田島 誉久TAKAHISA TAJIMA

Last Updated :2019/07/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 先端・細胞機能工学(先端支援室) 助教
ホームページ
メールアドレス
ttajimahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目3番1号 先端科学総合研究棟703N
TEL:082-424-7871 FAX:082-424-7047

基本情報

主な職歴

  • 2004年04月01日, 2007年03月31日, 独立行政法人 製品評価技術基盤機構, バイオテクノロジー本部, 研究員
  • 2007年04月01日, 2009年09月30日, 財団法人 地球環境産業技術研究機構, バイオ研究グループ, 研究員
  • 2009年10月01日, 広島大学大学院先端物質科学研究科, 助教

学歴

  • 広島大学, 先端物質科学研究科, 分子生命機能科学専攻, 日本, 2001年04月, 2004年03月

学位

  • 博士(工学) (広島大学)
  • 修士(工学) (広島大学)

教育担当

  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生物工学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生物工学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 生物工学プログラム

研究分野

  • 工学 / プロセス・化学工学 / 生物機能・バイオプロセス
  • 農学 / 農芸化学 / 応用微生物学

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 1ターム, 工学プログラミング基礎
  2. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 生物工学実験I
  3. 2019年, 学部専門, 3ターム, 情報分子生物学
  4. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生命機能科学セミナー
  5. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 分子生命機能科学セミナー
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生物工学特別演習B
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学演習
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生物工学特別演習A
  9. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物工学特別演習A
  10. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生物工学特別演習B
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Chemotaxis of the nematode Caenorhabditis elegans toward cycloheximide and quinine hydrochloride, Journal of Bioscience and Bioengineering, 91巻, 3号, pp.322-pp.324, 200103
  2. Behavioral responses of the ciliated protozoan Paramecium caudatum to 2,4-dichlorophenoxyacetic acid and its analogues, Journal of Bioscience and Bioengineering, 93巻, 4号, pp.416-pp.420, 200204
  3. ★, Mutants of the nematode Caenorhabditis elegans that are defective specifically in their attraction to cycloheximide, Journal of Bioscience and Bioengineering, 96巻, 2号, pp.149-pp.153, 200308
  4. Sequence analysis of three plasmids harboured in Rhodococcus erythropolis strain PR4, Environmental Microbiology, 8巻, 2号, pp.334-pp.346, 2006
  5. ★, ゲノムに潜む未知な機能と遺伝子, 日本生物工学会誌, 88巻, 7号, pp.355, 20100701
  6. Development of butanol-tolerant Bacillus subtilis strain GRSW2-B1 as a potential bioproduction host., AMB Express, 1巻, pp.10, 20110501
  7. Genome sequence of a mesophilic hydrogenotrophic methanogen Methanocella paludicola, the first cultivated representative of the order Methanocellales, ProS One, 6巻, 7号, pp.e22898, 20110701
  8. Identification and characterization of methyl-accepting chmotaxis proteins for trichloroethylene in Pseudomonas putida F1, Journal of Environmental Biotechnology, 11巻, 41276号, pp.83-pp.87, 20111201
  9. Characterization of Acetonitrile-Tolerant Marine Bacterium Exiguobacterium sp SBH81 and Its Tolerance Mechanism, Microbes and Environments, 27巻, 1号, pp.30-pp.35, 20120316
  10. ★, Isolation and characterization of tetrahydrofuran-degrading Rhodococcus aetherivorans strain M8, Process Biochemistry, 47巻, 11号, pp.1665-pp.1669, 201211
  11. Construction and application of an Escherichia coli bioreporter for aniline and chloroaniline detection, Journal of Industrial Microbiology & Biotechnology, 39巻, 12号, pp.1801-pp.1810, 201212
  12. Identification of Chemotaxis Sensory Proteins for Amino Acids in Pseudomonas fluorescens Pf0-1 and Their Involvement in Chemotaxis to Tomato Root Exudate and Root Colonization, Microbes and Environments, 27巻, 4号, pp.462-pp.469, 20121207
  13. Development of a genetic transformation and heterologous expression system for the carboxydotrophic thermophilic acetogen Moorella thermoacetica, Proceedings of the First Joint Conference in Renewable Energy and Nanotechnology, -巻, -号, pp.198-pp.201, 20121101
  14. Ethanol production from brown algae with alginate-degrading microbial consortia, Proceedings of 19th Regional Symposium of Chemical Engineering, -巻, -号, pp.A-02-1-4, 20121101
  15. Development of genetic transformation and heterologous expression system in carboxydotrophic thermophilic acetogen Moorella thermoacetica, Journal of Bioscience and Bioengineering, 115巻, 4号, pp.347-pp.352, 201304
  16. Improvement of (R)-1,3-butanediol production by engineered Escherichia coli, Journal of Bioscience and Bioengineering, 115巻, 5号, pp.475-pp.480, 201305
  17. Engineering of a functional thermostable kanamycin resistance marker for use in Moorella thermoacetica ATCC39073, FEMS Microbiology Letters, 343巻, 1号, pp.8-pp.12, 201306
  18. ★, Construction of a simple biocatalyst using psychrophilic bacterial cells and its application for efficient 3-hydroxypropionaldehyde production from glycerol, AMB Express, 3巻, 1号, pp.69, 2013
  19. Identification of CtpL as a Chromosomally Encoded Chemoreceptor for 4-Chloroaniline and Catechol in Pseudomonas aeruginosa PAO1, Applied and Environmental Microbiology, 79巻, 23号, pp.7241-pp.7248, 201312
  20. Degradation of chloroanilines by toluene dioxygenase from Pseudomonas putida T57, Journal of Bioscience and Bioengineering, 117巻, 3号, pp.292-pp.297, 201403
  21. Enhancement of (R)-1,3-butanediol production by engineered Escherichia coli using a bioreactor system with strict regulation of overall oxygen transfer coefficient and pH, Bioscience Biotechnology and Biochemistry, 78巻, 4号, pp.695-pp.700, 201404
  22. Enhanced 3-methylcatechol production by Pseudomonas putida TODE1 in a two-phase biotransformation system, Journal of General and Applied Microbiology, 60巻, 5号, pp.183-pp.190, 2014
  23. Evaluation of marine sediments as microbial sources for methane production from brown algae under high salinity, Bioresource Technology, 169巻, pp.362-pp.366, 201410
  24. Value-added lipid production from brown seaweed biomass by two-stage fermentation using acetic acid bacterium and thraustochytrid, Applied Microbiology and Biotechnology, 98巻, 22号, pp.9207-pp.9216, 201411
  25. Identification of Pseudomonas fluorescens Chemotaxis Sensory Proteins for Malate, Succinate, and Fumarate, and Their Involvement in Root Colonization, Microbes and Environments, 29巻, 4号, pp.413-pp.419, 20141219
