三原 直樹NAOKI MIHARA

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
病院医療情報部 教授
ホームページ
メールアドレス
naoki-miharahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
医療情報学では、臨床現場で発生する診療データをいかに効率よく収集し研究に活用できるか、またその知見を現場にフィードバックして如何に医療の質向上、医療安全に寄与する事ができるか、等を研究します。 情報通信技術を用いて、医学・医療の発展に寄与するための方法を考え、実践する学問領域である『医療情報学』を、今後ますます発展させていきたいと思います。 皆さんの積極的な参加をお待ちしております。 ●放射線診断専門医 ●肺がんCT検診認定医師 ●マンモグラフィ読影指導者 ●上級医療情報技師 ●診療情報管理士 ●社会医学系専門医・指導医 ●産業医

基本情報

主な職歴

  • 2005年04月, 2007年03月, 大阪大学, 大学院医学系研究科, 助手
  • 2007年04月, 2011年03月, 大阪先端画像センター, 医師
  • 2011年04月, 2011年11月, 大阪大学, 大学院医学系研究科, 特任助教
  • 2011年12月, 2017年01月, 大阪大学大学院医学系研究科 医療情報部, 大学院医学系研究科, 准教授
  • 2017年02月, 国立がん研究センター中央病院 医療情報部, 医療情報部, 部長
  • 2020年04月01日, 国立大学法人広島大学病院 医療情報部, システム医療学(医療情報部), 教授

学歴

  • 大阪大学, 大学院医学系研究科博士課程, 日本, 1997年04月, 2001年03月
  • 愛媛大学, 医学部, 医学科, 日本, 1989年04月, 1994年03月

