東 幸仁Yukihito Higashi

Last Updated :2024/06/05

所属・職名
原爆放射線医科学研究所 教授
メールアドレス
yhigashihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 霞総合研究棟502
TEL:082-257-5831

基本情報

主な職歴

  • 2009年04月01日, 2013年09月19日, 広島大学病院再生医療部部長(併任), 広島大学病院再生医療部部長(併任)
  • 2013年09月20日, 広島大学病院未来医療センター長(併任), 広島大学病院未来医療センター長(併任)

学歴

  • 広島大学, 医学部, 日本, 1982年04月, 1988年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 放射線医科学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 境界医学 / 病態検査学

研究キーワード

  • 酸化ストレス
  • 心筋再生
  • 一酸化窒素
  • 病態
  • 血管新生
  • 血管内皮機能
  • 高血圧

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学I
  2. 2024年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  3. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  4. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  5. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  6. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  7. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  8. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  9. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  10. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  11. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 病因病態学
  12. 2024年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 放射線統合医科学
  13. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 再生医療開発学特別演習
  14. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 再生医療開発学特別演習
  15. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 再生医療開発学特別研究
  16. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 再生医療開発学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Effects of low-dose colchicine on serum high-sensitive C reactive protein level in coronary artery disease patients with type 2 diabetes mellitus and enhanced inflammatory response. Protocol for a randomized, double-blind, placebo-controlled, phase II, dose- finding study., Biomed Hub, 7巻, 3号, pp. 156-164, 20221201
  2. ★, A good time to reconsider the associations of calcium and magnesium with hypertension., Circ J, 86巻, 9号, pp. 1474-1475, 202208
  3. Effect of novel stratified lpid risk by “LDL-Window” and flow-mediated dilation on the prognosis of coronary artery disease using the FMD-J Study A data, Circ J., 86巻, 9号, pp. 1444-1454, 202208
  4. ★, Reply to a letter to the editor regarding "Short stature is associated with low flow-mediated vasodilation in Japanese men", Hypertens Res., 45巻, 7号, pp. 1221, 202207
  5. ★, Beneficial effects of supplementation on endothelial function: what mechanisms?, J Atheroscler Thromb, 29巻, 9号, pp. 1268-1270, 202209
  6. ★, Clinical implication of impaired skin microvascular function in patients with hypertension., Hypertens Res, 45巻, 3号, pp. 535-537, 202203
  7. ★, Effect of exposure to radiation caused by an atomic bomb on endothelial function in atomic bomb survivors, FRONTIERS IN CARDIOVASCULAR MEDICINE, 10巻, 20230217
  8. ★, Current topic of vascular function in hypertension, HYPERTENSION RESEARCH, 46巻, 3号, pp. 630-637, 202303
  9. ★, Early-Phase Changes in Serum Free Fatty Acid Levels After Glucose Intake Are Associated With Type 2 Diabetes Incidence: The Hiroshima Study on Glucose Metabolism and Cardiovascular Diseases, DIABETES CARE, 45巻, 10号, pp. 2309-2315, 202210
  10. ★, The prevalence of cardiovascular disease is higher in patients with bilateral low ankle-brachial index than in patients with unilateral low ankle-brachial index, ATHEROSCLEROSIS, 360巻, pp. 8-14, 202211
  11. ★, Roles of Oxidative Stress and Inflammation in Vascular Endothelial Dysfunction-Related Disease, ANTIOXIDANTS, 11巻, 10号, 202210
  12. ★, Adipose tissue insulin resistance predicts the incidence of hypertension: The Hiroshima Study on Glucose Metabolism and Cardiovascular Diseases, HYPERTENSION RESEARCH, 45巻, 11号, pp. 1763-1771, 202211
  13. ★, Serum Potassium Levels of 4.5 to Less Than 5.0 mmol/L Are Associated with Better Vascular Function, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 29巻, 11号, pp. 1588-1602, 2022
  14. ★, Effectiveness of High-Intensity Interval Training and Continuous Moderate-Intensity Training on Blood Pressure in Physically Inactive Pre-Hypertensive Young Adults, JOURNAL OF CARDIOVASCULAR DEVELOPMENT AND DISEASE, 9巻, 8号, 202208
  15. ★, Promising Assessment of Vascular Function for Future Cardiovascular Events, J Atheroscler Thromb, 28巻, 11号, pp. 1123-1125, 2021
  16. ★, Relationship of Daily Coffee Intake with Vascular Function in Patients with Hypertension, NUTRIENTS, 14巻, 13号, 202207
  17. ★, Cardiovascular risk in patients receiving antihypertensive drug treatment from the perspective of endothelial function, HYPERTENSION RESEARCH, 45巻, 8号, pp. 1322-1333, 202208
  18. Update on Hypertension Research in 2021, HYPERTENSION RESEARCH, 45巻, 8号, pp. 1276-1297, 202208
  19. ★, Obesity and Endothelial Function, BIOMEDICINES, 10巻, 7号, 202207
  20. ★, Temporal Changes in Sparing and Enhancing Dose Protraction Effects of Ionizing Irradiation for Aortic Damage in Wild-Type Mice, CANCERS, 14巻, 14号, 202207
  21. ★, White blood cell count is not associated with flow-mediated vasodilation or nitroglycerine-induced vasodilation, SCIENTIFIC REPORTS, 12巻, 1号, 20220517
  22. ★, Long-Term Effect of Febuxostat on Endothelial Function in Patients With Asymptomatic Hyperuricemia: A Sub-Analysis of the PRIZE Study, FRONTIERS IN CARDIOVASCULAR MEDICINE, 9巻, 20220428
  23. ★, Relationship between hemoglobin A1c level and flow-mediated vasodilation in patients with type 2 diabetes mellitus receiving antidiabetic drugs, JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION, 13巻, 4号, pp. 677-686, 202204
  24. ★, Self-reported total sitting time on a non-working day is associated with blunted flow-mediated vasodilation and blunted nitroglycerine-induced vasodilation, SCIENTIFIC REPORTS, 12巻, 1号, 20220416
  25. ★, Implantation of Hypoxia-Induced Mesenchymal Stem Cell Advances Therapeutic Angiogenesis, STEM CELLS INTERNATIONAL, 2022巻, 20220320
  26. ★, Association of Flow Parameters and Diameter in the Common Carotid Artery with Impaired Glucose Metabolism, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 29巻, 5号, pp. 654-666, 2022
  27. ★, Isolated diastolic hypertension is not associated with endothelial dysfunction, HYPERTENSION RESEARCH, 45巻, 4号, pp. 698-707, 202204
  28. ★, Poor tooth brushing behavior is associated with high risk of cardiovascular events: A prospective observational study, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 350巻, pp. 111-117, 20220301
  29. Annual reports on hypertension research 2020, HYPERTENSION RESEARCH, 45巻, 1号, pp. 15-31, 202201
  30. ★, Association of obesity with serum free fatty acid levels in individuals at different stages of prediabetes, CLINICAL OBESITY, 12巻, 1号, 202202
  31. ★, Short stature is associated with low flow-mediated vasodilation in Japanese men, HYPERTENSION RESEARCH, 45巻, 2号, pp. 308-314, 202202

