上田 晃弘AKIHIRO UEDA

Last Updated :2019/01/07

所属・職名
大学院生物圏科学研究科 環境予測制御論講座 准教授
ホームページ
メールアドレス
akiuedahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目4番4号 生物圏科学研究科/生物生産学部B105
TEL:082-424-7963 FAX:082-424-7963
自己紹介
持続的な植物生産体制の構築を目指し、植物の環境ストレス耐性機構について分子生理学的解析を行っています。環境ストレスの中でも特に塩ストレス(塩害)や貧栄養ストレス下での植物の生産性を高めるために、多様な在来品種群からの優良品種の選抜や有用遺伝子を用いた遺伝子組換えを行っています。また、植物根圏に共存することで、植物の耐塩性や貧栄養耐性を向上させることができる植物生育促進細菌の探索とその機能改良を行うとともに、細菌の植物根圏での定着能を改良するために、バイオフィルム形成能の改良を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2002年04月, 名古屋大学, 大学院生命農学研究科, 博士研究員
  • 2002年05月, 国際イネ研究所, 植物育種、遺伝、バイオテクノロジー部門, 客員研究員
  • 2003年04月, 名古屋大学, 大学院生命農学研究科, 日本学術振興会特別研究員
  • 2004年03月, テキサスA&M大学, 園芸学部, 客員研究員
  • 2006年07月, テキサスA&M大学, 化学工学部, 博士研究員
  • 2007年07月, テキサスA&M大学, 化学工学部, 日本学術振興会海外特別研究員
  • 2009年07月, テキサスA&M大学, 化学工学部, 博士研究員
  • 2010年03月, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 講師
  • 2012年10月, 国際イネ研究所, 植物育種、遺伝、バイオテクノロジー部門, 客員研究員
  • 2015年03月, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 准教授
  • 2016年09月, 国際イネ研究所, 植物育種部門, 客員研究員

学歴

  • 名古屋大学, 生命農学研究科, 生物情報制御専攻, 日本, 1999年04月, 2002年03月
  • 神戸大学, 自然科学研究科, 植物資源学専攻, 日本, 1997年04月, 1999年03月
  • 神戸大学, 農学部, 植物資源学科, 日本, 1993年04月, 1997年03月

学位

  • 博士(農学) (名古屋大学)
  • 修士(農学) (神戸大学)