  26. Behavior of Organics in Kelp during Hydrothermal Pretreatment: Fundamental Characteristics and Effect of Salt, 日本エネルギー学会誌, 93巻, 5号, pp.531-pp.535, 2014
  27. Improved methane production from brown algae under high salinity by fed-batch acclimation, Bioresource Technology, 187巻, pp.275-pp.281, 201507
  28. Construction of CoA-dependent 1-butanol synthetic pathway functions under aerobic conditions in Escherichia coli, Journal of Biotechnology, 204巻, pp.25-pp.32, 201506
  29. Metabolic engineering for improved production of ethanol by Corynebacterium glutamicum, Applied Microbiology and Biotechnology, 99巻, 3号, pp.1165-pp.1172, 2015
  30. Characterization of a halotolerant acetoclastic methanogen highly enriched from marine sediment and its application in removal of acetate, Journal of Bioscience and Bioengineering, 121巻, 2号, pp.196-pp.202, 2015
  31. Bacterial community structure and predicted alginate metabolic pathway in an alginate-degrading bacterial consortium, Journal of Bioscience and Bioengineering, 121巻, 3号, pp.286-pp.292, 2016
  32. Dysgonomonas alginatilytica sp. nov., a novel alginate-degrading bacterium isolated from microbial consortium, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, 65巻, pp.3570-pp.3575, 2015
  33. ★, Efficient aspartic acid production by a psychrophile-based simple biocatalyst, JOURNAL OF INDUSTRIAL MICROBIOLOGY & BIOTECHNOLOGY, 42巻, 10号, pp.1319-pp.1324, 2015
  34. Identification of the mcpA and mcpM Genes, Encoding Methyl-Accepting Proteins Involved in Amino Acid and L-Malate Chemotaxis, and Involvement of McpM-Mediated Chemotaxis in Plant Infection by Ralstonia pseudosolanacearum (Formerly Ralstonia solanacearum Phylotypes I and III), APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY, 81巻, 21号, pp.7420-pp.7430, 2015
  35. Determination of Mannitol Decomposition Rate under Hydrothermal Pretreatment Condition, Journal of the Japan Petroleum Institute, 58巻, pp.252-pp.255, 20150901
  36. Effect of salinity on methanogenic propionate degradation by acclimated marine sediment-derived culture, Applied Biochemistry and Biotechnology, 177巻, 7号, pp.1541-pp.1552, 2015
  37. Determination of Mannitol Decomposition Rate under Hydrothermal Pretreatment Condition, JOURNAL OF THE JAPAN PETROLEUM INSTITUTE, 58巻, 4号, pp.252-pp.255, 201507
  38. Semi-continuous methane production from undiluted brown algae using a halophilic marine microbial community, BIORESOURCE TECHNOLOGY, 200巻, pp.616-pp.623, 201601
  39. Isolation and characterization of bacterium producing lipid from short-chain fatty acids, BIORESOURCE TECHNOLOGY, 201巻, pp.215-pp.221, 201602
  40. High-rate Fermentation of Acetate to Methane under Saline Condition by Aceticlastic Methanogens Immobilized in Marine Sediment, Journal of the Japan Petroleum Institute, 59巻, 1号, pp.9-pp.15, 201602
  41. Kinetics of Sorbitol Decomposition under Hydrothermal Condition, JOURNAL OF THE JAPAN PETROLEUM INSTITUTE, 59巻, 4号, pp.149-pp.154, 201607
  42. Decomposition Kinetics of Mannose, Its Sugar Alcohol, and Its Uronic Acid under Hydrothermal Condition, JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, 49巻, 7号, pp.663-pp.667, 201607
  43. Identification and characterization of chemosensors for D-malate, unnatural enantiomer of malate, in Ralstonia pseudosolanacearum, MICROBIOLOGY-SGM, 163巻, 2号, pp.233-pp.242, 201702
  44. Decomposition kinetics of uronic acids obtained from kelp under hydrothermal condition, JOURNAL OF THE ENERGY INSTITUTE, 90巻, 2号, pp.185-pp.190, 201704
  45. Homolactic Acid Fermentation by the Genetically Engineered Thermophilic Homoacetogen Moorella thermoacetica ATCC 39073, APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY, 83巻, 8号, 201704
  46. In-situ Mass Spectroscopic Analysis of Glucose Decomposition under Hydrothermal Condition: Quantitative Analysis for Reaction Kinetics, JOURNAL OF THE JAPAN PETROLEUM INSTITUTE, 60巻, 2号, pp.101-pp.109, 201703
  47. In situ mass spectrometry of glucose decomposition under hydrothermal reactions, KOREAN JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING, 34巻, 5号, pp.1524-pp.1530, 201705
  48. 低炭素ケミカル生産のためのシンプル酵素触媒, ケミカルエンジニヤリング, 61巻, 3号, pp.1-pp.5, 2016
  49. 海洋大型藻類からのエネルギー・マテリアル回収, 環境バイオテクノロジー学会学会誌, 16巻, 1号, pp.3-pp.9, 2016
  50. Identification of boric acid as a novel chemoattractant and elucidation of its chemoreceptor in Ralstonia pseudosolanacearum Ps29, SCIENTIFIC REPORTS, 7巻, 20170817
  51. Real-Time Mass Spectrometric Analysis of Hydrothermal Reaction Products, INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH, 56巻, 36号, pp.9993-pp.9998, 20170913
  52. Thermophilic ethanol fermentation from lignocellulose hydrolysate by genetically engineered Moorella thermoacetica, BIORESOURCE TECHNOLOGY, 245巻, pp.1393-pp.1399, 201712
  53. Improved methanization and microbial diversity during batch mode cultivation with repetition of substrate addition using defined organic matter and marine sediment inoculum at seawater salinity, BIORESOURCE TECHNOLOGY, 245巻, pp.833-pp.840, 201712
  54. Quantitative In Situ Mass Spectrometry Analysis of Mannitol Decomposition Products under Hydrothermal Conditions, ENERGY & FUELS, 31巻, 10号, pp.10866-pp.10873, 201710
  55. Negative chemotaxis of Ralstonia pseudosolanacearum to maleate and identification of the maleate chemosensory protein, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 124巻, 6号, pp.647-pp.652, 201712
  56. Involvement of many chemotaxis sensors in negative chemotaxis to ethanol in Ralstonia pseudosolanacearum Ps29, MICROBIOLOGY-SGM, 163巻, 12号, pp.1880-pp.1889, 201712
  57. Efficient conversion of mannitol derived from brown seaweed to fructose for fermentation with a thraustochytrid, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 125巻, 2号, pp.180-pp.184, 201802
  58. Isolation of High Carotenoid-producing Aurantiochytrium sp Mutants and Improvement of Astaxanthin Productivity Using Metabolic Information, JOURNAL OF OLEO SCIENCE, 67巻, 5号, pp.571-pp.578, 201805
  59. Revisiting the genome sequence of Aeropyrum pernix K1, 国際極限環境生物シンポジウム講演集, 2005巻, 0号, pp.316-pp.316, 2007

