加藤 荘志Takashi Kato

Last Updated :2020/05/22

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 総科:人間行動・スポーツ(人間探究領域) 助教
メールアドレス
tkskatohiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(学術) (広島大学)
  • 教育学修士 (上越教育大学)

研究分野

  • 複合領域 / 健康・スポーツ科学 / 身体教育学

研究キーワード

  • 運動制御
  • 脊髄反射
  • 関節インピーダンス
  • フィードバック遅れ
  • 数理モデル
  • ヒト

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 4ターム, スポーツ演習(フィットネストレーニング)
  2. 2020年, 教養教育, 3ターム, スポーツ演習(フィットネストレーニング)
  3. 2020年, 教養教育, 4ターム, スポーツ演習(フィットネストレーニング)
  4. 2020年, 教養教育, 1ターム, スポーツ演習(フィットネストレーニング)
  5. 2020年, 教養教育, 1ターム, スポーツ演習(フィットネストレーニング)
  6. 2020年, 学部専門, 2ターム, スポーツ健康科学実験法B
  7. 2020年, 学部専門, 2ターム, スポーツ健康科学実験B
  8. 2020年, 学部専門, 3ターム, スポーツ健康科学演習A
  9. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 運動制御学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. むだ時間系に対する運動適応にともなう対象物の操作感覚における変化, 日本感性工学会第3回春季大会予稿集, pp. P21, 2007
  2. Effects of intermanual transfer induced by repetitive precision grip on input-output properties of untrained contralateral limb muscles, Experimental Brain Research, 182巻, pp. 459-467, 2007
  3. Effect of motor imagery are dependent on motor strategies, Neuroreport, 18巻, pp. 1241-1245, 2007
  4. むだ時間のある視覚性追従課題に対するヒトの運動戦略, 第8回日本感性工学会予稿集2006, pp. 253, 2006
  5. ★, むだ時間を持つ視覚フィードバックは,手指運動のパフォーマンスをどのように変容するのか??指標追跡課題による検討?, 第2回日本感性工学会春季大会予稿集2006, pp. 29-32, 2006
  6. How does the voltage-dependency of Ia inhibitory post-synaptic currents affect the increment of membrane potentials in alpha-motoneurones?, Advances in Exercise and Sports Physiology, 11巻, 4号, pp. 174, 2005
  7. How does voltage-dependency of Ia reciprocal inhibitory currents affect membrane potentials of alpha motoneurones?, Advances in Exercise and Sports Physiology, 10巻, 4号, pp. 156, 2004
  8. Analysis of Human Wrist Joint Impedance: Does Human Joint Viscosity Depend on Its Angular Velocity?, Proceedings of the 2004 IEEE Conference on Cybernetics and Intelligent Systems, pp. 998-1003, 2004
  9. Further Insights into Post-exercise Effects on H-reflexes and Motor Evoked Potentials of the Flexor Carpi Radialis Muscles, Motor Control, 7巻, pp. 82-99, 2003
  10. ★, Effects of Transcranial Magnetic Stimulation to the Reciprocal Ia Inhibitory Interneurones in the Human Wrist, Perceptual and Motor Skills, 94巻, pp. 575-594, 2002
  11. Hillモデルに基づくヒトの関節インピーダンス特性の解析, 第22回バイオメカニズム学術講演会予稿集, pp. 215-218, 2001
  12. ★, Temporal Changes in the Excitability of the Reciprocal Inhibitory Interneurones Preceding Cocontraction of the Antagonistic Muscle in the Human Wrist, Perceptual and Motor Skills, 90巻, pp. 787-802, 2000
  13. 人間-ロボット系の追従制御特性, 18巻, 2号, pp. 285-291, 2000
  14. ★, 脊髄反射回路の工学モデル, バイオメカニズム学会誌, 23巻, pp. 151-156, 1999
  15. 手首関節の等尺性筋収縮における伸張反射機構の動態と関節インピーダンスの変化, 計測自動制御学会論文集, 34巻, pp. 1698-1705, 1998
  16. 同一筋収縮方向の違いによる運動誘発電位の変化, Japanese Journal of Sports Sciences, 16巻, pp. 119-125, 1997
  17. Effects of Cortical Stimulation on Disynaptic Reciprocal Inhibition in Humans, Electroencephalography and clinical Neurophysiology, 97巻, pp. S106, 1995
  18. 手関節の等尺性最大筋収縮持続後の脊髄反射(H反射)と運動誘発電位, Japanese Journal of Sports Sciences, 14巻, pp. 647-656, 1995
  19. 経頭蓋的磁気刺激による運動誘発電位の評価, 第12回日本バイオメカニクス学会大会論文集, pp. 210-214, 1995
  20. Can We Test the Central Reciprocal Inhibitory Effects by Transcranial Magnetic Stimulation in Humans?, 9th International Symposium on Adapted Physical Activity (Abstract in: Abstracts), pp. p. 160, 1993
  21. スキー・ターンにおけるエキスパート・スキーヤーのシュプール計測について, 日本スキー学会誌, 2巻, pp. 155-166, 1992