木下 康之YASUYUKI KINOSHITA

Last Updated :2019/11/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)脳神経外科学助教
メールアドレス
y-kinoshitahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(医学)(広島大学)

所属学会

  • 日本脳神経外科学会
  • 日本間脳下垂体腫瘍学会
  • 日本内分泌学会
  • 日本神経内視鏡学会
  • The Pituitary Society
  • 日本脳腫瘍の外科学会
  • 日本脳神経外科コングレス
  • 日本脳ドック学会
  • 日本脳神経CI学会
  • 日本頭痛学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 器官・システム病態制御学I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, アクロメガリー術後にIGF-1値が正常化しながらGH抑制が不十分な症例, 日本内分泌学会雑誌, 95巻, Suppl.HPT号, pp. 64-66, 2019
  2. ★, 突然の頭痛と急速に進行する視機能障害を認めたラトケ嚢胞の1例, 日本内分泌学会誌, 95 Suppl巻, pp. 29-31, 2019,06
  3. Sellar xanthogranuloma: a quest based on nine cases assessed with anterior pituitary provocation test., World Neurosurg, 2019,
  4. ★, Physiologic pituitary hyperplasia causing visual disturbance during adolescence, Journal of Clinical Neuroscience, 2019
  5. ★, Nonfunctioning pituitary adenomas in elder patients, Journal of Clinical Neuroscience, 53巻, pp. 127-131, 2018
  6. Factors Related to Frailty Associated with Clinical Deterioration After Meningioma Surgery in the Elderly., World neurosurgery, 2018
  7. Multivariate risk factor analysis and literature review of postoperative deterioration in Karnofsky Performance Scale score in elderly patients with skull base meningioma., Neurosurg Focus, 44巻, 4号, pp. E14, 2018
  8. ★, 高齢者非機能性下垂体腺腫の診療エビデンス, Geriatric Neurosurgery, 30巻, pp. 17-20, 2018
  9. Postoperative changes in metabolic parameters of patients with surgically controlled acromegaly: assessment of new stringent cure criteria, Neurol Med Chir (Tokyo), 58巻, 4号, pp. 137, 2018
  10. Proton MRS detection of high lipid levels and low ADC is characteristics of germinoma., World Neurosurgery, 112巻, pp. 84, 2018
  11. ★, Pitfalls of a neuroendoscopic biopsy of intraventricular germ cell tumors, WORLD NEUROSURGERY, 106巻, pp. 430-434, 2017
  12. ★, 神経下垂体部germ cell tumorに対する下垂体後葉生検術の有用性, 日本内分泌学会雑誌, 93 Supple. HPT巻, pp. 26-28, 2017
  13. A Case of Intradural Retroclival Chordoma, 脳神経外科, 45巻, pp. 623-627, 2017
  14. ★, Transsphenoidal posterior pituitary lobe biopsy in patients with neurohypophysial lesions., WORLD NEUROSURGERY, 99巻, pp. 543-547, 2017
  15. Review of Current Evidence Regarding Surgery in Elderly Patients with Meningioma., Neurol Med Chir (Tokyo), 57巻, 10号, pp. 521-533, 2017
  16. Preoperative and Postoperative Pituitary Function in Patients with Tuberculum Sellae Meningioma -Based on Pituitary Provocation Tests., Neurol Med Chir (Tokyo), 57巻, 10号, pp. 548-556, 2017
