岡田 賢SATOSHI OKADA

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)小児科学講師
メールアドレス
sokadahiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2015年06月01日, 2019年03月31日, 広島大学大学院 医歯薬保健学研究院, 小児科学, 講師
  • 2013年09月01日, 広島大学病院, 小児科学, 助教
  • 2010年03月01日, ロックフェラー大学, St. Giles Laboratory of Human Genetics of Infectious Diseases, Postdoctral Associate
  • 2009年06月01日, 広島大学, 病院助教
  • 2007年04月01日, 2009年05月31日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2004年06月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 病院, 医員
  • 1999年05月16日, 2000年03月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)

学歴

  • 広島大学, 医学系研究科, 展開医科学, 日本, 2007年09月
  • 徳島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1993年04月, 1999年03月

学位

  • 博士(医学)(広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 小児科学

研究キーワード

  • 先天性好中球減少症
  • 原発性免疫不全症

所属学会

  • European Society for Immunodeficiencies
  • 日本小児科学会
  • 日本血液学会
  • 日本小児血液・がん学会
  • 日本造血幹細胞移植学会
  • 日本内分泌学会
  • 日本小児内分泌学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本免疫学会
  • 日本臨床免疫学会
  • 日本マススクリーニング学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 人類遺伝学
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 全身性疾患制御学
  3. 2019年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Germline-Activating RRAS2 Mutations Cause Noonan Syndrome, AMERICAN JOURNAL OF HUMAN GENETICS, 104巻, 6号, pp. 1233-1240, 20190606
  2. Gain-of-Function STAT1 Mutation With Familial Lymphadenopathy and Hodgkin Lymphoma, FRONTIERS IN PEDIATRICS, 7巻, 20190430
  3. Atypical SIFD with novel TRNT1 mutations: a case study on the pathogenesis of B-cell deficiency, INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 109巻, 4号, pp. 382-389, 201904
  4. Mendelian susceptibility to mycobacterial disease: 2014-2018 update, IMMUNOLOGY AND CELL BIOLOGY, 97巻, 4号, pp. 360-367, 201904
  5. Rescue of recurrent deep intronic mutation underlying cell type-dependent quantitative NEMO deficiency, JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION, 129巻, 2号, pp. 583-597, 20190201
  6. Functional Significance of the C324R Mutation Examined Using a Structural Biological Approach Reply, JOURNAL OF RHEUMATOLOGY, 46巻, 6号, pp. 655-656, 2019
  7. Increased Risk for Malignancies in 131 Affected CTLA4 Mutation Carriers, FRONTIERS IN IMMUNOLOGY, 9巻, SEP 10 2018
  8. Flow cytometry-based diagnosis of primary immunodeficiency diseases, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 67巻, 1号, pp. 43-54, JAN 2018
  9. ★, Hematopoietic stem cell transplantation in patients with gain-of-function signal transducer and activator of transcription 1 mutations, JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 141巻, 2号, pp. 704-+, FEB 2018
  10. Incidence and Characteristics of Adrenal Crisis in Children Younger than 7 Years with 21-Hydroxylase Deficiency: A Nationwide Survey in Japan, HORMONE RESEARCH IN PAEDIATRICS, 89巻, 3号, pp. 166-171, FEB 2018
  11. Enhanced AKT Phosphorylation of Circulating B Cells in Patients With Activated PI3Kδ Syndrome., Frontiers in immunology, 9巻, pp. 568, APR 5 2018
  12. Phenotype, penetrance, and treatment of 133 cytotoxic T-lymphocyte antigen 4-insufficient subjects, JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 142巻, 6号, pp. 1932-1946, 201812
  13. Human IFN-gamma immunity to mycobacteria is governed by both IL-12 and IL-23, SCIENCE IMMUNOLOGY, 3巻, 30号, 201812
  14. Gain-of-function IKBKB mutation causes human combined immune deficiency, JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 215巻, 11号, pp. 2715-2724, 201811
  15. Phenotype, penetrance, and treatment of 133 CTLA-4-insufficient individuals., The Journal of allergy and clinical immunology, 2018
  16. ★, Inborn Errors of RNA Lariat Metabolism in Humans with Brainstem Viral Infection, CELL, 172巻, 5号, pp. 952-+, 2018
  17. Characteristic clinical features of adipsic hypernatremia patients with subfornical organ-targeting antibody, CLINICAL PEDIATRIC ENDOCRINOLOGY, 26巻, 4号, pp. 197-205, SEP 2017
  18. Clinical characteristics of septo-optic dysplasia accompanied by congenital central hypothyroidism in Japan, CLINICAL PEDIATRIC ENDOCRINOLOGY, 26巻, 4号, pp. 207-213, SEP 2017
  19. Significant augmentation of regulatory T cell numbers occurs during the early neonatal period, CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY, 190巻, 2号, pp. 268-279, NOV 2017
  20. Anti-human neutrophil antigen-1a,-1b, and-2 antibodies in neonates and children with immune neutropenias analyzed by extracted granulocyte antigen immunofluorescence assay, TRANSFUSION, 57巻, 11号, pp. 2586-2594, NOV 2017
  21. Newborn screening for carnitine palmitoyltransferase II deficiency using (C16+C18:1)/C2: Evaluation of additional indices for adequate sensitivity and lower false-positivity, MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM, 122巻, 3号, pp. 67-75, NOV 2017
  22. Adipsic hypernatremia without hypothalamic lesions accompanied by autoantibodies to subfornical organ, BRAIN PATHOLOGY, 27巻, 3号, pp. 323-331, MAY 2017
  23. A GAIN-OF-FUNCTION MUTATION OF STAT1: A NOVEL GENETIC FACTOR CONTRIBUTING TO CHRONIC MUCOCUTANEOUS CANDIDIASIS, ACTA MICROBIOLOGICA ET IMMUNOLOGICA HUNGARICA, 64巻, 2号, pp. 191-201, JUN 2017
