熊谷 孝則Takanori Kumagai

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬)(薬学)微生物医薬品開発学准教授
メールアドレス
tkumahiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 1995年04月01日, 2003年03月31日, 広島大学 医学部, 助手
  • 2003年04月01日, 2004年01月31日, 広島大学 大学院医歯薬学総合研究科, 講師
  • 2004年02月01日, 2007年03月31日, 広島大学 大学院医歯薬学総合研究科, 助教授
  • 2007年04月01日, 2012年03月31日, 広島大学 大学院医歯薬学総合研究科, 准教授
  • 2012年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学 大学院医歯薬保健学研究院, 准教授
  • 2019年04月01日, 広島大学 大学院医系科学研究科, 准教授

学歴

  • 広島大学, 医学部, 総合薬学科, 日本, 1989年04月, 1993年03月
  • 広島大学, 医学系研究科, 分子薬学, 日本, 1993年04月, 1995年03月

学位

  • 修士(薬学)(広島大学)
  • 博士(薬学)(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 薬学部 : 薬科学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 薬学プログラム
  • 薬科学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 天然資源系薬学

研究キーワード

  • 二次代謝
  • ゲノム解析
  • 異種生産
  • 抗生物質生産菌
  • 抗生物質

所属学会

  • 日本放線菌学会, 1994年04月
  • 日本生物工学会, 1995年04月
  • 日本生化学会, 2005年04月
  • 日本薬学会, 2005年04月
  • 日本細菌学会, 2018年02月

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 1ターム, 生化学I
  2. 2019年, 学部専門, 3ターム, 遺伝子工学
  3. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 微生物薬品学実習
  4. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 抗生物質生合成学特論演習
  5. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 抗生物質生合成学特論演習
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 抗生物質生合成学特論演習
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 抗生物質生合成学特論演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Comprehensive analysis of resistance-nodulation-cell division superfamily (RND) efflux pumps from Serratia marcescens, Db10, Scientific Reports, 9巻, 1号, pp. 4854, 201903
  2. Expression of Genes Involved in Bacteriocin Production and Self-Resistance in Lactobacillus brevis 174A Is Mediated by Two Regulatory Proteins, APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY, 84巻, 7号, pp. e02707-e02717, 201804
  3. Characterization of the SN35N Strain-Specific Exopolysaccharide Encoded in the Whole Circular Genome of a Plant-Derived Lactobacillus plantarum, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 41巻, 4号, pp. 536-545, 201804
  4. Characterization of Exopolysaccharides Produced by Thermophilic Lactic Acid Bacteria Isolated from Tropical Fruits of Thailand, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40巻, 5号, pp. 621-629, 201705
  5. Characterization of the LP28 starin-specific exopolysaccharide biosynthetic gene cluster found in the whole circular genome of Pediococcus pentosaceus, Biochemistry and Biophysics Reports, 5巻, pp. 266-271, 2016
  6. Antiobesity effect of Pediococcus pentosaceus LP28 on overweight subjects: a randomized, double-blind, placebo-controlled clinical trial, EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL NUTRITION, 70巻, 5号, pp. 582-587, 201605
  7. Oral lactic acid bacteria that are related to occurrence and/or progression of dental caries in Japanese preschool children, Biosci. Microbiota Food Health, 34巻, pp. 29-36, 2015
  8. The structural and mutational analyses of O-ureido-l-serine synthase necessary for d-cycloserine biosynthesis, FEBS JOURNAL, 282巻, 20号, pp. 3929-3944, 201510
  9. ★, High-Level Heterologous Production of D-Cycloserine by Escherichia coli, APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY, 81巻, 22号, pp. 7881-7887, 201511
  10. Characterization and Mutational Analysis of a Two-Polypeptide Bacteriocin Produced by Citrus Iyo-Derived Lactobacillus brevis 174A, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 38巻, 12号, pp. 1902-1909, 201512
  11. An alternative allosteric regulation mechanism of an acidophilic L-lactate dehydrogenase from Enterococcus mundtii 15-1A, FEBS OPEN BIO, 4巻, pp. 834-847, 2014
  12. Aspergillus oryzae S-03 produces gingipain inhibitors as a virulence factor for Porphyromonas gingivalis, J. Bacteriol. Virol., 44巻, pp. 152-161, 2014
  13. Establishment of an In Vitro D-Cycloserine-Synthesizing System by Using O-Ureido-L-Serine Synthase and D-Cycloserine Synthetase Found in the Biosynthetic Pathway, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 57巻, 6号, pp. 2603-2612, 201306
  14. Crystallographic Study To Determine the Substrate Specificity of an L-Serine-Acetylating Enzyme Found in the D-Cycloserine Biosynthetic Pathway, JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 195巻, 8号, pp. 1741-1749, 201304
  15. Crystallographic and mutational analyses of tannase from Lactobacillus plantarum, PROTEINS-STRUCTURE FUNCTION AND BIOINFORMATICS, 81巻, 11号, pp. 2052-2058, 201311
  16. The Obesity and Fatty Liver Are Reduced by Plant-Derived Pediococcus pentosaceus LP28 in High Fat Diet-Induced Obese Mice, PLOS ONE, 7巻, 2号, 20120217
  17. ★, Heme Protein and Hydroxyarginase Necessary for Biosynthesis of D-Cycloserine, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 56巻, 7号, pp. 3682-3689, 201207
  18. A Molecular Mechanism for Copper Transportation to Tyrosinase That Is Assisted by a Metallochaperone, Caddie Protein, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 286巻, 34号, pp. 30219-30231, 20110826
  19. Structural evidence that puromycin hydrolase is a new type of aminopeptidase with a prolyl oligopeptidase family fold, PROTEINS-STRUCTURE FUNCTION AND BIOINFORMATICS, 79巻, 10号, pp. 2999-3005, 201110