著書等出版物

  1. 2022年, 血管TIMES, 動脈硬化とFMD, 2022年, 単行本(学術書), 共著
  2. 2022年, ドクターサロン, 尿酸値を診る(III)高尿酸血症と高血圧・動脈硬化., 2022年, 単行本(学術書), 共著
  3. 2022年, 薬理と治療., 松樹皮抽出物含有食品の血小板凝集に及ぼす作用-プラセボ対照ランダム化二重盲検並行群間試験-, 2022年, 単行本(学術書), 共著
  4. 2022年, 診断と治療, 歯周病が及ぼす全身疾患. 歯周病の要因及び全身疾患との関連. 9.歯周病と心血管疾患・脳卒中, 単行本(学術書), 共著
  5. 2022年, アンチエイジング医学の基礎と臨床., IV. アンチエイジング(抗加齢)の実践・診断学 I. アンチエイジングドック 2. 血管年齢., 日本抗加齢医学会認定テキスト改定版編集委員会, 2022年, 単行本(学術書), 共著
  6. 2022年, 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン, 単行本(学術書), 共著
  7. 2021年, 血管不全の生理学的診断指針, ライフサイエンス出版, 2021年, 教科書, 共著, 日本語, 伊藤 浩、井上 晃男、植田 真一郎、甲谷友幸、苅尾 七臣、杉山 正吾、田中 敦史、冨山 博史、野出 孝一、東 幸仁、松澤 泰志、丸橋 達也、三好 享、宗像 正徳, 978-4897754253, 48
  8. 2019年, 循環器症候群(第3版), その他の循環器疾患を含めて:VIII. 末梢動脈・静脈疾患 2. 末梢動脈疾患の検査., 日本臨床, 2019年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁, 412-415
  9. 2019年6月月, 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第3版, 3章C7動脈硬化., 日本痛風・拡散代謝学会 ガイドライン改定委員会, 2019年, 6月, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁, 2, 64-65
  10. 2019年, 動脈硬化診療のすべて, III章 動脈硬化の診断 E. 機能検査 2. 内皮機能., 南江堂, 2019年, 教科書, 共編著, 日本語, 東幸仁, 170-173
  11. 2019年, 熱血 循環器学, 血管内皮機能と心血管病, 洋學社(株), 2019年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁, 14
  12. 2020年01月, 循環器内科, 心血管疾患残余リスクとしてのキサンチンオキシダーゼ(XO). 5. XO、UAと冠動脈疾患: 血管内皮機能障害を中心に, 科学評論社, 2020年, 1, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁, 6
  13. 2019年, 日本骨粗鬆学会雑誌, 歯科と循環器の関連, メディカルレビュー社, 2019年, その他, 単著, 日本語, 東 幸仁, 575-578
  14. 2019年, Billrubin and endothelial function, J Atheroscler Thromb, 2019年, 2019, 単行本(学術書), 共著, English, Maruhashi Tatsuya, Kihara Yasuki, Higashi Yukihito
  15. 2019年, 臨床泌尿器科, 男性の百寿社会のために テストステロンの徹底理解. テストステロンと血管内皮機能., 医学書院, 2019年, 1, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁
  16. 2019年, 心臓, 血管内皮機能障害とHFpEF, 日本心臓財団, 2019年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁
  17. 2019年, DIABETES UPDATE, PAD(末梢動脈障害)を伴った2型糖尿病患者の症例報告, メディカルレビュー社, 2019年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁
  18. 2019年, 血圧, Information Up-toDate, 先端医学社, 2019年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 梶川 正人、東 幸仁
  19. 2019年, ezFMD: 医工連携研究による新しい血管内皮機能評価法の開発., ezFMD: 医工連携研究による新しい血管内皮機能評価法の開発., J Jan Coll Angiol., 2019年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 辻 敏夫,平野 陽豊,東 幸仁,吉栖 正生
  20. 2019年, 識る. 10[Expertise]HFpEFにおける血管内皮機能障害., メディカルレビュー社, 2019年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁
  21. 2018年, 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第3版, 日本痛風・拡散代謝学会 ガイドライン改定委員会, 2018年, 2018, 教科書, 共著, 東幸仁
  22. 2018年, 文春クリニック 食の新常識, 文藝春秋(株), 2018年, 2018, その他, 単著, 日本語, 東幸仁
  23. 2018年, 「糖尿病」HbA1c・血糖値をピタッと下げるコツとワザ, 主婦の友インフォス(株), 2018年, 2018, その他, 単著, 日本語, 東幸仁
  24. 2018年, 「高齢者歯周治療学」Part 2.第2章 2-3 血管系の変化とその対策・治療上の注意点, インターアクション(株), 2018年, 2018, その他, 共著, 日本語, 東幸仁
  25. 2019年, 「熱血 循環器学」2. 血管内皮機能と心血管病, 2. 血管内皮機能と心血管病, 洋學社(株), 2019年, 2019, 教科書, 共著, 日本語, 東幸仁, 17-30
  26. 2018年20月18日, 「糖尿病」HbA1c・血糖値をピタッと下げるコツとワザ, 主婦の友インフォス(株), 2018年, 2018, その他, 共著, 日本語, 東幸仁
  27. 2018年20月18日, 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第3版.ダイジェスト・ポケット版, 日本痛風・拡散代謝学会 ガイドライン改定委員会, 2018年, 2018, 教科書, 共著, 日本語, 東幸仁
  28. 2018年, Assessment of endothelium-independent vasodilation: from methodology to clinical perspectives, J Hypertens, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 共著, English, Maruhashi Tatsuya, Kihara Yasuki, Higashi Yukihito
  29. 2018年, Hyperuricemia and endothelial function: from molecular background to clinical perspectives, Atherosclerosis, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 共著, English, Maruhashi Tatsuya, Hisatome Ichiro, Kihara Yasuki, Higashi Yukihito
  30. 2018年, Physiological diagnosis criteria for vascular failure, Hypertension, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 共著, English, Tanaka Atsushi, Tomiyama Hirofumi, Maruhashi Tatsuya, Matsuzawa Yasushi, Miyoshi Toru, Kabutoya Tomiyuki, Kario Kazuomi, Sugiyama Seigo, Munakata Masanori, Ito Hiroshi, Higashi Yukihito, Inoue Teruo, Node Koichi
  31. 2018年, Cilostazol for the treatment of cerebral infarction, Expert Opin Pharmacother, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 共著, English, Noma Kensuke, Higashi Yukihito
  32. 2018年, Official Announcement of Physiological Diagnostic Criteria for Vascular Failure from the Japanese Society for Vascular Failure, Vasc Fail, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 共著, English, Tanaka Atsushi, Tomiyama Hirofumi, Maruhashi Tatsuya, Matsuzawa Yasushi, Miyoshi Toru, Kabutoya Tomoyuki, Kario Kazunori, Sugiyama Seigo, Munakata Masanori, Ito Hiroshi, Higashi Yukihito, Inoue Teruo, Node Koichi.
  33. 2018年, 1.血管内皮細胞機能の臨床的評価, 血管内皮細胞機能を再考する, Thrombosis Medicine, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東 幸仁
  34. 2018年, 血圧・血管内皮細胞機能から見て. 糖尿病の最新治療, 糖尿病と動脈硬化Update, フジメディカル出版, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁, 5
  35. 2018年, III.検査診断学の進歩. 5.血管内皮細胞機能評価, 血栓・塞栓症 -診断・治療・予防の最新動向-, 日本臨床, 2018年, 2018, 教科書, 単著, 日本語, 東幸仁, 7
  36. 2018年, 循環器内科, 高尿酸血症は心血管病のリスクか?, 科学評論社, 2018年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁
  37. 2018年, 「脳心血管坑加齢研究会2018:日々是好日:脳心血管加齢を処方す」開催にあたって., 「脳心血管坑加齢研究会2018:日々是好日:脳心血管加齢を処方す」開催にあたって., Anti-aging Science., 2018年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁
  38. 2018年, 循環器内科医が考える糖尿病治療 〜血管内皮機能〜, 循環器内科医が考える糖尿病治療 〜血管内皮機能〜, 山県郡医師会報, 2018年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁
  39. 2018年, 研究最前線. 緊急被ばく医療における再生医療の確立と血管機能研究., 研究最前線. 緊急被ばく医療における再生医療の確立と血管機能研究., 広島大学広報誌BHS NEWS., 2018年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁
  40. 2017年, Therapeutic Angiogenesis., Therapeutic Angiogenesis., Springer, 2017年, 2017, 単行本(学術書), 編著, English, Editors: Yukihtio Hiagshi, Toyoaki Murohara
  41. 2016年, 「心血管事故を予防するための糖尿病治療戦略 –実践のためのQ & A-」, II.糖尿病の病態を評価する 24.内皮依存性血管拡張反応(FMD)は何を見ているのか?どう生かしたらよいのか?, 文光堂(株), 2016年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 東幸仁, 89-91
  42. 2016年, 「人生を変える!食の新常識」心筋梗塞、脳卒中の予防に今日から始めよう!「血管若返り」ガイド決定版., 「人生を変える!食の新常識」心筋梗塞、脳卒中の予防に今日から始めよう!「血管若返り」ガイド決定版., 文藝春秋(株), 2016年, 単行本(一般書), 単著, 日本語, 東幸仁, 6, 67-72
  43. 2016年, 高尿酸血症・低尿酸血症 –最近の診断と治療-, 尿酸の抗酸化作用, 日本臨床, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁, 6, 68-73
  44. 2016年, 高血圧の成因に迫る:7., 高血圧と血管内皮機能, 血圧, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁, 4, 419-422
  45. 2016年, 心臓財団虚血性心疾患セミナー, 血管内皮機能測定の意義, 心臓, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁, 4, 476-479
  46. 2016年, 主治医として診る-高血圧診療. IV.臓器障害の評価, 14 FMD、眼底など, medicina, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁, 2, 1760-1762
  47. 2016年, 第15回禁煙推進セミナー, 2. 喫煙と血管内皮機能, 日本循環器学会「循環器専門医」, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁, 6, 289-294
