中井 智司satosi nakai

Last Updated :2017/11/01

所属・職名
大学院工学研究科 化学工学講座 教授
ホームページ
メールアドレス
sn4247621hiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(工学) (東京農工大学)

教育担当

  • 工学部:第三類(化学・バイオ・プロセス系), 工学研究科:化学工学専攻, 工学研究科:化学工学専攻

担当主専攻プログラム

  • 化学工学プログラム

研究分野

  • 環境学 / 環境解析学 / 環境動態解析
  • 工学 / 総合工学 / 地球・資源システム工学

研究キーワード

  • アレロパシー
  • エコテクノロジー
  • 沿岸域
  • 環境修復
  • 生物燃料
  • 土壌処理
  • 排水処理
  • 廃棄物処理
  • 有機汚染物質処理
  • リサイクル材料

所属学会

  • 化学工学会, 1993年
  • 日本水環境学会, 1993年
  • 環境科学会
  • 日本環境化学会
  • 日本水処理生物学会
  • 土木学会
  • 国際アレロパシー学会
  • 国際水協会
  • 廃棄物資源循環学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, セメスター(前期), 化学工学概論
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 環境科学基礎論
  3. 2017年, 教養教育, セメスター(前期), 教養ゼミ
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎化学実験
  5. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), グリーンテクノロジー
  6. 2017年, 学部専門, 通年, 卒業論文
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 環境化学工学特論
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 化学工学講究I
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 化学工学講究II
  10. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 化学工学講究IV
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 化学工学セミナーIA
  12. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 化学工学セミナーII

