澤井 努TSUTOMU SAWAI

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
広島大学 准教授
ホームページ
メールアドレス
tstmswhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
最近の研究関心は、先端科学技術(初期発生技術、オルガノイド技術、ゲノム編集技術など)が提起する生命倫理問題と、「経験的生命倫理学」(理論的な分析と経験的なデータを用いた分析を統合することによって規範的な結論を導く実践的な学問分野)の方法論です。前者に関しては、従来の生命倫理議論のメタ分析や哲学的考察のような理論研究に取り組んでいます。後者に関しては、様々な生命倫理問題に対して、哲学的に妥当であるだけでなく、社会の規範に照らしても受け入れられる答えを導くための新たな研究方法論を探究しています。最先端科学技術がどの程度、倫理的に認められるのかを明らかにすることは、社会にとっても緊急性の高い課題です。こうした取組みを通して、研究や臨床応用を進めていく際の倫理的な枠組みの提示、また新たな科学技術の倫理の創出を目指します。

基本情報

主な職歴

  • 2022年04月, 2023年03月, 京都大学, 高等研究院ヒト生物学高等研究拠点, 連携研究者
  • 2019年07月, 2022年03月, 京都大学, 高等研究院ヒト生物学高等研究拠点, 特定助教
  • 2018年04月, 2019年06月, 京都大学iPS細胞研究所, 上廣倫理研究部門, 特定助教
  • 2014年10月, 2018年03月, 京都大学iPS細胞研究所, 上廣倫理研究部門, 特定研究員

学歴

  • 京都大学, 大学院人間・環境学研究科, 博士後期課程共生人間学専攻, 日本, 2010年04月, 2016年09月
  • 京都大学, 大学院人間・環境学研究科, 修士課程共生人間学専攻, 日本, 2008年04月, 2010年03月

学位

  • 修士(人間・環境学) (京都大学)
  • 博士(人間・環境学) (京都大学)

教育担当

  • 【学士課程】 総合科学部 : 総合科学科 : 総合科学プログラム
  • 【博士課程前期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 国際平和共生プログラム
  • 【博士課程前期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 人間総合科学プログラム
  • 【博士課程後期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 国際平和共生プログラム
  • 【博士課程後期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 人間総合科学プログラム