教育担当

  • 生物生産学部:生物生産学科, 生物圏科学研究科:環境循環系制御学専攻, 生物圏科学研究科:環境循環系制御学専攻

担当主専攻プログラム

  • 生物圏環境学プログラム

研究分野

  • 農学 / 農芸化学 / 植物栄養学・土壌学

研究キーワード

  • 耐塩性
  • 環境ストレス
  • 植物栄養学
  • 植物生育促進細菌
  • 植物―細菌相互作用
  • バイオフィルム

所属学会

  • 日本土壌肥料学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本農芸化学会

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 作物生産生理学
  2. 2018年, 学部専門, 集中, 基礎化学実験
  3. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 外書講読
  4. 2018年, 学部専門, 1ターム, 植物バイオサイエンス入門
  5. 2018年, 学部専門, 集中, 植物栄養生理学実験実習
  6. 2018年, 学部専門, 年度, 卒業論文
  7. 2018年, 学部専門, 3ターム, (AIMS) Physiology of Field Crop Production
  8. 2018年, 学部専門, 3ターム, Physiology of Field Crop Production
  9. 2018年, 学部専門, 集中, 国際課題研究
  10. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 環境予測制御論演習(A)
  11. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 環境予測制御論演習(A)
  12. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 環境予測制御論演習(B)
  13. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 環境予測制御論演習(B)
  14. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 環境予測制御論実習
  15. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  16. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 植物栄養制御論入門
  17. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 植物栄養制御実践演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Structural and transcriptional characterization of a salt-responsive gene encoding putative ATP-dependent RNA helicase in barley., Plant Science, 167巻, pp.63-pp.70, 20040701
  2. イネとオオムギの耐塩性の違いを探る-カスタムアレイ解析とヘテロアレイ解析の実際., 化学と生物, 42巻, 9号, pp.625-pp.630, 20040901
  3. Osmotic stress in barley regulates expression of a different set of genes than salt stress does., Journal of Experimental Botany, 55巻, 406号, pp.2213-pp.2218, 20041001
  4. Arabidopsis C-terminal domain phosphatase-like 1 and 2 are essential Ser-5-specific C-terminal domain phosphatases., Proceedings of the National Academy of the Science of USA, 101巻, 40号, pp.14539-pp.14544, 20041001
  5. Characterization of the salt-inducible methionine synthase from barley leaves., Plant Science, 167巻, pp.1009-pp.1016, 20041101
  6. A stress-inducible plasma membrane protein 3 (AcPMP3) from a monocotyledonous halophyte, Aneurolepidium chinense, regulates cellular Na+ and K+ accumulation under salt stress., Planta, 220巻, pp.395-pp.402, 20050101
  7. An isozyme of betaine aldehyde dehydrogenase in barley., Plant and Cell Physiology, 42巻, 10号, pp.1088-pp.1092, 20011001
  8. Functional analysis of salt-inducible proline transporter of barley roots., Plant and Cell Physiology, 42巻, 11号, pp.1282-pp.1289, 20011101
  9. Gene cloning and characterization of salt-inducible aldehyde oxidase in barley., PS2001 Proceedings, 12th International Congress on photosynthesis, S24-014巻, pp.1-pp.4, 2001
  10. Isolation of salt-inducible genes related to signal transduction in barley by differential display., PS2001 Proceedings, 12th International Congress on photosynthesis, S24-017巻, pp.1-pp.4, 2001
  11. Expression analysis of the gene encoding salt-inducible apoptosis protein in barley roots., The 6th symposium of the international society of root research, pp.440-pp.441, 2001
  12. 植物耐塩性の分子機構と形質転換体作出., 農業および園芸, 75巻, 8号, pp.874-pp.877, 2000
  13. Cloning of peroxisomal ascorbate peroxidase gene from barley and enhanced thermotolerance by overexpressing in Arabidopsis thaliana., Gene, 273巻, pp.23-pp.27, 20010601
  14. Analysis of salt-inducible genes in barley roots by differential display., Journal of Plant Research, 115巻, pp.119-pp.130, 20020401
  15. Analysis of heat-stress responsive genes in Aneurolepidium chinense leaves by differential display., Plant Production Science, 5巻, 3号, pp.229-pp.235, 20020601
  16. Photosynthetic limitations of a halophyte sea aster (Aster tripolium L.) under water stress and NaCl stress., Journal of Plant Research, 116巻, pp.65-pp.70, 20030201
  17. ★, Comparative transcriptome analyses of barley and rice under salt stress., Theoretical and Applied Genetics, 112巻, pp.1286-pp.1294, 20060501
  18. Arabidopsis carboxyl-terminal domain phosphatase-like (CPL) isoforms share common catalytic and interaction domains but have distinct in planta functions., Plant Physiology, 142巻, pp.586-pp.594, 20061001
  19. ★, Salt stress enhances proline utilization in the apical region of barley roots., Biochemical and Biophysical Research Communications, 355巻, pp.61-pp.66, 20070301
  20. Pseudomonas aeruginosa PAO1 virulence factors and poplar tree response in the rhizosphere., Microbial Biotechnology, 1巻, 1号, pp.17-pp.29, 20080101
  21. ★, Altered expression of barley proline transporter causes different growth responses in Arabidopsis., Planta, 227巻, pp.277-pp.286, 20080101
  22. PA2663 (PpyR) Increases biofilm formation in Pseudomonas aeruginosa PAO1 through the psl operon and stimulates virulence and quorum sensing phenotypes., Applied Microbiology and Biotechnology, 78巻, pp.293-pp.307, 20080201
  23. Salt tolerance of Arabidopsis thaliana requires maturation of N-glycosylated proteins in the Golgi apparatus., Proceedings of the National Academy of the Science of USA, 105巻, 15号, pp.5933-pp.5938, 20080401
  24. Enhanced zinc and cadmium tolerance and accumulation in transgenic Arabidopsis plants constitutively overexpressing a barley gene (HvAPX1) that encodes a peroxisomal ascorbate peroxidase., Botany, 86巻, pp.567-pp.575, 20080601
  25. Potassium and sodium transporters of Pseudomonas aeruginosa regulate virulence to barley., Applied Microbiology and Biotechnology, 79巻, pp.843-pp.858, 20080701
  26. Mechanism of salt tolerance in transgenic Arabidopsis thaliana carrying a peroxisomal ascorbate peroxidase gene from barley., Pedosphere, 18巻, 4号, pp.486-pp.495, 20080801
