日比野 忠史Tadashi Hibino

Last Updated :2017/09/15

所属・職名
大学院工学研究科 環境工学講座 准教授
メールアドレス
hibinothiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(工学) (中央大学)

研究分野

  • 工学 / 土木工学 / 水工学

研究キーワード

  • 親潮|地球循環
  • 親潮|有機泥
  • 流れ場|分散
  • 浄化技術|釜山港
  • 海面水位差
  • 黒潮
  • 親水性
  • 水質
  • 底質改善
  • 気圧配置

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 測量学
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 環境水理学
  3. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 気象学
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 社会基盤環境工学実験
  5. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 社会基盤環境デザイン
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 気象学特論
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), Advanced Meteorology
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学講究I
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学講究II
  10. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学セミナーI
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学セミナーII
  12. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 建築学講究IV

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, MODELING OF SETTLING AND DEPOSITION OF SUSPENDED ORGANIC MATTER CONSIDERING BIODEGRADATION, COASTAL ENGINEERING JOURNAL, 53巻, 3号, pp.181-pp.200, SEP 2011
  2. A STUDY ON PORT PLANNING WITH BERTHING SHIP MOTIONS DUE TO STRONG TIDAL CURRENTS, COASTAL ENGINEERING JOURNAL, 53巻, 4号, pp.319-pp.342, DEC 2011
  3. 各種地盤材料の毛管および不飽和浸透特性, 土と基礎, 37巻, 6号, pp.49-pp.55, 19890401
  4. ★, 季節および日々の気圧変化に伴う閉鎖性汽水湖内部での流れ場の特性, 土木学会論文集, 41巻, 579号, pp.93-pp.104, 19970401
  5. ★, 流域スケールの風の場の計算法に関する研究, 土木学会論文集, 29巻, 503号, pp.49-pp.58, 19940401
  6. 実スケールの雲物理実験と降雨モデルによる雲の微物理過程の考察, 土木学会論文集, 30巻, 509号, pp.1-pp.13, 19950401
  7. 新しいタイプのレーザー雨量計の開発とこれを用いた降雨の雨滴粒径分布の観測, 土木学会論文集, 35巻, 539号, pp.15-pp.30, 19960401
  8. ★, レーダ雨量情報の動画像解析による降雨予測手法の提案と流域平均降雨量の推定法に関する研究, 土木学会論文集, 38巻, 558号, pp.13-pp.30, 19970401
  9. 東京湾における密度構造の変化と流れ場-黒潮の流れと東京湾-, 港湾技術研究所報告, 39巻, 1号, pp.25-pp.55, 20000401
  10. 沿岸域における海水交換指標としての気象情報の活用-アリューシャン低気圧の発達と海流-, Coastal Engineering= ASCE, 4巻, pp.3669-pp.3682, 20000401
  11. 北?西太平洋での水位振動と日本沿岸域での水位変化特性, 海岸工学論文集, 48巻, (1)号, pp.446-pp.450, 20011101
  12. 瀬戸内海における湾・灘水塊の移流・交換量の季節変動特性, 海岸工学論文集, 48巻, (2)号, pp.1036-pp.1040, 20011101
  13. 瀬戸内海における栄養塩と一次生産力の分布・変動特性, 海岸工学論文集, 48巻, (2)号, pp.1106-pp.1111, 20011101
  14. Generation and Breakdown Mechanisms for Anoxic Layers in Ohfunato Bay, Asian and Pacific Engineering Conference 2001, pp.305-pp.314, 20011001
  15. Estimation of Mean Sea Level in the Seto Inland Sea, Japan, Asian and Pacific Engineering Conference 2001, pp.294-pp.304, 20011001
  16. 北西太平洋での水位振動と親潮南下, 水工学論文集, 45巻, pp.1075-pp.1080, 20010301
  17. 瀬戸内海平均海面の推定, 水工学論文集, 45巻, pp.1069-pp.1074, 20010301
  18. 瀬戸内海における湾・灘での水質の季節変動特性, 海岸工学論文集, 47巻, (2)号, pp.1036-pp.1040, 20001101
  19. 東京湾における成層期の流れ場, 海岸工学論文集, 47巻, (2)号, pp.1056-pp.1060, 20001101
  20. 大船渡湾における底層DO濃度の変動に及ぼす湾外の影響, 海岸工学論文集, 47巻, (2)号, pp.1041-pp.1045, 20001101
  21. Preliminary Use of Global Meteorological Information as an Indicator for Long Term Water Exchange in an Estuary - Development of Aleutian Low and Ocean Current -, ICCE2000, 4巻, pp.3669-pp.3682, 20000701
  22. Application of discrete vortex method as turbulent modelling for studies of local eddy generation in coastal waters, ICCE2000, 4巻, pp.3767-pp.3776, 20000701
  23. Simulation of Kanmon Strait; A channel between two seas, , Vol.4, pp.3861-3869, 2000., ICCE2000, 4巻, pp.3861-pp.3869, 20000701