  17. Changes in quality of life in patients with acromegaly after surgical remission - A prospective study using SF-36 questionnaire., ENDOCRINE JOURNAL, 64巻, 1号, pp. 27-38, 2017
  18. ★, The Surgical Side Effects of Pseudocapsular Resection in Nonfunctioning Pituitary Adenomas., WORLD NEUROSURGERY, 93巻, pp. 430-435, 2016
  19. Effect of Gonadotropin and Adrenocorticotropic Hormone Secretion on Invasiveness of Clinically Nonfunctioning Pituitary Adenomas: A Cell Culture Study., WORLD NEUROSURGERY, 96巻, pp. 578-584, 2016
  20. ★, Diffusion-weighted imaging and the apparent diffusion coefficient on 3T MR imaging in the differentiation of craniopharyngiomas and germ cell tumors, NEUROSURGICAL REVIEW, 39巻, 2号, pp. 207-213, 2016
  21. Clinical features and natural course of acromegaly in patients with discordance in the nadir GH level on the oral glucose test and the IGF-1 value at 3 months after adenomectomy, NEUROSURGICAL REVIEW, 39巻, 2号, pp. 313-318, 201604
  22. ★, The long-term recurrence of Rathke's cleft cysts as predicted by histology but not by surgical procedure, JOURNAL OF NEUROSURGERY, 125巻, 4号, pp. 1002-1007, 201610
  23. Treatable glomerular hyperfiltration in patients with active acromegaly, EUROPEAN JOURNAL OF ENDOCRINOLOGY, 175巻, 4号, pp. 325-333, 201610
  24. ★, Solitary Langerhans cell histiocytosis located in the neurohypophysis with a positive titer HCG-beta in the cerebrospinal fluid, CHILDS NERVOUS SYSTEM, 32巻, 5号, pp. 901-904, 201605
  25. ★, 先端巨大症の早期発見 -現状と課題-, 廣島醫学, 69巻, 5号, pp. 424-428, 2016
  26. ★, Clinical features and natural course of acromegaly in patients with discordance in the nadir GH level on the oral glucose test and the IGF-1 value at three months after adenomectomy, NEUROSURGICAL REVIEW, 39巻, 2号, pp. 313-319, 2016
  27. The Surgical Side Effects of Pseudocapsular Resection in Nonfunctioning Pituitary Adenomas, WORLD NEUROSURGERY, 93巻, pp. 430-+, 201609
  28. Pituitary metastases: current practice in Japan, JOURNAL OF NEUROSURGERY, 123巻, 4号, pp. 998-1007, 2015
  29. ★, 受賞論文の要旨 第67回廣島医学会総会 広島臨床外科医学会賞. 無症候性下垂体腺腫内出血が下垂体機能へ及ぼす影響., 広島医学, 2015
  30. ★, 術前診断が困難であった神経下垂体病変の1例, Progress in Medicine, 35巻, pp. 1808-1809, 2015
  31. 先端巨大症の治療戦略, 脳神経外科ジャーナル, 24巻, 8号, pp. 521-527, 2015
  32. ★, Postoperative fever specific to neuroendoscopic procedures, NEUROSURGICAL REVIEW, 37巻, 1号, pp. 99-104, 201401
  33. ★, Impact of subclinical haemorrhage on the pituitary gland in patients with pituitary adenomas, CLINICAL ENDOCRINOLOGY, 80巻, 5号, pp. 720-725, 2014
  34. ★, Pituitary adenomas in childhood and adolescence with a focus on intratumoral hemorrhage, PITUITARY, 17巻, 1号, pp. 1-6, 2014