  48. 2016年, NO、ADMA(asymmetric dimethylarginine), NO、ADMA(asymmetric dimethylarginine), 血管医学, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 丸橋 達也、木原 康樹、東 幸仁, 7, 87-93
  49. 2016年, バイオマーカーの発展, 8.バイオマーカーとしての血管内皮機能, 生体の科学, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁, 2, 390-391
  50. 2016年, 動脈硬化の臨床評価指標 動脈硬化予防 Prevention of Atherosclerosis, 5.血管内皮機能評価 (FMDなど), メジカルビュー社, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁, 5, 35-39
  51. 2016年, 脂質異常症診療の最前線, 動脈硬化予防/頸動脈エコー., メディカル朝日, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁, 2, 20-21
  52. 2016年, 多彩な病態における尿酸代謝障害の意義, 尿酸の抗酸化作用, 内分泌・糖尿病・代謝内科, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 東幸仁
  53. 2016年, 超高齢化社会における循環器疾患, 3.血管内皮機能と老化, Cardiac Practice, 2016年, 日本語, 東幸仁
  54. 2016年, 日経Gooday, 高血圧は「血管ボロボロ」の主犯 気づかぬうちに、血管の健康を守る内皮細胞にダメージが蓄積, 日本経済新聞社, 2016年, 2, 単行本(一般書), 単著, 日本語, 東幸仁
  55. 2016年, 「あさイチマガジン」part 2., 若い血管を保つスゴ技, 宝島社(株), 2016年, 単行本(一般書), 単著, 日本語, 東幸仁, 2, 14-15
  56. 2016年, タマネギは一酸化窒素を増やし“血管を若返らせる”, タマネギは一酸化窒素を増やし“血管を若返らせる”, 2016年, 単行本(一般書), 単著, 日本語, 東幸仁, 1, 44
  57. 2016年, 「血管若返りガイド」2016, 「血管若返りガイド」2016, 週刊文春(株), 2016年, 6, 単行本(一般書), 単著, 日本語, 東幸仁, 3, 129-131
  58. 2016年, 「エビデンス健康食」2016, 「エビデンス健康食」2016, 週刊文春(株), 2016年, 12, 単行本(一般書), 単著, 日本語, 東幸仁, 6, 130-135
  59. 2015年, 高血圧を自力で治す本 2015年版, 高血圧を自力で治す本 2015年版, マキノの出版(株), 2015年, その他, 東幸仁, P84-85
  60. 2014年, NHKあさイチ高血圧・高血糖・高コレステロールを防ぐ!健康大百科」 , 第1章 高血圧を食事で防ぐ!「たまねぎ」で血管が「若返る」, 宝島社(株), 2014年, 東 幸仁, P14-19
  61. 2014年, 高血圧を自力で治すNo.1療法, 高血圧を自力で治すNo.1療法, マキノの出版(株), 2014年, その他, 共編著, 東幸仁, P78-79
  62. 2014年, ヘモグロビンA1cをお腹いっぱい食べて下げるワザ, ヘモグロビンA1cをお腹いっぱい食べて下げるワザ, 主婦の友インフォス情報社(株), 2014年, その他, 共編著, 東幸仁, P22-23
  63. 2014年, たまねぎの強力な抗酸化物質「ケルセチン」が酸化ストレスを撃退., 糖尿病が自分で治せる101のワザ, 主婦の友インフォス情報社(株), 2014年, P113-114
  64. 2014年, 循環Plus, 循環器疾患における再生医療の展望. 骨髄細胞移植による末梢動脈の血行再建, 2014年, その他, 共編著, 10-13
  65. 2014年, 循環Plus, バイオマーカーと臓器障害. FMDと血管内皮障害, 2014年, その他, 共編著, 東幸仁, 10-13
  66. 2014年, 高尿酸血症と痛風, 患者教育実践講座第42回. 循環器疾患を有する患者の高尿酸血症について., 2014年, その他, 共編著, 東幸仁, 68-71
  67. 2014年, 高尿酸血症と心血管障害, 第2回. 高尿酸血症による心血管障害のメカニズム, 2014年, その他, 共編著, 164-168
  68. 2014年, Angiotensin Research, アテローム血栓症とRAS. 内皮機能障害の評価とRAS, 2014年, その他, 共編著, 東 幸仁, 79-83
  69. 2014年, Vitamembrane, 血管内皮機能と酸化ストレス, 2014年, その他, 共編著, 東幸仁, 7-13
  70. 2014年, Angiotensin Research, 血圧変動へのRASの関与を探る. 血圧変動、酸化ストレス、血管内皮機能、血管リモデリングにおけるRASの関与., 2014年, その他, 共編著, 野間 玄督、東 幸仁, 132-137
  71. 2014年, 循環器内科, 高血圧と心不全, 2014年, その他, 共編著, 野間玄督、木原康樹、東 幸仁, 77
  72. 2014年, 痛風と核酸代謝, 血管内皮に対する尿酸の影響, 2014年, その他, 共編著, 東 幸仁
  73. 2014年, 心臓, 内皮機能評価を診療に活かす(診断、病態など), 2014年, その他, その他, 東 幸仁, 1317
  74. 2014年, 心臓, 血管内皮機能評価を診療に活かす(overview), 2014年, その他, 共編著, 東 幸仁, 1318-1323
  75. 2014年, CardioVacular Contemporary, 高尿酸血症と心血管疾患リスク. 2. 高尿酸血症のメカニズム〜血管代謝・動脈硬化の側面から, 2014年, その他, 共編著, 東 幸仁, 8-13
  76. 2014年, 壮快, 血管がしなやかになり10歳若返る, 2014年, 1, その他, 共編著, 東 幸仁
  77. 2014年, 健康, 特集「台所の血糖降下薬の決定版」, 主婦の友社, 2014年, 4, その他, 共編著, 東 幸仁
  78. 2014年, 壮快, 動脈硬化を防ぐ!食べる降圧剤 血管が20歳若返る, 2014年, 4, その他, 共編著, 東 幸仁
  79. 2007年12月, シリーズ認知症—老年医学からのアプローチ , ワールドプランニング, 2007年, 12, 単行本(学術書), 共編著, 東 幸仁 吉栖 正生
  80. 1991年, Enhanced rectal and nasal absorption of human epidermal growrg factor by combined use of the absorption promoter and the synthetic polymer in rats , Eur. J. Drug Metab. Pharmacokin.= special issue No. 111, 1991年, 単行本(学術書), 共著, t.murakami m.kishimoto h.kawakita m.misaki y.kojima 東 幸仁 h. amagase t.fuwa n.yata 村上 照夫 , 7
  81. 2019年, 日本骨粗鬆学会雑誌, 歯科と循環器の関連
  82. 2015年05月, LEARN MORE 研究者インタビュー 体の中にテニスコートが6面!? 血管内皮機能を知れば,動脈硬化と骨粗鬆症がもっとわかる, O.li.v.e. : osteo lipid vascular & endocrinology : 骨代謝と生活習慣病の連関, 唐橋 ユミ;東 幸仁;山岸 昌一
  83. 2010年10月, RASと血管内皮機能障害, 最新医学, 東 幸仁
  84. 2006年01月, RASによる血管内皮機能障害を探る, Vascular medicine : journal of vascular medicine / 「Vascular medicine」編集委員会 編, 東 幸仁
  85. 2008年, アンチエイジングの臨床(循環器), 広島医学, 東 幸仁
  86. 2007年08月10日, 医学と医療の最前線 動脈硬化の第一段階としての血管内皮障害, 日本内科学会雑誌, 東 幸仁
  87. 2012年08月, 運動療法と血管内皮機能, 循環器内科 / 循環器内科編集委員会 編, 東 幸仁
  88. 2015年09月, 血管機能と代謝疾患, 循環器内科 = Cardioangiology / 循環器内科編集委員会 編, 東 幸仁
  89. 2013年08月, 血管内皮機能障害に対する運動刺激, 体育の科学 / 日本体育学会 編, 東 幸仁
  90. 2011年, 血管内皮機能の役割, 日本臨床スポーツ医学会誌 / 日本臨床スポーツ医学会編集委員会 編, 東 幸仁
  91. 2011年12月, 血管内皮機能の役割, 臨床スポーツ医学, 東 幸仁
  92. 2012年09月, 血管内皮障害の機序, 日本臨床, 東 幸仁
  93. 2011年11月, 抗凝固・抗血小板とアンチエイジング(第3回)血小板と血管内皮機能, Anti-aging science : 脳心血管抗加齢研究会機関誌 / 脳心血管抗加齢研究会事務局 [編], 野間 玄督;東 幸仁
  94. 2007年06月02日, 高血圧治療と抗アルドステロン薬, 医学のあゆみ, 東 幸仁
  95. 2015年01月, 高血圧と心不全, 循環器内科 / 循環器内科編集委員会 編, 野間 玄督;木原 康樹;東 幸仁
  96. 2007年12月, 高脂血症, 体育の科学 / 日本体育学会 編, 東 幸仁
  97. 2014年, 高尿酸血症のメカニズム 血管代謝・動脈硬化の側面から, Cardio vascular contemporary, 東 幸仁
  98. 2006年, 骨髄間葉系幹細胞を用いた血管新生療法とその臨床応用 : 間葉系幹細胞バンク化の検討, [東幸仁], 東幸仁, 広島大学 [著];東, 幸仁;広島大学
  99. 2009年04月, 脂質異常症, 日本臨床, 東 幸仁
  100. 2009年10月, 心・血管機能調節系 血管内皮機能, 日本臨床, 東 幸仁
  101. 2010年03月, 心雑音, 診断と治療, 野間 玄督;東 幸仁
  102. 2010年03月, 徐脈と頻脈, 診断と治療, 野間 玄督;東 幸仁
  103. 2008年01月, 生活習慣病のための検査--検査値をどうみるか(第5回)血管内皮機能, Life style medicine : journal of life style medicine / 「Life style medicine」編集委員会 編, 東 幸仁
  104. 2011年12月, 糖尿病における血管内皮機能検査, 糖尿病, 東 幸仁
  105. 2011年07月, 動脈硬化の非侵襲的検査, 綜合臨床, 野間 玄督;東 幸仁
  106. 2010年09月, 内皮機能検査--血流依存性血管拡張反応(FMD,プレチスモグラフィーなど), 呼吸と循環, 東 幸仁
  107. 2011年12月, 分子マーカー, 救急医学, 野間 玄督;東 幸仁
  108. 2007年, 閉経後日本人女性における体格指数と歯の喪失との関係--肥満女性において高骨密度は歯の喪失抑制にはたらくのか?, オステオポローシスジャパン : 日本骨粗鬆症学会雑誌, 田口 明;真田 光博;東 幸仁 他;東 幸仁
  109. 2003年, 閉塞性動脈硬化症・ビュルガー病に対する自家骨骨髄細胞移植 : 骨髄間葉系幹細胞急速増殖法の応用および新生血管での血管内皮機能評価, [東幸仁], 東幸仁, 広島大学 [著];東, 幸仁;広島大学
  110. 2013年04月, 慢性炎症と血管機能をみる, Vascular medicine : journal of vascular medicine / 「Vascular medicine」編集委員会 編, 東 幸仁
  111. 2002年05月, 有酸素運動が血管内皮機能へ及ぼす影響, 理学療法科学 / 理学療法科学学会 編, 後藤 力;東 幸仁;佐々木 正太 他;佐々木 正太
  112. 2003年10月20日, 閉塞性動脈硬化症患者における血管内皮機能の評価(第82回日本循環器学会中国地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 真田 博明;末田 泰二郎;渡橋 和政;東 幸仁
  113. 1992年07月20日, 右心 Ejection Fraction Computer (REF-1) を用いた右室駆出率の検討(日本循環器学会 第57回中国・四国地方会), Japanese circulation journal, 東 幸仁;榎木 俊彦;高岡 克寿;福山 慎二;小畠 真;斉藤 紀;山木 戸道郎
  114. 1995年03月01日, P528 ヒト血小板における細胞内マグネシウム濃度および細胞内カルシウム濃度の血圧との関連性について, Japanese circulation journal, 平賀 裕之;吉村 光功;松浦 秀夫;小野 法久;東 幸仁;渡辺 光章;梶山 梧朗;大島 哲也
  115. 1996年, Renal response to L-arginine in salt-sensitive patients with essential hypertension(食塩感受性本態性高血圧症患者におけるL-アルギニン投与による腎反応性), 東幸仁 [著];東幸仁
  116. 2007年03月10日, ストレインゲージプレチスモグラムを利用した血管壁インピーダンスの推定(<特集>生体医工学シンポジウム2006), 生体医工学 : 日本エム・イー学会誌, 柴 建次;寺尾 譲;辻 敏夫;吉栖 正生;東 幸仁;西岡 健司
  117. 2003年10月20日, 冠攣縮性狭心症患者においてATP負荷心筋シンチは正常か? : 冠攣縮誘発試験陰性者との比較(第82回日本循環器学会中国地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 寺島 宏樹;上田 健太郎;木村 祐之;三浦 史晴;平尾 秀和;茶山 一章;大島 哲也;東 幸仁;吉栖 正生
