杉木 恒彦TSUNEHIKO SUGIKI

Last Updated :2017/11/18

所属・職名
大学院総合科学研究科 社会文明研究講座 准教授
ホームページ
メールアドレス
sugiki(please type )hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
南アジアの仏教とヒンドゥー教(主専門は密教)、宗教学の諸理論、比較宗教の研究・教育に従事しています。

基本情報

主な職歴

  • 2003年01月, 2007年02月, 東京大学, 特任研究員
  • 2007年04月, 2010年03月, 早稲田大学, 助教, 2009年から准教授
  • 2011年04月, 2015年03月, 日本橋学館大学, 専任講師, 2013年から教授
  • 2015年04月, 2016年03月, 開智国際大学, 教授
  • 2016年04月01日, 広島大学, 大学院総合科学研究科, 准教授

学歴

  • 東京大学
  • 東京大学大学院

学位

  • 修士(文学) (東京大学)
  • 博士(文学) (東京大学)

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, 1ターム, 宗教学A
  2. 2017年, 教養教育, 2ターム, 暴力の比較宗教学
  3. 2017年, 教養教育, 2ターム, インドのヒンドゥー教と仏教[P4B,PN3]
  4. 2017年, 学部専門, 3ターム, 比較文明論
  5. 2017年, 学部専門, 4ターム, 比較文明論演習
  6. 2017年, 学部専門, 3ターム, Hinduism and Buddhism in South Asia
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合科学演習
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 総合科学演習
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 文明共存論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Five Types of Internal Mandala Described in the Cakrasamvara Buddhist Literature: Somatic Representations of One's Innate Sacredness., 東洋文化研究所紀要, 144, pp. 157-231, 2003
  2. Cycle of Time, Calendars and Fortune-tellings in the Catuspitha and the Cakrasamvara Buddhist Literatures., 東洋文化研究所紀要, 146, pp. 159-229, 2005
  3. ヒンドゥー教徒たちの魂の送りと性的マイノリティーたちの文化運動, 死生学研究, 7, pp. 505-523, 2006
  4. Signes pr'ecurseurs de mort, esquive de mort et yoga de mort: Une sc`ene de mort du haut Moyen ^Age en Inde., Bulletin of Death and Life Studies, 3, pp. 42-51, 2007
  5. The Homa System of the Vajradakatantra: A Critical Edition and a Preliminary Analysis of its Homa System., Tantric Studies, 1, pp. 131-154, 2008
  6. Book Review Article: David B. Gray, The Cakrasamvara Tantra (The Discourse of Sri Heruka): A Study and Annotated Translation., Journal of International Association of Buddhist Studies, 31, pp. 505-541, 2010
  7. The Consumption of Food as a Practice of Fire-oblation in Esoteric Buddhism in Medieval South Asia., International Journal of South Asian Studies, 3, pp. 53-79, 2010
  8. Kambala's Sadhananidhi - Critical Editions of the Sanskrit and Tibetan Texts of Chapters from 4 to 7., 開智国際大学紀要, 15, pp. 19-44, 201603
  9. Examples of the Subtle Yoga in the Vajradakatantra - Critical Editions of the Vajradakatantra Chapters 11 and 15., 早稲田大学高等研究所紀要, 8, pp. 39-64, 201603
  10. Perfect Realization (Sadhana) of Vajradaka and His Four Magical Females - Critical Editions of the Sanskrit Vajradakamahatantra Chapters 12 and 13., 早稲田大学高等研究所紀要, 9, pp. 5-31, 201703
  11. 世間的な神々の曼荼羅と成就法ーー『ヴァジュラダーカ・タントラ』第十九章試訳ーー, 智山学報, 66 (80), pp. 47-64, 201703

