宮川 朗子AKIKO MIYAGAWA

Last Updated :2021/05/31

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 教授
メールアドレス
akikomiyhiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(文学) (グルノーブル第3大学)
  • 修士(文学) (東京大学)
  • 修士(近代文学) (エクス=マルセイユ第1大学)

教育担当

  • 【学士課程】 文学部 : 人文学科
  • 【博士課程前期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 人文学プログラム
  • 【博士課程後期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 人文学プログラム

研究分野

  • 人文学 / 文学 / ヨーロッパ文学

研究キーワード

  • 大衆小説
  • エミール・ゾラ
  • 自然主義文学

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  2. 2021年, 学部専門, 1ターム, 比較文化A
  3. 2021年, 学部専門, 1ターム, 比較文化B
  4. 2021年, 学部専門, 4ターム, フランス文学語学入門
  5. 2021年, 学部専門, 1ターム, 比較文化C
  6. 2021年, 学部専門, 2ターム, フランス文学史C
  7. 2021年, 学部専門, 3ターム, フランス文学講義A
  8. 2021年, 学部専門, 3ターム, フランス文学講義B
  9. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), フランス文学基礎演習 I
  10. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), フランス文学基礎演習 II
  11. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), フランス語中級文法A
  12. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), フランス語中級文法B
  13. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 近代フランス文学演習A
  14. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 近代フランス文学演習B
  15. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文指導A
  16. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文指導B
  17. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  18. 2021年, 学部専門, 3ターム, フランス語科教材論
  19. 2021年, 学部専門, 1ターム, フランス語教育学概論
  20. 2021年, 学部専門, 2ターム, フランス語教育論
  21. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 人間社会科学のための科学史 1c
  22. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 人間社会科学のための科学史 2c
  23. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 人間社会科学のための科学史(東千田)
  24. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 欧米文学語学・言語学概説
  25. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), フランス語文学批評研究B
  26. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), フランス文学特別研究演習B
  27. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 近現代フランス語文学作品研究演習B
  28. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 近現代フランス語文学批評演習B
  29. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 近現代フランス語表現小説研究B
  30. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), フランス語文学・フランス語学特殊講義B
  31. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  32. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  33. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  34. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 児童雑誌の詩学 : アンドレ・リシュタンベルジェの小説とその掲載雑誌、そして『赤い鳥』をめぐって, フランス文学, 32号, pp. 75-90, 20190601
  2. ★, アレクサンドル・デュマ『モンテ=クリスト伯』における再生 : ヴィルフォール夫人による連続毒殺をめぐるエピソードから, 松澤和宏教授退職記念論集, pp. 57-71, 201911
  3. ★, Information et récit: Le cas de la « Chronique locale » du Sémaphore de Marseille dans la première moitié des années 1860, 広島大学フランス文学研究, 38号, pp. 40-54, 20191225
  4. Place de littérature dans la presse de la Provence des années 1860 - le cas du Messager de Provence (1861-1871)-, 広島大学フランス文学研究, 36号, pp. 44-56, 20171225
  5. ★, Accueil de Travail de Zola au Japon: Traduction, publication et recherche du style dans les années 1900-1920, Re-Reading Zola and Worldwide Naturalism, pp. 298-311, 201309
  6. ★, 媒体と文体 ―ゾラ『恋愛結婚Un mariage d’amour』(1867)と『テレーズ・ラカンThérèse Raquin』第二版(1868)からの考察―, 表現技術研究, 10号, pp. 21-52, 201512
  7. ★, 小説の技 ―ゾラ『プラッサン征服』の連載版と初版から―, 広島大学大学院文学研究科論集, 74巻, pp. 1-17, 201412
  8. 共和主義の象徴化―ゾラ『前進する真実』におけるシュレール=ケストネール―, フランス文学(日本フランス語フランス文学会中国・四国支部), 27号, pp. 40-51, 20090601
  9. 商業的成功と文学的成功 ゾラ『居酒屋』(1876-1877)の連載と書籍版の出版をめぐって, 表現技術研究, 12号, pp. 1-16, 20170331

著書等出版物

  1. 2019年09月20日, フランス大衆小説研究の現在, フランス大衆小説研究の現在, 大衆小説、フランス語文学, 広島大学出版会, 2019年, 9, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 宮川朗子、安川孝、市川裕史, 978-4-903068-46-6, 181, 1-9, 69-101,135
  2. 2014年12月25日, 大衆小説, 大衆小説 (原著者:ダニエル・コンペール), 大衆小説, 国文社, 2014年, 12, 単行本(学術書), 単訳, 日本語, ダニエル・コンペール; 宮川朗子, 978-4-7720-0979-9, 260, 260

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 大衆小説研究の現在, 宮川朗子 安川孝 市川裕史, 日本フランス語フランス文学会 2016年度春季大会, 通常, 日本語, 宮川朗子, 東京, その他, cahier
  2. 真実の語り方 ――ゾラ『前進する真実』における「陪審団への宣言」, 宮川 朗子, 日本フランス語フランス文学会中国・四国支部大会(2010年11月27日、広島経済大学立町校舎にて開催。), 2010年, 通常, 日本語
  3. Accuil de “Travail”de Zola au Japon[アクサン省略], 宮川 朗子, International Conference on Worldwide Naturalism in Literature and Film (Organizer : Association International Zola Et Naturalisme/Pusan National University, Pusan, South Korea), 2011年, 通常, 日本語

社会活動

委員会等委員歴

  1. 会長, 2016年, 広島大学フランス文学研究会
  2. 支部代表幹事, 2018年04月, 2020年03月, 日本フランス語フランス文学会中国四国支部会
  3. 日本フランス語フランス文学会中国四国支部会誌編集委員長, 2016年, 2017年, 日本フランス語フランス文学会中国四国支部会誌編集委員長
  4. 日本フランス語フランス文学会中国四国支部会誌編集委員, 2014年, 2015年, 日本フランス語フランス文学会中国四国支部
  5. 日本フランス語フランス文学会, 2009年, 2013年, 日本フランス語フランス文学会
  6. 非常勤講師, 2016年04月, 2016年09月, 放送大学広島学習センター
  7. 非常勤講師, 2013年04月, 2013年09月, 放送大学広島学習センター
  8. 非常勤講師, 2013年10月, 2014年03月, 放送大学広島学習センター
  9. 非常勤講師, 2014年10月, 2015年03月, 放送大学広島学習センター

学術雑誌論文査読歴

  1. 2015年, フランス文学 , 編集員, 日本フランス語フランス文学会中国・四国支部会誌編集委員, 2