大下 慎一郎SHINICHIRO OHSHIMO

Last Updated :2020/10/08

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 准教授
ホームページ
メールアドレス
ohshimoshiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞一丁目2番3号 広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 医学講座 救急集中治療医学
TEL:+81-82-257-5456
自己紹介
急性呼吸不全,敗血症を中心に救急医療・集中治療に従事しています.とくに間質性肺炎急性増悪,体外式膜型人工肺(ECMO)が専門です.

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 救急医学

研究キーワード

  • 急性呼吸不全
  • 間質性肺炎
  • 体外式膜型人工肺
  • 敗血症
  • 人工呼吸

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本呼吸療法医学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会
  • アメリカ胸部学会
  • ヨーロッパ呼吸器学会
  • 世界サルコイドーシス・肉芽腫性疾患学会
  • 日本急性血液浄化学会
  • 日本蘇生学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  2. 2020年, 学部専門, 通年, 全身性疾患制御学

教育に関する受賞

  • 2020年62月, 広島大学医学部医学科での教育における教員活動評価に係るインセンティブ, 広島大学
  • 2017年09月22日, 医学科での教育における教員活動評価に係るインセンティブ, 広島大学
  • 2019年02月08日, 医学科での教育における教員活動評価に係るインセンティブ, 広島大学, 医学科での教育における教員活動評価に係るインセンティブ
  • 2019年06月27日, 医学科での教育における教員活動評価に係るインセンティブ, 広島大学, 医学科での教育における教員活動評価に係るインセンティブ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Potential confounders for the effect of high-flow nasal cannula oxygen therapy, Crit Care, 23巻, 1号, pp. 17-17, 2019
  2. ★, Mechanical Ventilation Management during Extracorporeal Membrane Oxygenation for Acute Respiratory Distress Syndrome. An International Multicenter Prospective Cohort, Am J Respir Crit Care Med, 200巻, 8号, pp. 1002-1012, 2019
  3. Decreased intracellular histamine concentration and basophil activation in anaphylaxis, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 69巻, 1号, pp. 78-83, 202001
  4. Immediate Interventions for Presyncope of Vasovagal or Orthostatic Origin: A Systematic Review, PREHOSPITAL EMERGENCY CARE, 24巻, 1号, pp. 64-76, 20200102
  5. Serum high-mobility group box 1 is associated with the onset and severity of acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis, RESPIROLOGY, 25巻, 3号, pp. 275-280, 202003
  6. Reduced endogenous secretory RAGE in blood and bronchoalveolar lavage fluid is associated with poor prognosis in idiopathic pulmonary fibrosis, RESPIRATORY RESEARCH, 21巻, 1号, 20200611
  7. Prognosis of pathogen-proven acute respiratory distress syndrome diagnosed from a protocol that includes bronchoalveolar lavage: a retrospective observational study, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 8巻, 1号, 20200723
  8. Changes in serum KL-6 levels are associated with the development of chronic lung allograft dysfunction in lung transplant recipients, TRANSPLANT IMMUNOLOGY, 52巻, pp. 40-44, 201902
  9. ★, Advanced airway interventions for paediatric cardiac arrest: A systematic review and meta-analysis, RESUSCITATION, 138巻, pp. 114-128, 201905
  10. Comparison of anti-aminoacyl-tRNA synthetase antibody-related and idiopathic non-specific interstitial pneumonia, RESPIRATORY MEDICINE, 152巻, pp. 44-50, 201906
  11. Confounding factors for the effect of misdiagnosis of site of infection on in-hospital mortality, Crit Care, 23巻, pp. 294-294, 2019
  12. C-C Motif Chemokine Ligand 15 May Be a Useful Biomarker for Predicting the Prognosis of Patients with Chronic Hypersensitivity Pneumonitis, Respiration, 98巻, pp. 212-220, 2019
  13. Is lung ultrasonography really useful for diagnosing weaning-induced pulmonary oedema?, Intensive Care Med, 45巻, pp. 1329-1329, 2019
  14. Impact of inappropriate empiric antimicrobial therapy on mortality in pediatric patients with bloodstream infection: a retrospective observational study, J Chemother, pp. 1-6, 2019
  15. ★, Mechanical Ventilation Management during ECMO for ARDS: An International Multicenter Prospective Cohort, Am J Respir Crit Care, 2019
  16. C-C Motif Chemokine Ligand 15 May Be a Useful Biomarker for Predicting the Prognosis of Patients with Chronic Hypersensitivity Pneumonitis, RESPIRATION, 98巻, 3号, pp. 212-220, 201909
  17. Mechanical Ventilation Management during Extracorporeal Membrane Oxygenation for Acute Respiratory Distress Syndrome An International Multicenter Prospective Cohort, AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE, 200巻, 8号, pp. 1002-1012, 20191015
  18. High serum potassium level is associated with successful electrical cardioversion for new-onset atrial fibrillation in the intensive care unit: A retrospective observational study, ANAESTHESIA AND INTENSIVE CARE, 47巻, 1号, pp. 52-59, 201901
  19. Unique patterns of lower respiratory tract microbiota are associated with inflammation and hospital mortality in acute respiratory distress syndrome, RESPIRATORY RESEARCH, 20巻, 1号, 20191106
  20. Retrospective immunohistological study of autopsied lungs in patients with acute exacerbation of interstitial pneumonia managed with extracorporeal membrane oxygenation, JOURNAL OF THORACIC DISEASE, 11巻, 11号, pp. 4436-4443, 201911
  21. Baseline High-Resolution CT Findings Predict Acute Exacerbation of Idiopathic Pulmonary Fibrosis: German and Japanese Cohort Study, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 12号, 201912
  22. Neurally adjusted ventilatory assist mitigates ventilator-induced diaphragm injury in rabbits, RESPIRATORY RESEARCH, 20巻, 1号, 20191223
  23. Paediatric targeted temperature management post cardiac arrest: A systematic review and meta-analysis, RESUSCITATION, 139巻, pp. 65-75, 201906
  24. 2019 International Consensus on Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care Science With Treatment Recommendations, RESUSCITATION, 145巻, pp. 95-150, 201912
  25. ★, 2019 International Consensus on Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care Science With Treatment Recommendations Summary From the Basic Life Support; Advanced Life Support; Pediatric Life Support; Neonatal Life Support; Education, Implementation, and Teams; and First Aid Task Forces, CIRCULATION, 140巻, 24号, pp. E826-E880, 20191210
  26. Paediatric acute respiratory distress syndrome incidence and epidemiology (PARDIE): an international, observational study, LANCET RESPIRATORY MEDICINE, 7巻, 2号, pp. 115-128, 201902
  27. Impact of inappropriate empiric antimicrobial therapy on mortality in pediatric patients with bloodstream infection: a retrospective observational study, JOURNAL OF CHEMOTHERAPY, 31巻, 7-8号, pp. 388-393, 2019
  28. The extent of ground-glass attenuation is a risk factor of chemotherapy-related exacerbation of interstitial lung disease in patients with non-small cell lung cancer, CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 81巻, 1号, pp. 131-139, 201801
  29. Comparison of extracorporeal membrane oxygenation outcome for influenza-associated acute respiratory failure in Japan between 2009 and 2016, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 6巻, 20180711
  30. Potential factors affecting lung inhomogeneity in acute respiratory distress syndrome., Intensive Care Med, 44巻, 1号, pp. 125-126, 2018
  31. Is Oxygenation Really an Intrinsic Predictive Factor of Mortality in Patients Undergoing Extracorporeal Life Support?, Crit Care Med, 46巻, 2号, pp. e181-e182, 2018
  32. Confounders for interpreting the benefit of a biomarker-based strategy in early discontinuation of empirical antifungal therapy, Intensive Care Med, 44巻, 3号, pp. 399-400, 2018
  33. Accurate Quantification of Pleural Effusion and Cofactors Affecting Weaning Failure, Anesthesiology, 128巻, 3号, pp. 678-679, 2018
  34. Potential confounders affecting the reintubation rate : Discussion on "Reconnection to mechanical ventilation for 1 h after a successful spontaneous breathing trial reduces reintubation in critically ill patients: a multicenter randomized controlled trial", Intensive Care Med, 44巻, 4号, pp. 542-543, 2018
  35. Target blood pressure for septic and vasodilatory shock: what is optimal?, Intensive Care Med, 44巻, 4号, pp. 548-549, 2018
  36. An emerging frontier in the treatment of acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis, Respir Investig, 56巻, 2号, pp. 97-99, 2018
  37. Use of proton pump inhibitors is associated with increased mortality due to nosocomial pneumonia in bedridden patients receiving tube feeding, Geriatr Gerontol Int, 18巻, 8号, pp. 1215-1218, 2018
  38. Rapid-onset plasma leakage of extracorporeal oxygenation membranes possibly due to hyperbilirubinemia, J Artif Organs, (in press)巻, 2018
  39. Does Dysphagia After Extubation Really Increase Mortality?, Crit Care Med, 46巻, 7号, pp. e726-e727, 2018
  40. Should We Abandon APRV in Pediatric ARDS?, Am J Respir Crit Care Med, (in press)巻, 2018
  41. 2018 International Consensus on Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care Science With Treatment Recommendations Summary, Resuscitation, S0300-9572巻, 18号, pp. 31001-31003, 2018
  42. ★, 2018 International Consensus on Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care Science With Treatment Recommendations Summary, Circulation, 2018
  43. ★, Paediatric acute respiratory distress syndrome incidence and epidemiology (PARDIE): an international, observational study., Lancet Respir Med, S2213-2600巻, 18号, pp. 30344-30348, 2018
  44. Focusing on Risk Factors of Cardiac Arrest During Intubation in ICU Again., Crit Care Med, 46巻, 11号, pp. e1082-e1082, 2018
  45. The western Japan chaotic rainstorm disaster – A brief report from Hiroshima, J Intensive Care, 2018
  46. Serial measurements of KL-6 for monitoring activity and recurrence of interstitial pneumonia with anti-aminoacyl-tRNA synthetase antibody A retrospective cohort study, MEDICINE, 97巻, 49号, 201812
  47. Ventilator-associated events: prevalence and mortality in Japan, JOURNAL OF THORACIC DISEASE, 10巻, 12号, pp. 6942-6949, 201812
  48. ★, Serum YKL-40 as predictor of outcome in hypersensitivity pneumonitis, EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL, 49巻, 2号, 2018
  49. FAM13A polymorphism as a prognostic factor in patients with idiopathic pulmonary fibrosis, RESPIRATORY MEDICINE, 123巻, pp. 105-109, 201702
  50. AGER gene polymorphisms and soluble receptor for advanced glycation end product in patients with idiopathic pulmonary fibrosis, RESPIROLOGY, 22巻, 5号, pp. 965-971, 201707
  51. The clinical practice guideline for the management of ARDS in Japan, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 5巻, 20170725
  52. Gene expression profiling of idiopathic interstitial pneumonias (IIPs): identification of potential diagnostic markers and therapeutic targets, BMC MEDICAL GENETICS, 18巻, 20170818
  53. CLINICAL AND MOLECULAR FEATURES OF RAPIDLY PROGRESSIVE CHRONIC HYPERSENSITIVITY PNEUMONITIS, SARCOIDOSIS VASCULITIS AND DIFFUSE LUNG DISEASES, 34巻, 1号, pp. 48-57, 2017
  54. Differential diagnosis of granulomatous lung disease: clues and pitfalls, EUROPEAN RESPIRATORY REVIEW, 26巻, 145号, 201709
  55. AGER rs2070600 polymorphism elevates neutrophil-lymphocyte ratio and mortality in metastatic lung adenocarcinoma, ONCOTARGET, 8巻, 55号, pp. 94382-94392, 20171107
  56. Serum YKL-40 is a reliable biomarker for pulmonary alveolar proteinosis, RESPIROLOGY, 22巻, 7号, pp. 1371-1378, 201710
  57. Potential Confounders of the Accuracy and Reliability of Delirium Assessment Tools, Crit Care Med, 45巻, 1号, pp. e114, 2017
  58. Outcome Prediction for Acute Respiratory Distress Syndrome: Are the Current Three Variables Really Optimal?, Crit Care Med, 45巻, 2号, pp. e237-e238, 2017
  59. Is Higher Cerebral Oxygen Saturation Really Predictive of Favorable Neurologic Outcome After In-Hospital Cardiac Arrest?, Crit Care Med, 45巻, 4号, pp. e468-e469, 2017
  60. MUC1 in lung adenocarcinoma: cross-sectional genetic and serological study., BMC Cancer, 17巻, 1号, pp. 263-263, 2017
  61. Next Step to Understanding Subphenotypes of Acute Respiratory Distress Syndrome, Am J Respir Crit Care Med, 196巻, 6号, pp. 795-796, 2017
  62. Optimal Cutoff Value for Lung Injury Prediction Score and Potential Confounders for Identifying the Risk of Developing Acute Respiratory Distress Syndrome, Crit Care Med, 45巻, 6号, pp. e624-e625, 2017
  63. Diagnostic accuracy of a clinical diagnosis of idiopathic pulmonary fibrosis: an international case-cohort study, Eur Respir J, 50巻, 2号, pp. pii: 1700936-pii: 1700936, 2017
  64. Combined rupture of left ventricular free wall and pericardium, Intensive Care Med, 43巻, 12号, pp. 1858-1859, 2017
  65. Does enhanced antibiotic de-escalation really have no benefit in the ICU?, Crit Care, 21巻, 1号, pp. 270-270, 2017
  66. Confounders Affecting the Prognosis in Patients With Acute Decompensated Heart Failure Who Underwent Extracorporeal Membrane Oxygenation, Crit Care Med, 45巻, 12号, pp. e1309-e1309, 2017
  67. Potential Confounders of Procalcitonin-Guided Antibiotic Therapy for Sepsis, Crit Care Med, 45巻, 12号, pp. e1310-e1311, 2017
  68. ベバシズマブの関与が疑われたA群β溶連菌による壊死性筋膜炎の一例, 日本救急医学会誌, 29巻, 1号, pp. 36-41, 2017
  69. 潜在的脾機能低下が疑われたCapnocytophaga感染症の1例, 日本救急医学会誌, 29巻, 3号, pp. 81-99, 2017
  70. Exploring causative pathology is essential for validating harmful effects of late intubation, Crit Care Med, (in press)巻, 2016
  71. MUC1 gene polymorphisms are associated with serum KL-6 levels and pulmonary dysfunction in pulmonary alveolar proteinosis., Orphanet J Rare Dis, 11巻, pp. 48-48, 2016
  72. Long-term pulmonary complications of chemical weapons exposure in former poison gas factory workers., Inhal Toxicol, (in press)巻, 2016
  73. Comparative Study of Circulating MMP-7, CCL18, KL-6, SP-A, and SP-D as Disease Markers of Idiopathic Pulmonary Fibrosis., Dis Markers, (in press)巻, 2016
  74. Exploring potential co-factors affecting coagulation and inflammation activity during extracorporeal membrane oxygenation, Crit Care Med, (in press)巻, 2016
  75. Are probiotics actually useful in decreasing VAP rate?, Intensive Care Med, (in press)巻, 2016
  76. Influencing factor of biomarkers of endothelial and alveolar epithelial dysfunction, Intensive Care Med, (in press)巻, 2016
  77. Is transpulmonary pressure-guided PEEP titration really optimal?, Intensive Care Med, (in press)巻, 2016
  78. Potential covariates that affect post-extubation breathing effort in children., Intensive Care Med, (in press)巻, 2016
  79. Serum YKL-40 as predictor of outcome in hypersensitivity pneumonitis, Eur Respir J, (in press)巻, 2016
  80. Pediatric cardiorespiratory failure successfully managed with venoarterial-venous extracorporeal membrane oxygenation, BMC Pulm Med, 16巻, 20160812
  81. Pediatric cardiorespiratory failure successfully managed with venoarterial-venous extracorporeal membrane oxygenation: a case report, BMC PULMONARY MEDICINE, 16巻, 20160812
  82. ★, Innovation in Respiratory Sound Analysis, Ann Intern Med, 164巻, 9号, pp. 638-639, 201603
  83. MUC5B promoter polymorphism in Japanese patients with idiopathic pulmonary fibrosis, RESPIROLOGY, 20巻, 3号, pp. 439-444, 2015
  84. ★, A pilot study: a combined therapy using polymyxin-B hemoperfusion and extracorporeal membrane oxygenation for acute exacerbation of interstitial pneumonia., Sarcoidosis Vasc Diffuse Lung Dis, 31巻, 4号, pp. 343-349, 2015
  85. Differences in serum SP-D levels between German and Japanese subjects are associated with SFTPD gene polymorphisms, BMC MEDICAL GENETICS, 15巻, 20140108
  86. ★, Baseline KL-6 predicts increased risk for acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis, RESPIRATORY MEDICINE, 108巻, 7号, pp. 1031-1039, 201407
  87. Serum KL-6 is a predictor of outcome in pulmonary alveolar proteinosis, ORPHANET JOURNAL OF RARE DISEASES, 8巻, 20130404
  88. ★, KL-6, a Human MUC1 Mucin, as a prognostic marker for diffuse alveolar hemorrhage syndrome, ORPHANET JOURNAL OF RARE DISEASES, 7巻, 20121217
  89. Different MUC1 gene polymorphisms in German and Japanese ethnicities affect serum KL-6 levels, RESPIRATORY MEDICINE, 106巻, 12号, pp. 1756-1764, 201212
  90. Hypersensitivity Pneumonitis, IMMUNOLOGY AND ALLERGY CLINICS OF NORTH AMERICA, 32巻, 4号, pp. 537-+, 201211
  91. Erlotinib efficacy and cerebrospinal fluid concentration in patients with lung adenocarcinoma developing leptomeningeal metastases during gefitinib therapy., Cancer Chemother Pharmacol, 67巻, 6号, pp. 1465-9, 20110101
  92. Phase I study docetaxel plus S-1 combination chemotherapy for recurrent non-small cell lung cancer., Oncology Letters, 2巻, pp. 167-170, 20110101
  93. Regresson of a primary pulmonary adenocarcinoma after zoledronic acid monotherapy., Hiroshima J. Med. Sci, 60巻, 1号, pp. 7-9, 20110301
  94. Surfactant protein D and KL-6 serum levels in systemic sclerosis: correlation with lung and systemic involvement, 20110701
  95. Comparison of serum KL-6 versus bronchoalveolar lavage neutrophilia for the diagnosis of bronchiolitis obliterans in lung transplantation, 20110801
  96. ★, Comparison of serum KL-6 versus bronchoalveolar lavage neutrophilia for the diagnosis of bronchiolitis obliterans in lung transplantation., J Heart Lung Transplant, 30巻, 12号, pp. 1374-1380, 20110801
  97. Pulmonary alveolar proteinosis: New insights from a single-center cohort of 70 patients, 20110901
  98. Pulmonary alveolar proteinosis: New insights from a single-center cohort of 70 patients, RESPIRATORY MEDICINE, 105巻, 12号, pp. 1908-1916, 201112
  99. Phase I study of docetaxel plus S-1 combination chemotherapy for recurrent non-small cell lung cancer, ONCOLOGY LETTERS, 2巻, 1号, pp. 167-170, 2011
  100. SURFACTANT PROTEIN D AND KL-6 SERUM LEVELS IN SYSTEMIC SCLEROSIS: CORRELATION WITH LUNG AND SYSTEMIC INVOLVEMENT, SARCOIDOSIS VASCULITIS AND DIFFUSE LUNG DISEASES, 28巻, 1号, pp. 27-33, 201107
  101. Erlotinib efficacy and cerebrospinal fluid concentration in patients with lung adenocarcinoma developing leptomeningeal metastases during gefitinib therapy, CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 67巻, 6号, pp. 1465-1469, 201106
  102. Diagnostic modalities in sarcoidosis: BAL, EBUS, and PET, 20100801
  103. ★, Significance of bronchoalveolar lavage for the diagnosis of idiopathic pulmonary fibrosis., Am J Respir Crit Care Med, 179巻, 11号, pp. 1043-1047, 20090601
  104. Significance of bronchoalveolar lavage for the diagnosis of idiopathic pulmonary fibrosis, 20090601
  105. Serum KL-6 as a novel disease marker in adolescent and adult cystic fibrosis, 20090701
  106. Angiogenic and angiostatic chemokines in idiopathic pulmonary fibrosis and granulomatous lung disease, 20091001
  107. Usefulness monitoring of circulating KL-6 in patients with advanced non-small cell lung cancers treated with gefitinib therapy., International journal of cancer, 122巻, 11号, pp. 2612-2620, 20080601
  108. Diagnosis of sarcoidosis, 20080901
  109. Esophageal sarcoidosis presenting as pseudodiverticulum, 20080901
  110. Usefulness of monitoring the circulating Krebs von den Lungen-6 levels to predict the clinical outcome of patients with advanced nonsmall cell lung cancer treated with epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 122巻, 11号, pp. 2612-2620, 20080601
  111. ★, Bronchoalveolar lavage in other interstitial lung diseases, 20071001
  112. Circulating KL-6/MUC1 mucin carrying sialyl Lewis(a) oligosaccharide is an independent prognostic factor in patients with lung adenocarcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 120巻, 12号, pp. 2643-2649, 20070615
  113. ★, KL-6, a human MUC1 mucin, promotes proliferation and survival of lung fibroblasts, 20051201
  114. KL-6, a human MUC1 mucin, promotes proliferation and survival of lung fibroblasts, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 338巻, 4号, pp. 1845-1852, 20051230

