水野 智仁Noriyoshi Mizuno

Last Updated :2021/10/05

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯) 教授
メールアドレス
mizunohiroshima-u.ac.jp
自己紹介
歯周炎の中で、若年時に発症して急速に進行する侵襲性歯周炎という疾患があります。現在、原因はよくわかっていません。しかし、家族性にこの疾患をもつ人が集積することから、遺伝子の関与が疑われています。私はこの疾患の原因遺伝子の同定およびその病態解明を行っています。

基本情報

学位

  • 博士(歯学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 歯学部 : 歯学科 : 歯学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 歯学専門プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 歯周治療系歯学

研究キーワード

  • 侵襲性歯周炎
  • 原因遺伝子
  • 神経栄養因子
  • 間葉系幹細胞
  • 歯根膜細胞
  • 再生医療

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 4ターム, 歯学概論
  2. 2021年, 学部専門, 3ターム, 歯周病学I
  3. 2021年, 学部専門, 4ターム, 歯周病学II
  4. 2021年, 学部専門, 3ターム, 診断・検査学
  5. 2021年, 学部専門, 1ターム, 歯周療法学基礎実習I
  6. 2021年, 学部専門, 2ターム, 歯周療法学基礎実習II
  7. 2021年, 学部専門, 年度, 臨床実習(予防歯科学)
  8. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習(歯周病態学)
  9. 2021年, 学部専門, 4ターム, 口腔インプラント学
  10. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 歯学研究実習(歯周病態学)
  11. 2021年, 学部専門, 1ターム, 歯科医療安全学
  12. 2021年, 学部専門, 2ターム, 成人・高齢者歯科学
  13. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 臨床歯科医学総合演習
  14. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習(歯周病態学)
  15. 2021年, 学部専門, 年度, 臨床実習(歯周療法学)
  16. 2021年, 学部専門, 4ターム, 保存系歯科学(歯周病学)
  17. 2021年, 学部専門, 4ターム, 保存系歯科学(歯周病学)
  18. 2021年, 学部専門, 2ターム, 成人・高齢者歯科学
  19. 2021年, 学部専門, 1ターム, 歯科医療安全学
  20. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 口腔保健学臨床・臨地実習
  21. 2021年, 学部専門, 集中, 口腔保健学臨床・臨地実習
  22. 2021年, 学部専門, 2ターム, 成人・高齢者歯科学
  23. 2021年, 学部専門, 1ターム, 歯科医療安全学
  24. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 口腔工学概論
  25. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 歯周病態学特別演習
  26. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 歯周病態学特別演習
  27. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 歯周病態学特別研究
  28. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 歯周病態学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Proteome analysis of proteins related to aggressive periodontitis combined with neutrophil chemotaxis dysfunction, JOURNAL OF CLINICAL PERIODONTOLOGY, 38巻, 4号, pp. 310-317, 201104
  2. Molecular cloning and characterization of rat trp homologues from brain, Molecular Brain Research, 64巻, 1号, pp. 41-51, 19990101
  3. Mediation by platelate-activating factor of 12-hydroxyeicosatetraenoic acid-induced cytosolic free calcium concentration elevation in rabbit and human neutrophils, Prostaglandins & other Lipid Mediators, 62巻, pp. 385-394, 20000401
  4. Mediation by platelet-activating factor of 12-hydroxyeicosatetraenoic acid-induced cytosolic free calcium concentration elevation in rabbit and human neutrophils, Prostaglandins & other Lipid Med., 62巻, 4号, pp. 385-394, 20001001
  5. Molecular cloning and characterization of rat trp homologues from brain, Mol. Brain Res., 64巻, 1号, pp. 41-51, 19990101
  6. The sites of origin and termination of afferent and efferent components in the lingual and pharyngeal branches of the glossopharyngeal nerve in the Japanese monkey (Macaca fuscata)., Neurosci. Res., 24巻, pp. 385-392, 19960401
  7. An anterograde-retrograde labeling study of the carotid sinus nerve of the Japanese monkey (Macaca fuscata)., Neurosci. Res., 22巻, pp. 381-387, 19950401
  8. Re-examination of the topographical distribution of motoneurons innervating the digastric muscle in the rabbit and guinea pig., Anat. Anz., 173巻, pp. 9-16, 19910401
  9. Distribution of axons showing calcitonin gene-related peptide- and/or substance P-like immunoreactivity in the sensory trigeminal nucleus of the cat., Neurosci. Res., 11巻, pp. 119-133, 19910401
  10. Retinofugal projections in the house musk shrew, Suncus murinus., Neurosci. Lett., 125巻, pp. 133-135, 19910401
  11. Localization of motoneurons innervating the stylohyoid muscle in the monkey, cat, rabbit, rat adn shrew., J. Hirnforsch., 31巻, pp. 731-737, 19900401
  12. Infrahyoid and accessory motoneurons in the Japanese monkey (Macaca fuscata)., J. Comp. Neurol., 291巻, pp. 373-382, 19900401
  13. Represetntation of the tensor veli palatini muscle in the trigeminal motor nucleus of the Japanese monkey (macaca fuscata)., Neurosci. Lett., 113巻, pp. 7-11, 19900401
  14. Possible origins of substance P-like immunoreactive axons within Onuf's nucleus of the cat., Brain Res., 497巻, pp. 177-182, 19890401
  15. Convergence of serotonin-, enkephalin- and substance P-like immunoreactive afferent fibers onto cat medullary dorsal horn projection neurons: a triple immunocytochemical staining technique combined with the retrograde HRP-tracing method., Brain Res., 491巻, pp. 360-365, 19890401
  16. The distribution of infrahyoid motoneurons in the cat: a retrograde horseradish peroxidase study., Anat Embryol, 177巻, pp. 445-450, 19880401
  17. Distribution of axons exhibiting both enkephalin- and serotonin-like immunoreactivities in the lumbar cord segments: an immunohistochemical study in the cat., Brain Res., 440巻, pp. 357-362, 19880401
  18. Amigdaloid pathway to the trigeminal motor nucleus via the pontine reticular formation in the rat., Brain Res Bull., 21巻, pp. 829-833, 19880401
  19. Somatotopic organization of facial nucleus of rabbit. With particular reference to intranuclear representation of perioral branches of the facial nucleus., Anat. Anz., 165巻, pp. 83-90, 19880401
  20. Mediation by platelet-activating factor of 12-hydroxyeicosatetraenoic acid-induced cytosolic free calcium concentration elevation in neutrophils, Prostaglandins & other Lipid Med., 62巻, 4号, pp. 385-94
  21. Molecular cloning and characterization of rat trp homologues from brain, Molecular Brain Research, 64巻, pp. 41-51
  22. The sites of origin of projection fibers from the cerebral cortex to the jaw region of the striatum of the rat, Neurosci. Lett., 332巻, pp. 9-12, 20020401
  23. The sites of origin of projection fibers from the cerebral cortex to the jaw region of the striatum of the rat., Neurosci. Lett., 332巻, 1号, pp. 9-12, 20020401
  24. Proliferative ability and alkarine posphatase activity with in vivo cellular aging in human pulp cells., Journal of Endodontics, 29巻, 1号, pp. 9-11, 20030401
  25. Expression of endothelins and their receptors in cells from human periodontal tissues., Journal of Periodontal Research, 38巻, 3号, pp. 269-275, 20030401
  26. Differential gene expression of bone-related proteins in epithelial and fibroblastic cells derived from human periodontal ligam,ent., Biochemical and Molecular Biology International, 27巻, 7号, pp. 519-24, 20030401
  27. Enhancement of alkaline phosphatase synthesis in pulp cells co-cultured with epithelial cells derived from lower rabbit incisors., Cell Biology International, 27巻, 10号, pp. 815-23, 20030401
