灰野 岳晴Takeharu Haino

Last Updated :2024/06/11

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 教授
メールアドレス
hainohiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山1ー3ー1 理学研究科理学部C棟304号室
TEL:0824-24-7427 FAX:0824-24-0724
自己紹介
超分子化学を基盤とした新たな分子集合体の合成と機能創製を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2000年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院理学研究科, 助教授
  • 1993年06月01日, 2000年03月31日, 広島大学, 理学部, 助手
  • 1992年04月01日, 1993年05月31日, 財団法人相模中央化学研究所, 研究員
  • 1999年04月01日, 2000年03月31日, The Scripps Research Institute, Postdoctoral Fellow

学歴

  • 広島大学, 理学研究科, 化学, 日本, 1989年04月, 1992年03月
  • 広島大学, 理学部, 化, 日本, 1983年04月, 1987年03月

学位

  • 博士(理学) (広島大学)
  • 理学修士 (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 理学部 : 化学科 : 化学プログラム
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 化学プログラム
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 化学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 化学プログラム

研究分野

  • 化学 / 複合化学 / 機能物性化学
  • 化学 / 複合化学 / 高分子化学

研究キーワード

  • 分子認識
  • 大環状
  • 高分子化学
  • 超分子化学

所属学会

  • アメリカ電気化学会
  • アメリカ化学会, 2000年
  • 日本化学会, 1988年
  • 有機合成化学協会, 1988年
  • 高分子学会, 2006年

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 2ターム, Modern Chemistry
  2. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  3. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  4. 2024年, 学部専門, 1ターム, 構造有機化学
  5. 2024年, 学部専門, 2ターム, 有機化学II
  6. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 化学特別講義(高分子化学特論)
  7. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 構造有機化学
  8. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 化学特別演習A
  9. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 化学特別演習B
  10. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 化学特別研究
  11. 2024年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 化学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Intermediate Color Emission via Nanographenes with Organic Fluorophores, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 63巻, 14号, 20240402
  2. Kinetic Resolution of Secondary Alcohols Catalyzed at the Exterior of Chiral Coordinated Capsules, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 30巻, 11号, 20240221
  3. Supramolecular Synthesis of Star Polymers, CHEMPLUSCHEM, 89巻, 5号, 202405
  4. Supramolecular Synthesis of Star Polymers, CHEMPLUSCHEM, 89巻, 5号, 202405
  5. Supramolecular polymerization behavior of a ditopic self-folding biscavitand, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 97巻, 3号, 20240301
  6. Spectrally Selective Leakage of Light from Self-Assembled Supramolecular Nanofiber Waveguides Induced by Surface Plasmon Polaritons, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 128巻, 10号, pp. 4295-4302, 20240305
  7. Molecular Recognition Process in Resorcinarene-based Coordination Capsules, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 29巻, 68号, 20231206
  8. Application of Exciton Coupling for Characterization of Nanographene Edge, CHEMPHYSCHEM, 25巻, 5号, 20240301
  9. Negative Homotropic Cooperativity in Guest Binding of a Trisporphyrin Double Cleft, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 29巻, 32号, 20230607
  10. Cover Feature: Kinetic Resolution of Secondary Alcohols Catalyzed at the Exterior of Chiral Coordinated Capsules (Chem. Eur. J. 11/2024), CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 30巻, 11号, 20240221
  11. Synthesis of Supramolecular A8Bn Miktoarm Star Copolymers by Host-Guest Complexation, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 62巻, 14号, 20230327
  12. Synthesis and cooperative guest binding of tetrameric porphyrin macrocycle, CHEMISTRYSELECT, 9巻, 4号, 20240126
  13. Negative Homotropic Cooperativity in Guest Binding of a Trisporphyrin Double Cleft, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 29巻, 32号, 20230607
  14. Induction of Chirality on Nanographenes, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 18巻, 11号, 20230601
  15. Substituent-Induced Supramolecular Aggregates of Edge Functionalized Nanographenes, SMALL, 19巻, 31号, 202308
  16. Nanoarchitectonics of supramolecular porphyrins based on a bis(porphyrin) cleft molecule, JOURNAL OF PORPHYRINS AND PHTHALOCYANINES, 27巻, 07N10号, pp. 966-979, 202310
  17. Effects of Edge Functionalization of Nanographenes with Small Aromatic Systems, CHEMPHYSCHEM, 24巻, 12号, 20230615
  18. Computational Studies on the Structures of Nanographenes with Various Edge Functionalities, CHEMPHYSCHEM, 24巻, 5号, 20230301
  19. Cooperativity in molecular recognition of feet-to-feet-connected biscavitands, PURE AND APPLIED CHEMISTRY, 95巻, 4号, pp. 343-352, 20230425
  20. Lanthanide and Actinide Ion Complexes Containing Organic Ligands Investigated by Surface-Enhanced Infrared Absorption Spectroscopy, INORGANIC CHEMISTRY, 62巻, 1号, pp. 474-486, 20230109
  21. Supramolecular chiral sensing by supramolecular helical polymers, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 59巻, 17号, pp. 2421-2424, 20230223
  22. Improved synthesis of tetrakis(porphyrin) molecular cleft via palladium-mediated cross-coupling between a bis(porphyrin) boronic ester and bis(iodophenyl)butadiyne, JOURNAL OF PORPHYRINS AND PHTHALOCYANINES, 26巻, 10号, pp. 683-689, 202210
  23. Integration of Nanographenes and Organic Chemistry - Toward Nanographene-based Two-Dimensional Materials, CHEMPHYSCHEM, 23巻, 21号, 20221104
  24. Chirality Induction on a Coordination Capsule for Circularly Polarized Luminescence, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 61巻, 39号, 20220926
  25. Metal Nanoparticles on Lipophilic Nanographenes, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 61巻, 42号, 20221017
  26. Supramolecular Ensembles Formed via Calix[5]arene-Fullerene Host-Guest Interactions, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 17巻, 16号, 20220815
  27. Nanographene - A Scaffold of Two-Dimensional Materials, CHEMICAL RECORD, 22巻, 3号, 202203
  28. Nanographene - A Scaffold of Two-Dimensional Materials, CHEMICAL RECORD, 22巻, 3号, 202203
  29. Self-assembly of neutral platinum complexes controlled by thermal inputs, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 58巻, 60号, pp. 8356-8359, 20220726
  30. Electrochromism of Nanographenes in the Near-Infrared Region, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 61巻, 17号, 20220419
  31. Chirality Induction in a Hydrophilic Metallohelicate, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 17巻, 12号, 20220615
  32. Host-Guest Complexation of Bisporphyrin Cleft and Electron-Deficient Aromatic Guests, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 87巻, 6号, pp. 4001-4009, 20220318
  33. Chiral Supramolecular Polymer Formed via Host-Guest Complexation of an Octaphosphonate Biscavitand and a Chiral Diammonium Guest, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 95巻, 4号, pp. 621-627, 202204
  34. Negative Cooperativity in Guest Binding of a Ditopic Self-Folding Biscavitand, ORGANIC LETTERS, 23巻, 16号, pp. 6217-6221, 20210820
  35. Resorcinarene-Based Supramolecular Capsules: Supramolecular Functions and Applications, SYNLETT, 33巻, 06号, pp. 518-530, 20220401
  36. Self-complementary Structure of Bisporphyrin Dimer, CHEMISTRY LETTERS, 50巻, 11号, pp. 1844-1847, 202111
  37. Synthesis and Conformational Characteristics of Calix[4]arene Oligomers, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 94巻, 11号, pp. 2792-2799, 202111
  38. Self-Assembly and Gelation Behavior of Tris(phenylisoxazolyl)benzenes, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 76巻, 12号, pp. 5082-5091, 20110617
  39. Electrochemically Switchable Supramolecular Complex between Bisporphyrin Cleft and Electron-Deficient Aromatic Guest, HETEROATOM CHEMISTRY, 22巻, 3-4号, pp. 590-593, 2011
  40. ★, Supramolecular Polymerization Triggered by Molecular Recognition between Bisporphyrin and Trinitrofluorenone, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 51巻, 6号, pp. 1473-1476, 2012
  41. Circular dichroism and circularly polarized luminescence triggered by self-assembly of tris(phenylisoxazolyl) benzenes possessing a perylenebisimide moiety, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 48巻, 48号, pp. 6025-6027, 2012
  42. Modified Synthesis and Supramolecular Polymerization of Rim-to-Rim Connected Bisresorcinarenes, ORGANIC LETTERS, 14巻, 17号, pp. 4510-4513, 20120907
  43. Calix[4]arene-based ditopic receptor for dicarboxylates, Tetrahedron Letters, 45巻, pp. 2281-2284, 20040401
  44. Self-complementary Bis-porphyrins, Tetrahedron Letters, 46巻, pp. 257-260, 20050401
  45. Calix[5]arene-based receptor for dumb-bell-shaped C120, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 78巻, pp. 768-770, 20050401
  46. Self-Inclusion Properties of C60-linked Calix[5]arene, Tetrahedron Letters, 46巻, pp. 1411-1414, 20050401
  47. High Magnetic Field Effect on Biradical Lifetimes-Evaluation of Magnetic Field Dependence and Chain Length Dependence Using Calculated g and Hyperfine Tensors, Bulletin of the Chemical Societry of Japan, 78巻, pp. 804-813, 20050401
  48. A New Self-Assembling Capsule via Metal Coordination (HotPapers with Cover), Chemical Communications, 18号, pp. 2321-2323, 20050401
  49. コンピュータ支援による反応解析, 有機合成化学協会誌, 54巻, 5号, pp. 419-426, 19960501
  50. Crystalline Supramolecular Complexes of C60 with Calix[5]arenes, Tetrahedron Letters, 38巻, pp. 3739-3742, 19970401
  51. ★, Fullerenes Enclosed in Bridged Calix[5]arenes, Angewandte Chemie International Edition, 37巻, pp. 997-998, 19980401
  52. Synthesis and Binding Behavior of an Artificial Receptor Based on ’Upper Rim’ Functionalized Calix[5]arene, Tetrahedron, 54巻, pp. 12185-12196, 19980401
  53. A Self-Assembling Molecular Container for Fullerenes, Tetrahedron Letters, 40巻, pp. 2781-2784, 19990401
  54. Is the Magnetic Shielding Effect of a Lactone Group the Simple Sum of Those of a Ketone and Ether?, Tetrahedron Letters, 40巻, pp. 3591-3594, 19990401
  55. Molecular Tweezer Based on Dioxa[2.2]orthocyclophane, Tetrahedron Letters, 40巻, pp. 5545-5548, 19990401
  56. Synthesis of a Calix[5]arene Receptor Having Two Benzoic Acid Moieties, Tetrahedron Letters, 40巻, pp. 6301-6304, 19990401
  57. Non-directional forces drive guest affinity and discrimination in a calix[5]arene-based receptor, Tetrahedron Letters, 41巻, pp. 4139-4142, 20000401
  58. Fullerene receptor based on calix[5]arene through metal-assisted self-assembly, Tetrahedron Letters, 42巻, pp. 3203-3206, 20010401
  59. Structure of supramolecular complex of flexible molecular tweezers and planer guest in solution, Tetrahedron, 57巻, pp. 8667-8674, 20010401
  60. Pinnatoxins B and C, the most toxic components in the pinnatoxin series from the Okinawan bivalve Pinna muricata, Tetrahedron Letters, 42巻, pp. 3491-3494, 20010401
  61. A Polymer-Bound Cavitand, Organic Letters, 2巻, pp. 3465-3468, 20000401
  62. Induced-Fit Molecular Recognition with Water-Soluble Cavitands, Chemistry A European Journal, 6巻, pp. 3797-3805, 20000401
  63. Layered Donor-Acceptor-Acceptor Arrangement in Complex of Molecular Tweezer Based on Dioxa[2.2]orthocyclophane, Tetrahedron Letters, 41巻, pp. 477-480, 20000401
  64. Kinetically Stable Caviplexes in Water, Journal of the American Chemical Society, 121巻, pp. 11253-11254, 19990401
  65. Molecular Tweezers Based on Dioxa[2.2]orthocyclophane Skeleton, Tetrahedron Letters, 40巻, pp. 5545-5548, 19990401
  66. Is the Magnetic Shielding Effect of a Lactone Group the Simple Sum of Those of a Ketone and an Ether?, Tetrahedron Letters, 40巻, pp. 3591-3594, 19990401
  67. Allosteric Receptor Based on Monodeoxycalix[4]arene Crown Ether, Tetrahedron Letters, 39巻, pp. 8133-8136, 19980401
  68. Synthesis and Binding Behaviour of an Artificial Receptor Based on, Tetrahedron, 54巻, pp. 12185-12196, 19980401
  69. An Artificial Receptor Based on Monodeoxy Calix[4]arene, Synlett, pp. 1016-1018, 19980401
  70. ★, Fullerenes Enclosed in Bridged Calix[5]arenes., Angewandte Chemie International Edition in English, 37巻, pp. 997-998, 19980401
  71. A New Receptor Based on Calix[5]arene Analogue., Synlett, pp. 673-674, 19970401
  72. Crystalline Supramolecular Complexes of C60 with Calix[5]arenes., Tetrahedron Letters, 38巻, pp. 3739-3742, 19970401
  73. ★, New Supramolecular Complex of C60 Based on Calix[5]arene-Its Structure in the Crystal and in Solution., Angewandte Chemie International Edition in English, 36巻, pp. 259-260, 19970401
  74. Isolation and Structure of Pinnatoxin D, a New Shellfish Poison from the Okinawan Bivalve Pinna muricata, Tetrahedron Letters, 37巻, pp. 4027-4030, 19960401
  75. Shielding Effect of Ether C-O Bond Obtained from Proton Chemical Shifts of 4-oxa-5α- and 4-oxa-5β-androstan-17-ones, Tetrahedron, 52巻, pp. 2325-2336, 19960401
  76. Pinnatoxin A Toxic Amphoteric Macrocycle from the Okinawan Bivalve Pinna muricata, Journal of the American Chemical Society, 117巻, pp. 1155-1156, 19950401
  77. Enolate Reactions on Macrocyclic Ring Systems. Total Synthesis of (±)-Sarcophytol A, Journal of Organic Chemistry, 57巻, pp. 3521-3522, 19920401
  78. Dynamic structure of inclusion complexes of monodeoxycalix[4]arene with small organic guests in solution, Tetrahedron Letters, 43巻, pp. 85-87, 20020401
  79. Synthesis and Structure of 1, 10-o-Benzo[2.2]orthocyclophane-o-quinones. Evaluation of Attractive Energy between Donor and Acceptor, Chemistry Letters, pp. 957-960, 19910401
  80. Synthesis of Medium Ring 1,5-Dienes, Chemistry Letters, pp. 527-530, 19920401
  81. Dianion Methodology for the Construction of Large-membered Ring System, Tetrahedron Letters, 33巻, pp. 7561-7564, 19920401
  82. Stereochemical Prediction in Macrocyclic Enone Switching Based on Molecular Mechenics Calculation, Synlett, pp. 3521-3522, 19930401
  83. Synthesis of a New Receptor Based on "Upper Rim" Functionalized Calix[5]arene, Tetrahedron Letters, 36巻, pp. 5793-5796, 19950401
  84. Metal-Induced Regulation of Fullerene Complexation with Double-Calix[5]arene, Chemical Communications, pp. 402-403, 20020401
  85. Fullerene Sensors based on Calix[5]arene, Chemical Communications, pp. 2148-2149, 20020401
  86. Thermodynamic Study on Supramolecular complex Formation of Fullerene with Calix[5]arenes in Organic Solvents, Tetrahedron Letters, 41巻, pp. 493-497, 20000401
  87. High magnetic field and magnetic isotope effects on lifetimes of triplet biradicals consisting of two equivalent benzophenone ketyls linked by methylene chains, Journal of Physical Chemistry, A101巻, 37号, pp. 6842-6849, 19970901
  88. Effect of high magnetic fields on intramolecular exciplex fluorescence of pyrene and dimethylaniline systems, Chemical Physics Letters, 315巻, 5-6号, pp. 383-389, 19991201
  89. Effect of High Magnetic Fields on the Reverse Electron Transfer Process in an a-Cyclodextrin Inclusion Complex of Phenothiazine-Viologen Chain-Linked Compound, Chemical Physics Letters, 259巻, pp. 361-367, 19960401
  90. Magnetic Field Effects on Intramolecular Exciplex Fluorescence of Chain-Linked Phenanthrene and N,N-Dimethylaniline; Influence of Chain Length, Solvent, and Temperature, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 69巻, pp. 2801-2813, 19960401
  91. Fullerene encapsulation with calix[5]arenes., Tetrahedron, 62巻, 9号, pp. 2025-2035, 20060501
  92. ★, Guest Binding and New Self-Assembly of Bisporphyrins., Journal of Organic Chemistry, 71巻, 7号, pp. 2572-2580, 20060401
  93. ★, Guest encapsulation and self-assembly of a cavitand-based coordination capsule., Chemistry--A European Journal, 12巻, 12号, pp. 3310-3319, 20060401
  94. Structure elucidation of briarane diterpenoids using molecular mechanics calculations., Bulletin of the Chemical Society of Japan, 79巻, 6号, pp. 914-920, 20060401
  95. A New Calix[5]arene-Based Container: Selective Extraction of Higher Fullerenes., Organic Letters, 8巻, 16号, pp. 3545-3548, 20060401
  96. Dynamic combinatorial library for fullerene receptors based on metal-assisted self-assembly., Tetrahedron Letters, 47巻, 45号, pp. 7915-7918, 20060401
  97. Cavitand-based Self-Assembling Molecular Capsule, Journal of Northwest Normal University Natural Science, 42巻, pp. 73-74, 20060401
  98. 自己集合カプセルのナノ空間における特異なゲスト認識, 日本化学会生体機能関連化学部会NEWS LETTER, 22巻, pp. 10-13, 20070401
  99. Preparation of high-order fullerene-polydentate calixarene clathrates having high bond energy., Application:JP(Mitsubishi Chemical Corp.Japan), pp. 12 pp., 20050401
  100. Complexation of higher fullerenes by calix[5]arene-based host molecules, Journal of Nanoscience and Nanotechnology, 7巻, pp. 1386-1388, 20070401
  101. Synthesis and Enantioselective Recognition of a Calix[5]arene-based Chiral Receptor, Supramolecular Chemistry, 20巻, pp. 51-57, 20080401
  102. Enantioselective recognition of calix[5]arene-based artificial receptor bearing chiral macrocycle for chiral ethyltrimethylammonium salts, Chemistry Letters, 36巻, pp. 1054-1055, 20070401
  103. Self-assembly of 1,3,5-Tris(phenylisoxazolyl)benzene and its Asymmetric Induction of Supramolecular Chirality, 高分子, 57巻, pp. 738, 20080401
  104. Self-assembly of tris(phenylisoxazolyl)benzene and its asymmetric induction of supramolecular chirality, Chemical Communications, pp. 468-470, 20080401
  105. Structure and guest dynamics for calix[4]arene derivative inclusion compounds, Journal of Molecular Structure, 833巻, pp. 108-113, 20070401
  106. Structure-Activity Relationship of Okadaic Acid,a Potent Protein Phosphatases PP1 and PP2A Inhibitor: 24-epi-Okadaic Acid and a 18-Membered Lactone Analog, Heterocycles, 76巻, pp. 1033-1042, 20080401
  107. Combinatorial synthesis of isoxazole library and their liquid crystalline properties, Tetrahedron, 63巻, pp. 652-665, 20060401
  108. 重合構造をデザインする超分子ポリマー―夢ふくらむ次世代高分子材料, 化学, 65巻, pp. 68-69, 20100101
  109. スライドするグラフト共重合体―超分子ポリマーの新展開, 「化学」化学同人, 67巻, pp. 66-67, 20120601
  110. Layered donor-acceptor-acceptor arrangement in complex of molecular tweezer based on dioxa[2.2]orthocyclophane, TETRAHEDRON LETTERS, 41巻, 4号, pp. 477-480, 20000122
  111. Non-directional forces drive guest affinity and discrimination in a calix[5]arene-based receptor, TETRAHEDRON LETTERS, 41巻, 21号, pp. 4139-4142, 20001229
  112. Fullerene receptor based on calix[5]arene through metal-assisted self-assembly, TETRAHEDRON LETTERS, 42巻, 18号, pp. 3203-3206, 20010430
  113. Structure of supramolecular complex of flexible molecular tweezers and planar guest in solution, TETRAHEDRON, 57巻, 41号, pp. 8667-8674, 20011008
  114. Dynamic structure of inclusion complexes of monodeoxycalix[4]arene with small organic guests in solution, TETRAHEDRON LETTERS, 43巻, 1号, pp. 85-87, 20020101
  115. Fullerene sensors based on calix[5]arene, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 18号, pp. 2148-2149, 2002
  116. Magnetic shielding effect of amine and ammonium groups obtained from proton chemical shifts of androstane derivatives, TETRAHEDRON LETTERS, 44巻, 32号, pp. 5975-5978, 20030804
  117. On-beads screening of solid-attached diketopiperazines for calix[5]arene-based receptor, TETRAHEDRON LETTERS, 44巻, 20号, pp. 3889-3892, 20031212
  118. Solid-phase synthesis of liquid crystalline isoxazole library, TETRAHEDRON LETTERS, 45巻, 11号, pp. 2277-2279, 20040308
  119. Calix[4]arene-based ditopic receptor for dicarboxylates, TETRAHEDRON LETTERS, 45巻, 11号, pp. 2281-2284, 20040308
  120. Self-complementary bisporphyrins, TETRAHEDRON LETTERS, 46巻, 2号, pp. 257-260, 20050110
  121. Self-inclusion properties of C60-linked calix[5]arene, TETRAHEDRON LETTERS, 46巻, 9号, pp. 1411-1414, 20050228
  122. A new self-assembling capsule via metal coordination, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 18号, pp. 2321-2323, 2005
  123. Calix[5]arene-based receptor for dumb-bell-shaped C120, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 78巻, 5号, pp. 768-770, 20051215
  124. High magnetic field effects on biradical lifetimes: Evaluation of magnetic field dependence and chain length dependence using calculated g and hyperfine tensors, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 78巻, 5号, pp. 804-813, 20051215
  125. ★, Supramolecular nano networks formed by molecular-recognition-directed self-assembly of ditopic calix[5]arene and dumbbell [60]fullerene, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 127巻, 25号, pp. 8936-8937, 20050629
  126. Fullerene encapsulation with calix[5]arenes, TETRAHEDRON, 62巻, 9号, pp. 2025-2035, 20060227
  127. Guest binding and new self-assembly of bisporphyrins, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 71巻, 7号, pp. 2572-2580, 20060331
  128. ★, Guest encapsulation and self-assembly of a cavitand-based coordination capsule, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 12巻, 12号, pp. 3310-3319, 20060412
  129. A new calix[5]arene-based container: selective extraction of higher fullerenes, ORGANIC LETTERS, 8巻, 16号, pp. 3545-3548, 20060803
  130. Dynamic combinatorial library for fullerene receptors based on metal-assisted self-assembly, TETRAHEDRON LETTERS, 47巻, 45号, pp. 7915-7918, 20061106
  131. Sugar binding to an calix[4]arene-based receptor, HETEROCYCLES, 68巻, 12号, pp. 2477-2482, 20061201
  132. Combinatorial synthesis of isoxazole library and their liquid crystalline properties, TETRAHEDRON, 63巻, 3号, pp. 652-665, 20070115
  133. Complexation of higher fullerenes by calix[5]arene-based host molecules, JOURNAL OF NANOSCIENCE AND NANOTECHNOLOGY, 7巻, 4-5号, pp. 1386-1388, 2007
  134. Structure and guest dynamics for calix[4]arene derivative inclusion compounds, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 833巻, 1-3号, pp. 108-113, 20071215
  135. Enantioselective recognition of calix[5]arene-based artificial receptor bearing chiral macrocycle for chiral ethyltrimethylammonium salts, CHEMISTRY LETTERS, 36巻, 8号, pp. 1054-1055, 20070805
  136. Synthesis and enantioselective recognition of a calix[5]arene-based chiral receptor, SUPRAMOLECULAR CHEMISTRY, 20巻, 1-2号, pp. 51-57, 2008
  137. Synthesis of a molecular container having an open door that closes on guest binding, CHEMISTRY LETTERS, 37巻, 4号, pp. 394-395, 20080405
  138. Novel high-throughput screening system for identifying STAT3-SH2 antagonists, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 380巻, 3号, pp. 627-631, 20090313
  139. Asymmetric induction of supramolecular helicity in calix[4]arene-based triple-stranded helicate, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 18号, pp. 2481-2483, 2009
  140. A new organogelator based on 1,3,5-tris(phenylisoxazolyl)benzene, SYNTHETIC METALS, 159巻, 9-10号, pp. 821-826, 200912
  141. ★, Supramolecular polymer formed by reversible self-assembly of tetrakisporphyrin, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 106巻, 26号, pp. 10477-10481, 20090630
  142. Energetics of guest binding to calix[4]arene molecular containers, TETRAHEDRON, 65巻, 35号, pp. 7259-7267, 20090829
  143. Tether-assisted Synthesis of [3]Rotaxane by Olefin Metathesis, CHEMISTRY LETTERS, 39巻, 1号, pp. 24-25, 20100105
  144. Encapsulation of Ar-n complexes by calix[4]arene: endo- vs. exo-complexes, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 12巻, 18号, pp. 4569-4579, 2010
  145. Noncovalent Isotope Effect for Guest Encapsulation in Self-Assembled Molecular Capsules, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 15巻, 48号, pp. 13286-13290, 2009
  146. Laser spectroscopic study on (dibenzo-24-crown-8-ether)-water and -methanol complexes in supersonic jets, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 12巻, 14号, pp. 3559-3565, 2010
  147. Photoresponsive Organogel Based on Supramolecular Assembly of Tris(phenylisoxazolyl)benzene, AUSTRALIAN JOURNAL OF CHEMISTRY, 63巻, 4号, pp. 640-645, 2010
  148. ★, Supramolecular Cross-Linking of [60]Fullerene-Tagged Polyphenyl-acetylene by the Host-Guest Interaction of Calix[5]arene and [60]Fullerene, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 49巻, 43号, pp. 7899-7903, 2010
  149. Highly efficient synthesis of [3]rotaxane assisted by preorganisation of pseudorotaxane using bis(crown ether)s, SUPRAMOLECULAR CHEMISTRY, 22巻, 11-12号, pp. 815-826, 2010
  150. Structure of host-guest complexes between dibenzo-18-crown-6 and water, ammonia, methanol, and acetylene: Evidence of molecular recognition on the complexation, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 13巻, 15号, pp. 6827-6836, 2011
  151. UV and IR Spectroscopic Studies of Cold Alkali Metal Ion-Crown Ether Complexes in the Gas Phase, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 133巻, 31号, pp. 12256-12263, 20110810
  152. Size-Selective Encapsulation of C-60 by [10]Cycloparaphenylene: Formation of the Shortest Fullerene-Peapod, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 50巻, 36号, pp. 8342-8344, 2011
  153. Ion Selectivity of Crown Ethers Investigated by UV and IR Spectroscopy in a Cold Ion Trap, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 116巻, 16号, pp. 4057-4068, 20120426
  154. Highly shape-selective guest encapsulation in the precisely defined cavity of a calix[4] arene-capped metalloporphyrin, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 47巻, 47号, pp. 12670-12672, 2011
  155. Molecular Recognition of Hydrocarbon Guests by a Supramolecular Capsule Formed by the 4:4 Self-Assembly of Tris(Zn2+-Cyclen) and Trithiocyanurate in Aqueous Solution, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 7巻, 5号, pp. 944-956, 201212
  156. Structures of (3n-Crown-n)-Phenol (n=4, 5, 6, 8) Host-Guest Complexes: Formation of a Uniquely Stable Complex for n=6 via Collective Intermolecular Interaction, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY LETTERS, 3巻, 10号, pp. 1414-1420, 20121217
  157. Molecular-recognition-directed formation of supramolecular polymers, POLYMER JOURNAL, 45巻, 4号, pp. 363-383, 201304
  158. Photoresponsive two-component organogelators based on trisphenylisoxazolylbenzene, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 11巻, 25号, pp. 4164-4170, 2013
  159. Selective Synthesis of [2]- and [3]Catenane Tuned by Ring Size and Concentration, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 78巻, 11号, pp. 5205-5217, 20130607
  160. Size- and Orientation-Selective Encapsulation of C70 by Cycloparaphenylenes, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 19巻, 42号, pp. 14061-14068, 20131011
  161. Head-to-tail polymeric columnar structure of calix[4] arene possessing catechol arms in the solid state, CRYSTENGCOMM, 15巻, 42号, pp. 8404-8407, 2013
  162. Synthesis of Optically Active Poly(m-phenyleneethynylene- aryleneethynylene)s Bearing Hydroxy Groups and Examination of the Higher Order Structures, MACROMOLECULES, 46巻, 20号, pp. 8161-8170, 20131022
  163. Supramolecular Chemistry: From Host-guest Complexes to Supramolecular Polymers, JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 71巻, 11号, pp. 1172-1181, 201311
  164. Formation of host-guest complexes on gold surface investigated by surface-enhanced IR absorption spectroscopy, CHEMICAL PHYSICS LETTERS, 592巻, pp. 90-95, 20140130
  165. Self-assembly of Oligo(phenylisoxazolyl)benzenes Induced by Multiple Dipole-Dipole Interactions, CHEMISTRY LETTERS, 43巻, 4号, pp. 414-416, 20140405
  166. Development of Ultraviolet-Ultraviolet Hole-Burning Spectroscopy for Cold Gas-Phase Ions, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY LETTERS, 5巻, 7号, pp. 1236-1240, 20140403
  167. ★, White-Light-Emitting Edge-Functionalized Graphene Quantum Dots, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 53巻, 22号, pp. 5619-5623, 201412
  168. Conversion from Pillar[5]arene to Pillar[6-15]arenes by Ring Expansion and Encapsulation of C60 by Pillar[n]arenes with Nanosize Cavities, ORGANIC LETTERS, 16巻, 11号, pp. 2896-2899, 20140606
  169. Guest induced head-to-tail columnar assembly of 5,17-difunctionalized calix[4] arene, CRYSTENGCOMM, 16巻, 27号, pp. 6023-6032, 2014
  170. ★, High Diastereoselection of a Dissymmetric Capsule by Chiral Guest Complexation, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 53巻, 28号, pp. 7243-7247, 201407
  171. Supramolecular Fullerene Polymers and Networks Directed by Molecular Recognition between Calix[5]arene and C60, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 20巻, 49号, pp. 16138-16146, 20141201
  172. Anomalous Cage Effect of the Excited State Dynamics of Catechol in the 18-Crown-6-Catechol Host-Guest Complex, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 119巻, 6号, pp. 2557-2565, 20150212
  173. Facile construction of well-defined fullerene-dendrimer supramolecular nanocomposites for bioapplications, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 51巻, 14号, pp. 2851-2854, 2015
  174. Molecular recognition of upper rim functionalized cavitand and its unique dimeric capsule in the solid state, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 13巻, 6号, pp. 1647-1653, 2015
  175. ★, Novel helical assembly of a Pt(II) phenylbipyridine complex directed by metal-metal interaction and aggregation-induced circularly polarized emission, DALTON TRANSACTIONS, 44巻, 29号, pp. 13156-13162, 2015
  176. Liposome collapse resulting from an allosteric interaction between 2,6-dimethyl-beta-cyclodextrins and lipids, RSC ADVANCES, 5巻, 95号, pp. 77746-77754, 2015
  177. UV photodissociation spectroscopy of cryogenically cooled gas phase host-guest complex ions of crown ethers, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 17巻, 39号, pp. 25925-25934, 2015
  178. Synthesis of Optically Active Conjugated Polymers Containing Platinum in the Main Chain: Control of the Higher-Order Structures by Substituents and Solvents, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART A-POLYMER CHEMISTRY, 53巻, 21号, pp. 2452-2461, 20151101
  179. New insights into metal ion-crown ether complexes revealed by SEIRA spectroscopy, NEW JOURNAL OF CHEMISTRY, 39巻, 11号, pp. 8673-8680, 2015
  180. Structure elucidation of briarane diterpenoids using molecular mechanics calculations, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 79巻, 6号, pp. 914-920, 2006
  181. Supramolecular Polymerization Engineered with Molecular Recognition, CHEMICAL RECORD, 15巻, 5号, pp. 837-853, 201510
  182. Synthesis of linear [5]catenanes via olefin metathesis dimerization of pseudorotaxanes composed of a [2]catenane and a secondary ammonium salt, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 52巻, 2号, pp. 319-322, 2016
  183. Solvent-induced emission of organogels based on tris(phenylisoxazolyl)benzene, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 14巻, 1号, pp. 36-39, 2016
  184. Supramolecular Porphyrin Copolymer Assembled through Host-Guest Interactions and Metal-Ligand Coordination, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 54巻, 49号, pp. 14830-14834, 20151201
  185. Induced-Fit Molecular Recognition of Alkyl Chains in p-tert-Butylcalix[5]arene in the Solid State, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 89巻, 2号, pp. 220-225, 20160215
  186. Frozen Dissymmetric Cavities in Resorcinarene-Based Coordination Capsules, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 22巻, 10号, pp. 3250-3254, 20160301
  187. Photoresponsive Toroidal Nanostructure Formed by Self-Assembly of Azobenzene-Functionalized Tris(phenylisoxazolyl)benzene, ORGANIC LETTERS, 18巻, 5号, pp. 924-927, 20160304
  188. Cage effects on conformational preference and photophysics in the host-guest complex of benzenediols with 18-Crown-6, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 18巻, 11号, pp. 8027-8038, 20160321
  189. Hydrogen-bonded hexameric cluster of benzyl alcohol in the solid state polymeric organization of p-tert-Butylcalix[5]arene, SUPRAMOLECULAR CHEMISTRY, 28巻, 5-6号, pp. 444-449, 20160602
  190. Allostery in Guest Binding of Rim-to-Rim-Connected Homoditopic Biscavitands, EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 20号, pp. 3300-3303, 201607
  191. Synthesis of a Pentacene-Type Silaborin via Double Dehydrogenative Cyclization of 1,4-Diboryl-2,5-disilylbenzene, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 22巻, 28号, pp. 9734-9739, 20160704
  192. Chemical Functionalisation and Photoluminescence of Graphene Quantum Dots, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 22巻, 24号, pp. 8198-8206, 20160606
  193. Cooperative Self-Assembly of Carbazole Derivatives Driven by Multiple Dipole-Dipole Interactions, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 81巻, 15号, pp. 6832-6837, 20160805
  194. Synthesis and Properties of Novel Optically Active Platinum-containing Poly(phenyleneethynylene)s, CHEMISTRY LETTERS, 45巻, 8号, pp. 937-939, 20160805
  195. Supramolecular Graft Copolymerization of a Polyester by Guest-Selective Encapsulation of a Self-Assembled Capsule, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 56巻, 10号, pp. 2613-2618, 201703
  196. Light-harvesting organogel based on tris(phenylisoxazolyl)benzene, SUPRAMOLECULAR CHEMISTRY, 29巻, 6号, pp. 471-476, 2017
  197. Photoluminescence responses of graphene quantum dots toward organic bases and an acid, PHOTOCHEMICAL & PHOTOBIOLOGICAL SCIENCES, 16巻, 5号, pp. 623-626, 201712
  198. Synthesis of Optically Active Conjugated Polymers Containing Platinum in the Main Chain: Control of the Higher-Order Structures by Substituents and Solvents, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART A-POLYMER CHEMISTRY, 53巻, 21号, pp. 2452-2461, 2015
  199. ホスト-ゲスト相互作用を駆動力に形成する超分子ポリマー, 高分子, 66巻, 2017
  200. Sequence-controlled supramolecular terpolymerization directed by specific molecular recognitions, NATURE COMMUNICATIONS, 8巻, 20170921
  201. Supramolecular polymeric assemblies of pi-conjugated molecules possessing phenylisoxazoles, POLYMER, 128巻, pp. 243-256, 20171016
  202. Induced-Dipole-Directed, Cooperative Self-Assembly of a Benzotrithiophene, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 82巻, 19号, pp. 10062-10069, 20171006
  203. Hexameric assembly of 5,17-di-substituted calix[4] arene in the solid state, CRYSTENGCOMM, 19巻, 45号, pp. 6744-6751, 20171207
  204. Slow Intermolecular Complexation-Decomplexation Exchanges of Cyclodextrins in Fullerene and Its Derivative Complexes, CHEMISTRYSELECT, 2巻, 34号, pp. 11322-11327, 20171201
  205. Synthesis and Structure of Feet-to-Feet Connected Bisresorcinarenes, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 82巻, 24号, pp. 13220-13230, 20171215
  206. A circularly polarized luminescent organogel based on a Pt(II) complex possessing phenylisoxazoles, MATERIALS CHEMISTRY FRONTIERS, 2巻, 3号, pp. 468-474, 20180301
  207. A Supramolecular Polymer Network of Graphene Quantum Dots, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 57巻, 18号, pp. 4960-4964, 20180423
  208. Controllable Direction of Porphyrin Derivatives in Two Cyclodextrin Cavities, EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 18号, pp. 2138-2143, 20181215
  209. Supramolecular Copolymerization by Sequence Reorganization of a Supramolecular Homopolymer, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 57巻, 24号, pp. 7028-7033, 20180611
  210. Majority-Rules Effect and Allostery in Molecular Recognition of Calix[4]arene-Based Triple-Stranded Metallohelicates, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 24巻, 34号, pp. 8558-8568, 20180618
  211. Pseudorotaxanes in the gas phase: structure and energetics of protonated dibenzylamine-crown ether complexes, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 20巻, 27号, pp. 18678-18687, 20180721
  212. Facile Synthesis of an Eight-Armed Star-Shaped Polymer via Coordination-Driven Self-Assembly of a Four-Armed Cavitand, ACS MACRO LETTERS, 7巻, 11号, pp. 1308-1311, 201811
  213. Organogelators of 5,17-Difunctionalized Calix[4]arenes, CHEMISTRY LETTERS, 48巻, 1号, pp. 43-46, 201901
  214. Designer supramolecular polymers with specific molecular recognitions, POLYMER JOURNAL, 51巻, 3号, pp. 303-318, 201903
  215. Substituent-controlled racemization of dissymmetric coordination capsules, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 17巻, 19号, pp. 4729-4735, 20190521
  216. Tunable enforced cavities inside self-assembled capsules, ORGANIC CHEMISTRY FRONTIERS, 6巻, 10号, pp. 1561-1566, 20190521
  217. Separation of Spectroscopically Uniform Nanographenes, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 14巻, 10号, pp. 1786-1791, 20190515
  218. Near-Infrared-Emitting Nitrogen-Doped Nanographenes, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 58巻, 27号, pp. 9022-9026, 20190701
  219. Ring-Chain Competition in Supramolecular Polymerization Directed by Molecular Recognition of the Bisporphyrin Cleft, MACROMOLECULES, 52巻, 16号, pp. 6160-6168, 20190827
  220. Helical assembly of a dithienogermole exhibiting switchable circularly polarized luminescence, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 55巻, 71号, pp. 10607-10610, 20190914
  221. Intrinsic Emission from Nanographenes, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 14巻, 18号, pp. 3213-3220, 20190916
  222. Conformational Characteristics of Feet-to-Feet-Connected Biscavitands, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 84巻, 21号, pp. 13483-13489, 20191101
  223. A protocol for size separation of nanographenes, RSC ADVANCES, 9巻, 58号, pp. 33843-33846, 20191023
  224. Feet-to-Feet Connected Trisresorcinarenes, ORGANIC LETTERS, 22巻, 2号, pp. 352-356, 20200117
  225. AIE-active micelles formed by self-assembly of an amphiphilic platinum complex possessing isoxazole moieties, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 56巻, 7号, pp. 1137-1140, 20200121
  226. Chirality-Embedded Nanographenes, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 59巻, 2号, pp. 669-673, 20200107
  227. Entropy-Driven Cooperativity in the Guest Binding of an Octaphosphonate Bis-cavitand, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 26巻, 14号, pp. 3074-3079, 20200309
  228. Upper-rim functionalization and supramolecular polymerization of a feet-to-feet-connected biscavitand, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 56巻, 26号, pp. 3733-3736, 20200404
  229. Folding control of a non-natural glycopeptide using saccharide-coded structural information for polypeptides, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 56巻, 18号, pp. 2767-2770, 20200304
  230. A Regulable Internal Cavity inside a Resorcinarene-Based Hemicarcerand, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 26巻, 26号, pp. 5810-5817, 20200507
  231. Supramolecular Polymerization and Functions of Isoxazole Ring Monomers, CHEMISTRY LETTERS, 49巻, 5号, pp. 574-584, 202005
  232. Chirality-Embedded Nanographenes, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 59巻, 2号, pp. 669-673, 20200107
  233. Supramolecular Approach to Polymer-Shape Transformation via Calixarene-Fullerene Complexation, MACROMOLECULES, 53巻, 9号, pp. 3563-3570, 20200512
  234. Construction of Helically Stacked pi-Electron Systems in Poly(quinolylene-2,3-methylene) Stabilized by Intramolecular Hydrogen Bonds, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 59巻, 26号, pp. 10286-10291, 20200622
  235. Helicity of a polyacetylene directed by molecular recognition of biscalixarene and fullerene, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 56巻, 49号, pp. 6672-6675, 20200621
  236. One-dimensional arrangement of NORIA in the solid-state, CRYSTENGCOMM, 22巻, 28号, pp. 4740-4747, 20200728
  237. A dual redox-responsive supramolecular polymer driven by molecular recognition between bisporphyrin and trinitrofluorenone, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 56巻, 55号, pp. 7553-7556, 20200714
  238. Columnar Organization of Carbo[5]helicene Directed by Peripheral Steric Perturbation, ORGANIC LETTERS, 22巻, 14号, pp. 5294-5298, 20200717
  239. Chemically Functionalized Two-Dimensional Carbon Materials, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 15巻, 15号, pp. 2316-2328, 20200803
  240. Self-Healing Supramolecular Materials Constructed by Copolymerization via Molecular Recognition of Cavitand-Based Coordination Capsules, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 59巻, 38号, pp. 16690-16697, 20200914
  241. Absorption of chemicals in amorphous trisresorcinarene, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 56巻, 83号, pp. 12582-12585, 20201025
  242. Feet-to-Feet-Connected Multitopic Resorcinarene Macrocycles, ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 9巻, 11号, pp. 1718-1725, 202011
  243. Calix[4]arene-Based Triple-Stranded Metallohelicate in Water, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 16巻, 1号, pp. 49-55, 20210104
  244. Edge-Functionalized Nanographenes, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 27巻, 1号, pp. 187-199, 20210104
  245. Conformation of K+(Crown Ether) Complexes Revealed by Ion Mobility-Mass Spectrometry and Ultraviolet Spectroscopy, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 124巻, 48号, pp. 9980-9990, 20201203
  246. Stereoselectivity in dehydrative cyclic trimerization of substituted 4-alkylaminobenzoic acids, NEW JOURNAL OF CHEMISTRY, 45巻, 3号, pp. 1187-1193, 20210121
  247. A Light-Harvesting/Charge-Separation Model with Energy Gradient Made of Assemblies of meta-Pyridyl Zinc Porphyrins, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 27巻, 12号, pp. 4053-4063, 20210224
  248. Translational isomers of N-sulfonylated [3]catenane: synthesis and isomerization, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 57巻, 15号, pp. 1915-1918, 20210221
  249. Folding and Unfolding of Acetoxy Group-Terminated Alkyl Chains Inside a Size-Regulable Hemicarcerand, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 86巻, 6号, pp. 4440-4447, 20210319
  250. Helically Organized Fullerene Array in a Supramolecular Polymer Main Chain, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 143巻, 11号, pp. 4339-4345, 20210324
  251. Blueish-white-light-emitting Nanographenes Developed by Pd-catalyzed Suzuki-Miyaura Cross Coupling Reactions, CHEMISTRY LETTERS, 50巻, 4号, pp. 664-667, 202104
  252. 分子が決まった順番で自発的に並ぶ高分子, 現代化学, 564巻, 3号, pp. 48-53, 20180301
  253. 構造制御された超分子ポリマー, 超分子研究会アニュアルレビュー, 39巻, pp. 2-3, 20190331
  254. 分子スイッチの合成–外部刺激に応答して「かたち」を変える分子, 化学, 74巻, pp. 72-73, 20191101
  255. トップダウン法により得られる化学修飾ナノグラフェン (Chemically Functionalized Nanographenes Produced by Top-down Method), 月刊ファインケミカル, 49巻, 1号, pp. 19-25, 20200115
  256. トップダウン法により得られるナノグラフェンの有機化学, 化学と工業, 74巻, 6号, pp. 409-411, 20210601
  257. Self-Assembly of Nanographenes, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 60巻, 23号, pp. 12706-12711, 20210601
  258. Polymerization of a biscalix[5]arene derivative, RSC ADVANCES, 11巻, 29号, pp. 17587-17594, 20210527
  259. Self-Assembling Behavior and Chiroptical Properties of Carbazole-Cored Phenyl Isoxazolyl Benzenes, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 86巻, 8号, pp. 5499-5505, 20210416
  260. Nanographenes from Distinct Carbon Sources, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 94巻, 4号, pp. 1394-1399, 202104
  261. Self-assembly of neutral platinum complexes possessing chiral hydrophilic TEG chains, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 19巻, 24号, pp. 5303-5311, 20210628
  262. Programmed Dynamic Covalent Chemistry System of Addition-condensation Reaction of Phenols and Aldehydes, CHEMISTRY LETTERS, 50巻, 4号, pp. 825-831, 202104
  263. Solvent-directed formation of helically twisted stacking constructs via self-assembly of tris(phenylisoxazolyl)benzene dimers, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 19巻, 33号, pp. 7165-7171, 20210907
  264. Gas-Phase UV Spectroscopy of Chemical Intermediates Produced in Solution: Oxidation Reactions of Phenylhydrazines by DDQ, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 125巻, 31号, pp. 6697-6702, 20210812
  265. Self-sorting behavior in supramolecular fullerene polymerization directed by host-guest complexation between calix[5]arene and C-60, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 57巻, 89号, pp. 11831-11834, 20211109
  266. Chemical Modification of Nanographenes and Their Functions, JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 79巻, 8号, pp. 743-754, 202108
  267. Synthesis and optical properties of disiloxane-linked decathiophene and dodecathiophene polymers, POLYMER JOURNAL, 54巻, 1号, pp. 91-96, 202201

