桐本 光HIKARI KIRIMOTO

Last Updated :2019/07/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(保) (保健学)感覚運動神経科学 教授
ホームページ
メールアドレス
hkirimotohiroshima-u.ac.jp
自己紹介
中枢神経疾患の機能回復促通や慢性疼痛の緩和に適した非侵襲的脳刺激法の開発,ヒトの巧みな手指巧緻運動を可能にする神経基盤の探索を研究テーマとしています.リハビリテーション介入効果を少しでも高めることに貢献したいと考えています.

基本情報

主な職歴

  • 1998年04月, 2002年02月, 青渓会駒木野病院, 作業療法士
  • 2005年04月, 2007年03月, 国際医療福祉大学, 助手
  • 2007年04月, 2011年03月, 新潟医療福祉大学, 講師
  • 2011年04月, 2015年03月, 新潟医療福祉大学, 准教授
  • 2015年04月, 2017年05月, 新潟医療福祉大学, 教授
  • 2017年06月01日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 教授

学歴

  • 明治大学, 経営学部, 経営学科, 日本, 1987年04月, 1991年03月
  • 国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院, 作業療法学科, 日本, 1995年04月, 1998年03月
  • 鹿屋体育大学, 大学院体育学研究科, 日本, 2003年04月, 2005年03月
  • 九州大学大学院 医学系学府, 脳神経病研究施設 臨床神経生理学教室(専修生), 2005年, 2007年

学位

  • 修士(体育学) (鹿屋体育大学)
  • 博士(医学) (九州大学)

研究分野

  • 複合領域 / 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学
  • 複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