  35. ★, A craniopharyngioma with spontaneous involution of a gadolinium-enhanced region on magnetic resonance imaging, SURGICAL NEUROLOGY INTERNATIONAL, 5巻, pp. 128, 2014
  36. Transsphenoidal surgical treatment of pituitary adenomas in patients aged 80 years or older, NEUROSURGICAL REVIEW, 37巻, 2号, pp. 269-276, 2014
  37. A case of petrous apex cholesterol granuloma successfully treated with endoscopic endonasal surgery., 広島医学, 63巻, pp. 39-42, 2014
  38. ★, 成長ホルモン産生下垂体腺腫術後のIGF-1正常化を予測する因子, 日本内分泌学会誌 , 90巻, pp. 31-33, 2014
  39. ★, The arginine and GHRP-2 tests as alternatives to the insulin tolerance test for the diagnosis of adult GH deficiency in Japanese patients: A comparison, ENDOCRINE JOURNAL, 60巻, 1号, pp. 97-105, 2013
  40. Severe growth hormone deficiency is rare in surgically-cured acromegalics, PITUITARY, 16巻, 3号, pp. 326-332, 2013
  41. ★, A Rathke's cleft cyst located entirely in the anterior pituitary lobe, ACTA NEUROCHIRURGICA, 155巻, 6号, pp. 1085-1086, 2013
  42. ★, 経蝶形骨洞手術後の遅発性低Na血症に対するステロイド補充の影響, 日本内分泌学会誌, 89巻, pp. 18-20, 2013
  43. 下垂体腺腫に対する薬物療法 : 現状と課題, 脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery, 22巻, 2号, pp. 101-108, 20130220
  44. ★, Supra-diaphragmatic Pituitary Adenoma Removed Through the Trans-tuberculum Sellae Approach - Case Report, NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 52巻, 2号, pp. 91-95, 2012
  45. Growth Hormone Receptor Expression in Brain Tumors, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 61巻, 1号, pp. 1-6, 201203
  46. ★, Post-operative hyponatremia in patients with pituitary adenoma: post-operative management with a uniform treatment protocol, ENDOCRINE JOURNAL, 58巻, 5号, pp. 373-379, 2011
  47. ★, Masked hyperprolactinemia: Tumor-derived factors inhibiting prolactin secretion caused by pituitary-stalk damage, JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE, 18巻, 12号, pp. 1651-1655, 2011
  48. Role of PROPELLER diffusion-weighted imaging and apparent diffusion coefficient in the evaluation of pituitary adenomas, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 80巻, 2号, pp. 412-417, 2011
  49. Gradual declination of IGF-1 over a year after transsphenoidal adenomectomy of GH producing pituitary adenomas, ENDOCRINE JOURNAL, 58巻, 12号, pp. 1087-1091, 2011
  50. 下垂体および下垂体近傍腫瘍に対する内視鏡下経鼻的経蝶形骨手術, 脳神経外科ジャーナル, 20巻, 0号, 20110410
  51. Role of PROPELLER diffusion weighted imaging and apparent diffusion coefficient in the diagnosis of sellar and parasellar lesions, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 74巻, 3号, pp. 420-427, 2010
  52. The endoscopic surgery improves the outcome of the transsphenoidal surgery in the patients with functional pituitary adenomas, ENDOCRINE JOURNAL, 57巻, pp. S524-S524, 2010
