大内田康徳YasunoriOuchida

Last Updated :2019/08/01

所属・職名
大学院社会科学研究科公共政策講座教授
ホームページ
メールアドレス
ouchidahiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2015年04月01日, 広島大学, 大学院社会科学研究科, 教授
  • 2007年04月01日, 2015年03月31日, 広島大学, 大学院社会科学研究科, 准教授
  • 2005年10月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院社会科学研究科, 助教授
  • 2004年08月01日, 2005年09月30日, 北九州工業高等専門学校, 総合科学科, 助教授
  • 2001年07月01日, 2001年09月30日, University of California, Santa Barbara, 客員研究員
  • 1999年04月01日, 2004年07月31日, 北九州工業高等専門学校, 総合科学科, 講師

学歴

  • 九州大学, 経済学府, 経済工学専攻, 日本, 2001年04月, 2004年03月
  • 九州大学, 経済学研究科, 日本, 1998年04月, 1999年03月
  • 九州大学, 経済学研究科, 日本, 1996年04月, 1998年03月
  • 西南学院大学, 商学部, 日本, 1992年04月, 1996年03月

学位

  • 博士(経済学)(九州大学)
  • 修士(経済学)(九州大学)

研究分野

  • 社会科学 / 経済学 / 経済政策

研究キーワード

  • 応用ミクロ経済学
  • 企業行動
  • 環境経済学
  • 公共政策

所属学会

  • 中四国経済学会
  • 九州経済学会
  • 国際地域学会, 1999年
  • 日本地域学会
  • 日本応用経済学会
  • 日本経済学会
  • 日本経済政策学会
  • 環境経済・政策学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 2ターム, 現代経済を考えるII
  2. 2019年, 学部専門, 1ターム, 経済政策論1
  3. 2019年, 学部専門, 4ターム, 経済政策論2
  4. 2019年, 学部専門, 通年, 卒業論文指導
  5. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 経済政策論
  6. 2019年, 学部専門, 通年, 演習
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究(大内田)
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究(大内田)
  9. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 公共政策論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Cooperative choice of corporate social responsibility in a bilateral monopoly model, Applied Economics Letters (近刊), 2018
  2. ★, Environmental research joint ventures and time-consistent emission tax: Endogenous choice of R&D formation, Economic Modelling, 55巻, pp. 179-188, 201606
  3. ★, Cournot duopoly and environmental R&D under regulator’s precommitment to an emissions tax, Applied Economics Letters, 23巻, 5号, pp. 324-331, 20150818
  4. ★, Do emission subsidies reduce emission? In the context of environmental R&D organization, Economic Modelling, 36巻, pp. 511-516, 201401
  5. A note on environmental R&D under time-consistent emission tax, International Journal of Business and Economics, Vol.10巻, No.3号, pp. 257-260, 20111201
  6. 「伊ヶ崎大理· 内藤 徹· 福山博文著『空間と持続可能な環境政策の理論的研究』多賀出版」, 『地域学研究』, 41巻, 2号, pp. 577-580, 2011
  7. 「上流・下流産業における排出権制度の経済分析」(共著), 『応用経済学研究』, 3巻, pp. 27-45, 20091101
  8. 「排出税政策と企業の課税回避行動および汚染削減投資」, 『地域学研究』, 37巻, 4号, pp. 959-978, 20080331
  9. 「排出権取引における市場支配力と超過排出防止政策」, 『応用ミクロ経済学レビュー』, 1巻, pp. 17-26, 20040301
  10. 「環境規制と自主的取り組みにおいての環境保全活動」, 『北九州工業高等専門学校研究報告』, 36巻, pp. 107-110, 20030101
  11. 「高等専門学校における経済学と規範分析」, 『高専教育』, 26巻, pp. 221-226, 20030301
  12. 「排出権の最適初期配分政策と環境投資」, 『現代経済学研究』, 10巻, pp. 82-108, 20021201
  13. 「自主的取り組みにおける協力型環境投資の安定性」, 『九州経済学会年報』, 40巻, pp. 23-30, 20021201
  14. 「化学物質管理促進法における自己申告制度と環境規制」, 『北九州工業高等専門学校研究報告』, 35巻, pp. 117-120, 20020101
  15. 「クリーン開発メカニズムにおける交渉メカニズムと排出枠の認証について」, 『地域学研究』, 30巻, 1号, pp. 291-300, 20001101
  16. 「非対称情報下における共同実施とモニタリング」, 『経済論究』, 103巻, pp. 1-16, 19990301
  17. 「上流・下流経済と排出権市場」, 『日本地域学会第 46 回年次大会学術発表論文集』, 20091001
  18. Market Power and Enforcement Mechanism in a Tradable Emission Permits System, The 19th international meeting of Pacific Regional Science Conference, 20050701
  19. Green Design Investment in Duopoly with Spillovers, 環境経済・政策学会2004年大会報告要旨集, 20040901
  20. Pollution Reduction Investment and the Timing of Environmental Regulation, 環境経済・政策学会2004年大会報告要旨集, 20031001
  21. Transboundary Pollution and Emission Tax under Voluntary Environmental Investment, 『日本地域学会第39回(2002年度)年次大会学術発表論文集』, 20021101
  22. Transboundary Pollution and Transfer of Environmental Protection Technology, 環境経済・政策学会2004年大会報告要旨集, 20010901
  23. Environmental R&D Investment in Oligopoly with Spillovers, 環境経済・政策学会2004年大会報告要旨集, 20021001
  24. What is the socially desirable formation of environmental R&D?, IDEC, Hiroshima University, Discussion Paper Series 2, Vol.2巻, No.6号, 20120201
  25. Quality-improving R&D and Semi-collusive Production Cartel in Differenciated Duopoly, SSRN Working Paper Series (http://ssrn.com/abstract=2170177), 20121101
  26. Quality-improving R&D and effective organization, 2015年度日本応用経済学会秋季大会発表論文, 2015
  27. Time consistent emission tax and socially responsible monopolist, 2016年度日本応用経済学会秋季大会発表論文, 20161127
  28. Timing of emission taxation and environmental investment in a Cournot duopoly, 2017年度日本応用経済学会秋季大会発表論文, 20171029