  24. Safety and efficacy of treatment with asfotase alfa in patients with hypophosphatasia: Results from a Japanese clinical trial, CLINICAL ENDOCRINOLOGY, 87巻, 1号, pp. 10-19, JUL 2017
  25. Abnormal hematopoiesis and autoimmunity in human subjects with germline IKZF1 mutations, JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 140巻, 1号, pp. 223-231, JUL 2017
  26. ★, Alanine-scanning mutagenesis of human signal transducer and activator of transcription 1 to estimate loss- or gain-of-function variants, JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 140巻, 1号, pp. 232-241, JUL 2017
  27. A Case with Spondyloenchondrodysplasia Treated with Growth Hormone, FRONTIERS IN ENDOCRINOLOGY, 8巻, JUL 10 2017
  28. Individual Clinically Diagnosed with CHARGE Syndrome but with a Mutation in KMT2D, a Gene Associated with Kabuki Syndrome: A Case Report, FRONTIERS IN GENETICS, 8巻, pp. 210, DEC 11 2017
  29. Molecular mechanism and structural basis of gain-of-function of STAT1 caused by pathogenic R274Q mutation, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 292巻, 15号, pp. 6240-6254, APR 14 2017
  30. Non-androgen secreting adrenocortical carcinoma in preadolescence: a case report and literature review, JOURNAL OF PEDIATRIC ENDOCRINOLOGY & METABOLISM, 29巻, 11号, pp. 1313-1317, NOV 2016
  31. Unique and shared signaling pathways cooperate to regulate the differentiation of human CD4(+) T cells into distinct effector subsets, JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 213巻, 8号, pp. 1589-1608, JUL 25 2016
  32. Extrapulmonary tuberculosis mimicking Mendelian susceptibility to mycobacterial disease in a patient with signal transducer and activator of transcription 1 (STAT1) gain-of-function mutation, JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 137巻, 2号, pp. 619-622, JAN 2016
  33. Screening of MCAD deficiency in Japan: 16 years' experience of enzymatic and genetic evaluation, MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM, 119巻, 4号, pp. 322-328, DEC 2016
  34. Phosphatase and tensin homolog (PTEN) mutation can cause activated phosphatidylinositol 3-kinase delta syndrome-like immunodeficiency, JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 138巻, 6号, pp. 1672-+, DEC 2016
  35. Chronic mucocutaneous candidiasis disease associated with inborn errors of IL-17 immunity, CLINICAL & TRANSLATIONAL IMMUNOLOGY, 5巻, DEC 2016
  36. ★, Genetic, immunological, and clinical features of patients with bacterial and fungal infections due to inherited IL-17RA deficiency, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 113巻, 51号, pp. E8277-E8285, DEC 20 2016
  37. A Patient with CTLA-4 Haploinsufficiency Presenting Gastric Cancer, JOURNAL OF CLINICAL IMMUNOLOGY, 36巻, 1号, pp. 28-32, 2016
  38. Significance of ACADM mutations identified through newborn screening of MCAD deficiency in Japan, MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM, 118巻, 1号, pp. 9-14, 2016
  39. ★, Heterozygous STAT1 gain-of-function mutations underlie an unexpectedly broad clinical phenotype, BLOOD, 127巻, 25号, pp. 3154-3164, 2016
  40. A 2-year-old Japanese girl with TNF receptor-associated periodic syndrome: A case report of the youngest diagnosed proband in Japan., Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association, 26巻, 5号, pp. 798-801, 2016
  41. Monogenic mutations differentially affect the quantity and quality of T follicular helper cells in patients with human primary immunodeficiencies, JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 136巻, 4号, pp. 993-+, OCT 2015
  42. Two Japanese patients with the renal form of pseudohypoaldosteronism type 1 caused by mutations of NR3C2., Clinical pediatric endocrinology : case reports and clinical investigations : official journal of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology, 24巻, 3号, pp. 135-138, JUL 2015
  43. ★, IMMUNODEFICIENCIES Impairment of immunity to Candida and Mycobacterium in humans with bi-allelic RORC mutations, SCIENCE, 349巻, 6248号, pp. 606-613, 2015
  44. ★, Inherited DOCK2 Deficiency in Patients with Early-Onset Invasive Infections, N Engl J Med., 372巻, pp. 2409-2422, 2015
  45. Mosaicism of an ELANE Mutation in an Asymptomatic Mother in a Familial Case of Cyclic Neutropenia, JOURNAL OF CLINICAL IMMUNOLOGY, 35巻, 5号, pp. 512-516, 2015
  46. ★, Life-threatening influenza and impaired interferon amplification in human IRF7 deficiency, SCIENCE, 348巻, 6233号, pp. 448-453, 2015
  47. ★, Human TYK2 deficiency: Mycobacterial and viral infections without hyper-IgE syndrome, J Exp Med., 212巻, pp. 1641-1662
  48. Simple diagnosis of STAT1 gain-of-function alleles in patients with chronic mucocutaneous candidiasis, JOURNAL OF LEUKOCYTE BIOLOGY, 95巻, 4号, pp. 667-676, 2014
  49. Age-Dependent Association between Pulmonary Tuberculosis and Common TOX Variants in the 8q12-13 Linkage Region., Am J Hum Genet., 92巻, pp. 407-14, MAY 2013
  50. Identification of the integrin β3 L718P mutation in a pedigree with autosomal dominant thrombocytopenia with anisocytosis., British journal of haematology, 160巻, 4号, pp. 521-529, FEB 2013
  51. Management of advanced-stage neuroblastoma in a patient with 21-hydroxalase deficiency, PEDIATRICS INTERNATIONAL, 55巻, 4号, pp. E96-E99, AUG 2013
