山崎 文之FUMIYUKI YAMASAKI

Last Updated :2019/10/19

所属・職名
病院(医) 脳・神経・精神診療科 講師
ホームページ
メールアドレス
fyamahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 Neurosurgery
TEL:082-257-5227 FAX:082-257-5229
自己紹介
脳腫瘍、小児脳腫瘍の手術を専門とします。手術、放射線治療、化学療法、分子標的療法、免疫療法、緩和治療、支持療法などの集学的治療の方針を患者さんの状態に合わせて相談しながら決定します。神経画像診断に詳しく、腫瘍と非腫瘍性疾患の鑑別や腫瘍の再発診断を最新の画像診断技術を駆使して行います。

基本情報

主な職歴

  • 2004年03月07日, 2006年06月08日, M. D. アンダーソン癌センター, Research fellow
  • 2007年01月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 助手
  • 2007年04月01日, 2015年10月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 助教
  • 2015年11月01日, 広島大学, 病院, 講師

学歴

  • 広島大学, 医学系研究科, 脳腫瘍学, 日本, 1999年04月, 2003年03月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1987年04月, 1993年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 脳神経外科学

研究キーワード

  • 脳腫瘍
  • 小児脳腫瘍
  • 悪性脳腫瘍
  • 脳腫瘍学
  • 神経放射線診断
  • 分子標的療法
  • マイクロRNA
  • 画像情報とゲノム情報の統合

所属学会

  • 国際磁気共鳴医学会, 2016年10月
  • アメリカ癌学会
  • アメリカ脳腫瘍学会
  • 日本脳神経外科学会
  • 日本脳神経外科コングレス
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本臨床腫瘍学会, 2012年04月
  • 日本脳腫瘍学会
  • 日本脳腫瘍病理学会
  • 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2013年02月
  • 日本小児神経外科学会
  • 日本小児血液・がん学会, 2011年06月
  • 日本磁気共鳴医学会
  • 日本神経放射線学会
  • 日本脳神経CI学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本 Awake Surgery 学会(脳腫瘍覚醒下マッピング加算の施設認定担当医)
  • 日本脳腫瘍の外科学会
  • AYAがんの医療と支援のあり方研究会, 2018年09月
  • 日本医学教育学会, 2019年03月

