飯田 幸治Kouji Iida

Last Updated :2019/11/18

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) (医学)脳神経外科学 准教授
メールアドレス
iidakhiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 脳神経外科学

研究キーワード

  • 脳磁図
  • てんかん焦点
  • てんかん
  • 下垂体腺腫
  • 重症頭部外傷
  • 難治性てんかん
  • 脳腫瘍

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 器官・システム病態制御学I
  2. 2019年, 学部専門, 2ターム, 外科学II
  3. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 脳神経外科学特別演習
  4. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 脳神経外科学特別演習
  5. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 脳神経外科学特別研究
  6. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 脳神経外科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. てんかん外科のすすめ -治療選択を広げるために-, てんかん研究, 36巻, 3号, pp. 657-662, 20190131
  2. 疾患の地域診療ネットワーク構築を考える -厚生労働省によるてんかん地域診療連携体制整備事業から-, 広島医学, 72巻, 2号, pp. 55-60, 20190228
  3. Comparative Evaluation of Angioscopy and Intravascular Ultrasound for Assessing Plaque Protrusion During Carotid Artery Stenting Procedures, WORLD NEUROSURGERY, 125巻, pp. E448-E455, 201905
  4. Anti-seizure effect and neuronal activity change in the genetic-epileptic model rat with acute and chronic vagus nerve stimulation., Epilepsy Res
  5. Preservation of memory despite unresected contralateral hippocampal volume loss after resection of hippocampal sclerosis in seizure free patients, World Neurosurgery
  6. 小児の頭蓋内電極脳波 記録の工夫 -脳外科の立場から-, 臨床神経生理学, 47巻, pp. 112-118, 2019
  7. Application of Rubber Band with Hooks on Both Ends for Vagus Nerve Stimulator Implantation, WORLD NEUROSURGERY, 111巻, pp. 258-260, MAR 2018
  8. 転換期にきたてんかん治療, 広島県内科会会誌, 19号, pp. 26-30, 201812
  9. Long-term outcomes of epilepsy surgery in 85 pediatric patients followed up for over 10 years: a retrospective survey, JOURNAL OF NEUROSURGERY-PEDIATRICS, 19巻, 5号, pp. 606-615, MAY 2017
  10. Stereoelectroencephalography: Indication and Efficacy, NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 57巻, 8号, pp. 375-385, AUG 2017
  11. Effective withdrawal of antiepileptic drugs in pre-monitoring admission to capture seizures during limited video-EEG monitoring., Epilepsia Open
  12. We could predict good responders to vagus nerve stimulation: A surrogate marker by slow cortical potential shift., Clin Neurophysiol, 128巻, pp. 1583-1589, 2017
  13. Review of Current Evidence Regarding Surgery in Elderly Patients with Meningioma, NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 57巻, 10号, pp. 521-533, OCT 2017
  14. Combined surgical intervention with vagus nerve stimulation following corpus callosotomy in patients with Lennox-Gastaut syndrome, ACTA NEUROCHIRURGICA, 158巻, 5号, pp. 1005-1012, MAY 2016
  15. Magnetoencephalography using gradient magnetic field topography (GMFT) can predict successful anterior corpus callosotomy in patients with drop attacks, CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY, 127巻, 1号, pp. 221-229, JAN 2016
  16. Determination of hemispheric language dominance using functional magnetic resonance imaging and the Shiritori (Japanese word chain) task in patients with epilepsy: Comparison with the Wada test, EPILEPSY RESEARCH, 124巻, pp. 16-22, AUG 2016
  17. 小児難治性てんかんに対する半球離断術 (hemispherotomy), 広島医学, 69巻, pp. 169-170, 2016, Mar
  18. Novel Software for Performing Leksell Stereotactic Surgery without the Use of Printing Films: Technical Note, NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 56巻, 4号, pp. 193-197, 2016
  19. Characteristic expression of p57/Kip2 in balloon cells in focal cortical dysplasia, Neuropathology, 35巻, 5号, pp. 401-409, OCT 2015
  20. 難治性てんかんに対する緩和的外科治療:迷走神経刺激療法, 広島医学, 68巻, pp. 303-304, 20150101
  21. Diagnostic performance of positron emission tomography for presurgical evaluation in patients with non-lesional intractable partial epilepsy: comparison between 18F-FDG, 11C-flumazenil and 11C-flumazenil binding potential imaging by using statistical imaging analysis., Hiroshima J Med Sci, 2015
  22. 迷走神経刺激術後のてんかん焦点診断のための脳磁図検査の遂行性およびてんかん磁場活動変化の検討, てんかん治療研究振興財団 研究年報, 26巻, pp. 99-104, 2015
  23. 成人局在関連性てんかんに対するレベチラセタム併用療法の治療成績 –世代別の臨床効果・副作用および継続率の検討-, てんかん研究, 33巻, pp. 28-36, 2015
  24. Electrocorticographic-Histopathologic Correlations Implying Epileptogenicity of Dysembryoplastic Neuroepithelial Tumor, Neurol Med Chir, 53巻, 10号, pp. 676-687, OCT 2013
  25. 新皮質てんかん術後発作転帰におよぼす脳磁図所見の検討, 広島医学, 65巻, pp. 84-90, 2012
  26. 記憶力温存のための優位半球側頭葉てんかん手術 I. –選択的海馬扁桃体切除術-, 広島医学, 65巻, pp. 559-560, 2012
  27. 記憶力温存のための優位半球側頭葉てんかん手術 II –海馬多切術-, 広島医学, 65巻, pp. 593-594, 2012
  28. Successful treatment of mesial temporal lobe epilepsy with bilateral hippocampal atrophy and false temporal scalp ictal onset: A case report, Hiroshima J Med Sci, 61巻, pp. 37-41, 2012
  29. メチオニンPETによる再発脳腫瘍の術前評価とその手術支援への応用., 広島医学, 65巻, pp. 159-160, 2012
  30. てんかん外科治療における頭蓋内電極および脳磁図を用いたてんかん焦点ならびにてんかん棘波の電磁気生理学的研究, てんかん治療研究振興財団研究年報, 22巻, pp. 9-14, 2011
  31. Late recurrence of intractable epilepsy associated with MRI-occult pilocytic astrocytoma in the temporal lobe nine years after initial removal: A case report., Hiroshima J Med Sci, 60巻, pp. 63-68, 2011
  32. 11C-FlumazenilPET画像を用いたてんかん焦点の検出手法, 信学技報(IECE Technical Report), 111巻, pp. 61-64, 2011
  33. 当院におけるニューロモデュレーション -難治性神経因性疼痛に対する電気刺激療法の治療成績-, 広島医学, 64巻, pp. 63-68, 2011
  34. Gradient magnetic-field topography reflecting cortical activities of neocortical epilepsy spikes, EPILEPSY RESEARCH, 90巻, 1-2号, pp. 121-131, JUN 2010
  35. Development of a freeware for analysis of neuromagnetic epileptic discharges., Hiroshima J Med Sci, 59巻, pp. 21-25, 2010
  36. P16-1 Quasi gradient magnetic field topography compatible with 32/64bit MS-Windows Vista or Mac OSZ 10.6, Clin Neurphysiol, 2010
  37. 視床下部過誤腫の病態と治療, 脳外誌, 19巻, pp. 296-303, 2010
  38. 脳磁図傾斜磁場トポグラフィーの開発とてんかん外科治療への臨床応用 -3次元脳画像におけるてんかん焦点とその伝播の動画化, てんかん治療研究振興財団研究年報, 20巻, pp. 63-70, 2009
  39. 脳機能領域に存在するてんかん焦点外科治療 -軟膜下皮質多切術 (MST)の併用-, 広島医学, 62巻, pp. 389-390, 2009
  40. 傾斜磁場トポグラフィと空間フィルタの比較, 生体医工学, 47巻, pp. 131-135, 2009
  41. 小児難治性てんかんに対する脳梁離断術, 広島医学, 62巻, pp. 337-338, 2009
  42. 当院における過去3年間での神経因性疼痛の治療経験., 広島医学, 62巻, pp. 240-245, 2009
  43. LC method for the determination of meropenen in cerebrospinal fluid: Application to therapeutic drug monitoring, Chromatographia, 69巻, pp. 1031-1034, 2009
  44. The pharmacokinetics and pharmacodynamics exposure of meropenem in the cerebrospinal fluid of neurosurgical patients., Journal of Chemotherapy, 20巻, 5号, pp. 615-621, 20081001
  45. Abnormality of Ca2+ channels in CA3 pyramidal neurons of Noda Epileptic Rats (NERs), Epilepsia, 39巻, pp. 55-55, 2008
  46. Considerations of meropenem dosage for bacterial meningitis based on pharamacodynamics in cerebrospinal fluid, Int J Antimicrob Agents, 32巻, pp. 96-98, 2008
  47. 鞍上部限局型嚢胞性下垂体病変の病態, 日本内分泌学会雑誌, 83巻, pp. 85-87, 20070620
  48. Interhemispheric reorganization of language in children with medically intractable epilepsy of the left hemisphere, J Int Neuropsychol Soc, 13巻, pp. 505-516, 20070101
  49. 鞍底解放ドレナージ術により体位依存性の視機能悪化をきたしたラトケ嚢胞の1例, ホルモンと臨床, 55巻, pp. 59-63, 20070101
  50. プロラクチノーマに対する治療(脳神経外科の立場から), 日本内分泌学会雑誌, 82巻, pp. 11-13, 20061231
  51. Natural course of incidentally found nonfunctioning pituitary adenoma, with special reference to pituitary apoplexy during follow-up examination., J Neurosurg, 104巻, 6号, pp. 884-891, 20060601