  52. Partial IFN-γR2 deficiency is due to protein misfolding and can be rescued by inhibitors of glycosylation., Blood, 20130801
  53. VLCAD deficiency in a patient who recovered from ventricular fibrillation, but died suddenly of a respiratory syncytial virus infection, PEDIATRICS INTERNATIONAL, 55巻, 6号, pp. 775-778, 2013
  54. Heterozygosity for the Y701C STAT1 mutation in a multiplex kindred with multifocal osteomyelitis, HAEMATOLOGICA, 98巻, 10号, pp. 1641-1649, 2013
  55. Acute severe encephalopathy related to human herpesvirus-6 infection in a patient with carnitine palmitoyltransferase 2 deficiency carrying thermolabile variants, BRAIN & DEVELOPMENT, 35巻, 5号, pp. 449-453, 2013
  56. ★, Mycobacterial Disease and Impaired IFN-γ Immunity in Humans with Inherited ISG15 Deficiency., Science, 337巻, pp. 1684-8, SEP 2012
  57. Inborn errors of human STAT1: allelic heterogeneity governs the diversity of immunological and infectious phenotypes., Curr Opin Immunol., 24巻, pp. 364-78, MAY 2012
  58. Dominant-negative STAT1 SH2 domain mutations in unrelated patients with mendelian susceptibility to mycobacterial disease, HUMAN MUTATION, 33巻, 9号, pp. 1377-1387, 2012
  59. Frequent somatic mosaicism of NEMO in T cells of patients with X-linked anhidrotic ectodermal dysplasia with immunodeficiency, BLOOD, 119巻, 23号, pp. 5458-5466, 2012
  60. DOCK8 deficiency impairs CD8 T cell survival and function in humans and mice., J Exp Med., 208巻, pp. 2305-2320, NOV 2011
  61. Decreased expression in nuclear factor-κB essential modulator due to a novel-site mutation causes X-linked ectordermal dysplasia with immunodeficiency, J Clin Immunol, 31巻, pp. 762-772, JUL 2011
  62. ★, Gain of function of human STAT1 mutations impair IL17 immunity and underlie chronic mucocutaneous candidiasis, J Exp Med., 208巻, pp. 1635-48, JUL 2011
  63. Empty sella/pituitary atrophy and endocrine impairments as a consequence of radiation and chemotherapy in long-term survivors of childhood leukemia, INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 94巻, 4号, pp. 399-402, 2011
  64. Quantification of kappa-deleting recombination excision circles in Guthrie cards for the identification of early B-cell maturation defects, JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 128巻, 1号, pp. 223-U352, 2011
  65. Clinical and Host Genetic Characteristics of Mendelian Susceptibility to Mycobacterial Diseases in Japan, JOURNAL OF CLINICAL IMMUNOLOGY, 31巻, 3号, pp. 309-314, 2011
  66. Disseminated BCG Infection Mimicking Metastatic Nasopharyngeal Carcinoma in an Immunodeficient Child with a Novel Hypomorphic NEMO Mutation, JOURNAL OF CLINICAL IMMUNOLOGY, 31巻, 5号, pp. 802-810, 2011
  67. Decreased Expression in Nuclear Factor-kappa B Essential Modulator Due to a Novel Splice-Site Mutation Causes X-linked Ectodermal Dysplasia with Immunodeficiency, JOURNAL OF CLINICAL IMMUNOLOGY, 31巻, 5号, pp. 762-772, 2011
  68. Clinical characteristics of perinatal lethal hypophosphatasia: a report of 6 cases., Clinical pediatric endocrinology : case reports and clinical investigations : official journal of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology, 19巻, 1号, pp. 7-13, JAN 2010
  69. Molecular pathogenesis of a novel mutation, G108D, in short-chain acyl-CoA dehydrogenase identified in subjects with short-chain acyl-CoA dehydrogenase deficiency, HUMAN GENETICS, 127巻, 6号, pp. 619-628, 2010
  70. Hoxb4 transduction down-regulates Geminin protein, providing hematopoietic stem and progenitor cells with proliferation potential, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 107巻, 50号, pp. 21529-21534, 2010
  71. Cardiac infiltration in early-onset sarcoidosis associated with a novel heterozygous mutation, G481D, in CARD15, RHEUMATOLOGY, 48巻, 6号, pp. 706-707, 2009
  72. ★, Neurodevelopmental abnormalities associated with severe congenital neutropenia due to the R86X mutation in the HAX1 gene., J. Med. Genet., 45巻, 12号, pp. 802-807, DEC 2008
  73. Polycomb-group complex 1 acts as an E3 ubiquitin ligase for Geminin to sustain hematopoietic stem cell activity, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 105巻, 30号, pp. 10396-10401, 2008
  74. Development of a New Enzymatic Diagnosis Method for Very-long-chain Acyl-CoA Dehydrogenase Deficiency by Detecting 2-Hexadecenoyl-CoA Production and its Application in Tandem Mass Spectrometry-based Selective Screening and Newborn Screening in Japan, PEDIATRIC RESEARCH, 64巻, 6号, pp. 667-672, 2008
  75. Steroid-dependent ACTH-produced thymic carcinoid: Regulation of POMC gene expression by cortisol via methylation of its promoter region, HORMONE RESEARCH, 67巻, 5号, pp. 257-262, 2007
  76. A novel mutation (Gln433Glu) in exon 12 combined with the G insertion in exon 13 causes severe factor XI deficiency in Japanese patients, BLOOD COAGULATION & FIBRINOLYSIS, 18巻, 5号, pp. 519-523, 2007
  77. ★, The novel IFNGR1 mutation 774del4 produces a truncated form of interferon-gamma receptor 1 and has a dominant-negative effect on interferon-gamma signal transduction, JOURNAL OF MEDICAL GENETICS, 44巻, 8号, pp. 485-491, 2007
  78. A comparison of the defective granulopoiesis in childhood cyclic neutropenia and in severe congenital neutropenia., Haematologica, 90巻, 8号, pp. 1032-1041, 2005