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Genetic analysis of organic solvent tolerance in Rhodococcus opacus B4, T. Tajima, A. Kita, K. Tsuruta, Y. Tojo, Y. Nakashimada, J. Kato, Asian Congress on Biotechnology 2011 (ACB2011), 2011年05月12日, 通常, 英語, 上海, 中国
  2. Development of basic technology for butanol bioproduction using organic solvent-tolerant bacterium, N. Kataoka, M. Shikaze, A. Kongpol, AS. Vangnai, T. Tajima, Y. Nakashimada, J. Kato, Asian Congress on Biotechnology 2011 (ACB2011), 2011年05月12日, 通常, 英語, 上海, 中国
  3. Bacterial chemotacxis to environmental pillutants and identification of its chemosensory proteins, J. Kato, S. Oku, A.S. Vangnai, Y. Nakashimada, T. Tajima, Asian Congress on Biotechnology 2011 (ACB2011), 2011年05月12日, 通常, 英語, 上海, 中国
  4. 有機溶媒耐性細菌Pseudomonas putida T57株に用いたハロフェノールの生産, 梶原理恵、渥美貴大、工藤大蔵、中島田豊、田島誉久、加藤純一, 環境バイオテクノロジー学会2011年度大会, 2011年06月21日, 通常, 日本語, 環境バイオテクノロジー学会, 東京
  5. Pseudomonas putida F1のトリクロロエチレンに対する正の走化性機構の解明, 奥正太、木下閣基、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 生物工学若手研究者の集い2011, 2011年07月16日, 通常, 日本語
  6. 低温菌によるシンプル生体触媒の構築, 田島誉久、婦木耕嗣、中島田豊、加藤純一, 第63回日本生物工学会, 2011年09月27日, 通常, 日本語, 東京農工大学
  7. Pseudomonas putida F1のトリクロロエチレンに対する走化性センサーの特定, 奥正太、木下閣基、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 第63回日本生物工学会, 2011年09月27日, 通常, 日本語, 東京農工大学
  8. Pseudomonas fluorescens Pf0-1株の植物関連物質に対する走化性, 奥正太、桒野靖之、小松彩夏、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 第63回日本生物工学会, 2011年09月27日, 通常, 日本語, 東京農工大学
  9. 微生物二相培養系に用いる新規培養装置の検討, 滝口昇、柴田優作、田島誉久、加藤純一, 第63回日本生物工学会, 2011年09月27日, 通常, 日本語, 東京農工大学
  10. 合成ガス資化性好熱性細菌Moorella thermoaceticaにおける遺伝子組換え技術の開発, 喜多晃久、岩崎祐樹、奥戸慎也、酒井伸介、髙岡一栄、鈴木徹、村上克治、矢野伸一、澤山茂樹、田島誉久、加藤純一、西尾尚道、中島田豊, 第63回日本生物工学会, 2011年09月27日, 通常, 日本語, 東京農工大学
  11. Enterobacter aerogenes HUC201株によるグリセロール含有バイオディーゼル廃液からのエタノール発酵法の開発, 下吹越雅人、柿薗俊英、田島誉久、西尾尚道、加藤純一、中島田豊, 第63回日本生物工学会, 通常, 日本語, 東京農工大学
  12. H2-CO2からの酢酸・エタノール生産菌の探索, 村上直之、田島誉久、加藤純一、中島田豊、二階堂輝之、河田直紀、山本浩明、松本明子, 第63回日本生物工学会, 2011年09月27日, 通常, 日本語, 東京農工大学
  13. 人工腸管モデルにおける菌叢多様性に及ぼす担体の効果, 中島田豊、石原和範、田島誉久、柿薗俊英、加藤純一、西尾尚道、藤井敏雄、吉田聡, 第63回日本生物工学会, 通常, 日本語, 東京農工大学
  14. 植物関連走化性機構を利用したPseudomonas fluorescens の走化性強化株の作出と解析, 奥正太、小松彩夏、手島恭子、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 第28回日本微生物生態学会, 2011年09月19日, 通常, 日本語, 豊橋技術科学大学
  15. Pseudomonas fluorescens Pf0-1における有機酸走化性センサーの特定と根コロニー形成に関する研究, 奥正太、小松彩夏、手島恭子、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 2011年09月19日, 通常, 日本語, 豊橋技術科学大学
  16. Some approaches for bioproduction of hydrophilic chemicals, J. Kato, K. Honda, A. Kuroda, T. Tajima, The 2nd iBioP Asian Symposium (iBioP2011), 2011年12月15日, 通常, 英語, 浦項, 韓国
  17. Bioproduction of catechols in solvent-tolerant bacetrium Pseudomonas putida T-57 by two-phase reaction system, T. Tajima, T. Atsumi, S. Takeshita, Y. Nakashimada, J. Kato, The 2nd iBioP Asian Symposium (iBioP2011), 2011年12月15日, 招待, 英語, 浦項, 韓国
  18. 有機溶媒耐性細菌Pseudomonas putida T-57株によるカテコール化合物の生産, 渥美 貴大、田島 誉久、片岡 尚也、工藤 大蔵、中島田 豊、加藤 純一, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012年03月23日, 通常, 日本語, 京都女子大学
  19. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum の植物関連物質に対する走化性の解析, 奥 正太、中里 憲司、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012年03月23日, 通常, 日本語, 京都女子大学
  20. 合成ガス資化性好熱性細菌Moorella thermoaceticaの遺伝子組換えマーカー遺伝子の探索, 岩崎 祐樹、喜多 晃久、酒井 伸介、矢野 伸一、村上 克治、高岡 一栄、田島 誉久、加藤 純一、中島田 豊, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012年03月23日, 通常, 日本語, 京都女子大学
  21. Pseudomonas putida T-57によるハロフェノールとハロカテコールの生成, 田島誉久、渥美貴大、梶原理恵、工藤大蔵、中島田豊、加藤純一, 2012年06月25日, 通常, 日本語, 京都大学
  22. 低温菌Shewanella livingstonenesis Ac10によるシンプル生体触媒構築, 工藤大蔵、婦木耕嗣、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 環境バイオテクノロジー学会2012年度大会, 2012年06月25日, 通常, 日本語
  23. 根圏での植物-細菌相互作用に関わる走化性気候の解析, 奥正太、中里憲司、小松彩夏、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 環境バイオテクノロジー学会2012年度大会, 2012年06月25日, 通常, 日本語, 京都大学
  24. Pseudomonas aeruginosa PAO1の環境汚染物質に対する走化性~モデル細菌を用いた走化性センサータンパク質の特定とその応用に関する研究, 奥正太、竹内一起、木下閣基、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 生物工学若手研究者の集い2012, 2012年06月30日, 通常, 日本語, 岩沼, 宮城
  25. 合成ガス資化性好熱性細菌Moorella thermoacetica における遺伝子組換え技術の開発, 岩崎祐樹、田島誉久、加藤純一、中島田豊, 2012年06月30日, 通常, 日本語, 岩沼, 宮城
  26. Identification of chemosensory proteins involved in root colonization of plant-growth-promoting rhizobacterium Pseudomonas fluorescens, J. Kato, S. Oku, T. Tajima, Y. Nakashimada, 15th International Biotechnology Symposium and Exhibition (IBS2012), 2012年09月, 通常, 英語, 大邱, 韓国
  27. Bioproduction of catechols by Pseudomonas putida T-57, T. Tajima, T. Atsumi, N. Kataoka, D. Kudou,Y. Nakashimada, J. Kato, 15th International Biotechnology Symposium and Exhibition (IBS2012), 2012年09月, 通常, 英語, 大邱, 韓国
  28. 低温菌を利用したシンプル酵素変換技術による1,3-プロパンジオールの生産, 婦木耕嗣、片岡尚也、田島誉久、工藤大蔵、中島田豊、加藤純一, 第64回日本生物工学会, 2012年10月24日, 通常, 日本語, 神戸国際会議場