  20. Catalytic Mechanism of Bleomycin N-Acetyltransferase Proposed on the Basis of Its Crystal Structure, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 285巻, 2号, pp. 1446-1456, 20100108
  21. ★, Molecular Cloning and Heterologous Expression of a Biosynthetic Gene Cluster for the Antitubercular Agent D-Cycloserine Produced by Streptomyces lavendulae, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 54巻, 3号, pp. 1132-1139, 201003
  22. Establishment of an in Vitro Peyer's Patch Cell Culture System Correlative to in Vivo Study Using Intestine and Screening of Lactic Acid Bacteria Enhancing Intestinal Immunity, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 33巻, 2号, pp. 289-293, 201002
  23. Establishment of an Efficient Fermentation System of Gamma-Aminobutyric Acid by a Lactic Acid Bacterium, Enterococcus avium G-15, Isolated from Carrot Leaves, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 33巻, 10号, pp. 1673-1679, 201010
  24. Crystal structure and mutagenic analysis of a bacteriocin immunity protein, Mun-im, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 378巻, 3号, pp. 574-578, 20090116
  25. Crystal structure of SCCA1 and insight about the interaction with JNK1, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 380巻, 1号, pp. 143-147, 20090227
  26. Characterization of four plasmids harboured in a Lactobacillus brevis strain encoding a novel bacteriocin, brevicin 925A, and construction of a shuttle vector for lactic acid bacteria and Escherichia coli, MICROBIOLOGY-SGM, 155巻, pp. 1726-1737, 200905
  27. A novel tyrosine-phosphorylated protein inhibiting the growth of Streptomyces cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 385巻, 4号, pp. 534-538, 20090807
  28. Molecular Cloning and Functional Analysis of minD Gene from Streptomyces lavendulae ATCC25233, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 106巻, 3号, pp. 303-305, 200809
  29. 抗生物質生産菌の自己防衛機構, 日本臨牀, 65巻, pp. 669-673, 20070228
  30. ★, Cloning and characterization of a Streptomyces single module type non-ribosomal peptide synthetase catalyzing a blue pigment synthesis, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 282巻, 12号, pp. 9073-9081, 20070323
  31. Crystallographic evidence that the dinuclear copper center of tyrosinase is flexible during catalysis, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 281巻, 13号, pp. 8981-8990, 20060331
  32. The mitomycin C (MMC)-binding protein from MMC-producing microorganisms protects from the lethal effect of bleomycin: Crystallographic analysis to elucidate the binding mode of the antibiotic to the protein, JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 360巻, 2号, pp. 398-408, 20060707
  33. Purification and characterization of the second Streptomyces phospholipase A(2) refolded from an inclusion body, PROTEIN EXPRESSION AND PURIFICATION, 50巻, 1号, pp. 82-88, NOV 2006
  34. Identification and kinetic study of tyrosinase inhibitors found in sake lees, JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 54巻, 26号, pp. 9827-9833, DEC 27 2006
  35. A novel assay method for an amino acid racemase reaction based on circular dichroism, BIOCHEMICAL JOURNAL, 389巻, pp. 491-496, JUL 15 2005
  36. An efficient method for the overexpression and purification of active tyrosinase from Streptomyces castaneoglobisporus, PROTEIN EXPRESSION AND PURIFICATION, 34巻, 2号, pp. 202-207, APR 2004
  37. Self-protection mechanism in D-cycloserine-producing Streptomyces lavendulae - Gene cloning, characterization, and kinetics of its alanine racemase and D-alanyl-D-alanine ligase, which are target enzymes of D-cycloserine, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 279巻, 44号, pp. 46143-46152, OCT 29 2004
  38. Structural evidence that alanine racemase from a D-cycloserine-producing microorganism exhibits resistance to its own product, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 279巻, 44号, pp. 46153-46161, OCT 29 2004
  39. Cell differentiation and p38(MAPK) cascade are inhibited in human osteoblasts cultured in a three-dimensional clinostat., In Vitro Cell Dev Biol Anim, 39巻, 1-2号, pp. 89-97, 20030101
  40. Molecular mechanism for the enhancement of arbekacin resistance in a methicillin-resistant Staphylococcus aureus, FEBS LETTERS, 546巻, 2-3号, pp. 401-406, JUL 10 2003
  41. Molecular cloning of a D-cycloserine resistance gene from D-cycloserine-producing Streptomyces garyphalus, JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 56巻, 9号, pp. 762-767, SEP 2003
  42. Physical stress by magnetic force accelerates differentiation of human osteoblasts, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 311巻, 1号, pp. 32-38, NOV 7 2003
  43. The 1.6-A crystal structure of the copper(II)-bound bleomycin complexed with the bleomycin-binding protein from bleomycin-producing Streptomyces verticillus, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 277巻, 3号, pp. 2311-2320, JAN 18 2002
  44. Molecular and structural biology of bleomycin and its resistance determinants, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 93巻, 2号, pp. 105-116, FEB 2002
  45. Streptomyces Phospholipase A2: Its Use in the Enzymatic Measurement of Calcium(II) Ion Content, Actinomycetologica, 16巻, 2号, pp. 17-20, 20020401