著書等出版物

  1. 2018年11月, 小児疾患の診断治療基準 (第2部), 慢性皮膚粘膜カンジダ症, 小児内科, 2018年, 11, 岡田 賢
  2. 2018年11月, 小児疾患の診断治療基準 (第2部), メンデル遺伝型マイコバクテリア易感染症, 小児内科, 2018年, 11, 浅野孝基, 岡田 賢
  3. 2018年09月, 内分泌症候群(第3版)Iーその他の内分泌疾患を含めて-, 伴性遺伝性低ガンマグロブリン血症を伴うGH単独欠損症, 日本臨床社, 2018年, 09, 岡田 賢
  4. 2018年07月, 小児科学会雑誌, コルチコステロイド減量により奇異性反応を繰り返した重症結核性髄膜炎・脳結核腫, 小児科学会, 2018年, 07, 共著, Japanese, 野間康輔, 土居岳彦, 古森遼太, 江口勇太, 小野大地, 松村梨紗, 望月慎史, 岡田 賢, 小林正夫
  5. 2017年06月, 炎症と免疫, 臓器特異的免疫疾患を呈する免疫異常症 甲状腺炎、糖尿病、炎症性腸疾患、多発性硬化症, 先端医学社, 2017年, 06, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 早川誠一, 岡田 賢
  6. 2017年05月, 日本マス・スクリーニング学会誌, 先天性中枢性甲状腺機能低下症の診療状況の全国調査, 2017年, 05, 長崎啓祐;窪田拓生;小林弘典;沼倉周彦;原田正平;高澤 啓;南谷幹史;石井智弘, 岡田 賢;鎌崎穂高;杉原茂孝;安達昌功;田島敏広
  7. 2017年04月, 原発性免疫不全症症候群 診療の手引き, 慢性皮膚粘膜カンジダ症(CMCD), 診断と治療社, 2017年, 04, 単著, 岡田 賢
  8. 2017年04月, 原発性免疫不全症症候群 診療の手引き, メンデル遺伝型マイコバクテリア易感染症(MSMD), 診断と治療社, 2017年, 04, 岡田 賢
  9. 2017年04月, 日本臨床免疫学会会誌, 慢性皮膚粘膜カンジダ症, 2017年, 04, 岡田 賢
  10. 2017年02月, 臨床免疫・アレルギー科, RORγT機能欠損による原発性免疫不全症, 科学評論社, 2017年, 02, 岡田 賢;津村 弥来;小林 正夫
  11. 2016年08月, 小児内分泌学 改訂第2版, 偽性アルドステロン症, 診断と治療社, 2016年, 08, 岡田 賢
  12. 2016年03月, 免疫症候群III, ACT1異常症, 日本臨床, 2016年, 03, 坂田園子;岡田 賢
  13. 2016年03月, 免疫症候群III, CARD9欠損症, 日本臨床, 2016年, 03, 早川誠一;岡田 賢
  14. 2016年03月, 免疫症候群III, IL-17RA欠損症, 日本臨床, 2016年, 03, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 浅野孝基;岡田 賢
  15. 2016年03月, 免疫症候群III, IL-17F異常症, 日本臨床, 2016年, 03, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 香川礼子;岡田 賢
  16. 2016年03月, 免疫症候群III, STAT1 gain-of-function mutation, 日本臨床, 2016年, 03, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 岡田 賢
  17. 2015年11月, 小児疾患診療のための病態生理2 改訂第5版, 慢性皮膚粘膜カンジダ症, 2015年, 11, 共著, 岡田 賢, 小林正夫, 750-754
  18. 2015年11月, 小児疾患診療のための病態生理2 改訂第5版, MSMD, 2015年, 11, 単行本(学術書), 共著, 岡田 賢, 小林正夫, 761-765
  19. 2015年11月, 小児疾患診療のための病態生理2 改訂第5版, 好中球減少症および白血球接着異常症, 2015年, 11, 単行本(学術書), 共著, 溝口洋子, 小林正夫, 岡田 賢, 736-45
  20. 2015年09月, アレルギー・免疫 / 医薬ジャーナル社 [編], 成人領域における免疫不全症, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 齋藤聡志, 岡田 賢, 9
  21. 2015年08月, アレルギー・免疫, 成人領域における免疫不全症, 2015年, 08, 単行本(学術書), 共著, 齋藤聡志, 岡田 賢, 1260-68
  22. 2015年06月, 日本マス・スクリーニング学会誌, タンデムマス新生児スクリーニングin広島 自治体事業化後の現状, 2015年, 06, 単行本(学術書), 共著, 但馬 剛, 津村 弥来, 香川 礼子, 岡田 賢, 原 圭一, 松本 裕子, 枡田 紗季, 森岡 千代美, 吉井 千代子, 佐倉 伸夫, 畑 郁江, 重松 陽介, 75-82
  23. 2015年03月, 日本産婦人科・新生児血液学会雑誌, 新生児期の好中球減少症, 2015年, 03, 単行本(学術書), 共著, 岡田 賢, 中村和洋, 小林正夫, 3-7
  24. 2014年12月, 特殊ミルク情報(先天性代謝異常症の治療), 【極長鎖脂肪酸アシルCoA脱水素酵素欠損症(VLCAD欠損症)】 VLCAD欠損症の確定検査, 2014年, 12, 単行本(学術書), 共著, 但馬 剛, 津村 弥来, 香川 礼子, 岡田 賢, 原 圭一, 佐倉 伸夫, 11-13
  25. 2014年12月, 日本マス・スクリーニング学会誌, CPT II欠損症の新生児スクリーニング 見逃し例経験後の指標変更の影響, 2014年, 12, 単行本(学術書), 共著, 原 圭一, 但馬 剛, 小野 浩明, 津村 弥来, 岡田 賢, 佐倉 伸夫, 畑 郁江, 重松 陽介, 261-266