  28. The effect of extracellular calcium ion on gene expression of bone-related proteins in human pulp cells., J Endodntics, 29巻, 2号, pp. 104-107, 20030401
  29. Syntheses of prostaglandin E2 and E-cadherin and gene expression of beta-defensin-2 by human gingival epithelial cells in response to Actinobacillus actinomycetemcomitans., Inflammation, 27巻, 6号, pp. 341-349, 20030401
  30. Effect of bone morphogenetic proteins-4, -5 and -6 on DNA synthesis and expression of bone-related proteins in cultured human periodontal ligament cells., Cell Biology Internathional, 28巻, 10号, pp. 675-682, 20040401
  31. Characterization of epithelial cells derived from periodontal ligament by gene expression patterns of bone-related and enamel proteins., Cell Biology Internathional, 29巻, 2号, pp. 111-117, 20050401
  32. Cell transplantation for periodontal diseases. A novel periodontal tissue regenerative therapy using bone marrow mesenchymal stem cells, Clinical Calcium, 15巻, 7号, pp. 99-104, 20050401
  33. Brain-derived neurotrophic factor enhances periodontal tissue regeneration., Tissue Engineering, 11巻, 9-10号, pp. 1618-1629, 20050401
  34. ★, Human autologous serum obtained using a completely closed bag system as a substitute for foetal calf serum in human mesenchymal stem cell cultures., Cell Biology Internathional, 30巻, 6号, pp. 521-524, 20060301
  35. Promotion of functioning of human periodontal ligament cells and human endothelial cells by nerve growth factor., J Periodontlogy, 77巻, 5号, pp. 800-807, 20060501
  36. Behavior of transplanted bone marrow-derived mesenchymal stem cells in periodontal defects., J. Periodontology, 77巻, 6号, pp. 1003-1007, 20060601
  37. Verification of Aseismic Design Model by using Experimental Results, Trans. 16th International Conference on Structural Mechanics in Reactor Technology, Vol.K巻, pp. 293-298, 19850801
  38. The effect of extracellular calcium ion on gene expression of bone-related proteins in human pulp cells., J. Endodontics, 29巻, pp. 104-107, 20030401
  39. Brain-derived neurotrophic factor enhances periodontal tissue regeneration:, Tissue eng., 11巻, 9-10号, pp. 1619-1630, 20051101
  40. Expression of endothelins and their receptors in cells from human periodontal tissues, J. Periodontal. Res., 38巻, 3号, pp. 269-275, 20030301
  41. Behavior of transplanted bone marrow-derived mesenchymal stem cells in periodontal defects, J. Periodontol, 77巻, pp. 1003-1007, 20060401
  42. Cell cycle analysis of human dermal fibroblasts cultured on or in hydrated type i collagen lattices, Archives of Dermatological Research, 282巻, pp. 1-5, 19890401
  43. Parallel arrangement, growth inhibition and cell cycle phase analysis of human dermal fibroblasts cultured in collagen lattice, Journal of Dermatology, 17巻, 1号, pp. 2-10, 19900401
  44. Cell cycle analysis of human dermal fibroblasts cultured on or in hydrated type i collagen lattices, Archives for Dermatological Research, 282巻, 4号, pp. 258-262, 19900401
  45. Correlation of contractility and proliferative potential with the extent of differentiation in mouse fibroblastic cell lines cultured in collagen lattices, Journal of Dermatology, 17巻, 3号, pp. 149-154, 19900401
  46. Effect of tretinoin on collagen gel contraction induced by mouse 3t3 fibroblasts, Journal of Dermatological Science, 2巻, 1号, pp. 45-49, 19910401
  47. Identification of marker genes distinguishing human periodontal ligament cells from human mesenchymal stem cells and human gingival fibroblasts., J Periodontal Res., 42巻, 3号, pp. 283-6, 20070601
  48. Identification of marker genes distinguishing human periodontal ligament cells from human mesenchymal stem cells and human gingival fibroblasts,, J Periodontal Res, 42巻, 3号, pp. 283-286, 20070601
  49. Effect of neurotrophins on differentiation, calcification and proliferation in cultures of human pulp cells, Cell Biol Int, 31巻, 12号, pp. 1462-1469, 20071201
  50. Effect of bone morphogenetic proteins -4, -5 and -6 on DNA synthesis and expression of bone-related proteins in cultured human periodontal ligament cells, Cell Biol. Int., 28巻, 10号, pp. 675-682, 20041001
  51. Characterization of epithelial cells derived from periodontal ligament by gene expression patterns of bone-related and enamel proteins., Cell Biol. Int., 29巻, 2号, pp. 111-117, 20050201
  52. Promotion of functioning of human periodontal ligament cells and human endothelial cells by nerve growth factor., J. Periodontol., 77巻, 5号, pp. 800-807, 20060501
  53. Human autologous serum obtained using a completely closed bag system as a substitute for foetal calf serum in human mesenchymal stem cell cultures., Cell Biol. Int., 30巻, 6号, pp. 521-524, 20060601
  54. Identification of marker genes distinguishing human periodontal ligament cells from human mesenchymal stem cells and human gingival fibroblasts., J Periodontal. Res., 42巻, 3号, pp. 283-286, 20070601
  55. Effect of neurotrophins on differentiation, calcification and proliferation in cultures of human pulp cells, Cell Biol Int., 17号, 20070701
  56. Molecular cloning and characterization of rat trp homologues from brain., Molecular Brain Research, 64巻, (1)号, pp. 41-51, 19990101
  57. Characterization of epithelial cells derived from periodontal ligament by gene expression patterns of bone-related and enamel proteins, Cell Biol Int., 29巻, 2号, pp. 111-117, 20050201
  58. Characterization of epithelial cells derived from periodontal ligament by gene expression patterns of bone-related and enamel proteins., Cell Biol Int., 29巻, 2号, pp. 111-117, 20050201
  59. Effect of bone morphogenetic proteins-4,-5 and -6 on DNA synthesis and expression of bone-related proteins in cultured human periodontal ligament cells., Cell Biol Int., 28巻, 10号, pp. 675-682, 20041001
  60. 6. Characterization of epithelial cells derived from periodontal ligament by gene expression patterns of bone-related and enamel proteins, Cell Biol Int., 29巻, 2号, pp. 111-117, 20050201
  61. Characterization of epithelial cells derived from periodontal ligament by gene expression patterns of bone-related and enamel proteins, Cell Biol Int, 29巻, 2号, pp. 111-117, 20050201
  62. Effect of bone morphogenetic proteins-4, -5 and -6 on DNA synthesis and expression of bone-related proteins in cultured human periodontal ligament cells., Cell Biol Int., 28巻, 10号, pp. 675-682, 20041001
  63. Identification of marker genes distinguishing human periodontal ligament cells from human mesenchymal stem cells and human gingival fibroblasts., J Periontal Res, 42巻, 3号, pp. 283-286, 20070601