  29. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum の植物感染に関わる走化性機構の解析, 奥 正太、米田 佳那子、中里 憲司、高西 寿洋、緋田 安希子、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第64回日本生物工学会, 2012年10月24日, 通常, 日本語, 神戸国際会議場
  30. Pseudomonas aeruginosa PAO1の環境汚染物質走化性機構の解明, 竹内一起、奥 正太、Nitisakulkan Tisana、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第64回日本生物工学会, 2012年10月24日, 通常, 日本語, 神戸国際会議場
  31. 指数流下法によるバイオディーゼル廃液からの高収率エタノール生産条件の検討, 中島田豊、下吹越雅人、田島誉久、加藤純一、西尾尚道, 第64回日本生物工学会, 2012年09月25日, 通常, 日本語, 神戸国際会議場
  32. 水産資源からのバイオ燃料生産技術の開発, 山口健志、河田悟史、田島誉久、加藤純一、西尾尚道、中島田豊, 第64回日本生物工学会, 2012年09月25日, 通常, 日本語
  33. 低温菌を利用した効率的な生体触媒の構築, 田島誉久、婦木耕嗣、工藤大蔵、片岡尚也、中島田豊、加藤純一, 第16回生体触媒化学シンポジウム, 2012年11月29日, 通常, 日本語, 富山県民会館
  34. 効率的に化学品生成を行う完全合成生体触媒の構築, 田島誉久、婦木耕嗣、片岡尚也、中島田豊、加藤純一, バイオマス科学会議, 2013年01月09日, 通常, 日本語, 広島大学
  35. 大型藻類の完全資源化基盤技術の開発, 中島田豊、田島誉久、秋庸裕、岡村好子、松村幸彦, バイオマス科学会議, 2013年01月09日, 通常, 日本語, 広島大学
  36. 海洋大型藻類有効活用のための水熱前処理の基礎検討, 松本龍之介、秋庸裕、岡村好子、田島誉久、中島田豊、松村幸彦, バイオマス科学会議, 2013年01月09日, 通常, 日本語, 広島大学
  37. テトラヒドロフランをγ-ブチロラクトンに変換する生体触媒の構築, 田島 誉久、小村 彰裕、中島田 豊、加藤 純一, 日本農芸化学会2013年度大会, 通常, 日本語, 東北大学
  38. 大腸菌による(R)-1,3-ブタンジオール生産の効率化, 片岡 尚也、VANGNAI Alisa S.、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 日本農芸化学会2013年度大会, 2013年03月26日, 通常, 日本語
  39. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum の有機酸走化性と植物感染への影響, 加藤 純一、奥 正太、中里 憲司、高西 寿洋、緋田 安希子、TUNCHAI Mattana、米田 佳那子、田島 誉久、中島田 豊, 日本農芸化学会2013年度大会, 2013年03月25日, 通常, 日本語, 東北大学
  40. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum の植物ホルモン走化性と植物感染への影響, 奥 正太、中里 憲司、高西 寿洋、緋田 安希子、TUNCHAI Mattana、米田 佳那子、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 日本農芸化学会2013年度大会, 2013年03月25日, 通常, 日本語, 東北大学
  41. 4-Chloroaniline degradation by toluene dioxygenase pathway from Pseudomonas putida T-57, Tisana Nitisakulkan, Daizou Kudou, Shota Oku, Alisa S. Vangnai, Takahisa Tajima, Yutaka Nakashimada, Junichi Kato, 日本農芸化学会2013年度大会, 2013年03月26日, 通常, 英語, 東北大学
  42. 低温菌を利用したシンプル酵素変換技術による物質変換, 田島誉久、婦木耕嗣、平井慶輔、中島田豊、加藤純一, 環境バイオテクノロジー学会2013年度大会, 2013年05月30日, 通常, 日本語, 北九州国際会議場
  43. 青枯病菌Ralstonia solanacearumの植物感染に関わる走化性機構の解析, 奥正太、緋田安希子、Tunchai Mattana、中里憲司、髙西寿洋、米田佳那子、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 環境バイオテクノロジー学会2013年度大会, 2013年05月30日, 通常, 日本語, 北九州国際会議場
  44. Highly sensitive chemotactic responses to L-malate and D-malate by Ralstonia solanacearum and their application to inhibition of plant infection, Mattana Tunchai, Shota Oku, Takahisa Tajima, Yutaka Nakashimada, Junichi Kato, 環境バイオテクノロジー学会2013年度大会, 2013年05月30日, 通常, 英語, 北九州国際会議場
  45. 4-Chloroaniline degradation by toluene dioxygenase from Pseudomonas putida T-57, Tisana Nitisakulkan, Daizou Kudou, Shota Oku, Alisa S. Vangnai, Takahisa Tajima, Yutaka Nakashimada, Junichi Kato, 環境バイオテクノロジー学会2013年度大会, 2013年05月30日, 通常, 英語, 北九州国際会議場
  46. 低温菌を利用したシンプル酵素変換触媒の構築, 田島誉久、婦木耕嗣、平井慶輔、中島田豊、加藤純一, 生物工学若手研究者の集い2013, 2013年07月13日, 通常, 日本語, 宮崎シーガイア
  47. 大腸菌による1,3-ブタンジオール生産の効率化, 片岡尚也、Vangnai Akisa S、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 生物工学若手研究者の集い2013, 2013年07月13日, 通常, 日本語, 宮崎シーガイア
  48. Pseudoalteromonas fluorescensの植物-微生物相互作用に重要な走化性強化と根定着への影響, 奥正太、小松彩夏、三浦愛美、手島恭子、桒野靖之、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 生物工学若手研究者の集い2013, 2013年07月13日, 通常, 日本語, 宮崎シーガイア
  49. 青枯病菌Ralstonia solanacearumのアミノ酸走化性と植物感染への影響, 奥正太、緋田安希子、Tunchai Mattana、米田佳那子、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 生物工学若手研究者の集い2013, 2013年07月13日, 通常, 日本語, 宮崎シーガイア
  50. 酸化還元反応による有用物質生産へのギ酸デヒドロゲナーゼの利用, 植田浩充、片岡尚也、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 生物工学若手研究者の集い2013, 2013年07月13日, 通常, 日本語
  51. 物質生産を志向した合成ガス資化性好熱性細菌の代謝経路の解析, 岩崎祐樹、喜多晃久、田島誉久、加藤純一、中島田豊, 生物工学若手研究者の集い2013, 2013年07月13日, 通常, 日本語, 宮崎シーガイア
  52. 合成ガス資化性菌Acetobacterium woodiiにおける遺伝子導入法の開発, 森分勇人、田島誉久、加藤純一、中島田豊, 生物工学若手研究者の集い2013, 2013年07月13日, 通常, 日本語, 宮崎シーガイア
  53. 合成ガス資化性菌Acetobacterium woodiiの電気培養法の開発, 福本直樹、田島誉久、加藤純一、中島田豊, 生物工学若手研究者の集い2013, 2013年07月13日, 通常, 日本語, 宮崎シーガイア
  54. 低温菌を用いたシンプル酵素変換技術による1,3-プロパンジオールの生産, 平井 慶輔、婦木 耕嗣、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第65回日本生物工学会, 2013年09月18日, 通常, 日本語, 広島国際会議場
  55. 大腸菌による1,3-ブタンジオール生産の効率化, 片岡 尚也、VANGNAI Alisa S.、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第65回日本生物工学会, 2013年09月18日, 通常, 日本語, 広島国際会議場
  56. 酸化還元反応による有用物質生産へのギ酸デヒドロゲナーゼの利用, 植田 浩充、片岡 尚也、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第65回日本生物工学会, 2013年09月18日, 通常, 日本語, 広島国際会議場
  57. Pseudomonas fluorescens の植物-微生物相互作用に重要な走化性の強化と根定着能の解析, 奥 正太、小松 彩夏、三浦 愛美、手島 恭子、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第65回日本生物工学会, 2013年09月18日, 通常, 日本語, 広島国際会議場
  58. 青枯病菌Ralstonia solanacearumのアミノ酸走化性と植物感染への影響, 緋田安希子、奥正太、Tunchai Mattana、中里憲司、髙西寿洋、米田佳那子、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 第65回日本生物工学会, 2013年09月18日, 通常, 日本語, 広島国際会議場