  26. 2014年10月, 小児内科, 真菌感染症と免疫不全症, 2014年, 10, 単行本(学術書), 単著, 岡田 賢, 1499-504
  27. 2014年09月, 血液内科, IL-21 シグナルはナイーブB細胞をIL-2 感受性にして形質細胞に分化させる, 2014年, 09, 単行本(学術書), 共著, 岡田 賢, 小林正夫, 405-409
  28. 2014年09月, IL-21シグナルはナイーブB細胞をIL-2感受性にして形質細胞に分化させる, 血液内科 / 血液内科編集委員会 編, 岡田 賢;小林 正夫
  29. 2014年04月, 当直医のための小児救急ポケットマニュアル, 免疫不全者への対応, 2014年, 04, 単行本(学術書), 共著, 岡田 賢, 小林正夫, 226-231
  30. 2014年04月, 小児内科, タンデムマス新生児スクリーニングin広島 自治体事業化後の現状, 2014年, 04, 単行本(学術書), 共著, 但馬 剛, 津村 弥来, 香川 礼子, 原 圭一, 岡田 賢, 佐倉 伸夫, 515-518
  31. 2013年12月, 小児血液・腫瘍疾患治療後に発生した二次性甲状腺腫瘍5症例のまとめ, ホルモンと臨床, 香川 礼子;岡田 賢;坂田 園子 他;坂田 園子
  32. 2011年, 常染色体優性遺伝を呈する慢性皮膚粘膜カンジダ症の責任遺伝子の発見 ~STAT1機能獲得性変異による慢性皮膚粘膜カンジダ症~, 日本臨床免疫学会総会抄録集, 岡田 賢;小林 正夫;Liu Luyan;Kong Xiao-Fei;Kreins Alexandra;Cypowyj Sophie;Abel Laurent;Picard Capucine;Boisson-Dupuis Stephanie;Puel Anne;Casanova Jean-Laurent
  33. 2010年12月, 21水酸化酵素欠損症における遺伝子型と臨床症状・所見に関する検討, ホルモンと臨床, 宇都宮 朱里;岡田 賢;原 圭一 他;原 圭一
  34. 2010年07月, 先天性好中球減少症と血液腫瘍, 臨床血液, 岡田 賢;中村 和洋;小林 正夫
  35. 2010年04月, 原発性免疫不全症, 小児科臨床, 岡田 賢;小林 正夫
  36. 2010年02月, 先天性好中球減少症発症機構解明の進展, 血液・腫瘍科 / 血液・腫瘍科編集委員会 編, 溝口 洋子;岡田 賢;小林 正夫
  37. 2010年01月, Annual Review 血液 2010, 中外医学社, 2010年, 01, 共編著
  38. 2010年, 先天性好中球減少症と血液腫瘍, 臨床血液, 岡田 賢;中村 和洋;小林 正夫
  39. 2009年12月, 小児急性白血病長期生存者28例の内分泌学的検討--白血病治療内容と内分泌合併症の相関, ホルモンと臨床, 宇都宮 朱里;西 美和;岡田 賢 他;岡田 賢
  40. 2009年12月, 小児期発症脳腫瘍患者における成長ホルモン治療, ホルモンと臨床, 宮河 真一郎;岡田 賢;原 圭一 他;原 圭一
  41. 2009年06月, 先天性好中球減少症, 小児科, 岡田 賢;石川 暢恒;小林 正夫
  42. 2009年05月, 先天性好中球減少症, 臨床検査, 岡田 賢;小林 正夫
  43. 2009年04月, 新規ETĒE1遺伝子変異を認めたエチルマロン酸脳症の1例, 日本小児科学会雑誌 / 日本小児科学会 [編], 大坪 善数;白尾 謙一郎;岡田 賢 他;岡田 賢
  44. 2008年12月, 小児急性白血病長期生存者における内分泌学的検討--小児期にGH治療を行った20例の検討, ホルモンと臨床, 岡田 賢;西 美和;中村 朱里 他;中村 朱里
  45. 2008年12月, 非結核性抗酸菌による多発性骨髄炎を呈したインターフェロンγ受容体1異常症の2例, 日本小児科学会雑誌 / 日本小児科学会 [編], 岡田 賢;末永 麻由美;川口 浩史 他;川口 浩史
  46. 2008年10月, 好中球異常症, アレルギー・免疫 / 医薬ジャーナル社 [編], 小林 正夫;世羅 康彦;岡田 賢
  47. 2008年09月, 好中球異常による先天性免疫不全症, 小児科臨床, 岡田 賢;津村 弥来;小林 正夫
  48. 2008年01月, Annual Review 血液 2008, 中外医学社, 2008年, 01, 共著, 272
  49. 2007年12月, Annual Review 血液 2008III.白血球系 1.先天性好中球減少症の病因 pp.94-100, 中外医学社, 2007年, 12, 共編著, 9784498125421, 272
  50. 2007年06月, IgA単独欠損症とTACI, 臨床免疫・アレルギー科 / 臨床免疫・アレルギー科編集委員会 編, 岡田 賢;小林 正夫
  51. 2003年09月, 症例報告 腸間膜リンパ節生検を経て診断に至った乳児HIV感染症の1症例, 小児科診療 / 診断と治療社 [編], 山崎 あい子;岡田 賢;藤田 直人 他;藤田 直人
  52. 2002年12月, 症例 予防接種後に発症したインフルエンザ脳炎の1例, 小児科, 岡田 賢;玉上 千鶴;阿部 祥子 他;阿部 祥子
  53. 2002年08月, 症例報告 SHOX欠失を認めた低身長の2女児例, 小児科診療 / 診断と治療社 [編], 岡田 賢;山崎 あい子;藤田 直人
  54. 2002年07月, メチルプレドニゾロン大量療法が著効を示した3炎症性疾患について, 小児科臨床, 山崎 あい子;岡田 賢;藤田 直人 他;藤田 直人
  55. 2002年05月, 再生不良性貧血に合併した副鼻腔ムコール症の1例, 小児科臨床, 岡田 賢;浜本 和子;山崎 あい子 他;山崎 あい子
  56. 2001年11月, 乳児アデノウイルス3型重症呼吸器感染症の1例, 小児科臨床, 藤原 満美;岡田 賢;藤田 直人 他;藤田 直人
  57. 2000年, 広島県で発生したボツリヌス毒素遺伝子A・B型保有株による乳児ボツリヌス症, 日本食品微生物学会雑誌, 竹田 義弘;東久保 靖;井上 佳織;小川 博美;岡田 賢;佐藤 貴