研究キーワード

  • 非侵襲的脳刺激
  • 運動制御
  • 感覚情報処理過程

所属学会

  • 日本作業療法研究学会(理事兼任編集委員)
  • 日本体力医学会(評議委員)
  • Institute of Complex Medical Engineering (Councillor)
  • 日本臨床神経生理学会
  • Society for Neuroscience
  • European College of Sport Science
  • 日本生体磁気学会
  • 日本運動生理学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 2ターム, 人体構造学実習I
  2. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 人体構造学実習II
  3. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 生理機能学実習
  4. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), リハビリテーション概論
  5. 2019年, 学部専門, 2ターム, 人体構造学実習I
  6. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 人体構造学実習II
  7. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 生理機能学実習
  8. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 運動学実習
  9. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), リハビリテーション概論
  10. 2019年, 学部専門, 1ターム, 作業療法学研究法
  11. 2019年, 学部専門, 集中, 総合臨床実習I
  12. 2019年, 学部専門, 集中, 総合臨床実習II
  13. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 身体障害作業療法学実習I(評価法実習)
  14. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 身体障害作業療法学実習III(上肢機能介入法実習)
  15. 2019年, 学部専門, 3ターム, 応用作業療法学研究法
  16. 2019年, 学部専門, 3ターム, リハビリテーション概論
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 実験研究法特論
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 実験研究法特論
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特論
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特論
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特別演習
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特別演習
  23. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 感覚運動神経科学特別演習
  24. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 感覚運動神経科学特別演習
  25. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 感覚運動神経科学特別研究
  26. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 心身機能生活制御科学特別研究
  27. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特講
  28. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特講
  29. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特講演習
  30. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特講演習
  31. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 感覚運動神経科学特講演習
  32. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 感覚運動神経科学特講演習
  33. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 多職種連携A
  34. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 多職種連携B
  35. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 保健科学特論Ⅲ(実験研究)
  36. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 保健科学特論Ⅲ(実験研究)
  37. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 心身機能生活制御科学特別研究
  38. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 心身機能生活制御科学特別研究
  39. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特論
  40. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特論
  41. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特別演習
  42. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 感覚運動神経科学特別演習
  43. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特別演習
  44. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 感覚運動神経科学特別演習
  45. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特別研究
  46. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特講
  47. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特講
  48. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特講演習
  49. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 感覚運動神経科学特講演習
  50. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 感覚運動神経科学特講演習
  51. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 感覚運動神経科学特講演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Modulation of Corticospinal Excitability Depends on the Pattern of Mechanical Tactile Stimulation, Neural Plasticity, https://doi.org/10.1155/2018/5383514巻, 201804
  2. ★, Transcranial Static Magnetic Field Stimulation over the Primary Motor Cortex Induces Plastic Changes in Cortical Nociceptive Processing, Frontiers in Human Neuroscience, https://doi.org/10.3389/fnhum.2018.00063巻, 201802
  3. ★, Anodal Transcranial Direct Current Stimulation over the Supplementary Motor Area Improves Anticipatory Postural Adjustments In Older Adults, Frontiers in Human Neuroscience, 201807
  4. ★, 経頭蓋直流電流刺激を利用した中枢神経興奮性の修飾とその臨床応用-tDCS百話-, 理学療法学, 44巻, 2号, pp.166-pp.177, 201704
  5. ★, Difference in Cortical Relay Time Between Intrinsic Muscles of Dominant and Nondominant Hands, J Mot Behav, 49巻, 4号, pp.467-pp.475, 201707
