長谷川 博Hiroshi Hasegawa

Last Updated :2021/10/05

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 教授
メールアドレス
hasehirohiroshima-u.ac.jp
自己紹介
運動生理学を専門として、運動及び環境ストレス時における生体反応や身体の適応反応について生理学的手法を用いて分析している。日本スポーツ協会「スポーツ医科学専門委員会スポーツ活動中の熱中症事故予防に関する研究プロジェクト」班員、国立スポーツ科学センター「東京オリンピック特別プロジェクト」研究員などを務めている。著書に「リカバリーの科学,ナップ(2014)」、「体温Ⅱ,ナップ(2010)」、「もっと使えるスポーツサイエンス,講談社(2017)」、「競技者のための暑熱対策ガイドブック,国立スポーツ科学センター(2017)」、「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック,公益財団法人日本スポーツ協会(2019)」. など。研究のキーワードは、熱中症予防、暑さ対策、身体冷却、体温調節、スポーツパフォーマンス。関連する分野において、新聞、TV、雑誌などで解説。

基本情報

学位

  • 博士(理学) (東京都立大学)
  • 修士(教育学) (横浜国立大学)

教育担当

  • 【学士課程】 総合科学部 : 総合科学科 : 総合科学プログラム
  • 【博士課程前期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 人間総合科学プログラム
  • 【博士課程後期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 人間総合科学プログラム

研究分野

  • 複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

研究キーワード

  • 運動
  • 体温
  • パフォーマンス
  • 熱中症
  • 中枢性疲労
  • 認知機能
  • 競技力向上
  • サッカー
  • リカバリー
  • コンディショニング