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 器官・システム病態制御学I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 96歳急性硬膜下血腫の一手術成功例, 医療, 48巻, 12号, pp. 1079-1082, 1994
  2. 前頭蓋窩硬膜動静脈奇形に、モヤモヤ様血管網を伴う一側中大脳動脈閉塞を合併した1症例., 脳神経外科, 23巻, 7号, pp. 603-607, 199507
  3. Choroid Plexus Carcinoma in the Lateral Ventricle : Case Report, Neurologia medico-chirurgica, 35巻, 10号, pp. 742-744, 19951015
  4. 脳出血を伴った肥厚性硬膜炎の一例, 脳と神経, 48巻, 5号, pp. 475-480, 199605
  5. 脳出血を合併した骨Paget病の1例, 脳神経外科ジャーナル, 5巻, 6号, pp. 465-469, 19961120
  6. 膜様構造物が原因となった成人発症中脳水道狭窄症の1例., 脳神経外科, 24巻, 8号, pp. 745-748, 199608
  7. 転移性脳腫腫瘍に対する定位高線量回転照射, 医療, 50巻, 1号, pp. 27-31, 1996
  8. 脳挫傷によりpure motor monoparesisをきたした1例., 神経内科, 47巻, 5号, pp. 505-508, 199705
  9. 健康成人に発生した慢性硬膜下血腫内膿瘍 "Infected subdural hematoma" の1例, 脳神経, 49巻, pp. 81-84, 1997
  10. Kernohan's notch がMRIにて確認された慢性硬膜下血腫の1例, 脳神経, 49巻, pp. 563-566, 1997
  11. Chordoid meningioma の1例., 脳神経外科, 27巻, 10号, pp. 947-951, 199910
  12. M-CSF遺伝子導入によるラットグリオーマ培養細胞の増殖に及ぼす影響, 神経免疫研究, 12巻, pp. 146-150, 199912
  13. ★, Recurrence of meningiomas - Influence of vascular endothelial growth factor expression, CANCER, 89巻, 5号, pp. 1102-1110, 200009
  14. Morphologic features of human chorionic gonadotropin- or alpha-fetoprotein-producing germ cell tumors of the central nervous system: histological heterogeneity and surgical meaning., Brain Tumor Pathol., 18巻, 2号, pp. 61-67, 200102
  15. Absence of mutations in the NBS1 gene in B-cell malignant lymphoma patients., Anticancer Research, 20巻, 3B号, pp. 1897-1900, 200005
  16. 円蓋部meningioma en plaqueの一症例, 脳神経外科, 29巻, 2号, pp. 145-150, 200102
  17. Intrasellar rhabdomyosarcoma: Case report, NEUROSURGERY, 48巻, 3号, pp. 677-680, 200103
  18. 症例報告 特異な画像所見を呈した小脳juvenile pilocytic astrocytomaの1例, Brain and nerve : 神経研究の進歩, 53巻, 4号, pp. 391-395, 200104
  19. 虚血症状で発症し, その後クモ膜下出血をきたした椎骨動脈解離性脳動脈瘤の1例, 脳神経外科ジャーナル, 10巻, 10号, pp. 682-687, 20011020
  20. 脳幹グリオーマ12例の臨床的検討, 脳神経外科ジャーナル, 10巻, 12号, pp. 783-788, 20011220
  21. 若年者に発症した症候性側脳室subependymoma の1例., 脳と神経, 53巻, 12号, pp. 1123-1127, 200112
  22. Detection of a pineoblastoma with large central cyst in a young child, CHILDS NERVOUS SYSTEM, 18巻, 3-4号, pp. 157-160, 200204
  23. Myelodysplastic Syndrome Following Therapy for Brain Tumor, Neurologia medico-chirurgica, 42巻, 4号, pp. 170-174, 20020415
  24. Good clinical course in infants with desmoplastic cerebral neuroepithelial tumor treated by surgery alone, JOURNAL OF NEURO-ONCOLOGY, 59巻, 1号, pp. 63-69, 200208
  25. Interhemispheric arachnoid cyst in the elderly: Case report and review of the literature, SURGICAL NEUROLOGY, 59巻, 1号, pp. 68-74, 200301
  26. Expression of survivin in astrocytic tumors - Correlation with malignant grade and prognosis, CANCER, 97巻, 4号, pp. 1077-1083, 200302
  27. Staurosporine-induced apoptosis is independent of p16 and p21 and achieved via arrest at G2/M and at GI in U251MG human glioma cell line, CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 51巻, 4号, pp. 271-283, 200304
  28. U251MGヒトグリオーマ細胞において、スタウロスポリンによるアポトーシスはp16とp21に無関係にG2/M期とG1期より引き起こされる(学位論文抄録)(第469回広島大学医学集談会(平成15年1月6日)), 広島大学医学雑誌, 51巻, 2号, 20030428
  29. 造影後FLAIR画像による脳静脈性血管腫の診断 : 2症例の報告, Brain and nerve : 神経研究の進歩, 55巻, 6号, pp. 537-541, 200306
  30. 脳腫瘍 (特集 意識障害へのアプローチ--診断・治療のポイントとピットフォール) -- (非代謝性脳障害(一次性脳障害)), 救急医学, 27巻, 8号, pp. 939-941, 200308
  31. p16 gene transfer increases cell killing with abnormal nucleation after ionizing radiation in glioma cells, Br J Cancer, 89巻, 9号, pp. 1802-1811, 200311
  32. Image box, third ventricle tumors., インナービジョン 象, 18巻, 8号, pp. 15-16, 2003
  33. Relationship between Intratumoral Hemorrhage and Overexpression of Vascular Endothelial Growth Factor (VEGF) in Pituitary Adenoma, Hiroshima journal of medical sciences, 53巻, 2号, pp. 23-27, 200406
  34. ★, Apparent diffusion coefficient of human brain tumors at MR imaging, RADIOLOGY, 235巻, 3号, pp. 985-991, 200506
  35. Cyclin A-associated kinase activity is needed for paclitaxel sensitivity., Mol Cancer Ther, 4巻, 7号, pp. 1039-1046, 200507
  36. ★, Detection and differentiation of lactate and lipids by single-voxel proton MR spectroscopy, NEUROSURGICAL REVIEW, 28巻, 4号, pp. 267-277, 200510
  37. Prognosis of cerebellar glioblastomas: Correlation between prognosis and immunoreactivity for epidermal growth factor receptor compared with supratentorial glioblastomas, ANTICANCER RESEARCH, 26巻, 2B号, pp. 1351-1357, 2006
  38. Reduction of radiation-induced apoptosis by specific expression of Bcl-2 in normal cells., Cancer Gene Ther, 13巻, 5号, pp. 451-459, 200605
  39. Cytoplasmic, but not nuclear, p16 expression may signal poor prognosis in high-grade astrocytomas, Journal of Neurooncology, 77巻, 3号, pp. 273-277, 200605
  40. A pituitary abscess showing high signal intensity on diffusion-weighted imaging, NEUROSURGICAL REVIEW, 29巻, 3号, pp. 246-248, 200607
  41. Retinoblastoma protein prevents staurosporine-induced cell death in a retinoblastoma-defective human glioma cell line, PATHOBIOLOGY, 74巻, 1号, pp. 22-31, 200701
  42. Geminin: A good prognostic factor in high-grade astrocytic brain tumors, CANCER, 109巻, 5号, pp. 949-956, 200703
  43. Survivin subcellular localization in high-grade astrocytomas: simultaneous expression in both nucleus and cytoplasm is negative prognostic marker, JOURNAL OF NEURO-ONCOLOGY, 82巻, 2号, pp. 193-198, 2007
  44. ★, Acquired resistance to erlotinib in A-431 epidermoid cancer cells requires down-regulation of MMAC1/PTEN and up-regulation of phosphorylated Akt, CANCER RESEARCH, 67巻, 12号, pp. 5779-5788, 200706
  45. 血清HCG異常高値の松果体部腫瘍(脳腫瘍の画像と病理), 脳神経外科ジャーナル, 16巻, 7号, pp. 578-582, 20070720
  46. 運動野近傍の手術-術前脳機能評価と術中モニタリング, 広島医学, 60巻, 8号, pp. 483-484, 200708
  47. Sensitivity of breast cancer cells to erlotinib depends on cyclin-dependent kinase 2 activity, MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS, 6巻, 8号, pp. 2168-2177, 200708
  48. Expression of vascular endothelial growth factor in dura mater of patients with moyamoya disease, NEUROSURGICAL REVIEW, 31巻, 1号, pp. 77-81, 200801
  49. Centrosome amplification induced by survivin suppression enhances both chromosome instability and radiosensitivity in glioma cells, BRITISH JOURNAL OF CANCER, 98巻, 2号, pp. 345-355, 200801
  50. Activity of lapatinib is independent of EGFR expression level in HER2-overexpressing breast cancer cells., Mol Cancer Ther, 7巻, 7号, pp. 1846-1850, 200807
  51. Secondary anaplastic oligodendroglioma after cranial irradiation: a case report, Journal of Neuro-Oncology, 88巻, 3号, pp. 299-303, 200807
  52. Familial occurrence of dysembryoplastic neuroepithelial tumor-like neoplasm of the septum pellucidum: Case report, NEUROSURGERY, 63巻, 2号, pp. 370-372, 200808
  53. PEA-15 induces autophagy in human ovarian cancer cells and is associated with prolonged overall survival., Cancer Res., 68巻, 22号, pp. 9302-9310, 200811
  54. Volume subtraction 法を応用した Fusion CTA : コイル塞栓術における術前CTAと術後コイルの Fusion image, CI研究 : progress in computed imaging, 30巻, 1号, pp. 29-34, 20080630
  55. CENTROSOME AMPLIFICATION INDUCED BY SURVIVIN SUPPRESSION ENHANCES BOTH CHROMOSOME INSTABILITY AND RADIOSENSITIVITY IN GLIOMA CELLS, NEURO-ONCOLOGY, 11巻, 2号, pp. 220-220, 2009
  56. Advantages of High b Value Diffusion-Weighted Imaging in the Diagnosis of Acute Stroke - A Case Report, CEREBROVASCULAR DISEASES, 27巻, 6号, pp. 616-617, 2009
  57. Quality of Life of Extremely Long-Time Germinoma Survivors Mainly Treated with Radiotherapy., Prog Neurol Surg., 23巻, pp. 130-139, 200903
  58. 磁気共鳴スペクトロスコピー -Chemical shift imaging の脳腫瘍への応用-, 広島医学, 62巻, 4号, pp. 179-180, 200904
  59. Single voxel proton MR spectroscopyによる脳病変の診断, 脳神経外科ジャーナル, 18巻, 8号, pp. 603-608, 20090820
  60. The Combination of Low Cytoplasmic and High Nuclear Expression of p27 Predicts a Better Prognosis in High-grade Astrocytoma, ANTICANCER RESEARCH, 29巻, 2号, pp. 597-603, 2009
  61. 補習講座 脳のMR画像診断の進歩, 広島医学, 62巻, 10号, pp. 504-512, 2009
  62. 5歳 女児 第三脳室腫瘍(脳腫瘍の画像と病理), 脳神経外科ジャーナル, 19巻, 1号, pp. 66-71, 20100120
  63. PEA-15 inhibits tumorigenesis in an MDA-MB-468 triple-negative breast cancer xenograft model through increased cytoplasmic localization of activated extracellular signal-regulated kinase., Clin Cancer Res., 16巻, 6号, pp. 1802-1811, 201003
  64. Cerebral Angiography using Gadolinium as an Alternative Contrast Medium in a Patient with Severe Allergy to Iodinated Contrast Medium, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 59巻, 1号, pp. 15-16, 201003
  65. Glioblastoma treated with postoperative radio-chemotherapy : Prognostic value of apparent diffusion coefficient at MR imaging, European Journal of Radiology, 73巻, 3号, pp. 532-537, 201003
  66. Role of PROPELLER diffusion weighted imaging and apparent diffusion coefficient in the diagnosis of sellar and parasellar lesions, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 74巻, 3号, pp. 420-427, 201006
  67. 5.血清HCG異常高値の松果体部腫瘍(脳腫瘍の画像と病理), 脳神経外科ジャーナル, 19巻, 2号, pp. 26-30, 20101020
  68. 脳腫瘍の腫瘍マーカー 中枢神経系胚細胞性腫瘍 (新時代の脳腫瘍学--診断・治療の最前線) -- (脳腫瘍の診断), 日本臨床, 68巻, 0号, pp. 292-297, 201012
  69. Expression of phosphoprotein enriched in astrocytes 15 kDa (PEA-15) in astrocytic tumors: a novel approach of correlating malignancy grade and prognosis, Journal of Neuro-Oncology, 100巻, 3号, pp. 449-457, 201012
  70. 髄芽腫臨床を理解するための12項目(<特集>小児神経外科治療と長期予後), 脳神経外科ジャーナル, 20巻, 5号, pp. 363-371, 20110520
  71. ★, Magnetic resonance spectroscopic detection of lactate is predictive of a poor prognosis in patients with diffuse intrinsic pontine glioma, NEURO-ONCOLOGY, 13巻, 7号, pp. 791-801, 201107
  72. 脊髄血管芽腫の手術., 脳神経外科速報, 21巻, 8号, pp. 838-845, 201108
  73. 言語野近傍の手術-覚醒下手術と言語mapping-, 広島医学, 64巻, 10号, pp. 431-432, 201110
  74. Role of PROPELLER diffusion-weighted imaging and apparent diffusion coefficient in the evaluation of pituitary adenomas, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 80巻, 2号, pp. 412-417, 201111
  75. Gemcitabine Overcomes Erlotinib Resistance in EGFR-Overexpressing Cancer Cells through Downregulation of Akt, JOURNAL OF CANCER, 2巻, pp. 435-442, 2011
  76. テモゾロミド点滴静注用剤と脳神経外科領域での制吐療法, 脳神経外科速報, 21巻, 10号, pp. 1134-1141, 2011
  77. 神経画像アトラス ステロイド療法が奏功した中枢神経原発リンパ腫様肉芽腫症の1例, Brain and nerve : 神経研究の進歩, 64巻, 1号, pp. 85-87, 201201
  78. Lymphomas and glioblastomas: Differences in the apparent diffusion coefficient evaluated with high b-value diffusion-weighted magnetic resonance imaging at 3 T, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 81巻, 2号, pp. 339-344, 201202
  79. メチオニンPETによる再発脳腫瘍の術前評価とその手術支援への応用., 広島医学, 65巻, 3号, pp. 159-160, 201203
  80. 脳腫瘍を含む小児がんに対するステロイド使用の現状:全国アンケートの集計結果., 脳神経外科, 40巻, 7号, pp. 607-616, 201207
  81. 星細胞系腫瘍におけるphosphoprotein enriched in astrocytes 15kDa (PEA-15)の発現 (特集 第64回広島医学会総会) -- (受賞論文の要旨 第64回広島医学会総会 広島臨床外科医学会奨学金受賞), 広島医学, 65巻, 2号, pp. 78-83, 201202
  82. Role of perfusion-weighted imaging at 3 T in the histopathological differentiation between astrocytic and oligodendroglial tumors, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 81巻, 8号, pp. 1863-1869, 201208
  83. Evaluation of cerebellar mutism by arterial spin-labeling perfusion magnetic resonance imaging in a patient with atypical teratoid/rhabdoid tumor (AT/RT): a case report, CHILDS NERVOUS SYSTEM, 28巻, 8号, pp. 1257-1260, 201208
  84. MAGNETIC RESONANCE SPECTROSCOPIC DETECTION OF LACTATE IS PREDICTIVE OF A POOR PROGNOSIS IN PATIENTS WITH DIFFUSE INTRINSIC PONTINE GLIOMA, NEURO-ONCOLOGY, 14巻, pp. 141-141, 2012
  85. Advantages of high b-value diffusion-weighted imaging to diagnose pseudo-responses in patients with recurrent glioma after bevacizumab treatment, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 81巻, 10号, pp. 2805-2810, 201210
  86. 神経画像アトラス 大脳のびまん性血流低下を示した小脳性無言症の1例, Brain and nerve : 神経研究の進歩, 64巻, 12号, pp. 1431-1433, 201212
  87. 磁気共鳴スペクトロスコピーによるlactateの検出はびまん性内在性橋グリオーマの予後不良因子である (特集 第65回広島医学会総会) -- (受賞論文の要旨), 広島医学, 66巻, 2号, pp. 61-67, 201302
  88. Preoperative histological grading of meningiomas using apparent diffusion coefficient at 3T MRI, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 82巻, 4号, pp. 658-663, 201304
  89. Desmoplastic/nodular medulloblastoma associated with anhidrotic ectodermal dysplasia., INTERNATIONAL CANCER CONFERENCE JOURNAL, 2巻, 3号, pp. 178-182, 201307
  90. 術中MRIを用いた悪性神経膠腫の手術., 広島医学, 66巻, 7号, pp. 415-416, 201307
  91. 小児の脳腫瘍 (特集 治療や合併症のポイントがわかる! 看護につながる! 事例で学ぶ脳腫瘍), Brain nursing, 29巻, 9号, pp. 907-911, 201309
  92. 脳腫瘍手術における術中MRIの有用性 : 術中MRI新規導入の観点から, 広島医学, 66巻, 10号, pp. 567-572, 201310
  93. 箸による経眼窩的頭蓋内穿通性脳損傷 症例報告と文献レビュー, Neurological Surgery, 41巻, 11号, pp. 1001-1009, 201311
  94. 側頭葉に発生したpapillary glioneuronal tumorの1例, 脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery, 22巻, 11号, pp. 860-865, 20131120
  95. 多飲多尿で発症した鞍上部造影病変の1例, 脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery, 22巻, 12号, pp. 949-952, 20131220
  96. 髄芽腫, 脳21, 17巻, 1号, pp. 57-64, 201401
  97. 中枢神経悪性腫瘍への放射線照射に伴う悪心・嘔吐に対するグラニセトロンの効果, 脳神経外科, 42巻, 1号, pp. 27-34, 201401
  98. 頭部外傷の画像診断 -急性期の限られた時間内での対応の観点から-, CI研究, 36巻, 1号, pp. 1-10, 201401
  99. 非造影MR perfusionよる crossed cerebellar diaschisisの診断, 広島医学, 67巻, 1号, pp. 3-4, 201401
  100. 脳神経外科医が解説する化学療法概論, 脳神経外科速報, 24巻, pp. 553-561, 201405
  101. Neuroimaging diagnosis of pineal region tumors-quest for pathognomonic finding of germinoma, NEURORADIOLOGY, 56巻, 7号, pp. 525-534, 201407
  102. QUALITY OF LIFE OF EXTREMELY LONG-TIME SURVIVORS WITH GERMINOMA MAINLY TREATED WITH RADIOTHERAPY, NEURO-ONCOLOGY, 16巻, 2014
  103. A Multicenter Phase I/II Study of the BCNU Implant (Gliadel® Wafer) for Japanese Patients with Malignant Gliomas, Neurologia medico-chirurgica, 54巻, 4号, pp. 290-301, 2014
  104. 脈絡叢乳頭腫. 腫瘍性疾患 神経上皮性腫瘍、脈絡叢腫瘍, 神経症候群(第2版), VI巻, pp. 90-94, 2014
  105. 髄芽腫. 腫瘍性疾患 神経上皮性腫瘍、胎児性腫瘍, 神経症候群(第2版), VI巻, pp. 172-176, 2014
  106. p16 Gene Transfer Induces Centrosome Amplification and Abnormal Nucleation Associated with Survivin Downregulation in Glioma Cells, PATHOBIOLOGY, 82巻, 1号, pp. 1-8, 201502
  107. ベバシズマブ登場後の悪性神経膠腫治療, 日本医事新報, 4745巻, pp. 952-952, 201504
  108. ★, Magnetic resonance spectroscopy detection of high lipid levels in intraaxial tumors without central necrosis: a characteristic of malignant lymphoma, JOURNAL OF NEUROSURGERY, 122巻, 6号, pp. 1370-1379, 201506
  109. The postirradiation incidence of cavernous angioma is higher in patients with childhood pineoblastoma or primitive neuroectodermal tumors than medulloblastoma, CHILDS NERVOUS SYSTEM, 31巻, 6号, pp. 901-907, 201506
  110. Results of sequential chemoradiotherapy for intracranial germinoma, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 33巻, 6号, pp. 336-343, 201506
  111. 膠芽腫に対するベバシズマブ投与後の画像効果判定., 広島医学, 68巻, 10号, pp. 509-510, 201510
  112. Post-traumatic Unilateral Avulsion of the Abducens Nerve with Damage to Cranial Nerves VII and VIII - Case report, NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 3巻, pp. 81-83, 20160516
  113. Benign fibrous histiocytoma arising at the temporal bone of an infant-case report and review of the literature, CHILDS NERVOUS SYSTEM, 32巻, 1号, pp. 189-193, 201601
  114. Cavernous angioma after chemotherapy for desmoplastic/nodular medulloblastoma associated with anhidrotic ectodermal dysplasia, CHILDS NERVOUS SYSTEM, 32巻, 2号, pp. 395-398, 201602
  115. Diffusion-weighted imaging and the apparent diffusion coefficient on 3T MR imaging in the differentiation of craniopharyngiomas and germ cell tumors, NEUROSURGICAL REVIEW, 39巻, 2号, pp. 207-213, 201604
  116. Solitary Langerhans cell histiocytosis located in the neurohypophysis with a positive titer HCG-beta in the cerebrospinal fluid, CHILDS NERVOUS SYSTEM, 32巻, 5号, pp. 901-904, 201605
  117. グリオーマの画像診断, 脳神経外科速報, 26巻, 5号, pp. 453-460, 201605
  118. 小児脳腫瘍の治療. 手術と化学療法の組み合わせ 〜Optic pathway glioma〜., 脳神経外科速報, 26巻, 11号, pp. 1177-1185, 20161101
  119. Advantage of high b value diffusion-weighted imaging for differentiation of hemangioblastoma from brain metastases in posterior fossa., World Neurosurgery, 20170204
  120. Multicentric Glioma Develops via a Mutant IDH1-Independent Pathway: Immunohistochemical Study of Multicentric Glioma, PATHOBIOLOGY, 84巻, 2号, pp. 99-107, 201702
  121. Permeability Surface Area Product Using Perfusion Computed Tomography Is a Valuable Prognostic Factor in Glioblastomas Treated with Radiotherapy Plus Concomitant and Adjuvant Temozolomide, WORLD NEUROSURGERY, 97巻, pp. 21-26, 201701
  122. Transsphenoidal Posterior Pituitary Lobe Biopsy in Patients with Neurohypophysial Lesions, WORLD NEUROSURGERY, 99巻, pp. 543-547, 201703
  123. 脳腫瘍手術における術中フローサイトメトリー, 広島医学, 70巻, 4号, pp. 191-192, 20170401
  124. Advantage of High b Value Diffusion-Weighted Imaging for Differentiation of Hemangioblastoma from Brain Metastases in Posterior Fossa, WORLD NEUROSURGERY, 101巻, pp. 643-650, 201705
  125. 橋外髄鞘崩壊症の超急性期像が高いb値の拡散強調画像により捉えられた1例 60 (5): 712-713, 2015, 臨床放射線, 60巻, 5号, pp. 712-713, 20150501
  126. Development of cystic malacia after high-dose cranial irradiation of pediatric CNS tumors in long-term follow-up, CHILDS NERVOUS SYSTEM, 33巻, 6号, pp. 957-964, 201706
  127. Diffuse leptomeningeal glioneuronal tumor (DLGNT) mimicking Whipple's disease: a case report and literature review, CHILDS NERVOUS SYSTEM, 33巻, 8号, pp. 1411-1414, 201708
  128. High Expression of Glypican-1 Predicts Dissemination and Poor Prognosis in Glioblastomas, WORLD NEUROSURGERY, 105巻, pp. 282-288, 201709
  129. Role for loss of nuclear PTEN in a harbinger of brain metastases, JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE, 44巻, pp. 148-154, 201710
  130. Review of Current Evidence Regarding Surgery in Elderly Patients with Meningioma, NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 57巻, 10号, pp. 521-533, 201710
  131. Pitfalls of Neuroendoscopic Biopsy of Intraventricular Germ Cell Tumors, WORLD NEUROSURGERY, 106巻, pp. 430-434, 201710
  132. ★, Nonenhancing peritumoral hyperintense lesion on diffusion-weighted imaging in glioblastoma: a novel diagnostic and specific prognostic indicator, JOURNAL OF NEUROSURGERY, 128巻, 3号, pp. 667-678, 201803
  133. Prognostic implications of the subcellular localization of survivin in glioblastomas treated with radiotherapy plus concomitant and adjuvant temozolomide, JOURNAL OF NEUROSURGERY, 128巻, 3号, pp. 679-684, 201803
  134. Prognostic importance of temozolomide-induced neutropenia in glioblastoma, IDH-wildtype patients, NEUROSURGICAL REVIEW, 41巻, 2号, pp. 621-628, 201804
  135. Advantages of high b-value diffusion-weighted imaging for preoperative differential diagnosis between embryonal and ependymal tumors at 3 T MRI, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 101巻, pp. 136-143, 201804
  136. 小児の高悪性度グリオーマと脳幹部グリオーマ, 日本小児血液・がん学会雑誌, 54巻, 5号, pp. 373-383, 201711
  137. RELA fusion-positive anaplastic ependymoma: molecular characterization and advanced MR imaging., Brain Tumor Pathol, 35巻, 1号, pp. 41-45, 201801
  138. ★, Proton Magnetic Resonance Spectroscopy Detection of High Lipid Levels and Low Apparent Diffusion Coefficient Is Characteristic of Germinomas., World Neurosurg, 112巻, pp. e84-e94, 201804
  139. JCOG0911 INTEGRA study: a randomized screening phase II trial of interferon beta plus temozolomide in comparison with temozolomide alone for newly diagnosed glioblastoma., J Neurooncol, 201803
  140. Proton Magnetic Resonance Spectroscopy Detection of High Lipid Levels and Low Apparent Diffusion Coefficient Is Characteristic of Germinomas, WORLD NEUROSURGERY, 112巻, pp. E84-E94, 201804
  141. Improved differentiation between high- and low-grade gliomas by combining dual-energy CT analysis and perfusion CT, MEDICINE, 97巻, 32号, 201808
  142. Perfusion Computed Tomography Parameters Are Useful for Differentiating Glioblastoma, Lymphoma, and Metastasis, WORLD NEUROSURGERY, 119巻, pp. E890-E897, 201811
  143. 交流電場腫瘍治療システムによる膠芽腫の治療, 広島医学, 71巻, 10号, pp. 661-662, 20181101
  144. Transient spontaneous regression of brainstem glioblastoma., J Neurosurg Sci, 62巻, 5号, pp. 610-612, 20181001
  145. A randomized, double-blind, phase III trial of personalized peptide vaccination for recurrent glioblastoma., Neuro Oncol, 20181130
  146. Abscess formation in metastatic brain tumor with history of immune checkpoint inhibitor: a case report., NMC Case Rep J., 6巻, 1号, pp. 11-15, 20181218
  147. Microvascular decompression in patients aged 30 years or younger, Asian Journal of Neurosurgery, 14巻, 1号, pp. 111-117, 20190221
  148. Physiologic pituitary hyperplasia causing visual disturbance during adolescence, JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE, 61巻, pp. 279-281, 201903
  149. A randomized, double-blind, phase III trial of personalized peptide vaccination for recurrent glioblastoma, NEURO-ONCOLOGY, 21巻, 3号, pp. 348-359, 201903
  150. Metastatic Malignant Lymphoma Mimicking Cerebral Toxoplasmosis with the "Target Sign", INTERNAL MEDICINE, 58巻, 8号, pp. 1157-1162, 2019
  151. Comparative Evaluation of Angioscopy and Intravascular Ultrasound for Assessing Plaque Protrusion During Carotid Artery Stenting Procedures, WORLD NEUROSURGERY, 125巻, pp. E448-E455, 201905
  152. ★, Usefulness of histogram-profile analysis in ring-enhancing intracranial lesions., World Neurosurg, 20190723
  153. Immunostaining of Increased Expression of Enhancer of Zeste Homolog 2 (EZH2) in Diffuse Midline Glioma H3K27M-Mutant Patients with Poor Survival, PATHOBIOLOGY, 86巻, 2号, pp. 152-161, 2019
  154. 小児、AYA世代の悪性脳腫瘍サバイバーにおける内分泌学的問題点 -GH補充療法を中心に-, 第29回日本間脳下垂体腫瘍学会proceeding
  155. Optico-hypothalamic gliomaに対する治療戦略, 第29回日本間脳下垂体腫瘍学会proceeding
  156. 膠芽腫に対する補助療法の現状と新規治療法の可能性, 脳神経外科ジャーナル, 29巻, 3号
  157. Optic pathway/hypothalamic gliomaに対するビンブラスチン治療 -2症例報告-, 脳神経外科, 47巻, 9号, pp. 977-984, 20190901
  158. ★, Effect of bevacizumab against cystic components of brain tumors, Cancer Medicine, in press巻, in press号
  159. Bevacizumab for optic pathway glioma with worsening visual field in absence of imaging progression –2 case reports and literature review-, Child's Nervous System, in press巻, in press号
  160. Primary and recurrent growing teratoma syndrome in central nervous system non-germinomatous germ cell tumors: case series and review of the literature, World Neurosurgery, in press巻
  161. Focal hyperperfusion and elevated lactate in the cerebral lesions with anti-GABAaR encephalitis: a serial MRI study  , Journal of Neuroradiology, in press巻