  27. ★, The Arabidopsis thaliana carboxyl-terminal domain phosphatase-like 2 regulates plant growth, stress and auxin responses., Plant Molecular Biology, 67巻, pp.683-pp.697, 20080801
  28. Uracil influences quorum sensing and biofilm formation in Pseudomonas aeruginosa and fluorouracil is an antagonist., Microbial Biotechnology, 2巻, 1号, pp.62-pp.74, 20090101
  29. 5-Fluorouracil reduces biofilm formation in Escherichia coli K-12 through global regulator AriR as an antivirulence compound., Applied Microbiology and Biotechnology, 82巻, pp.525-pp.533, 20090301
  30. ★, Connecting quorum sensing, c-di-GMP, pel polysaccharide, and biofilm formation in Pseudomonas aeruginosa through tyrosine phosphatase TpbA (PA3885)., PLoS Pathogens, 5巻, 6号, pp.e1000483, 20090601
  31. Tyrosine phosphatase TpbA of Pseudomonas aeruginosa controls extracellular DNA via cyclic diguanylic acid concentrations., Environmental Microbiology Reports, 2巻, pp.449-pp.455, 2010
  32. Comparative studies on growth and physiological responses to saline and alkaline stresses of Foxtail millet (Setaria italica L.) and Proso millet (Panicum miliaceum L.), AUSTRALIAN JOURNAL OF CROP SCIENCE, 5巻, 10号, pp.1269-pp.1277, 20110901
  33. Comparative physiological analysis of salinity tolerance in rice, SOIL SCIENCE AND PLANT NUTRITION, 59巻, 6号, pp.896-pp.903, 20131201
  34. Comparison of growth and mineral accumulation of two solanaceous species, Solanum scabrum Mill. (huckleberry) and S. melongena L. (eggplant), under salinity stress, SOIL SCIENCE AND PLANT NUTRITION, 59巻, 6号, pp.912-pp.920, 20131201
  35. Effects of 5-aminolevulinic acid on Swiss chard (Beta vulgaris L. subsp cicla) seedling growth under saline conditions, PLANT GROWTH REGULATION, 74巻, 3号, pp.219-pp.228, 201412
  36. Physiological responses of white Swiss chard (Beta vulgaris L. subsp. cicla) to saline and alkaline stresses., Australian Journal of Crop Science, 7巻, pp.1046-pp.1052, 201306
  37. リン酸資源の枯渇に対応したリン栄養研究 6.低フィチン穀類の開発とその利用, 日本土壌肥料学雑誌, 84巻, pp.118-pp.124, 201404
  38. Characterization of the Ability to Form Biofilms by Plant-Associated Pseudomonas Species, CURRENT MICROBIOLOGY, 70巻, 4号, pp.506-pp.513, 2015
  39. Growth, physiological adaptation, and gene expression analysis of two Egyptian rice cultivars under salt stress, PLANT PHYSIOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 87巻, pp.17-pp.25, 2015
  40. Salinity-induced expression of HKT may be crucial for Na+ exclusion in the leaf blade of huckleberry (Solanum scabrum Mill.), but not of eggplant (Solanum melongena L.), BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 460巻, 2号, pp.416-pp.421, 2015
  41. Cloning and gene expression analysis of ascorbic acid biosynthesis enzymes in Moringa oleifera., African Journal of Agricultural Research, 10巻, 22号, pp.2274-pp.2285, 2015
  42. Effect of salt stress on Na accumulation, antioxidant enzyme activities and activity of cell wall peroxidase of huckleberry (Solanum scabrum) and Eggplant (Solanum melongena), International Journal of Agriculture and Biology, 17巻, pp.1149-pp.1156, 2015
  43. Effects of drought stress on growth, solute accumulation and membrane stability of leafy vegetable, huckleberry (Solanum scabrum Mill.), Journal of Environmental Biology, 37巻, 1号, pp.107-pp.114, 2016
  44. Evaluation of barley productivity and water use efficiency under saline water irrigation in arid region., International Journal of Agriculture and Crop Science, 8巻, pp.765-pp.773, 2015
  45. Increasing reproductive stage tolerance to salinity stress in soybean., International Journal of Agriculture and Crop Science, pp.738-pp.745, 2015
  46. Alleviation of adverse effects of salt stress on soybean (Glycine max L.) by using osmoprotectants and organic nutrients., International Journal of Biomolecular, Agricultural, Food and Biotechnological Engineering, 9巻, pp.905-pp.909, 2015
  47. Evaluation of salinity stress effects on seed yield and quality of three soybean cultivars, Azarian Journal of Agriculture, pp.138-pp.141, 2015
  48. Role of osmoprotectants and compost application in improving water stress tolerance in soybean (Glycine max L.), International Journal of Current Research, pp.25949-pp.25954, 2015
  49. Identification of drought tolerance indices associated with grain weight in maize at grain filling stage, Sylwan, 160巻, pp.32-pp.42, 2016
  50. Quality of spring wheat in Mediterranean environments: Grain quality characterization under drought and heat stress, Sylwan, 160巻, pp.43-pp.56, 2016
  51. Na+ retention in the root is a key adaptive mechanism to low and high salinity in the glycophyte, Talinum paniculatum (Jacp.) Gaertn. (Portulacaceae), Journal of Agronomy and Crop Science, 2016
  52. 塩を噴く植物ローズグラスの耐塩性機構~塩噴き植物は塩害に強い?~, 化学と生物, 55巻, 1号, pp.5-pp.7, 2017
  53. QUALITY TRAITS PERFORMANCE OF BREAD WHEAT GENOTYPES UNDER DROUGHT AND HEAT STRESS CONDITIONS, FRESENIUS ENVIRONMENTAL BULLETIN, 25巻, 12A号, pp.6159-pp.6165, 2016
  54. The Role of Na+ and K+ Transporters in Salt Stress Adaptation in Glycophytes, FRONTIERS IN PHYSIOLOGY, 8巻, 20170718
  55. Characterization of type 3 metallothionein-like gene (OsMT-3a) from rice, revealed its ability to confer tolerance to salinity and heavy metal stresses, ENVIRONMENTAL AND EXPERIMENTAL BOTANY, 147巻, pp.157-pp.166, 201803
  56. A salinity-tolerant japonica cultivar has Na+ exclusion mechanism at leaf sheaths through the function of a Na+ transporter OsHKT1;4 under salinity stress, JOURNAL OF AGRONOMY AND CROP SCIENCE, 204巻, 3号, pp.274-pp.284, 201806
  57. Differential responses of two Egyptian barley (Hordeum vulgare L.) cultivars to salt stress, PLANT PHYSIOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 127巻, pp.425-pp.435, 201806
  58. Apigenin pretreatment enhances growth and salinity tolerance of rice seedlings, Plant Physiology and Biochemistry, 130巻, pp.94-pp.104, 2018