学位

  • 博士(医学) (大阪大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻

所属学会

  • 日本医学放射線学会
  • 日本医療情報学会
  • 日本放射線科専門医会
  • 日本核医学会
  • 日本診療情報管理学会
  • 日本医療・病院管理学会
  • 日本肺癌学会
  • 日本呼吸器学会
  • 北米放射線学会
  • 日本病院会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 医療情報リテラシー
  2. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 医療情報リテラシー活用[オンデマンド]
  3. 2022年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  4. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  5. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  6. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  7. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  10. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), システム医療学特別演習
  11. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), システム医療学特別演習
  12. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), システム医療学特別研究
  13. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), システム医療学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Spiral CT during pharmacoangiography with angiotensin II in patients with pancreatic disease - Technique and diagnostic efficacy, ACTA RADIOLOGICA, 39巻, 2号, pp. 138-143, 1998
  2. Respiratory change in size of honeycombing: Inspiratory and expiratory spiral volumetric CT analysis of 97 cases, JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED TOMOGRAPHY, 23巻, 2号, pp. 174-180, 1999
  3. Comparison of high resolution CT findings of sarcoidosis, lymphoma, and lymphangitic carcinoma: Is there any difference of involved interstitium?, JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED TOMOGRAPHY, 23巻, 3号, pp. 374-379, 1999
  4. Differential diagnosis of lymphocytic interstitial pneumonia and malignant lymphoma on high-resolution CT, AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY, 173巻, 1号, pp. 71-74, 1999
  5. CT-guided needle biopsy of small pulmonary nodules: Value of respiratory gating device, RADIOLOGY, 213P巻, pp. 385-385, 1999
  6. Acute parenchymal lung disease in immunocompetent patients: Diagnostic accuracy of high-resolution CT, AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY, 174巻, 6号, pp. 1745-1750, 2000
  7. Lymphocytic interstitial pneumonia - Follow-up CT findings in 14 patients, JOURNAL OF THORACIC IMAGING, 15巻, 3号, pp. 162-167, 2000
  8. Eosinophilic lung diseases: Diagnostic accuracy of thin-section CT in 111 patients, RADIOLOGY, 216巻, 3号, pp. 773-780, 2000
  9. Artificial ventilation-induced diffuse alveolar damage in rabbits - Preliminary study of early detection on expiratory high-resolution computed tomography, INVESTIGATIVE RADIOLOGY, 35巻, 9号, pp. 534-538, 2000
  10. Acute respiratory distress syndrome and acute interstitial pneumonia: Comparison of thin-section CT findings, JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED TOMOGRAPHY, 25巻, 1号, pp. 28-33, 2001
  11. Pulmonary involvement in mixed connective tissue disease - High-resolution CT findings in 41 patients, JOURNAL OF THORACIC IMAGING, 16巻, 2号, pp. 94-98, 2001
  12. High-resolution CT using multidetector CT equipment: Evaluation of image quality in II cadaveric lungs and a phantom, AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY, 177巻, 4号, pp. 875-879, 2001
  13. Pulmonary involvement in primary Sjogren's syndrome - Spectrum of pulmonary abnormalities and computed tomography findings in 60 patients, JOURNAL OF THORACIC IMAGING, 16巻, 4号, pp. 290-296, 2001
  14. Pulmonary lymphoproliferative disorders: Diagnostic accuracy of high resolution CT in 92 patients, RADIOLOGY, 221巻, pp. 210-210, 2001
  15. Acute interstitial pneumonia - Comparison of high-resolution computed tomography findings between survivors and nonsurvivors, AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE, 165巻, 11号, pp. 1551-1556, 2002
  16. Temporal subtraction for the detection of hazy pulmonary opacities on chest radiography, AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY, 179巻, 2号, 2002
  17. Using the World Health Organization classification of thymic epithelial neoplasms to describe CT findings, AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY, 179巻, 4号, 2002
  18. Detection of pulmonary metastases with multi-detector row CT scans of 5-mm nominal section thickness: Autopsy lung study, RADIOLOGY, 226巻, 1号, pp. 231-234, 2003
  19. The effect of adding phosphate on the size of extremely fine needle-like lepidocrocite particles prepared by oxidizing an aqueous suspension of ferrous hydroxide, CANADIAN JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING, 80巻, 4号, pp. 764-768, 2002
  20. 3D-spirogram: a combinatory system of image analysis and computational mechanics for assessing the pulmonary function, INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY, 1巻, pp. 22-24, 2006
  21. Pulmonary nodules: 3D volumetric measurement with multidetector CT-Effect of intravenous contrast medium, RADIOLOGY, 245巻, 3号, pp. 881-887, 2007