  59. Pseudomonas aeruginosa PAO1 の環境汚染物質走化性機構の解明, 竹内 一起、奥 正太、Nitisakulkan TISANA、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一:, 第65回日本生物工学会, 2013年09月18日, 通常, 日本語, 広島国際会議場
  60. 合成ガス資化性好熱性細菌Moorella thermoaceticaにおける酢酸生合成経路の解析, 岩崎 祐樹、喜多 晃久、酒井 伸介、庄 智裕、斉藤 政宏、村上 克治、田島 誉久、加藤 純一、中島田 豊, 第65回日本生物工学会, 2013年09月18日, 通常, 日本語, 広島国際会議場
  61. 海洋由来微生物菌叢による褐藻のメタン発酵特性, 三浦 豊和、福本 直樹、喜多 晃久、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第65回日本生物工学会, 2013年09月18日, 通常, 日本語, 広島国際会議場
  62. 嫌気的アルギン酸分解菌叢の解析, 喜多 晃久、三浦 豊和、河田 悟史、山口 健志、田島 誉久、加藤 純一、西尾 尚道、中島田 豊, 第65回日本生物工学会, 2013年09月18日, 通常, 日本語, 広島国際会議場
  63. H2-CO2資化性菌Acetobacterium woodiiの電気培養法の開発, 福本 直樹、田島 誉久、加藤 純一、中島田 豊, 第65回日本生物工学会, 2013年09月18日, 通常, 日本語, 広島国際会議場
  64. 中温性H2-CO2資化性菌Acetobacterium woodiiにおける遺伝子導入技術の開発及び、2-プロパノール生産への応用, 森分 勇人、田島 誉久、加藤 純一、中島田 豊, 第65回日本生物工学会, 2013年09月18日, 通常, 日本語, 広島国際会議場
  65. 隔壁付加微生物二相培養システムの3メチルカテコール生産への影響, 滝口 昇、笠井 達彦、田島 誉久、加藤 純一, 第65回日本生物工学会, 2013年09月18日, 通常, 日本語, 広島国際会議場
  66. Pseudomonas fluorescens Pf0-1の植物関連物質走化性の解析と植物根定着への影響, 奥 正太、小松 彩夏、桑野靖之、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第29回日本微生物生態学会, 2013年11月23日, 通常, 日本語, 鹿児島大学
  67. 青枯病菌Ralstonia solanacearum の植物関連物質走化性と植物感染への影響, 緋田安希子、奥 正太、中里憲司、米田佳那子、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第29回日本微生物生態学会, 2013年11月23日, 通常, 日本語, 鹿児島大学
  68. 青枯病菌Ralstonia solanacearum における走化性センサー遺伝子発現の網羅的解析, 奥 正太、三谷久美恵、緋田安希子、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第29回日本微生物生態学会, 2013年11月23日, 通常, 日本語, 鹿児島大学
  69. Pseudomonas fluorescens Pf0-1走化性の植物成長促進根圏細菌(PGPR)への応用:PGPR走化性機構の解析と走化性強化PGPR作出法の検討, 奥 正太、三浦愛美、小松彩夏、手島恭子、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第29回日本微生物生態学会, 2013年11月23日, 通常, 日本語, 鹿児島大学
  70. 青枯病菌Ralstonia solanacearum の植物感染に関わる植物ホルモン走化性の解析と植物感染プロセス定量化手法の検討, 奥 正太、三浦愛美、小松彩夏、手島恭子、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一:, 第29回日本微生物生態学会, 2013年11月23日, 通常, 日本語, 鹿児島大学
  71. Construction of simple biocatalysts for efficient bio-production, Takahisa Tajima, Koji Fuki, Mai Hamada, Yutaka Nakashimada, Junichi Kato, 7th International Congress on Biocatalysis 2014, 2014年08月14日, 通常, 英語, ハンブルク工科大学, ドイツ
  72. 低温菌シンプル酵素変換技術によるフマル酸からのアスパラギン酸の生成, 浜田 麻衣、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第66回日本生物工学会, 2014年09月10日, 通常, 日本語, 札幌コンベンションセンター
  73. 組換え大腸菌による好気的ブタノール生成, 片岡 尚也、Vangnai Alisa S、加藤 純一、藥師 寿治、松下 一信, 第66回日本生物工学会, 2014年09月10日, 通常, 日本語, 札幌コンベンションセンター
  74. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum の有機酸走化性と植物感染への影響, 緋田 安希子、奥 正太、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第66回日本生物工学会, 2014年09月10日, 通常, 日本語, 札幌コンベンションセンター
  75. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum の走化性センサー遺伝子の発現パターン解析, 三谷 公美惠、奥 正太、緋田 安希子、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第66回日本生物工学会, 2014年09月10日, 通常, 日本語, 札幌コンベンションセンター
  76. Pseudomonas protegens CHA0 のアミノ酸走化性強化の試み, 三浦 愛美、奥 正太、末松 真樹子、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第66回日本生物工学会, 2014年09月10日, 通常, 日本語, 札幌コンベンションセンター
  77. 合成ガス資化性好熱性細菌 Moorella thermoacetica の外来遺伝子発現強化に関する研究, 三好 佑季、岩崎 祐樹、酒井 伸介、庄 智裕、斉藤 政宏、村上 克治、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 第66回日本生物工学会, 2014年09月10日, 通常, 日本語, 札幌コンベンションセンター
  78. 大型藻類の無加水耐塩メタン発酵菌叢の構築, 三浦 豊和、福本 直樹、喜多 晃久、矢野 友寛、秋 庸裕、岡村 好子、松村 幸彦、田島 誉久、加藤 純一、中島田 豊, 第66回日本生物工学会, 2014年09月10日, 通常, 日本語, 札幌コンベンションセンター
  79. 木質系バイオマスの湿式ミリング処理によるメタン発酵への影響, 仁木 大輔、田島 誉久、大塚 祐一郎、中村 雅哉、金原 和秀、佐々木 健、中島田 豊、加藤 純一, 第66回日本生物工学会, 2014年09月10日, 通常, 日本語, 札幌コンベンションセンター
  80. Pseudomonas putida T-57 株を用いたハロカテコール生産の条件検討, 小坂 文彦、田島 誉久、加藤 純一、滝口 昇:, 第66回日本生物工学会, 2014年09月10日, 通常, 日本語, 札幌コンベンションセンター
  81. 低温菌Shewanella livingstonensis Ac10 の増殖向上に関する試み, 田島 誉久、宮原 裕之、中島田 豊、加藤 純一, 環境微生物系学会合同大会, 2014年10月22日, 通常, 日本語, アクトシティ浜松
  82. 根コロニー形成に関わる走化性の「個性」―植物有益細菌と植物病原菌の比較から―, 奥 正太、緋田 安希子、Tunchai Mattana、三谷 公美惠、末松 真樹子、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 環境微生物系学会合同大会, 2014年10月22日, 通常, 日本語, アクトシティ浜松
  83. 青枯病菌Ralstonia solanacearum の植物感染に重要な走化性物質の探索, 緋田 安希子、奥 正太、田島 誉久、中島田 豊、加藤 純一, 環境微生物系学会合同大会, 2014年10月22日, 通常, 日本語, アクトシティ浜松
  84. 低温菌を利用した効率的な物質変換触媒の構築, 田島 誉久, 新化学技術推進協会 学産交流セッション, 2014年10月30日, 招待, 日本語, 新化学技術推進協会, 新化学技術推進協会(東京)
  85. Studies on inhibitory effects of malic acid on plant infection of Ralstonia solanacearum, Mattana Tunchai, Shota Oku, Akiko Hida, Takahisa Tajima, Yutaka Nakashimada, Junichi Kato, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015年03月28日, 通常, 英語, 岡山大学
  86. Studies on chemotactic response of Ralstonia solanacearum and their application to inhibit plant infection., Mattana Tunchai, Shota Oku, Akiko Hida, Takahisa Tajima and Junichi Kato, 2015年05月30日, 通常, 英語
  87. 複数のリガンドが存在するときの走化性挙動に関する研究, 鳥越美玖, 奥正太, 緋田安希子, 田島誉久, 加藤純一, 環境バイオテクノロジー学会2015年度大会, 2015年06月29日, 通常, 日本語
  88. 青枯病菌Ralstonia solanacearumの走化性機構解析とその応用, 緋田安希子, 奥正太, Mattana Tunchai, 田島誉久, 加藤純一, 環境バイオテクノロジー学会2015年度大会, 2015年06月29日, 通常, 日本語
