音成 秀一郎SHUICHIRO NESHIGE

Last Updated :2020/08/03

メールアドレス
s-neshigehiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2008年04月01日, 2010年03月31日, 広島大学, 病院, 研修医
  • 2010年04月, 2012年03月, 呉医療センター, 医員
  • 2012年04月, 2014年03月, 大田記念病院, 医員
  • 2014年04月01日, 2015年03月31日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2018年09月, 2018年12月, 京都大学附属病院, 医員
  • 2019年01月01日, 広島大学, 病院, 助教

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 神経内科学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, A score to map the lateral nonprimary motor area: Multispectrum intrinsic brain activity versus cortical stimulation, EPILEPSIA, 60巻, 11号, pp. 2294-2305, 201911
  2. Absence of an Autonomic Sign Assists in the Diagnosis of Extratemporal Lobe Epilepsy Manifesting Generalized Convulsion with Retained Awareness, Internal Medicine, 58巻, 8号, pp. 1151-1155, 2019
  3. Low-dose perampanel improves refractory cortical myoclonus by the dispersed and suppressed paroxysmal depolarization shifts in the sensorimotor cortex, CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY, 130巻, 10号, pp. 1804-1812, 201910
  4. Efficacy of wide-band electrocorticography on mapping of the primary seonsory-motor area compared with electrical cortical stimulation, Journal of the Neurological Sciences, 381巻, pp. 86
  5. ★, A rational, multispectral mapping algorithm for primary motor cortex: A primary step before cortical stimulation, EPILEPSIA, 60巻, pp. 547-559, 201903
  6. ★, Multi-component intrinsic brain activities as a safe, alternative to cortical stimulation for sensori-motor mapping in neurosurgery, Clinical Neurophysiology, 129巻, 9号, pp. 2038-2048, 201809
  7. Shifting laxative dosing schedule to an earlier time improves refractory constipation in Parkinson's disease: a case series, Neurology and Clinical Neuroscience, 6巻, 6号, pp. 182-184, 2018
  8. Elderly woman with exaggerated startle reflex and unconscious drop attack, Neurology and Clinical Neuroscience, 4巻, 4号, pp. 156-158, 2016
  9. Seizures after intracerebral hemorrhage; risk factor, recurrence, efficacy of antiepileptic drug, Journal of the neurological sciences, 359巻, 1-2号, pp. 318-322, 2015
  10. Ischemic stroke mortality is more strongly associated with anemia on admission than with underweight status, Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases, 26巻, 6号, pp. 1369-1347
  11. Ability of the ankle brachial index and brachial-ankle pulse wave velocity to predict the 3-month outcome in patients with non-cardioembolic stroke, Japan Atherosclerosis Society, pp. 38901
  12. Brain natriuretic peptide and particular left ventricle segment asynergy associated with cardioembolic stroke from old myocardial infarction, Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases, 25巻, 5号, pp. 1165-1171
  13. ABI and baPWV Are Independent Predictive Factors for a Clinical Outcome in Acute Non-Cardioembolic Stroke: P061, Cerebrovascular Diseases, 40巻
  14. Acute ischemic stroke associated with nephrotic syndrome: Incidence and significance—Retrospective cohort study, eNeurologicalSci, 1巻, 3-4号, pp. 47-50
  15. Risk Factors for Stroke/Prognosis Acute ischemic stroke associated with nephrotic syndrome: Prevalence and significance, International Journal of Stroke, 10巻
  16. Cerebrovascular Occlusive Disease Progression of responsible intracranial artery stenosis prior to ischemic stroke onset–Fukuyama Intracranial Artery Stenosis (FICAS) Study–, International Journal of Stroke, 9巻

