近藤 隆志TAKASHI KONDO

Last Updated :2021/10/05

所属・職名
病院(医) 講師
メールアドレス
kondo320hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
主に心臓血管麻酔分野の教育および研究活動を行っています。

基本情報

学歴

  • 広島大学, 医歯薬保健学研究科博士課程, 医歯薬学専攻, 日本, 2014年04月, 2018年05月

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 麻酔科学

所属学会

  • 日本麻酔科学会
  • 日本心臓血管麻酔学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 通年, 全身性疾患制御学
  2. 2021年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  3. 2021年, 学部専門, 集中, 臨床実習I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Difficult anesthesia management in a case of living donor related liver transplantation with hypertrophic obstructive cardiomyopathy, 広島大学医学雑誌, 62巻, 4号, pp. 91-94, 20131201
  2. Two cases of progressive vocal cord closure during desflurane-remifentanil anesthesia relieved after administration of propofol., jounal of anesthesia, 27巻, 5号, pp. 791-792, 20131001
  3. Several Ryanodine Receptor Type 1 Gene Mutations of p.Arg2508 Are Potential Sources of Malignant Hyperthermia, ANESTHESIA AND ANALGESIA, 121巻, 4号, pp. 994-1000, 201510
  4. 心尖部アプローチによる経カテーテル大動脈弁留置術において術野でX線透視下持続胸部傍脊椎ブロックを施行した1症例, 麻酔と蘇生, 53巻, 1,2号, pp. 11-14, 2017
  5. ★, Genetic and functional analysis of the RYR1 mutation p.Thr84Met revealed a susceptibility to malignant hyperthermia, JOURNAL OF ANESTHESIA, 32巻, 2号, pp. 174-181, 201804
  6. Myotoxicity of local anesthetics is equivalent in individuals with and without predisposition to malignant hyperthermia, JOURNAL OF ANESTHESIA, 32巻, 4号, pp. 616-623, 201808
  7. Rotational thromboelastometry-guided perioperative management of coagulation in a patient with Heyde's syndrome undergoing transcatheter aortic valve implantation, JA CLINICAL REPORTS, 5巻, 20190111
  8. Postoperative thoracic and low back pain following endovascular aortic repair associated with stenting location, JOURNAL OF ANESTHESIA, 33巻, 1号, pp. 75-79, 201902
  9. Stanford A型急性大動脈解離術後の高流量鼻カニュラ酸素療法の有用性の検討, 麻酔と蘇生, 53巻, 3号, pp. 39-42, 2017
  10. 大腿骨頚部骨折患者に対する経カテーテル大動脈弁留置術の周術期凝固管理にRotational thromboelastometry を用いた1例, 麻酔と蘇生, 54巻, 3.4号, pp. 21-24, 2018
  11. Assessment of postoperative nutritional status and physical function between open surgical aortic valve replacement and transcatheter aortic valve implantation in elderly patients, JOURNAL OF MEDICAL INVESTIGATION, 67巻, 1-2号, pp. 139-144, 202002
  12. Comparison of the Effects of Desflurane, Sevoflurane, and Propofol on the Glottic Opening Area during Remifentanil-Based General Anesthesia Using a Supraglottic Airway Device, ANESTHESIOLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 20200619
  13. 大動脈基部・上行置換術後の覚醒遅延に門脈体循環シャントの関与が疑われた一例, Cardiovascular Anesthesia, 23巻, 1号, pp. 83-87, 2019
  14. Evaluation of a new face mask concept for oxygen administration: a crossover study in healthy volunteers, Journal of Anesthesia, 34巻, 6号, pp. 950-952, 202012
  15. Intraoperative responses of motor evoked potentials to the novel intravenous anesthetic remimazolam during spine surgery: a report of two cases, JA Clinical Reports, 6巻, 1号, pp. 97, 20201209
  16. Safety of the inter-nipple line hand position landmark for chest compression, Resuscitation, 80巻, 10号, pp. 1175-1180, 200910
  17. Investigation of Epiglottic Downfolding during General Anesthesia with the i-gel, 麻酔と蘇生, 49巻, 3号, pp. 71-73, 201309
  18. Evaluation of Hemodynamics During Posture Change to Knee-Chest Position by FloTracTM, 麻酔と蘇生, 55巻, 1号, pp. 75-78, 201903
  19. 肺動脈弁狭窄症を合併した先天性肝外門脈体循環シャントに対する開腹シャント血管結紮術の術中管理, 日本小児麻酔学会誌, 26巻, pp. 54-57, 2020
  20. Malignant hyperthermia in a 16-day-old infant with congenital diaphragmatic hernia: a case report, JOURNAL OF ANESTHESIA, 35巻, 2号, pp. 311-314, 202104
  21. Prediction of blood pressure change during surgical incision under opioid analgesia using sympathetic response evoking threshold, SCIENTIFIC REPORTS, 11巻, 1号, 20210505

