石田 万里Mari Ishida

Last Updated :2020/11/24

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 准教授
メールアドレス
marihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 総合研究棟704/705号室
TEL:082-257-5122 FAX:082-256-7124
自己紹介
石田万里

基本情報

学歴

  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1981年04月, 1987年03月
  • 広島大学, 医学系研究科, 内科系専攻, 日本, 1991年04月, 1994年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 循環器内科学

研究キーワード

  • 心血管疾患発症の病態生理学的解析
  • 血管平滑筋細胞
  • 心血管疾患
  • 修復
  • 肥大
  • 老化
  • アンジオテンシンII
  • DNA 損傷

所属学会

  • 日本生理学会
  • 米国心臓病学会
  • 日本内科学会
  • 日本動脈硬化学会
  • 日本循環器学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本老年学会
  • 日本脈管学会
  • 日本血管生物医学会
  • 日本医学教育学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 人体の機能
  2. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 予防医学・健康指導特論A
  3. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 心臓血管生理医学特別演習
  4. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 心臓血管生理医学特別演習
  5. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 心臓血管生理医学特別研究
  6. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 心臓血管生理医学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Two-Year Experience in "Tweeting the Meeting" During the Scientific Sessions - Rapid Report From the Japanese Circulation Society –, Circ Rep, 2巻, pp. 691-694, 20200901
  2. Recommendations for Maintaining the Cardiovascular Care System Under the Conditions of the COVID-19 Pandemic - 1st Edition, April 2020, Circ J, 84巻, 11号, pp. 2023-2026, 20200925
  3. Disruption of Osteoprotegerin has complex effects on medial destruction and adventitial fibrosis during mouse abdominal aortic aneurysm formation, PLOS ONE, 15巻, 7号, 20200702
  4. 広島大学病院女性医師支援センターの取り組みについて, 広島県小児科医科会会報, 70巻, pp. 3-5, 202007
  5. Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Information for Cardiologists -Systematic Literature Review and Additional Analysis-, CIRCULATION JOURNAL, 84巻, 6号, pp. 1039-1043, 20200525
  6. ★, Biological Effects of Low-Dose Chest CT on Chromosomal DNA, RADIOLOGY, 295巻, 2号, pp. 439-445, 202005
  7. 女性医師の立ち位置―女性医師支援の立場から〜広島大学病院の取り組み〜. , 日本臨床内科医会会誌, 34巻, pp. 364-370, 2020
  8. DNA Damage and Senescence-Associated Inflammation in Cardiovascular Disease, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 42巻, 4号, pp. 531-537, 201904
  9. Genetic Prediction of Atherosclerosis - Significance of Polymorphisms in Bone Morphogenetic Protein Signaling Molecule Genes., Circ J, 83巻, 4号, pp. 709-710, 20190325
  10. Potential Role of Twitter at an Annual Congress in Japan- Narrative Literature Review of “Tweet the Meeting”, Circ Rep, 1巻, pp. 401-404, 201901
  11. JSH Statement: Asahikawa declaration in promotion of diversity by the Japanese society of hypertension-the JSH Asahikawa declaration., Hypertens Res, 42巻, pp. 1483-1484, 201901
  12. 医師の働き方改革―女性医師支援の立場から, 廣島医学, 72巻, pp. 146-152, 2019
  13. Elevated Plasma Renin Activity Caused by Accelerated-malignant Hypertension in a Patient with Aldosterone-producing Adenoma Complicated with Renal Insufficiency, INTERNAL MEDICINE, 58巻, 21号, pp. 3107-3111, 2019
  14. Chromosomal Abnormalities in Human Lymphocytes after Computed Tomography Scan Procedure, RADIATION RESEARCH, 190巻, 4号, pp. 424-432, 20181001
  15. XRCC3 polymorphism is associated with hypertension-induced left ventricular hypertrophy, HYPERTENSION RESEARCH, 41巻, 6号, pp. 426-434, 20180601
  16. Fish oil omega-3 polyunsaturated fatty acids attenuate oxidative stress-induced DNA damage in vascular endothelial cells, PLos One, 12巻, 11号, pp. e0187934, 201711
  17. DNA damage in lymphocytes induced by cardiac CT and comparison with physical exposure parameters, EUROPEAN RADIOLOGY, 27巻, 4号, pp. 1660-1666, 201704