  89. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum の「逃げる」走化性の解析, 奥 正太, 緋田 安希子, Tunchai Mattana, 田島 誉久, 中島田 豊, 加藤 純一, 日本微生物生態学会第30回大会, 2015年10月17日, 通常, 日本語
  90. Identification chemoreceptor for D-malic acid, an unnatural occurred form, in Ralstonia solanacearum, Mattana Tunchai, Shota Oku, Akiko Hida, Takahisa Tajima, Yutaka Nakashimada, Junichi Kato, 日本微生物生態学会第30回大会, 2015年10月17日, 通常, 英語
  91. Bacterial chemotaxis as a strategy for survival in soil ecosystem, Junichi Kato, Shota Oku, Akiko Hida, Mattana Tunchai, Alisa Vangnai, Takahisa Tajima, 日本微生物生態学会第30回大会, 2015年10月17日, 通常, 英語
  92. 根コロニー形成に関わる走化性の「個性」-植物有益細菌と植物病原菌の比較から-, 奥 正太, 緋田 安希子, Mattana Tunchai ,三谷 公美惠, 末松 真樹子, 田島 誉久,中島田 豊, 加藤 純一, 日本微生物生態学会第30回大会, 2015年10月17日, 通常, 日本語, 土浦
  93. 低温菌シンプル酵素変換触媒による1,3-プロパンジオール生産, 田島 誉久, 平井 慶輔, 婦木 耕嗣, 中島田 豊, 加藤 純一, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月27日, 通常, 日本語, 鹿児島
  94. 低温菌シンプル酵素変換触媒によるマンニトールの効率的変換, 宮原 裕之, 田島 誉久, 秋 庸裕, 岡村 好子, 松村 幸彦, 中島田 豊, 加藤 純一, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月27日, 通常, 日本語, 鹿児島
  95. 複数のリガンドが存在するときの走化性挙動に関する研究, 鳥越 美玖, 奥 正太, 緋田 安希子, 田島 誉久, 中島田 豊, 加藤 純一, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月27日, 通常, 日本語, 鹿児島
  96. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum の逃避行動に関わる走化性の解析, 奥 正太, 緋田 安希子, Tunchai Mattana, 田島 誉久, 中島田 豊, 加藤 純一, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月27日, 通常, 日本語, 鹿児島
  97. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum のホウ酸走化性, 緋田 安希子, 奥 正太, Tunchai Mattana, 田島 誉久, 中島田 豊, 加藤 純一, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月26日, 通常, 日本語, 鹿児島
  98. 固定化菌体二相培養系によるハロカテコール生産に対するpH の影響評価, 滝口 昇, 田島 誉久, 加藤 純一, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月27日, 通常, 日本語, 鹿児島
  99. 大型藻類の耐塩無加水半連続メタン発酵, 三浦 豊和, 喜多 晃久, 岡村 好子, 秋 庸裕, 松村 幸彦, 田島 誉久, 加藤 純一, 中島田 豊, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月27日, 通常, 日本語, 鹿児島
  100. 共生系によるアルギン酸の嫌気的分解機構の解析, 喜多 晃久, 三浦 豊和, 岡村 好子, 秋 庸裕, 松村 幸彦, 田島 誉久, 加藤 純一, 西尾 尚道, 中島田 豊, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月27日, 通常, 日本語, 鹿児島
  101. 大型藻類のメタン発酵を阻害する塩の影響についての動力学的解析, 矢野 友寛, 宮本 翔太, 三浦 豊和, 喜多 晃久, 田島 誉久, 加藤 純一, 秋 庸裕, 岡村 好子, 松村 幸彦, 中島田 豊, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月27日, 通常, 日本語, 鹿児島
  102. 合成ガス資化性好熱性細菌Moorella thermoacetica 代謝変異株によるエタノール生産, 吉田 嵩一郎, 岩崎 祐樹, 三好 佑季, 河合 優人, 喜多 晃久, 酒井 伸介, 庄 智裕,斉藤 政宏, 村上 克治, 星野 保, 田島 誉久, 中島田 豊, 加藤 純一, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月27日, 通常, 日本語, 鹿児島
  103. Chemotaxis of Ralstonia solanacearum as a Target to Control Bacterial Wilt Disease, Mattana Tunchai, Shota Oku, Akiko Hida, Takahisa Tajima, Yutaka Nakashimada and Junichi Kato, Asian Congress on Biotechnology 2015 (ACB2015): Biotechnology and Bioeconomy for Sustainable Future, 2015年11月16日, 通常, 英語, Kuala Lumpur, Malaysia
  104. The Production of Ethanol with Metabolism Mutant of Thermophillic Bacteria Moorella thermoacetica ATCC39073, Yuki Iwasaki, Koichiro Yoshida, Akihisa Kita, Shinsuke Sakai, Tomohiro Sho, Masahiro Saito, Katsuji Murakami, Takahisa Tajima, Junichi Kato, Yutaka Nakashimada, The 4th Joint Conference on Renewable Energy and Nanotechnology, 2015年12月06日, 通常, 英語, Ehime
  105. Effect of salt concentration on anaerobic digestion of macroalgae: a kinetic study, Tomohiro Yano, Shota Miyamoto, Toyokazu Miura, Akihisa Kita, Takahisa Tajima, Junichi Kato, Tsunehiro Aki, Yoshiko Okamura, Yukihiko Matsumura, Yutaka Nakashimada, The 4th Joint Conference on Renewable Energy and Nanotechnology, 2015年12月06日, 通常, 英語, Ehime
  106. Elucidation of the role of chemotaxis in Ralstonia solanacearum during plant-invasion stage and its application to control plant infection., Mattana Tunchai, Akiko Hida, Shota Oku, Takahisa Tajima, Yutaka Nakashimada and Junichi Kato, Gordon Research Seminar (GRS): Novel ideas on bacterial sensing of environmental cues and functional responses, 通常, 英語, Ventura, California, USA
  107. Reconstruction of a stable anaerobic bacterial consortium capable of degrading alginate, A. Kita, T. Miura, Y. Okamura, T. Aki, Y. Matsumura, T. Tajima, J. Kato, N. Nishio, Y. Nakashimada, 3rd Asian Conference on Biomass Science, 通常, 英語, Niigata
  108. 大型藻類の耐塩無加水半連続メタン発酵の改善, 三浦豊和,喜多晃久,岡村好子,秋庸裕,松村幸彦,田島誉久,加藤純一,中島田豊, 第11回バイオマス科学会議, 2016年01月20日, 通常, 日本語, 新潟
  109. Process designand evaluation of supercritical water gasification of tomato residue, パークサンナッタシャー,加藤純一,中島田豊,松村幸彦, 2016年01月20日, 通常, 英語, 新潟
  110. コンブの水熱前処理におけるウロン酸の挙動, 伊藤大志,井上修平,秋庸裕,中島田豊,岡村好子,田島誉久,松村幸彦, 第11回バイオマス科学会議, 2016年01月20日, 通常, 日本語, 新潟
  111. Realtime mass analysis for hydrothermal decomposition of mannuronic acid, Pattasuda DUANGKAEW,Rozyanti Mohamad,井上修平,秋庸裕,中島田豊,岡村好子,田島誉久,松村幸彦, 第11回バイオマス科学会議, 2016年01月20日, 通常, 英語, 新潟
  112. 低温菌シンプル酵素触媒におけるアスパラギン酸の生産, 羅宮臨風、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 環境バイオテクノロジー学会2016年度大会, 2016年06月13日, 通常, 日本語