著書等出版物

  1. 2019年, わかって動ける!人工呼吸管理ポケットブック改訂版, 8-8 【MEMO】HFOV・APRVはなぜ廃れつつあるのか, 羊土社, 2019年, 単行本(学術書), 単著
  2. 2019年, わかって動ける!人工呼吸管理ポケットブック改訂版, 駆動圧(driving pressure)・メカニカルパワー, 羊土社, 2019年, 単行本(学術書), 単著
  3. 2019年, わかって動ける!人工呼吸管理ポケットブック改訂版, 間質性肺炎の分類と定義, 羊土社, 2019年, 単行本(学術書), 単著
  4. 2019年, わかって動ける!人工呼吸管理ポケットブック改訂版, 3-3 Closed-loop ventilation, 羊土社, 2019年, 単行本(学術書), 単著
  5. 2019年, Respica「病態に応じた呼吸管理法」, 非同調の呼吸管理, メディカ出版, 2019年, 単行本(学術書), 単著
  6. 2019年, Respica「病態に応じた呼吸管理法」, COVID-19の呼吸管理, メディカ出版, 2019年, 単行本(学術書), 単著
  7. 2019年, Respica「病態に応じた呼吸管理法」, VAP・VAEの呼吸管理, メディカ出版, 2019年, 単行本(学術書), 単著
  8. 2019年, Respica「病態に応じた呼吸管理法」, 喘息・COPDの呼吸管理, メディカ出版, 2019年, 単行本(学術書), 単著
  9. 2019年, Respica「病態に応じた呼吸管理法」, 間質性肺炎の呼吸管理, メディカ出版, 2019年, 単行本(学術書), 単著
  10. 2019年, Respica「病態に応じた呼吸管理法」, ARDSの呼吸管理, メディカ出版, 2019年, 単行本(学術書), 単著, 大下慎一郎
  11. 2019年, みんなの呼吸器Respica, Part 1 比べてわかる ハイフローセラピーの適応範囲とエビデンス ③抜管後のハイフローセラピー, メディカ出版, 2019年, 単行本(学術書), 単著, 大下慎一郎
  12. 2019年, 膠原病に伴う間質性肺疾患 診断・治療指針 2020, 第5章 薬物療法以外 3 人工呼吸管理, 日本呼吸器学会・日本リウマチ学会合同 膠原病に伴う間質性肺疾患 診断・治療指針作成委員会, 2019年, 単行本(学術書), 共著
  13. 2019年, ICUグリーンノート, IV 呼吸 15 肺炎, 中外医学社, 2019年, 単行本(学術書), 単著, 大下慎一郎
  14. 2019年, ICUグリーンノート, IV 呼吸 11 V-V ECMOの管理法, 中外医学社, 2019年, 単行本(学術書), 単著, 大下慎一郎
  15. 2019年, 株式会社へるす出版 「救急医学」 特集テーマ「敗血症~残された課題~」, 【輸液と循環作動薬】7. 昇圧薬の選択や用量調整に最適な方法は何か?, 株式会社へるす出版, 2019年, 単行本(学術書), 単著
  16. 2019年, ICU実践ハンドブック改訂版, II 手技・処置・デバイス 17. 抜管, 羊土社, 2019年, 2019, 単行本(学術書), 共著
  17. 2019年, ICU実践ハンドブック改訂版, III 人工呼吸器管理 30. ウィーニング, 羊土社, 2019年, 2019, 単行本(学術書), 共著
  18. 2019年, みんなの呼吸器 Respica, モニタリング(パルスオキシメトリー,カプノメトリーなど), メディカ出版, 2019年, 2019, 単行本(学術書), 単著
  19. 2019年, みんなの呼吸器Respica, 炎症マーカー (WBC, PCT, CRPなど), メディカ出版, 2019年, 2019, 単行本(学術書), 単著
  20. 2019年, みんなの呼吸器Respica, バイタルサイン (呼吸数を中心に), メディカ出版, 2019年, 2019, 単行本(学術書), 単著
  21. 2019年, みんなの呼吸器Respica, スパイロメトリー (1秒率, 1秒量, 肺活量など), メディカ出版, 2019年, 2019, 単行本(学術書), 単著
  22. 2019年, みんなの呼吸器Respica, 酸素化 (PaO2, P/F比, A-aDO2), メディカ出版, 2019年, 2019, 単行本(学術書), 単著
  23. 2019年, みんなの呼吸器Respica, 血液ガス (換気・代謝・乳酸値), メディカ出版, 2019年, 2019, 単行本(学術書), 単著
  24. 2019年, みんなの呼吸器Respica, Cross Message, メディカ出版, 2019年, 2019, 単行本(学術書), 単著
  25. 2019年, みんなの呼吸器 Respica, 挿管人工呼吸管理・ECMO, メディカ出版, 2019年, 単行本(学術書), 単著
  26. 2018年, 別冊Emergency Care 2018年夏季増刊 ER・ICUの薬剤121 ver 2.0, 拮抗薬, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  27. 2018年, 別冊Emergency Care 2018年夏季増刊 ER・ICUの薬剤121 ver 2.0, 血栓溶解薬, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  28. 2018年, ER・ICU 100のピットフォール, 重症患者の転送, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  29. 2018年, ER・ICU 100のピットフォール, 呼吸音, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 共著
  30. 2018年, ER・ICU 100のピットフォール, 喘鳴, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  31. 2018年, ER・ICU 100のピットフォール, COPDへの酸素投与, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  32. 2018年, ER・ICU 100のピットフォール, ARDSと非ARDSの鑑別, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  33. 2018年, ER・ICU 100のピットフォール, 結核を見逃さない, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  34. 2018年, Intensivist, 第一章 序章, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  35. 2018年, Intensivist, ARDS・急性呼吸不全患者の酸素療法, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  36. 2018年, THE LUNG Perspectives 特集テーマ「急性期の呼吸器管理を検証する」, 背景肺疾患と呼吸管理法, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  37. 2018年, 呼吸器ジャーナル 特集「非侵襲的呼吸管理の実践講座─酸素療法からハイフロー・NIVまで症例で学ぶ」, 急性I型呼吸不全 ─肺炎・ARDS─, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  38. 2018年, 集中治療,ここだけの話, 人工呼吸器離脱・抜管の実際, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  39. 2018年, 救急・集中治療領域における感染症診療, 重症院内肺炎, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  40. 2018年, みんなの呼吸器 Respica 特集「間質性肺炎の呼吸管理とケア コンプリートガイド」, 急性増悪時の呼吸管理と治療 ─挿管人工呼吸管理・ECMO─, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  41. 2018年, Respica, 間質性肺炎急性増悪の治療 急激な悪化~死亡症例 Cross Message, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  42. 2018年, Respica, 血液ガス, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  43. 2018年, Respica, 酸素化, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  44. 2018年, Respica, スパイロメトリー, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  45. 2018年, Respica, バイタルサイン, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  46. 2018年, Respica, 炎症マーカー, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  47. 2018年, Respica, モニタリング, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著
  48. 2017年, 呼吸器ケア2017年4月号 第2特集, 間質性肺炎と実質性肺炎はどう違うのか, メディカ出版, 2017年, 単行本(学術書), 共著, 大下慎一郎,志馬伸朗
  49. 2017年, 呼吸器ケア2017年冬季増刊, FIO2設定の見きわめはどうやって行うか, メディカ出版, 2017年, 単行本(学術書), 単著, 大下慎一郎
  50. 2017年, 呼吸器ケア2017年4月号 第2特集, 肺炎を診断する画像所見は?, メディカ出版, 2017年, 単行本(学術書), 共著, 大下慎一郎,志馬伸朗
  51. 2017年, 集中治療,ここだけの話, 人工呼吸器離脱・抜管の実際, 医学書院, 2017年, 単行本(学術書), 単著, 大下慎一郎
  52. 2017年, Medicina 54巻1号(2017年1月号), ステロイドの適応は?最新のエビデンス, 医学書院, 2017年, 単行本(学術書), 共著
  53. 2017年, 今日の治療指針2017, 救急医療における感染防御対策, 医学書院, 2017年, 単行本(学術書), 共著
  54. 2017年, 『救急・集中治療』 29巻, 臨時増刊号, 2017, PCPS(経皮的心肺補助装置), 2017年, 単行本(学術書), 単著
  55. 2017年, 『救急・集中治療』 29巻, 7・8号, 2016, 培養陰性の敗血症性ショックに対して,経験的治療の継続あるいは中止判断はどうすればよいか?, 2017年, 単行本(学術書), 共著
  56. 2017年, 今日から使える!ER-ICUマニュアル集, 結核疑い患者の感染評価プロトコル, 2017年, 単行本(学術書), 共著
  57. 2017年, 今日から使える!ER-ICUマニュアル集, 重症肺炎診療プロトコル, 2017年, 単行本(学術書), 共著
  58. 2017年, 今日から使える!ER-ICUマニュアル集, 気管支肺胞洗浄(BAL)プロトコル, 2017年, 単行本(学術書), 共著
  59. 2017年, 今日から使える!ER-ICUマニュアル集, 敗血症性ショック初期治療プロトコル, 2017年, 単行本(学術書), 共著
  60. 2017年, ICU感染制御, 空気感染病原体(結核・麻疹・水痘など), 2017年, 単行本(学術書), 単著
  61. 2017年, ICU感染制御, ICUにおける感染管理看護師の役割, 2017年, 単行本(学術書), 単著
  62. 2017年, ICU実践ハンドブック改訂版, 抜管, 2017年, 単行本(学術書), 単著
  63. 2017年, ICU実践ハンドブック改訂版, ウィーニング, 2017年, 単行本(学術書), 単著
  64. 2017年, レジデントノート(2017年11月号特集), 心肺蘇生に使用する薬剤, 2017年, 単行本(学術書), 単著
  65. 2017年, 人工呼吸管理に強くなる【改訂版】, 病態ごとに設定し,設定が適切か評価してみよう, 2017年, 単行本(学術書), 単著
  66. 2017年, 薬剤師のための救急・集中治療領域標準テキスト 改訂版, 呼吸器系疾患, 2017年, 単行本(学術書), 単著
  67. 2017年, 呼吸器ケア2017年1月号, ここが変わった!ガイドライン ARDSキーポイント15, 2017年, 単行本(学術書), 監修
  68. 2016年, 呼吸器ケア, "肺にやさしい換気"がわかる 人工呼吸管理中のモニタリングシステム, メディカ出版, 2016年, 2016, 単行本(学術書), 単著
  69. 2016年, 最新医学 免疫不全患者における感染症の現状と展望, ICUにおける免疫不全, 最新医学社, 2016年, 単行本(学術書), 共著
  70. 2016年, 日本外科感染症学会雑誌, 誤嚥と誤嚥性肺炎について考える, 日本外科感染症学会, 2016年, 2016, 単行本(学術書), 共著
  71. 2016年, 救急・集中治療, 中心静脈カテーテル抜去時のカテーテル培養をルーチンで行う?, 総合医学社, 2016年, 2016, 単行本(学術書), 共著
  72. 2016年, 今日の治療指針2017, 救急医療における感染防御対策, 医学書院, 2016年, 2016, 単行本(学術書), 共著, 大下慎一郎
  73. 2016年, 免疫不全患者における感染症の現状と展望, ICUにおける免疫不全, 最新医学, 2016年, 単行本(学術書), 単著
  74. 2016年, Medicina 肺炎への最新のアプローチ~ジェネラリストの立場とスペシャリストの視点から~, ステロイドの適応は?最新のエビデンス, 医学書院, 2016年, 単行本(学術書), 共著
  75. 2016年, 感染対策ICTジャーナル 感染対策のための 院内整備ガイダンスPart 1 施設整備編 Management 特殊室の要件と設計・維持・管理・運用まで, 救急外来(ER)・集中治療室(ICU), 株式会社 ヴァン・メディカル, 2016年, 単行本(学術書), 共著
  76. 2015年, 救急・集中治療』誌 - 特集『症例とQ&Aで学ぶ 最新のECMO, 重症間質性肺炎に対するECMO治療, 総合医学社, 2015年, 単行本(学術書), 単著, 大下慎一郎, 7
  77. 2015年, EBM呼吸器疾患の治療2015-2016, 間質性肺炎の各種血清バイオマーカーは,治療選択に臨床応用できるのか?, 中外医学社, 2015年, 単行本(学術書), 単著, 大下慎一郎, 8
  78. 2015年, 呼吸器内科 - 特集・緊急処置を必要とする呼吸器病態・疾患, 呼吸停止, 科学評論社, 2015年, 単行本(学術書), 単著, 大下慎一郎, 6
  79. 2015年, Emergency Care 2015年 夏季増刊. パッと見てサッと使える! 処方にナットク!救急・ICUの薬剤105, 拮抗薬, メディカ出版, 2015年, 単行本(学術書), 単著, 大下慎一郎, 8
  80. 2015年, Emergency Care 2015年 夏季増刊. パッと見てサッと使える! 処方にナットク!救急・ICUの薬剤105, 血栓溶解薬, メディカ出版, 2015年, 単行本(学術書), 単著, 大下慎一郎, 4
  81. 2015年, 呼吸器ケア - FRONT ESSAY, 呼吸器科医と救急医の二足のわらじを履いて, メディカ出版, 2015年, 単行本(学術書), 単著, 大下慎一郎, 1
  82. 2015年, 最新医学 別冊: 診断と治療のABC 108, 特発性肺線維症とその周辺疾患: IPFの病理・病態生理: 急性増悪, 最新医学社, 2015年, 単行本(学術書), 単著, 大下慎一郎, 6