  18. EPA Prevents the Development of Abdominal Aortic Aneurysms through Gpr-120/Ffar-4, PLOS ONE, 11巻, 10号, 20161020
  19. DNA damage in lymphocytes induced by cardiac CT and comparison with physical exposure parameters., Eur Radiol., doi:10.1007/s00330-016-4519-8巻, pp. 1-7, 201608
  20. Osteoprotegerin Prevents Development of Abdominal Aortic Aneurysms, PLOS ONE, 11巻, 1号, 20160119
  21. Smoking Cessation Reverses DNA Double-Strand Breaks in Human Mononuclear Cells, PLOS ONE, 9巻, 8号, 20140805
  22. Role of DNA Damage in Cardiovascular Disease, CIRCULATION JOURNAL, 78巻, 1号, pp. 42-50, 201401
  23. DNA損傷応答と動脈硬化, 細胞, 43巻, 6号, pp. 215-219, 20110601
  24. The ATR-Chk1 pathway plays a role in the generation of centrosome aberrations induced by Rad51C dysfunction., Nucleic Acids Res., 37巻, 12号, pp. 3959-3968, 20090701
  25. Nifedipine interferes with migration of vascular smooth muscle cells via inhibition of Pyk2-Src axis., J Atheroscler Thromb, 16巻, 3号, pp. 230-238, 20090601
  26. Angiotensin II-induced Osteopontin Expression in Vascular Smooth Muscle Cells Involves Gq/11, Ras, ERK, Src and Ets-1., Hypertension Research, 31巻, 5号, pp. 987-998, 20080501
  27. 高齢者の循環器疾患を予防する 酸化ストレスと動脈硬化, 綜合臨床, 56巻, 2号, pp. 258-261, 20070201
  28. Haploinsufficiency of the Mus81-Eme1 endonuclease activates the intra-S-phase and G2/M checkpoints and promotes rereplication in human cells., Nucleic Acids Res., 34巻, pp. 880-92, 20060401
  29. Haploinsufficiency of Rad51B Causes Centrosome Fragmentation and Aneuploidy in Human Cells., Cancer Res., 66巻, 20060401
  30. Beneficial effect of T-type calcium channel blockers on endotheial function in patients with essential hypertension., Hypertens Res, 28巻, 11号, pp. 889-894, 20051101
  31. Role of the JNK pathway in thrombin-induced ICAM-1 expression in endothelial cells., Cardiovascular Research, 68巻, 2号, pp. 289-298, 20051101
  32. ★, XRCC3 deficiency results in a defect in recombination and increased endoreduplication in human cells., EMBO J., 23巻, pp. 670-80, 20040401
  33. Matrix metalloproteinase-9 contributes to human atrial remodeling during atrial fibrillation., J Am Coll Cardiol, 43巻, pp. 818-25, 20040401
  34. ★, Mnk1 is required for angiotensin II-induced protein synthesis in vascular smooth muscle cells., Circulation Research, 93巻, 12号, pp. 1218-24, 20031212
  35. Effect of amlodipine and cilazapril treatment on platelet Ca2+ handling in spontaneously hypertensive rats., Hypertens. Res., 26巻, pp. 901-6, 20030401
  36. Apoptosis is not increased in myocardium overexpressing type 2 angiotensin II receptor in transgenic mice, HYPERTENSION, 37巻, 6号, pp. 1394-1398, 20010601
  37. The third cytoplasmic loop of the angiotensin II type 1 receptor exerts differential effects on extracellular signal-regulated kinase (ERK1/ERK2) and apoptosis via Ras- and Rap1-dependent pathways., Circ Res, 86巻, 7号, pp. 729-36, 20000401
  38. Angiotensin II induces transactivation of two different populations of the platelet-derived growth factor beta receptor. Key role for the p66 adaptor protein Shc., J. Biol. Chem., 275巻, 21号, pp. 15926-32, 20000401
  39. 血管内皮機能検査, 臨床病理, 48巻, 20000401
  40. Shear stress-mediated extracellular signal-regulated kinase activation is regulated by sodium in endothelial cells. Potential role for a voltage-dependent sodium channel., J. Biol. Chem., 274巻, 29号, pp. 20144-50, 19990716
  41. Agonist-stimulated cytoskeletal reorganization and signal transduction at focal adhesions in vascular smooth muscle cells require c-Src., J. Clin. Invest., 103巻, 6号, pp. 789-97, 19990301