  24. 大船渡湾における湾外水の密度変動が湾内水環境に及ぼす影響の定量的評価, 港湾技術研究所報告, 39巻, 2号, pp.73-pp.98, 20000601
  25. 内湾域の水環境に影響を及ぼす物理的要因に関する考察-瀬戸内海総合水質調査データによる解析-, 港湾技術研究所報告, 39巻, 2号, pp.47-pp.72, 20000601
  26. 海流の内湾域水質に及ぼす影響-三陸沿岸域を中心として-, 水工学論文集, 44巻, pp.939-pp.944, 20000301
  27. 湾内外の密度差による湾口部での流出入機構, 水工学論文集, 44巻, pp.945-pp.950, 20000301
  28. 中海における海面振動とそれに伴う流動, 水工学論文集, 44巻, pp.999-pp.1004, 20000301
  29. 東京湾における密度構造の変化と流れ場-黒潮の流れと東京湾-, 港湾技術研究所報告, 39巻, 1号, pp.25-pp.55, 20000301
  30. The use of ground based high frequency radar techniques for the characterisation of river overflows in Tokyo Bay, , 1999., 2nd Inter-Regional Conference on Environment-Water Institut d’Amenagement des Terres et des Eaux, pp.CDROM, 19991101
  31. 海面水位の変動が内湾域への水環境に及ぼす影響-大船渡湾での貧酸素水塊の形成と消滅機構-, 港湾技術研究所報告, 38巻, 3号, pp.91-pp.124, 19991101
  32. 中海における気象変化に伴う流れと貧酸素水塊の挙動, 土木学会論文集, Ⅶ巻, pp.61-pp.79, 19991101
  33. 非成層期の東京湾における朔望周期の流れ場, 海岸工学論文集, 46巻, (2)号, pp.996-pp.1000, 19991101
  34. 大船渡湾の流れ場を利用した窒素・リンの湾外排出, 海岸工学論文集, 46巻, (2)号, pp.1061-pp.1065, 19991101
  35. 三浦半島沿岸での赤潮の発生と久里浜湾付近での流れ場, 海岸工学論文集, 46巻, (2)号, pp.1016-pp.1020, 19991101
  36. 実海域における下部透過型防波堤の海水交換特性, 海岸工学論文集, 46巻, (2)号, pp.1081-pp.1085, 19991101
  37. Consequence of ocean currents for estuary water quality along Sanriku shore, The 2nd Joint Meeting of the CEST Panel of the UJNR, pp.43-pp.51, 19991101
  38. Application of discrete vortex method as turbulent modelling tool on local eddy generation in coastal waters, The first international conference on vortex methods, pp.Cdrom, 19990901
  39. A study of anoxic water structures generated in deep bay enclosed by tsunami breakwaters, Environmental Coastal Regions= WITPRESS, pp.373-pp.382, 19980901
  40. 海水交換型防波堤の透過量評価手法の提案, 港湾技術研究所報告, 38巻, 2号, pp.63-pp.98, 19990601
  41. 久里浜湾の流れ場特性と生態系に関する研究, 港湾技術研究所報告, 38巻, 2号, pp.29-pp.62, 19990601
  42. 雨滴の衝突による雨滴粒径分布の高度変化を考慮したレーダ雨量計の精度向上に関する研究, 土木学会論文集, II-48巻, 628号, pp.1-pp.20, 19990501
  43. Water Circulation System in Enclosed Bay and its Utilization for Water Quality Management, The 1st Joint Meeting of the CEST Panel of the UJNR, pp.14.1-20, 19980301
  44. The ’Diamond Grace’ Oil Spill : Behavior of Spilled Oil and Environmental - Ecological Monitoring, The 1st Joint Meeting of the CEST Panel of the UJNR, pp.32.1-6, 19980301
  45. 大船渡湾での貧酸素水塊の形成と消滅機構, 水工学論文集, 43巻, pp.1073-pp.1078, 19990301
  46. 大船渡湾での海水交換機構と自然力を利用した水質管理手法の検討, 水工学論文集, 43巻, pp.1079-pp.1084, 19990301
  47. HYDRODYNAMIC SIMULATION OF THE SUEZ CANAL; A WATER BODY CONNECTING TWO OPEN SEAS, 水工学論文集, 43巻, pp.827-pp.832, 19990301
  48. 日本沿岸海域における気圧配置と海面水位とのコリレイション;内湾域への環境影響, 水文水資源学会誌, 12巻, 2号, pp.148-pp.158, 19990301
  49. 小規模湾における生態系の季節変化特性と流れ場の生態系への影響, 海岸工学論文集, 45巻, (2)号, pp.1081-pp.1085, 19981101
  50. ★, 東京湾“ダイヤモンド・グレース”号流出油状態変化の把握と水域への影響調査, 海岸工学論文集, 45巻, (2)号, pp.941-pp.945, 19981101
  51. 時空間同時測位装置を用いた閉鎖性汽水湖内部の流れ場の観測と解析, 海岸工学論文集, 44巻, (1)号, pp.431-pp.435, 19971101
  52. オギ上を流れる洪水流に関する現地実験とオギ原の抵抗特性, 3巻, pp.111‐116, 19970601
  53. 時空間同時測位装置を用いた閉鎖性汽水湖内部の流れ場の観測と解析, 海岸工学論文集, 44巻, pp.431-pp.435, 19971101
  54. Estimation of Mean Sea Level in the Seto Inland Sea, Japan, Proc. of the 1st Asian and Pacific Coastal Eng. Conf., pp.297-pp.304, 20010401
  55. Generation and Breakdown Mechanisms for Anoxic Layers in Ofunato Bay, Proc. of the 1st Asian and Pacific Coastal Eng. Conf., pp.305-pp.314, 20010401
  56. 黒潮流路の瀬戸内海周辺での水理現象に及ぼす影響, 水工学論文集, 46巻, pp.971-pp.976, 20020301