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. COVID-19パンデミックを乗り切るための気管吸引, 大下慎一郎, 志馬伸朗, アバノス・メディカル・ジャパン・インク ウェッブセミナー, 2020年03月, 通常, 日本語
  2. 呼吸不全における VV-ECMO の治療成績向上にむけて, 大下慎一郎, 第30回日本経皮的心肺補助研究会, 2020年03月, 招待, 日本語
  3. Association between the severity and coagulopathy in anaphylaxis patients, Satoshi Yamaga, Yuhki Yanase, Kaori Ishii, Koji Hosokawa, Shinichiro Ohshimo, Nobuaki Shime, Michihiro Hide, 40th International Symposium on Intensive Care & Emergency Medicine, 2020年03月, 通常, 英語
  4. 敗血症:最初の3時間ですべきこと, 大下慎一郎, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月, 招待, 日本語
  5. 初期蘇生・循環作動薬班のエビデンス解説, 櫻谷 正明, 廣瀬 智也、垣花 泰之、松嶋 麻子、高橋弘、田上隆、松山匡、大下慎一郎、下山哲、岡本 潤、山田 浩平、舩越 拓、青木 誠、村田 哲平、西山 慶、中森 裕毅、 宮崎 裕也、内藤 宏道、安部 隆国、入野田 崇、岡 和幸、角山 泰一朗、原口 剛、石川 雅巳、石丸 剛、吉廣 尚大、古川 彩香、江木 盛時、小倉 裕司、西田 修、田中 裕, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月, 招待, 日本語
  6. 呼吸音連続モニタリングシステムにより呼吸音異常を可視化・定量化した2症例, 菊谷知也, 大下慎一郎,貞森拓磨,山賀聡之, 儀賀普嗣,大木伸吾, 石井潤貴,三好博美, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月, 通常, 日本語
  7. 採択されやすい論文の書き方:僕のやり方見せます!, 大下慎一郎, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月, 招待, 日本語
  8. アナフィラキシーにおける好塩基球の減少と活性化の低下, 山賀聡之, 柳瀬雄輝,石井 香,細川康二,大下慎一郎,秀 道広,志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月, 通常, 日本語
  9. Impact of protocolized diagnostic work-up including Bronchoalveolar lavage on mortality of acute respiratory distress patients: a retrospective observational study, Michihito Kyo, Koji Hosokawa, Shinichiro Ohshimo, Yoshiko Kida, Yuko Tanabe, Kohei Ota, Nobuaki Shime, The 20th Japanese Society of Intensive Care Medicine (JSICM) - Korean Society of Critical Care Medicine (KSCCM) Joint Congress, 2020年03月, 通常, 英語
  10. 集中治療室における抗菌薬適正使用介入が与えた影響 -単施設後方視的観察研究-, 京 道人, 志馬 伸朗、吉川 博、木田 佳子、大下 慎一郎, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月, 招待, 日本語
  11. 敗血症性ショックにおけるステロイド投与のタイミングとは?, 垣花 泰之, 松嶋 麻子、櫻谷 正明、廣瀬 智也、高橋弘、田上隆、松山匡、大下慎一郎、下山哲、岡本 潤、山田 浩平、舩越 拓、青木 誠、村田 哲平、西山 慶、中森 裕毅、宮崎 裕也、内藤 宏道、安部 隆国、入野田 崇、岡 和幸、角山 泰一朗、原口 剛、石川 雅巳、石丸 剛、吉廣 尚大、古川 彩香、江木 盛時、小倉 裕司、西田 修、田中 裕, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月, 招待, 日本語
  12. ARDSに対する呼吸循環管理をまとめる ─ARDSに対するECMO治療, 大下慎一郎, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月, 招待, 日本語
  13. 気道音を可視化する連続モニタリング装置の開発, 志馬伸朗, 菊谷知也,大下慎一郎,貞森拓磨,儀賀普嗣,大木伸吾,石井潤貴,三好博実、讃岐美智義,佐伯 昇,堤 保夫, 第3回気道管理学会学術集会, 2020年01月, 招待, 日本語
  14. 上気道音を用いた換気モニタリング, 佐伯 昇, 原木俊明,森尾 篤,釈舎和子,三好寛二,清水義隆,讃岐美智義,貞森拓磨,大下慎一郎,志馬伸朗,堤 保夫, 第3回気道管理学会学術集会, 2020年01月, 招待, 日本語
  15. ジフェンヒドラミン中毒の8症例 症例集積研究, 山賀聡之, 太田浩平、吉川博、檜山洋子、細川康二、大下慎一郎、志馬伸朗、廣橋伸之, 第42回日本中毒学会総会・学術集会, 2020年05月, 通常, 日本語
  16. NPPVの最新エビデンス, 大下慎一郎, 第19回急性NPPV・呼吸ケア研究会, 2019年12月, 招待, 日本語
  17. 間質性肺炎の診断における呼吸音定量化アプリケーションの有用性, 堀益靖, 大下慎一郎、岩本博志、貞森拓磨、志馬伸朗、服部登, 広島医学会総会2019, 2019年11月, 通常, 日本語
  18. Recent Advances in the Respiratory ECMO, Shinichiro Ohshimo, The 8th Meeting of the International Federation for Artificial Organs (IFAO 2019) The 57th Annual Meeting of the Japanese Society for Artificial Organs (JSAO 2019), 2019年11月, 招待, 英語
  19. Current ECMO in Japan, Shinichiro Ohshimo, Asia-Pacific Extracorporeal Life Support Organization 2019 Conference, 2019年11月, 招待, 英語
  20. 救急救命士による血糖測定並びにブドウ糖溶液投与の課題 −広島市消防局における検証−, 山賀聡之, 細川康二,三好磨耶, 山本達典, 久保富嗣,大下慎一郎,志馬伸朗, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月, 通常, 日本語
  21. Rapid Response System対応したICU入室患者の分析, 森尾友香, 細川康二,岡本茉莉江,山賀聡之,太田浩平,大下慎一郎,志馬伸朗, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月, 通常, 日本語
  22. 広島県における急性期の対応, 楠 真二, 瀬浪正樹,石井 龍,桂藤和司,小川康貴,大下慎一郎,廣橋伸之,志馬伸朗, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月, 招待, 日本語
  23. Different aspects of diffuse lung diseases in intensive care unit and respiratory department, Shinichiro Ohshimo, Yoshiko Kida, Chihiro Hirano, Kazuya Kikutani, Michihito Kyo, Takahiro Inagawa, Kohei Ota, Koji Hosokawa, Kakuhiro Yamaguchi, Yasushi Horimasu, Shintaro Miyamoto, Hiroshi Iwamoto, Kazunori Fujitaka, Hironobu Hamada, Francesco Bonella, Josune Guzman, Ulrich Costabel, Noboru Hattori, Nobuaki Shime, WASOG International conference on Sarcoidosis and Interstitial Lung Diseases 2019, 2019年10月, 通常, 英語
  24. SpO2が低いとはどういうことでどのように評価し対応するのか?, 大下慎一郎, ひろしま呼吸管理セミナー2019, 2019年09月, 招待, 日本語
  25. Fine crackles quantitative value can help the diagnosis of interstitial lung diseases – Clinical utility of the innovative analyzing system of respiratory sounds, Yasushi Horimasu, Shinichiro Ohshimo, Kakuhiro Yamaguchi, Shinjiro Sakamoto, Takeshi Masuda, Taku Nakashima, Shintaro Miyamoto, Hiroshi Iwamoto, Takuma Sadamori, Kazunori Fujitaka, Hironobu Hamada, Nobuaki Shime, Noboru Hattori, European Respiratory Society International Congress 2019, 2019年09月, 通常, 英語
  26. Imbalance in the oral bacterial flora as a risk factor for acute exacerbation in idiopathic pulmonary fibrosis, Shinichiro Ohshimo, Hiromi Nishi, Koji Hosokawa, Yasushi Horimasu, Shintaro Miyamoto, Hiroshi Iwamoto, Hironobu Hamada, Hiroyuki Kawaguch, Francesco Bonella, Josune Guzman, Ulrich Costabel, Noboru Hattori, Nobuaki Shime, European Respiratory Society International Congress 2019, 2019年09月, 通常, 英語
  27. Clinical utility of CCL15 as a prognostic biomarker for hypersensitivity pneumonitis, M. Watanabe, Y. Horimasu, H. Iwamoto, K. Yamaguchi, S. Sakamoto, T. Masuda, T. Nakashima, S. Miyamoto, S. Ohshimo, K. Fujitaka, H. Hamada, N. Kohno, N. Hattori, European Respiratory Society International Congress 2019, 2019年09月, 通常, 英語
  28. 急性呼吸不全治療における血液浄化, 大下慎一郎, バクスター社内教育講演会, 2019年08月, 招待, 日本語
  29. Magnetic Resonance Imaging (MRI)対応人工呼吸器の使用状況・合併症調査, 山賀聡之, 大下慎一郎,三好博実,太田浩平,緒方嘉隆,細川康二,志馬伸朗, 第41回日本呼吸療法医学会学術集会, 2019年08月, 通常, 日本語
  30. 重症呼吸不全に対するECMO治療 ─回路や膜の問題点と改善点─, 大下慎一郎, 第41回 日本呼吸療法医学会学術集会, 2019年08月, 招待, 日本語
  31. ECMOカニュレーション・シミュレーション, 大下慎一郎, 第41回日本呼吸療法医学会学術集会・プレコングレスセミナー, 2019年08月, 招待, 英語
  32. 遅発的副作用発現が認められたベンラファキシン徐放性製剤過量服用症例, 檜山洋子,吉川博,佐藤智人,畝井浩子,太田浩平,大下慎一郎,志馬伸朗,松尾裕彰, 第41回 日本中毒学会総会・学術集会, 2019年07月, 通常, 日本語
  33. アモキサピン大量服薬により心停止を起こした1例, 吉川博、檜山洋子、佐藤智人、山賀聡之、畝井浩子、大下慎一郎、志馬伸朗、松尾裕彰, 第41回 日本中毒学会総会・学術集会, 2019年07月, 通常, 日本語
  34. ECMO(VA・VV)を用いた呼吸不全治療最前線, 大下慎一郎, 日本人工臓器学会 教育セミナー, 2019年07月, 招待, 日本語
  35. 効果に差が出る!新時代の急性期呼吸管理, 大下慎一郎, 広島呼吸ケア研究会, 2019年06月, 招待, 日本語
  36. 急性肺傷害に対する凝固制御と呼吸管理の進歩, 大下慎一郎, 第51回広島膠原病研究会, 2019年06月, 招待, 日本語
  37. V-V ECMO管理:現状・未来, 大下慎一郎, 福岡県パフュージョンセミナー, 2019年05月, 招待, 日本語
  38. 平成30年7月豪雨 広島県における急性期対応と課題, 楠 真二,瀬浪正樹,石井 龍,桂藤和司,小川康貴,大下慎一郎,廣橋伸之,志馬伸朗, 第35回日本救急医学会中国四国地方会, 2019年05月, 招待, 日本語
  39. 非挿管深鎮静および抜管後の呼吸音連続可視化モニタリング, 讃岐美智義, 志馬伸朗, 大下慎一郎,貞森拓磨, 清水勇治, 長谷部剛, 第30回日本臨床モニター学会総会, 2019年04月, 通常, 日本語
  40. 呼吸音可視化・解析システムの臨床的有用性に関する検討, 堀益靖、大下慎一郎、岩本博志、中島拓、宮本真太郎、藤高一慶、貞森拓磨、志馬伸朗、濱田泰伸、服部登, 第116回日本内科学会総会・講演会, 2019年04月, 通常, 日本語
  41. 呼吸音の可視化・解析システムの臨床応用へ向けた検討-間質性肺炎の診断における有用性-, 堀益靖、大下慎一郎、岩本博志、山口覚博、坂本信二郎、益田武、中島拓、宮本真太郎、藤高一慶、貞森拓磨、志馬伸朗、濱田泰伸、服部登, 第59回日本呼吸器学会学術講演会, 2019年04月, 通常, 日本語
  42. 急性増悪におけるバイオマーカーとECMO, 大下慎一郎, 第59回日本呼吸器学会学術講演会, 2019年04月, 招待, 日本語
  43. ARDS診療ガイドラインの展望 リレートーク :次世代に向けた人工呼吸管理の展望, 大下慎一郎, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月, 招待, 日本語
  44. 西日本豪雨災害の諸課題:広島県庁での活動, 楠 真二,廣橋伸之,石井 龍,桂藤和司,小川康貴,大下慎一郎,津村 龍,竹崎 亨,内藤博司,世良昭彦,瀬浪正樹,志馬伸朗, 第24回日本災害医学会総会・学術集会, 2019年03月, 招待, 日本語
  45. Association between appropriate empiric antimicrobial therapy and mortality from bloodstream infections in the intensive care unit, Satoshi Yamaga, Nobuaki Shime, Shinichiro Ohshimo, The 3rd JSICM/TSCCM Joint Congress, 2019年03月, 通常, 英語
  46. KL-6 in whole lung lavage fluid of patients with pulmonary alveolar proteinosis, 大下 慎一郎, European Respiratory Society, 2009年, 通常, 英語
  47. 特発性間質性肺炎の日本・ヨーロッパ比較研究, 大下 慎一郎, 第50回日本呼吸器学会学術講演会, 2009年, 通常, 日本語
  48. Serum High-density Lipoprotein Cholesterol as a Prognostic Factor for Lung Cancer, 大下 慎一郎, The 19th International Symposium of Hiroshima Cancer Seminar, 2009年, 通常, 英語
  49. Serial change in serum KL-6 levels correlate with the pulmonary function variables in cystic fibrosis, 大下 慎一郎, 2010 ERS Annual Congress, 2010年, 通常, 英語
  50. KL-6, a Human MUC1 Mucin, as a Prognostic Factor for Diffuse Alveolar Hemorrhage Syndrome, 大下 慎一郎, 40th Critical Care Congress, 2010年, 通常, 英語
  51. びまん性肺胞出血症候群の;予後因子の検討, 大下 慎一郎, 第38回 日本救急医学会総会・学術集会, 2010年, 通常, 日本語
  52. HFOVによる呼吸管理が有用であった閉塞性気管支炎の一例, 大下 慎一郎, 第32回日本呼吸療法医学会学術総会, 2010年, 通常, 日本語
  53. Serum Levels of KL-6, a Biomarker for Interstitial Lung Diseases, in Caucasian Patients with Idiopathic Interstitial Pneumonias, 大下 慎一郎, 2010 ATS International Conference, 2010年, 通常, 英語
  54. Serum KL-6 Levels Are Associated With Long-Term Prognosis in Lung Transplant Recipients, Vasilliki Bessa, Shinichiro Ohshimo, Gerhard Weinreich , Francesco Bonella, Ulrich Costabel, Markus Kamler, Helmut Teschler, Urte Sommerwerck, International Society for Heart & Lung Transplantation 34th Annual Meeting, 2014年, 通常, 英語
  55. Sedation and Muscle Relaxation in HFO, Shinichiro Ohshimo, High-frequency Oscillation (HFO) Experts Conference, 2014年, 招待, 英語, 発表資料
  56. 当院での敗血症性ショックに対するエンドトキシン吸着療法(PMX-DHP)の検討, 板井純治, 廣橋伸之,儀賀普嗣,稲川嵩紘,木田佳子,太田浩平,大谷直嗣,貞森拓磨,宇根一暢,大下慎一郎,津村龍,岩崎泰昌,谷川攻一, 第18回 エンドトキシン血症救命治療研究会, 2014年01月, 通常, 日本語, 実験データ
  57. 熱傷ショックにたこつぼ型心筋症を合併した高齢者熱傷の1例, 岩崎泰昌, 宇根一暢,太田浩平,大下慎一郎,稲川嵩紘,大谷直嗣,板井純治,木田佳子,廣橋伸之,谷川攻一, 第41回 日本集中治療医学会学術集会, 2014年01月, 通常, 日本語, 実験データ
  58. ECMOを用いた重症呼吸不全治療における当院の取り組み, 大下慎一郎, 第41回 日本集中治療医学会学術集会, 2014年02月, 招待, 日本語, 実験データ
  59. Prevention of pneumothorax using veno-venous ECMO in acute respiratory distress syndrome with emphysematous/cystic changes in the lung, Tadatsugu Otani, Shinichiro Ohshimo, Kohei Ota, Yoshiko Kida, Takahiro Inagawa, Junji Itai, Satoshi Yamaga, Kazunobu Une, Yasumasa Iwasaki, Nobuyuki Hirohashi, Nobuoki Kohno, Koichi Tanigawa, 34 th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, 2014年03月18日, 通常, 英語
  60. Serum KL-6 Ausgangskonzentration korreliert mit der Langzeitprognose von lungentransplantierten Patienten, V. Bessa, S. Ohshimo, G. Weinreich , F. Bonella, U.Costabel, M. Kamler, H. Teschler, U. Sommerwerck, 55. Kongress der Deutschen Gesellschaft für Pathologie und Beatmungsmedizin, 2014年03月26日, 通常, ドイツ語
  61. 急性呼吸不全におけるWearable-ECMO開発への取組み, 大下慎一郎, 堀益 靖, 太田浩平, 岩本博志, 石川暢久, 高橋秀暢, 白石正夫, 金指正言, 都留稔了, Mattausch Hans Juergen, 三浦道子, 谷川攻一, 河野修興, 第54回 日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月, 通常, 日本語, 実験データ
  62. Impact of Ethnic Difference and TERT Gene Polymorphisms in the Acute Exacerbation of Idiopathic Pulmonary Fibrosis, Shinichiro Ohshimo, Nobuhisa Ishikawa, Yasushi Horimasu, Kazunori Fujitaka, Yoshinori Haruta, Hiroshi Murai, Noboru Hattori, Francesco Bonella, Josune Guzman, Ulrich Costabel, Nobuoki Kohno, 第54回 日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月, 通常, 英語, 実験データ
  63. 若手医師に役立つ実戦講座「呼吸管理のスタンダードから」:人工呼吸管理の羅針盤~ゴールデンスタンダードを求めて~ 新しいモニターシステム・画像・血清マーカー, 大下慎一郎, 第54回 日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月, 招待, 日本語, 実験データ
  64. 若者への留学の奨め-留学体験報告:ドイツ人とともに生活して見えてきたもの, 大下慎一郎, 第54回 日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月, 招待, 日本語, 発表資料