研究分野

  • 人文学 / 哲学 / 哲学・倫理学
  • 人文学 / 哲学 / 宗教学

研究キーワード

  • 倫理学 / 応用倫理学 (生命倫理学) / 生命科学・医療の倫理的・法的・社会的課題 / 宗教における倫理 / 近現代日本哲学・倫理学

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 3ターム, コミュニケーションIIA
  2. 2022年, 教養教育, 4ターム, 倫理学
  3. 2022年, 教養教育, 1ターム, 倫理学
  4. 2022年, 学部専門, 2ターム, 生命倫理学
  5. 2022年, 学部専門, 3ターム, Ethics, Killing and Violence I (戦争と平和の応用倫理学 I)
  6. 2022年, 学部専門, 3ターム, Ethics, Killing and Violence II (戦争と平和の応用倫理学 II)
  7. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 現代哲学
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 文化哲学
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 実践倫理学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, The regulation of human blastoid research: A bioethical discussion of the limits of regulation, EMBO reports, pp. e56045, 20220914
  2. First synthetic embryos: the scientific breakthrough raises serious ethical questions, The Conversation, 20220811
  3. Tech firms are making computer chips with human cells – is it ethical?, The Conversation, 20220524
  4. Human Brain Organoids and Consciousness, Neuroethics, 15巻, 1号, 20220204
  5. ヒト脳オルガノイドの研究と臨床応用に伴う倫理的課題, バイオサイエンスとインダストリー(B&I), 79巻, 6号, pp. 498-501, 202111
  6. Public attitudes in Japan toward the creation and use of gametes derived from human-induced pluripotent stem cells, Future Science OA, 7巻, 10号, pp. FSO755, 20211023
  7. Public attitudes in Japan toward the reproductive use of gametes derived from human-induced pluripotent stem cells, Future Science OA, 7巻, 10号, pp. FSO754, 20211023
  8. Promises and rules: The implications of rethinking the 14-day rule for research on human embryos, EMBO reports, 22巻, 9号, pp. e53726, 20210906
  9. ★, Mapping the Ethical Issues of Brain Organoid Research and Application, AJOB Neuroscience, 13巻, 2号, pp. 1-14, 20210326
  10. ヒト脳オルガノイドの意識をめぐる哲学・倫理学的考察―予防原則の観点から―, 21世紀倫理創成研究, 14号, pp. 61-83, 202103
  11. The American Public Is Ready to Accept Human-Animal Chimera Research., Stem cell reports, 15巻, 4号, pp. 804-810, 20200914
  12. Ethical Framework for Next-Generation Genome and Epigenome Editing, The American Journal of Bioethics, 20巻, 8号, pp. 32-36, 20200802
  13. ★, The moral status of human embryo‐like structures: potentiality matters?, EMBO reports, 21巻, 8号, pp. e50984, 20200727
  14. 体外で作製される脳は意識を持つのか――ヒト脳オルガノイド研究の倫理, 世界思想, 47号, pp. 79-83, 202004
  15. ★, The Ethics of Cerebral Organoid Research: Being Conscious of Consciousness, Stem Cell Reports, 13巻, 3号, pp. 440-447, 201909
  16. Japan Significantly Relaxes Its Human-Animal Chimeric Embryo Research Regulations., Cell stem cell, 24巻, 4号, pp. 513-514, 20190404
  17. 生命科学と倫理・宗教―幹細胞研究を糸口として―, 現代宗教2019, pp. 179-205, 201901
  18. オルガノイド研究の倫理的問題, 週刊 医学のあゆみ, 264巻, 8号, pp. 679-684, 201802
  19. The Japanese Generally Accept Human-Animal Chimeric Embryo Research but Are Concerned About Human Cells Contributing to Brain and Gametes., Stem cells translational medicine, 6巻, 8号, pp. 1749-1750, 201708
  20. Public attitudes in Japan towards human-animal chimeric embryo research using human induced pluripotent stem cells., Regenerative medicine, 12巻, 3号, pp. 233-248, 201704
  21. The Problem of Dual Use in Relation to Decoded Neurofeedback, AJOB Neuroscience, 7巻, 4号, pp. W4-W5, 201612
  22. Risk of Tumorigenesis and Patient Hope, AJOB Neuroscience, 6巻, 1号, pp. 69-70, 201502
  23. The moral value of induced pluripotent stem cells: a Japanese bioethics perspective on human embryo research., Journal of medical ethics, 40巻, 11号, pp. 766-9, 201411
  24. 石田梅岩の死生観 : 開悟体験と儒者としての自覚をめぐって, 宗教研究, 87巻, 3号, pp. 549-571, 2013
  25. 石門心学における「心の習慣」--石田梅岩の「開悟」体験とその思想をめぐって, 教育史フォーラム, 6号, pp. 25-41, 201103

著書等出版物

  1. 2021年09月, 命をどこまで操作してよいかーー応用倫理学講義, 命をどこまで操作してよいかーー応用倫理学講義, 慶應義塾大学出版会, 2021年, 202109, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 澤井 努, 978-4766427684
  2. 2020年05月, iPS細胞の歩みと挑戦, iPS細胞の歩みと挑戦, 東京書籍, 2020年, 単行本(一般書), その他, jpn, 中内, 彩香; 和田濱, 裕之; 京都大学iPS細胞研究所, 9784487813018, 175
  3. 2017年10月, 科学知と人文知の接点―iPS細胞研究の倫理的課題を考える, 科学知と人文知の接点―iPS細胞研究の倫理的課題を考える, 弘文堂, 2017年, 201710, 単行本(学術書), 共著, jpn, 澤井 努, 9784335750175, 368, 119-146
  4. 2017年03月, ヒトiPS細胞研究と倫理, ヒトiPS細胞研究と倫理, 京都大学学術出版会, 単行本(学術書), 単著, jpn, 澤井 努, 4814000774, 245