  42. Angiotensin II stimulates p21-activated kinase in vascular smooth muscle cells: role in activation of JNK., Circ Res, 82巻, 12号, pp. 1272-8, 19980629
  43. p38 Kinase is a negative regulator of angiotensin II signal transduction in vascular smooth muscle cells: effects on Na+/H+ exchange and ERK1/2., Circ Res, 83巻, 8号, pp. 824-31, 19980401
  44. Activation of extracellular signal-regulated kinases (ERK1/2) by angiotensin II is dependent on c-Src in vascular smooth muscle cells., Circ Res, 82巻, 1号, pp. 7-12, 19980109
  45. Angiotensin II stimulates tyrosine phosphorylation of phospholipase C-gamma-associated proteins. Characterization of a c-Src-dependent 97-kD protein in vascular smooth muscle cells., Circ Res, 81巻, 4号, pp. 550-7, 19970401
  46. c-Src is required for oxidative stress-mediated activation of big mitogen-activated protein kinase 1., J. Biol. Chem., 272巻, 33号, pp. 20389-94, 19970401
  47. Angiotensin II signal transduction in vascular smooth muscle cells: role of tyrosine kinases, Keio J. Med., 46巻, 2号, pp. 61-8, 19970401
  48. Modulation of target tissue response to angiotensin and sodium sensitivity in Japanese patients with essential hypertension, Hypertension Research, 19巻, 3号, pp. 141-145, 19960901
  49. Effects of insulin on calcium metabolism and platelet aggregation., Hypertension, 28巻, 2号, pp. 209-212, 19960801
  50. Platelet Ca2+ is not increased in stroke-prone spontaneously hypertensive rats : comparative study with spontaneously hypertensive rats, Hypertension, 27巻, 6号, pp. 1312-1317, 19960601
  51. Angiotensin I-converting enzyme gene polymorphism and salt sensitivity in essential hypertension., Hypertension, 27巻, pp. 569-572, 19960301
  52. Angiotensin II activates pp60c-src in vascular smooth muscle cells., Circ Res, 77巻, 6号, pp. 1053-9, 19951201
  53. Dietary salt decreases cytosolic calcium in platelets from Dahl salt-sensitive rats., American Journal of Physiology, 269巻, pp. R1225-R1229, 19951101
  54. Effects of age and sex on sodium chloride sensitivity:association with plasma renin activity., Clinical Nephrology, 42巻, 6号, pp. 376-380, 19941201
  55. Lack of increase in platelet Ca2+ and Na+ in deoxycorticosterone acetate-salt hypertensive rats., Am. J. Physiol., 267巻, pp. R1288-93, 19940401
  56. Role of intracellular sodium concentration and autonomic nervous systems in blood pressure requlation., Hypertension Research, 17巻, pp. 17-22, 19940401
  57. Lack of effect of ouabain on calcium homeostasis in rat platelets:comparative study with human platelets., American Journal of Physiology, 266巻, pp. R651-R657, 19940301
  58. Erythrocyte sodium cannot predict hypotensive effects of calcium channel blockers., Japanese Journal of Nephrology, 35巻, 11号, pp. 1227-1231, 19931101
  59. Na+ - Ca2+ exchange modulates Ca2+ handling of human platelets by altering intracellular Ca2+ store size., Journal of Hypertension, 11巻, 10号, pp. 1089-1095, 19931001
  60. Primary Aldosteronism with ipsilateral adrenal cyst: report of a case., Endocrine Journal, 40巻, 5号, pp. 619-624, 19931001
  61. Platelet calcium handling in spontaneously hypertensive rats and in three strains of normotensive rats., Journal of Hypertension, 11巻, 5号, pp. 509-514, 19930501
  62. Familial influence upon NaCl sensitivity in patients with essential hypertension., Journal of Hypertension, 10巻, 9号, pp. 1089-1094, 19920901
  63. Time-course of changes in intracellular cations and blood pressure with salt loading in patients with essential hypertension, Journal of Hypertension, 9巻, 6号, pp. S302-S303, 19911201
  64. Role of intracellular cation abnormalities in development of left ventricular hypertrophy., Journal of Cardiovascular Pharmacology, 17巻, S2号, pp. S107-S109, 19910201

