ケア体験に基づいた卒後教育プログラムにおけるニーズの検討, 母性衛生, 54巻, 4号, pp. 556-562, 201404
  35. Development of a Job Stressor Scale for Nurses Caring for Patients with Intractable Neurological Diseases, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 62巻, 4号, pp. 69-76, 201312
  36. Why do dementia patients become unable to lead a daily life with decreasing cognitive function?, DEMENTIA-INTERNATIONAL JOURNAL OF SOCIAL RESEARCH AND PRACTICE, 12巻, 5号, pp. 551-568, 201309
  37. 心のケアとリハビリテーション・コミュニケーションスキル (特集 押さえておきたいがんのリハビリテーションの知識とスキル) -- (心のケア), リハビリナース, 6巻, 4号, pp. 375-379, 201307
  38. サイコオンコロジー総論, 心身医学 = Japanese journal of psychosomatic medicine, 53巻, 5号, pp. 386-391, 20130501
  39. Clinical usefulness of the Frontal Assessment Battery at bedside (FAB) for elderly cancer patients, SUPPORTIVE CARE IN CANCER, 21巻, 3号, pp. 857-862, 20130401
  40. Dynamic exercise improves cognitive function in association with increased prefrontal oxygenation, JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 63巻, 4号, pp. 287-298, 20130401
  41. Investigation of Toilet Activities in Elderly Patients With Dementia From the Viewpoint of Motivation and Self-Awareness, AMERICAN JOURNAL OF ALZHEIMERS DISEASE AND OTHER DEMENTIAS, 28巻, 5号, pp. 459-468, 20130401
  42. ★, Prevalence of Dementia in Japan: A Systematic Review, DEMENTIA AND GERIATRIC COGNITIVE DISORDERS, 36巻, 1-2号, pp. 111-118, 20130401
  43. 心のケアとリハビリテーション (特集 がん患者のリハビリテーション), がん看護, 17巻, 7号, pp. 751-753, 201211
  44. Systematic review of rehabilitation intervention in palliative care for cancer patients., J Palliat Care Med, 2巻, pp. 131. doi:10.4172/2165-7386.1000131, 20120601
  45. Effects of group therapy focused on the cognitions of new female nurses who experienced violent language and violent acts in the workplace., インターナショナル Nurs Care Res, 11巻, pp. 33-42, 20120501
  46. Effects of group therapy focused on the coping strategies of new female nurses who experienced violent language and violent acts from patients., インターナショナル Nurs Care Res, 11巻, pp. 43-52, 20120501
  47. Effects of group therapy focused on the cognitions of new female nurses who experienced violent language and violent acts by patients., インターナショナル Nurs Care Res, 11巻, pp. 83-92, 20120501
  48. Relationship between adult children property and self esteem of nursing students., インターナショナル Nurs Care Res, 11巻, pp. 93-99, 20120501
  49. Conditions Associated With Wandering in People With Dementia From the Viewpoint of Self-Awareness: Five Case Reports, AMERICAN JOURNAL OF ALZHEIMERS DISEASE AND OTHER DEMENTIAS, 27巻, 3号, pp. 162-170, 20120401
  50. Investigation of Eating Actions of People With Dementia From the Viewpoint of Self-Awareness, AMERICAN JOURNAL OF ALZHEIMERS DISEASE AND OTHER DEMENTIAS, 27巻, 4号, pp. 228-237, 20120401
  51. 地域ボランティア活動の有効性に関する予備的検討.-回想法グループへの参加を通して-, 作業療法ジャーナル, 46巻, 3号, pp. 292-296, 20120301
  52. 心のケアとリハビリテーション (特集 がんのリハビリテーション : チームで行う緩和ケア), Monthly book medical rehabilitation, 140号, pp. 37-41, 201201
  53. Association between efficacy of self-management to prevent recurrences of depression and actual episodes of recurrence: a preliminary study., International Journal of Psychological Studies, 3巻, 2号, pp. 217-226, 20111201
  54. Psychological factors and characteristics of recurrent breast cancer patients with or without psychosocial group therapy intervention., Yonago Acta medica, 54巻, pp. 65-74, 20111201
  55. Testing the feasibility of using odors in reminiscence therapy in Japan., Physical and Occupational Therapy in Geriatrics, 29巻, pp. 287-299, 20111201
  56. Psychological Factors and Characteristics of Recurrent Breast Cancer Patients with or without Psychosocial Group Therapy Intervention, YONAGO ACTA MEDICA, 54巻, 4号, pp. 65-74, 20111201
  57. 匂い刺激を用いた回想法の中期的効果の予備的研究 : 地域在住高齢者に焦点化して, 医学と生物学, 155巻, 12号, pp. 929-936, 201112
  58. 長期入院統合失調症患者の苦悩評価尺度の作成とその信頼性・妥当性の検討, 日本看護研究学会雑誌, 34巻, 4号, pp. 55-63, 20110920
  59. 統合失調症患者のセルフスティグマに関する研究--セルフエフィカシー,QOL,差別体験との関連について, 総合リハビリテ-ション, 39巻, 8号, pp. 777-783, 201108
  60. 末期がん患者に対する作業療法士の関わり : 作業療法士の語りの質的内容分析, 作業療法 = The Journal of Japanese Occupational Therapy Association, 30巻, 3号, pp. 284-294, 20110615
  61. Evaluation of the effectiveness of a group intervention approach for nurses exposed to violent speech or violence caused by patients: a randomized controlled trial., ISRN Nursing, pp. Article ID 325614, 20110501
  62. 看護職者のメンタルヘルス向上を目指した足浴の効果に関する予備的検討, 広島大学保健学ジャーナル, 9巻, 2号, pp. 27-30, 201103
  63. 看護職の職場における心的外傷の実態および外傷反応と共感性との関連, 看護・保健科学研究誌, 11巻, 1号, pp. 55-64, 201103
  64. 看護師の職場における心的外傷の収集と分類, 看護・保健科学研究誌, 11巻, 1号, pp. 48-54, 201103
  65. 職場における心的外傷の想起が看護師の精神的健康に及ぼす影響, 看護・保健科学研究誌, 11巻, 1号, pp. 21-30, 201103
  66. うつ病のメカニズム, バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms, 35巻, 1号, pp. 3-8, 20110201
  67. 外来化学療法中のがん患者に対する看護師による精神症状スクリーニングの実施可能性の検討, 総合病院精神医学 = Japanese journal of general hospital psychiatry, 23巻, 1号, pp. 52-59, 20110115
  68. Relationships Between Roles and Mental States and Role Functional QOL in Breast Cancer Outpatients, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 41巻, 9号, pp. 1112-1118, 2011
  69. ★, Importance of Rehabilitation in Cancer Treatment and Palliative Medicine, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 41巻, 6号, pp. 733-738, 2011
  70. 看護師の離職意向に関連する要因の検討―緩和ケア病棟における調査結果をもとに, Palliative Care Research, 6巻, 1号, pp. 126-132, 2011
  71. Psychosocial Factors That Have an Influence on the Effects of Obesity Improvement Programs, Journal of rural medicine : JRM, 5巻, 2号, pp. 175-183, 20101101
  72. がん医療に携わる心のケア従事者への教育, 精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica, 112巻, 10号, pp. 1024-1028, 20101025
  73. 日本における緩和医療の現状と展望, 臨床精神薬理, 13巻, pp. 1279-1285, 20100701
  74. Effect of Exercise on a Speed Feedback Therapy System in Elderly Persons., Phys Occup Ther Geriatr, 28巻, pp. 131-143, 20100601
  75. Psychological distress related to patterns of family functioning among Japanese childhood cancer survivors and their parents, PSYCHO-ONCOLOGY, 19巻, 5号, pp. 545-552, 20100501
  76. リハビリテーション部門における遺族ケア--小児がん患者遺族会を通じて (がん緩和ケアに活かす リハビリテーション・アプローチ--みんなでやろうよリハビリテーション) -- (患者の生活に活かすリハビリテーションの技と工夫), 臨床看護, 36巻, 4号, pp. 567-572, 201003
  77. 介護老人保健施設入所者にみられる抑うつとその関連要因--抑うつ兆候の早期発見と効果的な看護介入, 人間と科学, 10巻, 1号, pp. 105-114, 201003
  78. がんサバイバーのリハビリテーション (特集 がん患者のサバイバーシップ), 腫瘍内科, 5巻, 2号, pp. 151-155, 201002