  52. Preoperative simulation of intracerebral epileptiform discharges: synthetic aperture magnetometry virtual sensor analysis of interictal magnetoencephalography data, J Neurosurg, 105巻, pp. 41-49, 20060331
  53. Zygomatic osteotomy for resection of cavernous angioma in dominant hemispheric temporal lobe, Hiroshima Journal of Medical Science, 55巻, pp. 39-43, 20060331
  54. Efficacy of steroid for cerebral swelling and seizures during subdural grid EEG recording in children., Epilepsia, 47巻, pp. 176-180, 20060331
  55. 難治性てんかんに対する脳磁図 (MEG) てんかん棘波双極子 clusterectomy -ニューロナビゲーションを用いた皮質焦点切除術-, 広島医学, 59巻, pp. 619-620, 2006
  56. 新皮質てんかん患者における動画化傾斜磁場トポグラフィーと硬膜下電極モニタリングの比較, 日本生体磁気学会誌, 18巻, pp. 120-121, 20051231
  57. Voltage topographic mapping が切除範囲決定に有用であった外側側頭葉てんかんの1例, 広島医学, 58巻, pp. 310-313, 20051231
  58. ラトケ嚢胞の術後長期成績と治療適応, 日本内分泌学会雑誌, 81巻, pp. 127-129, 20051231
  59. 下垂体腺腫による髄液鼻漏に対するリン酸カルシウム骨セメントの使用経験, Medical Postgraduates, 43巻, pp. 73-77, 20051231
  60. ★, Characterizing Magnetic Spike Sources by using Magnetoencephalography-guided Neuronavigation in Pediatric Epilepsy Surgery, Journal of Neurosurg (Pediatrics 2), 102巻, pp. 187-196, 20051231
  61. 頭部外傷 眼窩吹き抜け骨折, Clinical neuroscience, 23巻, 5号, pp. 551-553, 20050501
  62. Neurophysiological findings of neuronal migration disorders: Intrinsic epileptogenicity of focal cortical dysplasia on electroencephalography, electrocorticography, and magnetoencephalograophy, J Child Neurol, 20巻, pp. 357-363, 20050331
  63. Hypothalamic hamartoma, Neurologia Medico Chirurgica (Tokyo), 45巻, pp. 225-236, 20050331
  64. Cortical resection with electrocorticography for intractable porencehpaly-related partial epilepsy, Epilepsia, 46巻, pp. 76-83, 20050331
  65. Characterizing magnetoencephalographic spike sources in children with tuberous sclerosis complex, Epilepsia, 46巻, pp. 1510-1517, 20050331
  66. Identifying the primary epileptogenic hemisphere from electroencephalogrpahic and magnetoencephalographic dipole lateralization in children with intractable epilepsy, J Child Neurol, 20巻, pp. 885-892, 20050331
  67. SCILABを用いた脳磁図波形の3次元センサー上表示, 日本生体磁気学会誌, 18巻, 142-143号, 20050331
  68. 下垂体腺腫による髄液鼻漏に対するリン酸カルシウム骨セメントの使用経験, MEDICAL POSTGRADUATES, 43巻, pp. 73-77, 20050101
  69. Anatomy and techniques for epilepsy surgery, NEUROLOGICAL SURGERY, 32巻, 12号, pp. 1215-1227, DEC 2004
  70. Three-dimensionally reconstructed magnetic source imaging and neuronavigation in pediatric epilepsy: Technical note., Neurosurgery, 55巻, pp. 1244-1248, 20040331
  71. Dipole source localization of epileptic discharges in EEG and MEG, International Congress Series, 1270巻, pp. 56-60, 20040331
  72. 経蝶形骨洞下垂体手術における顕微鏡と内視鏡の併用, 日本内分泌学会雑誌, 79巻, Supple.Aug号, pp. 128-130, 20030401
  73. 合併症の推移から見た、末端肥大症における"Consensus Meeting Criteria of Cure"の意義, 日本内分泌学会雑誌, 79巻, Supple.Aug号, pp. 48-49, 20030401
  74. 難治性てんかんに対する長時間ビデオ脳波同時モニタリング -広島大学における53症例の経験から-, 広島医学, 56巻, 4号, pp. 283-285, 20030401
  75. 難治性てんかんの手術療法 -広島大学医学部およびディポネゴロ大学医学部における経験-, 広島医学, 55巻, 10号, pp. 806-809, 20030401
  76. 心臓マッサージのみのバイスタンダーCPRが有効であった症例, 日本臨床救急医学会雑誌, 6巻, pp. 479-482, 20030331
  77. Hyperemia prior to acute brain swelling during rewarming of patients who have been treated with moderate hypothermia for severe head injuries, J Neurosurg, 98巻, pp. 793-799, 2003
  78. Mortality in 154 surgically treated patients with acromegaly--a 10-year follow-up survey, Endocr J, 50巻, pp. 163-172, 2003
  79. プロラクチン産生下垂体腺腫(プロラクチノーマ)の診断と治療, 広島医学, 55巻, 4号, pp. 301-308, 20020401
  80. プロラクチノーマの外科治療ーその適応と禁忌ー, 日本内分泌学会雑誌, 78巻, supple,Jan号, pp. 14-16, 20020401
  81. 海綿静脈洞浸潤を示すGH産生下垂体腺腫の治療選択, 日本内分泌学会雑誌, 78巻, supple,Jan号, pp. 14-16, 20020401
  82. Clinical implications of dynamic MRI for pituitary adenomas: clinical and histologic analysis, J Clin Neurosci, 9巻, pp. 659-663, 2002
  83. Circulating blood volume in burn resuscitation, Hiroshima J Med Sci, 51巻, pp. 7-13, 2002
  84. Effect of smoke inhalation injury on fluid requirement in burn resuscitation., Hiroshima J Med Sci, 51巻, pp. 1-5, 2002
  85. 機能性下垂体腺腫における血清ホルモン値と腫瘍容積との関係, ホと臨, 77巻, suppl. 8号, pp. 25-28, 20010401
  86. プロラクチン産生下垂体腺腫に対する手術療法の功罪 -ブロモクリプチン時代における手術療法の意義-, 日本内分泌学会雑誌, pp. 44-47, 20010401
  87. ★, Critical cerebral ischemia revealed by MR imaging in a traumatic carotid-cavernous fistula without high-risk patterns on angiograms: A case report., Journal of Trauma, pp. in press, 20010401
  88. 非機能性下垂体腺腫における治療方針, 日本内分泌学会雑誌, 77巻, suppl. 2号, pp. 86-87, 20010401
  89. 蘇生後脳症における遅発性脳充血 -TCDによる評価および頭蓋内圧との関係-, Progress in research on brain edema and ICP, pp. 73-78, 20010401
  90. トピックス 低体温療法, 広島県小児科医会会報, pp. 14-15, 20010331
  91. Characteristic magnetic resonance imaging for neurological assessment in HELLP syndrome with eclanpsia: A case report, Hiroshima J. Medical Sciences, 50巻, pp. 37-40, 20010331
  92. Concomitant pituitary adenoma and Rathke's cleft cyst, Neuroradiology, 43巻, pp. 755-759, 2001
  93. 脳磁図の臨床応用, 広島医学, 54巻, pp. 186-190, 2001
  94. 重症患者における患者志向型薬剤管理の意義?けいれん重積症を例として?, 11巻, pp. 623-624, 20000701
  95. Surgical Treatment for Intractable Epilepsy Caused by Cavernous Angioma in the Temporal Lobe of the Dominant Hemisphere -Three case Reports-, Neurologia Medico-chirurgica, 40巻, pp. 439-445, 20000401
  96. Epileptic seizure induced by N-acetyl-L-aspartate in rats: in vivo and in vitro studies., Brain Research, 861巻, pp. 143-150, 20000401
  97. Transsphenoidal ’Cross Court’ approach using a slightly modified speculum to reach pituitary adenomas with lateral growth, Acta Neurochirurgia, 142巻, pp. 1055-1058, 20000401
  98. てんかん大発作の新規モデルラット(Noda epileptic rats:NER)海馬ニューロン異常興奮性の発生機構に関する電気生理学的研究, てんかん治療研究振興財団研究年報, pp. 55-61, 20000401
  99. 重篤な頭蓋内圧亢進状態が遅発性に出現した急性硬膜外血腫の1例-軽度低体温療法による治療経験-, 日救急医会誌, 11巻, pp. 225-230, 20000401
  100. 超重症頭部外傷における低体温療法の評価-従来の治療法との比較検討-, 脳死・脳蘇生研究会誌, 19990401
  101. Size adjustable titanium plate for reconstruction of sella turcica, Journal of Neurosurgery, 91巻, pp. 1055-1057, 19990401
  102. Induction of convulsive seizures by acoustic priming in a new genetically defined model of epilepsy (Noda epileptic rat: NER),, Epilepsy Research, 30巻, 2号, pp. 115-126, 19980401
  103. Suppression by topiramate of epileptiform burst discharages in hippocampal CA3 neurons of spontaneously epileptic rat in vitro, Brain Research, 798巻, pp. 274-282, 19980401
  104. Development of Acoustic Priming-Induced Abnormal Excitation in the Hippocampus of the Noda Epileptic Rat(NER), Epilepsia, 39巻, pp. 73, 19980401
  105. Hypothalamic hamartomaの長期フォローアップ成績;-MRI画像診断との対比-, ホと臨床, 46巻, 98’特別増刊号号, pp. 136-139, 19980401
  106. Trans-sellar color Doppler ultrasonography during transsphenoidal surgery, Neurosurgery, 42巻, pp. 81-86, 19980401
  107. Demonstration of the optic pathway in sellar/juxtasellar tumours with visual disturbance on MR imaging, Acta Neurochirurgica (Wien), 140巻, pp. 541-548, 19980401
  108. Subsidence of seizure induced by stereotactic radiation in a patient with hypothalamic hamartoma, Journal of Neurosurgery, 89巻, pp. 645-648, 19980401
  109. Effects of successful adenomectomy on body composition in acromegaly, Endocrine Journal, 45巻, pp. 335-342, 19980401
  110. てんかんの基礎, 神経進歩, pp. 947-953, 19980401
  111. 非機能性下垂体腺腫における術後視機能の検討., ホと臨床, 46巻, Suppl.号, pp. 86-89, 19980401
