横大路 智治TOMOHARU YOKOOJI

Last Updated :2018/11/01

所属・職名
大学院医歯薬保健学研究科(薬) 薬学講座 准教授
メールアドレス
yokoojihiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(薬学) (広島大学)
  • 修士(薬学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 医療系薬学

研究キーワード

  • 消化管吸収
  • NSAIDs
  • 運動負荷
  • 食物アレルギー

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 学部専門, 通年, 基礎研究I
  2. 2018年, 学部専門, 1ターム, 臨床医学概論II
  3. 2018年, 学部専門, 3ターム, 臨床薬物治療学B
  4. 2018年, 学部専門, 通年, 基礎研究II
  5. 2018年, 学部専門, 通年, 臨床研究I
  6. 2018年, 学部専門, 通年, 臨床研究II
  7. 2018年, 学部専門, 通年, 臨床研究III
  8. 2018年, 学部専門, 1ターム, 総合医科学
  9. 2018年, 学部専門, 1ターム, 総合医科学
  10. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 薬物治療学特論
  11. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 薬物治療学特論
  12. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 薬物治療学特論
  13. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 応用薬物治療学特論演習
  14. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 応用薬物治療学特論演習
  15. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 応用薬物治療学特別実習
  16. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 病院薬剤学特別演習
  17. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 病院薬剤学特別演習
  18. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 病院薬剤学特別実験
  19. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 病院薬剤学特別実験