  79. Gender differences in factors associated with suicidal ideation in major depression among cancer patients., Psycho-Oncology, 19巻, pp. 384-389, 2010
  80. ドイツ連邦共和国A市在住の邦人駐在員配偶者のメンタルヘルスと生活状況との関連, 日本看護学会論文集 地域看護, 41巻, pp. 28-30, 2010
  81. 糖尿病を合併する統合失調症患者の治療の実態と血糖コントロール困難の要因, 島根県立大学短期大学部出雲キャンパス研究紀要, 4巻, pp. 1-8, 2010
  82. 神経難病患者をケアする看護師における仕事ストレッサー尺度の作成 -質問項目選定のための検討-, 広島大学保健学ジャーナル, 8巻, 1/2号, pp. 1-6, 20091201
  83. 神経難病患者をケアする看護師におけるバーンアウト因果モデルの作成と検証, 日本看護科学会誌, 29巻, 4号, pp. 3-12, 20091201
  84. Relationship between awareness (EQS) and attention function (TMT) among patients with schizophrenia, Journal of health sciences, Hiroshima University, 8巻, 1号, pp. 34-38, 200912
  85. がん患者のリハビリテーション (特集 サイコオンコロジーの現状と展望), 日本精神科病院協会雑誌, 28巻, 12号, pp. 31-35, 200912
  86. 中高年者における肥満と健康関連QOLの検討--男性と女性の相違に関する一考察, 総合リハビリテ-ション, 37巻, 12号, pp. 1167-1173, 200912
  87. Development of a Standard for Hospital-Based Palliative Care Consultation Teams Using a Modified Delphi Method, JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT, 38巻, 4号, pp. 496-504, 20091001
  88. 統合失調症患者の家族介護者における介護経験に伴う苦悩, 日本看護研究学会雑誌, 32巻, 2号, pp. 35-43, 20090620
  89. 高齢がん患者とリハビリテーション, 腫瘍内科, 3巻, 5号, pp. 546-550, 200905
  90. うつ病の理解とケア--うつ病に対する精神療法 (特集 いかに精神症状に対応するか--適応障害とうつ病を中心に), 緩和ケア, 19巻, 3号, pp. 225-227, 200905
  91. Psychosocial factors and survival after diagnosis of inoperable non-small cell lung cancer, PSYCHO-ONCOLOGY, 18巻, 1号, pp. 23-29, 20090401
  92. A survey of nurses who experienced trauma in the workplace: influence of coping strategies on traumatic stress, STRESS AND HEALTH, 25巻, 1号, pp. 3-9, 20090401
  93. Factors Affecting the Sense of Burden Felt by Family Members Caring for Patients With Mental Illness, ARCHIVES OF PSYCHIATRIC NURSING, 23巻, 2号, pp. 128-137, 20090401
  94. 入学時における医療系学生のSense of Coherence (SOC)に関連する要因の検討, 保健医療社会学論集, 19巻, 2号, pp. 82-93, 20090215
  95. 末期がん患者に対する作業療法の効果 : 作業療法士の語りの質的内容分析, 作業療法, 28巻, 1号, pp. 48-59, 20090201
  96. 介護者が高齢者にとる位置と向きの分析, 日本看護科学会誌, 28巻, 4号, pp. 46-54, 20081220
  97. Psychological impact and associated factors after disclosure of genetic test results concerning hereditary non-polyposis colorectal cancer, STRESS AND HEALTH, 24巻, 5号, pp. 407-412, 20081201
  98. Factors that impede the discharge of long-term schizophrenic inpatients, SCANDINAVIAN JOURNAL OF OCCUPATIONAL THERAPY, 15巻, 4号, pp. 230-235, 20081201
  99. 在宅高齢者に対する転倒・認知症予防プログラムの予備的研究, 42巻, 12号, pp. 1254-1260, 20081201
  100. 認知症者のBPSDの解釈モデルについての検討, 老年精神医学雑誌, 19巻, 9号, pp. 997-1008, 200809
  101. がんチーム医療とリハビリテーション, 腫瘍内科, 2巻, 4号, pp. 343-347, 200808
  102. うつ病の再発予防に関するセルフエフィカシー尺度の開発と信頼性・妥当性の検討, 臨床精神医学, 37巻, 8号, pp. 1045-1052, 200808
  103. Survey of the current status of cancer rehabilitation in Japan, DISABILITY AND REHABILITATION, 30巻, 7号, pp. 559-564, 20080401
  104. Efficacy of group reminiscence therapy for elderly dementia patients residing at home: a preliminary report., Phys Occup Ther Geriatr, 26巻, 3号, pp. 57-68, 20080301
  105. サイコオンコロジーの理解と実践を目指して, コンセンサス癌治療, 7巻, 1号, pp. 2-3, 20080229
  106. Psychological impact of hospitalization for parents of childhood cancer patients, PSYCHO-ONCOLOGY, 17巻, pp. S213-S213, 2008
  107. Differences of nurses' understanding of palliative care in hospitals, PSYCHO-ONCOLOGY, 17巻, pp. S258-S258, 2008
  108. Does acute dynamic exercise improve brain cognitive function in humans?, FASEB JOURNAL, 22巻, 2008
  109. 外来化学療法を受ける進行がん患者と家族の心理教育的サポート・プログラムの効果の検討--pilot study, 研究助成論文集, 44号, pp. 112-121, 2008
  110. 成人間生体肝移植ドナーの術前後QOL変化および不安要因に関する縦断的研究, 広島大学保健学ジャーナル, 7巻, 1号, pp. 30-39, 20071201
  111. 悪性腫瘍の遠隔効果“paraneoplastic syndrome”に関する最近の知見, 総合病院精神医学, 19巻, 3号, pp. 348-352, 20070915
  112. がん患者のリハビリテーション, 腫瘍内科, 1巻, 4号, pp. 420-426, 20070828
  113. Depression and associated factors in residents of a health care institution for the elderly, Phys Occup Ther Geriatr, 26巻, 1号, pp. 29-41, 20070701
  114. 精神障害者の家族介護者における介護の肯定的認識とその関連要因, 臨床精神医学, 36巻, 6号, pp. 781-788, 20070601
  115. 精神科における長期入院患者の苦悩, 日本看護研究学会雑誌, 30巻, 2号, pp. 87-95, 20070601
  116. 慢性期脳卒中者の認知症に対するアプローチ, 理学療法ジャーナル, 41巻, 4号, pp. 269-275, 20070415
  117. Assessment of degree of satisfaction of cancer patients and their families with rehabilitation and factors associated with it - results of a Japanese population, DISABILITY AND REHABILITATION, 29巻, 6号, pp. 437-444, 20070401
  118. 高齢者の運動療法の効果と限界:高齢者の認知機能と運動療法, PTジャーナル, 41巻, pp. 47-52, 20070401
  119. 慢性期脳卒中者の認知症に対するアプローチ, PTジャーナル, 41巻, pp. 269-275, 20070401
  120. 悪性腫瘍の遠隔効果“paraneoplastic syndrome”に関する最近の知見, 総合病院精神医学, 19巻, pp. 348-352, 20070401
  121. Depression and associated factors in residents of a health care institution for the elderly, Physical & Occupational Therapy in Geriatrics, 1号, pp. 29-41, 2007
  122. Factors related to anxiety and depression in women with breast cancer and their husbands: role of alexithymia and family functioning, SUPPORTIVE CARE IN CANCER, 15巻, 7号, pp. 859-868, 2007
  123. Factors related to posttraumatic stress in adolescent survivors of childhood cancer and their parents, SUPPORTIVE CARE IN CANCER, 15巻, 3号, pp. 309-317, 2007
  124. 産後1か月における出産に伴う母親の心的外傷後ストレスの出現--NICU入院児の母親と健常新生児の母親の比較, 広島大学保健学ジャーナル, 6巻, 1号, pp. 71-80, 200612
  125. Reliability and validity of the Japanese-language version of the Physical Performance Test (PPT) Battery in chronic pain patients., Disabil Rehabil, 28巻, pp. 397-405, 20060401
  126. Psychological impact of verbal abuse and violence by patients on nurses working in psychiatric departments., Psychiat Clin Neurosci, 60巻, pp. 29-36, 20060401
  127. Factors associated with the self-efficacy of terminally ill cancer patients: focusing on nurses’ response., J Hospice Palliat Nurs, 8巻, pp. 147-154, 20060401
  128. 悪性腫瘍の遠隔効果“Paraneoplastic syndrome”. 症状性(器質性)精神障害のガイドライン, 精神科治療学 , 21巻, pp. 112-113, 20060401
  129. 神経難病患者をケアする看護師の仕事ストレッサーの明確化, 臨床看護, 32巻, 3号, pp. 412-419, 20060401
  130. 精神疾患患者のイレウスの早期発見につながる観察方法, 日本看護研究学会雑誌, 29巻, pp. 73-78, 20060401
  131. 統合失調症患者に対する作業療法における主観経験尺度の作成-OT治療要素経験尺度の信頼性・妥当性の検討-, リハビリテーション科学ジャーナル, 1巻, pp. 41-50, 20060401
  132. Reliability and validity of the Japanese-language version of the Physical Performance Test (PPT) Battery in chronic pain patients, DISABILITY AND REHABILITATION, 28巻, 6号, pp. 397-405, 20060301
  133. Psychological impact of verbal abuse and violence by patients on nurses working in psychiatric departments, PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 60巻, 1号, pp. 29-36, 20060201