著書等出版物

  1. 2010年10月, Methods of Cancer Diagnosis, Therapy, and Prognosis: Brain Cancer., Brain tumors: Apparent diffusion coefficient at magnetic resonance imaging., Springer, 2010年, 10, 教科書, 編著, English, Yamasaki F, Sugiyama K, Kurisu K, pp279-296
  2. 2004年, 脳神経外科学大系 脳腫瘍 I), 胎児性腫瘍, 中山書店, 2004年, 教科書, 共著, 栗栖 薫; 杉山一彦; 山崎文之, pp418-434
  3. 2004年, 脳腫瘍の外科, 中枢神経系primitive neuroectodermal tumors に対するifosphamide/CDDP/ etoposide化学療法の治療経験., メディカ出版(大阪), 2004年, 教科書, 共著, 日本語, 杉山一彦, 有田和徳, 山崎文之, 梶原佳則, 斎藤太一, ムハマド・トハール・アリフィン, 栗栖 薫, 権丈雅浩, pp224-228
  4. 2008年, 脳腫瘍の外科 (甲村英二 編), Central neurocytoma: 全摘出のコツと合併症回避の工夫., メディカ出版(大阪), 2008年, 教科書, 共著, 日本語, 江口国輝、迫田英一郎、山口智、斎藤太一、山崎文之、渋川正顕、飯田幸治、杉山一彦、有田和徳、栗栖 薫., pp262-269
  5. 2010年, 脳腫瘍の外科, 松果体近傍腫瘍に対する後頭経テント接近法における最近の工夫., 編集室なるにあ出版(東京), 2010年, 教科書, 共著, 日本語, 花谷亮典, 時村 洋, 平野宏文, 山崎文之, 杉山一彦, 栗栖 薫, 有田和徳., pp228-233
  6. 2019年10月01日, 疾患・術式別 脳神経外科手術合併症の回避・対処法 Q&A156, 術中MRIの問題点、ピットフォールは?, メディカ出版, 2019年, 201910, その他, 共著, Japanese, 米澤 潮、山崎 文之
  7. 疾患・術式別 脳神経外科手術合併症の回避・対処法 Q&A156, ナビゲーション利用時のbrain shiftの克服法は?, メディカ出版, 2019年, 201910, その他, 共著, Japanese, 高安 武志、山崎 文之