教育に関する受賞

  • 4198年, 広島大学大学院工学研究科 教育顕彰, 広島大学大学院工学研究院, 第三類基礎化学実験(物理化学実験)における教育と実験環境の改善

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 大型水生植物のアレロパシー, 用水と廃水, 40巻, 2号, pp.5-pp.10, 199802
  2. 洗浄及び化学的処理による多環芳香族炭化水素汚染土壌の浄化, 用水と廃水, 43巻, 7号, pp.600-pp.605, 200107
  3. Fenton treatment to remediate soil contaminated with polycyclic aromatic hydrocarbons, Organohalogen Compounds, 54巻, pp.262-pp.265, 200109
  4. Photodegradation of dioxins in ethanol washing solution, Organohalogen Compounds, 54巻, pp.255-pp.258, 200109
  5. Remediation of dioxin-contaminated soil by successive ethanol washing, Organohalogen Compounds, 54巻, pp.241-pp.244, 200109
  6. 物理的または化学的方法とそれに生物処理を連続させた多環芳香族炭化水素類汚染土壌の浄化, 環境化学, 11巻, 4号, pp.765-pp.772, 200111
  7. ファイトレメディエーション, グリーンエイジ, 339巻, pp.6-pp.10, 200206
  8. ダイオキシン類に類似した含硫黄複素環化合物, 環境化学, 15巻, 1号, pp.239-pp.246, 200503
  9. Degradation of Organochlorine Agrochemicals by Mechanochemical treatment, Organohalogen Compounds, 67巻, pp.2504-pp.2506, 200508
  10. Rapid drying of soil and sediment using a home microwave oven for analysis of PCDDs, PCDFs and PCBs, Organohalogen Compounds, 68巻, pp.2450-pp.2453, 200609
  11. ベントスの生育に適した干潟造成土壌, 水産海洋研究, 72巻, 4号, pp.308-pp.311, 200811
  12. Clean up of dioxins-contaminated sediment by indirect heating treatment, Organohalogen Compounds, 71巻, 200908
  13. 大型水生植物を用いた植物プランクトンの増殖抑制, 水環境学会誌, 17巻, 1号, pp.1012-pp.1019, 199404
  14. 大型水生植物が代謝した生理活性物質を用いた植物プランクトンの増殖抑制, 水環境学会誌, 18巻, 12号, pp.33-pp.39, 199504
  15. Control of algal growth by macrophytes and macrophyte-extracted bioactive compounds, Water Science and Technology, 35巻, 7-8号, pp.227-pp.235, 199607
  16. 大型水生植物のアレロパシーによる藍藻類の増殖抑制, 日本水処理生物学会誌, 33巻, 4号, pp.215-pp.222, 199710
  17. ホザキノフサモが放出したアレロパシー物質による藍藻類(Microcyctis aeruginosa)の増殖抑制, 日本水処理生物学会誌, 34巻, 3号, pp.159-pp.170, 199807
  18. ホザキノフサモが放出したアレロパシー物質の藍藻類に対する複合作用及びアレロパシー効果の評価, 水環境学会誌, 21巻, 10号, pp.663-pp.669, 199810
  19. Growth inhibition of blue-green algae by the allelopathic effects of macrophyte, Water Science and Technology, 39巻, 8号, pp.47-pp.53, 199908
  20. ノニルフェノールの微生物分解, 水環境学会誌, 23巻, 4号, pp.243-pp.245, 200004
  21. Growth inhibition of blue-green algae (Microcyctis aeruginosa) by Myriophyllum spicatum-releasing four polyphenols, Water Research, 34巻, 11号, pp.3026-pp.3032, 200008
  22. ホザキノフサモが放出した4種のアレロパシー物質(ポリフェノール)の藻類に対する増殖抑制効果, 水環境学会誌, 23巻, 11号, pp.726-pp.730, 200111
  23. Algal growth inhibition effects and inducement modes by plant-produced phenols,, Water Research, 35巻, 7号, pp.1855-pp.1859, 200105
  24. 多段エタノール洗浄またはフェントン処理によるベンゾ(a)ピレン汚染土壌の浄化, 用水と廃水, 43巻, 5号, pp.392-pp.395, 200105
  25. Allelopathic effect of 4 polyphenols released by Myriophyllum spicatum on growth of the cyanobacterium Microcystis aeruginosa, Allelopathy Journal, 8巻, 2号, pp.201-pp.210, 200110
  26. 河口域の干潟における脱窒能の評価, 水環境学会誌, 24巻, 12号, pp.773-pp.777, 200112
  27. Evaluation of Nitrogen Removal Potential in a Reed Filter Bed System by the 15N Tracer Method, Arch. Biology, 22巻, pp.56-pp.66, 200206
  28. Application of Fenton oxidation to remediate polycyclic aromatic hydrocarbons-contaminated soil, Journal of Chemical Engineering of Japan, 35巻, 6号, pp.582-pp.586, 200206
  29. Algal growth inhibition effects of 4 allelopathic polyphenols released by Myriophyllum spicatum, Allelopathy Journal, 10巻, 1号, pp.123-pp.132, 200207
  30. 硝化汚泥による女性ホルモンの分解, 日本水処理生物学会誌, 38巻, 4号, pp.231-pp.245, 200207
  31. 繊維状活性炭・光触媒シートを用いたメチルメルカプタンの分解における硫黄収支, 化学工学論文集, 28巻, 5号, pp.518-pp.521, 200209
  32. モデル物質として4-モノクロロビフェニル(MCB)を用いたメカノケミカル法によるダイオキシン類分解経路の追求, 化学工学論文集, 28巻, 5号, pp.565-pp.568, 200209
  33. アンモニア酸化細菌による女性ホルモンの分解, 水環境学会誌, 25巻, 11号, pp.681-pp.683, 200211
  34. 植物が生産したフェノール化合物の藻類に対する増殖抑制効果, 陸水学会誌, 63巻, 3号, pp.201-pp.208, 200212
  35. Isolation and characterization of the ethynylestradiol-biodegrading microorganism Fusarium proliferatum strain HNS-1, Water Science and Technology, 45巻, 12号, pp.175-pp.179, 200212
  36. ペンタクロロフェノールの光分解及びDFT法による分解経路の推定, 水環境学会誌, 26巻, pp.693-pp.697, 200304
  37. ホザキノフサモが放出する脂肪酸のシアノバクテリアに対する増殖抑制効果, 水環境学会誌, 27巻, pp.125-pp.130, 200404
  38. ヨシのアレロパシーによるシアノバクテリアの増殖抑制, 日本水処理生物学会誌, 40巻, pp.23-pp.28, 200404
  39. Biodegradation of natural/synthetic estrogens by nitrifying bacteria and activated sludge, Water Research, 38巻, pp.2322-pp.2329, 200404
  40. 繊維状活性炭・光触媒シートを用いたメチルメルカプタンの連続処理, 化学工学論文集, 30巻, pp.455-pp.460, 200404