著書等出版物

  1. 2004年01月, Recent Research Developments in Environmental Biology, Vol 1, Research Signpost, 2004年, 1, 単行本(学術書), 共著
  2. 2006年06月, Abiotic Stress Tolerance in Plants: Toward the Improvement of Grobal Environment and Food., Springer, 2006年, 6, 単行本(学術書), 共著
  3. 2011年, 生命・食・環境のサイエンス, 第3章大地のめぐみ 2. 環境ストレスと作物生産, 共立出版, 2011年, 11

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Cloning of salt stress-responsive genes from barley by differential display., Ueda, A., Nakamura, T., Shi, W., Muramoto, Y., Narita, Y., Takahashi, M., Alvarez-Nakase, A., Takabe, T., 第41回日本植物生理学会年会, 2000年03月, 招待, 日本語, 日本植物生理学会, 名古屋、日本
  2. Exploration of salt inducible genes in barley roots by differential display., Ueda, A., Shi, W., Takahashi, M., Takabe, T., 2000年06月, 通常, 英語
  3. Cloning of peroxisomal ascorbate peroxidase gene from barley and enhanced thermotolerance by overexpressing in Arabidopsis thaliana., Shi, W., Muramoto, Y., Ueda, A., Takabe, T., 2000年06月, 通常, 英語
  4. Isolation of salt-inducible genes related to signal transduction in barley by differential display., Ueda, A., Shi, W., Takabe, T., 2001年08月, 通常, 英語
  5. Gene cloning and characterization of salt-inducible aldehyde oxidase in barley., Yamamoto, Y., Ueda, A., Takabe, T., 2001年08月, 通常, 英語
  6. Expression analysis of the gene encoding salt-inducible apoptosis protein in barley roots., Ueda, A., Shi, W., Takabe, T., 2001年11月, 通常, 英語
  7. Functional characterization of barley proline transporter (HvProT) and evaluation of salt tolerance in Arabidopsis transformed with HvProT., Ueda, A., Inada, M., Takabe, T., 2003年07月, 通常, 英語
  8. Enhanced seed yield under heat stress at reproductive stage in Arabidopsis thaliana by overexpressiong peroxisomal ascorbate peroxidase gene from barley., Takabe, T., Takamatsu, A., Shi, W., Ueda, A., Takabe, T., Tanaka, Y., Egawa, Y., 2003年12月, 招待, 英語
  9. Functional analysis of salt-inducible genes in barley leaves and roots., Takabe, T., Narita, Y., Nakamura, T., Muramoto, Y., Shi, W., Shimada, T., Ueda, A., 2003年12月, 招待, 英語
  10. Arabidopsis thaliana stress response regulator isoforms CPL1 and CPL2 are essential, Ser5-specific, double-stranded RNA-binding C-terminal domain phosphatases., Koiwa, H., Hausmann, S., Bang, W.Y., Ueda, A., Kondo, N., Hiraguri, A., Fukuhara, F., Bahk, J.D., Yun, D.J., Bressan, R.A., Hasegawa, P.M., Shuman, S., 2004年06月, 通常, 英語
  11. Role of complex N-glycan biosynthesis in plant osmotic stress response., Kang, J.S., Pelz, J., Kim, S., Ueda, A., Yun, D.J., Bahk, J.D., Lee, S.Y., Bressan, R.A., Hasegawa, P.M., von Schaewen, A., Koiwa, H., 2005年06月, 通常, 英語
  12. Arabidopsis C-terminal domain phosphatases of RNA polymerase II., Koiwa, H., Ueda, A., Kang, J.S., Bang, W.Y., Kim, S., Yun, D.J., Bahk, J.D., Lee, S.Y., 2005年07月, 通常, 英語
  13. Pseudomonas aeruginosa PAO1 virulence factors and poplar tree response in the rhizosphere., Attila, C., Ueda, A., Cirillo, S., Cirillo, J, Chen, W., Wood, T.K., 2007年03月, 通常, 英語
  14. Pseudomonas aeruginosa PA5021, a cation transporter, regulates its virulence for barley., Ueda, A., Wood, T.K., 2007年06月, 通常, 英語
  15. Uracil influences quorum-sensing in Pseudomonas aeruginosa and fluorouracil is an antagonist., Ueda, A., Attila, C., Wood, T.K., 2008年07月, 通常, 英語
  16. Connecting quorum sensing, c-di-GMP, pel polysaccharide, and biofilm formation in Pseudomonas aeruginosa through tyrosine phosphatase TpbA (PA3885)., Ueda, A., Wood, T.K., 2009年05月, 通常, 英語
  17. Connecting quorum sensing, c-di-GMP, pel polysaccharide, and biofilm formation in Pseudomonas aeruginosa through tyrosine phosphatase TpbA (PA3885)., Ueda, A., Wood, T.K., 2009年09月, 通常, 英語
