渡邉 園子SONOKO WATANABE

Last Updated :2024/04/05

所属・職名
IDEC国際連携機構 准教授

基本情報

主な職歴

  • 2014年01月01日, 2017年03月31日, 広島大学, 大学院国際協力研究科, 特任講師
  • 2003年09月, 2005年03月31日, 東京情報大学, 環境科学科, 助手

学位

  • 博士(学術) (広島大学)
  • 修士 (広島大学)

教育担当

  • 【博士課程前期】 スマートソサイエティ実践科学研究院 :
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 理工学融合プログラム
  • 【博士課程後期】 スマートソサイエティ実践科学研究院 :
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 理工学融合プログラム

研究分野

  • 総合生物 / 生物資源保全学 / 生物資源保全学
  • 農学 / 境界農学 / 環境農学(含ランドスケープ科学)

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), アジャイル・ワークショップ短期研修
  2. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 理工学融合共通科目2:グリーンな発展
  3. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, Landscape Ecology
  4. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), Onsite Team Project
  5. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), Onsite Team Project

教育に関する受賞

  • 2021年11月18日, 広島大学大学院先進理工系科学研究科長顕彰, 広島大学大学院先進理工系科学研究科, 世界展開力強化事業の事業運営を通した研究科の国際化・研究力強化への貢献

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Clonal structure and flowering traits of a bamboo [Phyllostachys pubescens (Mazel) Ohwi] stand grown from a simultaneous flowering as revealed by AFLP analysis, Molecular Ecology, 13巻, pp. 2017-2021, 20040427
  2. 芸北町における農村景観の認識について, 高原の自然史, 5巻, pp. 125-138, 2001
  3. 芸北町八幡地区の植生, 高原の自然史, 8巻, pp. 1-14, 2003
  4. 広島県山県郡加計町の植生と社会環境, 地誌研年報, 13巻, pp. 109-118, 2006
  5. 岡山県吉備中央町におけるホソベリミズゴケ生育地の蘚苔類相, Naturalistae, 10巻, pp. 27-34, 2006
  6. 生態学から見た環境評価とその政策利用, 日本評価研究, 6巻, pp. 11-17, 2006
  7. 太田川流域における植生分布, 地誌研年報, 15巻, pp. 189-202, 2006
  8. Urban green spaces and soil microbial diversity in Jakarta, Indonesia, Hikobia, 14巻, pp. 459-468, 2006
  9. Recovery of greenery resources in Hiroshima City after World War II, Landscape and Ecological Engineering, 2巻, pp. 111-118, 2006
  10. Community structure of secondary evergreen broad-leaved forests in the urban area of Kitakyushu City, western Japan, 北九州市立自然史・歴史博物館研究報告, A5巻, pp. 39-48, 2007
  11. 放牧条件下におけるムラサキセンブリ自生地の植生の変化, 日本草地学会誌, 53巻, pp. 14-15, 2007
  12. Genetic and reproductive consequences of forest fragmentation for populations of Magnolia obovata, Ecological Research, 22巻, pp. 382-389, 2007
  13. Effective pollen dispersal is enhanced by the genetic structure of an Aesculus urbinate population, Journal of Ecology, 95巻, pp. 983-990, 2007
  14. 秋吉台上草地における土壌の化学性と硬度に及ぼす採草の影響, 島根県立三瓶自然館研究報告, 6巻, pp. 13-19, 2008
  15. 中国5県のRDBを用いた絶滅危惧植物における生育環境の重要性評価の試み, 保全生態学研究, 14巻, pp. 125-129, 2009
  16. ボランティア団体による木質バイオマス活用を目的としたマツ林型里山保全活動を支援するための技術的検討と合意形成過程, 景観生態学, 14巻, pp. 73-81, 2009
  17. レッドデータブックに掲載された植物種による山陰2県の草原環境評価の試み, 日本草地学会誌, 55巻, pp. 246-250, 2009
  18. Evaluation of the Environmental DNA Method for Estimating Distribution and Biomass of Submerged Aquatic Plants, PLOS ONE, 11巻, 6号, 20160615
  19. ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF MICROSATELLITE LOCI FOR THE ENDANGERED WETLAND PLANT ADENOPHORA PALUSTRIS (CAMPANULACEAE), APPLICATIONS IN PLANT SCIENCES, 4巻, 9号, 201609

著書等出版物

  1. 2004年, Landscape ecological approach for restoration site of natural forests in the Ota river basin, Japan, Springer Netherlands, 2004年, 単行本(学術書), 共著, English, Nakagoshi N, Watanabe S, Koga T, 978-1-4020-2688-1, 426
  2. 2007年, Sustainability and Diversity of Forest Ecosystems, Genetic and reproductive consequences of forest fragmentation for populations of Magnolia obovata, Springer Japan, 2007年, 単行本(学術書), 共著, English, Isagi Y, Tateno R, Matsuki Y, Hirao A, Watanabe S, Shibata M, 978-4-431-73237-2, 382
  3. 2018年01月01日, Landscape Ecology for Sustainable Society, 2018年, 01, 単行本(学術書), English, 978-331974328-8;978-331974327-1, 377, 309-319

受賞

  1. 2015年11月17日, 広島大学女性研究者奨励賞, 広島大学
  2. 2006年06月17日, Poster Prize, 東アジアにおける生態系の修復に関する国際会議

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 水生植物の生育地としてのため池のホットスポットの抽出, 2012年, 2013年
  2. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 人工ウェットランド(ため池)における人間活動と生態系の相互作用の解明, 2016年, 2018年
  3. 富士フイルムグリーンファンド, 遺伝情報を用いた絶滅危倶植物ヤチシャジンの野生集団の再生, 2016年08月, 2017年09月