  57. 湾内外の密度差形成時の密度貫入による海水交換, 水工学論文集, 46巻, pp.1055-pp.1060, 20020301
  58. 湾口における高密度水塊の貫入機構のモデル化と海水交換量の推定, 海岸工学論文集, 49巻, (2)号, pp.976-pp.980, 20020401
  59. 瀬戸内海における水位の季節変動量の推定, 海岸工学論文集, 49巻, 2号, pp.381-pp.385, 20020401
  60. Estimation of current driving force in Suo Sea, the Seto Inland Sea, Japan, Coastal Environment 2002, pp.115-pp.124, 20020401
  61. Resuspension and physical properties of natural cohesive sediment in estuary, ESA 88th Annual Meeting Abstract (CD-ROM), 20030801
  62. 大船渡湾における海水交換の定量評価, 水工学論文集, 47巻, pp.1153-pp.1158, 20030401
  63. 北太平洋北?西側海域での水位振動と日本沿岸域流入水塊密度の推定, 土木学会論文集, II-63巻, 733号, pp.13-pp.30, 20030501
  64. Inter-Annual Fluctuation of Water Quality in Seto Inland Sea-Relationship with Sea Levels at the Entrances of the Inland Sea-,, Coastal Engineering Journal=JSCE, 45巻, 2号, pp.211-pp.233, 20030401
  65. 瀬戸内海における湾・灘間での海水交流量の推定およびその長期変動に関する研究, 海岸工学論文集, 50巻, (2)号, pp.921-pp.925, 20030401
  66. 干潟浄化能力の定量的評価手法の提案, 海岸工学論文集, 50巻, (2)号, pp.1071-pp.1075, 20030401
  67. 広島湾における季節的な流動外力の特性, 海岸工学論文集, 50巻, (2)号, pp.426-pp.430, 20030401
  68. 間隙水の流動に伴う底質の性状変化, 海岸工学論文集, 51巻, (2)号, pp.991-pp.995, 20041001
  69. アリューシャン低気圧の変動と日本沿岸の海面変動について, 海岸工学論文集, 51巻, (2)号, pp.1231-pp.1235, 20041001
  70. 瀬戸内海の水環境特性−瀬戸内海総合水質調査の実施状況と調査結果の解析−, 海と空, 80巻, 2号, pp.79-pp.89, 20041001
  71. ★, 大船渡湾での水構造の季節変動特性と海水交換量の定量評価, 土木学会論文集, II-67巻, 761号, pp.69-pp.80, 20040501
  72. Consequences of North Pacific Sea-Level Oscillation and an Estimation of Density at Open Sea Boundaries, Coastal Engineering Journal=JSCE, 46巻, 4号, pp.441-pp.468, 20040901
  73. 河口域での有機物の循環と生物棲息場の形成, 「第1回中国現地ワークショップin広島」水系環境の保全と創造-自然再生に向けて-講演集, pp.2-2-1?2-2-12, 20040701
  74. An Analysis of Currents in the Seto Inland Sea, Proceedings of International Conference on Civil and Environmental Engineering 2004, pp.139-pp.148, 20040901
  75. 巻き上げに伴う再浮遊泥による栄養塩変動過程のモデル化にする研究, 海洋開発論文集, 20巻, pp.605-pp.609, 20040901
  76. A Basic Study on Difficulties of Ship Operation Under Restricted Visbility Due to Heavy Fog, (社)日本航海学会論文集, 112巻, 20041201
  77. 太田川河口域における有機泥の挙動に関する研究, 水工学論文集, 49巻, 2号, pp.1411-pp.1416, 20050201
  78. 「高潮防災..それぞれの立場から」高潮防災のための先端科学研究紹介 防災活動を支える科学技術、CDIT シンポジウムin 広島?高潮,その脅威と対策?, 財団法人沿岸技術研究センター機関誌, 17巻, pp.8-pp.9, 20050501
  79. Effect of the Kuroshio Meandering on Sea Levels along the Pacfic Coast, Proceedings of the 29th International Conference on Coastal Engineering, pp.1650-pp.1662, 20040901
  80. Mechanism of Seawater Exchange in Semi-Enclosed Bay with Sill and Its Modeling, Proceedings of the 29th International Conference on Coastal Engineering, pp.1160-pp.1172, 20040901
  81. Seasonal Variation Characteristics of Current structure and Quantitative Analysis of Seawater Exchange in Ohfunato Bay, Coastal Engineering Journal, 47巻, 2-3号, pp.109-pp.130, 20050901
  82. Effect of the Kuroshio meandering on sea levels along the Pacific coast, COASTAL ENGINEERING 2004 (Proceedings of the 29th International Conference), 2巻, pp.1650-pp.1661, 20050401
  83. 瀬戸内海における高潮の伝播・発達特性―TY0416とTY0418の解析―, 海岸工学論文集, 52巻, pp.921-pp.925, 20051101
  84. 石炭灰造粒物を用いた底質改善技術の検討, 海洋開発論文集, 21巻, pp.743-pp.748, 20050201
  85. 広島湾奥域における有機懸濁物質の沈降特性, 海岸工学論文集, 52巻, 2号, pp.911-pp.915, 20051001
  86. 広島湾における有機物の変動解析と栄養塩生成形態の把握, 海岸工学論文集, 52巻, 2号, pp.916-pp.920, 20051001
  87. 底泥内での間隙水の動きと浮泥層の形成機構, 海岸工学論文集, 52巻, 2号, pp.961-pp.965, 20051001
  88. 宮島腰細浦における湿地回復へのとり組み, 海岸工学論文集, 52巻, 2号, pp.1301-pp.1305, 20051001
  89. 瀬戸内海における高潮の伝播・発達特性-TY0416とTY0418の解析-, 海岸工学論文集, 52巻, 1号, pp.221-pp.225, 20051001