  64. Synthesis of prostaglandin E2 and E-cadherin and gene expression of beta-defensin-2 by human gingival epithelial cells in response to Actinobacillus actinomycetemcomitans., Inflammation, 27巻, 6号, pp. 341-349, 20031201
  65. 自家骨髄間葉系幹細胞移植による歯周組織再生療法の開発, 4巻, pp. 69-77, 20050401
  66. Brain-derived neurotrophic factor stimulates bone/cementum-related protein gene expression in cementoblasts, The Journal of Biological Chemistry, 283巻, 23号, pp. 16259-16267, 20080601
  67. 抗菌ペプチドLL37によるヒト歯髄細胞の炎症性サイトカイン発現制御, 日本歯内療法学会雑誌, 29巻, 3号, pp. 147-154, 20080901
  68. Effect of Neurotrophin-4/5 on Bone/Cementum-Related Protein Expressions and DNA Synthesis in Cultures of Human Periodontal Ligament Cells, Journal of Periodontology, 79巻, 11号, pp. 2182-2189, 20081101
  69. Humoral factors released from human periodontal ligament cells influence calcification and proliferation in human bone marrow mesenchymal stem cells, Journal of Periodontology, 79巻, 12号, pp. 2361-2370, 20081201
  70. Detecting gene mutations in Japanese Alzheimer's patients by semiconductor sequencing, NEUROBIOLOGY OF AGING, 35巻, 7号, 201407
  71. Enhanced TLR-MYD88 Signaling Stimulates Autoinflammation in SH3BP2 Cherubism Mice and Defines the Etiology of Cherubism, CELL REPORTS, 8巻, 6号, pp. 1752-1766, 20140925
  72. Bone marrow transplantation improves autoinflammation and inflammatory bone loss in SH3BP2 knock-in cherubism mice, BONE, 71巻, pp. 201-209, 201502
  73. Introduction of a Mixture of beta-Tricalcium Phosphate Into a Complex of Bone Marrow Mesenchymal Stem Cells and Type I Collagen Can Augment the Volume of Alveolar Bone Without Impairing Cementum Regeneration, JOURNAL OF PERIODONTOLOGY, 86巻, 3号, pp. 456-464, 201503
  74. LL37 induces VEGF expression in dental pulp cells through ERK signalling, INTERNATIONAL ENDODONTIC JOURNAL, 48巻, 7号, pp. 673-679, 201507
  75. Brain-Derived Neurotrophic Factor Inhibits Intercellular Adhesion Molecule-1 Expression in Interleukin-1 beta-Treated Endothelial Cells, CELL BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 74巻, 3号, pp. 399-406, 201609
  76. Porphyromonas gingivalis infection exacerbates the onset of rheumatoid arthritis in SKG mice, CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY, 186巻, 2号, pp. 177-189, 201611
  77. Brain-Derived Neurotrophic Factor Inhibits Peptidoglycan-Induced Inflammatory Cytokine Expression in Human Dental Pulp Cells, INFLAMMATION, 40巻, 1号, pp. 240-247, 201702
  78. Xenotransplantation of interferon-gamma-pretreated clumps of a human mesenchymal stem cell/extracellular matrix complex induces mouse calvarial bone regeneration, STEM CELL RESEARCH & THERAPY, 8巻, 20170426
  79. MSC/ECM Cellular Complexes Induce Periodontal Tissue Regeneration, JOURNAL OF DENTAL RESEARCH, 96巻, 9号, pp. 984-991, 201708
  80. Regulation of defensive function on gingival epithelial cells can prevent periodontal disease, JAPANESE DENTAL SCIENCE REVIEW, 54巻, 2号, pp. 66-75, 201805
  81. The induced RNA-binding protein, HuR, targets 3-UTR region of IL-6 mRNA and enhances its stabilization in periodontitis, CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY, 192巻, 3号, pp. 325-336, 201806
  82. Reparative bone-like tissue formation in the tooth of a systemic sclerosis patient, INTERNATIONAL ENDODONTIC JOURNAL, 51巻, 9号, pp. 1059-1066, 201809
  83. The involvement of C5a in the progression of experimental arthritis with Porphyromonas gingivalis infection in SKG mice, ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY, 20巻, 20181103
  84. BDNF/HMW-HA complex as an adjunct to nonsurgical periodontal treatment of ligature-induced periodontitis in dogs, JOURNAL OF PERIODONTOLOGY, 90巻, 1号, pp. 98-109, 201901
  85. Glycyrrhizic acid suppresses inflammation and reduces the increased glucose levels induced by the combination of Porphyromonas gulae and ligature placement in diabetic model mice, INTERNATIONAL IMMUNOPHARMACOLOGY, 68巻, pp. 30-38, 201903
  86. Clumps of Mesenchymal Stem Cell/Extracellular Matrix Complexes Generated with Xeno-Free Conditions Facilitate Bone Regeneration via Direct and Indirect Osteogenesis, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 20巻, 16号, 20190802
  87. Relationship between periodontal inflammation and calcium channel blockers induced gingival overgrowth-a cross-sectional study in a Japanese population, CLINICAL ORAL INVESTIGATIONS, 23巻, 11号, pp. 4099-4105, 201911
  88. Multiple External Root Resorption of Teeth as a New Manifestation of Systemic Sclerosis-A Cross-Sectional Study in Japan, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 10号, 201910
  89. Periodontal ligament cells regulate osteogenesis via miR-299-5p in mesenchymal stem cells, DIFFERENTIATION, 112巻, pp. 47-57, 202003
  90. Optineurin regulates osteoblastogenesis through STAT1, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 525巻, 4号, pp. 889-894, 20200514
  91. Biallelic mutation of HSD17B4 induces middle age-onset spinocerebellar ataxia, NEUROLOGY-GENETICS, 6巻, 1号, 202002
  92. Regulation of osteogenesis via miR-101-3p in mesenchymal stem cells by human gingival fibroblasts, JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM, 38巻, 4号, pp. 442-455, 202007
  93. Aggressive periodontitis and NOD2 variants, JOURNAL OF HUMAN GENETICS, 65巻, 10号, pp. 841-846, 202010
  94. Cox2-mediated PGE2 production via p38/JNK-c-fos signaling inhibits cell apoptosis in 3D floating culture clumps of mesenchymal stem cell/extracellular matrix complexes, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 530巻, 2号, pp. 448-454, 20200917
  95. IL-6 Induced by Periodontal Inflammation Causes Neuroinflammation and Disrupts the Blood-Brain Barrier, BRAIN SCIENCES, 10巻, 10号, 202010
  96. Effect ofPorphyromonas gingivalisinfection on gut dysbiosis and resultant arthritis exacerbation in mouse model, ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY, 22巻, 1号, 20201019
  97. Identification of regulatory mRNA and microRNA for differentiation into cementoblasts and periodontal ligament cells, JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH, 56巻, 1号, pp. 69-82, 202101
  98. Functional Regulatory Mechanisms Underlying Bone Marrow Mesenchymal Stem Cell Senescence During Cell Passages, CELL BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 79巻, 2号, pp. 321-336, 202106
  99. The role of nuclear receptor 4A1 (NR4A1) in drug-induced gingival overgrowth, FASEB JOURNAL, 35巻, 7号, 202107
  100. Involvement of Rac1 in macrophage activation by brain-derived neurotrophic factor, MOLECULAR BIOLOGY REPORTS, 48巻, 6号, pp. 5249-5257, 202106