著書等出版物

  1. 2005年, 血管病におけるゲノム損傷と修復異常, 広島大学原爆放射線医科学研究, 研究代表者 石田 万里
  2. 2018年03月08日, 最新Body CT診断, CTにおける被ばくの生物学的影響, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2018年, 3, 単行本(学術書), 共著, 福本航,石田万里,田代聡, 79-100
  3. 2018年03月16日, がん患者の心臓を守る! 腫瘍循環器学Q&A, 放射線治療による心血管合併症について教えてください, 文光堂, 2018年, 3, 単行本(学術書), 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Cigarette smoke extract induces the release of nuclear and mitochondrial DNA into the cytosol and chronic inflammation via activation of the cGAS-STING pathway., Ueda K, Ishida M, Sakai C, Yoshizumi M, Ishida T, 第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月03日, 通常, 日本語
  2. Role of XRCC3 polymorphism in hypertension-induced left ventricular hypertrophy, Sakai C, Ishida M, Tashiro S, Yoshizumi M, Ishida T, 第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月02日, 通常, 日本語
  3. Role of Impaired DNA Damage Response in the Initiation and Progression of Atherosclerosis., Sakai C, Ishida M, Tashiro S, Yoshizumi M, Ishida T, The 84th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, 2020年07月27日, 通常, 英語
  4. タバコ煙抽出物の内皮細胞に及ぼす影響ーDNA損傷・老化の観点から , 石田万里、坂井千恵美、上田桂太郎、吉栖正生、石田隆史 , 第97回日本生理学会大会 , 2020年03月19日, 通常, 日本語, 別府(大分) ビーコンプラザ(新型コロナウィルス感染症発生・拡大のため 紙上開催)
  5. DNA損傷修復不全による動脈硬化進展メカニズムの探索, 坂井千恵美、石田万里、田代聡、吉栖正生、石田隆史, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月03日, 通常, 日本語
  6. Influence of Different Iodinated Contrast Material on the Induction of DNA Damage by Cardiac CT., Sakane H, Fukumoto W, Sakai C, Ishida M, Tashiro S, Awai K., RSNA 2019, 2019年12月01日, 通常, 英語
  7. Assessment of DNA Damage Induced by Different Tube Voltage CT Scan Using γH2AX Focus Assay., Sakane H, Fukumoto W, Sakai C, Ishida M, Tashiro S, Awai K., RSNA 2019, 2019年12月01日, 通常, 英語
  8. 『教えて先輩』「基礎研究をしている女性循環器医」, 石田万里, 第115回 日本循環器学会中国地方会, 2019年11月30日, 招待, 日本語
  9. 女性医師の立ち位置―女性医師支援の立場から〜広島大学病院の取り組み, 石田万里、小林正夫、粟井和夫, 第33回日本臨床内科医会, 2019年10月13日, 招待, 日本語
  10. 脈管疾患と医療放射線被ばく, 59. 石田万里、田代聡、吉栖正生、石田隆史, 59. 石田万里、田代聡、吉栖正生、石田隆史, 第60回日本脈管学会総会, 2019年10月11日, 招待, 日本語
  11. 放射線検査がもたらすDNA損傷の検討, 坂根寛晃、福本航、坂井千恵美、時林、衣笠泰葉、石田万里、粟井和夫、田代聡, 第44回中国地区放射線影響研究会, 2019年08月02日, 通常, 日本語
  12. 喫煙習慣によるDNA損傷の炎症惹起・活性化を起因とした動脈硬化発症における役割, 石田万里, 2019年度喫煙科学研究発表会, 2019年07月23日, 通常, 日本語
  13. ゲノム損傷と炎症・動脈硬化, 石田万里、坂井千恵美、吉栖正生、石田隆史, 51回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2019年07月12日, 招待, 日本語
  14. タバコ煙抽出物のDNA損傷および細胞老化への関与, 坂井千恵美、石田万里、上田桂太郎、田代聡、吉栖正生、石田隆史, 第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2019年07月11日, 通常, 日本語
  15. 医師の働き方改革-女性医師支援の立場から ~広島大学病院の取り組み~, 石田万里,小林正夫,粟井和夫, 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2019年06月27日, 招待, 日本語
  16. Omega-3 fatty acids attenuate oxidative stress-induced DNA damage in vascular endothelial cells, 坂井千恵美、石田万里、吉栖正生、石田隆史, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年12月14日, 通常, 日本語
  17. n-3系多価不飽和脂肪酸は抗酸化作用により血管内皮細胞のDNA損傷を軽減する, 坂井千恵美、石田万里、吉栖正生、石田隆史, 脳心血管抗加齢研究会2018, 2018年12月09日, 通常, 日本語