  18. Uracil influences quorum sensing in Pseudomonas aeruginosa and fluorouracil is an antagonist., Wood, T.K., Ueda, A., 2009年11月, 通常, 英語
  19. A tyrosine phosphatase TpbA controls eDNA release via modulation of cellular c-di-GMP concentration., Ueda, A., Wood, T.K., 2010年05月, 通常, 英語
  20. Nutrio-physiological characterization of the local rice cultivars in Dominican Republic under salinity stress., Ueda, A., Yahagi, H., Fujikawa, Y., Nagaoka, T., Esaka, M., Calcano, M., Martinez, M., Hernandez, J.D.H., Saneoka, H., 2012年06月, 招待, 英語
  21. Characterization of ascorbic acid biosynthesis in Moringa., Fujikawa, Y., Kondo, T., Akiyoshi, T., Ueda A., Nagaoka, T., Calcano, M., Martinez, M., Hernandez, J.D.H., Saneoka, H., Esaka, M., 2012年06月, 招待, 英語
  22. Prospection on libertad (Moringa oleifera Lam) ecological adaptation, utilization, and first agronomy trials in the Dominican Republic., Martinez, M., Ueda, A., Fujikawa, Y., Nagaoka, T., Esaka, M., Calcano, M., Hernandez, J.D.H., Saneoka, H., 2012年06月, 招待, 英語
  23. The cation-chloride cotransporter AtCCC regulates potassium uptake in Arabidopsis., Ueda, A., Yahagi, H., Saneoka, H., 2012年07月, 通常, 英語
  24. 土壌細菌Pseudomonas fluorescensのバイオフィルム形成変異体の単離, 上田晃弘,小笠原進太,実岡寛文, 日本土壌肥料学会2011年度つくば大会, 2011年08月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会, 筑波、日本
  25. 低フィチンダイズにおけるフィチン酸合成関連遺伝子のマイクロアレイ解析, 立川瑛子・上田晃弘・実岡寛文, 日本土壌肥料学会2011年度つくば大会, 2011年08月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会, 筑波、日本
  26. 土壌細菌のバイオフィルム形成に影響を及ぼす物質の探索, 上田晃弘,明渡直和,実岡寛文, 2011年度日本土壌肥料学会関西支部会, 2011年12月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会, 大阪、日本
  27. Growth and metabolic responses of Foxtail millet (Setaria italica L.) and Proso millet (Panicum miliaceum L.) under saline and alkaline stress., Islam M. Sohidul, Liu L. Yun, Akihiro Ueda, Hirofumi Saneoka, 2011年度日本土壌肥料学会関西支部会, 2011年12月, 通常, 英語, 日本土壌肥料学会, 大阪、日本
  28. モリンガにおけるアスコルビン酸生合成酵素遺伝子の発現解析, 近藤隆之,藤川愉吉,上田晃弘,長岡俊徳,実岡寛文,Manuel Calca?o,Milton Mart?nez Gonz?lez,David Hernandez Martich,江坂宗春, 日本農芸学会2012年京都大会, 2012年03月, 通常, 日本語, 日本農芸化学会, 京都、日本
  29. 土壌細菌P. fluorescens のバイオフィルム形成に関与する遺伝子の同定, 小笠原進太,上田晃弘,実岡寛文, 日本土壌肥料学会2012年度鳥取大会, 2012年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  30. シロイヌナズナのカリウム輸送体AtCCC の機能解析, 上田晃弘,矢萩裕之,実岡寛文, 日本土壌肥料学会2012年度鳥取大会, 2012年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  31. 種子成熟過程における穀類のフィチン酸及び無機リン酸濃度の変動, 熊谷茉里・柿澤ハルナ・上田晃弘・実岡寛文, 日本土壌肥料学会2012年度鳥取大会, 2012年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  32. Comparative Physiological Analysis of Salt Tolerance in the Local Rice Cultivars of Dominican Republic, Yahagi H., Ueda A., Fujikawa Y., Nagaoka T., Esaka M., Calca?o M., Mart?nez M., Hernandez J.D.M., Saneoka H., 日本土壌肥料学会2012年度鳥取大会, 2012年09月, 通常, 英語, 日本土壌肥料学会
  33. Effect of poultry manure application on the productivity and quality of moringa oleifera, Akiyoshi T., Fujikawa Y., Ueda A., Nagaoka T., Esaka M., Calca?o M., Mart?nez M., Hernandez J.D.M., Saneoka H., 日本土壌肥料学会2012年度鳥取大会, 2012年09月, 通常, 英語, 日本土壌肥料学会
  34. Comparative evaluation of salinity stress tolerance in Solanum scabrum Mill. and S. melongena L., Dekoum V.M. Assaha, Li Yun Liu, Akihiro Ueda and Hirofumi Saneoka, 2012年度日本土壌肥料学会関西支部会, 2012年12月, 通常, 英語, 日本土壌肥料学会
  35. Effects of 5-aminolevulinic acid on development and salt tolerance in white Swiss chard (Beta vulgaris L. var. cicla), Li Yun Liu, Assaha vincent marius Dekoum, Akihiro Ueda, Hirofumi Saneoka, 2012年度日本土壌肥料学会関西支部会, 2012年12月, 通常, 英語, 日本土壌肥料学会
  36. 異なるイネ品種間に見られる塩ストレス応答機構の差異, 多田祐真・矢萩裕之・上田晃弘・実岡寛文, 2013年度日本作物学会中国支部講演会, 2013年07月, 通常, 日本語, 日本作物学会