教育に関する受賞

  • 2015年32月, 平成27年度 医歯薬保健学研究院(研究科)教員表彰, 広島大学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Food-dependent exercise-induced anaphylaxis due to shrimp associated with 43 kDa, a new antigen., The Journal of Dermatology, 45巻, 3号, pp.366-pp.367, 2018
  2. 水溶性アルブミン画分に原因抗原の存在が疑われたスパゲッティ依存性運動誘発アナフィラキシーの1例, 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会雑誌, 11巻, 4号, pp.259-pp.265, 2017
  3. 加工食品における小麦タンパク質の不溶化とアレルゲン性の変化について, アレルギー, 66巻, 3号, pp.222-pp.230, 2017
  4. Injury due to extravasation of thiopental and propofol: Risks/effects of local cooling/warming in rats., Biochemistry and Biophysics Reports, 8巻, pp.207-pp.211, 2016
  5. Anaphylaxis provoked by ingestion of hydrolyzed fish collagen probably induced by epicutaneous sensitization., Allergology International, 65巻, 4号, pp.474-pp.476, 2016
  6. Sodium cromoglycate prevents exacerbation of IgE-mediated food-allergic reaction induced by aspirin in a rat model of egg allergy, International Archives of Allergy and Immunology, 167巻, 3号, pp.193-pp.202, 2015
  7. Common food allergens and their IgE-binding epitopes, Allergology International, 64巻, 4号, pp.332-pp.343, 2015
  8. 食物アレルゲンの吸収機構の解明と食物アレルギーの発症に関する研究, 膜, 40巻, 5号, pp.284-pp.290, 2015
  9. Case of food-dependent exercise-induced anaphylaxis due to Japanese apricot and peach: Detection of causative antigens., The Journal of Dermatology, 42巻, 9号, pp.916-pp.917, 2015
  10. Prevalences of specific IgE to wheat gliadin components in patients with wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis., Allergology International, 64巻, 2号, pp.206-pp.208, 2015
  11. Characterization of Ovalbumin Absorption Pathways in the Rat Intestine, Including the Effects of Aspirin, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 37巻, 8号, pp.1359-pp.1365, 2014
  12. Interaction of hydrophobic components in female urine before and after childbirth with P-glycoprotein in vitro, Pharmazie, 69巻, 6号, pp.430-pp.436, 2014
  13. Aspirin Augments IgE-Mediated Histamine Release from Human Peripheral Basophils via Syk Kinase Activation, Allergology International, 62巻, 4号, pp.503-pp.511, 2013
  14. Characterization of Causative Allergens for Wheat-Dependent Exercise-Induced Anaphylaxis Sensitized with Hydrolyzed Wheat Proteins in Facial Soap, Allergology International, 62巻, 4号, pp.435-pp.445, 2013
  15. Intestinal absorption of lysozyme, an egg-white allergen, in rats: Kinetics and effect of NSAIDs, Biochemical and Biophysical research Communications, 438巻, 1号, pp.61-pp.65, 2013
  16. Role of ABC Efflux Transporters in the Oral Bioavailability and Drug-induced Intestinal Toxicity, Yakugaku Zasshi, 133巻, 7号, pp.815-pp.822, 2013
  17. Effect of genistein, a natural soy isoflavone, on the pharmacokinetics and intestinal toxicity of irinotecan hydrochloride in rats., Journal of Pharmacy and Pharmacology, 65巻, 2号, pp.280-pp.291, 2013
  18. Comparison of in vivo with in vitro pharmacokinetics of mercury between methylmercury chloride and methylmercury cysteine using rats and Caco2 cells., Archives of Environmental Contamination and Toxicology, 63巻, 4号, pp.628-pp.636, 2012
  19. Characterization of intestinal absorption of quinidine, a P-glycoprotein substrate, given as a powder in rats., Pharmazie, 67巻, 5号, pp.384-pp.388, 2012
  20. Modulation in concentrative nucleoside transporters-mediated intestinal absorption of mizoribine, an immunosuppressive agent, in lipopolysaccharide-treated rats., Pharmazie, 66巻, 3号, pp.207-11-pp.211, 2011
  21. Modulated pharmacokinetics and increased small intestinal toxicity of methotrexate in bilirubin-treated rats., Journal of Pharmacy and Pharmacology, 63巻, 2号, pp.206-13-pp.213, 2011
  22. Increased intestinal absorption of mizoribine, an immunosuppressive agent, in cholestatic rats., Pharmazie, 65巻, 7号, pp.457-pp.460, 2010
  23. Study on absorption sites of quinidine and methotrexate in rat intestine., Pharmazie, 65巻, 6号, pp.440-pp.447, 2010
  24. Interaction of Rhei Rhizoma extract with cytochrome P450 3A and efflux transporters in rats., Pharmazie, 65巻, 5号, pp.367-74-pp.374, 2010
  25. Modulated function of tissue efflux transporters under hyperbilirubinemia in rats., European Journal of Pharmacology, 636巻, 1-3号, pp.166-pp.172, 2010
  26. Study on intestinal absorption sites of mizoribine and ribavirin, substrates for concentrative nucleoside transporter(s), in rats., European Journal of Pharmacology, 628巻, 1-3号, pp.214-9-pp.219, 2010
  27. Site-specific contribution of proton-coupled folate transporter/haem carrier protein 1 in the intestinal absorption of methotrexate in rats., Journal of Pharmacy and Pharmacology, 61巻, 7号, pp.911-8-pp.918, 2009
  28. Fate of quinidine, a P-glycoprotein substrate, in the gastrointestinal tract after oral administration in rats., Pharmazie, 63巻, 3号, pp.241-4-pp.244, 2008
  29. Characterization of intestinal absorption of mizoribine mediated by concentrative nucleoside transporters in rats., European Journal of Pharmacology, 586巻, 1-3号, pp.52-pp.58, 2008
  30. Role of intestinal efflux transporters in the intestinal absorption of methotrexate in rats., Journal of Pharmacy and Pharmacology, 59巻, 9号, pp.1263-pp.1270, 2007
  31. Site-specific bidirectional efflux of 2,4-dinitrophenyl-S-glutathione, a substrate of multidrug resistance-associated proteins, in rat intestine and Caco-2 cells., Journal of Pharmacy and Pharmacology, 59巻, 4号, pp.513-pp.520, 2007
  32. Function of multidrug resistance-associated protein 2 in acute hepatic failure rats., European Journal of Pharmacology, 546巻, 1-3号, pp.152-60-pp.160, 2006
  33. Modulation of intestinal transport of 2,4-dinitrophenyl-S-glutathione, a multidrug resistance-associated protein 2 substrate, by bilirubin treatment in rats., Journal of Pharmacy and Pharmacology, 57巻, 5号, pp.579-pp.585, 2005