  18. 女性医師支援-広島大学病院における取り組み, 石田万里, 平成30年度 女性医師支援担当者連絡会, 2018年12月09日, 招待, 日本語
  19. DNA damage in peripheral blood lymphocytes Induced by low-dose chest CT: Comparison with standard dose chest CT., H. Sakane, C. Sakai, M. Ishida, W. Fukumoto, S. Tashiro, K. Awai., RSNA 2018, 2018年11月25日, 通常, 英語
  20. 医師の働き方改革―女性医師支援の立場から, 石田万里, 第71回 広島医学会総会, 2018年11月11日, 招待, 日本語
  21. DNA damage and inflammatory cytokine expression induced by radiation exposure from cardiac catheterization-an analysis in patients and operators., Yuichiro Jin, Takafumi Ishida, Shunsuke Watanabe, Lin Shi, Chiemi Sakai, Masayoshi Oikawa, Atsushi Kobayashi, Takayoshi Yamaki, Hiroyuki Kunii, Kazuhiko Nakazato, Mari Ishida, Satoshi Tashiro, Yasuchika Takeishi, American Heart Association, Scientific Session 2018., 2018年11月10日, 通常, 英語
  22. n-3系多価不飽和脂肪酸は血管内皮細胞のDNA損傷を軽減する, 坂井千恵美,石田万里,吉栖正生,石田隆史, 第59回日本脈管学会総会, 2018年10月25日, 通常, 日本語
  23. 高血圧性心肥大発症とDNA 修復メカニズムとの関連, 石田万里,石田隆史, 第41回日本高血圧学会総会, 2018年09月15日, 招待, 日本語
  24. 味噌で脳卒中が予防できるか, 渡邊 敦光 、笹谷 めぐみ 、佐藤 健一 、宮坂 勇一郎、石田 万里 、吉栖 正生, 第41回日本高血圧学会総会, 2018年09月14日, 通常, 日本語
  25. 喫煙習慣によるDNA損傷の炎症惹起・活性化を起因とした動脈硬化発症における役割, 石田万里, 第33回喫煙科学研究財団研究発表会, 2018年07月24日, 通常, 日本語
  26. みそによるDNA損傷抑制効果, 石田万里, 石田 隆史,田代 聡,粟井 和夫, 第5回みそサイエンス研究会総会, 2018年06月05日, 通常, 日本語, 東京
  27. Radiation sensitivity of patients with the past history of lung cancer, 20180415, 坂根寛晃、福本航、坂井千恵美、時林、石田万里、宮田義浩、岡田守人、田代聡、粟井和夫, 第77回日本医学放射線学会総会, 2018年04月15日, 通常, 日本語
  28. Role of XRCC3 in cardiac hypertrophy., The 1st JCS Council Forum on Basic Cardiovascular Reserch, 2018年01月06日, 通常, 英語
  29. 低線量胸部CTにおけるDNA損傷の検討, 20171210, 坂根寛晃、福本航、坂井千恵美、時林、石田万里、宮田義浩、岡田守人、田代聡、粟井和夫, 第129回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2017年12月10日, 通常, 日本語
  30. ゲノム修復関連蛋白XRCC3遺伝子多型は高血圧性心肥大の発症に関与する, 石田万里, 石田万里、坂井千恵美、日下美穂、吉栖正生、石田隆史, 第40回日本高血圧学会総会, 2017年10月22日, 通常, 日本語
  31. 医学教育の視点で職場の男女共同参画を考える. , 石田万里, 第66回医学教育セミナーとワークショップ in 岡山大学, 2017年10月14日, 招待, 日本語
  32. ゲノム損傷と動脈硬化, 石田万里、坂井千恵美、吉栖正生、石田隆史, 第49回日本動脈硬化学会総会, 2017年07月06日, 招待, 日本語
  33. 第49回日本動脈硬化学会総会, 2017年07月06日, 通常, 英語
  34. みそによるDNA損傷抑制効果, 石田万里, 坂井千恵美,平川稔明,田代聡,吉栖正生,石田隆史, 第4回みそサイエンス研究会総会, 2017年06月06日, 招待, 日本語
  35. 第81回日本循環器学会学術集会, 2017年03月17日, 通常, 英語
  36. 2017年02月22日, 通常, 英語
  37. 放射線診断検査によるDNA損傷の検討, 石田万里、坂井千恵美、福本航、粟井和夫、吉栖正生、石田隆史., 第57回日本脈管学会総会, 2016年10月14日, 通常, 日本語
  38. n-3系多価不飽和脂肪酸は血管内皮細胞のDNA損傷を軽減する, 坂井千恵美、石田万里、上田瞳、吉栖正生、石田隆史, 第39回日本高血圧学会総会, 2016年09月30日, 通常, 日本語, 仙台
  39. RSNA2015, 2015年12月02日, 通常, 英語
  40. ゲノム修復関連蛋白XRCC3の遺伝子多型と心肥大の関連, 坂井千恵美, 石田万里,アリヤンディ・アンディ,日下美穂,平昭浩司,吉栖正生,石田隆史, 第38回日本高血圧学会総会, 2015年10月09日, 通常, 日本語
  41. Fish oils, eicosapentaenoic acid and docosahexaenoic acid, attenuate oxidative stress-induced DNA damage in vascular endothelial cells., 坂井千恵美、石田万里、木原康樹、吉栖正生、石田隆史, 2015年08月30日, 通常, 英語
  42. オメガ-3系脂肪酸による血管内皮細胞のゲノム保護作用, 石田万里、石田隆史、坂井千恵美、アリヤンディ アンディ、木原康樹、吉栖正生, 第55回日本脈管学会総会, 2014年10月30日, 通常, 日本語
  43. エイコサペンタエン酸は血管内皮細胞のDNA損傷を軽減する., 坂井千恵美、石田万里、木原康樹、吉栖正生、石田隆史, 第46回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2014年07月10日, 通常, 日本語