著書等出版物

  1. 2009年07月, 有吉範敏・前田純一・秋山優[編著]『応用経済分析Ⅱ SNA・経済成長・環境』, 分担箇所:第6章「排出税政策のもとでの汚染削減投資と企業立地」担当, 勁草書房, 2009年, 07, 単行本(学術書), 共編著, 大内田康徳, 9784326502981, 225
  2. 2007年01月, 『環境投資と規制の経済分析』, 九州大学出版会, 2007年, 01, 単行本(学術書), 単著, 大内田康徳
  3. 2005年04月, 『現代公共政策の経済分析』, 第9章「環境政策」, 中央経済社, 2005年, 04, 教科書, 共編著, 細江守紀, 三浦功 [編著], 279
  4. 2001年07月, C.D. Kolstad (著) 『環境経済学入門』, 翻訳, Chapters 10 and 18 担当, 有斐閣, 2001年, 07, 教科書, 共訳, 日本語, 405
  5. 2015年09月30日, Naito,T.(ed), Sustainable Growth and Development in a Regional Economy, Chapter 6 ``Emission tax timing and a monopoly market'' and Chapter 13 ``Environmental R&D organization in a differentiated Cournot duopoly'', Springer, 2015年, 9, 単行本(学術書), 単著, English, Ouchida, Yasunori, 978-4-431-55293-2
  6. 中村保・大内田康徳(編著)『経済学入門』, ミネルヴァ書房, 2017年年3月月3日, 教科書, 共編著, 日本語, 273, 107-128, 261-273
  7. 2017年, Naito, Tohru, Lee, Woohyung, Ouchida, Yasunori (Eds.), Applied Approaches to Societal Institutions and Economics, Chapter 20, ``Quality-improving R&D and semicollusive production cartel in differentiated Cournot duopoly", Springer, 2017年, 10, 単行本(学術書), 共編著, English, Ouchida, Y., 370, 271-285, Chapter 20

受賞

  1. 2007年10月, 日本地域学会学会賞(著作賞), 日本地域学会会長日本地域学会第16回学会賞選考委員会委員長, 『環境投資と規制の経済分析』(九州大学出版会)

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広島法務局評価委員会, 2010年, 2010年, 法務省
  2. Asia-Pacific Journal of Regional Science 編集委員会・委員, 2016年10月, 2017年03月, 日本地域学会
  3. 日本応用経済学会・理事会, 2017年04月, 2018年03月, 日本応用経済学会
  4. 2017年度日本応用経済学会秋季大会プログラム委員会, 2017年08月, 2017年10月, 日本応用経済学会
  5. 2017年度日本応用経済学会春季大会プログラム委員, 2017年04月, 2017年06月, 日本応用経済学会
  6. Asia-Pacific Journal of Regional Science 編集委員会・委員, 2017年04月, 2018年03月

学術会議等の主催

  1. 2013年度日本応用経済学会春季大会, プログラム委員, 2013年06月, 2013年06月
  2. 日本応用経済学会2010年春季大会(西南学院大学), 座長, 2010年06月
  3. 日本地域学会2009年度年次大会, 大会実行委員, 2009年10月, 2009年10月
  4. 2006年度日本応用経済学会秋季大会, 大会実行委員, 2006年11月, 2006年11月
  5. 日本地域学会年次大会, 座長, 2006年10月, 2006年10月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2014年, Environmental and Resource Economics, その他, 査読委員, 1
  2. 2013年, Environmental and Resource Economics, その他, 査読委員, 1
  3. 2012年, Environmental and Resource Economics, その他, 査読委員, 1
  4. 2011年, Environmental and Resource Economics, その他, 査読委員, 1
  5. 2011年, 日本応用経済学会『応用経済学研究 』, その他, 査読委員, 1
  6. 2010年, 日本応用経済学会『応用経済学研究』, その他, 査読委員, 1
  7. 2009年, 日本応用経済学会『応用経済学研究』, その他, 査読委員, 1
  8. 2008年, 日本経済政策学会『経済政策ジャーナル』, その他, 査読委員, 1
  9. 2015年, 日本応用経済学会『応用経済学研究』, その他, 査読委員, 1
  10. 2015年, Environmental and Resource Economics, 査読委員, 1
  11. 2015年, Economic Modelling, その他, 査読委員, 1
  12. 2016年, Economic Modelling, その他, Reviewer, 2
  13. 2016年, Asia-Pacific Journal of Regional Science, その他, Reviewer, 3
  14. 2016年, Agricultural and Resource Economics Review, その他, Reviewer, 1
  15. 2016年, 『九州経済学会年報』, その他, 査読者, 1
  16. 2017年, Journal of Environmental Economics and Management, その他, Reviewer, 1
  17. 2017年, Environmental and Resource Economics, その他, Reviewer, 1
  18. 2017年, Energies, その他, Reviewer, 1
  19. 2017年, Energies, その他, Reviewer, 1
  20. 2017年, Regional Science, Policy and Practice, その他, Reviewer, 1
  21. 2017年, Regional Science, Policy and Practice, その他, Reviewer, 1
  22. 2017年, Asia-Pacific Journal of Regional Science, その他, Reviewer, 1
  23. 2017年, Asia-Pacific Journal of Regional Science, その他, Reviewer, 1