  112. Evaluation of Cerebral Hemodynamics in a Head -Injured Patient with Hypovolemia Using Transcranial Doppler Sonography., American Journal of Emergency Medicine, 15巻, 6号, pp. 587-590, 19970401
  113. Cerebral fat embolism studied by magnetic resonance imaging, transcranial Doppler sonography, and single photon emission computed tomography: case report, The Journal of Trauma, 43巻, pp. 345-348, 19970401
  114. Transshenoidal surgery guided by trans-sellar color Doppler ultrasonography, 11th international congress of neurological surgery, pp. 717-721, 19970401
  115. Evaluation of cerebral hemodynamics in a head-injured patient with hypovolemia using transcranial Doppler sonography, American Journal of Emergency Medicine, 15巻, pp. 587-590, 19970401
  116. ★, Delayed hyperemia causing intracranial hypertension after cardiopulmonary resuscitation., Critical Care Medicine, 25巻, pp. 971-976, 19970401
  117. Antiepileptic effects of 20-hydroxyecdysone on convulsive seizures in spontaneously epileptic rats, Japanese Journal of Pharmacology, 174巻, pp. 331-335, 19970401
  118. 根治性と安全性の改善に向けた経蝶形骨洞手術における2つの工夫. -不等長スペキュラムと術中超音波の利用-, ホと臨, 45巻, 増刊号号, pp. 68-71, 19970401
  119. 下垂体腺腫術後の腫瘍容積の経時的変化 -手術摘出度の評価時期の検討-, ホと臨, pp. 102-106, 19970401
  120. 25年の経過中、汎下垂体機能低下症をきたしたRathke嚢腫の1例, 日内分泌会誌, 73巻, 6号, pp. 623-627, 19970401
  121. GH産生下垂体腺腫残存腫瘍に対する再手術の検討, ホと臨, 45巻, 増刊号号, pp. 65-68, 19970401
  122. 下垂体腺腫術後の腫瘍容積の経時的変化 -手術摘出度の評価時期の検討-, ホと臨, 45巻, 増刊号号, pp. 102-106, 19970401
  123. Induction of Seizures and Ictal Electroencephalogram in a New Genetically Defined Rat, Noda Epileptic Rats., Epilepsia, 37巻, pp. 96, 19960401
  124. バルビツレート治療中の内頚静脈酸素飽和度の至適値の検討, 救急医学, 20巻, pp. 1105-1110, 19960401
  125. GH産生下垂体腺腫に対する再手術の検討, pp. 65-71, 19960401
  126. 成長ホルモン産生下垂体腺腫の術後寛解と再発ー経蝶形骨洞手術後5年以上の長期追跡の結果からー, ホと臨, 44巻, 春季増刊号, pp. 62-67, 19960401
  127. Steal Phenomenon ina Traumatic carotid-cavernous Fistula., Journal of Trauma, 39巻, pp. 1015-1017, 19950401
  128. 下垂体腺腫における術直後視機能悪化例の原因と検討, ホと臨, 43巻, pp. 42-45, 19950401
  129. 健常者における脳血管CO2反応性について-経頭蓋近赤外線レーザーを用いて-, 救急医学, 19巻, pp. 1621-1624, 19950401
  130. 非機能性下垂体腺腫治療後の下垂体前葉機能. -特にACTH系とTSH系について-, ホと臨, 43(Suppl)巻, pp. 66-68, 19950401
  131. 頭部外傷後の意識障害の予後についての検討-受傷後2カ月目における昏睡患者を対象に-, 第7回日本神経救急研究会報, pp. 267-271, 19950401
  132. 極微小プロラクチン産生下垂体腺腫の臨床的検討, ホと臨, pp. 33-37, 19950401
  133. 重症頭部外傷患者におけるモニタリング有用性と予後., 神経外傷, pp. 64-69, 19950401
  134. 下垂体腺腫におけるトルコ鞍内圧, ホと臨, 43巻, pp. 23-25, 19950401
  135. てんかん動物(SERとNER)を用いた抗てんかん薬の評価, 日薬理誌, 108巻, pp. 35-40, 19950331
  136. 神経系モニタリングが有用であったherpes simplex virus encephalitisの1例, 日本救急医学会誌, 6巻, pp. 66-70, 19950331
  137. 中大脳動脈短時間閉塞モデルにおける脳浮腫 -運動性誘発電位における検討-, 第17回脳浮腫研究会報告集, 17巻, pp. 75-77, 19940401
  138. Transcranial Doppler sonographyによって診断し得た外傷性頭蓋内内頚動脈損傷の2例, 日救急医会誌, 5巻, pp. 395-402, 19940401
  139. 急性脳腫脹の発生時点をモニターし得た一症例, 頭蓋内圧研究会報告集, 47巻, pp. 192-196, 19940401
  140. Sublabial Transsphenoidal Approach 後の口部合併症とEndonasal Transsphenoidal Approach の利点, 脳外, 22巻, pp. 119-124, 19940401
  141. 脳室穿破をきたし死亡した基底核部脳膿瘍の1例, 脳神経外科, 22巻, pp. 383-386, 19940331
  142. 塞栓術により一過性の同名四半盲を呈した後頭葉動静脈奇形の1例, 広島医学, 47巻, pp. 909-913, 19940331
  143. Hypocapnia時における脳循環動態の検討-成人健常者5例での検討-, 脳静脈酸素飽和度(SjO2)研究会講演集, 4巻, pp. 694-698, 19930401
  144. 妊孕期下垂体腺腫患者の性腺機能に与える手術療法の影響, ホと臨, 41巻, 増刊号, pp. 173-180, 19930401
  145. 下垂体腫瘍患者におけるHumphrey 自動静的量的視野測定の有用性, ホと臨, pp. 142-146, 19930401
  146. 穿頭血腫除去術が奏効した急性硬膜下血腫の1例-頭蓋内圧の評価に対するTCDの有用性について-., 日救急医会誌, 3巻, pp. 491-494, 19920401
  147. A case of scalp cavernous hemangioma simulationg sinus pericranii., Hiroshima J Med Sci, 41巻, pp. 19-23, 19920331
  148. Treatment risk for elderly patients with unruptured cerebral aneurysm from a nationwide database in Japan, World Neurosurg, 20190919
  149. Hemipherotomy for drug-resistant hemiepheric epilepsy in Indonesian population, Epilepsy & Behavior Reports, 20191105

著書等出版物

  1. 脳神経外科速報, てんかん手術のための脳機能マッピングの実際, メディカ出版, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 香川幸太、飯田幸治
  2. ブレインナーシング, 成人てんかん患者の日常生活支援, メディカ出版, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 香川幸太、横川有香、飯田幸治
  3. 今日の治療指針 2018年度版, けいれん Convulsion and status epilepticus, 医学書院, 2018年, 単行本(学術書), 単著, 飯田幸治, 2066
  4. 2017年, 神経内科, 若年ミオクロニーてんかんの発作転帰, 科学評論社, 2017年, 2017, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 飯田幸治
  5. 2017年, 脳神経外科速報, てんかんの画像診断 –最新知識と今後の展望- , メディカ出版, 2017年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 飯田幸治、橋詰 顕
  6. 2016年, 月Se日, 新NS now Neurosurgery No.7, 大脳半球離断術の対象となるてんかん, メジカルビュー, 2016年, Sep, 単行本(学術書), 単著, 日本語, ISBN978-4-7583-1567-8 C3347, 179
  7. 2016年, てんかんの診かた 診断に至る着眼点を学ぶ64症例を厳選, 初回のビデオ脳波ではみられなかった脳波異常が2回目に記録された症例.,  新興医学出版社, 2016年, 単行本(学術書), 共著
  8. 2016年, てんかんの診かた 診断に至る着眼点を学ぶ64症例を厳選, 長期内服加療のみ行われていたが、右海馬硬化が確認され外科手術により発作が消失した症例, 新興医学出版社, 2016年, 2016, 単行本(学術書), 共著
  9. 2016年, てんかんの診かた 診断に至る着眼点を学ぶ64症例を厳選, てんかん手術後に精神科的介入を要した症例, 新興医学出版社, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 2
  10. 神経外科速報,, てんかんの画像診断 –最新知識と今後の展望-, メディカ出版, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 8
  11. 2015年01月, MRI-negative Epilepsy: Evaluation and Surgical Management, MEG and magnetic source imaging in MRI-negative refractory partial epilepsy, Cambridge University Press, 2015年, 1, 単行本(学術書), 共著, 47-55
  12. 2015年01月, 臨床てんかん学, 第10章 検査 より侵襲度の高い脳波記録 (蝶形骨誘導・卵円孔誘導・硬膜外電極), 医学書院, 2015年, 1, 単行本(学術書), 単著, 288-291
  13. 2015年01月, 脳神経外科速報, 側頭葉てんかんの基本的手術 Anterior temporal lobectomyの進め方, メディカ出版, 2015年, 1, 単行本(学術書), 共著, 468-474
  14. 2015年01月, 脳神経外科速報, てんかんの薬物治療 ~脳神経外科領域で多い(症候性)部分てんかんを中心に~, メディカ出版, 2015年, 1, 単行本(学術書), 単著, 1038-1044
  15. 2015年01月, ホスフェニトインによるてんかん発作の管理~神経救急・脳神経外科周術期における実践集~, ビデオ脳波モニタリングにおけるけいれん重積状態への対応 -ホスフェニトイン使用でルート管理が楽になったと看護師に好評, ライフサイエンス, 2015年, 1, 単行本(学術書), 共著, 84-87
  16. 2014年01月, 日本臨牀 別冊 神経症候群 (第2版) VI –その他の神経疾患を含めて-, 胚芽異形成性神経上衣腫瘍 XIV. てんかん症候群, 日本臨牀社, 2014年, 1, 単行本(学術書), 単著, 408-412
  17. 2014年01月, 日本臨牀 別冊 神経症候群 (第2版) VI –その他の神経疾患を含めて-, てんかんにおけるdual pathology XIV. てんかん症候群, 日本臨牀社, 2014年, 1, 単行本(学術書), 単著, 400-403
  18. 2013年01月, ブレインナーシング, てんかん・けいれんのメカニズム. 特集 けいれんへの対応&てんかんの治療・看護, メディカ出版, 2013年, 1, 単行本(学術書), 単著, 720-726.
  19. 2013年01月, 医薬ジャーナル, 高周波律動とてんかん. 特集・てんかんの新治療戦略と課題, 医薬ジャーナル, 2013年, 1, 単行本(学術書), 共著, 1306-1310
  20. 2012年01月, Neurosurgical treatment of vascular diseases of the CNS ( central nervous system), Therapeutic hypothermia for ischemic and hemorrhagic stroke, 2012年, 1, 単行本(学術書), 共著, 423-431
  21. 2012年01月, Neurosurgical treatment of vascular diseases of the CNS ( central nervous system), Epilepsy surgery and cerebral vascular malformations, Dilivros, 2012年, 1, 単行本(学術書), 共著, 英語, 151-159
  22. 2012年01月, 分子精神医学, 側頭葉てんかんの外科治療と海馬, 先端医学社, 2012年, 1, 単行本(学術書), 単著, 17-24
  23. 2010年01月, 発作時脳磁図波形の周波数解析, 永井書店, 2010年, 1, 単行本(学術書), 共著
  24. 2010年01月, EBM脳神経外科疾患の治療, 小児てんかんの外科治療: 何がエビデンスか?, 中外医学社, 2010年, 1, 単行本(学術書), 共著
  25. 2010年01月, 脳神経検査のグノーティ・セアウトン この検査では、ここが見えない Part 1 MRI 編, ルーチンMRIでは海馬萎縮を見落としやすい, 株式会社シナジー, 2010年, 1, 単行本(学術書), 共著, 192-196
  26. 2008年01月, 脳腫瘍の外科 -基本と挑戦-, Central Neurocytoma: 全摘出のコツを合併症回避の工夫, メディカ出版, 2008年, 単行本(学術書), 共著, 262-269
  27. 2008年01月, Brain Mecial 2008, 小児難治性てんかんの外科治療, メディカルレビュー社, 2008年, 単行本(学術書), 共著, 57-65
  28. 2007年01月, 新薬展望 2007 , 抗てんかん薬, 医薬ジャーナル社, 2007年, 01, 単行本(学術書), 単著, 02874741, 372
  29. 2003年01月, 脳神経外科 周術期管理のすべて 改訂第2版, VII. 症候 電解質異常, メジカルビュー社, 2003年, 1, 単行本(学術書), 共著