  44. 石田万里、石田隆史、木原康樹、吉栖正生, 第78回日本循環器学会総会学術集会, 2014年03月22日, 通常, 日本語, 日本循環器学会
  45. Takafumi ishida, Mari Ishida, Chiemi Sakai, Masao Yoshizumi, Yasuki Kihara., 第45回 日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2013年, 通常, 日本語
  46. Cigarette Smoking Induces DNA Damage in Human Mononuclear Cells, 石田 万里, The76th Anuual scientific meeting of the Japanese circulation society, 2012年, 通常, 日本語
  47. Eicosapentaenoic Acid Rreduces Formation of Abdominal Aortic Aneurysm in Osteoprotegerin Knock Out Mice., Bumdelger Batmunkh, Mari Ishida, Masayuki Fujii, Chiemi Sakai, Takafumi Ishida, Masao Yoshizumi, 第76回日本循環器学会学術集会, 2012年, 通常, 英語
  48. DNA Double-Strand Breaks: A Possible Mechanisms for Atherosclerosis Formation and Progression, 石田 万里, 1st RIRBM international symposium Genome damage and non-cancerous diseases, 2011年03月, 招待, 日本語
  49. テルミサルタンはPPARg非依存的に血管平滑筋細胞の遊走を抑制する, 石田 万里, 第34回日本高血圧学会総会, 2011年, 通常, 日本語
  50. Oxidative Stress Induces DNA Double Strand Breaks and Activation of DNA Damage Responses in Vascular Cells, 石田 万里, 1st RIRBM international symposium Genome damage and non-cancerous diseases, 2011年, 通常, 日本語
  51. DNA Double-Strand Breaks: A Possible Mechanisms for Atherosclerosis Formation and Progression, 石田 万里, 1st RIRBM international symposium Genome damage and non-cancerous diseases, 2011年, 通常, 日本語
  52. Oxidative Stress Induces DNA Double Strand Breaks and Activates DNA Damage Responses in Vascular Smooth Muscle Cells: A Possible Mechanism for Atherosclerosis Progression, 石田 万里, Basic Cardiovascular Sciences, 2011 Scientific Sessions, American Heart Association, 2011年, 通常, 日本語
  53. The role of DNA double strand breaks in atherosclerosis, 石田 万里, The XXth World Congress of the International Society of Heart Research, 2010年, 通常, 日本語
  54. OXIDATIVE STRESS INDUCES DNA DOUBLE-STRAND BREAKS AND DNA DAMAGE RESPONSE, 石田 万里, International Academy of Cardiology, 15th World Congress on Heart Disease, 2010年, 通常, 日本語
  55. The Role of DNA Double Strand Breaks in Atherosclerosis and Vascular Smooth Muscle Cell Apoptosis, 石田 万里, 第41回日本動脈硬化学会総会, 2009年, 通常, 日本語
  56. Role of Src and Cas in Dorsal ruffling, lamellipodia and migration in vascular smooth muscle cells., 石田 万里, The 73rd Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, 2009年, 通常, 日本語
  57. The Role of DNA Double Strand Breaks in Atherosclerosis and Vascular Smooth Muscle Cell Apoptosis., 石田 万里, 第12回 Molecular Cardiovascular Conference, 2009年, 通常, 日本語
  58. 動脈硬化の成因としてのゲノム損傷・修復, 石田 万里, 第93回日本循環器学会中四国地方会, 2008年, 通常, 日本語
  59. c-Src and Its Substrates Play a Pivotal Role in Migration of Vascular Smooth Muscle Cells., 石田 万里, 第40回日本動脈硬化学会学術集会, 2008年, 通常, 日本語
  60. DNA Double-Strand Breaks: A Possible Mechanisms for Atherosclerosis Formation and Progression, 石田 万里, The Fifth International Symposium of Hiroshima University 21st Century COE Program, 2008年, 通常, 日本語