著書等出版物

  1. 2016年10月21日, 食物アレルギーのすべて 基礎から臨床・社会的対応まで, 食物アレルゲンー小麦・ソバ・穀物, 診断と治療社, 2016年, 10月, 単行本(学術書), 共著, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 978-4-7878-2278-9, 363, 100-109, 食物アレルゲンー小麦・ソバ・穀物

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ハムスター由来膵β細胞株(HIT-T15)におけるオランザピンによるインスリン分泌抑制機構の解析, 長田 麻央, 中井 智恵, 三浦 悠美香, 冨田 隆志, 垰越 崇範, 横大路 智治, 杉本 由美, 松尾 裕彰, 日本薬学会第138年会, 2018年03月27日, 通常, 日本語
  2. 質量分析装置を用いた血漿中食物抗原定量法の開発, 荻野 龍平, 大本 亜沙妃, 横大路 智治, 垰越 崇範, 森田 栄伸, 松尾 裕彰, 第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会・第41回皮膚脈管・膠原病研究会, 2017年12月10日, 通常, 日本語, 鹿児島
  3. Occurrence and severity of skin injury caused by extravasation of cytotoxic and non-cytotoxic drugs, Shibata Y, Itamura R, Yokooji T, Tanaka M, Matsuo H, American Society of Hospital Pharmacist 2017 Midyear Clinical Meeting & Exhibition, 2017年12月05日, 通常, 英語, Orlando
  4. 魚由来コラーゲンアレルギーの原因抗原の精製, 山本 崇弘, 横大路 智治, 垰越 崇範, 松尾 裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会第55回中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 徳島
  5. L-DOPA・Benserazide配合剤の中枢機能に与える影響, 小林 遼平, 兼重 陽香里, 三浦 悠美香, 垰越 崇範, 横大路 智治, 木村 康浩, 松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会第55回中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 徳島
  6. ハムスター由来膵β細胞株(HIT-T15)におけるオランザピンによるインスリン分泌抑制機構の解析, 長田 麻央, 中井 智恵, 三浦悠美香, 冨田 隆志, 垰越 崇範, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会第55回中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 徳島
  7. 質量分析法による血漿中小麦グリアジン定量法の開発, 大本 亜沙妃, 荻野 龍平, 横大路 智治, 垰越 崇範, 松尾 裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会第55回中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 徳島
  8. イネ科花粉に感作された小麦アレルギー患者の抗原の同定, 滝沢 大吾, 荻野 龍平, 横大路 智治, 垰越 崇範, 千貫 祐子, 森田 栄伸, 松尾 裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会第55回中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 徳島
  9. 質量分析装置を用いた血漿中抗原濃度測定法の開発, 荻野 龍平, 大本 亜沙妃,横大路 智治,垰越 崇範,森田 栄伸,松尾 裕彰, 第66回日本アレルギー学会学術大会, 2017年06月16日, 通常, 日本語
  10. ハムスター由来膵β細胞株(HIT-T15)におけるオランザピンによるインスリン分泌抑制機構の解析, 長田 麻央, 中井 智恵, 冨田 隆志, 垰越 崇範, 横大路 智治, 杉本 由美, 松尾 裕彰, 日本薬学会第137年会, 2017年03月24日, 通常, 日本語
  11. 質量分析法による卵白アレルゲン定量法の開発, 荻野 龍平, 大本 亜沙妃,横大路 智治,垰越 崇範,松尾 裕彰, 日本皮膚科学会第132回山陰・第28回島根合同開催地方会, 2017年03月, 通常, 日本語
  12. ラットモデルを用いたω5-グリアジン欠損小麦のアレルゲン活性評価, 二宮 直紀, 横大路 智治,垰越 崇範,森田 栄伸,松尾 裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会第55回中国四国支部学術大会, 2016年11月05日, 通常, 日本語
  13. 質量分析法による血漿中卵アレルゲン定量法の開発, 荻野 龍平, 大本 亜沙妃,横大路 智治,垰越 崇範,松尾 裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会第55回中国四国支部学術大会, 2016年11月05日, 通常, 日本語
  14. Anaphylaxis provoked by ingestion of hydrolyzed fish collagen probably induced by epicutaneous sensitization, Fujimoto W, Fukuda M, Yokooji T, Yamamoto T, Tanaka A, Matsuo H, 13th Meeting of the German-Japanese Society of Dermatology, 2016年10月14日, 通常, 英語, Munich