著書等出版物

  1. 2020年04月14日, CIrcularly Polarized Luminescence of Isolated Small Organic Molecules, Circularly Polarized Luminescence of Chirally Arranged Achiral Organic Luminophores by Covalent and Supramolecular Methods, Springer Nature Singapore Pte Ltd., 2020年, 2020, 単行本(学術書), 共著, english, Toshiaki Ikeda, Takeharu Haino, 978-981-15-2308-3
  2. CSJカレントレビュー33:超分子ポリマー(超分子・自己組織化の基礎から先端材料への応用まで), 超分子ポリマーとは, 化学同人, 2019年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 灰野岳晴
  3. CSJカレントレビュー33:超分子ポリマー(超分子・自己組織化の基礎から先端材料への応用まで), 特異な分子認識により形成される超分子ポリマー, 化学同人, 2019年, 8, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 池田俊明、灰野岳晴, 9784759813937
  4. 2012年04月, wiley-vch, 2012年, 4, 単行本(学術書), 共著, english, 9.783527327898E12, 30
  5. 2009年04月, wiley-vch, 2009年, 4, 単行本(学術書), 単著, english, 9.783527322824E12, 31
  6. 2009年04月, Thime, 2009年, 4, 単行本(学術書), 共著, english, 1588905349, 74
  7. 2015年04月, CRC Press, 2015年, 4, 単行本(学術書), 単著, english, 1466595027, 22
  8. 2009年04月, 次世代共役ポリマーの超階層制御と革新機能, 超分子化学を基盤とするフラーレンポリマーの合成と機能制御, シーエムシー出版, 2009年, 4, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 9
  9. 2016年20月16日, コラム10「サッカーボールと超分子化学」, フラーレンの化学, 共立出版, 2016年, 2016, 単行本(学術書), 共著, 灰野岳晴, 978-4-320-04422-7, 2