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 当院で経験した完全型アンドロゲン受容体異常症の5例, 岡田 賢, 坂田園子, 香川礼子, 宇都宮朱里, 兵頭麻希, 神野和彦, 小林正夫, 第92回 日本内分泌学会学術総会, 2019年05月11日, 通常, 日本語
  2. ELANE変異アレル破壊による遺伝子治療の検討, 岡田 賢, 第122回 日本小児科学会学術集会, 2019年04月20日, 招待, 日本語
  3. 原発性免疫不全症患者の分子学的診断, 岡田 賢, 第2回日本免疫不全・自己炎症学会総会, 2019年02月02日, 招待, 日本語, 東京
  4. MSMD update, 岡田 賢, 第60回 日本小児血液・がん学会, 2018年11月15日, 招待, 日本語
  5. 未来を担う若手への『研究』のススメ, 岡田 賢, 第46回 日本臨床免疫学会総会, 2018年11月10日, 招待, 日本語
  6. HSCT in Patients with STAT1 Gain-of-function Mutation, Satoshi Okada, 2018 the Korean Society of Pediatric Hematology-Oncology Autumn Meeting, 2018年10月19日, 招待, 英語
  7. STAT1機能獲得型変異による原発性免疫不全症患者に対する造血幹細胞移植の有効性と問題点の検討, 岡田 賢, Jennifer W. Leiding, Troy R. Torgerson, 今井耕輔, 井口晶裕, 有賀 正, 森尾友宏, 小林正夫, 第40回 日本造血細胞移植学会総会, 2018年02月02日, 通常, 日本語
  8. STAT1機能獲得型変異による原発性免疫不全症, 岡田 賢, 第1回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会, 2018年01月20日, 招待, 日本語
  9. Asfotase Alfa投与によりミオパチー症状の軽快を得た成人型低ホスファターゼ症, 岡田 賢, 坂田園子, 香川礼子, 宇都宮朱里, 立川 加奈子, 北岡太一, 道上敏美, 大薗恵一, 小林正夫, 第90回 日本内分泌学会学術集会, 2017年04月22日, 通常, 日本語, 京都
  10. Primary immunodeficiency associate with functional defect of RORγT, Satoshi Okada, Janet Markle, Anne Puel, Masao Kobayashi, Jean-Laurent Casanova, The 39th Annual Meeting of the Molecular Biology, 2016年12月01日, 招待, 英語, Yokohama
  11. International survey of clinical manifestations of patients with STAT1 gain-of-function mutations, 岡田賢, 津村弥来, 西村志帆, 坂田園子, 香川礼子, Julie Toubiana, Anne Puel, Jean-Laurent Casanova, 小林正夫, 第78回 日本血液学会, 2016年10月13日, 通常, 日本語, 横浜
  12. Primary immunodeficiencies associated with germline STAT1 mutations, Satoshi Okada, Wright-Fleming Institute Infection and Immunity Seminar, 2016年09月27日, 招待, 英語, Imperial University, London
  13. Alanine-scanning mutagenesis of human STAT1 to estimate the loss- or gain-of-function nature of variants, Satoshi Okada, Ryoji Fujiki, Reiko Kagawa, Miyuki Tsumura, Xiaofei Kong, Sonoko Sakata, Shiho Nishimura, Zenichiro Kato, Hidenori Ohnishi, Yuval Itan, Stéphanie Boisson-Dupuis, Jacinta Bustamante, Jean-Laurent Casanova, Osamu Ohara, and Masao Kobayashi, 17th Biennial Meeting of the European Sciety for immunodeficiencies, 2016年09月22日, 通常, 英語, バルセロナ
  14. STAT1機能獲得型変異を有する原発性免疫不全症患者の臨床症状の国際調査, 岡田 賢, 津村弥来, 西村志帆, 坂田園子, Julie Toubiana, Anne Puel, Jean-Laurent Casanova, 小林正夫, 第44回 日本臨床免疫学会, 2016年09月09日, 通常, 日本語, 東京
  15. Loss-of-function and dominant negative STAT1 coiled-coil domain mutations in MSMD, Satoshi Okada, Reiko Kagawa, Ryoji Fujiki, Zenichiro Kato, Hidenori Ohnishi, Stéphanie Boisson-Dupuis, Jacinta Bustamante, Jean-Laurent Casanova, Osamu Ohara, and Masao Kobayashi, Congress of Asia Pacific Society for Immunodeficiencies, 2016年04月30日, 通常, 英語, Hong Kong, 20160430
  16. Impairment of IL-17 Immunity to Candida and IFN-γ Immunity to Mycobacterium in Humans with Bi-Allelic RORC mutations, Satoshi Okada, Janet Markle, Masao Kobayashi, Jacinta Bustamante and Jean-Laurent Casanova, The 57th ASH Annual Meeting, 2015年12月06日, 通常, 英語
  17. Impairment of IL-17 immunity to Candida and IFN-γ immunity to Mycobacterium in humans with inherited RORγT deficiency, Satoshi Okada, Janet Markle, Anne Puel, Jacinta Bustamante, Masao Kobayashi, and Jean-Laurent Casanova, The 44th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology, 2015年11月18日, 通常, 英語
  18. RORγT 異常による原発性免疫不全症, 岡田 賢, 小林正夫, 日本人類遺伝学会 第60回大会, 2015年10月15日, 通常, 日本語
  19. 慢性皮膚粘膜カンジダ症 ~IL-17異常を分子基盤とした原発性免疫不全症~, 岡田 賢, 第25回 日本小児リウマチ学会 総会・学術集会, 2015年10月09日, 招待, 日本語
  20. Chronic Mucocutaneous Candidiasis, Satoshi Okada, Pediatric Academic Societies annual meeting 2015, 2015年04月26日, 招待, 英語
  21. STAT1異常による原発性免疫不全症, 岡田 賢, 第116回 日本小児科学会, 2013年04月21日, 招待, 日本語
