峯 裕一YUICHI MINE

Last Updated :2020/04/02

所属/職名
大学院医系科学研究科(歯)/講師

基本情報

主な職歴

  • 2010年11月01日, 2014年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 特任助教
  • 2014年04月01日, 2015年09月30日, 国立研究開発法人科学技術振興機構, 戦略研究推進部, 主査
  • 2015年10月01日, 2017年03月31日, 九州大学, 大学院医学研究院, 助教
  • 2017年04月01日, 2018年03月31日, 九州大学, 大学院医学研究院, 講師
  • 2017年06月14日, 2017年07月14日, National Center for Advancing Translational Sciences, Special Volunteer
  • 2018年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 講師
  • 2018年04月01日, 2020年03月31日, 広島大学, トランスレーショナルリサーチセンター, 部門長

学位

  • 博士(口腔健康科学)(広島大学)
  • 修士(口腔健康科学)(広島大学)

所属学会

  • International Association for Dental Research
  • 日本再生医療学会
  • 日本癌学会
  • 日本組織培養学会
  • 日本補綴歯科学会
  • 日本デジタル歯科学会
  • 日本歯科理工学会
  • 日本歯科技工学会
  • レギュラトリーサイエンス学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 4ターム, 全身の健康と口腔科学II[1歯]
  2. 2020年, 学部専門, 4ターム, 歯学概論
  3. 2020年, 学部専門, 2ターム, 顎口腔機能学実習
  4. 2020年, 学部専門, 1ターム, 生体材料学実習
  5. 2020年, 学部専門, 2ターム, 精密鋳造学
  6. 2020年, 学部専門, 2ターム, 歯冠修復保健工学実習(インレー)
  7. 2020年, 学部専門, 4ターム, 精密鋳造学実習
  8. 2020年, 学部専門, 3ターム, 審美歯科学
  9. 2020年, 学部専門, 1ターム, 有床義歯保健工学実習(アナプラストロジーI)
  10. 2020年, 学部専門, 2ターム, 有床義歯保健工学実習(アナプラストロジーII)
  11. 2020年, 学部専門, 3ターム, 発達期系歯科学(小児歯科学)基礎実習
  12. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 口腔保健工学臨床的実習
  13. 2020年, 学部専門, 3ターム, メディカルデザイン工学I
  14. 2020年, 学部専門, 4ターム, メディカルデザイン工学II
  15. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  16. 2020年, 学部専門, 2ターム, 関係法規
  17. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  18. 2020年, 学部専門, 4ターム, 応用生体材料学実習
  19. 2020年, 学部専門, 4ターム, 歯冠修復保健工学実習
  20. 2020年, 学部専門, 4ターム, 有床義歯保健工学実習
  21. 2020年, 学部専門, 4ターム, メディカルデザイン工学実習
  22. 2020年, 学部専門, 4ターム, オーラルプロセス工学実習
  23. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  24. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 口腔健康科学特論
  25. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 探索口腔科学特論

教育に関する受賞

  • 第27回日本歯科医学教育学会学術大会学生口演優秀賞

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Titanium surface roughness accelerates RANKL-dependent differentiation in the osteoclast precursor cell line, RAW264.7, DENTAL MATERIALS JOURNAL, 26巻, 5号, pp. 739-745, 2007
  2. Impact of the microgravity environment in a 3-dimensional clinostat on osteoblast- and osteoclast-like cells, CELL BIOLOGY INTERNATIONAL, 32巻, 9号, pp. 1176-1181, 2008
  3. Immobilized-OPG-Fc on a titanium surface inhibits RANKL-dependent osteoclast differentiation in vitro, JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE-MATERIALS IN MEDICINE, 21巻, 2号, pp. 647-653, 2010
  4. Titanium Immobilized with an Antimicrobial Peptide Derived from Histatin Accelerates the Differentiation of Osteoblastic Cell Line, MC3T3-E1, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 11巻, 4号, pp. 1458-1470, 2010
  5. Impact of titanium ions on osteoblast-, osteoclast- and gingival epithelial-like cells, JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH, 54巻, 1号, pp. 1-6, 2010
  6. Titanium ion induces necrosis and sensitivity to lipopolysaccharide in gingival epithelial-like cells, TOXICOLOGY IN VITRO, 24巻, 7号, pp. 1905-1910, 2010
  7. Blocking of sodium and potassium ion-dependent adenosine triphosphatase-alpha 1 with ouabain and vanadate suppresses cell-cell fusion during RANKL-mediated osteoclastogenesis, EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 670巻, 2-3号, pp. 409-418, 2011
  8. Evaluation of trabecular bone formation in a canine model surrounding a dental implant fixture immobilized with an antimicrobial peptide derived from histatin, JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE-MATERIALS IN MEDICINE, 22巻, 12号, pp. 2765-2772, 2011
  9. Bovine milk fermented with Lactobacillus rhamnosus L8020 decreases the oral carriage of mutans streptococci and the burden of periodontal pathogens, JOURNAL OF INVESTIGATIVE AND CLINICAL DENTISTRY, 2巻, 2号, pp. 1-10, 2011
  10. Biomimetic Diamond-like Carbon coated Titanium Inhibits RANKL-dependent Osteoclast Differentiation in vitro, JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY, 25巻, 4号, pp. 523-528, 2012
  11. Involvement of ERK and p38 MAPK pathways on Interleukin-33-induced RANKL expression in osteoblastic cells, CELL BIOLOGY INTERNATIONAL, 38巻, 5号, pp. 655-662, 2014
  12. Impact of Biomimetic Diamond-like Carbon coated Titanium on Osteoblast and Osteoclast Differentiation in vitro, JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY, 27巻, 3号, pp. 373-378, 2014
  13. Inhibition of RANKL-dependent cellular fusion in pre-osteoclasts by amiloride and a NHE10-specific monoclonal antibody, CELL BIOLOGY INTERNATIONAL, 39巻, 6号, pp. 696-709, 2015
  14. Biomimetic Peptides for the Treatment of Cancer, ANTICANCER RESEARCH, 36巻, 7号, pp. 3565-3570, 2016
  15. Assembly Sequence Planning by Probabilistic Tree Transformation, EMITTER-INTERNATIONAL JOURNAL OF ENGINEERING TECHNOLOGY, 6巻, 2号, pp. 354-368, 2018
  16. Applying deep artificial neural network approach to maxillofacial prostheses coloration., JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH, 2019