  134. Mobility rating scale for elderly people with dementia: preparation of a Japanese-language version of the Southampton Mobility Assessment, PHYSIOTHERAPY, 91巻, 4号, pp. 223-228, 20051201
  135. 精神症状とリハビリテーション (悪性腫瘍とリハビリテーション), Monthly book medical rehabilitation, 60号, pp. 23-28, 200511
  136. 脳梗塞患者の入院時における自尊感情と日常生活動作の関連, 広島大学保健学ジャーナル, 5巻, 1号, pp. 28-34, 20051001
  137. 精神科デイケアを利用する統合失調症患者の自己効力感に対する心理教育プログラムの有効性に関する予備的検討, 広島大学保健学ジャーナル, 5巻, 1号, pp. 35-41, 200510
  138. A feasibility study of psychosocial group intervention for breast cancer patients with first recurrence, SUPPORTIVE CARE IN CANCER, 13巻, 7号, pp. 503-514, 20050701
  139. Study on the social maturity, self-perception, and associated factors, including motor coordination, of children with attention deficit hyperactivity disorder., Physical and Occupational Therapy in Pediatrics, 25巻, 4号, pp. 45-58, 20050401
  140. Family functioning and psychological distress among Japanese breast cancer patients and families., Supportive Care in Cancer, 13巻, pp. 1044-1050, 20050401
  141. Effect of psychoeducation program 1on self-efficacy of schizophrenic patients utilizing psychiatric day care: apreliminary study., J Health Sci Hiroshima Univ, 5巻, pp. 35-41, 20050401
  142. Construction of a speed feedback therapy system to improve cognitive impairment in elderly people with dementia: A preliminary report, DEMENTIA AND GERIATRIC COGNITIVE DISORDERS, 20巻, 2-3号, pp. 105-111, 20050401
  143. 肺癌の緩和医療.サイコオンコロジー(精神腫瘍学)とは, 日本胸部臨床, 64巻, pp. 49-55, 20050401
  144. リエゾン精神医学 がん患者の心のケア?がん患者への集団精神療法., 緩和医療学, 7巻, pp. 159-163, 20050401
  145. 遺伝性大腸癌?遺伝カウンセリング, 消化器外科, 28巻, pp. 609-613, 20050401
  146. がんをとりまく諸問題:がん告知とインフォームド・コンセント, medicina, 42巻, pp. 1897-1899, 20050401
  147. 統合失調症者の家族の情報への満足度と心理的負担との関連, 臨床精神医学, 34巻, 3号, pp. 365-371, 200503
  148. Study on effects of life review activities on quality of life of the elderly: a randomized controlled trial, Psychotherapy and Psychosomatics, 73巻, 5号, pp. 302-311, 20040901
  149. Psychologic distress after disclosure of genetic test results regarding hereditary nonpolyposis colorectal carcinoma - A preliminary report, CANCER, 101巻, 2号, pp. 395-403, 20040715
  150. 入院統合失調症者における集団の作業療法に対する認識とその関連要因に関する研究., 精神科治療学, 19巻, pp. 347-355, 20040401
  151. 精神疾患患者の悪性腫瘍に気づくための観察ポイント., 島根県立看護短期大学紀要, 10巻, pp. 27-34, 20040401
  152. 癌に伴う精神症状への対処 心理・社会的リハビリテーション., 癌治療と宿主, 16巻, pp. 65-70, 20040401
  153. サイコオンコロジーの現状と展望 VIII. トピックス がんの遺伝カウンセリング., 臨床精神医学, 33巻, pp. 693-697, 20040401
  154. 統合失調症者の家族の情報への満足度と心理的負担との関連., 臨床精神医学, pp. 印刷中, 20040401
  155. サイコオンコロジーと交流分析?がん患者に対する心理療法を中心に?, 交流分析研究, 29巻, pp. 106-111, 20040401
  156. 癌に伴う精神症状への対処 心理・社会的リハビリテーション, 癌治療と宿主, 16巻, 1号, pp. 65-70, 20040101
  157. Psychoeducational intervention for patients with primary breast cancer and patient satisfaction with information: an exploratory analysis, BREAST CANCER RESEARCH AND TREATMENT, 80巻, 3号, pp. 331-338, 20030801
  158. Depression and psychological distress in patients during the year after curative resection of non-small cell lung cancer., J Clin Oncol, 21巻, pp. 69-77, 20030401
  159. Factors related to patient’s mental adjustment to breast cancer: patient characteristics and family functioning., Support Care Cancer, 11巻, pp. 178-184, 20030401
  160. Mood disturbance and neurosteroids in women with breast cancer., Stress and Health, 19巻, pp. 227-231, 20030401
  161. Psychiatric evaluation of competency in cancer patients., Int J Psych Clin Pract, 7巻, pp. 101-106, 20030401
  162. 高齢者への回想法の有効性に関する予備的検討, 作業療法ジャーナル, 37巻, pp. 81-86, 20030401
  163. 乳がん患者が情報を取り入れつつ生活を再構築する過程-術前から術後3-4ヶ月の経過-, Quality Nursing, 9巻, pp. 137-146, 20030401
  164. 精神分裂病者に対する理学療法の有効性, 理学療法科学, 18巻, pp. 56-60, 20030401
  165. がん遺伝子診断における情報開示後の心理・社会的側面, 医療, 6巻, pp. 395-399, 20030401
  166. 高齢者の回想量とその関連要因について, 作業療法, 22巻, 3号, pp. 235-242, 20030301
  167. 高齢者への回想法の有効性に関する予備的検討, 作業療法ジャーナル, 37巻, 1号, pp. 81-86, 20030101
  168. Clinical factors associated with suicidality in cancer patients, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 32巻, 12号, pp. 506-511, 20021001
  169. Psychiatric disorders and associated and predictive factors in patients with unresectable non-small cell lung cancer. A longitudinal study., Cancer, 95巻, pp. 1085-1093, 20020401
  170. Clinical experience of the pharmacological treatment algorithm for major depression in advanced cancer patients: preliminary study., Int J Psych Clin Pract, 6巻, pp. 83-89, 20020401
  171. Psychological distress of family members with cancer patients in Japan., Int J Psych Clin Pract, 6巻, pp. 205-210, 20020401
  172. Clinical factors associated with suicidality in cancer patients., Jpn J Clin Oncol, 32巻, pp. 506-511, 20020401
  173. Rapid cardiac adaptation to exercise demand signal and execution of maximal leg muscle contraction, JAPANESE JOURNAL OF PHYSIOLOGY, 51巻, 6号, pp. 709-716, 20011201
  174. 精神分裂病の作業療法の治療要因と社会生活能力との関連, 作業療法, 20巻, 6号, pp. 579-589, 20011201
  175. Physician support and patient psychologic responses after surgery for nonsmall cell lung carcinoma - A prospective observational study, CANCER, 92巻, 7号, pp. 1926-1935, 20011001
  176. Why do some cancer patients with depression desire an early death and others do not?, Psychosomatics, 42巻, pp. 141-145, 20010401
  177. Three sets of diagnostic criteria for major depression and correlations with serotonin-induced platelet calcium mobilization in cancer patients., Psychopharmacology, 153巻, pp. 244-248, 20010401
  178. Psychiatric disorders in cancer patients: Descriptive analysis of 1721 psychiatric referrals at two Japanese cancer center hospitals., Jpn J Clin Oncol, 31巻, pp. 188-194, 20010401
  179. Fatigue in ambulatory patients with advanced lung cancer: prevalence, correlated factors, and screening., J Pain Symptom Manage, 22巻, pp. 554-564, 20010401
  180. Participation in psychosocial group intervention among Japanese women with primary breast cancer and its associated factors., Psycho-Oncology, 10巻, pp. 419-427, 20010401
  181. Mental adjustment to first recurrence and correlated factors in patients with breast cancer., Breast Cancer Res Treat, 67巻, pp. 255-262, 20010401
  182. Physician support and patients’ psychological response after surgery for non-small Cell lung cancer: a prospective observational study., Cancer, 92巻, pp. 1926-1935, 20010401
  183. Guilt from negative genetic test findings., Am J Psychiatry, 158巻, pp. 1929, 20010401
  184. 精神分裂病の作業療法の治療要因と社会生活能力との関連, 作業療法, 20巻, pp. 579-589, 20010401