受賞

  1. 1991年, ヨーロッパ高血圧学会 Travel Awards for Young Investigators
  2. 1994年, 日本心臓財団・バイエル薬品 海外留学助成
  3. 2002年, 日本心臓財団・ゼリア 分子循環器研究助成
  4. 2003年, 高血圧と動脈硬化研究会部会優秀賞
  5. 2005年, 武田科学振興財団報彰基金研究奨励賞, 心血管疾患におけるゲノム損傷と修復異常の関与ー動脈硬化および心肥大における検討
  6. 2006年, 黒住医学研究振興財団, 血中遊離DNA量測定による動脈硬化の病態解析の試み
  7. 2007年, 広島大学後援会教育研究一般助成, 心血管疾患におけるゲノム障害・修復機構の役割ー動脈硬化性疾患診断への応用ー
  8. 2007年, 広島大学女性研究者奨励賞, 動脈硬化の成因としてのDNA二重鎖切断・修復機構の重要性とその治療応用
  9. 2008年, 先進医薬研究振興財団 循環医学分野一般研究助成, 動脈硬化の成因としてのDNA二重鎖切断・修復機構の重要性とその治療応用

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 喫煙科学研究財団 R2年特定研究 研究助成, 喫煙習慣によるDNA損傷の炎症惹起・活性化を起因とした動脈硬化発症における役割, 2020年
  2. 民間からの助成金, MAPキナーゼの新しい基質Mnk1の血管平滑筋細胞における機能, 2002年
  3. 民間からの助成金, MAPキナーゼの新しい基質Mnk1の血管平滑筋細胞における機能, 2003年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), MAPキナーゼの新しい基質Mnk1の血管平滑筋細胞における機能の探索, 2003年, 2004年
  5. 心肥大・動脈硬化の新規メカニズムendoreduplicationに関わる遺伝子多型, 2005年
  6. 民間からの助成金, 心血管疾患におけるゲノム損傷と修復異常の関与ー動脈硬化および心肥大における検討, 2005年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), Mnk1/2の心血管リモデリングにおける機能の解析, 2005年, 2006年
  8. 民間からの助成金, 血中遊離DNA量測定による動脈硬化の病態解析, 2006年
  9. 民間からの助成金, 血中遊離DNA量測定による動脈硬化の病態解析の試み, 2006年
  10. 心血管疾患におけるゲノム障害・修復機構の役割ー動脈硬化性疾患診断への応用ー, 2007年
  11. 動脈硬化成因としてのDNA二重鎖切断・修復機構の重要性とその治療応用, 2007年
  12. 動脈硬化成因としてのDNA二重鎖切断・修復機構の重要性とその治療応用, 2007年
  13. 民間からの助成金, 動脈硬化の成因としてのDNA二重鎖切断・修復機構の重要性とその治療応用, 2008年
  14. DNA損傷の定量による動脈硬化マーカーの開発, 2011年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 血管病におけるゲノム損傷と修復異常, 2003年, 2004年
  16. 科学研究費助成事業(萌芽研究), ジーントラップ法を用いた蛋白合成制御とその異常による発がん機構の解明, 2003年, 2004年
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 動脈硬化におけるDNA二重鎖切断とその修復機構の役割の解明, 2007年, 2008年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 動脈硬化の DNA 損傷・修復機構連関に基づく新規診断法の開発, 2010年, 2012年
  19. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 分子生物学と医工学を用いた大動脈瘤病態への新規アプローチ, 2010年, 2012年
  20. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 酸化ストレス応答のマスター転写因子Bach1を標的とした心血管疾患治療の開発, 2011年, 2013年
  21. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), CTにおける放射線被ばくのDNA損傷に対する影響の検討, 2013年, 2015年
  22. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 放射線誘発性動脈硬化性疾患の発症メカニズムにおけるDNA損傷応答の役割, 2013年, 2016年
  23. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), DNA損傷の定量を基盤とした心血管病リスクマーカーの確立, 2015年, 2018年
  24. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), DNA損傷の定量を基盤とした心血管病リスクマーカーの確立, 2015年, 2017年
  25. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 放射線誘発性動脈硬化性疾患の発症メカニズムにおけるDNA損傷応答の役割, 2015年, 2016年
  26. アストラゼネカ研究サポート, 放射線誘発相脈硬化性疾患の発症メカニズムにおけるDNA損傷応答の役割, 2015年
  27. 平成28年度研究助成, 味噌によるDNA損傷抑制効果, 2016年, 2016年
  28. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 放射線治療にともなう心血管疾患の分子病態の解明と予知-DNA損傷の視点から, 2017年, 2019年
  29. 財団法人 土谷記念医学振興基金 研究助成, 低線量CT検査による被曝の影響の検討, 2016年, 2018年
  30. 平成29年度研究助成, 味噌によるDNA損傷抑制効果2, 2017年, 2017年
  31. 平成29年度特定研究 研究助成, 喫煙習慣によるDNA損傷の炎症惹起・活性化を起因とした動脈硬化発症における役割, 2017年, 2017年
  32. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 心筋梗塞後リモデリングにおけるDNA損傷応答-炎症連関の探索, 2018年, 2020年
  33. 喫煙科学財団 H30年特定研究 研究助成, 喫煙習慣によるDNA損傷の炎症惹起・活性化を起因とした動脈硬化発症における役割, 2018年
  34. 喫煙科学研究財団 H31年特定研究 研究助成, 喫煙習慣によるDNA損傷の炎症惹起・活性化を起因とした動脈硬化発症における役割, 2019年