  118. 2007年04月20日, 111)兄弟3人に静脈系血栓症を発症したAT III欠損症の1家系(第89回日本循環器学会中国地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 藤井 雄一;寺川 宏樹;西岡 健司;出井 尚美;端 孝樹;曽我 潤子;竹本 博明;新宮 哲司;東 幸仁;吉栖 正生;大島 哲也;茶山 一彰
  119. 1999年03月01日, P411 エストロゲン補充が自律神経活動およびQT時間に及ぼす影響, Japanese circulation journal, 中野 由紀子;大島 哲也;小園 亮次;松本 敏幸;神辺 眞之;平尾 秀和;東 幸仁;佐々木 正太;山田 忠克;大上 泰生;村岡 裕司;山形 東吾;松浦 秀夫;梶山 梧朗
  120. 2006年04月20日, 20)アルコール摂取と冠動脈内皮機能の関係(第87回日本循環器学会中国・四国合同地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 寺川 宏樹;上田 健太郎;曽我 潤子;三保 成正;田渕 久美子;上田 佳子;小田 登;尾木 浩;三好 美和;中野 由紀子;茶山 一彰;東 幸仁;吉栖 正雄;大島 哲也
  121. 1999年10月20日, 99) Liddle diseaseの1例, Japanese circulation journal, 砂川 真由美;東 幸仁;佐々木 正太;石田 隆史;吉水 功憲;植田 篤;上田 智広;大上 泰生;栗栖 智;杉野 浩;中河 啓悟;松浦 秀夫;梶山 梧朗;大島 哲也;小園 亮次;石田 万里;松本 敏幸;中野 由紀子;神辺 眞之
  122. 1995年06月20日, 105)治療困難であった両側性腎血管性高血圧症の一例(日本循環器学会第64回中国地方会), Japanese circulation journal, 西亀 知子;東 幸仁;渡辺 光章;吉村 光功;平賀 裕之;石田 隆史;石田 万里;小野 法久;山形 東吾;唐川 真二;松浦 秀夫;梶山 梧朗;大島 哲也
  123. 2007年04月20日, 85)循環器疾患患者のおけるN端末pro BNP測定の有用性 : BNPとの比較(第89回日本循環器学会中国地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 奥原 宏一郎;寺川 宏樹;西岡 健司;出井 尚美;端 孝樹;藤井 雄一;曽我 潤子;竹本 博明;日域 大輔;渡 雄一郎;東 幸仁;小園 亮治;新宮 哲司;吉栖 正生;大島 哲也;茶山 一彰
  124. 2000年03月01日, 0610 性周期により自律神経活動及びQT時間は変化するか : 心拍変動解析を用いた検討, Japanese circulation journal, 中野 由紀子;大島 哲也;松本 敏幸;石田 万理;小園 亮次;神辺 眞之;東 幸仁;中河 啓悟;大上 泰生;平尾 秀和;山田 忠克;三浦 史晴;村岡 祐司;山形 東吾;松浦 秀夫;梶山 梧郎
  125. 2005年10月20日, 上腕動脈の血管拡張反応と脈波伝播速度との関連(第86回日本循環器学会中国地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 寺川 宏樹;上田 健太郎;岡野 勝二;日高 貴之;竹本 博明;尾木 浩;三好 美和;中野 由紀子;茶山 一彰;東 幸仁;吉栖 正雄;大島 哲也
  126. 1999年03月01日, P682 減量による降圧におけるインスリン感受性と自律神経機能の影響 : 心拍変動による検討, Japanese circulation journal, 中野 由紀子;大島 哲也;小園 亮次;松本 敏幸;神辺 眞之;佐々木 正太;東 幸仁;植田 篤;吉水 功憲;栗栖 智;松浦 秀夫;梶山 梧朗
  127. 2004年03月25日, 高血圧と血管内皮機能 : 酸化ストレスにおけるアンジオテンシンIIとメカニカルストレスの関与について(1. 高血圧性心血管病の成因・治療・予防 : 進歩と課題)(<特集II> : 第67回日本循環器学会学術集会), 循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌, 東 幸仁;吉栖 正生
  128. 2008年04月20日, 35) 冠動脈疾患患者におけるCKDの血管内皮機能に及ぼす影響(第91回日本循環器学会中国地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 寺川 宏樹;西岡 健司;藤村 憲崇;光波 直也;槙田 祐子;曽我 潤子;渡 雄一郎;藤井 雄一;奥原 宏一郎;新宮 哲司;東 幸仁;吉栖 正雄;茶山 一彰
  129. 2004年10月20日, 20) TIMI frame countを用いて冠血流予備能の評価が可能か?(第84回日本循環器学会中国地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 寺川 宏樹;上田 健太郎;木村 祐之;岡野 勝二;竹中 創;三浦 史晴;中野 由紀子;新宮 哲司;茶山 一彰;東 幸仁;吉栖 正雄;大島 哲也
  130. 1993年08月20日, 急性心不全を発症した左右冠動脈左室瘻の1例 : 日本循環器学会第58回中国・四国地方会, Japanese circulation journal, 東 幸仁;福山 慎二;榎木 俊彦;高岡 克寿;小畠 真;斎藤 紀
  131. 2003年10月20日, Sildenafil(Viagra^R)はsmokerの血管内皮機能異常を改善する : 内因性一酸化窒素(NO)の役割(第82回日本循環器学会中国地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 木村 祐之;日域 大輔;原 佳子;野間 玄督;中河 啓悟;東 幸仁;吉栖 正雄
  132. 2003年10月20日, 冠動脈疾患患者における高感度C-reactive protein(CRP)の再現性(第82回日本循環器学会中国地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 寺川 宏樹;上田 健太郎;木村 祐之;三浦 史晴;寺尾 秀和;茶山 一彰;大島 哲也;東 幸仁;吉栖 正生
  133. 2000年03月01日, P362 心拍変動スペクトル解析とカプトプリル負荷試験を組み合わせた腎血管性高血圧症の診断, Japanese circulation journal, 中野 由紀子;大島 哲也;松本 敏幸;石田 万里;小園 亮次;神辺 眞之;東 幸仁;石田 隆史;石岡 規生;佐々木 正太;植田 篤;大上 泰生;杉野 浩;上田 智広;中河 啓悟;松浦 秀夫;梶山 梧朗
  134. 1999年10月20日, 98) 血漿ノルエピネフリン(NE)高値にも関わらず高血圧を呈しなかった褐色細胞腫の一例, Japanese circulation journal, 木戸 和枝;佐々木 正太;東 幸仁;石田 隆史;植田 篤;吉水 功憲;上田 智広;大上 泰生;栗栖 智;杉野 浩;中河 啓悟;松浦 秀夫;梶山 梧朗;大島 哲也;小園 亮次;石田 万里;松本 敏幸;中野 由紀子;神辺 眞之
  135. 2013年02月28日, PADと細胞移植(<特集>動脈硬化とアフェレシス), 日本アフェレシス学会雑誌, 東 幸仁
  136. 1998年02月28日, P758 DipperおよびNon-dipper型本態性高血圧患者における自律神経活動の相違, Japanese circulation journal, 中野 由紀子;大島 哲也;小園 亮次;松本 敏幸;神辺 眞之;東 幸仁;佐々木 伸夫;佐々木 正太;植田 篤;吉水 功憲;栗栖 智;松浦 秀夫;梶山 梧朗
  137. 1994年03月01日, 本態性高血圧症患者と健常者の食塩抵抗性の機序の差について : 第58回日本循環器学会学術集会, Japanese circulation journal, 大島 哲也;東 幸仁;小園 亮次;平賀 裕之;石田 隆史;石田 万里;渡辺 光章;吉村 光功;小野 法久;中崎 育明;松浦 秀夫;梶山 梧朗
  138. 2003年04月20日, 16)冠動脈疾患患者における炎症反応と血管内皮機能の関係, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 寺田 宏樹;松田 圭司;上田 健太郎;木村 祐之;三浦 史晴;平尾 秀和;大島 哲也;東 幸仁;吉栖 正生
  139. 2005年04月20日, 1177 運動強度の違いが酸化ストレスに与える影響(内部障害系理学療法11), 理学療法学, 後藤 力;東 幸仁;西岡 健司;日域 大輔;梅村 隆史;上田 佳子;吉栖 正生
  140. 1996年02月20日, 0541 腎機能障害を有する高血圧症患者の内皮依存性腎血管拡張作用 : 正常血圧者および軽症本態性高血圧症患者との比較, Japanese circulation journal, 東 幸仁;石岡 規生;佐々木 伸夫;小野 法久;平賀 裕之;吉村 光功;渡辺 光章;松浦 秀夫;梶山 梧朗;中野 由紀子;大島 哲也
  141. 1997年03月05日, 0995 食塩負荷は食塩感受性本態性高血圧患者の夜間降圧を抑制しnon-dipper typeの頻度を増加させる, Japanese circulation journal, 東 幸仁;佐々木 正太;井上 敏明;吉水 功憲;石岡 規生;佐々木 伸夫;吉村 光功;石橋 克彦;松浦 秀夫;梶山 梧朗;松本 敏幸;中野 由紀子;小園 亮次;大島 哲也
  142. 2007年10月20日, 150)胸部症状の安定していた冠攣縮性狭心症患者の上顎洞術後に生じた重症冠攣縮(第90回日本循環器学会中国・四国合同地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 寺川 宏樹;西岡 健司;藤井 雄一;出井 尚美;端 孝樹;奥原 宏一郎;渡 雄一郎;久留島 秀治;荘川 知己;東 幸仁;吉栖 正生;大島 哲也;茶山 一彰
  143. 2001年04月20日, 298 有酸素運動が血管内皮機能に及ぼす影響, 理学療法学, 後藤 力;東 幸仁;佐々木 正太;中河 啓悟;河村 光俊;奈良 勲
  144. 1995年06月20日, 103)特発性アルドステロン症の一例(日本循環器学会第64回中国地方会), Japanese circulation journal, 藤高 一慶;渡辺 光章;東 幸仁;吉村 光功;平賀 裕之;石田 隆史;石田 万里;小野 法久;山形 東吾;唐川 真二;松浦 秀夫;梶山 梧朗;大島 哲也
  145. 1994年03月01日, Deoxycorticoster one acetate(DOCA)食塩高血圧ラットにおける血小板Ca^<2+>動態とNa^+濃度 : 第58回日本循環器学会学術集会, Japanese circulation journal, 石田 万里;松浦 秀夫;石田 隆史;小園 亮次;小野 法久;吉村 光功;平賀 裕之;東 幸仁;渡辺 光章;中崎 育明;梶山 梧朗;大島 哲也
  146. 2004年04月20日, 96) 上腕動脈の血流依存性拡張反応は冠動脈内皮機能と相関するか?(第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 寺川 宏樹;上田 健太郎;木村 祐之;岡野 勝二;西岡 健司;竹中 創;三浦 史晴;中野 由紀子;茶山 一彰;東 幸仁;吉栖 正生
  147. 2006年04月20日, 50)ステント内の器質化血栓をIntegrated Backscatter Intravascular Ultrasoundにて評価した急性冠症候群の1例(第87回日本循環器学会中国・四国合同地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 寺川 宏樹;上田 健太郎;曽我 潤子;三保 成正;上田 佳子;田渕 久美子;小田 登;尾木 浩;三好 美和;中野 由紀子;茶山 一彰;西岡 健司;東 幸仁;吉栖 正雄;大島 哲也
  148. 2002年04月20日, 運動強度の違いが血管内皮機能に及ぼす影響(運動・神経生理), 理学療法学, 後藤 力;東 幸仁;中河 啓吾;木村 祐之;野間 玄督;原 佳子;佐々木 正太;茶山 一彰;河村 光俊;奈良 勲
  149. 2000年04月20日, 182) レプチンはヒト末梢血管を拡張する, Japanese circulation journal, 中河 啓悟;東 幸仁;佐々木 正太;大島 哲也;松浦 秀夫;梶山 梧朗
  150. 1999年03月01日, 0088 ヒト心筋細胞のアンジオテンシン2タイプ2受容体(AT2)蛋白の発現は心機能と相関する。 : 免疫学的検討, Japanese circulation journal, 松本 敏幸;小園 亮次;中野 由紀子;石田 万里;大島 哲也;中河 啓悟;上田 智広;大上 泰生;杉野 浩;栗栖 智;植田 篤;佐々木 正太;吉水 功憲;東 幸仁;石田 隆史;松浦 秀夫;梶山 梧朗;末田 泰二郎;松浦 雄一郎
  151. 2006年10月20日, 242)Framingham risk scoreと冠動脈内皮機能の関係(第88回日本循環器学会中国・四国合同地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 寺川 宏樹;上田 健太郎;曽我 潤子;西岡 健司;日域 大輔;三保 成正;梅村 隆史;東 幸仁;吉栖 正雄;大島 哲也;茶山 一彰
  152. 2007年10月20日, 123)心室中隔欠損症手術後シャント残存症例に発症した感染性心内膜炎(第90回日本循環器学会中国・四国合同地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 藤井 雄一;寺川 宏樹;西岡 健司;出井 尚美;端 孝樹;奥原 宏一郎;渡 雄一郎;東 幸仁;吉栖 正生;小園 亮次;大島 哲也;茶山 一彰
  153. 2006年10月20日, 246)思いがけず冠攣縮誘発試験がその診断に有用であった2症例(第88回日本循環器学会中国・四国合同地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 曽我 潤子;寺川 宏樹;上田 健太郎;西岡 健司;日域 大輔;三保 成正;中田 篤範;中野 由紀子;東 幸仁;吉栖 正雄;大島 哲也;茶山 一彰
  154. 2008年04月20日, 76) 臨床的にその合併を考えなかったものの心筋生検にて確定診断を得た心アミロイドーシスの1例(第91回日本循環器学会中国地方会), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 渡邊 紀晶;寺川 宏樹;西岡 健司;光波 直也;藤村 憲崇;槙田 祐子;新宮 哲司;東 幸仁;吉栖 正雄;茶山 一彰
  155. 2014年, 広仁会会誌, 広島大学病院未来医療センターについて, その他, 東 幸仁, 1

