水沼 正樹Masaki Mizunuma

Last Updated :2019/11/12

所属・職名
大学院統合生命科学研究科先端・細胞生物学(先端支援室)准教授
メールアドレス
mmizu49120hiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2009年03月01日, 2011年01月09日, ハーバード大学・医学部・ジョスリン糖尿病センター, 客員研究員
  • 2001年04月01日, 2001年07月31日, 日本学術振興会, 特別研究員(PD)
  • 1998年04月01日, 2001年03月31日, 日本学術振興会, 特別研究員(DC1)

学位

  • 博士(工学)(広島大学)
  • 修士(工学)(広島大学)

研究分野

  • 農学 / 農芸化学 / 応用生物化学
  • 農学 / 境界農学 / 応用分子細胞生物学
  • 生物学 / 生物科学 / 分子生物学
  • 農学 / 農芸化学 / 応用微生物学

研究キーワード

  • 酵母
  • 線虫
  • 老化・寿命
  • カルシウム
  • 細胞周期

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 生物工学実験II
  2. 2019年, 学部専門, 4ターム, 分子生物学I
  3. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生命機能科学セミナー
  4. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 分子生命機能科学セミナー
  5. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学演習
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学演習
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生物工学特別演習A
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物工学特別演習A
  9. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生物工学特別演習B
  10. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生物工学特別演習B
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学特別研究
  12. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 疾患モデル生物概論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. SKO1 deficiency extends chronological lifespan in Saccharomyces cerevisiae, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 83巻, 8号, pp. 1473-1476, 20190803
  2. Implications of maintenance of mother-bud neck size in diverse vital processes of Saccharomyces cerevisiae., Curr Genet., 65巻, 1号, pp. 253-267, 201902
  3. Breeding of a cordycepin-resistant and adenosine kinase-deficient sake yeast strain that accumulates high levels of S-adenosylmethionine, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 83巻, 8号, pp. 1530-1537, 20190803
  4. Role of nucleocytoplasmic transport in interphase microtubule organization in fission yeast, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 503巻, 2号, pp. 1160-1167, 20180905
  5. A genetic method to enhance the accumulation of S-adenosylmethionine in yeast, APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 101巻, 4号, pp. 1351-1357, 201702
  6. Identification of three signaling molecules required for calcineurin-dependent monopolar growth induced by the DNA replication checkpoint in fission yeast, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 491巻, 4号, pp. 883-889, 20170930
  7. Evaluation of the comprehensive palatability of Japanese sake paired with dishes by multiple regression analysis based on subdomains, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 81巻, 8号, pp. 1598-1606, 2017
  8. Sake yeast YHR032W/ERC1 haplotype contributes to high S-adenosylmethionine accumulation in sake yeast strains, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 123巻, 1号, pp. 8-14, 201701
  9. ★, Stimulating S-adenosyl-L-methionine synthesis extends lifespan via activation of AMPK, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 113巻, 42号, pp. 11913-11918, 20161018
  10. Identification of a mutation causing a defective spindle assembly checkpoint in high ethyl caproate-producing sake yeast strain K1801, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 80巻, 8号, pp. 1657-1662, 201608
  11. Natural thioallyl compounds increase oxidative stress resistance and lifespan in Caenorhabditis elegans by modulating SKN-1/Nrf, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, 20160222
  12. Isolation of a spontaneous cerulenin-resistant sake yeast with both high ethyl caproate-producing ability and normal checkpoint integrity, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 79巻, 7号, pp. 1191-1199, 20150703