  53. 偶発発見の嚢胞性下垂体病変の臨床経過, 日本内分泌学会雑誌, 85巻, pp. 25-27, 20090820
  54. より低侵襲をめざした内視鏡・顕微鏡下下垂体手術, 日本内分泌学会雑誌, 84巻, pp. 51-53, 20080620
  55. 後下小脳動脈解離性動脈瘤の1例, 脳神経外科ジャーナル, 14巻, 6号, pp. 407-412, 20050620
  56. 小脳静脈血管腫を伴った後頭部sinus pericraniiの1例, 脳神経外科ジャーナル, 12巻, 7号, pp. 496-501, 20030720

著書等出版物

  1. 2018年02月, 老年脳神経外科 診療マニュアル, 良性脳腫瘍:下垂体腺腫, メジカルビュー社, 2018年, 単行本(学術書), 共著
  2. 2017年05月, カダバーと動画で学ぶ 頭蓋底アプローチ, Transclival approach, 中外医学社, 2017年, 05, 単行本(学術書), 共著
  3. 2016年11月, 脳神経外科速報, 経蝶形骨洞手術 -最近の話題-, メディカ出版, 2016年, 11, 共著
  4. 2016年02月, BRAIN NURSING, 「らくらく理解 水・電解質異常とケア」 - 脳神経外科領域で知っておきたい水・電解質異常②抗利尿ホルモン分泌異常症候群(SIADH), メディカ出版, 2016年, 2, 共著, 木下康之
  5. 2011年10月, チャート 脳神経外科, Ⅰ 総論, 医学評論社, 教科書, 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 高血糖を認めながら成長ホルモン補充療法を継続できた成人成長ホルモン分泌不全症の1例, 第20回 日本内分泌学会中国支部学術集会, 2019年09月07日, 通常, 日本語, 岡山
  2. 思春期の生理的下垂体過形成に伴い視機能障害を認めた2例, 第92回 日本内分泌学会学術総会, 2019年05月11日, 通常, 日本語, 仙台
  3. 下垂体腺腫の最新のreviewと現在の治療の問題点, 第32回 日本老年脳神経外科学会, 2019年03月29日, 招待, 日本語, 久留米
  4. アクロメガリー術後にIGF-1値が正常化しながらGH抑制が不十分な症例, 第29回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2019年02月23日, 通常, 日本語, 大阪
  5. 突然の頭痛と急速に進行する視機能障害を認めたラトケ嚢胞の1例, 木下康之, 第28回 臨床内分泌代謝Update, 2018年11月03日, 通常, 日本語, 福岡
  6. 嚢胞内に出血成分を認めたラトケ嚢胞, 木下康之, 第25回 日本神経内視鏡学会, 2018年10月26日, 通常, 日本語, 新潟
  7. 下垂体腺腫に対する内視鏡下被膜外腫瘍摘出術, 木下康之, 第77回 日本脳神経外科学会学術総会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 仙台
  8. 神経下垂体病変に対する下垂体後葉生検術の有用性, 木下康之, 第23回 日本脳腫瘍の外科学会, 2018年09月15日, 通常, 日本語, 和歌山
  9. 最近の下垂体手術, 木下康之, 第19回 日本内分泌学会中国支部学術集会, 2018年08月25日, 招待, 日本語, 米子
  10. 高齢者非機能性下垂体腺腫のエビデンスとリアルワールド, 木下康之, 第31回 日本老年脳神経外科学会, 2018年02月24日, 招待, 日本語, 東京
  11. アクロメガリーの長期予後 -75gOGTT GH底値正常化とIGF-1値正常化に乖離を認める症例-, 木下康之, 第28回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2018年02月10日, 通常, 日本語, 浜松
  12. 生理的過形成に伴い一過性両耳側半盲を繰り返す1例, 第27回 臨床内分泌代謝Update, 2017年11月25日, 通常, 日本語, 神戸
  13. 経鼻内視鏡手術における蝶形骨洞粘膜弁を用いた鞍底再建, 第24回 日本神経内視鏡学会, 2017年11月10日, 通常, 日本語, 横浜
  14. 超高齢者非機能性下垂体腺腫の2例, 第22回 広島老年脳神経外科研究会, 2017年11月01日, 通常, 日本語, 広島
  15. 経鼻内視鏡手術における鞍底再建の工夫, 第76回 日本脳神経外科学会総会, 2017年10月06日, 通常, 日本語, 名古屋
  16. 下垂体腫瘍術後のGH分泌不全症とGH補充療法の実際, 木下康之, 第18回 日本内分泌学会 中国支部学術集会, 2017年08月26日, 通常, 日本語, 松江
  17. 術中MRIが有用であった浸潤性下垂体腺腫の1例, 木下康之, 第20回 日本臨床脳神経外科学会, 2017年07月15日, 通常, 日本語, 広島
  18. 下垂体腫瘍術後のGH分泌不全症とGH補充療法の実際, 木下康之, 第90回 日本内分泌学会学術総会, 2017年04月21日, 通常, 日本語, 京都
  19. 高齢者における下垂体腺腫 -最近20年間の論文レビユーー, 木下康之, 第30回 日本老年脳神経外科学会, 2017年04月21日, 招待, 日本語, 東京
  20. 神経下垂体部germ cell tumorに対する下垂体後葉生検術の有用性, 木下康之, 第27回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2017年02月25日, 通常, 日本語, 東京
  21. 脳室内もしくは傍脳室病変に対する神経内視鏡下生検術の有用性と問題点, 木下康之, 第23回 日本神経内視鏡学会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 東京
