奥村 美紗子MISAKO OKUMURA

Last Updated :2020/12/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
ホームページ
メールアドレス
okumuramhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県東広島市鏡山1-3-1 理学部A棟A315
TEL:082-424-7445
自己紹介
線形動物(線虫)をモデル生物に用い、遺伝学や細胞生物学などを駆使することによって、行動の多様性を制御する神経回路基盤の解明とその形成過程の分子メカニズムを研究しています。

基本情報

学歴

  • 東京大学大学院, 薬学系研究科, 薬科学専攻 博士後期課程, 2012年, 2015年
  • 東京大学大学院, 薬学系研究科, 薬科学専攻 修士課程, 2010年, 2012年
  • 東京大学, 薬学部, 薬科学科, 2008年, 2010年
  • 東京大学, 教養学部, 理科1類, 2006年, 2008年

学位

  • 修士(薬科学) (東京大学)
  • 博士(薬科学) (東京大学)

教育担当

  • 【学士課程】 理学部 : 生物科学科
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 基礎生物学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命医科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 基礎生物学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命医科学プログラム

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 分子生物学
  • 生物学 / 生物科学 / 発生生物学
  • 生物学 / 基礎生物学 / 進化生物学

研究キーワード

  • 表現型可塑性,線虫,行動,発生,進化

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 1ターム, 情報活用演習[1理生]
  2. 2020年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  3. 2020年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  4. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 細胞生物学演習
  5. 2020年, 学部専門, 1ターム, 分子細胞情報学
  6. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験II
  7. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  8. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生物科学研究セミナー
  9. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生物科学研究セミナー
  10. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 細胞生物学演習
  11. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 細胞生物学演習
  12. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習A
  13. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習B
  14. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 基礎生物学特別演習A
  15. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 基礎生物学特別演習A
  16. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 基礎生物学特別演習B
  17. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 基礎生物学特別演習B
  18. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習C
  19. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習D
  20. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習E
  21. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習F
  22. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー A
  23. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー B
  24. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーC
  25. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーD
  26. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, ゲノム機能学概論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Impairment of cytokinesis by cancer-associated DAPK3 mutations, Biochemical and Biophysical Research Communications
  2. Spatial transcriptomics of nematodes identifies sperm cells as a source of genomic novelty and rapid evolution, Molecular Biology and Evolution
  3. ★, Screening for CRISPR/Cas9-induced mutations using a co-injection marker in the nematode Pristionchus pacificus, Development Genes and Evolution, 230巻, pp. 257-264
  4. ★, Serotonergic modulation of feeding behavior in Caenorhabditis elegans and other related nematodes, Neuroscience Research, 154巻, pp. 9-19
  5. ★, Serotonin Drives Predatory Feeding Behaviour via Synchronous Feeding Rhythms in the Nematode Pristionchus pacificus, G3-GENES GENOMES GENETICS, 7巻, 11号, pp. 3745-3755, 201711
  6. Assaying Predatory Feeding Behaviors in Pristionchus and Other Nematodes, Journal of Visualized Experiments, pp. e54404, 2016
  7. Function of pioneer neurons specified by the basic helix-loop-helix transcription factor atonal in neural development, Neural Regeneration Research, 11巻, 9号, pp. 1934-1935, 2016
  8. ★, Hierarchical axon targeting of Drosophila olfactory receptor neurons specified by the proneural transcription factors Atonal and Amos, Genes to Cells, 21巻, pp. 53-64, 2016
  9. A STRIPAK component Strip regulates neuronal morphogenesis by affecting microtubule stability, Scientific Reports, 5巻, pp. 17769, 2015
  10. The roles of tubulin-folding cofactors in neuronal morphogenesis and disease, Neural Regeneration Research, 10巻, 9号, pp. 1388-1389, 2015
  11. ★, Linking Cell Surface Receptors to Microtubules: Tubulin Folding Cofactor D Mediates Dscam Functions during Neuronal Morphogenesis, The Journal of Neuroscience, 35巻, 5号, pp. 1979-1990, 2015

