下栗 大右daisuke shimokuri

Last Updated :2019/04/09

所属・職名
大学院工学研究科 エネルギー工学講座 准教授
メールアドレス
crihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山1-4-1 広島大学大学院 工学研究科 機械物理工学専攻 A3棟442号室
TEL:082-424-7647 FAX:082-424-7647

基本情報

主な職歴

  • 2006年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科, 助手
  • 2007年04月01日, 2010年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科, 助教
  • 2010年04月01日, 2014年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究院, 助教
  • 2014年04月01日, 広島大学, 大学院工学研究院, 准教授

学位

  • 博士(工学) (広島大学)
  • 修士(工学) (広島大学)

教育担当

  • 工学部:第一類(機械・輸送・材料・エネルギー系), 工学研究科:機械物理工学専攻, 工学研究科:機械物理工学専攻

担当主専攻プログラム

  • 機械システム工学系プログラム

研究分野

  • 工学 / 機械工学 / 熱工学

所属学会

  • 日本機械学会
  • 日本燃焼学会
  • 日本航空宇宙学会
  • 日本伝熱学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 3ターム, 力学演習
  2. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 機械工学実験I
  3. 2019年, 学部専門, 1ターム, 燃焼工学
  4. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 機械物理工学セミナーIIA
  5. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 機械物理工学セミナーIIB
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, Combustion
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 機械物理工学講究IA
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 機械物理工学講究IB
  9. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 機械物理工学講究IIA
  10. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 機械物理工学講究IIB
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 機械物理工学セミナーIA
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 機械物理工学セミナーIB