  22. STAT1機能獲得性変異による慢性皮膚粘膜カンジダ症, 岡田 賢, 小林正夫, 森尾友宏, Julie Toubiana, Xiao-Fei Kong, Sophie Cypowyj, Laurent Abel, Capucine Picard, Stéphanie Boisson-Dupuis, Anne Puel, Jean-Laurent Casanova, The 6th Meeting of the Japanese Society for Immunodeficiencies, 2013年01月26日, 通常, 日本語
  23. Gain-of-function mutations in STAT1 underlie autosomal dominant chronic mucocutaneous candidiasis, Satoshi Okada, Xiao-Fei Kong, Sophie Cypowyj, Alexandra Y. Kreins, Luyan Liu, Laurent Abel, Capucine Picard, Stéphanie Boisson-Dupuis, Anne Puel and Jean-Laurent Casanova, 15th Biennial Meeting (ESID 2012), 2012年10月04日, 通常, 英語
  24. 自然免疫の障害による免疫不全症 ~STAT1 機能異常により引き起こされる多種の免疫不全症~, 岡田 賢, 第3回 関東甲越免疫不全症研究会, 2012年09月22日, 招待, 日本語
  25. Gain-of-function mutation in STAT1 causes chronic mucocutaneous candidiasis (CMC), Satoshi Okada, Masao Kobayashi, Luyan Liu, Xiao-Fei Kong, Alexandra Y. Kreins, Sophie Cypowyj, Laurent Abel, Capucine Picard, Stéphanie Boisson-Dupuis, Anne Puel, Jean-Laurent Casanova, The 5th Meeting of the Japanese Society for Immunodeficiencies, 2012年01月21日, 通常, 英語
  26. 常染色体優性遺伝を呈する慢性皮膚粘膜カンジダ症の責任遺伝子の発見 ~STAT1機能獲得性変異による慢性皮膚粘膜カンジダ症~, 岡田 賢, 小林正夫, Luyan Liu, Xiao-Fei Kong, Alexandra Y. Kreins, Sophie Cypowyj, Laurent Abel, Capucine Picard, Stéphanie Boisson-Dupuis, Anne Puel, Jean-Laurent Casanova, 第39回日本臨床免疫学会総会, 2011年09月17日, 通常, 日本語
  27. Novel Dominant Negative Defects Affecting STAT1-SH2 Domain Predispose to Mycobacterial Diseases, Satoshi Okada, Miyuki Tsumura, Hidemasa Sakai, Ryuta Nishikomori, Toshio Heike, Tatsutoshi Nakahata, Shin’ichiro Yasunaga, Xiaofei Kong, Avinash Abhyankar, Stéphanie Boisson-Dupuis, Jean-Laurent Casanova, Yoshihiro Takihara, and Masao Kobayashi, 2011 PAS/ASPR Joint Meeting, 2011年04月30日, 通常, 英語, Denver
  28. Novel Dominant Negative Defects Affecting STAT1-SH2 Domain Predispose to Mycobacterial Diseases, 岡田 賢, 2010 PAS/ASPR Joint Meeting, 2011年04月30日, 通常, 英語
  29. A novel heterozygous mutation, K673R, in SH2 domain of STAT identified in a patient with MSMD., Satoshi Okada, Miyuki Tsumura, Hidemasa Sakai, Ryuta Nishikomori, Shin’ichiro Yasunaga, Motoaki Ohtsubo, Takuji Murata, Hideto Obata, Takahiro Yasumi, Toshio Heike, Tatsutoshi Nakahata, Yoshihiro Takihara, Jean-Laurent Casanova and Masao Kobayashi, First North American Primary Immune Deficiency National Conference, 2010年05月21日, 通常, 英語, Philadelphia
  30. Congenital Neutropenia in Japan, 岡田 賢, The 2nd Symposium for PID in Asia, 2010年02月, 招待, 日本語
  31. 先天性好中球減少症と血液腫瘍, 岡田 賢, 第71回 日本血液学会, 2009年10月, 招待, 日本語
  32. Severe Congenital Neutropenia, 岡田 賢, 第16回小児再生不良性貧血治療研究会, 第14回小児MDS治療研究会, 2009年05月, 招待, 日本語
  33. Novel Heterozygous Mutation 572insA in TACI Identified in a Patient with Selective, 岡田 賢, 50th ASH annual meeting, 2009年, 通常, 日本語
  34. 重症先天性好中球減少症, 周期性好中球減少症におけるELA2解析, 岡田 賢, 第71回 日本血液学会, 2009年, 通常, 日本語
  35. TACIに異常を認めたIgA低下症 ~ヘテロ接合性の新規遺伝子変異572insAの分子生物学的解析~, 岡田 賢, 第112回日本小児科学会学術集会, 2009年, 通常, 日本語
  36. 周産期致死型・乳児型低ホスファターゼ症5例のまとめ, 岡田 賢, 第42回日本小児内分泌学会, 2008年, 通常, 日本語
  37. Association of neurodevelopmental abnormalities is a common clinical character in Japanese patients with severe congenital neutropenia due to HAX1 deficiency., 岡田 賢, 49th ASH annual meeting, 2008年, 通常, 日本語
  38. 重症先天性好中球減少症の遺伝子解析, 岡田 賢, 第70回日本血液学会, 第50回日本臨床血液学会, 2008年, 通常, 日本語
  39. A novel mutation 774del4 in IFNGR1, which produces truncated form of Interferon g receptor 1, causes a dominant-negative effect on Interferon g signal transduction., 岡田 賢, 48th ASH annual meeting, 2007年, 通常, 日本語
  40. 新規遺伝子変異を認めたIFN-γ receptor 1異常症の解析, 岡田 賢, 第110回日本小児科学会学術集会, 2007年, 通常, 日本語
  41. 小児血液腫瘍CCSにおける内分泌学的検討 ~小児期にGH治療を行った19例の検討~, 岡田 賢, 第41回日本小児内分泌学会, 2007年, 通常, 日本語
  42. TACIに異常を認めたIgA欠損症, 岡田 賢, 第68回日本血液学会, 第48回日本臨床血液学会, 2006年, 通常, 日本語
  43. 非定型抗酸菌による多発性骨随炎を呈したIFN-γレセプター1異常症, 岡田 賢, 第67回日本血液学会, 第47回日本臨床血液学会, 2005年, 通常, 日本語
  44. 広島県における遺伝子異常による先天性甲状腺機能低下症, 岡田 賢, 第39回日本小児内分泌学会, 2005年, 通常, 日本語