  65. Bubble like appearanceを呈する肺腺癌における気管支鏡検査の有用性, 濱井宏介, 石川暢久, 中島 拓, 岩本博志, 妹尾 直, 大下慎一郎, 藤高一慶, 春田吉則, 濱田泰伸, 村井 博, 服部 登, 河野修興, 第37回 日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2014年04月, 通常, 日本語, 実験データ
  66. Impact of Ethnic Difference and TERT Gene Polymorphisms in the Acute Exacerbation of Idiopathic Pulmonary Fibrosis, Shinichiro Ohshimo, Nobuhisa Ishikawa, Yasushi Horimasu, Kazunori Fujitaka, Yoshinori Haruta, Hiroshi Murai, Noboru Hattori, Francesco Bonella, Josune Guzman, Ulrich Costabel, Nobuoki Kohno, American Thoracic Society International Conference 2014. San Diego, California, USA, 2014年05月, 通常, 英語, 実験データ
  67. Serum CCL-18 may predict the short-term response to pirfenidone in idiopathic pulmonary fibrosis, Bonella Francesco, Costabel Ulrich, He Xuan, Ohshimo Shinichiro, Guzman Josune, Thomas E Wessendorf, ATS 2014 International Conference, 2014年05月, 通常, 英語, San Diego, California, 実験データ
  68. Annual decline in lung function can predict the prognosis of patients with chronic hypersensitivity pneumonia, Yasushi Horimasu, Nobuhisa Ishikawa, Taku Nakashima, Hiroshi Iwamoto, Tadashi Seno, Shinichiro Ohshimo, Kazunori Fujitaka, Yoshinori Haruta, Hiroshi Murai, Noboru Hattori, Nobuoki Kohno, ATS 2014 International Conference, 2014年05月, 通常, 英語, San Diego, California, 実験データ
  69. Gene expression profiles of idiopathic interstitial pneumonias: Molecular signatures of pulmonary fibrosis, Nobuhisa Ishikawa, Takeshi Masuda, Yasushi Horimasu, Noboru Hattori, Shinichiro Ohshimo, Nobuoki Kohno, ATS 2014 International Conference, 2014年05月, 通常, 英語, San Diego, California, 実験データ
  70. 人工呼吸器関連肺炎の 新しい判定基準:VAE, 大下慎一郎, 国公立大学附属病院感染対策協議会中国四国ブロック別研修会, 2014年05月, 招待, 日本語, 発表資料
  71. 広島県ドクターヘリの現状と取り組み, 大谷直嗣, 宇根一暢,津村龍,太田浩平,山賀聡之,鈴木 慶,田村朋子,貞森拓磨,大下慎一郎,岩崎泰昌,廣橋伸之,多田昌弘,佐伯辰彦,板井純治,竹崎 亨,楠 真二,山野上敬夫,谷川攻一, 第30回 日本救急医学会 中国四国地方会, 2014年05月, 通常, 日本語, 実験データ
  72. ARDS に対する換気様式の選択:高頻度振幅換気(HFOV)が有効なARDS患者をいかに選択するか, 大下慎一郎, 太田浩平,板井純治,山賀聡之,木田佳子,西田 翼,儀賀普嗣,小林靖孟,稲川嵩紘,大谷直嗣,宇根一暢,貞森拓磨,津村 龍,岩崎泰昌,廣橋伸之,河野修興,谷川攻一, 第36回 日本呼吸療法医学会学術総会, 2014年07月, 通常, 日本語, 実験データ
  73. ECMOプロジェクト教育講演:VV-ECMO管理中に腸腰筋出血をきたした急性呼吸不全の一例, 大下慎一郎, 太田浩平,木田佳子,小林 伶,儀賀普嗣,京 道人,島谷竜俊,小山和宏,稲川嵩紘,鈴木 慶,山賀聡之,田邉優子,大谷直嗣,宇根一暢,貞森拓磨,津村 龍,岩崎泰昌,廣橋伸之,河野修興,谷川攻一, 第36回 日本呼吸療法医学会学術総会, 2014年07月, 招待, 日本語, 実験データ
  74. Angiopoietin-2 Gene Polymorphism as Prognostic Factor in Caucasians with Idiopathic Pulmonary Fibrosis, Angiopoietin-2 Gene Polymorphism as Prognostic Factor in Caucasians with Idiopathic Pulmonary Fibrosis, Yasushi Horimasu, Francesco Bonella, Hiroshi Iwamoto, Nobuhisa Ishikawa, Kazunori Fujitaka, Yoshinori Haruta, Hiroshi Murai, Noboru Hattori, Nobuyuki Hirohashi, Koichi Tanigawa, Josune Guzman, Ulrich Costabel, Nobuoki Kohno, European Respiratory Society International Congress 2014, 2014年09月, 通常, 英語, 実験データ
  75. Decreased circulatory receptor for advanced glycation end-products is associated with poorer survival in patients with idiopathic pulmonary fibrosis, Hiroshi Iwamoto, Yasushi Horimasu, Taku Nakashima, Tadashi Senoo, Shinichiro Ohshimo, Nobuhisa Ishikawa, Kazunori Fujitaka, Yoshinori Haruta, Hiroshi Murai, Noboru Hattori, Witold Mazur, Nobuoki Kohno, European Respiratory Society International Congress 2014, 2014年09月, 通常, 英語, 実験データ
  76. Annual changes in pulmonary function is an independent prognostic factor for the patients with chronic hypersensitivity pneumonia, Yasushi Horimasu, Nobuhisa Ishikawa, Taku Nakashima, Hiroshi Iwamoto, Tadashi Senoo, Shinichiro Ohshimo, Kazunori Fujitaka, Yoshinori Haruta, Hiroshi Murai, Noboru Hattori, Nobuoki Kohno, European Respiratory Society International Congress 2014, 2014年09月, 通常, 英語, 実験データ
  77. Potential value of KL-6 in various interstitial lung diseases, Shinichiro Ohshimo, European Respiratory Society International Congress 2014, 2014年09月, 招待, 英語, 発表資料
  78. GAP Index as a predictor of acute exacerbation in idiopathic pulmonary fibrosis, Shinichiro Ohshimo, Yasushi Horimasu, Francesco, Bonella, Chihiro Yamaoka, Hiroshi Iwamoto, Kazunori Fujitaka, Yoshinori Haruta, Hiroshi Murai, Hironobu Hamada, Noboru Hattori, Nobuyuki Hirohashi, Koichi Tanigawa, Josune Guzman, Ulrich Costabel, Nobuoki Kohno, The 3rd combined WASOG and BAL Meeting, 2014年10月, 通常, 英語, 実験データ
  79. ドクターヘリ広域連携 消防・防災ヘリとの連携による効果, 大谷直嗣, 宇根一暢,太田浩平,山賀聡之,鈴木慶,大下慎一郎,津村龍,岩崎泰昌,廣橋伸之,山野上敬夫,谷川攻一, 第42回 日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月, 通常, 日本語, 実験データ
  80. 脂肪塞栓症候群によるARDSに対しV-V ECMOを導入し救命した一例, 島谷竜俊, 山賀聡之, 矢野佳子, 田邉優子, 太田浩平, 宇根一暢, 大下慎一郎, 岩崎泰昌, 廣橋伸之, 谷川攻一, 第42回 日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月, 通常, 日本語, 実験データ
  81. 広島大学病院高度救命救急センターにおける自殺企図者の実態について, 岩崎泰昌, 大下慎一郎, 大谷直嗣, 宇根一暢, 太田浩平, 山賀聡之, 木田佳子, 津村 龍, 廣橋伸之, 吉野敦雄, 谷川攻一, 第42回 日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月, 通常, 日本語, 実験データ
  82. 切除不能肺腺癌における予後予測マーカーとしての血清KL-6の有用性, 堀益 靖, 服部 登, 益田 武, 中島 拓, 岩本博志, 妹尾 直, 大下慎一郎, 石川暢久, 藤高一慶, 春田吉則, 村井 博, 宮田義浩, 岡田守人, 濱田泰伸, 河野修興, 第55回 日本肺癌学会学術集会, 2014年11月, 通常, 日本語, 実験データ
  83. Risk factors for severe anaphylaxis presenting prolonged hypotension, Satoshi Yamaga, Shinichiro Ohshimo, Satoshi Morioke, Tatsutoshi Shimatani, Michihito Kyo, Hiroshi Giga, Kazuhiro Koyama, Takahiro Inagawa, Kei Suzuki, Yoshiko Kida, Kohei Ota, Yuko Tanabe, Kazunobu Une, Tadatsugu Otani, Takuma Sadamori, Ryu Tsumura, Yasumasa Iwasaki, Nobuyuki Hirohashi, Michihiro Hide, Koichi Tanigawa, American Heart Association 2014, 2014年11月, 通常, 英語, Chicago, IL
  84. 間質性肺炎急性増悪における体外式膜型人工肺(ECMO)の有用性, 大下慎一郎, 木田佳子,太田浩平,京 道人,島谷竜俊,儀賀普嗣,小山和宏,稲川嵩紘,鈴木 慶,山賀聡之,田邉優子,大谷直嗣,貞森拓磨,宇根一暢,津村 龍,岩崎泰昌,廣橋伸之,服部 登,河野修興,谷川攻一, 日本医工学治療学会第31回学術大会, 2014年12月05日, 通常, 日本語, 広島
  85. 広島県のヘリコプター救急医療体制 ドクターヘリ広域連携・消防防災ヘリとの連携, 大谷直嗣, 鈴木慶、木田佳子、山賀聡之、田邉優子、太田浩平、田村朋子、宇根一暢、貞森拓磨、大下慎一郎、津村龍、岩崎泰昌、廣橋伸之、板井純治、佐伯辰彦、多田昌弘、竹崎亨、楠真二、山野上敬夫、谷川攻一, 日本医工学治療学会第31回学術大会, 2014年12月05日, 通常, 日本語, 広島
  86. 救急・集中治療領域における呼吸管理, 廣橋伸之, 大下慎一郎 谷川攻一, 日本医工学治療学会第31回学術大会, 2014年12月05日, 招待, 日本語
  87. Prognostic indicators for patients with acute respiratory failure treated with high-frequency oscillatory ventilation, Yuko Tanabe, Shinichiro Ohshimo, Yoshiko Kida, Kei Suzuki, Satoshi Yamaga, Kohei Ota, Kazunobu Une, Koichi Tanigawa, Annual Congress 44th Critical Care Congress, 2015年01月, 通常, 英語, Phoenix, Arizona, USA, 発表資料
  88. Correlation of intracellular histamine and clinical symptoms in anaphylactic patients, Satoshi Yamaga, Satoshi Morioke, Shinichiro Ohshimo, Kei Suzuki, Yasumasa Iwasaki, Nobuyuki Hirohashi, Michihiro Hide, Koichi Tanigawa, Annual Congress 44th Critical Care Congress, 2015年01月, 通常, 英語, Phoenix, Arizona, USA
  89. アナフィラキシーにおける凝固異常の検討, 山賀聡之, 大下慎一郎,木田佳子, 太田浩平,大谷直嗣,宇根一暢,岩崎泰昌,廣橋伸之,秀道広,谷川攻一, 第42回日本集中治療医学会学術集会, 2015年02月, 通常, 日本語, 東京, 実験データ
  90. 非HIV患者の重症ニューモシスチス肺炎に対する体外式膜型人工肺の有用性, 太田浩平, 大下慎一郎,木田佳子,山賀聡之,鈴木慶,稲川嵩紘,宇根一暢,岩崎泰昌,廣橋伸之,谷川攻一, 第42回日本集中治療医学会学術集会, 2015年02月, 通常, 日本語, 東京
  91. ECMOを成功させるためには:ECMO有効活用へ向けた当院の取り組み, 大下慎一郎, 第42回日本集中治療医学会学術集会, 2015年02月, 招待, 日本語, 東京
  92. 間質性肺炎急性増悪におけるECMOの有用性, 木田佳子, 大下慎一郎,太田浩平,山賀聡史,鈴木慶、岩崎泰昌,廣橋伸之,谷川攻一, 第42回日本集中治療医学会学術集会, 2015年02月, 通常, 日本語, 東京
  93. 敗血症診断におけるPresepsinの有用性の検討, 鈴木 慶, 大下 慎一郎, 京 道人, 小山 和宏, 田邊 優子, 稲川 嵩紘, 太田 浩平, 岩崎 泰昌, 廣橋 伸之, 谷川 攻一, 第42回日本集中治療医学会学術集会, 2015年02月, 通常, 日本語, 東京
  94. 間質性肺炎急性増悪における体外式膜型人工肺(ECMO)の有用性, 大下慎一郎, 日本医工学治療学会第31回学術大会, 2015年03月27日, 通常, 日本語, 広島
  95. KL-6 changes in serum could predict the development of chronic lung allograft dysfunction in lung transplant recipients, V. Besa, F. Bonella , S. Ohshimo, G. Weinreich , U.Costabel, M. Kamler, H. Teschler, U. Sommerwerck, ISHLT 35th Annual Meeting and Scientific Sessions, 2015年04月, 通常, 英語, Nice, France
  96. Growth differentiation factor-15 (GDF-15) as prognostic factor in Caucasians with idiopathic pulmonary fibrosis, Ohshimo S, Hamai K, Bonella F, Yamaoka C, Horimasu Y, Iwamoto H, Ishikawa N, Fujitaka K, Murai H, Hamada H, Hattori N, Hirohashi N, Tanigawa K, Guzman J, Costabel U, Kohno N., 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 2015年04月, 通常, 英語, 東京
  97. HRCT findings as a predictive dactor for acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis., Yamaoka C, Horimasu Y, Iwamoto H, Ohshimo S, Fujitaka K, Hattori N, Hamada H, Kohno N., 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 2015年04月, 通常, 英語, 東京
  98. Growth Differentiation Factor-15 (GDF-15) as Prognostic Factor in German Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis, Ohshimo S, American Thoracic Society 2015 International Conference, 2015年05月, 通常, 英語, Denver, CO
  99. Serum KL-6 levels correlate with response to pirfenidone in idiopathic pulmonary fibrosis, F. Bonella, S. Ohshimo, E. Boerner, J. Guzman, T.E. Wessendorf, U. Costabel, American Thoracic Society 2015 International Conference, 2015年05月, 通常, 英語, Denver, CO
  100. 複数傷病者事案に対するヘリコプター救急医療活動について, 大谷直嗣, 鈴木慶、山賀聡之、田村朋子、太田浩平、大下慎一郎、津村龍、岩崎泰昌、廣橋伸之、板井純治、多田昌弘、竹崎亨、楠真二、山野上敬夫、谷川攻一, 第31回日本救急医学会 中国四国地方会, 2015年05月, 通常, 日本語, 徳島
  101. Benefit of veno-venous ECMO in patients with acute exacerbation of interstitial pneumonia, Ohshimo S, Asia-Pacific ELSO 2015 - 2nd Conference of Asia-Pacific Chapter of Extracorporeal Life Support Organization, 2015年07月, 通常, 英語, 京都
  102. Analysis of autopsy findings in patients with acute respiratory failure supported on V-V ECMO, Kida Y, Shinichiro Ohshimo, Kohei Ota, Kei Suzuki, Satoshi Yamaga, Yasumasa Iwasaki, Nobuyuki Hirohashi, Koichi Tanigawa, Asia-Pacific ELSO 2015 - 2nd Conference of Asia-Pacific Chapter of Extracorporeal Life Support Organization, 2015年07月, 通常, 英語, 京都
  103. Successful use of V-VA ECMO in a patient with respiratory failure complicated by myocarditis, Kyo M, Shinichiro Ohshimo, Yoshiko Kida, Kohei Ota, Kei Suzuki, Satoshi Yamaga, Yasumasa Iwasaki, Nobuyuki Hirohashi, Koichi Tanigawa, Asia-Pacific ELSO 2015 - 2nd Conference of Asia-Pacific Chapter of Extracorporeal Life Support Organization, 2015年07月, 通常, 英語, 京都
  104. 心筋炎に伴う呼吸不全に対してV-VA ECMOを施行した一例, 京 道人, 大下慎一郎,儀賀普嗣,島谷竜俊,小山和宏,稲川嵩紘,鈴木 慶,矢野佳子,山賀聡之,田邉優子,太田浩平,宇根一暢,大谷直嗣,貞森拓磨,津村 龍,岩崎泰昌,廣橋伸之,谷川攻一, 第37回日本呼吸療法医学会総会, 2015年07月, 通常, 日本語, 東京
  105. 日本人の間質性肺炎急性増悪症例における体外式膜型人工肺(ECMO)の有用性, 大下慎一郎, 木田佳子, 太田浩平, 京 道人, 島谷竜俊, 儀賀普嗣, 小山和宏, 稲川嵩紘, 鈴木 慶, 山賀聡之, 田邉優子, 大谷直嗣, 貞森拓磨, 宇根一暢, 津村 龍, 岩崎泰昌, 廣橋伸之, 服部 登, 河野修興, 谷川攻一, 第37回日本呼吸療法医学会総会, 2015年07月, 通常, 日本語, 東京
  106. ARDSの疫学:患者の生命予後は改善されたのか?, 大下慎一郎, 第37回日本呼吸療法医学会総会, 2015年07月, 招待, 日本語, 東京
  107. V-V ECMOを使用した成人急性呼吸不全症例における剖検診断の検討, 木田佳子, 大下慎一郎, 太田浩平, 山賀聡之, 鈴木慶, 田邉優子, 稲川嵩紘, 小山和宏, 儀賀普嗣, 京道人, 島谷竜俊, 宇根一暢, 大谷直嗣, 岩崎泰昌, 廣橋伸之, 河野修興, 谷川攻一, 第37回日本呼吸療法医学会総会, 2015年07月, 通常, 日本語, 東京
  108. Comparative Analysis of Multiple Gene Polymorphisms for Acute Exacerbation of Idiopathic Pulmonary Fibrosis, Ohshimo S, European Respiratory Society (ERS) International Congress 2015, 2015年09月, 通常, 英語, Amsterdam, Netherlands
  109. Serum KL-6 as a biomarker to assess response to azathioprine in connective tissue disease associated lung disease (CTD-ILD), Boerner EB, Wessendorf TE, Ohshimo S, Costabel U, Bonella F., European Respiratory Society International Congress 2015, 2015年09月, 通常, 英語, Amsterdam, Netherlands