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Flame Stabilization with a Tubular Flame, PROCEEDINGS OF THE COMBUSTION INSTITUTE, 30巻, pp.399-pp.466, 20050101
  2. Rapidly-Mixed Combustion in a Tubular Flame Burner, International symposium on combustion, 31巻, 20060401
  3. Flame propagation in a vortex flow within small-diameter tubes, PROCEEDINGS OF THE COMBUSTION INSTITUTE, 33巻, pp.3251-pp.3258, 2011
  4. Effects of inert gases on the vortex bursting in small diameter tubes, PROCEEDINGS OF THE COMBUSTION INSTITUTE, 34巻, pp.3403-pp.3410, 2013
  5. Fundamental investigation on the Fuel-NOx emission of the oxy-fuel combustion with a tubular flame burner, PROCEEDINGS OF THE COMBUSTION INSTITUTE, 35巻, pp.3573-pp.3580, 2015
  6. Flow field in swirl-type tubular flame burner, JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES B-FLUIDS AND THERMAL ENGINEERING, 48巻, 4号, pp.830-pp.838, 200511
  7. 急速混合型管状火炎燃焼の燃焼ガス特性, 日本燃焼学会誌, 47巻, 142号, pp.300-pp.307, 20051101
  8. Flow Field in Swirl-Type Tubular Flame Burner, JSME International Journal= Series B, 48巻, 4号, 20051101
  9. Flow Field of Turbulent Premixed Combustion in a Cyclone-Jet Combustor34, Journal of Thermal Science and Technology, 2巻, 1号, pp.90-pp.101, 20070101
  10. 管状火炎バーナにおける高周波振動燃焼, 日本機械学会論文集(B編), 75巻, 753号, pp.1197-pp.1204, 20090501
  11. 自己循環型低NOxバーナの流れ場計測と燃焼性能, 日本機械学会論文集(B編), 76巻, 767号, pp.1102-pp.1109, 20100701
  12. ボルテックスバースティングによる細管内の火炎伝播に関する実験的研究, 日本機械学会論文集(B編), 76巻, 764号, pp.675-pp.683, 20100401
  13. NOx emission characteristics and aerodynamic structure of a self-recirculation type burner for small boilers, PROCEEDINGS OF THE COMBUSTION INSTITUTE, 33巻, pp.2735-pp.2742, 2011
  14. Further investigation on the enhancement of flame speed in vortex ring combustion, PROCEEDINGS OF THE COMBUSTION INSTITUTE, 34巻, pp.745-pp.753, 2013
  15. Methane/oxygen combustion in a rapidly mixed type tubular flame burner, PROCEEDINGS OF THE COMBUSTION INSTITUTE, 34巻, pp.3369-pp.3377, 2013
  16. メソスケールの渦流中における燃焼, 日本燃焼学会誌, 第55 巻巻, 174 号号, pp.364-pp.372, 2013
  17. Reexamination on methane/oxygen combustion in a rapidly mixed type tubular flame burner, COMBUSTION AND FLAME, 161巻, 5号, pp.1310-pp.1325, 201405
  18. An experimental study on the high frequency oscillatory combustion in tubular flame burners, COMBUSTION AND FLAME, 161巻, 8号, pp.2025-pp.2037, 201408
  19. 旋回導入ガスのエジェクター効果を利用した自己再循環型低NOxバーナに関する研究, ボイラ研究, Vol. 382巻, pp.18-pp.25, 2014
  20. 急速混合型管状火炎の燃焼ガス排出特性に及ぼす吹出し流速比の影響, 日本燃焼学会誌, 57巻, 179号, pp.52-pp.59, 2015
  21. 管状火炎内部の高温ガス領域を利用した新しい加熱技術に関する実験的研究, 日本燃焼学会誌, 57巻, 179号, pp.71-pp.81, 2015
  22. ★, Development of a small-scale power system with meso-scale vortex combustor and thermo-electric device, Journal of Micromechanics and Microengineering, 25巻, pp.104004-pp.104011, 2015
  23. 急速混合型管状火炎バーナにおける火炎構造制御に関する実験的研究, 日本機械学会論文B編, 78巻, 785号, pp.185-pp.193, 2012
  24. 冷却による自己循環型バーナのNOx排出値のさらなる低減, 日本燃焼学会誌, 53巻, 164号, pp.104-pp.110, 2011
  25. 酸化剤酸素濃度が急速混合型管状火炎燃焼の安定性に及ぼす影響, 日本燃焼学会誌, 54巻, 169号, pp.193-pp.200, 2012
  26. 自己再循環型管状火炎バーナの NOx 排出特性, 日本燃焼学会誌, 56巻, 176号, pp.148-pp.155, 2014
  27. 渦流中での火炎の挙動, 日本ガスタービン学会誌, 44巻, 2号, pp.15-pp.21, 20160301
  28. ★, Development of a powerful miniature power system with a meso-scale vortex combustor, Proceedings of the Combustion Institute, 36巻, pp.9999-pp.9999, 201608
  29. Development of a powerful miniature power system with a meso-scale vortex combustor, PROCEEDINGS OF THE COMBUSTION INSTITUTE, 36巻, 3号, pp.4253-pp.4260, 2017
  30. An experimental study on the ignition ability of a laser-induced gaseous breakdown, COMBUSTION AND FLAME, 178巻, pp.1-pp.6, 201704
  31. Comparative study of laser ignition and spark-plug ignition in high-speed flows, COMBUSTION AND FLAME, 191巻, pp.408-pp.416, 201805
  32. Laser Measurement on Oxy-fuel Flame with Optically Accessible Tubular Flame Burner, 実験力学, 17巻, 3号, pp.204-pp.209, 201709

著書等出版物

  1. 2014年04月, Tubular Combustion, Momentum press, 2014年, 04, 単行本(学術書), 共著, English, 1606503030

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Development of Detailed Surface Reaction Database for TWC Based on Gas Phase and Surface Species Analyses, 下栗大右, Hiroshi Murakami, Yuhei Matsumoto,Satoshi Hinokuma, Naoki Ishimoto, Daisuke Moriyama, Yusuke Kozai, Hitoshi Hongou, Hideaki Yokohata and Hiroyuki Takebayashi, The 9th international conference on modeling and diagnostics for advanced engine systems, 2017年07月30日, 通常, 英語, 日本機械学会, 岡山, In this study, a detailed chemical kinetic database of NO/ CO/ O2 surface reaction on Rh/ Al2O3 has been constructed based on the measurements of gaseous / surface species. The gaseous species at the upstream and downstream of the monolithic catalyst were identified by FTIR, while the surface species on the powder catalyst were directly measured by FTIR. Based on those experimental results, detailed surface reaction kinetic database has been constructed. As the result of numerical simulation with 1-D code, it was confirmed that the gaseous conversion rates of NO and CO were quantitatively reproduced with the database.
  2. Autonomous Power System Using Small Scale Vortex Combustor, Daisuke SHIMOKURI, Power MEMS 2017, 2017年11月14日, 招待, 英語, Power MEMS, 金沢, Micro and meso scale combustors have attracted considerable attention as one of energy conversion media of liquid (or liquefied) hydrocarbon fuels which possess almost 100 times larger energy density than the conventional batteries. Then, in this decade, combustion characteristics in micro and meso scale channels have been extensively studied fundamentally and practically. Based on the obtained knowledge, micro combustion power systems aimed practical use have appeared. Currently, the miniature combustion power system using vortex combustor combined with thermos electric device (TED) is the most powerful system which output attained 18.1W and conversion efficiency 3.0% with 600W thermal input by propane air mixture. As a final step, prototype “autonomous” vortex combustion power system to charge the mobile electrical devices has developed. Using 250g butane cartridge, 10W output can be obtained over 5 hours with running all assisting devices such as micro blower for the combustion air or fans for cooling air of TED.