  15. コラーゲンアレルギーの原因抗原解析, 山本 崇弘, 横大路 智治, 福田 光希子, 田中 昭, 藤本 亘, 松尾 裕彰, 日本薬学会第136年会, 2016年03月27日, 通常, 日本語
  16. 質量分析法による血清中アレルゲン定量法の開発, 荻野 龍平, 大本 亜沙妃, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 日本皮膚科学会第130回山陰・第26回島根合同開催地方会, 2016年02月28日, 通常, 日本語
  17. 小麦グリアジンの消化管吸収特性とアスピリンによる吸収増加機構の解明, 二宮 直紀, 羽村 光, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 膜シンポジウム2015, 2015年11月25日, 通常, 日本語
  18. 経皮感作による発症が推測された魚由来コラーゲンペプチドによるアナフィラキシー, 福田 光希子, 横大路 智治, 山本 崇弘, 田中 昭, 松尾 裕彰, 藤本 亘, 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2015年11月21日, 通常, 日本語
  19. エビによる食物依存性運動誘発アナフィラキシー (FDEIA) の40kDa抗原の精製法の検討, 神谷 栞, 秋本 栞里, 千貫 祐子, 高橋 仁, 森田 栄伸, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2015年11月21日, 通常, 日本語
  20. エビによる食物依存性運動誘発アナフィラキシー (FDEIA) の70kDa抗原の同定と解析, 樋口 絢子, 千貫 祐子, 高橋 仁, 森田 栄伸, 横大路 智治, 松尾裕彰, 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2015年11月21日, 通常, 日本語
  21. 抗IgE結合エピトープ抗体を用いた血清中小麦グリアジンコンポーネントの定量法の確立, 農間 仁美, 羽村 光, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 第54回中国四国支部学術大会, 2015年11月01日, 通常, 日本語
  22. 小麦グルテン感作における加水分解処理と感作経路の影響, 早瀬 佑紀, 平野 太暉, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 第54回中国四国支部学術大会, 2015年11月01日, 通常, 日本語
  23. バキュロウィルス発現系を用いたリコンビナントヒトIgE受容体α鎖の発現および精製法の確立, 二宮 優智, 松永 知子, 横大路 智治, 森田 栄伸, 松尾 裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 第54回中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語
  24. Aspirin facilitates the intestinal absorption and oral sensitization of food allergens in rats, Yokooji T, Hirano T, Matsuo H., World Allergy Congress (WAC) 2015, 2015年10月14日, 通常, 英語
  25. 小児の小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの原因コンポーネント, 中川 朋子, 田中 昭, 酒井 一徳, 林 直史, 佐藤 有沙, 佐々木 渓円, 松井 照明, 杉浦 至郎, 漢人 直之, 伊藤 浩明, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年05月27日, 通常, 日本語
  26. アスピリンによる食物抗原吸収増加が感作に及ぼす影響, 松尾 裕彰, 平野 太暉, 横大路 智治, 第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年05月27日, 通常, 日本語
  27. 小麦グリアジンの消化管吸収特性とアスピリンの影響解析, 横大路 智治, 羽村 光, 松尾 裕彰, 第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年05月27日, 通常, 日本語
  28. 小麦アレルギー急速減感作療法と自然寛解の好塩基球活性化マーカーCD203c測定による抗原反応性の経年解析, 徳田 玲子, 長尾 みづほ, 森田 栄伸, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 松田 幹, 藤澤 隆夫, 第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年05月27日, 通常, 日本語
  29. 食物アレルゲンの吸収機構の解明と食物アレルギーの発症に関する研究, 横大路 智治, 日本膜学会第37年会, 2015年05月15日, 招待, 日本語
  30. 食物抗原の吸収とアレルギー症状の発症におよぼすアスピリンとクロモグリク酸ナトリウムの影響解析, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 日本膜学会第37年会, 2015年05月14日, 通常, 日本語