  41. 産業廃棄物焼却実験における多環芳香族炭化水素(PAHs)からのPCDDs/DFs生成の検討, 環境化学, 14巻, pp.531-pp.543, 200404
  42. Biodegradation of estrogens using activated sludge and night soil-composting microorganisms, Water Science & Technology, 50巻, pp.153-pp.159, 200404
  43. ポリクロロジベンゾチオフェン(PCDTs)の検出,光分解性と内分泌攪乱作用の可能性の検討, 環境化学, 14巻, pp.835-pp.844, 200404
  44. 飼料イネを用いた窒素除去とバイオマス生産, 水環境学会誌, 28巻, pp.697-pp.703, 200504
  45. 真空加熱分離法によるPCB使用電気機器からのPCB分離における処理条件の検討, 廃棄物学会論文集, 16巻, pp.481-pp.491, 200504
  46. Anti-cyanobacterial fatty acids released from Myriophyllum spicatum, Hydrobiologia, 543巻, pp.71-pp.78, 200504
  47. Remediation of dioxins-contaminated soil by successive ethanol washing-photodegradation, Journal of Chemical Engineering of Japan, 38巻, pp.360-pp.365, 200504
  48. Elucidation of degradation mechanism of dioxins during mechanochemical treatment, Environmental Science and Technology, 39巻, pp.3799-pp.3804, 200504
  49. Photodegradation of pentachlorophenol and its degradation pathways predicted using density functional theory, Chemosphere, 61巻, pp.341-pp.346, 200504
  50. Determination of metals in waste wood from construction and demolition by X-ray fluorescence, Journal of Environmental Chemistry, 15巻, pp.145-pp.152, 200504
  51. 電気化学的方法によるトリクロロエチレンの分解, 水環境学会誌, 29巻, pp.229-pp.234, 200604
  52. 含窒素化合物の超臨界水酸化における分子構造および有機物添加の影響, 化学工学論文集, 32巻, pp.363-pp.368, 200604
  53. Allelopathic growth inhibition of cyanobacteria by reed, Allelopathy Journal, 18巻, pp.277-pp.286, 200604
  54. CaOを用いた飛灰のメカノケミカル処理及びセメント化による重金属類溶出抑制効果, 化学工学論文集, 32巻, pp.196-pp.199, 200604
  55. 真空加熱分離法によるPCBを吸着した活性炭からのPCB分離挙動, 廃棄物学会論文誌, 17巻, pp.342-pp.348, 200604
  56. 高炉スラグを用いたメカノケミカル法による焼却飛灰の無害化処理およびセメントとしての処理残渣の再資源化可能性評価, 廃棄物学会論文誌, 17巻, pp.335-pp.360, 200604
  57. 飼料イネを用いた河川水の浄化における窒素挙動, 用水と廃水, 49巻, 3号, pp.43-pp.49, 200703
  58. Polychlorinated dibenzothiophenes in Japanese environmental samples and their photodegradability and dioxin-like endocrine-disruption potential, Chemosphere, 67巻, 9号, pp.1852-pp.1857, 200704
  59. Estrogenic activity removal of ethynylestradiol by nitrifying activated sludge and microorganisms involved in its degradation, Environmental Sciences, 14巻, pp.1-pp.16, 200706
  60. n-ヘキサン,イソプロパノール,メタノール中でのヘキサクロロベンゼンの光分解速度および経路の比較, 廃棄物学会論文誌, 18巻, 6号, pp.426-pp.433, 200706
  61. Detection of polychlorinated dibenzothiophenes in Japan and investigation of their dioxin-like endocrine disrupting potency, Organohalogen Compounds, 66巻, pp.1522-pp.1526, 200707
  62. Indirect heating treatment of dioxins-contaminated sediment using a catalyst to accelerate degradation of dioxins, Organohalogen Compounds, 69巻, pp.2532-pp.2535, 200709
  63. Photodegradation of hexachlorobenzene and theoretical prediction of its degradation pathways using quantum chemical calculation, Chemosphere, 70巻, 4号, pp.731-pp.736, 2008
  64. Photodegradation fates of cis-chlordane, trans-chlordane, and heptachlor in ethanol, Chemosphere, 70巻, 9号, pp.1669-pp.1675, 200802
  65. Lead immobilization in mechanochemical fly ash recycling, J. Material Cycles and Waste Management, 10巻, pp.14-pp.18, 200803
  66. Evaluation of ethanol washing on dioxins-polluted soil and sediment based on adsorption relationships, Environmental Technology, 29巻, 3号, pp.325-pp.332, 200803
  67. Simplified heating time calculation using the Schmidt graphical method for PCB-contaminated capacitors undergoing the vacuum thermal recycling process, Joumal of Material Cycles and Waste Management, 10巻, 1号, pp.71-pp.78, 200803
  68. アサリの成育に適した海砂代替材の検索と着底に及ぼす代替材の特性評価, 海岸工学研究, 55巻, 2号, pp.1281-pp.1285, 200804
  69. 太田川放水路における汽水干潟生態系に及ぼす増水の影響, 環境工学研究論文集, 45巻, pp.59-pp.64, 200804
  70. 浚渫土を活用して造成した干潟生態系の評価, 水環境学会誌, 31巻, 10号, pp.33-pp.37, 200804
  71. Anchorage and resistance to uprooting forces of eelgrass (Zostera marina L.) shoots planted in slag substrates", Proceedings of the 17th Korea-Japan Symposium on Water Environment, pp.30-pp.40, 200804
  72. Photodechlorination of octachlorodibenzothiophene and octachlorodibenzofuran: Comparison of experimental degradation pathways with degradation pathways predicted by DFT, Chemosphere, 73巻, 6号, pp.1005-pp.1010, 200810
  73. Release of anti-cyanobacterial allelochemicals from aquatic and terrestrial plants applicable for artificial floating islands, Journal of Water and Environment Technology, 6巻, 1号, pp.55-pp.63, 200810