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Latent Porosity of a Tris(methoxyphenylisoxazolyl)benzene, Takehiro Hirao Yudai Ono Naomi Kawata Takeharu Haino, 第73回高分子学会年次大会, 2024年06月07日, 通常, 英語, 公益社団法人 高分子学会, 仙台
  2. トリスレゾルシンアレーンの立体配座における溶媒効果, 井上翔一朗 下山大輔 関谷亮 灰野岳晴, 第21回ホストゲスト超分子化学シンポジウム, 2024年06月02日, 通常, 日本語, ホスト–ゲスト・超分子化学研究会, 京都
  3. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンを分岐中心とした星形ポリ(δ-バレロラクトン)の合成と自己集合挙動, 妹尾侑樹 小野雄大 平尾岳大 灰野岳晴, 第21回ホストゲスト超分子化学シンポジウム, 2024年06月02日, 通常, 日本語, ホスト–ゲスト・超分子化学研究会, 京都
  4. ウレイドピリミジノン骨格を導入したトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン二量体の自己集合と負の非線形キラル応答, 小野雄大 鈴木望 平尾岳大 灰野岳晴, 第21回ホストゲスト超分子化学シンポジウム, 2024年06月01日, 通常, 日本語, ホスト–ゲスト・超分子化学研究会, 京都
  5. ウレア部位を導入したナノグラフェンの自己集合, 森口遥日 関谷亮 灰野岳晴, 第21回ホストゲスト超分子化学シンポジウム, 2024年06月01日, 通常, 日本語, ホスト–ゲスト・超分子化学研究会, 京都
  6. トリスフェニルイソオキサゾリルベンゼン誘導体のゲスト分子包接挙動, 平尾岳大 小野雄大 河田尚美 灰野岳晴, 第21回ホストゲスト超分子化学シンポジウム, 2024年06月02日, 通常, 日本語, ホスト–ゲスト・超分子化学研究会, 京都
  7. 大環状テトラキスポルフィリンの協同的分子認識, 田辺航太 久野尚之 灰野岳晴, 日本化学会第104春季年会, 2024年03月21日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本化学会, 千葉
  8. 積層型亜鉛ポルフィリンの分子認識により生じる多成分超分子錯体, 児玉知輝 久野尚之 灰野岳晴, 日本化学会第104春季年会, 2023年03月21日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本化学会, 千葉
  9. Vortex flow induced chiroptical response of self-assembled supramolecular objects of isoxazole-equipped platinum(II) complex, Masaya Yoshida Takehiro Hirao Takeharu Haino, 日本化学会第104春季年会, 2024年03月21日, 通常, 英語, 公益社団法人日本化学会, 千葉
  10. 環境刺激による有機カチオンへの固相イオン交換と物性評価カリックスアレーンを中心骨格としたペンタセン四量体の合成と分光特性, 石川和志 酒井隼人 原田健太郎 灰野岳晴 羽曾部卓, 日本化学会第104春季年会, 2024年03月20日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本化学会, 千葉
  11. 発光色の異なる複数の有機置換基を導入した新規ナノグラフェン材料の光物性, 有村咲紀 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第104春季年会, 2024年03月20日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本化学会, 千葉
  12. 環境刺激による有機カチオンへの固相イオン交換と物性評価, 伊藤みづき 眞邉潤 市橋克哉 今野大輔 加藤智佐都 藤林将 Goulven Cosquer 井上克也 平尾岳大 灰野岳晴 芥川智行 高橋仁徳 中村貴義 西原禎文, 日本化学会第104春季年会, 2024年03月20日, 通常, 英語, 公益社団法人日本化学会, 千葉
  13. 水素結合部位を導入したナノグラフェンの自己集合, 森口遥日 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第104春季年会, 2024年03月19日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本化学会, 千葉
  14. トリスポルフィリンとゲスト分子の多成分自己集合により制御される分子配列, 久野尚之 児玉知輝 灰野岳晴, 日本化学会第104春季年会, 2024年03月19日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本化学会, 千葉
  15. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの分子結晶中に現れる多孔性と選択的分子吸着, 小野雄大 平尾岳大 灰野岳晴, 日本化学会第104春季年会, 2024年03月18日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本化学会, 千葉
  16. キラルなビスポルフィリンのhead-to-tail型らせん超分子重合, 古屋壮一朗 久野尚之 灰野岳晴, 日本化学会第104春季年会, 2024年03月18日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本化学会, 千葉
  17. キラルなレゾルシンアレーンカプセルを用いた第二級アルコールの速度論的光学分割, 原田健太郎 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第104春季年会, 2024年03月18日, 通常, 英語, 公益社団法人日本化学会, 千葉
  18. トリスレゾルシンアレーンの立体配座における溶媒効果, 井上翔一朗 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第104春季年会, 2024年03月18日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本化学会, 千葉
  19. Synthesis and Guest Binding Behavior of Macrocyclic Tetrakisporphyrin with Two Cavities, Kouta Tanabe Naoyuki Hisano Takeharu Haino, The 9th Asian Conference on Coordination Chemistry (ACCC9), 2024年02月20日, 通常, 英語, Thawatchai Tuntulani, Thailand
  20. Dual Redox-Responsive Supramolecular Polymer Directed by Porphyrin and Trinitrofluorenone, Naoyuki Hisano Takeharu Haino, The 9th Asian Conference on Coordination Chemistry (ACCC9), 2024年02月20日, 通常, 英語, Thawatchai Tuntulani, Thailand
  21. Circularly Polarized Luminescence of a Biaryl Guest Encapsulated within a Chiral Resorcinarene-based Capsule, Kentaro Harada Ryo Sekiya Takeharu Haino, The 9th Asian Conference on Coordination Chemistry (ACCC9), 2024年02月20日, 通常, 英語, Thawatchai Tuntulani, Thailand
  22. Metal Nanoparticles on Lipophilic Nanographenes, Ryo Sekiya Shusaku Takahashi Takeharu Haino, The 9th Asian Conference on Coordination Chemistry (ACCC9), 2024年02月19日, 通常, 英語, Thawatchai Tuntulani, Thailand
  23. 発光色の異なる複数の有機置換基を導入した新規ナノグラフェン材料の開発, 有村咲紀 関谷亮 灰野岳晴, 第16有機π電子系シンポジウム, 2023年12月15日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, たつの
  24. Synthesis and Guest Binding Behavior of Macrocyclic Tetrakisporphyrin with Two Cavities, Kouta Tanabe Naoyuki Hisano Takeharu Haino, The 20th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2023年12月08日, 通常, 英語, The 20th Nano Bio info Chemistry (NaBIC) Symposium Organizing Committee, Hiroshima
  25. Selective Solvent Adsorption in Molecular Crystal of Tris(phenylisoxazolyl)benzene, Yudai Ono Takehiro Hirao Takeharu Haino, The 20th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2023年12月08日, 通常, 英語, The 20th Nano Bio info Chemistry (NaBIC) Symposium Organizing Committee, Hiroshima
  26. Synthesis of supramolecular complexes directed by the cooperative molecular recognition of multi-layered zinc porphyrin, Tomoki Kodama Naoyuki Hisano Takeharu Haino, The 20th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2023年12月08日, 通常, 英語, The 20th Nano Bio info Chemistry (NaBIC) Symposium Organizing Committee, Hiroshima
  27. Sequence-controlled supramolecular complex directed by the cooperative molecular recognition of tris(zinc porphyrin), Naoyuki Hisano Tomoki Kodama Takeharu Haino, The 20th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2023年12月08日, 通常, 英語, The 20th Nano Bio info Chemistry (NaBIC) Symposium Organizing Committee, Hiroshima
  28. Circularly Polarized Luminescence of an Achiral Biaryl Guest within a Chiral Resorcinarene-based Capsule, Kentaro Harada Ryo Sekiya Takeharu Haino, The 20th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2023年12月08日, 通常, 英語
  29. デザインされた分子認識により形成された超分子ポリマーの構造と機能の化学, 灰野岳晴, 講演会 京都工芸繊維大学, 2023年11月27日, 招待, 日本語
  30. ホスト–ゲスト相互作用により形成される超分子ポリマーの化学, 灰野岳晴, 23-4ポリマーフロンティア21, 2023年11月10日, 招待, 日本語
  31. デザインされた分子認識により形成する超分子ポリマーの化学, 灰野岳晴, 講演会 明治薬科大学, 2023年11月06日, 招待, 日本語
  32. オクタホスホナートビスキャビタンドとキラルゲストの錯形成によって形成される超分子ポリマー, 浜田幸希 下山大輔 平尾岳大 灰野岳晴, 第38回中国四国地区高分子若手研究会, 2023年11月01日, 通常, 日本語
  33. The Synthesis and Properties of Biphenyl Derivative Polymers with Axial Chirality by ADMET Polymerization, Ryuji Fukazawa Takehiro Hirao Shin-ichi Kihara Takeharu Haino, 第38回中国四国地区高分子若手研究会, 2023年11月01日, 通常, 日本語, 高分子学会中国四国支部, 山口
  34. Chemistry of Functional Supramolecular Polymers, Takeharu Haino, Asian Core Program Lectureship Award, 2023年10月19日, 招待, 日本語, Woo-Dong Jang, Yonsei University, Seoul, Korea
  35. Chemistry of Functional Supramolecular Polymers, Takeharu Haino, Asian Core Program Lectureship Award, 2023年10月18日, 招待, 英語, Myungeun Seo, KAIST, Daejeon, Korea
  36. Chemistry of Functional Supramolecular Polymers, Takeharu Haino, Asian Core Program Lectureship Award, 2023年10月17日, 招待, 英語, Min Kim, Chungbuk National University, Cheongju, Korea
  37. 炭素の二次元ナノシートのキラル誘導, 関谷亮 灰野岳晴, 第72回高分子討論会, 2023年09月27日, 通常, 日本語, 公益社団法人 高分子学会, 香川
  38. ビスレゾルシーンアレーン分子を基盤とした超分子ポリマーの合成, 浜田幸希 下山大輔 平尾岳大 灰野岳晴, 第72回高分子討論会, 2023年09月27日, 通常, 日本語, 公益社団法人 高分子学会, 香川
  39. トリスフェニルイソオキサゾリルベンゼン誘導体をエッジ修飾したナノグラフェンの自己集合挙動, 森口遥日 関谷亮 灰野岳晴, 第72回高分子討論会, 2023年09月27日, 通常, 日本語, 公益社団法人 高分子学会, 香川
  40. トリフェニルアミン誘導体を導入したナノグラフェンの光物性, 有村咲紀 松本育也 関谷亮 灰野岳晴, 第72回高分子討論会, 2023年09月27日, 通常, 日本語, 公益社団法人 高分子学会, 香川
  41. 超分子ポルフィリンポリマーの合成とキラル応答性, 平尾岳大 岸野晴 灰野岳晴, 第72回高分子討論会, 2023年09月27日, 通常, 日本語, 公益社団法人 高分子学会, 香川
  42. 積層型トリスポルフィリンホスト分子の協同的分子認識と三元ホスト-ゲスト錯体の構築, 久野尚之 児玉知輝 灰野岳晴, 第72回高分子討論会, 2023年09月27日, 通常, 日本語, 公益社団法人 高分子学会, 香川
  43. ビスポルフィリンやキャビタンドの自己集合により形成される超分子らせんポリマーの化学, 灰野岳晴, 第72回高分子討論会, 2023年09月26日, 招待, 日本語
  44. 二つの包接空孔を有する大環状テトラキスポルフィリンの合成とゲスト分子包接挙動, 田辺航太 久野尚之 灰野岳晴, 第72回高分子討論会, 2023年09月26日, 通常, 日本語, 公益社団法人 高分子学会, 香川
  45. 疎水性相互作用と金属間相互作用により集合した両親媒性白金錯体ミセルのキラル光学特性, 吉田真也 平尾岳大 灰野岳晴, 第72回高分子討論会, 2023年09月26日, 通常, 日本語, 公益社団法人 高分子学会, 香川
  46. 主鎖にキラルビナフチル骨格を有するhead-to-tail型超分子ポルフィリンポリマーの重合機構の考察, 古屋壮一朗 久野尚之 灰野岳晴, 第72回高分子討論会, 2023年09月26日, 通常, 日本語, 公益社団法人 高分子学会, 香川
  47. 積層型ポルフィリンの協同的分子認識により制御される超分子錯体の合成, 児玉知輝 久野尚之 灰野岳晴, 第72回高分子討論会, 2023年09月26日, 通常, 日本語, 公益社団法人 高分子学会, 香川
  48. 4本のpNIPAAmを導入したキャビタンド分子のLCST, 亀田涼太 平尾岳大 灰野岳晴, 第72回高分子討論会, 2023年09月26日, 通常, 日本語, 公益社団法人 高分子学会, 香川
  49. ポルフィリンにカリックス[5]アレーンを導入したL字型ホスト分子の超分子集合体の構築, 世森雅人 平尾岳大 灰野岳晴, 第72回高分子討論会, 2023年09月26日, 通常, 日本語, 第72回高分子討論会, 香川
  50. イソオキサゾール骨格を導入した両親媒性白金錯体の自己集合により形成されるミセルの光学特性, 吉田真也 平尾岳大 灰野岳晴, 錯体化学会第73回討論会, 2023年09月22日, 通常, 日本語, 錯体化学会, 水戸
  51. Synthesis of Nanographenes Carrying Metal Nanoparticles, Ryo Sekiya Shusaku Takahashi Takeharu Haino, 錯体化学会第73回討論会, 2023年09月22日, 通常, 英語, 錯体化学会, 水戸
  52. Kinetic Resolution of Secondary Alcohols Using an Optically Active Resorcinarene-based Capsule, Kentaro Harada Ryo Sekiya Takeharu Haino, 錯体化学会第73回討論会, 2023年09月21日, 通常, 英語, 錯体化学会, 水戸
  53. Cooperative Guest Binding Behavior of the Calix[4]arene-Based Triple-Stranded Helicate Host in Water, Masayuki Morie Ryo Sekiya Takeharu Haino, 19th International Conference on Chiroptical Spectroscopy (CD2023), 2023年09月20日, 通常, 英語, Koichi Matsuo, Hiroshima
  54. Self-Assembly of Hydrogen-BondedTris(phenylisoxazolyl)benzene Dimers, Yudai Ono Takehiro Hirao Takeharu Haino, 19th International Conference on Chiroptical Spectroscopy (CD2023), 2023年09月18日, 通常, 英語, Koichi Matsuo, Hiroshima
  55. Synthesis and Chiroptical Property of Resorcinarene-based Metal Coordination Capsule, Kentaro Harada Ryo Sekiya Takeharu Haino, 19th International Conference on Chiroptical Spectroscopy (CD2023), 2023年09月18日, 通常, 英語, Koichi Matsuo, Hiroshima
  56. Chiral Induction on Nanographene Functionalized with Chiral Organic Substituent, Saki Arimura Ikuya Matsumoto Shohei Nishitani Ryo Sekiya Takeharu Haino, 19th International Conference on Chiroptical Spectroscopy (CD2023), 2023年09月18日, 通常, 英語, Koichi Matsuo, Hiroshima
  57. レゾルシンアレーン誘導体のアルキル鎖の偶奇性の評価, 関谷亮 下山大輔 灰野岳晴, 第33回基礎有機化学討論会, 2023年09月13日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 岡山
  58. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの分子結晶に現れる多孔性と選択的分子包接, 小野雄大 平尾岳大 灰野岳晴, 第33回基礎有機化学討論会, 2023年09月12日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 岡山
  59. キラルなレゾルシンアレーンカプセルを用いた第二級アルコールの速度論的光学分割, 原田健太郎 関谷亮 灰野岳晴, 第33回基礎有機化学討論会, 2023年09月12日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 岡山
  60. トリスレゾルシンアレーンの構造と分子認識, 井上翔一朗 下山大輔 関谷亮 灰野岳晴, 第33回基礎有機化学討論会, 2023年09月12日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 岡山
  61. フラーレンとカリックス[5]アレーンのホストゲスト錯形成を駆動力とした両親媒性ジブロックポリマーの合成, 沖汐祐紀 平尾岳大 灰野岳晴, 第37回若手化学者のための化学道場, 2023年09月05日, 通常, 日本語, 公益社団法人 有機合成化学協会, 広島
  62. カリックス[4]アレーンの自己集合により形成される水溶性三重らせんホスト分子の協同的ゲスト包接挙動, 森江将之 関谷亮 灰野岳晴, 第37回若手化学者のための化学道場, 2023年09月05日, 通常, 日本語, 公益社団法人 有機合成化学協会, 広島
  63. 分子間相互作用を駆動力としたナノグラフェンの自己集合, 森口遥日 関谷亮 灰野岳晴, 第37回若手化学者のための化学道場, 2023年09月05日, 通常, 日本語, 公益社団法人 有機合成化学協会, 広島
  64. ナノグラフェンを基盤とした発光材料の開発, 有村咲紀 松本育也 関谷亮 灰野岳晴, 第37回若手化学者のための化学道場, 2023年09月05日, 通常, 日本語, 公益社団法人 有機合成化学協会, 広島
  65. 主鎖にキラルビナフチル骨格をもつhead to tail 型超分子ポルフィリンポリマーの重合機構の考察, 古屋壮一朗 久野尚之 灰野岳晴, 第37回若手化学者のための化学道場, 2023年09月05日, 通常, 日本語, 公益社団法人 有機合成化学協会, 広島
  66. トリスレゾルシンアレーンの構造と分子認識, 井上翔一朗 下山大輔 関谷亮 灰野岳晴, 第37回若手化学者のための化学道場, 2023年09月05日, 通常, 日本語, 公益社団法人 有機合成化学協会, 広島
  67. ポルフィリンの5,10 位にカリックス[5]アレーンをもつL字型ホスト分子を用いた超分子集合体の構築, 世森雅人 平尾岳大 灰野岳晴, 第37回若手化学者のための化学道場, 2023年09月05日, 通常, 日本語, 公益社団法人 有機合成化学協会, 広島
  68. Supramolecular Polymers Formed by Molecular Recognition of Calixarenes, Takeharu Haino, The Joint Conference on Calixarenes and Cucurbiturils, 2023年07月16日, 招待, 英語, Yoran Cohen, Arkadi Vigalok, Ehud Keinan, Ofer Reany, Tel Aviv, Israel
  69. Supramolecular Helical Polymer Formed via Compelemtary Dimerization of Bisporphyrin Cleft, Takeharu Haino, 243rd ECS Meeting, 2023年05月28日, 招待, 日本語, Karl Kadish, University of Houston Roberto Paolesse, University of Rome Tomas Torres, Autonoma University of Madrid Norbert Jux, University of Erlangen Angela Sastre-Santos, University Miguel Hernandez, Elche Nathalie Solladié, Groupe de Synthèse de Systèmes Porphyriniques (G2SP) Laboratoire de Chimie de Coordination du CNRS, Boston
  70. Chemistry of Designer Supramolecular Polymers, Takeharu Haino, Invited Lecture, 2023年05月26日, 招待, 日本語, Colin Nuckolls, Columbia University
  71. Chemistry of Supramolecular Polymers directed by Unique Molecular Recognition, Takeharu Haino, Invited Lecture, 2023年04月13日, 招待, 英語, Shih-Sheng Sun, Academia Sinica
  72. Development of one-handed helical structures in the supramolecular porphyrin polymers by the application of prechosen chiral solvents, Takehiro Hirao Sei Kishino Takeharu Haino, 72nd SPSJ Annual Meeting, 2023年05月25日, 通常, 英語, 公益社団法人 高分子学会, 群馬
  73. Development of Nanographene-Organic Fluorogens Hybrid Materials, Ryo Sekiya Saki Arimura Ikuya Matsumoto Takeharu Haino, 72nd SPSJ Annual Meeting, 2023年05月26日, 通常, 英語, 公益社団法人 高分子学会, 群馬
  74. 大環状テトラキスポルフィリンの分子認識における協同性, 田辺航太 久野尚之 灰野岳晴, 第20回 ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2023年06月17日, 通常, 日本語, ホスト–ゲスト・超分子化学研究会, 東京
  75. 積層型トリスポルフィリンのホモトロピックな協同性と三元超分子錯体の構築, 久野尚之 児玉知輝 灰野岳晴, 第20回 ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2023年06月18日, 通常, 日本語, ホスト–ゲスト・超分子化学研究会, 東京
  76. 積層型トリスポルフィリンの協同的分子認識を用いた三元ホストーゲスト錯体の形成, 児玉知輝 久野尚之 灰野岳晴, 第20回 ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2023年06月18日, 通常, 日本語, ホスト–ゲスト・超分子化学研究会, 東京
  77. キラルなレゾルシンアレーンカプセルを用いたアルコールアシル化の速度論的光学分割, 原田健太郎 関谷亮 灰野岳晴, 第20回 ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2023年06月18日, 通常, 日本語, ホスト–ゲスト・超分子化学研究会, 東京
  78. サリチリデンアニリン骨格を有する二置換カリックス[4]アレーンの構造と物性, 植松清音 森江将之 大山敦史 関谷亮 灰野岳晴, 第20回 ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2023年06月18日, 通常, 日本語, ホスト–ゲスト・超分子化学研究会, 東京
  79. 超分子カプセル分子を連結したらせんポリマーの合成と機能, 浜田 幸希 下山 大輔 平尾 岳大 灰野 岳晴, 日本化学会第103回春季年会, 2023年03月24日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  80. Pathway complexity in the self-assembly process of platinum complexes possessing TEG chains, Takehiro Hirao Masaya Yoshida Takeharu Haino, 日本化学会第103回春季年会, 2023年03月24日, 通常, 英語, 日本化学会, 千葉
  81. 配列や構造が精密に制御された超分子ポリマーの化学, 灰野岳晴, 日本化学会 第103春季年会, 2023年03月22日, 招待, 日本語, 日本化学会, 千葉
  82. トリスフェニルイソオキサゾリルベンゼン誘導体を導入したナノグラフェンの自己集合, 森口 遥日 関谷 亮 灰野 岳晴, 日本化学会第103回春季年会, 2023年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  83. 大環状テトラキスポルフィリンの合成とゲスト包接, 田辺 航太 久野 尚之 灰野 岳晴, 日本化学会第103回春季年会, 2023年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  84. 二つのゲスト包接部位を有する積層型亜鉛トリスポルフィリンの合成とゲスト分子包接挙動, 児玉 知輝 久野 尚之 灰野 岳晴, 日本化学会第103回春季年会, 2023年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  85. 4本のpNIPAAmを導入したキャビタンド分子の合成と熱応答性, 亀田 涼太 新田 菜摘 平尾 岳大 灰野 岳晴, 日本化学会第103回春季年会, 2023年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  86. テトラキスポルフィリンからなる超分子らせんポリマーを用いたクリプトキラルセンシング, 岸野 晴 平尾 岳大 灰野 岳晴, 日本化学会第103回春季年会, 2023年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  87. アントラセン骨格を導入したナノグラフェンの遮蔽効果の検討, 高橋 周作 関谷 亮 灰野 岳晴, 日本化学会第103回春季年会, 2023年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  88. Self-assembling behaviors and properties of platinum(Ⅱ) complexes possessing chiral hydrophilic bis(phenylisoxazolyl) benzene moieties, Masaya Yoshida Takehiro Hirao Takeharu Haino, 日本化学会第103回春季年会, 2023年03月22日, 通常, 英語, 日本化学会, 千葉
  89. アントラセン分子によるナノグラフェン表面の修飾, 高橋周作 関谷 亮 灰野岳晴, 第15回有機π電子系シンポジウム, 2022年12月16日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 神奈川
  90. カリックス[5]アレーンとフラーレンのホストゲスト相互作用を駆動力とした超分子ポリマーの合成とセルフソーティング挙動, 平尾岳大 藤井直香 岩部佳樹 灰野岳晴, 第15回有機π電子系シンポジウム, 2022年12月16日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 神奈川
  91. 超分子相互作用を利用したナノグラフェンの自己組織化, 関谷 亮 松本育也 有村咲紀 灰野岳晴, 第15回有機π電子系シンポジウム, 2022年12月16日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 神奈川
  92. Supramolecular helical polymers generated by metal coordination of biscavitand, Koiki Hamada Daisuke Shimoyama Takehiro Hirao Takeharu Haino, The 19th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2022年12月16日, 通常, 英語, The Chugoku Shikoku Branch, The Chemical Society of Japan, Hiroshima
  93. Nanographenes Carrying Luminous Organic Substituents, Saki Arimura Ikuya Matsumoto Ryo Sekiya Takeharu Haino, The 19th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2022年12月16日, 通常, 英語, The Chugoku Shikoku Branch, The Chemical Society of Japan, Hiroshima
  94. Synthesis of Helical Supramolecular Polymers, Takeharu Haino, The 17th Pacific Polymer Conference, 2022年12月11日, 通常, 英語, Royal Australian Chemical Insutitute, Brisbane, Australia
  95. 分子認識により構造や機能が制御される超分子ポリマーの科学, 灰野岳晴, 上智大学 講演会, 2022年11月29日, 招待, 日本語, 上智大学, 上智大学
  96. Nanographenes and Two-Dimensional Materials, Ryo Sekiya Takeharu Haino, International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAK 2022), 2022年11月24日, 通常, 英語, Institut Kimia Malaysia, Kota Kinabalu, Malaysia
  97. 分子認識により形成される超分子はポリマーの化学, 灰野岳晴, 名古屋大学農学部 講演会, 2022年11月18日, 招待, 日本語, 名古屋大学農学部, 愛知
  98. ポリアセチレンの側鎖に導入されたビフェニルゲスト部位と自己集合カプセルの分子認識, 深澤龍志 平尾岳大 灰野岳晴, 2022年日本化学会中国四国支部大会 広島大会, 2022年11月13日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 広島
  99. 主鎖にキラルビナフチル骨格をもつhead-to-tail型超分子ポルフィリンポリマーの合成, 古屋壮一朗 久野尚之 灰野岳晴, 2022年日本化学会中国四国支部大会 広島大会, 2022年11月13日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 広島
  100. ビスキャビタンド分子の金属配位により生じる超分子らせんポリマー, 浜田幸希 平尾岳大 灰野岳晴, 2022年日本化学会中国四国支部大会 広島大会, 2022年11月12日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 広島
  101. フラーレンとカリックス[5]アレーンの超分子錯形成を駆動力とした両親媒性ジブロックポリマーの合成, 沖汐祐紀 平尾岳大 灰野岳晴, 2022年日本化学会中国四国支部大会 広島大会, 2022年11月12日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 広島
  102. 発光色の異なる二種類の有機置換基を導入した新規ナノグラフェン材料の光物性, 有村咲紀 関谷亮 灰野岳晴, 2022年日本化学会中国四国支部大会 広島大会, 2022年11月12日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 広島
  103. Unique Supramolecular Assemblies, Takeharu Haino, Hiroshima University–BITS Pilani Joint Workshop, 2022年11月02日, 招待, 英語, BITS Pilani, Hiroshima University, Online
  104. デザインされた分子間相互作用により形成される超分子ポリマーの構造と機能, 灰野岳晴, 東京都立大学大学院理学研究科化学専攻 講演会, 2022年10月11日, 通常, 日本語, 東京都立大学大学院理学研究科化学専攻, 東京
  105. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン水素結合二量体の合成と自己集合, 小野雄大 平尾岳大 灰野岳晴, 第38回有機合成化学セミナー, 2022年09月29日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会(九州・山口支部), 福岡
  106. 親水性側鎖を導入したイソオキサゾール骨格を有する白金錯体を基盤とした超分子ポリマーの合成と物性, 吉田真也 平尾岳大 灰野岳晴, 第38回有機合成化学セミナー, 2022年09月29日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会(九州・山口支部), 福岡
  107. 自己集合により形成される超分子構造の合成と機能, 灰野岳晴, 第38回有機合成化学セミナー, 2022年09月30日, 招待, 日本語, 有機合成化学協会(九州・山口支部), 福岡
  108. 脂溶性ナノグラフェンに担持した金属ナノ粒子の合成と機能, 高橋周作 関谷 亮 灰野岳晴, 第32回基礎有機化学討論会, 2022年09月20日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 京都
  109. 発光性有機置換基を導入したナノグラフェンの合成と光機能性, 有村咲紀 関谷 亮 灰野岳晴, 第32回基礎有機化学討論会, 2022年09月20日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 京都
  110. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン水素結合二量体の自己集合と負の非線形キラル応答, 小野雄大 平尾岳大 灰野岳晴, 第32回基礎有機化学討論会, 2022年09月20日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 京都
  111. イソオキサゾール骨格を有する白金錯体の重合開始温度による超分子集合構造の制御, 吉田真也 平尾岳大 灰野岳晴, 第32回基礎有機化学討論会, 2022年09月20日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 京都
  112. D4対称性を有するキャビタンドを基にした金属配位型カプセルの分子認識とキラル誘導, 原田健太郎 角田優太 今村太亮 関谷 亮 灰野岳晴, 第32回基礎有機化学討論会, 2022年09月20日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 京都
  113. 分子認識により駆動 される自己集合超分子の化学, 灰野岳晴, NMRプラットフォームシンポジウム2022, 2022年09月07日, 招待, 日本語, 文部科学省「先端研究基盤共用促進事業」, AP虎ノ門ビル(東京)
  114. 炭素を基盤とした二次元高分子材料の創生, 関谷亮 灰野岳晴, 第71回高分子討論会, 2022年09月06日, 通常, 日本語, 公益財団法人 高分子学会, 北海道
  115. 分子認識の特異性により構造制御された超分子ポリマーの開発, 灰野岳晴, 第71回高分子討論会, 2022年09月05日, 招待, 日本語, 公益財団法人 高分子学会, 札幌
  116. Self-assembly of platinum(Ⅱ) complexes possessing chiral triethylene glycol chains, Masaya Yoshida Takehiro Hirao Tekeharu Haino, 8th Asian Conference on Coordination Chemistry (ACCC8), 2022年08月08日, 通常, 英語, National Taiwan University, Taipei, Taiwan