  37. Screening of low Na accumulating rice cultivars under salinity stress, Yahagi Hiroyuki, Tada Yuma, Mekawy Ahmad M. M., Amas Junrey C., Barretto Aniceta D., Gregorio Glenn B., Ueda Akihiro, Saneoka Hirofumi, 日本土壌肥料学会2013年度名古屋大会, 2013年09月, 通常, 英語, 日本土壌肥料学会
  38. 低フィチンダイズの生育、窒素固定および子実生産に及ぼすリン酸施肥の影響, 実岡寛文・松山 豪紀 ・若林 幹太・上田 晃弘, 日本土壌肥料学会2013年度名古屋大会, 2013年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  39. 熱帯樹木モリンガの葉位別成分濃度の変動と地上部切除が生産性に及ぼす影響, 秋吉智紀・上田晃弘・藤川愉吉・長岡俊徳・江坂宗春・実岡寛文・Calca?o M.・Mart?nez M., 日本土壌肥料学会2013年度関西支部会, 2013年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  40. リン酸施肥量が穀類子実へのフィチン酸の集積に及ぼす影響, 熊谷茉里・若林幹太・上田晃弘・実岡寛文, 日本土壌肥料学会2013年度関西支部会, 2013年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  41. 飼料を給与した家禽の成長とそれから排出された鶏糞が小松菜の生育に及ぼす影響., 赤堀巧・若林幹太・上田晃弘・前田照夫・小櫃剛人・実岡寛文, 日本土壌肥料学会2014年度東京大会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  42. 低フィチンダイズの生産性と栽培学的特性の解明, 若林幹太・原由枝・赤堀巧・上田晃弘・実岡寛文, 日本土壌肥料学会2014年度東京大会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  43. 高オレイン酸ヒマワリの生育と脂肪酸組成に及ぼすN施肥の影響., 小田泰士郎・上田晃弘・実岡寛文, 日本土壌肥料学会2014年度東京大会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  44. 塩ストレス下における耐塩性野生トマトの生理学的特徴., 大隅彰太・上田晃弘・実岡寛文, 日本土壌肥料学会2014年度東京大会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  45. 生殖生長期における耐塩性イネ品種の選抜, 多田祐真・矢萩裕之・上田晃弘・実岡寛文, 日本土壌肥料学会2014年度東京大会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  46. イネの塩ストレス馴化機構の解明, 松本真由美・上田晃弘・実岡寛文, 日本土壌肥料学会2014年度東京大会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  47. Salinity-induced expression of SsHKT may be crucial for Na+ exclusion from the leaf blade in huckleberry (Solanum scabrum Mill.)., Assaha D.V.M., Mekawy A.M.M., Ueda A., Saneoka H., 日本土壌肥料学会2014年度関西支部講演会, 2014年12月, 通常, 英語, 日本土壌肥料学会
  48. Growth, physiological adaptation and gene expression analysis of two Egyptian rice cultivars under salt stress., Mekawy A.M.M., Assaha D.V.M., Yahagi H., Tada Y., Ueda A., Saneoka H., 日本土壌肥料学会2014年度関西支部講演会, 2014年12月, 通常, 英語, 日本土壌肥料学会
  49. ローズグラス在来品種群の塩ストレス下における塩類排出特性の解明, 宗廣理子・上田晃弘・実岡寛文, 日本土壌肥料学会2015年度京都大会, 2015年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  50. トランスポゾン変異による難溶性リン可溶化細菌のバイオフィルム形成能力の向上, 中野瑞己・上田晃弘・実岡寛文, 日本土壌肥料学会2015年度京都大会, 2015年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  51. 西日本の沿岸地帯に分布するボタンボウフウの塩ストレス耐性機構の解析, 野村友紀・成松晴佳・赤堀巧・上田晃弘・実岡寛文, 日本土壌肥料学会2015年度京都大会, 2015年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  52. 塩及びアルカリストレスがトマトの生育と果実品質に及ぼす影響, 成松晴佳・野村友紀・多田祐真・上田晃弘・実岡寛文, 日本土壌肥料学会2015年度京都大会, 2015年09月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  53. Characterization of a type 3 metallothionein-like gene (OsMT3- a) from rice through functional screening in Escherichia coli, and its overexpression enhanced its tolerance to salinity and heavy-metal stresses, Ahmad Mohammad M. Mekawy, Dekoum V.M. Assaha, Riko Munehiro, Akihiro Ueda, Hirofumi Saneoka, 日本土壌肥料学会2015年度関西支部講演会, 2015年12月, 通常, 英語, 日本土壌肥料学会
  54. The co-expression of SOS1 and HKT genes in Solanum scabrum Mill. is important for reducing Na transport to the leaf blade and in maintaining low Na+/K+ ratios under saline and alkaline stress conditions., Dekoum V.M. Assaha, Takumi Akahori, Ahmad Mohammad M. Mekawy, Akihiro Ueda, Hirofumi Saneoka, 日本土壌肥料学会2015年度関西支部講演会, 2015年12月, 通常, 英語, 日本土壌肥料学会
  55. 塩類腺はローズグラスの耐塩性に寄与しているのか?, 宗廣理子,上田晃弘,実岡寛文, 日本土壌肥料学会2015年度関西支部講演会, 2015年12月, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  56. ナトリウム施肥により生育が促進されるイネ品種の選抜, 大隅彰太、多田祐真、上田晃弘、実岡寛文, 第2回植物の栄養研究会, 2016年09月, 通常, 日本語
  57. 様々な塩類ストレスがローズグラスの塩類腺からの塩排出に与える影響, 上田晃弘、宗廣理子、藤田貴文、実岡寛文, 日本土壌肥料学会2016年度佐賀大会, 2016年09月, 通常, 日本語
