北梶 陽子YOKO KITAKAJI

Last Updated :2024/06/04

所属・職名
ダイバーシティ&インクルージョン推進機構 准教授
メールアドレス
kitakajihiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 修士(文学) (北海道大学)
  • 博士(文学) (北海道大学)

研究分野

  • 社会科学 / 心理学 / 社会心理学

研究キーワード

  • 社会的ジレンマ、シミュレーション&ゲーミング

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 3ターム, 心と社会B[旧パッケージ]
  2. 2024年, 教養教育, 1ターム, 行動の科学
  3. 2024年, 教養教育, 集中, ダイバーシティ概論
  4. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 集中, ダイバーシティの理解
  5. 2024年, 学部専門, 集中, ダイバーシティ演習
  6. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 行動科学基礎実験
  7. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 行動科学基礎実験法
  8. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学実験B
  9. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学実験法B
  10. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 社会行動論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. The effect of sanctions on the evolution of cooperation in linear division of labor., Journal of Theoretical Biology, 437巻, pp. 79-91, 2018
  2. ★, 社会的ジレンマ状況で非協力をもたらす監視罰則── ゲーミングでの例証──, 心理学研究, 85巻, 1号, pp. 9-19, 2014
  3. 囚人のジレンマゲームにおいて他者について考えることが協力率に与える影響, 社会心理学研究, 32巻, 2号, pp. 115-122, 2016
  4. 産業廃棄物不法投棄ゲームの開発と社会的ジレンマアプローチ : 利得構造と情報の非対称性という構造的与件がもたらす効果の検討, シミュレーション&ゲーミング, 17巻, 1号, pp. 5-16, 200707
  5. The Detrimental Effects of Punishment and Reward on Cooperation in the Industrial Waste Illegal Dumping Game, SIMULATION & GAMING, 50巻, 5号, pp. 509-531, 201910

著書等出版物

  1. 2015年, NIMBYを巡る当事者性の違いによる認識の差と手続き的公正の保護価値緩和効果 : 幌延深地層研究センターを題材としたシナリオ調査, 日本リスク研究学会誌 = Japanese journal of risk analysis / 日本リスク研究学会学会誌編集委員会 編, 大沼 進;佐藤 浩輔;北梶 陽子 他;北梶 陽子
  2. 2016年, Simulation and Gaming in the Network Society, Even Unreliable Information Disclosure Makes People Cooperate in a Social Dilemma: Development of the "Industrial Waste Illegal Dumping Game", 2016年, 単行本(学術書), 共著, English

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Collective and individual decision making on cost sharing and cooperation for an inclusive society., Yoko Kitakaji, The 54th International Simulation & Gaming Association Conference, 2023年07月, 通常, 英語
  2. The effects of communication among selected members on the behaviors of non-selected members in a social dilemma situation, Yoko Kitakaji, Susumu Ohnuma, Yoichi Hizen, 29th International Congress of Applied Psychology, 2018年06月27日, 通常, 英語, Montreal, Canada
  3. 入れ子型の社会的ジレンマにおける協力行動の推移と罰の効果, 北梶陽子, 稲葉美里, 日本社会心理学会第59回大会, 2018年08月28日, 通常, 日本語, 大阪府茨木市
  4. 大規模集団社会的ジレンマにおける集団規模の効果, 北梶陽子, 日本シミュレーション&ゲーミング学会 2018年度秋期全国大会, 2018年11月18日, 通常, 日本語, NPO法人 日本シミュレーション&ゲーミング学会, 熊本学園大学(熊本県熊本市)
  5. The effect of punishment on cooperation in the nested social dilemma, Yoko Kitakaji, Misato Inaba, the 18th International Conference on Social Dilemmas, 2019年06月04日, 通常, 英語, International Conference on Social Dilemmas, Hilton Sedona resort at Bell Rock (Arizona, United States)
  6. 小集団の規範が入れ子型社会的ジレンマにおける協力に与える影響, 北梶陽子, 稲葉美里, 日本社会心理学会第60回大会, 2019年11月09日, 通常, 日本語, 日本社会心理学会第60回大会準備委員会, 立正大学品川キャンパス

受賞

  1. 2020年03月04日, 第14回FOST賞, 公益財団法人 科学技術融合振興財団

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 多様な意見を引き出すための活動を用いた学習, 広島大学教養教育授業実践事例集, 寄稿