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 教養教育, 集中, スポーツ実習A(スキー)
  2. 2021年, 教養教育, 3ターム, スポーツ演習(バドミントン)
  3. 2021年, 学部専門, 1ターム, スポーツ健康科学実験法A
  4. 2021年, 学部専門, 1ターム, スポーツ健康科学実験A
  5. 2021年, 学部専門, 3ターム, スポーツ健康科学演習B
  6. 2021年, 学部専門, 2ターム, スポーツ環境適応学
  7. 2021年, 学部専門, 1ターム, 身体運動科学概論 I
  8. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 人間社会科学特別講義 1c
  9. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 人間社会科学特別講義 2c
  10. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 人間社会科学特別講義(東千田)
  11. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 人間社会科学特別講義(東千田 2c)
  12. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 運動適応学
  13. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 特別研究(2021年4月博士課程前期入学者)
  14. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 特別研究(2021年4月博士課程後期入学者)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ラットにおける運動時の体温調節機構:マイクロダイアリシスを用いた視索前野・前視床下部の3,4-ジヒドロキシフェニル酢酸の分析, 法政大学多摩研究報告, 14巻, pp. 39-45, 19990401
  2. Monoamines, amino acids and acetylcholine in the preoptic area and anterior hypothalamus of rats : measurements of tissue extracts and in vivo microdiolysis, Comparative Biochemistry and Physiology part A, 121巻, pp. 13-23, 19980401
  3. Alteration in dopamine metabolism in the thermoregulatory center of exercising rats, Neuroscience Letters, 289巻, pp. 161-164, 20000401
  4. Effects of ambient light on body temperature regulation in resting and exercising rats, Neuroscience Letters, 288巻, pp. 17-20, 20000401
  5. The role of preoptic/area and anterior hypothalamus and median raphe nucleus on thermoregulatory system in freely moring rats, Neuroscience Letters, 306巻, pp. 126-128, 20010401
  6. 女子サッカー選手におけるアジリティ能力, サッカー医・科学研究, 22巻, pp. 81-84, 20020101
  7. 水分摂取の違いが暑熱下運動中の体温調節反応に与える影響, 体力科学, 51巻, pp. 317-324, 20020401
  8. Functional role of the preoptic area and anterior hypothalamus in thermoregulation in freely moving rats, Neuroscience Letters, 325巻, pp. 167-170, 20020401
  9. 暑熱環境下の試合における主審の生体負担度, サッカー医・科学研究, 21巻, pp. 52-55, 20010401
  10. ウニプルテウス幼生における神経伝達物質のHPLC分析, 法政大学多摩研究報告, 15巻, pp. 21-31, 20000401
  11. アメリカザリガニおよびアメリカンロブスターの血液内神経伝達物質のHPLC分析, 法政大学多摩研究報告, 14巻, pp. 27-38, 19990401
  12. Application of microdialysis techniques for the study of exercise and environment physiology, Adv. Exerc. Sports Physiol., 4巻, pp. 1-10, 19980401
  13. Relationship between core body temperature and the brain 5-HIAA content in an in vivo microdialysis study of rats, Adv. Exerc. Sports Physiol., 4巻, pp. 31-35, 19980401
  14. ラットのPO/AHへの高カリウムRinger液灌流が体温調節に及ぼす影響, 法政大学多摩研究報告, 13巻, pp. 37-42, 19980401
  15. アメリカザリガニ(Procambarus clarkii)体液中のアミノ酸およびモノアミン神経ホルモンのHPLC分析, 法政大学多摩研究報告, 13巻, pp. 43-48, 19980401
  16. 中学生年代の全国大会における飲水が生体に与える影響., サッカー医・科学研究, 18巻, pp. 143-146, 19980401
  17. 全日本少年サッカー大会における生体負担度に関する実態調査, サッカー医・科学研究, 17巻, pp. 145-148, 19970401
  18. 夏期大会における環境温度の測定(WBGT), サッカー医・科学研究, 17巻, pp. 95-99, 19970401
  19. 夏季全国中学校サッカー大会における生体負担度, サッカー医・科学研究, 16巻, pp. 77-83, 19960401
  20. 暑熱下でのウォーミングアップ時におけるウインドブレーカーの着用の影響, サッカー医・科学研究, 16巻, pp. 127-130, 19960401
  21. サッカーの暑さ対策ガイドブック, 財団法人日本サッカー協会, 20030401
  22. 2002高知国体に向けて広島県女子サッカーチームが実施した暑さ対策, Coaching Clinic, 8巻, pp. 22-25, 20030401
  23. 第57回国民体育大会広島県代表女子サッカーチームにおける科学的サポート -スポーツ生理学班・スポーツコーチ学班・スポーツトレーナー班による合同プロジェクト-, 広島スポーツ科学研究, 13巻, pp. 1-16, 20030401
  24. 暑熱研究プロジェクト報告書, 財団法人日本サッカー協会科学研究グループ暑熱プロジェクト, 20020401
  25. 運動中の水分補給, 大塚アカデミーニュース, 4巻, 20020401
  26. 女子サッカー選手におけるYo-yo intermittent recovery testの評価基準の作成, 広島スポーツ科学研究, 12巻, pp. 7-11, 20020401
  27. 競泳トレーニング中の発汗量および水分摂取量に関する研究, 広島スポーツ科学研究, 12巻, pp. 29-35, 20020401
  28. スポーツ試合中の循環反応からみた生体負担に関する研究 -女子サッカー試合中の心拍変動に関する研究-, 広島スポーツ科学研究, 11巻, pp. 5-11, 20010401