  6. Decrease in short-latency afferent inhibition during corticomotor postexercise depression following repetitive finger movement., Brain Behav, 9巻, 7(7)号, pp.e00744, 201706
  7. ★, 経頭蓋静磁場刺激 ―新たなる非侵襲的脳刺激ツール―, バイオメカニクス研究, 21巻, 2号, pp.1-pp.8, 201706
  8. Electrical Stimulation of Denervated Rat Skeletal Muscle Ameliorates Bone Fragility and Muscle Loss in Early-Stage Disuse Musculoskeletal Atrophy., Calcif Tissue Int, 100巻, 4号, pp.420-pp.430, 201702
  9. Effect of Range and Angular Velocity of Passive Movement on Somatosensory Evoked Magnetic Fields, Brain Topogr, 29巻, 5号, pp.693-pp.703, 201609
  10. Inhibitory effect of intensity and interstimulus interval of conditioning stimuli on somatosensory evoked magnetic fields, Eur J Neurosci, 44巻, 4号, pp.2104-pp.2113, 201607
  11. 末梢電気刺激による求心性抑制が二連発磁気刺激による皮質内興奮性に及ぼす影響, 理学療法学, 43巻, 2号, pp.82-pp.89, 201604
  12. Do Differences in Levels, Types, and Duration of Muscle Contraction Have an Effect on the Degree of Post-exercise Depression?, Front Hum Neurosci, 10:159. doi: 10.3389/fnhum.2016.00159. eCollection 2016.巻, 201604
  13. Modulation of Cortical Inhibitory Circuits after Cathodal Transcranial Direct Current Stimulation over the Primary Motor Cortex, Front Hum Neurosci, 10:30. doi: 10.3389/fnhum.2016.00030. eCollection 2016巻, 201602
  14. Effect of muscle contraction strength on gating of somatosensory magnetic fields, Exp Brain Res, 234巻, 11号, pp.3389-pp.3398, 201611
  15. ★, Non-invasive modulation of somatosensory evoked potentials by the application of static magnetic fields over the primary and supplementary motor cortices, Sci Rep, 2016 Oct 4;6:34509巻, 201610
  16. The effect of anodal transcranial direct current stimulation over the primary motor or somatosensory cortices on somatosensory evoked magnetic fields, Clinical Neurophysiology, 126巻, 1号, pp.60-pp.67, 2015
  17. Effects of cathodal transcranial direct current stimulation to primary somatosensory cortex on short-latency afferent inhibition, Neuroreport, 15巻, 3号, pp.270-pp.278, 2015
  18. キーボードでの単語入力課題が同側一次運動野の皮質内抑制機能に及ぼす影響, 臨床神経生理学, 43巻, 2号, pp.70-pp.78, 2015
  19. -経頭蓋直流電流刺激の効果的な介入方法の検討-電極貼付部位および電流強度の影響, 理学療法学, 42巻, 3号, pp.213-pp.219, 2015
  20. ★, Effect of transcranial static magnetic field stimulation over the sensorimotor cortex on somatosensory evoked potentials in humans, Brain Stimulation, 7巻, 6号, pp.836-pp.840, 2014
  21. 課題思考型手指運動が対側前角脊髄細胞の興奮性に及ぼす影響, 作業療法, 43巻, 2号, pp.70-pp.78, 2014
  22. Motor Cortex-Evoked Activity in Reciprocal Muscles is Modulated by Reward Probability, PLoS ONE, 2014
  23. No relation between afferent facilitation induced by digital nerve stimulation and the latency of cutaneomuscular reflexes and somatosensory evoked magnetic fields, Frontiers in human neuroscience, 2014
  24. Response time and muscle activation patterns of the upper limbs during different strikes in kendo., Archives of Budo, 9巻, 2号, pp.101-pp.106, 2014
  25. Electrical stimulation of denervated rat skeletal muscle retards trabecular bone loss in early stages of disuse musculoskeletal atrophy, Journal of Musculoskeletal & Neuronal Interactions, 14巻, 2号, pp.220-pp.228, 2014
  26. Induction of cortical plasticity for reciprocal muscles by paired associative stimulation, Brain and Behavior, 4巻, 6号, pp.822-pp.832, 2014
  27. The modulatory effect of electrical stimulation on the excitability of the corticospinal tract varies according to the type of muscle contraction being performed., Frontiers in human neuroscience, 2014
  28. Effects of cathodal transcranial direct current stimulation to primary somatosensory cortex on short-latency afferent inhibition, Neuroreport, 26巻, 11号, pp.634-pp.637, 2014
  29. ★, Sensorimotor modulation differs with load type during constant finger force or position, PLoS ONE, 2014
  30. ★, 補足運動野に対する経頭蓋直流電流陰極刺激が先行随伴性姿勢調節に及ぼす影響, 臨床神経生理学, 41巻, 4号, pp.202-pp.208, 2013
  31. 咀嚼動作を用いた光刺激に対する反応トレーニングが音刺激の反応時間へ及ぼす影響, 日本生理人類学会誌, 18巻, pp.165-pp.169, 2013
  32. Visuo-motor related time analysis using electroencephalograms, World Journal of Neuroscience, 3巻, 3号, pp.142-pp.146, 2013
  33. Changes over time in structural plasticity of trabecular bone in rat tibiae immobilized by reversible sciatic denervation, Journal of Musculoskeletal & Neuronal Interactions, 13巻, 3号, pp.251-pp.258, 2013
  34. Activation of the human premotor cortex during motor preparation in visuomotor tasks, Brain Topography, 26巻, 4号, pp.581-pp.590, 2013