著書等出版物

  1. 2019年05月, FORUM アジアオセアニアてんかん学会議(AOEC) 第12回AOEC報告と,第13回(2020年)の日本での開催に向けて, Epilepsy : てんかんの総合学術誌 / 「Epilepsy」編集委員会 編, 池田 昭夫;人見 健文;松橋 眞生;音成 秀一郎;十河 正弥;梶川 駿介
  2. 2014年07月, Guillain-Barre症候群およびFisher症候群の再発に関する臨床分析, 臨床神経学 = Clinical neurology, 音成 秀一郎;吉本 武史;竹島 慎一 他;竹島 慎一
  3. 2014年11月, 症例報告 頸部血管の異常蛇行と脳皮質下出血を示したMarfan症候群 : FBN1遺伝子イントロン変異をみとめた症例, 臨床神経学 = Clinical neurology / 日本神経学会 編, 音成 秀一郎;竹島 慎一;姫野 隆洋 他;姫野 隆洋
  4. 2014年07月, 症例報告 長い髄節におよぶ脊髄後索病変を呈した抗amphiphysin抗体陽性のparaneoplastic neurological syndromeの1例, 臨床神経学 = Clinical neurology, 音成 秀一郎;原 直之;竹島 慎一 他;竹島 慎一
  5. 2014年06月, 症例報告 ネフローゼ症候群に合併した脳静脈血栓症 : 2症例の報告と文献レビュー, 臨床神経学 = Clinical neurology, 岩城 寛尚;音成 秀一郎;原 直之 他;原 直之
  6. 2014年10月, 成人無菌性髄膜炎の臨床的検討 : 流行性と起因ウイルスの同定, 臨床神経学 = Clinical neurology, 竹島 慎一;音成 秀一郎;姫野 隆洋 他;姫野 隆洋
  7. 2017年07月, てんかんを疑う症状と診断, 日本医師会雑誌 = The Journal of the Japan Medical Association, 池田 昭夫;音成 秀一郎
  8. 2017年01月, てんかんの診断, 診断と治療, 音成 秀一郎;池田 昭夫
  9. 2017年07月, てんかんの診断と病型分類, 診断と治療 = Diagnosis and treatment, 音成 秀一郎;池田 昭夫
  10. 2019年02月, てんかんの病態と病型, 臨床検査 = Journal of clinical laboratory medicine, 音成 秀一郎
  11. 2018年10月, てんかんの分類と診断, 老年精神医学雑誌 / 「老年精神医学雑誌」編集委員会 編, 音成 秀一郎;池田 昭夫
  12. 2014年11月, 慢性硬膜下血腫における痙攣発作発現の病態についての臨床的検討 : ケースコントロール研究, 臨床神経学 = Clinical neurology / 日本神経学会 編, 音成 秀一郎;関原 嘉信;石井 則宏 他;石井 則宏
  13. 2014年, Guillain-Barré症候群およびFisher症候群の再発に関する臨床分析, 臨床神経学, 音成 秀一郎;吉本 武史;竹島 慎一;姫野 隆洋;下江 豊;高松 和弘;栗山 勝
  14. 2014年, 長い髄節におよぶ脊髄後索病変を呈した抗amphiphysin抗体陽性のparaneoplastic neurological syndromeの1例, 臨床神経学, 音成 秀一郎;原 直之;竹島 慎一;岩城 寛尚;下江 豊;高松 和弘;栗山 勝
  15. 2014年, ネフローゼ症候群に合併した脳静脈血栓症―2症例の報告と文献レビュー―, 臨床神経学, 岩城 寛尚;音成 秀一郎;原 直之;竹島 慎一;高松 和弘;栗山 勝
  16. 2014年, 頸部血管の異常蛇行と脳皮質下出血を示したMarfan症候群:FBN1遺伝子イントロン変異をみとめた症例, 臨床神経学, 音成 秀一郎;竹島 慎一;姫野 隆洋;吉本 武史;高松 和弘;森崎 裕子;栗山 勝
  17. 2014年, 成人無菌性髄膜炎の臨床的検討―流行性と起因ウイルスの同定―, 臨床神経学, 竹島 慎一;音成 秀一郎;姫野 隆洋;原 直之;吉本 武史;高松 和弘;高尾 信一;栗山 勝
  18. 2014年, 痙攣と精神運動遅滞を主訴としたhypoxanthine-guanine phosphoribosyltransferase部分欠損症の1例, 臨床神経学, 吉本 武史;姫野 隆洋;竹島 慎一;音成 秀一郎;山田 憲一郎;山田 裕一;栗山 勝
  19. 2014年, 慢性硬膜下血腫における痙攣発作発現の病態についての臨床的検討:ケースコントロール研究, 臨床神経学, 音成 秀一郎;関原 嘉信;石井 則宏;佐藤 倫由;大田 慎三;栗山 勝
  20. 2015年, メトロニダゾール誘発性脳症の1例―画像の経時的変化―, 臨床神経学, 音成 秀一郎;金谷 雄平;竹島 慎一;吉本 武史;田中 朗雄;栗山 勝
  21. 2015年, 成人無菌性髄膜炎の臨床的検討(第2報)―ムンプス髄膜炎13例について―, 臨床神経学, 竹島 慎一;吉本 武史;志賀 裕二;金谷 雄平;音成 秀一郎;姫野 隆洋;河野 龍平;高松 和弘;下江 豊;栗山 勝
  22. 2016年, 葉酸,ビタミンB12複合欠乏による著明な高ホモシステイン血症を呈した脳静脈洞血栓症, 臨床神経学, 金谷 雄平;音成 秀一郎;竹丸 誠;志賀 裕二;竹島 慎一;栗山 勝
  23. 2015年, リルゾールにより間質性肺炎を合併した筋萎縮性側索硬化症の1例, 臨床神経学, 竹島 慎一;音成 秀一郎;姫野 隆洋;高松 和弘;下江 豊;栗山 勝
  24. 2018年, てんかん病診連携システムから見えるてんかん診療のニーズ~大学病院てんかん専門外来でのサンプル調査~, てんかん研究, 谷岡 洸介;人見 健文;佐藤 和明;音成 秀一郎;塚田 剛史;藤井 大樹;井上 岳司;吉村 元;小林 勝哉;下竹 昭寛;松本 理器;高橋 良輔;池田 昭夫
  25. 2016年, メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素遺伝子677C>T変異ホモ接合体での代謝異常, 臨床神経学, 金谷 雄平;音成 秀一郎;竹丸 誠;志賀 裕二;竹島 慎一;栗山 勝
  26. 2017年, チョウセンアサガオにより急性脳症を呈した夫婦例―症例報告と文献レビュー, 臨床神経学, 竹島 慎一;音成 秀一郎;原 直之;久保 智司;姫野 隆洋;栗山 勝
  27. 2019年, 難治左内側側頭葉てんかんに対する左側頭葉切除術後に瞳孔異常と発汗障害の側方性が逆転したRoss症候群の1例:脳内ネットワークを介した影響, 臨床神経学, 邉見 名見子;音成 秀一郎;下竹 昭寛;大石 明生;滝 和郎;池田 昭夫;髙橋 良輔

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 通常, 日本語

受賞

  1. 2018年, 日本てんかん学会 Sponsored Award (UCB&Otsuka賞), 日本てんかん学会
  2. 2018年, 日本てんかん学会 Hans Berger 褒賞, 日本てんかん学会
  3. 2018年, 第36回日本神経治療学会学術集会, 優秀演題賞, 第36回日本神経治療学会学術集会