著書等出版物

  1. 2014年, 動物細胞培養の手法と細胞死・増殖不良・細胞変異を防止する技術, 第1章 継代維持の手法および浮遊細胞への対応 1節 継代作業の製品別の取り扱い手法, 技術情報協会, 2014年

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Current Status of Translational Research for Development of Pharmaceutical and Regenerative Medical Products in Academia, Mine Y, Murayama T, 第51回広島大学歯学会総会, 2018年06月09日, 通常, 英語
  2. Application of dispatching rules for dental technical work and its evaluation by discrete-event simulation, Yanase H, Mine Y, Eguchi T, Murayama T, 1st Meeting of the International Oral Engineering Consortium, 2018年09月24日, 通常, 英語
  3. A synthetic peptide derived from the sibling protein mepe inhibits ectopic mineralization but not bone formation, Minamizaki T, Toshishige M, Yoshioka H, Ahmed F, Mine Y, Yoshiko Y, World Congress on Osteoporosis, Osteoarthritis and Musculoskeletal Diseases (WCO-IOF-ESCEO 2019), 2019年04月07日, 通常, 英語
  4. Detection of Dental and Oral Anomalies Using Deep Learning Approach, Mine Y, Iwamoto Y, Nakamura K, Mitsuhata C, Kozai K, Murayama T, 2019 IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition, 2019年06月19日, 通常, 英語
  5. Deep learning approach to coloration of maxillofacial prostheses –optimization of hyper parameters–, Fujiyoshi N, Mine Y, Eguchi T, Murayama T, 5th Annual Meeting of the International Academy for Digital Dental Medicine, 2019年10月04日, 通常, 英語
  6. Evaluation of alveolar bone in bisphosphonate-medicated mice with hyperocclusive state, Okuda K, Mine Y, Nikawa H, Murayama T, 4th Meeting of the International Association for Dental Research and Asia Pacific Region 2019, 2019年11月28日, 通常, 英語
  7. Effect of fluoride and abrasive in toothpastaes on implant materials, Shuto T, Mine Y, Wachi T, Kakimoto K, 4th Meeting of the International Association for Dental Research and Asia Pacific Region 2019, 2019年11月28日, 通常, 英語

受賞

  1. 第5回広島大学歯学会奨励賞
  2. 第4回国際歯科技工学術大会,日本歯科技工学会第30回学術大会ポスター発表優秀賞
  3. 平成20年度大塚製薬優秀研究賞

取得

  1. 特許権, 5327934, インプラント用材料及びその製造方法
  2. 特許権, 5403542, インプラントの製造方法
  3. 特許権, 9138507, Method for manufacturing an implant material
  4. 特許権, 6029865, インプラント、その製造方法及び骨代謝の制御方法
  5. 特許権, 6371611, 2018年07月20日, インプラント及びその製造方法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 公益財団法人コーセーコスメトロジー研究財団第30回研究助成, 匠の技の定量化-Deep Learningによる先駆的顎顔面補綴支援システムの開発
  2. 公益財団法人一般用医薬品セルフメディケーション振興財団2019年度調査研究助成, 一般用医薬品併用とビスフフォスフォネート関連顎骨壊死の発症に関するリスク評価
  3. 科学研究費補助金若手研究(B), 骨吸収抑制薬関連顎骨壊死に対する発症前診断法の開発
  4. 科学研究費補助金研究活動スタート支援, 抗NHE10/NHA2モノクローナル抗体を応用した骨吸収制御インプラントの開発
  5. 科学研究費補助金基盤研究(B), 口腔粘膜悪性黒色腫の重粒子線治療を中心とした集学的治療法の開発
  6. 科学研究費補助金基盤研究(B), ヒト多能性幹細胞由来神経堤細胞を用いた歯科用新素材の安全性評価系の開発
  7. 科学研究費補助金基盤研究(C), 過剰な咬合力により発生した骨吸収を回復する分子の探索とその応用
  8. 科学研究費補助金基盤研究(B), 水素量低減DLCを応用したインプラント周囲骨リモデリングの制御
  9. 科学研究費補助金基盤研究(B), TRAF1由来の膜通過型ペプチドによる歯槽骨吸収抑制効果の解析

社会活動

委員会等委員歴

  1. 評議員, 2017年07月, 日本組織培養学会
  2. 橋渡し研究戦略的推進プログラム研究シーズ評価委員会拠点外委員, 2018年05月, 2019年03月, 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
  3. 協力研究員, 2018年06月, 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所臨床研究クラスタ重粒子線治療研究部

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島大学医療系トランスレーショナルリサーチ推進機構キックオフシンポジウム, 2018年/06月/16日, 運営参加・支援