  35. Effect of the number of pins and inter-pin distance on somatosensory evoked magnetic fields following mechanical tactile stimulation, Brain Research, 1535巻, pp.78-pp.88, 2013
  36. Corticomotor excitability induced by anodal transcranial direct current stimulation with and without non-exhaustive movement, Brain Research, 1529巻, pp.83-pp.91, 2013
  37. Predicting Recovery of Cognitive Function Soon after Stroke: Differential Modeling of Logarithmic and Linear Regression, PLoS ONE, 2013
  38. Repeated practice of a Go/NoGo visuomotor task induces neuroplastic change in the human posterior parietal cortex: an MEG study, Experimental Brain Research, 226巻, 4号, pp.495-pp.502, 2013
  39. Modulation of the cortical silent period elicited by single- and paired-pulse transcranial magnetic stimulation, BMC Neuroscience, 2013
  40. Neuromagnetic activation following active and passive finger movements, Brain and Behavior, 3巻, 2号, pp.178-pp.192, 2013
  41. ★, 同側手内筋間および利き手‐非利き手間における皮質中継時間の違い, 日本生体磁気学会誌, 26巻, 1号, pp.292-pp.293, 2013
  42. The relationship between knee extension strength and lower extremity functions in nursing home residents with dementia, Disability and Rehabilitation, 34巻, 3号, pp.202-pp.209, 2012
  43. Reciprocal changes in input-output curves of motor evoked potentials while learning motor skills, Brain Research, 1473巻, pp.114-pp.123, 2012
  44. 高齢アルツハイマー病患者に対するレジスタンストレーニング : 介入効果と測定の再現性, 作業療法, 31巻, 2号, pp.151-pp.163, 2012
  45. ★, 静的筋収縮時の運動負荷形式の違いが感覚誘発電位の“Gating”量に及ぼす影響-筋力制御と肢位制御-, 作業療法, 31巻, 6号, pp.564-pp.572, 2012
  46. Transcranial Direct Current Stimulation, Clinical Neuroscience, 29巻, 7号, pp.805-pp.807, 2011
  47. Predicting recovery of bilateral upper extremity muscle strength after stroke, Journal of Rehabilitation Medicine, 43巻, 10号, pp.935-pp.943, 2011
  48. Frequent alternate muscle activity of plantar flexor synergists and muscle endurance during low-level static contractions as a function of ankle position, The Journal of Physiological Sciences, 61巻, 5号, pp.411-pp.419, 2011
  49. 示指指神経に対する触圧覚刺激の体性感覚誘発脳磁界, 日本手の外科学会雑誌, 27巻, 4号, pp.355-pp.359, 2011
  50. Response training shortens visuo-motor related time in athletes, International Journal of Sports Medicine, 32巻, 8号, pp.586-pp.590, 2011
  51. Muscle-afferent projection to the sensorimotor cortex after voluntary movement and motor-point stimulation: An MEG study, Clinical Neurophysiology, 122巻, 3号, pp.605-pp.610, 2011
  52. ★, Transcranial direct current stimulation over the motor association cortex induces plastic changes in ipsilateral primary motor and somatosensory cortices, Clinical Neurophysiology, 122巻, 4号, pp.777-pp.783, 2011
  53. Magnetic field strength properties in bone marrow during pulsed electromagnetic stimulation, Journal of Biomedical Science and Engineering, 3巻, 12号, pp.1156-pp.1160, 2010
  54. Neuromagnetic activation of primary and secondary somatosensory cortex following tactile-on and tactile-off stimulation, Clinical Neurophysiology, 121巻, 4号, pp.588-pp.593, 2010
  55. ヒト中枢神経刺激の新しい方法 運動前野への経頭蓋直流電流刺激による感覚運動連関の解明, 臨床神経生理学, 37巻, 5号, pp.255-pp.256, 2009
  56. Reliability and validity of measurements of knee extension strength obtained from nursing home residents with dementia, American Journal of Physical Medicine & Rehabilitation, 88巻, 11号, pp.924-pp.933, 2009
  57. 筋疲労課題中における大脳皮質感覚運動領野のヘモグロビン濃度変化について-近赤外分光イメージング装置による検討-, 理学療法学, 37巻, 1号, pp.35-pp.40, 2009
  58. ★, Transcranial direct current stimulation over premotor cortex modifies the excitability of the ipsilateral primary motor and somatosensory cortices, IEEE/Complex Medical Engineering, 1巻, pp.1-pp.15, 2009
  59. ★, 持続的な足関節底屈中における下腿三頭筋間の相補的または同期的な協働筋活動様式, 日本作業療法研究学会雑誌, 11巻, 1号, pp.1-pp.7, 2008
  60. 剣道の引き面及び引き小手動作における上肢の反応時間と筋活動様式, 学術研究紀要, 36巻, pp.33-pp.40, 200712
  61. ★, 持続筋収縮時の負荷形式の違いが下腿三頭筋の疲労に及ぼす影響, 日本作業療法研究学会雑誌, 10巻, 1号, pp.5-pp.11, 2007
  62. 単純ヘルペス脳炎の後遺症の検討-記憶・味覚障害への考察-, 国際医療福祉大学福岡リハビリテーション学部紀要, 2巻, pp.31-pp.41, 2006
  63. ★, Electromyogram patterns during sustained low-level plantar flexions and changes in blood flow for "Alternate activity" among the triceps surae muscles, Japanese Journal of Physical Fitness and sports, 55巻, 4号, pp.393-pp.402, 2006
  64. 異なる負荷強度での等尺性収縮持続時の筋の活動様式, 日本生理人類学会誌, 9巻, 2号, pp.7-pp.12, 2004
  65. 精神分裂病の作業療法受療経過, 作業療法, 21巻, 4号, pp.309-pp.312, 2002
  66. Low-Frequency Electrical Stimulation of Denervated Skeletal Muscle Retards Muscle and Trabecular Bone Loss in Aged Rats., International Journal of Medical Sciences, 16巻, 6号, pp.822-pp.830, 2019