  74. Benthic ecosystem development in an artificial tidal flat constructed from dredged spoil, Mrine Pollution Bulletin, 56巻, 12号, pp.2059-pp.2066, 200812
  75. Hydrophilization of polyvinyl chloride surface by ozonation., Surface Review and Letters, 15巻, 6号, pp.711-pp.715, 200812
  76. アレロケミカルである5種のポリフェノールのホザキノフサモからの放出挙動とMicrocystis aeruginosaに対する増殖抑制効果, 水環境学会誌, 31巻, 12号, pp.763-pp.767, 200812
  77. Production of assimilable organic carbon (AOC) from bacteria and picoplankton by chlorination, Water Science and Technology: Water Supply, 9巻, 3号, pp.337-pp.342, 200905
  78. Evaluation of blast furnace slag as basal media for eelgrass bed, Journal of Hazardous Materials, 166巻, 2-3号, pp.1560-pp.1566, 200906
  79. Anchorage and resistance to uprooting forces of eelgrass (Zostera marina L.) shoots planted in slag substrates, Journal of Water and Environment Technology, 7巻, 2号, pp.91-pp.101, 200906
  80. Evaluation of dredged soil as a silt and clay source for artificial tidal flats, Journal of Water and Environment Technology, 7巻, 3号, pp.187-pp.199, 200909
  81. Utilizing dredged sediment for enhancing growth of eelgrass in artificially prepared substrates,, International Journal of Environmental and Earth Sciences, 1巻, 2号, pp.57-pp.62, 201002
  82. Feasibility study of the separation of chlorinated films from plastic packaging wastes, Waste Management, 30巻, 4号, pp.597-pp.601, 201004
  83. Anti-cyanobacterial allelopathic effects of plants used for artificial floating islands, Allelopathy Journal, 26巻, 1号, pp.113-pp.121, 201007
  84. Recycling of CCA-Treated Wood as Pulp, Kagaku Kougaku Ronbunshu, 36巻, 4号, pp.304-pp.309, 201007
  85. Prevention of lead leaching from fly ashes by mechanochemical treatment, Waste Management, 30巻, 7号, pp.1290-pp.1295, 201007
  86. 増水が汽水干潟生態系の構造に与える影響, 環境工学論文集, 47巻, pp.23-pp.30, 201010
  87. Surface ozonation of polyvinyl chloride for its separation from waste plastic mixture by froth floatation, Journal of Material Cycles and Waste Management, 12巻, 4号, pp.326-pp.331, 201011
  88. Pathway of 17 beta-estradiol degradation by Nitrosomonas europaea and reduction in 17 beta-estradiol-derived estrogenic activity, Environmental Chemistry Letters, 9巻, 1号, pp.1-pp.6, 201103
  89. Recovery of polypropylene and polyethylene from packaging plastic wastes without contamination of chlorinated plastic films by the combination process of wet gravity separation and ozonation, Waste Management, 31巻, 8号, pp.1848-pp.1851, 201108
  90. 半水石膏と脱炭スラグを用いた浚渫土の増粘処理, 海岸工学論文集, 67巻, I号, pp.1091-pp.1095, 201111
  91. Mechanochemical degradation of gamma-hexachlorocyclohexane by a planetary ball mill in the presence of CaO, Chemosphere, 86巻, 3号, pp.228-pp.234, 201201
  92. Effect of silt and clay on the settlement of short-necked clam Ruditapes philippinarum larvae, Journal of Water and Environment Technology, 10巻, 1号, pp.23-pp.30, 201203
  93. Polyphenols and fatty acids responsible for anti-cyanobacterial allelopathic effects of submerged macrophyte Myriophyllum spicatum, Water Science & Technology, 66巻, 5号, pp.993-pp.999, 201205
  94. Effect of pH and Coexisting Species on the Photochemical Decomposition of Perfluorooctanoic Acid by Iron (III) Sulphate, Journal of Water and Environment Technology, 10巻, 2号, pp.129-pp.140, 201206
  95. Determination Method for Maximum Calcium Releasing Potential from Steel Slags, Marine Sands Alternatives in Seawater, ISIJ International, 53巻, 10号, pp.1888-pp.1893, 201304
  96. An immobilization mechanism for lead in fly ash subjected to mechanochemical treatment, The International Journal of Environment and Waste Management, 12巻, 3号, pp.340-pp.353, 201304
  97. 沈水植物ホザキノフサモのアレロパシーがシアノバクテリウムMicrocystis aeruginosaと緑藻Scenedesmus obliquusの競合に与える影響, 水環境学会誌, 36巻, 3号, pp.85-pp.90, 201305
  98. Impact of flood events on macrobenthic community structure on an intertidal flat developing in the Ohta River Estuary, Mrine Pollution Bulletin, 74巻, 1号, pp.364-pp.373, 201309
  99. Stimulation of nitrogen removal in the rhizosphere of aquatic duckweed by root exudate components, PLANTA, 239巻, 3号, pp.591-pp.603, 201403
  100. Photochemical decomposition of perfluorooctanoic acid mediated by iron in strongly acidic conditions, Journal of Hazardous Materials, 268巻, pp.150-pp.155, 201403
