吉中 孝志Takashi Yoshinaka

Last Updated :2022/06/25

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 教授
メールアドレス
ytakashihiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 文学博士 (オックスフォード大学)
  • 文学修士 (オックスフォード大学)
  • 文学修士 (広島大学)

研究分野

  • 人文学 / 文学 / 英米・英語圏文学

研究キーワード

  • 英国エリザベス朝・ジェイムズ朝演劇
  • 英文学
  • 英詩
  • 17世紀
  • アンドリュー・マーヴェル
  • 政治・宗教
  • 人間関係

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文指導B
  2. 2022年, 学部専門, 1ターム, イギリス文学史講義 A
  3. 2022年, 学部専門, 3ターム, イギリス文学史講義 B
  4. 2022年, 学部専門, 4ターム, イギリス戯曲演習
  5. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文指導A
  6. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  7. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, イギリス戯曲文学演習A
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, イギリス戯曲文学演習B
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, イギリス戯曲文学演習C
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, イギリス戯曲文学演習D
  11. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 英語圏文学特殊講義A
  12. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 英語圏文学特殊講義B
  13. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  15. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  16. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A Tabby Kitten in Thomas Hardy’s Jude the Obscure, 英語英文學研究(広島大学英文学会), 66巻, pp. 21-24, 20220330
  2. The Merchant of Spain: Coins and Commodities in Othello, Bulletin of the Research Center for the Technique of Representation, 17巻, pp. (1)-(26), 20220331
  3. Why Does Cupid Live in the Mistress’s Eye?, 関西大学文学論集, 41巻, 1号, pp. 83-108, 19911101
  4. Sidney’s Outward and Inward Eyes (1), 関西大学文学論集, 41巻, 3号, pp. 19-40, 19920201
  5. Sidney’s Outward and Inward Eyes (2), 関西大学文学論集, 42巻, 1号, pp. 17-30, 19920401
  6. Juliaの脚は魅力的?―Herrickの詩における小さな問題と大きな問題―, 英文学論集(関西大学英文学会), 32巻, pp. 25-44, 19921201
  7. Sidney’s Outward and Inward Eyes (3), 関西大学文学論集, 43巻, 1号, pp. 17-44, 19931101
  8. The Seventeenth-Century Transmission of the Plates in Quarles’s Emblemes, 関西大学文学論集, 42巻, 3号, pp. 45-74, 19930201
  9. Sidney’s Outward and Inward Eyes (4), 関西大学文学論集, 43巻, 4号, pp. 25-40, 19940301
  10. ★, ‘My Bosom’s Shop’: Financial Imagery in Shakespeare’s Sonnets, 英文學研究 English Number (日本英文学会), 1994号, pp. 3-19, 19940301
  11. Juliaの脚は魅力的?―Robert Herrickと霊魂伝遺説―, 英語青年, 138巻, 11号, pp. 568-570, 19930201
  12. ‘That sun, thine eye’: Power and Vision in Shakespeare’s Sonnets, 英文学論集 (関西大学英文学会), 34号, pp. 11-40, 19940401
  13. ‘Betwixt mine eye and heart’: Will’s Suspension of Disbelief, 英文学論集(関西大学英文学会), 35号, pp. 1-20, 19951201
  14. Rolling Eyes and Cruel Fate in Marvell’s Love Poetry, 英文学論集 (関西大学英文学会), 37号, pp. 15-34, 19971201
  15. 書評―湯浅信之訳『ジョン・ダン全詩集』―, 英文學研究 (日本英文学会), 74巻, 2号, pp. 190-194, 19980201
  16. ★, 'Perhaps' in Marvell's 'Bermudas', The Seventeenth Century, 13巻, 1号, pp. 22-35, 19981101
  17. Judgment Hard: Marvell and Seventeenth-century Scepticism, 英文学論集 (関西大学英文学会), 38巻, pp. 17-50, 19981201
  18. The Anatomy of Seventeenth-century Providence, 英語英文學研究(広島大学英文学会), 44巻, pp. 1-11, 20000301
  19. アダムの肋骨とマーヴェルの庭 (前編), 広島大学文学部紀要, 60巻, pp. 163-184, 20001201
  20. Two Notes on Emblematic Imagery in Marvell’s ‘Flecknoe, an English Priest at Rome’, 英語英文學研究 (広島大学英文学会), 34巻, pp. 22-32, 19900301
  21. ‘Emblemes limmed in liuely colours’: Peacham’s Aesthetic Emblems, Poetica, 41巻, pp. 85-102, 19940401