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 科学技術の発展に伴う生命倫理の現状と今後の課題, 澤井努, 最高裁判所司法研修所ウェブ講演会, 2022年12月26日, 招待, 日本語, 最高裁判所司法研修所
  2. 数学における生命倫理, 澤井努, 第2回ASHBi 数理ヒト生物学研究会 (MathHuB研究会), 2022年11月18日, 招待, 英語
  3. 脳オルガノイド研究における倫理的課題, 澤井努, 公開シンポジウム「神経科学領域の倫理的課題」, 2022年08月27日, 招待, 日本語, 日本学術会議
  4. ゲノム編集技術が提起する倫理的課題, 澤井努, 日本ゲノム編集学会 第7回大会, 2022年06月07日, 招待, 日本語
  5. 体外発生技術の倫理, 澤井努, 未来戦略室 Forum(未来の可能性を広げる), 2019年07月22日, 招待, 日本語, 理化学研究所未来戦略室, 日本
  6. Japanese perspectives on human germline genome editing, 澤井努, International Dialogue on Bioethics and Ethics in Science and Technologies (IDBEST), 2019年10月16日, 招待, 英語, ヨーロッパ評議会, Brussels, Belgium
  7. Ethics and regulations of human-animal chimera research, 澤井努, Open Round Table on Gene Editing, 2019年10月26日, 招待, 英語, ヨーロッパ評議会, Brussels, Belgium
  8. Public survey in Japan on human genome editing for clinical purposes, 澤井努; 赤塚京子; 八田太一; 藤田みさお, ISSCR 2019 Conference, 2019年06月27日, 通常, 英語, ISSCR (International Society for Stem Cell Research), USA
  9. Public attitudes in the United States towards human-animal chimeric embryo research using human induced pluripotent stem cells to generate human organs for transplantation, Low, W.; Shen, F.; Brown, J.; Ruiz-Estevez, M.; Voth, J.; Sawai, T.; Hatta, T.; Fujita, M.; and Crane, A., ISSCR 2019 Conference, 2019年06月28日, 通常, 英語, ISSCR (International Society for Stem Cell Research), USA
  10. Public survey in Japan on human genome editing for research purposes, 赤塚京子; 澤井努; 八田太一; 藤田みさお, ISSCR 2019 Conference, 2019年06月27日, 通常, 英語, ISSCR (International Society for Stem Cell Research), USA
  11. Attitudes toward the creation and use of human induced pluripotent stem cell-derived gametes: A survey of the general population in Japan, 八田太一; 澤井努; 藤田みさお, ISSCR 2017 Conference, 2017年06月15日, 通常, 英語, ISSCR (International Society for Stem Cell Research), USA
  12. Expectations and concerns regarding the creation and use of human induced pluripotent stem cell-derived gametes: A survey of the general population in Japan, 澤井努; 八田太一; 藤田みさお, ISSCR 2017 Conference, 2017年06月14日, 通常, 英語, ISSCR (International Society for Stem Cell Research), USA
  13. The ethics of human-animal chimera embryo research: A Japanese bioethical perspective, 澤井努, ASBH (American Society for Bioethics and Humanities) meeting 2016, 2016年10月06日, 通常, 英語, ASBH (American Society for Bioethics and Humanities), USA
  14. Acceptability of human-animal chimeric embryo research using human induced pluripotent stem cells: A survey among the public and researchers, 八田太一; 澤井努; 藤田みさお, ISSCR 2016 Conference, 2016年06月24日, 通常, 英語, ISSCR (International Society for Stem Cell Research), USA
  15. Humanized animals harboring human brain neurons and Germ Cells: A survey among the public and researchers, 澤井努; 八田太一; 藤田みさお, ISSCR 2016 Conference, 2016年06月22日, 通常, 英語, ISSCR (International Society for Stem Cell Research), USA
  16. Public and researcher attitudes towards human-animal chimeric embryo research using human induced pluripotent stem cells, 澤井努; 八田太一; 藤田みさお, IAB (International Association of Bioethics) 2016 Conference, 2016年06月16日, 通常, 英語, IAB (International Association of Bioethics), Edinburgh, UK
  17. The ethics of research on stem cell-derived gametes: A Japanese bioethical perspective, 澤井努; 赤塚京子; Laura Sullivan Specker, ASBH (American Society for Bioethics and Humanities) meeting 2015, 2015年10月22日, 通常, 英語, ASBH (American Society for Bioethics and Humanities), USA
  18. Confucian views of genetic enhancement, 澤井努, Kyoto-Bristol Workshop (The Ethics of Human Enhancement: Comparing the British and Japanese Debate), 2014年05月01日, 招待, 英語, 京都大学, 日本
  19. Ecological ethics for a sustainable world: A comparison of 'Civil Religions' in America and Japan, 澤井努, The Tenth East-West Philosophers’ Conference, 2011年05月19日, 通常, 英語, University of Hawaii, Manoa, USA
  20. 'Habits of the Heart' in Sekimon-Shingaku: Ishida Baigan's religious experience, 澤井努, The 20th World Congress of International Association for the Study of History of Religion, 2010年08月19日, 通常, 英語, University of Toronto, Canada
  21. Difference of values and value of differences: A reconsideration of Bellah’s 'Civil Religion', 澤井努, 2010 Uehiro Cross-Currents Philosophy Conference, 2010年03月19日, 通常, 英語, University of Hawaii, Manoa, USA