  46. DNAを切断する抗生物質ブレオマイシンに対する耐性機構, 蛋白質 核酸 酵素, 47巻, 10号, pp. 1276-1284, 20020401
  47. Crystal structures of the transposon Tn5-carried bleomycin resistance determinant uncomplexed and complexed with bleomycin, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 276巻, 13号, pp. 9992-9999, MAR 30 2001
  48. Use of bleomycin- and heat shock-induced calreticulin promoter for construction of a mammalian expression vector, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 129巻, 5号, pp. 671-674, MAY 2001
  49. The 1.5 angstrom crystal structure of a bleomycin resistance determinant from bleomycin-producing Streptomyces verticillus, JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 295巻, 4号, pp. 915-925, JAN 28 2000
  50. Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of Streptomyces phospholipase A(2) in a calcium-binding form, JOURNAL OF INORGANIC BIOCHEMISTRY, 82巻, 1-4号, pp. 221-223, NOV 2000
  51. Characterization of the bleomycin resistance determinant encoded on the transposon Tn5, FEBS Lett, 442巻, pp. 34-38, 19990401
  52. Mutation of the N-terminal Proline 9 of BLMA from Streptomyces verticillus abolishes the binding affinity for bleomycin, FEBS Lett, 450巻, pp. 227-230, 19990401
  53. A mammalian vector carrying the bleomycin N-acetyltransferase gene from Streptomyces verticillus as a selective marker, J. Antibiot., 52巻, pp. 895-899, 19990401
  54. Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of bleomycin-binding protein encoded on the transposon Tn5, Acta Crystallogr. Sect. D, 55巻, pp. 1095-1097, 19990501
  55. Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of bleomycin-binding protein from bleomycin-producing Streptomyces verticillus, Acta Crystallogr. Sect. D, 54巻, pp. 127-128, 19980101
  56. Protection of mammalian cells from the toxicity of bleomycin by expression of a bleomycin-binding protein gene from Streptomyces verticillus, J. Biochem., 124巻, pp. 835-841, 19980401
  57. Development of a useful vector system that enables visual detection of inhibitor of nucleic acid synthesis, J. Ferment. Bioeng., 84巻, pp. 155-157, 19970401
  58. Blepharismin produced by a protozoan Blepharisma functions as an antibiotic effective against methicillin-resistant Staphylococcus aureus, FEMS Microbiol. Lett., 155巻, pp. 67-71, 19970401
  59. Growth of human pancreatic cancer cells, induced by human pancreatic phospholipase A2, is mediated via its specific receptor but not via its catalytic property, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 9巻, pp. 1219-1225, 19961201
  60. Overproduction of the bleomycin-binding proteins from bleomycin-producing Streptomyces verticillus and a methicillin-resistant Staphylococcus aureus in Escherichia coli and their immunological characterisation, FEBS Lett, 362巻, pp. 80-84, 19950401
  61. 臨床診断用酵素の遺伝子工学的開発, 臨床病理(日本臨床検査医学会編), 43巻, 8号, pp. 765-771, 19950801
  62. Inactivation of bleomycin by an N-acetyltransferase in the bleomycin-producing strain Streptomyces verticillus, FEMS Microbiology Letters, 121巻, pp. 81-86, 19940401
  63. Characterisation by molecular cloning of two genes from Streptomyces verticillus encoding resistance to bleomycin, Gene, 151巻, pp. 11-16, 19940401

著書等出版物

  1. 2007年04月, 構造生物学-ポストゲノム時代のタンパク質研究- , 共立出版, 2007年, 04, 教科書, 共著, 杉山 政則 倉光成紀 , 9784320056497, 261
  2. 2013年09月10日, 遺伝子とタンパク質のバイオサイエンス, 共立出版, 教科書, 共著, 日本語, 杉山政則, 久保幹, 熊谷孝則, 978-4-320-05727-2, 141

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 放線菌Streptomyces lavendulae ATCC 11924のゲノムマイニング, 矢尾井 健人, 黒田 照夫, 森田 大地, 熊谷 孝則, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月10日, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部, 高松
  2. Serratia marcescensにおいて新たに発見された2成分制御系SarSを介した消毒薬耐性機構の解析, 近藤 有馬, 森田 大地, 小川 和加野, 熊谷 孝則, 黒田 照夫, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月10日, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部, 高松
  3. Sliv37110はポリリン酸キナーゼである­ー機能解析とD-サイクロセリン生産系での利用ー­, 熊谷 孝則, 谷本 桃子, 黒田 照夫, 森田 大地, 杉山 政則, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月09日, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部, 高松
  4. NBRC14001株はポリエンマクロライド系抗生物質を生産する, 中村 和音, 西村 祥, 山本 美也子, 黒田 照夫, 森田 大地, 熊谷 孝則, 2019年度日本放線菌学会大会, 2019年09月23日, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 札幌
  5. D-サイクロセリン生産性放線菌のゲノムマイニング, 矢尾井 健人, 黒田 照夫, 森田 大地, 熊谷 孝則, 第71回 日本生物工学会大会, 2019年09月17日, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 岡山
  6. ゲノムマイニングにより見出したNBRC14001株によるポリエンマクロライドの生産, 西村 祥, 中村 和音, 山本 美也子, 黒田 照夫, 森田 大地, 熊谷 孝則, 第31回微生物シンポジウム, 2019年08月28日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 京都市
  7. 緑膿菌における多剤排出ポンプMexXY及びMexCD-OprJ共発現時の生育遅延, 鳥丸 顕正, 森田 大地, 小川 和加野, 熊谷 孝則, 黒田 照夫, 第31回微生物シンポジウム, 2019年08月28日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 京都市
  8. Serratia marcescensにおける新規2成分制御系SarSを介した消毒薬への馴化・耐性機構の解析, 近藤 有馬, 森田 大地, 小川 和加野, 熊谷 孝則, 黒田 照夫, 第31回微生物シンポジウム, 2019年08月28日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 京都市
  9. sliv37110の機能解析とD-サイクロセリン生産系における利用, 谷本桃子, 青田達明, 黒田照夫, 森田大地, 杉山政則, 熊谷孝則, 日本薬学会第139年会, 2019年03月22日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 千葉
  10. Streptomyces lavendulae ATCC11924のゲノム解析と二次代謝産物の顕在化, 矢尾井健人, 黒田照夫, 森田大地, 杉山政則, 熊谷孝則, 第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月11日, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部, 鳥取県米子市