  22. Pulmonary adenocarcinomas with ground-glass attenuation on thin-section CT: Quantification by three-dimensional image analyzing method, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 65巻, 1号, pp. 104-111, 2008
  23. Computed tomography findings in pathological usual interstitial pneumonia - Relationship to survival, AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE, 177巻, 4号, pp. 433-439, 2008
  24. Utilization of calcium sulfide derived from waste gypsum board for metal-containing wastewater treatment, GLOBAL NEST JOURNAL, 10巻, 1号, pp. 101-107, 2008
  25. Reductive decomposition of waste gypsum with SiO2, Al2O3, and Fe2O3 additives, JOURNAL OF MATERIAL CYCLES AND WASTE MANAGEMENT, 9巻, 1号, pp. 21-26, 2007
  26. Study on reaction kinetics and selective precipitation of Cu, Zn, Ni and Sn with H2S in single-metal and multi-metal systems, CHEMOSPHERE, 73巻, 9号, pp. 1448-1452, 2008
  27. Computed Radiography-based Mammography with 50-mu m Pixel Size: Intra-individual Comparison with Film-screen Mammography for Diagnosis of Breast Cancers, ACADEMIC RADIOLOGY, 16巻, 7号, pp. 836-841, 2009
  28. Integrating Artificial Intelligent System with Clinical Workflow of Radiologist in the Hospital, CANCER SCIENCE, 109巻, pp. 289-289, 2018
  29. MR of xanthogranuloma of the choroid plexus, AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY, 17巻, 8号, pp. 1595-1597, 1996
  30. Detecting Adverse Drug Events Through the Chronological Relationship Between the Medication Period and the Presence of Adverse Reactions From Electronic Medical Record Systems, JMIR Med Inform, 9(11)巻, 20211101
  31. Process Approach for Managing Health Information System-Induced Medication Errors., Stud Health Technol Inform., pp. 1036-1040, 20200616
  32. Screening of anticancer drugs to detect drug-induced interstitial pneumonia using the accumulated data in the electronic medical record, PHARMACOLOGY RESEARCH & PERSPECTIVES, 6巻, 4号, 2018
  33. 【総論】AIの歴史と画像診断, 医学の歩み, 267巻, 4号, pp. 265-267, 2018
  34. 診療における統合Viewerのあり方の検討~Oncology領域の場合~ What is required for Universal Viewer - in case of Oncologist - ?, 医療情報学, 37巻, pp. 250, 2017
  35. 総特集『病院の個性に合ったPACS構築方法論』 病院は次期更新時にいかなるPACSを構築すべきか 技術・コスト・臨床現場の要求他、多種視点から俯瞰する, 月刊新医療, pp. 28-33, 2016
  36. 秘密分散技術を利用した医療情報の遠隔保存と参照環境の評価, 電子情報通信学会論文誌, 199巻, 5号, pp. 526-538, 2016
  37. 電子カルテ蓄積データを用いた薬剤性間質性肺炎の発生頻度の算出法, 医療情報学, 36巻, 4号, pp. 157-165, 2016
  38. 病院情報システム利用者教育のための教材作成, 医療情報学, 36巻, Suppl.号, pp. 1176-1179, 2016
  39. PACSベンダーチェンジにおけるPitfallと解決方法~VNA(Vendor Neutral Archive)システムの導入~, 医療情報学, 36巻, Suppl.号, pp. 746-749, 2016
  40. 秘密分散技術を利用した医療情報の遠隔保存と参照環境の評価, 電子情報通信学会論文誌, 199巻, D5号, pp. 526-538, 2016
  41. 電子カルテシステムによる臨床研究の支援-電子カルテシステムからeCRFの作成、ODMによるCDMSとの連携-, 平成26年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議 抄録集, pp. 156-159, 2015
  42. 電子カルテデータを用いたがん治療の有害事象発生状況の網羅的解析, 第19回日本医療情報学会春季学術大会抄録集, pp. 60-61, 2015
  43. 電子カルテ蓄積データを用いた薬剤性間質性肺炎の発生事例の検出法, 第19回日本医療情報学会春季学術大会抄録集, pp. 90-91, 2015
  44. 電子カルテシステムによる多施設共同前向き臨床研究の支援システムの 構想, 医療情報学, 35巻, pp. 128-131, 2015
  45. 抗がん剤における薬剤性間質性肺炎発生率の網羅的評価, 医療情報学, 35巻, pp. 366-369, 2015
  46. レセプトデータを活用した医療機関ごとの疾患別受診患者数の推定, 医療情報学, 35巻, pp. 388-391, 2015
  47. 画像診断知識ベースを利用した画像診断支援システムの開発, 医療情報学, 35巻, pp. 1292-1295, 2015
  48. 臨床研究におけるリモートSDVによるモニター業務の効率化に関する検討報告, 医療情報学, 35巻, pp. 138-141, 2015
  49. ベイズ推定を用いた臨床検査値による診断ルール抽出の試み, 医療情報学, 35巻, pp. 676-679, 2015
  50. 統合文書管理システム(DACS)内文書の秘密分散技術を用いた安全なバックアップ並びに大災害時の診療データの復元に関わる課題報告, 医療情報学, 35巻, pp. 780-782, 2015
  51. 共有データベースによるマルチベンダシステム間の電子カルテ内のデータ共有, 医療情報学, 35巻, pp. 822-825, 2015
  52. 「画像診断e-ラーニングは医師の読影教育を変えるか, 月刊新医療, pp. 124-127, 2014
  53. ペーパーレス電子カルテによる疾患レジストリの精度向上と効率化の効果-院内がん登録を事例として-, 診療情報管理, 26巻, 1号, pp. 53-59, 2014
  54. 診療情報の活用における診療情報管理士の関わり方, 平成25年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議抄録集, pp. 61-65, 2014
  55. 患者カルテの不正閲覧制御の試み, 医療情報学, 34巻, pp. 262-264, 2014
  56. レセプトデータを活用した患者病名の推定, 医療情報学, 34巻, pp. 312-315, 2014
  57. DWHを用いた血清PSA値の変動による前立腺がんの推測, 医療情報学, 34巻, pp. 342-344, 2014
  58. データマートを利用した診察記事のワークフロー管理システムの構築, 医療情報学, 34巻, pp. 430-432, 2014
  59. 電子カルテデータを用いた間質性肺炎の推測-薬剤有害事象発生の把握を目的として-, 医療情報学, 34巻, pp. 558-561, 2014
  60. 文書登録情報を用いた診療記録監査システムの構築, 医療情報学, 34巻, pp. 598-601, 2014
  61. ペーパレス電子カルテ移行後の紙カルテ搬送停止への対応とその結果, 医療情報学, 34巻, pp. 602-604, 2014
  62. 複数薬剤同時投与データから個別薬剤の副作用発生率を推定するアルゴリズムの提案, 医療情報学, 34巻, pp. 706-709, 2014
  63. 推定服薬歴DBによる薬剤性肝障害の抽出, 医療情報学, 34巻, pp. 756-759, 2014
  64. 病院情報システムの利用者心得を普及させるためのシナリオ, 医療情報学, 34巻, pp. 198-199, 2014
  65. レセプトデータを活用した患者病名の推定, 医療情報学, 34巻, pp. 312-315, 2014
  66. 臨床検査における長期的精度の実態と解決策, 平成26年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議 抄録集, pp. 123-125, 2014
  67. 定服薬歴データベースの生成, 医療情報学, pp. 60-61, 2013
  68. DWHに保存された臨床検査データの分布の推移, 医療情報学, 33巻, pp. 456-458, 2013
  69. 地域医療連携における電子的文書交換システムの開発, 医療情報学, 33巻, pp. 884-887, 2013