  110. MUC1 gene polymorphism and serum KL-6 in lung adenocarcinoma, Horimasu Y, Ishikawa N, Tanaka S, Iwamoto H, Ohshimo S, Fujitaka K, Hattori N, Hamada H, Kohno N., European Respiratory Society International Congress 2015, 2015年09月, 通常, 英語, Amsterdam, Netherlands
  111. 嘔吐マネキンモデルに対する 救急救命士による気管挿管における Airway ScopeとMacintosh型喉頭鏡の比較, 鈴木 慶, 楠 真二,貞森 拓磨,田邊 優子,板井純治,大下慎一郎,廣橋伸之,志馬伸朗, 第43回 日本救急医学会総会・学術集会, 2015年10月, 通常, 日本語, 東京
  112. シアン化カリウムによる急性中毒を救命し得た1症例, 田邉優子, 山賀聡之,佐藤智人,稲川嵩紘,鈴木慶,矢野佳子,太田浩平,大谷直嗣,大下慎一郎,岩崎泰昌,廣橋伸之, 第43回 日本救急医学会総会・学術集会, 2015年10月, 通常, 日本語, 東京
  113. 災害現場での無人航空機(ドローン)による映像伝送の有用性, 島谷竜俊, 貞森拓磨、鈴木慶、木田佳子、山賀聡之、太田浩平、田邉優子、大谷直嗣、大下慎一郎、岩崎泰昌、廣橋伸之, 第43回 日本救急医学会総会・学術集会, 2015年10月, 通常, 日本語, 東京
  114. ヘリコプター2機による連携で対応した複数傷病者の一事案, 鳥越勇佑, 大谷直嗣, 京道人, 島谷竜俊, 鈴木慶, 山賀聡之, 太田浩平, 大下慎一郎, 津村龍, 岩崎泰昌, 廣橋伸之, 儀賀普嗣, 多田昌弘, 竹崎亨, 山野上敬夫, 第22回日本航空医療学会総会, 2015年11月, 通常, 日本語, 前橋,群馬
  115. 救命救急センターにおける黄色ブドウ球菌菌血症の予後関連因子についての検討, 京 道人, 木田佳子, 大下慎一郎, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第38回広島感染症研究会, 2015年11月07日, 通常, 日本語, 広島
  116. 集中治療室における黄色ブドウ球菌敗血症患者の予後因子, 京 道人, 木田 佳子、大下 慎一郎、鈴木 慶、山賀 聡之、廣橋 伸之、志馬 伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月, 通常, 日本語, 神戸
  117. 呼吸音自動解析能を有する新たな電子聴診器の開発, 山賀聡之, 大下慎一郎,貞森拓磨,儀賀普嗣,岩崎泰昌,廣橋伸之,志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月, 通常, 日本語, 神戸
  118. ECMO使用患者における予後因子としての赤血球分布幅, 大下慎一郎, 木田佳子, 京 道人,島谷竜俊,鳥越勇佑,鈴木 慶,山賀聡之,岩崎泰昌,廣橋伸之,志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月, 通常, 日本語, 神戸
  119. 人工呼吸器離脱にNAVAが有用であった2症例, 木田佳子, 大下慎一郎,志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会 NAVAミーティング, 2016年02月12日, 通常, 日本語, 名古屋
  120. マムシ咬傷により発症した破傷風の一例, 岡崎裕介, 山賀聡之, 島谷竜俊, 京道人, 小山和宏, 稲川嵩紘, 鳥越勇佑, 鈴木慶, 木田佳子, 田邉優子, 太田浩平, 大谷直嗣, 貞森拓磨, 津村龍, 大下慎一郎, 岩崎泰昌, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第33回日本集中治療医学会 中国四国地方会, 2016年02月20日, 通常, 日本語, 広島
  121. 特発性肺線維症患者の予後予測に関する血清マーカーの有用性, 濱井宏介, 岩本博志, 石川暢久, 堀益 靖, 大下慎一郎, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部 登, 河野修興, 第113回日本内科学会総会・講演会, 2016年04月, 通常, 日本語, 東京
  122. FAM13A polymorphism as a prognostic factor in Japanese patients with idiopathic pulmonary fibrosis, Hirano C, Ohshimo S, Horimasu Y, Iwamoto H, Hamada H, Hattori N, Bonella F, Guzman J, Costabel U, Kohno N., 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 2016年04月, 通常, 英語, 京都
  123. FAM13A polymorphism as a prognostic factor in Japanese patients with idiopathic pulmonary fibrosis, Hirano C, Ohshimo S, Horimasu Y, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N, Bonella F, Guzman J, Costabel U, Kohno N., American Thoracic Society International Conference 2016, 2016年05月, 通常, 英語, San Francisco, CA
  124. 肺腫瘍術後に高アンモニア血症による意識障害を合併した一例, 京 道人, 木田佳子, 大下慎一郎, 島谷竜俊, 鳥越勇佑, 鈴木 慶, 山賀聡之, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第38回 日本呼吸療法医学会学術集会, 2016年07月, 通常, 日本語, 名古屋
  125. V-V ECMOを使用した間質性肺炎急性増悪剖検肺における病理学的検討, 木田佳子, 大下慎一郎,Vishwa Jeet AMATYA,武島幸男,志馬伸朗, 第38回 日本呼吸療法医学会学術集会, 2016年07月, 通常, 日本語, 名古屋
  126. ARDSシンポジウム, 大下慎一郎, 第38回 日本呼吸療法医学会学術集会, 2016年07月, 招待, 日本語, 名古屋
  127. Detection of anti DFS70 antibodies in patients with interstitial lung disease (ILD) with and without connective tissue disease (CTD), Bonella F, Lyu Y, Theegarten D, Boerner E, Wessendorf TE, Ohshimo S, Guzman J, Costabel U, Kreuter M., ERS International Congress, 2016年09月, 通常, 英語, London, UK
  128. The experiences of physical therapy for the patients with veno-venous extracorporeal membrane oxygenation in Hiroshima university hospital, SARADA K, TAITO S, SEKIKAWA K, OHSHIMO S, OTA K, HIROHASHI N, UEDA K, MIKAMI Y, KIMURA H, SHIME N, ITO Y, 13th Asian Confederation of Physical Therapy: ACPT Congress 2016, 2016年10月, 通常, 英語
  129. Analysis of autopsy findings in patients with acute respiratory failure supported on V-V ECMO, Yoshiko Kida, Shinichiro Ohshimo, Michihito Kyo, Tatutoshi Shimatani, Nobuyuki Hirohashi, Nobuaki Shime, The 35th Annual Conference of the Korean Society of Critical Care Medicine, 2016年04月, 通常, 英語
  130. Successful use of VAV ECMO in a patient with respiratory failure complicated by myocarditis, Michihito Kyo, Shinichiro Ohshimo, Yoshiko Kida, Tatsutoshi Shimatani, Yusuke Torikoshi, Kei Suzuki, Satoshi Yamaga, Nobuyuki Hirohashi, Nobuaki Shime, The 35th Annual Conference of the Korean Society of Critical Care Medicine, 2016年04月, 通常, 英語
  131. Optimal Volume and Substance in Intraesophageal Balloon Catheter for Esophageal Pressure Measurement, Tatsutoshi Shimatani, Shinichiro Ohshimo, Michihito Kyo, Yoshiko Kida, Nobuaki Shime, The 35th Annual Conference of the Korean Society of Critical Care Medicine, 2016年04月, 通常, 英語
  132. 集中治療室における黄色ブドウ球菌菌血症患者の予後因子の検討, 京 道人, MRSAフォーラム2016, 2016年07月, 通常, 日本語
  133. 熊本地震急性期におけるICTの利活用, 島谷竜俊, 貞森拓磨、大谷直嗣、大下慎一郎、志馬伸朗, 第20回 日本遠隔医療学会学術大会, 2016年10月, 通常, 日本語
  134. 市中感染Extended spectrum beta-lactamase(ESBL)産生大腸菌による敗血症性ショックの一例, 稲川嵩紘, 志馬伸朗,菅井基行,大下慎一郎,木田佳子,山賀聡史,太田浩平,小山和宏,京 道人,木場由美子,岡崎裕介,津村 龍,大谷直嗣,三好博実,田邉優子, 第64回日本化学療法学会西日本支部総会, 2016年11月, 通常, 日本語
  135. 直腸癌に対してベバシズマブ投与中にA群β溶連菌による壊死性筋膜炎を発症した1例, 三好博実, 岡崎裕介,小山和宏,大木伸吾,稲川嵩紘,太田浩平,大下慎一郎,廣橋伸之,志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会, 2016年11月, 通常, 日本語
  136. 熊本地震被災地支援におけるICTの利活用, 島谷竜俊, 貞森拓磨,大下慎一郎,大谷直嗣,山岡秀寿,志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月, 通常, 日本語
  137. 脳脂肪塞栓症4例のMRI画像の検討, 津村 龍, 太田浩平,稲川嵩紘,小山和宏,島谷竜俊,大下慎一郎,廣橋伸之,志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月, 通常, 日本語
  138. ECMO使用中の経肺圧の臨床応用, 大下慎一郎, 人工呼吸器非同調・経肺圧・呼吸仕事量セミナー, 2016年09月, 招待, 日本語
  139. 2016年全国調査によるインフルエンザ関連急性呼吸不全の現状, 大下慎一郎, 志馬伸朗,中川 聡,西田 修,竹田晋浩,ECMOプロジェクト, 第38回 日本呼吸療法医学会学術集会, 2016年07月, 招待, 日本語, 名古屋
  140. 重症呼吸不全に対するECMO治療の最適化を目指したヘリの活用, 鈴木 慶, 大谷直嗣 島谷竜俊 京道人 鳥越勇祐 矢野佳子 山賀聡之 田邉優子 太田浩平 大下慎一郎 津村龍 廣橋伸之 志馬伸朗, 第23回日本航空医療学会総会, 2016年10月, 通常, 日本語, 埼玉
  141. ECMO使用患者における予後因子としての赤血球分布幅, 大下慎一郎, 木田佳子, 京 道人,島谷竜俊,鳥越勇佑,鈴木 慶,山賀聡之,岩崎泰昌,廣橋伸之,志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月, 通常, 日本語, 神戸
  142. ECMOによる致死的呼吸不全克服への挑戦, 大下慎一郎, 第54回日本人工臓器学会大会, 2016年11月, 招待, 日本語, 米子
  143. Protein expression profile in acute exacerbation of interstitial pneumonia supported on V-V ECMO, Yoshiko Kida, Shinichiro Ohshimo, Michihito Kyo, AMATYA Jeet Vishwa, Yukio Takeshima, Nobuaki Shime, Annual Congress 46th Critical Care Congress, 2017年01月, 通常, 英語, Honolulu, Hawaii, USA
  144. The validation of qSOFA criteria for sepsis, Michihito Kyo, Shinichiro Ohshimo, Yoshiko Kida, Nobuaki Shime, Annual Congress 46th Critical Care Congress, 2017年01月, 通常, 英語, Honolulu, Hawaii, USA
  145. 痙攣重積発作で発症したトルエン中毒の1例, 相葉 裕幸, 京 道人,鈴木 慶,大下慎一郎,志馬伸朗, 第29回日本中毒学会中国・四国地方会, 2017年03月, 通常, 日本語
  146. 集中治療室における新規発症心房細動に対する電気的除細動の効果, 京 道人, 大下 慎一郎, 島谷 竜俊, 稲川 嵩紘, 鳥越 勇佑, 鈴木 慶, 山賀 聡之, 木田 佳子, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月, 通常, 日本語, 札幌
  147. 間質性肺炎急性増悪におけるV-V ECMO有用性の分子病理学的検討, 木田佳子, 大下慎一郎,京道人,Vishwa Jeet AMATYA,武島幸男, 志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月, 通常, 日本語, 札幌
  148. 集中治療室患者におけるMRSA菌血症の予後因子の検討, 大木伸吾, 大下慎一郎,京道人,島谷竜俊,鈴木慶,山賀聡之,木田佳子,津村龍,廣橋伸之,志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月, 通常, 日本語, 札幌
  149. 本邦におけるVAEの現況について;VAE検討委員会からの報告, 中橋奨, 今井寛,今中秀光,大下慎一郎,佐藤智子,嶋雅範,柳澤雅美,山下千鶴,日本集中治療医学会VAE検討委員会,志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月, 通常, 日本語, 札幌
  150. 補助循環における使用機材・モニタリングの重要性, 大下慎一郎, 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月, 招待, 日本語, 札幌
  151. Extracorporeal membrane oxygenation for 2016 influenza-associated acute respiratory failure in Japan, Shinichiro Ohshimo, Nobuaki Shime, Satoshi Nakagawa, Osamu Nishida, Shinhiro Takeda; Committee of Japan ECMO project, Asia-Pacific ELSO Conference 2017, 2017年10月, 招待, 英語
  152. Association between survival rates and detailed underlying diseases in patients who underwent ECMO: Report from the Japanese Registry of Respiratory ECMO, Toshiyuki Aokage1, Yuji Fujino2, Shinichiro Ohshimo3, Osamu Nishida4, Shinhiro Takeda5, Kenichi Matsuda6; Committee of ECMO project, Asia-Pacific ELSO Conference 2017, 2017年10月, 通常, 英語
  153. Exposure and ILD: Exploring novel therapy, Shinichiro Ohshimo, Asia-Pacific Regional Conference 2017, 2017年03月24日, 招待, 英語
  154. Helicobacter pylori as a risk factor for acute exacerbation in idiopathic pulmonary fibrosis, Shinichiro Ohshimo 1, Hiromi Nishi 2, Yasushi Horimasu 3, Hiroshi Iwamoto 3, Hironobu Hamada 3, Noboru Hattori 3, Nobuoki Kohno 3 , Francesco Bonella 4, Josune Guzman 5, Ulrich Costabel 4, Nobuaki Shime 1, American Thoracic Society 2017 International Conference, 2017年05月, 通常, 英語
  155. Accuracy of a Clinical Diagnosis of Idiopathic Pulmonary Fibrosis: A Study of 275 Pulmonologists from 54 Countries, Simon L.F. Walsh, David Hansell , Kevin R. Flaherty , Margaret Wilsher , Richard Nusser , Venerino Poletti , Fernando J. Martinez , Elisabeth Bendstrup , Kevin K. Brown , Hiroyuki Taniguchi , Yasuhiro Kondoh , Bruno Crestani , Vincent Cottin , Dominique Valeyre , Hilario Nunes , Jan C. Grutters , Luca Richeldi , Toby M. Maher , Carlo Vancheri , Maria Kokosi , Christopher J. Ryerson , Kerri A. Johannson , Brett J. Ley , Eoin P. Judge , George Margaritopoulos , Michael Kreuter , Juergen Behr , António Morais , Marlies Wijsenbeek , Tamera J. Corte , Ian Glaspole , Paolo Spagnolo , Sara Tomassetti , Maria Molina-Molina , Moises Selman , Vasilis Kouranos , Wim A. Wuyts , Mark Jones , Athol U. Wells; the IPF project (Shinichiro Ohshimo), American Thoracic Society 2017 International Conference, 2017年05月, 通常, 英語
  156. Agreement between pulmonologists for the diagnosis of interstitial lung disease: a study of 275 pulmonologists from 54 countries, Simon L.F. Walsh, David Hansell , Kevin R. Flaherty , Margaret Wilsher , Richard Nusser , Venerino Poletti , Fernando J. Martinez , Elisabeth Bendstrup , Kevin K. Brown , Hiroyuki Taniguchi , Yasuhiro Kondoh , Bruno Crestani , Vincent Cottin , Dominique Valeyre , Hilario Nunes , Jan C. Grutters , Luca Richeldi , Toby M. Maher , Carlo Vancheri , Maria Kokosi , Christopher J. Ryerson , Kerri A. Johannson , Brett J. Ley , Eoin P. Judge , George Margaritopoulos , Michael Kreuter , Juergen Behr , António Morais , Marlies Wijsenbeek , Tamera J. Corte , Ian Glaspole , Paolo Spagnolo , Sara Tomassetti , Maria Molina-Molina , Moises Selman , Vasilis Kouranos , Wim A. Wuyts , Mark Jones , Athol U. Wells; the IPF project (Shinichiro Ohshimo), American Thoracic Society 2017 International Conference, 2017年05月, 通常, 英語
  157. Accuracy of a clinical diagnosis of idiopathic pulmonary fibrosis: A study of 404 pulmonologists from 57 countries., Simon Walsh, David Hansell, Toby Maher, Richard Nusser, Margaret Wilsher, Venerino Poletti, Carlo Vancheri, Luca Richeldi, Paolo Spagnolo, Sara Tomassetti, Vincent Cottin, Bruno Crestani, Dominiue Valeyre, Hilario Nunes, Kevin Brown, Brett Ley, Fernando Martinez, Ganesh Raghu, Kevin Flaherty, Jan C. Grutters, Marlies Wijsenbeek, Hiroyuki Taniguchi, Yoshikazu Inoue, Yasuhiro Kondoh, Moises Selman, Tamera Corte, Ian Glaspole, Martin Kolb, Kerri Johannson, Chris Ryerson, Elisabeth Bendstrup, António Morais, Maria Molina Molina, Wim Wuyts, Juergen Behr, Michael Kreuter, Katerina Antoniou, Athol Wells, George Margaritopoulos, Maria Kokosi, Vasilis Kouranos, Eoin Judge; the IPF project (Shinichiro Ohshimo), European Respiratory Society (ERS) International Congress 2017, 2017年09月, 通常, 英語
