相川 友直TOMONAO AIKAWA

Last Updated :2024/06/04

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯) 教授
メールアドレス
aikawathiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 1994年04月01日, 1997年03月31日, 日本学術振興会, 特別研究員
  • 1998年02月21日, 1999年04月30日, 八尾徳洲会総合病院, 歯科口腔外科, 医長
  • 1999年04月28日, 2001年03月31日, マサチューセッツ総合病院, 内分泌部門, リサーチフェロー
  • 2003年03月16日, 2007年03月31日, 大阪大学, 大学院歯学研究科, 助手
  • 2007年04月01日, 2009年12月15日, 大阪大学, 大学院歯学研究科, 助教
  • 2009年12月16日, 2019年07月31日, 大阪大学, 歯学部附属病院, 講師
  • 2019年08月01日, 2021年12月31日, 大阪大学, 大学院歯学研究科, 准教授
  • 2022年01月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 教授

学歴

  • 大阪大学, 大学院歯学研究科, 歯学臨床系専攻博士課程, 日本, 1990年04月, 1994年03月
  • 広島大学, 歯学部, 歯学科, 日本, 1983年04月, 1990年03月

学位

  • 博士(歯学) (大阪大学)

教育担当

  • 【学士課程】 歯学部 : 歯学科 : 歯学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 歯学専門プログラム

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 2ターム, 全身の健康と口腔科学I[1歯][旧パッケージ]
  2. 2024年, 学部専門, 3ターム, 口腔病理学I
  3. 2024年, 学部専門, 4ターム, 口腔病理学II
  4. 2024年, 学部専門, 1ターム, 口腔病理学実習I
  5. 2024年, 学部専門, 2ターム, 口腔病理学実習II
  6. 2024年, 学部専門, 1ターム, 歯学研究特論I
  7. 2024年, 学部専門, 2ターム, 歯学研究特論II
  8. 2024年, 学部専門, 4ターム, 特別科目
  9. 2024年, 学部専門, 2ターム, 口腔インプラント学
  10. 2024年, 学部専門, 1ターム, 顎外科学I
  11. 2024年, 学部専門, 2ターム, 顎外科学II
  12. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習I(口腔外科学)
  13. 2024年, 学部専門, 3ターム, 災害医療・歯科法医学
  14. 2024年, 学部専門, 3ターム, 顎口腔医療学基礎実習III(模型実習)
  15. 2024年, 学部専門, 4ターム, 顎口腔医療学基礎実習IV(模型実習)
  16. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 歯学研究実習II(口腔外科学)
  17. 2024年, 学部専門, 2ターム, 応用口腔医学特論
  18. 2024年, 学部専門, 2ターム, 顎口腔医療学特論
  19. 2024年, 学部専門, 2ターム, 基礎・臨床総合示説
  20. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習III(口腔顎顔面病理病態学)
  21. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習III(口腔外科学)
  22. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), Dental Research Practices IV (Oral and Maxillofacial Pathobiology)
  23. 2024年, 学部専門, 年度, 臨床実習(口腔外科学II)
  24. 2024年, 学部専門, 2ターム, 病理学・口腔病理学
  25. 2024年, 学部専門, 1ターム, 外科系歯科学I
  26. 2024年, 学部専門, 3ターム, 災害医療・歯科法医学
  27. 2024年, 学部専門, 2ターム, 病理学・口腔病理学
  28. 2024年, 学部専門, 1ターム, 有床義歯保健工学(部分床義歯)
  29. 2024年, 学部専門, 1ターム, 外科系歯科学I
  30. 2024年, 学部専門, 3ターム, 災害医療・歯科法医学
  31. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 口腔外科学特別演習
  32. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 口腔外科学特別演習
  33. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 口腔外科学特別研究
  34. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 口腔外科学特別研究

研究活動

著書等出版物

  1. 2021年04月01日, 顎矯正手術エッセンシャル, 顎矯正手術,最新の術式,症例数,美麗な症例写真・イラスト,中堅口腔外科医,手術技量の向上, クインテッセンス出版, 2021年, 4, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 編著者:横江義彦・堀之内康文 著者:相川友直・竹信俊彦・茶谷仁史・中嶋正博・古谷昌裕・森下 格・山内健介・山口芳功, ISBN978-4-7812-0807-7,C3047, 260, Chapter 4 p55 – p68 Chapter 5 SARPE / TMDO p69 – p80