著書等出版物

  1. 2017年10月, 標準作業療法学 専門分野 作業療法学, 2017年, 単行本(学術書), 共編著, 978-4-260-03055-7
  2. 2011年04月, Early Detection and Rehabilitation Technologies for Dementia, 2011年04月, 単行本(学術書), 共著
  3. 2008年10月, 標準作業療法学 専門分野 社会生活行為学, 医学書院, 2008年10月, 単行本(学術書), pp85-95,pp113-117, pp235-239

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 静磁場刺激がタキストスコープによる線分分割課題の精度に及ぼす影響, 桐本 光,緒方勝也,中薗寿人,鶴 大輔,美馬達哉,飛松省三, 第48回日本臨床神経生理学会学術大会, 2018年, 通常, 日本語, プレプリント
  2. 静磁場刺激によるタキストスコープ線分分割課題の精度の改善, 桐本 光,鶴 大輔,緒方勝也,中薗寿人,飛松省三,美馬達哉, 第12回Motor Control研究会, 2018年, 通常, 日本語, プレプリント
  3. Neural basis of therapeutic effect of transcranial static magnetic field stimulation, Hikari Kirimoto, The 12th ICME International Conference on Complex Medical Engineering, 2018年, 通常, 英語, Institute of Complex Medical Engineering, Shimane, Japan, プレプリント
  4. Modulation of somatosensory and nociceptive evoked potentials by the application of static magnetic fields, Hikari Kirimoto, 第33回日本生体磁気学会, 2018年, 招待, 英語, 日本生体磁気学会, Hiroshima, プレプリント
  5. Modulation of cortical somatosensory processing by the application of tSMS, Hikari Kirimoto, The 1st International Workshop for Static Magnetic Stimulation, 2018年, 招待, 英語, Kyoto, プレプリント
  6. 一次運動野に対する静磁場刺激による痛覚神経刺激誘発電位の変化, 桐本光,田巻弘之,大鶴直史,山代幸哉,大西秀明, 第47回日本臨床神経生理学会学術大会, 2017年12月01日, 通常, 日本語
  7. 上肢のバリスティックな屈曲運動が足関節の伸筋及び屈筋の興奮性に及ぼす影響, 桑原貴之,松本卓也,桐本光, 第51回日本作業療法学会, 2017年09月23日, 通常, 日本語, プレプリント
  8. 静磁場刺激が侵害刺激受容過程に及ぼす影響, 桐本光,田巻弘之,大西秀明, 第51回日本作業療法学会, 2017年09月22日, 通常, 日本語, プレプリント