  117. Synthesis and Molecular Recognition of Covalently-linked Resorcinarene Capsule, Kentaro Harada Ryo Sekiya Takeharu Haino, 8th Asian Conference on Coordination Chemistry (ACCC8), 2022年08月08日, 通常, 英語, National Taiwan University, Taipei, Taiwan
  118. Synthesis of Sequence-Controlled Supramolecular Terpolymers, Takeharu Haino, The 15th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCeOCa15), 2022年07月25日, 通常, 英語, Croucher Foundation, Hong Kong (online)
  119. Self-Assembling Behavior of Hydrogen-Bonded Tris(phenylisoxazolyl)benzene Dimer, Yudai Ono Takehiro Hirao Takeharu Haino, 25th IUPAC International Conference on Physical Organic Chemistry (ICPOC-25), 2022年07月12日, 通常, 英語, International Union of Pure and Applied Chemistry, Hiroshima
  120. Synthesis and Molecular Recognition of a Hemicarcerand bearing a Size-Regulable Internal Cavity, Kentaro Harada Ryo Sekiya Takeharu Haino, 25th IUPAC International Conference on Physical Organic Chemistry (ICPOC-25), 2022年07月12日, 通常, 英語, International Union of Pure and Applied Chemistry, Hiroshima
  121. Self-Assembly of Chemically Modified Nanographenes, Ryo Sekiya Ikuya Matsumoto Kairi Yamato Kaho Suzuki Tekeharu Haino, 25th IUPAC International Conference on Physical Organic Chemistry (ICPOC-25), 2022年07月11日, 通常, 英語, International Union of Pure and Applied Chemistry, Hiroshima
  122. Negative Cooperativity in Molecular Recognition of Biscavitand possessing Two Deep Cavities, Haruna Fujimoto Takehiro Hirao Takeharu Haino, 25th IUPAC Conference on Physical Organic Chemistry (ICPOC25), 2022年07月10日, 招待, 英語, International Union of Pure and Applied Chemistry, Hiroshima
  123. キラルな金属配位型カプセルにより誘起されるビアリールゲストのCPL発光, 原田健太郎 関谷亮 灰野岳晴, 第19回ホストゲスト・超分子化学シンポジウム, 2022年06月05日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 岡山
  124. 四本のアルキル基で連結されたビスキャビタンド分子の協同的分子認識, 藤本陽菜 下山大輔 平尾岳大 灰野岳晴, 第19回ホストゲスト・超分子化学シンポジウム, 2022年06月04日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 岡山
  125. カリックス[5]アレーンとフラーレンのホスト-ゲスト相互作用を基盤とした両親媒性ジブロックポリマーの合成, 沖汐祐紀 平尾岳大 灰野岳晴, 第19回ホストゲスト・超分子化学シンポジウム, 2022年06月04日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 岡山
  126. カリックス[4]アレーンと金属イオンの自己集合により形成される三重らせんホスト分子の水中における協同的ゲスト包接, 森江将之 関谷亮 灰野岳晴, 第19回ホストゲスト・超分子化学シンポジウム, 2022年06月04日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 岡山
  127. 自己集合カプセルとゲスト分子の会合により生じるAnBm超分子星型共重合体の合成, 新田菜摘 高塚芽衣 木原伸一 灰野岳晴, 第19回ホストゲスト・超分子化学シンポジウム, 2022年06月04日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 岡山
  128. ビス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン誘導体を配位子にもつ白金(Ⅱ)錯体の異方的光学応答, 吉田真也 平尾岳大 灰野岳晴, 第19回ホストゲスト・超分子化学シンポジウム, 2022年06月04日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 岡山
  129. 主鎖にキラルビナフチル骨格を導入したhead-to-tail型超分子ポルフィリンポリマーの合成, 古屋壮一朗 久野尚之 平尾岳大 灰野岳晴, 第19回ホストゲスト・超分子化学シンポジウム, 2022年06月04日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 岡山
  130. 積層型トリスポルフィリンホスト分子の合成と協同的分子認識, 久野尚之 灰野岳晴, 第19回ホストゲスト・超分子化学シンポジウム, 2022年06月04日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 岡山
  131. 超分子により提供される不斉空間の化学, 灰野岳晴, ケミカルバイオロジー学会 第16回年会, 2022年05月30日, 招待, 日本語, 日本ケミカルバイオロジー学会, 富山, 実験データ
  132. キラルな包接空間を有する金属配位型レゾルシンアレーンカプセルの合成とキラル光学特性, 原田健太郎 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第102回春季年会, 2022年03月23日, 通常, 日本語, 日本化学会, Online
  133. Development of Helical Supramolecular Fullerene Polymers, Takehiro Hirao Naoka Fujii Yoshiaki Iwabe Takeharu. Haino, 2022 International Conference on Modern Challenges in Polymer Science and Technology (2022 MCPST), 2022年01月18日, 招待, 英語, 台湾高分子学会, Online
  134. Chemistry of Edge-Functionalized Graphenes, Takeharu Haino, Pacifichem 2021, The International Chemical Cogress of Pacific Basin Societies 2021, 2021年12月16日, 招待, 日本語, The International Chemical Cogress of Pacific Basin Societies 2021, Online
  135. Development of Metal Nanoparticles Doped Nanographenes, Shunsaku Takahashi Ryo Sekiya Takeharu Haino, The 18th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2021年12月14日, 通常, 日本語, Nano Bio Info Chemistry Symposium 実行委員会, 東広島
  136. キラル空間を有する金属配位型レゾルシンアレーンカプセルの合成, 原田健太郎 関谷亮 灰野岳晴, モレキュラーキラリティー2021, 2021年11月29日, 通常, 日本語, Molecular Chirality Research Organization, 東広島
  137. アキラル側鎖を導入したビス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン配位子をもつ白金(Ⅱ)錯体の自己集合により生じる超分子ポリマーの特異な溶液物性, 吉田真也 平尾岳大 灰野岳晴, モレキュラーキラリティー2021, 2021年11月29日, 通常, 日本語, Molecular Chirality Research Organization, 東広島
  138. カリックス[4]アレーンの自己集合により形成される水溶性三重らせんホスト分子の協同的ゲスト包接, 森江将之 関谷亮 灰野岳晴, モレキュラーキラリティー2021, 2021年11月29日, 通常, 日本語, Molecular Chirality Research Organization, 東広島
  139. キラルな溶媒によって制御される超分子ポルフィリンポリマーのらせん構造, 岸野晴 平尾岳大 灰野岳晴, 2021年日本化学会中国四国支部大会高知大会, 2021年11月13日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, online
  140. ビスキャビタンド分子の自己集合により生じる超分子らせんポリマー, 浜田幸希 下山大輔 平尾岳大 灰野岳晴, 2021年日本化学会中国四国支部大会高知大会, 2021年11月13日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, online
  141. 酸化分解により得られるナノグラフェンの有機化学, 灰野岳晴, セルロース・ナノカーボン複合材料専門委員会, 2021年11月01日, 招待, 日本語, プラスティック成形加工学会, Online
  142. キャビタンドを基にしたヘミカルセランドの合成とアロステリックな分子認識, 原田健太郎 関谷亮 灰野岳晴, 第31回基礎有機化学討論会, 2021年09月21日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, online
  143. キラルな溶媒によるポルフィリン超分子ポリマーの構造制御, 岸野晴 平尾岳大 灰野岳晴, 第31回基礎有機化学討論会, 2021年09月21日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, online
  144. 長鎖アルキル基を導入したナノグラフェンの自己集合挙動, 松本育也 関谷亮 灰野岳晴, 第31回基礎有機化学討論会, 2021年09月21日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, online
  145. カリックス[4]アレーンオリゴマーの配座構造の制御, 森江将之 関谷亮 灰野岳晴, 第31回基礎有機化学討論会, 2021年09月21日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, online
  146. ビスキャビタンドの金属配位により生じる超分子らせんポリマー, 浜田幸希 下山大輔 平尾岳大 灰野岳晴, 第31回基礎有機化学討論会, 2021年09月21日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, online
  147. Rebek キャビタンドを導入したビスレゾルシンアレーンホスト分子の合成と協同的分子認識, 藤本陽菜 下山大輔 平尾岳大 灰野岳晴, 第31回基礎有機化学討論会, 2021年09月21日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, online
  148. 金属ナノ粒子で修飾した脂溶性ナノグラフェンの開発, 高橋周作 関谷亮 灰野岳晴, 第31回基礎有機化学討論会, 2021年09月21日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, online
  149. 電子不足ゲスト分子とクレフト型マルチポルフィリンホスト分子の会合挙動, 久野尚之 灰野岳晴, 第31回基礎有機化学討論会, 2021年09月21日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, online
  150. ナノグラフェンの化学修飾と自己集合, 関谷亮 松本育也 灰野岳晴, 第37回有機合成化学セミナー, 2021年09月15日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, Online
  151. カリックス[5]アレーンとC60分子認識により制御される超分子ポリマーの構造と機能, 灰野岳晴, 第70回高分子討論会, 2021年09月06日, 招待, 日本語, 高分子学会, online
  152. 分子認識により制御される超分子ポリマーの構造と機能, 灰野岳晴, 第70回高分子討論会, 2021年09月06日, 招待, 日本語, 高分子学会, online
  153. ビスキャビタンドの自己集合を駆動力とした超分子らせんポリマーの合成, 浜田幸希 下山大輔 平尾岳大 灰野岳晴, 第18回ホストーゲスト・超分子化学シンポジウム, 2021年06月26日, 通常, 日本語, ホスト−ゲスト・超分子化学研究会
  154. カリックス[4]アレーンと金属イオンの自己集合により形成される三重らせんホスト分子の水中におけるゲスト包接挙動, 森江将之 関谷亮 灰野岳晴, 第18回ホストーゲスト・超分子化学シンポジウム, 2021年06月26日, 通常, 日本語, ホスト−ゲスト・超分子化学研究会, online
  155. キラルな溶媒中におけるテトラキスポルフィリン超分子ポリマーのらせん構造, 岸野晴 平尾岳大 灰野岳晴, 第18回ホストーゲスト・超分子化学シンポジウム, 2021年06月26日, 通常, 日本語, ホスト−ゲスト・超分子化学研究会
  156. キャビタンドを基にしたへミカルセランドの合成と分子認識, 原田健太郎 関谷亮 灰野岳晴, 第18回ホストーゲスト・超分子化学シンポジウム, 2021年06月26日, 通常, 日本語, ホスト−ゲスト・超分子化学研究会, online
  157. 電子不足ゲスト分子とビスポルフィリンクレフトの会合挙動, 久野尚之 灰野岳晴, 第18回ホストーゲスト・超分子化学シンポジウム, 2021年06月26日, 通常, 日本語, ホスト−ゲスト・超分子化学研究会, online
  158. Development of Non-racemic Helical Polymers with Fullerene Array on the Polymer Backbone, Takehiro Hirao Naoka Fujii Yoshiaki Iwabe Takeharu. Haino, MIRAI 2.0 Digital Research and Innovation Week, 2021年06月07日, 招待, 英語, MIRAI 2.0 Project, online
  159. カリックス[5]アレーンとC60分子認識により制御される超分子ポリマーの構造と機能, 灰野岳晴, 第70回高分子討論会, 2021年06月06日, 招待, 日本語, 高分子学会, online
  160. 末端にカリックス[5]アレーン部位を有するポリアルキルメタクリレートの合成, 平尾岳大 福田和志 灰野岳晴, 第37回有機合成化学セミナー, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, online
  161. カリックス[5]アレーンとフラーレンの分子認識を用いた超分子分岐ポリマーの合成, 福田和志・平尾岳大・灰野岳晴, 日本化学会第101回春季年会, 2021年03月19日, 通常, 日本語, 日本化学会, on line
  162. カリックス[4]アレーンの自己集合により形成される三重らせんホスト分子の水中におけるゲスト認識, 森江将之・関谷亮・灰野岳晴, 日本化学会第101回春季年会, 2021年03月19日, 通常, 日本語, 日本化学会, on line
  163. 長鎖アルキル基を有するナノグラフェンの自己集合挙動, 松本育也・関谷亮・灰野岳晴, 日本化学会第101回春季年会, 2021年03月19日, 通常, 日本語, 日本化学会, on line
  164. 酸化分解によって与えられたナノグラフェンの自己集合, 松本育也・関谷亮・灰野岳晴, 第14回有機π電子系シンポジウム, 2021年01月08日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, on line
  165. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンを導入した[5]ヘリセンの複雑な会合挙動の制御, 小野雄大・平尾岳大・灰野岳晴, 日本化学会第101回春季年会, 2021年03月19日, 通常, 日本語, 日本化学会, on line
  166. 親水側鎖を導入したビス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン配位子をもつ白金(II)錯体の自己集合, 吉田真也・平尾岳大・灰野岳晴, 日本化学会第101回春季年会, 2021年03月19日, 通常, 日本語, 日本化学会, on line
  167. 第14回有機π電子系シンポジウム, 吉田真也・平尾岳大・灰野岳晴, 第14回有機π電子系シンポジウム, 2021年01月08日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, on line
  168. 大きさを制御可能な内部空孔を有するキャビタンドを基にしたへミカルセランドの合成と分子認識, 原田健太郎・関谷亮・灰野岳晴, 日本化学会第101回春季年会, 2021年03月19日, 通常, 日本語, 日本化学会
  169. Synthesis and Cooperative Molecular Recognition of Homoditopic Host Molecule with Rebek's Cavitands, Haruna Fujimoto, Daisuke Shimoyama, Takehiro Hirao, and Takeharu Haino, 日本化学会第101回春季年会, 2021年03月19日, 通常, 日本語
  170. 動的不斉をもつ超分子の化学, 灰野岳晴, 薬学会第141年会, 2021年03月26日, 招待, 日本語, 日本薬学会, 広島
  171. ナノグラフェンの会合と解離, 松本育也・関谷亮・灰野岳晴, 日本化学会中国四国大会, 2020年11月28日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 島根
  172. 化学修飾ナノグラフェンのエッジ構造と光機能制御, 灰野岳晴, ラドテック研究会 第166回講演会, 2020年06月19日, 招待, 日本語, ラドテック研究会, on line
  173. カリックス[4]アレーンの自己集合により形成される水溶性三重らせんホスト分子とゲスト包接, 森江将之・関谷亮・灰野岳晴, 日本化学会中国四国大会, 2020年11月28日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 島根
  174. Rebek ビスキャビタンドをもつレゾルシンアレーンホスト分子の合成と分子認識, 藤本 陽菜・灰野 岳晴, 日本化学会 第100春季年会, 2020年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  175. キラルなテトラキスポルフィリンの自己集合により形成されるら せん超分子ポリマー, 藤井 直香・平尾 岳大・灰野 岳晴, 日本化学会 第100春季年会, 2020年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  176. カリックス[5]アレーンとフラーレンの分子認識により制御されるPMMAの構造制御, 福田 和志・平尾 岳大・灰野 岳晴, 日本化学会 第100春季年会, 2020年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  177. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンを導入したヘリセン の特異な会合挙動, 小野 雄大・灰野 岳晴, 日本化学会 第100春季年会, 2020年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  178. テトラキスカリックス[5]アレーンとダンベル型フラーレンの会合により生じる超分子らせんポリマー, 岩部佳樹・平尾岳大・灰野岳晴, 日本化学会 第100春季年会, 2020年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  179. Self-Assembly of a Platinum Complex with Phenylisoxazole Moieties Possessing TEG Chains, Takehiro Hirao, Hidemi Tsukamoto, Toshiaki Ikeda, and Takeharu Haino, 日本化学会 第100春季年会, 2020年03月22日, 通常, 英語, 日本化学会, 千葉
  180. Facile Synthesis and Property of Supramolecular Graft Copolymer via the Complexation of Self-Assembled Capsule and Guest Polymer, Natsumi Nitta, Mei Takatsuka, Shin-ichi Kihara, Takeharu Haino, 日本化学会 第100春季年会, 2020年03月22日, 通常, 英語, 日本化学会, 千葉
  181. Development of supramolecular network polymer through molecular recognition of bisporphyrin cleft, Naoyuki Hisano, Nang Duy Lai, Takehiro Hirao, Takeharu Haino, 日本化学会 第100春季年会, 2020年03月22日, 通常, 英語, 日本化学会, 千葉
  182. Helical supramolecular polymer formed by coordination-driven self-assembly of biscavitands, Daisuke Shimoyama, Yuta Tsunoda, and Takeharu Haino, 日本化学会 第100春季年会, 2020年03月22日, 通常, 英語, 日本化学会, 千葉
  183. Synthesis and Optical Properties of Nanographene Functionalized with Chiral Organic Substituent., Shohei Nishitani, Ryo Sekiya, Takeharu Haino, The 18th Asian Chemical Congress and The 20th General Assembly of the Federation of Asian Chemical Societies(ACC 2019), 2019年12月08日, 通常, 英語, Chemical Society Located in Taipei, Taipei
  184. Synthesis and Molecular Recognition of Covalently-linked Resorcinarene Capsule, Kentaro Harada, Ryo Sekiya, Takeharu Haino, The 18th Asian Chemical Congress and The 20th General Assembly of the Federation of Asian Chemical Societies(ACC 2019), 2019年12月08日, 通常, 英語, Chemical Society Located in Taipei, Taipei
  185. Synthesis of Sequence-controlled Supramolecular Polymers via Specific Molecular Recognition, Takeharu Haino, The 16 the Pacific Polymer Conference, 2019年12月08日, 招待, 英語, Singapore
  186. Ring–chain mechanism in supramolecular polymerization through molecular recognition of bisporphyrin cleft and trinitrofluorenone, Naoyuki Hisano, Takehiro Hirao, Shigehisa Akine, Shin-ichi Kihara, Takeharu Haino, The 16th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2019年12月07日, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Sciences (QuLiS), Hiroshima
  187. Synthesis and Molecular Recognition of Size-regulable Hemi-carcerand, Kentaro Harada, Ryo Sekiya, Takeharu Haino, The 16th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2019年12月07日, 通常, 英語, The Center for Quantum Life Sciences (QuLiS), Hiroshima
  188. 四本のアルキル鎖で連結されたビスキャビタンド分子の合成と分子認識, 藤本陽菜, 下山大輔, 平尾岳大, 灰野岳晴, 2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月16日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 徳島
  189. 特異的分子認識により構造制御された超分子ポリマーの構造と機能, 灰野岳晴, 第93回高分子若手研究会[関西], 2019年11月16日, 招待, 日本語, 高分子学会関西支部若手幹事会, 大阪
  190. 外周部分を嵩高いイミド骨格で修飾したキラルナノグラフェンの光学特性, 西谷翔平, 関谷亮, 灰野岳晴, 第13回有機π電子系シンポジウム, 2019年11月15日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 宮崎
  191. 透析膜によって分離したナノグラフェンの構造と物性, 松本育也, 関谷亮, 灰野岳晴, 第13回有機π電子系シンポジウム, 2019年11月15日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 宮崎
  192. Head-to-tail型カラム構造を用いたサーモクロミック結晶の開発, 大山敦史, 関谷亮, 灰野岳晴, 第13回有機π電子系シンポジウム, 2019年11月15日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 宮崎
  193. Functional Supramolecular Chiral Assemblies, Takeharu Haino, JSPS Core-to-Core Program Topical Meeting Chirality, Topology and Knots Theory 3rd study group, 2019年10月31日, 招待, 英語, Higashi-Hiroshima
  194. Functional Supramolecular Chiral Assemblies, Takeharu Haino, JSPS Core-to-Core Program Topical Meeting Chirality, Topology and Knots Theory 3rd study group, 2019年10月31日, 招待, 英語
  195. Sequence-Controlled Supramolecular Terpolymer formed via Specific Molecular Recognition, Takeharu Haino, Symposium on Supramolecular Chemistry in Celebration of Professor Julius Rebek 75th Birthday • SHU 2019, 2019年10月18日, 招待, 英語, Shanghai
  196. キラリティーを有するナノグラフェンの合成, 関谷亮・西谷翔平・灰野岳晴, 第30回基礎有機化学討論会, 2019年09月25日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 大阪
  197. キラルなフェニルエチルフタルイミド骨格で修飾したナノグラフェンの合成と光物性, 西谷翔平・関谷亮・灰野岳晴, 第30回基礎有機化学討論会, 2019年09月25日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 大阪
  198. 透析により分離されたナノグラフェンの構造と光物性, 松本育也・関谷亮・灰野岳晴, 第30回基礎有機化学討論会, 2019年09月25日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 大阪
  199. 自己集合カプセルとホストゲスト錯体により生じる超分子グラフトポリマーの合成と物性, 新田菜摘・高塚芽衣・木原伸一・灰野岳晴, 第68回高分子討論会, 2019年09月25日, 通常, 日本語, 高分子学会, 福井
  200. 自己集合カプセルの特異な分子認識を利用した超分子グラフト共重合体, 新田菜摘・平尾岳大・角田優太・灰野岳晴, 第68回高分子討論会, 2019年09月25日, 招待, 日本語, 高分子学会, 福井
  201. サリチリデンアニリンを有する5,17-二置換カリックス[4]アレーンの合成と物性, 大山敦史・関谷亮・灰野岳晴, 第30回基礎有機化学討論会, 2019年09月25日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 大阪
  202. 内部空孔の大きさを制御できるレゾルシンアレーンカプセルの分子認識, 原田健太郎・関谷亮・灰野岳晴, 第30回基礎有機化学討論会, 2019年09月25日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 大阪
  203. ホスト部位とゲスト部位を様々な長さのアルキル基で連結したHead-to-Tail型分子の超分子重合, 平尾岳大・ 久野尚之・木原伸一・秋根茂久・灰野岳晴, 第68回高分子討論会, 2019年09月25日, 通常, 日本語, 高分子学会, 福井
  204. ビスキャビタンドの自己集合により生じる超分子らせんポリマー, 下山大輔・灰野岳晴, 第30回基礎有機化学討論会, 2019年09月25日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 大阪
  205. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンを導入した[5]ヘリセンの合成と会合挙動, 小野雄大・灰野岳晴, 第36回有機合成化学セミナー, 2019年09月17日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 岐阜
  206. ビス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン誘導体を配位子にもつプラチナ( Ⅱ)の合成と機能, 吉田真也・平野喬平・塚本英視・池田俊明・平尾岳大・灰野岳晴, 第36回有機合成化学セミナー, 2019年09月17日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 岐阜
  207. Designer Supramolecular Polymers with Unique Host-Guest Structures, Takeharu Haino, The 3rd International Conference on Chemical Sciences, 2019年09月16日, 招待, 英語, Yogyakarta
  208. 分子集積化により発現する特異な機能, 灰野岳晴, 神奈川大学上村大輔特別招聘教授を囲む会, 2019年09月14日, 招待, 日本語, 横浜
  209. Chiral Molecular Recognition in Dissymmetric Space of Supramolecular Assemblies, Takeharu Haino, 15th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (NMS-XV), 2019年09月06日, 招待, 英語, Nanjing Tech University, Shenyang
  210. Chiral Molecular Recognition of Dissymmetric Supramolecular Assemblies, Takeharu Haino, The 12th Taiwan-Japan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules, 2019年08月30日, 招待, 英語, Kyoto
  211. Synthesis and optical properties of chiral nanographene, The 18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-18), 2019年07月21日, 通常, 英語, Chemical Society of Japan Science Council of Japan The Society of Physical Organic Chemistry, Japan, Sapporo
  212. Near-Infrared Emission from Nitrogen-doped Nanographenes, Ryo Sekiya, Kairi Yamato, Kaho Suzuki, and Takeharu Haino, The 18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-18), 2019年07月21日, 通常, 英語, Chemical Society of Japan Science Council of Japan The Society of Physical Organic Chemistry, Japan, Sapporo
  213. Structures and Functions of Designer Supramolecular Polymers, Takeharu Haino, Shanghai Jiao Tong University, 2019年06月27日, 招待, 英語
  214. Structures and Function of Supramolecular Polymers formed via Specific Molecular Recognition, Takeharu Haino, Technology Innovation Development Summit 2019, 2019年06月26日, 招待, 英語, Nanjing
  215. Molecular Recognition in Dissymmetric Space of Supramolecular Assemblies, Takeharu Haino, Symposium on Molecular Chirality 2019, 2019年06月14日, 招待, 英語, Molecular Chirality Research Organization, Kanazawa
  216. キラルな有機置換基で修飾したナノグラフェンの合成と光物性, 西谷翔平・関谷亮・灰野岳晴, 第68回高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 大阪
  217. カリックス[5]アレーンの分子認識によるフラーレンをもつポリマーの構造制御, 福田和志・平尾岳大・灰野岳晴, 第68回高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 大阪
  218. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの自己集合により制御される[5]ヘリセンのキラリティー, 小野雄大・灰野岳晴, 第68回高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 大阪
  219. Mechanistic consideration on supramolecular polymerization of heteroditopic monomers possessing bisporphyrin cleft and trinitrofluorenone, Takehiro Hirao, Naoyuki Hisano, Shin-ichi Kihara, Shigehisa Akine, Takeharu Haino, 第68回高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 通常, 英語, 高分子学会, 大阪
  220. Facile Synthesis and Property of Supramolecular Graft Polymer Formed by Host-Guest Complexation of Self-Assembled Capsule Possessing Polystyrene Side Chains and Guest Polymer, Natsumi Nitta, Mei Takatsuka, Shin-ichi Kihara, Takeharu Haino., 第68回高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 通常, 英語, 高分子学会, 大阪
  221. 2019年05月26日, 招待, 英語
  222. Designer Supramolecular Polymers with Unique Host-Guest Structures, Takeharu Haino, Rutgers University, 2019年05月24日, 招待, 英語, Frieder Jeakel, Newark
  223. トリニトロフルオレノン部位とビスポルフィリンクレフトをアルキル鎖で連結したヘテロジトピック分子の超分子重合, 平尾岳大・久野尚之・木原伸一・秋根茂久・灰野岳晴, 第17回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2019年05月18日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 金沢
  224. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの自己集合により制御されるヘリセンのらせん構造, 小野雄大・灰野岳晴, 第17回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2019年05月18日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 金沢
  225. 共有結合で連結したレゾルシンアレーンカプセルの合成と分子認識, 原田健太郎・関谷亮・灰野岳晴, 第17回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2019年05月18日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 金沢
  226. エントロピー駆動によるビスキャビタンドの協同的ゲスト包接, 下山大輔・灰野岳晴, 日本化学会 第99春季年会, 2019年03月16日, 通常, 日本語, 日本化学会, 甲南大学 岡本キャンパス
  227. ポリスチレン側鎖を導入した超分子カプセルとゲストポリマーの分子認識によるグラフトポリマーの合成と熱物性, 新田菜摘・高塚芽衣・木原伸一・灰野岳晴, 日本化学会 第99春季年会, 2019年03月16日, 通常, 日本語, 日本化学会, 甲南大学 岡本キャンパス
  228. キラルなフェニルエチルフタルイミド骨格で修飾したナノグラフェンの合成, 西谷翔平・関谷 亮・灰野岳晴, 日本化学会 第99春季年会, 2019年03月16日, 通常, 日本語, 日本化学会, 甲南大学 岡本キャンパス