  113. 低温菌Shewanella frigidimarinaにおける高発現プロモーターの探索, 土井和博、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 環境バイオテクノロジー学会2016年度大会, 2016年06月13日, 通常, 日本語
  114. 青枯病菌Ralstonia solanacearum のtwitching motility阻害剤の探索, 伊達修平、Mattana Tunchai、緋田安希子、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 環境バイオテクノロジー学会2016年度大会, 2016年06月13日, 通常, 日本語
  115. Characterization of the tartrate chemoreceptors in Ralstonia solanacearum, Mattana Tunchai, Akiko Hida, Shota Oku, Takahisa Tajima, Yutaka Nakashimada and Junichi Kato, 環境バイオテクノロジー学会2016年度大会, 2016年06月13日, 通常, 英語
  116. 海洋性微生物資源を活用した大型藻類からのエネルギー・物質生産, 中島田豊、喜多晃久、三浦豊和、秋庸裕、岡村好子、松村幸彦、田島誉久、加藤純一, 環境バイオテクノロジー学会2016年度大会, 2016年06月14日, 招待, 日本語
  117. 低温菌を活用したシンプル酵素変換触媒, 田島誉久, 新化学技術推進協会ライフサイエンス技術部会・反応分科会講演会:「人工代謝経路の構築による化学品の生産技術」, 2016年07月12日, 招待, 日本語
  118. 海洋性メタン発酵モデルの構築, 矢野 友寛, 三浦 豊和, 喜多 晃久, 田島 誉久, 加藤 純一, 秋 庸裕, 岡村 好子, 松村 幸彦, 中島田 豊, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月28日, 通常, 日本語
  119. 褐藻の耐塩半連続メタン生産における固形分添加量増加による過負荷の影響, 三浦 豊和, 喜多 晃久, 岡村 好子, 秋 庸裕, 松村 幸彦, 田島 誉久, 加藤 純一, 中島田 豊, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月28日, 通常, 日本語
  120. Alginate degradation product of anaerobic bacterium supports growth of oleaginous thraustochytrid, Aurantiochytrium sp., Kim Hazel V. Arafiles, Yuri Eramoto, Kenshi Watanabe, Akihisa Kita, Yoshiko Okamura, Takahisa Tajima, Yukihiko Matsumura, Yutaka Nakashimada, Tsunehiro Aki, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月28日, 通常, 日本語
  121. 海洋底泥中における共生系アルギン酸分解メカニズムの解明と揮発性脂肪酸生産への応用, 喜多 晃久, 三浦 豊和, 岡村 好子, 秋 庸裕, 松村 幸彦, 田島 誉久, 加藤 純一, 西尾 尚道, 中島田 豊, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月28日, 通常, 日本語
  122. ラビリンチュラ類Aurantiochytrium 属のメタボローム解析による育種標的の探索, 渡邉 研志, Arafiles Kim Hazel V. , 岡村 好子, 田島 誉久, 松村 幸彦, 中島田 豊, 秋 庸裕, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月28日, 通常, 日本語
  123. Ralstonia solanacearum の twitching motility 阻害剤の探索, 伊達 修平,緋田 安希子, 田島 誉久, 中島田 豊, 加藤 純一, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月28日, 通常, 日本語
  124. 青枯病菌Ralstonia solanacearum のホウ酸走化性に関わる新規センサータンパク質の解析, 緋田 安希子, 田島 誉久, 中島田 豊, 加藤 純一, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月28日, 通常, 日本語
  125. シンプル酵素触媒構築を目指した低温菌における鉄誘導型プロモーターの探索, 土井 和博, 田島 誉久, 中島田 豊, 加藤 純一, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月28日, 通常, 日本語
  126. シンプル触媒におけるアスパラギン酸生産, 羅 宮臨風, 田島 誉久, 中島田 豊, 加藤 純一, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月28日, 通常, 日本語
  127. シンプル酵素触媒を利用したグリセロールから1,3-PDの生産, 津々木亜美,平井慶輔, 婦木耕嗣, 田島誉久, 中島田豊, 加藤純一, 第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, 2016年12月10日, 通常, 日本語
  128. 複数のリガンドが存在する時細菌走化性挙動に関する研究, 鳥越美玖,緋田 安希子, Mattana Tunchai ,田島誉久, 中島田豊, 加藤純一, 第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, 2016年12月10日, 通常, 日本語
  129. 低温菌シンプル酵素触媒を用いた海洋バイオマスの物質変換, 田島誉久, 第48回広島大学バイオマスイブニングセミナー(第4回広大ACEセミナー), 2016年12月19日, 通常, 日本語
  130. Psychrophile-based Simple bioCatalyst (PSCat) for efficient bioconversion of marine biomass, Takahisa Tajima, The 3rd Japan-Hawaii Joint Workshop, 2016年11月01日, 通常, 英語
  131. Identification and characterization of chemotactic transducers for a non- natural enantiomer of malate in Ralstonia solanacearum, Tunchai Mattana, Akiko Hida, Yutaka Nakashimada, Takahisa Tajima, Junichi Kato, 17th International Biotechnology Symposium and Exhibition, 2016年10月25日, 通常, 英語, Melbourne Convention Centre, Melbourne, Australia
  132. 低温菌シンプル酵素触媒を用いた海洋バイオマスの物質変換, 田島誉久, 第48回広島大学バイオマスイブニングセミナー(第4回広大ACEセミナー), 2016年12月19日, 招待, 日本語, 広島大学バイオマスプロジェクト研究センター、中国地域バイオマス利用研究会, 広島
  133. シンプル酵素でコンブを効率的に変換する, 田島誉久, さらに進んだ海洋バイオマス利用研究-CRESTプロジェクトの成果から, 2017年03月13日, 招待, 日本語, 中国地域バイオマス利用研究会, 広島
  134. Efficient conversion of carbohydrate derived from brown seaweed by psychrophile-based simple biocatalyst, Tajima T, Tomita K, Miyahara H, Watanabe K, Aki T, Okamura Y, Matsumura, Y, Nakashimada Y, Kato, The 11th Asia-Pacific Marine Biotechnology Conference, 2017年05月24日, 通常, 英語, Hawaii University
  135. Bioproduction by psychrophile-based simple biocatalysts, Takahisa Tajima, Mai Hamada, Koji Fuki, Yutaka Nakashimada, Junichi Kato, The 1st International Symposium on Fuels and Energy, 2017年07月11日, 通常, 英語
  136. Efficient conversion system with NADH regeneration by the psychrophile-based simple biocatalyst, Kazumasa Mori, Ami Tsuzuki, Takahisa Tajima, Yutaka Nakashimada, Junichi Kato, The 1st International Symposium on Fuels and Energy, 2017年07月11日, 通常, 英語
  137. Efficient conversion of mannitol by the psychrophile-based simple biocatalyst, Kousuke Tomita, Takahisa Tajima, Kenshi Watanabe, Aki Tsunehiro, Yoshiko Okamura, Yukihiko Matsumura, Yutaka nakashimada, Junichi Kato, The 1st International Symposium on Fuels and Energy, 2017年07月11日, 通常, 英語
