光畑 智恵子Chieko Mitsuhata

Last Updated :2019/11/17

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯) (歯学)小児歯科学 准教授
メールアドレス
chiekomhiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(歯学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 矯正・小児系歯学

研究キーワード

  • ミュータンス菌
  • う蝕
  • ストレス

所属学会

  • 小児歯科学会
  • International Association of Paediatric Dentistry
  • International Association for Dental Research
  • 日本小児口腔外科学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 1ターム, 歯学研究特論I
  2. 2019年, 学部専門, 3ターム, 歯周病学
  3. 2019年, 学部専門, 4ターム, 小児歯科学I
  4. 2019年, 学部専門, 2ターム, 咬合発達育成学特論
  5. 2019年, 学部専門, 3ターム, 小児歯科学基礎実習I
  6. 2019年, 学部専門, 4ターム, 小児歯科学基礎実習II
  7. 2019年, 学部専門, 1ターム, 小児歯科学演習・実習
  8. 2019年, 学部専門, 年度, 臨床実習(小児歯科学)
  9. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 小児歯科学特別演習
  10. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 小児歯科学特別演習
  11. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 小児歯科学特別研究
  12. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 小児歯科学特別研究
  13. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 小児歯科専門医取得支援コース
  14. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 小児歯科専門医取得支援コース

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Tyrosine-533 of rat dopamine transporter : involvement in interactions with 1-methyl-4-phenylpyridinium and cocaine, Molecular Brain Research, 56巻, 1/2号, pp. 84-88, 19980501
  2. Molecular cloning and characterization of rat trp homologues from brain, Molecular Brain Research, 64巻, 1号, pp. 41-51, 19990101
  3. Dominant negative isoform of rat norepinephrine transporter produced by alternative RNA splicing, Journal of Biological Chemistry, 274巻, 16号, pp. 10731-10736, 19990401
  4. カリエスリスクにおける唾液の関与についての研究, 小児歯科学雑誌, 39巻, 2号, pp. 418, 20010401
  5. Molecular cloning and characterization of rat trp homologues from brain, Mol. Brain Res., 64巻, 1号, pp. 41-51, 19990101
  6. MPP^+^ toxicity and plasma membrane dopamine transporter: study using cell lines expressing the wild-type and mutant rat dopamine transporters, Biochim= Biophys. Acta, 1404巻, 3号, pp. 305-313, 19980901
  7. Selective inhibition of monoamine neurotransmitter transporters by selective local anesthetics, Archives of Phamacology, 361巻, 2号, pp. 214-220, 20000201
  8. 広島大学歯学部附属病院小児歯科診療室における全身疾患を有する初診患者の口腔内管理の実態, 広島医学, 56巻, 1号, pp. 48-52, 20030401
  9. 小児歯科定期検診における齲蝕感受性テストの導入, 広島大学歯学雑誌, 33巻, 2号, pp. 127-130, 20010401
  10. カテコールアミントランスポーターによるdopamineおよびMPP+輸送活性の調節, 日本神経精神薬理学雑誌, 24巻, 2号, pp. 43-47, 20040401
  11. 1型糖尿病患児のQOL向上における小児歯科からのアプローチ, 日本歯科医療福祉学会雑誌, 10巻, 1号, pp. 1-5, 20050630
  12. OspF and OspC1 are Shigella flexneri type Ⅲ secretion system effectors that are required for postinvasion aspects of virulence, Infection and Immunity, 74巻, 10号, pp. 5964-76, 20061001
  13. 交通外傷によって生じた小児の両側臼歯部歯冠破折の一例, 日本外傷歯学会雑誌, 2巻, 1号, pp. 92-98, 20061231
  14. 小児唾液クロモグラニンA,アミラーゼのストレス指標としての有効性, 日本歯科心身医学雑誌, 20巻, 2号, pp. 41-45, 20051225
  15. 小児唾液からのストレス指標物質クロモグラニンAの定量, 小児歯科学雑誌, 43巻, 5号, pp. 660-668, 20051225
  16. Expression and function of variants of human catecholamine transporters lacking the fifth transmembrane region encoded by exon 6, PLoS One, 5巻, 8号, pp. pii: e11945, 20100801
  17. 歯科恐怖症が疑われた患児に認知療法的アプローチを併用して治療ができた1例, 日本歯科心身医学会雑誌, 25巻, 1号, pp. 14-20, 20100601
  18. Streptococcus mutansに対するブドウ酒搾り粕抽出成分の抑制効果, 小児歯科学雑誌, 20110901
  19. 当科における知的障害児(者)の歯科診療に関する実態調査-2004年度 と2009年度の比較-, 小児歯科学雑誌, 51巻, 1号, pp. 21-27, 20130301
  20. Effectiveness of salivary chromogranin A as a stress index in young children during dental treatment, Pediatric dental journal, 22巻, 2号, pp. 163-169, 20120901
  21. Treatment of ectopic eruption of permanent mandibular first molars with innovative dental appliances, EUROPEAN JOURNAL OF PAEDIATRIC DENTISTRY, 15巻, 2号, pp. 181-183, JUL 2014
  22. Possible involvement of enolase to fluoride resistance in Streptococcus mutans, Pediatric Dental Journal, 24巻, pp. 12-16, 2014
  23. Effectiveness of aspartate aminotransferase as a marker of periodontal disease in children and adolescents, Pediatric Dental Journal, 24巻, pp. 17-21, 2014
  24. 大学病院小児歯科へ齲蝕処置を目的に来院した患児の実態調査 -紹介患児の動向からみた小児の歯科治療の実態-, 広島大学歯学雑誌, 46巻, 2号, pp. 123-129, 2014
  25. 30) 当大学病院における14年間にわたる小児歯科と小児科との連携, 日歯福祉誌, 20巻, 1号, pp. 15-19, 2015年6月30日
  26. 当科にて長期的口腔内管理を行ったDonohue症候群患児の1例, 広大歯誌, 47巻, 2号, pp. 163-169, 2015,12,1
  27. 歯と口の健康週間に当科が実施する親子への啓発活動の実施, 日歯福祉誌, 20巻, 1号, pp. 20-27, 2015, 6, 30
  28. Leigh脳症の口腔の特徴と口腔管理, 日本歯科医療福祉学会雑誌, 22巻, 1号, pp. 6-11, 2017/6
  29. 当科における舌小帯異常の臨床的検討, 小児口腔外科, 28巻, 3号, pp. 160-164, 12