  30. 2002年05月, コア・ローテーション救急, 頭痛, 金芳堂, 2002年, 05, 単行本(学術書), 単著, 4765310612, 306, 9-11
  31. 2002年05月, コア・ローテーション救急, 痙攣, 金芳堂, 2002年, 5, 単行本(学術書), 単著, 12-13
  32. 2002年05月, コア・ローテーション救急, 抗てんかん薬, 金芳堂, 2002年, 5, 単行本(学術書), 単著, 182-184
  33. 2000年04月, 脳神経外科 周術期管理のすべて , VII. 症候 電解質異常, メジカルビュー社, 2000年, 04, 単行本(一般書), 共著, 飯田 幸治
  34. 1992年04月, Recent Advances in Neurosonology, The usefulness and pitfalls of transcranial Doppler examinations in brain-death patients, Elsevier Science, 1992年, 4, 単行本(学術書), 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. てんかん知識 応用編, 飯田幸治, Epilepsy Skill-up Seminar ~歯科医師のためのてんかんabc~, 2019年11月09日, 招待, 日本語, 広島
  2. Recording ingenuity for intracranial EEG monitoring in pediatric patients with intractable epilepsy, 飯田幸治, The 13th Asian Epilepsy Surgery Congress (AESC) Evening Seminar, 2019年11月01日, 招待, 英語, The 13th Asian Epilepsy Surgery Congress, Kobe
  3. 成人てんかんにおけるぺランパネルの可能性, 飯田幸治, 第53回日本てんかん学会学術集会ランチョンセミナー6, 2019年10月31日, 招待, 日本語, 第53回日本てんかん学会学術集会, 神戸
  4. 脳腫瘍関連てんかんに対する治療戦略, 飯田幸治, Epilepsy Symposium in TOKAI, 2019年10月16日, 招待, 日本語, 名古屋
  5. 小児てんかん外科における手術戦略と工夫, 飯田幸治, 第31回脳神経外科学臨床講座, 2019年10月05日, 招待, 日本語, 第31回脳神経外科学臨床講座, 東京
  6. 疾患の地域診療ネットワークを考える –てんかん疾患啓発と診療連携がなぜ必要か?, 飯田幸治, 第27回九州-山口機能神経外科セミナー, 2019年08月24日, 招待, 日本語, 第27回九州-山口機能神経外科セミナー, 福岡
  7. 病理学的に単独病変としてTSC皮質結節として診断されたてんかん症例, 飯田幸治, 結節性硬化症医療連携セミナー In 広島, 2019年08月09日, 招待, 日本語, 広島
  8. 脳外科医が診るてんかんと薬物治療の考え方, 飯田幸治, 脳外科医のためのてんかんを考える会, 2019年07月30日, 招待, 日本語, 横浜
  9. てんかん診療 Next stage, 飯田幸治, 第6回大阪てんかん診療ネットワーク研究会, 2019年07月13日, 招待, 日本語, 大阪てんかん診療ネットワーク, 大阪
  10. てんかん診療最前線 ~新薬から多職種連携まで~, 飯田幸治, 薬剤師向けてんかん講演会アフタヌーンセミナー, 2019年06月29日, 招待, 日本語, 広島県病院薬剤師会/広島市薬剤師会, 広島
  11. 脳外科によるプログレッシブてんかん診療, 飯田幸治, 第39回 日本脳神経外科コングレス総会ランチョンセミナー8, 2019年05月17日, 招待, 日本語, 第39回 日本脳神経外科コングレス総会, 横浜
  12. 広島県におけるてんかん診療連携 ~さまざまな啓発活動・脳波判読のポイントも交えて~, 飯田幸治, 山口・防府 てんかん医療フォーラム, 2019年05月17日, 招待, 日本語, 防府医師会 後援 吉南医師会/山口市医師会, 山口
  13. てんかん診療 多方面からのアプローチ, 飯田幸治, 高齢者の脳を守る会, 2019年05月14日, 招待, 日本語, 弘前薬剤師会 後援弘前市医師会, 弘前
  14. てんかんとは~成人から高齢発症を含めて, 飯田幸治, 若手医師のためのてんかんセミナー, 2019年04月26日, 招待, 日本語, 広島
  15. てんかん診療 多方面からのアプローチ, 飯田幸治, Epilepsy Symposium, 2019年04月23日, 招待, 日本語, 水戸薬剤師会/茨城県薬剤師会/茨城県病院薬剤師会, 水戸
  16. てんかんネットワーク確立に向けて –広島大学における診療連携の活動から-, 飯田幸治, 西神戸てんかんネットワーク, 2019年04月13日, 招待, 日本語, 神戸市西区医師会, 神戸
  17. 未来へ繋ぐてんかん診療, 飯田幸治, これからのてんかん治療を考える会, 2019年04月05日, 招待, 日本語, 札幌
  18. 脳疾患関連のてんかん薬物治療の考え方, 飯田幸治, 第1回 Epilepsy Education Seminar 脳疾患に続発するてんかん治療を考える会 ~急性期から慢性期まで~, 2019年04月02日, 招待, 日本語, 秋田
  19. 難治性てんかんの外科治療 ~小児から成人まで~, 飯田幸治, 市民フォーラム2019 「てんかんを考える」 in 呉, 2019年03月31日, 招待, 日本語, 【主催】広島大学病院(広島県指定てんかん診療拠点機関)、広島大学病院てんかんセンター 【後援】 広島大学病院 広島大学病院脳神経外科 福山市こども発達支援センター 日本てんかん協会広島県支部、呉市、広島県医師会、呉地区医師会、中国新聞社, 呉
  20. てんかん薬物治療の変遷, 飯田幸治, Clinical Conference Seminar in 広島, 2019年03月29日, 招待, 日本語, 広島
  21. Web セミナー よくわかるてんかんシリーズ➀「てんかんとは?~見落としてはいけない発作症状~」, 飯田幸治, イーケプラ発売9周年記念 Web セミナー よくわかるてんかんシリーズ, 2019年03月20日, 招待, 日本語, 広島
  22. 脳卒中後てんかんと薬物治療の考え方, 飯田幸治, 第2回 Stroke Conference, 2019年03月15日, 招待, 日本語, 広島
  23. 脳腫瘍関連てんかんに対する治療戦略, 飯田幸治, LEATを学ぶ会, 2019年03月01日, 招待, 日本語
  24. 未来へつなぐてんかん診療, 飯田幸治, 第9回京滋奈てんかん診療連携研究会, 2019年02月16日, 招待, 日本語, 京滋奈てんかん診療連携研究会, 京都
  25. てんかん外科的治療の最近の進歩, 飯田幸治, 教育者・保育者向け てんかんセミナーin 福山, 2019年02月09日, 招待, 日本語, 日本てんかん学会、広島大学病院、広島大学病院てんかんセンター、福山市教育委員会、福山市立大学、福山市こども発達支援センター, 福山
  26. てんかん薬物治療の考え方, 飯田幸治, 第24回日本脳神経外科救急学会ランチョンセミナー, 2019年02月02日, 招待, 日本語, 第24回日本脳神経外科救急学会, 大阪
  27. 抗てんかん薬の選択基準, 飯田幸治, 第42回日本てんかん外科学会 モーニングセミナー, 2019年01月25日, 招待, 日本語, 第42回日本てんかん外科学会
  28. Postoperative long-term changes of hippocampal volume in temporal lobe epilepsy patients with hippocampal sclerosis, Koji Iida, Junko Katayama, Kota Kagawa, Masaya Katagiri, Go Seyama, S Abiko, Akira Hashizume, Kaoru Kurisu, Hiroshi Otsubo, American Epilepsy Society Meeting 2018, 2018年12月03日, 通常, 英語, American Epilepsy Society, New Orleans
  29. てんかん疾患啓発と診療連携がなぜ必要か?, 飯田幸治, 第6回日本難病医療ネットワーク学会学術集会 ランチョンセミナー, 2018年11月16日, 招待, 日本語, 第6回日本難病医療ネットワーク学会学術集会, 岡山
  30. 小児の頭蓋内電極脳波 記録の工夫 脳外科の立場から, 飯田幸治、香川幸太、片桐匡也、瀬山 剛、橋詰 顕、岡村朗健、石川暢恒、小林良行、谷 博雄、大坪 宏、栗栖 薫, 第48回日本臨床神経生理学会学術大会, 2018年11月08日, 通常, 日本語, 第48回日本臨床神経生理学会学術大会, 東京
  31. 未来へ繋ぐてんかん診療, 飯田幸治, 第8回東信てんかん治療研究会, 2018年11月02日, 招待, 日本語, 佐久薬剤師会, 長野
  32. 互いの顔が見える地域診療連携のためのてんかん診療ネットワークの構築, 飯田幸治、香川幸太、瀬山 剛、岡村朗健、橋詰 顕、石川暢恒、山下英尚、丸山博文、栗栖 薫, 第52回日本てんかん学会学術集会, 2018年10月25日, 通常, 日本語, 第52回日本てんかん学会学術集会
  33. 当院における迷走神経刺激療法の適応と成績, 飯田幸治, 山陰VNS研究会, 2018年10月23日, 招待, 日本語, 出雲
  34. てんかん患者における初回けいれん発症時の救急対応の現状と課題, 飯田幸治、香川幸太、片桐匡弥、瀬山 剛、橋詰 顕、栗栖 薫, 日本脳神経外科学会総会 第77回学術総会, 2018年10月12日, 通常, 日本語, 日本脳神経外科学会総会 第77回学術総会, 仙台
  35. 症候性てんかんに対する薬物治療の考え方 –脳卒中後けいれんをどうみるか-, 飯田幸治, 第15回豊の国脳卒中カンファレンス, 2018年09月20日, 招待, 日本語, 豊の国脳卒中カンファレンス, 大分
  36. 類似した症状を有する脳疾患の診断~意識消失発作・認知症状とてんかん発作の鑑別~, 飯田幸治, 脳疾患について考える会in 北九州, 2018年09月05日, 招待, 日本語, 小倉
  37. 脳神経外科医とてんかん, 飯田幸治, 第9回信濃町脳血管障害セミナー, 2018年07月21日, 招待, 日本語, 東京
  38. てんかん診療の最近の動向, 飯田幸治, 第3回てんかん治療連携ミーティング, 2018年07月20日, 招待, 日本語, 千葉
  39. てんかん診療の最近の動向, 飯田幸治, 第24回サザンブレインカンファレンス, 2018年07月12日, 招待, 日本語, サザンブレインカンファレンス/福岡市南区医師会/福岡市医師会, 福岡
  40. てんかん外科 適応と手術法の選択, 飯田幸治, 第7回福岡Epilepsy Conference, 2018年07月04日, 招待, 日本語, 福岡市医師会/福岡EpilepsyConference, 福岡
  41. Post-operative hippocampal volume changes on magnetic resonance volumetry in patients with mesial temporal lobe epilepsy, Iida K, Katayama J, Kagawa K, Katagiri M, Seyama G, Hashizume A, Kurisu K, Otsubo H, 53th Canadian Neurological Sciensec Federation Congress, 2018年06月25日, 通常, 英語, 53th Canadian Neurological Sciensec Federation Congress, Halifax
  42. 知って安心 てんかん発作と治療, 飯田幸治, 山県郡医師会学術講演会, 2018年06月21日, 招待, 日本語, 山県郡医師会/協賛:山県郡歯科医師会歯医師会/広島市薬剤師会山県郡支部, 北広島
  43. てんかん診療の最近の動向, 飯田幸治, 第2回てんかんSymposium in 加古川, 2018年06月06日, 招待, 日本語, 加古川医師会/高砂市医師会, 加古川
  44. 広島大学病院 結節性硬化症診療連携チーム発足にあたって Session I 結節性硬化症診療連携の実際, 飯田幸治, 結節性硬化症 診療連携セミナー, 2018年05月29日, 招待, 日本語, ノバルティス ファーマ株式会社, 広島
  45. 検査と診断 -各診療科における取組と実践- Topic 1:脳病変, TSC Center of Excellence 2018 Session1, 2018年05月19日, 招待, 日本語, 東京
  46. Epilepsy surgery A la Carte II -Video-EEG interpretation of different lesions-, Iida K, 4th Himalayan Epilepsy Workshop-2018, 2018年04月11日, 招待, 英語, Annapuruna Neurological Institute, Kathmandu
  47. てんかん発作と認知症状の鑑別はできるのか?, 飯田幸治, 第4回西部地区認知症支援連携の会, 2018年03月30日, 招待, 日本語, 広島西部地区認知症支援連携の会, 廿日市
  48. てんかん治療の最新の話題 ~ビデオを用いた診断と治療のポイント~, 飯田幸治, Epilepsy Forum in Kobe, 2018年03月03日, 招待, 日本語, 兵庫県脳神経外科・神経内科診療所医会, 神戸
  49. てんかん診療連携と薬物治療の考え方, 飯田幸治, 佐伯地区医師会学術講演会, 2018年02月27日, 招待, 日本語, 佐伯地区医師会, 広島
  50. てんかん診療連携、疾患啓発の重要性, 飯田幸治, 第1回徳島てんかん診療ネットワーク研究会, 2018年02月24日, 招待, 日本語, 徳島県医師会, 徳島
  51. てんかん治療のパラダイムシフト, 飯田幸治, 安佐学術講演会, 2018年02月21日, 招待, 日本語, 安佐医師会, 広島
  52. 新規抗てんかん薬ラコサミドへの期待, 飯田幸治, てんかんセンターConference Special, 2018年01月30日, 招待, 日本語, 鹿児島大学病院てんかんセンター
  53. てんかんの包括診療 ~病態と最新外科治療~, 飯田幸治, 第76回南区医師会学術講演会, 2018年01月24日, 招待, 日本語, 南区医師会, 広島
  54. MR-negative難治性部分てんかんに対する外科治療の工夫, 飯田幸治, 香川幸太、片桐匡弥、橋詰顕、瀬山剛、斎藤太一、碓井智、花谷亮典、有田和徳、栗栖薫, 第41回日本てんかん外科学会, 2018年01月19日, 通常, 日本語, 第41回日本てんかん外科学会, 奈良
  55. てんかん薬物治療のパラダイムシフト, 飯田幸治, 高齢者Total Careセミナー –脳卒中とてんかん-, 2017年12月22日, 招待, 日本語, 群馬県医師会, 前橋
  56. てんかん診療・多方面からのアプローチ, 飯田幸治, 第7回日本神経生理検査研究会, 2017年12月17日, 招待, 日本語, 日本神経生理検査研究会
  57. Post-operative non-epileptic hippocampal volume changes on magnetic resonance volumetry in patients with mesial temporal lobe epilepsy, Koji Iida, Junko Katayama, Kota Kagawa, Masaya Katagiri, Go Seyama, Akira Hashizume, Kaoru Kurisu, Hiroshi Otsubo, American Epilepsy society (AES) 71st Annual Meeting, 2017年12月03日, 通常, 英語, American Epilepsy society (AES) 71st Annual Meeting