  29. ジュニア期の夏期スポーツ活動に関する研究-第1報-, 4. サッカー少年団の実態, 日本体育協会スポーツ医・科学研究報告, 4巻, pp. 22-26, 20010401
  30. マイクロダイアリシス法を用いた無麻酔・無拘束ラットの体温調節機構の解析, 日本比較内分泌学会ニュース, 98巻, pp. 39-43, 20000401
  31. 試合後に行うアクティブリカバリィの効果-時間についての検討-, 日本体育協会スポーツ医・科学研究報告, 23巻, pp. 155-161, 20000401
  32. 暑熱環境下で開催された全国大会における生体負担度の実態調査-全日本少年サッカー大会について-., 日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告, 20巻, pp. 235-239, 19970401
  33. 暑熱下でのウォーミングアップ時におけるウインドブレーカー着用の影響 -第2報-, 日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告, 20巻, pp. 229-234, 19970401
  34. 暑熱下の大会における生体負担度に関する調査研究-全国中学校サッカー大会の場合-, 日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告, 19巻, pp. 221-228, 19960401
  35. 暑熱下でのウォーミングアップ時におけるウインドブレーカー着用の影響., 日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告, 19巻, pp. 228-231, 19960401
  36. 低水温水泳時における体温変動と皮下脂肪厚および水泳運動能力との関係について, 水泳指導法研究, 5巻, pp. 15-22, 19950401
  37. 女子サッカー選手におけるアジリティ能力, サッカー医・科学研究, 22巻, pp. 81-84, 20021201
  38. ★, Combined effects of precooling and water ingestion on thermoregulation and physical capacity during exercise in a hot environment, Journal of Sports Sciences 24 (1): 3-9= 2006., 24巻, 1号, pp. 3-9, 20060101
  39. ★, Acute dopamine/noradrenaline reuptake inhibition increases brain and core temperature in rats, Journal of Applied Physiology, 99巻, pp. 1397-1401, 20050401
  40. ★, Acute dopamine/noradrenaline reuptake inhibition enhances exercise performance in warm, but not temperate conditions, Journal of Physiology, 565巻, pp. 873-883, 20050401
  41. Changes of body temperature and thermoregulatory responses of freely moving rats during GABAergic pharmacological stimulation to the preoptic area and anterior hypothalamus in several ambient temperatures, Brain Research, 1048巻, pp. 32-40, 20050401
  42. Brain microdialysis and its application for the study of neurotransmitter release during exercise, International Journal of Sports Psychology, 3巻, pp. 163-184, 20050401
  43. Inhibition of the preoptic area and anterior hypothalamus by tetrodotoxin alters thermoregulatory functions in exercising rats, Journal of Applied Physiology, 98巻, pp. 1458-1462, 20050401
  44. Wearing a cooling jacket during exercise reduces thermal strain and improves endurance exercise performance in a warm environment, Journal of Strength and Conditioning Research, 19巻, pp. 122-128, 20050401
  45. Changes in monoamines in rat hypothalamus during cold acclimation, Journal of Thermal Biology, 30巻, pp. 229-235, 20050401
  46. Changes of body temperature and extracellular serotonin level in the preoptic area and anterior hypothalamus after thermal or serotonergic pharmacological stimulation of freely moving rats, Life Sciences, 75巻, pp. 2665-2675, 20040401
  47. Changes in selected ambient temperatures following physical training in rats, Japanese Journal of Physiology, 53巻, pp. 309-312, 20030401
  48. Monitoring heat stress during female football competition and training in hot conditions, Football Sciences, 3巻, pp. 1-8, 20060401
  49. ★, Central fatigue -The serotonin hypothesis and beyond-, Sports Medicine, 36巻, 10号, pp. 881-909, 20060801
  50. Monitoring Heat Stress during Female Football Competition and Training in Hot Conditions, Football Science, 3巻, pp. 1-8, 20060101
  51. ★, Exercise performance in the heat -Possible brain mechanism and thermoregulatory strategies-, Advances in Exercise and Sports Physiology, 13巻, 4号, pp. 81-92, 20080801
  52. Time trial performance in normal and high ambient temperature: is there a role for 5-HT?, E. J. Appl. Physiol, 107巻, pp. 119-126, 20090501
  53. Performance and thermoregulatory effects of chronic bupropion administration in the heat, E. J. Appl. Physiol., 105巻, pp. 493-498, 20090401