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Recurrence of meningiomas--influence of vascular endothelial growth factor expression., Yamasaki F, Yoshioka H, Hama S, Hanaya R, Sugiyama K, Arita K, Kurisu K., Neuroscience 2000, 2000年11月05日, 通常, 英語, Society for Neuroscience, New Orleans (U.S.A.)
  2. 松果体部腫瘍に対する後頭下天幕接近手術  occipital transtentorial approach ( OTA )  ー特に松果体芽腫5症例の経験からー, 山崎 文之, 伊藤 陽子、岐浦 禎展、有田 和徳、栗栖 薫 、杉山 一彦、富永 篤 、花谷 亮典, 脳神経外科総会 2001, 通常, 日本語
  3. Staurosporine induced apoptosis are not only from G2/M phase but also from G1 phase in glioma cell lines by using adenovirus-mediated p16 or p21-gene transfer., Yamasaki F, Hama S, Yoshioka H, Kajiwara Y, Hanaya R, Sugiyama K, Arita K, Kurisu K., Neuroscience 2002, 2002年11月05日, 通常, 英語, Society for Neuroscience, Orlando (U.S.A.)
  4. Sensitivity to Erlotinib (Tarceva) Depends on Cyclin-Dependent Kinase 2 Activity., Fumiyuki Yamasaki, Gabriel N. Hortobagyi, Kaoru Kurisu, Naoto T. Ueno, 96th annual meeting of American Association for Cancer Research, 2005年04月17日, 通常, 英語, AACR, Anaheim (U.S.A.)
  5. EGFR kinase阻害剤(erlotinib)治療に対する、EGFR高発現細胞株A-431の耐性獲得機序, 山崎文之, Chandra Bartholomeusz、杉山一彦、栗栖薫、上野直人, 第24回日本脳腫瘍学会, 2006年10月01日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍学会, 北海道
  6. 脳幹グリオーマのMR所見と予後因子の検討, 山崎文之, 梶原佳則、穐山雄次、斎藤太一、日高敏和、花谷亮典、杉山一彦、栗栖薫, 第36回日本神経放射線学会, 2007年02月08日, 通常, 日本語, 香川
  7. 脳静脈性血管腫の診断における造影後FLAIR画像の有用性の検討, 山崎文之, 岐浦禎展、渋川正顕、坂本繁幸、岡崎貴仁、大庭信二、杉山一彦、栗栖 薫, 第32回日本脳卒中学会総会, 2007年03月22日, 通常, 日本語, 日本脳卒中学会, 福岡
  8. 小児に発生したdesmoplastic medulloblastomaの一例, 山崎文之, 杉山一彦、花谷亮典、斉藤太一、日高敏和、橋本尚美、栗栖 薫, 第92回広島がん治療研究会, 2007年03月31日, 通常, 日本語, 広島がん治療研究会, 広島
  9. Testis-related gene, MORC1, induces dysfunctional spindle assembly checkpoint, modulating paclitaxel resistance, Fumiyuki Yamasaki, Norimitsu Inoue, Tamotsu Sudo, Dongwei Zhang, Chandra Bartholomeusz, Kaoru Kurisu, Gabriel N. Hortobagyi, Naoto T. Ueno., 97th Annual meeting of American Association for Cancer Research, 2007年04月14日, 通常, 日本語, American Association for Cancer Research, Los Angels (U.S.A.)
  10. 頭痛で発症したAstroblastomaの一例, 山崎文之, 迫田英一郎、花谷 亮典、Aidos Doskaliyev、杉山一彦、栗栖薫 、Amatya Vishwa、廣瀬隆則, 第25回日本脳腫瘍病理学会, 2007年04月19日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 熊本
  11. Diffusion weighted imaging and apparent diffusion coefficient of intracranial abscesses at MR imaging., Fumiyuki Yamasaki, Omar M Mahmoud, Yoshinori Kajiwara, Taiichi Saito, Toshikazu Hidaka, Yuuji Akiyama, Nobukazu Abe, Ryosuke Hanaya, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, ASNR 45th Annual Meeting & The Foundation of the ASNR Symposium, 2007年06月11日, 通常, 英語, ASNR, Chicago (U.S.A.)
  12. EGFR kinase 阻害剤 (erlotinib) に対する感受性はCDK2活性により決定される, 山崎文之, 杉山一彦、栗栖薫、上野直人, 第8回日本分子脳神経外科学会, 2007年08月31日, 通常, 日本語, 日本分子脳神経外科学会, 兵庫
  13. Erlotinib (Tarceva) の感受性はCDK2によって決定される, 山崎文之, 杉山一彦、栗栖薫、上野直人, 第66回日本癌学会学術総会, 2007年10月03日, 通常, 日本語, 日本癌学会
  14. EGFR高発現細胞株のA-431における、EGFR受容体キナーゼ阻害剤(erlotinib)耐性獲得機序, 山崎文之, 杉山一彦、栗栖薫、上野直人, 第45回日本癌治療学会総会, 2007年10月25日, 通常, 日本語, 日本癌治療学会, 京都
  15. Glioblastoma treated with postoperative radio-chemotherapy: Prognostic value of apparent diffusion coefficient at MR imaging., Fumiyuki Yamasaki, Kazuhiko Sugiyama, Megu Ohtaki, Taiichi Saito, Omar Mostafa Mahmoud , Nobukazu Abe, Yuji Akiyama, Ryosuke Hanaya, Kaoru Kurisu, 5th Asian Society for Neuro-Oncology, 2007年11月02日, 通常, 英語, ASNO, Istanbul (Turkey)
  16. 脳幹部gliomaのMR所見と予後因子の検討, 山崎文之, 梶原佳則、斎藤太一、穐山雄次、花谷亮典、杉山一彦、栗栖薫, 広島医学会総会, 2007年11月10日, 通常, 日本語, 広島医学会, 広島
  17. 精巣関連遺伝子MORC1は分裂期checkpoint機能障害を引き起こしpaclitaxelを耐性とする, 山崎文之, 井上徳光、須藤保、Chandra Bartholomeusz、杉山一彦、栗栖薫、Gabriel N. Hortobagyi、上野直人, 第25回日本脳腫瘍学会, 2007年12月10日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍学会, 東京
  18. 膠芽腫のoverall survivalと拡散係数, 山崎文之, 杉山一彦、花谷亮典、梶原佳則、斎藤太一、日高敏和、穐山雄次、安倍伸和、栗栖薫, 第31回日本脳神経CI学会, 2008年02月21日, 通常, 日本語, 日本脳神経CI学会, 東京
  19. 高いb値による脳梗塞急性期の拡散係数の経時的変化の検討, 山崎文之, 渋川正顕、岐浦禎展、斎藤太一、野村栄一、大槻俊輔、杉山一彦、松本昌泰、栗栖薫, 第33回日本脳卒中学会総会, 2008年03月20日, 通常, 日本語, 日本脳卒中学会, 京都
  20. 術前血清NSEとCA19-9の上昇を認めた大脳 PNET の一例, 山崎文之, 杉山一彦、花谷亮典、斎藤太一、渡邊陽介、栗栖薫、廣瀬隆則, 第26回日本脳腫瘍病理学会, 2008年05月23日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 東京
  21. Glioblastoma Treated with Postoperative Radio-Chemotherapy: Prognostic Value of Apparent Diffusion Coefficient at MR Imaging., Fumiyuki Yamasaki, Kazuhiko Sugiyama, Megu Ohtaki, Taiichi Saito, Toshikazu Hidaka, Omar Mostafa Mahmoud, Nobukazu Abe, Yuji Akiyama, Yoshinori Kajiwara, Ryosuke Hanaya, Kaoru Kurisu, ASNR 46th Annual Meeting & The Foundation of the ASNR Symposium, 2008年06月03日, 通常, 英語, ASNR, New Orleans (U.S.A.)
  22. 広島大学病院脳神経外科における3.0テスラMRの臨床応用, 山崎文之, 第18回 広島脳機能研究会 (HCBF), 2008年07月11日, 招待, 日本語, 広島, 広島脳機能研究会 (HCBF)
  23. 広島大学脳神経外科で経験した頭蓋骨腫瘍の診断と治療, 山崎文之, 杉山一彦、富永篤、江口国輝、渋川正顕、梶原佳則、山口智、斎藤太一、栗栖薫、花谷亮典, 第13回日本脳腫瘍の外科学会, 2008年10月21日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍の外科学会, 大阪
  24. 実地医家のための教育講座―脳のMR画像診断の進歩―, 山崎文之, 広島医学会総会, 2008年11月30日, 招待, 日本語, 広島県医師会, 広島
  25. Glioblastoma treated with postoperative radio-chemotherapy: Prognostic value of apparent diffusion coefficient at MR imaging., Fumiyuki Yamasaki, Kazuhiko Sugiyama, Yoshinori Kajiwara, Taiichi Saito, Toshikazu Hidaka, Takeshi Nishimoto, Yosuke Watanabe, Kaoru Kurisu, 3rd Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology, 2009年05月11日, 通常, 英語, Yokohama
  26. 松果体近傍腫瘍に対するoccipital transtentorial approach時のvisual evoked potential モニタリングの試み, 山崎文之, 花谷亮典、武田正明、森重水貴、大吉達樹、富永篤、杉山一彦、有田和徳、栗栖薫, 第9回日本脳神経外科術中画像研究会, 2009年06月06日, 通常, 日本語, 日本脳神経外科術中画像研究会, 東京
  27. 広島大学病院脳神経外科における術中ナビゲーションシステムの使用経験, 山崎文之, 第19回広島脳機能研究会(HCBF), 2009年07月16日, 招待, 日本語, HCBF, 広島
  28. Pilocytic astrocytoma の臨床、画像、病理所見の検討, 山崎文之, 杉山一彦、平野宏文、花谷亮典、梶原佳則、斎藤太一、米澤大、有田和徳、栗栖薫, 第68回日本脳神経外科学会総会, 2009年10月14日, 通常, 日本語, 日本脳神経外科学会, 東京
  29. 脳幹部グリオーマ22例の検討, 山崎文之, 梶原佳則、斎藤太一、渡邊陽介、杉山一彦、栗栖薫, 第27回日本脳腫瘍学会, 2009年11月09日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍学会, 大阪
  30. 脳のMR画像診断の進歩 ~3Tによる高次脳機能画像に期待するもの~, 山崎文之, 第34回広島県MRI勉強会, 2009年11月28日, 通常, 日本語, 広島県MRI勉強会, 広島
  31. 脳幹部グリオーマ22例の検討, 山崎文之, 梶原佳則、斎藤太一、穐山雄次、安部伸和、渡邊陽介、杉山一彦、栗栖薫, 第33回日本脳神経CI学会総会, 2010年02月11日, 通常, 日本語, 日本脳神経CI学会, 東京
  32. Tumefactive lesionの画像診断, 山崎文之, 斎藤太一、梶原佳則、山口智、岐浦禎展、渋川正顕、江口国輝、富永篤、杉山一彦、栗栖薫, 第39回日本神経放射線学会, 2010年02月12日, 通常, 日本語, 神経放射線学会, 東京
  33. MR spectroscopic detection of lactate is predictive of a poor prognosis in patients with brainstem glioma, Fumiyuki Yamasaki, Yoshinori Kajiwara, Taiichi Saito, Yosuke Watanabe, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, 48th Annual Meeting & The Foundation of the ASNR Symposium, 2010年05月18日, 通常, 英語, ASNR, Boston
  34. 脳幹部グリオーマ23例の治療成績の検討, 山崎 文之, 梶原佳則、渡邊陽祐、高安武志、杉山一彦、栗栖薫, 第38回日本小児神経外科学会, 2010年06月04日, 通常, 日本語, 日本小児神経外科学会, 富山
  35. EGFR受容体キナーゼ阻害剤(erlotinib)治療に対する耐性獲得機序とグリオーマ治療における問題点, 山崎文之, 杉山一彦、栗栖薫、上野直人, 第11回日本分子脳神経外科学会, 2010年08月27日, 通常, 日本語, 日本分子脳神経外科学会, 仙台
  36. PROPELLER拡散強調画像による拡散係数を用いた下垂体腺腫の硬さの術前評価, 山崎文之, 富永篤、迫口哲彦、木下康之、穐山雄次、杉山一彦、有田和徳、栗栖薫, 第38回日本磁気共鳴医学会, 2010年09月30日, 通常, 日本語, 日本磁気共鳴医学会, つくば
  37. Tumefactive lesionの画像診断, 山崎文之, 梶原佳則、渡邊陽祐、高安武志、山口智、岐浦禎展、江口国輝、富永篤、杉山一彦、栗栖薫, 第69回日本脳神経外科学会総会, 2010年10月27日, 通常, 日本語, 日本脳神経外科学会, 福岡
  38. 脳幹部グリオーマ23例の治療成績の検討, 山崎文之, 梶原佳則、渡邊陽祐、高安武志、杉山一彦、栗栖薫, 第48回日本癌治療学会, 2010年10月29日, 通常, 日本語, 日本癌治療学会, 京都
  39. 広島大学病院におけるテモダール点滴静注用剤の使用経験, 山崎文之, TMZ(temozolomide) Forum in Hiroshima 2010, 2010年11月19日, 招待, 日本語, MSD株式会社, 広島
  40. 頭蓋内悪性リンパ腫と膠芽腫の鑑別~高いb値による拡散係数計測の有用性~, 山崎文之, ドスカリエフ・アイドス、梶原佳則、渡邊陽祐、高安武志、杉山一彦、栗栖薫, 第28回日本脳腫瘍学会, 2010年11月28日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍学会, 軽井沢