  13. Screening for a gene deletion mutant whose temperature sensitivity is suppressed by FK506 in budding yeast and its application for a positive screening for drugs inhibiting calcineurin, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 79巻, 5号, pp. 790-794, 20150504
  14. ★, mTORC2-SGK-1 acts in two environmentally responsive pathways with opposing effects on longevity, AGING CELL, 13巻, 5号, pp. 869-878, 201410
  15. Late-maturing cooking rice Sensyuraku has excellent properties, equivalent to sake rice, for high-quality sake brewing, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 78巻, 11号, pp. 1954-1962, 20141102
  16. Ras/cAMP-dependent Protein Kinase (PKA) Regulates Multiple Aspects of Cellular Events by Phosphorylating the Whi3 Cell Cycle Regulator in Budding Yeast, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 288巻, 15号, pp. 10558-10566, 20130412
  17. Pisiferdiol restores the growth of a mutant yeast suffering from hyperactivated Ca2+ signalling through calcineurin inhibition, FEMS YEAST RESEARCH, 13巻, 1号, pp. 16-22, 201301
  18. Evidence of Antagonistic Regulation of Restart from G(1) Delay in Response to Osmotic Stress by the Hog1 and Whi3 in Budding Yeast, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 77巻, 10号, pp. 2002-2007, 201310
  19. Fission Yeast Leucine-Rich Repeat Protein Lrp1 Is Essential for Cell Morphogenesis as a Component of the Morphogenesis Orb6 Network (MOR), BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 77巻, 5号, pp. 1086-1091, 201305
  20. Polishing Properties of Sake Rice Koshitanrei for High-Quality Sake Brewing, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 77巻, 10号, pp. 2160-2165, 201310
  21. TOR Signaling and Rapamycin Influence Longevity by Regulating SKN-1/Nrf and DAF-16/FoxO, CELL METABOLISM, 15巻, 5号, pp. 713-724, 20120502
  22. Implication of Ca2+ in the regulation of replicative life span of budding yeast, J. Biol. Chem., 286巻, 33号, pp. 28681-28687, 20110801
  23. Identification of ricinoleic acid as an Inhibitor of Ca2+ signal-mediated cell-cycle regulation in yeast, FEMS Yeast Research, 10巻, 1号, pp. 38-43, 20100201
  24. Combinatorial Gene Overexpression and Recessive Mutant Gene Introduction in Sake Yeast, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 73巻, 3号, pp. 633-640, 200903
  25. Identification of Tup1 and Cyc8 mutations defective in the responses to osmotic stiress, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 368巻, 1号, pp. 50-55, 20080328
  26. Identification of Saccharomyces cerevisiae Tub1 alpha-tubulin as a potential target for NKH-7, a cytotoxic 1-naphthol derivative compound, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 72巻, 4号, pp. 1023-1031, 200804
  27. Inhibition of Ca2+-signal-dependent growth regulation by radicicol in budding yeast, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 72巻, 1号, pp. 132-138, 200801
  28. Physiological roles of calcineurin in Saccharomyces cerevisiae with special emphasis on its roles in G2/M cell-cycle regulation., Biosci. Biotechnol. Biochem., 71巻, pp. 633-645, 20070401
  29. Involvement of calcineurin-dependent degradation of Yap1p in Ca2+-induced G(2) cell-cycle regulation in Saccharomyces cerevisiae, EMBO REPORTS, 7巻, 5号, pp. 519-524, 200605
  30. Identification of Saccharomyces cerevisiaeribosomal protein L3 as a target of curularol, a G1-specific inhibitor of mammalian cells, Biosci. Biotechnol. Biocehm., 70巻, pp. 2451-2459, 20060401
  31. Implication of Pkc1p protein kinase C is sustaining Cln2p level and polarized bud growth in response to calcium signaling in Saccharomyces cerevisiae, J. Cell Sci., 118巻, pp. 4219-4229, 20050401