  90. 黒潮流路の経年変動と異常潮位の発生特性, 海岸工学論文集, 52巻, 1号, pp.356-pp.360, 20051001
  91. Pore Water Movement in the Consolidated Sediment at the Sea Bottom, Asian and Pacific Coasts 2005, pp.pp.920-930, 20050901
  92. Study on the Transportation of Organic Mud in the Ohtagawa Estuary, Asian and Pacific Coasts 2005, pp.pp.956-966, 20050901
  93. Estimation of Current with Considering the Density and Sea Level Pressure Distribution in the Seto Inland Sea, Asian and Pacific Coasts 2005, pp.pp.190-199, 20050901
  94. Swelling Sediment by Pore Water Movement at the Bottom of the Sea, ICCEE-2005, pp.239-pp.428, 20051001
  95. 洪水に伴う河口干潟環境と生物生息の変化, 河川技術論文集, 12巻, pp.431-pp.436, 20060601
  96. 河口干潟での棲息生物種を特定するための土壌および水質変動特性の把握, 海洋開発論文集, 22巻, pp.589-pp.594, 20060701
  97. 有機泥の堆積した河岸の親水性向上のための施工技術の開発, 海洋開発論文集, 22巻, pp.939-pp.944, 20060701
  98. 太田川デルタ地下水の流動と海底濁度層の形成, 海岸工学論文集, 53(2)巻, pp.pp.1146-1150, 20061101
  99. 河口干潟で形成される土壌環境と底生生物の棲息要件, 海岸工学論文集, 53(2)巻, pp.pp.1031-1035, 20061101
  100. 海面清掃船に設置された自動水質測定装置を用いた有機懸濁物質の沈降・堆積量の把握, 海岸工学論文集, 53(2)巻, pp.pp.1156-1160, 20061101
  101. 間隙水浸透場における有機泥の膨張特性,海岸工学論文集, 海岸工学論文集, 53(2)巻, pp.1161-pp.1165, 20061101
  102. 黒潮の蛇行・直進による西日本南岸の水位変動量の推定, 海岸工学論文集, 53(2)巻, pp.1281-pp.1285, 20061101
  103. 広島湾に分布する浮泥の特性と季節的な性状変化, 土木学会論文集, 62巻, 4号, pp.348-pp.359, 20061101
  104. 黒潮の蛇行・直進による西日本南岸の水位変動量の推定, 海岸工学論文集, 53巻, pp.1281-pp.1285, 20061101
  105. Nucleotide sequence of cDNA for the cytosolic Cu/Zn-superoxide dismutase from spinach (Spinacia oleracea L.), Nucleic Acids Research, 18巻, 16号, pp.4923-4923, 19900801
  106. cDNA cloning and expression of the plastidic copper/zinc-superoxide dismutase from spinach (Spinacia oleracea L.) leaves, Plant and Cell Physiology, 34巻, 6号, pp.965-pp.968, 19930901
  107. 浸透柱による水循環の形成と底質改善効果の把握, 海洋開発論文集, 23巻, pp.1135-pp.1140, 20070701
  108. 沿岸域における有機懸濁物質の沈降過程のモデル化, 海岸工学論文集, 53巻, (2)号, pp.1181-pp.1185, 20071001
  109. 瀬戸内海開境界での水位条件の決定法, 海岸工学論文集, 53巻, (2)号, pp.971-pp.975, 20071001
  110. 間隙水浸透場における有機泥の巻き上がりに関する研究, 海岸工学論文集, 53巻, (2)号, pp.1011-pp.1015, 20071001
  111. 複断面形状が形成する地下水流と河口干潟の特性, 海岸工学論文集, 53巻, (2)号, pp.1246-pp.1250, 20071001
  112. 河川感潮域における淡水流入量の推定, 海岸工学論文集, 53巻, (2)号, pp.976-pp.980, 20071001
  113. 出水期における干潟地盤内での水質変動特性, 水工学論文集, 52巻, pp.1081-pp.1086, 20080201
  114. 河口干潟地盤内水環境に及ぼす浸透河川水の影響, 水工学論文集, 52巻, pp.1309-pp.1314, 20080201
  115. 河川感潮域における河床面での水交換, 水工学論文集, 52巻, pp.1315-pp.1320, 20080201
  116. Sea Level Relation at Two Open Sea Boundaries of The Seto Inland Sea, Proceedings of the Fourth International Conference on Asian and Pacific Coasts, pp.744-pp.757, 20070901
  117. The Characteristics of Organic Matters Circulation in Hiroshima Bay, Proceedings of the Fourth International Conference on Asian and Pacific Coasts, pp.2051-pp.2062, 20070901
  118. The Groundwater Flow Mechanism in The Ota River Estuary and The Formation of High Turbidity Layer in Hiroshima Bay, Proceedings of the Fourth International Conference on Asian and Pacific Coasts, pp.968-pp.979, 20070901
  119. Influence of the Kuroshio stream path variation on current fields in the Seto Inland Sea, Proceedings of the 14th PAMS/JECSS Workshop, pp.244-pp.247, 20070501
  120. Inter-annual fluctuation of water quality in Seto Inland Sea: Relationship with sea levels at the entrances of the inland sea, COASTAL ENGINEERING JOURNAL, 45巻, 2号, pp.211-pp.233, JUN 2003