  11. ゲノム解析により明らかになったNBRC14001株による抗真菌化合物の生産, 中村和音, 山本美也子, 黒田照夫, 森田大地, 杉山政則, 熊谷孝則, 第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部, 鳥取県米子市
  12. D-サイクロセリン生産菌Streptomyces lavendulae ATCC11924のゲノム解析, 矢尾井健人, 黒田照夫, 森田大地, 杉山政則, 熊谷孝則, 2018年度日本放線菌学会大会, 2018年09月12日, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 東京都
  13. Streptomyces achromogenes subsp. streptozoticusのゲノムおよび二次代謝の解析, 山本美也子, 中村和音, 黒田照夫, 森田大地, 杉山政則, 熊谷孝則, 第70回日本生物工学会大会, 2018年09月06日, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 大阪府
  14. Serratia marcescensのChlorhexidine耐性におけるCpxAの役割の解析, 近藤有馬, 山本幸子, 熊谷孝則, 的場康幸, 小川和加野, 黒田照夫, 第91回日本細菌学会総会, 2018年03月27日, 通常, 日本語, 日本細菌学会, 福岡
  15. Streptomyces achromogenes subsp. streptozoticusのゲノム解析による抗真菌化合物の発見, 中村和音, 山本美也子, 黒田照夫, 杉山政則, 熊谷孝則, 日本薬学会第138年会, 2018年03月26日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 金沢
  16. 大腸菌を宿主としたNG-ヒドロキシ-L-アルギニン生産系の構築を指向した基礎研究, 折川明日美, 山本美也子, 黒田照夫, 杉山政則, 熊谷孝則, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月22日, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部, 徳島
  17. 大腸菌を宿主としたNG-ヒドロキシ-L-アルギニン生産系構築の試み, 折川明日美, 山本美也子, 黒田照夫, 杉山政則, 熊谷孝則, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月12日, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 東京都
  18. ストレプトゾトシン(STZ)生産菌Streptomyces achromogenes subsp. streptozoticusのゲノム解析と生合成遺伝子の探索, 山本美也子, 黒田照夫, 杉山政則, 熊谷孝則, 2017年度日本放線菌学会大会, 2017年09月08日, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 長野市
  19. Serratia marcescensにおけるクロルヘキシジンに対する馴化・耐性機構の解析, 星川果南, 山本幸子, 峠雄太, 芳賀仁美, 篠原佳那子, 近藤有馬, 熊谷孝則, 的場康幸, 三好伸一, 小川和加野, 黒田照夫, 第29回 微生物シンポジウム, 2017年08月29日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 呉市
  20. ストレプトゾトシン(STZ)生産菌Streptomyces achromogenes subsp. streptozoticusのゲノム解析, 山本美也子, 黒田照夫, 杉山政則, 熊谷孝則, 第29回 微生物シンポジウム, 2017年08月29日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 呉市
  21. Pediococcus pentosaceus LP28のゲノム配列特異性と菌体外多糖の特徴, 熊谷孝則, 安武哲也, 野田正文, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2017年度大会, 2017年07月10日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 福岡県宗像市
  22. Production of Cycloditryptophan and Its Derivatives by Escherichia coli harboring Scat0901 from Streptomyces cattleya JCM4925, Takanori Kumagai, Ryo Kanbara, Masafumi Noda and Masanori Suigiyama, 18th International Symposium on the Biology of Actinomycetes, 2017年05月24日, 通常, 英語, JEJU, Korea
  23. Mechanism for expression of the bacteriocin 174A biosynthetic gene cluster harbored in a plant-derived Lactobacillus brevis, Noda, M., Miyauchi, R., Danshiitsoodol, N., Kumagai, T., Matoba, Y., Sugiyama, M., 5th AFSLAB International Symposium, 2016年11月28日, 通常, 英語, AFSLAB, Taiwan
  24. D-サイクロセリン合成酵素DcsGの構造生物学的研究およびホモシステインの定量と光学分割への応用, 工藤真子, 的場康幸, 宇田成利, 熊谷孝則, 黒田照夫, 杉山政則, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月06日, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部, 岡山
  25. 大腸菌による抗結核薬D-サイクロセリンの高レベル異種生産, 熊谷 孝則, 小澤 智紀, 青田達明, 谷本桃子, 的場康幸, 野田正文, 杉山政則, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月30日, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 富山市
  26. D-サイクロセリン生合成に関わる新規ヘムタンパク質DcsAの構造と性質, 的場康幸, 古川裕貴, 柳澤幸子, 宇田成利, 熊谷孝則, 小倉尚志, 杉山政則, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月30日, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 富山市
  27. シクロジトリプトファン(cWW)およびcWWアナログの大腸菌を宿主とした大量生産と生理機能解析, 熊谷孝則, 小澤智紀, 青田達明, 谷本桃子, 的場康幸, 野田正文, 杉山政則, 2016年度日本放線菌学会大会, 2016年09月08日, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 東京都
  28. 植物乳酸菌Pediococcus pentosaceus LP28の抗肥満作用, 水口真利江, 東川史子, 河村勇介, 野田正文, Narandalai Danshiitsoodol, 熊谷孝則, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2016年度大会, 2016年07月09日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 東京都
  29. Quinone formation on the Tyr98 residue of the caddie protein correlative to the catalytic mechanism of tyrosinase, Matoba, Y., Kihara, S., Bando, N., Sakaguchi, M., Kamiya, K., Kumagai, T., Ogura, T., Sugiyama, M., 8th Pacifichem, 2015年12月16日, 通常, 英語, Honolulu, Hawaii, USA
  30. O-アセチル-L-セリン依存型シスタチオニン-β-シンターゼによる硫化水素産生機構の解明, 吉田智喜, 的場康幸, 木原久枝, 熊谷孝則, 野田正文, 東川史子, 杉山政則, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年11月01日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会, 高知
  31. 植物乳酸菌Lactobacillus brevis 174Aの産生する二成分バクテリオシンの特性ならびに産生制御機構の解析, 野田正文, Narandalai Danshiitsoodol, 的場康幸, 熊谷孝則, 東川史子, 杉山政則, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年11月01日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会, 高知
  32. 結晶構造に基づくLactobacillus plantarumタンナーゼの耐熱化デザイン, 趙倩, 的場康幸, 田中尚見, 熊谷孝則, 野田正文, 杉山政則, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月28日, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 鹿児島
  33. D-サイクロセリン合成酵素DcsGの構造生物学的研究, 的場康幸, 宇田成利, 熊谷孝則, 杉山政則, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月27日, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 鹿児島
  34. D-サイクロセリン生合成に関わるアルギニン水酸化酵素の構造と性質, 古川裕貴, 的場康幸, 柳澤幸子, 宇田成利, 工藤真子, 熊谷孝則, 小倉尚志, 杉山政則, 第9回バイオ関連化学合同シンポジウム, 2015年09月11日, 通常, 日本語, 日本化学会, 熊本
  35. cysJおよびcysK遺伝子の二重破壊大腸菌株の使用によるD-サイクロセリン生産性の向上, 熊谷孝則, 小澤智紀, 的場康幸, 野田正文, 杉山政則, 2015年度日本放線菌学会大会, 2015年09月08日, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 富山
  36. Lactobacillus brevis 174Aの産生する二成分バクテリオシンの特徴とその発現制御機構, 野田正文, 宮内瑠美, Narandalai Danshiitsoodol, 的場康幸, 熊谷孝則, 東川史子, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2015年度大会, 2015年07月12日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 市川