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. IL-7は扁平上皮癌マウスモデルの浸潤型骨吸収に関与する, 山下 翔平, 宮川 和晃, 相川 友直, 第39回日本骨代謝学会学術集会, 2021年10月08日, 通常, 日本語
  2. 早期舌癌治療のパラダイムシフトへ向けて-医科歯科病理の知の融合- 早期舌扁平上皮癌における頸部後発転移の新たな予測因子, 山川 延宏, 桐田 忠昭, 梅田 正博, 柳本 惣一, 大鶴 光信, 大倉 正也, 相川 友直, 太田 嘉英, 栗田 浩, 山田 慎一, 明石 昌也, 長谷川 巧, 上田 倫弘, 第45回日本頭頸部癌学会, 2021年06月18日, 通常, 日本語, 千葉県
  3. 次世代へ紡ぐ顎変形症治療 顎変形症と顎関節疾患の包括的治療に向けて, 相川 友直, 第75回NPO法人日本口腔科学会, 2021年05月14日, 通常, 日本語
  4. IL-7は歯肉癌の浸潤型骨吸収に関与する, 山下 翔平, 宮川 和晃, 高畑 惣介, 古郷 幹彦, 相川 友直, 第75回日本口腔科学会, 2021年05月13日, 通常, 日本語, NPO法人日本口腔科学会, 大阪市
  5. 変形性顎関節症に対するMitekアンカーを用いた関節円板整位手術の経験, 相川 友直, 新宅 優子, 原田 計眞, 宮川 和晃, 関 壮樹, 有川 千尋, 藤原 采香, 島岡 祐加子, 古郷 幹彦, 第31回日本顎変形症学会, 2021年06月11日, 通常, 日本語, 日本顎変形症学会, 仙台市
  6. 骨格性II級不正咬合に対する顎矯正手術前後の顎関節病態の検討, 関 壮樹, 新宅 優子, 宮川 和晃, 原田 計眞, 有川 千尋, 藤原 采香, 島岡 祐加子, 古郷 幹彦, 相川 友直, 第31回日本顎変形症学会総会・学術大会, 2021年06月11日, 通常, 日本語, 特定非営利活動法人 日本顎変形症学会, 仙台市
  7. 口腔扁平上皮癌の骨吸収様式を決定するIL-7の役割, 山下翔平、宮川和晃、高畑惣介、古郷幹彦、相川友直3, 第66回 日本口腔外科学会総会・学術大会, 2021年11月12日, 通常, 日本語, 日本口腔外科学会, 千葉県幕張市

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費補助金, がん微小環境における骨吸収機序: IL-7とRANKL発現機序を軸とした解析, 2022年04月01日, 2025年03月31日
  2. 科学研究費助成事業, 口唇裂・口蓋裂患者特有の睡眠呼吸障害と顎顔面骨格との関連の検討, 2019年04月01日, 2022年03月31日
  3. 科学研究費補助金, 腫瘍性骨吸収機序の研究:RANKL発現調節と破骨細胞形成を軸とした網羅的解析, 2019年04月01日, 2022年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 招へい教員, 2022年04月, 2023年03月, 大阪大学
  2. 招へい教授, 2022年01月, 2022年03月, 大阪大学
  3. 非常勤歯科医師, 2022年01月, 2023年01月, 吹田徳洲会病院
  4. 非常勤歯科医師, 2022年01月, 2023年01月, 八尾徳洲会総合病院
  5. 日本顎変形症学会ガイドライン策定委員会 委員長, 2022年07月01日, 2024年06月30日, 日本顎変形症学会
  6. 日本顎変形症学会学術委員会 委員, 2021年07月01日, 2023年06月30日
  7. 日本口腔外科学会雑誌 編集査読委員会 委員, 2022年04月01日, 2026年03月31日, 日本口腔外科学会
  8. 口腔顔面神経機能学会 理事
  9. 広島大学歯学会 理事, 2022年01月01日, 2030年03月31日
  10. 日本顎変形症学会 理事, 2022年06月09日, 2024年06月26日
  11. 日本口蓋裂学会 評議員
  12. 日本口腔科学会 評議員, 2022年01月01日, 2030年03月31日, 日本口腔科学会
  13. 日本口腔外科学会 代議員, 2022年01月01日, 2024年11月01日

学術雑誌論文査読歴

  1. 2022年, Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology, 編集員
  2. 2022年, 日本口腔外科学会雑誌, 編集員, 編集査読委員, 40