著書等出版物

  1. 2020年, 【ご当地の取り組みを一挙紹介 全国選抜!感染対策 地域連携の活動レポート】 独自の取り組み編 インターネットを介した広島歯科医療安全支援機構オーデットシステム, 【ご当地の取り組みを一挙紹介 全国選抜!感染対策 地域連携の活動レポート】 独自の取り組み編 インターネットを介した広島歯科医療安全支援機構オーデットシステム, 2020年, 単行本(学術書), 共著, 岩田 倫幸,水野 智仁, 佐和 章弘, 栗原 英見
  2. 2005年07月, 歯周組織の細胞移植療法 骨髄間葉系幹細胞を用いた歯周組織再生療法 , クリニカルカルシウム, 2005年, 07, 単行本(学術書), 共著, 藤田 剛 長谷川 直彦 柴 秀樹 中村 茂夫 日野 孝宗 , 6
  3. 2004年, 骨髄間葉系細胞を用いた歯周治療 , 炎症と免疫, 2004年, 調査報告書, 共著, 河口 浩之 平地昭雄 長谷川 直彦 吉野 宏 林 秀昭 日野 孝宗 , 8
  4. 2005年, 自家骨髄間葉系幹細胞移植による歯周組織再生療法の開発 , 再生医療, 2005年, 単行本(学術書), 共著, 林 秀昭 , 6
  5. 2004年09月, 骨髄間葉系幹細胞移植による歯周組織再生治療 , ザ・クインテッセンス, 2004年, 09, 単行本(学術書), 共著, 林 秀昭 栗原 英見 , 5
  6. 2004年12月, 骨髄間葉系細胞を用いた歯周治療 , 炎症と免疫, 2004年, 12, 単行本(学術書), 共著, 平地昭雄 長谷川 直彦 吉野 宏 水野 智仁 , 9
  7. 2005年, 神経栄養因子を利用した歯周組織再生 , 歯界展望 特別号 健康な心と身体は口腔から, 2005年, 単行本(学術書), 共著, 水野 智仁 , 1
  8. 2005年, 歯周組織の細胞移植療法(骨髄間葉系幹細胞を用いた歯周組織再生療法) , clinical calcium, 2005年, 単行本(学術書), 共著, 林 秀昭 水野 智仁 , 6
  9. 2006年04月, 脳由来神経栄養因子を用いた歯周組織再生過程における骨関連タンパク発現 , 第125回 日本歯科保存学会秋季学術大会(鹿児島), 2006年, 04, 調査報告書, 共著, 林田 浩一 河口 浩之 花木 清隆 水野 智仁 赤崎 友彦 武田 克浩 岡田 貢 辻 紘一郎 栗原 英見
  10. 2014年10月10日, 社会から問われる医療安全 スタンダードプリコーション 感染対策は万全ですか?, 社会から問われる医療安全 スタンダードプリコーション 感染対策は万全ですか?, 2014年, 10, その他, 共著, 水野智仁、中岡美由紀、仁井谷善恵、栗原英見
  11. 2016年04月, 心不全ケアチーム構築マニュアル, 第4章 大学病院における心不全チーム医療の役割 各職種の役割⑤歯科医師, 歯周ポケット デンタルプラーク 歯周病原細菌, メディカ出版, 2016年, 04, 単行本(学術書), 共著
  12. 2015年03月10日, 感染対策に必要なガイドラインこれだけは!, 国公立大学附属病院感染対策協議会歯科における院内感染対策ガイドライン改訂版, メディカ出版, 2015年, 単行本(学術書), 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 広島大学病院血友病診療センターにおける歯科衛生士の取り組み, 岡田 美穂, 新谷 智章, 川越 麻衣子, 岩田 倫幸, 武田 克浩, 進藤 智, 吉田 和真,山﨑 尚也, 新里 法子, 中岡 美由紀, 水野 智仁, 藤井 輝久, 太田 耕司,香西 克之, 柴 秀樹, 第 59 回広島県歯科医学会/第 104 回広島大学歯学会例会, 2020年11月, 通常, 日本語
  2. 歯周病は耐糖能異常非依存的に非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)の増悪因子となりうる, 田利 美沙子, 加治屋 幹人, 竹村 翼, 田村 哲也, 松田 真司, 岩田 倫幸, 應原 一久,水野 智仁, 第 59 回広島県歯科医学会/第 104 回広島大学歯学会例会, 2020年11月, 通常, 日本語
  3. 軟骨分化誘導を施した間葉系幹細胞集塊 Clumps of MSCs/ECM complexes による骨再生効果の検討, 堀越 励, 加治屋 幹人, 本池 総太, 小川 智也, 曽根 久勝, 吉井 寛毅, 森本 慎, 吉野 舞,佐々木 慎也, 岡信 愛, 松田 真司, 岩田 倫幸, 應原 一久, 水野 智仁, 第 59 回広島県歯科医学会/第 104 回広島大学歯学会例会, 2020年11月, 通常, 日本語
  4. 歯周靱帯細胞の液性因子が microRNA を介して間葉系幹細胞の骨分化に与える影響, 岩田 倫幸, 池田 英里, 水野 智仁, 永原 隆吉, 加治屋 幹人, 武田 克浩, 八木 亮一, 小西 昭弘, 應原 一久, 藤田 剛, 栗原 英見, 第 63 回春季日本歯周病学会学術大会, 2020年07月, 通常, 日本語
  5. 根尖部外部吸収を伴う慢性根尖性歯周炎に罹患した下顎第二大臼歯に対して根管治療、意図 的再植及び歯根端切除が奏功した一症例, 濵本 結太,加治屋 幹人,水野 智仁,柴 秀樹, 第 41 回日本歯内療法学会学術大会, 2020年06月, 通常, 日本語
  6. 病院歯科の感染予防対策とその役割 国公立大学附属病院感染対策協議会における歯科医療部会の取り組み, 太田 耕司, 中岡 美由紀, 水野 智仁, 仁井谷 善恵, 柴 秀樹, 栗原 英見, 35 回日本環境感染学会総会, 2020年02月, 通常, 日本語, 日本環境感染学会, 横浜
  7. インターネットを介した広島歯科医療安全支援機構オーデットシステムの有用性に関する 報告, 岩田倫幸, 佐和章弘,水野智仁,中岡美由紀,長谷由紀子,小園知佳,永原隆吉,太田耕司,新谷智章,柴 秀樹,津賀 一弘,河口 浩之,栗原 英見, 第34回日本環境感染学会総会・学術集会, 2019年02月, 通常, 日本語, 神戸
  8. Endodontic Therapy at Hiroshima Dental Hospital, 水野 智仁, Hawaii Meeting, 2003年01月, 招待, 日本語
  9. 神経栄養因子を用いた歯周組織再生, 水野 智仁, 第47回 春季日本歯周病学会学術大会, 2004年05月, 招待, 日本語
  10. 歯科診療所の院内感染防止を目的とした広島歯科医療安全支援機構オーデットシステムについて, 岩田倫幸、水野智仁、中岡美由紀、永原隆吉、入江由美、柴秀樹、佐和章弘、栗原英見, 第29回環境感染学会, 通常, 日本語
  11. Porphyromonas gingivalis口腔感染の関節リウマチ発症マウスにおける影響についての免疫学的検討, 宗永 修一、應原 一久、加治屋 幹人、山川 真宏、武田 克浩、竹脇 学、石田 充、内田 雄士、水野 智仁、藤田 剛、栗原 英見, 第58回秋季日本歯周病学会学術大会, 2015年09月12日, 通常, 日本語, 日本歯周病学会, 静岡県浜松市アクトシティ浜松
  12. カルシニューリン阻害薬誘導性歯肉増殖症の病態解明, 岡信 愛、松田真司、 加治屋幹人、 内田雄士、 水野智仁、 藤田 剛、 栗原英見, 2015年09月12日, 通常, 日本語, 日本歯周病学会, 静岡県浜松市
  13. 歯科診療所の院内感染予防対策の改善を目的とした広島歯科医療安全支援機構オーデットシステムの有用性, 岩田倫幸、水野智仁、 中岡美由紀、 永原隆吉、入江由美、 太田耕司、柴 秀樹、 佐和章弘、 津賀一弘、栗原英見, 第30回日本環境感染学会学術集会, 2015年02月, 通常, 日本語, 日本環境感染学会, 兵庫県神戸市
  14. Porphyromonas gingivalis 口腔感染は関節リウマチモデルマウスにおいて関節破壊を増悪する, 宗永 修一、應原 一久、山川 真宏、加治屋 幹人、武田 克浩、内田 雄士、竹下 慶、水野 智仁、藤田 剛、栗原 英見, 第142回春季日本歯科保存学会学術大会, 2015年06月, 通常, 日本語, 福岡県北九州市
  15. カルシニューリン阻害剤に誘導される歯肉増殖症の病態解明, 岡信 愛、松田真司、 加治屋幹人、 水野智仁、 藤田 剛、 栗原英見, 第142回春季日本歯科保存学会学術大会, 2015年06月, 通常, 日本語, 福岡県北九州市