  121. Consequences of North Pacific sea-level oscillation and an estimation of density at open sea boundaries, COASTAL ENGINEERING JOURNAL, 46巻, 4号, pp.441-pp.468, DEC 2004
  122. Seasonal variation characteristics of current structure and quantitative analysis of seawater exchange in Ohfunato Bay, COASTAL ENGINEERING JOURNAL, 47巻, 2-3号, pp.109-pp.130, JUN-SEP 2005
  123. Deposition Behavior of Mud in Sand Beds Under the Effects of Organic Properties, TRANSPORT IN POROUS MEDIA, 91巻, 2号, pp.531-pp.546, JAN 2012
  124. Remediation of muddy tidal flat sediments using hot air-dried crushed oyster shells, MARINE POLLUTION BULLETIN, 64巻, 11号, pp.2428-pp.2434, NOV 2012
  125. Permeability Reduction by Sediment Retention in Saturated Sand Columns, TRANSPORT IN POROUS MEDIA, 98巻, 3号, pp.615-pp.630, JUL 2013
  126. PREDICTION OF THE RETENTION VOLUME OF SEDIMENT DURING WATER-BASED SEDIMENT INJECTION, JOURNAL OF POROUS MEDIA, 16巻, 6号, pp.547-pp.557, 2013
  127. Experimental investigation on effects of acid/base waters on the bottom sediment of Kaita Cove (Hiroshima, Japan), ESTUARINE COASTAL AND SHELF SCIENCE, 135巻, pp.18-pp.23, DEC 20 2013
  128. Measurement of Sediment Retention in a Sandy Tidal Flat Based on Pressure Drop Model, TRANSPORT IN POROUS MEDIA, 102巻, 1号, pp.123-pp.136, MAR 2014
  129. MODELING THE SETTLING VELOCITY OF ORGANIC SETTLING MATTER WITH THE CONSIDERATION OF ORGANIC PROPERTIES, COASTAL ENGINEERING JOURNAL, 55巻, 4号, DEC 2013
  130. ★, Characteristics of electricity generation and biodegradation in tidal river sludge-used microbial fuel cells, BIORESOURCE TECHNOLOGY, 158巻, pp.225-pp.230, APR 2014
  131. Field experiments on remediation of coastal sediments using granulated coal ash, MARINE POLLUTION BULLETIN, 83巻, 1号, pp.132-pp.137, JUN 15 2014
  132. MEASUREMENT OF MUD FLOC-SETTLING VELOCITY USING A LASER DIFFRACTION PARTICLE SIZE DISTRIBUTION ANALYZER, COASTAL ENGINEERING JOURNAL, 56巻, 3号, SEP 2014
  133. A method for investigation of sediment retention in sandy tidal flats, Proceedings of the 7th International Conference on Asian for Coats, pp.254-pp.260, 201309
  134. A method using granulated coal ash for disposal of the sludge carried by Tsunami,, Proceedings of the 7th International Conference on Asian for Coats, pp.341-pp.352, 201309
  135. Application of Granulated Coal Ash for Remediation of Coastal Sedimentm,, Journal of the Korean Society for Marine Environment and Energy, pp.1-pp.7, 201402
  136. Identification of the condition of sea bottom sediment based on ignition behavior, Proceedings of the 7th International Conference on Asian for Coats, pp.814-pp.821, 201309
  137. Influenced distance of anode electrode on sediment remediation in a sediment microbial fuel cell, Proceedings of 'the 4th International MicrobialFuelCell Conference, pp.186-pp.187, 201309
  138. Stabilization of the output voltage of sediment microbial fuel cell using alkaline material,, Proceedings of the 4th International MicrobialFuelCell Conference, pp.66-pp.67, 201309
  139. 河川感潮域における不圧地下水と干潟地下水との水循環, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.69巻, No.2号, pp.pp. I_1216-pp.I_1220, 201310
  140. ★, 韓国竜院湾堆積底泥による還元的底質環境の形成, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.69巻, No.2号, pp.pp. I_1136-pp.I_1140, 201310
  141. 石炭灰造粒物の海底被覆による中・長期的な海域環境改善効果, 土木学会論文集B3(海洋開発), pp.pp. I_892-pp.I_897, 201306
  142. 石炭灰造粒物を用いた生育基盤におけるアマモ場の形成過程と維持機構, 土木学会論文集B3(海洋開発), pp.pp.I_1072-pp.I_1077, 201306