  58. てんかん診療における医療連携と疾患啓発の重要性, 飯田幸治, てんかんプレスセミナー, 2017年11月20日, 招待, 日本語, ユーシービージャパン, 東京
  59. Callosotomy as palliative surgery for intractable epilepsy, Iida K, CME program on epilepsy in Negalgunj, 2017年10月22日, 招待, 英語, Nepalgunj medical college, Nepalgunj
  60. Surgical treatment for patients with mesial temporal lobe epilepsy., Iida K, CME program on epilepsy in Negalgunj, 2017年10月22日, 招待, 英語, Nepalgunj medical college, Nepalgunj
  61. Anterior temporal lobectomy -Anatomical landmark and practice-, Iida K, Kathomandu Tihal Lecture, 2017年10月21日, 招待, 英語, Annapuluna Neuroloical Institute, Kathmandu
  62. Epilepsy surgery A la Carte, Iida K, Kathomandu Tihal Lecture, 2017年10月21日, 招待, 英語, Kathomandu
  63. 新皮質てんかんにおける頭蓋内脳波の適応と切除範囲決定, 飯田幸治, 日本脳神経外科学会第76回学術総会, 2017年10月13日, 通常, 日本語, 日本脳神経外科学会第76回学術総会, 名古屋
  64. 脳神経外科医が診るてんかん, 飯田幸治, 日本脳神経外科学会第76回学術総会, 2017年10月12日, 招待, 日本語, 日本脳神経外科学会第76回学術総会, 名古屋
  65. てんかん診療・多方面からのアプローチ, 飯田幸治, てんかん診療を考える会, 2017年09月29日, 招待, 日本語, 鳥取県西部医師会, 米子
  66. Presurgical evaluation and seizure outcome in MRI-negative intractable neocortical epilepsy, Iida K, Kagaw K, Katagiri M, Seyama G, Hashizume A, Kurisu K, 32th International Epilepsy Congress: IEC2017, 2017年09月03日, 通常, 英語, IEC, Barcelona, Spain
  67. Anterior corpus callosotomy in adult patients with MRI-negative frontal lobe epilepsy, Seyama G, Iida K, Kagawa K, Katagiri M, Hashizume A, Kurisu K, 32th International Epilepsy Congress, IEC2017, 2017年09月03日, 通常, 英語, IEC, Barcelona, Spain
  68. てんかん薬物治療の考え方, 飯田幸治, Epilepsy Symposium in 益田, 2017年08月29日, 招待, 日本語, 益田市医師会, 益田
  69. 脳神経外科医とてんかん, 飯田幸治, 第2回茶崖Epilepsy Conference, 2017年07月26日, 招待, 日本語
  70. てんかん手術あれこれ -治療難民を出さないための心得と実践-, 飯田幸治, 第31回島根てんかん・神経研究会, 2017年05月26日, 招待, 日本語, 島根てんかん・神経研究会, 出雲
  71. てんかんの画像診断と治療, 飯田幸治, 第18回合同MRI勉強会, 2017年05月13日, 招待, 日本語, 広島県MRI勉強会/福山MRI勉強会, 広島
  72. Callosotomy as palliative surgery for intractable epilepsy, Iida K, Interact Lecture 2017 in Chitwan Medical College, 2017年04月11日, 招待, 英語, Chitwan Medical College
  73. Callosotomy as palliative surgery for intractable epilepsy., Iida K, Interact Lecture 2017 in Chitowan Medical College, 2017年04月10日, 招待, 英語, Chitowan, Nepal
  74. Surgical candidates for intractable epilepsy -Seizure semiology, EEG findings, and surgical strategy in mesial TLE-, Iida K, Interact Lecture 2017 in Chitowan Medical College, 2017年04月10日, 招待, 英語, Chitowan, Nepal
  75. Surgical candidates for intractable epilepsy -Seizure semiology, EEG findings, and surgical strategy in mesial TLE-, Iida K, Interact Lecture 2017 in Chitwan Medical College, 2017年04月10日, 招待, 英語, Chitwan Medial College, Chitwan
  76. Therapeutic advance in refractory epilepsies: Epileptogenic localization and surgeries., Iida K, CME program 2017 in Chitowan Medical College, 2017年04月09日, 招待, 英語, Chitwan, Nepal
  77. Therapeutic advance in refractory epilepsies: Epileptogenic localization and surgeries, Iida K, CME program 2017 in Chitwan Medical College, 2017年04月09日, 招待, 英語, Chitwan Medical College, Chitwan
  78. 広島県におけるてんかん診療連携と治療の実際, 飯田幸治, 兵庫県下のてんかん診療を考える会, 2017年03月25日, 招待, 日本語, 日本てんかん学会近畿地方会, 神戸
  79. 脳神経外科からみたてんかん治療, 飯田幸治, Epilepsy Seminar in Nagano 2017, 2017年03月22日, 招待, 日本語, 長野県医学会北信ブロック会/長野市医師会, 長野
  80. てんかんの診断と治療, 飯田幸治, 学術講演会 ~広島県てんかんネットワーク講演会, 2017年03月17日, 招待, 日本語, 三次地区医師会, 三次
  81. てんかんを取り巻く環境 ~地域診療拠点の役割~, 飯田幸治, 第1回徳島脳波セミナー, 2017年03月12日, 招待, 日本語, 徳島大学病院, 徳島
  82. MR-negative 難治性部分てんかんにおける焦点局在診断と切除外科手術成績, 飯田幸治、香川幸太、片桐匡弥、橋詰 顕 、瀬山 剛、花谷亮典、有田和徳、栗栖 薫, 第40回日本脳神経CI学会総会, 2017年03月03日, 通常, 日本語, 日本脳神経CI学会
  83. 外科治療までの流れと最新の方法, 飯田幸治, 市民フォーラム2017 in 尾道「てんかんを考える」, 2017年02月26日, 招待, 日本語, 中国新聞社, 尾道
  84. てんかんを知る・診る・啓発する, 飯田幸治, 平成28年度広島県立特別支援学校PTA協議会研修会, 2017年02月01日, 招待, 日本語, 広島県立特別支援学校PTA協議会
  85. てんかん外科診療レベル向上のための地域内および遠隔地域間の診療連携の取り組み, 飯田幸治、香川幸太、片桐匡弥、瀬山 剛、橋詰 顕、花谷亮典、大坪俊昭 、多田恵曜 、藤原敏孝、永廣信治 、有田和徳 、栗栖 薫, 第40回日本てんかん外科学会, 2017年01月26日, 招待, 日本語, 日本てんかん外科学会
  86. 難治性てんかんに対する薬物治療とその限界 ランチョンセミナー, 飯田幸治, 第40回日本てんかん外科学会, 2017年01月26日, 招待, 日本語, 日本てんかん外科学会, 大阪
  87. てんかん手術あれこれ, 飯田幸治, 第107回広島脳神経外科フォーラム, 2017年01月17日, 招待, 日本語
  88. てんかんの診断と治療 -発作の診かた、対処の仕方-, 飯田幸治, 広島大学精神科後期研修医研修プログラム, 2017年01月14日, 招待, 日本語, 広島大学病院精神神経科, 広島
  89. 最新のてんかん治療 ~発作への対応から外科手術まで~, 飯田幸治, 平成28年度医療的ケア研修会, 2017年01月11日, 招待, 日本語, 広島県立広島南特別支援学校, 広島
  90. てんかんを知る・診る・治す, 飯田幸治, 第85回広島市外科医会学術講演会, 2017年01月11日, 招待, 日本語, 広島市外科医会, 広島
  91. 最新のてんかん治療 ~発作への対応から外科手術まで~, 飯田幸治, 第41回広島リハビリテーション研究会, 2016年12月26日, 招待, 日本語, 広島リハビリテーション研究会, 広島
  92. Combined surgical therapy with vagus nerve stimulation following corpus callosotomy in patients with Lennox-Gastaut syndrome, Katagiri M, Iida K, Kagawa K, Hashizume A, Ishikawa N, Hanaya R, Arita K, Kurisu K, 70th AES Annual Meeting 2016, 2016年12月04日, 通常, 英語, Houston, USA
  93. Customizing withdrawal of antiepileptic drugs in pre-monitroing admission to capture seizures during limited video-EEG monitoring, Kagawa K, Iida K, Ochi A, Baba S, Makajima M, Iimura Y, Hashizume A, Katagiri M, Kurisu K, Otsubo H, 70th AES Annual Meeting 2016, 2016年12月03日, 通常, 英語
  94. Therapeutic advance in refractory epilepsies: Epileptogenic localization and surgeries, Iida K, 浙江省脳神経外科学会生涯教育セミナー, 2016年11月27日, 招待, 英語, 浙江省人民病院, 浙江省
  95. マルチモダリティ神経画像を用いたてんかん焦点局在診断, 飯田幸治, 第71回新潟画像医学研究会, 2016年11月19日, 招待, 日本語, 新潟画像医学研究会, 新潟
  96. てんかんにおける最近の話題, 飯田 幸治, 第59回日本脳循環代謝学会学術集会ランチョンセミナー, 2016年11月11日, 招待, 日本語
  97. てんかんの最新知見, 飯田幸治, 大分県北部てんかん研究会, 2016年11月11日, 招待, 日本語, 大分
  98. 外科治療までの流れと最新の方法, 飯田幸治, 市民フォーラム2016 「てんかんを考える」, 2016年10月30日, 招待, 日本語, 中国新聞社
  99. 難治性てんかんにおける脳梁離断術後の発作抑制成績と家族満足度, 瀬山 剛、飯田幸治、香川幸太、片桐匡弥、花谷亮典、有田和徳、栗栖 薫, 第50回日本てんかん学会学術集会, 2016年10月08日, 通常, 日本語
  100. 利き手テストは右言語優位側を予測できない, 大坪俊昭、津曲倫子、花谷亮典、細山浩史、樫田祐美、丸山慎介、高田橋篤史、神宮司明美、菅田真生、飯田幸治、山崎一朗、八代一孝、中村克己、藤元登四郎、有田和徳, 第50回日本てんかん学会学術集会, 2016年10月08日, 通常, 日本語
  101. 口元をへの字にする複雑部分発作がコントロール困難であった難治性てんかんの1例, 片桐匡弥、飯田幸治、香川幸太、瀬山 剛、橋詰 顕、栗栖 薫, 第50回日本てんかん学会学術集会, 2016年10月08日, 通常, 日本語
  102. てんかん治療難民をなくす ~広島からのメッセージ 新たな展開と試み~, 飯田 幸治, 第50回日本てんかん学会学術集会ランチョンセミナー6, 2016年10月08日, 招待, 日本語
  103. 難治性てんかんにおける脳梁離断術後の発作転帰、神経心理ならびに家族満足度の検討, 瀬山 剛、飯田幸治、片桐匡弥、橋詰 顕、栗栖 薫, 日本脳神経外科学会第75回学術総会, 2016年10月01日, 通常, 日本語
  104. 広島県におけるてんかん診療地域連携の取り組み -大学病院てんかんセンターの役割と診療連携整備事業活動について-, 飯田幸治、香川幸太、片桐匡弥、橋詰 顕、栗栖 薫, 日本脳神経外科学会第75回学術総会, 2016年09月30日, 通常, 日本語
  105. 迷走神経刺激術後成績とその転帰良好因子, 片桐匡弥、飯田幸治、香川幸太、瀬山剛、橋詰顕、石川暢恒、 花谷亮典、有田和徳、栗栖薫, 日本脳神経外科第75回学術総会, 2016年09月30日, 通常, 日本語
  106. てんかん外科治療における迷走神経刺激療法の適応と効果, 飯田幸治, 迷走神経刺激療法 (VNS) 講習会, 2016年09月17日, 招待, 日本語
  107. てんかんおよび迷走神経刺激療法について, 飯田 幸治, 広島県教育委員会平成28年度看護師研修会 , 2016年08月24日, 招待, 日本語, 広島県教育委員会
  108. 重度重複障害児童生徒の疾病健康管理 ~てんかんについて~, 飯田 幸治, 広島市立広島特別支援学校平成28年度夏季職員研修会 , 2016年08月09日, 招待, 日本語, 広島市立広島特別支援学校, 20160809
  109. てんかんの新しい治療法 -てんかんの病態の理解と緩和術(VNS)を中心に-, 飯田 幸治, 広島県立広島北特別支援学校医療的全体講習会 , 2016年08月08日, 招待, 日本語, 広島県立広島北特別支援学校, 広島
  110. てんかんの病態と治療 -てんかんの手術 基本的手技から応用まで-, 飯田幸治, 世羅郡医師会学術講演会, 2016年07月29日, 招待, 日本語, 世羅郡医師会, 世羅
  111. てんかんに関する理解と支援について, 飯田幸治, 広島県立廿日市特別支援学校平成28年度夏期公開講座「医療的ケアを必要とする児童生徒の理解と健康管理」, 2016年07月26日, 招待, 日本語, 広島県立廿日市特別支援学校, 広島
  112. -5年後のてんかん診療を見据えて- 診療連携事業について, 飯田幸治, Epilepsy Forum 2016 –てんかん治療のパラダイムシフト-, 2016年07月23日, 招待, 日本語, 東京
  113. てんかん治療の最新知見, 飯田幸治, 浜松イーケプラ学術講演会, 2016年07月19日, 招待, 日本語, 浜松
  114. てんかん薬物治療アップデート, 飯田幸治, 広島県病院薬剤師会 精神科病院対策委員会研修会, 2016年07月15日, 招待, 日本語, 広島県病院薬剤師会, 広島
  115. てんかん治療最前線 ~治療難民をなくすための取り組み~, 飯田幸治, Mie Epilepsy Forum, 2016年07月08日, 招待, 日本語, 津地区医師会, 三重