  37. 乳酸菌と大腸菌間で複製する温度感受性シャトルベクターの構築, 岡慶人, 熊谷孝則, 井手日奈子, 野田正文, 的場康幸, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2015年度大会, 2015年07月11日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 市川
  38. D-サイクロセリン生合成に関わるアルギニンヒドロキシラーゼの構造化学的研究, 古川裕貴, 的場康幸, 柳澤幸子, 宇田成利, 工藤真子, 熊谷孝則, 小倉尚志, 杉山政則, 第25回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, 2015年05月30日, 通常, 日本語, 長崎
  39. 大腸菌を宿主とした抗結核薬D-サイクロセリン高生産システムの開発, 熊谷孝則, 小澤智紀, 青田達明, 的場康幸, 野田正文, 杉山政則, 第66回日本生物工学会大会, 2014年09月09日, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 札幌
  40. 変異体を用いた伊予柑由来乳酸菌174A株が産生する二成分バクテリオシンの特性解析, 野田正文, 的場康幸, 熊谷孝則, 東川史子, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2014年度大会, 2014年07月18日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 広島
  41. Lactobacillus plantarum由来L-シスタチオニン-β-シンターゼの構造生物学的研究, 吉田智喜, 的場康幸, 木原久枝, 野田正文, 熊谷孝則, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2014年度大会, 2014年07月17日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 広島
  42. cysJ, cysKおよびcysMを破壊した大腸菌によるD-サイクロセリン高生産システムの構築, 小澤智紀, 熊谷孝則, 青田達明, 的場康幸, 野田正文, 杉山政則, 2014年度日本放線菌学会大会, 2014年06月20日, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, つくば
  43. Streptomyces cattleya JCM4925が保有するcyclodipeptide合成酵素遺伝子ホモログscat0901の機能解析, 蒲原涼, 熊谷孝則, 的場康幸, 野田正文, 杉山政則, 2014年度日本放線菌学会大会, 2014年06月20日, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, つくば
  44. Lactobacillus plantarumタンナーゼのX線結晶構造, 田中尚見, 的場康幸, 野田正文, 熊谷孝則, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2013年度大会, 2013年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 札幌
  45. 乳幼児口腔内より分離されたLactobacillus属乳酸菌の耐酸性と齲蝕との相関性, 野田正文, 島田歩, 大黒彩加, 的場康幸, 熊谷孝則, 香西克之, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2013年度大会, 2013年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 札幌
  46. 抗結核薬D-サイクロセリンの生合成遺伝子クラスターに含まれるdcsDおよびdcsFの遺伝子破壊, 熊谷孝則, 高木紀抄, 的場康幸, 野田正文, 杉山政則, 2013年度日本放線菌学会大会, 2013年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 広島
  47. 大腸菌を宿主とした抗結核薬D-サイクロセリンの生産, 熊谷孝則, 青田達明, 的場康幸, 野田正文, 杉山政則, 2013年度日本放線菌学会大会, 2013年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 広島
  48. X線結晶構造に基づいたD-サイクロセリン合成酵素DcsGの触媒機構の解明, 宇田成利, 的場康幸, 小田康祐, 熊谷孝則, 野田正文, 杉山政則, 2013年度日本放線菌学会大会, 2013年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 広島
  49. D-サイクロセリンの生合成においてNω-ヒドロキシL-アルギニンの生成に関与するdcsA遺伝子の解析, 熊谷孝則, 高木紀抄, 的場康幸, 野田正文, 杉山政則, 第65回日本生物工学会大会, 2013年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 広島
  50. O-ウレイド-L-セリン合成酵素DcsDの活性発現に重要なアミノ酸残基の特定, 宇田成利, 的場康幸, 小田康祐, 熊谷孝則, 野田正文, 杉山政則, 第65回日本生物工学会大会, 2013年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 広島
  51. ロイシルブラストサイジンSを脱アミノアシル化する酵素の同定, 桑田祥, 的場康幸, 小田康祐, 野田正文, 熊谷孝則, 杉山政則, 第65回日本生物工学会大会, 2013年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 広島
  52. カロテノイド生産性植物乳酸菌の放射線及び過酸化水素に対する耐性, 小田康祐, 窪野佑輔, 齊藤剛, 野田正文, 的場康幸, 熊谷孝則, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2012年度大会, 2012年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, つくば
  53. 乳幼児の口腔内から検出される乳酸菌のう蝕発症因子の検討, 島田歩, 野田正文, 的場康幸, 熊谷孝則, 香西克之, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2012年度大会, 2012年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, つくば
  54. 齲蝕原性細菌のバイオフィルム形成を阻害する植物乳酸菌の探索研究, 町田千帆, 杉本好美, 野田正文, 島田歩, 小田康祐, 的場康幸, 熊谷孝則, 東川史子, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2012年度大会, 2012年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, つくば
  55. D-サイクロセリン生合成に関わるO-ウレイドL-セリン合成酵素の基質特異性に関する構造生物学的研究, 宇田成利, 的場康幸, 小田康祐, 野田正文, 熊谷孝則, 杉山政則, 2012年度日本放線菌学会大会, 2012年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 東京
  56. D-サイクロセリン生合成に関わるL-セリン-O-アセチルトランスフェラーゼの基質特異性に関する構造生物学的研究, 小田康祐, 的場康幸, 熊谷孝則, 野田正文, 杉山政則, 2012年度日本放線菌学会大会, 2012年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 東京
  57. キャディーによるチロシナーゼへの銅輸送の分子機構, 的場康幸, 坂東尚彦, 小田康祐, 野田正文, 東川史子, 熊谷孝則, 杉山政則, 2012年度日本放線菌学会大会, 2012年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 東京
  58. 抗結核薬D-サイクロセリンの生合成に関与するDcsAタンパク質の機能解析, 熊谷孝則, 高木紀抄, 的場康幸, 野田正文, 杉山政則, 2012年度日本放線菌学会大会, 2012年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 東京
  59. D-サイクロセリン生合成遺伝子クラスターのクローニングとその機能解析, 高木紀抄,熊谷孝則,小山佑介,宇田成利,小田康祐,野田正文,的場康幸,杉山政則, 第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年, 通常, 日本語, 日本生化学会中国・四国支部, 広島
  60. 生合成酵素を用いたD-サイクロセリンの試験管内合成, 宇田成利,的場康幸,小田康祐,野田正文,熊谷孝則,杉山政則, 第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年, 通常, 日本語, 日本生化学会中国・四国支部, 広島
  61. Lactobacillus plantarum SN35Nにおける含硫アミノ酸の生合成経路, 木原久枝, 的場康幸, 野田正文, 東川史子, 熊谷孝則, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2011年度大会, 2011年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 大阪
  62. 人参由来の乳酸菌Enterococcus avium G-15によるγ-アミノ酪酸(GABA)の効率的生産系の開発, 野田正文, 田村隆由, 小田康祐, 東川史子, 的場康幸, 熊谷孝則, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2011年度大会, 2011年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 大阪
  63. 乳幼児口腔内からの乳酸菌の分離・同定, 島田歩, 野田正文, 的場康幸, 熊谷孝則, 香西克之, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2011年度大会, 2011年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 大阪
  64. A hydroxylation reaction necessary in the biosynthesis of an antitubercular antibiotic D-cycloserine, Kumagai, T., Takagi, K., Noda, M., Oda, K., Matoba, Y., and Sugiyama, M., IUMS2011, 2011年, 通常, 英語, Sapporo, Japan
  65. Biosynthesis of sulfur-containing amino acids in Lactobacillus plantarum SN35N, Kihara, H., Matoba, Y., Kumagai, T., Noda, M., Higashikawa, F., and Sugiyama, M., IUMS2011, 2011年, 通常, 英語, Sapporo, Japan