  54. ★, Influence of brain catecholamines on the development of fatigue in exercising rats in the heat., J. Physiol., 586巻, 1号, pp. 141-149, 20080101
  55. Acute norepinephrine reuptake inhibition decreases performance in normal and high ambient temperature, J. Appl. Physiol., 105巻, pp. 206-212, 20080601
  56. The effects of acute dopamine reuptake inhibition on performance, Med. Sci. Sports Exerc., 40巻, 5号, pp. 879-885, 20080501
  57. 運動後の回復過程における体温調節反応の性差, 体力科学, 57巻, pp. 295-304, 20080501
  58. Effect of chronic cold exposure on noradrenergic modulation in the preoptic area of thermoregulation in freely moving rats, Life Sci., 83巻, pp. 79-84, 20080801
  59. Brain neurotransmitters in fatigue and overtraining., Appl. Physiol. Nutr. Metab., 32巻, 5号, pp. 857-864, 20070501
  60. Influence of cooling jacket and drinking water on body temperature regulation during exercise in persons with spinal cord injury, Japanese Journal of Adapted Sport Sciences, 7巻, 1号, pp. 13-20, 20090601
  61. 体温の調節システムにおける概念の変化, 61巻, 8号, pp. 595-600, 20110501
  62. 体温上昇が持久的運動時における認知機能に及ぼす影響, 体力科学, 61巻, pp. 459-467, 20121001
  63. サッカーにおける水分摂取, トレーニング科学, 24巻, pp. 109-115, 20121001
  64. 電解質フィルムサプリメントの摂取が高温多湿環境下における間欠的運動能力に及ぼす影響, ストレングス&コンディショニング, 19巻, pp. 11-18, 20120201
  65. スポーツ実習における環境温度の調査, 広島スポーツ科学研究, 38巻, pp. 38-45, 20120301
  66. 日本及び中国における幼児の体温水準に関する調査研究, 体育研究, 44巻, pp. 5-10, 20110501
  67. 子どもの日常歩数の同定, 発育発達研究, 51巻, pp. 92-100, 20110501
  68. 高体温による運動能力の低下と視床下部におけるカテコールアミン, 体育の科学, 60巻, 12号, pp. 812-818, 20100501
  69. Serotonin release in the preoptic area and anterior hypothalamus is not involved in thermoregulation during low-intensity exercise in a warm environment, Neuroscience letters, 482巻, pp. 7-11, 20101001
  70. Effects of water ingestion interval on thermoregulatory responses during exercise in a hot, humid environment, JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 51巻, 3号, pp. 317-324, 200206
  71. Changes of body temperature and extracellular serotonin level in the preoptic area and anterior hypothalamus after thermal or serotonergic pharmacological stimulation of freely moving rats, LIFE SCIENCES, 75巻, 22号, pp. 2665-2675, OCT 15 2004
  72. Inhibition of the preoptic area and anterior hypothalamus by tetrodotoxin alters thermoregulatory functions in exercising rats, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 98巻, 4号, pp. 1458-1462, 200504
  73. Changes in monoamines in rat hypothalamus during cold acclimation, JOURNAL OF THERMAL BIOLOGY, 30巻, 3号, pp. 229-235, APR 2005
  74. Acute dopamine/norepinephrine reuptake inhibition increases brain and core temperature in rats, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 99巻, 4号, pp. 1397-1401, 200510
  75. Changes of body temperature and thermoregulatory moving rats during GABAergic pharmacological responses of freely stimulation to the preoptic area and anterior hypothalamus in several ambient temperatures, BRAIN RESEARCH, 1048巻, 1-2号, pp. 32-40, JUN 28 2005
  76. Central fatigue - The serotonin hypothesis and beyond, SPORTS MEDICINE, 36巻, 10号, pp. 881-909, 2006
  77. Brain neurotransmitters in fatigue and overtraining, APPLIED PHYSIOLOGY NUTRITION AND METABOLISM-PHYSIOLOGIE APPLIQUEE NUTRITION ET METABOLISME, 32巻, 5号, pp. 857-864, OCT 2007
  78. Influence of brain catecholamines on the development of fatigue in exercising rats in the heat, JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LONDON, 586巻, 1号, pp. 141-149, 20080101
  79. Acute norepinephrine reuptake inhibition decreases performance in normal and high ambient temperature, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 105巻, 1号, pp. 206-212, JUL 2008