  16. Development of Calcineurin Inhibitor Induced Gingival Hyperplasia Mice Model, 岡信 愛、松田真司、 加治屋幹人、 水野智仁、 藤田 剛、 栗原英見, 第6回広島国際カンファレンス, 2015年10月, 通常, 日本語, 広島市
  17. 歯周病患者の各種口腔機能検査の試み, 内田雄士、水野智仁、藤田剛、栗原英見, 日本歯周病学会中国四国3大学・日本臨床歯周病学会中国四国支部研修会, 2015年10月, 通常, 日本語, 徳島市
  18. 関節リウマチモデルマウスにおけるPorphyromonas gingivalis口腔投与の影響, 宗永修一、應原 一久、加治屋 幹人、山川 真宏、武田 克浩、竹脇 学、石田 充、内田 雄士、水野 智仁、藤田 剛、栗原 英見, 第99回広島大学歯学会, 2015年11月, 通常, 日本語
  19. CBCTから作成した3D模型を歯周組織再生療法に利用した侵襲性歯周炎の一症例, 應原 一久, 内田 雄士,水野 智仁,藤田 剛,栗原 英見, 第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年05月, 通常, 日本語
  20. 間葉系幹細胞の細胞機能制御に関するmicro RNAの探索, 岩田倫幸, 永原隆吉、兼田英里、吉岡みなみ、水野智仁、柴 秀樹、栗原英見, 第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年05月, 通常, 日本語
  21. Optineurinが歯周組織破壊に及ぼす影響, 松井 志薫, 水野智仁、松田真司、加治屋幹人、應原一久、藤田剛、栗原英見, 第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年05月, 通常, 日本語
  22. Porphyromonas gulae感染糖尿病モデルマウスの歯周炎病態の評価, 芥川 桂一, 藤田剛、水野智仁、内田雄士、竹村翼、應原一久、加冶屋幹人、松田真司、栗原英見, 第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年05月, 通常, 日本語
  23. 2016年06月, 通常, 英語
  24. 認定医・専門医への道, 水野智仁, 日本歯周病学会  第8 回中国地区臨床研修会, 2016年07月, 通常, 日本語
  25. 関節リウマチ患者由来血清の歯周病原細菌Porphyromonas gingivalis表層抗原との反応性について, 應原 一久, 宗永 修一、山川 真宏、濱本 結太、水野 智仁、藤田 剛、栗原 英見, 日本歯周病学会  第8 回中国地区臨床研修会, 2016年07月, 通常, 日本語
  26. 患者の歯周治療に対するモチベーションが向上し歯周組織の炎症が改善した一症例, 高野恵理, 長谷由紀子、水野智仁、中岡美由紀、栗原英見, 日本歯周病学会  第8 回中国地区臨床研修会, 2016年07月, 通常, 日本語
  27. 下顎前歯部の歯肉退縮に結合組織移植術を行った一症例, 永原 隆吉,, 武田 克浩, 小園 知佳, 水野 智仁, 藤田 剛, 栗原 英見, 歯周病学会 第8回中国地区臨床研修会, 2016年07月, 通常, 日本語
  28. Optineurinが骨芽細胞分化に及ぼす影響, 水野智仁, 松田真司、吉本哲也、岩田倫幸、加治屋幹人、應原一久、武田克浩、藤田剛、栗原英見, 第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016年10月, 通常, 日本語
  29. 間葉系幹細胞から歯周組織構成細胞への分化制御遺伝子の探索, 岩田倫幸, 永原隆吉、池田英里、八木亮一、間 悠介、小西昭弘、吉岡みなみ、石田 充、水野智仁、柴 秀樹、栗原英見, 第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016年10月, 通常, 日本語
  30. 脳由来神経栄養因子(BDNF)を用いた非外科的歯周治療の基礎研究, 佐々木 慎也, 武田 克浩、竹脇 学、間 悠介、加治屋 幹人、松田 真司、水野 智仁、藤田 剛、栗原 英見, 第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016年10月, 通常, 日本語
  31. コウボクはPorphyromonas gingivalisのmglを介したメチルメルカプタン産生を抑制する, 佐藤陽子, 應原一久 宗永修一 加冶屋幹人 水野智仁 藤田剛 栗原英見, 日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会(第145回), 2016年10月, 通常, 日本語
  32. コウボクはPorphyromonas gingivalisのmglを介したメチルメルカプタン産生を抑制する, 佐藤陽子, 應原一久 山川真宏 宗永修一 加冶屋幹人 水野智仁 藤田剛 栗原英見, 第55回広島県歯科医学会 併催 第100回広島大学歯学会, 2016年10月, 通常, 日本語
  33. The C5a involvement in rheumatoid arthritis with P.gingivalis-infection in SKG-mice., 宗永修一, 應原一久 加治屋幹人 武田克浩 内田雄士 水野智仁 藤田剛 栗原英見, 95th General Session & Exhibition of the IADR, 2017年03月, 通常, 英語
  34. 家族症例を用いた侵襲性歯周炎原因遺伝子の同定と機能解析, 水野智仁、岩田倫幸、加治屋幹人、川上秀史、栗原英見, 第36回 骨代謝学会学術集会, 2018年07月28日, 招待, 日本語, 長崎
  35. 間葉系幹細胞集塊Clumps of MSCs/ECM compexを用いた根分岐部歯周組織再生の組織学的検討, 竹脇 学,加治屋幹人,武田克浩,佐々木慎也,本池総太,小松奈央,松田真司,應原一久,水野智仁,藤田 剛,栗原英見, 第16回日本再生医療学会総会, 2018年03月21日, 通常, 日本語
  36. 凍結保存した間葉系幹細胞集塊Clumps of MSCs/ECM complexの骨再生能の検討, 本池総太,加治屋幹人, 竹下 慶, 竹脇 学, 小松奈央, 岩田倫幸, 武田克浩, 應原一久, 水野智仁,藤田剛, 栗原英見, 第16回日本再生医療学会総会, 2017年03月21日, 通常, 日本語
  37. 宗永修一,應原一久,山川真宏,加治屋幹人,武田克浩,内田雄士,水野智仁,藤田剛,栗原英見, 第95回国際歯科研究学会, 2017年03月, 通常, 英語
  38. 凍結保存した間葉系幹細胞集塊Clumps of MSCs/ECM complexを用いた新規細胞移植療法の開発, 本池総太,加治屋幹人, 竹下 慶, 竹脇 学, 小松奈央, 岩田倫幸, 武田克浩, 應原一久, 水野智仁,藤田剛, 栗原英見, 第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017年05月, 通常, 日本語
  39. 歯周病原細菌Porphyromonas gingivalis感染は補体因子C5aを介して関節炎を増悪させる, 宗永修一 ,應原一久,加治屋幹人, 武田克浩,内田雄士,水野智仁,藤田 剛,栗原英見, 第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017年05月, 通常, 日本語
  40. Porphyromonas gingivalis感染関節リウマチモデルマウスにおける腸内細菌叢の解析, 濵本結太,應原一久,宗永修一,加治屋幹人,水野智仁,藤田 剛,栗原 英見, 第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017年05月, 通常, 日本語
  41. 絹糸結紮による実験的歯周炎マウスモデルにおける接合上皮の経時的変化について, 竹村 翼,藤田 剛,松田真司,加治屋幹人,内田雄士,芥川桂一,應原一久,武田克浩,水野智仁,栗原英見, 第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017年05月, 通常, 日本語