  58. 環境ストレス下における植物生育促進細菌Pseudomonas putidaのバイオフィルム形成特性, 渡邉湧也、上田晃弘、実岡寛文, 日本土壌肥料学会2016年度佐賀大会, 2016年09月, 通常, 日本語
  59. ナトリウム施肥により生育が促進されるイネ品種の選抜, 大隅彰太、多田祐真、上田晃弘、実岡寛文, 日本土壌肥料学会2016年度佐賀大会, 2016年09月, 通常, 日本語
  60. Effect of potassium and salicylic acid on growth, yield, grain quality and phytic acid content of wheat (Triticum aestivum L.) under drought stress condition, 2016年日本土壌肥料学会関西支部講演会, 2016年12月, 通常, 英語
  61. The effects of mild salinity and osmotic pretreatment on salt acclimation in rice, 2016年日本土壌肥料学会関西支部講演会, 2016年12月, 通常, 英語
  62. Varietal differences in salt acclimation ability of rice, 2016年日本土壌肥料学会関西支部講演会, 2016年12月, 通常, 英語
  63. 難溶性リン可溶化細菌の植物種子・根圏定着能の改良, 上田晃弘, 2016年JST新技術発表会, 2016年09月13日, 招待, 日本語
  64. ナトリウムはイネの生育促進に寄与するのか?, 上田晃弘, 第9回中国地域育種談話会, 2017年11月25日, 招待, 日本語, 日本育種学会
  65. 耐塩性植物ローズグラスの塩類腺からの塩排出特性, 藤田貴文・宗廣理子・実岡寛文・上田晃弘, 第9回中国地域育種談話会, 2017年11月25日, 通常, 日本語, 日本育種学会
  66. Amelioration of salinity stress by ascorbic acid pretreatment in rice, Sumana Chuamnakthong, Hirofumi Saneoka, Akihiro Ueda, 2017年度日本土壌肥料学会関西支部講演会, 2017年12月07日, 通常, 英語, 日本土壌肥料学会
  67. Apigenin pretreatment enhances salinity tolerance of rice seedlings, Ahmad Mohammad M. Mekawy, Hirofumi Saneoka, Akihiro Ueda, 2017年度日本土壌肥料学会関西支部講演会, 2017年12月07日, 通常, 英語, 日本土壌肥料学会
  68. イネの低カリウム耐性機構に関する栄養生理学的解析, 原田真輔・佐々木和浩・実岡寛文・上田晃弘, 2017年度日本土壌肥料学会関西支部講演会, 2017年12月07日, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  69. ソルガムにおける乾燥ストレス耐性と品種間差と耐性機構の解析, 西江康平・上田晃弘・実岡寛文, 2017年度日本土壌肥料学会関西支部講演会, 2017年12月07日, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  70. 異なる土壌含水率条件下で育成したキャベツ苗の品質および移植後の生育の評価, 越後耕平・上田晃弘・実岡寛文, 2017年度日本土壌肥料学会関西支部講演会, 2017年12月07日, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  71. 耐塩性ジャポニカイネ品種の選抜とNa蓄積特性, 南平眞実,川下真奈,実岡寛文,上田晃弘, 日本農芸化学会中四国支部第50回記念講演会, 2018年01月27日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会
  72. Streptococcus mutansのバイオフィルム形成を抑制する植物抽出物の探索, 守屋拓真,実岡寛文,上田晃弘, 日本農芸化学会中四国支部第50回記念講演会, 2018年01月27日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会
  73. イネの耐塩性に及ぼす鉄過剰処理の影響, 幸西絵梨,Thanakorn Wangsawang,Tanee Sreewongchai,実岡寛文,上田晃弘, 日本農芸化学会中四国支部第50回記念講演会, 2018年01月27日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会
  74. 非共生型細菌の植物種子表面への新規固定化技術の開発, 上田晃弘, アグリビジネス創出フェア2017, 2017年10月05日, 通常, 日本語
  75. 非共生型細菌の植物種子表面への新規固定化技術の開発, 上田晃弘, アグリビジネス創出フェア2017, 2017年10月04日, 招待, 日本語
  76. 非共生型細菌の植物種子表面への新規固定化技術の開発, 上田晃弘, 東広島市産学金官マッチングイベント2017, 2017年11月07日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2015年, 2015年日本土壌肥料学会関西支部講演会優秀発表賞, 日本土壌肥料学会
  2. 2016年, 2016年日本土壌肥料学会関西支部講演会優秀発表賞
  3. 2017年11月26日, 第9回中国地域育種談話会優秀発表賞, 日本育種学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費), 細胞壁構造強化におけるプロリンとその輸送体の役割に関する研究, 2003年, 2006年
  2. 科学研究費助成事業(研究活動スタート支援), 植物のナトリウムの取り込みに関与する新規な輸送体の同定, 2010年, 2011年
  3. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 植物の主要なナトリウム吸収経路およびその分子実体の同定, 2011年, 2012年
  4. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 新奇な塩輸送体の機能改変を通した植物の耐塩性の改善, 2013年, 2015年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ナトリウム施肥によるイネ生育促進に関する分子遺伝学的解析, 2016年, 2018年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 非共生細菌の作物根圏定着能の改良とその減肥栽培への応用, 2016年, 2018年
  7. 科学研究費助成事業(国際共同研究強化), 新奇な塩輸送体の機能改変を通した植物の耐塩性の改善(国際共同研究強化), 2016年, 2018年
  8. 民間助成, 土壌細菌のバイオフィルム形成を介した穀物生育の促進, 2010年
  9. 民間助成, 主要穀物間における植物耐塩性機構の差異の解明, 2002年
  10. 学内助成, 植物における新規なNa+輸送体の機能解析, 2010年
  11. 民間助成, 有用土壌細菌のバイオフィルム形成を介した植物表面への定着能の改善, 2011年, 2012年
  12. 民間助成, 植物の生育を促進する細菌由来の新奇揮発性物質の探索, 2013年
  13. 民間助成, 香辛料による口腔内細菌のバイオフィルム形成阻害, 2015年
  14. 民間助成, カリウム減肥栽培に向けたイネ品種の選抜とその生理学的特徴の解析, 2016年
  15. 民間助成, イネの生育促進に寄与する細菌由来の新奇揮発性物質の同定, 2016年
  16. 民間助成, アッケシソウ根圏に生息する植物生育促進細菌の同定, 2016年