受賞

  1. 2009年05月26日, The Young Investigator Prize, 6th Asia-Pacific Conference on Combustion, Conference Chair, For the paper:PIV Measurements on a 2-inch Tubular Flame Burner
  2. 2011年04月21日, 奨励賞, 日本機械学会, 回転流中に形成される予混合火炎の研究,具体的には管状火炎燃焼やボルテックスバースティングに関する研究について,一連の研究業績が認定
  3. 2013年12月05日, 日本燃焼学会奨励賞, 一般社団法人日本燃焼学会会長
  4. 2005年03月, 自動車技術会 大学院奨励賞, 急速混合型管状火炎燃焼に関する研究
  5. 2002年11月, 航空宇宙学会西部支部 優秀講演賞, 管状火炎を用いた保炎法による振動燃焼の抑制
  6. 2017年11月14日, 第55回燃焼シンポジウム ベストプレゼンテーション賞, 日本燃焼学会会長

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 広島大学藤井研究助成基金, 半径方向・周方向モード音響学的共鳴振動燃焼の発振メカニズム解明と制御, 2011年, 2012年
  2. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 連続可変型多段燃焼と自己再循環による超低NOxバーナの実現, 2011年, 2012年
  3. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 細管内におけるボルテックス・バースティング現象に関する基礎研究, 2011年, 2012年
  4. 岩谷科学技術研究助成, マイクロ渦流燃焼器を利用した超小型・高出力電源の開発, 2012年, 2013年
  5. 日本ガス協会大学助成, 管状火炎燃焼による超小型・高速昇温のガス方式ヒーターの開発, 2014年, 2015年
  6. 佐々木環境技術振興財団, 渦燃焼発電システムへの液体燃料適用による飛躍的小型化と高出力化, 2014年, 2015年
  7. 科学研究費助成事業(若手研究(A)), 渦流による可燃限界拡張・高速熱伝達現象のメカニズム解明と小型発電システムへの応用, 2015年, 2017年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 外来講師, 2015年06月, 広島県消防学校
  2. 日本燃焼学会誌編集委員会, 2015年04月, 2018年03月, 日本燃焼学会
  3. 日本燃焼学会夏期研究会, 2015年04月, 2015年10月, 日本燃焼学会
  4. 小委員長 先進的燃焼技術の調査研究委員会, 2015年04月, 2016年03月, 日本燃焼学会
  5. 小委員 先進的燃焼技術の調査研究委員会, 2014年04月, 2015年03月, 日本燃焼学会
  6. 西部支部 庶務幹事, 2015年04月, 2016年03月, 日本航空宇宙学会
  7. 外来講師, 2016年06月, 2016年09月, 広島県消防学校
  8. 外来講師, 2017年05月, 2017年10月, 広島県消防学校
  9. 外来講師 初任科, 2017年06月, 2017年06月, 広島県消防学校
  10. 外来講師 初任科, 2017年09月, 2017年10月, 広島県消防学校
  11. 外来講師 火災鑑定, 2017年09月, 2017年09月, 広島県警察学校
  12. 火災鑑定, 2017年01月, 2018年01月, 広島県警察本部
  13. 先進的燃焼技術の調査研究委員会, 2017年04月, 2018年03月, 日本燃焼学会
  14. 広島県消防学校, 2018年05月, 2018年07月, 外来講師
  15. 広島県消防学校, 2018年09月, 2018年11月, 外来講師