  42. 糖尿病マウスにおいて誘発された歯周炎に対するGlycyrrhizinの抗炎症作用の評価, 芥川桂一,藤田剛,竹村 翼,應原一久,加冶屋幹人,松田真司,水野智仁,栗原英見, 第50回広島大学歯学会総会, 2017年06月, 通常, 日本語
  43. 糖尿病マウスにおいて誘発された歯周炎に対するGlycyrrhizinの抗炎症作用の評価, 芥川桂一, 藤田 剛, 竹村 翼, 應原一久, 加冶屋幹人, 松田真司, 水野智仁, 栗原英見, 第38回日本炎症・再生医学会, 2017年07月, 通常, 日本語
  44. Clumps of a mesenchymal stem cell/extracellular matrix complex induces periodontal tissue regeneration, 竹脇 学,加治屋幹人, 武田克浩, 佐々木慎也, 本池総太, 小松奈央, 松田真司, 應原一久, 水野智仁, 藤田 剛, 栗原英見, 第12回アジア太平洋歯周病学会, 2017年09月, 通常, 英語
  45. Effects of brain-derived neurotrophic factor (BDNF) as an adjunct to non-surgical periodontal treatment on ligature-induced periodontitis in dogs, 佐々木慎也,武田克浩,竹脇 学,加治屋幹人,松田真司,水野智仁,藤田 剛,栗原 英見, 第12回アジア太平洋歯周病学会, 2017年09月, 通常, 英語
  46. 脳由来神経栄養因子(BDNF)を用いた非外科的歯周治療に関する組織学的研究, 佐々木慎也,武田克浩,竹脇 学,應原一久,加治屋幹人,松田真司,水野智仁,藤田 剛,栗原英見, 第101回広島大学歯学会, 2017年10月, 通常, 日本語
  47. FimA typeの異なるPorphyromonas gingivalis口腔投与が関節リウマチモデルマウスへ与える影響, 濵本結太,應原一久,久恒順三,宗永修一,加治屋幹人,水野智仁,藤田 剛,菅井基行,栗原英見, 第50回広島大学歯学会総会, 2017年06月, 通常, 日本語
  48. コウボクはPorphyromonas gingivalis mgl を介したメチルメルカプタン産生を抑制する, 佐藤陽子, 應原一久, 新谷智章, 北川雅恵, 小川郁子, 加冶屋幹人, 水野智仁, 藤田 剛,  栗原英見, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 通常, 日本語
  49. FimA typeの異なるPorphyromonas gingivalis口腔投与が関節リウマチモデルマウスへ与える影響, 濵本結太, 應原一久, 宗永修一, 加治屋幹人, 水野智仁, 藤田 剛, 栗原 英見, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 通常, 日本語
  50. 歯周病原細菌Porphyromonas gingivalis感染により増加した補体因子C5aが関節炎に及ぼす影響, 宗永修一, 應原一久, 加治屋幹人, 武田克浩, 水野智仁, 藤田 剛, 栗原英見, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 通常, 日本語
  51. 歯周炎を誘発した糖尿病モデルマウスに対するGlycyrrhizinの作用について, 芥川桂一, 藤田 剛, 竹村 翼, 應原一久, 加冶屋幹人, 松田真司, 田利美沙子, 水野智仁,栗原英見, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 通常, 日本語
  52. 家族症例を用いた侵襲性歯周炎原因遺伝子の解明, 水野智仁, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 招待, 日本語
  53. 間葉系幹細胞集塊Clumps of MSCs/ECM complexesは歯周組織再生を促進する, 竹脇 学, 加治屋幹人, 武田克浩, 佐々木慎也, 本池総太, 小松奈央, 松田真司, 應原一久, 水野智仁, 藤田 剛, 栗原英見, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 通常, 日本語
  54. 脳由来神経栄養因子(BDNF)を用いた非外科的歯周治療に関する組織学的研究, 佐々木慎也, 武田克浩, 竹脇 学, 應原一久, 加治屋幹人, 松田真司, 水野智仁, 藤田 剛, 栗原 英見, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 通常, 日本語
  55. 実験的歯周炎マウスにおける海馬領域の炎症反応, 古玉大祐, 松田真司, 藤田剛, 山脇洋輔, 加治屋幹人, 畑野紗希, 岡信 愛, 水野智仁,兼松 隆,栗原英見, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月, 通常, 日本語
  56. Involvement of C5a in the progression of experimental arthritis in SKG mice induced by Porphyromonas gingivalis infection., Syuichi Munenaga, Kazuhisa Ouhara, Mikihito Kajiya, Katsuhiro Takeda, Noriyoshi Mizuno, Tsuyoshi Fujita, Hidemi Kurihara, 第7回広島国際カンファレンス, 2018年03月, 通常, 英語, 広島
  57. Effects of Brain-derived Neurotrophic Factor (BDNF) as an Adjunct to Non-surgical Periodontal Treatment on Ligature-induced Periodontitis in Dogs, 佐々木慎也,武田克浩,竹脇 学,加治屋幹人,松田真司,水野智仁,藤田 剛,栗原英見, 第7回広島国際カンファレンス, 2018年03月, 通常, 英語, 広島
  58. 脳由来神経栄養因子(BDNF)がマクロファージ活性化に及ぼす影響, 佐々木慎也,武田克浩,應原一久,本池総太,加治屋幹人,松田真司,水野智仁,藤田 剛,栗原英見, 第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年06月, 通常, 英語
  59. Porphyromonas gingivalis 感染関節リウマチモデルマウスにおける腸内細菌叢の変化が 関節炎増悪に与える影響, 濵本結太,應原一久,宗永修一,加治屋幹人,水野智仁,藤田 剛,栗原英見, 第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年06月, 通常, 英語
  60. 薬物性歯肉増殖症におけるNR4A1の役割, 畑野紗希,松田真司,岡信 愛,加治屋幹人,古玉大祐,應原一久,水野智仁,藤田 剛,栗原英見, 第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年06月, 通常, 英語, 東京
  61. 絹糸結紮による実験的歯周炎マウスモデル歯周組織における細胞応答の経時的変化, 竹村 翼,藤田 剛,松田真司,加治屋幹人,芥川桂一,田利美沙子,應原一久,武田克浩,水野智仁,栗原英見, 第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年06月, 通常, 英語, 東京
  62. Cryopreserved clumps of mesenchymal stem cell/extracellular matrix complexes retain osteogenic capacity and induce bone regeneration, 本池総太,加治屋幹人, 小松奈央, 竹脇 学, 堀越 励, 松田真司,應原一久,   岩田倫幸, 武田克浩, 水野智仁,藤田 剛, 栗原英見, 第51回広島大学歯学会総会, 2018年06月, 通常, 英語, 広島
  63. 絹糸結紮実験的歯周炎マウスモデルにおける接合上皮の経時的解析, 竹村 翼,藤田 剛,松田真司,加治屋幹人,芥川桂一,應原一久,武田克浩,水野智仁,栗原英見, 第51回広島大学歯学会総会, 2018年06月, 通常, 英語, 広島