  143. 地下水が遮断された河口干潟でのアサリ育成場の構築, 土木学会論文集B3(海洋開発), pp.pp. I_1024-pp.I_1029, 201306
  144. 超軟弱泥が堆積する海域での底質環境改善状況を評価するための調査法, 土木学会論文集B3(海洋開発), pp.pp. I_880-pp.I_885, 201306
  145. 微生物燃料電池による有機泥性状変化と有機物分解の評価, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.69巻, No.2号, pp.,pp. I_1106-pp.I_1110 , 201310
  146. 不安定な有機物を含んだガレキ泥の再資源化手法の確立, 土木学会論文集B3(海洋開発), pp.pp.I _25-pp.I_30, 201306
  147. Modeling the settling velocity of organic settling matter with the consideration of organic properties, Coastal Engineering Journal,, Vol.55巻, No.4号, pp.1350015 -1-pp.1350015 -15, 201312
  148. アルカリ剤造粒物により浄化された河岸ヘドロの有機物特性評価, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.70巻, No.2号, pp.I_1110-pp.I_1115, 201406
  149. ヘドロ堆積干潟での底質浄化能力を持つ作業場構築技術の開発, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.70巻, No.2号, pp.I_1104-pp.I_1109, 201406
  150. 草方格原理を応用した石炭灰造粒物基盤の侵食防止工, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.70巻, No.2号, pp.I_774-pp.I_779, 201406
  151. Measurement of mud floc-settling velocity using a laser diffraction particle size distribution analyzer, Coastal Engineering Journal, Vol.56巻, No.3号, pp.1450012-1-pp.1450012-16, 201409
  152. ★, 微生物燃料電池技術を応用した還元性堆積泥の性状把握, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.70巻, No.2号, pp.I_1071-pp.I_1075, 201410
  153. 沿岸域に堆積する有機泥に含まれる有機物の分類法, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.70巻, No.2号, pp.I_1101-pp.I_1105, 201410
  154. 有機泥中からの強制的電子回収による電子伝達範囲の把握, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.70巻, No.2号, pp.I_1061-pp.I_1065, 201410
  155. 沿岸域に拡散・堆積する油脂類の変動特性の解明, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.70巻, No.2号, pp.I_1086-pp.I_1090, 201410
  156. 有機泥を燃料とする微生物燃料電池の性能向上要因の解明, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.70巻, No.2号, pp.I_1066-pp.I_1070, 201410
  157. 酸素消費速度を用いた沿岸堆積有機泥の性状分析手法の提案, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.70巻, No.2号, pp.I_1111-pp.I_1115, 201410
  158. 太田川感潮域における不圧・被圧地下水位と水質の長期変動, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.70巻, No.2号, pp.1216-pp.1220, 201410
  159. Field experiments on remediation of coastal sediments using granulated coal ash,, Marine Pollution Bulletin 83, pp.132-pp.137, 201407
  160. 感潮域に堆積する有機汚泥の還元環境改善技術の開発, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.71巻, No.4号, pp.697-pp.702, 201502
  161. An Influence of Salinity on Resuspension of Cohesive Sediment, JOURNAL OF COASTAL RESEARCH, pp.68-pp.72, MAR 2016
  162. Temporal variations of groundwater salinity and temperature in a tidal flat in front of a tide pool, CONTINENTAL SHELF RESEARCH, 122巻, pp.29-pp.35, JUL 1 2016
  163. 石炭灰造粒層における地下水流動と濁質の輸送, 土木学会論文集B3(海洋開発), 71巻, 2号, pp.1089-pp.1094, 201506
  164. 過栄養な内港域における再生資源を用いた底質改善手法の提案, 土木学会論文集B3(海洋開発), 71巻, 2号, pp.880-pp.885, 2015.06
  165. ヘドロ堆積干潟での石炭灰造粒物による大規模底質改善施工技術の開発, 土木学会論文集B3(海洋開発), 71巻, 2号, pp.808-pp.813, 201506
  166. 微生物燃料電池による感潮河川に堆積する有機泥の電力回収と浄化, 土木学会論文集B2(海岸工学), 71巻, 2号, pp.1465-pp.1470, 201510
  167. 再生材の材料となるアルカリ剤の化学特性, 土木学会論文集B2(海岸工学), 71巻, 2号, pp.1477-pp.1482, 201510
  168. 河口域に堆積する有機物を含む細粒泥の特性把握に関する考察, 土木学会論文集B2(海岸工学), pp.1471-pp.1476, 201510
  169. 還元有機泥が堆積した海域の底質改善に用いられる石炭灰造粒物の生物親和性評価, 土木学会論文集B2(海岸工学), 71巻, 2号, pp.1459-pp.1464, 201510
  170. 乾式燃焼法に基づいた堆積泥の有機物形態を評価する手法, 土木学会論文集B2(海岸工学), 71巻, 2号, pp.1417-pp.1422, 201510
  171. 還元有機泥覆砂材に活用される石炭灰造粒物の土壌反応特性と底質安定化機構, 土木学会論文集(水工学論文集), 71巻, 2号, pp.1027-pp.1032, 201602
  172. 河川感潮域におけるヤマトシジミ生息基盤への石炭灰造粒物の適用性評価, 土木学会論文集B1(水工学), 71巻, 2号, pp.1021-pp.1026, 201602