  158. Agreement between pulmonologists for the diagnosis of interstitial lung disease: a study of 404 pulmonologists from 57 countries., Simon Walsh, David Hansell, Toby Maher, Richard Nusser, Margaret Wilsher, Venerino Poletti, Carlo Vancheri, Luca Richeldi, Paolo Spagnolo, Sara Tomassetti, Vincent Cottin, Bruno Crestani, Dominiue Valeyre, Hilario Nunes, Kevin Brown, Brett Ley, Fernando Martinez, Ganesh Raghu, Kevin Flaherty, Jan C. Grutters, Marlies Wijsenbeek, Hiroyuki Taniguchi, Yoshikazu Inoue, Yasuhiro Kondoh, Moises Selman, Tamera Corte, Ian Glaspole, Martin Kolb, Kerri Johannson, Chris Ryerson, Elisabeth Bendstrup, António Morais, Maria Molina Molina, Wim Wuyts, Juergen Behr, Michael Kreuter, Katerina Antoniou, Athol Wells, George Margaritopoulos, Maria Kokosi, Vasilis Kouranos, Eoin Judge; the IPF project (Shinichiro Ohshimo), European Respiratory Society (ERS) International Congress 2017, 2017年09月, 通常, 英語
  159. Extracorporeal membrane oxygenation for the treatment of acute exacerbation of interstitial lung diseases, Shinichiro Ohshimo1,2, Yoshiko Kida1, Michihito Kyo1, Yasushi Horimasu2, Hiroshi Iwamoto2, Kazunori Fujitaka2, Hironobu Hamada2, Francesco Bonella3, Josune Guzman4, Ulrich Costabel3, Nobuaki Shime1, Noboru Hattori2, European Respiratory Society (ERS) International Congress 2017, 2017年09月, 通常, 英語
  160. Impact of Inappropriate Empiric Antibiotic Therapy on Mortality in Pediatric Patients with Bloodstream Infection, Michihito Kyo1, Shinichiro Ohshimo1, Tadashi Kosaka2, Naohisa Fujita2 and Nobuaki Shime1, The 30th International Congress of Chemotherapy and Infection 2017, 2017年11月, 通常, 英語
  161. ARDS診療ガイドライン2016作成の実際, 大下 慎一郎, Minds 第20回診療ガイドライン作成ワークショップ, 2017年08月26日, 招待, 日本語
  162. Acute respiratory failure in ILD: diagnosis and management, Shinichiro Ohshimo, WASOG 2017 International conference on Sarcoidosis and Interstitial Lung Diseases (ILD), 2017年10月, 招待, 英語
  163. ECMO, Shinichiro Ohshimo, 第11回びまん性肺疾患フォーラム, 2017年12月16日, 招待, 日本語
  164. 集中治療・救急医療における呼吸管理 ①新時代の人工呼吸管理法, 大下 慎一郎, 日本医工学治療学会 第33回学術大会, 2017年04月, 招待, 日本語
  165. 集中治療・救急医療における呼吸管理 ②体外循環による急性呼吸不全のマネジメント, 大下 慎一郎, 日本医工学治療学会 第33回学術大会, 2017年04月, 招待, 日本語
  166. 医療過疎地域の診療における電子聴診器活用の可能性, 儀賀普嗣, 石戸谷耕一,貞森拓磨,菊谷知也,島谷竜俊,大下慎一郎,志馬伸朗, 第21回日本遠隔医療学会学術大会, 2017年09月, 通常, 日本語
  167. 電撃性紫斑病と播種性血管内凝固症候群を呈したCapnocytophaga感染症の一例, 岡崎裕介, 木田佳子,田邉優子,鈴木慶,大下慎一郎,志馬伸朗, 第30回日本外科感染症学会総会学術集会, 2017年11月, 通常, 日本語
  168. ARDSに対してステロイド療法は有効と言い切れない, 大下 慎一郎, 第45回 日本救急医学会総会・学術集会, 2017年10月, 招待, 日本語
  169. アナフィラキシーにおける細胞内ヒスタミン濃度の有用性, 山賀聡之1, 大下慎一郎1,石井 香2, 京 道人1,稲川嵩紘1,鈴木 慶1,矢野佳子1,秀 道広2,志馬伸朗1, 第45回 日本救急医学会総会・学術集会, 2017年10月, 通常, 日本語
  170. 集中治療室入室患者におけるqSOFAの検証, 京 道人, 大下慎一郎, 島谷竜俊, 稲川崇紘, 鳥越勇佑, 鈴木慶, 山賀聡之,木田佳子, 志馬伸朗, 第 33回日本救急医学会中国四国地方大会, 2017年05月, 通常, 日本語
  171. ECMO使用中の経肺圧の臨床応用, 大下慎一郎, 集中治療医療安全協議会  人工呼吸器非同調・経肺圧・呼吸仕事量セミナー, 2017年06月03日, 招待, 日本語
  172. 急性呼吸不全診療up to date, 大下慎一郎, 第58回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2017年10月28日, 招待, 日本語
  173. 急性呼吸不全における気管支肺胞洗浄の有用性, 木田佳子, 大下慎一郎,京道人,島谷竜俊,志馬伸朗, 第39回日本呼吸療法医学会学術集会, 2017年07月, 通常, 日本語
  174. ECMO導入基準の再検討, 青景聡之, 大下慎一郎,荒木康幸,安部隆三,清水直樹,鈴木健一,鈴木裕之,原嘉孝,藤野裕士,竹田晋浩, 第39回日本呼吸療法医学会学術集会, 2017年07月, 通常, 日本語
  175. ECMO治療成績向上におけるECMOプロジェクト活動の意義, 大下慎一郎, 志馬伸朗1,中川 聡2,西田 修3,青景聡之4,竹田晋浩4,ECMOプロジェクト, 第39回日本呼吸療法医学会学術集会, 2017年07月, 通常, 日本語
  176. 人工呼吸器関連肺炎(ventilator-associated pneumonia: VAP)最新動向 ~その予防と診断~, 大下慎一郎, 第39回日本呼吸療法医学会学術集会, 2017年07月, 招待, 日本語
  177. 成人急性呼吸不全における本邦のHFOV治療成績と課題, 櫻谷 正明, 木田 佳子,田邉 優子,島谷 竜俊,京 道人,横山 俊樹,大下 慎一郎,田中 純子,志馬 伸朗, 第39回日本呼吸療法医学会学術集会, 2017年07月, 通常, 日本語
  178. 人工呼吸中の呼吸不全患者における食道内圧と横隔膜厚の相関, 京 道人, 大下 慎一郎, 島谷 竜俊, 大木 伸吾, 木田 佳子, 志馬 伸朗, 第39回日本呼吸療法医学会学術集会, 2017年07月, 通常, 日本語
  179. Ground-glass opacity and fibrosis on HRCT as risk factors of acute exacerbation of IPF: an international multicenter study, Chihiro Hirano, Shinichiro Ohshimo1, Hilmar Kuehl2, Daisuke Komoto3, Yasushi Horimasu1, Hiroshi Iwamoto1, Hironobu Hamada1, Noboru Hattori1, Ulrich Costabel4, Nobuoki Kohno1, The 57th Annual Meeting of the Japanese Respiratory Society, 2017年04月, 通常, 英語
  180. 小児血流感染患者に対する不適切な経験的抗菌薬治療が予後に与える影響, 京 道人, 大下 慎一郎, 小阪 直史, 藤田 直久, 志馬 伸朗, 第25回小児集中治療ワークショップ, 2017年11月, 通常, 日本語
  181. 体外式膜型肺(ECMO), 大下慎一郎, 第11回びまん性肺疾患フォーラム, 2017年12月16日, 招待, 日本語
  182. 機械学習による 呼吸音自動解析システムの 改良と性能検証, 島谷竜俊, 山賀聡之,儀賀普嗣,貞森拓磨,大下慎一郎,志馬伸朗, 第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会, 2017年05月, 通常, 日本語
  183. Bronchoalveolar lavage as a diagnostic and prognostic tool in acute respiratory failure, Yusuke Iwasaki, Yoshiko Kida, Michihito Kyo, Koji Hosokawa, Shinichiro Ohshimo, Nobuaki Shime, ISICEM 2018-38th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, 2018年03月, 通常, 英語
  184. Changes in end-of-life practices (EOLP) in European intensive care units (ICUs): The Ethicus study, C.L. Sprung, C. Hartog, B. Ricou, A. Michalsen, C. Feldman, P. Levin, M. Baras, M. Weiss, HH. Buelow, A. Avian for the Ethicus II investigators (Shinichiro Ohshimo), ISICEM 2018-38th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, 2018年03月, 通常, 英語
  185. End-of-life practices (EOLP) in worldwide intensive care units (ICUs): The Ethicus study, A. Avidan, C.L. Sprung, B. Ricou, A. Michalsen, C. Feldman, M. Anstey, M. Baras, M. Weiss, HH. Buelow, C. Hartog for the Ethicus II investigators (Shinichiro Ohshimo), ISICEM 2018-38th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, 2018年03月, 通常, 英語
  186. 第28回日本経皮的心肺補助研究会, 京 道人, 大下 慎一郎, 木田 佳子, 太田 浩平, 細川 康二, 志馬 伸朗, 第28回日本経皮的心肺補助研究会, 2018年02月, 招待, 日本語
  187. Respiratory ECMOの現状と未来, 大下慎一郎, 第28回日本経皮的心肺補助研究会, 2018年02月, 招待, 日本語
  188. ARDSにおける予後に関連する下気道細菌叢, 京 道人, 大下 慎一郎1, 西岡 敬介2, 島谷 竜俊1, 儀賀 普嗣1, 木田 佳子1, 中屋 隆明2, 志馬 伸朗1, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 通常, 日本語
  189. 当院におけるECMOの現状と今後の課題, 木田佳子, 大下慎一郎,京道人,志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 通常, 日本語
  190. Pros and Cons 「人工呼吸中の目標SaO2」: Pro: CONSERVATIVE(SpO2 94-98), 大下慎一郎, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 招待, 日本語
  191. 危機管理委員会におけるICUのMCI対応についての取り組み, 水野浩利, 成松英智,遠藤 裕,大下慎一郎,森村尚登,櫻井 淳,川前金幸, 第45回 日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 通常, 日本語
  192. 多数傷病者発生時の集中治療室の運用体制-2020年夏季オリンピック・パラリンピックに向けて-, 櫻井 淳, 成松英智,川前金幸,遠藤 裕,大下慎一郎,水野浩利,森村尚登,今泉 均,重光秀信,貞広智仁,土井松幸,落合亮一,土井研人,川岸利臣,問田千晶,桑名 司,植松悟子,中根正樹,黒田泰弘, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 招待, 日本語
  193. Emerging ventilation strategy during cardiopulmonary resuscitation, Shinichiro Ohshimo, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 招待, 英語
  194. 人工呼吸器関連肺炎の予防・診断update, 大下 慎一郎, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 招待, 日本語
  195. 高感度電子聴診器を用いた抜管後の呼吸状態増悪の予測:前向き観察研究に向けたパイロット研究, 儀賀普嗣, 大下慎一郎 大久保英幸 菊谷知也 島谷竜俊 大木伸吾 京道人 山賀聡之 貞森拓磨 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 通常, 日本語
  196. 頸髄損傷による体温調節障害から高熱症と横紋筋融解症を発症した一例, 石井潤貴, 木田佳子,大下慎一郎,内田由紀,岩崎祐亮,小山和宏,山賀聡之,太田浩平,志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 通常, 日本語
  197. Rhabdomyolysis induced by hyperthermia associated with thermoregulatory failure in a patient with spinal cord injury, Junki Ishii, Yoshiko Kida, Shinichiro Ohshimo, Yuki Uchida, Yusuke Iwasaki, Kazuhiro Koyama, Satoshi Yamaga, Kohei Ota, Nobuaki Shime, The 18th Joint Scientific Congress of the JSICM and KSCCM, 2018年02月, 通常, 英語
  198. セフメタゾール投与により急激な凝固機能異常を認めた二症例, 吉川博, 佐藤智人、福島隆宏、畝井浩子、大下慎一郎、志馬伸朗、松尾裕彰, 日本集中治療医学会 第2回中国・四国支部学術集会, 2018年01月, 通常, 日本語
  199. Clinical relevance of antinuclear antibodies (ANA) in patients with hypersensitivity pneumonitis (HP): a single centre experience., F. Bonella, J. Sennekamp, M. Joest, M. Rolke, S. Ohshimo, J. Guzman, C. Taube, U. Costabel, American Thoracic Society International Conference 2018, 2018年05月, 通常, 英語
  200. Extent of the honeycombing area and the presence of traction bronchiectasis are risk factors for a poor prognosis in patients with pleuroparenchymal fibroelastosis, Masashi Namba, Takeshi Masuda, Kakuhiro Yamaguchi, Shinjiro Sakamoto, Yasushi Horimasu, Taku Nakashima, Shintarou Miyamoto, Hiroshi Iwamoto, Shinichiro Ohshimo, Kazunori Fujitaka, Hironobu Hamada, Noboru Hattori, American Thoracic Society International Conference 2018, 2018年05月, 通常, 英語
  201. Modified GAP stage as a predictor of acute exacerbation in idiopathic pulmonary fibrosis, Shinichiro Ohshimo, Yoshiko Kida, Michihito Kyo, Koji Hosokawa, Yasushi Horimasu, Shintaro Miyamoto, Hiroshi Iwamoto, Hironobu Hamada, Noboru Hattori, Francesco Bonella, Josune Guzman, Ulrich Costabel, Nobuaki Shime, European Respiratory Society International Congress 2018, 2018年09月, 通常, 英語
  202. Bronchoalveolar lavage as a diagnostic and prognostic tool in acute respiratory failure, Yusuke Iwasaki, Yoshiko Kida, Michihito Kyo, Koji Hosokawa, Shinichiro Ohshimo, Nobuaki Shime, ISICEM 2018-38th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, 2018年, 通常, 英語
  203. Changes in end-of-life practices (EOLP) in European intensive care units (ICUs): The Ethicus study, C.L. Sprung, C. Hartog, B. Ricou, A. Michalsen, C. Feldman, P. Levin, M. Baras, M. Weiss, HH. Buelow, A. Avian for the Ethicus II investigators (Ohshimo S), ISICEM 2018-38th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, 2018年, 通常, 英語
  204. End-of-life practices (EOLP) in worldwide intensive care units (ICUs): The Ethicus study, A. Avidan, C.L. Sprung, B. Ricou, A. Michalsen, C. Feldman, M. Anstey, M. Baras, M. Weiss, HH. Buelow, C. Hartog for the Ethicus II investigators (Ohshimo S), 2018年, 通常, 英語
  205. 重症急性心筋炎に対して, VA ECMOと左室ベントを使用し加療した一例, 京 道人, 大下 慎一郎, 木田 佳子, 太田 浩平, 細川 康二, 志馬 伸朗, 第28回日本経皮的心肺補助研究会, 2018年, 通常, 日本語
  206. Respiratory ECMOの現状と未来, 大下慎一郎, 第28回日本経皮的心肺補助研究会, 2018年, 招待, 日本語
  207. V-V ECMO管理の現状・未来, 大下慎一郎, 第3回 TERUMO Good Fellows Meeting, 2018年06月23日, 招待, 日本語
  208. 補助循環の最前線:Respiratory ECMOの現状と未来, 大下慎一郎, TERUMO関西ECMOセミナー in 大阪, 2018年05月26日, 招待, 日本語
  209. 無人航空機を利用した医療過疎地における緊急血液検体搬送の研究開発(フェーズⅠ), 儀賀普嗣,貞森拓磨,島谷竜俊,住吉泰士,宮内英樹,後藤哲博,小野俊二,大下慎一郎,志馬伸朗, 日本遠隔医療学会学術大会2018, 2018年, 通常, 日本語
  210. 電子聴診器を用いたリアルタイム遠隔聴診システムの研究開発, 儀賀普嗣,貞森拓磨,石井潤貴,菊谷知也,島谷竜俊,大木伸吾,大下慎一郎,志馬伸朗, 日本遠隔医療学会学術大会2018, 2018年, 通常, 日本語
  211. 特発性肺線維症急性増悪の発症リスクにおけるヘリコバクター・ピロリ感染の重要性, 大下慎一郎,京 道人,志馬伸朗, 第92回日本感染症学会学術講演会 第66回日本化学療法学会総会 合同学会, 2018年05月31日, 通常, 日本語
  212. 小児血流感染患者に対する不適切な経験的抗菌薬治療が予後に与える影響, 京 道人, 大下 慎一郎, 小阪 直史, 藤田 直久, 志馬 伸朗, 第92回日本感染症学会学術講演会 第66回日本化学療法学会総会 合同学会, 2018年05月31日, 通常, 日本語
  213. Biomarkers in ILD & Management of Acute Exacerbation, Shinichiro Ohshimo, 3rd ILD Symposium (Busan), 2018年06月30日, 招待, 英語
  214. ECMO・PMX併用療法の将来性, 大下慎一郎, 第29回 日本急性血液浄化学会学術集会, 2018年10月19日, 招待, 日本語