  229. 超分子カプセルとゲスト分子の会合により生じる分岐型超分子共重合体の合成, 新田菜摘・高塚芽衣・木原伸一・灰野岳晴, 第7回元素ブロック合同修士論文発表会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 元素ブロック研究会, 早稲田大学
  230. Luminescent Supramolecular Helical Assembly based on Flat pai-Conjugated Molecules, Takeharu Haino, Future Science by PhotoScience, 2019年02月21日, 招待, 英語, Hiroshima University, Higashi-Hiroshima
  231. 分子間相互作用を操り,超分子ポリマーを創る, 灰野岳晴, 高橋先生の古希をお祝いする会, 2018年12月27日, 招待, 日本語, 横浜薬科大学, 横浜薬科大学
  232. Helicity regulation of supramolecular porphyrin polymer by cross-linking with bispyridine, Naoka Fujii, Kei Maruyama, Toshiaki Ikeda, Takeharu Haino, The 12th SPSJ International Polymer Conference, 2018年12月04日, 通常, 英語, The Society of Polymer Science, International Conference Center Hiroshima
  233. Facile synthesis of supramolecular A8B2 star copolymer via molecular recognition of self-assembled capsule, Natsumi Nitta, Mei Takatsuka, Takeharu Haino, The 12th SPSJ International Polymer Conference, 2018年12月04日, 通常, 英語, The Society of Polymer Science,, International Conference Center Hiroshima
  234. Chemical Functionalization of Graphene Quantum Dots, Ryo Sekiya, Kairi Yamato, Kaho Suzuki, Takeharu Haino, The 12th SPSJ International Polymer Conference, 2018年12月04日, 通常, 英語, The Society of Polymer Science, International Conference Center Hiroshima
  235. ACS on Campus, 2018年12月03日, 招待, 英語, アメリカ化学会, Hiroshma University
  236. キラルなテトラキスポルフィリンの自己集合により形成される超分子ポルフィリンポリマーのらせん構造, 藤井直香, 丸山慧, 池田俊明, 灰野岳晴, 第12回有機π電子系シンポジウム, 2018年11月30日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, アクティプラザ琵琶
  237. キラルなπ共役平面をもつナノグラフェンの合成, 西谷翔平, 関谷亮, 灰野岳晴, 第12回有機π電子系シンポジウム, 2018年11月30日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, アクティプラザ琵琶
  238. ダンベル型フラーレンとキラルなテトラキスカリックス[5]アレーンの会合により生じる重合構造, 岩部佳樹, 平尾岳大, 灰野岳晴, 第33回中国四国地区高分子若手研究会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 高分子学会中国四国支部, JMSアステールプラザ
  239. テトラキスポルフィリンの自己集合により形成される超分子ポルフィリンポリマーのらせん構造, 藤井直香, 丸山慧, 池田俊明, 灰野岳晴, 第33回中国四国地区高分子若手研究会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 高分子学会中国四国支部, JMSアステールプラザ
  240. 2018年09月10日, 招待, 英語
  241. 超分子ポリマーという新しい高分子, 灰野岳晴, 化学最前線2018, 2018年09月08日, 招待, 日本語, 神奈川大学 天然医薬リード探索研究所, 神奈川大学 天然医薬リード探索研究所、平塚
  242. キラルなテトラキスカリックス[5]アレーンホスト分子とダンベルフラーレン分子の会合により生じる重合構造, 岩部佳樹・平尾岳大・灰野岳晴, 第29回 基礎有機化学討論会, 2018年09月06日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 東京工業大学 大岡山キャンパス
  243. 2018年08月25日, 招待, 英語
  244. 制御された分子間相互作用により形成される秩序ある超分子ポリマー, 灰野岳晴, 構造有機化学若手の会, 2018年08月08日, 招待, 日本語, 立命館大学生命科学部応用化学科、前田研究室, 湯の山温泉
  245. 2018年08月06日, 招待, 英語
  246. 2018年07月30日, 招待, 英語
  247. the 4th Molecular Chirality Asia (MCAsia 2018), 2018年07月03日, 招待, 英語
  248. 2018年07月03日, 通常, 英語
  249. 2018年07月03日, 通常, 英語
  250. 2018年06月25日, 招待, 英語
  251. Head-to-tailカラムナ構造を利用したカリックス[4]アレンの配列制御とゲル化能, ラナンズイ・山崎祐太郎・関谷亮・灰野岳晴, 第16回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2018年06月02日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 東京理科大学野田キャンパス
  252. π/πスタッキング相互作用を利用した超分子カプセルの分子認識能の制御, 前原健志・関谷亮・灰野岳晴, 第16回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2018年06月02日, 通常, 日本語, ホスト−ゲスト・超分子化学研究会, 東京理科大学野田キャンパス
  253. 2018年05月28日, 招待, 英語
  254. キラルなビスピリジンの配位により誘起される超分子ポルフィリンポリマーのらせん構造, 丸山慧 灘本昴平 池田俊明 灰野岳晴, 第67回高分子学会年次大会, 2018年05月23日, 通常, 日本語, 高分子学会, 名古屋
  255. ペリミジン骨格を有する近赤外発光グラフェン量子ドットの発光特性, 山戸海里・鈴木花歩・関谷亮・灰野岳晴, 第67回高分子学会年次大会, 2018年05月23日, 通常, 日本語, 高分子学会, 名古屋国際会議場
  256. 自己集合カプセルとゲスト分子の会合により生じるA8B2超分子スターポリマーの合成, 新田菜摘・関谷亮・灰野岳晴, 第67回高分子学会年次大会, 2018年05月23日, 通常, 日本語, 高分子学会, 名古屋国際会議場
  257. 自己集合により提供される超分子カプセルの機能, 灰野岳晴, 第11回中国四国地区錯体化学研究会・錯体化学若手の会中国四国支部第3回勉強会, 2018年04月28日, 招待, 日本語, 錯体化学若手の会中国四国支部、文部科学省科学研究費助成事業「新学術領域研究」配位アシンメトリ, 高知工科大学永国寺キャンパス
  258. 日本化学会 第98回春季年会, 2018年03月20日, 通常, 英語, 公益社団法人 日本化学会, 日本大学理工学部 船橋キャンパス
  259. 主鎖に柔軟なアルキル鎖をもったhead-to-tail型超分子ポルフィリンポリマーの合成, 久野尚之・池田俊明・網本智子・灰野岳晴, 日本化学会 第98回春季年会, 2018年03月20日, 通常, 日本語, 公益社団法人 日本化学会, 日本大学理工学部 船橋キャンパス
  260. 包接空間の構造変化が誘導する自己集合カプセルの分子認識, 前原 健志・今村 太亮・関谷 亮・灰野 岳晴, 日本化学会 第98回春季年会, 2018年03月20日, 通常, 日本語, 公益社団法人 日本化学会, 日本大学理工学部 船橋キャンパス
  261. フェニルイソオキサゾリル基を有するプラチナ錯体からなる超分子ポリマーの重合制御, 塚本 英視・高山 みどり・池田 俊明・灰野 岳晴, 日本化学会 第98春季年会, 2018年03月20日, 通常, 日本語, 公益社団法人 日本化学会, 日本大学理工学部 船橋キャンパス
  262. ペリミジン骨格を有する近赤外発光ナノグラフェンの合成と発光特性, 山戸 海里・鈴木 花歩・関谷 亮・灰野 岳晴, 日本化学会 第98回春季年会, 2018年03月20日, 通常, 日本語, 公益社団法人 日本化学会, 日本大学理工学部 船橋キャンパス
  263. 自己集合カプセルとゲスト分子の会合により生じるA8B2超分子スター型超分子共重合体の合成, 新田 菜摘・高塚 芽衣・関谷 亮・灰野 岳晴, 日本化学会 第98回春季年会, 2018年03月20日, 通常, 日本語, 公益社団法人 日本化学会, 日本大学理工学部 船橋キャンパス
  264. キラルなトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンを側鎖にもつポリアクリルアミドの合成, 曽田真以・池田俊明・灰野岳晴, 日本化学会 第98春季年会, 2018年03月20日, 通常, 日本語, 公益社団法人 日本化学会, 日本大学理工学部 船橋キャンパス
  265. 2018年03月20日, 招待, 英語
  266. 包接空間の構造変化が誘導する自己集合カプセルの分子認識, 前原 健志・今村 太亮・関谷 亮・灰野 岳晴, 日本化学会 第98回春季年会, 2018年03月20日, 通常, 日本語, 日本化学会, 日本大学理工学部 船橋キャンパス
  267. 2018年03月07日, 招待, 英語
  268. 特異な分子認識が駆動する超分子ポリマーの化学, 灰野岳晴, 講演会, 2018年01月11日, 招待, 日本語, 日本大学, 日本大学理工学部
  269. 2017年12月15日, 通常, 英語
  270. 2017年12月15日, 通常, 英語
  271. 四本のアルキル鎖で連結されたビスレゾルシンアレーンの合成と構造, 下山大輔,池田俊明,関谷亮,灰野岳晴, 第11回有機π電子系シンポジウム, 2017年12月15日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 有機合成化学協会, 埼玉県秩父市 宮本の湯
  272. カリックス[5]アレーンからなる超分子カプセルの合成, 高野駿・日吉真穂子・関谷亮・灰野岳晴, 第11回有機π電子系シンポジウム, 2017年12月15日, 通常, 日本語, 日本化学会, 有機合成化学協会, 埼玉県秩父市 宮本の湯
  273. ナノグラフェンへの窒素原子の導入と発光挙動, 関谷亮・山戸海里・鈴木花歩・灰野岳晴, 第44回有機典型元素化学討論会, 2017年12月07日, 通常, 日本語, 第44回有機典型元素化学討論会 実行委員会, 東京工業大学
  274. 四本のアルキル鎖で連結されたビスレゾルシンアレーンの改良合成法と構造, 下山大輔・池田俊明・関谷亮・灰野岳晴, 第44回有機典型元素化学討論会, 2017年12月07日, 通常, 日本語, 第44回有機典型元素化学討論会実行委員会, 東京工業大学(大岡山キャンパス)
  275. 超分子化学により生み出される新しい高分子, 灰野岳晴, 講演会, 2017年11月22日, 招待, 日本語, 東京農工大学, 東京農工大学
  276. 特異的分子認識により制御される分子集積化と機能, 灰野岳晴, 講演会, 2017年11月20日, 招待, 日本語, 早稲田大学 先進理工学部 応用化学科, 早稲田大学
  277. 特異な分子認識により駆動される構造制御された超分子ポリマー, 灰野岳晴, π造形科学:電子と構造のダイナミズム制御による新機能創出 第4回公開シンポシウム, 2017年10月19日, 通常, 日本語, π造形科学, 東京工業大学
  278. 多彩な元素ブロックの高分子化と組織化による機能創発, 灰野岳晴、渡瀬星児, 第 66 回高分子討論会, 2017年09月22日, 招待, 日本語, 高分子学会, 愛媛大学
  279. キラルなビスピリジンを架橋剤として用いたポルフィリン超分子ネットワークポリマーのらせん構造, 丸山 慧・灘本 昴平・池田 俊明・灰野 岳晴, 第66回高分子討論会, 2017年09月20日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛媛大学 城北キャンパス
  280. 四本のアルキル鎖で連結されたビスレゾルシンアレーンの改良合成法と物性, 下山 大輔・池田 俊明・関谷 亮・灰野 岳晴, 第66回高分子討論会, 2017年09月20日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛媛大学 城北キャンパス
  281. 主鎖に柔軟なアルキル鎖を導入したhead-to-tail型超分子ポルフィリンポリマーの合成, 久野 尚之・池田 俊明・灰野 岳晴, 第66回高分子討論会, 2017年09月20日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛媛大学 城北キャンパス
  282. フェニルイソオキサゾリル基を導入したプラチナ錯体で形成される超分子ポリマーの重合制御, 塚本 英視・高山 みどり・池田 俊明・灰野 岳晴, 第66回高分子討論会, 2017年09月20日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛媛大学 城北キャンパス
  283. 化学修飾した脂溶性グラフェン量子ドットの発光特性, 山戸 海里・鈴木 花歩・関谷 亮・灰野 岳晴, 第66回高分子討論会, 2017年09月20日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛媛大学 城北キャンパス
  284. カリックス[4]アレーンを基盤としたヘキサゴナルカラム結晶の選択的吸着, 山崎 祐太朗、関谷 亮、灰野 岳晴, 第66回高分子討論会, 2017年09月20日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛媛大学 城北キャンパス
  285. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンを側鎖にもつポリアクリルアミドの合成, 曽田 真以・池田 俊明・灰野 岳晴, 第66回高分子討論会, 2017年09月20日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛媛大学 城北キャンパス
  286. 自己集合カプセルとゲスト分子の会合により生じるA8B2超分子スター型共重合体の合成, 新田 菜摘・関谷 亮・灰野 岳晴, 第66回高分子討論会, 2017年09月20日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛媛大学 城北キャンパス
  287. 自己集合カプセルを修飾して得られる新規グラフトポリマーの開発, 新田 菜摘・高塚 芽衣・角田 優太・灰野 岳晴, 第66回高分子討論会, 2017年09月20日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛媛大学 城北キャンパス
  288. フェニルイソオキサゾリル基を導入した発光性色素によって形成される円偏光発光性超分子ゲル, 池田 俊明・平野 喬平・安達 洋平・大下 浄治・灰野 岳晴, 第66回高分子討論会, 2017年09月20日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛媛大学 城北キャンパス
  289. ナノグラフェンの化学修飾と物性評価, 関谷 亮・植村 友一朗・鈴木 花歩・山戸 海里・灰野 岳晴, 第66回高分子討論会, 2017年09月20日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛媛大学 城北キャンパス
  290. 超分子元素ブロック高分子材料, 第66回高分子討論会, 2017年09月20日, 招待, 日本語, 高分子学会, 愛媛大学
  291. 四本のアルキル鎖で架橋したビスレゾルシンアレーンの改良合成法とその物性, 下山 大輔、池田 俊明、関谷 亮、灰野 岳晴, 第28回基礎有機化学討論会, 2017年09月07日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 九州大学 伊都キャンパス
  292. キラルなビスピリジンとの配位結合を用いた超分子ポルフィリンポリマーのらせん構造制御, 丸山 慧、灘本 昴平、池田 俊明、灰野 岳晴, 第28回基礎有機化学討論会, 2017年09月07日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 九州大学 伊都キャンパス
  293. フェニルイソオキサゾリル基をもったプラチナ錯体を基盤とした超分子ポリマーの重合制御, 塚本 英視、高山 みどり、池田 俊明、灰野 岳晴, 第28回基礎有機化学討論会, 2017年09月07日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 九州大学 伊都キャンパス
  294. カリックス[4]アレーンによって形成されるヘキサゴナルカラム結晶の選択的吸脱着, 山崎 祐太朗、関谷 亮、灰野 岳晴, 第28回基礎有機化学討論会, 2017年09月07日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 九州大学 伊都キャンパス
  295. フェニルイソオキサゾリル基を導入した発光性色素のらせん集積体からなるオルガノゲルの円偏光発光, 池田 俊明、平野 喬平、中村 優志、安達 洋平、大下 浄治、灰野 岳晴, 第28回基礎有機化学討論会, 2017年09月07日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 九州大学 伊都キャンパス
  296. 化学修飾ナノグラフェンの構造と機能, 灰野岳晴, 2017年光化学討論会 特別セッション(市民公開講座)「光をあやつるソフトマテリアル最前線」, 2017年09月04日, 招待, 日本語, 光化学協会, 仙台
  297. 2017年08月27日, 招待, 英語
  298. Daisuke Simoyama, Toshiaki Ikeda, Ryo Sekiya, Takeharu Haino, Chirality 2017; ISCD-29, 2017年07月09日, 通常, 英語
  299. 2017年07月09日, 通常, 英語
  300. 2017年07月09日, 通常, 英語
  301. 2017年07月09日, 通常, 英語
  302. 2017年06月26日, 招待, 英語
  303. 2017年06月24日, 招待, 英語
  304. 四本のアルキル鎖で架橋されたビスレゾルシンアレーンの改良合成法とアロステリックなゲスト包接, 下山大輔・山田仁美・池田俊明・関谷亮・灰野岳晴, 第111回有機合成シンポジウム, 2017年06月08日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 岡山大学 津島キャンパス
  305. カリックス[4]アレーンを基盤とした三重らせん型ホスト分子の合成と不斉増幅挙動, 山崎祐太朗・関谷亮・灰野岳晴, 第111回有機合成シンポジウム, 2017年06月08日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 岡山大学 津島キャンパス
  306. フェニルイソオキサゾリル基を有するπ共役系色素からなるらせん超分子ポリマーの合成とキラル光物性, 池田俊明・高山みどり・増田哲也・灰野岳晴, 第111回有機合成シンポジウム, 2017年06月08日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 岡山大学 津島キャンパス
  307. ナノグラフェンの化学修飾と光物性, 関谷亮・植村友一朗・鈴木花歩・山戸海里・灰野岳晴, 第111回有機合成シンポジウム, 2017年06月08日, 通常, 日本語, 有機化学合成協会, 岡山大学 津島キャンパス
  308. INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON PURE & APPLIED CHEMISTRY (ISPAC) 2017, 2017年06月08日, 招待, 英語
  309. 四本のアルキル鎖で架橋されたビスレゾルシンアレーンの改良合成法, 下山大輔・山田仁美・池田俊明・関谷亮・灰野岳晴, 第15回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2017年06月03日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
  310. キラルな架橋剤の添加による超分子ポルフィリンポリマーのらせん構造制御, 丸山慧・灘本昂平・池田俊明・灰野岳晴, 第15回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2017年06月03日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
  311. フェニルイソオキサゾリル基をもったプラチナ錯体からなる超分子ポリマーの重合制御, 塚本英視・高山みどり・池田俊明・灰野岳晴, 第15回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2017年06月03日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
  312. 自己集合カプセルとゲスト分子の会合により生じるA8B2超分子スター型共重合体の合成, 新田菜摘・関谷亮・灰野岳晴, 第15回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2017年06月03日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
  313. フェニルイソオキサゾリル基をもったπ共役系分子を基盤とした超分子ゲルの光機能, 池田俊明・上田祐子・増田哲也・小森直光・安倍学・灰野岳晴, 第15回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2017年06月03日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
  314. ビスレゾルシンアレーンの改良合成法と超分子ポリマーの構築, 下山大輔・山田仁美・池田俊明・関谷亮・灰野岳晴, 第66回高分子学会年次大会, 2017年05月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 千葉県 幕張メッセ
  315. ビスピリジンの配位結合により架橋されたポルフィリン超分子ポリマーのらせん構造, 丸山慧・灘本晃平・池田俊明・灰野岳晴, 第66回高分子学会年次大会, 2017年05月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 千葉県 幕張メッセ
  316. ウレイドピリミジノンを側鎖にもつナノグラフェン超分子ポリマーネットワークの合成, 山戸海里・植村友一朗・関谷亮・灰野岳晴, 第66回高分子学会年次大会, 2017年05月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 千葉県 幕張メッセ
  317. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンを基盤とした超分子ゲルの光捕集機能, 池田俊明・上田祐子・小森直光・安倍学・灰野岳晴, 第66回高分子学会年次大会, 2017年05月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 千葉県 幕張メッセ
  318. 2017年05月28日, 招待, 英語
  319. ポリスチレンを側鎖にもつ超分子カプセルのホストゲスト錯体によるグラフトポリマーの合成, 高塚芽衣; 角田優太; 灰野岳晴, 日本化学会第97春季年会, 2017年03月16日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神奈川
  320. 自己組織化により生じる特異な超分子構造の機能, 灰野岳晴, 日本化学会 第97春季年会 「特別企画」, 2017年03月16日, 招待, 日本語, 日本化学会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス
  321. 平面π電子系化合物の集積によって発現する超分子らせんキラリティーと発光, 灰野岳晴, 日本化学会 第97春季年会 「特別企画」, 2017年03月16日, 招待, 日本語, 日本化学会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス
  322. 三組のホストゲストペアにより配列制御された超分子ABC周期共重合体の構造, 工藤央成 平尾岳大 網本智子 灰野岳晴, 日本化学会第97春季年会, 2017年03月16日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神奈川
  323. 四つのビピリジン部位に置換基を有する自己集合カプセルの分子認識, 前原健志 今村太亮 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第97春季年会, 2017年03月16日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神奈川
  324. キラルなビスピリジンによる超分子ポルフィリンポリマーのらせん構造制御, 丸山慧 灘本昂平 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第97春季年会, 2017年03月16日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神奈川
  325. ビスレゾルシンアレーンの合成, 下山大輔 山田仁美 池田俊明 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第97春季年会, 2017年03月16日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神奈川
  326. デザインされた分子認識により形成される超分子構造と機能, 灰野岳晴, 平成28年度 高分子学会東海支部 東海シンポジュウム, 2017年01月12日, 招待, 日本語, 高分子学会, 名古屋
  327. カリックス[4]アレーンを複数有する三重らせん型ホスト分子の不斉増幅挙動, 山崎祐太朗 関谷亮 灰野岳晴, 第10回有機π電子系シンポジウム, 2016年12月16日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 京都
  328. ホスホン酸エステルにより架橋されたビスキャビタンドの協同的ゲスト包接挙動, 下山大輔, 池田俊明, 関谷亮, 灰野岳晴, 第10回有機π電子系シンポジウム, 2016年12月16日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 京都
  329. 2016年12月10日, 通常, 英語
  330. 2016年12月10日, 通常, 英語
  331. 2016年12月10日, 通常, 英語
  332. 【高効率発光材料】グラフェンと有機材料の複合化による白色発光炭素材料の創製, 灰野岳晴, 5回 島津新素材セミナー 2016 最先端の機能性高分子化学素材 ~最新の高分子化学研究をご紹介~, 2016年11月25日, 招待, 日本語, 株式会社島津製作所, 東京
  333. 2016年11月10日, 招待, 日本語
  334. 2016年11月09日, 招待, 英語
  335. 8本のポリスチレン側鎖を導入した超分子カプセルの合成, 高塚芽衣 角田優太 灰野岳晴, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月05日, 通常, 日本語, 日本化学会, 香川
  336. 配位結合により架橋された超分子ポルフィリンポリマーのらせん構造, 丸山慧 灘本昂平 池田俊明 灰野岳晴, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月05日, 通常, 日本語, 日本化学会, 香川
  337. 分子集積化による新しいポリマーの開発, 灰野岳晴, 産総研・広島大学環境共生スマート材料研究拠点連携セミナープログラム, 2016年09月26日, 招待, 日本語, 産業技術総合研究所, 筑波
  338. ポリマーを側鎖に持つキャビタンドの合成, 高塚芽衣 灰野岳晴, 第65回高分子討論会, 2016年09月14日, 通常, 日本語, 高分子学会, 神奈川
  339. 発光性グラフェン量子ドットの合成, 灰野岳晴 植村友一朗 鈴木花歩 関谷 亮, 第65回高分子討論会, 2016年09月14日, 通常, 日本語, 高分子学会, 神奈川
  340. フェニルイソオキサゾリル基を導入した平面π共役系分子の超分子ポリマー形成における共同性, 池田俊明 足立浩明 飯島辰弥 関谷亮 灰野岳晴, 第65回高分子討論会, 2016年09月14日, 通常, 日本語, 高分子学会, 神奈川
  341. フェニルイソオキサゾリル基を導入したジチエノゲルモールの自己集合によって生成するキラル超分子ポリマーの光物性, 平野喬平 安達洋平 中村優志 池田俊明 大下浄治 灰野岳晴, 第65回高分子討論会, 2016年09月14日, 通常, 日本語, 高分子学会, 神奈川
  342. 金属配位を用いたテトラキスポルフィリン超分子ポリマーの高次構造制御, 丸山慧 灘本昂平 池田俊明 灰野岳晴, 第65回高分子討論会, 2016年09月14日, 通常, 日本語, 高分子学会, 神奈川
  343. 分子認識により生成する超分子ポリマーの設計と合成, 灰野岳晴, 日本セラミック協会第29回秋期シンポジュウム, 2016年09月07日, 招待, 日本語, 日本セラミック協会, 東広島
  344. フェニルイソオキサゾリル基をもった平面π共役分子の自己集合における共同性, 池田俊明 足立浩明 飯島辰弥 関谷亮 灰野岳晴, 第27回基礎有機化学討論会, 2016年09月01日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 広島
  345. フェニルイソオキサゾリル基を導入したジチエノゲルモールの自己集合とキラル光物性, 平野喬平 安達洋平 中村優志 池田俊明 大下浄治 灰野岳晴, 第27回基礎有機化学討論会, 2016年09月01日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 広島
  346. 特異な分子認識により生成する超分子ABC周期共重合体の合成, 工藤央成 平尾岳大 灰野岳晴, 第27回基礎有機化学討論会, 2016年09月01日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 広島
  347. カリックス[4]アレーンからなる内部空孔を持つ三重らせん型錯体の協同的ゲスト包接, 山崎祐太朗 関谷亮 灰野岳晴, 第27回基礎有機化学討論会, 2016年09月01日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 広島
  348. 超分子架橋を用いた亜鉛テトラキスポルフィリン超分子ポリマーの高次構造制御, 丸山慧 灘本昂平 池田俊明 灰野岳晴, 第27回基礎有機化学討論会, 2016年09月01日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 広島
  349. レゾルシンアレーン骨格を持つビスキャビタンドの協同的ゲスト包接, 下山大輔 池田俊明 関谷亮 灰野岳晴, 第27回基礎有機化学討論会, 2016年09月01日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 広島
  350. 非共有結合を操り、ポリマーを合成する, 灰野岳晴, 第10回超分子若手懇談会, 2016年08月29日, 招待, 日本語, 高分子学会, 三浦市,神奈川
  351. レゾルシンアレーン骨格をもつビスキャビタンドのゲスト包接における協同性, 下山大輔 池田俊明 関谷亮 灰野岳晴, 第10回超分子若手懇談会, 2016年08月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 神奈川
  352. カリックスアレーン•C60およびビスポルフィリンの会合により形成される超分子ポリマーの創製, 灰野岳晴, 環境共生スマート材料研究拠点 講演会, 2016年07月26日, 招待, 日本語, 環境共生スマート材料研究拠点, 東広島
  353. 2016年07月10日, 通常, 日本語
  354. 2016年07月10日, 通常, 英語
  355. 2016年07月10日, 通常, 英語
  356. 2016年06月20日, 招待, 英語
  357. 三種類のホスト・ゲスト錯体を基盤とした超分子ABC周期共重合体の合成, 工藤央成 平尾岳大 灰野岳晴, 第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2016年06月03日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 高知
  358. カリックス[4]アレーンからなる包接サイトを複数有する三重らせん型錯体の協同的なゲスト包接, 山崎祐太朗 関谷亮 灰野岳晴, 第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2016年06月03日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 高知
  359. カリックス[5]アレーン共結晶中における小分子ゲストの挙動解析, 加治木泰範 関谷亮 灰野岳晴, 第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2016年06月03日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 高知
  360. ホスホン酸エステルによって水酸基を架橋されたビスキャビタントの協同的ゲスト包接, 下山大輔 池田俊明 関谷亮 灰野岳晴, 第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2016年06月03日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 高知
  361. 2016年05月29日, 招待, 英語
  362. 2016年05月29日, 招待, 英語
  363. カリックスアレーン•C60およびビスポルフィリンの会合により形成される超分子ポリマーの創製, 灰野岳晴, 第65回高分子学会年次大会, 2016年05月25日, 招待, 日本語, 高分子学会, 神戸
  364. 三種類のホスト・ゲスト相互作用により構造制御された超分子三元周期共重合体の合成, 工藤央成 平尾岳大 灰野岳晴, 第65回高分子学会年次大会, 2016年05月25日, 通常, 日本語, 高分子学会, 兵庫
  365. カリックス[4]アレーンを有する三重らせん型錯体の協同的ゲスト包接挙動, 山崎祐太朗 関谷亮 灰野岳晴, 第65回高分子学会年次大会, 2016年05月25日, 通常, 日本語, 高分子学会
  366. 超分子架橋を用いたポルフィリン超分子ポリマーの構造制御, 丸山慧 灘本昂平 池田俊明, 第65回高分子学会年次大会, 2016年05月25日, 通常, 日本語, 高分子学会, 兵庫
  367. 分子認識により構造制御された超分子ポリマーの創製, 灰野岳晴, 新学術領域研究「元素ブロック高分子材料の創出」第 8 回公開シンポジウム, 2016年05月19日, 通常, 日本語, 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究, 東広島
  368. 超分子を利用した新機能の創製, 灰野岳晴, 先進機能物質研究センター シンポジウム, 2016年05月07日, 招待, 日本語, 先進機能物質研究センター, 東広島
  369. 有機置換基を導入したナノグラフェンの合成と発光挙動, 鈴木花歩 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第96春季年会, 2016年03月24日, 通常, 日本語, 日本化学会, 同志社大学京田辺キャンパス
  370. フェニルイソオキサゾリル基を導入したC3対称ベンゾトリチオフェン誘導体の協同的自己集合, 足立浩明 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第96春季年会, 2016年03月24日, 通常, 日本語, 日本化学会, 同志社大学京田辺キャンパス
  371. 特異な分子認識により駆動される超分子ポリマーの合成と物性, 灰野岳晴, 日本化学会 第96春季年会 「特別企画」, 2016年03月24日, 招待, 日本語, 日本化学会, 同志社大学 京田辺キャンパス
  372. 超分子架橋によるポルフィリン超分子ポリマーの構造制御, 灘本昂平 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第96春季年会, 2016年03月24日, 通常, 日本語, 日本化学会, 同志社大学京田辺キャンパス
  373. フェニルイソオキサゾリル基を導入したペリレンビスイミドからなる発光性ゲル, 池田俊明 増田哲也 灰野岳晴, 日本化学会第96春季年会, 2016年03月24日, 通常, 日本語, 日本化学会, 同志社大学京田辺キャンパス
  374. ウレイドピリミジノンで修飾したグラフェンの会合挙動, 植村友一朗 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第96春季年会, 2016年03月24日, 通常, 日本語, 日本化学会, 同志社大学京田辺キャンパス
  375. フェニルイソオキサゾリル基を導入したPt(II)らせん集積体からなる発光性メタロゲルのキラル光物性, 平野喬平 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第96春季年会, 2016年03月24日, 通常, 日本語, 日本化学会, 同志社大学京田辺キャンパス
  376. フェニルイソオキサゾリル基をもった発光性分子の自己集合とキラル光物性, 平野喬平 安達洋平 中村優志 池田俊明 大下浄治 灰野岳晴, 日本化学会第96春季年会, 2016年03月24日, 通常, 日本語, 日本化学会, 同志社大学京田辺キャンパス
  377. カリックス[4]アレーンを用いた三重らせん型錯体の協同的ホストゲスト錯形成, 山崎祐太朗 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第96春季年会, 2016年03月24日, 通常, 日本語, 日本化学会, 同志社大学京田辺キャンパス
  378. 2016年03月07日, 招待, 日本語
  379. 2015年12月15日, 通常, 英語
  380. 2015年12月15日, 通常, 英語
  381. 2015年12月15日, 通常, 英語
  382. 2015年12月15日, 通常, 英語
  383. 2015年12月15日, 通常, 英語
  384. 2015年12月15日, 通常, 英語
  385. 2015年12月15日, 招待, 英語
  386. 2015年12月15日, 通常, 英語
  387. 2015年12月05日, 通常, 英語
  388. 塩基の添加に伴い変化するグラフェン量子ドットの発光, 鈴木花步 関谷亮 灰野岳晴, 第9回有機π電子系シンポジウム, 2015年11月20日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 愛知
  389. 亜鉛ポルフィリンとビスピリジンの配位結合を用いた超分子ポルフィリンポリマーの構造制御, 灘本昂平 池田俊明 灰野岳晴, 第9回有機π電子系シンポジウム, 2015年11月20日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 愛知
  390. フェニルイソオキサゾリル基を導入したπ共役系分子の自己集合における協同性, 池田俊明 足立浩明 飯島辰弥 森坂雄介 関谷亮 灰野岳晴, 第9回有機π電子系シンポジウム, 2015年11月20日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 愛知
  391. ウレイドピリミジノンを導入したグラフェンが示す会合挙動, 植村友一朗 関谷亮 灰野岳晴, 第9回有機π電子系シンポジウム, 2015年11月20日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 愛知
  392. 超分子三元周期共重合体の創製, 平尾岳大 灰野岳晴, 第9回有機π電子系シンポジウム, 2015年11月20日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 愛知
  393. カリックス[4]アレーンを複数有する三重らせん型錯体の協同的ゲスト包接, 山崎祐太朗 関谷亮 灰野岳晴, 第9回有機π電子系シンポジウム, 2015年11月20日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 愛知