  70. 医療情報技師育成部会、これから10年の創造 病院情報システム利用者ガイドランとユーザパスポート(HI-UP)の新設, 医療情報学, 33巻, pp. 184-185, 2013
  71. 医師事務作業補助者に留意した文書作成システムの設定, 医療情報学, 33巻, pp. 280-283, 2013
  72. 一般的な検体検査結果を用いたがんスクリーニングの可能性の検討, 医療情報学, 33巻, pp. 808-811, 2013
  73. ユーザーの検索要求からみえるデータウエアハウスの活用の現状, 医療情報学, 33巻, pp. 404-407, 2013
  74. キー文書登録情報による関連文書の作成状況の監査, 医療情報学, 33巻, pp. 670-673, 2013
  75. 電子カルテにおける職種別権限管理の見直し, 医療情報学, 33巻, pp. 690-693, 2013
  76. DACSによる診療記録統合管理と文書閲覧における効果, 医療情報学, 33巻, pp. 852-855, 2013
  77. 救命救急視点からのPACSの課題と理想の画像診断環境を説く, 月刊新医療, pp. 28-30, 2012
  78. 診療記録を構成する文書の把握とその分類., 診療情報管理, 24巻, 1号, pp. 54-62, 2012
  79. アクセスログを用いた電子カルテ導入の利点検証, 平成23年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議 抄録集, pp. 331-334, 2012
  80. 診療プロセスに合わせたデータ収集の仕組み~急性心筋梗塞症例を事例にして~, 平成23年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議 抄録集, pp. 335-338, 2012
  81. 完全ペーパレス電子カルテのメリットと見えてきた問題点, 平成23年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議 抄録集, pp. 335-338, 2012
  82. 電子カルテシステムによる疾患レジストリの精度向上と効率化の効果‐院内がん登録を事例として‐, 平成23年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議 抄録集, pp. 108-109, 2012
  83. 完全ペーパレス電子カルテによる患者情報へのアクセスの向上と発生する新たな問題点, 第16回日本医療情報学会春季学術大会 抄録集, pp. 112-113, 2012
  84. 患者情報収集を目的とした診療記録閲覧状況‐医学生の電子カルテアクセスログ解析‐, 診療情報管理, 24巻, 2号, pp. 352, 2012
  85. 電子カルテデータを利用した臨床研究データベースの構築と疾患レジストリの実現‐乳癌データの収集の仕組み‐, 診療情報管理, 24巻, 2号, pp. 289, 2012
  86. 電子カルテに対応したeCRF作成モジュールの作成, 医療情報学, 32巻, pp. 354-357, 2012
  87. 初期診断におけるコンピュータ診断支援システムの構築, 医療情報学, 32巻, pp. 414-417, 2012
  88. 問診票のスキャン解析を利用したデータ収集システムの開発, 医療情報学, 32巻, pp. 718-721, 2012
  89. 医学生の閲覧ログからみた患者情報収集における閲覧文書の解析, 医療情報学, 32巻, pp. 732-735, 2012
  90. 完全電子カルテ運用下での紙カルテ搬送停止に向けた対応とその実現, 医療情報学, 32巻, pp. 872-875, 2012
  91. 電子カルテにおける患者基本情報の要件, 医療情報学, 32巻, pp. 882-885, 2012
  92. 処方データベースからの推定服薬歴データベースの生成, 医療情報学, 32巻, pp. 960-963, 2012
  93. 診療記録文書統合管理システム(DACS)に蓄積された診療記録の閲覧, 医療情報学, 32巻, pp. 994-997, 2012
  94. 地域医療連携に対応した画像転送システムの構築, 医療情報学, 32巻, pp. 1040-1043, 2012
  95. 胸部単純撮影における画像診断学習システムの開発, 医療情報学, 32巻, pp. 1504-1507, 2012
  96. Breast Diffusion-Weighted MRI: Comparison of Tetrahedral Versus Orthogonal Diffusion Sensitization for Detection and Localization of Mass Lesions, JOURNAL OF MAGNETIC RESONANCE IMAGING, 33巻, 6号, pp. 1375-1381, 2011
  97. 効率的なレポート所見入力実現のための具体的方策, 新医療, pp. 135-138, 2011
  98. 仮想プリンタ技術を用いた診療情報提供書交換システムの開発,, 診療情報管理, 23巻, 2号, pp. 327, 2011
  99. 初期診断におけるコンピュータ診断法の基本原理の提案, 医療情報学, 31巻, pp. 719-722, 2011
  100. 胸部単純写真読影における自己学習用システムの構築, 医療情報学, 31巻, pp. 576-579, 2011
  101. テンプレート既定値機能を用いたユーザ支援とその効果, 医療情報学, 31巻, pp. 624-627, 2011
  102. 電子指示システムに登録された指示データによる患者状態評価, 医療情報学, 31巻, pp. 657-660, 2011
  103. アクセスログから見た診療録完全電子化の利点, 医療情報学, 31巻, pp. 789-792, 2011
  104. 診療記録文書統合管理システム(DACS: Document Archiving and Communication System)の診療記録閲覧における利用状況の調査, 医療情報学, 31巻, pp. 348-351, 2011
  105. オーディットシステムを用いた全件監査の有効性, 医療情報学, 31巻, pp. 785-788, 2011
  106. 仮想プリンタ技術を用いた臨床研究支援システムの構築, 医療情報学, 31巻, pp. 420-423, 2011
  107. Development of a System that Generates Structured Reports for Chest X-ray Radiography, METHODS OF INFORMATION IN MEDICINE, 49巻, 4号, pp. 360-370, 2010
  108. 医用画像の一元管理と統合画像参照システム-電子カルテとの融合, 新医療, pp. 45-48, 2010
  109. Nonspecific interstitial pneumonia: Histologic correlation with high-resolution CT in 29 patients, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 70巻, 1号, pp. 35-40, 2009
  110. Doubling time of lung cancer determined using three-dimensional volumetric software: Comparison of squamous cell carcinoma and adenocarcinoma, LUNG CANCER, 66巻, 2号, pp. 211-217, 2009
  111. Thin-section CT of lung without ECG gating: 64-detector row CT can markedly reduce cardiac motion artifact which can simulate lung lesions, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 69巻, 1号, pp. 102-107, 2009
  112. One-dimensional quantitative evaluation of peripheral lung adenocarcinoma with or without ground-glass opacity on thin-section CT images using profile curves, BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 82巻, 979号, pp. 532-540, 2009
  113. Computed Radiography-based Mammography with 50-microm Pixel Size: Intra-individual Comparison with Film-screen Mammography for Diagnosis of Breast Cancers., Academic Radiology., 16巻, pp. 836-841, 2009
  114. Commercially Available Computer-Aided Detection System for Pulmonary Nodules on Thin-Section Images Using 64 Detectors-Row CT: Preliminary Study of 48 Cases., Academic Radiology., 16巻, pp. 924-933, 2009
  115. PACS&WS導入施設報告 2. ネットワーク型3DWS導入施設報告―阪大病院におけるPACSの経緯―ネットワーク型3DWSによる院内画像配信の役割, インナービジョン, 24巻, 7号, pp. 22-26, 2009
  116. 大学病院での大規模PACSシステム構築時の課題, 新医療, pp. 122-124, 2009
  117. PACS参照を目的としたデジタイズマンモグラフィにおける微細構造物の検出能:ファントムを用いた繊維、石灰化、および腫瘤陰影に対する評価, 日本放射線技術学会雑誌, 65巻, 5号, pp. 620-625, 2009
  118. PACS参照を目的としたデジタイズマンモグラフィにおける微細構造物の検出能:ファントムを用いた線維,石灰化,および腫瘍陰影に対する評価., 日本医学放射線学会雑誌, 65巻, 5号, pp. 620-625, 2009
  119. 症例オントロジーを応用した画像診断支援システムの開発., 医療情報学, 29巻, Suppl.号, pp. 1198-1196, 2009