  66. Kinetic and structural analyses of two L-lactate dehydrogenases from Enterococcus mundtii 15-1A, Miyasako, M., Matoba, Y., Noda, M., Higashikawa, F., Kumagai, T., and Sugiyama, M., IUMS2011, 2011年, 通常, 英語, Sapporo, Japan
  67. Correlation of oral lactic acid bacteria isolated from pre-children with dental caries, Shimada, A., Noda, M., Matoba, Y., Kumagai, T., Kozai, K., and Sugiyama, M., IUMS2011, 2011年, 通常, 英語, Sapporo, Japan
  68. Establishment of an efficient fermentation system of gamma-aminobutylic acid by a carrot-leaf-derived lactic acid bacterium Enterococcus avium G-15, Noda, M., Tamura, T., Ogura, S., Oda, K., Higashikawa, F., Matoba, Y., Kumagai, T., and Sugiyama, M., 2011年, 通常, 英語, Sapporo, Japan
  69. D-サイクロセリン生合成遺伝子クラスターのクローニングと機能解析, 小山祐介,熊谷孝則,野田正文,的場康幸,杉山政則, 日本薬学会第130年会, 2010年, 通常, 日本語, 日本薬学会, 岡山
  70. D-サイクロセリン生合成に関与する4種類のタンパク質DcsB, DcsC, DcsDおよびDcsGの機能解析, 宇田成利,的場康幸,小田康祐,野田正文,熊谷孝則,杉山政則, 日本薬学会第130年会, 2010年, 通常, 日本語, 日本薬学会, 岡山
  71. D-サイクロセリン生合成に関与する酵素セリンO-アセチルトランスフェラーゼの構造生物学的研究, 小田康祐,的場康幸,野田正文,熊谷孝則,杉山政則, 日本薬学会第130年会, 2010年, 通常, 日本語, 日本薬学会, 岡山
  72. 植物を分離源とする乳酸菌の探索とバクテリオシン産生株のスクリーニング, 杉本好美,野田正文,韓明珠,的場康幸,熊谷孝則,杉山政則, 日本薬学会第130年会, 2010年, 通常, 日本語, 日本薬学会, 岡山
  73. 乳幼児の口腔内から分離される乳酸菌とう蝕との因果関係, 島田歩,野田正文,杉本好美,熊谷孝則,的場康幸,吉村剛,香西克之,杉山政則, 日本薬学会第130年会, 2010年, 通常, 日本語, 日本薬学会, 岡山
  74. 放線菌Streptomyces coelicolorに存在するチロシンリン酸化タンパク質の同定と機能解析, 熊谷孝則,木原春日,渡邊稚子,野田正文,的場康幸,杉山政則, 日本薬学会第130年会, 2010年, 通常, 日本語, 日本薬学会, 岡山
  75. 植物乳酸菌Lactobacillus brevis 174Aの産生する新奇バクテリオシン, 野田正文,松尾隆広, 的場康幸,熊谷孝則,杉山政則, 日本薬学会第130年会, 2010年, 通常, 日本語, 日本薬学会, 岡山
  76. Enterococcus mudtii 15-1Aが保有する2種類の乳酸脱水素酵素の触媒機能に関する構造生物学的解析, 宮迫雅,的場康幸,野田正文,熊谷孝則,杉山政則, 日本乳酸菌学会2010年度大会, 2010年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 仙台
  77. 植物を分離源とした乳酸菌の探索・分離および抗菌性タンパク質産生株のスクリーニング, 杉本好美,野田正文,小田康祐,的場康幸,熊谷孝則,東川史子,杉山政則, 日本乳酸菌学会2010年度大会, 2010年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 仙台
  78. 伊予柑より分離された乳酸菌174A株の産生する二種類のバクテリオシンの特性, 松尾隆広,野田正文,小田康祐,的場康幸,熊谷孝則,東川史子,杉山政則, 日本乳酸菌学会2010年度大会, 2010年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 仙台
  79. D-サイクロセリン生合成に関与する酵素群の機能解析, 宇田成利,的場康幸,小田康祐,野田正文,熊谷孝則,杉山政則, 2010年度日本放線菌学会大会, 2010年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 東京
  80. 遺伝子破壊を用いたD-サイクロセリン生合成遺伝子クラスターの機能解析, 熊谷孝則,小山祐介,小田康祐,野田正文,的場康幸,杉山政則, 2010年度日本放線菌学会大会, 2010年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 東京
  81. 植物乳酸菌の産生する抗ピロリ菌物質の有効性及び化学構造に関する研究, 小野由貴,全亨濬,Narandalai Danshiitsoodol,野田正文,東川史子,的場康幸,熊谷孝則,杉山政則, 日本乳酸菌学会2009年度大会, 2009年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 甲府
  82. バクテリオシン生産性植物乳酸菌925A株の保有する4種類のプラスミドの構造と機能, 野田正文,和田貴臣,全亨濬,柏原ふみ,的場康幸,熊谷孝則,杉山政則, 日本乳酸菌学会2009年度大会, 2009年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 甲府
  83. D-サイクロセリン生合成遺伝子クラスターを構成する遺伝子の構造と機能の解析, 小山祐介,熊谷孝則,的場康幸,野田正文,杉山政則, 2009年度日本放線菌学会大会, 2009年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 秋田
  84. Cloning and heterologous expression of a D-cycloserine biosynthetic gene cluster from Streptomyces lavendulae ATCC11924, Koyama, Y., Kumagai, T., Noda, M., Matoba, Y., and Sugiyama, M., 15th International Symposium on Biology of Actinomycetes, 2009年, 通常, 英語, Shanghai, China
  85. クラスIIbバクテリオシンbrevicin 174Aの産生制御の分子機構解明, 古林泰子,野田正文,柏原ふみ,松尾隆広,全亨濬,的場康幸,熊谷孝則,杉山政則, 第61回日本生物工学会大会, 2009年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 名古屋
  86. 変異導入による薔薇の香気成分を産生する植物乳酸菌の分子育種, 宮内瑠美,熊谷孝則,野田正文,東川史子,的場康幸,杉山政則, 第61回日本生物工学会大会, 2009年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 名古屋
  87. D-サイクロセリン生合成に関与するセリンO-アセチルトランスフェラーゼの構造解析, 小田康祐,的場康幸,野田正文,熊谷孝則,杉山政則, 第61回日本生物工学会大会, 2009年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 名古屋
  88. Streptomyces verticillusの自己耐性因子ブレオマイシンN-アセチル化酵素の反応機構と基質阻害機構の解明, 小田康祐, 的場康幸, 野田正文, 熊谷孝則, 杉山政則, 2008年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 山梨
  89. Streptomyces lavendulae ATCC11924からのD-サイクロセリン耐性遺伝子周辺領域のクローニングとその機能解析, 小山祐介, 熊谷孝則, 的場康幸, 野田正文, 杉山政則, 2008年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 山梨
  90. Streptomyces lavendulae ATCC11924のType II PKSクラスターに存在するホスホパンテテイン転移酵素およびマロニルCoA転移酵素の機能解析, 日高良昌, 熊谷孝則, 的場康幸, 野田正文, 杉山政則, 2008年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 山梨
  91. バクテリオシン生産菌Enterococcus mundtii 15-1Aの自己耐性を担う免疫タンパク質のX線結晶構造, 全亨濬, 野田正文, 的場康幸, 熊谷孝則, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2008年度大会, 2008年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 京都
  92. 人参から分離された乳酸菌G15株におけるGABA高生産性の解析, 野田正文, 尾崎萌子, 全亨濬, 的場康幸, 熊谷孝則, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2008年度大会, 2008年, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 京都
  93. ブレオマシンN-アセチルトランスフェラーゼの構造生物学的研究, 小田康祐, 的場康幸, 熊谷孝則, 杉山政則, 2007年度日本放線菌学会大会, 2007年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 尾道
  94. Streptomyces lavendulae ATCC11924からの二次代謝遺伝子クラスターのクローニングとその機能および遺伝子発現制御機構の解析, 上田幸生, 大口健司, 岡本知子, 熊谷孝則, 野田正文, 的場康幸, 杉山政則, 2007年度日本放線菌学会大会, 2007年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 尾道
  95. Streptomyces lavendulae ATCC11924由来単一モジュール型非リボソーム性ペプチド合成酵素の機能解析, 2007年度日本放線菌学会大会, 2007年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 尾道
  96. 青色素合成を触媒する単一モジュール型非リボソーム性ペプチド合成酵素BPSAの変異解析, 熊谷孝則, 高橋仁, 木谷響子, 的場康幸, 杉山政則, 2007年度日本放線菌学会大会, 2007年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 尾道