  101. Macrobenthic succession and characteristics of a man-made intertidal sandflat constructed in the diversion channel of the Ohta River Estuary, Mrine Pollution Bulletin, 82巻, 1-2号, pp.101-pp.108, 201405
  102. A green procedure using ozone for Cleaning-in-Place in the beverage industry, Chemosphere, 105巻, pp.106-pp.111, 201406
  103. Chlorophyll and suspended sediment mapping to the Caribbean Sea from rivers in the capital city of the Dominican Republic using ALOS AVNIR-2 data, Environmenatal Monitoring and Assessment, 186巻, 7号, pp.4181-pp.4193, 201407
  104. Growth Inhibition of Microcystis aeruginosa by Allelopathic Compounds Originally Isolated from Myriophyllum spicatum: Temperature and Light Effects and Evidence of Possible Major Mechanisms, Journal of Chemical Engineering of Japan, 47巻, 6号, pp.488-pp.493, 201406
  105. Removal of coagulant aluminum from water treatment residuals by acid, Water Research, 60巻, pp.75-pp.81, 201409
  106. Chemical behavior of sand alternatives in the marine environment, Chemosphere, 111巻, pp.164-pp.168, 201409
  107. 高濃度のアンモニア態窒素を含むメタン発酵消化液を用いた油生産藻類の培養, 土木学会論文集G(環境), 70巻, III号, pp.493-pp.499, 201412
  108. Variations in macrobenthic community structures in relation to environmental variables in the Seto Inland Sea, Japan, Mrine Pollution Bulletin, 92巻, 1-2号, pp.90-pp.98, 201503
  109. Function of Wood Chips for Composting of Sewage Sludge by Thermophilic and Aerobic Digestion, Journal of Residual Science & Technology, 12巻, 2号, pp.53-pp.59, 201504
  110. Evaluation of substrates for constructing beds for the marine macrophyte Zostera marina L., Ecological Engineering, 81巻, pp.418-pp.427, 201506
  111. Production of mono- and di-carboxylated polyethylene glycols as a factor obstacle to the successful ozonation-assisted biodegradation of ethoxylated compounds, CHEMOSPHERE, 136巻, pp.153-pp.159, 201510
  112. 炭酸化スラグと浚渫土を用いて造成した人工干潟の底質環境の評価, 環境科学会誌, 28巻, 6号, pp.405-pp.414, 201511
  113. Water quality assessment of the coastal waters of Santo Domingo (Dominican Republic) using free satellite imagery, Esteban R. Miño A., Yuji Sakuno, Tetsuji Okuda, Satoshi Nakai, Hidemi Mutsuda and Wataru Nishijima, Marco A. Jiménez, Marcos Rodríguez and Amarilis García , Water and Environment Technology Conference 2014巻, 201406号
  114. Evaluation of biofouling potential of raw water for RO membranes, Masaki OHNO, Cervinia MANALO, Tetsuji OKUDA, Satoshi NAKAI, Wataru NISHIJIMA, Water and Environment Technology Conference 2014巻, 201406号
  115. Source analysis method and behavior of dissolved organic matter in Kushiro River basin, Yukitaka TODATE, Mayumi SUZUKI, Tomohiro KOSE, Kuniaki KAWATA, Masaki OHNO, Tetsuji OKUDA, Satoshi NAKAI, Wataru NISHIJIMA, The 23rd Japan-Korea Joint Symposium on Water Environment巻, 201407号
  116. Evaluation of steelmaking slag as basal media for coastal primary producers, MARINE POLLUTION BULLETIN, 100巻, 1号, pp.240-pp.248, NOV 15 2015
  117. Effect of coexisting metal ions on the degradation of polyamide reverse osmosis membrane by hypochlorite treatment, DESALINATION, 381巻, pp.126-pp.134, MAR 1 2016
  118. Effect of changes in the physicochemical properties of sand-alternatives on bacterial community structure in coastal sediments, ECOLOGICAL ENGINEERING, 88巻, pp.177-pp.185, MAR 2016
  119. Mechanisms of solidification and subsequent embrittlement of dephosphorization slag used in a subtidal zone as an alternative to sea sand and prevention of solidification by adding dredged soil, CLEAN TECHNOLOGIES AND ENVIRONMENTAL POLICY, 18巻, 4号, pp.1167-pp.1176, APR 2016
  120. Rapid novel test for the determination of biofouling potential on reverse osmosis membranes, WATER SCIENCE AND TECHNOLOGY, 73巻, 12号, pp.2978-pp.2985, JUN 2016
  121. Control of Biofilm Formation and Inorganic Particle Accumulation on Reverse Osmosis Membrane by Hypochlorite Washing, The 18th International Conference on Water and Wastewater Treatment Plants, Conference Proceedings, pp.233-pp.241
  122. The mechanisms of solidification of decarburization slag immersed in seawater, The 24th Korea-Japan Symposium on Water Environment, Conference Proceedings, pp.21-pp.25
  123. Filtration rate of a sea squirt (Ciona savigny), APCChE 2015 Congress incorporating Chemeca 2015, Conference Proceedings
  124. 沿岸域に関する最近の研究動向 4. 藻場・干潟の再生4.1 リサイクル剤を用いた干潟造成について,, 水環境学会誌, 38(A)巻, 12号, pp.454-pp.455