  215. 無人航空機を利用した 医療過疎地域に置ける 緊急血液検体搬送の研究開発   −第1回実証実験の報告−, 儀賀普嗣、貞森拓磨、島谷竜俊、大下慎一郎、志馬伸朗, 日本救急医学会中四国地方会, 2018年, 通常, 日本語
  216. 特発性バルサルバ洞動脈瘤破裂の一例, 石井潤貴,内田由紀,小林靖孟, 岩崎祐亮,山賀聡之,太田浩平,木田佳子,大下慎一郎,志馬伸朗, 第34回本救急医学会中国四国地方会, 2018年, 通常, 日本語
  217. 救急集中治療病棟における感染症患者の低体温は予後不良因子である, 川畑彩夏,山賀聡之,細川康二,大下慎一郎,志馬伸朗, 第34回本救急医学会中国四国地方会, 2018年, 通常, 日本語
  218. 呼吸音の連続可視化モニタリングにより上気道異常を評価した2症例, 菊谷知也,大下慎一郎,貞森拓磨,儀賀普嗣,大木伸吾,山賀聡之,志馬伸朗, 第34回本救急医学会中国四国地方会, 2018年, 通常, 日本語
  219. 人工呼吸管理法の変遷 ─ 今何がもっとも”確か”なのか?, 大下 慎一郎, 第34回本救急医学会中国四国地方会, 招待, 日本語
  220. 間質性肺炎におけるECMOの可能性, 大下慎一郎, 第33回 日本救命医療学会総会・学術集会, 2018年09月21日, 招待, 日本語
  221. IIPsをめぐる諸問題:急性増悪, 大下慎一郎, 第58回 日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月27日, 招待, 日本語
  222. 救急集中治療領域におけるNPPV・ハイフローセラピーの新しい使い方, 大下慎一郎, 第59回日本呼吸器学会 中国・四国地方会, 2018年07月15日, 招待, 日本語
  223. VV ECMO中の水分出納と生命予後との関連 —当院での後方視的観察研究—, 木田佳子,京道人,鈴木慶,大下慎一郎,志馬伸朗, 第40回 日本呼吸療法医学会学術集会, 2018年08月04日, 通常, 日本語
  224. VAE発生に関する調査:多施設共同サーベイランスおよび単施設観察研究の報告, 中橋 奨,志馬伸朗,今中秀光,大下慎一郎,佐藤智子,嶋 雅範,柳澤雅美,山下千鶴,小椋 透,山田知美,今井 寛, 第40回日本呼吸療法医学会学術集会, 2018年, 通常, 日本語
  225. ARDSにおける薬物療法 systematic review, 大下慎一郎, 第40回日本呼吸療法医学会学術集会, 2018年, 招待, 日本語
  226. びまん性肺疾患におけるECMO・血液浄化併用療法, 大下慎一郎, 第40回日本呼吸療法医学会学術集会, 2018年, 招待, 日本語
  227. 多職種によるリハビリテーション開始提案は救命救急センター退室時の活動度を向上させる, 皿田和宏,関川清一,對東俊介,長嶺庸介,植田一幸,岡本美穂,太田浩平,大下慎一郎,三上幸夫,木村浩彰,志馬伸朗, 第40回 呼吸療法医学会学術集会, 2018年08月04日, 通常, 日本語
  228. 食道内圧モニタリングは自発呼吸患者の人工呼吸器関連肺障害の指標であり,ARDS患者において予後予測となる, 京 道人, 木田 佳子, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 第40回日本呼吸療法医学会学術集会, 2018年, 通常, 日本語
  229. ECMO施行中に短時間で頻回の血漿リークを認めた高ビリルビン血症の一例, 木田佳子,大下慎一郎,京道人,田邉優子,細川康二,志馬伸朗, 小児集中治療ワークショップ2018, 2018年, 通常, 日本語
  230. 周術期呼吸不全に対する集中治療Up-to-Date, 大下慎一郎, 第3回外科周術期管理講習会, 2018年04月28日, 招待, 日本語
  231. セフメタゾール投与により急激な凝固機能異常を認めた二症例, 吉川博、佐藤智人、福島隆宏、畝井浩子、大下慎一郎、志馬伸朗、松尾裕彰, 日本集中治療医学会 第2回中国・四国支部学術集会, 2018年01月, 通常, 日本語
  232. 重症急性心筋炎に対してVA ECMOと左室ベントを使用し加療した一例, 京 道人,大下慎一郎,木田佳子,太田浩平,細川康二,原田 侑,日高貴之,片山桂次郎,志馬 伸朗, 第28回日本経皮的心肺補助(PCPS)研究会, 2018年02月, 通常, 日本語
  233. Respiratory ECMOの現状と未来, 大下慎一郎, 第28回 日本経皮的心肺補助研究会, 2018年02月, 招待, 日本語
  234. ARDSにおける予後に関連する下気道細菌叢, 京 道人,大下慎一郎,西岡敬介,島谷竜俊,儀賀普嗣,木田佳子,中屋隆明,志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 通常, 日本語
  235. 当院におけるECMOの現状と今後の課題, 木田佳子,大下慎一郎,京道人,志馬伸朗, 第45回 日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 通常, 日本語
  236. 人工呼吸中の目標SaO2値は低く設定(94-98%)するのが良い, 大下 慎一郎, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 招待, 日本語
  237. 危機管理委員会におけるICUのMCI対応についての取り組み, 水野浩利,成松英智,遠藤 裕,大下慎一郎,森村尚登,櫻井 淳,川前金幸, 第45回 日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 招待, 日本語
  238. 心肺蘇生中の新しい換気方法, 大下慎一郎, 第45回 日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 招待, 英語
  239. 人工呼吸器関連肺炎の 予防・診断update, 大下慎一郎, 第45回 日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 招待, 日本語
  240. 高感度電子聴診器を用いた抜管後の呼吸状態増悪の予測:前向き観察研究に向けたパイロット研究, 儀賀普嗣 大下慎一郎 大久保英幸 菊谷知也 島谷竜俊 大木伸吾 京道人 山賀聡之 貞森拓磨 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 通常, 日本語
  241. 頸髄損傷による体温調節障害から高熱症と横紋筋融解症を発症した一例, 石井潤貴,木田佳子,大下慎一郎,内田由紀,岩崎祐亮,小山和宏,山賀聡之,太田浩平,志馬伸朗, 第45回 日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月, 通常, 日本語
  242. Rhabdomyolysis induced by hyperthermia associated with the rmoregulatory failure in a patient with spinal cord injury, Junki Ishii, Yoshiko Kida, Shinichiro Ohshimo, Yuki Uchida, Yusuke Iwasaki, Kazuhiro Koyama, Satoshi Yamaga, Kohei Ota, Nobuaki Shime, The 18th Joint Scientific Congress of the JSICM and KSCCM, 2018年02月, 通常, 英語
  243. Bronchoalveolar lavage as a diagnostic and prognostic tool in acute respiratory failure, Yusuke Iwasaki, Yoshiko Kida, Michihito Kyo, Koji Hosokawa, Shinichiro Ohshimo, Nobuaki Shime, ISICEM 2018-38th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, 2018年03月, 通常, 英語
  244. Changes in end-of-life practices (EOLP) in European intensive care units (ICUs): The Ethicus study, C.L. Sprung, C. Hartog, B. Ricou, A. Michalsen, C. Feldman, P. Levin, M. Baras, M. Weiss, HH. Buelow, A. Avian for the Ethicus II investigators, 38th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, 2018年03月, 招待, 英語
  245. End-of-life practices (EOLP) in worldwide intensive care units (ICUs): The Ethicus study, A. Avidan, C.L. Sprung, B. Ricou, A. Michalsen, C. Feldman, M. Anstey, M. Baras, M. Weiss, HH. Buelow, C. Hartog for the Ethicus II investigators, 38th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, 2018年03月, 招待, 英語
  246. 急性増悪, 大下慎一郎, 第58回 日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月, 招待, 日本語
  247. 周術期呼吸不全に対する 集中治療Up-to-Date, 大下慎一郎, 第3回外科周術期管理講習会, 2018年04月, 招待, 日本語
  248. Clinical Relevance Of Antinuclear Antibodies (ANA) In Patients With Hypersensitivity Pneumonitis (HP): A Single Centre Experience., F. Bonella, J. Sennekamp, M. Joest, M. Rolke, S. Ohshimo, J. Guzman, C. Taube, U. Costabel, American Thoracic Society International Conference 2018, 2018年05月, 通常, 英語
  249. Extent of the honeycombing area and the presence of traction bronchiectasis are risk factors for a poor prognosis in patients with pleuroparenchymal fibroelastosis, Masashi Namba, Takeshi Masuda, Kakuhiro Yamaguchi, Shinjiro Sakamoto, Yasushi Horimasu, Taku Nakashima, Shintarou Miyamoto, Hiroshi Iwamoto, Shinichiro Ohshimo, Kazunori Fujitaka, Hironobu Hamada, Noboru Hattori, American Thoracic Society International Conference 2018, 2018年05月, 通常, 英語
  250. Respiratory ECMOの現状と未来, 大下慎一郎, 2018関西ECMOセミナー, 2018年05月, 招待, 日本語
  251. 特発性肺線維症急性増悪の発症リスクにおけるヘリコバクター・ピロリ感染の重要性, 大下慎一郎,京 道人,志馬伸朗, 第92回日本感染症学会学術講演会・第66回日本化学療法学会総会 合同学会, 2018年05月, 通常, 日本語
  252. 小児血流感染患者に対する不適切な経験的抗菌薬治療が予後に与える影響, 京 道人, 大下慎一郎, 小阪直史, 藤田直久, 志馬伸朗, 第92回日本感染症学会学術講演会 第66回日本化学療法学会総会 合同学会, 2018年05月, 通常, 日本語
  253. 無人航空機を利用した医療過疎地域に置ける緊急血液検体搬送の研究開発 −−第1回実証実験の報告−−, 儀賀普嗣、貞森拓磨、島谷竜俊、大下慎一郎、志馬伸朗, 第34回本救急医学会中国四国地方会, 2018年05月, 通常, 日本語
  254. 特発性バルサルバ洞動脈瘤破裂の一例, 石井潤貴,内田由紀,小林靖孟, 岩崎祐亮,山賀聡之,太田浩平,木田佳子,大下慎一郎,志馬伸朗, 第34回本救急医学会中国四国地方会, 2018年05月, 通常, 日本語
  255. 救急集中治療病棟における感染症患者の低体温は予後不良因子である, 川畑彩夏,山賀聡之,細川康二,大下慎一郎,志馬伸朗, 第34回本救急医学会中国四国地方会, 2018年05月, 通常, 日本語
  256. 広島市消防局における救命処置中止希望を表明した心肺停止傷病者の現状, 細川康二,西田優衣,吉野雅人,久保富嗣,山賀聡之,大下慎一郎,志馬伸朗, 第34回本救急医学会中国四国地方会, 2018年05月, 通常, 日本語
  257. 中四国地方9県の救急科専門医数と新専門医制度専攻医採用数, 細川康二,大木伸吾,大下慎一郎,志馬伸朗, 第34回本救急医学会中国四国地方会, 2018年05月, 通常, 日本語
  258. 広島市消防局職員に対する心肺蘇生中止指示事案の経験と終末期医療に関わる認識についてのアンケ―ト調査結果, 西田優衣,細川康二,吉野雅人,久保富嗣,山賀聡之,大下慎一郎,志馬伸朗, 第34回本救急医学会中国四国地方会, 2018年05月, 通常, 日本語
  259. 呼吸音の連続可視化モニタリングにより上気道異常を評価した2症例, 菊谷知也,大下慎一郎,貞森拓磨,儀賀普嗣,大木伸吾,山賀聡之,志馬伸朗, 第34回本救急医学会中国四国地方会, 2018年05月, 通常, 日本語
  260. 人工呼吸管理法の変遷 ─ 今何がもっとも”確か”なのか?, 大下慎一郎, 第34回本救急医学会中国四国地方会, 2018年05月, 通常, 日本語
  261. V-V ECMO管理の現状・未来, 大下慎一郎, 第3回 TERUMO Good Fellows Meeting, 2018年06月, 招待, 日本語
  262. 無人航空機を利用した医療過疎地における緊急血液検体搬送の研究開発(フェーズⅠ), 儀賀普嗣,貞森拓磨,島谷竜俊,住吉泰士,宮内英樹,後藤哲博,小野俊二,大下慎一郎,志馬伸朗, 第22回日本遠隔医療学会学術大会, 2018年06月, 通常, 日本語
  263. 電子聴診器を用いたリアルタイム遠隔聴診システムの研究開発, 儀賀普嗣,貞森拓磨,石井潤貴,菊谷知也,島谷竜俊,大木伸吾,大下慎一郎,志馬伸朗, 第22回日本遠隔医療学会学術大会, 2018年06月, 通常, 日本語
  264. 救急集中治療領域におけるNPPV・ハイフローセラピーの新しい使い方, 大下慎一郎, 第59回日本呼吸器学会 中国・四国地方会, 2018年07月, 通常, 日本語
  265. VV ECMO中の水分出納と生命予後との関連 —当院での後方視的観察研究—, 木田佳子,京道人,鈴木慶,大下慎一郎,志馬伸朗, 第40回 日本呼吸療法医学会学術集会, 2018年08月, 通常, 日本語
  266. VAE発生に関する調査:多施設共同サーベイランスおよび単施設観察研究の報告, 中橋 奨,志馬伸朗,今中秀光,大下慎一郎,佐藤智子,嶋 雅範,柳澤雅美,山下千鶴,小椋 透,山田知美,今井 寛, 第40回日本呼吸療法医学会学術集会, 2018年08月, 通常, 日本語
  267. ARDSにおける薬物療法 systematic review, 大下慎一郎, 第40回日本呼吸療法医学会学術集会, 2018年08月, 通常, 日本語
  268. びまん性肺疾患におけるECMO・血液浄化併用療法, 大下慎一郎, 第40回日本呼吸療法医学会学術集会, 2018年08月, 通常, 日本語
  269. 多職種によるリハビリテーション開始提案は救命救急センター退室時の活動度を向上させる, 皿田和宏,関川清一,對東俊介,長嶺庸介,植田一幸,岡本美穂,太田浩平,大下慎一郎,三上幸夫,木村浩彰,志馬伸朗, 第40回 呼吸療法医学会学術集会, 2018年08月, 通常, 日本語
  270. 食道内圧モニタリングは自発呼吸患者の人工呼吸器関連肺障害の指標であり,ARDS患者において予後予測となる, 京 道人, 木田佳子, 大下慎一郎, 志馬伸朗, 第40回日本呼吸療法医学会学術集会, 2018年08月, 通常, 日本語
  271. Modified GAP stage as a predictor of acute exacerbation in idiopathic pulmonary fibrosis, Shinichiro Ohshimo, Yoshiko Kida, Michihito Kyo, Koji Hosokawa, Yasushi Horimasu, Shintaro Miyamoto, Hiroshi Iwamoto, Hironobu Hamada, Noboru Hattori, Francesco Bonella, Josune Guzman, Ulrich Costabel, Nobuaki Shime, European Respiratory Society International Congress 2018, 2018年09月, 通常, 英語
  272. 間質性肺炎におけるECMOの可能性, 大下慎一郎, 第33回 日本救命医療学会総会・学術集会, 2018年09月, 通常, 日本語
  273. ECMO・PMX併用療法の将来性, 大下慎一郎, 第29回 日本急性血液浄化学会学術集会, 2018年10月, 通常, 日本語
  274. ECMO施行中に短時間で頻回の血漿リークを認めた高ビリルビン血症の一例, 木田佳子,大下慎一郎,京道人,田邉優子,細川康二,志馬伸朗, 小児集中治療ワークショップ2018, 2018年10月, 通常, 日本語
  275. 広島県DMAT調整本部, 大下慎一郎, 2018年7月西日本豪雨災害DMAT活動検証会, 2018年10月, 招待, 日本語
  276. 呼吸音連続可視化モニタリングの紹介と手術室での呼吸状態評価の可能性, 讃岐美智義,志馬伸朗, 大下慎一郎,貞森拓磨, 第36回 日本麻酔・集中治療テクノロジー学会, 2018年11月, 通常, 日本語
  277. 血液ガスの読み方, 大下慎一郎, X‘mas呼吸セミナー広島2018, 2018年12月, 招待, 日本語
  278. 自動胸骨圧迫装置のエビデンスと注意点, 大下慎一郎, 心肺蘇生ガイドライン勉強会 2019, 2019年01月, 招待, 日本語
  279. Association between appropriate empiric antimicrobial therapy and mortality from bloodstream infections in the intensive care unit, Satoshi Yamaga, Nobuaki Shime, Shinichiro Ohshimo, The 46th Annual Meeting of the Japanese Society of Intensive Care Medicine, 2019年03月, 通常, 英語
  280. 肺傷害と凝固障害, 大下慎一郎, 第31回 広島救急初療研究会学術講演会, 2019年02月, 招待, 日本語
  281. 呼吸ECMOの将来性, 大下慎一郎, 第138回地域連携学術講演会, 2019年02月, 招待, 日本語
  282. ECMO Training Program in Japan, Tomoyuki Endo, Shinichiro Oshimo, The 3rdTSCCM/JSICM Joint Congress, 2019年03月, 招待, 英語
  283. Utility of continuous monitoring and visualizing system for respiratory sounds, Kazuya Kikutani, Shinichiro Ohshimo, Shingo Ohki, Hiroshi Giga, Satoshi Yamaga, Takuma Sadamori, Nobuaki Shime, The 3rd JSICM/TSCCM Joint Congress, 2019年03月, 通常, 英語
  284. 西日本豪雨災害の諸課題:広島県庁での活動, 楠 真二,廣橋伸之,石井 龍,桂藤和司,小川康貴,大下慎一郎,津村 龍,竹崎 亨,内藤博司,世良昭彦,瀬浪正樹,志馬伸朗, 第24回日本災害医学会総会・学術集会, 2019年03月, 招待, 日本語
  285. 西日本豪雨災害から学ぶ豪雨・洪水災害の特殊性, 大下慎一郎,楠 真二,小早川義貴,田原直樹,小川康貴,松本志保,石井潤貴,菊谷知也,板井純治,津村 龍,廣橋伸之,志馬伸朗, 第24回日本災害医学会総会・学術集会, 2018年03月, 通常, 日本語
  286. 次世代に向けた人工呼吸管理の展望, 大下慎一郎, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2018年03月, 招待, 日本語
  287. 間質性肺炎急性増悪に対してVV ECMO導入した 2症例の血清炎症マーカーの経時的変化, 木田佳子,京道人,細川康二,大下慎一郎,志馬伸朗, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月, 通常, 日本語
  288. ECMOの基礎2 - ECMOのエビデンス・挑戦・未来, 大下慎一郎, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月, 招待, 日本語
  289. 薬剤管理のリスクマネジメントにおける薬剤師の役割, 吉川 博、佐藤智人、畝井浩子、太田浩平、大下慎一郎、志馬伸朗、松尾裕彰, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月, 通常, 日本語
  290. 2020東京オリンピック・パラリンピックでの多数傷病者発生事故時の集中治療室の対応, 櫻井 淳,成松英智,川前金幸,遠藤 裕,大下慎一郎,水野浩利,森村尚登,今泉 均,重光秀信,貞広智仁,土井松幸,落合亮一,土井研人,川岸利臣,問田千晶,桑名 司,植松悟子,中根正樹,黒田泰弘,井上貴昭,山口大介, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月, 招待, 日本語
  291. 補助循環の長期化による課題と取り組み:呼吸ECMOの現状と将来, 大下慎一郎, TERUMO ECMOセミナー in 京都, 2019年03月, 招待, 日本語
  292. ARDS患者において,リスクファクター不明な患者の予後は不良である, 京 道人,大下慎一郎,木田佳子,太田浩平,細川康二,志馬伸朗, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月, 通常, 日本語
  293. 早期離床・リハビリテーション加算導入は集中治療室入室患者の活動度および算定点数を向上させる, 皿田和宏,関川清一,對東俊介,長嶺庸介,筆保健一,山根千明,太田浩平,大下慎一郎,木村浩彰,志馬伸朗, 第46回 日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月, 通常, 日本語
  294. 呼吸音の「見える化」, 大下慎一郎, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月, 招待, 日本語
  295. 人工呼吸器とのより良い同調性を確保するために, 島谷竜俊,大下慎一郎,志馬伸朗, 第46回 日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月, 招待, 日本語