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 血管機能はHFmrEFの心機能低下を予測しうる, 岸本 真治、丸橋 達也、梶川 正人、原田崇弘、溝渕 亜矢、橋本 悠、Farina Mohamad Yusoff、中野 由紀子、東 幸仁, 第70回日本心臓病学会学術集会, 2022年09月24日, 通常, 日本語, 実験データ
  2. 野生型トランスサイレチンアミロイドーシス患者の血管内皮機能は維持されている, 橋本 悠、東 幸仁、原田 崇弘、岸本 真治、梶川 正人、丸橋 達也、北川 知郎、中野 由紀子, 第121回日本循環器学会中国地方会, 2022年11月26日, 通常, 日本語, 第121回日本循環器学会中国地方会, 山口, 実験データ
  3. 放射線の照射によるマウス大動脈の損傷:線量遷延の低減・増強効果, 浜田信行、川野樹一朗、野村崇治、古川恭治、Farina Mohamad Yusoff、丸橋達也、前田誠、中島歩、東幸仁, 第8回低線量放射線研究交流会, 2022年10月01日, 通常, 日本語, 第8回低線量放射線研究交流会, 青森, 実験データ
  4. 血管内皮機能検査が治療介入に有用であった家族性高コレステロール血症の1家系, 溝渕 亜矢、櫻井 理世、松村 直愛、森本 隆行、山崎 真一、横崎 典哉、東 幸仁, 第55回中四国支部医学検査学会, 2022年10月22日, 通常, 日本語, 第55回中四国支部医学検査学会, 広島, 実験データ
  5. 放射線を照射した野生型マウスの大動脈に生じる血管損傷:線量遷延の低減・増強効果, 浜田信行、川野樹一朗、野村崇治、古川恭治、Farina Mohamad Yusoff、丸橋達也、前田誠、中島歩、東幸仁, 日本放射線影響学会第65回大会, 2022年09月15日, 通常, 日本語, 日本放射線影響学会第65回大会, 大阪, 実験データ
  6. Body Mass Index (BMI)と血管内皮機能との関係, 梶川 正人、丸橋 達也、岸本 真治、山路 貴之、原田 崇弘、橋本 悠、Farina Mohamad Yusoff、Yiming Han、中島 歩、東 幸仁, 第7回日本血管不全学会学術集会, 2022年04月17日, 通常, 日本語, 第7回日本血管不全学会学術集会, 東京, 実験データ
  7. ABI正常の糖尿病患者におけるupstroke timeと心血管疾患の関係についての検討, 丸橋 達也、梶川 正人、岸本 真治、山路 貴之、原田 崇弘、橋本 悠、Farina Mohamad Yusoff、東 幸仁, 第7回日本血管不全学会学術集会・総会, 2022年04月17日, 通常, 日本語, 第7回日本血管不全学会学術集会・総会, 大阪, 実験データ
  8. Association between Upstroke Time at the Ankle and Coronary Artery Disease among Subjects with Normal Ankle-brachial Index, Tatsuya Maruhashi, Masato Kajikawa, Shinji Kishimoto, Takayuki Yamaji, Takahiro Harada, Yu Hashimoto, Farina Mohamad Yusoff, Yukiko Nakano, Yukihito Higashi, 第86回日本循環器学会学術集会, 2022年03月13日, 通常, 英語, 第86回日本循環器学会学術集会, 神戸, 実験データ
  9. Relationship between a Body Shape Index and Endothelial Function: FMD-Japan Registry, Masato Kajikawa, Tatsuya Maruhashi, Shinji Kishimoto, Takayuki Yamaji, Takahiro Harada, Yu Hashimoto, Yiming Han, Farina Mohamad Yusoff, Ayumu Nakashima, Yukihito Higashi., 第86回日本循環器学会学術集会, 2022年03月11日, 通常, 英語, 第86回日本循環器学会学術集会, 神戸, 実験データ
  10. 職業運転手における睡眠呼吸障害の頻度に関する検討, 丸橋 達也、小川 匡彦、福永 保夫、北浦 大作、梶川 正人、岸本 真治、山路 貴之、原田 崇弘、橋本 悠、韓 一鳴、溝渕 亜矢、Yusoff Farina Mohamad、中島 歩、中野 由紀子、東 幸仁, 第43回日本高血圧学会総会, 2022年10月17日, 招待, 日本語, 第43回日本高血圧学会総会, 沖縄, 実験データ
  11. 動脈硬化における鉄と酸化ストレス, 東 幸仁, 第46回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2022年09月03日, 招待, 日本語, 第46回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 東京, 実験データ
  12. Withコロナ時代の動脈硬化診断技術2_機能診断編>「FMD/RH-PATによる動脈硬化診断技術」, 東 幸仁, 第54回日本動脈硬化学会学術集会・総会, 2022年07月23日, 招待, 日本語, 第54回日本動脈硬化学会学術集会・総会, 久留米, 実験データ
  13. 酸化ストレスと難治性疾患・血管不全と酸化ストレス, 東 幸仁, 第22回日本抗加齢学会集会・総会, 2022年06月17日, 招待, 日本語, 第22回日本抗加齢学会集会・総会, 大阪, 実験データ
  14. Brachial-ankle pulse wave velocity is useful for cardiovascular risk assessment in well-treated hypertensive patients with coronary heart disease, Tatsuya Maruhashi, Masato Kajikawa, Shinji Kishimoto, Takahiro Harada, Yu Hashimoto, Farina Mohamad Yusoff, Yukiko Nakano, Ayumu Nakashima, Bonpei Takase, Hirofumi Tomiyama, Akira Yamashina, Yukihito Higashi, The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, 2022年10月14日, 通常, 英語, 実験データ
  15. Blood pressure control was improved by a change in the timing of antihypertensive medication in a patient with nocturnal hypertension: a case report, Tatsuya Maruhashi, Yukihito Higashi, The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension., 2022年10月13日, 通常, 英語, The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension., kyoto, 実験データ
  16. Impact of underweight, overweight, and obesity on endothelial function: FMD-Japan registry., Masato Kajikawa, Tatsuya Maruhashi, Shinji Kishimoto, Takahiro Harada, Yu Hashimoto, Aya Mizobuchi, Yiming Han, Farina Mohamad Yusoff, Ayumu Nakashima, Yukihito Higashi., the 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (ISH2022), 2022年10月16日, 通常, 英語, the 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (ISH2022), kyoto, 実験データ
  17. Convolutional Neural Network-Based Assessment Method for Atherosclerosis Using Earlobe Crease Images., Harutoyo Hirano, Haruki Goto, Satoshi Ota, Masato Futagawa, Yu Hashimoto, Haruki Hashimoto, Shinji Kishimoto, Nozomu Oda, Masato Kajikawa, Tatsuya Maruhashi, Yukihito Higashi., 44th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine & Biology Society (EMBC), 2022年07月11日, 通常, 英語, 44th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine & Biology Society (EMBC), Glasgow, UK, 実験データ
  18. Sparing and enhancing effects of radiation dose protraction for aortic vascular damage in wild-type mice., Nobuyuki Hamada, Ki-ichiro Kawano, Takaharu Nomura, Kyoji Furukawa, Farina Mohamad Yusoff, Tatsuya Maruhashi, Makoto Maeda, Ayumu Nakashima, Yukihito Higashi., The 68th Annual Meeting of the Radiation Research Society, 2022年10月16日, 招待, 英語, The 68th Annual Meeting of the Radiation Research Society, Hawaii, USA, 実験データ
  19. Update of Vascular Function, Tatsuya Maruhashi, Yukihito Higashi, The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (ISH2022), 2022年10月16日, 招待, 英語, ISH2022, kyoto, 実験データ
  20. Clinical implication of FMD., Yukihito Higashi., The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (ISH2022)., 2022年10月13日, 招待, 英語, ISH2022, Kyoto, 実験データ
  21. 心臓リハビリテーションと運動:血管内皮機能の役割, 東 幸仁, 第17回脳心血管抗加齢研究会2021, 2021年12月17日, 招待, 日本語, 大阪
  22. 「行列のできる診療相談所:迷い・悩んだ症例から学ぶ、原発性脂質異常症診断・治療」 原発性脂質異常症班: CTX, 東 幸仁, 第53回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2021年10月24日, 招待, 日本語, 京都
  23. 高血圧臓器障害としての血管機能, 東 幸仁, 第43回日本高血圧学会総会, 2021年10月16日, 招待, 日本語, 沖縄
  24. COVID-19と血管機能, 東 幸仁, 第6回日本血管不全学会学術集会・総会, 2021年04月11日, 招待, 日本語, 宇都宮
  25. Role of triglycerides in residual risk of cardiovascular events., Yukihito Higashi., he 19th International Symposium on Atherosclerosis (ISA2021), 2021年10月25日, 招待, 英語
  26. 降圧薬治療中高血圧患者における血管機能と家庭血圧の関係, 丸橋 達也、東 幸仁、山路 貴之、原田 崇弘、高永甲 有司、橋本 東樹、岸本 真治、梶川 正人、日高 貴之、木下 禎彦、木原 康樹, 第115回日本循環器学会中国地方会, 2019年11月, 通常, 日本語, 第115回日本循環器学会中国地方会, 広島
  27. 2019年11月, 通常, 英語
  28. 2019年11月, 通常, 英語
  29. Masato Kajikawa, Haruka Morimoto, Haruki Hashimoto, Shogo Matsui, Tatsuya Maruhashi, Shinji Kishimoto, Yuji Takaeko, Takayuki Yamaji, Takahiro Harada, Takayuki Hidaka, Farina Mohamad Yusoff, Yasuki Kihara, Toshio Tsuji, Yukihito Higashi, 2019年11月, 通常, 英語
  30. 第23回 日本心不全学会, 2019年10月, 通常, 英語, 第23回 日本心不全学会, 広島
  31. 日本高血圧学会の魅力を発信する ~広報委員会の立場から~, 河原 崎和歌子、下澤 達雄、東 幸仁、石上 友章、永田 さやか、岸 拓弥、矢田部 淳一、長谷部 直幸, 第42回日本高血圧学会総会, 2019年10月, 通常, 日本語, 第42回日本高血圧学会総会, 東京
  32. アウトカムを見据えた高血圧性臓器障害の評価: 血管内皮機能, 東幸仁, 第42回日本高血圧学会総会, 2019年10月, 招待, 日本語, 第42回日本高血圧学会総会, 東京
  33. ω3系脂肪酸, 東幸仁, 第60回日本脈管学会学術集会, 2019年10月, 招待, 日本語, 第60回日本脈管学会学術集会, 東京
  34. HFpEFとHFmrEFの病態解明はどこまで進んだか:血管機能から, 東幸仁, 第23回日本心不全学会学術集会, 2019年10月, 招待, 日本語, 第23回日本心不全学会学術集会, 広島
  35. 2型糖尿病患者におけるサキサグリプチンの血管内皮機能に及ぼす効果, 梶川 正人、丸橋 達也、日高 貴之、中野 由紀子、栗栖 智、木原 康樹、廣 高史、平山 篤志、椎名 一紀、冨山 博史、八木 秀介、天野 里江、山田 博胤、佐田 政隆、東 幸仁, 第67回日本心臓病学会学術集会, 2019年09月, 通常, 日本語
  36. 2019年09月, 通常, 英語
  37. 血管機能と性機能, 東幸仁, 第30回日本性機能学会学術集会, 2019年09月, 招待, 日本語, 第30回日本性機能学会学術集会
  38. 血管機能検査を心臓病診療に活用する:FMD, 東 幸仁, 第67回日本心臓病学会学術集会, 2019年09月, 招待, 日本語, 第67回日本心臓病学会学術集会, 名古屋
  39. 心臓リハビリテーションとしての運動:血管機能の役割., 東幸仁, 第25回日本心臓リハビリテーション学会総会・学術集会, 2019年07月, 招待, 日本語, 第25回日本心臓リハビリテーション学会総会・学術集会, 大阪
  40. FMDを用いた早期動脈硬化予防策, 東幸仁, 第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2019年07月, 招待, 日本語, 第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 京都
  41. 右室流出路狭窄を来した右室内突出性腫瘤の1例 その原因とは?, 岡本 茉莉江、山路 貴之、丸橋 達也、須澤 仁、住元 庸二、宇都宮 裕人、石橋 堅、福田 幸弘、栗栖 智、木原 康樹, 第114回日本循環器学会中国四国地方会, 2019年06月, 通常, 日本語, 第114回日本循環器学会中国四国地方会, 香川
  42. 補正粘性インデックスに基づく血管内皮機能評価法の提案, 田淵 元太、平野 陽豊、浜崎 健太、三戸 景永、曽 智、神谷 諭史、中村 隆治、佐伯 昇、河本 昌志、東 幸仁、吉栖 正生、辻 敏夫, 第58回日本生体医工学会, 2019年06月, 通常, 日本語, 第58回日本生体医工学会, 沖縄
  43. 高血圧は何故怖い, 東幸仁, 日本高血圧協会 市民公開講座, 2019年05月, 招待, 日本語, 日本高血圧協会, 広島
  44. 新しい血管内皮機能測定器(ezFMD)で評価したニトログリセリン誘発性血管拡張反応(ezNID)の動脈硬化マーカーとしての有用性, 梶川 正人、森本 陽香、松井 翔吾、岸本 真治、橋本 東樹、丸橋 達也、高永甲 有司、日高 貴之、中島 歩、野間 玄督、木原 康樹、鵜川 貞二、辻 敏夫、東 幸仁, 第4回日本血管不全学会学術集会・総会, 2019年04月, 通常, 日本語, 第4回日本血管不全学会学術集会・総会, 名古屋
  45. 降圧薬治療中高血圧患者における家庭血圧と血管機能の関係についての検討, 丸橋 達也、高永甲 有司、橋本 東樹、松井 翔吾、岸本 真治、梶川 正人、日高 貴之、中島 歩、野間 玄督、木下 禎彦、木原 康樹、東 幸仁, 第4回日本血管不全学会学術集会・総会, 2019年04月, 通常, 日本語, 第4回日本血管不全学会学術集会・総会, 名古屋
  46. 耐糖能精密検査用のミールテスト及び抗酸化サプリメントの摂取が血糖値とFMD値の経時変化に及ぼす影響, 廣田 栞、安楽 大、松原 千恵、板良敷 朝将、鈴木 靖志、東 幸仁, 第4回日本血管不全学会, 2019年04月, 通常, 日本語, 第4回日本血管不全学会, 名古屋
  47. 血管不全診断指針:これからの展開 FMD、RHI, 丸橋 達也、木原 康樹、冨山 博史、東 幸仁, 第4回日本血管不全学会学術集会・総会, 2019年04月, 招待, 日本語, 第4回日本血管不全学会学術集会・総会, 名古屋
  48. BPH/LUTS治療の未来を考える-血管内皮機能の観点から-, 東幸仁, 第259回日本泌尿器科学東北地方会, 2019年04月, 招待, 日本語, 山形
  49. 第83回日本循環器学会総会, 2019年03月, 通常, 英語, 第83回日本循環器学会総会, 横浜
  50. 第83回日本循環器学会総会, 2019年03月, 通常, 英語, 第83回日本循環器学会総会, 横浜
  51. 第83回日本循環器学会総会, 2019年03月, 通常, 英語, 第83回日本循環器学会総会, 横浜
  52. 第83回日本循環器学会学術集会, 2019年03月, 通常, 英語, 第83回日本循環器学会学術集会, 横浜
  53. 第3回放射線災害・医科学研究拠点 国際シンポジウム, 2019年01月, 通常, 英語, 第3回放射線災害・医科学研究拠点 国際シンポジウム, 福島
  54. 補充療法(サプリメント)と血管内皮機能:酸化ストレス役割., 東幸仁, 第3回日本抗加齢協会学術フォーラム, 2018年12月, 招待, 日本語, 第3回日本抗加齢協会学術フォーラム, 大阪
  55. Assessment of endothelial function, Higashi Yukihito, Artery2018, 2018年10月, 招待, 英語, Artery2018, Portugal
  56. BPH/LUTSと血管内皮機能, 東幸仁, 第68回日本泌尿器学会中部総会, 2018年10月, 招待, 日本語, 第68回日本泌尿器学会中部総会, 名古屋
  57. Endothelial function and inflammation, Higashi Yukihito, WCP2018, 2018年07月, 招待, 日本語, WCP2018, 京都
  58. 血管機能より動脈硬化を考える, 東幸仁, KyushuPRevent 2018, 2018年05月13日, 招待, 日本語, KyushuPRevent 2018, 福岡