著書等出版物

  1. 2007年01月, Production of Allelochemicals by an Aquatic Plant, Myriophyllum spicatum L. Allelopathy: New Concepts and Methodology (Fujii Y. and Hiradate S. eds.) , Science Publishers, New Hampshire, 2007年, 1, 単行本(学術書), 共編著, Satoshi NAKAI
  2. 2003年12月, II. 基礎編-エコテクノロジーの基礎となる研究 7.アレロパシーを用いた藻類抑制, エコテクノロジーと河川・湖沼の水質浄化 , ソフトサイエンス社, 2003年, 12, 単行本(学術書), 共編著, 中井 智司 , 8
  3. 2008年10月, A catalyst-assisted indirect heating treatment for accelerated dioxin degradation in contaminated sediment, Persistent organic Pollutants (POPs) Research in Asia (Morita M. ed.), NIES, Japan, 2008年, 10, 単行本(学術書), 共著, Masaaki HOSOMI, Etsuko YOSHIMOTO, Tomoko KOIKE, Masato FUJITA, Tomio SUGIMOTO, Satoshi NAKAI
  4. 2009年06月, The functional role of Phragmites australis in the inhibition of cyanobacterial growth and the transition of plant species, Aquatic Ecosystem Research Trends, (G. H. Nairne, Ed.), Nova Science Publishers, N.Y. , 2009年, 6, 単行本(学術書), 共編著, Sheng ZHOU, Satoshi NAKAI, Megumi NISHIKAWA, Masaaki HOSOMI