  32. Mutational analysis of the yeast multidrug resistance ABC transporter Pdr5p with altered drug specificity, Gene to Cells, 10巻, pp. 409-420, 20050401
  33. Involvement of Saccaromyces cerevisiae Pdr5p ATP-binding cassette transporter in calcium homeostasis, Biosci. Biotechnol. Biochem., 69巻, pp. 857-860, 20050401
  34. Role of histidine in conferrring tolerance to Ni2+ in Saccharomyces cerevisiae cells, Biosci. Biotechnol. Biochem., 69巻, pp. 2343-2348, 20050401
  35. ★, Involvement of S-adenosylmethionine in G1 cell-cycle regulation in Saccharomyces cerevisiae., Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 101巻, pp. 6086-6091, 20040401
  36. Effect of Ethanol on Cell Growth of Budding Yeast: Genes That Are Important for Cell Growth in the Presence of Ethanol, Biosci. Biotechnol. Biochem., 68巻, 4号, pp. 968-972, 20040401
  37. Fission yeast Mor2/Cps12, a protein similar to Drosophila Furry, is essential for cell morphogenesis and its mutation induces Wee1-dependent G(2) delay, EMBO JOURNAL, 21巻, 18号, pp. 4863-4874, 20020916
  38. Identification of Saccharomyces cerevisiae Isoleucyl-tRNA Synthetase as a Target of the G1-specific Inhibitor Reveromycin A, The Journal of Biological Chemistry, 277巻, 32号, pp. 28810-28814, 20020801
  39. ★, GSK-3 kinase Mck1 and calcineurin coordinately mediate Hsl1 down-regulation by Ca2+ in budding yeast., EMBO J., 20巻, pp. 1074-1085, 20010401
  40. A positive screening for drugs that specifically inhibit the Ca2+-signaling activity on the basis of the growth promoting effect on a yeast mutant with a peculiar phenotype, Biosci. Biotechnol. Biochem., 64巻, pp. 1942-1946, 20000401
  41. ★, Role of calcireurin and Mpk1 in regulating the onset of mitosis in budding yeast, Nature, 392巻, pp. 303-306, 19980320
  42. Involvement of histidine permease (Hip1p) in manganese transport in Saccharomyces cerevisiae., Mol. Gen. Genet., 259巻, pp. 541-548, 19980401
  43. The involvement of the yeast multidrug resistance ATP-binding cassette superfamily proteins Pdr5 and Snq2 in cation resistance., FEBS Lett, 399巻, pp. 317-320, 19960401
  44. アミノ酸代謝が鍵となる酵母の長寿メカニズム, 生物工学会誌, 97巻, 10号, 201910
  45. メチオニン代謝産物による新規生理機能, 生物工学会誌, 97巻, 1号, pp. 30-30, 201901
  46. 長寿変異株SSG1変異株の特徴からみる酵母寿命の関連因子, 日本醸造協会誌, 97巻, 1号, pp. 530-535, 20180915
  47. 栄養・代謝センシング経路による寿命制御機構, 生化学(日本生化学会), 90巻, 3号, pp. 381-384, 20180601
  48. 料理とともに味わう日本酒のおいしさの評価(新たな試み), 日本醸造協会誌, 113巻, 5号, pp. 282-288, 2018
  49. 美味しさの構成要素による重回帰分析を用いた清酒の総合的な美味しさの評価, 日本官能評価学会誌, 22巻, 1号, pp. 53-53, 201801
  50. メチオニン代謝が鍵となる酵母の長寿の仕組み, 化学と生物(日本農芸化学会), 55巻, 8号, pp. 526-528, 201708
  51. モデル生物線虫C. elegansを用いた熟成ニンニクの機能解析, 化学と生物(日本農芸化学会), 55巻, 6号, pp. 372-374, 201706
  52. Analysis of the novel stress tolerance mechanism in yeast, Report of the Noda Institute for Scientific Research, 2016
  53. カプロン酸エチル高生産性清酒酵母の迅速識別法, 日本醸造協会誌, 110巻, 12号, pp. 820-826, 201512
  54. 出芽酵母の寿命研究の現状と展望, 日本醸造協会誌, 106巻, 12号, pp. 794-800, 20110801
  55. パン酵母でアンチエイジング, 生物工学会誌, 89巻, 8号, pp. 501-501, 2011
  56. Ca2+シグナルによる酵母の細胞周期制御機構解明と医薬シーズ探索への応用, バイオサイエンスとバイオインダストリー, 64巻, 20060401
  57. 酵母による低分子阻害物質標的蛋白質の同定, 共立出版:蛋白質核酸酵素 増刊号, pp. 1719-1723, 2007
  58. Analysis of the effect of S-adenosylmethionine on cell growth in yeast., Report of the Noda Institute for Scientific Research, 2006
  59. リチウムでアルツハイマー病を克服, 化学同人:化学, 58巻, 9号, pp. 49-49, 2003
  60. Ca2+シグナル伝達経路による細胞周期制御, 生物工学会誌, 81巻, 4号, pp. 162-162, 2003
  61. 酵母の特殊な変異形質を利用するCa2+シグナル伝達に作用する薬剤のポジティブスクリーニング, 化学と生物(日本農芸化学会誌), 76巻, pp. 38-39, 2002
  62. 酵母を使った生理活性物質の新規スクリーニング法, 生物工学会誌, 79巻, 3号, pp. 79-79, 2001
  63. Ca2+シグナルによる細胞周期制御機構, 実験医学, 18巻, pp. 840-845, 20000401
  64. 新規の細胞周期チェックポイント制御とMAPキナーゼCa2+情報伝達経路による細胞周期制御, 実験医学, 17巻, 2号, pp. 124, 19990401