  120. Acute eosinophilic pneumonia: Thin-section CT findings in 29 patients, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 65巻, 3号, pp. 462-467, 2008
  121. Computed Tomography Findings in Pathological Usual Interstitial Pneumonia Relationship to Survival ., American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine, 177巻, pp. 433-439, 2008
  122. Pulmonary adenocarcinomas with ground-glass attenuation on thin-section CT:Quantification by three-dimensional image analyzing method., European Journal of Radiology, 65巻, 1号, pp. 104-111, 2008
  123. 画像情報にもとづいた呼吸動態のAnalySimulation., JAMIT, 26巻, 2号, pp. 87-92, 2008
  124. Computer-assisted lung nodule volumetry from multi-detector row CT: Influence of image reconstruction parameters, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 62巻, 1号, pp. 106-113, 2007
  125. Volume histogram analysis for lung thin-section computed tomography: Differentiation between usual interstitial pneumonia and nonspecific interstitial pneumonia, JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED TOMOGRAPHY, 31巻, 6号, pp. 936-942, 2007
  126. Pulmonary cavitary nodules on computed tomography: Differentiation of malignancy and benignancy, JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED TOMOGRAPHY, 31巻, 6号, pp. 943-949, 2007
  127. Pulmonary Nodules: 3D Volumetric Measurement with Multidetector CT—Effect of Intravenous Contrast Medium., Radiology., 245巻, pp. 881-887, 2007
  128. Preoperative assessment of thymic veins on multidetector row CT: optimization of contrast material volume., Radiation Medicine, 25巻, pp. 202-210, 2007
  129. 快適PACS導入ガイド〜新規導入/乗り換えノウハウ大公開 GE横河メディカルシステム 更新事例 止まらないPACSシステム構築を目指して〜GE横河メディカルシステム社製「Centricity PACS」導入前後比較〜, Rad Fan, 5巻, 8号, pp. 53-55, 2007
  130. 胸部単純X線診断をきわめる, 画像診断, 27巻, 2007
  131. 肺の画像解析に基づいた局所換気力学, 最新医学, 62巻, 4号, pp. 136-140, 2007
  132. Usual interstitial pneumonia and chronic idiopathic interstitial pneumonia: Analysis of CT appearance in 92 patients, RADIOLOGY, 241巻, 1号, pp. 258-266, 2006
  133. Quantitative analysis for computed tomography findings of various diffuse lung diseases using volume histogram analysis, JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED TOMOGRAPHY, 30巻, 2号, pp. 244-249, 2006
  134. MR imaging of thymic epithelial tumors: correlation with World Health Organization classification., Radiation Medicine., 24巻, 3号, pp. 171-181, 2006
  135. PACS構築病院での高精細モニタの適正配置を考える, 新医療, 2006
  136. 心電図同期MDCTによる左心室内血栓の評価, 臨床放射線, 51巻, 1号, pp. 119-123, 2006
  137. 大容量データの捌き方と対応方法‐大規模病院のフィルムレス化について, 映像Medical, 38巻, 9号, pp. 844-851, 2006
  138. 奥村明之進.すりガラス状陰影を伴う肺癌における3次元的な定量解析., 肺癌, 46巻, 5号, pp. 540, 2006
  139. Pulmonary mucosa-associated lymphoid tissue type lymphoma with increased accumulation of fluorine 18-fluorodeoxyglucose on positron emission tomography, JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED TOMOGRAPHY, 29巻, 5号, pp. 640-643, 2005
  140. Full-size digital storage phosphor chest radiography:effect of 4K versus 2K matrix size on observer performance in detection of subtle interstitial abnormalities., Radiation Medicine., 23巻, 3号, pp. 170-174, 2005
  141. 64列MDCTの臨床的有用性, インナービジョン, 20巻, 13号, pp. 49-52, 2005
  142. びまん性肝疾患とその病態診断 肝硬変を含む, 臨床放射線, 49巻, 11号, pp. 1393-1401, 2004
  143. Detection of Pulmonary Metastases with Multi–Detector Row CT Scans of 5-mm Nominal Section Thickness: Autopsy Lung Study., Radiology., 226巻, pp. 231-234, 2003
  144. Temporal subtraction for detection of solitary pulmonary nodules on chest radiographs: Evaluation of a commercially available computer-aided diagnosis system, RADIOLOGY, 223巻, 3号, pp. 806-811, 2002
  145. Comparison of quality of multiplanar reconstructions and direct coronal multidetector CT scans of the lung, AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY, 179巻, 4号, 2002
  146. Using the World Health Organization Classification of thymic epithelial neoplasms to describe CT findings., American Journal of Roentgenology, 179巻, pp. 881-886, 2002
  147. Acute Interstitial Pneumonia:Comparison of High-Resolution Computed Tomography Findings between Survivors and Nonsurvivors ., American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine, 165巻, 11号, pp. 1551-1556, 2002
  148. Temporal Subtraction for the Detection of Hazy Pulmonary Opacities on Chest Radiography., American Journal of Roentgenology., 179巻, pp. 467-471, 2002
  149. 肝精査および腹部血管3DCTにおける使用経験, 映像Medical, 34巻, 8号, pp. 722-725, 2002
  150. Invasive and noninvasive thymoma: Distinctive CT features, JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED TOMOGRAPHY, 25巻, 3号, pp. 388-393, 2001
  151. Pulmonary involvement in mixed connective tissue disease: high-resolution CT findings in 41 patients., Journal of Thoracic Imaging., 16巻, 2号, pp. 94-98, 2001
  152. Acute Respiratory Distress Syndrome and Acute Interstitial Pneumonia:Comparison of Thin-Section CT Findings., Journal of Computer Assisted Tomography., 25巻, 1号, pp. 28-33, 2001
