奥村 美紗子MISAKO OKUMURA

Last Updated :2017/11/07

所属・職名
大学院理学研究科 動物科学講座 助教
ホームページ
メールアドレス
okumuramhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県東広島市鏡山1-3-1 理学部A棟A316
TEL:082-424-7445
自己紹介
線形動物(線虫)をモデル生物に用い、遺伝学や細胞生物学などを駆使することによって、行動の多様性を制御する神経回路基盤の解明とその形成過程の分子メカニズムを研究しています。

基本情報

主な職歴

  • 2017年04月01日, 広島大学大学院 理学研究科 生物科学専攻, 助教
  • 2016年05月01日, 2017年03月19日, Max Planck Institute for Developmental Biology, Department for Evolutionary Bilolgy, 日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2015年05月20日, 2016年04月30日, Max Planck Institute for Developmental Biology, Department for Evolutionary Biology, Postdoctoral fellow
  • 2015年04月01日, 2015年05月15日, 東京大学大学院 薬学系研究科, 特任研究員
  • 2012年04月01日, 2015年03月31日, 東京大学大学院 薬学系研究科, 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)

学歴

  • 東京大学大学院, 薬学系研究科, 薬科学専攻 博士後期課程, 2012年, 2015年
  • 東京大学大学院, 薬学系研究科, 薬科学専攻 修士課程, 2010年, 2012年
  • 東京大学, 薬学部, 薬科学科, 2008年, 2010年
  • 東京大学, 教養学部, 理科1類, 2006年, 2008年

学位

  • 修士(薬科学) (東京大学)
  • 博士(薬科学) (東京大学)

教育担当

  • 理学部:生物科学科, 理学研究科:生物科学専攻, 理学研究科:生物科学専攻

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 分子生物学
  • 生物学 / 生物科学 / 発生生物学
  • 生物学 / 基礎生物学 / 進化生物学

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, セメスター(前期), 教養ゼミ
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験II
  3. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験III
  4. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 細胞生物学演習
  5. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 細胞生物学演習
  6. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 細胞生物学演習
  7. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 細胞生物学演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Serotonin Drives Predatory Feeding Behavior via Synchronous Feeding Rhythms in the Nematode Pristionchus pacificus, G3 Genes|Genomes|Genetics, 7巻, pp.3745-pp.3755
  2. Assaying Predatory Feeding Behaviors in Pristionchus and Other Nematodes, Journal of Visualized Experiments, pp.e54404
  3. Function of pioneer neurons specified by the basic helix-loop-helix transcription factor atonal in neural development, Neural Regeneration Research, 11巻, 9号, pp.1934-pp.1935
  4. ★, Hierarchical axon targeting of Drosophila olfactory receptor neurons specified by the proneural transcription factors Atonal and Amos, Genes to Cells, 21巻, pp.53-pp.64
  5. A STRIPAK component Strip regulates neuronal morphogenesis by affecting microtubule stability, Scientific Reports, 5巻, pp.17769
  6. The roles of tubulin-folding cofactors in neuronal morphogenesis and disease, Neural Regeneration Research, 10巻, 9号, pp.1388-pp.1389
  7. ★, Linking Cell Surface Receptors to Microtubules: Tubulin Folding Cofactor D Mediates Dscam Functions during Neuronal Morphogenesis, The Journal of Neuroscience, 35巻, 5号, pp.1979-pp.1990

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Serotonin is required for Efficient Predatory Feeding by Pristionchus pacificus Predators., Misako Okumura, Lightfoot, J.W., Wilecki, M., Sommer, R. J, C. elegans Topic Meeting: Neuronal development, Synaptic function and Behavior, 2016年08月27日, 通常, 英語, 名古屋
  2. Serotonin regulates dynamic feeding mode switching inducing predatory kinetics in Pristionchus pacificus., Misako Okumura, James W. Lightfoot, Martin Wilecki, Ralf J. Sommer, 20th International C.elegans Conference, 2015年06月24日, 通常, 英語, ロサンゼルス,アメリカ
  3. Tubulin folding cofactor D cooperates with Dscam during neuronal morphogenesis, Misako Okumura, Sakuma, C., Miura M., Chihara T, European Fly Neurobiology, 2014年10月05日, 通常, 英語, クレタ島,ギリシャ
  4. Tubulin folding cofactor D regulates neuronal morphogenesis by mediating Dscam functions, Misako Okumura, Sakuma, C., Miura, M., Chihara, T, Japanese Drosophila Research Conference 11, 2014年06月04日, 通常, 英語, 金沢
  5. Linking cell surface receptor to microtubule: Tubulin folding cofactor D mediates Dscam functions during neuronal morphogenesis, Misako Okumura, Sakuma, C., Miura, M., Chihara, T, 55th Annual Drosophila Research Conference, 2014年03月26日, 通常, 英語, サンディエゴ,アメリカ
  6. Role of tubulin folding pathway in neurite morphogenesis of Drosophila olfactory projection neuron, Misako Okumura, Miura, M., Chihara, T, The 46th Annual Meeting for the Japanese Society of Developmental Biologists, 2013年05月28日, 通常, 英語, 松江
  7. Role of PCP signal molecule Four-jointed in dendrite morphogenesis of olfactory projection neuron., Misako Okumura, Miura, M., Chihara, T, Japanese Drosophila Research Conference 10, 2012年10月13日, 通常, 英語, 東京
  8. PCP signal molecule Four-jointed is involved in dendrite morphogenesis of olfactory projection neuron, Misako Okumura, Miura, M., Chihara, T., 14th European Drosophila Neurobiology Meeting, 2012年09月03日, 通常, 英語, パドバ,イタリア
  9. Role of PCP signal molecule Four-jointed in dendrite targeting of Drosophila olfactory projection neuron, Misako Okumura, Miura, M., Chihara, T, Joint Meeting of The 45th Annual Meeting for the Japanese Society of Developmental Biologists and The 64th Annual Meeting of the Japan Society for Cell Biology, 2012年05月28日, 通常, 日本語, 神戸
  10. Role of PCP protein Dachsous in the neural wiring of Drosophila olfactory system, Misako Okumura, Miura, M., Chihara, T, The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2011年09月14日, 通常, 日本語, 横浜
  11. Role of a PCP protein Dachsous in Dendritic Targeting of Olfactory Projection Neurons, Misako Okumura, Miura, M., Chihara, T., 1st Asia-Pacific Drosophila Research Conference, 2011年05月22日, 通常, 英語, 台北,台湾
  12. PCP protein Dachsous is required for dendritic targeting of olfactory projection neurons in Drosophila, Misako Okumura, Miura, M., Chihara, T, The 44th Annual Meeting for the Japanese Society of Developmental Biologists, 2011年05月18日, 通常, 日本語, 沖縄