  59. Concept and new evidence of vascular biomarker: FMD, Higashi Yukihito, The 15th Pulse of Asia, 2018年05月, 招待, 英語, The 15th Pulse of Asia, 京都
  60. 血管内皮機能の心血管病における役割, 東幸仁, 第71回日酸化ストレス学会/第18回日本NO学会合同学術集会, 2018年05月, 招待, 日本語, 第71回日酸化ストレス学会/第18回日本NO学会合同学術集会, 京都
  61. 多施設共同研究FMD-Jから見えてきたもの, 東幸仁, 第3回日本血管不全学会, 2018年04月, 招待, 日本語, 第3回日本血管不全学会, 京都
  62. Endothelial function and therapeutic angiogenesis in patients with critical limb ischemia., 東幸仁, 第82回日本循環器学会総会, 2018年03月, 招待, 日本語, 第82回日本循環器学会総会, 大阪
  63. Endothelial function and therapeutic angiogenesis in patients with critical limb ischemia., 東幸仁, 第81回日本循環器学会総会, 2017年03月, 招待, 英語, 第81回日本循環器学会総会, 金沢
  64. 厳格な血圧コントロールを目指した高血圧治療, 脳心血管抗加齢研究会2016, 東 幸仁, 脳心血管抗加齢研究会2016, 2016年12月17日, 招待, 日本語, 脳心血管抗加齢研究会2016, 東京
  65. BPH/LUTSと動脈硬化: PDE5阻害薬と血管内皮機能, 東 幸仁, 第8回泌尿器抗加齢医学研究会, 2016年12月11日, 招待, 日本語, 第8回泌尿器抗加齢医学研究会, 大阪
  66. Measurement of Flow-mediated Vasodilation (FMD), 丸橋 達也、木原 康樹、東 幸仁, 第24回日本血管生物医学会学術集会第14回日韓血管生物合同シンポジウム, 2016年12月09日, 招待, 日本語, 第24回日本血管生物医学会学術集会第14回日韓血管生物合同シンポジウム, 長崎
  67. Light to Moderate Alcohol Consumption Does Not Alter Endothelial Function., Nozomu Oda, Yukihito Higashi, Masato Kajikawa, Tatsuya Maruhashi, Shinji Kishimoto, Shogo Matsui, Takayuki Hidaka, Ayumu Nakashima, Kensuke Noma, Hirofumi Tomiyama, Bonpei Takase, Akira Yamashina, Yasuki Kihara., 89th Scientific Session, American Heart Association, 2016年11月15日, 通常, 英語, 89th Scientific Session, American Heart Association, New Orlrans
  68. A Significant Correlation Between Nitroglycerine-induced Vasodilation in Coronary and Brachial Arteries, Tatsuya Maruhashi, Yukihito Higashi, Masato Kajikawa, Ayumu Nakashima, Yumiko Iwamoto, Akimichi Iwamoto, Nozomu Oda, Shinji Kishimoto, Shogo Matsui, Tadanao Higaki, Takashi Shimonaga, Noriaki Watanabe, Hiroki Ikenaga, Takayuki Hidaka, Yoshiki Aibara, Kensuke Noma, Yasuki Kihara, 89th Scientific Sessions, American Heart Association, 2016年11月13日, 通常, 英語, 89th Scientific Sessions, American Heart Association, New Orleans
  69. 高レニン血症を呈した原発性アルドステロン症の一例, 丸橋 達也、網岡 道孝、岸本 真治、池永 寛樹、久保田 益亘、沖 健司、東 幸仁、石田 万里、木原 康樹, 第58回広島高血圧研究会, 2016年11月04日, 通常, 日本語, 第58回広島高血圧研究会, 広島
  70. 抗加齢医学を血管から診る~健康寿命の延長化への挑戦~, 野間 玄督、東 幸仁, 第2回Tie2・リンパ・血管研究学術集会, 2016年10月21日, 招待, 日本語, 東京
  71. 動脈硬化; 機能診断の現況, 東 幸仁, 第57回日本脈管学会, 2016年10月16日, 招待, 日本語, 第57回日本脈管学会, 奈良
  72. Heart failure with preserved ejection fraction(HFpEF)における血管内皮機能と血管構造, 岸本 真治、東 幸仁、松井 翔吾、小田 望、梶川 正人、丸橋 達也、日高 貴之、野間 玄督、木原 康樹, 第20回日本心不全学会学術集会, 2016年10月08日, 通常, 日本語
  73. 末梢動脈疾患における血管内皮機能と下肢筋肉量、下肢パフォーマンスとの関連, 金井 香菜、岩本 明倫、梶川 正人、丸橋 達也、東 幸仁, 第22回日本心臓リハビリテーション学術集会, 2016年10月07日, 通常, 日本語, 第22回日本心臓リハビリテーション学術集会, 東京
  74. 2型糖尿病を合併した高血圧症患者におけるアログリプチンの有用性, 岸本 真治、丸橋 達也、梶川 正人、小田 望、松井 翔吾、日高 貴之、野間 玄督、木原 康樹、東 幸仁, 第39回日本高血圧学会学術集会, 2016年10月01日, 通常, 日本語, 第39回日本高血圧学会学術集会, 仙台
  75. Vascular Function and Rho-associated Kinase Activity in Patients with Idiopathic hyperaldosteronism, Shinji Kishimoto, Takeshi Matsumoto, Shogo matsui, Nozomu Oda, Masato Kajikawa, Yumiko Iwamoto, Tatsuya Maruhashi, Ayumu Nakashima, Takayuki Hidaka, Kensuke Noma, Yasuki Kihara, Yukihito Higashi., Pulse of Asia 2016, 2016年09月25日, 通常, 英語, Pulse of Asia 2016, Seoul
  76. Impact of Triglycerides as Residual Risk for Cardiovascular Events on Endothelial Function: FMD-Japan Registry, Masato Kajikawa, Tatsuya Maruhashi, Nozomu Oda, Shinji Kishimoto, Shogo Matsui, Takayuki Hidaka, Yasuki Kihara, Kensuke Noma, Ayumu Nakashima, Hirofumi Tomiyama, Bonpei Takase, Akira Yamashina, Yukihito Higashi, The Pulse of Asia 2016, 2016年09月25日, 通常, 英語, The Pulse of Asia 2016, Seoul
  77. Endothelial Function Is Impaired in Subjects with Decreased Frequency and Duration of Tooth Brushing., Shogo Matsui, Yukihito Higashi, Masato Kajikawa, Tatsuya Maruhashi, Akimichi Iwamoto, Nozomu Oda, Shinji Kishimoto, Takayuki Hidaka, Ayumu Nakashima, Kensuke Noma, Yasuki Kihara., Pulse of Asia 2016, 2016年09月25日, 通常, 英語, Pulse of Asia 2016, Seoul
  78. Endothelial function, hypertension, and aging., Yukihito Higashi, Pulse of Asia, 2016年09月24日, 招待, 英語, Pulse of Asia, Soul
  79. Vascular Smooth Muscle function in Coronary and Brachial Arteries in Patients with Suspected Coronary Artery Disease, Tatsuya Maruhashi, Masato Kajikawa, Ayumu Nakashima, Yumiko Iwamoto, Akimichi Iwamoto, Nozomu Oda, Shinji Kishimoto, Shogo Matsui, Kensuke Noma, Yasuki Kihara, Yukihito Higashi, The Pulse of Asia 2016, 2016年09月24日, 通常, 英語, The Pulse of Asia 2016, Seoul
  80. One-Year Prevalence of Cerebrovacular and Heart Diseases among 996,637 Employees Based on Medical Claim and Health Checks in Japan., Arata Matsushima, Hiroyuki Aizu, Masayo Yamato, Masayuki Ohisa, Basilua Andre Muezembo, mami Yamashita, Aya Sugiyama, Masayasu Yoneda, Yukihito Higashi, Junko Tanaka, The 48th Asia-Pacofoc Accademic Consortium for Public Health Conference, 2016年09月16日, 通常, 英語, The 48th Asia-Pacofoc Accademic Consortium for Public Health Conference, Tokyo
  81. 強皮症に伴う手指壊疽に対して、低周波超音波を用いた1例, 松井 翔吾、東 幸仁、丸橋 達也、岸本 真治、小田 望、岩本 明倫、梶川 正人、中島 歩、野間 玄督、木原 康樹, 第42回中国地区MMC研究会, 2016年09月03日, 通常, 日本語, 第42回中国地区MMC研究会, 広島
  82. Heart failure with preserved ejection fraction(HFpEF)における血管内皮機能低下と血管構造異常, 岸本 真治、丸橋 達也、梶川 正人、小田 望、松井 翔吾、野間 玄督、木原 康樹、東 幸仁, 第3回iHFフォーラム, 2016年08月06日, 通常, 日本語, 第3回iHFフォーラム, 東京
  83. Endothelial function and hypertension, Yukihito Higashi, The 6th Chinese Society of Hypertension, 2016年07月24日, 招待, 英語, The 6th Chinese Society of Hypertension, Changchun
  84. 動脈硬化診断:病態における血管内皮機能障害とマネージメント 高血圧と血管内皮機能, 丸橋 達也、木原 康樹、東 幸仁, 第48回日本動脈硬化学会総会, 2016年07月15日, 招待, 日本語
  85. 動脈硬化症診断, 東 幸仁, 第48回日本動脈硬化学会総会, 2016年07月15日, 招待, 日本語, 第48回日本動脈硬化学会総会, 東京
  86. Endothelial function and hypertension, Yukihito Higashi, The 6th International Hypertension Meeting, 2016年07月, 招待, 英語
  87. ROCKをターゲットとした心肥大 / 心疾患における治療戦略, 野間 玄督、木原 康樹、東 幸仁, 第2回J-ISCP (国際心血管薬物療法学会 日本部会), 2016年06月25日, 招待, 日本語, 第2回J-ISCP (国際心血管薬物療法学会 日本部会), 徳島
  88. 血管機能の非侵襲的評価法, 東 幸仁, 第16回臨床脈派研究会, 2016年06月04日, 招待, 日本語, 第16回臨床脈派研究会, 東京
  89. Endothelial function and oxidative stress., Yukihito Higashi, The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, 2016年05月22日, 招待, 英語, The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Sendai
  90. Endothelial function and oxidative stress, higashi Yukihito, The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, 2016年05月, 招待, 日本語, The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, 仙台
  91. 尿酸と血管内皮機能, 東 幸仁, KCJL2016学会総会, 2016年04月23日, 招待, 日本語, KCJL2016学会総会, 京都
  92. 上腕動脈でおこなう動脈硬化アセスメント, 丸橋 達也、木原 康樹、東 幸仁, 第1回日本血管不全学会学術集会若手シンポジウム, 2016年04月17日, 招待, 日本語, 第1回日本血管不全学会学術集会若手シンポジウム, 東京
  93. 血圧値分類と血管機能の関係についての検討, 丸橋 達也、松井 翔吾、岸本 真治、小田 望、岩本 明倫、梶川 正人、岩本 由美子、日高 貴之、中島 歩、野間 玄督、木原 康樹、東 幸仁, 第1回日本血管不全学会学術集会, 2016年04月17日, 通常, 日本語, 第1回日本血管不全学会学術集会, 東京
  94. 駆出率の保持された心不全(HFpEF)における血管内皮機能と血管構造, 岸本 真治、丸橋 達也、梶川 正人、岩本 明倫、小田 望、野間 玄督、木原 康樹、東 幸仁, 第1回日本血管不全学会学術集会, 2016年04月17日, 通常, 日本語, 第1回日本血管不全学会学術集会, 東京
  95. ABI値が境界値(0.91以上0.99以下)の症例は血管内皮機能が障害されている, 梶川 正人、丸橋 達也、岩本 明倫、小田 望、岸本 真治、野間 玄督、木原 康樹、東 幸仁, 第1回日本血管不全学会学術集会, 2016年04月17日, 通常, 日本語, 第1回日本血管不全学会学術集会, 東京
  96. 喫煙による健康被害-個人から社会へ-喫煙と血管内皮機能, 東 幸仁, 第80回日本循環器学会総会, 2016年03月19日, 招待, 日本語, 第80回日本循環器学会総会, 仙台
  97. Endothelial Function is impaired in Subjects with Increased Serum Triglyceride Levels, Masato Kajikawa, Yukihito Higashi, Tatsuya Maruhashi, Yumiko Iwamoto, Akimichi Iwamoto, Nozomu Oda, Shinji Kishimoto, Takayuki Hidaka, Ayumu Nakashima, Kensuke Noma, Hirofumi Tomiyama, Bonpei Takase, Akira Yamashina, Yasuki Kihara, 第80回日本循環器学会総会, 2016年03月19日, 通常, 英語, 第80回日本循環器学会総会, 仙台
  98. Reliability of Endothelial Function Assessment Using a Semi-automated Device across Multiple Institutions and Establishment of Normal/Reference Values., Hirofumi Tomiyama, Yukihito Higashi, Akira Yamashina., 第80回日本循環器学会総会, 2016年03月18日, 招待, 英語, 第80回日本循環器学会総会, 東京
  99. 尿酸と血管内皮機能, 東 幸仁, 第80回日本循環器学会総会, 2016年03月18日, 招待, 日本語, 第80回日本循環器学会総会, 仙台
  100. Vascular Function and Vascular Structure are Impaired in Patients with Heart Failure with Preserved Ejection Fraction, Shinji Kishimoto, Yukihito Higashi, Nozomu Oda, Akimichi Iwamoto, Masato Kajikawa, Takeshi Matsumoto, Yumiko Iwamoto, Tatsuya Maruhashi, Ayumu Nakashima, Takayuki Hidaka, Kensuke Noma, Yasuki Kihara., 第80回日本循環器病学会学術集会, 2016年03月18日, 通常, 日本語, 第80回日本循環器病学会学術集会, 仙台
  101. ROCK蛋白から斬った動脈硬化症:トランスレーショナル研究, 野間 玄督、木原 康樹、東 幸仁, 第89回日本薬理学会年会, 2016年03月09日, 招待, 日本語, 第89回日本薬理学会年会, Yokohama
  102. 運動と血管内皮機能, 東 幸仁, 第2回日本糖尿病理学療法学会, 2016年02月20日, 招待, 日本語, 第2回日本糖尿病理学療法学会, 横浜
  103. タバコと血管老化を考える, 東 幸仁, 脳心血管抗加齢研究会2014, 2014年12月, 招待, 日本語, 大阪
  104. 原発性アルドステロン症のタイプ別による動脈硬化リスクの検討, 松本武史、東 幸仁、小田 望、岩本明倫、梶川正人、岩本由美子、丸橋達也、中島 歩、野間玄督、沖 健司、河野修興、木原康樹, 第105回日本循環器学会中国地方会, 2014年12月, 通常, 日本語
  105. 原発性アルドステロン症のタイプ別による血管内皮機能と新規動脈硬化促進因子 Rho-associated kinase (ROCK) 活性の検討:Hiroshima Vascular Function Study, 松本武史、東 幸仁、小田 望、岩本明倫、梶川正人、岩本由美子、丸橋達也、中島 歩、野間玄督、沖 健司、河野修興、木原康樹, 第9回高血圧と冠動脈疾患研究会, 2014年12月, 通常, 日本語, 東京
  106. Endothelial Function Is Impaired in Subjects with Decreased Frequency of Tooth Brushing., Masato Kajikawa, Yukihito Higashi, Tatsuya Maruhashi, Yumiko Iwamoto, Akimichi iwamoto, Takeshi Matsumoto, Nozomu Oda, Takayuki Hidaka, Ayumu Nakashima, Kensuke Noma, Yasuki Kihara., 2014年11月, 通常, 英語