  97. ブレオマイシンN-アセチルトランスフェラーゼの基質結合様式, 小田康祐, 的場康幸, 熊谷孝則, 杉山政則, 第59回日本生物工学会大会, 2007年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 東広島
  98. 青色素(indigoidine)合成を触媒する単一モジュール型非リボソーム性ペプチド合成酵素BPSAの変異体解析, 熊谷孝則, 木谷響子, 的場康幸, 杉山政則, 2007年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 東広島
  99. Lactobacillus brevis 925Aにおけるバクテリオシン産生とプラスミドの関係, 野田正文, 和田貴臣, 白川綾乃, 的場康幸, 熊谷孝則, 杉山政則, 第59回日本生物工学会大会, 2007年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 東広島
  100. 酒粕に含まれるチロシナーゼ阻害剤と酵素阻害の速度論的解析, 全亨濬, 野田正文, 的場康幸, 熊谷孝則, 杉山政則, 2006年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 大阪
  101. Streptomyces coelicolor A3(2)におけるチロシンリン酸化タンパク質の同定と機能解析, 木原春日, 熊谷孝則, 的場康幸, 杉山政則, 第58回日本生物工学会大会, 2006年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 大阪
  102. Streptomyces lavendulae ATCC11924が保有する二次代謝遺伝子クラスターの機能と遺伝子発現制御機構の解析, 岡本知子, 熊谷孝則, 野田正文, 高橋仁, 的場康幸, 杉山政則, 第58回日本生物工学会大会, 2006年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 大阪
  103. 放線菌の単一モジュール型非リボソームペプチド合成酵素の変異体解析, 木谷響子, 熊谷孝則, 的場康幸, 杉山政則, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会学術大会 中国四国支部大会, 2006年, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 広島
  104. Transcriptional regulation of the secondary metabolite-encoding genes expressed in Streptomyces lavendulae ATCC11924, Okamoto, T., Noda, M., Kawahara, Y., Takahashi, H., Kumagai, T., Matoba, Y., and Sugiyama, M., 10th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganism, 2006年, 通常, 英語, Prague, Czech
  105. Functional analysis of the tyrosine-phosphorylated proteins expressed in Streptomyces coelicolor A3(2), Kihara, H., Kumagai, T., Matoba, Y., and Sugiyama, M., 2006年, 通常, 英語, Prague, Czech
  106. Characterization of a blue-pigment synthetase from D-cycloserine-producing Streptomyces lavendulae, Hitoshi Takahashi, Kyoko Kitani, Miwako Mori, Yasuyuki Matoba, Takanori Kumagai, and Masanori Sugiyama, 第78回日本生化学会大会, 2005年, 通常, 日本語, 日本生化学会, 神戸
  107. D-サイクロセリン生産菌が産生するブルー色素の生合成にかかわる遺伝子の構造と機能, 高橋仁, 熊谷孝則, 的場康幸, 杉山政則, 第56回日本生物工学会大会, 2004年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 名古屋
  108. D-Cycloserine生産菌の自己耐性機構―Alanine racemaseの構造生物学的解析, 野田正文, 的場康幸, 熊谷孝則, 杉山政則, 2004年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 名古屋
  109. D-サイクロセリン生産菌の自己耐性機構―D-Ala-D-Ala ligaseの生化学的解析, 河原裕美, 市川梓, 的場康幸, 熊谷孝則, 杉山政則, 第56回日本生物工学会大会, 2004年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 名古屋
  110. DCS生産菌Streptomyces lavendulaeのPTPase遺伝子―そのクローニングと機能解析―, 南文乃, 熊谷孝則, 的場康幸, 捻橋久美, 杉山政則, 第56回日本生物工学会大会, 2004年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 名古屋
  111. アラニンラセマーゼ(ALR)の新しい活性測定法の確立とそれを利用したD-cycloserine(DCS)生産菌におけるALRのDCS感受性解析, 野田正文, 的場康幸, 熊谷孝則, 杉山政則, 2003年度日本放線菌学会大会, 2003年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 東京
  112. Streptomyces caespitosus由来マイトマイシンC結合蛋白質遺伝子のクローニングと遺伝子産物の構造生物学的解析, 的場康幸, Narandalai Danshiitsoodol, 熊谷孝則, 杉山政則, 2003年度日本放線菌学会大会, 2003年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 東京
  113. Susceptibility of target sites for D-cycloserine (DCS) in DCS-producing Streptomyces lavendulae, Noda, M., Kawahara, Y., Matoba, Y., Kumagai, T., and Sugiyama, M., 13th International Symposium on Biology of Actinomycetes, 2003年, 通常, 英語, Melbourne, Australia
  114. Mitomycin C (MC)-binding protein from MC-producing Streptomyces caespitosus binds to bleomycin (Bm): The X-ray crystallographic study of the protein complexed with Bm, Matoba, Y., Danshiitsoodol, N., Kumagai, T., and Sugiyama, M., 13th International Symposium on Biology of Actinomycetes, 2003年, 通常, 英語, Melbourne, Australia
  115. Molecular cloning and characterization of a phosphotyrosine protein phosphatase from D-cyclosrine-producing Streptomyces lavendulae, Kumagai, T., Minami, F., Nejihashi, K., Matoba, Y., and Sugiyama, M., 13th International Symposium on Biology of Actinomycetes, 2003年, 通常, 英語, Melbourne, Australia
  116. ブレオマイシン耐性遺伝子によりもたらされる大腸菌の増殖速度の促進と延命―その分子機構―, 濱田和成, 熊谷孝則, 杉山政則, 第54回日本生物工学会大会, 2002年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 大阪
  117. ブレオマイシン誘導型肺線維症の分子機構の解明, 河野邦江, 熊谷孝則, 杉山政則, 第54回日本生物工学会大会, 2002年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 大阪
  118. D-Cycloserine生産菌におけるalanine racemase遺伝子のクローニングとその機能解析, 野田正文, 熊谷孝則, 杉山政則, 2002年度日本放線菌学会大会, 2002年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, つくば
  119. Structure and function of alanine racemase gene of a D-cycloserine-producing microorganism, Sugiyama, M., Noda, M., and Kumagai, T., 9th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganism, 2002年, 通常, 英語, Gyeongju, Korea
  120. ブレオマシン生産菌の自己耐性因子BLMAに結合したブレオマイシンのX線結晶構造, 熊谷孝則, 林田稔, 的場康幸, 杉山政則, 2001年度日本放線菌学会大会, 2001年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 大阪
  121. Streptomyces violaceoruber由来ホスホリパーゼA2のX線結晶構造解析, 的場康幸, 鈴木康司, 熊谷孝則, 杉山政則, 2001年度日本放線菌学会大会, 2001年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 大阪
  122. ヒト肺正常線維芽細胞におけるブレオマイシン誘導型遺伝子の解析, 阪本孝文, 熊谷孝則, 杉山政則, 第53回日本生物工学会大会, 2001年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 山梨
  123. The crystal structure of Streptomyces phospholipase A2, Sugiyama, M., Matoba, Y., Kumagai, T., and Misaki, H., 12th International Symposium on Biology of Actinomycetes, 2001年, 通常, 英語, Vancouver, Canada
  124. Crystal structure of the copper (II)-bleomycin complexed with a bleomycin-binding protein from Streptomyces verticillus, Kumagai, T., Hayashida, M., Maruyama, M., Matoba, Y., and Sugiyama, M., 12th International Symposium on Biology of Actinomycetes, 2001年, 通常, 英語, Vancouver, Canada