  80. The effects of acute dopamine reuptake inhibition on performance, MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, 40巻, 5号, pp. 879-885, 2008
  81. Effect of chronic cold exposure on noradrenergic modulation in the preoptic area of thermoregulation in freely moving rats, LIFE SCIENCES, 83巻, 1-2号, pp. 79-84, JUL 4 2008
  82. The gender differences in thermoregulatory responses during exercise recovery, JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 57巻, 3号, pp. 295-303, JUN 2008
  83. Performance and thermoregulatory effects of chronic bupropion administration in the heat, EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 105巻, 3号, pp. 493-498, FEB 2009
  84. Time trial performance in normal and high ambient temperature: is there a role for 5-HT?, EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 107巻, 1号, pp. 119-126, SEP 2009
  85. Serotonin release in the preoptic area and anterior hypothalamus is not involved in thermoregulation during low-intensity exercise in a warm environment, NEUROSCIENCE LETTERS, 482巻, 1号, pp. 7-11, SEP 20 2010
  86. ★, Acute intraperitoneal injection of caffeine improves endurance exercise performance in association with increasing brain dopamine release during exercise, PHARMACOLOGY BIOCHEMISTRY AND BEHAVIOR, 122巻, pp. 136-143, 201401
  87. Ice slurry ingestion reduces both core and facial skin temperatures in a warm environment, JOURNAL OF THERMAL BIOLOGY, 51巻, pp. 105-109, 201507
  88. Dopamine/Noradrenaline Reuptake Inhibitor Affects Exercise Performance, Brain and Core Temperature during Exercise in the Heat, MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, 38巻, 5号, pp. S343-S343, 2006
  89. Effects Of Chronic Dopamine/noradrenaline Reuptake Inhibition On Performance, Thermoregulation And Hormonal Parameters, MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, 40巻, 5号, pp. S333-S333, 2008
  90. 身体冷却の重要性とその応用, トレーニング科学, 26巻, pp. 139-145, 201510
  91. 暑熱環境下の運動パフォーマンス低下と暑さ対策の重要性, トレーニング科学, 26巻, pp. 121-125, 201510
  92. Influence of brain catecholamines on the development of fatigue in exercising rats in the heat, JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LONDON, 586巻, 1号, pp. 141-149, 2008
  93. Body Temperature Regulation and Hypothalamic Catecholamines During Incremental Treadmill Running in Rats, MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, 42巻, 5号, pp. 660-660, 2010
  94. The gender differences in thermoregulatory responses during exercise recovery, JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 57巻, 3号, pp. 295-303, 2008
  95. Comparison of monoaminergic neurotransmitters in the hypothalamic area under several environmental conditions, JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 63巻, pp. S268-S268, 2013
  96. Effect Of Hyperventilation-induced Decrease In Cerebral Blood Flow On Cognitive Function In Healthy Students., MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, 46巻, 5号, pp. 902-902, 201405
  97. ★, Wearing a Cooling Vest During Half-Time Improves Intermittent Exercise in the Heat, FRONTIERS IN PHYSIOLOGY, 10巻, 20190607
  98. 温暖環境下におけるエリート女子セーリング選手を対象としたレース間の冷却戦略が生理学的指標および主観的指標に与える影響, Journal of High Performance Sport, 4巻, pp. 145-153
  99. コロナ対応でリスクが高まる熱中症を防ぐために, 体育科教育, 68巻, 8号, pp. 54-56, 202007
  100. スポーツにおける最新の熱中症対策, 医学のあゆみ, 274巻, pp. 214-218, 202007
  101. Thermoregulatory responses of lower limb amputees during exercise in a hot environment, Journal of Thermal Biology, 91巻, pp. 102609-102609, 202006
  102. 飲む -アイススラリー., 臨床スポーツ医学, 37巻, pp. 1330-1333, 2020
  103. 着ける -クーリングベスト&保冷剤, 臨床スポーツ医学, 37巻, pp. 1326-1329, 2020
  104. 暑熱環境下でのハーフタイム時における脚部冷却温度の違いが間欠的運動パフォーマンスに及ぼす影響., 体力科学, 69巻, 4号, pp. 307-316, 202006