  153. High-Resolution CT Using Multidetector CT Equipment:Evaluation of Image Quality in 11 Cadaveric Lungs and a Phantom., American Journal of Roentgenology., 177巻, pp. 875-879, 2001
  154. Pitfalls in the interpretation of multidetector-row helical CT images at window width and level setting for lung parenchyma., Radiation Medicine, 19巻, 4号, pp. 181-184, 2001
  155. Evaluation of Image Quality and Spatial Resolution of Low-dose High-pitch Multidetector-row Helical High-resolution CT in 11 Autopsy Lungs and a Wire Phantom., Radiation Medicine., 19巻, 6号, pp. 279-284, 2001
  156. Evaluation of Compressed Lung CT Image Quality Using Quantitative Analysis., Radiation Medicine., 19巻, 6号, pp. 321-329, 2001
  157. Pulmonary involvement in primary Sjögren's syndrome: spectrum of pulmonary abnormalities and computed tomography findings in 60 patients., Journal of Thoracic Imaging, 16巻, 4号, pp. 290-296, 2001
  158. CT-guided needle biopsy of small pulmonary nodules: Value of respiratory gating, RADIOLOGY, 217巻, 3号, pp. 907-910, 2000
  159. Acute and Subacute Non-infectious Lung Diseases:Usefulness of HRCT for Evaluation of Activity Especially in Follow-up., Radiation Medicine, 18巻, 4号, pp. 233-238, 2000
  160. Can Acute Interstitial Pneumonia Be differentiated from Bronchiolitis Obliterans Organizing Pneumonia by High-resolution CT?, Radiation Medicine., 185巻, 5号, pp. 299-304, 2000
  161. Eosinophilic Lung Diseases:Diagnostic Accuracy of Thin-Section CT in 111 Patients., Radiology., 216巻, 3号, pp. 773-780, 2000
  162. Artificial Ventilation-Induced Diffuse Alveolar Damage in Rabbits: Preliminary Study of Early Detection on Expiratory High-Resolution Computed Tomography., INVESTIGATIVE RADIOLOGY., 35巻, 9号, pp. 534-538, 2000
  163. Lymphocytic Interstitial Pneumonia:Follow-up CT Findings in 14 Patients., Journal of Thoracic Imaging, 15巻, pp. 162-167, 2000
  164. Acute Parenchymal Lung Disease in Immunocompetent Patients:Diagnostic Accuracy of High-Resolution CT., American Journal of Roentgenology., 174巻, pp. 1745-1750, 2000
  165. 微小肺結節に対するパイロメトリー同期法を用いたCTガイド下肺生検の有用性の検討, 肺癌, 40巻, 5号, pp. 478, 2000
  166. 胸部領域の初期経験 マルチスライスCTによる肺の高分解能画像,機能画像, 臨床放射線, 45巻, 4号, pp. 505-510, 2000
  167. MDCTの臨床応用-胸部-, Radiology Frontie, 3巻, 2号, pp. 23-27, 2000
  168. 進展固定肺・ファントムを用いたMultidetector‐Row CT systemによる高分解能CT(HRCT)の画質評価., 日本医学放射線学会雑誌, 60巻, 2号, pp. S94-S95, 2000
  169. 大動脈炎症候群におけるtime resolved multi-phase MR angiographyの有用性., 脈管学, 40巻, 7号, pp. 371-375, 2000
  170. ★, The subtypes of localized bronchioloalveolar carcinoma: CT-pathologic correlation in 18 cases, AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY, 173巻, 1号, pp. 75-79, 1999
  171. Respiratory change in size of honeycombing:inspiratory and expiratory spiral volumetric CT analysis of 97 cases., Journal of Computer Assisted Tomography., 23巻, 2号, pp. 174-180, 1999
  172. Comparison of High Resolution CT findings of sarcoidosis, lymphoma, and lymphangitic carcinoma:Is There Any Difference of Involved Interstitium?, Journal of Computer Assisted Tomography., 23巻, 3号, pp. 374-379, 1999
  173. 胸部X線単純写真読影に必要な解剖, 臨床画像, 15巻, 5号, pp. 510-516, 1999
  174. non-specific interstitial pneumonitis, 臨床画像, 15巻, 11号, pp. 1310-1314, 1999
  175. 縦隔肺門リンパ節腫大を伴った肺のinflammatory pseudotumorの1例, Radiology Frontier, 2巻, 1号, pp. 148-150, 1999
  176. 気管・気管支狭窄の治療-ステント留置術, IVR会誌, 14巻, 1号, pp. 26-33, 1999
  177. 左室乳頭筋収縮能評価におけるヘリカルCTの有用性., 日本医学放射線学会雑誌, 59巻, 7号, pp. 41-45, 1999
  178. Visualization of Air-trapping Area with Expiratory CT in Hypersensitivity Pneumonitis., Radiation Medicine, 16巻, 4号, pp. 293-295, 1998
  179. A case of acute interstitial pneumonia indistinguishable from bronchiolitis obliterans organizing pneumonia/cryptogenic organizing pneumonia: high-resolution CT findings and pathologic correlation., Radiation Medicine, 16巻, 5号, pp. 367-370, 1998
  180. Spiral CT during pharmacoangiography with angiotensin II in patients with pancreatic disease. Technique and diagnostic efficacy., Acta Radiologic, 39巻, 2号, pp. 138-143, 1998
  181. 小型肺野型肺癌の診断におけるフラクタル解析の有用性(肺血管集束のフラクタル解析-肺野型肺癌と過誤腫の定量的評価-), 日本医学放射線学会雑誌, 58巻, 4号, pp. 20-23, 1998
  182. 特集:新生児・乳幼児のMR画像診断-画像の特徴と診断の要点 胸部(心大血管を含む), 日獨医報, 42巻, pp. 73-84, 1997
  183. 間質性肺炎のradiologic-pathologic correlation, 画像診断, 17巻, 12号, pp. 1318-1326, 1997
  184. bronchiolitis obliterans organizing pneumonia(BOOP)の画像所見, 臨床画像, 13巻, 1号, pp. 60-64, 1997
  185. 吸気時呼気時のspiral volumetric high-resolution CTによる蜂窩肺の機能形態学的検討, 臨床放射線, 42巻, 1号, pp. 91-96, 1997
  186. MR of Xanthogranuloma of the Choroid plexus., AJNR, 17巻, pp. 1595-1597, 1996
  187. Double lumen-Coaxial catheter Systemによる経動脈性門脈造影CTと肝動脈CTの併用, 日本医学放射線学会雑誌, 56巻, 1号, pp. 60-62, 1996
  188. 3DCTによる肺末梢部腫瘤の診断, 臨床放射線, 40巻, pp. 795-802, 1995
  189. 膵・胆道癌におけるSpiral CT Portographyの有用性, 胆と膵, 16巻, 12号, pp. 1109-1114, 1995