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 表現型多型に影響する光環境条件の検討, 奥村美紗子, 千原崇裕, 線虫学ミーティング2020, 2020年11月10日, 通常, 日本語, オンライン
  2. 線虫Pristionchus pacificusにおけるCRISPR/Cas9インジェクションマーカーの確立, Misako Okumura, Ken-ichi Nakayama, Yuuki Ishita, Takahiro Chihara, 線虫研究の未来を創る会2019, 2019年08月21日, 通常, 日本語
  3. Screening for CRISPR/Cas9-induced mutations using microchip electrophoresis in the nematode Pristionchus pacificus, Misako Okumura, Yuuki Ishita, Ken-ichi Nakayama, Takahiro Chihara, 22nd International C. elegans Conference, 2019年06月20日, 通常, 英語, ロサンゼルス,アメリカ合衆国
  4. 線虫を食べる線虫における捕食行動の神経制御メカニズム, 奥村美紗子, 井下結葵  Ralf J Sommer 千原崇裕, 第41回日本分子生物学会, 2018年11月28日, 通常, 日本語, 横浜
  5. Neuro Evo Devoモデルとしての線虫Pristionchus pacificusの魅力と展望, 奥村美紗子, 線虫研究の未来を創る会, 2018年09月14日, 通常, 日本語, 三島
  6. Neural regulation of the predatory feeding behavior in Pristionchus pacificus, Misako Okumura, Yuuki Ishita, Ralf J Sommer, Takahiro Chihara, 8th Asia Pacific Worm Meeting, 2018年07月09日, 通常, 英語, 韓国,ソウル
  7. セロトニンによる線虫捕食行動の制御機構の解明, Misako Okumura, Martin Wilecki, Ralf Sommer, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月06日, 通常, 英語, 兵庫県,神戸市
  8. Pristionchus pacificusのセロトニン神経回路による捕食行動の制御機構, 奥村美紗子, Martin Wilecki, Ralf J Sommer, 第25回日本線虫学会, 2017年09月21日, 通常, 日本語, 北海道,札幌市
  9. Serotonin is required for Efficient Predatory Feeding by Pristionchus pacificus Predators., Misako Okumura, Lightfoot, J.W., Wilecki, M., Sommer, R. J, C. elegans Topic Meeting: Neuronal development, Synaptic function and Behavior, 2016年08月27日, 通常, 英語, 名古屋
  10. Serotonin regulates dynamic feeding mode switching inducing predatory kinetics in Pristionchus pacificus., Misako Okumura, James W. Lightfoot, Martin Wilecki, Ralf J. Sommer, 20th International C.elegans Conference, 2015年06月24日, 通常, 英語, ロサンゼルス,アメリカ
  11. Tubulin folding cofactor D cooperates with Dscam during neuronal morphogenesis, Misako Okumura, Sakuma, C., Miura M., Chihara T, European Fly Neurobiology, 2014年10月05日, 通常, 英語, クレタ島,ギリシャ
  12. Tubulin folding cofactor D regulates neuronal morphogenesis by mediating Dscam functions, Misako Okumura, Sakuma, C., Miura, M., Chihara, T, Japanese Drosophila Research Conference 11, 2014年06月04日, 通常, 英語, 金沢
  13. Linking cell surface receptor to microtubule: Tubulin folding cofactor D mediates Dscam functions during neuronal morphogenesis, Misako Okumura, Sakuma, C., Miura, M., Chihara, T, 55th Annual Drosophila Research Conference, 2014年03月26日, 通常, 英語, サンディエゴ,アメリカ
  14. Role of tubulin folding pathway in neurite morphogenesis of Drosophila olfactory projection neuron, Misako Okumura, Miura, M., Chihara, T, The 46th Annual Meeting for the Japanese Society of Developmental Biologists, 2013年05月28日, 通常, 英語, 松江
  15. Role of PCP signal molecule Four-jointed in dendrite morphogenesis of olfactory projection neuron., Misako Okumura, Miura, M., Chihara, T, Japanese Drosophila Research Conference 10, 2012年10月13日, 通常, 英語, 東京
  16. PCP signal molecule Four-jointed is involved in dendrite morphogenesis of olfactory projection neuron, Misako Okumura, Miura, M., Chihara, T., 14th European Drosophila Neurobiology Meeting, 2012年09月03日, 通常, 英語, パドバ,イタリア
  17. Role of PCP signal molecule Four-jointed in dendrite targeting of Drosophila olfactory projection neuron, Misako Okumura, Miura, M., Chihara, T, Joint Meeting of The 45th Annual Meeting for the Japanese Society of Developmental Biologists and The 64th Annual Meeting of the Japan Society for Cell Biology, 2012年05月28日, 通常, 日本語, 神戸
  18. Role of PCP protein Dachsous in the neural wiring of Drosophila olfactory system, Misako Okumura, Miura, M., Chihara, T, The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2011年09月14日, 通常, 日本語, 横浜
  19. Role of a PCP protein Dachsous in Dendritic Targeting of Olfactory Projection Neurons, Misako Okumura, Miura, M., Chihara, T., 1st Asia-Pacific Drosophila Research Conference, 2011年05月22日, 通常, 英語, 台北,台湾
  20. PCP protein Dachsous is required for dendritic targeting of olfactory projection neurons in Drosophila, Misako Okumura, Miura, M., Chihara, T, The 44th Annual Meeting for the Japanese Society of Developmental Biologists, 2011年05月18日, 通常, 日本語, 沖縄

受賞

  1. 2020年, 統合生命科学研究科奨励賞, 広島大学大学院統合生命科学研究科
  2. 2018年09月14日, ネクストリーダー賞, 線虫研究の未来を創る会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業 若手研究, 線虫を用いた新規光受容体の探索, 2020年, 2021年
  2. 日本分子生物学会 若手研究助成 富澤純一・桂子 基金, 光忌避行動の分子・神経基盤の解明, 2019年, 2020年
  3. 革新的先端研究開発支援事業 (AMED-PRIME), 光環境に応答する表現型多型の分子・神経制御機構, 2019年, 2022年
  4. 科学研究費助成事業 若手研究, 表現型多型に伴った行動多型を制御する神経回路とその形成機構の解明, 2018年, 2019年
  5. 広島大学教育研究支援財団研究助成金, 表現型可塑性に伴う行動多型の神経制御機構の解明, 2017年, 2018年
  6. 住友財団 基礎科学研究助成, 線虫摂食行動の神経制御機構とその進化の解明, 2017年, 2018年
  7. 広島大学 女性研究者共同研究費助成, 光遺伝学による線虫捕食行動の神経制御機構の解明, 2017年, 2017年

社会活動

学術会議等の主催

  1. 線虫研究の未来を創る会2019, オーガナイザー, 2019年08月, 2019年08月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2020年, Proceedings of The Royal Society B, その他, 査読, 1