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 微生物を利用した環境ホルモン様物質の分解・除去技術, 中井智司, (株)技術情報センターTICセミナー, 2002年06月, 日本語, (株)技術情報センター, 東京
  2. Algal growth inhibition effects of Myriophyllum spicatum released allelochemicals., Satoshi NAKAI, "The 3rd World Congress on Allelopathy", 2002年08月, 招待, Tsukuba, Japan
  3. Allelopathic growth inhibition of cyanobacteria by reed., Satoshi NAKAI, Ryoko KATO, Sheng ZHOU, and Masaaki HOSOMI, The 4thInternational Allelopathy Conference, 2004年08月, 招待, Haryana, India
  4. Introduction of allelopathy between aquatic plants and cyanobacteria, Satoshi NAKAI, 2006 National Advanced Forum on Chinese Water Environment Pollution Control and Ecological Restoration Techniques, 2006年11月, 招待, Shanghai, China
  5. POPs廃棄物の無害化/再利用, 中井智司, NPO法人広島循環型社会推進機構 技術講演会, 2007年01月, 日本語, NPO法人広島循環型社会推進機構, 広島
  6. POPs廃棄物の無害化/再利用, 中井智司, 山口地区化学工学懇話会「平成19年度化学工学研究会」, 2007年12月15日, 招待, 日本語, 山口
  7. Evaluation of benthic ecosystem developed in the artificial tidal flat using dredged materials, Satoshi NAKAI, 第一回上海河湖水環境治理と国際研討会, 2007年12月, 招待, Shanghai, China
  8. 環境負荷を低減するグリーンエンジニアリングと土壌・地下水汚染対策, 中井智司, 東洋エンジニアリング(株)部課長会ECOグループ講演会, 2008年09月, 日本語, 東洋エンジニアリング(株)部課長会ECOグループ, 千葉
  9. 環境の修復・改善をめざして-土壌、沿岸環境を中心として-, 中井智司, JST/広島大学「Innovation Bridge 研究発表会」, 2008年10月08日, 招待, 日本語, JST/広島大学, 東京
  10. Treatment of halogenated POPs by mechanochemical and physico-chemical approaches, Satoshi Nakai, Special Seminar in School of Environment, Beijing Normal University, 2009年03月27日, 招待, Beijing, China
  11. An old and new function of macrophytes, “allelopathy”, Satoshi Nakai, Special Seminar in School of Environment, Beijing Normal University, 2010年06月, Beijing, China
  12. バイオマス素材のハイブリッド化について-アサリ漁場の改善を目指したハイブリッド素材の開発-, 中井智司, ブルーマリンバイオマス研究会, 2011年08月04日, 招待, 日本語, ブルーマリンバイオマス研究会, 広島
  13. 自律型二枚貝漁業を実現する干潟改良材の開発, 中井智司, インケム東京, 2011年11月, 招待, 日本語, (社)日本能率協会, 東京
  14. 植物バイオマスを用いた水環境改善-シアノバクテリア増殖抑制への利用について-, 中井智司、周 勝、細見正明, 第4回化学工学3支部合同福井大会, 2011年12月, 招待, 福井
  15. 未利用資源/産業副産物の利用と沿岸環境の修復・改善, 中井智司, 中国地区化学工学懇話会 第17回新技術交流会, 2012年07月, 日本語, 中国地区化学工学懇話会, 広島
  16. 沿岸生態系の修復・再生材料としての製鋼スラグの活用, 西嶋 渉、矢野ひとみ、奥田哲士、中井智司, 第15回日本水環境学会シンポジウム, 2012年09月, 招待, 佐賀
  17. 廃屑鉄と廃牡蛎筏竹材炭化物との混合物を利用した漁場改善材とその高度化に向けて, 中井智司, ブルーマリンバイオマス研究会, 2012年11月15日, 招待, 日本語, ブルーマリンバイオマス研究会, 広島
  18. Prevention of cyanobacterial dominance by an allelopathic effect of submerged macrophyte Myriophyllum spicatum, S. Nakai, T. Okuda, W. Nishijima, The 2nd International Conference of Asian Allelopathy Society, 2012年12月, 招待, Chandigarh, India
  19. “Macrophytic allelopathy” as a possible tool for restoration of the aquatic environment, Satoshi Nakai, Civil Engineering Seminar in Univ. Ulsan, 2013年10月, 招待, Ulsan, Korea
  20. Benthic community emerging on the artificial tidal flat constructed using a steelmaking slag, S. Nakai, Y. B. Akiyama, H. Yano, T. Katayama, M. Takeda, T. Okuda, & W. Nishijima, 11th China-Japan Symposium on Water Environment, 2014年03月, 招待, Xiamen, China
  21. 生物生産性の向上を志向した沿岸域の管理手法について-水質の側面から-, 中井智司, スマートケミカル協議会, 2015年09月04日, 招待, 日本語, スマートケミカル協議会, 広島
  22. 2015年10月17日, 招待, 英語
  23. 未利用資源を用いた藻類の培養による有用物質の生産, 中井智司, 第6回三重コロキウム, 2015年10月29日, 招待, 日本語, 化学工学会東海支部
  24. 2015年06月, 通常, 日本語
  25. 2015年08月, 通常, 英語
  26. 2015年08月, 通常, 英語
  27. 広島湾の砂質干潟における底生微細藻類からアサリへの転送効率, 宮川 陽香、梅原 亮、大谷 壮介、中井 智司、奥田 哲士、西嶋 渉, 第18回化学工学会学生発表会(福岡大会), 2016年03月05日, 通常, 日本語
  28. 余剰汚泥を用いたラビリンチュラの培養による脂質生産, 前田 侑弥、西嶋 渉、中井 智司、奥田 哲士, 第18回化学工学会学生発表会(福岡大会), 2016年03月05日, 通常, 日本語
  29. オゾンウルトラファインバブルを用いた余剰汚泥発生量の削減, 久保田 成美、橋本 くるみ、奥田 哲士、中井 智司、元重 浩、西嶋 渉, 第18回化学工学会学生発表会(福岡大会), 2016年03月05日, 通常, 日本語
  30. 次亜塩素酸によるRO膜上のバイオフィルム抑制, 西本 直、西嶋 渉、中井 智司、奥田 哲士、大野 正貴, 第18回化学工学会学生発表会(福岡大会), 2016年03月05日, 通常, 日本語
  31. 瀬戸内海における基礎生産量の評価, 曽我 遥平、西嶋 渉、中井 智司、奥田 哲士、梅原 亮, 化学工学会 第81年会, 2016年03月13日, 通常, 日本語
  32. 排水を利用した油生産性藻類の開放系培養において発生した課題の克服, 三輪 彬、西嶋 渉、中井 智司、奥田 哲士、松本 光史, 化学工学会 第81年会, 2016年03月13日, 通常, 日本語
  33. 次亜塩素酸によるRO膜およびスペーサー上の堆積物の低減と除去, 中渡瀬広貴、Manalo Cervia、中井智司、大野正貴、奥田哲士、西嶋渉, 第50回日本水環境学会年会, 2016年03月16日, 通常, 日本語
  34. 次亜塩素酸によるポリアミドRO膜の劣化と共存金属イオンの影響, 大野正貴、Manalo Cervia、奥田哲士、中井智司、西嶋 渉, 第50回日本水環境学会年会, 2016年03月16日, 通常, 日本語
  35. EEM-PARAFACを用いた河川水中の糞便性溶存有機物の指標に関する検討, 鈴木まゆみ、小瀬知洋、大野正貴、奥田哲士、中井智司、西嶋渉、川田邦明, 第50回日本水環境学会年会, 2016年03月16日, 通常, 日本語
  36. ユウレイボヤ(Ciona savignyi)の海水ろ過能, 中井智司、奥田哲士、西嶋渉, 第18回日本水環境学会シンポジウム, 2015年09月14日, 通常, 日本語
  37. 広島湾における基礎生産構造の評価, 曽我遥平,中井智司,梅原亮,奥田哲士,西嶋渉, 化学工学会 中国四国支部・関西支部合同支部大会 大学院生発表会, 2015年12月12日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2006年06月10日, 日本水環境学会論文奨励賞(廣瀬賞), 日本水環境学会, ホザキノフサモが放出する脂肪酸のシアノバクテリアに対する増殖抑制効果
  2. 2012年06月21日, 特定非営利活動法人日本オゾン協会 論文奨励賞, 特定非営利活動法人 日本オゾン協会, 非イオン性界面活性剤の生物分解性へのオゾン処理の影響