  394. キラルビナフチルを導入したカリックス[5]アレーン誘導体とフラーレンを側鎖にもつポリフェニルアセチレンの合成研究, 工藤央成 灰野岳晴, 第9回超分子若手懇談会, 2015年11月12日, 通常, 日本語, 高分子学会, 兵庫
  395. 八つのホスホン酸エステルによって架橋されたビスキャビタンドの協同的錯形成, 下山大輔 関谷亮 池田俊明 灰野岳晴, 第9回超分子若手懇談会, 2015年11月12日, 通常, 日本語, 高分子学会, 兵庫
  396. カリックス[4]アレーンによって形成される結晶中での head-to-tail 型カラム構造, 山崎祐太朗 関谷亮 灰野岳晴, 第24回有機結晶シンポジウム, 2015年11月01日, 通常, 日本語, 日本化学会, 広島
  397. 結晶中におけるカリックス[5]アレーンの小分子認識, 加治木泰範 関谷亮 灰野岳晴, 第24回有機結晶シンポジウム, 2015年11月01日, 通常, 日本語, 日本化学会, 広島
  398. 2015年10月18日, 招待, 英語
  399. 機能性分子骨格を組み込んだ超分子集合体の化学, 灰野岳晴, 東京工業大学大学院総合理工学研究科物質化学専攻, 2015年10月13日, 招待, 日本語, 東京工業大学, 東京工業大学大学院総合理工学研究科物質化学専攻
  400. 発光性キラル超分子集積体, 灰野岳晴, 元素ブロック発光材料分科会, 2015年09月29日, 通常, 日本語, 元素ブロック発光材料分科会, 大阪市立工業研究所
  401. 塩基の添加により変化するグラフェン量子ドットの発光, 鈴木花步 関谷亮 灰野岳晴, 第26回基礎有機化学討論会, 2015年09月24日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 愛媛
  402. ビスピリジンと亜鉛ポルフィリンの配位結合を用いた超分子ポルフィリンポリマーの構造制御, 灘本昂平 池田俊明 灰野岳晴, 第26回基礎有機化学討論会, 2015年09月24日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 愛媛
  403. フェニルイソオキサゾリル基をもったπ共役分子の協同的自己集合, 池田俊明 足立浩明 飯島辰弥 森坂雄介 関谷亮 灰野岳晴, 第26回基礎有機化学討論会, 2015年09月24日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 愛媛
  404. ビス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンをもつPt(II)錯体からなる発光性超分子メタロゲル, 平野喬平 池田俊明 灰野岳晴, 第26回基礎有機化学討論会, 2015年09月24日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 愛媛
  405. 特異な分子認識により生成する配列制御された超分子三元交互共重合体, 平尾岳大 灰野岳晴, 第26回基礎有機化学討論会, 2015年09月24日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 愛媛
  406. 八つのホスホン酸エステルによって架橋されたビスキャビタンドのゲスト包接における協同性, 下山大輔 関谷亮 池田俊明 灰野岳晴, 第26回基礎有機化学討論会, 2015年09月24日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 愛媛
  407. 2015年09月21日, 招待, 英語
  408. 長鎖アルキルにより周辺修飾されたグラフェン量子ドットの発光挙動, 鈴木花步 関谷亮 灰野岳晴, 第64回高分子討論会, 2015年09月15日, 通常, 日本語, 高分子学会, 宮城
  409. 分子カプセルによるゲスト包接を駆動力とした超分子グラフト共重合体の合成, 灰野岳晴 角田優太 関谷亮, 第64回高分子討論会, 2015年09月15日, 通常, 日本語, 高分子学会, 宮城
  410. ウレイドピリミジノンを導入したグラフェンが形成する超分子ポリマーネットワーク, 植村友一朗 関谷亮 灰野岳晴, 第64回高分子討論会, 2015年09月15日, 通常, 日本語, 高分子学会, 宮城
  411. 分子認識により生成する高度に配列制御された超分子三元共重合体, 平尾岳大 灰野岳晴, 第64回高分子討論会, 2015年09月15日, 通常, 日本語, 高分子学会, 宮城
  412. 八つのホスホン酸エステルにより架橋されたビスキャビタンドの協同的錯形成, 下山大輔 山田仁美 池田俊明 関谷亮 灰野岳晴, 第64回高分子討論会, 2015年09月15日, 通常, 日本語, 高分子学会, 宮城
  413. 分子間相互作用により制御される超分子集合体の化学, 灰野岳晴, コニカミノルタ 八王子, 2015年08月18日, 招待, 日本語, コニカミノルタ, コニカミノルタ 八王子
  414. 長鎖アルキルで周辺修飾されたグラフェン量子ドットの発光挙動, 鈴木花步 関谷亮 灰野岳晴, 第50回反応有機若手の会, 2015年07月29日, 通常, 日本語, 日本化学会, 広島
  415. 八つのホスホン酸エステルにより架橋されたビスキャビタンドの合成と錯形成における協同性, 下山大輔 池田俊明 関谷亮 灰野岳晴, 第50回反応有機若手の会, 2015年07月29日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 広島
  416. 三種のホストゲスト錯体による分子認識を駆動力とした超分子ポリマーの構築, 平尾岳大 灰野岳晴, 第61回高分子研究発表会, 2015年07月17日, 通常, 日本語, 高分子学会, 兵庫
  417. 2015年07月15日, 招待, 英語
  418. 2015年07月05日, 通常, 英語
  419. フェニルイソオキサゾリル基を導入したπ共役系分子の協同的自己集合, 池田俊明 足立浩明 飯島辰弥 森坂雄介 関谷亮 灰野岳晴, 第13回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2015年06月06日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 宮城
  420. ビス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンを導入したPt(II)錯体によって形成される発光性メタロゲル, 平野喬平 池田俊明 灰野岳晴, 第13回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2015年06月06日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 宮城
  421. 結晶中におけるカリックス[5]アレーンの小分子ゲスト認識, 加治木泰範 関谷亮 灰野岳晴, 第13回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2015年06月06日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 宮城
  422. ホスホン酸エステルによって水酸基を架橋したビスキャビダントの合成とアンモニウム塩の包接における協同性, 下山大輔 山田仁美 関谷亮 池田俊明 灰野岳晴, 第13回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2015年06月06日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 宮城
  423. フェニルイソオキサゾリル基をもつC3対称のベンゾトリチオフェン誘導体の協同的自己集合, 足立浩明 池田俊明 灰野岳晴, 第64回高分子学会年次大会, 2015年05月27日, 通常, 日本語, 高分子学会
  424. ゲスト分子の添加により構造転移するテトラキスポルフィリンを基盤とした超分子ポリマー, 灘本昂平 多井允宣 池田俊明 灰野岳晴, 第64回高分子学会年次大会, 2015年05月27日, 通常, 日本語, 高分子学会, 北海道
  425. 周辺を5員環イミドで修飾したグラフェン量子ドットの物性, 植村友一朗 関谷亮 灰野岳晴, 第64回高分子学会年次大会, 2015年05月27日, 通常, 日本語, 高分子学会, 北海道
  426. ビス(フェニルイソオキサゾリル)フェニルアセチレン配位子をもつPt(II)錯体によって形成される超分子メタロゲル, 平野喬平 池田俊明 灰野岳晴, 第64回高分子学会年次大会, 2015年05月27日, 通常, 日本語, 高分子学会, 北海道
  427. 2015年05月27日, 通常, 日本語, 高分子学会, 北海道
  428. フェニルイソオキサゾリル基をもったベンゾトリチオフェン誘導体の協同的自己集合, 足立浩明 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  429. 分子カプセルによるキラルなゲストのジアステレオ選択的な包接, 角田優太 福田克哲 関谷亮 古山渓行 小林長夫 灰野岳晴, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  430. 分子カプセルの分子認識を利用した超分子グラフト共重合体の合成, 角田優太 灰野岳晴, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  431. Huisgen環化により修飾したグラフェン量子ドットの物性, 植村友一郎 鈴木花歩 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  432. ビス(フェニルイソオキサゾリル)フェニルアセチレン配位子をもつPt(II)錯体の自己集合により生成する超分子メタロゲル, 平野喬平 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  433. 結晶中におけるカリックス[5]アレーンのゲスト認識, 加治木泰範 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  434. ヒストンテールを選択的に認識するカリックスアレーンホスト分子の合成, 加治木泰範 栃尾尚哉 上脇隼一 楯真一 灰野岳晴, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  435. フェニルイソオキサゾリル基をもったベンゾトリチオフェン誘導体の協同的自己集合, 足立浩明 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  436. 自己集合カプセルにより提供される非対称空間のキラルメモリー, 今村太亮 福田克哲 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  437. ホスホン酸エステルにより水酸基を架橋したビスキャビタンドの合成とゲスト包接挙動, 下山大輔 山田仁美 池田俊明 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 第95春季年会, 千葉
  438. 2015年03月23日, 招待, 日本語
  439. 発光性π共役分子の開発, 灰野岳晴, 元素ハイブリッド研究会 第7回研究会, 2015年03月18日, 招待, 日本語, 元素ハイブリッド研究会, 地方独立行政法人大阪市立工業研究所 3階大講堂
  440. 特異な分子認識により制御される超分子構造, 灰野岳晴, 第3回 エキゾチック自己組織化材料シンポジウム, 2014年12月18日, 招待, 日本語, 日本化学会, 鳥取
  441. 2014年12月13日, 通常, 英語
  442. 2014年12月02日, 通常, 英語
  443. 2014年11月27日, 招待, 英語
  444. ホストゲスト錯体の形成により構造転移するテトラキスポルフィリンを基盤とした超分子ポリマー, 灘本昂平 多井允宣 池田俊明 灰野岳晴, 第8回有機π電子系シンポジウム, 2014年11月21日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 佐賀
  445. フェニルイソオキサゾリル基を配位子にもつPt(II)フェニルビピリジン錯体のらせん集積体形成と発光特性, 池田俊明 高山みどり 灰野岳晴, 第8回有機π電子系シンポジウム, 2014年11月21日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 佐賀
  446. 化学修飾されたグラフェン量子ドットの発光特性, 植村友一郎 関谷亮 灰野岳晴, 第8回有機π電子系シンポジウム, 2014年11月21日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 佐賀
  447. p-tert-Butylcalix[5]areneの分子認識, 加治木泰範 関谷亮 灰野岳晴, 第8回有機π電子系シンポジウム, 2014年11月21日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 佐賀
  448. 分子間相互作用を操り機能を制御する, 灰野岳晴, 14-1無機高分子研究会, 2014年10月03日, 招待, 日本語, 高分子学会, 伊東市富戸字先原 1317-5014 日本ゼオン(株)研修所 一碧荘
  449. アゾベンゼン骨格と長鎖アルキル基を有したトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンが形成する光応答性のトロイド型超分子ナノ構造, 足立浩明 平井裕子 池田俊明 灰野岳晴, 第63回高分子討論会, 2014年09月24日, 通常, 日本語, 高分子学会, 長崎
  450. 分子カプセルとキラルなゲストのジアステレオ選択的な会合を利用した超分子グラフト共重合体の合成, 角田優太 関谷亮 灰野岳晴, 第63回高分子討論会, 2014年09月24日, 通常, 日本語, 高分子学会, 長崎
  451. フェニルイソオキサゾリル基を導入した光機能性分子の自己集合挙動と光学特性, 灰野岳晴 高山みどり 飯島辰弥 池田俊明 関谷亮, 第63高分子討論会 特定テーマ 4.π電子集積型高分子・超分子, 2014年09月24日, 招待, 日本語, 高分子学会, 長崎
  452. 元素ブロック超分子ポリマーの合成と性質, 灰野岳晴 金城可愛志 平尾岳大, 第63高分子討論会 特定テーマS3. 元素ブロック高分子の創成と機能, 2014年09月24日, 招待, 日本語, 高分子学会, 長崎
  453. 座長, 灰野岳晴, 第63高分子討論会, 2014年09月24日, 招待, 日本語, 高分子学会, 長崎
  454. ゲスト分子の包接により構造転移するテトラキスポルフィリンを基盤とした超分子ポリマー, 灘本昂平 多井允宣 池田俊明 灰野岳晴, 第63回高分子討論会, 2014年09月24日, 通常, 日本語, 高分子学会, 長崎
  455. ビスポルフィリンクレフトの分子認識により形成する超分子ブロック共重合体の合成, 多田航 壹岐蓉子 池田俊明 灰野岳晴, 第63回高分子討論会, 2014年09月24日, 通常, 日本語, 高分子学会, 長崎
  456. 白色発光を示すグラフェン量子ドットの合成, 関谷亮 植村友一郎 鈴木花歩 灰野岳晴, 第25回基礎有機化学討論会, 2014年09月07日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 宮城
  457. 分子カプセルによるゲスト分子のジアステレオ選択的な包接を利用した超分子グラフト共重合体の合成, 角田優太 関谷亮 灰野岳晴, 第25回基礎有機化学討論会, 2014年09月07日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 宮城
  458. テトラキスポルフィリンとビストリニトロフルオレノン誘導体のホストゲスト相互作用により生成する超分子ポリマー, 灘本昂平 多井允宣 池田俊明 灰野岳晴, 第25回基礎有機化学討論会, 2014年09月07日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 宮城
  459. フェニルイソオキサゾリル基を導入したカルバゾール誘導体の協同的自己集合, 池田俊明 飯島辰弥 関谷亮 灰野岳晴, 第25回基礎有機化学討論会, 2014年09月07日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 宮城
  460. 周辺修飾により変化するグラフェン量子ドットの発光, 植村友一郎 鈴木花歩 関谷亮 灰野岳晴, 第25回基礎有機化学討論会, 2014年09月07日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 宮城
  461. カリックスアレーンを複数有する配位子からなる三重螺旋型錯体の螺旋キラリティー, 山﨑祐太朗 関谷亮 灰野岳晴, 第25回基礎有機化学討論会, 2014年09月07日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 宮城
  462. リン酸エステルにより架橋したビスキャビタンドの協同的ゲスト包接, 下山大輔 山田仁美 池田俊明 関谷亮 灰野岳晴, 第25回基礎有機化学討論会, 2014年09月07日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 宮城
  463. カリックス[4]アレーンを複数有する配位子からなる三重螺旋型超分子錯体のキラリティー誘起, 山﨑祐太朗 関谷亮 灰野岳晴, 第30回若手化学者のための化学道場, 2014年08月29日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 岡山
  464. ビスポルフィリンクレフトの分子認識により形成する超分子ブロック共重合体の合成, 多田航 壹岐蓉子 池田俊明 灰野岳晴, 第30回若手化学者のための化学道場, 2014年08月29日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 岡山
  465. リン酸エステルにより水酸基を架橋したビスキャビタンドの協同的ゲスト包接, 下山大輔 山田仁美 池田俊明 関谷亮 灰野岳晴, 第30回若手化学者のための化学道場, 2014年08月29日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 岡山
  466. Collaborative Conference on 3D & Materials Research (CC3DMR) 2014, 2014年06月23日, 招待, 英語
  467. 2014年06月07日, 通常, 日本語
  468. 座長, 2014年06月07日, 通常, 英語
  469. フェニルイソオキサゾリル基を導入したプラチナ錯体のらせん集積体形成と発光特性, 池田俊明 高山みどり 灰野岳晴, 第13回ホスト•ゲスト化学シンポジウム, 2014年05月31日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 東京
  470. フェニルイソオキサゾリル基を導入したカルバゾール誘導体の自己集合における協同性, 池田俊明 飯島辰弥 関谷亮 灰野岳晴, 第13回ホスト•ゲスト化学シンポジウム, 2014年05月31日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 東京
  471. リン酸エステルによって水酸基を架橋したビスキャビタンドとアンモニウム塩の分子認識, 山田仁美 池田俊明 灰野岳晴, 第13回ホスト•ゲスト化学シンポジウム, 2014年05月31日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 東京
  472. 分子カプセルとビフェニル誘導体のホスト-ゲスト錯体を利用した超分子グラフト共重合体の合成, 角田優太 関谷亮 灰野岳晴, 第63回高分子年次大会, 2014年05月28日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛知
  473. 分子認識により駆動されるテトラキスポルフィリンを基盤とした超分子ポリマーの形成, 灘本昂平 多井允宣 池田俊明 灰野岳晴, 第63回高分子年次大会, 2014年05月28日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛知
  474. 脂溶性グラフェン量子ドットの合成, 植村友一郎 関谷亮 灰野岳晴, 第63回高分子年次大会, 2014年05月28日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛知
  475. 第63回高分子年次大会, 2014年05月28日, 通常, 日本語, 高分子学会, 愛知
  476. 2014年05月11日, 招待, 英語
  477. 2014年04月01日, 通常, 英語
  478. 2014年03月31日, 通常, 英語
  479. フェニルイソオキサゾリル基を導入したプラチナ錯体のらせん集積体がもたらす凝集誘起発光と円偏光発光(1), 高山みどり 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第94春季年会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 愛知
  480. フェニルイソオキサゾリル基を導入したカルバゾール誘導体の自己集合挙動, 飯島辰弥 池田俊明 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第94春季年会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 愛知
  481. アゾベンゼン部位を導入したトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン誘導体からなる超分子ナノ構造, 足立浩明 平井裕子 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第94春季年会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 愛知
  482. 分子カプセルによるゲストの包接を利用した超分子グラフと共重合体, 角田優太 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第94春季年会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 愛知
  483. 座長, 灰野岳晴, 日本化学会第94春季年会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 愛知
  484. 亜鉛テトラキスポルフィリンを基盤とした超分子ポリマーの合成, 灘本昂平 多井允宣 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第94春季年会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 愛知
  485. 有機溶媒に可溶な化学修飾されたグラフェン量子ドットの合成と発光, 植村友一郎 関谷亮 村上秀樹 灰野岳晴, 日本化学会第94春季年会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 愛知
  486. テトラキスポルフィリンとビストリニトロフルオレノン誘導体の会合により生成する超分子ブロック共重合体, 多井允宣 灘本昂平 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第94春季年会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 愛知
  487. ビピリジンを導入したレゾルシンアレーン誘導体の金属配位により自己集合した超分子カプセル, 今村太亮 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第94春季年会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 愛知
  488. 座長, 灰野岳晴, 2014年03月10日, 通常, 日本語, 日本学術振興会
  489. 分子認識により駆動される超分子ポリマー, 灰野岳晴, 第 48 回 (2013年度) 高分子学会北海道支部研究発表会, 2014年01月28日, 招待, 日本語, 高分子学会, 札幌
  490. 2013年12月14日, 通常, 英語, Nano Bio Info Chemistry Symposium, Hiroshima
  491. 2013年12月14日, 通常, 英語
  492. カリックス[4] アレーンが形成するhead-to-tail型カラム構造, 山崎祐太朗 片山進 関谷亮 灰野岳晴, 第7回有機π電子系シンポジウム, 2013年12月13日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 群馬
  493. フェニルイソオキサゾール骨格を基盤とした新規カルバゾールデンドリマーの合成研究, 飯島辰弥 池田俊明 関谷亮 灰野岳晴, 2013年日本化学会中四国支部大会, 2013年11月16日, 通常, 日本語, 日本化学会, 広島
  494. ビス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン誘導体を導入しプラチナ錯体のらせん集積と凝集誘起発光, 高山みどり 池田俊明 灰野岳晴, 第3回CSJ化学フェスタ2013, 2013年10月21日, 通常, 日本語, 日本化学会, 東京
  495. ダンベル型フラーレンとカリックス[5]アレーン多量体を基盤とした超分子ポリマー, 平尾岳大 池田俊明 灰野岳晴, 第3回CSJ化学フェスタ2013, 2013年10月21日, 通常, 日本語, 日本化学会, 東京
  496. テトラキスポルフィリンとビストリニトロフルオレノン誘導体の会合による超分子ポリマー, 多井允宣 渡辺亮英 池田俊明 灰野岳晴, 第3回CSJ化学フェスタ2013, 2013年10月21日, 通常, 日本語, 日本化学会, 東京
  497. 2013年09月26日, 招待, 英語
  498. 座長, 灰野岳晴, 第30回有機合成化学セミナー, 2013年09月17日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 岡山
  499. ペリレンビスイミドを導入した トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの自己集積, 池田俊明 増田哲也 平尾岳大 灰野岳晴, 第30回有機合成化学セミナー, 2013年09月17日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 岡山
  500. ダンベル型フラーレンと複数のフラーレン包接部位をもつホスト分子から生成する超分子集合体の会合挙動, 平尾岳大 池田俊明 灰野岳晴, 第30回有機合成化学セミナー, 2013年09月17日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 岡山
  501. ビスカリックス[4]レゾルシンアレーンの改良合成と 水素結合による超分子ポリマーの構築, 山田仁美 池田俊明 水田勉 灰野岳晴, 第30回有機合成化学セミナー, 2013年09月17日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 岡山
  502. 光機能性部位を導入したとリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンのらせん集積とキロプティカル特性, 灰野岳晴 増田哲也 高山みどり 平尾岳大 池田俊明, 第62回高分子討論会 特定テーマ 3.キラル高分子・超分子の創製と機能開拓, 2013年09月11日, 招待, 日本語, 高分子学会, 金沢
  503. カリックス[5]アレーンとフラーレンのホスト-ゲスト相互作用を利用した超分子フラーレンポリマーネットワーク, 平尾岳大 池田俊明 灰野岳晴, 第62回高分子討論会, 2013年09月11日, 通常, 日本語, 高分子学会, 金沢
  504. ビス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン誘導体を導入したプラチナ錯体の自己集合とらせん制御, 高山みどり 池田俊明 灰野岳晴, 第24回基礎有機化学討論会, 2013年09月05日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 東京
  505. アゾベンゼン部位を有するトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの超分子ナノ構造, 足立浩明 平井裕子 池田俊明 灰野岳晴, 第24回基礎有機化学討論会, 2013年09月05日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 東京
  506. 座長, 灰野岳晴, 第24回基礎有機化学討論会, 2013年09月05日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 東京
  507. ペリレンビスイミドを導入した発光性とリス(フェニルイソオキサゾリルベンゼン)の自己集積, 池田俊明 増田哲也 平尾岳大 灰野岳晴, 第24回基礎有機化学討論会, 2013年09月05日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 東京
  508. 4-4'-ジアセトキシビフェニルと自己集合カプセルの分子認識を利用した超分子グラフト共重合体, 角田優太 関谷亮 灰野岳晴, 第29回若手化学者のための化学道場, 2013年08月30日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 広島
  509. 座長, 灰野岳晴, 第29回若手化学者のための化学道場, 2013年08月30日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 広島
  510. カリックス[5]アレーン多量体とダンベル型フラーレンを基盤とした主鎖型超分子フラーレンポリマー, 平尾岳大 池田俊明 灰野岳晴, 第29回若手化学者のための化学道場, 2013年08月30日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 広島
  511. 2013年07月28日, 通常, 日本語
  512. Collaborative Conference on 3D & Materials Research (CC3DMR) 2013, 2013年06月24日, 招待, 英語
  513. head-to-tail型超分子亜鉛ポルフィリンポリマーの配位による架橋, 金城可愛志 渡辺亮英 池田俊明 灰野岳晴, 第62回高分子学会年次大会, 2013年05月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 京都
  514. 座長, 灰野岳晴, 第62回高分子学会年次大会, 2013年05月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 京都
  515. ヘキサキスカリックス[5]アレーンとダンベル型フラーレンにより形成される多次元超分子フラーレンネットワーク, 平尾岳大 池田俊明 灰野岳晴, 第62回高分子学会年次大会, 2013年05月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 京都
  516. アルキル鎖で架橋されたビスカリックス[4]レゾルシンアレーンの改良合成と超分子ポリマーの開発, 山田仁美 池田俊明 水田勉 灰野岳晴, 第62回高分子学会年次大会, 2013年05月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 京都
  517. 第62高分子学会年次大会, 2013年05月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 京都
  518. 4,4'-ジアセトキシビフェニルをもつポリマーとレゾルシンアレーン誘導体からなる自己集合カプセルの分子認識を利用した超分子グラフト共重合体, 角田優太 関谷亮 灰野岳晴, 第10回ホスト•ゲスト化学シンポジウム, 2013年05月25日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 和歌山
  519. 座長, 灰野岳晴, 第10回ホスト•ゲスト化学シンポジウム, 2013年05月25日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 和歌山
  520. ペリレンビスイミドを導入したトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの自己集合, 池田俊明 増田哲也 平尾岳大 灰野岳晴, 第10回ホスト•ゲスト化学シンポジウム, 2013年05月25日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 和歌山
  521. ダブルカリックス[5]アレーンとトリス(2,2'-ビピリジル)ルテニウム錯体の包接挙動, 森坂雄介 灰野岳晴, 第10回ホスト•ゲスト化学シンポジウム, 2013年05月25日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 和歌山
  522. カリックス[5]アレーンとフラーレンのホスト-ゲスト相互作用により形成する超分子フラーレンポリマー, 平尾岳大 池田俊明 灰野岳晴, 第10回ホスト•ゲスト化学シンポジウム, 2013年05月25日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 和歌山
  523. アゾベンゼン骨格を有するとリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの超分子ナノ構造, 平井裕子 足立浩明 池田俊明 灰野岳晴, 第10回ホスト•ゲスト化学シンポジウム, 2013年05月25日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 和歌山
  524. 2013年05月12日, 通常, 英語
  525. 2013年05月12日, 招待, 英語
  526. ビス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン誘導体を導入したPt錯体のらせん集積挙動, 高山みどり 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第93春季年会, 2013年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 滋賀
  527. ビスピリジン配位子によるhead-to-tail型亜鉛ポルフィリン超分子ポリマーの架橋, 金城可愛志 渡辺亮英 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第93春季年会, 2013年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 滋賀
  528. ビスカリックス[4]レゾルシンアレーンの改良合成と超分子ポリマーの開発, 山田仁美 池田俊明 水田勉 灰野岳晴, 日本化学会第93春季年会, 2013年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 滋賀
  529. ビス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン誘導体を導入したPt錯体のらせん集積, 高山みどり 池田俊明 灰野岳晴, 第6回有機π電子系シンポジウム, 2012年12月14日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 愛媛
  530. head-to-tail型超分子亜鉛ポリフィリンポリマーとビスピリジン配位子による超分子ネットワークの構築, 金城可愛志 渡辺亮英 灰野岳晴, 第6回有機π電子系シンポジウム, 2012年12月14日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 愛媛
  531. カリックス[5]アレーンホストとフラーレンゲストによる超分子フラーレンネットワークの構築とキラル部位がネットワークに及ぼす影響, 平尾岳大 池田俊明 灰野岳晴, 第6回有機π電子系シンポジウム, 2012年12月14日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 愛媛
  532. 2012年12月08日, 通常, 英語
  533. 2012年12月08日, 通常, 英語
  534. 多様な分子間相互作用が織りなす超分子構造と革新的機能, 灰野岳晴, 近畿化学協会有機金属部会「第3回例会」, 2012年10月26日, 招待, 日本語, 近畿化学協会 有機金属部会, 広島大学
  535. 座長, 2012年10月22日, 招待, 英語
  536. 2012年10月22日, 招待, 日本語
  537. 2012年10月15日, 招待, 英語, 日本学術振興会
  538. 2012年10月15日, 招待, 英語, 日本学術振興会
  539. ビス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン誘導体を導入したPt錯体の自己集合, 高山みどり 池田俊明 灰野岳晴, 第23回基礎有機化学討論会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 京都
  540. カリックス[5]アレーンとフラーレンのホスト—ゲスト相互作用を基盤とした超分子ポリマー, 灰野岳晴 平尾岳大 平井恵梨 池田俊明, 第61回高分子討論会 特定テーマS13 特異形態を持つ高分子組織化材料の創製と機能, 2012年09月19日, 招待, 日本語, 高分子学会, 名古屋工業大学
  541. ペリレンビスイミドを導入したトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンのらせん集積とキロプティカル物性, 灰野岳晴 増田哲也 平尾岳大 池田俊明 湯浅順平 妻鳥紘之 河合 壯, 第61回高分子討論会 特定テーマS4 キラル高分子・超分子の合成と機能, 2012年09月19日, 招待, 日本語, 高分子学会, 名古屋工業大学
  542. 座長, 灰野岳晴, 第61回高分子討論会 特定テーマS13 特異形態を持つ高分子組織化材料の創製と機能, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 高分子学会, 名古屋工業大学
  543. 2つのカリックス[5]アレーンにより形成されるフラーレン包接部位をもつホモトリトピックホスト分子とダンベル型フラーレンからなる主鎖型フラーレンポリマーネットワークの構築, 平尾岳大 池田俊明 灰野岳晴, 第23回基礎有機化学討論会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 京都
  544. アルキル鎖で架橋されたカリックス[4]アレーン二量体の合成, 山田仁美 池田俊明 水田勉 灰野岳晴, 第23回基礎有機化学討論会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 京都
  545. ビス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン誘導体を導入したPt(II)錯体の合成と自己集合, 高山みどり 池田俊明 灰野岳晴, 第28回若手化学者のための化学道場, 2012年09月07日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会, 島根
  546. 超分子ポリマーの創製, 灰野岳晴, 第61回高分子学会年次大会, 2012年05月29日, 招待, 日本語, 高分子学会, 横浜
  547. ダンベル型フラーレンとヘキサキスカリックス[5]アレーンのホスト-ゲスト相互作用による超分子ネットワーク, 平尾岳大 池田俊明 灰野岳晴, 第61回高分子学会年次大会, 2012年05月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 神奈川
  548. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンとビス(ピリジルエチニル)ベンゼンの会合により誘起されるフォトクロミックな超分子ゲル, 第61回高分子学会年次大会, 2012年05月29日, 通常, 日本語, 高分子学会, 神奈川
  549. カリックス[5]アレーンとフラーレンのホスト-ゲスト相互作用を駆動力としたホモトリトピックホスト分子とダンベル型フラーレンによる超分子ネットワークの構築, 平尾岳大 池田俊明 灰野岳晴, 第9回ホスト•ゲスト化学シンポジウム, 2012年05月26日, 通常, 日本語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会, 北海道
  550. ペリレンビスイミドを導入したトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの集合挙動とキロプティカル物性, 増田哲也 池田俊明 灰野岳晴, 第9回ホスト•ゲスト化学シンポジウム, 2012年05月26日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 北海道
  551. 6つのフェニルイソオキサゾリルベンゼンを導入した平面π共役分子の自己集合, 上田祐子 田中正洋 池田俊明 灰野岳晴, 第9回ホスト•ゲスト化学シンポジウム, 2012年05月26日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学会, 北海道
  552. 2012年05月06日, 招待, 英語
  553. 2012年03月25日, 通常, 英語