  64. 全身性強皮症患者に出現した多発性歯根外部吸収の一症例, 松田真司,目見田 匠,水野智仁,應原一久,加治屋幹人,藤田 剛,栗原英見, 日本歯科保存学会2018年度春季学術大会(第148回), 2018年06月, 通常, 英語, 横浜
  65. 歯周炎を誘発した糖尿病モデルマウスに対するGlycyrrhizinの作用について, 芥川桂一,藤田 剛,應原一久,加冶屋幹人,松田真司,水野智仁,栗原英見, 日本歯科保存学会2018年度春季学術大会(第148回), 2018年06月, 通常, 英語, 横浜
  66. Porphyromonas gingivalis の mgl を介したメチルメルカプタン産生のコウボクによる制御 メカニズムの解明に関する研究, 佐藤陽子, 翟 若琪 , 應原一久, 田利美沙子, 新谷智章, 北川雅恵, 小川郁子, 水野智仁,  藤田 剛, 栗原英見, 第102回広島大学歯学会, 2018年09月, 通常, 英語, 広島
  67. 根尖性歯周炎の起炎菌の同定と抗菌薬感受性, 小園知佳,應原一久,北川雅恵,小川郁子,進藤 智,西藤典子,芥川桂一,中岡美由紀,水野智仁,藤田 剛,柴 秀樹,栗原英見, 第102回広島大学歯学会, 2018年09月, 通常, 英語, 広島
  68. 全身性強皮症患者に出現した多発性歯根外部吸収の症例報告, 目見田 匠、水野智仁, 第102回広島大学歯学会, 2018年09月, 通常, 英語, 広島
  69. Morphological change and cellular response of periodontal tissues in ligature-induced experimental periodontitis in mice, 竹村 翼,藤田 剛,松田真司,加治屋幹人,芥川桂一,田利美沙子,應原一久, 武田克浩,水野智仁,栗原英見, The 5th joint scientific meeting in dentistry, 2018年10月, 通常, 英語, インドネシア スラバヤ
  70. Identification of a causative gene in a family case with aggressive periodontitis by exome sequencing and linkage analysis, 水野智仁,岩田倫幸,應原一久,松田真司,加治屋幹人,武田克浩,藤田 剛,栗原英見, The 58th General Session of Korean Academy of Periodontology, 2018年10月, 招待, 英語, ソウル
  71. 根尖性歯周炎の起炎菌の同定と抗菌薬感受性, 栗原英見, 小園知佳, 岩田倫幸, 中岡美由紀, 水野智仁, 柴 秀樹, 第34回日本環境感染学会総会・学術集会, 2019年02月, 通常, 日本語, 神戸
  72. 実験的歯周炎マウスにおける海馬領域の炎症反応, 古玉大祐,松田真司,藤田 剛,山脇洋輔,加治屋幹人,畑野紗希,岡信 愛,水野智仁, 兼松 隆,栗原英見, 第61回秋期日本歯周病学会学術大会, 2018年10月, 通常, 英語, 大坂
  73. 高脂肪食の摂取は歯周組織に炎症性変化を及ぼす, 田利美沙子, 藤田 剛, 芥川桂一, 松田真司, 加治屋幹人, 應原一久, 水野智仁, 栗原英見, 日本歯科保存学会2018年度秋季学術大会(第149回), 2018年11月, 通常, 英語, 京都
  74. 歯科診療所の医療安全対策の改善を目的とした広島歯科医療安全支援機構オーデット システムの有用性に関する検討, 岩田倫幸,水野智仁, 中岡美由紀, 河口浩之, 津賀一弘, 栗原英見, 第13回医療の質・安全学会, 2018年11月, 通常, 日本語, 名古屋
  75. 家族症例を用いた侵襲性歯周炎原因遺伝子の同定と機能解析, 水野智仁,岩田倫幸,加治屋幹人,川上秀史,栗原英見, 第36回日本骨代謝学会学術集会, 2018年07月, 招待, 英語, 長崎
  76. 歯科外来を対象にした手指衛生改善へ向けた取り組み 〜歯科衛生士による多角的アプローチ〜, 小園知佳, 長谷由紀子, 中岡美由紀, 加治屋幹人, 岩田倫幸, 水野智仁, 新谷智章, 太田耕司,河口浩之, 柴 秀樹, 栗原英見, 津賀一弘, 第34回日本環境感染学会総会・学術集会, 2019年02月, 通常, 日本語
  77. 間葉系幹細胞集塊Clumps of MSCs/ECM complexによる骨組織再生機序の解析, 本池総太, 加治屋幹人, 小松奈央, 堀越 励, 小川智也, 曽根久勝, 岩田倫幸, 武田克浩, 應原一久, 水野智仁, 藤田 剛, 栗原英見, 第18回日本再生医療学会総会, 2019年03月, 通常, 日本語
  78. 軟骨分化誘導を施した間葉系幹細胞集塊Clumps of MSCs/ECM complexesによる骨再生に 及ぼす影響, 堀越 励, 加治屋幹人, 竹脇 学, 小松奈央, 本池総太, 小川智也, 曽根久勝, 岩田倫幸, 武田克浩, 應原一久, 水野智仁, 藤田 剛, 栗原英見, 第62回春季日本歯周病学会学術大会, 2019年05月, 通常, 日本語, 横浜
  79. 絹糸結紮実験的歯周炎モデルマウスの歯周炎発症過程における歯肉上皮組織の細胞動態について, 竹村 翼, 藤田 剛, 應原一久, 松田真司, 加治屋幹人, 田利美沙子, 岩田倫幸, 水野智仁, 栗原英見, 第62回春季日本歯周病学会学術大会, 2019年05月, 通常, 日本語, 横浜
  80. 間葉系幹細胞集塊Clumps of MSCs/ECM complexによる骨組織再生機序の解析, 本池総太, 加治屋幹人, 小松奈央, 堀越 励, 小川智也, 曽根久勝, 岩田倫幸, 武田克浩, 應原一久, 水野智仁, 藤田 剛, 栗原英見, 第62回春季日本歯周病学会学術大会, 2019年05月, 通常, 日本語, 横浜
  81. 実験的歯周炎マウスにおける海馬領域の炎症反応, 古玉大祐, 松田真司, 藤田 剛, 加治屋幹人, 岡信愛, 畑野紗希, 目見田 匠, 水野智仁, 栗原英見, 第52回 広島大学歯学会総会, 2019年06月, 通常, 日本語, 広島
  82. 竹村 翼, 藤田 剛, 應原一久, 松田真司, 加治屋幹人, 岩田倫幸, 田利美沙子, 水野智仁, 栗原英見, International Association for Dental Research, 2019年06月, 通常, 英語, バンクーバー
  83. 歯周炎で誘導されるIL-6がマウスの海馬領域の炎症反応に及ぼす影響, 古玉大祐, 松田真司, 藤田 剛, 加治屋幹人, 岡信 愛, 畑野紗希, 目見田 匠, 水野智仁, 栗原英見, 第62回秋期日本歯周病学会学術大会, 2019年10月, 通常, 日本語, 北九州
  84. 歯周炎および歯周病原細菌Porphyromonas gingivalis感染と関節リウマチの関連について, 宗永修一, 應原一久, 濱本結太, 加治屋幹人, 水野智仁, 藤田 剛, 杉山英二, 栗原英見, 河口浩之, 第58回広島県歯科医学会, 第103回広島大学歯学会, 2019年11月, 通常, 日本語, 広島
  85. 関節リウマチモデルマウスにおけるPorphyromonas gingivalis感染は腸内細菌叢と関節炎 増悪に与える影響, 濱本結太, 應原一久, 宗永修一, 加治屋幹人, 水野智仁, 藤田 剛, 栗原英見, 第58回広島県歯科医学会, 第103回広島大学歯学会, 2019年11月, 通常, 日本語, 広島
  86. 全身性強皮症患者に認められる多発性骨置換性歯根吸収の症例報告と臨床的検討, 目見田 匠, 松田真司, 水野智仁, 應原一久, 加治屋幹人, 藤田 剛, 栗原英見, 第58回広島県歯科医学会, 第103回広島大学歯学会, 2019年11月, 通常, 日本語, 広島
  87. 間葉系幹細胞集塊の3次元培養環境が細胞分化に与える影響, 小松奈央, 加治屋幹人,本池総太,堀越 励,小川智也,曽根久勝,岩田倫幸,應原一久,松田真司,水野智仁,藤田 剛,栗原英見, 第58回広島県歯科医学会, 第103回広島大学歯学会, 2019年11月, 通常, 日本語, 広島
  88. 侵襲性歯周炎の家族内発症を考える, 水野智仁, 日本歯周病学会第58回近畿地区臨床研修会, 2020年02月, 通常, 日本語, 広島