著書等出版物

  1. 1998年10月, 港湾構造物と海草藻類の共生マニュアル , (財)港湾高度化センター, 1998年, 10, 共編著, 日比野 忠史
  2. 1998年10月, 港湾における干潟との共生マニュアル , (財)港湾高度化センター, 1998年, 10, 単行本(学術書), 共編著, 日比野 忠史
  3. 1999年04月, 港湾の施設の技術上の基準・同解説 , 社団法人 日本港湾協会, 1999年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 港湾の施設の技術上の基準 同解説検討委員会 日比野 忠史 , 1181
  4. 2002年09月, Coastal Environment , WIT Press, 2002年, 09, 単行本(学術書), 共編著, c.a.brebbia 日比野 忠史 , 453
  5. 図説 日本の海岸, 朝倉書店, 2013年, 単行本(一般書), 共著, 94-97
  6. 微生物燃料電池による廃水処理システム最前線, NTS, 2013年, 10, 単行本(学術書), 共著, 197-208
  7. 微生物燃料電池による「豊かな沿岸」の再生, 港湾Vol.90, 公益社団法人日本港湾協会, 2013年, 10, 単行本(学術書), 単著, 26-27
  8. 2015年.1月, 生態系に富んだ河口干潟の維持-太田川放水路の構造が果たす役割-, 土木学会誌, 単行本(学術書), 単著, 18-19
  9. 石炭灰の灰としての効用-石炭灰は草木灰を越えるか?-, 電力土木, 2015年, 7, 単行本(学術書), 単著, 3-8