  138. Carboxylic acid production by psychrophlie-based simple catalyst, Luo Gonglinfeng, Takahisa Tajima, Yutaka Nakashimada, Junichi Kato, The 1st International Symposium on Fuels and Energy, 2017年07月11日, 通常, 英語
  139. Ralstonia solanacearum の走化性センサー遺伝子の機能発現に関する研究, 竹下正記、緋田安希子、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 生物工学若手研究者の集い2017夏のセミナー, 2017年07月22日, 通常, 日本語
  140. 低温菌シンプル酵素触媒における補酵素再生系に関する研究, 森一将、津々木亜美、田島誉久、廣田隆一、黒田章夫、中島田豊、加藤純一, 生物工学若手研究者の集い2017夏のセミナー, 2017年07月22日, 通常, 日本語
  141. 低温菌を活用したシンプル酵素触媒によるマンニトールの効率的変換, 冨田晃佑、田島誉久、渡邉研志、秋庸裕、岡村好子、松村幸彦、中島田豊、加藤純一, 生物工学若手研究者の集い2017夏のセミナー, 2017年07月22日, 通常, 日本語
  142. 植物成長促進根圏細菌Pseudomonas protegens CHA0のアミノ酸走化性センサー群の特性化, 松田浩希、緋田安希子、田島誉久、加藤純一, 生物工学若手研究者の集い2017夏のセミナー, 2017年07月22日, 通常, 日本語
  143. Ralstonia solanacearumの走化性センサー遺伝子の機能発現に関する研究, 竹下正記, 緋田安希子, Mattana Tunchai, 田島誉久, 中島田豊, 加藤純一, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月12日, 通常, 日本語
  144. 青枯病菌Ralstonia solanacearumのクエン酸走化性と植物感染への重要性, 緋田安希子, Tunchai Mattana, 田島誉久, 中島田豊, 加藤純一, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月12日, 通常, 日本語
  145. 植物成長促進根圏細菌Pseudomonas protegens CHA0のアミノ酸走化性センサー群の特性化, 松田浩希, 緋田安希子, 田島誉久, 加藤純一, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月12日, 通常, 日本語
  146. Novel method to control Ralstonia solanacearum infection by targeting chemotaxis, Mattana Tunchai, Akiko Hida, Yutaka Nakashimada, Takahisa Tajima, Junichi Kato, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月12日, 通常, 英語
  147. 低温菌シンプル酵素触媒における補酵素再生系に関する研究, 森一将, 津々木亜美, 田島誉久, 廣田隆一, 黒田章夫, 中島田豊, 加藤純一, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月12日, 通常, 日本語
  148. 低温菌を活用したシンプル酵素触媒によるマンニトールの効率的変換, 冨田晃佑, 田島誉久, 渡邉研志, 秋庸裕,岡村好子, 松村幸彦, 中島田豊, 加藤純一, 第69回日本生物工学会大会, 2017年19月12日, 通常, 日本語
  149. 低温菌を活用したシンプル酵素触媒によるマンニトールの効率的変換, 冨田晃佑, 田島誉久, 渡邉研志, 秋庸裕,岡村好子, 松村幸彦, 中島田豊, 加藤純一, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月12日, 通常, 日本語
  150. 海洋性アルギン酸分解菌叢およびNitratireductor sp. OM-1株を用いた2段階培養によるアルギン酸からのバイオディーゼル生産, 喜多晃久, 中井昇太, 三浦豊和, 高橋宏和, 岡村好子,秋庸裕, 松村幸彦, 田島誉久, 加藤純一, 中島田豊, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月12日, 通常, 日本語
  151. 各種基質と海洋由来微生物源を使用した海水条件下での流加培養におけるメタン生産の改善と微生物の多様性, 三浦豊和, 喜多晃久, 岡村好子, 秋庸裕,松村幸彦, 田島誉久, 加藤純一, 中島田豊, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月12日, 通常, 日本語
  152. Moorella thermoaceticaの細胞内ATPプール量に及ぼす酢酸合成経路改変の影響, 竹村海生, 吉田嵩一郎, 岩崎裕樹, 喜多晃久, 田島誉久, 加藤純一, 中島田豊, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月12日, 通常, 日本語
  153. メタボローム解析によるオーランチオキトリウム属のドコサヘキサエン酸及びアスタキサンチン生産性の改善, 渡邉研志, Hazel V. Arafiles Kim, 岡村好子, 田島誉久, 松村幸彦, 中島田豊, 松山惠介, 秋庸裕, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月12日, 通常, 日本語
  154. オーランチオキトリウム属由来β-カロテン合成酵素CrtIBYの発現制御機構の解析, 野村夏矢, 渡邉研志, 岡村好子, 田島誉久, 松村幸彦, 中島田豊, 松山惠介, 秋庸裕, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月12日, 通常, 日本語
  155. Efficient conversion by psychrophile-based simple biocatalysts, Takahisa Tajima, Mai Hamada, Koji Fuki, Yutaka Nakashimada, Junichi Kato, The 23rd Symposium of Young Asian Biological Engineers' Community (YABEC 2017), 2017年10月19日, 通常, 英語
  156. 日本農芸化学会中四国支部第50回記念講演会, 2018年01月27日, 通常, 英語, 日本農芸化学会中四国支部, 広島
  157. 北海道東沖海底堆積物より取得した低温性微生物の解析, 田島 誉久, 鴨木 明子, 小西 正朗, 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 中島田 豊, 加藤 純一, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年03月16日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会
  158. 海洋性菌叢によるキチン含有廃棄物からの有用物質生産, 喜多 晃久, 三浦 豊和, 岡村 好子, 秋 庸弘, 松村 幸彦, 田島 誉久, 加藤 純一, 中島田 豊, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年03月16日, 通常, 日本語
  159. 湿式ミリング処理木質バイオマススラリーからのメタン生成に及ぼす栄養源添加の効果, 糸永 誠, 松尾 健司, ナバロ ロナルド, 金原 和秀, 大塚 祐一郎, 中村 雅哉, 佐々木 慧, 田島 誉久, 加藤 純一, 中島田 豊:, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年03月17日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会
  160. 湿式ミリング処理法を用いた木質バイオマスの連続的メタン発酵プロセスの実証試験, 松尾 健司, 糸永 誠, ナバロ ロナルド, 金原 和秀, 大塚 祐一郎, 中村 雅哉, 佐々木 慧, 藤村 治, 佐々木 健, 田島 誉久, 加藤 純一, 中島田 豊, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年03月17日, 通常, 日本語
  161. オーランチオキトリウム属キサントフィル高生産変異株の作出とメタボローム情報による生産性向上, 渡邉 研志, アラフィレス キム, 東 莉沙, 岡村 好子, 田島 誉久, 松村 幸彦, 中島田 豊, 松山 惠介, 秋 庸裕, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年03月16日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 研究成果展開事業(A-STEP), 廃テトラヒドロフランをポリマー原料に転換する生体触媒の構築, 2012年11月01日, 2013年10月31日
  2. 環境問題研究助成, 環境汚染物質テトラヒドロフラン分解機構の解析-バイオによる省エネ分解と有用化学品への転換プロセスの構築を目指して-, 2010年10月, 2011年09月
  3. 平成28年度(2016年度)一般研究助成, 効率的な物質変換を行う低温菌シンプル触媒の構築に関する研究, 2016年04月01日, 2018年03月31日
  4. 科学研究費助成事業(科研費), 多段階反応の効率化を指向した低温菌シンプル酵素触媒の構築, 2017年04月01日, 2020年03月31日

社会活動

学術会議等の主催

  1. 第65回日本生物工学会, 広報, 2012年, 2013年
  2. 日本農芸化学会2015年度(岡山)大会, Frontiersシンポジウム世話人, 2014年, 2015年
  3. 環境バイオテクノロジー学会2016年度大会, 事務局(総務、会計、懇親会), 2016年.3月, 2016年.6月
  4. 生物工学若手研究者の集い夏のセミナー2017, 生物工学若手研究者の集い夏のセミナ2017実行委員会, 2016年11月, 2017年09月
  5. 日本農芸化学会中四国支部 第26回若手研究者シンポジウム, 日本農芸化学会中四国支部 第26回若手研究者シンポジウム実行委員会, 2017年09月, 2017年10月