社会活動

委員会等委員歴

  1. 幹事, 2008年06月, 2010年05月, 中国地区化学工学懇話会
  2. 科学研究費委員会専門委員, 2012年12月, 2013年11月, 独立行政法人日本学術振興会
  3. 環境部会幹事, 2007年03月, 2014年02月, (社)化学工学会
  4. 非常勤講師, 2013年09月, 2014年03月, 広島工業大学
  5. 科学研究費委員会専門委員, 2013年12月, 2014年11月, 独立行政法人日本学術振興会
  6. 客員, 2014年12月, 2015年03月, (社)ファインバブル産業会
  7. 化工誌トピックス委員, 2013年04月, 2015年03月, (公社)化学工学会
  8. 運営幹事会委員, 2008年07月, 2017年06月, (社)/(公社)日本水環境学会
  9. 運営理事会委員, 2008年07月, 2017年06月, (社)/(公社)日本水環境学会
  10. 広報委員会幹事, 2008年07月, 2015年06月, (社)/(公社)日本水環境学会
  11. アジア連携班委員, 2013年08月, 2015年06月, (社)/(公社)日本水環境学会
  12. 派遣・招聘委員会委員, 2013年07月, 2017年06月, (公社)日本水環境学会
  13. 大竹市大規模小売店舗立地協議会委員, 2009年08月, 2017年07月, 大竹市
  14. 江田島市大規模小売店舗立地協議会委員 , 2012年02月, 2016年01月, 江田島市
  15. 環境部会総括幹事, 2014年03月, 2017年03月, (公社)化学工学会
  16. 非常勤講師, 2014年09月, 2016年03月, 広島工業大学
  17. 幹事, 2008年04月, 2017年03月, 日本水環境学会中国四国支部
  18. 廿日市市大規模小売店舗立地協議会委員, 2008年05月, 2018年04月, 廿日市市
  19. 水環境保全の国際協力研究委員会 幹事, 2013年07月, 2017年06月, (公社)日本水環境学会
  20. 湿地・沿岸域研究委員会 幹事, 2013年07月, 2017年06月, (公社)日本水環境学会
  21. Allelopathy Journal, Regional Editor , 2015年01月, 2016年12月, International Allelopathy Foundation
  22. 浄化槽検査委員会委員, 2015年04月, 2017年03月, 公益社団法人広島県環境保全センター
  23. 環境科学会誌編集委員, 2013年06月, 2017年05月, (公社)環境科学会
  24. 広島県環境影響評価技術審査会委員, 2014年06月, 2017年08月, 広島県
  25. NPO法人広島循環型社会推進機構 理事, 2016年06月
  26. アジア連携推進委員会委員, 2015年07月, 2017年06月, (公社)日本水環境学会

学術雑誌論文査読歴

  1. 2015年, Allelopathy Journal, Regional Editor , Regional Editor
  2. 2015年, 環境科学会誌, 編集委員
  3. 2014年, 環境科学会誌, 編集委員
  4. 2013年, 環境科学会誌, 編集委員
  5. 2013年, Journal of Chemical Engineering Japan, Special Issue for Sustainable Environmental Technologies, ゲストエディター
  6. 2012年, 化学工学論文集「水と大気と土の化学工学」特集号, ゲストエディター
  7. 2010年, Journal of Water and Environment Technology, ゲストエディター
  8. 2010年, Journal of Chemical Engineering Japan, Special Issue for Sustainable Chemical Engineering, ゲストエディター
  9. 2008年, Journal of Water and Environment Technology, ゲストエディター
  10. 2006年, Journal of Water and Environment Technology, ゲストエディター