  41. 橋部神経膠腫の治療成績と画像所見の検討(口演), 山崎文之, 梶原佳則、渡邊陽祐、高安武志、杉山一彦、栗栖薫, 第26回日本小児がん学会学術集会, 2010年12月18日, 通常, 日本語, 日本小児がん学会, 大阪
  42. PROPELLER拡散強調画像による拡散係数を用いた傍鞍部腫瘍の術前鑑別診断と下垂体腺腫の硬さの術前評価, 山崎文之, ムハマド・オマール、富永篤、迫口哲彦、木下康之、碓井智、有田和徳、栗栖薫, 第34回日本脳神経CI学会, 2011年02月05日, 通常, 日本語, 日本脳神経CI学会, 鳥取
  43. 膠芽腫の全生存期間と拡散係数, 山崎 文之, 杉山 一彦、梶原 佳則、渡邊 陽祐、高安 武志、栗栖 薫、穐山 雄次、安倍 伸和、高羽 順子、大瀧 慈 , 第40回 日本神経放射線学会, 2011年02月25日, 通常, 日本語, 日本神経放射線学会, 品川
  44. Germinoma の診断におけるadvanced MR imaging の有用性の検討, 山崎 文之, 富永 篤、梶原 佳則、渡邊 陽祐、高安 武志、杉山 一彦、栗栖 薫, 第39回 日本小児神経外科学会(中止), 2011年05月26日, 通常, 日本語, 仙台(中止)
  45. Advantages of High b-Value Diffusion-Weighted Imaging to Diagnose Pseudo-Response in Patients with Recurrent Glioblastoma after Bevacizumab Treatment: Case Report., Fumiyuki Yamasaki, Yoshinori Kajiwara, Yosuke Watanabe, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, 49th Annual Meeting & The Foundation of the ASNR Symposium, 2011年06月06日, 通常, 英語, ASNR, Seattle (U.S.A.)
  46. Advanced MR imagingによる腫瘍性病変の鑑別診断, 山崎文之, 第42回 広島神経医科学研究会, 2011年07月20日, 招待, 日本語, 広島神経医科学研究会, 広島
  47. 頭蓋内悪性リンパ腫と膠芽腫の鑑別 ~高いb値による拡散係数計測の有用性~(口演), 山崎文之, Aidos Doskaliyev、梶原佳則、渡邊陽祐、高安武志、杉山一彦、栗栖薫, 第39回 日本磁気共鳴医学会, 2011年09月30日, 通常, 日本語, 磁気共鳴医学会, 小倉
  48. Bevacizumab投与後のpseudo-responseの評価方法, 山崎 文之, 杉山 一彦、梶原 佳則、渡邊 陽祐、高安 武志、栗栖 薫、青木 友和、山中 正美, 第70回 日本脳神経外科学会総会, 2011年10月12日, 通常, 日本語, 日本脳神経外科学会総会, 横浜
  49. 小児がんに対するステロイド適正使用と副作用対策 ~全国アンケートの集計結果~, 山崎 文之, 杉山 一彦、栗栖 薫、中村 和洋、小林 正夫, 第53回日本小児血液・がん学会, 2011年11月25日, 通常, 日本語, 日本小児血液・がん学会, 群馬
  50. Germinoma の診断におけるadvanced MR imaging の有用性の検討, 山崎 文之, 杉山 一彦、富永 篤、梶原 佳則、木下 康之、渡邊 陽祐、碓井 智、高安 武志、栗栖 薫, 第53回 日本小児血液・がん学会, 2011年11月26日, 通常, 日本語, 第53回 日本小児血液・がん学会, 群馬
  51. Temozolomide点滴静注用剤のgliomaに対する効果とtemozolomide投与時の支持療法, 山崎 文之, 梶原 佳則、渡邊 陽祐、高安 武志、杉山 一彦、栗栖薫, 第49回 日本癌治療学会, 2011年10月27日, 通常, 日本語, 日本癌治療学会, 名古屋
  52. 小児がんに対するステロイド適正使用と副作用対策 ~全国アンケートの集計結果~, 山崎 文之, 杉山 一彦、栗栖 薫、中村 和洋、小林 正夫, 第29回 日本脳腫瘍学会, 2011年11月29日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍学会, 岐阜
  53. Bevacizumab投与後のpseudo-responseの評価方法, 山崎 文之, 杉山 一彦、梶原 佳則、渡邊 陽祐、高安 武志、栗栖 薫、青木 友和、山中 正美, 第35回 日本脳神経CI学会, 2012年03月02日, 通常, 日本語, 日本脳神経CI学会, 横浜
  54. Lymphomas, glioblastomas and metastatic tumors: differences in the apparent diffusion coefficient evaluated with high b-value diffusion-weighted magnetic resonance imaging at 3 tesla, Fumiyuki Yamasaki, Yoshinori Kajiwara, Yosuke Watanabe, Takeshi Takayasu, Ryo Nosaka, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, 50th Annual Meeting & The Foundation of the ASNR Symposium, 2012年04月23日, 通常, 英語, ASNR, New York (U.S.A.)
  55. 術前にCNS悪性リンパ腫との鑑別が困難であったglioblastomaの2例, 山崎 文之, 渡邊 陽祐、高安 武志、野坂 亮、杉山 一彦、栗栖 薫, 第30回 日本脳腫瘍病理学会, 2012年05月26日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 名古屋
  56. Bevacizumab投与後のpseudo-responseの評価方法, 山崎 文之, 杉山 一彦、梶原 佳則、渡邊 陽祐、高安 武志、野坂 亮、栗栖 薫、青木 友和、山中 正美, 第40回 日本磁気共鳴医学会, 2012年09月06日, 通常, 日本語, 日本磁気共鳴医学会, 京都
  57. Embryonal tumor に対する放射線治療後の脳海綿状血管腫の発生, 山崎 文之, 渡邊 陽祐、高安 武志、野坂 亮、富永 篤、栗栖 薫、杉山 一彦, 第71回 日本脳神経外科学会学術総会, 2012年10月17日, 通常, 日本語, 日本脳神経外科学会, 大阪
  58. 肺癌脳転移の脳出血リスクと bevacizumab, 山崎文之, 中外eセミナー, 2012年10月18日, 招待, 日本語, 中外製薬株式会社, 広島
  59. Bevacizumab投与後のpseudo-responseの評価方法, 山崎 文之, 杉山 一彦、梶原 佳則、渡邊 陽祐、高安 武志、野坂 亮、栗栖 薫, 第50回 日本癌治療学会総会, 2012年10月27日, 通常, 日本語, 日本癌治療学会, 横浜
  60. Embryonal tumor に対する放射線治療後の脳海綿状血管腫の発生, 山崎 文之, 渡邊 陽祐、高安 武志、野坂 亮、富永 篤、栗栖 薫、中村 和洋、小林 正夫、杉山 一彦, 第54回 日本小児血液・がん学会, 2012年11月30日, 通常, 日本語, 日本小児血液・がん学会, 横浜
  61. MR画像診断の新たな時代 ~血管内皮増殖因子を標的とした悪性脳腫瘍治療の画像診断~, 山崎 文之, 中外製薬株式会社 社内勉強会, 2013年02月08日, 招待, 日本語, 中外製薬株式会社, 広島
  62. Germinoma の診断におけるadvanced MR imaging の有用性の検討, 山崎 文之, 富永 篤、渡邊 陽祐、木下 康之、高安 武志、碓井 智、野坂 亮、齋藤 太一、杉山 一彦、栗栖 薫, 第42回 日本神経放射線学会, 2013年02月15日, 通常, 英語, 日本神経放射線学会, 小倉, http://jsnr42.umin.jp
  63. Tumefactive lesionの画像診断, 山崎文之, 第36回 日本脳神経CI学会総会, 2013年02月23日, 招待, 日本語, 日本脳神経CI学会, 広島
  64. 小児脳腫瘍の化学療法とテモゾロミド, 山崎文之, 広島 Glioma セミナー 2013, 2013年03月01日, 招待, 日本語, MSD株式会社, 広島
  65. Germinoma の診断におけるadvanced MR imaging の有用性の検討, 山崎文之, 富永 篤、渡邊 陽祐、木下 康之、高安 武志、碓井 智、野坂 亮、齋藤 太一、杉山 一彦、栗栖 薫, 第23回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2013年03月16日, 通常, 日本語, 日本間脳下垂体腫瘍学会, 鹿児島
  66. 悪性脳腫瘍・転移性脳腫瘍に対する分子標的治療の現状, 山崎 文之, 野坂 亮、高安 武志、渡邊 陽祐、齋藤 太一、杉山一彦、栗栖 薫, 第104回 広島がん治療研究会, 2013年03月30日, 通常, 日本語, 広島がん治療研究会, 広島
  67. 転移性脳腫瘍の診断と治療のパラダイムシフト, 山崎 文之, 中外製薬株式会社 社内勉強会, 2013年04月17日, 招待, 日本語, 中外製薬株式会社, 東京
  68. 悪性神経膠腫、膠芽腫とギリアデル®留置の実際, 山崎 文之, ノーベルファーマ株式会社 社内勉強会, 2013年04月24日, 招待, 日本語, ノーベルファーマ株式会社, 広島
  69. The usefulness of T2 star/ susceptibility-weighted imaging for detection with cavernous angioma after cranial irradiation to treatment with embryonal tumors, Fumiyuki Yamasaki, Yosuke Watanabe, Takeshi Takayasu, Ryo Nosaka, Yuji Akiyama, Taiichi Saito, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, 51st Annual Meeting & The Foundation of the ASNR Symposium, 2013年05月20日, 通常, 日本語, ASNR, San Diego (U.S.A.)
  70. Embryonal tumor に対する放射線治療後の脳海綿状血管腫の発生, 山崎文之, 渡邊 陽祐、高安 武志、野坂 亮、齋藤 太一、中村 和洋、富永 篤、小林 正夫、栗栖 薫、杉山 一彦, 第41回 日本小児神経外科学会, 2013年06月08日, 通常, 日本語, 日本小児神経外科学会, 大阪
  71. 脳腫瘍とtumefactive lesionの画像診断, 山崎文之, 第2回 Neuro-Oncology West, 2013年09月14日, 招待, 日本語, Neuro-Oncology West, 大阪
  72. Proton MR spectroscopy による脳腫瘍診断の最新知見~悪性リンパ腫の特徴的所見~, 山崎 文之, 野坂 亮、高安 武志、富永 篤、杉山 一彦、栗栖 薫, 第72回日本脳神経外科学会総会, 2013年10月18日, 通常, 日本語, 日本脳神経外科学会, 横浜
  73. 中枢神経悪性腫瘍への放射線照射に伴う悪心・嘔吐に対するグラニセトロンの効果, 山崎 文之, 野坂 亮、高安 武志、権丈 雅浩、中村 和洋、富永 篤、杉山 一彦、栗栖 薫, 第51回 日本癌治療学会総会, 2013年10月26日, 通常, 日本語, 日本癌治療学会, 京都
  74. Anti-emetic effect of granisetron in patients undergoing cranial radiotherapy, Fumiyuki Yamasaki, Yosuke Watanabe, Ryo Nosaka, Masahiro Kenjo, Kazuhiro Nakamura, Takeshi Takayasu, Atsushi Tominaga, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, 第55回 日本小児血液・がん学会, 2013年11月30日, 通常, 英語, 日本小児血液・がん学会, 福岡
  75. 中枢神経悪性腫瘍への放射線照射に伴う悪心・嘔吐に対するグラニセトロンの効果, 山崎 文之, 高安 武志、野坂 亮、宮村 冴、権丈 雅浩、中村 和洋、富永 篤、杉山 一彦、栗栖 薫, 第31回 日本脳腫瘍学会, 2013年12月08日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍学会, 宮崎
  76. PROPELLER拡散強調画像による拡散係数を用いた傍鞍部腫瘍の術前鑑別診断と下垂体腺腫の硬さの術前評価, 山崎文之, 富永 篤; 木下康之; 碓井 智; 迫口哲彦; 杉山一彦; 有田和徳; 栗栖 薫, 第24回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2014年02月21日, 通常, 日本語, 日本間脳下垂体腫瘍学会, 福岡
  77. 悪性リンパ腫の特異的画像所見 ~中心性壊死を伴わない病変の1HMRSでの高いlipidsの検出~, 山崎文之, 山崎文之; 高安武志; 野坂 亮; 穐山雄次; 杉山一彦; 栗栖 薫, 第37回日本脳神経CI学会, 2014年02月28日, 通常, 日本語, 日本脳神経CI学会, 大宮
  78. 脳血管障害の新たなリスク ~VEGF標的治療の合併症とその回避~, 山崎文之, 高安武志; 野坂 亮; 岐浦禎展; 富永 篤; 栗栖 薫; 杉山一彦, 第39回日本脳卒中学会総会, 2014年03月13日, 通常, 日本語, 日本脳卒中学会, 大阪
  79. 悪性脳腫瘍に対する新規治療法, 山崎文之, 福岡脳腫瘍治療講演会, 2014年04月25日, 招待, 日本語, 福岡大学, 福岡
  80. 神経膠腫治療における新規薬剤使用時の画像所見, 山崎文之, 高安武志; 野坂 亮; 栗栖 薫; 杉山 一彦, 第32回 日本脳腫瘍病理学会, 2014年05月24日, 招待, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 徳島
  81. 神経膠腫治療における新規薬剤使用時の画像と臨床, 山崎文之, 第22回和歌山脳腫瘍研究会, 2014年07月12日, 招待, 日本語, 和歌山医科大学, 和歌山
  82. 中枢神経悪性腫瘍への放射線照射に伴う悪心・嘔吐に対するグラニセトロンの効果, 山崎文之, 野坂 亮; 高安武志; 権丈雅浩; 中村和洋; 富永 篤; 杉山一彦; 栗栖 薫, 第12回日本臨床腫瘍学会, 2014年07月18日, 通常, 日本語, 日本臨床腫瘍学会, 福岡
  83. 頭蓋内悪性リンパ腫とグリオーマの鑑別~1HMRSでの高いlipidのピークの検出~, 山崎文之, 野坂 亮; 高安武志; 富永 篤; 杉山一彦; 栗栖 薫, 第52回日本癌治療学会学術集会, 2014年08月28日, 通常, 日本語, 日本癌治療学会, 横浜
  84. 悪性リンパ腫の特異的画像所見 ~中心性壊死を伴わない病変の1HMRSでの高いlipidsの検出~, 山崎文之, 高安武志; 野坂 亮; 富永 篤; 栗栖 薫; 杉山一彦; 穐山雄次, 第42回日本磁気共鳴医学会, 2014年09月18日, 通常, 日本語, 日本磁気共鳴医学会, 京都
  85. 神経膠腫治療における新規薬剤使用時の画像所見, 山崎文之, 高安武志; 野坂 亮; 富永 篤; 杉山一彦; 栗栖 薫, 日本脳神経外科学会第73回学術総会, 2014年10月10日, 通常, 日本語, 日本脳神経外科学会, 東京
  86. 悪性脳腫瘍に対するアバスチン, 山崎文之, Avastin malignant gioma symposium in Nagasaki, 2014年11月04日, 招待, 日本語, 長崎大学, 長崎