  185. 医療系大学生のストレスが精神的健康に影響を及ぼす関連要因について:CopingとLocus of Controlの視点から, 九州神経精神医学, 47巻, pp. 137-147, 20010401
  186. 遺伝性腫瘍に関する情報開示とサイコオンコロジー, 広島大学保健学ジャーナル, 1巻, pp. 16-21, 20010401
  187. Suicidal ideation in cancer patients with major depression., Japan Journal of Clinical Oncology, 30巻, pp. 221-224, 20000401
  188. Psychometric properties of the Japanese version of the mental adjustment to cancer (MAC) scale., Psycho-Oncology, 9巻, pp. 395-401, 20000401
  189. Development and validation of the Cancer Fatigue Scale: a brief, three dimensional, self-rating scale for assessment of fatigue in cancer patients., J Pain Symptom Manage, 19巻, pp. 5-14, 20000401
  190. Factors correlated with fatigue in disease-free breast cancer patients: application of the cancer fatigue scale., Support Care Cancer, 8巻, pp. 215-222, 20000401
  191. Applicability of a Western-developed psychosocial group intervention for Japanese patients with primary breast cancer., Psycho-Oncology, 9巻, pp. 169-177, 20000401
  192. Prevalence, predictive factors, and screening of psychological distress in patients with newly diagnosed head and neck cancer., Cancer, 88巻, pp. 2817-2823, 20000401
  193. ★, Psychological distress following first recurrence of disease in patients with breast cancer: prevalence and risk factors., Breast Cancer Res Treat, 61巻, pp. 131-137, 20000401
  194. ★, Patients’ understanding of their own disease and survival potential in patients with metastatic breast cancer., Breast Cancer Res Treat, 61巻, pp. 145-150, 20000401
  195. A psychosocial group intervention for Japanese women with primary breast cancer: a randomized controlled trial., Cancer, 89巻, pp. 1026-1036, 20000401
  196. Depression after successful treatment for non-small cell lung cancer: A 3-month follow-up study., Cancer, 89巻, pp. 1172-1179, 20000401
  197. 痛みと抑うつ, 今日の治療, 8巻, pp. 302-306, 20000401
  198. 終末期がん患者が死を望むとき-サイコオンコロジーの視点から-, ターミナルケア, 10巻, pp. 189-193, 20000401
  199. 抗がん剤による精神症状とその対策, 臨床精神薬理, 3巻, pp. 669-675, 20000401
  200. がん患者の精神科診断におけるadjustment disorder with depressed moodの意義と問題点, 精神科治療学, 15巻, pp. 747-754, 20000401
  201. 診療録開示時代に求められる看護記録と外来看護:がん告知の考え方, 外来看護新時代, 6巻, pp. 14-18, 20000401
  202. がん患者の不安とうつの薬物療法, 臨床精神薬理, 3巻, pp. 643-651, 20000401
  203. Fatigue and its associated factors in ambulatory cancer patients: a preliminary study., Journal of Pain and Symptom Management, 17巻, pp. 42-48, 19990401
  204. Suicidal thoughts in cancer patients: clinical experience in psycho-oncology., Psychiatry and Clinical Neurosciences, 53巻, pp. 569-573, 19990401
  205. Screening for nicotine dependence among smoking-related cancer patients., Japanese Journal of Cancer Research, 90巻, pp. 1071-1075, 19990401
  206. Successful antidepressant treatment for terminally ill cancer patients with major depression, suicidal ideation and a desire for death., Support Care Cancer, 7巻, pp. 432-436, 19990401
  207. Algorithm for the treatment of major depression in patients with advanced cancer., Psychiat Clin Neurosci, 53巻, pp. S61-S65, 19990401
  208. Correlates of depressed mood in ambulatory head and neck cancer patients., Psycho-Oncology, 8巻, pp. 494-499, 19990401
  209. 肺がん患者の心理・社会的問題とその対応, ターミナルケア, 9巻, pp. 32-37, 19990401
  210. がんの手術を受ける患者のこころのケア, OPE NURSING, pp. 58-73, 19990401
  211. チーム医療における精神科医の役割, 癌患者と対症療法, 10巻, pp. 37-40, 19990401
  212. 痛みを有するがん患者への精神医学的対応, ペインクリニック, 20巻, pp. 485-490, 19990401
  213. 不安と抑うつ, ターミナルケア, 9巻, pp. 141-150, 19990401
  214. よりよいコミュニケーションのための医師へのアドバイス, ターミナルケア, 9巻, pp. 258-262, 19990401
  215. 頭頸部の痛みと精神腫瘍学的諸問題, JOHNS, 15巻, pp. 1565-1574, 19990401
  216. サイコオンコロジー, 呼吸, 18巻, pp. 1323-1327, 19990401
  217. がん患者のデプレッション, 産婦人科の実際, 48巻, pp. 1957-1967, 19990401
  218. Predictive factors for psychological distress in ambulatory lung cancer patients., Supportive Care in Cancer, 6巻, pp. 281-286, 19980401
  219. Predictors of patients’ mental adjustment to cancer: patient characteristics and social support., British Journal of Cancer, 77巻, pp. 2381-2385, 19980401
  220. Positive influence of a liaison programme on the rate of psychiatric consultation referrals for cancer patients., Psychiatry and Clinical Neurosciences, 52巻, pp. 275-278, 19980401
  221. Bedside wellness-development of a virtual forest rehabilitation system., Stud Health Technol Inform, 50巻, pp. 168-174, 19980401
  222. ★, Guidelines for telling the truth to cancer patients., Jpn J Clin Oncol, 28巻, pp. 1-4, 19980401
  223. Screening for psychological distress in Japanese cancer patients., Jpn J Clin Oncol, 28巻, pp. 333-338, 19980401
  224. Development of a bedside wellness system., Cyberpsychology & Behavior, 1巻, pp. 105-112, 19980401
  225. Cancer genetic counseling and psycho-oncology., Jpn J Clin Oncol, 28巻, pp. 461-462, 19980401
  226. 病床の患者のメンタルケアをめざした-ベッドサイドウェルネスシステム-の開発, TVRSJ, 3巻, pp. 213-220, 19980401
  227. ターミナルケアにおける抑うつ, 精神科治療学, 13巻, pp. 35-41, 19980401
  228. 老人とがんと心, Geriatric Medicine, 36巻, pp. 239-244, 19980401
  229. 癌患者の精神症状と身体的痛み, 癌患者と対症療法, 9巻, pp. 61-65, 19980401
  230. Psycho-Oncology, 化学療法の領域, 14巻, pp. 173-179, 19980401
  231. 癌患者の精神症状:特にせん妄と抑うつについて, カレントテラピー, 16巻, pp. 55-58, 19980401
  232. 末期癌患者に対する緩和療法-終末期癌患者の精神症状.特に抑うつについて-, 血液・免疫・腫瘍, 3巻, pp. 114-116, 19980401
  233. サイコオンコロジー的視点でのコーピング, がん看護, 3巻, pp. 377-379, 19980401
  234. がん医療におけるリエゾン精神医学. 情報開示とQOL向上にどう取り組めばよいか, 精神医学, 40巻, pp. 1325-1329, 19980401
  235. 精神腫瘍学-歴史,概念,グループ療法-について, こころの看護学, 2巻, pp. 395-398, 19980401
  236. ★, An acutely confused 15-year-old girl., Lancet, 350巻, pp. 448, 19970401
  237. Paraneoplastic limbic encephalitis., Lancet, 350巻, pp. 1250-1251, 19970401
  238. Virtual reality support system in palliative medicine., Stud Health Technol Inform, 39巻, pp. 60-63, 19970401
  239. Mental Adjustment to Cancer (MAC) scale日本語版の信頼性・妥当性の検討, 精神科治療学, 12巻, pp. 1065-1071, 19970401
  240. 乳がん患者に対する心理・社会的アプローチ-進行・再発乳がん患者への対応-, ターミナルケア, 7巻, pp. 146-149, 19970401
  241. モルヒネが効かない痛みと精神的な要因, ターミナルケア, 7巻, pp. 108-110, 19970401
  242. “つながり”. コンサルテーション・リエゾン精神医学の観点から, ターミナルケア, 7巻, pp. 283-288, 19970401
  243. 末期乳癌患者における精神症状への対応, 乳癌の臨床, 12巻, pp. 470-474, 19970401
  244. Usage of haloperidol for delirium in cancer patients., Supportive Care in Cance, 4巻, pp. 390-392, 19960401
  245. バーチャルリアリティのストレス緩和応用に向けた基礎的検討, Human Interface News and Report, 19巻, pp. 279-286, 19960401
  246. アルコール離脱せん妄後、横紋筋融解症を生じ急性腎不全に至った1症例, 精神医学, 38巻, pp. 896-897, 19960401