著書等出版物

  1. 2013年, ケミカルバイオロジー : 成功事例から学ぶ研究戦略, 酵母を利用したケミカルゲノミクスへのアプローチ, 丸善出版, 2013年, 単行本(学術書), 共訳, 日本語, Katja Hübel 執筆水沼正樹 訳 , 293
  2. 2007年, 酵母のすべて, ストレス応答性MAPキナーゼ経路とCa2+シグナル伝達, シュプリンガー・ジャパン,, 2007年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 宮川都吉、平田大、水沼正樹
  3. 2003年, 清酒酵母の研究90年代の研究, ストレス応答のシグナル伝達, 清酒酵母・麹研究会, 2003年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 下向 敦範、水沼 正樹、平田 大、宮川 都吉

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. メタボライトが誘導する寿命延長, 水沼 正樹, 第92回日本生化学会大会, 2019年09月20日, 招待, 日本語, 日本生化学会, パシフィコ横浜、横浜市
  2. アミノ酸による出芽酵母の寿命延長機構, 水沼 正樹, 第71回生物工学会大会, 2019年09月16日, 招待, 日本語, 生物工学会, 岡山大学
  3. C. elegans calcineurin modulates lifespan via SKN-1 signaling, 水沼 正樹, 22nd International C. elegans Conference, 2019年06月22日, 通常, 英語, University of California, Los Angeles
  4. モデル生物(酵母と線虫)を使った寿命研究, 水沼 正樹, 第90回創薬科学セミナー, 2018年12月06日, 招待, 日本語, 名古屋大学, 名古屋大学
  5. メタボライトによる寿命延長, 水沼 正樹, 第12回メタボロームシンポジウム, 2018年10月17日, 招待, 日本語, 鶴岡市先端研究産業支援センター(鶴岡市)
  6. 代謝産物による寿命延長メカニズム, 第22回酵母合同シンポジウム, 2018年09月13日, 招待, 日本語, 九州大学
  7. ストレス耐性や寿命延長におけるメチオニン代謝の役割, 水沼 正樹, 第70回日本生物工学会大2018年大会シンポジウム, 2018年09月07日, 招待, 日本語, 関西大学
  8. メチオニン代謝が関わる寿命延長メカニズム, 水沼 正樹, 酵母サルファ―バイオロジー研究会, 2018年07月20日, 招待, 日本語, 奈良先端大学, 奈良先端大学
  9. モデル生物(酵母・線虫)から学ぶ健康長寿, 水沼 正樹, 日本農芸化学会中四国支部若手シンポジウム, 2018年05月18日, 招待, 日本語, 岡山大学, 岡山大学
  10. メチオニン代謝産物による寿命延長機構, 水沼正樹, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年03月18日, 招待, 日本語, 日本農芸化学会, 名城大学
  11. S-アデノシルメチオニン(SAM)代謝による寿命制御, 水沼正樹, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月08日, 招待, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸ポートアイランド
  12. アミノ酸代謝が鍵となる酵母の長寿メカニズム, 水沼正樹, 第69回日本生物工学会2017年大会, 2017年09月13日, 招待, 日本語, 生物工学会, 早稲田大学