  87. 神経膠腫治療における新規薬剤使用時の画像所見, 山崎文之, 高安武志; 野坂 亮; 富永 篤; 杉山一彦; 栗栖 薫, 第56回日本小児血液・がん学会学術集会, 2014年11月28日, 通常, 日本語, 日本小児血液・がん学会, 岡山
  88. 頭蓋内悪性リンパ腫とグリオーマの鑑別 ~1HMRSでの高いlipidのピークの検出~, 山崎文之, 高安武志; 野坂 亮; 富永 篤; 栗栖 薫; 杉山一彦, 第32回日本脳腫瘍学会学術集会, 2014年12月01日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍学会, 東京
  89. 悪性脳腫瘍とギリアデル, 山崎文之, エーザイ株式会社 社内勉強会, 2015年01月07日, 招待, 日本語, エーザイ株式会社, 広島
  90. 頭蓋内悪性リンパ腫とグリオーマの鑑別 ~1HMRSでの高いlipidのピークの検出~, 山崎文之, 高安武志; 野坂 亮; 富永 篤; 栗栖 薫; 杉山一彦, 第38回 日本脳神経CI学会総会, 2015年02月13日, 通常, 日本語, 日本脳神経CI学会, 名古屋
  91. Germinoma の診断におけるadvanced MR imaging の有用性の検討, 山崎文之, 富永 篤; 木下康之; 高安武志; 碓井 智; 野坂 亮; 杉山一彦; 栗栖 薫, 第25回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2015年02月27日, 通常, 日本語, 日本間脳下垂体腫瘍学会, 京都
  92. PROPELLER拡散強調画像による拡散係数を用いた傍鞍部腫瘍の術前鑑別診断と下垂体腺腫の硬さの術前評価, 山崎文之, 富永 篤; 木下康之; 碓井 智; 迫口哲彦; 杉山一彦; 有田和徳; 栗栖 薫, 第25回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2015年02月27日, 招待, 日本語, 日本間脳下垂体腫瘍学会, 京都
  93. Embryonal tumor に対する放射線治療後の脳海綿状血管腫の発生におけるT2 star画像の有用性, 山崎文之, 高安武志; 野坂 亮; 権丈雅浩; 穐山雄次; 富永 篤; 杉山一彦; 小林正夫; 栗栖 薫, 第44回日本神経放射線学会, 2015年03月06日, 通常, 日本語, 日本神経放射線学会, 名古屋
  94. VEGF標的治療の合併症としての脳血管障害とその回避, 山崎文之, 高安武志; 野坂 亮; 岐浦禎展; 富永 篤; 栗栖 薫; 杉山 一彦, 第40回日本脳卒中学会総会, 2015年03月28日, 通常, 日本語, 日本脳卒中学会, 広島
  95. ここまで見える脳の病気と症状-最新の検査-, 山崎文之, 第79回中国四国支部学術集会 市民公開講座, 2015年04月12日, 招待, 日本語, 第11回(一社)日本脳神経外科学会中国四国地方会, 広島
  96. The advantages of advanced MRI for the diagnosis of germinoma, Yamasaki F, Sugiyama K, Kinoshita Y, Usui S, Takayasu T, Nosaka R, Tominaga A, Kurisu K, The 4th International CNS Germ Cell Tumor Symposium, 2015年04月13日, 通常, 英語, International CNS Germ Cell Tumor Symposium, Tokyo (Japan)
  97. Development of cavernous angioma after chemotherapy against desmoplastic/nodular medulloblastoma associated with anhidrotic ectodermal dysplasia, Yamasaki F, Takeshi Takayasu, Ryo Nosaka, Atsushi Tominaga, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, ASNR 53rd Annual Meeting & The Foundation of the ASNR Symposium 2015, 2015年04月27日, 通常, 英語, American Society of Neuroradiology, Chicago (U.S.A.)
  98. 悪性脳腫瘍とアバスチン, 山崎文之, 脳腫瘍学術講演会, 2015年05月15日, 招待, 日本語, 松江赤十字病院, 松江
  99. 1歳児の側頭骨に発生した benign fibrous histiocytoma の一例, 山崎文之, 高安武志、野坂 亮、Vishwa Jeet Amatya、杉山一彦、栗栖 薫, 第33回日本脳腫瘍病理学会, 2015年05月29日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 高松
  100. The advantages of advanced MRI for the diagnosis of germinoma., Yamasaki F, Kinoshita Y, Usui S, Takayasu T, Nosaka R, Sugiyama K, Kurisu K, 第43回日本磁気共鳴医学会, 2015年09月10日, 通常, 英語, 日本磁気共鳴医学会, Tokyo (Japan)
  101. Embryonal tumor に対する放射線治療後の脳海綿状血管腫の発生におけるT2 star画像の有用性, 山崎文之, 高安武志, 野坂 亮, 富永 篤, 小林正夫, 杉山一彦, 栗栖 薫, 第74回日本脳神経外科学会学術総会, 2015年10月16日, 通常, 日本語, 日本脳神経外科学会, 札幌
  102. VEGF標的治療の合併症としての脳血管障害, 山崎文之, 高安武志, 野坂 亮, 岐浦禎展, 杉山一彦, 栗栖 薫, 第53回 日本癌治療学会, 2015年10月31日, 通常, 日本語, 日本癌治療学会, 京都
  103. The advantages of advanced MRI for the diagnosis of germinoma., Yamasaki F, Kinoshita Y, Takayasu T, Usui S, Nosaka R, Sugiyama K, Kurisu K, 20TH ANNUAL SOCIETY FOR NEURO-ONCOLOGY, 2015年11月21日, 通常, 英語, Society for Neuro-Oncology, San Antonio (U.S.A.)
  104. Germinoma の診断における advanced MR imaging の有用性の検討, 山崎文之, 木下康之, 碓井 智, 高安武志, 野坂 亮, 杉山 一彦, 栗栖 薫, 57回日本小児血液・がん学会学術集会, 2015年11月28日, 通常, 日本語, 日本小児血液・がん学会, 甲府
  105. 悪性脳腫瘍、転移性脳腫瘍に対する VEGF標的治療, 山崎文之, Meet the Expert, 2015年12月03日, 招待, 日本語, JA尾道総合病院, 尾道
  106. 膠芽腫の周囲に認められる非造影の拡散強調画像高信号所見の臨床的意義, 山崎文之, Manish Kolakshyapati、高安 武志、野坂 亮、杉山 一彦、栗栖 薫, 第33回 日本脳腫瘍学会, 2015年12月07日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍学会, 京都
  107. Embryonal tumor に対する放射線治療後の脳海綿状血管腫の発生におけるT2 star画像の有用性, 山崎文之, 高安武志, 野坂 亮, 栗栖 薫, 小林正夫, 杉山一彦, 第39回 日本脳神経CI学会総会, 2016年01月29日, 通常, 日本語, 日本脳神経CI学会, 東京
  108. 広島大学病院における 視神経・視床下部神経膠腫の治療経験, 山崎 文之, 木下 康之、高安 武志、碓井 智、 野坂 亮、齋藤 太一、富永 篤、杉山 一彦、栗栖 薫  , 第26回 日本間脳下垂体腫瘍学会総会, 2016年02月20日, 通常, 日本語, 日本間脳下垂体腫瘍学会, 福島
  109. 転移性脳腫瘍の診断と治療のパラダイムシフト, 山崎 文之, 肺癌学術講演会〜転移性脳腫瘍に対する治療戦略を考える〜, 2016年03月09日, 招待, 日本語, 中外製薬株式会社, 福山
  110. Diffusion MRI of brain tumors., Fumiyuki Yamasaki, 24th annual meeting of International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 2016年05月07日, 招待, 英語, ISMRM, Singapore (Singapore)
  111. Diffuse Leptomeningeal Oligodendrogliomatosis の1例, 山崎文之, 齋藤太一、高安武志、野坂亮、Vega Karlowee、城間紀之、Vishwa Jeet Amatya、武島幸男、杉山一彦、栗栖薫, 第34回 日本脳腫瘍病理学会, 2016年05月27日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 東京
  112. 胚細胞腫の診断における advanced MR imaging の有用性の検討, 山崎 文之, 木下康之、碓井智、高安武志、野坂 亮、齋藤太一、富永 篤、杉山一彦、栗栖薫, 第44回 日本小児神経外科学会, 2016年06月23日, 通常, 日本語, 日本小児神経外科学会, つくば
  113. 広島大学病院における視神経・視床下部神経膠腫の治療経験, 山崎 文之, 木下 康之、高安 武志、碓井 智、野坂 亮、齋藤 太一、富永 篤、杉山 一彦、栗栖 薫, 第44回 日本小児神経外科学会, 2016年06月23日, 通常, 日本語, 日本小児神経外科学会, つくば
  114. The risk of the cerebrovascular disease at the patients with VEGF targeting therapy, Yamasaki F, Takayasu T, Nosaka R, Saito T, Sugiyama K, Kurisu K, 2016 the Japanese Society of Medical Oncology Annual meeting, 2016年07月30日, 通常, 英語, Japanese Society of Medical Oncology, Kobe (Japan)
  115. The usefulness of T2*WI for the detection of cavernous angioma in long-term survivors of childhood embryonal tumors treated by cranial irradiation, Fumiyuki Yamasaki, Takeshi Takayasu T, Ryo Nosaka, Masahiro Kenjo, Yuji Akiyama, Kazuhiko Sugiyama, Masao Kobayashi, Kaoru Kurisu, 第44回 日本磁気共鳴医学会大会, 2016年09月10日, 通常, 英語, 日本磁気共鳴医学会, 大宮
  116. 小児脳腫瘍への高線量放射線治療後 cystic malacia の検討  -特徴と危険因子を探る-, 山崎 文之, 高安武志, 野坂 亮, 齋藤太一, 井川房夫, 杉山一彦, 栗栖 薫, 第75回日本脳神経外科学会学術総会, 2016年09月30日, 通常, 日本語, 日本脳神経外科学会, 福岡
  117. 膠芽腫周囲の非造影拡散強調画像高信号は膠芽腫に特異的かつ予後不良因子である, 山崎 文之, Manish Kolakshyapati、高安 武志、野坂 亮、杉山 一彦 、栗栖 薫, 第54回 日本癌治療学会学術集会, 2016年10月20日, 通常, 日本語, 日本癌治療学会, 横浜
  118. Development of cystic malacia after high dose cranial irradiation of pediatric CNS embryonal tumors in long-term follow-up, Yamasaki F, Kolakshyapati M, Takayasu T, Nosaka R, Sugiyama K, Kurisu K, 21ST ANNUAL SCIENTIFIC MEETING OF THE SOCIETY FOR NEURO-ONCOLOGY, 2016年11月17日, 通常, 英語, Society for Neuro-Oncology, Scottsdale (U.S.A.)
  119. 転移性脳腫瘍の画像診断, 山崎文之, 転移性脳腫瘍セミナー in 広島, 2016年11月25日, 招待, 日本語, 中外製薬株式会社, 広島
  120. 認知症と高齢者について 脳神経外科の視点より, 山崎文之, 大野誠, 臨床試験における認知機能と同意能力, 2016年11月28日, 招待, 日本語, JCOG高齢者研究委員会, 東京
  121. Optic pathway gliomaと脳幹gliomaを含めたgliomaに対するCV療法, 山崎文之, 高安武志、野坂 亮、齋藤太一、杉山一彦、栗栖 薫, 第34回日本脳腫瘍学会学術集会, 2016年12月04日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍学会, 甲府
  122. 小児の高悪性度グリオーマと 脳幹部グリオーマ, 山崎 文之, 第58回 日本小児血液・がん学会, 2016年12月15日, 招待, 日本語, 日本小児血液・がん学会, 東京
  123. 小児脳腫瘍への高線量放射線治療後 cystic malacia の検討  -特徴と危険因子を探る-, 山崎 文之, 高安 武志, 野坂 亮, 齋藤 太一, 井川 房夫, 杉山 一彦, 栗栖 薫, 第58回日本小児血液・がん学会学術集会, 2016年12月15日, 通常, 日本語, 日本小児血液・がん学会, 東京
  124. 「当院での脳腫瘍診療現状」-脳神経外科の立場から-, 山崎 文之, 第5回 せとうち小児がんセミナー, 2017年01月07日, 通常, 日本語, せとうち小児がんセミナー, 広島
  125. 頭蓋内悪性リンパ腫とグリオーマの鑑別 ~1HMRSでの高いlipidのピークの検出~, 山崎 文之, 高安 武志、野坂 亮、富永 篤、杉山 一彦、栗栖 薫, 第46回日本神経放射線学会, 2017年02月18日, 通常, 日本語, 東京
  126. 膠芽腫に特異的な画像所見:造影部周囲の拡散強調画像高信号, 山崎 文之, Manish Kolakshyapati、高安 武志、野坂 亮、齋藤 太一、杉山 一彦 、栗栖 薫, 第40回 日本脳神経CI学会, 2017年03月04日, 通常, 日本語, 鹿児島
  127. VEGF標的治療中の脳血管障害, 山崎文之, 高安武志、野坂亮、齋藤太一、坂本繁幸、井川房夫、杉山一彦、栗栖 薫, Stroke 2017, 2017年03月17日, 通常, 日本語
  128. Proton MR spectroscopy detection of high lipid levels without central necrosis and high intensity on DWI is characteristics of germinoma, Fumiyuki Yamasaki, Yasuyuki Kinoshita, Satoshi Usui, Takeshi Takayasu, Ryo Nosaka, Manish Kolakshyapati, Taiichi Saito, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, 25th annual meeting of International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 2017年04月26日, 通常, 英語, ISMRM, Honolulu (U.S.A.)