受賞

  1. 2016年, Best Paper Award, The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering,
  2. 2016年, 第7回学術誌優秀論文 優秀賞, 日本理学療法士学会
  3. 2015年, 最優秀演題, 第9回日本作業療法研究学会大会
  4. 2014年, 第16回優秀論文賞, 日本臨床神経生理学会
  5. 2014年, 最優秀演題, 第8回日本作業療法研究学会学術大会
  6. 2009年, 優秀演題賞, 第65回日本体力医学会大会 
  7. 2008年, 優秀演題, 第38回日本臨床神経生理学会大会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 共同研究(株式会社エクォス・リサーチ), 非侵襲的脳刺激による人の能力向上, 2019年
  2. 科学研究費 基盤B, 静磁場暴露による低周波脳律動の誘導と関連領野との相互結合性の変化, 2019年, 2022年
  3. 科学研究費 基盤A, 新規非侵襲的脳刺激が拓くネオ・リハビリテーションとそのシステム脳科学的解明, 2019年, 2023年
  4. 共同研究(エクォス・リサーチ), 非侵襲的脳刺激による人の能力向上, 2018年
  5. 公益財団法人 鈴木謙三記念医科学応用研究財団, 頭頂連合野に対する静磁場暴露による半側空間無視症状の改善, 2018年
  6. 磁気健康科学研究振興財団 研究助成金, 頭頂連合野に対する静磁場刺激による半側空間無視症状の改善効果を検討する, 2018年
  7. テルモ生命科学芸術財団 生命科学助成, 静磁場暴露を用いた大脳半球間抑制の可塑的変化誘導法の開発, 2017年, 2017年
  8. 科研費 基盤研究(B), 骨機械感受性を調節する骨細胞ネットワークとその神経性調節, 2017年, 2021年
  9. 科研費 基盤研究(B), 骨組織の力学的反応性を調節するプレコンディショニング磁場刺激の役割, 2017年, 2021年
  10. 科研費 基盤研究(C), 記憶を強化する新たな脳刺激法の開発:脳律動変調により認知症予備軍の進行を予防する, 2017年, 2020年
  11. 文部科学省新学術領域研究, 非線形発振現象を基盤としたヒューマンネイチャーの理解 C02 発振操作による動的ネットワークの再組織化, 2017年, 2020年
  12. ひらめき☆ときめきサイエンス KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業), フライングスタートの秘密 -反応時間の計測がひもとく脳と運動神経の役割-, 2016年
  13. 科研費 基盤研究(B), 運動学習および感覚学習過程における皮質内抑制回路の役割, 2016年, 2020年
  14. 科研費 基盤研究(C), 経頭蓋静磁場刺激の新たなる非侵襲的脳刺激ツールとしての可能性を探る, 2016年, 2019年
  15. 科研費 挑戦的萌芽研究, 骨ひずみ速度を活用した新たな骨刺激法の開発, 2016年, 2019年
  16. ひらめき☆ときめきサイエンス KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業), 部活動に役立つ医科学講座 “巧みな運動を制御する脳”, 2015年
  17. ひらめき☆ときめきサイエンス KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業), “運動の司令塔” - 思ったより難しくないぞ!脳 -, 2014年
  18. ひらめき☆ときめきサイエンス KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業), ヒトの運動を制御する脳に詳しくなるための医科学実験講座, 2013年
  19. 科研費 基盤研究(B), 運動遂行に伴う感覚情報処理に関する神経基盤の解明-MEGとTMSを併用した研究-, 2013年, 2016年
  20. 科研費 基盤研究(B), 加齢および廃用性骨萎縮における骨代謝の神経性調節の解明, 2013年, 2017年
  21. 科研費 基盤研究(C), 直流電流による両側半球二重刺激法を用いたヒトの運動関連領野の可塑的機能変化の誘導, 2013年, 2016年
  22. 科研費 基盤研究(C), 報酬と連合性ペア刺激による新しい運動練習:相反性抑制機能の回復戦略, 2013年, 2016年
  23. ひらめき☆ときめきサイエンス KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業), もっと部活動が楽しくなる医科学講座 -動いて,食べて,学問して-, 2012年
  24. 科研費 挑戦的萌芽研究, 経頭蓋直流電気刺激が脳機能に及ぼす影響-電気・磁気・光技術の応用-, 2012年, 2015年
  25. ひらめき☆ときめきサイエンス KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業), ヒトの巧みな運動を支える仕組みとその障害-脳みそから骨の髄まで学びつくそう-, 2011年
  26. 日本作業療法士協会 課題研究助成制度, 脳卒中患者の感覚運動機能回復に適した運動イメージ・パラダイム -経頭蓋直流電流陰極刺激による脳仮想病変作成法研究-, 2010年
  27. 科研費 基盤研究(B), 運動遂行に伴う感覚情報処理機構の解明-脳磁図を用いた研究-, 2010年, 2014年
  28. 科研費 基盤研究(C), 半側空間無視に対する経頭蓋直流電流刺激を用いた長期的リハビリテーション法の確立, 2010年, 2014年
  29. 科研費 基盤研究(C), 静的筋収縮時の負荷形式の比較研究 ‐錘を牽引すべきか,不動の物体 を押すべきか‐, 2010年, 2012年
  30. 科研費 基盤研究(C), 野球選手の投球速度を向上させる体力要素およびトレーニング法の検討, 2010年, 2014年
  31. 科研費 基盤研究(C), メカノトランスダクション機構を介した筋-骨組織への磁場及び運動刺激効果, 2010年, 2012年
  32. ひらめき☆ときめきサイエンス KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業), ヒトの運動が“いい感じ”にできるとき,それがうまくいかなくなったとき, 2010年
  33. ひらめき☆ときめきサイエンス KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業), トキめき体験! ヒトの巧みな運動とリハビリテーション 入門編, 2009年
  34. 医科学応用研究財団 研究助成金, 直流電流刺激による一過性脳機能調節法を用いたヒトの視覚系と前庭・小脳系の機能連関の解明:失調患者に対する新たなリハビリテーション手法の開発に向けた基礎研究, 2007年, 2009年
  35. 科研費 基盤研究(C), "脳仮想病変"による手指巧緻運動の可塑性:新しい神経機能回復プログラムの開発, 2007年, 2008年

