久米 晶子SHOKO KUME

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 准教授
メールアドレス
skumehiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(理学) (東京大学)
  • 修士(理学) (東京大学)

研究分野

  • 化学 / 複合化学 / 機能物性化学

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 4ターム, 先端化学
  2. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  3. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  4. 2022年, 学部専門, 4ターム, 無機化学III
  5. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 無機化学演習
  6. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 化学実験I
  7. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 化学実験II
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 無機化学概論
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 基礎化学特別演習A
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 基礎化学特別演習A
  11. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 基礎化学特別演習B
  12. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 基礎化学特別演習B
  13. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 基礎化学特別研究
  14. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 基礎化学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Uniform wrapping of copper(i) oxide nanocubes by self-controlled copper-catalyzed azide-alkyne cycloaddition toward selective carbon dioxide electrocatalysis, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 58巻, 58号, pp. 8053-8056, 20220623
  2. ★, Substituent-Biased CO2 Reduction on Copper Cathodes Modified with Spaced Organic Structures, CHEMELECTROCHEM, 7巻, 12号, pp. 2575-2581, 20200617
  3. On-Surface Modification of Copper Cathodes by Copper(I)-Catalyzed Azide Alkyne Cycloaddition and CO2 Reduction in Organic Environments, FRONTIERS IN CHEMISTRY, 7巻, 20191217
  4. ★, Selection of two optional covalent bonds by electric stimuli: dual catalytic switching of redox-active copper, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 52巻, 69号, pp. 10486-10489, 2016
  5. The [Ag25Cu4H8Br6(CCPh)(12)(PPh3)(12)](3+): Ag13H8 silver hydride core protected by [CuAg3(CCPh)(3)(PPh3)(3)](+) motifs, DALTON TRANSACTIONS, 50巻, 16号, pp. 5659-5665, 20210428
  6. Synthesis and Structures of Iron(II) Metallacycles Based on a PNPNP Framework, ORGANOMETALLICS, 39巻, 16号, pp. 3010-3020, 20200824
  7. Protonation and electrochemical properties of a bisphosphide diiron hexacarbonyl complex bearing amino groups on the phosphide bridge, DALTON TRANSACTIONS, 48巻, 44号, pp. 16595-16603, 20191128
  8. Carbon(0)-Bridged Pt/Ag Dinuclear and Tetranuclear Complexes Based on a Cyclometalated Pincer Carbodiphosphorane Platform, ORGANOMETALLICS, 36巻, 2号, pp. 266-274, 20170123
  9. Novel chloride-centered Ag-18 clusters featuring a cuboctahedral Ag-12 skeleton, DALTON TRANSACTIONS, 46巻, 46号, pp. 16199-16204, 20171214
  10. Synthesis and coordination chemistry of (PNEt2)2-bridged [2]ferrocenophanes, DALTON TRANSACTIONS, 45巻, 47号, pp. 19034-19044, 20161221
  11. Hydrolysis of Me3SiCH2 groups on a double-chelating bis(ferrocenediyl) diphosphine coordinating to a Pt(0) center, POLYHEDRON, 110巻, pp. 114-118, 20160528
  12. ★, A single-molecular twin rotor: correlated motion of two pyrimidine rings coordinated to copper, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 51巻, 14号, pp. 2896-2898, 2015
  13. Regulation of the Rate of Dinucleation of a Monocopper(I) Complex Containing Bipyrimidine Rotary Units by Restricted Double Pyrimidine Rotation, INORGANIC CHEMISTRY, 53巻, 6号, pp. 2831-2840, 20140317
  14. Stimuli-responsive pyrimidine ring rotation in copper complexes for switching their physical properties, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 15巻, 26号, pp. 10549-10565, 2013
  15. Structural Modification on Copper(I)-pyridylpyrimidine Complexes for Modulation of Rotational Dynamics, Redox Properties, and Phototriggered Isomerization, INORGANIC CHEMISTRY, 52巻, 15号, pp. 8962-8970, 20130805
  16. Formation of a Hexacarbonyl Diiron Complex Having a Naphthalene-1,8-bis(phenylphosphido) Bridge and the Electrochemical Behavior of Its Derivatives, ORGANOMETALLICS, 32巻, 23号, pp. 7014-7024, 20131209
  17. Acid-Base Responsive Photoelectric Conversion of a Hydroxyazobenzene-appended Bipyridine-Copper Complex System, Chemistry Letters, 39巻, 3号, pp. 204-205, 2010
  18. Ru 二核錯体をドープした EL 素子の赤色・緑色発光スイッチング, 化学と工業 = Chemistry and chemical industry, 56巻, 9号, 20030901
  19. 配位構造内の回転運動による電子移動制御系の構築, Bulletin of Japan Society of Coordination Chemistry, 59巻, 0号, pp. 48-55, 2012
  20. フォトクロミック反応を利用した光機能性遷移金属錯体, 光化学 = Photochemistry, 37巻, 1号, pp. 17-22, 20060603
  21. 高分子被覆電極のボトムアップ作製と分子鎖内レドックス伝導, 電気化学および工業物理化学 : denki kagaku, 75巻, 10号, pp. 770-776, 20071005

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究補助金・基盤C, 銅表面特異的な有機膜成長による高効率CO2還元を指向した界面構築, 2022年, 2024年
  2. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), 刺激応答分子の創製とその精密配列による化学素子の開発, 2009年, 2013年
  3. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 動的構造変換と電子移動特性の相関による新規応答性錯体の開発, 2008年, 2011年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 多重モードで構造・物性の可逆変換を起こす金属錯体およびその集合系の創製, 2008年, 2011年
  5. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 良結晶性ドナーアクセプター共役接合分子を用いる多機能FETの作製, 2006年, 2007年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 多重安定性を示す新しい金属錯体の創製と分子機能連動系の構築, 2005年, 2007年
  7. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 界面配位合成を用いる電子機能空間の構築, 2004年, 2007年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 金属表面と有機構造の協奏的設計による新触媒開発, 2016年, 2018年
  9. 特定課題調査, On-Surface構造形成を用いた金属表面-有機協働触媒の開発, 2016年10月01日, 2017年03月31日
  10. 科学研究費助成事業(挑戦的研究(萌芽)), 触媒サイクルをトリガーする電位信号による分子情報書き込み, 2019年, 2021年