  31. 卵白アルブミンの消化管吸収機構とアスピリンの影響解析, 横大路 智治, 農間 仁美, 松尾 裕彰, 膜シンポジウム2014, 2014年11月27日, 通常, 日本語
  32. 梅干による食物依存性運動誘発アナフィラキシーの1例, 飯島 茂子, 伊藤 倫子, 真壁 郁, 村上 佳大, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2014年11月23日, 通常, 日本語
  33. 小麦グリアジンの消化管吸収に及ぼすアスピリンの影響, 羽村 光, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語
  34. 卵白アルブミン感作に及ぼすアスピリンの影響, 平野 太暉, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語
  35. 広島大学病院手術室におけるアドバンスト実務実習への取組み, 松尾 裕彰, 横大路 智治, 吉井 美智子, 小澤 孝一郎, 河本 昌志, 柴田 ゆうか, 畝井 浩子, 木平 健治, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語
  36. 小麦グルテン感作における加水分解処理と感作経路の影響, 早瀬 佑紀, 平野 太暉, 農間 仁美, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 日本皮膚科学会第128回山陰・第24回島根合同開催地方会, 2014年08月30日, 通常, 日本語
  37. 卵白アルブミンの消化管吸収機構の解明とアスピリンによる吸収増加機構の解明, 横大路 智治, 農間 仁美, 松尾 裕彰, 日本膜学会第36年会, 2014年05月12日, 通常, 日本語
  38. 卵白アルブミンの消化管吸収機構の解明と消化管吸収におよぼすアスピリンの影響解析, 横大路 智治, 農間 仁美, 松尾 裕彰, 第26回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2014年05月09日, 通常, 日本語
  39. エビによる食物依存性運動誘発アナフィラキシーの原因アレルゲンの同定, 松尾 裕彰, 千貫 祐子, 高橋 仁, 神谷 栞, 横大路 智治, 森田 栄伸, 日本皮膚科学会第127回山陰・第23回島根合同地方会, 2014年03月02日, 通常, 日本語
  40. ラット消化管における卵白リゾチーム吸収に及ぼす非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs) の影響, 松尾 裕彰, 横大路 智治, 羽村 光, 第43回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2013年, 通常, 日本語
  41. 小児の即時型小麦アレルギーにおける原因抗原の解析, 徳田 玲子, ,長尾 みづほ, 貝沼 圭吾, 松田 幹, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 藤沢 隆夫, 第63回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2013年, 通常, 日本語
  42. 非ステロイド性抗炎症薬による食物アレルゲンの吸収増加機構の解明, 横大路 智治, 羽村 光, 松尾 裕彰, 第63回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2013年, 通常, 日本語
  43. 非ステロイド性抗炎症薬の服用による食物アレルゲンの吸収増加機構の解明 , 横大路 智治, 羽村 光, 松尾 裕彰, 膜シンポジウム2013, 2013年, 通常, 日本語
  44. Modulation of ABC transporter-mediated host defence and detoxification mechanism by endogenous and exogenous compounds., Murakami T, Yokooji T, Mori N, 9th Retrometabolism Based Drug Design and Targeting Conference, 2013年, 招待, 英語
  45. メチル水銀化合物の消化管内挙動と血中動態, 森 信博, 山元 恵, 横大路 智治, 松村 菜穂子, 佐々木 眞敬, 村上 照夫, 日本膜学会第35年会, 2013年, 通常, 日本語
  46. 非ステロイド性抗炎症薬の服用による食物アレルゲンの吸収増加機構の解明, 横大路 智治, 羽村 光, 厳原 美穂, 松尾 裕彰, 日本膜学会第35年会, 2013年, 通常, 日本語
  47. 加水分解小麦感作による小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの原因抗原の解析, 横大路 智治, 栗原 早紀, 千貫 祐子, 原田 晋, 高橋 仁, 森田 栄伸, 石井 香, 平郡 真記子, 秀 道広, 松尾 裕彰, 第25回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2013年, 通常, 日本語
  48. メチル水銀化合物の消化管吸収・血中動態特性, 塚田 絵梨, 森 信博,山元 恵,横大路 智治,松村 菜穂子,佐々木 眞敬,村上 照夫, 日本薬学会第133年会, 2013年, 通常, 日本語, 横浜
  49. Characterization of the Causative Allergens for Wheat-dependent Exercise-induced Anaphylaxis Sensitized with Hydrolyzed Wheat Proteins in Facial Soap., Yokooji T, Kurihara S, Murakami T, Chinuki Y, Harada S, Takahashi H, Morita E, Ishii K, Hiragun M, Hide M, Matsuo H, American Academy of Allergy, Asthma and Immunology (AAAAI) Annual Meeting 2013, 2013年, 通常, 英語, San Antonio (USA)