社会活動

委員会等委員歴

  1. COVID-19対策特命チーム, 2020年01月, 日本循環器学会
  2. 監事, 2020年10月, 2021年09月, 日本高血圧学会
  3. 子育て支援事業運営委員会委員, 2020年08月, 2021年08月, 広島県医師会
  4. 女性医師部会委員, 2020年08月, 2021年08月, 広島県医師会
  5. 総務委員, 2020年06月, 2021年05月, 日本循環器学会
  6. 総務委員会情報広報部会委員, 2020年06月, 2021年05月, 日本循環器学会
  7. 5カ年計画検討部会予防・国民への啓発SWG委員, 2020年06月, 2021年05月, 日本循環器学会
  8. 将来構想検討委員, 2020年06月, 2021年05月, 日本循環器学会
  9. 第9回臨床高血圧フォーラム演題選定委員, 2020年01月, 2020年12月, 日本高血圧学会
  10. 理事候補者資格審査委員, 2020年01月, 2020年06月, 日本高血圧学会
  11. 監事, 2019年08月, 2020年08月, 日本高血圧学会
  12. 日本高血圧学会資格・施設認定委員会, 2019年07月, 2020年06月, 日本高血圧学会
  13. 総務委員会情報広報部会委員, 2019年06月, 日本循環器学会
  14. 5カ年計画検討部会予防・国民への啓発SWG委員, 2019年06月, 2020年05月, 日本循環器学会
  15. 総会演題選定委員, 2019年06月, 2020年05月, 日本高血圧学会
  16. 予防委員, 2019年06月, 2020年05月, 日本循環器学会
  17. ダイバーシティ推進委員会, 2019年05月, 2020年06月, 日本高血圧学会
  18. 女性医師部会委員, 2019年04月, 2020年03月, 広島県医師会
  19. ダイバーシティ推進委員会, 2018年09月16日, 2020年10月24日, 日本高血圧学会
  20. 監事, 2018年09月, 2020年09月, 日本高血圧学会
  21. 女性医師部会委員, 2018年07月, 2020年06月, 広島県医師会
  22. 日本高血圧学会資格・施設認定委員会, 2018年07月, 2020年06月, 日本高血圧学会
  23. 総務委員会情報広報部会委員, 2018年06月, 2020年06月, (社)日本循環器学会
  24. 5カ年計画検討部会予防・国民への啓発SWG委員, 2018年06月, 2020年06月, (社)日本循環器学会
  25. 株式会社中国新聞社, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  26. 日下医院, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  27. (株)中国新聞輸送, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  28. 子育て支援事業運営(準備)委員会委員, 2017年12月, 2018年06月, 広島県医師会
  29. 日本高血圧学会理事候補資格審査委員会, 2017年10月, 日本高血圧学会
  30. 日本高血圧学会総会プログラム委員, 2017年05月, 日本高血圧学会
  31. 日本高血圧学会総会査読委員, 2017年05月, 日本高血圧学会
  32. 広島県医師会女性医師部会委員, 2017年05月, 広島県医師会
  33. 日本高血圧学会ダイバーシティ推進委員会, 2017年05月, 日本高血圧学会
  34. 日本高血圧学会国際FJSH委員会, 2017年05月, 日本高血圧学会
  35. 日本高血圧学会禁煙委員会, 2017年05月, 日本高血圧学会
  36. 日本高血圧学会資格・施設認定委員会, 2017年05月, 日本高血圧学会
  37. 第40回日本高血圧学会総会査読委員, 2017年03月, 2017年06月, 日本高血圧学会
  38. 男女共同参画委員会, 2016年12月, 2018年09月, 日本高血圧学会
  39. 資格・施設認定・カリキュラム小委員会, 2016年12月, 2018年09月, 日本高血圧学会
  40. 国際FJSH検討ワーキング, 2016年12月, 2018年09月, 日本高血圧学会
  41. 禁煙推進委員会, 2016年12月, 2018年09月, 日本高血圧学会
  42. 第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会ワーキング委員会, 2016年06月, 2017年07月
  43. 広島県医師会女性医師部会委員, 2016年06月, 2018年06月
  44. 若手研究者活性化委員会, 2016年05月, 2017年05月, 日本高血圧学会
  45. 日本高血圧学会総会プログラム委員, 2016年05月, 2017年05月, 日本高血圧学会
  46. 日本高血圧学会評議員, 2016年04月
  47. 第5回臨床高血圧フォーラム演題選定委員, 2016年01月, 2016年05月
  48. 学会プログラム委員, 2015年10月, 2016年10月, 日本高血圧学会
  49. 禁煙推進ワーキング, 2015年05月, 2017年05月, 日本高血圧学会
  50. 臨床高血圧フォーラム演題選定委員, 2015年04月, 日本高血圧学会
  51. 査読委員, 2015年04月, 日本動脈硬化学会
  52. 日本高血圧学会総会査読委員, 2015年04月, 日本高血圧学会
  53. 日本高血圧学会男女参画委員会, 2014年10月, 2016年10月, 日本高血圧学会
  54. 若手研究者活性化委員会, 2014年10月, 2016年10月, 日本高血圧学会
  55. 日本高血圧学会資格・施設認定委員会, 2020年10月, 2022年09月, 日本高血圧学会
  56. ダイバーシティ推進委員会, 2020年09月16日, 2022年10月24日, 日本高血圧学会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第11回呉市民ハートフォーラム , 心臓・血管の病気と老化の関係 , 呉循環器研究会, 2019年/06月/15日, 2019年/06月/15日, 呉市文化ホール(呉), 講師, 講演会, 社会人・一般
  2. 日本高血圧協会主催 市民公開講座 , 『健康寿命延伸は高血圧管理から』, 日本高血圧学会, 市民公開講座, 2019年/05月/27日, 2019年/05月/27日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  3. 女子医学生と女性医師のランチ交流会, 広島大学病院女性医師支援センター, 女子医学生と女性医師のランチ交流会, 2019年/12月/12日, 2019年/12月/12日, 広仁会館中会議室, 企画, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 大学生
  4. 女子医学生と女性医師のランチ交流会, 2015年/11月/25日, 2015年/11月/25日, 企画, サイエンスカフェ
  5. 禁煙で動脈硬化リスク減, 中国新聞, 中国新聞, 2014年/08月/09日, 2014年/08月/09日, 中国新聞朝刊30面, 取材協力, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  6. 日本高血圧協会主催 高血圧・循環器病予防療養指導士 広島セミナー , 高齢者の高血圧・脂質異常症・糖尿病(認知症合併を含む), 日本高血圧学会, 資格取得用セミナー, 2020年/11月/29日, 2020年/11月/29日, 広島(Web), 講師, 講演会, 社会人・一般