  554. 3つのフラーレン包接部位をもつヘキサキスカリックス[5]アレーンとダンベル型フラーレンからなる拡張された超分子ネットワーク, 平尾岳大 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会92春季年会, 2012年03月25日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神奈川
  555. アゾベンゼン部位を導入したトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの会合により誘起される光応答性超分子ゲル, 平井裕子 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第92春期年会, 2012年03月25日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神奈川
  556. π共役平面を拡張したオリゴ(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン誘導体の合成と自己集合, 上田祐子 池田俊明 灰野岳晴, 日本化学会第92春季年会, 2012年03月25日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神奈川
  557. 2011年12月10日, 通常, 英語
  558. 2011年12月10日, 通常, 英語
  559. 2011年12月10日, 通常, 英語
  560. 2011年12月10日, 通常, 英語
  561. 4つのフェニルイソオキサゾリルベンゼンでπ平面を拡張したジフェニルアセチレンの会合挙動, 上田祐子 田中正洋 池田俊明 灰野岳晴, 第5回有機π電子系シンポジウム, 2011年11月25日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 大阪(ホテルアウィーナ大阪)
  562. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンによって誘起されるペリレンビスイミドのらせん集積と円偏光発光, 池田俊明 増田哲也 灰野岳晴, 第5回有機π電子系シンポジウム, 2011年11月25日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 大阪(ホテルアウィーナ大阪)
  563. ダンベル型フラーレンとヘキサキスカリックス[5]アレーンのホスト-ゲスト相互作用による超分子ポリマーの合成, 平尾岳大 池田俊明 灰野岳晴, 第5回有機π電子系シンポジウム, 2011年11月25日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 大阪(ホテルアウィーナ大阪)
  564. アゾベンゼンを導入したトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンとビス(ピリジルエチニル)ベンゼンの混合により誘起される超分子ゲル, 平井裕子 池田俊明 灰野岳晴, 第5回有機π電子系シンポジウム, 2011年11月25日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 大阪(ホテルアウィーナ大阪)
  565. 分子認識により自己集合する超分子ポリマー, 灰野岳晴, 第12回リングチューブ超分子研究会, 2011年11月01日, 招待, 日本語, 日本化学会, 大阪
  566. クレフト型ビスポルフィリンの分子認識により形成される超分子ポリマー, 灰野岳晴 藤井隆吏 渡邉亮英 高柳 麗 平尾岳大 金城可愛志 池田俊明, 第60回高分子討論会 特定テーマS4 キラル高分子・超分子, 2011年09月28日, 招待, 日本語, 高分子学会, 岡山大学
  567. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンとビス(ピリジルエチニル)ベンゼンの混合により誘起される超分子ゲル, 平井裕子 池田俊明 灰野岳晴, 第60回高分子討論会, 2011年09月28日, 通常, 日本語, 高分子学会, 岡山大学
  568. 金属配位により集合したカリックス[4]アレーントリプルヘリケートの分子認識, 灰野岳晴 貞廣達也 塩秀美 片山進 池田俊明, 第22回基礎有機化学討論会, 2011年09月21日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 筑波大学
  569. ペリレンビスイミドを導入したキラルなトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの自己集合と光物性, 池田俊明 増田哲也 灰野岳晴, 第22回基礎有機化学討論会, 2011年09月21日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 筑波大学
  570. 6th Japan-Taiwan Bilateral Symposium, 2011年08月18日, 招待, 英語
  571. ダンベル型フラーレンとテトラキスカリックス[5]アレーンのホストーゲスト相互作用による超分子ポリマー, 平尾岳大 坂本克司 柏原孝基 池田俊明 灰野岳晴, 第7回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2011年05月29日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 広島大学
  572. トリスフェニルイソオキサゾリルベンゼンとビスピリジンの自己集合により生成する超分子ゲル, 平井裕子 池田俊明 灰野岳晴, 第7回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2011年05月29日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 広島大学
  573. ペリレンビスイミドを導入したトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの集合挙動とらせん誘起, 増田哲也 池田俊明 灰野岳晴, 第7回ホスト・ゲストシンポジウム, 2011年05月28日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 広島大学
  574. 219th ECS Meeting, 2011年05月01日, 通常, 英語
  575. 金属配位により自己集合する超分子ホストの分子認識, 第4回中国四国地区錯体化学研究会, 2011年04月23日, 招待, 日本語, 中国四国支部錯体化学研究会, 東広島
  576. カリックス[4]アレーンを基盤とした三重らせん型錯体のキラルゲスト包接よる不斉誘起, 貞廣達也 塩秀美 灰野岳晴, 第91春季年会, 2011年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神奈川大学
  577. 光学活性なカリックス[5]アレーンホストとダンベル型フラーレンによって形成される超分子ポリマー, 柏原孝基 池田俊明 灰野岳晴, 第91春季年会, 2011年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神奈川大学
  578. ペリレンビスイミドを導入したトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの光学活性な置換基によるらせん制御, 増田哲也 池田俊明 灰野岳晴, 第91春季年会, 2011年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神奈川大学
  579. 座長, 灰野岳晴, 日本化学会第91春季年会, 2011年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 横浜
  580. ビスポルフィリンクレフトと電子不足なゲストからなる超分子錯体のレドックスによる会合制御, 池田俊明 渡邉亮英 大下智子 灰野岳晴, 第91春季年会, 2011年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神奈川大学
  581. 2010年12月15日, 通常, 英語, 日本化学会
  582. 2010年12月15日, 通常, 英語, 日本化学会
  583. 2010年12月15日, 通常, 英語, 日本化学会
  584. 2010年12月04日, 通常, 英語
  585. 超分子化学による分子集積体の構造制御 ―光機能性材料を目指して―, 灰野岳晴, 光ナノサイエンス特別講義, 2010年11月29日, 招待, 日本語, 奈良先端科学技術大学院大学, 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科
  586. 超分子化学を利用した分子配列空間の設計と合成, 灰野岳晴, 第15 回スクリプス・バイオメディカルフォーラム, 2010年11月20日, 招待, 日本語, 日本スクリプス会, ラマダホテル大阪
  587. カリックス[4]アレーン自己集合錯体のキラルゲスト包接による不斉誘起, 貞廣達也 塩秀美 灰野岳晴, 第4回有機πシンポジウム, 2010年11月19日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, シーパル須磨
  588. ペリレンビスイミドを導入したトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの自己集積と光物性, 池田俊明 増田哲也 灰野岳晴, 第4回有機πシンポジウム, 2010年11月19日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, シーパル須磨
  589. 座長, 2010年11月07日, 通常, 英語
  590. 2010年11月07日, 招待, 英語
  591. 2010年10月23日, 招待, 英語, 日本化学会
  592. 1,3,5-トリス(フェニルイソオキサゾイル)ベンゼン誘導体のらせん集積, 灰野岳晴 田中正洋 増田哲也 池田俊明, 第59回高分子討論会 特定テーマS1 高分子・超分子のキラリティー, 2010年09月15日, 招待, 日本語, 高分子学会, 北海道大学
  593. 分子認識を駆動力とした[60]フラーレンをもつポリアセチレンの超分子架橋, 灰野岳晴 平井恵梨 藤原好恒 柏原孝基, 第21回基礎有機化学討論会, 2010年09月09日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 名古屋大学
  594. 座長, 灰野岳晴, 第21回基礎有機化学討論会, 2010年09月09日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 名古屋大学
  595. ペリレンビスイミドを導入したトリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼンの集積挙動と光物性, 池田俊明 増田哲也 灰野岳晴, 第12回基礎有機化学連合討論会(第25回構造有機化学討論会・第44回有機反応化学討論会), 2010年09月09日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 名古屋大学
  596. ビスポルフィリンクレフトとトリニトロフルオレノン間のホストーゲスト相互作用を駆動力とした超分子ポリマー, 大下智子 渡邉亮英 池田俊明 灰野岳晴, 第12回基礎有機化学連合討論会(第25回構造有機化学討論会・第44回有機反応化学討論会), 2010年09月09日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 名古屋大学
  597. カリックスアレーンを利用した機能性包接空間の創製, 灰野岳晴, 第4回関東支部大会, 2010年08月30日, 招待, 日本語, 日本化学会, 筑波大学筑波キャンパス
  598. 座長, 2010年07月04日, 通常, 英語
  599. 2010年07月04日, 通常, 英語
  600. 座長, 灰野岳晴, 2010年06月11日, 通常, 英語, ホスト-ゲスト・超分子化学研究会
  601. 2010年06月11日, 通常, 英語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会
  602. 2010年06月11日, 通常, 英語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会
  603. 座長, 2010年06月11日, 通常, 英語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会
  604. 2010年06月06日, 通常, 英語, 高分子学会
  605. 超分子フラーレンポリマーの高度に組織化された新規ナノ構造の構築, 灰野岳晴, 山田科学振興財団, 2010年05月22日, 通常, 日本語, 山田科学振興財団, 東京
  606. [2]カテナンとアンモニウム塩からなる擬ロタキサンの閉環メタセシス反応による[5]カテナンの合成, 田福伸次 岩本啓 灰野岳晴, 日本化学会第90春季年会, 2010年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 大阪
  607. 特異な包接モチーフを用いた超分子集積構造の構築, 灰野岳晴, 第90回日本化学会春季年会 特別企画「分子集積・組織化システムにおける協同効果と機能制御」, 2010年03月26日, 招待, 日本語, 日本化学会, 近畿大学本部キャンパス
  608. ビスポルフィリン誘導体の分子認識により自己集合する超分子ポリマー(2), 渡辺亮英  藤井隆吏  高柳麗  灰野岳晴, 日本化学会第90回春季年会, 2010年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 近畿大学本部キャンパス, 大阪
  609. ペリレンビスイミドを導入したトリス(フェニルイソオキサゾイル)ベンゼンの合成と集合挙動, 増田 哲也 石橋 正浩 池田 俊明 灰野 岳晴, 第90春季年会, 2010年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 近畿大学
  610. [2]カテナンとアンモニウム塩からなる擬ロタキサンの閉環メタセシス反応による[5]カテナンの合成, 田福 伸次 岩本 啓 灰野 岳晴, 第90春季年会, 2010年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 近畿大学
  611. ビスポルフィリン誘導体の分子認識により自己集合する超分子ポリマー, 渡辺 亮英 藤井 隆吏 高柳 麗 灰野 岳晴, 第90春季年会, 2010年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 近畿大学
  612. 超分子化学を基盤としたナノ分子配列構造の制御, 灰野岳晴, 第六回有機元素化学セミナー, 2010年02月19日, 招待, 日本語, 日本化学会, 京都大学宇治キャンパス
  613. 2009年12月12日, 通常, 英語
  614. ビスポルフィリンとトリニトロフルオレノンのホスト-ゲスト相互作用により自己集合した超分子ポリマー, 渡辺亮英  灰野岳晴, 第3回有機π電子系シンポジウム, 2009年12月04日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 杉乃井ホテル(大分県別府市観海寺1), 大分
  615. クラウンエーテルと二級アンモニウム塩からなる擬ロタキサンのオレフィンメタセシスによる[5]カテナンの合成研究, 田福伸次 岩本啓  灰野岳晴, 第3回有機π電子系シンポジウム, 2009年12月04日, 通常, 日本語, 有機π電子系学会, 大分
  616. 2009年10月18日, 招待, 英語
  617. ビスポルフィリンクレフトの分子認識により自己集合した超分子ポリマー, 渡辺亮英  藤井隆吏  高柳麗  灰野岳晴, 第20回基礎有機化学討論会(第39回構造有機化学討論会), 2009年09月28日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 群馬大学工学部桐生キャンパス, 群馬
  618. フラーレンとカリックス[5]アレーンのホスト−ゲスト相互作用による超分子フラーレンポリマーの構築, 灰野岳晴 平井恵梨 坂元克司, 第58回高分子討論会 特定テーマ2.機能性共役高分子の精密合成の新展開, 2009年09月16日, 招待, 日本語, 高分子学会, 熊本大学 黒髪キャンパス
  619. 分子間相互作用を操りナノ空間で分子を並べる, 灰野岳晴, 日本化学会 第3回関東支部大会, 2009年09月04日, 招待, 日本語, 日本化学会, 早稲田大学 理工キャンパス
  620. 分子間相互作用を操りナノ空間で分子を並べる, 灰野岳晴, 日本化学会 第3回関東支部大会, 2009年09月04日, 招待, 日本語, 日本化学会, 早稲田大学 理工キャンパス
  621. 特異な分子間相互作用を基盤とした超分子ポリマーの開発, 灰野岳晴, 東京理科大学 講演会, 2009年09月03日, 招待, 日本語, 東京理科大学, 野田
  622. カリックス[5]アレーンとフラーレンの包接により形成される超分子ポリマー, 灰野岳晴 平井恵梨 坂元克司, 2009年05月30日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 宇都宮
  623. 電子不足芳香族をもつビスポルフィリンクレフトの自己集合, 渡辺亮英  灰野岳晴, 第五回ホスト•ゲスト化学シンポジウム, 2009年05月30日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 宇都宮大学陽東キャンパス, 栃木
  624. フラーレンをペンダントにもつポリフェニルアセチレンのホスト-ゲスト相互作用による超分子架橋, 灰野岳晴 平井恵梨, 灰野岳晴 平井恵梨, 高分子学会年次大会, 2009年05月27日, 通常, 日本語, 高分子, 神戸
  625. 拡張されたπ平面をもつ新規フェニルイソオキサゾイルベンゼンの合成と集合挙動, 齋藤博史 田中正洋 灰野岳晴, 日本化学会第89春季年会, 2009年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 船橋
  626. クラウンエーテルと二級アンモニウム塩からなる擬ロタキサンの閉環メタセシスによる[5]カテナンの合成研究, 田福伸次 岩本啓 灰野岳晴, 日本化学会第89春季年会, 2009年03月27日, 通常, 日本語
  627. カリックス[5]アレーンとフラーレンのホスト−ゲスト相互作用によるフラーレン部位をもつポリフェニルアセチレンの架橋, 灰野岳晴 平井恵梨, 日本化学会第89春季年会, 2009年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 船橋
  628. ビスポルフィリンクレフトとトリニトロフルオレノンのホスト-ゲスト相互作用を駆動力とする超分子ポリマーの形成, 渡辺亮英 灰野岳晴, 日本化学会第89春季年会, 2009年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 船橋
  629. 特異な包接構造を利用した超分子ポリマーの開発, 灰野岳晴, 新潟大学 VBL研究成果発表会&特別講演会, 2009年03月26日, 招待, 日本語, 新潟大学, 新潟
  630. 2008年12月13日, 通常, 英語
  631. 2008年10月21日, 通常, 英語
  632. 2008年10月20日, 通常, 英語, 奈良先端科学技術大学院大学
  633. オキシエチレン鎖を有するトリスフェニルイソオキサゾイルベンゼン誘導体の自己集合とゲル化挙動, 齋藤博史 田中正洋 灰野岳晴, 第19回基礎有機化学討論会(第38回構造有機化学討論会・第58回有機反応化学討論会, 2008年10月03日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 大阪
  634. [2]カテナンと二級アンモニウム塩から生成する擬ロタキサンの閉環メタセシス反応による[5]カテナンの合成研究, 田福伸次 岩本啓 灰野岳晴, 第19回基礎有機化学討論会(第38回構造有機化学討論会・第58回有機反応化学討論会, 2008年10月03日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 大阪
  635. テトラキスカリックス[5]アレーンとダンベル型フラーレンから形成される超分子集合体の会合挙動, 灰野岳晴 坂元克司 岩本啓, 第19回基礎有機化学討論会(第38回構造有機化学討論会・第58回有機反応化学討論会, 2008年10月03日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 大阪
  636. ポリフェニルアセチレンのホストーゲスト相互作用による架橋, 平井恵梨 灰野岳晴, 第19回基礎有機化学討論会(第38回構造有機化学討論会・第58回有機反応化学討論会, 2008年10月03日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 大阪
  637. カリックスアレーンでキャップした金属ポルフィリンホスト分子の微細構造認識, 岩本啓 西沙織 灰野岳晴, 第19回基礎有機化学討論会(第38回構造有機化学討論会・第58回有機反応化学討論会, 2008年10月03日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, 大阪
  638. 2008年09月01日, 通常, 英語, 山田科学振興財団, Awaji Island
  639. 2008年09月01日, 通常, 英語
  640. オキシエチレン鎖を導入したトリスフェニルイソオキサゾイルベンゼン誘導体の自己集合, 齋藤博史 田中正洋 灰野岳晴, 第3回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2008年05月31日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 東京
  641. オレフィンメタセシス反応を用いた[5]カテナンの合成研究, 田福伸次 岩本啓 灰野岳晴, 第3回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2008年05月31日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 東京
  642. 座長, 灰野岳晴, 第3回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2008年05月31日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 東京
  643. トリニトロフルオレノンを有するビスポルフィリンクレフト分子の合成と会合挙動, 渡辺亮英 灰野岳晴, 第3回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2008年05月31日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 東京
  644. フラーレンを含んでいるポリフェニルアセチレンの合成およびカリックス[5]アレーンとフラーレンの包接挙動, 平井恵梨 灰野岳晴, 第3回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2008年05月31日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 東京
  645. 1,3,5-トリス(フェニルイソオキサゾイル)ベンゼン誘導体の自己集積化による超分子ファイバーの形成, 灰野岳晴 田中正洋, 第57回高分子学会年次大会, 2008年05月28日, 招待, 日本語, 高分子学会, 横浜
  646. カリックス[4]アレーンでキャプしたポルフィリンホスト分子のゲスト包接挙動, 西沙織 岩本啓 深澤義正 灰野岳晴, 日本化学会第88春季年会, 2008年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 池袋
  647. トリス(フェニルイソオサゾイル)ベンゼンを用いた分子集合体の構築, 田中正洋 灰野岳晴 深澤義正, 日本化学会第88春季年会, 2008年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 池袋
  648. 座長, 灰野岳晴, 日本化学会第89春季年会, 2008年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 東大阪
  649. 座長, 灰野岳晴, 日本化学会第88春季年会, 2008年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 池袋
  650. キラルゲストの包接により制御されるカリックス[4]アレーン自己集合錯体の超分子キラリティー, 塩秀美 灰野岳晴 高野竜二 深澤義正, 日本化学会第88春季年会, 2008年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 池袋
  651. 金属キレーションによる不斉補助試薬の配座制御を利用した二級アルコールの絶対配置決定, 三木絵梨子 小林憂佳 岩本啓 灰野岳晴 深澤義正, 日本化学会第88春季年会, 2008年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 池袋
  652. ナノ空間で組織化された超分子集合体の合成と機能, 灰野岳晴, 東京工業大学 学術講演会, 2008年03月10日, 招待, 日本語, 東京工業大学, 東京
  653. 12th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-12), 2007年07月22日, 通常, 英語
  654. 一次元に組織化された超分子集合体の合成と機能, 灰野岳晴, 第1回有機π電子系シンポジウム, 2007年12月07日, 招待, 日本語, 有機π電子系学会, 東京
  655. オキシエチレン鎖をもつトリイソオキサゾイルベンゼン誘導体の自己集合挙動, 齋藤博史 田中正洋 灰野岳晴, 第4回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2007年12月01日, 通常, 日本語, ナノ・バイオ・インフォ化学研究会, 広島
  656. カリックス[n]アレーンでキャプしたポルフィリンホスト分子の合成とその包接挙動, 西沙織 日浦紗喜 山口泰生 岩本啓 深澤義正 灰野岳晴, 第4回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2007年12月01日, 通常, 日本語, ナノ・バイオ・インフォ化学研究会, 広島
  657. 座長, 灰野岳晴, 第4回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2007年12月01日, 通常, 日本語, ナノ・バイオ・インフォ化学研究会, 東広島
  658. キラルゲストの包接による自己集合カリックス[4]アレーン金属錯体の超分子キラリティー, 塩秀美 高野竜士 灰野岳晴 深澤義正, 第4回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2007年12月01日, 通常, 日本語, ナノ・バイオ・インフォ化学研究会, 広島
  659. 金属キレートによる不斉補助試薬の配座制御を利用した二級アルコールの絶対配置決定, 三木絵梨子 小林憂佳 岩本啓 灰野岳晴 深澤義正, 第4回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2007年12月01日, 通常, 日本語, ナノ・バイオ・インフォ化学研究会, 東広島
  660. 四つのポルフィリンをもつクレフト型ホスト分子の自己組織化, 高柳麗 藤井隆吏 灰野岳晴, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月10日, 通常, 日本語, 日本化学会, 岡山
  661. カリックスアレーンとポルフィリンにより形成される空孔を持つホスト分子の合成とその包接挙動, 西沙織 日浦紗喜 山口泰生 岩本啓 深澤義正 灰野岳晴, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月10日, 通常, 日本語, 日本化学会, 岡山
  662. 座長, 灰野岳晴, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月10日, 通常, 日本語, 日本化学会
  663. 自己組織化超分子集合体の合成と機能, 灰野岳晴, 2007年日本化学会西日本大会, ミニシンポジウム「バイオインスパイアード機能化学」, 2007年11月10日, 招待, 日本語, 日本化学会, 岡山
  664. キラルゲストの包接により生じるカリックス[4]アレーン自己集合超分子のキラリティー, 塩秀美 高野竜士 灰野岳晴 深澤義正, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月10日, 通常, 日本語, 日本化学会, 岡山
  665. ナノ空間で組織化された超分子集合体の構築, 灰野岳晴, リエゾンフェアJST/広島大学「イノベーションブリッジ」, 2007年10月31日, 招待, 日本語, 広島大学産学連携センター, 東京
  666. 1,3,5,-トリス(フェニルイソオキサゾイル)ベンゼン誘導体の自己集積化による超分子ファイバーの形成, 田中正洋 灰野岳晴 深澤義正, 第37回構造有機化学討論会, 2007年10月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 札幌
  667. 座長, 灰野岳晴, 第37回構造有機化学討論会, 2007年10月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 札幌
  668. 新規不斉補助試薬を用いた二級アルコールの絶対配置決定法, 三木絵梨子 小林憂佳 岩本啓 灰野岳晴 深澤義正, 第37回構造有機化学討論会, 2007年10月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 札幌
  669. 12th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-12), 2007年07月22日, 通常, 英語, Novel Aromatic Compounds (ISNA), Awaji Island
  670. クレフト型テトラキスポルフィリン分子の合成と会合挙動, 高柳麗 藤井隆吏 灰野岳晴 深澤義正, 第2回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2007年05月24日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 大阪
  671. キャビタンドを基盤とした自己集合カプセル分子のジアステレオ選択的なゲスト認識, 灰野岳晴 福田克哲 水田達也 深澤義正, 第2回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2007年05月24日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 大阪
  672. 座長, 灰野岳晴, 第2回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2007年05月24日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 大阪
  673. [3]ロタキサン合成における環状構造単位を連結した効果, 岩本啓 八和田雪美 大宅徹 灰野岳晴 深澤義正, 第2回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2007年05月24日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 大阪
  674. ガリウムイオンにより自己集合したカリックス[4]アレーンホストのキラルゲスト包接挙動, 塩秀美 高野竜士 灰野岳晴 深澤義正, 第2回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2007年05月24日, 通常, 日本語, ホスト・ゲスト超分子化学研究会, 大阪
  675. 自己集合カプセル分子のゲスト包接における同位体効果, 福田克哲 小林睦美 灰野岳晴 深澤義正, 日本化学会第87春季年会, 2007年03月25日, 通常, 日本語, 日本化学会, 大阪
  676. キャビタンドを基盤とした自己集合カプセル分子のジアステレオ選択的なゲスト包接, 福田克哲 小林睦美 灰野岳晴 深澤義正, 日本化学会第87春季年会, 2007年03月25日, 通常, 日本語, 日本化学会, 大阪
  677. 光学活性な環状アミドを有するカリックス[5]アレーンホストのゲスト包接挙動, 福岡博之 片山正和 灰野岳晴 深澤義正, 日本化学会第87春季年会, 2007年03月25日, 通常, 日本語, 日本化学会, 大阪
  678. トリイソオキサゾイルベンゼン誘導体の溶液中における自己集合, 田中正洋 灰野岳晴 深澤義正, 日本化学会第87春季年会, 2007年03月25日, 通常, 日本語, 日本化学会, 大阪
  679. 座長, 灰野岳晴, 日本化学会第87春季年会, 2007年03月25日, 通常, 日本語, 日本化学会, 大阪
  680. ガリウムイオンにより自己集合したカリックス[4]アレーンビスカテコールホストのゲスト包接挙動, 塩秀美 高野竜士 灰野岳晴 深澤義正, 日本化学会第87春季年会, 2007年03月25日, 通常, 日本語, 日本化学会, 大阪
  681. 超分子フラーレンポリマーの形態, 坂元克司 松本陽子 灰野岳晴 深澤義正, 日本化学会第87春季年会, 2007年03月25日, 通常, 日本語, 日本化学会, 大阪
  682. クレフト型テトラキスポルフィリンホスト分子の合成と会合挙動, 高柳麗 藤井隆吏 灰野岳晴 深澤義正, 第3回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2006年12月16日, 通常, 日本語, 広島大学量子生命科学プロジェクト研究センター, 広島
  683. キラルなゲスト分子によって誘起される自己集合カプセル分子の超分子キラリティー, 福田克哲 小林睦美 灰野岳晴 深澤義正, 第3回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2006年12月16日, 通常, 日本語, 広島大学量子生命科学プロジェクト研究センター, 広島
  684. 光学活性な環状アミドを有するカリックス[5]アレーンホストの包接挙動, 福岡博之 片山正和 灰野岳晴 深澤義正, 第3回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2006年12月16日, 通常, 日本語, 広島大学量子生命科学プロジェクト研究センター, 広島
  685. 座長, 灰野岳晴, 第3回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2006年12月16日, 通常, 日本語, 広島大学量子生命科学プロジェクト研究センター, 広島
  686. 自己組織化による超分子ナノ構造の構築, 灰野 岳晴, 第2回分子情報ダイナミクス研究会, 2006年09月, 招待, 日本語
  687. Cavitand?based Self-Assembling Molecular Capsule, 灰野 岳晴, 16th International Symposium on Fine Chemistry and Functional Polymers (FCFP?XVI) & IUPAC 2nd International Symposium on Novel Materials and Synthesis (NMS?II), 2006年06月, 招待, 日本語
  688. Supramolecular nano networks formed by self-assembly of ditopic calix[5]arene and dumbbell-shaped C60, 灰野 岳晴, The 209th ECS Meeting, 2006年05月, 招待, 日本語
  689. カリックス[5]アレーンとフラーレンのホストーゲスト相互作用による超分子ナノネットワークの構築, 灰野 岳晴, 日本化学会西日本大会, 2005年10月, 招待, 日本語
  690. Fullerene Containers Based on Calix[5]arene, 灰野 岳晴, The 207th ECS Meeting, 2005年05月, 招待, 日本語
  691. カリックスアレーン類を基盤とした新規機能性人工ホスト分子の開発, 灰野 岳晴, 有機合成化学協会中国四国支部奨励賞受賞講演会, 2004年11月, 招待, 日本語
  692. Self-Assembling Molecular Containers for Fullerenes, 灰野 岳晴, ACS Southwest Regional Meeting, 2004年09月, 招待, 日本語
  693. カリックス[5]アレーンを基盤とする機能性人工ホスト分子の開発, 灰野 岳晴, 若手化学者のための化学道場, 2004年09月, 招待, 日本語
  694. カリックスアレーンを基盤とした機能性人工レセプターの開発, 灰野 岳晴, 日本化学会西日本大会, 2002年11月, 招待, 日本語
  695. コンビナトリアル化学の最近の進歩, 灰野 岳晴, 有機合成化学協会 中国四国支部 パネル討論会, 2002年05月, 招待, 日本語
  696. レゾルシンアレンを母骨格にもつ水溶性キャビタンドの合成と分子認識, 灰野 岳晴, 機能性ホストゲストサマーセミナー, 2001年08月, 招待, 日本語
  697. レゾルシンアレンを母骨格にもつ水溶性キャビタンの合成と分子認識, 灰野 岳晴, 若手化学者のための化学道場, 2000年09月, 招待, 日本語
  698. カリックスアレンを基盤とする人工ホスト分子の機能, 灰野 岳晴, 高精度分子設計研究会, 1998年11月, 招待, 日本語
  699. フラーレンとカリックス[5]アレンの相互作用, 灰野 岳晴, 日本化学会第75秋季年会, 1998年09月, 招待, 日本語
  700. カリックスアレンを用いた中性有機分子の捕捉, 灰野 岳晴, 機能性ホストゲストサマーセミナー, 1998年07月, 招待, 日本語
  701. 特異的包接により駆動される超分子配列構造の構築, 灰野岳晴, 第9回機能性分子シンポジウム, 招待, 日本語, 筑波大学学際物質科学研究センター, 筑波大学学際物質科学研究センター
  702. ホスホン酸エステルによって水酸基を架橋されたビスキャビタントの協同的ゲスト包接, 下山大輔 池田俊明 関谷亮 灰野岳晴, 第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 通常, 日本語
  703. 招待, 英語
  704. ビス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン部位をもつ白金(Ⅱ)錯体の自己集合により生じる超分子ポリマーの特異な溶液物性, 吉田真也 平尾岳大 灰野岳晴, 第31回基礎有機化学討論会, 2021年09月21日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, online
  705. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン二量体の自己集合によるらせん超分子ポリマーの合成, 小野雄大 平尾岳大 灰野岳晴, 第31回基礎有機化学討論会, 2021年09月21日, 通常, 日本語, 基礎有機化学会, online
  706. Development of supramolecular polymeric assemblies directed through distinctive host-guest structures, Takeharu Haino, Pacifichem 2021, The International Chemical Cogress of Pacific Basin Societies 2021, 2021年12月16日, 招待, 日本語, The International Chemical Cogress of Pacific Basin Societies 2021, Online
  707. 親水側鎖を導入したビス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン配位子をもつ白金(Ⅱ)錯体の自己集合, 吉田真也 平尾岳大 灰野岳晴, 日本化学会第102回春季年会, 2022年03月23日, 通常, 日本語, 日本化学会, Online
  708. トリス(フェニルイソオキサゾリル)ベンゼン水素結合二量体の自己集合と負の非線形応答, 小野雄大 平尾岳大 灰野岳晴, 日本化学会第102回春季年会, 2022年03月23日, 通常, 日本語, 日本化学会, Online
  709. キラルな溶媒中における超分子ポルフィリンポリマーのらせん構造, 岸野 晴 平尾岳大 灰野岳晴, 日本化学会第102回春季年会, 2022年03月23日, 通常, 日本語, 日本化学会, Online
  710. トリフェニルアミンを導入したナノグラフェンの合成と近赤外調光性能, 松本育也 関谷亮 中壽賀章 福井弘司 孫仁徳 灰野岳晴, 日本化学会第102回春季年会, 2022年03月23日, 通常, 日本語, 日本化学会, Online
  711. カリックス[4]アレーンの自己集合により形成される三重らせんホスト分子の水中における協同的ゲスト包接, 森江将之 関谷亮 灰野岳晴, 日本化学会第102回春季年会, 2022年03月23日, 通常, 日本語, 日本化学会, Online