  22. ‘Thy beauty’s form in table of my heart’: Theories of Vision in Shakespeare’s Sonnets, Poetica, 45号, pp. 105-123, 19960401
  23. ★, The Sundial and the Bee: Philosophical and Political Reading of the Final Stanza of Marvell’s ‘The Garden’, 英文學研究 (日本英文学会) English Number, 1997号, pp. 1-15, 19970301
  24. ★, 解釈への不安―『オセロウ』のハンカチについての図像学的注釈―, 英文学研究 (日本英文学会), 75巻, 2号, pp. 205-218, 19981201
  25. ★, マーヴェルの女嫌いの庭 再考, 英文學研究(日本英文学会), 78巻, 1号, pp. 1-16, 20010901
  26. アダムの肋骨とマーヴェルの庭(中篇), 広島大学大学院文学研究科論集, 61巻, pp. 123-135, 20011201
  27. ★, Religio-Political Associations of ‘the Orange’ in Marvell’s ‘Bermudas’, Notes and Queries, 48巻, 4号, pp. 394-395, 20011201
  28. 英国1500年から1640年における文学と視覚芸術ーその相互作用の10の型, 英文学論集 (関西大学英文学会), 32巻, pp. 105-119, 19921201
  29. <訳注式>英語詩演習「Henry Vaughan, ‘The Night’―反響と共鳴と超越―」, 英語青年, 149巻, 5号, pp. 304-306, 20030801
  30. ★, The Politics of Traducianism and Robert Herrick, The Seventeenth Century, 19巻, 2号, pp. 183-195, 20040401
  31. ★, Another Religio-Political Note on Marvell's 'Bermudas', Notes and Queries, 49巻, 3号, pp. 343-344, 20020901
  32. 聖戦の普遍性と歴史性―John Milton の Paradise Lost における天上の戦いについて―, 表現技術研究, 2号, pp. 10-39, 20060301
  33. ★, Columbus's Egg in Milton's Paradise Lost, Notes and Queries, 252巻, 1号, pp. 40-43, 20070301
  34. A Study of the Development of Seventeenth-Century Emblematic Imagery with Special Reference to Andrew Marvell, M.Litt. Thesis (University of Oxford), 19890901
  35. Renaissance Eyes: Ocular Poetics in Sidney, Shakespeare, and Marvell, D.Phil. Thesis (University of Oxford), 19980830
  36. 忘れられた薔薇, 英語青年, 151巻, 6号, pp. 332-334, 20050901
  37. <訳者と読むこの一冊>『ヘンリー・ヴォーン詩集―光と平安を求めて―』, 英語青年, 152巻, 7号, pp. 434-435, 20061001
  38. アダムの肋骨とマーヴェルの庭(後編), 広島大学大学院文学研究科論集, 62巻, pp. 99-111, 20021201
  39. 21世紀の洋書棚―結び合う恋愛詩たち―, 英語青年, 153巻, 3号, pp. 164-166, 20070601
  40. 21世紀の洋書棚―高慢と自尊心―, 英語青年, 153巻, 9号, pp. 547-549, 20071201
  41. The Book of Mormon を文学的に読むとどうなるか, 表現技術研究, 5号, pp. 13-31, 20090301
  42. Questioning the Value of Prodigies and Wars: Milton and the Mirabilis Annus Tracts, 英語英文學研究(広島大学英文学会), 55号, pp. 19-29, 20110301
  43. マーヴェルの「庭」と17世紀の庭(前編), 広島大学大学院文学研究科論集, 72巻, pp. 103-116, 20121201
  44. Marvell's Melons, 英語英文學研究(広島大学英文学会), 58巻, pp. 1-9, 201403
  45. マーヴェルの「庭」と17世紀の庭 (中編), 広島大学大学院文学研究科論集, 73巻, pp. 15-33, 201312
  46. ★, Two Verbal Echoes of John Hall in Marvell's Verse, Notes and Queries, New Series, vol. 61巻, 3号, pp. 369-371, 201409
  47. マーヴェルの「庭」と17世紀の庭 (後編),  広島大学大学院文学研究科論集, 74巻, pp. 33-44, 201412
  48. 終末の錬金術―マーヴェルとヴォーン―, 『十七世紀英文学を歴史的に読む』, pp. 183-210, 201505
  49. 花を見つめる詩人たち―ヴォーンとワーズワス―, 英語英文學研究 (広島大学英文学会), 60巻, pp. 1-22, 201603
  50. 研究発表第九室 (日本英文学会第68回大会報告), 英文學研究, 73巻, 2号, pp. 429-431, 19970131
  51. An Exploding and Imploding Cannonball: The Implications of Columbus's Egg in Milton's Paradise Lost (特集:英米文学における戦争と平和), 英語英文學研究 (広島大学英文学会), 50巻, pp. 13-25, 2005
  52. 中村裕英先生への追悼の言葉 (中村裕英先生追悼号), 英語英文學研究(広島大学英文学会), 53巻, pp. 1-3, 2009
  53. 「驚き」の詩学とワーズワスの庭, 表現技術研究, 14巻, pp. (1)-(30), 20190331
  54. ★, Where Did Julia Sit?: Another Borrowing from Montaigne in John Webster's The Duchess of Malfi, Notes and Queries, 67巻, 2号, pp. 275-276, 202006
  55. ★, Eschatological alchemy in Henry Vaughan and Andrew Marvell, The Seventeenth Century, 36巻, 2号, pp. 213-232, 20210304
  56. Henry Vaughan and William Wordsworth, Bulletin of the Research Center for the Technique of Representation, 16号, pp. (27)-(46), 20210331