著書等出版物

  1. スポーツ現場における暑さ対策-スポーツの安全とパフォーマンス向上のために-, ナップ, 2021年06月18日, 2021, 単行本(学術書), 編著, 長谷川博, 中村大輔 編集, 231

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 暑熱環境下における運動間の身体冷却による運動パフォーマンスおよび体温調節反応の性差., 岩橋眞南実, 長谷川 博., 第28回日本運動生理学会, 2021年03月, 通常, 日本語
  2. 休息間の凍結アイススラリー摂取が暑熱環境下での間欠的運動能力及び体温調節反応に及ぼす影響, 長谷川 博, 岩橋眞南実., 第28回日本運動生理学会, 2021年03月, 通常, 日本語
  3. 暑熱環境下におけるハーフタイム中の身体内部・外部冷却を用いた混合冷却が高強度運動パフォーマンスに与える影響., 柳岡拓磨,岩橋眞南実,黒川泰嗣,長谷川 博., 日本アスレチックトレーニング学会第9回学術大会,2020, WEB開催., 2020年12月, 通常, 日本語
  4. 暑熱環境下でのハーフタイムにおける手掌部・前腕冷却が間欠的運動能力に及ぼす影響, 岩橋眞南実,茶園雄大,柳岡拓磨,黒川泰嗣,長谷川 博., 第34回運動と体温の研究会, 2020年09月, 通常, 日本語
  5. 暑熱環境下における運動間の身体冷却が女性の運動パフォーマンスに及ぼす影響., 岩橋眞南実,柳岡拓磨,黒川泰嗣,長谷川 博., 第75回日本体力医学会, 2020年09月, 通常, 日本語
  6. 暑熱環境下における持久性運動時の鼻呼吸が動脈血二酸化炭素分圧の低下を抑制する, 黒川泰嗣,岩橋眞南実,柳岡拓磨,長谷川 博., 第75回日本体力医学会, 2020年09月, 通常, 日本語
  7. 体格特性が暑熱下におけるハーフタイム中の身体冷却効果に及ぼす影響, 柳岡拓磨, 長谷川 博., 第75回日本体力医学会, 2020年09月, 通常, 日本語
  8. スポーツにおける熱中症予防と競技力向上のための実践的暑さ対策, 長谷川博, Otsuka & NSCA JAPAN Sports Nutrition Academy, 2020年07月, 招待, 日本語
  9. トレーニング再開時の熱中症予防, 長谷川博, 広島大学スポーツ科学センタースポーツ科学セミナー, 2020年07月, 通常, 日本語
  10. 必ず知ってほしい!最新の熱中症・夏バテ対策, 長谷川博, ATHER暑さ対策セミナー, 2020年07月, 招待, 日本語
  11. 2020年03月, 招待, 英語
  12. 暑熱下ハーフタイムにおける脚部への適温冷却は熱ストレスを軽減し間欠的運動パフォーマンスを向上させる, 長谷川 博,中村励,茶園雄大,篠崎大祐,内海有香, 第17回フットボール学会, 2019年12月, 通常, 日本語
  13. 暑熱環境下における運動中の身体冷却は体温上昇を抑制し認知パフォーマンスを改善させる, 菅根大幹,長谷川 博., 令和元年度広島体育学会研究発表例会, 2019年11月, 通常, 日本語
  14. ~2020に向けて~スポーツにおける熱中症予防と競技力向上のための暑さ戦略, 長谷川博, 第15回とくしまスポーツ懇話会徳島県あわスポーツ・医科学強化プロジェクト, 2019年10月, 招待, 日本語
  15. スポーツにおける熱中症予防と競技力向上のための身体冷却, 長谷川博, 第74回日本体力医学会, 2019年09月21日, 招待, 日本語
  16. 暑熱環境下でのハーフタイム時における脚部冷却温度の違いが間欠的運動パフォーマンスに及ぼす影響, 長谷川 博,中村励,茶園雄大,篠崎大祐,内海有香, 第74回日本体力医学会, 2019年09月19日, 通常, 日本語
  17. 冷却部位の違いが運動後の回復期における体温調節反応に及ぼす影響, 岩橋眞南実,柳岡拓磨,長谷川 博., 第75回日本体力医学会, 2019年09月, 通常, 日本語
  18. スポーツにおける熱中症予防と競技力向上のための身体冷却, 長谷川博, 第74回日本体力医学会スポンサードシンポジウム, 2019年09月, 招待, 日本語
  19. スポーツにおける熱中症と実践的暑さ対策, 長谷川博, ATHER暑さ対策セミナー, 2019年07月, 通常, 日本語
  20. 熱中症から身を守る-スポーツにおける熱中症と実践的暑さ対策-, 長谷川博, ATHER暑さ対策セミナー, 2019年06月18日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2020年09月23日, 第32回運動と体温の研究会 奨励賞, 運動と体温の研究会, 暑熱環境下でのハーフタイムにおける手・前腕冷却が間欠的運動能力に及ぼす影響
  2. 2019年12月, 令和元年度広島体育学会研究発表例会 優秀発表賞, 広島体育学会, 暑熱環境下における運動中の身体冷却は体温上昇を抑制し認知パフォーマンスを改善させる
  3. 2017年09月15日, 第31回運動と体温の研究会若手発表部門奨励賞, 第31回運動と体温の研究会代表
  4. 2016年11月26日, 平成28年度広島体育学会優秀発表賞, 広島体育学会会長
  5. 2015年09月17日, 第29回運動と体温の研究会 若手発表部門 奨励賞, 第29回運動と体温の研究会代表
  6. 2014年07月05日, 2014 Young Investigators Award winner(Mini-Oral presentation), Chairman of organizing committee, 19th Annual Congress of the European College of Sport Science
  7. 2014年07月19日, 第22回日本運動生理学会大会アワード, 第22回日本運動生理学会大会大会長
  8. 2014年09月17日, 第28回運動と体温の研究会 若手発表部門 奨励賞, 第28回運動と体温の研究会代表
  9. 2014年09月19日, 第69回日本体力医学会大会大塚スポーツ医・科学賞 特別賞, 第69回日本体力医学会大会大会長大塚製薬株式会社代表取締役副社長
  10. 2014年11月10日, 第13回広島大学学長表彰, 広島大学学長
  11. 2014年07月05日, 2014 Young Investigators Award winner(Mini-Oral presentation), Chairman of organizing committee, 19th Annual Congress of the European College of Sport Science
  12. 2013年11月04日, Outstanding Oral Presentation Award(優秀口頭発表賞), Chairman of organizing committee, APCESS2013
  13. 2013年11月04日, Outstanding Poster Presentation Award(優秀ポスター発表賞), Chairman of organizing committee, APCESS2013
  14. 2011年, Dr. Tae Won Jun Award for Oral Presentation