受賞

  1. 2022年06月26日, 2022 Asian Core Program Lectureship Award, the 15th international conference on cutting-edge organic chemistry in asia,2022 (第15回アジア最先端有機化学国際会議) シンガポール代表者, Synthesis of Sequece-Controlled Supromolecular Terpolymers
  2. 2022年06月26日, 2022 Asian Core Program Lectureship Award, the 15th international conference on cutting-edge organic chemistry in asia,2022 (第15回アジア最先端有機化学国際会議) 韓国代表者, Synthesis of Sequece-Controlled Supromolecular Terpolymers
  3. 2017年11月04日, 広島大学学長表彰, 広島大学, キラル超分子集合体を用いた刺激応答性円偏光発光材料の研究
  4. 2020年04月01日, 長瀬研究振興賞, 長瀬科学技術振興財団, 超分子触媒システムの創製
  5. 2004年11月, 第27回有機合成化学協会中国四国支部奨励賞, 有機合成化学協会中国四国支部, カリックスアレーン類を基盤とした新規機能性人工ホスト分子の開発
  6. 2005年05月, BCSJ論文賞, 日本化学会, Calix[5]arene-Based Receptor for Dumb-Bell-Shaped C120
  7. 2009年12月, Visiting Lectureship of the Chemistry Research Promotion Center
  8. 2016年05月26日, 平成27年度高分子学会賞, 公益法人高分子学会, カリックスアレーン•C60およびビスポルフィリンの会合により形成される超分子ポリマーの創製
  9. 2017年04月01日, 松浦賞, 広島化学同窓会
  10. 2019年02月26日, Angewandte Chemie International Edition 優秀査読者賞

作品・演奏・競技等

  • 海洋産毒ピンナトキシン類の単離と構造, 灰野 岳晴, レフェリー無 地域, 1993年
  • 海洋産機能性物質オカダ酸の立体配座解析, 灰野 岳晴, レフェリー無 地域, 1993年

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(学術変革領域研究(A)), ナノグラフェンの集積化による高密度電子共役システムの創製, 2021年, 2022年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 超分子により提供される不斉空間の機能創成, 2021年, 2024年
  3. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), 超分子元素ブロックポリマーの開発, 2013年, 2014年
  4. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), 感応性分子集合体の機能創出, 2013年, 2014年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 特異的分子認識により配列制御された超分子ブロック共重合体の創製, 2012年, 2014年
  6. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 自己修復性超分子機能性材料の開発, 2011年, 2013年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 特異な包接モチーフを用いた超分子らせんポリマーの構築と高度分子配列制御, 2009年, 2011年
  8. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 超分子化学を基盤とするフラーレンポリマーの合成と機能制御, 2007年, 2008年
  9. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 超分子化学を基盤とするフラーレンポリマーの合成と機能制御, 2006年, 2006年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 新規フラーレンナノコンポジットの創成と機能化, 2006年, 2008年
  11. 科学研究費助成事業(萌芽研究), コンビナトリアル化学を基盤としたフラーレンレセプターの探索, 2002年, 2004年
  12. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 非共有結合による自己集合を基盤とした新規フラーレンホスト分子の合成, 2000年, 2001年
  13. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 自己集合を用いる新規フラーレンホスト分子の合成, 1999年, 1999年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 生体機能の解明に向けた超分子複合系の構築と機能開発, 1998年, 2000年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 超分子重合反応の遷移状態制御, 2015年, 2017年
  16. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), 超分子元素ブロックポリマーの開発, 2015年, 2016年
  17. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), 感応性分子集合体の機能創出, 2015年, 2016年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 超分子グラフトポリマーの創製, 2015年, 2017年
  19. 科学研究費助成事業(新学術領域研究), 平面π共役分子の革新的機能創出, 2017年, 2018年
  20. 科学研究費助成事業(新学術領域研究), 分子認識により誘起される非対称空間の創成と機能, 2017年, 2018年
  21. 研究成果展開事業(研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)), グラフェンを基盤としたエレクトロクロミック材料の開発, 2019年11月18日, 2020年11月30日
  22. 科学研究費助成事業(新学術領域研究), 分子認識により誘起される非対称空間の創成と機能, 2019年, 2020年
  23. 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム 実証研究タイプ, グラフェンを基盤としたエレクトロクロミック材料の開発, 2019年11月18日, 2020年11月30日
  24. 科学研究費助成事業(挑戦的研究(萌芽)), 分子構造の伸縮により運動する超分子アクチュエータの開発, 2020年, 2021年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 会長, 2023年06月, 2023年06月, ホスト−ゲスト・超分子化学研究会
  2. 日本化学会第102春季年会プログラム小委員会 11. 有機化学―構造有機 化学 部門, 2021年04月, 2022年03月, 日本化学会
  3. 理事, 2020年10月, 基礎有機学会
  4. 基礎有機化学会 理事, 2020年09月, 基礎有機化学会
  5. 高分子学会中国四国支部 支部幹事, 2020年06月, 高分子学会中国四国支部
  6. 有機合成化学協会令和2・3年度代議委員, 2019年12月, 2021年11月, 有機合成化学協会
  7. 非常勤講師, 2018年09月, 2019年03月, 岡山理科大学
  8. 幹事, 2018年04月, 高分子学会中国四国支部
  9. 非常勤講師, 2017年08月, 2018年03月, 福岡大学
  10. 中高生の科学研究実践活動推進プログラム研究指導力向上研修生に対する講師, 2016年09月, 2017年03月, 広島県教育委員会
  11. 幹事, 2007年04月, 有機合成化学協会中国四国支部
  12. 有機π電子系学会 幹事, 2007年04月, 有機π電子系学会
  13. 有機合成化学協会中国四国支部幹事, 2007年04月, 有機合成化学協会中国四国支部
  14. Associate Editor for Supramolecular Chemistry, Frontiers in Chemistry, 2007年04月, Frontiers in Chemistry
  15. 幹事, 2006年04月, ホスト?ゲスト・超分子化学研究会
  16. Editorial Board of Referees, ARKIVOC, ARKAT USA, 2003年04月, ARKIVOC, ARKAT USA
  17. ホスト?ゲスト・超分子化学研究会幹事, 2001年04月, ホスト?ゲスト・超分子化学研究会
  18. 幹事, 2001年04月, 2021年05月, 新規素材探索研究会
  19. 新規素材探索研究会 幹事, 2001年04月, 2021年12月, 新規素材探索研究会

学術会議等の主催

  1. 令和3年度 モレキュラーキラリティー2021, 令和3年度 モレキュラーキラリティー2021, 2021年04月, 2022年03月
  2. 令和3年度 有機合成化学協会 有機合成セミナー, 令和3年度 有機合成化学協会 有機合成セミナー, 2020年04月, 2022年03月
  3. シクロファン研究会, 大会実行委員, 2005年11月
  4. 第17回生体機能関連化学若手の会サマースクール, 大会実行委員長, 2005年08月
  5. ホストゲストサマーセミナー, 大会実行委員長, 2000年07月
  6. 第二回有機π電子系シンポジウム, 大会実行委員長, 2008年12月
  7. 組織委員, 2010年06月
  8. 大会実行委員, 2010年07月
  9. 組織委員, 2010年11月, 2010年11月
  10. 第29回不斉に関する国際会議, 組織委員, 2017年07月, 2017年07月
  11. 2017年06月
  12. 2018年06月, 2018年06月
  13. 第 66 回高分子討論会, 組織委員, 2017年09月, 2017年09月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 物質の合成と機能, 広島大学, 集中講義, 2002年/02月/01日, 2002年/02月/20日, インタビュイー
  2. 物質の合成と機能, 放送大学, 2003年/02月, 2003年/02月, 大学生