  22. 気づかれにくい先端巨大症, 第69回 広島医学会総会, 2016年11月13日, 通常, 広島
  23. 神経下垂体病変に対する下垂体後葉生検術の有用性, 第75回 日本脳神経外科総会, 2016年09月29日, 通常, 日本語, 福岡
  24. 先端巨大症早期発見の課題, 第17回 日本内分泌学会 中国支部学術集会, 2016年08月29日, 通常, 日本語, 倉敷
  25. 非機能性下垂体腺腫における 内視鏡下被膜外腫瘍摘出が 下垂体機能へ及ぼす影響, 木下康之, 第89回 日本内分泌学会学術総会, 2016年04月21日, 通常, 京都
  26. Influence of pseudo-capsular resection in non-functioning pituitary adenomas with a focus on postoperative pituitary functions, Joint neurosurgical convention 2016, The 7th international MT.bandai symposium for neuroscience, The 8th Pan-pacific neurosurgery congress, 2016年04月09日, 通常, 英語, Cambodia
  27. 先端巨大症の早期発見, 第26回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2016年02月19日, 通常, 福島
  28. 髄液中にHCG-βが検出された非胚細胞性神経下垂体部腫瘍の2例, 木下康之, 第25回 臨床内分泌代謝Update, 2015年11月28日, 通常, 東京
  29. 非機能性下垂体腺腫における内視鏡下被膜外腫瘍摘出が下垂体機能へ及ぼす影響, 木下康之, 第22回 日本神経内視鏡学会, 2015年11月06日, 通常, 松島
  30. 術前診断が困難であった神経下垂体病変の1例, 木下康之, 第3回 下垂体スキルアップカンファレンス, 2015年07月18日, 通常, 広島
  31. 成長ホルモン産生下垂体腺腫の術後治癒基準における75gOGTT GH底値の意義, 木下康之, 第88回 日本内分泌学会学術総会, 2015年04月23日, 通常, 東京
  32. 再手術を必要としたラトケ嚢胞症例の検討, 木下康之, 第25回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2015年02月27日, 通常, 京都
  33. 3歳児に対して内視鏡下経鼻的経蝶形骨洞手術を行った2例, 木下康之, 第21回 日本神経内視鏡学会, 2014年11月28日, 通常, 東京
  34. 長期成績からみた外科的治療抵抗性ラトケ嚢胞の検討, 木下康之, 第73回 日本脳神経外科総会, 2014年10月10日, 通常, 東京
  35. 下垂体腺腫内の無症候性出血が下垂体機能へ及ぼす影響, 木下康之, 第87回 日本内分泌学会学術総会, 2014年04月24日, 通常, 福岡
  36. 頭蓋咽頭腫と胚細胞腫瘍の鑑別における拡散係数の有用性, 木下康之, 第37回 日本脳神経CI学会総会, 2014年02月28日, 通常, 大宮
  37. 成長ホルモン産生下垂体腺腫術後のIGF-1正常化を予測する因子, 木下康之, 第24回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2014年02月22日, 通常, 福岡
  38. ITTと比較したGHRP-2負荷試験の有用性と注意点, 木下康之, 第23回 臨床内分泌代謝Update, 2014年01月25日, 通常, 名古屋
  39. 生検後に実質成分が自然縮小した頭蓋咽頭腫の1例, 木下康之, 第76回 日本脳神経外科学会 中国四国支部学術集会, 通常, 徳島
  40. MRIにおけるガドリニウム増強病変が生検後に自然縮小した頭蓋咽頭腫の1例, 木下康之, 第14回 日本内分泌学会 中国支部学術集会, 2013年11月30日, 通常, 広島
  41. 第3脳室底開窓術の手術適応, 木下康之, 第20回 日本神経内視鏡学会, 2013年11月08日, 通常, 甲府
  42. GH産生下垂体腺腫術後の75gOGTTにおけるGH底値正常化とIGF-1値正常化の乖離, 木下康之, 第9回 アクロメガリーフォーラム, 2013年11月02日, 通常, 東京
  43. 経脳室的神経内視鏡手術による術後発熱の予測因子, 木下康之, 第72回 日本脳神経外科総会, 2013年10月17日, 通常, 横浜
  44. オクトレオチドとペグビソマント併用治療を行った難治性先端巨大症の1例, 木下康之, 第1回 中国アクロメガリーカンファレンス, 2013年09月28日, 通常, 広島
  45. Masked hyperprolactinemia: Tumor-derived factors inhibiting prolactin secretion caused by pituitary-stalk damage, Yasuyuki Kinoshita, 13th Pituitary Congress, 2013年06月13日, 通常, San Francisco
  46. GH分泌機能評価におけるITT・Arginine負荷試験・GHRP-2負荷試験の役割, 木下康之, 第86回 日本内分泌学会学術総会, 2013年04月26日, 通常, 仙台
  47. 小児下垂体腺腫における腫瘍内出血の検討, 木下康之, 第23回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2013年03月16日, 通常, 鹿児島
  48. 経蝶形骨洞手術後の遅発性低Na血症に対するステロイド補充の影響, 木下康之, 第23回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2013年03月16日, 通常, 鹿児島