  107. Prognostic Value of Combination of Flow-mediated Vasodilation and Nitroglycerine-induced Vasodilation., Masato Kajikawa, Yukihito Higashi, Tatsuya Maruhashi, Yumiko Iwamoto, Akimichi iwamoto, Takeshi Matsumoto, Nozomu Oda, Takayuki Hidaka, Ayumu Nakashima, Kensuke Noma, Yasuki Kihara., 2014年11月, 通常, 英語
  108. Endothelial Function Is Impaired in Peripheral Arterial Disease with Borderline Ankle-Brachial Index., Masato Kajikawa, Yukihito Higashi, Tatsuya Maruhashi, Yumiko Iwamoto, Akimichi iwamoto, Takeshi Matsumoto, Nozomu Oda, Takayuki Hidaka, Ayumu Nakashima, Kensuke Noma, Yasuki Kihara., 2014年11月, 通常, 英語
  109. Nitroglycerine-induced Vasodilation was Significantly Impaired in Peripheral Artery Disease-patients with Critical Limb Ischemia Compared with Those without., Tatsuya Maruhashi, Yukihito Higashi, Nozomu Oda, Akimichi Iwamoto, Masato Kajikawa, Takeshi Matsumoto, Yumiko Iwamoto, Ayumu Nakashima, Takayuki Hidaka, Kensuke Noma, Yasuki Kihara., 2014年11月, 通常, 英語
  110. 血管機能診断標準化の現状, 東 幸仁, 第55回日本脈管学会総会, 2014年11月, 招待, 日本語, 倉敷
  111. 循環器医からみたSGLT2阻害薬への期待 -血管機能より考える-, 東 幸仁, 第31回国際心臓研究会, 2014年11月, 招待, 日本語, 名古屋
  112. 原発性アルドステロン症タイプ別による新規動脈硬化促進因子 Rho-associated kinase (ROCK) 活性と血管内皮機能の検討, 松本武史、東 幸仁、小田 望、岩本明倫、梶川正人、岩本由美子、丸橋達也、中島 歩、野間玄督、沖 健司、河野修興、木原康樹, 第24回広島若手循環器医勉強会, 2014年11月, 通常, 日本語, 広島
  113. 血管内皮機能の評価は?EndoPAT vs FMD: FMDの立場から, 東 幸仁, 第37回日本高血圧学会, 2014年10月, 招待, 日本語, 横浜
  114. 高血圧診療における血管機能検査:FMD, 丸橋 達也、木原 康樹、東 幸仁, 第37回日本高血圧学会, 2014年10月, 招待, 日本語, 横浜
  115. ABIと血管機能の検討:ABI値0.91-0.99症例は血管内皮機能が障害されている, 梶川 正人、東 幸仁、岩本 明倫、松本 武史、岩本 由美子、丸橋 達也、中島 歩、野間 玄督、木原 康樹, 第37回日本高血圧学会総会, 2014年10月, 通常, 日本語, 横浜
  116. オシロメトリック式自動血圧計を用いた非侵襲血管内皮機能評価法, 平野 陽豊,松本 遼,平野 博大,栗田 雄一,辻 敏夫,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,東 幸仁,吉栖 正生, 第55回日本脈管学会総会, 2014年10月, 通常, 日本語, 倉敷
  117. 本邦におけるPADの心血管イベント発現の中間解析―SEASONコホート研究の1年間追跡データより―, 宮田 哲郎, 東 幸仁, 重松 宏, 折笠 秀樹, 藤田 正俊, 松尾 汎, 成冨 博章, 松田 博明, 中島 政英, 第55回日本脈管学会総会, 2014年10月, 通常, 日本語, 倉敷
  118. A Comparison of Nitroglycerine-induced Vasodilation with Flow-mediated Vasodilation as a Cardiovascular Risk Marker., Tatsuya Maruhashi, Nozomu Oda, Akimichi Iwamoto, Masato Kajikawa, Takeshi Matsumoto, Yumiko Iwamoto, Takayuki Hidaka, Ayumu Nakashima, Kensuke Noma, Yasuki Kihara, Yukihito Higashi., 2014年09月, 通常, 英語
  119. 重症虚血肢患者における血管内皮機能ならびに血管平滑筋機能についての検討, 丸橋 達也、東 幸仁、小田 望、岩本 明倫、梶川 正人、松本 武史、岩本 由美子、日高 貴之、中島 歩、野間 玄督、木原 康樹, 第62回日本心臓病学会学術集会, 2014年09月, 通常, 日本語, 仙台
  120. Regulation of eNOS mRNA destabilization via ROCK2-mediated eEF1A1 phosphorylation, Kensuke Noma, James K Liao, Yasuki Kihara, Yukihito Higashi, 2014年07月, 招待, 英語
  121. Clinical Impact of ROCK in Sustained Vasoconstriction in Patients with Essential Hypertension., Kensuke Noma, Chikara Goto, Yasuki Kihara, Yukihito Higashi., 第35回日本循環制御医学会総会, 2014年07月, 招待, 英語, 福岡
  122. 重症PAD患者における血管再生療法と血管内皮機能, 東 幸仁, 第46回日本動脈硬化学会総会, 2014年07月, 招待, 日本語, 東京
  123. 内皮機能検査「FMD」の最新の知見: 高血圧・生活習慣病とFMD, 丸橋 達也、木原 康樹、東 幸仁, 第46回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2014年07月, 招待, 日本語, 東京
  124. 今なぜ、内皮機能検査:血管内皮機能検査オーバービュー, 東 幸仁, 第46回日本動脈硬化学会総会, 2014年07月, 招待, 日本語, 東京
  125. ニトログリセリン誘発性血管拡張反応と心血管危険因子との関係についての検討, 丸橋 達也、東 幸仁、小田 望、岩本 明倫、梶川 正人、松本 武史、岩本 由美子、日高 貴之、中島 歩、野間 玄督、木原 康樹, 第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2014年07月, 通常, 日本語, 岡山
  126. Gidelines for Non-invasive Vascular Function Test (JCS 2013): Endothelial Function., Yukihito Higashi, 2014年06月, 招待, 日本語
  127. Relationships between Nitroglycerine-induced Vasodilation in the Brachial Artery and Cardiovascular Risk Factors., Tatsuya Maruhashi, Nozomu Oda, Akimichi Iwamoto, Masato Kajikawa, Takeshi Matsumoto, Yumiko Iwamoto, Takayuki Hidaka, Ayumu Nakashima, Kensuke Noma, Yasuki Kihara, Yukihito Higashi., 2014年06月, 通常, 英語
  128. Impact of Aldosterone Producing Adenoma on Endothelial Function in Patients With Primary Aldosteronism., Takeshi Matsumoto, Nozomu Oda, Akimichi Iwamoto, Yumiko Iwamoto, Masato Kajikawa, Tatsuya Maruhashi, Takayuki Hidaka, Ayumu Nakashima, Kensuke Noma, Yasuki Kihara, Yukihito Higashi., 2014年06月, 通常, 英語
  129. Combination of Flow-mediated Vasodilation and Nitroglycerine-induced Vasodilation for Prediction of Cardiovascular Events., Masato Kajikawa, Tatsuya Maruhashi, Yumiko Iwamoto, Akimichi iwamoto, Takeshi Matsumoto, Takayuki Hidaka, Ayumu Nakashima, Kensuke Noma, Yasuki Kihara, Yukihito Higashi., 2014年06月, 通常, 英語
  130. 高血圧と時間医学, 東 幸仁, 第14回日本抗加齢学会総会, 2014年06月, 招待, 日本語, 大阪
  131. ROCK Activity and Endothelial Function: Potential Candidates for Vascular and Anti-aging Biomarkers, 野間玄督、木原康樹、東幸仁, 第14回日本抗加齢医学会総会, 2014年06月, 招待, 英語, 大阪
  132. 新規血管再生療法, 東 幸仁, 第6回日本下肢救済・足病学会, 2014年06月, 招待, 日本語, 札幌
  133. 血管内皮機能検査のピットフォール, 東 幸仁, 第3回臨床高血圧フォーラム, 2014年05月, 招待, 日本語, 広島
  134. 脳と心臓の病気からあなたを守る:塩分と血管の関係, 東 幸仁, 第3回臨床高血圧フォーラム, 2014年05月, 招待, 日本語, 広島
  135. Destabilization of eNOS mRNA via ROCK2-mediated eEF1A1 phosphorylation., 野間玄督, 木原康樹, 東 幸仁, 第3回臨床高血圧フォーラム, 2014年05月, 通常, 英語, 広島
  136. 原発性アルドステロン症における血流依存性血管拡張反応 (FMD) の検討, 松本武史、東 幸仁、岩本明倫、梶川正人、岩本由美子、丸橋達也、光波直也、日高貴之、中島 歩、沖 健司、野間玄督、河野修興、木原康樹, 第3回臨床高血圧フォーラム, 2014年05月, 通常, 日本語, 広島
  137. Uric Acid and Endothelial Function: Role of Oxidative Stress., Yukihito Higashi, 2014年04月, 招待, 英語
  138. Role of ROCK in Sustained Arterial Vasoconstriction in Patients with Essential Hypertension., Kensuke Noma, Chikara Goto, Yasuki Kihara, James K Liao, Yukihito Higashi., 2014年04月, 通常, 英語, 京都
  139. FMDのconfounding factorを考える:FMD-J Pre-registry研究から, 丸橋 達也、東 幸仁、岩本 由美子、松本 武史、梶川 正人、岩本 明倫、小田 望、中島 歩、 木原 康樹、野間 玄督、冨山 博史、高瀬 凡平、山科 章, 血管不全研究会第12回学術集会, 2014年04月, 通常, 日本語, 東京
  140. Therapeutic Angiogenesis and Endothelial Function in Patients with Peripheral Artery Disease., 東 幸仁, 第78回日本循環器学会総会, 2014年03月, 招待, 英語, 東京
  141. Six months follow-up of cardiovascular events in patients with ASO treated with antiplatelet agents: Interim report from SEASON., Yukihito Higashi, Tetsuro Miyata, Hiroshi Shigematsu, Hideki Origasa, Masatoshi Fujita, Hiroshi Matsuo, Hiroaki Naritomi, Hiroaki Matsuda., 第78回日本循環器学会総会, 2014年03月, 招待, 英語, 東京
  142. Nitroglycerine-induced Vasodilation in the Brachial Artery and Cardiovascular Risk Factors., Tatsuya Maruhashi, Yukihito Higashi, Nozomu Oda, Akimichi Iwamoto, Masato Kajikawa, Takeshi Matsumoto, Yumiko Iwamoto, Ayumu Nakashima, Takayuki Hidaka, Kensuke Noma, Yasuki Kihara., 第78回日本循環器学会総会, 2014年03月, 通常, 英語, 東京
  143. ROCK as a Modulator of Sustained Vasoconstriction of ResistanceArtery in Patients with Essential Hypertension., Kensuke Noma, Chikara Goto, Yasuki Kihara, James K Liao, Yukihito Higashi., 第78回日本循環器学会総会・学術集会, 2014年03月, 通常, 英語, 東京
  144. Difference Between Nitroglycerine-induced Vasodilation and Flow-mediated Vasodilation in Association with the Severity of Atherosclerosis., Tatsuya Maruhashi, Yukihito Higashi, Nozomu Oda, Akimichi Iwamoto, Masato Kajikawa, Takeshi Matsumoto, Yumiko Iwamoto, Ayumu Nakashima, Takayuki Hidaka, Kensuke Noma, Yasuki Kihara., 第78回日本循環器学会総会, 2014年03月, 通常, 英語, 東京
  145. Poor Oral Health Behavior is Associated with Endothelial Dysfunction., Masato Kajikawa, Yukihito Higashi, Kensuke Noma, Takayuki Hidaka, Ayumu Nakashima, Shinsuke Mikami, Tatsuya Maruhashi, Yumiko Iwamoto, Akimichi Iwamoto, Yasuki Kihara., 第78回日本循環器学会総会, 2014年03月, 通常, 日本語, 東京
  146. Rho-Associated Kinase Activity and Risk of Cardiovascular Events., Masato Kajikawa, Yukihito Higashi, Tatsuya Maruhashi, Yumiko Iwamoto, Akimichi iwamoto, Takeshi Matsumoto, Takayuki Hidaka, Ayumu Nakashima, James K. Liao, Kensuke Noma, Yasuki Kihara., 第78回日本循環器学会総会, 2014年03月, 通常, 英語, 東京
  147. 血管内皮に対する尿酸の影響, 東 幸仁, 第47回日本痛風・核酸代謝学会総会, 2014年02月, 招待, 日本語, 神戸
  148. Regulation of eNOS mRNA stability vie ROCK2-mediated phosphorylation of eEF1A., 梶川 正人、野間 玄督、廣井 透雄、James K. Liao、東 幸仁, 第10回宮崎サイエンスキャンプ, 2014年02月, 通常, 英語, 宮崎
  149. Low Intensity Pulsed Ultrasound Induced Angiogenesis through Activation of Integrin Signaling in Endothelial Cells., 丸橋 達也、榎本 悟、水城 史貴、西村 嘉博、小田 望、岩本 明倫、梶川 正人、松本 武史、岩本 由美子、中島 歩、野間 玄督、木原 康樹、平野 陽豊 、辻 敏夫、東 幸仁, 第10回宮崎サイエンスキャンプ, 2014年02月, 通常, 英語, 宮崎
  150. Vasodilatory mechanisms of nicorandil in humans., 東 幸仁, "1st Nicorandil Advisory Board Meeting, August 30, 2003. Vienna, Austlia.", 2003年08月, 招待, 日本語
  151. Hypertension and endothelial dysfunction: role of nitric oxide and oxidative stress., 東 幸仁, 第39回日本SHR学会, 2003年06月, 招待, 日本語
  152. The regulation of resistance vessels function and exercise in humans: role of nitric oxide, sympathetic nervous activity, and oxidative stress., 東 幸仁, 第80回日本生理学会, 2003年03月, 招待, 日本語
  153. NO-dependent and independent vasodilation using a strain-gauge plethysmography., 東 幸仁, 第76回日本薬理学会, 2003年03月, 招待, 日本語
  154. Hypertension and endothelial function: role of angiotensin II and mechanical pressure in oxidative stress., 東 幸仁, 第67回日本循環器病学会総会, 2003年03月, 招待, 日本語
  155. 腎血管性高血圧症における血管内皮機能および酸化ストレス, 東 幸仁, 腎血管性高血圧症における血管内皮機能および酸化ストレス第25回日本高血圧学会, 2002年10月, 招待, 日本語
  156. Hypertension and Endothelial Function: Is Endothelial Dysfunction Reversible in Essential Hypertension?, 東 幸仁, 第66回日本循環器病学会総会, 2002年04月, 招待, 日本語
  157. Endothelial function and insulin resistance., 東 幸仁, The 10th MSDM Anniversary International Symposium, 2000年07月, 招待, 日本語