著書等出版物

  1. 2022年08月26日, 医療情報 第7版 医療情報システム編, 一般社団法人 日本医療情報学会医療情報技師育成部会, 2022年, 8, 教科書, 共著, 978-4-86705-815-2, 459
  2. 2002年, 胸腹部・骨盤部CT・MRI診断のキーワード160, 胸腹部・骨盤部CT・MRI診断のキーワード160, メジカルビュー社, 2002年, 三原直樹
  3. 2007年, 胸部単純X線診断をきわめる, 胸部単純X線診断をきわめる, 秀潤社, 2007年, 共著, 梁川雅弘,富山憲幸,藤田由佳,澄川裕充,井上敦夫,三原直樹,本多 修,上甲 剛,中村仁信
  4. 2009年, 新版医療情報 医療情報システム編, 新版医療情報 医療情報システム編, 篠原出版新社, 2009年, 共著, 三原直樹,白鳥義宗
  5. 2016年, 医療情報第5版 医療情報システム編, 医療情報第5版 医療情報システム編, 篠原出版新社, 2016年, 共著, 三原直樹,白鳥義宗,松村泰志

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Real World Data(RWD)によるReal World Evidence (RWE) 創出のために, 三原 直樹,谷川 雅俊,片岡 浩巳,真鍋 史朗, 第26回日本医療情報学会春季学術大会, 2022年07月01日, 招待, 日本語, 第26回日本医療情報学会春季学術大会, 岡山
  2. 統合参照ビューアの診療科医師による評価とその解析, 三原直樹, 第21回日本医療情報学会学術大会, 2020年11月19日, 通常, 日本語
  3. がん診療において統合ビューアに表示する診療情報の重みづけに関する研究, 三原直樹, 第22回日本医療情報学会学術大会, 2021年11月21日, 通常, 日本語
  4. 画像とICU分野のAI導入とその基盤構築, 三原直樹, 第25回日本医療情報学会春季学術大会, 2021年06月11日, 招待, 日本語, 米子
  5. IT:ネットワーク(院内)の考え方 PACS,端末,DICOM, 三原直樹, 三原直樹, 日本医学放射線学会関東地方会セミナー, 2013年, 日本語
  6. FUJIFILM Synapse VNAによる 医用画像の一元管理と 多種多様な画像解析システムの統合, 三原直樹, 第56回全国自治体病院学会, 2017年, 招待, 日本語
  7. 医療情報の統合及び利活用を目指すVNA, 三原直樹, 第37回日本画像医学会, 2017年, 招待, 日本語
  8. 個人情報保護法の改正と医療, 三原直樹, 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2017年, 招待, 日本語
  9. 現状の電子カルテシステムの課題とAbiertoシリーズに期待すること, 三原直樹, 国際モダンホスピタルショウ2018, 2018年, 招待, 日本語
  10. がん臨床データの統合プラットフォームの活用による新たな価値創出の可能性, 三原直樹, 第17日本臨床腫瘍学会学術集会, 2019年, 招待, 日本語
  11. 診療データの一元管理・閲覧を目的とした統合Viewerの開発~がん治療現場での現状と課題~, 三原直樹, 第59回日本臨床化学会年次学術集会, 2019年, 招待, 日本語
  12. Real World Dataの利活用を目指した医用画像情報統合システムを考える~, 三原直樹, 医用画像情報の管理・運用における実務者向けセミナー, 2019年, 招待, 日本語
  13. Development of a System for Transferring Images via Network: Supporting a Regional Liaison, 三原直樹, MedInfo, 2013年, 通常
  14. Verification of DICOM Viewers on Virtual Platform for aiming at the realization of the Vender Neutral Archive Primitive Report, 三原直樹, Radiology Society of North America, 2014年, 英語
  15. Cross-institutional document exchange system using clinical document architecture (CDA) with virtual printing method, 三原直樹, Medical Informatics in Europe, 2015年, 英語
  16. Development of universal viewer for physician in medical issue, 三原直樹, ECR, 2019年, 英語
  17. Proposal of relevant information visualization for a universal viewer in oncology, 三原直樹, Medinfo, 2019年, 英語
  18. 胸部単純写真読影における自己学習用システムの構築, 三原直樹、笹井浩介、富山憲幸、黒田知宏、仲野俊成、宮本正喜、朴勤植、玉川裕夫、松村泰志, 三原直樹、笹井浩介、富山憲幸、黒田知宏、仲野俊成、宮本正喜、朴勤植、玉川裕夫、松村泰志, 第31回医療情報学連合大会, 2011年, 日本語
  19. 地域医療連携に対応した画像転送システムの構築, 三原直樹、真鍋 史朗、武田 理宏、鈴木 太郎、北村 慎一郎、村上 淳一、木曽 浩二、松村 泰志, 三原直樹、真鍋 史朗、武田 理宏、鈴木 太郎、北村 慎一郎、村上 淳一、木曽 浩二、松村 泰志, 第32回医療情報学連合大会, 2012年, 日本語
  20. 大阪大学の地域医療連携システム構想 ~文書および画像の電子的情報交換~, 三原直樹, 平成24年度 大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2013年, 日本語
  21. Secret Share技術を用いた統合文書管理システム(DACS)内文書の秘密分散バックアップ環境開発, 三原直樹、松村 泰志、木村 映善、黒田 知宏、粂 直人、最首 壮一、佐藤 敦, 三原直樹、松村 泰志、木村 映善、黒田 知宏、粂 直人、最首 壮一、佐藤 敦, 第34回医療情報学連合大会, 2014年, 日本語
  22. 電子カルテシステムによる臨床研究の支援-電子カルテシステムからeCRFの作成、ODMによるCDMSとの連携-, 三原直樹, 平成26年度 大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2015年, 日本語
  23. 臨床研究におけるリモートSDVによるモニター業務の効率化に関する検討報告, 三原直樹、真鍋 史朗、武田 理宏、松村 泰志、山口 光峰, 三原直樹、真鍋 史朗、武田 理宏、松村 泰志、山口 光峰, 第35回医療情報学連合大会, 2015年, 日本語
  24. 統合文書管理システム(DACS)内文書の秘密分散技術を用いた安全なバックアップ並びに大災害時の診療データの復元に関わる課題報告, 三原直樹、真鍋 史朗、木村 栄善、黒田 知宏、松村 泰志, 三原直樹、真鍋 史朗、木村 栄善、黒田 知宏、松村 泰志, 第35回医療情報学連合大会, 2015年, 日本語
  25. VNA実現に向けた統合ストレージ・仮想環境下での医用画像情報システム(PACS)の導入 ~PACS更新及びベンダーチェンジの経験から~, 三原直樹, 平成27年度 大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2016年, 日本語
  26. テンプレートサービス・共有データベース機能を用いた有効なデータ活用の試みと電子カルテの新機能, 三原直樹, 三原直樹, 平成27年度 大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2016年, 日本語
  27. PACSベンダーチェンジにおけるPitfallと解決方法~VNA(Vendor Neutral Archive)システムの導入~, 三原直樹、真鍋 史朗、武田 理宏、村田 泰三、藤井 歩美、上田 郁奈代、島井 良重、松村 泰志, 三原直樹、真鍋 史朗、武田 理宏、村田 泰三、藤井 歩美、上田 郁奈代、島井 良重、松村 泰志, 第36回医療情報学連合大会, 2016年, 日本語
  28. 病院情報システム利用者教育のための教材作成, 三原直樹、入江 真行、岡田 康、田中 一史、中西 寛子、長原 三輝雄、山本 和子, 三原直樹、入江 真行、岡田 康、田中 一史、中西 寛子、長原 三輝雄、山本 和子, 第36回医療情報学連合大会, 2016年, 日本語
  29. 地域連携における電子的文書交換システムの開発, 三原直樹、真鍋 史朗、武田 理宏、島井 良重、堀島 裕之、村田 泰三、藤井 歩美、上田 郁奈代、松村 泰志, 三原直樹、真鍋 史朗、武田 理宏、島井 良重、堀島 裕之、村田 泰三、藤井 歩美、上田 郁奈代、松村 泰志, 第33回医療情報学連合大会, 2013年, 日本語