受賞

  1. 2016年03月28日, 広島大学病院長表彰, 広島大学病院
  2. 2017年03月08日, 広島大学病院長表彰, 広島大学病院, 歯科領域における感染予防対策の地域貢献
  3. 2018年11月25日, 第13回医療の質・安全学会ベストプラクティス賞優秀賞, 一般社団法人医療の質・安全学会理事長
  4. 2019年05月24日, 2018年度 日本歯周病学会 奨励賞, 日本歯周病学会理事長
  5. 2018年11月, ベストプラクティス賞 優秀賞, 医療の質・安全学会, 歯科診療所の医療安全対策の改善を目的とした広島歯科医療安全支援機構オーデット システムの有用性に関する検討

取得

  1. 特許権, 特願2003-316719, BDNFによる歯周組織の新しい再生療法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 骨髄間葉系幹細胞からセメント芽細胞への分化誘導と象牙質面へのセメント質形成誘導, 2012年, 2014年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ホモ接合ハプロタイプ法による侵襲性歯周炎の疾患関連遺伝子同定, 2011年, 2013年
  3. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 劣性遺伝解析による侵襲性歯周炎関連遺伝子の同定, 2011年, 2012年
  4. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 血族婚家系に発症する侵襲性歯周炎の原因遺伝子同定, 2009年, 2010年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), サイトカイン再生療法をオーダーメード医療として展開するための基礎研究, 2009年, 2011年
  6. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), レプチンを用いた歯周組織再生療法の開発, 2007年, 2008年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 脳由来神経栄養因子を用いた歯周組織再生療法の確立, 2006年, 2008年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 時計遺伝子による骨分化誘導メカニズムの解析, 2006年, 2007年
  9. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 神経栄養因子を用いた歯周組織再生療法の開発, 2004年, 2005年
  10. 科学研究費助成事業(萌芽研究), ヒトセメント芽細胞の特異的マーカーの探究, 2004年, 2005年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 自家骨髄間葉系幹細胞を用いた歯周組織再生療法の開発, 2003年, 2005年
  12. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 歯周靭帯に由来する上皮間葉系細胞相互作用に及ぼすメカニカルストレスの影響, 2002年, 2003年
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 不死化細胞株を用いたマラッセ上皮細胞の歯周組織再生における役割の解析, 2002年, 2003年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 骨膜結合組織移植とシャペロン分子誘導を利用した新しい歯周組織再生法, 2001年, 2002年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 家族性侵襲性歯周炎の関連遺伝子同定と病態解析, 2015年, 2018年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 球状骨髄間葉系幹細胞集塊から3D構築された立体組織移植による歯周組織再生療法開発, 2015年, 2018年
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), Micro RNAプロファイルを基にしたオーダーメイド歯周組織再生治療法の確立, 2015年, 2018年
  18. GSKjジャパン研究助成, 侵襲性歯周炎大家系のエクソームシークエンス解析による原因遺伝子究明, 2015年, 2017年
  19. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), MMD2変異マウスを用いた侵襲性歯周炎の病態解明, 2018年, 2020年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本歯周病学会研究員会, 2020年04月, 日本歯周病学会
  2. 日本歯周病学会専門医委員会, 2020年04月
  3. 日本歯周病学会評議員, 2020年04月, 日本歯周病学会
  4. 非常勤講師, 2013年04月, 2014年03月, IGL医療専門学校
  5. 非常勤歯科医師, 2013年04月, 2014年03月, 吉岡歯科医院
  6. 非常勤嘱託医師, 2016年04月, 2017年03月, (医)せのがわ
  7. 非常勤歯科医師, 2015年04月, 吉岡歯科医院
  8. 非常勤歯科医師, 2015年04月, 広島拘置所
  9. 非常勤歯科医師, 2015年04月, 広島高等歯科衛生士学校
  10. 評議員, 2015年, 2015年, 日本歯周病学会
  11. 非常勤歯科医師, 2017年04月, 2018年03月, (医)せのがわ 瀬野川病院
  12. 非常勤講師, 2016年06月, 広島歯科衛生士専門学校
  13. 非常勤歯科医師, 2016年04月, 2017年03月, 医療法人瀬野川病院
  14. 非常勤歯科医師, 2016年04月, 2017年03月, 広島拘置所
  15. 評議員, 2016年04月, 2017年03月, 日本歯周病学会
  16. 侵襲性歯周炎検討WG委員, 2016年04月, 2017年03月, 日本歯周病学会
  17. 侵襲性歯周炎検討WG, 2017年04月, 2018年03月, 日本歯周病学会
  18. 侵襲性歯周炎検討WG, 2018年04月, 2019年03月, 日本歯周病学会
  19. 日本歯周病学会専門医委員会, 2017年04月, 2018年03月, 日本歯周病学会
  20. 日本歯周病学会研究委員会, 2017年04月, 2018年03月, 日本歯周病学会
  21. 日本歯周病学会研究委員会, 2018年04月, 2019年03月, 日本歯周病学会
  22. 非常勤属託医師, 2017年04月, 2018年03月, 医療法人せのがわ病院
  23. 非常勤属託医師, 2018年04月, 2019年03月, 医療法人せのがわ病院
  24. 非常勤属託医師, 2017年04月, 2018年03月, 広島拘置所
  25. 非常勤属託医師, 2018年04月, 2019年03月, 広島拘置所
  26. 非常勤講師, 2017年04月, 2018年03月, 広島高等歯科衛生士専門学校
  27. 非常勤講師, 2018年04月, 2019年03月, 広島高等歯科衛生専門学校
  28. 評議員, 2017年04月, 2018年03月, 日本歯周病学会
  29. 評議員, 2018年04月, 2019年03月, 日本歯周病学会
  30. 日本歯周病学会専門医委員会, 2018年04月, 2019年03月, 日本歯周病学会
  31. 非常勤歯科医師, 2019年04月, 2020年03月, (医)せのがわ 瀬野川病院
  32. 非常勤講師, 2019年04月, 2020年03月, 広島高等歯科衛生専門学校
  33. 日本歯周病学会専門医委員会, 2019年04月, 2020年03月, 日本歯周病学会
  34. 評議員, 2019年04月, 2020年03月, 日本歯周病学会
  35. 日本歯周病学会研究委員会, 2019年04月, 2020年03月, 日本歯周病学会
  36. 非常勤講師, 2019年04月, 2020年03月, 広島高等歯科衛生専門学校
  37. 非常勤属託医師, 2019年04月, 2020年03月, 広島拘置所
  38. 侵襲性歯周炎検討WG委員, 2019年04月, 2020年03月, 日本歯周病学会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島IBD Support Seminor, 炎症性腸疾患と歯周病の共通点を考える, 2020年/12月, 講師, 講演会, その他
  2. 山県郡歯科医師会学術講演会, 侵襲性歯周炎の病態と診断, 山県郡歯科医師会, 2018年/03月/24日, 広島県歯科医師会館2 階「広島口腔保健センター会議室」, 講師, 講演会, 学術団体
  3. 安芸高田市歯科医師会学術講演会, 侵襲性歯周炎の病態と診断, 安芸高田市歯科医師会, 2017年/11月/25日, 広島県歯科医師会館2 階「広島口腔保健センター会議室, 講師, 講演会, 学術団体

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, その他, 1
  2. 2017年, その他, 1
  3. 2018年, その他, 1
  4. 2018年, その他, 1
  5. 2019年, その他, 3
  6. 2019年, その他, 1
  7. 2019年, その他, 1