  13. 酵母菌から学ぶ健康長寿のヒント, 水沼正樹, 第七回愛媛微生物学ネットワークフォーラム, 2016年10月29日, 招待, 日本語, 松山大学, 発表資料
  14. 酵母のCa2+シグナルによる環境応答に関する基礎的および応用的研究, 水沼正樹, 発酵と代謝研究奨励賞受賞講演, 2016年10月12日, 招待, 日本語, バイオインダストリー協会, パシフィコ横浜、横浜市, 発表資料
  15. メチオニン代謝系は糖代謝を介して寿命制御に関わる, 水沼正樹, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月, 招待, 日本語, 日本分子生物学会年会、日本生化学会大会, 神戸
  16. Involvement of S-adenosylmethionine in G1 cell cycle regulation in budding yeast, 水沼 正樹, The 5th UK-Japan Cell Cycle Workshop, 2004年04月, 招待, 英語
  17. カルシウムによる細胞周期制御, 水沼 正樹, 第15回 酵母合同シンポジウム, 2002年07月, 招待, 日本語
  18. 酵母のCa2+情報伝達経路による細胞周期制御, 水沼 正樹, 真核微生物交流会, 2002年07月, 招待, 日本語
  19. A positive screening for the drugs that suppreses Ca2+ signaling in yeast, 水沼 正樹, 20 th International Conference on Yeast Genetics and Molecular Biology, 2001年, 招待, 英語
  20. The GSK-3 family kinase Mck1 and calcineurin coordinately regulate Hsl1 degradation in response to Ca2+ and triggers the Swe1-mediated G2 cell-cycle delay in budding yeast, 水沼 正樹, The 4 th UK-Japan Cell Cycle Workshop, 2000年09月, 招待, 英語
  21. The mechanism of cell cycle regulation in G2/M by the Ca2+ signaling pathways in the yeast Saccharomyces cerevisiae, 水沼 正樹, The 11 th international symposium on calcium-binding proteins and calcium function in health and disease, 1999年10月, 招待, 英語
  22. 細胞周期制御に関わる情報伝達機構, 水沼 正樹, 日本放射線影響学会, 1999年09月, 招待, 日本語
  23. Ca2+シグナルによる出芽酵母細胞周期G2期制御機構の解析, 水沼 正樹, 日本遺伝学会, 1999年, 招待, 日本語
  24. Ca2+シグナルによる出芽酵母細胞周期G2制御および制御ネットワーク, 水沼 正樹, 日本農芸化学会, 1999年03月, 招待, 日本語
  25. Ca2+シグナルによる出芽酵母の細胞周期制御, 水沼 正樹, 日本分子生物学会, 1998年12月, 招待, 日本語
  26. Calcineurin regulates cell cycle progression in budding yeast, 水沼 正樹, 3rd International conference on cellular regulation by protein phosphatases, 1998年11月, 招待, 英語