  129. Diffuse Leptomeningeal glioneuronal tumor の1例, 山崎 文之, 齋藤太一、高安武志、野坂亮、Vega Karlowee、城間紀之、Vishwa Jeet Amatya、武島幸男、杉山一彦、栗栖 薫, 第34回 日本脳腫瘍病理学会, 2017年05月19日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 宇都宮
  130. 小児脳腫瘍への高線量放射線治療後 cystic malacia の検討 -特徴と危険因子を探る, 山崎 文之, 高安 武志、野坂 亮、齋藤 太一、井川 房夫、杉山 一彦、栗栖 薫, 第45回 日本小児神経外科学会, 2017年06月02日, 通常, 日本語, 日本小児神経外科学会, 神戸
  131. 脳梗塞と初期診断され、後に脳腫瘍と診断された症例の特徴, 山崎文之, 斎藤太一、高安武志、野坂亮、杉山一彦、栗栖 薫, 第20回 日本臨床脳神経外科学会, 2017年07月15日, 通常, 日本語, 日本臨床脳神経外科学会, 広島
  132. 認知機能が低下した高齢者のがん治療 〜脳神経外科の視点〜, 山崎文之, 大野 誠、水谷 友紀、長島 文夫、濱口 哲弥、小川 朝生, 第15回 日本臨床腫瘍学会, 2017年07月29日, 通常, 日本語, 日本臨床腫瘍学会, 神戸
  133. 小児脳腫瘍患者におけるラクトソーブスピンダウンによる頭蓋骨固定 の有用性, 山崎 文之, 高安 武志、野坂 亮、高野 元気、木下康之、井川房夫、栗栖 薫, 第22回日本脳腫瘍の外科学会, 2017年09月08日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍の外科学会, 鹿児島
  134. 膠芽腫に特異的な画像所見:造影部周囲の拡散強調画像高信号, 山崎 文之, Manish Kolakshyapati、Vega Karlowee、高安 武志、穐山 雄次、杉山 一彦、栗栖 薫   , 第45回日本磁気共鳴医学会大会, 2017年09月14日, 通常, 英語, 日本磁気共鳴医学会, 宇都宮
  135. H3.3 K27M抗体陽性gliomaの臨床免疫組織学的検討, 山崎 文之, Vega Karlowee, 高安 武志, 高野 元気, Manish Kolakshyapati, 杉山 一彦, 栗栖 薫, 第76回日本脳神経外科学会総会, 2017年10月14日, 通常, 日本語, 日本脳神経外科学会, 名古屋
  136. 子どもとAYA 世代の脳腫瘍治療後の晩期合併症に対する検診の重要性, 山崎 文之, 高安 武志, 高野 元気, 西淵 いくの, 川口 浩史, 杉山 一彦, 小林 正夫, 栗栖 薫, 第55回 日本癌治療学会総会, 2017年10月20日, 通常, 日本語, 日本癌治療学会, 横浜
  137. Single voxel proton MR spectroscopic detection of high lipid levels and low ADC is characteristics of germinoma, Fumiyuki Yamasaki, Yasuyuki Kinoshita, Takeshi Takayasu, Satoshi Usui, Manish Kolakshyapati, Motoki Takano, Sayuru Tsuyuguchi, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, The 14th Meeting of Asian Society for Neuro-Oncology, 2017年10月30日, 通常, 英語, Osaka (JAPAN)
  138. Non-germinomatous germ cell tumors 治療中の嚢胞性増大と growing teratoma syndrome, 山崎 文之, 高安 武志、木下 康之、碓井 智、高野 元気、Manish Kolakshyapati、露口 冴、杉山 一彦、栗栖 薫, 第59回 日本小児血液・がん学会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 日本小児血液・がん学会, 松山
  139. Cystic enlargement during chemotherapy and growing teratoma syndrome in non-germinomatous germ cell tumor, Fumiyuki Yamasaki, Takeshi Takayasu, Yasuyuki Kinoshita, Satoshi Usui, Motoki Takano, Manish Kolakshyapati, Sayuru Miyamura, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, 22nd Society for Neuro-Oncology, 2017年11月17日, 通常, 日本語, SNO, San Francisco (U.S.A.)
  140. 1HMRSでのlipids検出による脳腫瘍の鑑別診断, 山崎 文之, 木下康之、高安 武志、碓井智、高野 元気、杉山 一彦、栗栖 薫  , 第35回日本脳腫瘍学会, 2017年11月26日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍学会, 高松
  141. 認知機能が低下した高齢者のがん治療 〜脳神経外科の視点〜, 山崎 文之, 大野 誠、水谷 友紀、長島 文夫、濱口 哲弥、小川 朝生、栗栖 薫, 第31回日本老年脳神経外科学会, 2018年02月24日, 通常, 日本語, 日本老年脳神経外科学会, 東京
  142. 長期予後を考慮したoptic pathway gliomaに対する治療戦略, 山崎 文之, 木下 康之、高安 武志、碓井 智、高野 元気、富永 篤、杉山 一彦、栗栖 薫, 第28回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2018年02月09日, 通常, 日本語, 日本間脳下垂体腫瘍学会, 浜松
  143. リング状造影病変のヒストグラム解析, 山崎 文之, Manish Kolakshyapati、橋詰 顕、越智 一秀、上野 弘貴、海地 陽子、碓井 智、高安 武志、粟井 和夫、丸山 博文、杉山 一彦、栗栖 薫, 第47回 日本神経放射線学会, 2018年02月16日, 通常, 日本語, 日本神経放射線学会, つくば
  144. 脳腫瘍の拡散強調画像とみかけの拡散係数, 山崎文之, 木下康之、高安武志、碓井智、高野元気、Manish Kolakshyapati、大西 俊平、渡邊陽祐、富永 篤、栗栖 薫, 第41回 日本脳神経CI学会総会, 2018年03月03日, 通常, 日本語, 日本脳神経CI学会, 新潟
  145. 脳梗塞と初期診断され、後に脳腫瘍と診断された症例の特徴, 山崎 文之, 高安 武志、高野 元気、杉山一彦、栗栖 薫, Stroke, 2018年03月15日, 通常, 日本語, Stroke, 博多
  146. 乳児側脳室脈絡叢腫瘍の手術, 山崎 文之, 高安 武志、高野 元気、山田 直人、杉山 一彦、栗栖 薫, 第46回 日本小児神経外科学会, 2018年06月08日, 通常, 日本語, 日本小児神経外科学会, 東京
  147. 神経下垂体部 germinomaの長期予後因子, 山崎 文之, 木下 康之、碓井 智、高安 武志、高野 元気、山田 直人、杉山 一彦、栗栖 薫, 第46回 日本小児神経外科学会, 2018年06月09日, 通常, 日本語, 日本小児神経外科学会, 東京
  148. Advanced MR imaging of germinoma, Fumiyuki Yamasaki, Yasuyuki Kinoshita, Takeshi Takayasu, Satoshi Usui, Manish Kolakshyapati, Motoki Takano, Naoto Yamada, Vishwa Jeet Amatya, Yuji Akiyama, Yukio Takeshima, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, The 18th ISPNO (International Symposium on Pediatric Neuro-oncology), 2018年07月02日, 通常, 英語, Denver (U.S.A.)
  149. 転移性脳腫瘍と、その他の頭蓋内腫瘍性病変のMRIによる鑑別診断, 山崎 文之, 橋詰 顕、Manish Kolakshyapati、高安 武志、碓井 智、 Vega Karlowee、大西 俊平、高野 元気、山田 直人、杉山 一彦、栗栖 薫, 第16回日本臨床腫瘍学会, 2018年07月20日, 通常, 日本語, 神戸
  150. リング状造影病変のプロファイル解析 Profile analysis in ring-enhancing intracranial lesions, 山崎 文之, Manish Kolakshyapati、橋詰 顕、碓井 智、高安 武志、高野 元気、 越智 一秀、上野 弘貴、海地 陽子、粟井 和夫、丸山 博文、杉山 一彦、栗栖 薫, 第46回日本磁気共鳴医学会大会 (JSMRM), 2018年09月07日, 通常, 日本語, 金沢
  151. 長期予後を考慮したoptic pathway gliomaに対する手術戦略と治療戦略, 山崎 文之, 木下 康之、高安 武志、碓井 智、高野 元気、米澤 潮、富永 篤、杉山 一彦、栗栖 薫   , 第23回 日本脳腫瘍の外科学会, 2018年09月14日, 通常, 日本語, 和歌山
  152. H3.3 K27M抗体陽性gliomaの臨床的・免疫組織学的検討, 山崎 文之, 高安 武志、高野 元気、米澤潮、Vishwa J. Amatya、吉廣 正子、武島 幸男、杉山 一彦、栗栖 薫、Vega Karlowee、, 第36回日本脳腫瘍病理学会, 2018年09月25日, 通常, 日本語, 東京
  153. Radiation-induced meningiomas: Experience at the Hiroshima University Hospital and review of the literature, Fumiyuki Yamasaki, Takeshi Takayasu, Motoki Takano, Ushio Yonezawa, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, The 19th International Congress of Neuropathology (ICN) 2018, 2018年09月25日, 招待, 英語, Tokyo (Japan)
  154. Germinomaの長期予後因子の検討, 山崎 文之, 木下 康之、碓井 智、高安 武志、高野 元気、米澤 潮 、富永 篤、杉山 一彦、栗栖 薫, 日本脳神経外科学会 第77回学術総会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 仙台
  155. 転移性脳腫瘍のMR画像診断, 山崎文之, Manish Kolakshyapati、橋詰 顕、高安 武志、碓井 智、 Vega Karlowee、大西 俊平、高野 元気、米澤 潮、杉山 一彦、栗栖 薫, 第56回 日本癌治療学会, 2018年10月19日, 通常, 日本語, 日本癌治療学会, 横浜
  156. 中枢神経原発胚細胞性腫瘍の診断のための手術の課題と対策, 山崎文之, 木下 康之、高安 武志、碓井 智、高野 元気、米澤 潮、富永 篤、杉山 一彦、栗栖 薫, 第60回 小児血液・がん学会, 2018年11月15日, 通常, 日本語, 京都
  157. 頭蓋内胚細胞腫瘍の長期予後因子の検討, 山崎 文之, 木下 康之、高安 武志、碓井 智、高野 元気、米澤 潮1、富永 篤、杉山 一彦、栗栖 薫, 第36回 日本脳腫瘍学会, 2018年12月02日, 通常, 日本語, 小田原
  158. 胚腫の画像診断, 山崎 文之, 木下 康之、碓井 智、高野 元気、米澤 潮、田口 慧、杉山 一彦、栗栖 薫, 第48回日本神経放射線学会, 2019年02月14日, 通常, 日本語, 久留米
  159. Optico-hypothalamic gliomaに対する治療戦略, 山崎文之, 木下 康之、碓井 智、高野 元気、米澤 潮、田口 慧、富永 篤、杉山 一彦、栗栖 薫, 第29回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2019年02月23日, 通常, 日本語, 大阪
  160. 小児、AYA世代の悪性脳腫瘍サバイバーにおける内分泌学的問題点 -GH補充療法を中心に-, 山崎 文之, 木下 康之、碓井 智、岡田 賢、高野 元気、米澤 潮、田口 慧、宮川 真一郎、富永 篤、小林 正夫、杉山 一彦、栗栖 薫, 第29回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2019年02月23日, 通常, 日本語, 大阪
  161. 脳腫瘍の病理所見と画像所見の比較, 山崎 文之, 第42回 日本脳神経CI学会総会, 2019年03月02日, 招待, 日本語, 第42回 日本脳神経CI学会総会, 東京
  162. Strokeと初回診断され、後に脳腫瘍であることが判明した症例の特徴, 山崎 文之, 坂本 繁幸、岡崎 貴仁、武田 正明、木下 康之、光原 崇文、大下 純平、石井 大造、阿美古 将、高野 元気、米澤 潮、田口 慧、栗栖 薫, Stroke 2019, 2019年03月21日, 通常, 日本語, Stroke 2019, 横浜
  163. 膠芽腫に対する補助療法の現状と新規治療法の可能性, 山崎 文之, 第39回日本脳神経外科コングレス総会, 2019年05月17日, 招待, 日本語, 第39回日本脳神経外科コングレス総会, 横浜
  164. EZH2免疫染色陽性は diffuse midline glioma, H3K27M-mutant の予後不良因子である, 山崎 文之, Vega Karlowee、Vishwa Jeet Amatya、高野 元気、米澤 潮、田口 慧、武島 幸男、杉山 一彦、栗栖 薫, 第37回日本脳腫瘍病理学会, 2019年05月31日, 通常, 日本語, 第37回日本脳腫瘍病理学会, 名古屋
  165. 脳腫瘍の病理所見と画像所見の対比, 山崎 文之, 第37回日本脳腫瘍病理学会, 2019年06月01日, 招待, 日本語, 第37回日本脳腫瘍病理学会, 名古屋
  166. 中枢神経原発胚細胞性腫瘍の治療成績と長期予後, 山崎 文之, 木下 康之、高野 元気、米澤 潮、田口 慧、杉山 一彦、栗栖 薫, 第47回 日本小児神経外科学会学術集会, 2019年06月14日, 通常, 日本語, 第47回 日本小児神経外科学会学術集会, 新潟
  167. 小児、AYA 世代の悪性脳腫瘍サバイバーに対する成長ホルモン分泌不全と補充療法, 山崎 文之, 木下 康之、碓井 智、高野 元気、米澤 潮、田口 慧、杉山 一彦、栗栖 薫, 第47回 日本小児神経外科学会学術集会, 2019年06月15日, 通常, 日本語, 第47回 日本小児神経外科学会学術集会, 新潟
  168. Bevacizumab markedly reduces the size of active cystic part of tumor, 山崎 文之, 高野 元気、米澤 潮、西淵 いくの、今野 伸樹、アマティア ヴィシュワ J、武島 幸男、永田 靖、栗栖 薫、杉山 一彦, 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2019年07月18日, 通常, 英語, 第17回 日本臨床腫瘍学会学術集会, 京都
  169. 小児、AYA世代の脳腫瘍サバイバーにおける成長ホルモン分泌不全と補充療法, 山崎 文之, 木下 康之、岡田 賢、西淵 いくの、高野 元気、米澤 潮、田口 慧、今野 伸樹、永田 靖、小林 正夫、栗栖 薫、杉山 一彦, 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2019年07月18日, 通常, 英語, 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, 京都