  247. がん患者の適応障害に関する検討, 精神医学, 38巻, pp. 1231-12134, 19960401
  248. 単科精神病院から紹介された身体合併症患者の現状に関する検討, 精神科治療学, 11巻, pp. 1185-1190, 19960401
  249. がん患者に関する精神医学的リエゾンカンファレンスの試み, 臨床精神医学, 25巻, pp. 1443-1448, 19960401
  250. 術前一般検査-異常値の読みとその対策.精神機能の検査, 臨床外科, 51巻, pp. 456-458, 19960401
  251. がんと上手につきあうために-精神的な側面から-, 診療と新薬, 33巻, pp. 1770-1788, 19960401
  252. A survey of Japanese physicians, attitude and practice in caring for terminally ill cancer patients., Psychiat Clinical Neurosci, 49巻, pp. 53-57, 19950401
  253. 終末期がん患者のコンサルテーション-リエゾン精神医学―うつと器質性精神症候群の精神科コンサルテーション―, 臨床精神医学, 24巻, pp. 149-159, 19950401
  254. 国立呉病院におけるがん患者に対する精神科リエゾン活動について, 緩和医療, 4巻, pp. 25-29, 19950401
  255. がん患者とその家族への心理・社会的サポート.(4) Psycho-   oncologyの視点から, 癌治療と宿主, 7巻, pp. 255-260, 19950401
  256. がん医療における精神医学の実践.肺がん患者の精神科コンサルテーション, 精神科治療学, 10巻, pp. 870-876, 19950401
  257. Plasmapheresisが奏功した高齢発症のギラン・バレ?症候群の1例, 広島医学, 47巻, pp. 650-652, 19940401
  258. 精神症状の出現に一致してFIRDAが認められた単純ヘルペス脳炎の1例, 精神医学, 36巻, pp. 869-871, 19940401
  259. ヒトヘルペスウィルス6型(HHV-6)脳炎の1例, 精神医学, 36巻, pp. 1095-1097, 19940401
  260. ステロイド剤長期服用中に発症し,PCR法で診断されたサイトメガロウィルス脳炎の1治験例, 精神医学, 36巻, pp. 1207-1209, 19940401
  261. うつ病の特殊型-不安抑うつ,神経症性うつ病, 日本臨床, 52巻, pp. 1285-1290, 19940401
  262. うつ状態における胃排出能?アセトアミノフェン法による検討?, 5巻, 11号, pp. 78-84, 19931101
  263. 健診における肝腫瘤性病変の検討, 広島医学, 46巻, pp. 529-534, 19930401
  264. 高齢発症Isaacs症候群の2例, 社会保険広島市民病院医誌, 9巻, pp. 100-103, 19930401
  265. Nilvadipine投与前後におけるIMP-SPECTを用いた局所脳血流量の検討, 老年医学, 31巻, pp. 403-410, 19930401
  266. 自己記入式調査票の効用と限界-不安障害の自己記入式調査票  を中心に, 医学のあゆみ, 167巻, pp. 134, 19930401
  267. うつ状態における胃排出能-アセトアミノフェン法による検討-, 心身医療, 5巻, pp. 78-84, 19930401
  268. 職場におけるメンタルヘルスケアに関する検討, 日本災害医学会会誌, 40巻, pp. 716-722, 19920401
  269. 健診における肝腫瘤性病変の検討, 中国労災病院医誌, 1巻, pp. 55-62, 19920401
  270. 当センタ-で作成したストレスチェック表の信頼性の検討, 中国労災病院医誌, 1巻, pp. 63-67, 19920401
  271. 大学生の不安と抑うつに関する調査, 総合保健科学 広島大学保健管理センター研究論文集, 8巻, pp. 57-63, 19920401
  272. 抗うつ薬テトラミドR(塩酸ミアンセリン)30mg錠の臨床使用成績-1日1回投与の治療成績-, 新薬と臨床, 41巻, pp. 802-813, 19920401
  273. 不安障害の自己記入式調査表, 精神科診断学, 3巻, pp. 437-445, 19920401
  274. 精神分析的精神療法を行った摂食障害の一例?同胞葛藤を中心とした家族内力動似ついて?, 44巻, 7号, pp. 1062-1067, 19910701
  275. 自己評価式不安尺度 (SAS) の信頼性と妥当性の検討, 精神科診断学, 2巻, pp. 113-119, 19910401
  276. ★, Anxious depressionとanxiety neurosisに関する精神生理学的研究, 広島大学医学雑誌, 39巻, pp. 39-50, 19910401
  277. Microvibration (MV) の年齢との関連,性差,および季節変動につ いて, 自律神経, 28巻, pp. 90-94, 19910401
  278. 精神分析的精神療法を行った摂食障害の1例-同胞葛藤を中心とし た家族内力動について?, 広島医学, 44巻, pp. 1062-4067, 19910401
  279. 緊張病症候群を呈した悪性リンパ腫の1例, 精神医学, 33巻, pp. 879-881, 19910401
  280. 悪性症候群の動物モデル|視床下部細胞内カルシウム異常仮説-, 脳と精神の医学, 2巻, pp. 459-464, 19910401
  281. うつ病者の血清コレステロール値について, 広島医学, 43巻, pp. 896-898, 19900401
  282. Microvibrationを用いたstate anxiety に関する精神生理学的検討, 広島医学, 43巻, pp. 1423-1425, 19900401
  283. 慢性精神分裂病の衝動病理学的側面からの検討-前景像の因子反応とベクター反応について-, 広島医学, 43巻, pp. 1775-1778, 19900401
  284. 一卵性双生児の一方にみられた精神分裂病の1例, 精神医学, 32巻, pp. 1215-1220, 19900401
  285. Microvibrationの日内変動,日差変動について, 広島医学, 43巻, pp. 1857-1860, 19900401
  286. 精神分裂病患者の知能検査結果に関する検討, 広島医学, 43巻, pp. 1892-1895, 19900401
  287. 退行期精神障害における MRIの有用性についての検討, 広島医学, 43巻, pp. 1942-1944, 19900401
  288. 15年間の間欠期を経て再発した周期性傾眠症の女性例, 精神医学, 32巻, pp. 1333-1335, 19900401
  289. 入院分裂病者に対する薬物使用状況 第1報. 抗精神病薬の使用状 況について, 広島医学, 42巻, pp. 260-263, 19890401
  290. 入院分裂病者に対する薬物使用状況 第2報. 睡眠薬の使用状況について, 広島医学, 42巻, pp. 290-293, 19890401
  291. 入院分裂病者に対する薬物使用状況 第3報. 内科薬の使用状況について, 広島医学, 42巻, pp. 445-448, 19890401
  292. 入院分裂病者に対する薬物使用状況 第4報. 抗パーキンソン剤の使用状況について, 広島医学, 42巻, pp. 632-634, 19890401
  293. 緊張症候群を呈したてんかんの1例, 精神医学, 31巻, pp. 766-768, 19890401
  294. 心理ストレスに呼応して神経及び精神症状の悪化を示したハンチントン病の1例, 広島医学, 42巻, pp. 1498-1502, 19890401

著書等出版物

  1. 2018年04月, 標準理学療法学・作業療法学・言語聴覚障害学 別巻;がんのリハビリテーション, がん患者の精神的負担とコミュニケーション, 医学書院, 2018年, 4, 単行本(学術書), 共著
  2. 2018年05月, 夜間勤務は乳癌発症リスクを増加させるか/乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2018年版, 金原出版株式会社, 2018年, 5, 単行本(学術書), 共著
  3. 2018年05月, 電磁波は乳癌発症リスクを増加させるか/乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2018年版, 金原出版株式会社, 2018年, 5, 単行本(学術書), 共著
  4. 2018年05月, 乳癌発症リスクに関連する心理社会的要因はあるか/乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2018年版, 金原出版株式会社, 2018年, 5, 単行本(学術書), 共著
  5. 2018年05月, 心理社会的介入は乳癌患者の予後改善に有用か/乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2018年版, 金原出版株式会社, 2018年, 5, 単行本(学術書), 共著
  6. 2015年04月, Physical and occupational therapies in palliative care/Textbook of Palliative Medicine and Palliative Care, Second Edition, Taylor & Francis Group, 2015年, 単行本(学術書), 共著
  7. 2015年07月, 生下時体重が重いと乳癌発症リスクが高いのか/科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2015年版, 金原出版株式会社, 2015年, 2015.07, 単行本(学術書), 共著, 岡村 仁
  8. 2015年07月, 夜間勤務は乳癌発症リスクを増加させるか/科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2015年版, 金原出版株式会社, 2015年, 2015.07, 単行本(学術書), 共著, 岡村 仁
  9. 2015年07月, 電磁波は乳癌発症リスクを増加させるか/科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2015年版, 金原出版株式会社, 2015年, 2015.07, 単行本(学術書), 共著, 岡村 仁
  10. 2015年07月, 乳癌発症リスクに関連する心理社会的要因はあるか/科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2015年版, 金原出版株式会社, 2015年, 2015.07, 単行本(学術書), 共著, 岡村 仁
  11. 2015年07月, 心理社会的介入は乳癌患者に有用か/科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2015年版, 金原出版株式会社, 2015年, 2015.07, 単行本(学術書), 共著, 岡村 仁
  12. 2015年06月, 心のケアとリハビリテーション.がんのリハビリテーションQ&A, 中外医薬社, 2015年, 6, 単行本(学術書), 共著, 岡村 仁
  13. 2015年04月, 終末期を迎える方を理解するために.終末期理学療法の実践, 文光堂, 2015年, 4, 単行本(学術書), 共著, 岡村 仁
  14. 2015年03月, 遺伝学的検査で病的変異を認めた場合に,患者が落ち込んだりショックを受けてしまいませんか? 癌の遺伝医療, 南江堂, 2015年, 3, 単行本(学術書), 共著, 岡村 仁
  15. 2014年12月, Eating Behavior of Dementia Patients / Diet and Nutrition in Dementia and Cognitive Decline, Eating Behavior of Dementia Patients, Elsevier, 2014年, 12, 単行本(学術書), 共著
  16. 2014年04月, Psychosocial care for patients with colorectal cancer / Colorectal Cancer - Surgery, Diagnostics and Treatment, Psychosocial care for patients with colorectal cancer, InTech, 2014年, 4, 単行本(学術書), 共著
  17. 2013年07月, 精神症状.緩和ケアが主体となる時期のがんのリハビリテーション, 中山書店, 2013年, 07, 単行本(学術書), 共編著
  18. 2013年07月, 遺伝性腫瘍外来における心理療法. がん患者心理療法ハンドブック(Handbook of Psychotherapy in Cancer Care), 翻訳, 医学書院, 2013年, 07, 共訳
  19. 2013年06月, 科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2013年版, 金原出版株式会社, 2013年, 06, 単行本(学術書), 共編著
  20. 2013年04月, 精神医学概説.心理・精神領域の理学療法, 医歯薬出版株式会社, 2013年, 04, 単行本(学術書), 共編著
  21. 2013年03月, がんと緩和ケアの作業療法, 三輪書店, 2013年, 03, 単行本(学術書), 編著
  22. 2012年09月, Rehabilitation of elderly people with dementia/Biomedical Engineering and Cognitive Neuroscience for Healthcare: Interdisciplinary Applications, IGI Global, 2012年, 09, 単行本(学術書), 共編著
