帖佐 啓吾KEIGO CHOSA

Last Updated :2022/10/03

所属・職名
病院放射線部 助教
メールアドレス
chosahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
放射線診断科の帖佐です。よろしくお願いします。

基本情報

主な職歴

  • 2003年05月16日, 2003年05月31日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)
  • 2003年06月, 2004年03月, 広島市立安佐市民病院, 医師
  • 2004年11月, 2017年03月, 中国労災病院, 医師
  • 2017年04月01日, 広島大学, 病院放射線部, 助教

学歴

  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 展開医科学専攻, 日本, 2006年04月, 2011年05月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1997年04月, 2003年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 放射線科学

研究キーワード

  • 経皮的椎体形成術

所属学会

  • 日本医学放射線学会、 日本インターベンショナルラジオロジー学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学II
  2. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, 経皮的椎体形成術後に生じる新規圧迫骨折: 保存的治療との比較, Japanese Journal of Radiology, 29巻, pp. 335-341, 2011
  2. 十二指腸潰瘍からの大量出血に対する経カテーテル的動脈塞栓術後、コイルが粘膜面に露出した1例, Cardiovasc Intervent Radiol, 34: 1098-101,2011., 34巻, pp. 1098-1101, 2011
  3. OK-432による硬化療法が有効であった症候性骨盤内術後リンパ嚢腫の1例., IVR学会誌, 19巻, pp. 398-400, 2004
  4. Clinical Indication for Computed Tomography During Hepatic Arteriography (CTHA) in Addition to Dynamic CT Studies to Identify Hypervascularity of Hepatocellular Carcinoma, CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY, 41巻, 4号, pp. 618-627, 201804
  5. 頚椎レベル特発性脊髄硬膜外血腫の画像診断, 広島医学, 71巻, 6号, pp. 495-499, 20180628
  6. Feasibility and safety of CT-guided intrathoracic and bone re-biopsy for non-small cell lung cancer, Anticancer Res, 38巻, pp. 3587-3592, 2018
  7. Improved detectability of hyper-dense nodules with dual-energy CT scans: Phantom study using simulated liver harboring nodules, Hiroshima J Med Sci, 2018

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Portal vein stenting to treat portal vein stenosis or occlusion in a patient with malignant tumors., Chosa K, Baba Y, Fukumoto W, Mitani H, Awai K., CIRSE2020, 2020年09月, 通常, 英語, München, その他
  2. Influence of the spleen on hepatic volume changes after percutaneous transhepatic right portal vein embolization., Chosa K, Baba Y, Fukumoto W, Mitani H, Awai K., CIRSE2020, 2020年09月, 通常, 英語, München, その他
  3. Radiological Findings of the Cisterna chyli by Computed Tomography-Hepatic Arteriography., Chosa K, Baba Y, Fukumoto W, Mitani H, Awai K., CIRSE2020, 2020年09月, 通常, 英語, München, その他
  4. Repeat percutaneous vertebroplasty at treated levels with recurrent pain, Chosa K, Awai K, Naito A, CIRSE 2017, 2017年09月16日, 通常, 英語, Copenhagen
  5. Endovascular treatment for delayed post-pancreatectomy hemorrhage, Narita K, Fukumoto W, Fuji T, Chosa K, Baba Y, Awai K, RSNA 2017, 2017年, 通常, 英語, Chicago
  6. Prevalence of femoroacetabular impingement features in Japanese young adults without symptoms: hip joint morphology using radial reformation from computed tomography, Tanitame K, Nishikori A, Higashibori H, Fuji T, Honda Y, Kaichi Y, Nakamura Y, Chosa K, Awai K, RSNA 2017, 2017年, 通常, 日本語, Chicago
  7. Embolization of common hepatic and left gastric arteries before distal pancreatectomy with celiac axis resection, Fuji T, Baba Y, Fukumoto E, Kajiwara K, Nakamura Y, Terada H, Tani C, Ishikawa M, Iida M, Chosa K, Awai K, RSNA 2017, 2017年, 通常, 日本語, Chicago
  8. Morphological comparison before and after coil embolization of pulmonary arteriovenous malformations on computed tomographs, Baba Y, Chosa K, Mitani H, Fuji T, Choi YH, Awai K, SIR 2018, 2018年, 通常, 日本語, Los Angeles