受賞

  1. 2020年06月25日, 2020年度 広島大学医学部医学科での教育における教員活動評価に係るインセンティブ, 広島大学, 2020年度 広島大学医学部医学科での教育における教員活動評価に係るインセンティブ
  2. 2020年03月06日, Reviewer of the year 2019, 日本集中治療医学会, Reviewer of the year 2019
  3. 2019年02月08日, 平成30年度12月期 広島大学医学部医学科での教育における教員活動評価に係るインセンティブ, 広島大学, 平成30年度12月期 広島大学医学部医学科での教育における教員活動評価に係るインセンティブ
  4. 2019年03月01日, Reviewer of the year 2018, Reviewer of the year 2018
  5. 2019年06月27日, 2019年度 広島大学医学部医学科での教育における教員活動評価に係るインセンティブ, 広島大学, 2019年度 広島大学医学部医学科での教育における教員活動評価に係るインセンティブ
  6. 2014年10月08日, 最優秀演題賞, 世界サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会, 特発性肺線維症急性増悪の予測因子としてのGAPインデックス
  7. 2017年04月13日, Researcher of Excellence, Pediatric Acute Respiratory Distress Syndrome Incidence and Epidemiology (PARDIE) Study
  8. 2017年10月05日, 2017年度グッドデザイン賞, 公益財団法人日本デザイン振興会, 医療用電子聴診器「U10 シリーズ」
  9. 2018年07月11日, Featured Research, Journal of Intensive Care, Comparison of extracorporeal membrane oxygenation outcome for influenza-associated acute respiratory failure in Japan between 2009 and 2016

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費), 日本の集中治療臨床情報を基盤として人工知能を用いた本邦発の重症度予測モデルの開発とパネルデータ活用環境の醸成, 2019年, 2021年
  2. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 術中の迅速な呼吸異常評価のための連続呼吸音モニタリングシステムの研究開発(加速費), 2020年, 2020年
  3. 2019-2021年度 長寿科学研究者支援事業助成金, 呼吸音可視化・自動解析プログラムによる在宅高齢者の遠隔医療システム開発, 2019年, 2021年
  4. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 特発性肺線維症急性増悪の人種差に着眼した病態解明と新規バイオマーカー開発, 2013年, 2015年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 国際共同研究による間質性肺炎の新規バイオマーカーの開発と創薬の試み, 2013年, 2016年
  6. 文部科学省科学研究費助成金, 間質性肺炎急性増悪の人種差および好中球転写因子を用いた多角的病態解明と治療開発, 2016年, 2018年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 間質性肺炎急性増悪の人種差および好中球転写因子を用いた多角的病態解明と治療開発, 2016年, 2018年
  8. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 術中の迅速な呼吸異常評価のための連続呼吸音モニタリングシステムの研究開発, 2017年, 2020年
  9. 総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE) 地域ICT振興型研究開発, 無人航空機を利用した医療過疎地域における緊急血液検体搬送の研究開発, 2017年, 2017年
  10. 平成29年度 福田記念医療技術振興財団研究助成, 急性呼吸不全動物モデルを用いた人工呼吸誘発横隔膜障害の発生メカニズム解析および非侵襲的モニタリングシステムの開発, 2017年, 2017年
  11. 2017年度 JB奨学寄付研究費, 気管支内細菌叢のメタゲノム解析による重症呼吸不全の病態解明, 2017年, 2017年
  12. 2017年度 ファイザーAC研究費, 貼付型呼吸音解析システムを応用したスマート治療室の開発, 2017年, 2017年
  13. 文部科学省科学研究費助成金 若手研究(B), 間質性肺炎急性増悪の治療標的分子同定および体外式膜型人工肺を用いた新規治療法開発, 2017年, 2020年
  14. 文部科学省科学研究費助成金 若手研究(B), 重症呼吸不全患者の気道および血液検体を用いた多角的病態解明および新規治療法開発, 2017年, 2019年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 急性呼吸窮迫症候群(ARDS)ガイドライン作成委員会, 2014年04月, 日本集中治療医学会,日本呼吸療法医学会
  2. 高頻度振動換気法ガイドライン作成委員会, 2014年, 日本呼吸療法医学会
  3. 慢性過敏性肺炎タスクフォース, 2014年, ヨーロッパ呼吸器学会
  4. 危機管理委員会, 2015年, 日本呼吸療法医学会
  5. 中国四国支部会 評議員, 2009年, 日本内科学会
  6. 非常勤講師, 2015年10月, 2016年03月, 広島市消防局救急救命士養成所
  7. 日本集中治療医学会 評議員, 日本集中治療医学会
  8. 日本呼吸器学会 代議員, 日本呼吸器学会
  9. 日本呼吸療法医学会 代議員, 日本呼吸療法医学会
  10. ECMOプロジェクト委員会, 2015年04月, 日本呼吸療法医学会
  11. 共用試験OSCE外部評価者, 2014年
  12. 厚生労働省卒後臨床研修指導医, 2015年, 厚生労働省
  13. 厚生労働省難病医療費助成制度 難病指定医, 2015年
  14. 日本医師会認定産業医, 2015年
  15. 危機管理委員会委員長, 2017年07月, 2018年03月, (一社)日本呼吸療法医学会

学術会議等の主催

  1. ECMO カニュレ―ションワークショップ, 開催責任者, 2019年04月, 2019年08月
  2. 第13 回 ECMO シミュレーションラボ・広島コース, コース責任者, 2019年04月, 2019年08月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. NHKおはよう日本, けさのクローズアップ:西日本豪雨とDMAT, NHK広島, NHKおはよう日本, 2019年/07月/05日, 2019年/07月/05日, コメンテーター, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2020年, 日本集中治療会誌, その他
  2. 2019年, 日本集中治療会誌, その他
  3. 2018年, 日本呼吸療法医学会機関誌「人工呼吸」, その他
  4. 2019年, 日本呼吸療法医学会機関誌「人工呼吸」, その他
  5. 2020年, 日本呼吸療法医学会機関誌「人工呼吸」, その他
  6. 2019年, Tohoku Journal of Experimental Medicine, その他
  7. 2019年, Therapeutic Advances in Respiratory Disease, その他
  8. 2017年, Rheumatology, その他
  9. 2016年, Rheumatology, その他
  10. 2019年, Respirology, その他
  11. 2019年, Respiratory Research, その他
  12. 2017年, Respiratory Medicine, その他
  13. 2018年, Respiratory Medicine, その他
  14. 2020年, Respiratory Medicine, その他
  15. 2020年, Respiratory Investigation, その他
  16. 2019年, Respiratory Investigation, その他
  17. 2018年, Respiratory Investigation, その他
  18. 2017年, Respiratory Investigation, その他
  19. 2016年, Respiratory Investigation, その他
  20. 2019年, Respiratory Medicine, その他
  21. 2018年, BMC Pulmonary Medicine, その他
  22. 2020年, PLOS ONE, その他
  23. 2019年, PLOS ONE, その他
  24. 2018年, PLOS ONE, その他
  25. 2017年, PLOS ONE, その他
  26. 2016年, PLOS ONE, その他
  27. 2016年, Pediatric Critical Care Medicine, その他
  28. 2017年, Oncotarget, その他
  29. 2017年, Military Medical Research, その他
  30. 2018年, Medical Sciences, その他
  31. 2020年, Liver International, その他
  32. 2017年, Lancet Respiratory Medicine, その他
  33. 2019年, Journal of Thoracic Disease, その他
  34. 2018年, Journal of Thoracic Disease, その他
  35. 2018年, Journal of Lung Health and Diseases, その他
  36. 2020年, 日本集中治療医学会雑誌, その他
  37. 2019年, 日本集中治療医学会雑誌, その他
  38. 2018年, Journal of Infectiology, その他
  39. 2019年, Journal of Clinical Medicine, その他
  40. 2018年, Journal of Pain Research, その他
  41. 2020年, Journal of Intensive Care, その他
  42. 2019年, Journal of Intensive Care, その他
  43. 2018年, Journal of Intensive Care, その他
  44. 2017年, Journal of Intensive Care, その他
  45. 2016年, Journal of Intensive Care, その他
  46. 2018年, Expert Review of Respiratory Medicine, その他
  47. 2017年, Dovepress, その他
  48. 2020年, Journal of Critical Care, その他
  49. 2019年, Journal of Critical Care, その他
  50. 2018年, Journal of Critical Care
  51. 2017年, Journal of Critical Care, その他
  52. 2019年, J Clin Med, その他
  53. 2017年, Journal of Cardiology, その他
  54. 2020年, Journal of Artificial Organs, その他
  55. 2019年, Journal of Artificial Organs, その他
  56. 2016年, Journal of Artificial Organs, その他
  57. 2017年, Journal of Artificial Organs, その他
  58. 2018年, Journal of Artificial Organs, その他
  59. 2020年, Journal of Anesthesia, その他
  60. 2019年, Journal of Anesthesia, その他
  61. 2018年, Journal of Anesthesia, その他
  62. 2017年, Journal of Anesthesia, その他
  63. 2016年, Journal of Anesthesia, その他
  64. 2019年, Internal Medicine, その他
  65. 2018年, Internal Medicine, その他
  66. 2017年, Internal Medicine, その他
  67. 2018年, International Journal of Molecular Sciences, その他
  68. 2020年, Internal Medicine, その他
  69. 2020年, International Journal of Medical Informatics, その他
  70. 2017年, Infectious Disorders - Drug Targets, その他
  71. 2016年, Infectious Disorders - Drug Targets, その他
  72. 2017年, European Respiratory Review, その他
  73. 2019年, Disease Markers, その他
  74. 2020年, BMC Pulmonary Medicine, その他
  75. 2019年, BMC Pulmonary Medicine, その他
  76. 2018年, BMC Pulmonary Medicine, その他
  77. 2017年, BMC Pulmonary Medicine, その他
  78. 2018年, BioMed Research International, その他
  79. 2020年, BMC Anesthesiology, その他
  80. 2020年, American Thoracic Society, その他
  81. 2018年, Acute Medicine & Surgery, その他
  82. 2019年, Acute Medicine & Surgery, その他
  83. 2020年, Acute Medicine & Surgery, その他
  84. 2020年, Asian Cardiovascular and Thoracic Annals, その他
  85. 2014年, Lab Invest, その他, 査読員, 1
  86. 2014年, BMC Pulm Med, その他, 査読員, 2
  87. 2014年, iConcept Press, その他, 査読員, 1
  88. 2014年, Respir Res, その他, 査読員, 1
  89. 2014年, Arch Med Res, その他, 査読員, 1
  90. 2013年, Case Rep Pulm, その他, 査読員, 2
  91. 2015年, Clinical Medicine Insights, その他, 査読員, 5
  92. 2015年, Pediat Int, その他, 査読員, 1
  93. 2015年, Inflammation, その他, 査読員, 1
  94. 2014年, Intern Med, その他, 査読員, 1
  95. 2015年, Dove Medical Press, その他, 査読員, 1
  96. 2011年, Respir Care, その他, 査読員, 1
  97. 2013年, Sarcoidosis vasculitis and diffuse lung diseases, その他, 査読員, 1
  98. 2015年, 集中治療会誌, その他, 査読員, 1
  99. 2013年, Eur Respir J, その他, 査読員, 1
  100. 2015年, Intern Med, その他, 査読員, 1
  101. 2016年, J Intensiv Care, その他, 査読員, 2
  102. 2016年, Respir Med, その他, 査読員, 3
  103. 2016年, Eur Respir Mon, その他, 査読員, 1
  104. 2016年, J Anesthesisa, その他, 査読員, 2
  105. 2016年, Rheumatology, その他, 査読員, 1
  106. 2016年, PLoS ONE, その他, 査読員, 1
  107. 2016年, J Artif Organ, その他, 査読員, 2
  108. 2016年, J intensive Care, その他, 査読員, 5
  109. 2016年, Respir Investig, その他, 査読員, 1
  110. 2016年, Infectious Disorders - Drug Targets, その他, 査読員, 1
  111. 2016年, BMC Pulm Med, その他, 査読員, 2
  112. 2016年, Pediat Crit Care Med, その他, 査読員, 1
  113. 2016年, Respir Med, その他, 査読員, 3