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 広島湾浮泥, 日比野 忠史, 広島湾浮泥シンポジウム, 2003年12月, 招待, 日本語
  2. 瀬戸内海における水質の現状について, 日比野 忠史, 第5回環境・設計セミナーin 呉, 2005年05月, 招待, 日本語
  3. 高潮のメカニズムについて, 日比野 忠史, 高潮防災講演会, 2005年08月, 招待, 日本語
  4. 防災活動を支える科学技術,地域にとって興味深い特定分野における研究状況を紹介, 日比野 忠史, CDIT シンポジウム in 広島 ?高潮、その脅威と対策?, 2005年02月, 招待, 日本語
  5. 河口域での有機物の循環と生物棲息場の形成, 日比野 忠史, 「第1回中国現地ワークショップ in 広島」水系環境の保全と創造-自然再生に向けて, 2004年07月, 招待, 日本語
  6. 有機泥の堆積した河岸の親水性向上技術の開発, 日比野 忠史, 第5回広島湾の環境再生を考えるフォーラム, 2006年06月, 招待, 日本語
  7. Sesonal Variation Characteristics of Water Structure in Enclosed Bay the Pacific, 日比野 忠史, FOID 2006, 2006年02月, 招待, 日本語
  8. 宮島の歴史から学ぶ海岸のあり方について, 日比野 忠史, 明日の海岸を考えるシンポジウムin広島, 2006年10月, 招待, 日本語
  9. 沿岸域の環境, 国際水理環境理工学研究 , 2012年03月23日, 招待, 日本語, 中国
  10. 防災 安全と親環境 港湾 構築2016国際会議, 2016年04月21日, 招待, 英語, ソウル

受賞

  1. 1996年, 土木学会論文賞

取得

  1. 特許権, 特許3899385, 2007年01月12日, 感潮河川の泥質・水質の改善方法及びこれに使用する浸透柱
  2. 特許権, 特許4360645, 2009年08月21日, 人工干潟の造成方法
  3. 特許権, 特許4533983, 2010年06月25日, 汚泥が堆積する河川干潟の親水性向上方法
  4. 特許権, 特許4962736, 2012年04月06日, 二枚貝用保護構造体及びその構築方法
  5. 特許権, 特許3912682, 2005年10月, 感潮河川の泥質および水質改善方法
  6. 2009年08月21日, 人工干潟の造成方法
  7. 特許4533983, 2010年06月25日, 汚泥が堆積する河川干潟の親水性向上方法
  8. 2012年04月06日, 二枚貝用保護構造体及びその構築方法
  9. 2015年10月30日, 微生物燃料電池及び微生物発電方法
  10. 水中構造体、底質改善方法、並びにアマモ場造成方法

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広島沿岸海岸保全基本計画変更検討委員会委員, 2013年07月, 2014年03月, 広島県
  2. 広島県環境影響評価技術審査会委員, 2011年08月, 2014年08月, 広島県
  3. 講師, 2013年07月, 2013年09月, 中国新聞情報文化センター
  4. 太田川生態工学研究会委員, 2013年06月, 2014年03月, 国土交通省中国地方整備局太田川河川事務所
  5. 東日本大震災に係るHiビーズ活用技術アドバイザー, 2013年12月, 2014年03月, 中国電力(株)
  6. 福山港内港地区の海域環境改善方策に係る検討委員会委員, 2011年10月, 2014年03月, 広島県
  7. 中国地方整備局総合評価審査委員会委員, 2014年04月, 2016年03月, 国土交通省中国地方整備局
  8. 広島県環境影響評価技術審査会会長, 2014年08月, 2017年08月, 広島県
  9. 尾道糸崎港埋没対策検討会委員, 2014年12月, 2015年03月, (財)沿岸技術研究センター
  10. 非常勤講師, 2015年04月, 2015年09月, 放送大学広島学習センター
  11. 管内航路・泊地埋没対策等検討会委員, 2015年10月, 2016年03月, (財)沿岸技術研究センター