  116. 電磁気生理学的手法を駆使したてんかん焦点局在診断と外科治療, 飯田幸治, 第28回徳島てんかん談話会, 2016年07月07日, 招待, 日本語, 徳島てんかん談話会, 徳島
  117. てんかん薬物治療アップデート, 飯田幸治, 第153回広島市薬剤師会生涯教育研修会, 2016年06月26日, 招待, 日本語, 広島市薬剤師会, 広島
  118. てんかん診療の最前線, 飯田 幸治, 第33回脳神経外科生涯教育研修会 ランチョンセミナー, 2016年06月18日, 招待, 日本語, 第33回脳神経外科生涯教育研修会, 東京
  119. てんかん外科 ~最前線~, 飯田幸治, 弘前脳神経てんかんセミナー, 2016年06月17日, 招待, 日本語, 大塚製薬/UCB 後援 青森県薬剤師会弘前支部, 弘前
  120. てんかん外科 ~最前線~, 飯田幸治, 第9回城北脳神経外科臨床研究会, 2016年06月11日, 招待, 日本語, 東京
  121. てんかん診療 ~最前線~, 飯田幸治, 第7回札幌神経科学研究会, 2016年06月01日, 招待, 日本語, 札幌神経科学研究科, 札幌
  122. 発作が止まらない時の治療 ~必要な検査・手術について~, 飯田 幸治, 学校・職場・社会で「てんかん」への理解を深めるシンポジウム, 2016年05月29日, 招待, 日本語
  123. Availability of 11C-methionine PET to detect epileptogenic lesion, Hanaya R, Otsubo T, Hosoyama H, Maruyama S, Kashida Y, Iida K, Fujimoto T, Arita K, 11th Asian & Oceanian Epilepsy Congress, 2016年05月14日, 通常, 英語
  124. The impact of postoperative outcomes on neuropsychological tests in patients with intractable temporal lobe epilepsy (TLE), Otsubo H, Hanaya R, Hososyama H, Kashida Y, Sugata S, Maruyama S, Arita K, Tsumagari N, Iida K, Nakamura K, Fujimoto T, Yatsushiro K, Yamasaki I, Kibe A., 11th Asian & Oceanian Epilepsy Congress, 2016年05月14日, 通常, 英語
  125. Feasibility of magnetoencephalography and dynamic changes of epileptic discharges in epilepsy patients carrying vagus nerve stimulation, Iida K, Kagawa K, Katagiri M, Hashizume A, Kurisu K, 11th Asian & Oceanian Epilepsy Congress, 2016年05月14日, 通常, 英語, Hong Kong
  126. c-Fos immunoreactivity in the rat brain induced by vagus nerve stimulation, Katagiri M, Iida K, Ishihara K, Harada K, Kagawa K, Hashizume A, Hanaya R, Arita K, Kurisu K, 11th Asian & Oceanian Epilepsy Congress, 2016年05月13日, 通常, 英語
  127. てんかんの救急 ~てんかんの一次診療からけいれん重積症まで~, 第19回日本臨床救急医学会総会・学術集会, 2016年05月13日, 招待, 日本語, 第19回日本臨床救急医学会総会・学術集会/, 郡山
  128. Therapeutic advance in refractory epilepsies: Epileptogenic localization and surgical intervention., Annapurna Epilepsy CME program, 2016年04月27日, 招待, 英語, Annapurna Epilepsy CME program, Nepal
  129. Role of epilepsy center as a central insititute of medical care for epilepsy, Chitwan Medical College CME program, 2016年04月24日, 招待, 英語, Chitwan Medical College, Nepal
  130. てんかん治療最前線 ~治療難民を出さないための心得~, 飯田幸治, 益田市医師会学術講演会, 2016年04月15日, 招待, 日本語, 益田市医師会・島根県薬剤師研修協議会・島根県薬剤師会益田支部・島根県病院薬剤師会, 島根
  131. てんかん外科 最前線, 飯田幸治, 苫小牧てんかん講演会, 2016年03月22日, 招待, 日本語, 苫小牧薬剤師会/苫小牧病院薬剤師会
  132. てんかん外科 ~最前線~, 苫小牧てんかん講演会, 2016年03月22日, 招待, 日本語, 苫小牧薬剤師会・苫小牧病院薬剤師会
  133. てんかん外科 最前線, 飯田幸治, 新潟てんかん学術講演会, 2016年03月16日, 招待, 日本語
  134. てんかんの最新外科治療 ~QOL (生活の質)の向上を目指して~, 飯田幸治, 市民フォーラム2015「てんかんを考える」, 2016年03月06日, 招待, 日本語, 広島県指定てんかん診療拠点機関広島大学病院, 福山
  135. てんかん地域診療拠点機関の設置とその役割 ~疾患に応じた薬物選択・外科治療を含めて~, 飯田幸治, 第12回愛媛Strokeセミナー, 2016年02月10日, 招待, 日本語, 愛媛Strokeセミナー, 愛媛
  136. てんかんの診断と治療 -発作に診かた・対処の仕方-, 飯田 幸治, 広島大学精神科後期研修医研修プログラム, 2016年02月06日, 招待, 日本語, 広島大学精神科後期研修医研修プログラム
  137. 前部側頭葉切除術を正確かつ安全に行うための解剖学的指標と手技, 飯田 幸治, 第39回日本てんかん外科学会, 2016年01月22日, 通常, 日本語, 第39回日本てんかん外科学会, 仙台
  138. てんかんの救急 –てんかんの一次診療からけいれん重積症まで-, 飯田幸治, 第39回日本てんかん外科学会 ランチョンセミナー, 2016年01月22日, 招待, 日本語, 第39回日本てんかん外科学会, 仙台
  139. 難治性てんかんに対するビデオ脳波モニタリング時にどの抗てんかん薬を減薬または中止すれば発作が誘発されるか, 香川幸太、飯田幸治、橋詰 顕、片桐匡弥、栗栖 薫, 第39回日本てんかん外科学会, 2016年01月21日, 通常, 日本語
  140. 広島県における診療連携拠点事業の現状, 飯田幸治, 全国てんかんセンター―協議会総会(JEPCIA2016), 2016年01月10日, 通常, 日本語, 全国てんかんセンター協議会総会 (JEPICA 2016), 仙台
  141. 前部側頭葉切除術を正確かつ安全に行うための解剖学的指標と手技, 飯田幸治、香川幸太、片桐匡弥、橋詰 顕、花谷亮典、大坪俊昭、有田和徳、栗栖 薫, 第39回日本てんかん外科学会, 2016年01月10日, 通常, 日本語, 第39回日本てんかん外科学会
  142. 成人てんかんにおける包括診療, 飯田 幸治, 安芸髙田市医師会学術講演会, 2015年12月15日, 招待, 日本語, 安芸高田市医師会
  143. Induction of c-Fos immunoreactivity by vagus nerve stimulation in the rat brain, Katagiri M, American Epilepsy Society Annual Meeting, 2015年12月01日, 通常, 英語, AES, Philadelphia
  144. Magnetoencephalography and dynamic changes of epileptic discharges in epilepsy patients carrying vagus nerve stimulation, Iida K, American Epilepsy Society Annual Meeting2015, 2015年12月01日, 通常, 英語, AES, Philadelphia
  145. てんかん外科治療の概念と適応, 飯田 幸治, 第4回脳神経外科医のためのてんかん治療フォーラム, 2015年11月21日, 招待, 日本語
  146. てんかんの最新外科治療 ~QOL (生活の質)の向上を目指して~, 飯田 幸治, 市民フォーラム2015「てんかんを考える」, 2015年11月08日, 招待, 日本語, 中国新聞社, 広島
  147. MRI陽性・陰性病変での海馬摘出の是非, 飯田 幸治, 第49回日本てんかん学会学術集会モーニングセミナー, 2015年10月31日, 通常, 日本語, 第49回日本てんかん学会学術集会
  148. 脳波セミナー「脳波を読むということ」, 飯田 幸治, 第4回広島てんかん・脳波セミナー (HEES), 2015年10月24日, 招待, 日本語, 広島てんかん脳波セミナー (HEES), 広島
  149. 脳神経外科医と症候性てんかん, 飯田 幸治, 日本脳神経外科学会第74回学術総会ランチョンセミナー, 2015年10月15日, 招待, 日本語, 日本脳神経外科学会第74回学術総会, 札幌
  150. 成人てんかん患者に対する治療戦略, 飯田 幸治, Epilepsy Forum 2015, 2015年10月10日, 招待, 日本語
  151. てんかんの外科治療 ~適応とそのタイミング~, 飯田 幸治, 尾三てんかん診療を考える, 2015年09月25日, 招待, 日本語
  152. てんかん重積の病態と治療, 飯田 幸治, 東広島脳神経疾患懇話会, 2015年09月11日, 招待, 日本語
  153. Therapeutic advance in refractory epilepsies: multimodal neuroimaging and early surgical intervention, 飯田 幸治, the 3rd Asian Clinical Congress, 2015年09月04日, 招待, 英語, the 3rd Asian Clinical Congress, 東京
  154. てんかんに関する理解と支援について, 飯田 幸治, 広島県特別支援学校看護師研修会, 2015年08月21日, 招待, 日本語, 広島県教育委員会特別支援学校, 広島
  155. てんかんの新しい治療法 -外科的治療を中心に-, 飯田 幸治, 広島県立呉南特別支援学校平成27年度第2回医療的ケア校内研修会 , 2015年08月04日, 招待, 日本語, 広島県立呉南特別支援学校, 呉
  156. てんかん治療の最新知見, 飯田 幸治, 中山道てんかん治療を考える会, 2015年07月29日, 招待, 日本語
  157. てんかんの新しい治療法 -外科的治療を中心に-, 飯田 幸治, 広島県立広島北特別支援学校医療的ケア全体研修会 , 2015年07月22日, 招待, 日本語
  158. てんかん治療の最新知見, 飯田 幸治, 第4回北総てんかん診療ネットワーク, 2015年07月16日, 招待, 日本語
  159. てんかん外科からみたてんかん包括診療 –なぜ今、てんかんセンターなのか-, 飯田 幸治, Kinki Epilepsy Program for monotheraphy, 2015年07月11日, 招待, 日本語
  160. てんかん包括診療における早期外科的介入 –てんかん治療難民を出さないための心得-, 飯田 幸治, 岩国市医師会学術講演会, 2015年07月03日, 招待, 日本語, 岩国市医師会, 岩国
  161. てんかん外科からみたてんかん包括診療, 飯田 幸治, Epilepsy Forum in Nagoya 2015, 2015年06月20日, 招待, 日本語
  162. てんかん包括診療における早期外科的介入 –てんかん治療難民を出さないための心得-, 飯田 幸治, 松江てんかんセミナー, 2015年06月18日, 招待, 日本語
  163. てんかん診療の問題点と今後の課題, 飯田 幸治, 安芸区・安芸郡病診連携 脳疾患懇話会, 2015年06月12日, 招待, 日本語, 広島
  164. てんかん外科適応とそのタイミング -基礎的知識として-, 飯田 幸治, 脳神経外科医のためのてんかんセミナー, 2015年06月05日, 招待, 日本語
  165. 広島大学病院てんかんセンターからのお知らせ, 飯田 幸治, 日本てんかん協会広島県支部 定期講演会・相談会, 2015年04月26日, 招待, 日本語
  166. てんかん治療の最新知見, 飯田 幸治, 倉敷学術講演会, 2015年04月22日, 招待, 日本語
  167. 最新のてんかん治療 ~いろいろな選択肢と外科治療~, 飯田 幸治, 日本てんかん協会愛媛県支部第29回総会・「てんかん講座」, 2015年04月19日, 招待, 日本語, 日本てんかん協会愛媛県支部
  168. てんかん診療のGOAL 就労・就学・QOL, 飯田 幸治, 東広島地区医師会学術講演会, 2015年04月16日, 招待, 日本語, 東広島地区医師会
  169. てんかんの最新知見, 飯田 幸治, 3rd Epilepsy Forum in ATSUGI, 2015年04月14日, 招待, 日本語
  170. 頭部外傷とてんかんに関する話題 –新規抗てんかん薬の役割-, 飯田 幸治, 第38回日本脳神経外傷学会ランチョンセミナー, 2015年03月17日, 招待, 日本語, 第38回日本脳神経外傷学会, 徳島
  171. てんかんの新しい治療法 -外科的治療を中心に-, 飯田 幸治, 第3回広島県特別支援学校保健研究会講習会, 2015年03月14日, 招待, 日本語, 広島県特別支援学校保健研究会, 広島
  172. てんかん治療の最新知見, 飯田 幸治, 埼玉医科大学国際医療センターてんかん治療講演会, 2015年03月11日, 招待, 日本語
  173. 若年女性てんかんに対する薬物治療ならびに手術治療において留意すべき点, 飯田 幸治, 女性てんかんを考える会, 2015年03月05日, 招待, 日本語
  174. てんかん包括診療時代における大学病院てんかんセンターの役割 ~地域ネットワークと医学教育の観点から~, 飯田 幸治, 全国てんかんセンター協議会総会(JEPICA2015)シンポジウム, 2015年02月15日, 通常, 日本語, 全国てんかんセンター協議会
  175. 脳波と脳磁図を駆使したてんかん外科手術, 飯田 幸治, 第480回福岡臨床と脳波懇話会, 2015年01月30日, 招待, 日本語, 福岡臨床と脳波懇話会
  176. 地域ネットワークと医学教育からみた大学病院てんかんセンターの役割 -てんかん外科を地域に根ざすために-, 飯田 幸治, 第38回日本てんかん外科学会, 2015年01月15日, 招待, 日本語, 第38回日本てんかん外科学会, 東京
  177. てんかん患者の救急 –てんかんの一次救急からけいれん重積の治療まで-, 飯田 幸治, 第10回世羅地区救急カンファレンス, 2014年12月19日, 招待, 日本語
  178. てんかん包括診療における早期外科的介入 – てんかん治療難民を出さないための心得-, 飯田 幸治, 分入青山会, 2014年12月13日, 招待, 日本語
  179. 小児てんかんの治療GOAL 就労・就学・QOL -早期外科的介入の役割-, 飯田 幸治, 第4回Kanto Epilepsy Plaza, 2014年11月25日, 招待, 日本語
  180. 治療エビデンスレベルの異なるてんかん群に対する外科的介入, 飯田 幸治, 第6回東総Epilepsy Forum, 2014年10月23日, 招待, 日本語