  23. 2012年06月, 2012年版 患者さんのための乳がん診療ガイドライン, 2012年, 06, 単行本(学術書), 共編著
  24. 2012年02月, Psychological impact and associated factors after disclosure of genetic test results concerning hereditary nonpolyposis colorectal cancer/Colorectal Cancer - From Prevention to Patient Care, InTech, 2012年, 02, 単行本(学術書), 共編著
  25. 2011年10月, 精神腫瘍学:リハビリテーション, 医学書院, 2011年, 10, 単行本(学術書), 共編著
  26. 2011年10月, 精神腫瘍学:家族性腫瘍, 医学書院, 2011年, 10, 単行本(学術書), 共編著
  27. 2011年04月, がん医療に携わるすべての医師のための心のケアガイド:がん患者のリハビリテーションと心理的問題, 真興交易医書出版部, 2011年, 04, 単行本(学術書), 共編著
  28. 2011年02月, がんで不安なあなたへ 心のケアの道しるべ, メディカルトリビューン, 2011年, 02, 単行本(学術書), 単著, 151
  29. 2007年06月, 更年期の精神ケアとホルモン補充療法. 乳癌リスクからみたホルモン補充療法の治療指針 , 金原出版株式会社, 2007年, 06, 単行本(学術書), 共編著
  30. 2007年06月, 更年期の精神ケアとホルモン補充療法. 乳癌リスクからみたホルモン補充療法の治療指針 , 金原出版株式会社, 2007年, 06, 単行本(学術書), 共編著, 9784307300926, 98
  31. 2006年04月, サイコオンコロジー. よくわかる乳癌のすべて , 永井書店, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共編著
  32. 2006年01月, がんの告知. がんを生きるガイド , 日経BP社, 2006年, 01, 単行本(学術書), 共編著
  33. 2003年05月, 失見当識障害による徘徊患者への支援. リハビリテーション看護研究 7. リハビリテーション看護と家族支援 , 医歯薬出版株式会社, 2003年, 05, 単行本(学術書), 共編著, 菅野圭子 岡村 仁
  34. 2003年04月, 精神科医からみた緩和医療. 先端医療シリーズ20・癌 肺癌の最新医療 , 先端医療技術研究所, 2003年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  35. 2003年01月, がん患者にみられる精神症状. 現代のエスプリ「サイコオンコロジー」 , 至文堂, 2003年, 01, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  36. 2003年01月, 遺伝カウンセリングでのアプローチ. 新世紀の精神科治療. 4. リエゾン精神医学とその治療学 , 中山書店, 2003年, 01, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  37. 2002年11月, がん患者の精神症状と薬物療法. 緩和ケアテキスト , 中外医薬社, 2002年, 11, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁 内富 庸介
  38. 2002年04月, 患者教育. TECHNICAL TERM 緩和医療 , 先端医学社, 2002年, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  39. 2002年04月, 受容. TECHNICAL TERM 緩和医療 , 先端医学社, 2002年, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  40. 2001年11月, 緩和ケアにおける症状管理への認知-行動学的アプローチ. 緩和医療における精神医学ハンドブック , 翻訳, 星和書店, 2001年, 11, 山本大誠 岡村 仁
  41. 2001年01月, 精神科からみたガイドライン. がん告知 -患者の尊厳と医師の義務- , 医学書院, 2001年, 01, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  42. 2001年01月, 胃を切った人に起こる「抑うつ」. 胃を切った人・警戒したい12疾患 , 協和ブックス, 2001年, 01, 単行本(一般書), 共編著, 岡村 仁
  43. 2000年12月, 抗がん剤治療と精神的支援. 抗がん剤安全使用ハンドブック , 医薬ジャーナル社, 2000年, 12, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  44. 2000年05月, Psycho-Oncology. 癌治療の新たな試み , 医薬ジャーナル社, 2000年, 05, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  45. 2000年01月, がん遺伝カウンセリングと精神的ケア. 家族性腫瘍遺伝カウンセリング , 金原出版, 2000年, 01, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  46. 1999年09月, がん疾患をめぐるコンサルテーション・リエゾン. 最新リエゾン精神医学 , 新興医学出版社, 1999年, 09, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  47. 1999年08月, 痛みと精神的ケア. オピオイドのすべて , ミクス, 1999年, 08, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  48. 1999年06月, 日本におけるがん遺伝カウンセリングと精神腫瘍学. 先端医療とリエゾン精神医学 , 金原出版, 1999年, 06, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  49. 1999年05月, サイコオンコロジー. 総合病院精神医学マニュアル , 医学書院, 1999年, 05, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  50. 1999年04月, リエゾン精神医学. インフォームド・コンセント ガイダンス , 先端医学社, 1999年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  51. 1998年07月, がんの再発不安. 精神科ケースライブラリーVIII; コンサルテーション・リエゾン精神医療 , 中山書店, 1998年, 07, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  52. 1998年04月, Depression in patients with advanced cancer. Current Perspectives and Future Directions in Palliative Medicine. , Springer, 1998年, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁 , 224
  53. 1998年01月, 外科病棟. 臨床精神医学講座 17. リエゾン精神医学・精神科救急医療 , 中山書店, 1998年, 01, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  54. 1997年06月, がん医療における心理社会的,および法律上の問題. 臨床腫瘍学マニュアル , 翻訳, メデイカルサイエンスインターナショナル, 1997年, 06, 岡村 仁
  55. 1997年03月, がん患者の抑うつと神経精神免疫. 感情障害と神経・免疫・内分泌 , 新興医学出版社, 1997年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  56. 1997年03月, 評価手技. サイコオンコロジー -がん医療における心の医学- , 診療新社, 1997年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  57. 1996年11月, サイコオンコロジー. がん化学療法の副作用対策-改訂版 , 先端医学社, 1996年, 11, 単行本(学術書), 共編著, 岡村 仁
  58. 1996年04月, A basic study for human stress reduction by virtual reality system. (共著) , International Confrernce on Virtual Systems and Multimedia (Proc. ), 1996年, 岡村 仁
  59. 1993年02月, 自己記入式不安尺度. 新版精神医学事典 , 弘文堂, 1993年, 02, 事典・辞書, 共編著, 岡村 仁

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 精神科看護師に対する笑い声のストレス軽減効果に関する検討, 藤原由泰,岡村 仁, 第25回日本産業ストレス学会, 2017年12月, 通常, 日本語, 静岡市
  2. Study of the efficacy of speed-feedback therapy for older adults with dementia: a randomized controlled trial, Okamura H, Otani M, Shimoyama N, Fujii T, 9th Canadian Conference of Dementia, 2017年11月, 通常, 英語, Toronto, Canada
  3. サイコオンコロジースタッフが知っておきたいがんリハビリテーション:精神腫瘍医の立場から, 岡村 仁, 第30回日本サイコオンコロジー学会総会, 2017年10月, 招待, 日本語, 東京都
  4. Psychosocial factors associated with perception gaps in respect of cognitive dysfunction between long-term inpatients with schizophrenia and the hospital staff, Kaneko F, Okamura H, 1st Asia Pacific Occupational Therapy Symposium (APOTS 2017), 2017年10月, 通常, 英語, Taoyuan, Taiwan
  5. Factors associated with caregiver burden in caregivers of patients with dementia admitted to psychiatric hospitals for behavioral and psychological symptoms of dementia in Japan, Ishii S, Ishii T, Fuchino K, Okamura H, 13th International Congress of the European Union Geriatric Medicine Society (EUGMS), 2017年09月, 通常, 英語, Niice, France
  6. A single session of the integrated yoga program as a stress management education for elementary school children and their mothers, Nosaka M, Okamura H, 24th World Congress on Psychosomatic Medicine, 2017年09月, 通常, 英語, Beijing, China
  7. 長期入院の統合失調症者のリカバリーに関連する要因, 金子史子,岡村 仁, 第51回日本作業療法学会, 2017年09月, 通常, 日本語, 東京都
  8. 地域在住高齢者に対する匂い刺激を用いた回想活動の効果, 花岡秀明,村木 敏,岡村 仁, 第51回日本作業療法学会, 2017年09月, 通常, 日本語, 東京都
  9. A single session of the integrated yoga program as a stress management education for elementary school children and their mothers, Nosaka M, Okamura H, 15th Annual Yoga Therapy Society Conference (International Joint Congress 2017), 2017年07月, 通常, 英語, Fukuoka, Japan
  10. Effects of basic body awareness therapy for a person suffering from chronic low back pain: a case study, Ishihara Y, Yamamoto T,Okamura H, WCPT - AWP & PTAT Congress 2017, 2017年06月, 通常, 英語, Bangkok, Thailand
  11. Factors affecting length of hospital stay in patients with dementia admitted to psychiatric hospitals for behavioral and psychological symptoms of dementia in Japan, Ishii S, Fuchino K, Ishii T, Okamura H, American Geriatrics Society (AGS) 2017 Annual Scientific Meeting, 2017年05月, 通常, 英語, San Antonio, USA