  50. Aspirin Augments IgE-Mediated Histamine Release From Human Peripheral Basophils Via Syk Kinase Activation , Matsuo H, Yokooji T, Morita H, Ooi M, Urata K, Takahagi S, Ishii K, Yanase Y, Hiragun T, Mihara S, Hide M, American Academy of Allergy, Asthma and Immunology (AAAAI) Annual Meeting 2013, 2013年, 通常, 英語
  51. ヒト妊娠期・授乳期尿中の内因性物質とABC トランスポーターとの相互作用解析, 亀田 祐希, 横大路 智治, 森 信博, 村上 照夫, 横大路 智治, 森 信博, 村上 照夫, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年, 通常, 日本語, 松江
  52. 消化管異物排出トランスポーターの機能と薬剤誘発消化管毒性に関する研究, 横大路 智治, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年, 招待, 日本語, 松江
  53. ゲニステインを用いた塩酸イリノテカン処置後に生じる下痢の抑制, 横大路 智治, 川邉 美宏, 森 信博, 村上 照夫, 膜シンポジウム2012, 2012年, 通常, 日本語, 神戸
  54. 加水分解小麦感作による小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの原因抗原解析, 横大路 智治, 村上 朋子, 栗原 早紀, 千貫 祐子, 原田 晋, 高橋 仁, 森田 栄伸, 松尾 裕彰, 第24回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2012年, 通常, 日本語, 大阪
  55. ゲニステインを用いた塩酸イリノテカンにより惹起される下痢の軽減, 横大路 智治, 川邉 美宏, 森 信博, 村上 照夫, 日本膜学会第34年会, 2012年, 通常, 日本語
  56. ゲニステインによる塩酸イリノテカン処置に伴う下痢の軽減, 横大路 智治, 川邉 美宏, 森 信博, 村上 照夫, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年, 通常, 日本語, 高松
  57. Characterization of intestinal absorption of quinidine, a P-glycoprotein substrate, in rats – solution vs powder –., 森 信博, 横大路 智治, 岩元 陽香, 村上 照夫, 第26回日本薬物動態学会年会, 2011年, 通常, 日本語, 広島
  58. Characterization of intestinal absorption of qunidine, a P-glycopotein substrate, in rats., Murakami T, Iwamoto H, Yokooji T, Mori N, 8th Retrometabolism Based Drug Design and Targeting Conference, 2011年, 招待, 英語, Graz (Austria)
  59. 全身組織に発現するMRPsの機能解析, 横大路 智治, 森信博, 村上照夫, 日本膜学会第33年会, 2011年, 通常, 日本語, 東京

受賞

  1. 2012年11月10日, 平成24年度日本薬学会中国四国支部奨励賞, 日本薬学会中国四国支部支部長, 消化管異物排出トランスポーターの機能と薬剤誘発消化管毒性に関する研究
  2. 2014年05月09日, 第10回日本アレルギー学会学術大会賞, 日本アレルギー学会理事長, 加水分解小麦感作による小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの原因抗原の解析
  3. 2015年05月15日, 2015年度日本膜学会膜学研究奨励賞, 日本膜学会, 食物アレルゲンの吸収機構の解明と食物アレルギーの発症に関する研究

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 食物抗原の吸収と食物アレルギーの感作を増強する因子の探索とその機構の解析, 2016年, 2018年
  2. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 運動負荷やNSAIDsの服用による食物抗原の吸収と食物アレルギー発症への影響解析, 2014年, 2015年
  3. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), NSAIDsの服用による食物アレルゲンの吸収増加機構の解明, 2012年, 2013年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 妊娠に伴う母体P-糖タンパク質関連化合物の変動とP-糖タンパク質機能への影響解析, 2010年, 2012年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ゲニステインを応用した多剤耐性克服剤の開発と新規化学療法システムの構築, 2006年, 2007年