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費), 身体冷却による運動能力向上に関する中枢性機序の解明, 2016年, 2017年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 暑熱環境下における運動能力低下に関する中枢性作用機序の解明と熱中症予防対策, 2016年, 2019年
  3. 民間からの助成金, 高濃度糖質溶液によるマウスリンスは持久性運動能力を向上させるか?‐認知機能および脳活動の観点から‐, 2016年
  4. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 運動能力と体温の限界における脳内神経伝達物質の機能的役割, 2011年, 2012年
  5. 民間からの助成金, 運動時の体温調節反応と視床下部内の神経伝達物質の同時測定, 2010年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 脊髄損傷者の麻痺部筋肉トレーニングの効果に関する研究, 2009年, 2011年
  7. 科学研究費助成事業(若手研究(A)), 運動時の高体温と中枢性疲労の相互連関における脳内神経伝達物質の関与, 2008年, 2010年
  8. 民間からの助成金, 休息間の脚部冷却が暑熱環境下における間欠的運動能力及び生体負担度に及ぼす影響, 2007年
  9. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 暑熱環境下における運動時の高体温が中枢性疲労に及ぼす影響, 2006年, 2007年
  10. 民間からの助成金, 脳内マイクロダイアリシス法を用いた運動時の中枢性疲労および温熱疲労における脳内神経伝達物質の関与, 2004年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 脊髄損傷者の暑熱環境下における運動時発汗反応特性に関する研究, 2002年, 2004年
  12. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 運動時の中枢性疲労における体温調節中枢の関与, 2002年, 2003年
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 抗酸化剤が筋疲労時における筋小胞体の機能に及ぼす影響, 2001年, 2003年
  14. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 脳内マイクロダイアリシス法を用いた運動時の体温調節機構における神経伝達物質の研究, 2000年, 2001年
  15. 民間からの助成金, 脳内マイクロダイアリシス法を用いた体温調節機構におけるドーパミン、セロトニンの役割, 2000年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 持久性トレーニングおよび一過性の運動が筋小胞体の機能に及ぼす影響, 1999年, 2000年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広島体育学会, 2009年04月, 2011年03月
  2. 日本運動生理学会, 2010年04月
  3. 日本体力医学会, 2010年04月
  4. 広島体育学会, 2013年04月, 2015年03月
  5. 女子委員会委員, 2013年04月, (公財)広島県サッカー協会
  6. スポーツ医・科学委員会委員, 2012年05月, 2014年06月, (公財)広島県体育協会
  7. 東京オリンピック特別プロジェクト(暑熱対策)研究員, 2015年04月, 2016年03月, (公財)日本スポーツ振興センター国立スポーツ科学センター
  8. スポーツ医・科学専門委員会スポーツ活動中の熱中症事故予防に関する研究班員, 2014年05月, 2015年03月, (公財)日本体育協会
  9. 広島体育学会, 2015年04月
  10. スポーツ医・科学委員会委員, 2014年07月, 2016年06月, (公財)広島県体育協会
  11. スポーツ医・科学専門委員会研究班員, 2015年04月, 2016年03月, (公財)日本体育協会
  12. 東京オリンピック特別プロジェクト(暑熱対策)研究員, 2015年07月, 2016年03月, (公財)日本スポーツ振興センター国立スポーツ科学センター
  13. 広島体育学会, 2016年04月, 2018年03月
  14. スポーツ医・科学委員会委員, 2016年08月, (財)広島県体育協会
  15. 東京オリンピック特別プロジェクト(暑熱対策)研究員, 2016年05月, 2017年03月, (公財)日本スポーツ振興センター国立スポーツ科学センター
  16. スポーツ医・科学専門委員会研究班員, 2016年05月, 2017年06月, (財)日本体育協会
  17. 研究ブランディング事業外部評価委員, 2017年02月, 2018年03月, 広島文化学園大学
  18. スポーツ医・科学委員会委員, 2017年04月, 広島県体育協会医科学委員
  19. 東京オリンピック特別プロジェクト(暑熱対策)研究員, 2017年05月, 2018年03月, (公財)日本スポーツ振興センター国立スポーツ科学センター
  20. スポーツ医・科学専門委員会スポーツ活動中の熱中症事故予防に関する研究班員, 2017年07月, (公財)日本体育協会
  21. (公財)日本スポーツ協会, 2018年05月, 2019年06月, スポーツ医・科学専門委員会研究班員
  22. 東京オリンピック特別プロジェクト(暑熱対策)研究員, 2018年05月, 2019年03月, (公財)日本スポーツ振興センター国立スポーツ科学センター
  23. スポーツ医・科学委員会委員, 2018年07月, 2020年06月, (財)広島県体育協会
  24. スポーツ医・科学研究事業における研究分担者, 2019年05月, 2020年03月, 国立スポーツ科学センター
  25. スポーツ医・科学専門委員会研究班員, 2019年07月, 2020年06月, (公財)日本スポーツ協会
  26. スポーツ医・科学専門委員会研究班員, 2020年06月, 2021年06月, (公財)日本スポーツ協会
  27. 研究ブランディング事業外部評価委員, 2020年04月, 2020年08月, 広島文化学園大学
  28. スポーツ医・科学委員会委員, 2020年07月, 2022年06月, (財)広島県体育協会
  29. スポーツ医・科学研究事業における研究分担者, 2020年09月, 2021年03月, 国立スポーツ科学センター