  12. What is the factor of continuing rehabilitation unit dying phase?, Nishiyama N, Okamura H, 15th World Congress of the European Association for palliative Care, 2017年05月, 通常, 英語, Madrid, Spain
  13. Contribution of temporal processing instability with millisecond accuracy to motor impairments in ASD: an analysis of a synchronized finger-tapping task, Morimoto C, Okamura H, 8th International Symposium: of the society for Research on the Cerebellum and Ataxias, 2017年05月, 通常, 英語, Bruges, Manitoba, Canada
  14. Effective olfactory stimulation of reminiscence intervention in community-dwelling elderly persons in Japan, Hanaoka H, Muraki T, Okamura H, 2016 IPA Asian Regional Meeting, 2016年12月, 通常, 英語, Taipei, Taiwan
  15. A nationwide survey of dementia patients admitted to psychiatric hospitals for behavioral and psychological symptoms of dementia in Japan, Okamura H, Ishii S, Ishii T, Fuchino K, 12th International Congress of the European Union Geriatric Medicine Society (EUGMS), 2016年10月, 通常, 英語, Lisbon, Portugal
  16. The efficacy of individual occuoational therapy in a long-term schizophrenic inpatient: a case study, Kaneko F, Okamura H, The 2016 IPA International Congress, 2016年09月, 通常, 英語, San Francisco, USA
  17. A single session of integrated yoga program as a stress management for teachers: the effects measured by respiration rate etc., Nosaka M, Okamura H, The 17th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine, 2016年08月20日, 通常, 英語, Fukuoka, Japan
  18. 地域活動においてリーダーとして活躍する高齢者の思い, 渡邊春菜, 金子史子, 岡村 仁, 第53回日本リハビリテーション医学会学術総会, 2016年06月, 通常, 日本語, 京都市
  19. 医療職を目指す大学生における食行動・食態度の特性と対人交流の諸要素との関連について, 宮島芳枝, 金子史子, 岡村 仁, 第53回日本リハビリテーション医学会学術総会, 2016年06月, 通常, 日本語
  20. 日本統合医療学会広島県支部の設立, 岡村 仁, 第19回日本統合医療学会, 2015年12月, 招待, 日本語, 山口市
  21. End-of-life care education for OT students in Japan., Miki E, Okamura H, 6th Asia Pacific Occupational Therapy Congress, 2015年09月, 通常, 英語, 6th Asia Pacific Occupational Therapy Congress
  22. Opinion of child and adolescent psychiatrists on the need for occupational therapy., Tokunaga A, Kaneko F*, Okamura H, 6th Asia Pacific Occupational Therapy Congress, 2015年09月, 通常, 英語, Rotorua, New Zealand
  23. Miyajima welfare guide aap was produced by the Hiroshima University Community Cooperation Promotion Project., Kaneko F, Yamane S, Egusa T, Takeuchi F, Okamura H, 6th Asia Pacific Occupational Therapy Congress, 2015年09月, 通常, 英語, Rotorua, New Zealand
  24. The comparison of different listening style between live and recorded music by HRV and MMS., Itcho S, Okamura H, 6th Asia Pacific Occupational Therapy Congress, 2015年09月, 通常, 英語, Rotorua, New Zealand
  25. A single session of integrated yoga program as a stress management education for the teachers at schools., Nosaka M, Okamura H, 23rd World Congress on Psychosomatic Medicine, 2015年08月, 通常, 英語, Glasgow, United Kingdom
  26. BRCA1/2変異保有者におけるリスク低減卵巣卵管切除術前後の心理・社会的側面に関する研究, 竹内抄與子,重広美佳,芦原有美,喜多瑞穂,岡村 仁,新井正美, 第21回日本家族性腫瘍学会学術集会, 2015年06月, 通常, 日本語, さいたま市
  27. 生演奏と録音音楽が及ぼす心理・身体面への影響の比較, 一町小百合,岡村 仁, 一町小百合,岡村 仁, 第49回日本作業療法学会, 2015年06月, 通常, 日本語, 神戸市
  28. 作業療法学生へのがんに関する卒前教育の現状と課題-養成校に対するアンケート調査より-, 三木恵美,岡村 仁, 三木恵美,岡村 仁, 第49回日本作業療法学会, 2015年06月, 通常, 日本語, 神戸市
  29. 広島市における小規模事業所の障害者雇用に対する意識調査-障害者雇用納付金制度の対象事業所の拡大を前に-, 青木優香里,金子史子,岡村 仁, 青木優香里,金子史子,岡村 仁, 第49回日本作業療法学会, 2015年06月, 通常, 日本語, 神戸市
  30. 回想コラージュブック制作を通して退院に至った長期入院統合失調症の一症例, 久保田匠,金子史子,大前沙織,岡村 仁, 久保田匠,金子史子,大前沙織,岡村 仁, 第49回日本作業療法学会, 2015年06月, 通常, 日本語
  31. いかに早期緩和ケアを実践するか, 岡村 仁, ACP日本支部年次総会2015, 2015年05月, 招待, 日本語, 京都市
  32. Study on the psychosocial aspects of risk-reducing salpingo-oophorectomy (RRSO) in BRCA1/2 mutation carriers in Japan., 岡村 仁, 14th International Meeting on the Psychosocial Aspects of Hereditary Cancer, 2015年05月, 通常, 英語, Manchester, United Kingdom
  33. Developme nt of the Japanese version of the Functional Assessment of Cancer Therapy-Cognit ive Function (FACT-Cog) version 3., Miyashita M, Okamura H, Tsukamoto N, Hashimoto M, Kataoka T, Kagawa N, Oncology Nursing Society 40th Annual Congress, 2015年04月, 通常, 英語, Orlando, FL, USA
  34. 進行・終末期リハビリテーションと作業療法士の役割~精神科医の立場から~, 岡村 仁, 第9回島根県作業療法学会, 2014年11月, 招待, 日本語, 浜田市
  35. 乳がん診断後にうつ病を発症した外来患者への支援-緩和ケア認定看護師の関わりを通して-, 上野ゆか,福澤正隆,児玉由己子,比嘉真悟,大成 洋平,岡村 仁, 高橋 護, 上野ゆか,福澤正隆,児玉由己子,比嘉真悟,大成 洋平,岡村 仁, 高橋 護, 第27回日本サイコオンコロジー学会総会, 2014年10月, 通常, 日本語, 東京都
  36. 助産師を対象とした周産期の喪失ケアのための教育プログラムの実施可能性と有効性に関する研究, 岡永真由美,岡村 仁, 岡永真由美,岡村 仁, 第55回日本母性衛生学会総会, 2014年09月, 通常, 日本語, 千葉市
  37. A single session of integrated yoga program as a stress management education for shool staff employees: daily practice vs non-daily practice, Nosaka M, Okamura H, Nosaka M, Okamura H, 16th Congress of Asian College of Psychosomatic Medicine, 2014年08月, 通常, 英語, Jakarta, Indonesia
  38. Practice report of employment support for people with mental disorders provided by the office of transition support for employment (type B) with the cooperation of external organizations., Kaneko F, Hanaoka H, Funaki Y, Hirasawa R, Okamura H, Kaneko F, Hanaoka H, Funaki Y, Hirasawa R, Okamura H, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists, 2014年06月, 通常, 英語, Yokohama
  39. Relationship between social cognition and subjective interpersonal skills in patients with schizophrenia., Okazaki T, Kaneko F, Okamura H, Okazaki T, Kaneko F, Okamura H, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists, 2014年06月, 通常, 英語, Yokohama
  40. The association between the decline of cognitive function and ability of ADL in elderly cancer patients., Miki E, Okamura H, Miki E, Okamura H, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists, 2014年06月, 通常, 英語, Yokohama
  41. Efficacy of group reminiscence therapy involving cooking activities in elderly patients with dementia - a randomized controlled trial., Nawate Y, Nawate T, Okamura H, Nawate Y, Nawate T, Okamura H, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists, 2014年06月, 通常, 英語, Yokohama
  42. 骨転移診療における緩和医療とリハビリテーション医療の融合:終末期のリハビリテーション;歩けない時のコミュニケーション, 岡村 仁, 第51回日本癌治療学会総会, 2013年10月, 招待, 日本語, 京都市
  43. がん患者に対するリハビリテーション, 岡村 仁, 第30回日本リハビリテーション医学会 中国・四国地方会, 2012年12月, 招待, 日本語, 広島市
  44. リハビリテーションにおける心のケアの重要性, 岡村 仁, 第25回日本サイコオンコロジー学会総会, 2012年09月, 招待, 日本語, 福岡市
  45. がんリハビリテーション:適応とエビデンス(ワークショップ):心のケアとリハビリテーション, 岡村 仁, 第49回日本癌治療学会総会, 2011年10月, 招待, 日本語, 名古屋市