受賞

  1. 2007年, 広仁会賞, 広仁会, 磁気共鳴画像における脳腫瘍の拡散係数
  2. 2012年, 広島臨床外科医学会賞, 広島医学会, 磁気共鳴スペクロトスコピーによるlactateの検出はびまん性内在性橋グリオーマの予後不良因子である
  3. 2014年, 日本間脳下垂体学会 研究奨励賞, 日本間脳下垂体学会, PROPELLER拡散強調画像による拡散係数を用いた傍鞍部腫瘍の術前鑑別診断と下垂体腺腫の硬さの術前評価
  4. 2014年, 日本小児血液・がん学会 優秀ポスター賞, 日本小児血液・がん学会, 神経膠腫治療における新規薬剤使用時の画像所見
  5. 2015年, 日本脳神経CI学会総会 ベストシンポジウム賞, 日本脳神経CI学会, 頭蓋内悪性リンパ腫とグリオーマの鑑別~ 1HMRSでの高い lipidのピークの検出~

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 民間からの助成金, ラット脳腫瘍モデルへのM-CSF遺伝子導入細胞の皮下投与による抗腫瘍効果の検討, 2000年
  2. 科学研究費助成事業(若手研究(スタートアップ)), 細胞周期調節因子のリン酸化状態と細胞内局在によるEGFR阻害剤の効果予測, 2007年, 2008年
  3. サタケ国際交流助成金, サタケ国際交流助成金, 2008年
  4. 民間からの助成金, 小児がんに対するステロイド適正使用と副作用対策の標準治療法の確立のための調査, 2010年, 2011年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), グリオーマにおける EGFR 阻害剤の耐性克服, 2010年, 2012年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 治療効果予測システムの開発, 2011年, 2013年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 悪性脳腫瘍に対するVEGF阻害剤投与時の画像診断法の確立, 2013年, 2015年
  8. 民間からの助成金, 放射線治療、化学療法の脳発達への影響の解明, 2015年, 2016年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 悪性脳腫瘍に対するVEGF阻害剤投与時の治療効果予測, 2016年, 2018年
  10. 民間からの助成金 2018年治療研究助成, 小児中枢神経原発胚細胞性腫瘍の長期予後因子の解析, 2018年, 2019年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 代議員, 2013年, 日本脳神経外科学会
  2. 評議員, 2013年, 日本脳腫瘍病理学会
  3. 評議員, 2015年, 2017年, 日本小児神経外科学会
  4. JCOG PRC医学審査委員, 2012年11月, 日本臨床腫瘍研究グループ
  5. JCOG脳腫瘍グループ グループ代表委員, 2015年04月, 日本臨床腫瘍研究グループ
  6. JCOG高齢者研究小委員会, 2014年03月, 2016年, 日本臨床腫瘍研究グループ
  7. 教育委員会, 2017年, 日本小児神経外科学会
  8. 評議員, 2019年02月, 日本神経放射線学会
  9. 評議員, 2019年02月, 日本間脳下垂体腫瘍学会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 市民公開講座, 小児脳腫瘍と転移性脳腫瘍 〜子どもの脳にできたがんと脳に転移したがん〜, 日本脳腫瘍学会, 第30回日本脳腫瘍学会, 2012年/11月/25日, グランドプリンスホテル(広島市), 講師, 講演会, 社会人・一般
  2. 子どもの脳腫瘍の講演会・交流会, 子どもの脳腫瘍, 広島市 難病対策センター 小児難病相談室, 2014年/12月/06日, 広島市南区民文化センター 大会議室A, 講師, 講演会, 社会人・一般
  3. 第79回日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会 第11回(一社)日本脳神経外科学会中国四国地方会 市民公開講座, ここまで見える脳の病気と症状-最新の検査-, 日本脳神経外科学会中国四国支部, 市民公開講座, 2015年/04月/12日, 広島, 講師, 講演会, 社会人・一般
  4. 子どもの脳腫瘍の講演会・交流会, 子どもの脳腫瘍  〜最新の治療情報など〜, 広島市 難病対策センター 小児難病相談室, 2016年/09月/18日, 広島市南区民文化センター 大会議室A, 講師, 講演会, 社会人・一般
  5. 第2回 小児がんフォーラムin岡山 市民公開講座, 子どもの脳腫瘍と晩期合併症, がんの子どもを守る会中国四国支部, 2016年/11月/05日, 岡山, 講師, 講演会, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2008年, Pathobiology, その他, Reviewer, 1
  2. 2012年, Neuroradiology, その他, Reviewer, 1
  3. 2013年, Neuroradiology, その他, Reviewer, 2
  4. 2013年, Brain Tumor Pathology, その他, Reviewer, 1
  5. 2013年, Case Reports in Radiology, 編集員, Editorial board, 1
  6. 2014年, Neurologia medico-chirurgica, その他, Review Board, 2
  7. 2015年, American Journal of Neuroradiology, その他, Reviewer, 1
  8. 2015年, Child's Nervous System, その他, Reviewer, 3
  9. 2015年, Neurologia medico-chirurgica, その他, Review Board, 3
  10. 2015年, Case Reports in Radiology, 編集員, Editorial board, 1
  11. 2016年, Child's Nervous System, その他, Reviewer, 3
  12. 2016年, Neurologia medico-chirurgica, その他, Review Board, 2
  13. 2016年, Cancer Science, その他, Reviewer, 1
  14. 2016年, Japanese Journal of Clinical Oncology, その他, Reviewer, 2
  15. 2016年, Journal of Magnetic Resonance Imaging, その他, Reviewer, 1
  16. 2016年, Molecular and Clinical Oncology, その他, Reviewer, 1
  17. 2016年, Case Reports in Radiology, 編集員, Editorial board, 2
  18. 2017年, Journal of the Neurological Sciences, その他, Reviewer, 1
  19. 2017年, Child's Nervous System, その他, Reviewer, 4
  20. 2017年, Oncology Letters, その他, Reviewer, 1
  21. 2017年, Neurologia medico-chirurgica, その他, Review Board, 4
  22. 2017年, CNS Oncology, その他, Reviewer, 1
  23. 2017年, Japanese Journal of Clinical Oncology, その他, Reviewer, 1
  24. 2017年, Cancer Biomarkers, その他, Reviewer, 1
  25. 2017年, NMR in Biomedicine, その他, Reviewer, 1
  26. 2017年, International Journal of Neuroscience, その他, Reviewer, 1
  27. 2017年, Neuroradiology, その他, Reviewer, 1
  28. 2018年, Child's Nervous System, その他, Reviewer, 6
  29. 2018年, Journal of Surgical Case Reports, その他, Reviewer, 1
  30. 2018年, Neurologia medico-chirurgica, その他, Review Board, 2
  31. 2018年, Neuroradiology, その他, Reviewer, 1
  32. 2018年, Case Reports in Radiology, 編集員, Editorial board, 1
  33. 2018年, 脳神経外科ジャーナル, 編集員, 3
  34. 2018年, Neurosurgery, その他, Reviewer, 1
  35. 2018年, 2018 SNO Annual Meeting - Society for Neuro-Oncology, その他, Abstract reviewer, 30
  36. 2019年, Child's Nervous System, その他, Reviewer, 3
  37. 2019年, Neurosurgery, その他, reviewer, 1
  38. 2019年, Case Reports in Radiology, 編集員, Editorial board, 1
  39. 2019年, Neurologia medico-chirurgica, その他, Review board, 2
  40. 2019年, 脳神経外科ジャーナル, 編集員, 編集員, 2
  41. 2019年, Japanese Journal of Clinical Oncology, その他, Review board, 1
  42. 2019年, BMC Cancer, その他, Reviewer, 1
  43. 2019年, European Radiology, その他, Reviewer, 2
  44. 2019年, 2019 SNO Annual Meeting - Society for Neuro-Oncology, その他, Abstract reviewer, 24