受賞

  1. 2019年02月07日, 第15回(平成30年度)日本学術振興会賞, 独立行政法人日本学術振興会理事長
  2. 2019年04月19日, 酵母コンソーシアムフェロー, (財)大隅基礎科学創成財団
  3. 2018年03月15日, 日本農芸化学会英文誌BBB論文賞, 公益社団法人日本農芸化学会会長
  4. 2017年11月04日, 第16回広島大学長表彰, 広島大学
  5. 2016年10月12日, 2016年度発酵と代謝研究奨励賞, バイオインダストリー協会, 酵母のCa²⁺シグナルによる環境応答に関する基礎的および応用的研究
  6. 2011年, 日本農芸化学会トピックス賞, (社)日本農芸化学会
  7. 2010年, 日本農芸化学会トピックス賞, (社)日本農芸化学会
  8. 2006年03月, 平成18年度 農芸化学奨励賞, 日本農芸化学会会長
  9. 2004年11月, 平成16年度(第3回)日本農学進歩賞, 財団法人農学会長
  10. 2001年, 平成13年度 井上研究奨励賞, 井上科学振興財団, Ca2+ シグナルによる出芽酵母の細胞周期に関する研究
  11. 2001年03月25日, 平成12年度広島大学学生表彰, 広島大学
  12. 2001年03月, Biosci. Biotech. Biochem.(日本農芸化学会英文誌)2000年度論文賞, 日本農芸化学会, A positive screening for drugs that specifically inhibit the Ca2+-signaling activity on the basis of the growth-promotin

取得

  1. 特許権, 特許4487066, 2010年04月09日, 酵母変異体およびその利用

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(挑戦的研究(萌芽)), モデル生物を利用した健康長寿に資する代謝産物の探索とメカニズム解明, 2019年, 2021年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ストレス感受性および最大応答度の調節による老化および肥満解消方策の確立, 2019年, 2021年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), メチオニン代謝系による寿命制御機構, 2016年, 2019年
  4. 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費), 出芽酵母のSSG1-1長寿変異株における新規寿命制御機構に関する研究, 2016年, 2017年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), カルシウムシグナル伝達に関わる因子による酵母の寿命制御, 2012年, 2014年
  6. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), カルシウムシグナルによる酵母の寿命制御機構, 2009年, 2011年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 酵母の細胞極性制御に関する基礎および応用研究, 2008年, 2011年
  8. 科学研究費助成事業(若手研究(A)), Ca2+信号伝達が関与する酵母の細胞増殖に関する研究, 2006年, 2008年
  9. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 酵母のCa^<2+>情報伝達経路によるタンパク質制御機構に関する研究, 2004年, 2005年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), Ca^<2+>シグナルによる酵母の細胞周期制御機構およびその生理機能に関する研究, 2002年, 2004年
  11. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 酵母におけるCa^<2+>による細胞周期制御の分子機構に関する研究, 2002年, 2003年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 特別研究員等審査会専門委員,卓越研究員候補者選考委員会書面審査員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価委員, 2017年06月, 2019年06月, 独立行政法人 日本学術振興会
  2. 酵母遺伝学フォーラム庶務幹事, 2018年04月, 2019年03月, 酵母遺伝学フォーラム
  3. 酵母遺伝学フォーラム運営委員, 2017年04月, 2018年03月, 酵母遺伝学フォーラム
  4. 酵母遺伝資源運営委員, 2015年04月, 2019年03月, NBRP酵母
  5. 日本農芸化学会中四国支部参与, 2014年04月, 2019年03月, 日本農芸化学会中四国支部
  6. 真核微生物交流会運営委員, 2001年04月, 2019年03月, 真核微生物交流会
  7. せら成人大学講師, 2016年06月, 2016年10月, 世羅町教育委員会
  8. 岡山大会実行委員会委員, 2014年12月, 2016年07月, (社)日本農芸化学会
  9. 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員, 2011年08月, 2013年07月, 独立行政法人日本学術振興会

学術会議等の主催

  1. サイエンスカフェin広島, サイエンスカフェin広島共同世話人, 2018年04月, 2018年07月
  2. 農芸化学会中四国支部会第50回講演会, 実行委員, 2017年02月, 2018年01月
  3. 生物工学若手研究者の集い夏のセミナー2017, 実行委員, 2017年01月, 2017年07月
  4. 酵母遺伝学フォーラム(第48回、2015年), 共同代表, 2015年, 2015年
  5. イーストワークショップ, 大会実行委員, 2003年09月
  6. 酵母遺伝学フォーラム, 大会実行委員, 2002年07月