  46. がん専門病院における遺伝性乳癌卵巣癌への取り組み, 新井正美,芦原有美,喜多瑞穂,岩瀬拓士,蒔田益次郎,中島絵里,竹島信宏,谷口智子,岡村 仁, 新井正美,芦原有美,喜多瑞穂,岩瀬拓士,蒔田益次郎,中島絵里,竹島信宏,谷口智子,岡村 仁, 第38回日本遺伝カウンセリング学会学術集会, 2010年40月, 通常, 日本語
  47. 緩和医療学,精神腫瘍学を基礎から学ぶ:精神腫瘍学概論(総論,正常反応), 岡村 仁, 第16回日本癌治療学会教育セミナー, 2010年10月, 招待, 日本語
  48. がん医療において精神科医に期待されるもの:がん医療に携わる心のケア従事者への教育, 岡村 仁, 第106回日本精神神経学会学術総会, 2010年05月, 招待, 日本語, 広島市
  49. がん治療における補完療法の果たす役割-現状と展望、更なるQOL向上を目指して:サイコオンコロジーの立場から, 岡村 仁, 第46回日本癌治療学会総会, 2008年10月, 招待, 日本語, 名古屋市
  50. がん患者における尊厳:終末期のリハビリテーション, 岡村 仁, 第20回日本サイコオンコロジー学会, 2007年11月, 招待, 日本語
  51. 悪性腫瘍のリハビリテーション-がん患者に対する心理・社会的リハビリテーション, 岡村 仁, 第12回日本精神障害者リハビリテーション学会, 2004年11月, 招待, 日本語
  52. がんと心-再発・転移から-,サイコオンコロジストの立場から, 岡村 仁, 第10回日本臨床死生学会, 2004年11月, 招待, 日本語
  53. サイコオンコロジーと交流分析-がん患者に対する心理療法を中心に-, 岡村 仁, 第17回日本サイコオンコロジー学会総会, 2004年05月, 招待, 日本語
  54. がん患者に対する心理・社会的リハビリテーション, 岡村 仁, 第17回日本サイコオンコロジー学会総会, 2004年05月, 招待, 日本語
  55. がん治療におけるリハビリテーション. 心理・社会的側面からのリハビリテーションアプローチ, 岡村 仁, 第40回日本癌治療学会総会, 2002年10月, 招待, 日本語
  56. Factors related to reminiscence in community- dwelling elderly individuals., Hanaoka H, Murakami T, Yamane S, Funaki Y, Okamura H, Hanaoka H, Murakami T, Yamane S, Funaki Y, Okamura H, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists, 通常, 英語, Yokohama
  57. がん患者に対する集団精神療法(グループ療法), 岡村 仁, 第14回日本総合病院精神医学会総会ワークショップ, 2001年11月, 招待, 日本語
  58. がん遺伝子診断の心理・社会的側面, 岡村 仁, 第46回日本人類遺伝学会ランチョンセミナー, 2001年10月, 招待, 日本語
  59. がん医療における情報開示とサイコオンコロジー, 岡村 仁, 第89回日本泌尿器科学会総会教育セミナー, 2001年04月, 招待, 日本語
  60. Psychosocial aspects of genetic counseling., 岡村 仁, The 14th International Symposium of Foundation for Promotion of Cancer Research, 2001年01月, 招待, 英語
  61. 各診療施設におけるがん患者への心理社会的グループ療法の実際とこれから. 3. 国立がんセンター東病院における初発早期乳がん患者への認知行動的グループ療法: 無作為比較対照試験., 岡村 仁, 第13回日本サイコオンコロジー学会総会シンポジウム, 2000年07月, 招待, 日本語
  62. がんの臨床心身医学?臨床サイコオンコロジー: 乳がん患者に対する心理教育的介入(グループ療法)の有効性の検討., 岡村 仁, 第41回日本心身医学会総会シンポジウム, 2000年06月, 招待, 日本語
  63. がん患者への心理的介入の実際: 患者教育, 岡村 仁, "合同大会(第12回日本サイコオンコロジー学会総会, 第4回日本緩和医療学会総会)シンポジウム", 1999年06月, 招待, 日本語
  64. Cancer genetic counseling and psycho-oncology in J, 岡村 仁, The 13th Tokyo Institute of Psychiatry International Symposium, 1998年09月, 招待, 日本語
  65. 遺伝カウンセリング: 精神科医の立場から, 岡村 仁, 第11回日本サイコオンコロジー学会総会ワークショップ, 1998年05月, 招待, 日本語
  66. インフォームドコンセントの光と影?精神腫瘍学の立場から, 岡村 仁, 合同大会(第10回日本サイコオンコロジー学会総会,第2回日本緩和医療学会総会)シンポジウム, 1997年03月, 招待, 日本語
  67. Depression in patients with advanced cancer., 岡村 仁, International Symposium on Current Perspectives and Future Directions in Palliative Medicine 1997, 1997年01月, 招待, 英語
  68. Effects of speed-feedback therapy on cancer therapy-related cognitive impairment in patients with breast cancer: a preliminary study., Miyashita M, Miki E, Okamura H, Kagawa N, Asano S, Kataoka T, Oncology Nursing Society (ONS) 43rd Annual Congress, 2018年05月, 通常, 英語, Washington DC, USA
  69. 身体活動は乳癌患者の予後に影響するか:システマティックレビュー及びメタアナリシス, 河合賢朗,野村長久,岩崎 基,山本精一郎,大谷彰一郎,岡村 仁,新井正美,高松 潔,角川陽一郎,石田孝宣,池田雅彦,岩田広治, 第26回日本乳癌学会学術総会, 2018年05月, 通常, 日本語, 京都市
  70. アルコール摂取は乳癌患者の予後に影響するか(システマティックレビューおよびメタアナリシスの結果から), 野村長久,河合賢朗,岩崎 基,山本精一郎,大谷彰一郎,岡村 仁,新井正美,高松 潔,池田雅彦,岩田広治, 第26回日本乳癌学会学術総会, 2018年05月, 通常, 日本語, 京都市
  71. 膵癌患者の術前運動機能とQOLの関連, 中島勇樹*,河江敏広,廣田智弘,岩城大介,筆保健一,植田一幸, 三上幸夫,岡村 仁,木村 浩彰, 第40回国立大学リハビリテーション療法士学術大会, 2018年05月, 通常, 日本語, つくば市
  72. 術後膵癌患者に対する集中的理学療法介入が運動機能に与える影響, 中島勇樹,岡村 仁, 第55回リハビリテーション医学会, 2018年06月, 通常, 日本語, 福岡市
  73. A single session of the integrated yoga program as a stress management education for the teachers at a Japanese high school: The effects measured by respiration rate etc., Nosaka M, Okamura H, 18th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine, 2018年08月, 通常, 英語, Seoul, Korea
  74. 認知症食事動作リハビリテーション手技の開発, 岡村 仁, 第59回中国・四国精神神経学会/第42回中国・四国精神保健学会, 2018年11月, 招待, 日本語, 広島市
  75. 統合失調型パーソナリティ傾向からみたミニマルセルフとパーソナル・スペースとの関連性の検討, 石原 裕輝,岡村 仁, 第8回日本情動学会大会, 2018年12月, 通常, 日本語, 広島市
  76. Discrepancies between self- and clinical staff members' perception of cognitive functioning among patients with schizophrenia undergoing long-term hospitalization., Kaneko F, Okamura H, 5th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP), 2019年04月, 通常, 英語, Nusa Dua, Bali, Indonesia
  77. こころのケアとヨーガ療法, 岡村 仁, 第17回日本ヨーガ療法学会研究総会, 2019年04月, 招待, 日本語, 広島市

受賞

  1. 2015年11月23日, 厚生労働省労働基準局長表彰, 厚生労働省労働基準局長
  2. 2013年11月23日, 労働行政関係功労者表彰, 広島労働局長
  3. 2007年11月, 日本サイコオンコロジー学会学会賞
  4. 2003年11月, 第2回広島大学学長賞, 広島大学長
  5. 2004年03月, 広島大学医学部教員顕彰, 広島大学医学部長
  6. 1998年09月, The 2nd.Poster Prize.Fourth International Congress of Psycho-Oncology.

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 厚生労働科学研究費補助金, 一億総活躍社会の実現に向けた認知症の予防、リハビリテーションの効果的手法を確立するための研究, 2018年, 2018年
  2. 厚生労働科学研究費補助金, 一億総活躍社会の実現に向けた認知症の予防、リハビリテーションの効果的手法を確立するための研究, 2017年, 2017年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 統合失調症者の自己主体感の改善およびリハビリテーションに寄与する運動療法の開発, 2017年, 2017年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 若年・中年・高齢乳がんサバイバーの生活構築の構造化とその比較, 2017年, 2017年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 精神障がい者の地域移行・地域定着にむけた地域ケア連携システムの開発ー多職種による効率的なアウトリーチチームを目指してー, 2017年, 2017年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 非常勤講師, 2018年10月, 2019年03月, 島根県立大学
  2. 広島県立広島皆実高等学校, 2018年05月, 2018年07月, 非常勤講師
  3. 中国管区警察学校, 2018年05月, 2019年03月, 校外講師
  4. 相談医, 2018年04月, 2019年03月, 人事院中国事務局
  5. 緩和ケアチームアドバイザー, 2018年04月, 2019年03月, 中国労災病院
  6. 非常勤講師, 2018年04月, 2019年02月, 放送大学学園
  7. がんのリハビリテーション研修講師,ファシリテーター, 2018年04月, 2019年03月, (財)ライフ・プランニング・センター
  8. (株)広島放送, 2018年04月, 2019年03月, 産業医
  9. (株)Attract One, 2018年04月, 2019年03月, 産業医
  10. 広島テレビ放送(株), 2018年04月, 2019年03月, 産業医
  11. 医療法人社団知仁会, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  12. 産業医, 2017年10月, 2018年03月, (株)広島放送
  13. 産業医, 2017年10月, 2018年03月, (株)Attract One
  14. 非常勤講師, 2017年06月, 2017年12月, 島根県立大学
  15. 校外講師, 2017年05月, 2018年03月, 中国管区警察学校
  16. 非常勤講師, 2017年05月, 2017年07月, 広島県立広島皆実高等学校
  17. 広島市精神保健福祉審議会委員, 2017年04月, 2020年03月, 広島市健康福祉局
  18. 相談医, 2017年04月, 2018年03月, 人事院中国事務局
  19. 緩和ケアチームアドバイザー, 2017年04月, 2018年03月, 中国労災病院
  20. 心の健康づくり指導委員会委員, 2017年04月, 2019年03月, 人事院事務総局職員福祉局
  21. がんのリハビリテーション研修講師,ファシリテーター, 2017年04月, 2018年03月, (財)ライフ・プランニング・センター

学術会議等の主催

  1. 第22回日本サイコオンコロジー学会総会, 0910年01月, 0910年02月
  2. 第17回日本ヨーガ療法学会研究総会, 大会長, 2019年04月, 2019年04月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, Supportive Care in Cancer, 編集員
  2. 2017年, Case Reports in Medicine, 編集員
  3. 2017年, Psycho-Oncology, その他
  4. 2017年, Disability and Rehabilitation, その他
  5. 2017年, Dementia and Geriatric Cognitive Disorders, その他
  6. 2017年, Japanese Journal of Clinical Oncology, その他