著書等出版物

  1. 2017年, レジデント, 【麻酔科医が使う薬】昇圧薬,強心薬., 医学出版, 2017年, 単行本(学術書), 共著
  2. 2017年, オペナーシング, 【麻酔薬18センバツ総選挙】循環器疾患の患者(非心臓手術)がきた時に選抜したいこの薬剤, メディカ出版, 2017年, 単行本(学術書), 共著
  3. 2018年, FAQでわかりやすい!心臓麻酔臨床実践ガイド, 【麻酔薬・薬剤】静脈麻酔薬, 総合医学社, 2018年, 単行本(学術書), 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. フォンタン術後患者の副腎外褐色細胞腫に対する後腹膜鏡下腫瘍摘除術の麻酔経験, 近藤隆志,竹野典子,神谷諭史,森尾篤,三好寛二,堤保夫, 日本心臓血管麻酔学会第25回学術大会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  2. 急性大動脈解離に対する上行弓部置換術後に気管狭窄をきたしたLoeys-Dietz症候群の1例, 塚本万瑠美,近藤隆志,神谷諭史,森尾篤,三好寛二,堤保夫, 日本心臓血管麻酔学会第25回学術大会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  3. 肺動脈弁狭窄症を合併した門脈体循環シャントに対する開腹シャント血管結紮術の術中管理, 釋舎和子,近藤隆志,堤保夫, 日本小児麻酔学会第25回大会, 2019年11月16日, 通常, 日本語, 米子市
  4. 高度肺高血圧症を伴う心室中隔欠損症および大動脈弁狭窄症に対する根治手術の術後管理に高流量鼻カニュラによる一酸化窒素吸入療法が有用であった1例, 近藤 隆志, 三好 寛二, 濱田宏, 日本心臓血管麻酔学会第24回学術大会, 2019年09月20日, 通常, 日本語
  5. 悪性高熱症患者で発見された1型リアノジン受容体の一塩基多型E3756Qの機能解析, 近藤隆志,安田季道,神﨑理英子,向田圭子,濱田宏,河本昌志, 日本麻酔科学会第66回学術集会, 2019年05月31日, 通常, 日本語, 神戸市
  6. 経カテーテル大動脈弁留置術の周術期止血凝固モニタリングとしてROTEMを使用したHeyde症候群の1例, 福原久美、近藤隆志、三好寛二、河本昌志, 日本心臓血管麻酔学会第22回学術大会, 2017年09月16日, 通常, 日本語
  7. 大腿骨頚部骨折患者に対する経カテーテル大動脈弁留置術の周術期凝固管理にROTEMが有用であった1例, 小畠 彩子, 近藤 隆志, 三好 寛二, 河本 昌志, 日本心臓血管麻酔学会第22回学術大会, 2017年09月16日, 通常, 日本語
  8. 悪性高熱症素因を有する患者より新規に発見された1型リアノジン受容体遺伝子変異の機能解析, 近藤隆志,安田季道,向田圭子,濱田宏,河本昌志, 日本麻酔科学会第64回学術集会, 2017年06月08日, 通常, 日本語
  9. Stanford A型急性大動脈解離の術後管理におけるNasal high flow療法の有用性の検討, 佐藤浩毅、近藤隆志、原木俊明、加藤貴大、讃岐美智義、濱田宏、河本昌志, 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月09日, 通常, 日本語
  10. 1型リアノジン受容体の一塩基多型が細胞内カルシウム代謝に及ぼす影響の検討, 近藤隆志,安田季道,三好寛二,原木俊明,向田圭子,河本昌志, 日本麻酔科学会第63回学術集会, 2016年05月26日, 通常, 日本語, 福岡市
  11. 心尖部アプローチによる経カテーテル大動脈弁留置術において術野でX線透視下持続胸部傍脊椎ブロックを施行した1症例, 新宮原 久美、近藤 隆志、濱田 宏、河本 昌志, 日本区域麻酔学会第3回学術集会, 2016年04月15日, 通常, 日本語
  12. 内視鏡画像解析を用いた全身麻酔維持期の声門狭窄に対する検討, 近藤隆志,和泉博通,北川麻紀子,甲元公子, 日本臨床麻酔学会第35回大会, 2015年10月22日, 通常, 日本語, 横浜市
  13. レミフェンタニルを使用した全身麻酔維持期におけるデスフルラン,セボフルラン,プロポフォールの声門開存性に与える影響に関する検討, 近藤隆志,和泉博通,黒田真彦,北川麻紀子,甲元公子, 日本麻酔科学会第62回学術集会, 2015年05月29日, 通常, 日本語, 神戸市
  14. 全身麻酔維持期におけるデスフルランの声門面積に与える影響に関する検討, 近藤隆志,和泉博通,黒田真彦,北川麻紀子,甲元公子, 日本麻酔科学会第61回学術集会, 2014年05月15日, 通常, 日本語
  15. i-gel使用症例における喉頭蓋のdownfoldingに関する検討, 近藤隆志,和泉博通,黒田真彦,北川麻紀子, 日本麻酔科学会第60回学術集会, 2013年05月23日, 通常, 日本語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた悪性高熱症の低侵襲的診断法の確立, 2016年, 2018年
  2. 科学研究費助成事業(若手研究), 線維芽細胞を用いた悪性高熱症の低侵襲的診断法の確立, 2019年, 2021年