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. サッカー試合時における熱中症とその予防, 横浜市立大学リカレント講座, 少年サッカー指導者・フォローアップセミナー, 1997年/05月, 1997年/05月, 講師, 講演会, 教育関係者
  2. 敏捷性を養うトレーニング -敏捷性・バランストレーニングの理論と実践-, 広島県教育事業団, 広島県教育事業団地域スポーツ指導者講習会, 2002年/02月, 2002年/02月, 講師, 講演会, 教育関係者
  3. 体温調節と熱中症-勝つための暑さ対策-, NSCA JAPAN, NSCA JAPAN中国・四国研修会, 2003年/04月, 2003年/04月, 講師, 講演会, 教育関係者
  4. 熱中症予防と水分補給, 大塚製薬, 大塚アカデミー公開スクールセミナー, 2002年/05月, 講師, 講演会, 社会人・一般
  5. 知って防ごうスポーツにおける熱中症, 愛媛県今治市第31回学校保健委員会, 2009年/07月, 2009年/07月, 講師, 講演会, 教育関係者
  6. 子どものスポーツ活動中の水分補給, 日本体育協会 ポカリスエット・ファミリースポーツクリニック, 2009年/06月, 2009年/07月, 講師, 講演会, 保護者
  7. 疲労, 日本障害者スポーツ協会 上級スポーツ指導員養成講習会, 2008年/09月, 2008年/10月, 講師, 講演会, 教育関係者
  8. 体温調節と運動時の水分補給, 東広島市小学校教育研究会養護部会, 2008年/08月, 2008年/08月, 講師, 講演会, 教育関係者
  9. スポーツと熱中症予防, 大塚アカデミー公開スクールセミナー, 今季の天候と熱中症に関する講演会, 2007年/07月, 2007年/07月, 講師, 講演会, 教育関係者
  10. 静的レジスタンストレーニング, 健康・体力づくり事業財団, 健康運動指導士養成講習会, 2009年/12月, 2009年/12月, 講師, 資格認定講習, 教育関係者
  11. 動的レジスタンストレーニング, 健康・体力づくり事業財団, 健康運動指導士養成講習会, 2009年/12月, 2009年/12月
  12. スポーツ活動中の水分補給, 山口県体育協会, 山口県スポーツ指導者協議会中央研修会, 2010年/07月, 2010年/07月, 講師, 講演会, 教育関係者
  13. 子どものスポーツ活動中の水分補給, 日本体育協会, ポカリスエット・ファミリースポーツクリニック, 2010年/08月, 2010年/08月, 講師, 講演会, 保護者
  14. スポーツ活動中の熱中症予防, 第35回山口県学校環境衛生研究大会, 2010年/07月, 2010年/07月, 講師, 講演会, 教育関係者
  15. アスレティックトレーナーに必要な暑熱下の運動時の対策, 日本体育協会, アスレティックトレーナー研修会, 2012年/01月, 2012年/01月, 講師, 講演会, 教育関係者
  16. 熱中症予防とその新情報, NSCA JAPAN, 中四国ディレクターセミナー, 2012年/10月, 2012年/10月, 講師, 講演会, 教育関係者
  17. 体温上昇による運動能力低下とその要因, 筑波大学, 第25回身心統合科学(BAMIS)セミナー, 2013年/01月, 2013年/01月, 講師, 講演会, 研究者
  18. 愛媛県栄養指導者研修大会, スポーツ活動時の水分補給, 2013年, 講師, 講演会, 教育関係者
  19. 公益財団法人日本体育協会LIVE ON SEMINAR, スポーツ活動中の熱中症予防, 2013年, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  20. 鳥取県東部医師会健康スポーツ医学講演会, 運動時における熱中症予防の新情報, 2013年, 講師, 講演会, 研究者
  21. 中四国学生アメリカンフットボール連盟 医務担当者認定講習会, 熱中症-暑熱下の運動時の対策-, 2013年, 講師, 講演会, 大学生
  22. 広島県高等学校教育研究会養護部会, 熱中症予防に関する新情報, 2014年, 講師, 講演会, 教育関係者
  23. 日本体育協会公認スポーツ指導者講習会・鳥取県アーチェリー協会, 安全指導(熱中症対策), 2014年, 講師, 講演会, 教育関係者
  24. 山口県スポーツ指導者東部地域研修会, 運動時における熱中症予防の新情報, 2015年/02月, 講師, 講演会, 教育関係者
  25. 広島大学フェニックス協力会事業「研究紹介と交流のゆうべ」, 熱中症からカラダを守る‐スポーツにおける最新の暑さ対策‐, 2015年/03月, 講師, 講演会, 社会人・一般
  26. 国立スポーツ科学センター(JISS)第1回医・科学セミナー, 暑熱環境下における運動能力と暑さ対策, 2015年/07月, 講師, 講演会, 研究者
  27. 山口県スポーツ指導者西部地域研修会, 熱中症予防のために必要な知識とこれからの暑さ対策, 2016年/02月, 講師, 資格認定講習
  28. ATHER卓球リカバリーキャンプ, コンディショニングとリカバリー戦略, 2016年/04月, 講師, 講演会, 社会人・一般
  29. 広島県トレーナー協会, アスレティックトレーナーに必要な暑さ対策, 2016年/05月, 講師, 資格認定講習, 教育関係者
  30. 広島大学病院スポーツ医科学センター地域交流講演会, スポーツにおける暑さ対策とリカバリー戦略, 2016年/06月, パネリスト, 講演会, 研究者
  31. 広島県体育協会 スポーツリーダー養成講習会, トレーニング論, 2016年/10月, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  32. 広島県体育協会 スポーツリーダー養成講習会, ジュニア期のスポーツ, 2016年/10月, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2020年, その他
  2. 2020年, The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, その他, 1
  3. 2020年, その他, 3
  4. 2020年, トレーニング科学, その他, 1
  5. 2020年, ストレングス&コンディショニング, その他, 1
  6. 2017年, 広島体育学研究, 編集長, 5
  7. 2016年, 日本スポーツ栄養研究誌, その他, 査読者, 1
  8. 2016年, その他, 査読者, 1
  9. 2016年, その他, 査読者, 1
  10. 2015年, 体育学研究, その他, 差読者, 1
  11. 日本生気象学会雑誌, その他
  12. 体育の科学, 編集員