受賞

  1. 2013年06月07日, 日本医療機器学会平成24年度論文賞, 一般社団法人日本医療機器学会理事長
  2. 2002年, 日本脈管学会会頭賞
  3. 2004年, 広島大学広仁会基礎医学研究賞
  4. 2003年, 土谷記念医学振興基金研究助成
  5. 2001年, 地域医学研究基金『高血圧と動脈硬化』研究助成
  6. 2002年, 地域医学研究基金『高血圧と動脈硬化』研究助成
  7. 2001年, 日本心臓財団研究奨励研究助成
  8. 2002年, 財団法人武田科学振興財団「報彰基金」研究助成
  9. 1999年, 財団法人木村記念循環器財団・ファイザー製薬株式会社『自律 神経と高血圧』
  10. 2000年, バイエル研究助成「臨床血管内皮機能」研究助成
  11. 2000年, 財団法人木村記念循環器財団・ファイザー製薬株式会社『自律 神経と高血圧』優秀賞受賞
  12. 2001年, 米国心臓病協会高血圧評議会Young Investigator Award
  13. 1998年, 地域医学研究基金『高血圧と動脈硬化』研究助成
  14. 1998年, 日本心臓財団『高血圧と血管代謝』
  15. 2001年, 財団法人明治生命厚生事業団「健康医科学」研究助成
  16. 2003年, 地域医学研究基金『高血圧と動脈硬化』研究助成
  17. 2001年, 広仁会賞
  18. 1999年, 財団法人総合健康推進財団研究助成
  19. 2018年12月15日, 脳心血管抗加齢研究会2018 Young Investigator Award, 脳心血管抗加齢研究会2018会長
  20. 2019年03月05日, SI2018 優秀講演賞, 公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会実行委員長,プログラム委員長,表彰委員長

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 助成金, 新規レジスチン様分子(RELMB)による内皮型一酸化窒素合成酵素制御機能の解明に関する研究, 2022年
  2. 臨床研究・治験推進研究事業, 糖尿病合併冠動脈疾患レジストリを基盤としたコルヒチン第3相検証的試験の実施とRCT On Registryに向けたレジストリデータの品質管理と標準化に関する研究, 2021年04月01日, 2022年03月31日
  3. 再生医療実用化研究事業, 全身性強皮症に伴う皮膚潰瘍に対する自家骨髄単核球移植を用いた血管再生療法に関する研究開発, 2021年04月01日, 2022年03月31日
  4. 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業, 冠動脈疾患患者を対象とし、コルヒチンとプラセボの比較を行う、FMDを評価項目としたパイロット研究, 2015年04月01日, 2016年03月31日
  5. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), iPS細胞バンクを利用した緊急被ばく対応システムの構築, 2013年, 2015年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔衛生指標による動脈硬化および骨粗鬆症性椎体骨折リスクの推定に関する研究, 2012年, 2014年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 心血管疾患におけるROCK活性の役割:トランスレーショナル研究, 2011年, 2013年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 動脈硬化評価のための血管機能総合診断システムの構築, 2009年, 2011年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 梗塞性心臓血管疾患リスク患者の早期スクリーニングのための口腔衛生指標の開発, 2009年, 2011年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 骨髄間葉系幹細胞を用いた血管新生療法とその臨床応用:骨髄間葉系幹細胞バンク化の検討, 2006年, 2007年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), パノラマX線写真と血管内皮機能測定を併用する脳血管障害についての研究, 2005年, 2007年
  12. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 歯科用パノラマX線写真による心血管系疾患の早期スクリーニング支援システムの開発, 2004年, 2005年
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 臨床検査における動脈硬化の非侵襲的評価法の体系化, 2003年, 2004年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 閉塞性動脈硬化症・ビュルガー病に対する自家骨骨髄細胞移植:骨髄間葉系幹細胞急速増殖法の応用および新生血管での血管内皮機能評価, 2003年, 2004年
  15. 厚生労働科学研究, コルヒチンの抗動脈硬化薬としての適応拡大を目的とした橋渡し研究, 2014年07月23日, 2015年03月31日
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), Non-dipper型高血圧の発症における時計遺伝子の役割, 2013年, 2015年
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ミトコンドリア酵素ALDH2遺伝子変異と心不全:iPS細胞誘導心筋細胞での検討, 2015年, 2018年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔顎顔面のエックス線画像指標を統合した新規骨粗鬆症スクリーニングシステムの構築, 2015年
  19. 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業, コルヒチンの抗動脈硬化薬としての適応拡大を目的とした橋渡し研究, 2016年04月01日, 2017年03月31日
  20. 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業, コルヒチンの抗動脈硬化薬としての適応拡大を目的とした橋渡し研究, 2016年
  21. 医工連携事業化推進事業実証事業, 検査時間を大幅に短縮したFMD検査装置の開発・海外展開
  22. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ミトコンドリア酵素ALDH2遺伝子変異と心不全:iPS細胞誘導心筋細胞での検討, 2016年, 2018年
  23. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 糖尿病による心血管障害におけるROCKの役割:基礎から臨床へ, 2016年
  24. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 腎疾患に対する超音波療法の有効性に関する研究, 2016年, 2019年
  25. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔顎顔面のエックス線画像指標を統合した新規骨粗鬆症スクリーニングシステムの構築, 2016年, 2018年
  26. 臨床研究・治験推進研究事業, 糖尿病合併冠動脈疾患レジストリを基盤としたコルヒチン第3相検証的試験の実施とRCT On Registryに向けたレジストリデータの品質管理と標準化に関する研究, 2017年05月01日, 2018年03月31日
  27. 医工連携事業化推進事業 「医工連携事業化推進事業」実証事業 , 検査時間を大幅に短縮したFMD検査装置の開発・海外展開, 2017年04月14日, 2018年03月31日
  28. 臨床研究・治験推進研究事業, 糖尿病合併冠動脈疾患レジストリを基盤としたコルヒチン第3相検証的試験の実施とRCT On Registryに向けたレジストリデータの品質管理と標準化に関する研究, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  29. 再生医療実用化研究事業, 重症虚血肢に対し、近赤外線分光装置(NIRS)を使用した至適運動療法を確認する研究, 2019年04月01日, 2020年03月31日
  30. 臨床研究・治験推進研究事業, 糖尿病合併冠動脈疾患レジストリを基盤としたコルヒチン第3相検証的試験の実施とRCT On Registryに向けたレジストリデータの品質管理と標準化に関する研究, 2019年04月01日, 2020年03月31日
  31. 臨床研究・治験推進研究事業, 糖尿病合併冠動脈疾患レジストリを基盤としたコルヒチン第3相検証的試験の実施とRCT On Registryに向けたレジストリデータの品質管理と標準化に関する研究, 2020年04月01日, 2021年03月31日
  32. 再生医療実用化研究事業, 重症虚血肢に対し、近赤外線分光装置(NIRS)を使用した至適運動療法を確認する研究, 2020年04月01日, 2021年03月31日

社会活動

学術会議等の主催

  1. 第21回日本NO学会学術集会・総会, 2021年05月, 2021年05月
  2. 第2回日本血管不全学会学術集会, 2017年04月, 2017年04月
  3. 脳心血管抗加齢研究会2018, 学会長, 2018年12月, 2018年12月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. みみよりライブ5 up !, みみよりライブ5 up !, 広島ホームテレビ, 広島ホームテレビ, 2019年/09月, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  2. お好みワイドひろしま, お好みワイドひろしま, NHK, NHK, 2019年/07月, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  3. かんさい情報ネットten., かんさい情報ネットten., 読売テレビ, 読売テレビ, 2019年/07月, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  4. 広島南警察署講演会, 健康な体は正常な血管から, 広島南警察署, IZUMI, 2019年/05月/15日, 広島南警察署, 講師, 講演会, 行政機関
  5. 市民公開講座 おしっこのトラブルと生活習慣病, おしっこと血管の意外なつながり, 朝日新聞社, 朝日新聞社, 2018年/03月/20日, 2018年/03月/20日, 講師, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  6. 林修の今でしょ!講座, 林修の今でしょ!講座, テレビ朝日, テレビ朝日, 2018年/07月/03日, 講師, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般