  125. 肺線維症発症の解明を目的としたブレオマシン誘導型遺伝子の検索, 熊谷孝則, 本村倫子, 杉山政則, 第52回日本生物工学会大会, 2000年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 札幌
  126. 膵癌細胞株MIAPaCa-2においてH2O2で誘導されるアポトーシスはERK経路の活性化によって阻害されている, 柳谷章文, 木下英司, 熊谷孝則, 杉山政則, 第51回日本生物工学会大会, 1999年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 大阪
  127. 抗結核抗生物質D-サイクロセリン産生遺伝子オペロンの構造と機能, 李東根, 椋木史典, 野村久美子, コハシ パトリシア・ユミ, 熊谷孝則, 杉山政則, 第51回日本生物工学会大会, 1999年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 大阪
  128. カルシウム結合型ホスホリパーゼA2のX線結晶構造解析, 的場康幸, 熊谷孝則, 藤井知実, 畑安雄, 杉山政則, 第51回日本生物工学会大会, 1999年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 大阪
  129. ブレオマイシン―ブレオマイシン結合蛋白質複合体の結晶構造解析, 丸山昌史, 熊谷孝則, 的場康幸, 藤井知実, 畑安雄, 杉山政則, 第51回日本生物工学会大会, 1999年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 大阪
  130. ブレオマイシン耐性遺伝子blmBの真核細胞における発現およびクローニングベクターの構築, 田中大, 熊谷孝則, 杉山政則, 第50回日本生物工学会大会, 1998年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 東広島
  131. Tn5由来ブレオマイシン結合蛋白質(BLMT)のX線結晶構造解析, 丸山昌史, 熊谷孝則, 的場康幸, 中野哲志, 河野能顕, 杉山政則, 第50回日本生物工学会大会, 1998年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 東広島
  132. Site-directed mutagenesisによるBLMAの構造及び機能解析, 日比野竜, 熊谷孝則, 杉山政則, 第50回日本生物工学会大会, 1998年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 東広島
  133. ヒト膵液由来phospholipase A2の蛋白質工学的研究, 五味川光宏, 熊谷孝則, 杉山政則, 第50回日本生物工学会大会, 1998年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 東広島
  134. Tn5由来ブレオマイシン結合蛋白質(BLMT)のX線結晶構造解析, 丸山昌史, 熊谷孝則, 的場康幸, 中野哲志, 杉山政則, 河野能顕, 第37回日本薬学会・日本病院薬剤師会学術大会 中国四国支部大会, 1998年, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 広島
  135. ブレオマイシン生産菌Streptomyces verticillusの自己耐性遺伝子blmAの真核細胞における発現, 熊谷孝則, 杉山政則, 1997年度日本放線菌学会大会, 1997年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 長崎
  136. Streptomyces violaceoruberの産生するホスホリパーゼA2の結晶構造解析, 的場康幸, 山野昭人, 勝部幸輝, 鈴木康司, 熊谷孝則, 杉山政則, 1997年度日本放線菌学会大会, 1997年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 長崎
  137. トランスポゾンTn5由来ブレオマイシン耐性遺伝子産物の機能, 熊谷孝則, 中野哲志, 杉山政則, 第49回日本生物工学会大会, 1997年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 東京
  138. Molecular cloning of cycloserine-resistance gene from cycloserine-producing Streptomyces garyphalus, Matsuo, H., Mori, K., Kumagai, T., and Sugiyama, M., 10th International Symposium on Biology of Actinomycetes, 1997年, 通常, 英語, Beijing, Chaina
  139. Cloning and sequence analysis of DNA fragment encompassing self-resistance gene cluster from bleomycin-producing Streptomyces verticillus, Li, X., Tsubone, K., Matsuo, H., Kumagai, T., and Sugiyama, M., 10th International Symposium on Biology of Actinomycetes, 1997年, 通常, 英語, Beijing, Chaina
  140. Blepharismin, a photoreceptor pigment from Blepharisma, functions as an antibiotic effective against MRSA and human cancer cells, Kato, Y., Pant, B., Kumagai, T., Matsuoka, T., and Sugiyama, M., 7th Congress of the European Society for Photobiology, 1997年, 通常, 英語, Stresa, Italy
  141. 放線菌由来ブレオマイシン耐性遺伝子の真核細胞における発現, 熊谷孝則, 松尾裕彰, 杉山政則, 第48回日本生物工学会大会, 1996年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 名古屋
  142. ブレオマイシン自己耐性遺伝子blmB産物の大腸菌における大量発現及び酵素学的諸性質, 松尾裕彰, 熊谷孝則, 湯浅勝敏, 杉山政則, 1995年度日本放線菌学会大会, 1995年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 東京
  143. Streptomyces verticillusのブレオマイシン結合蛋白質BLMAに対するモノクローナル抗体の作製とその応用, 熊谷孝則, 湯浅勝敏, 松尾裕彰, 杉山政則, 1995年度日本放線菌学会大会, 1995年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 東京
  144. Bleomycin(Bm)生産菌由来のBm結合タンパク質によるtac promoter制御下遺伝子の発現誘導機構, 片山雅博, 熊谷孝則, 杉山政則, 第47回日本生物工学会大会, 1995年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 福岡
  145. 核酸合成阻害剤を感知する機能を持つプロモーターの発見とその応用, 熊谷孝則, 湯浅勝敏, 片山雅博, 杉山政則, 第47回日本生物工学会大会, 1995年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 福岡
  146. ブレオマイシンにより誘導される大腸菌蛋白質の大量発現(第三報), 湯浅勝敏, 熊谷孝則, 松尾裕彰, 杉山政則, 第47回日本生物工学会大会, 1995年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 福岡
  147. ブレオマシンアセチル化酵素遺伝子とアセチルブレオマイシンの構造, 熊谷孝則, 塩谷光彦, 木村栄一, 杉山政則, J. E. Davies, R. Deblaere, N. Villarroel, 1994年度日本放線菌学会大会, 1994年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 広島
  148. ブレオマシン耐性遺伝子blmAの構造と機能, 熊谷孝則, 湯浅勝敏, 杉山政則, J. E. Davies, 1993年度日本放線菌学会大会, 1993年, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 東京
  149. ブレオマイシンにより誘導される大腸菌タンパク質の大量発現(第二報), 湯浅勝敏, 熊谷孝則, 杉山政則, Davies J. E., 第44回日本生物工学会大会, 1992年, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 大阪

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 大腸菌を宿主とした抗結核薬・抗癌剤の実用レベル高生産システムの構築, 2017年, 2019年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 抗結核薬D-サイクロセリンの生合成遺伝子を利用した創薬研究, 2013年, 2015年
  3. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 抗結核薬生合成遺伝子の発見-抗結核薬の大量生産系の確立と抗癌剤生産への応用-, 2010年, 2012年
  4. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 真核生物型チロシンリン酸化・脱リン酸化を介する抗生物質生産制御メカニズムの解明, 2006年, 2007年
  5. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 真核生物型リン酸化情報ネットワークを介する抗生物質生産制御機構の解明とその応用, 2004年, 2005年
  6. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), ブレオマイシン肺線維症のトリガー新規TGF-β遺伝子の働き, 2002年, 2003年
  7. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), コラーゲンの過剰発現を引き起こすトリガー遺伝子-その発見と線維症克服への応用-, 2000年, 2001年
  8. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), ディファレンシャルディスプレー法を用いたブレオマイシン肺線維症の分子機構の解明, 1998年, 1999年
  9. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), ブレオマイシンセンサー蛋白質を用いた遺伝子治療-癌化学療法へのニューアプローチ-, 1996年, 1996年