著書等出版物

  1. 2015年,1月, 子どもの患者の治療・対応 上手くなろう!, HYORON, 2015年, 10, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 光畑智恵子, 160
  2. SPECIAL EDITION 女性小児歯科医が向き合う子どもの虐待 広島県での取り組み、当科での取り組み, 東京臨床出版, 2016年, 6, その他, 単著, 光畑智恵子

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Analysis of effectiveness of triterpenoid compounds for prevention of dental caries, C. Mitsuhata, N. Tatsukawa, Y. Ohara, Y. Iwamoto, K. Kozai, 25th Congress of the International Association of Paediatric Dentistry, 2015年07月, 通常, 英語
  2. ヒト口腔におけるワイン圧搾粕抽出物の齲蝕原因菌に対する増殖抑制効果, 大原 紫, 小西俊成、嶋津京子、間 和彦、光畑智恵子、香西克之, 第53回日本小児歯科学会, 2015年05月21日, 通常, 日本語
  3. Ⅰ型糖尿病患児における口腔内状況および歯周病原性細菌の分布について, 太刀掛銘子, 光畑智恵子、達川伸行、新里法子、香西克之, 第53回日本小児歯科学会, 2015年05月21日, 通常, 日本語
  4. 乳歯歯根の早期吸収が疑われたLeigh脳症の1例, 島田 歩, 海原康孝、入江由美、小西有希子、達川伸行、岩本優子、光畑智恵子、香西克之, 第32回日本障害者歯科学会, 2015年11月07日, 通常, 日本語
  5. 当科における歯の外傷の受診状況と予後, 達川伸行, 平田涼子、太刀掛銘子、光畑智恵子、香西克之, 第34回日本小児歯科学会中四国地方会, 2015年10月04日, 通常, 日本語
  6. 小児血液疾患や固形腫瘍に対する治療後に認められる形成異常について, 島田 歩, 第34回日本小児歯科学会中四国地方会, 通常, 日本語
  7. 2016年05月26日, 通常, 英語
  8. 当科における受診患児の実態調査, 達川伸行, 光畑智恵子、香西克之, 第35回日本小児歯科学会中四国地方会大会, 2016年11月06日, 通常, 日本語
  9. 先天性歯抜去後に歯様硬組織が萌出した2例, 角 奈央, 大原 紫、光畑智恵子、香西克之, 第35回日本小児歯科学会中四国地方会大会, 2016年11月06日, 通常, 日本語
  10. ビスフォスフォネート製剤投与小児に対する小児歯科における対応, 光畑智恵子, 第28回日本小児口腔外科学会総会・学術大会, 2016年10月29日, 招待, 日本語
  11. 血友病患児の口腔状態と歯科保健行動について~血友病包括外来での医科歯科連携~, 新里法子, 太刀掛銘子、大原 紫、岩本優子、五藤紀子、櫻井 薫、光畑智恵子、香西克之, 第28回日本小児口腔外科学会総会・学術大会, 2016年10月29日, 通常, 日本語
  12. 2016年06月23日, 通常, 英語
  13. 上顎乳前歯部外傷後長期観察した1例, 大原 紫, 太刀掛銘子、光畑智恵子、香西克之, 第16回日本外傷歯学会総会・学術大会, 2016年07月17日, 通常, 日本語
  14. 2017年10月05日, 通常, 英語
  15. 2018年07月28日, 通常, 英語

社会活動

学術会議等の主催

  1. 第53回日本小児歯科学会, 大会実行委員長, 2014年05月, 2015年05月
  2. 日本歯科医療福祉学会事務局, 日本歯科医療福祉学会事務局長, 2015年04月, 2016年03月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 親子の口腔健康教室, 広島大学小児歯科学, 2015年/06月/04日, 2015年/06月/04日, 広仁会館, 運営参加・支援, その他, その他

学術雑誌論文査読歴

  1. 2015年, Pediatric Dental Journal, 編集員