著書等出版物

  1. 2022年03月28日, 英詩に迷い込んだ猫たち―猫性と文学, 小鳥遊書房, 単行本(学術書), 共著, 日本語・英語, 吉中孝志/松本舞, 9784909812810, 352
  2. 2003年12月, Peregrinator: Essays on Literature in English to Celebrate the Seventieth Birthday of Professor Yasukawa , 松柏社, 2003年, 12, 単行本(学術書), 共著, Massimo Bacigalupo Earl Miner Akiko Miyake Yoshiharu Niwa Giuseppe Serpillo Miho Takahashi Yoko Wada Sachiko Yoshida Wai-lim Yip Diana Collecot Mary de Rachewiltz David Dumville Desmond Egan Yoshiko Kita Sanehide Kodama Guido Latre Peter Makin , 4775400517, 302
  3. 2006年03月, ヘンリー・ヴォーン詩集―光と平安を求めて― , 広島大学出版会, 2006年, 03, 単行本(学術書), 単著, 4903068021, 468
  4. 2007年02月, 図像のちからと言葉のちから , 大阪大学出版会, 2007年, 02, 単行本(学術書), 共著, 藤田実 武藤脩二 入子文子 岩崎宗治 今西雅章 山田由美子 安西徹雄 水野真理 巽 孝之 , 9784872592085, 334
  5. 2007年03月, SIPRI年鑑2006 軍備、軍縮及び世界の安全保障 , 広島大学出版会, 2007年, 03, 単行本(学術書), 共訳, 蒲池祐子 山田久美子 梶山秀雄 本田良平 天野みゆき 楠木佳子 樋口友乃 江口誠 岡田和也 富樫剛 畝崎雅子 福田泰久 野崎重敦 井上順一 竹山友子 栗原武士 大嶋浩 松岡晴子 小野 章 今村隆男 田中孝信 井原慶一郎 松本博之 , 9784903068077, 945
  6. 2011年05月, Marvell's Ambivalence: Religion and the Politics of Imagination in Mid-Seventeenth-Century England, D. S. Brewer, 2011年, 05, 単行本(学術書), 単著, 9781843842651, 330 p.
  7. 2012年03月, 名前で読み解く英文学―シェイクスピアとその前後の詩人たち―, 広島大学出版会, 2012年, 03, 単行本(一般書), 単著, 9784903068244, 160 p.
  8. 2017年12月28日, 花を見つめる詩人たち―マーヴェルの庭とワーズワスの庭―, 研究社, 単行本(学術書), 単著, 978-4-327-48166-7, 372

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本英文学会評議委員会, 2015年, 2017年, 日本英文学会
  2. 日本英文学会理事会, 2017年, 2019年, 日本英文学会
  3. 日本英文学会中国四国支部理事会, 2015年, 2017年, 日本英文学会中国四国支部
  4. 日本英文学会中国四国支部理事会, 2017年, 2019年, 日本英文学会中国四国支部