社会活動

学術会議等の主催

  1. 第33回日本生体磁気学会大会, 2018年
  2. The 1st International Workshop for Static Magnetic Stimulation, 2018年01月, 2018年06月
  3. 第47回 日本臨床神経生理学会学術大会, プログラム委員, 2017年01月, 2017年11月
  4. 第10回 日本作業療法研究学会大会, 大会長, 2016年
  5. 第65回 日本体力医学会大会, プログラム部門実行委員,優秀演題審査委員, 2009年
  6. 第9回  新潟医療福祉学会, 学術部長, 2009年
  7. 第26回 日本生体磁気学会, 実行委員, 2009年
  8. 第2回 「理学療法士と作業療法士のための研究推進会議」, 実行委員, 2008年
  9. 第1回 「理学療法士と作業療法士のための研究推進会議」, 実行委員, 2007年

学術雑誌論文査読歴

  1. 2018年, Neuroscience Research, その他, Peer Reviewer, 1
  2. 2018年, Brain Stimulation, その他, Peer Reviewer, 2
  3. 2018年, Neuroscience Letter, Peer Reviewer, 3
  4. 2018年, Experimental Brain Research, Peer Reviewer, 1
  5. 2018年, Neuromoduration, Peer Reviewer, 3
  6. 2017年, Scientific Reports, Peer reviewer, 1
  7. 2017年, Brain Stimulation, Peer Reviewer, 1
  8. 2017年, Neuroscience Letter, Peer Reviewer, 1
  9. 2017年, Journal of physiological sciences, 1
  10. 2016年, International Journal of Sports Medicine, Peer reviewer, 1
  11. 2016年, Frontiers in human neuroscience, Peer Reviewer, 1
  12. 2016年, Brain Stimulation, Peer Reviewer, 2
  13. 2018年, 作業療法, 第一査読者, 3
  14. 2017年, 作業療法, 第一査読者, 2
  15. 2017年, 日本作業療法研究学会, 編集員, 2
  16. 2016年, 作業療法, 第二査読者, 4