受賞

  1. 2020年01月, 第2回CiRA奨励賞, 京都大学iPS細胞研究所
  2. 2016年07月, Outstanding Poster Award, CiRA Retreat 2016, 京都大学iPS細胞研究所

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への 包括的実践研究開発プログラム, ヒト脳改変の未来に向けた実験倫理学的 ELSI 研究方法論の開発, 2022年10月01日, 2026年03月31日
  2. 科学研究費助成事業 若手研究, 経験的生命倫理学における方法論の構築とその応用, 2021年04月01日, 2024年03月31日
  3. 令和3年度 「脳とこころの研究推進プログラム(精神・神経疾患メカニズム解明プロジェクト), ヒト脳オルガノイド研究に伴う倫理的・法的・社会的課題に関する研究, 2021年07月, 2024年03月
  4. 人文科学研究助成, ヒト脳オルガノイド研究に伴う倫理的課題の研究, 2022年04月, 2023年03月
  5. 科学研究費助成事業 若手研究(B), ヒトiPS細胞研究に伴う倫理的問題の研究, 2017年04月01日, 2020年03月31日
  6. 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 幹細胞医療の倫理的・法的・社会的側面についての研究, 2014年04月01日, 2017年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 倫理審査委員会委員, 2022年04月, 2024年03月, 京都大学iPS細胞研究所
  2. 特定認定再生医療等委員会委員, 2022年04月, 2025年03月, 信州大学
  3. iPS細胞ストックの使用に関する審査委員会委員, 2022年04月, 2024年03月, 京都大学iPS細胞研究財団
  4. 営利機関等からの細胞製造受託に関する第三者委員会委員, 2022年04月, 2023年03月, 京都大学iPS細胞研究財団

学術会議等の主催

  1. International Bioethics Symposium "Ethical, Legal, and Social issues of Human Brain Organoid Research and Application", 2022年12月, 2022年12月
  2. ASHBi Bioethics-Biology Fusion Workshop (Ethics of Early Developmental Research), 2021年11月, 2021年11月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2022年, Journal of Applied Ethics and Philosophy, その他, 査読者, 1
  2. 2021年, Journal of Medical Ethics, その他, 査読者, 1
  3. 2021年, Cell Regeneration, その他, 査読者, 1
  4. 2020年, Journal of molecular medicine, その他, 査読者, 1
  5. 2020年, BMC Medical Ethics, その他, 査読者, 1
  6. 2022年, Gene and Genome Editing, その他, 査読者, 1
  7. 2021年, Neuroethics, その他, 査読者, 1