社会活動

委員会等委員歴

  1. アドバイザー, 2012年02月, 2013年12月, 特定非営利活動法人国際技術移転グループ
  2. アドバイザー, 2015年01月, 2016年03月, 特定非営利活動法人国際技術移転グループ
  3. 国際生物学オリンピック本選問題作成小委員, 2010年30月, 2013年09月, 国際生物学オリンピック日本委員会
  4. 国際生物学オリンピック本選問題作成小委員, 2015年06月, 2015年09月, 国際生物学オリンピック日本委員会
  5. アドバイザー, 2016年04月, 2016年12月, 特定非営利活動法人国際技術移転グループ

学術雑誌論文査読歴

  1. 2008年, Plant Cell and Environment
  2. 2010年, Plant and Soil
  3. 2012年, Soil Science and Plant Nutrition
  4. 2014年, Open Biology
  5. 2015年, Soil Science and Plant Nutrition
  6. 2015年, Electronic Journal of Biotechnology
  7. 2015年, Plant Physiology and Biochemistry
  8. 2015年, FEMS Microbiology Letters, 2
  9. 2015年, Scientific Report
  10. 2015年, International Journal of Recycling of Organic Waste in Agriculture
  11. 2015年, Proceedings of the National Academy of Sciences, India
  12. 2015年, 日本砂丘学会誌
  13. 2016年, Journal of Plant Research, その他
  14. 2016年, Rice Research, その他
  15. 2016年, Scientific Report, その他
  16. 2016年, Research Journal of Biotechnology, その他
  17. 2016年, Microbes and Environments, その他
  18. 2016年, Soil Science and Plant Nutrition, その他
  19. 2016年, Rice Research (2), その他
  20. 2016年, Soil Science and Plant Nutrition (2), その他
  21. 2017年, Journal of Plant Physiology, その他
  22. 2017年, Journal of Plant Physiology (2)
  23. 2017年, Scientific Report
  24. 2017年, Soil Science and Plant Nutrition
  25. 2017年, Soil Science and Plant Nutrition