  49. 下垂体茎障害型高プロラクチン血症の新たな病態:仮面高プロラクチン血症, 木下康之, 第23回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2013年03月16日, 招待, 鹿児島
  50. 経脳室的神経内視鏡手術による術後発熱の予測因子, 木下康之, 第19回 日本神経内視鏡学会, 2012年11月02日, 通常, 日本神経内視鏡学会, 東京
  51. 大型成長ホルモン産生下垂体腺腫に対する手術の役割, 木下康之, 第71回 日本脳神経外科総会, 2012年10月17日, 通常, 大阪
  52. 下垂体茎障害型高プロラクチン血症の新たな病態:仮面高プロラクチン血症, 木下康之, 第85回 日本内分泌学会学術総会, 2012年04月19日, 通常, 名古屋
  53. 小児下垂体腺腫39例の検討, 木下康之, 第22回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2012年02月24日, 通常, 東京
  54. 下垂体茎障害型高プロラクチン血症の新たな病態:仮面高プロラクチン血症, 木下康之, 第22回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2012年02月25日, 通常, 東京
  55. GH分泌能評価におけるiTT/Arginine負荷試験/GHRP負荷試験の役割, 木下康之, 第21回 臨床内分泌代謝Update, 2012年01月27日, 通常, 浜松
  56. 開頭術及び経蝶形骨洞手術と比較した神経内視鏡下脳室内胚細胞腫瘍生検術の有用性と問題点, 木下康之, 第18回 日本神経内視鏡学会, 2011年11月17日, 通常, 岡山
  57. 治療に難渋したラトケ嚢胞の検討, 木下康之, 第70回 日本脳神経外科総会, 2011年10月12日, 通常, 横浜
  58. 下垂体腫瘍と類似した下垂体過形成の検討, 木下康之, 第84回 日本内分泌学会学術総会, 2011年04月21日, 通常, 神戸
  59. 中枢神経系単独病変として発症したLangerhans細胞組織球症の一例, 木下康之, 第20回 臨床内分泌代謝Update, 2011年01月27日, 通常, 札幌
  60. 神経内視鏡を用いた脳室内もしくは傍脳室病変生検術の有用性と問題点, 木下康之, 第17回 日本神経内視鏡学会, 2010年12月10日, 通常, 幕張
  61. 治療後の下垂体機能からみた頭蓋咽頭腫の治療戦略討, 木下康之, 第69回 日本脳神経外科総会, 2010年10月27日, 通常, 福岡
  62. 非機能性下垂体腺腫に合併した高プロラクチン血症についての検討, 木下康之, 第83回 日本内分泌学会学術総会, 2010年03月25日, 通常, 京都
  63. PIF障害型高PRL血症は視床下部—下垂体系の障害によるホルモン分泌不全と関連するのか?, 木下康之, 第20回 間脳下垂体腫瘍学会, 2010年02月19日, 通常, 神戸

受賞

  1. 2017年07月22日, 第12回 広島大学脳神経外科同門会総会 同門会賞, 広島大学脳神経外科同門会, The long-term recurrence of Rathke’s cleft cysts as predicted by histology but not by surgical procedure
  2. 2015年02月19日, 平成26年度 広島大学病院論文賞 最多論文数賞, 広島大学病院
  3. 2014年11月09日, 第67回 広島臨床外科医学会賞, 広島県医師会, Impact of subclinical hemorrhage on the pituitary gland in patients with pituitary adenomas
  4. 2013年11月02日, 第9回 アクロメガリーフォーラム 奨励賞, アクロメガリーフォーラム
  5. 2013年06月08日, 第31回 広仁会賞, 広島大学 広仁会, The arginine and GHRP-2 tests as alternatives to the insulin tolerance test for the diagnosis of adult GH deficiency in Japanese patients: A comparison
  6. 2012年07月21日, 第7回 広島大学脳神経外科同門会総会 同門会賞, 広島大学脳神経外科同門会, Post-operative hyponatremia in patients with pituitary adenoma: post-operative management with a uniform treatment protocol.
  7. 2012年02月24日, 第22回 日本間脳下垂体腫瘍学会 研究奨励賞, 日本間脳下垂体腫瘍学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手), 高次脳機能評価に基づく成長ホルモン補充療法の効果判定と補充療法適応指針の作成, 2019年04月, 2022年03月
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 非機能性下垂体腺腫細胞の多ホルモン分泌機序解明-人工下垂体への応用を目指して, 2015年, 2018年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 非常勤講師, 2016年06月, 広島県立広島皆実高等学校 衛生看護科
  2. 執筆者、監修者, 2016年12月, 医学論文要約アーカイブ(医の知の共有サイト:Silex 知の文献サービス)
  3. 評議員, 2018年04月, 日本内分泌学会
  4. 学術評議員, 2019年02月, 日本間脳下垂体腫瘍学会