著書等出版物

  1. System and Historical Development of Secret Signs as Communication Media., (智山勧学会編)『遠藤祐純先生・吉田宏晢先生古稀記念 慈悲と智慧の世界』, pp. 207-234, 青史出版, 2005年
  2. 聖地と身体の宗教性, (松長有慶編)『インド後期密教』下, pp. 91-114, 春秋社, 2006年
  3. 『世界の宗教を学ぶ――その発生から近代まで――』, 角川学芸, 2007年
  4. 『サンヴァラ系密教の諸相――行者・聖地・身体・時間・死生――』, 東信堂, 2007年
  5. The Structure and Traditions of the Systems of Holy Sites in Buddhist Samvara Cycle and its Related Scriptural Cycles in Early Medieval South Asia: The Geography of Esoteric Buddhism in the Eyes of the Compilers of Scriptures., In (Shingo Einoo ed.) Genesis and Development of Tantrism., pp. 515-562, Institute of Oriental Culture, University of Tokyo, 2009年
  6. ネパールのヒンドゥー神、理想の死の場、養護老人ホーム, (渡邊直樹編)『宗教と現代がわかる本2009』, pp. 120-123, 平凡社, 2009年
  7. インド亜大陸聖地曼荼羅の縁起――ナーローパ作『吉祥なるチャクラサンヴァラの化現』と『二十四地の由来説話』――, (藤巻和宏編)『聖地と聖人の東西――起源はいかに語られるか――』, pp. 58-83, 勉誠出版, 2011年
  8. インド密教における灌頂の展開, (森雅秀編)『アジアの灌頂儀礼――その成立と伝播――』, pp. 58-82, 法蔵館, 2014年
  9. 宗教史研究の近代性――欧米におけるキリスト教と近代化をめぐる宗教社会学理論から――., (井田太郎・藤巻和宏編)『近代学問の起源と編成』, pp. 222-244, 勉誠出版, 2014年
  10. Samvara., In (Jonathan A. Silk ed.) Brill's Encyclopedia of Buddhism, Vol. 1, pp. 360-366, Brill, 2015年
  11. Oblation, Non-conception, and Body: Systems of Psychosomatic Fire Oblation in Esoteric Buddhism in Medieval South Asia., In (Richard K. Payne & Michael Witzel ed.) Homa Variations: The Study of Ritual Change across the Longue dur'ee., pp. 167-213, Oxford University Press, 2016年, 1
  12. A Mandala and Sadhana Practices of Mundane Deities in the Vajradakatantra - A Critical Edition of the Vajradakatantra Chapter 19., (智山勧学会編)『小峰彌彦先生・小山典勇先生古希記念 転法輪の歩み』(『智山学報』65)., pp. 283-342, 青史出版, 2016年, 3
  13. 『霊と交流する人びと――媒介者の宗教史――』〔上〕, LITHON, 2017年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 日本語, 杉木恒彦・髙井啓介

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Theories of Pilgrimage in Esoteric Buddhism in South Asia., International Association for the History of Religion 2005. Takanawa Prince Hotel (Shinagawa, Tokyo, Japan), March 23-30, 2005年, 通常, 英語
  2. Theories on the Cycle of Time, Calendar, and Fortunetelling Introduced in the Tantric Buddhism in the Classic Indian Context., International workshop on Tantrism 2005. Institute of Oriental Culture, University of Tokyo (Bunkyo, Tokyo, Japan), October 3-5, 2005年, 招待, 英語
  3. 死兆、死の欺き、死のヨーガ: 初期中世期インドの死の現場の一例., 国際研究会議「死とその向こう側」. 東京大学(文京区, 東京), 2月18日-19日., 2006年, 招待, 日本語
  4. The Food-homa of Esoteric Buddhism in India., The XVth Congress of the International Association of Buddhist Studies. Emory University (Atlanta, Georgia, USA), June 23-28, 2008年, 通常, 英語
  5. Systems of Psychosomatic Fire-oblation in Esoteric Buddhism in South Asia: Practice of Oblation, Non-conceptual Meditation, and Subtle-body Yoga., Variations of Homa: From Vedic to Hindu and Buddhist. Harvard University (Cambridge, Massachusetts, USA), October 1-3, 2010年, 招待, 英語
  6. The Formation of Esoteric Buddhism within Mahayana Buddhism: An Interpretation of the Subahupariprccha., The XVIIth Congress of the International Association of Buddhist Studies. Universitaet Wien (Wien, Austria), August 18-23, 2014年, 通常, 英語
  7. Mandalas of Mantras in the Cakrasamvara Buddhist Literature: Kambala's Sadhananidhi Chapter 8, the Abhidhanottara Chapters 37, 51, 52, and 59, and the Two Sadhanas from the Sadhanamala., 1st Zurich International Conference on Indian Literature and Philosophy, "Transgression and Encounters with the Terrible in Buddhist and Saiva Tantras." University of Zurich, February 19-20, 2016年02月, 招待, 英語

受賞

  1. 2004年05月, 智山勧学会奨励賞, 智山勧学会
  2. 2004年05月, 護法会賞, 護法会
  3. 2008年09月, 日本宗教学会賞, 日本宗教学会
  4. 2017年09月, 科研費審査委員表彰, 日本学術振興会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 文部科学省科学研究費補助金特別研究員奨励費, インド密教思想史, 1998年度-1999年度
  2. 文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (B)(研究分担者として[研究代表者:岩田孝]), 仏教論理学と後期仏教への展開, 2008年度-2010年度
  3. 文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C), 最後のインド密教――『ダーカールナヴァ・タントラ』が描くもう一つの姿――, 2008年度-2010年度
  4. 文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C), 南アジアにおける密教の展開――『ヴァジュラダーカ・タントラ』原典研究――, 2012年度-2016年度, 2012年, 2016年
  5. 三菱UFJ公益信託大畠記念宗教史学研究助成金, 霊と交流する人びと――媒介者の宗教史――〈上〉〈下〉, 2016年-2017年度, 2016年, 2017年
  6. 文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C), 心身相関とマントラをめぐるインド密教史――『アビダーノーッタラ』原典研究――, 2017年度-2019年度, 2017年, 2019年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 独立行政法人大学入試センター教科科目第一委員会, 2014年04月, 2016年03月, 独立行政法人大学入試センター
  2. 科学研究費委員会専門委員, 2015年12月, 2016年11月, 日本学術振興会
  3. 科学研究費委員会専門委員, 2016年12月, 2017年11月, 日本学術振興会