  181. Presurgical evaluation using multimodal diagnosis in MRI-negative intractable partial-neocortical epilepsy, 飯田 幸治, The 4th Japan Russia Neurosurgical Symposium, 2014年10月13日, 通常
  182. 迷走神経刺激療法の適用と効果の検討 –てんかんセンターにおける実際-, 飯田 幸治, 第48回日本てんかん学会学術集会ランチョンセミナー, 2014年10月03日, 招待, 日本語
  183. 脳波セミナー「脳波を読むということ」, 飯田 幸治, 第3回広島てんかん・脳波セミナー (HEES), 2014年09月13日, 招待, 日本語
  184. 広島大学病院てんかんセンター開設とてんかんの包括的診療, 飯田 幸治, 第3回広島てんかん・脳波セミナー(HEES), 2014年09月13日, 招待, 日本語
  185. てんかん患者の救急 –てんかんの一次診療からけいれん重積の治療まで-, 飯田 幸治, ちっごの郷てんかんを語る会, 2014年09月04日, 招待, 日本語
  186. 治療エビデンスレベルの異なるてんかん群に対する外科的介入, 飯田 幸治, 第6回信州てんかん治療フォーラム, 2014年07月26日, 招待, 日本語
  187. てんかん包括医療の充実に向けて –広島大学病院てんかんセンターの取り組み-, 飯田 幸治, 第62回賀茂東広島精神科医会プログラム, 2014年07月15日, 招待, 日本語
  188. 広島大学病院てんかんセンター開設と診療 -てんかんの薬物療法から外科治療まで-, 飯田 幸治, 広島市精神科医会6月例会, 2014年06月24日, 招待, 日本語
  189. 外科治療エビデンスの異なるてんかん群における難治化後の罹病期間と手術時期に影響する因子の検討, 飯田 幸治, 第37回日本てんかん外科学会シンポジウム, 2014年02月06日, 通常, 日本語
  190. 解剖学- 薬剤師のための解剖 ~頭部~ その1 脳機能と解剖 , 飯田 幸治, 第72回薬剤業務・専門薬剤師研修会, 2014年01月25日, 招待, 日本語
  191. 解剖学- 薬剤師のための解剖 ~頭部~ その2 最新のてんかん治療と抗てんかん薬 , 飯田 幸治, 第72回薬剤業務・専門薬剤師研修会, 2014年01月25日, 招待, 日本語
  192. Presurgical evaluation and seizure outcome in MRI-negative intractable partial-neocortical epilepsy., 飯田 幸治, 8th Asian Epilepsy Surgery Congress,, 2014年, 通常, 英語
  193. てんかん治療における救急の役割 –てんかんの一次診療からけいれん重積症の治療まで-, 飯田 幸治, Epilepsy Emergency Conference, 2013年11月11日, 招待, 日本語
  194. MR-negative 難治性部分てんかんにおける術前評価と手術成績, 飯田 幸治, 日本脳神経外科学会第72回学術総会シンポジウム, 2013年10月17日, 通常, 日本語
  195. 脳腫瘍関連てんかんにおける薬物治療と手術アプローチ, 飯田 幸治, 第18回日本脳腫瘍の外科学会ランチョンセミナー, 2013年09月19日, 招待, 日本語
  196. てんかんの包括的診療 –適切な薬物選択と外科治療のタイミング-, 飯田 幸治, 中西讃Epilepsy講演会, 2013年09月10日, 招待, 日本語
  197. てんかん治療における早期外科的介入 -社会的観点からみた発作消失の重要性, 飯田 幸治, Epilepsy Seminar in Ehime, 2013年07月19日, 招待, 日本語
  198. てんかん発作が患者にもたらすもの -社会的観点からみた発作消失の重要性と早期外科的介入-, 飯田 幸治, Epilepsy Forum in Tokushima, 2013年07月02日, 招待, 日本語
  199. てんかん診療の早期外科的介入 -適応・時期・手術アプローチ-, 飯田 幸治, 第5回香川Epilepsy Meeting, 2013年05月17日, 招待, 日本語
  200. てんかん治療における最新の話題 -薬物選択・手術の適応とそのタイミング-, 飯田 幸治, 第33回日本脳神経外科コングレスランチョンセミナー, 2013年05月10日, 招待, 日本語
  201. てんかん重積状態の病態と治療, 飯田 幸治, 第6回静岡てんかん地域ネットワーク研究, 2013年04月05日, 招待, 日本語
  202. 第3回脳神経外科医のためのてんかん治療フォーラム, 飯田 幸治, 第3回脳神経外科医のためのてんかん治療フォーラム, 2013年03月17日, 招待, 日本語
  203. 脳磁図・頭蓋内脳波を駆使したてんかん焦点局在診断, 飯田 幸治, 第20回てんかん機能外科懇話会, 2013年02月01日, 招待, 日本語
  204. MEGを用いた新皮質てんかん焦点術前評価 -傾斜磁場トポグラフィーおよび発作時周波数解析の相補的利用, 飯田 幸治, 第36回日本てんかん外科学会シンポジウム, 2013年01月17日, 通常, 日本語
  205. 脳腫瘍患者におけるてんかんの治療方針, 飯田 幸治, 第30回日本脳腫瘍学会学術集会, 2012年11月27日, 招待, 日本語
  206. てんかん包括診療における外科治療の役割とエビデンス, 飯田 幸治, 第47回奈良エピレプシークラブ, 2012年11月23日, 招待, 日本語
  207. 初回けいれん発作診療における救急医の役割と問題点について, 飯田 幸治, 第40回日本救急医学会総会シンポジウム, 2012年11月15日, 通常, 日本語
  208. てんかんの包括的治療 -発作の診かた・対処の仕方・手術の適応-, 飯田 幸治, 日医生涯教育協力講座, 2012年11月10日, 招待, 日本語
  209. 日常診療でてんかんを診る ~てんかんの診断から治療まで~, 飯田 幸治, Saeki Clinicians Group, 2012年10月24日, 招待, 日本語
  210. 脳波セミナー脳波を読むということ, 飯田 幸治, 第1回広島てんかん・脳波セミナー (HEES), 2012年10月06日, 招待, 日本語
  211. 日常診療で遭遇するてんかんの治療戦略, 飯田 幸治, Eplepsy LIVE Seminar, 2012年09月25日, 招待, 日本語
  212. 脳神経外科医のためのてんかん知識 –NEWER AEDから手術まで-, 飯田 幸治, 第27回日本脳神経外科学会国際学会フォーラムランチョンセミナー, 2012年07月27日, 招待, 日本語
  213. てんかんの包括的診療 ~NEWER AEDと外科治療のタイミング~, 飯田 幸治, 第1回トランスレーショナルてんかん研究会 ~てんかんの基礎研究と臨床~, 2012年06月01日, 招待, 日本語
  214. てんかんの包括的治療 ~発作の診かた・対処の仕方・手術の適応~, 飯田 幸治, 日医生涯教育協力講座, 2012年05月31日, 招待, 日本語
  215. てんかんを理解するために必要な知識 -発作の診かた・薬物治療と手術および運転免許まで-, 飯田 幸治, 日医生涯教育協力講座, 2012年05月31日, 招待, 日本語
  216. 小児てんかん外科-早期手術患者の発見と利点-, 飯田 幸治, 第54回日本小児神経学会, 2012年05月, 招待, 日本語
  217. てんかんの診断と治療 -発作の診かた・対処の仕方-, 飯田 幸治, 第216回竹原地区医師会学術講演会, 2012年01月25日, 招待, 日本語
  218. てんかん外科における症候学と電気生理学的検査, 飯田 幸治, 第35回日本てんかん外科学会第51回日本定位・機能神経外科学会合同教育セミナー, 2012年01月20日, 招待, 日本語
  219. Unusual commissural fibers of corpus callosum in a pediatric patient with subcortical band heterotopia and total callosotomy for drop attacks: Case report, 飯田 幸治, The 14th annual meeting of ISS – International symposium on surgery for catastrophic epilepsy in infants (ISCE),, 2012年, 通常, 英語
  220. てんかん治療 ~発作の診かた・薬の使い方・手術の適応~, 飯田 幸治, 第12回広島若手脳神経外科医の会, 2011年10月28日, 招待, 日本語
  221. てんかん外科手術におけるラクトソーブの使用経験, 飯田 幸治, 日本脳神経外科学会第70回学術総会ランチョンセミナー, 2011年10月13日, 招待, 日本語
  222. てんかんの外科治療, 飯田 幸治, 第10回広島脳性麻痺療育研究会, 2011年10月01日, 招待, 日本語
  223. てんかんの診断と治療 -発作の診かた、対処の仕方-, 飯田幸治, 広島大学病院医療安全管理部職員研修会, 2011年09月29日, 招待, 日本語
  224. てんかんの包括的診療 –NEWER AEDから手術まで-, 飯田 幸治, 第7回日本てんかん学会近畿地方会ランチョンセミナー, 2011年07月23日, 招待, 日本語
  225. 脳神経外科におけるNew AEDの使い分け, 飯田 幸治, 阪神てんかん治療フォーラム, 2011年07月22日, 招待, 日本語
  226. てんかんの診断と治療 –新規抗てんかん薬の役割と外科治療に与える影響-, 飯田 幸治, 第29回賀茂東広島精神科医会プログラム, 2011年07月19日, 招待, 日本語
  227. てんかん治療 -新規抗てんかん薬の役割と外科治療に与える影響-, 飯田 幸治, OTSUKA LIVE ON SEMINAR, 2011年03月10日, 招待, 日本語
  228. てんかん外科治療における硬膜下電極および脳磁図を用いたてんかん焦点ならびにてんかん棘波の電磁気生理学的研究, 飯田 幸治, 平成22年度財団法人てんかん治療研究振興財団研究褒章受賞記念報告会, 2011年03月04日, 招待, 日本語
  229. Neuroimagings. Symposium on diagnosis and localization of epilepsy, 飯田 幸治, China Association against Epilepsy and Asian Epilepsy Academy (CAAE-ASEPA): China, 2011年, 招待
  230. Neocortical resective surgery in adults and palliative surgery, 飯田 幸治, Symposium on diagnosis and localization of epilepsy. China Association against Epilepsy and Asian Epilepsy Academy (CAAE-ASEPA):China, 2011年, 招待
  231. MEG所見からみた新皮質てんかん術後発作コントロール不良例の検討, 飯田 幸治, 第34回日本てんかん外科学会シンポジウム, 2011年, 通常, 日本語
  232. てんかんの診断と治療, 飯田 幸治, 第1回「現場から学ぶ脳外科最前線」, 2010年12月01日, 招待, 日本語
  233. 内側側頭葉てんかんにおける非切除側(健側)海馬体積の術後長期追跡, 飯田 幸治, 第69回日本脳神経外科学会総会シンポジウム, 2010年10月29日, 通常, 日本語
  234. When is the best for MRG recording to capture the epileptogenic zone?, 飯田 幸治, 第44回日本てんかん学会, 2010年10月14日, 招待, 日本語
  235. 腫瘍性病変を伴う難治性てんかんの外科治療, 飯田 幸治, 県西部てんかんフォーラム, 2010年09月10日, 招待, 日本語
  236. マルチモダリティを用いた術中2D/3Dナビゲーションのてんかん手術への応用 -てんかん焦点および脳深部機能局在の同定-, 飯田 幸治, 第33回日本てんかん外科学会シンポジウム, 2010年01月, 通常, 日本語
  237. 脳磁図傾斜磁場トポグラフィー(GMFT)およびてんかん双極子(ECD)を利用したてんかん焦点術前評価, 飯田 幸治, 第32回日本てんかん外科学会シンポジウム, 2009年01月, 通常, 日本語
  238. Presurgical Evaluation Using Equivalent Current Dipole and Gradient Magnetic-field Topography for Magnetoencephalography in Neocortical Epilepsy, 飯田 幸治, XIV World congress of neurological surgery: Boston, 2009年, 通常, 英語
  239. Invasive evaluation: Indication and techniques. Presurgical evaluation: Invasive I., 飯田 幸治, A workshop on epilepsy surgery: Evaluation, Surgical procedures and Rehabilitation. Asian Epilepsy Academy (ASEPA): Indonesia, 2009年, 招待, 英語
  240. Corpus callosotomy. Surgical procedures I, 飯田 幸治, A workshop on epilepsy surgery: Evaluation, Surgical procedures and Rehabilitation. Asian Epilepsy Academy (ASEPA): India, 2009年, 招待
  241. Imaging and MEG in preoperative evaluation. Presurgical evaluation: Non-Invasive II, 飯田 幸治, A workshop on epilepsy surgery: Evaluation, Surgical procedures and Rehabilitation. Asian Epilepsy Academy (ASEPA):India, 2009年, 招待, 英語
  242. てんかん外科術前評価における脳磁図傾斜磁場トポグラフィー(GMFT)およびてんかん双極子(ECD)の相補的利用, 飯田 幸治, 第67回日本脳神経外科学会総会シンポジウム, 2008年10月, 通常, 日本語
  243. Callosotomy and other palliative procedures. Surgical procedures., 飯田 幸治, A course on epilepsy surgery: evaluation, surgical procedures and rehabilitation. Asian epilepsy academiy (ASEPA):Indonesia, 2008年, 招待, 英語
  244. Intra/extra-operative funcitional mapping for cerebral tumor resection adjacent to eloquent cortex., 飯田 幸治, 2008 Annual meeting of Indonesian neurosurgical society, 2008年, 招待
  245. Invasive evaluation. Timing of surgery and presurgical evaluation, 飯田 幸治, A course on epilepsy surgery: evaluation, surgical procedures and rehabilitation. Asian epilepsy academiy (ASEPA), 2008年, 招待, 英語