受賞

  1. 2017年, 平成28年度 小児医学研究助成金, 公益財団法人 小児医学研究振興財団, ELANE変異アレル破壊による遺伝子治療の検討
  2. 2017年09月29日, 日本小児内分泌学会未来開拓研究助成, 日本小児内分泌学会, STAT1機能獲得型変異が自己免疫性の内分泌障害を引き起こす分子病態の解明
  3. 2014年, ノボ・ノルディスク成長発達研究賞 2014, ノボ・ノルディスクファーマ, STAT1機能獲得性変異を有する慢性皮膚粘カンジダ症患者に合併する内分泌学的異常の解析
  4. 2018年, Phoenix Outstanding Researcher Award, 広島大学, Phoenix Outstanding Researcher Award

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 臨床ゲノム情報統合データベース整備事業(AMED), 真に個別患者の診療に役立ち領域横断的に高い拡張性を有する変異・多型情報データベースの創成, 2018年, 2020年
  2. 平成28年度 小児医学研究助成金, ELANE変異アレル破壊による遺伝子治療の検討, 2017年, 2018年
  3. 難治性疾患実用化研究事業(AMED) 希少難治性疾患の克服に結びつく独創的な病態解明研究, 疾患iPS細胞を用いた免疫不全診断困難例の病因探索, 2017年, 2020年
  4. 難治性疾患実用化研究事業(AMED) 希少難治性疾患の克服に結びつく独創的な病態解明研究, ゲノム編集によるアレルラベリングを利用した重症先天性好中球減少症の病態解明, 2017年, 2020年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), Stat1機能獲得型変異ノックインマウスを用いた感染症発症の分子病態解析, 2017年, 2020年
  6. 難治性疾患実用化研究事業(AMED) 希少難治性疾患・未診断疾患領域における革新的開発候補物の非臨床*POC確立を目指す研究, 稀少免疫疾患に対する新規高精度ゲノム編集手法を用いた治療技術開発に関する研究, 2017年, 2020年
  7. 平成29年度研究助成審査, ノックインマウスを用いたSTAT1機能獲得型変異による原発性免不全症の病態解明と治療法の開発, 2017年, 2018年
  8. 難治性疾患実用化研究事業(AMED) 病態解明治療研究分野 希少難治性疾患の克服に結びつく病態解明研究, 原発性免疫不全症の診断困難例に対する新規責任遺伝子の同定と病態解析, 2016年, 2019年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 包括的アプローチによる慢性皮膚粘膜カンジダ症の分子病態の解明と治療標的の探索, 2016年, 2019年
  10. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), RORγT欠損症患者における播種性BCG感染症の発症機序の解明と治療法の開発, 2016年, 2018年
  11. 小児医学研究助成, APDS(activated PI3Kδ syndrome)の迅速診断の確立と病態解明, 2015年, 2016年
  12. 黒住研究助成, 顆粒球抽出抗原を利用した新規抗ヒト好中球抗体測定法の開発, 2014年, 2015年
  13. グラクソ・スミスクライン研究助成, 人工ヌクレアーゼによる慢性皮膚粘膜カンジダ症由来ヒトiPS細胞の遺伝子修復に関する研究, 2014年, 2015年
  14. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 慢性皮膚粘膜カンジダ症の疾患モデルマウスの作成と治療法の確立, 2013年, 2015年
  15. 科学研究費助成事業(若手研究(A)), 慢性皮膚粘膜カンジダ症の新規責任遺伝子の同定とSTAT1異常に伴う分子病態の解析, 2013年, 2016年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 人工ヌクレアーゼによる食細胞異常症由来ヒトiPS細胞の遺伝子修復に関する研究, 2013年, 2016年
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 高ロイシン血症例における分枝鎖αケト酸脱水素酵素のチアミン反応性に関する研究, 2010年, 2012年
  18. 先天性好中球減少症の効果的診断方法の確立と治療ガイドライン作成に関する研究, 2010年
  19. 財団法人母子健康協会 小児医学研究助成, 常染色体優性遺伝を呈するSTAT1部分欠損症の分子生物学的解析, 2009年
  20. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 疾患モデルマウスを用いた原発性免疫不全症の解析, 2008年, 2010年

社会活動

委員会等委員歴

  1. Membership Committee, 2018年06月, Clinical Immunology Society
  2. CCS委員会, 2018年04月, 小児内分泌学会
  3. 評議員, 2018年01月01日, 日本臨床免疫学会
  4. Associate Editor, 2017年07月, Frontier in Immunology
  5. MWSチューター, 2016年04月, 日本臨床免疫学会
  6. 評議員, 2015年10月, 日本血液学会
  7. 代議員, 2015年10月, 日本小児科学会
  8. 評議員, 2014年04月, 日本小児内分泌学会
  9. 評議員, 2014年04月01日, 日本内分泌学会