受賞

  1. 2014年, 第34回医療情報学会連合大会 優秀口演賞, 日本医療情報学会学術大会, 秘密分散技術を用いた統合文書管理システム(DACS)内文書の遠隔バックアップ環境の開発
  2. 1997年, 第83回北米放射線学会 Certificate of Merit

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. ゲノム創薬・医療を指向した全国規模の進行固形がん、及び、遺伝性腫瘍臨床ゲノムデータストレージの構築臨床ゲノム情報統合データベース整備事業, 2017年, 2018年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 電子カルテ非構造化データからの薬剤性有害事象検出手法の開発, 2016年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 行為分解木による医療プロセスのモデリングに関する研究, 2013年, 2015年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 血液検査結果によるがん早期診断支援システムの構築, 2012年, 2014年
  5. がん診療支援、臨床研究に対応した病院情報システムの開発研究, 2018年, 2019年
  6. 産業データ共有促進事業費, PHR及びNon-PHR領域における統合データ収集・活用を実現する基盤構築, 2018年
  7. 臨床研究・治験推進研究事業、医療技術実用化総合研究事業, 臨床研究・治験のIT化推進のための実施プラン策定に関する研究(H25-医療技術-指定-016), 2015年
  8. 挑戦的萌芽研究, 遠隔放射線治療の総合パッケージのモデルシステム作成, 2013年, 2015年
  9. 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)ICTイノベーション創出型, 医療サービスの継続性を担保する電子カルテ秘密分散バックアップ技術の研究開発, 2014年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広島県高度医療・人材育成拠点ビジョン推進会議分科会 座長(委員長), 2022年06月, 広島県高度医療・人材育成拠点ビジョン推進会議
  2. 広島大学・広島県連携会議 委員, 2022年07月, 広島大学・広島県連携会議
  3. 評議員, 2022年07月, 日本医療情報学会
  4. 世話人, 2022年04月, 日本医用画像電子情報・人工知能研究会
  5. 学術委員会委員, 2022年07月, 日本医療情報学会
  6. 第42回 医療情報学連合大会プログラム委員会幹事委員, 2022年05月, 2023年01月, 第42回 医療情報学連合大会事務局
  7. 委員, 厚生労働省 医療等情報利活用ワーキンググループ
  8. 医療情報活用推進特別専門委員会委員, 2020年11月, 2021年03月, 広島県地域保健対策協議会
  9. プログラム委員長, 2021年08月, 2022年08月, 第26回日本医療情報学会春季学術大会
  10. ICT推進委員会委員, 日本病院会
  11. 匿名加工医療情報公正利用促進機構, 匿名加工医療情報公正利用促進機構
  12. 医療等分野NW安全管理WG, 厚生労働省
  13. アドバイザー, 広島県地域保健対策協議会 救急医療体制検討特別委員会
  14. 利益相反委員会委員, 日本医療情報学会
  15. 教育委員会委員, 日本医療情報学会
  16. 上級将来検討委員会委員, 日本医療情報学会
  17. IT統括委員会外部委員, 国循環器研究センター
  18. 政策提言・広報部会構成委員, 医療トレーサビリティ協議会
  19. AMED過大評価委員会委員, 日本医療研究開発機構(AMED)
  20. プログラムオフィサー, 日本医療研究開発機構(AMED)
  21. HI-UP(Hospital Information User Program)委員会委員, 日本医療情報学会
  22. プログラム委員長, 第37回医療情報学連合大会
  23. 臨床データ研究実習, 大阪大学

学術会議等の主催

  1. 第26回日本医療情報学会春季学術大会, プログラム委員長, 2021年08月, 2022年08月