  246. Callosotomy and other palliative procedures, 飯田 幸治, 2nd Himalayan epilepsy workshop, 2008年, 招待, 英語
  247. Invasive evaluation for epilepsy surgery, 飯田 幸治, 2nd Himalayan epilepsy workshop, 2008年, 招待, 英語
  248. 難治性てんかんに対するneuronavigationガイド下てんかん焦点切除, 飯田 幸治, 第16 回日本コンピュータ外科学会大会シンポジウム, 2007年11月04日, 通常, 日本語
  249. Extra-temporal lobe epilepsy –case presentations-, 飯田 幸治, 1st Himalayan epilepsy workshop, 2007年, 招待, 英語
  250. Mesial temporal lobe epilepsy –case presentations-., 飯田 幸治, 1st Himalayan epilepsy workshop., 2007年, 招待, 英語
  251. MEGを用いた術中3Dナビゲーションのてんかん手術への応用., 飯田 幸治, 弟28回日本てんかん外科学会・弟44日本定位神経外科学会合同シンポジウム, 2005年01月, 通常, 日本語
  252. Surgical candidates for intractable epilepsy. -Seizure semiology, EEG findings, and surgical strategy in mesial TLE -, 飯田 幸治, CME supported by Nepal epilepsy society, 2005年, 招待, 英語
  253. An orderly approach to the electroencephalogram (EEG) - EEG analysis as presurgical evaluation., 飯田 幸治, CME supported by Nepal epilepsy society, 2005年, 招待, 英語
  254. Clinical features and outcomes after resection of the epileptic focus in patients with congenital porencephaly, 飯田 幸治, Fellow’s day conference in MNI, 2002年, 通常, 英語
  255. Treatment of status epilepticus in Hiroshima University. Indonesian Neurological Association, 飯田 幸治, Course on Epilepsy and surgical treatment, 2000年, 招待, 英語
  256. Corpus callosotomy for medically intractable epilepsy., 飯田 幸治, 3rd Nepal-Japan Neurosurgical Conference, 通常, 英語
  257. Presurgical invasive evaluation., 飯田 幸治, Epilepsy workshop. Medical faculty Diponegoro University, 招待
  258. てんかん手術あれこれ -治療難民を出さないための心得と実践-, 飯田幸治, 第31回島根てんかん・神経研究会, 招待, 日本語, 島根てんかん・神経研究会, 島根

受賞

  1. 2017年03月27日, 第20回広島大学病院長表彰, 広島大学病院, 第20回広島大学病院長表彰
  2. 2012年11月13日, 第64回広島医学会総会 優秀ポスター賞, 新皮質てんかん術後発作転帰におよぼす脳磁図所見の検討
  3. 2011年03月08日, 財団法人てんかん治療研究振興財団平成22年度研究褒賞, (財)てんかん治療研究振興財団理事長, てんかん外科治療における硬膜下電極および脳磁図を用いたてんかん焦点ならびにてんかん棘波の電磁気生理学的研究について,本研究を継続的に行い,かつ秀でた業績を挙げたことが高く評価
  4. 2006年11月12日, 平成18年度広島臨床外科医学会賞, Characterizing magnetic spike sources by using magnetoencephalography-guided neuronavigation in pediatric epilepsy surgery
  5. 2000年06月, 広仁会賞, 広仁会, 頭蓋内圧亢進をもたらす蘇生後脳症における遅発性脳充血

社会活動

委員会等委員歴

  1. 全国てんかんセンター協議会運営委員, 2019年04月01日, 2021年03月31日
  2. 全国てんかんリハビリテーション研究会, 2018年04月, 2020年03月
  3. てんかん専門医療施設(センター)検討委員会, 2017年11月07日, 2019年11月06日
  4. VNS資格認定委員会, 2017年11月06日, 2019年11月05日, 日本てんかん学会
  5. てんかん専門委員会, 2017年11月06日, 2019年11月05日, 日本てんかん学会
  6. 日本てんかん学会理事・評議員, 2017年11月06日, 2019年11月05日, 日本てんかん学会
  7. 長期計画委員会, 2017年11月06日, 2019年11月05日, 日本てんかん学会
  8. てんかん研究編集委員会, 2017年11月06日, 2019年11月05日
  9. 日本脳神経外科学会, 2017年09月01日, 2019年08月31日
  10. 広島けいれんフォーラム, 2017年04月, 2019年03月
  11. 広島機能的脳神経外科, 2017年04月, 2019年03月
  12. 日本てんかん学会VNS資格認定委員会, 2017年03月31日
  13. 日本てんかん外科学会世話人, 2017年01月01日, 2020年12月31日
  14. 全国てんかん対策連絡協議会, 2017年01月01日, 2018年12月30日, 全国てんかん対策連絡協議会
  15. 全国てんかんセンター協議会 診療連携推進委員会 地区別診療連携推進部会, 2016年02月01日, 2019年01月31日
  16. 広島外科会, 2016年02月01日, 2019年91月31日
  17. 全国てんかん対策連絡協議会, 2016年02月01日, 2019年01月31日
  18. 厚労省てんかん地域診療連携体制事業 てんかん診療拠点機関 てんかん診療医療連携協議会, 2015年11月01日, 2019年03月31日
  19. 広島てんかん脳波セミナー (HEES), 2015年10月14日, 2019年10月13日
  20. 医学的検証作業班員, 2014年12月09日, 2019年12月08日, 厚生労働省健康局
  21. 日本脳神経外科学会「Neurologia medico-chirurgica」Review Board, 2014年06月01日, 2019年05月31日
  22. 日本脳神経外科学会中国四国支部脳死検討委員会, 2014年04月, 2019年03月
  23. 「てんかん研究」編集委員会委員, 2014年03月, 2016年03月, 日本てんかん学会
  24. 日本てんかん協会{波の会}広島県支部, 2013年04月01日, 2019年03月31日
  25. 医学的検証作業班員, 2012年12月, 2014年12月, 厚生労働省健康局臓器移植対策室
  26. 広島県公安委員会運転免許臨時適性診断, 2012年04月, 2019年03月
  27. 広島てんかん脳波セミナー, 2011年01月01日, 2021年12月31日
  28. 日本てんかん学会, 2009年10月01日
  29. Hiroshima Epilepsy Conference (HEC), 2009年04月01日, 2019年03月31日
  30. 2008年04月, 2008年04月
  31. 広島てんかん懇話会

学術会議等の主催

  1. 第11回日本てんかん学会中国四国地方会, 2017年02月, 2017年02月
  2. 第2回日本てんかん学会中国四国地方会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 教育者・保育者向け てんかんセミナーin 福山, てんかん外科的治療の最近の進歩, 日本てんかん学会, 2019年/02月/09日, 2019年/02月/09日, 福山, 講師, セミナー・ワークショップ, 教育関係者
  2. 市民フォーラム2018 「てんかんを考える」, 難治性てんかんの外科治療 ~小児から成人まで~, 中国新聞社, 市民フォーラム2018 「てんかんを考える」, 2018年/10月/28日, 広島県医師会館, 講演会, 社会人・一般
  3. 市民フォーラム2018 「てんかんを考える」in 三次, 難治性てんかんの治療~ライフステージを考慮した手術のタイミング~, 広島大学病院, 市民フォーラム2018 「てんかんを考える」in 三次, 2018年/03月/25日, 市立三次中央病院
  4. てんかん疾患啓発サンフレコラボ活動, てんかん疾患啓発サンフレコラボ活動, 広島大学病院てんかんセンター, てんかん疾患啓発サンフレコラボ活動, 2017年/03月/04日, 2017年/03月/04日, 企画, フェスティバル, 社会人・一般
  5. 市民フォーラム2017 in 尾道「てんかんを考える」, 外科治療までの流れと最新の方法, 中国新聞社, 2017年/02月/26日, 2017年/02月/26日, 尾道, 講師, 講演会, 社会人・一般
  6. 平成28年度広島県立特別支援学校PTA協議会研修会, てんかんを知る・診る・啓発する, 広島県立特別支援学校PTA協議会, 2017年/02月/01日, 2017年/02月/01日, 広島, 講師, 講演会, 保護者
  7. 市民フォーラム2016 「てんかんを考える」, 外科治療までの流れと最新の方法, 中国新聞社, 2016年/10月/30日, 2016年/10月/30日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  8. 市民フォーラム2016 「てんかんを考える」, ラウンドテーブルディスカッション, 中国新聞社, 2016年/10月/30日, 2016年/10月/30日, パネリスト, 講演会, 社会人・一般
  9. 診療ネットワークの構築を目指す, 中国新聞, 地域発元気印医療対談・中国新聞, 2016年/10月/12日, 2016年/10月/12日, 中国新聞, インタビュイー, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  10. てんかん疾患啓発サンフレコラボ活動, てんかん疾患啓発サンフレコラボ活動, 広島大学病院てんかんセンター, てんかん疾患啓発サンフレコラボ活動, 2016年/09月/10日, 2016年/09月/10日, 広島, 企画, フェスティバル, 社会人・一般
  11. 市民フォーラム2015「てんかんを考える」, てんかんの最新外科治療 ~QOL (生活の質)の向上を目指して~, 中国新聞社, 2016年/03月/06日, 福山, 講師, 講演会, 社会人・一般
  12. 市民フォーラム2015「てんかんを考える」, てんかんの最新外科治療 ~QOL (生活の質)の向上を目指して~, 中国新聞社, 市民フォーラム2015「てんかんを考える」, 2015年/11月/08日, 2015年/11月/08日, 広島, 講演会, 社会人・一般
  13. 医療対談「てんかん治療の地域体制を考える」, 中国新聞社, 中国新聞, 2015年/10月/28日, 2015年/10月/28日, インタビュイー, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  14. M3社MR君, くも膜下出血後のてんかん治療を考える ラミクタール Web 講演会, M3社, Web 講演会 MR君サイト, 2015年/07月/23日, 2015年/07月/23日, 福岡, 出演, インターネット, その他
  15. M3社MR君, (イ) 脳卒中後てんかんにおける診断と治療のポイント ~くも膜下出血編(2), M3社, M3社MR君, 2015年/05月/28日, 2015年/07月/02日, 出演, インターネット, その他
  16. M3社MR君, 脳卒中後てんかんにおける診断と治療のポイント ~くも膜下出血編(1), M3社, MR君, 2015年/04月/23日, 2015年/06月/25日, 出演, インターネット, その他
  17. 市民フォーラム2015「てんかんを考える」, ラウンドテーブルディスカッション, 中国新聞社, 市民フォーラム2015「てんかんを考える」, 広島, パネリスト, 講演会, 社会人・一般
  18. 4th Himalayan Epilepsy Workshop, Epilepsy surgery A la Carte II, Annapuruna Neurological Insititute, 2018年/04月/11日, 2018年/04月/11日, Kathmandu, Nepal, 講師, セミナー・ワークショップ, 教育関係者
  19. 5th Himalayan Epilepsy Workshop, Epilepsy surgery A la Carte III, Annapuruna Neurological Insitute, 2018年/10月/01日, 2018年/10月/01日, Kathmandu Nepal, 講師, セミナー・ワークショップ, 教育関係者
  20. IPE・就業力育成プログラム共同開催講演会, てんかんを考える -疾患の理解を通して知る多職種連携の重要性と患者への寄りそい-, 日本てんかん学会/広島国際大学, 2018年/04月/06日, 広島国際大学呉キャンパス, 講師, 講演会, 大学生
  21. てんかん市民フォーラム 2019 「てんかんを考える」 , 難治性てんかんの外科治療 ~小児から成人まで~, 中国新聞社, てんかん市民フォーラム 2019 「てんかんを考える」 , 2019年/11月/17日, 2019年/11月/17日, 広島県医師会館, 講師, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般
  22. てんかん市民フォーラム 2019 「てんかんを考える」 , 市民フォーラム10年の歩み ~地域とともに~, 中国新聞社, てんかん市民フォーラム 2019 「てんかんを考える」 , 2019年/11月/17日, 2019年/11月/17日, 広島県医師会館, 講師, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2016年, Neurologia medico-chirurgica, その他, 査読委員, 2
  2. 2016年, てんかん研究, 編集員, 1
  3. 2015年, Neurologia medico-chirurgica, その他, 査読委員, 3
  4. 2015年, てんかん研究, 編集員, 3
  5. 2015年, Pediatric International, その他, 1
  6. 2014年, Neurologia medico-chirurgica, その他, 査読委員, 1
  7. 2014年, てんかん研究, 編集員, 2
  8. 2017年, Neurologia medico-chirurgica, その他, 2
  9. 2017年, てんかん研究, 編集員, 1
  10. 2017年, Epileptic Disorder, その他, 2
  11. 2018年, Neurologia medico-chirurgica, その他, 査読委員, 1
  12. 2018年, てんかん研究, 編集員, 編集委員, 1