山本 幹雄Mikio Yamamoto

Last Updated :2022/05/09

所属・職名
アクセシビリティセンター 准教授
メールアドレス
mikioyhiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2000年04月12日, 2001年02月10日, 広島大学, 情報教育研究センター, 教務補佐員
  • 2001年04月01日, 2002年03月31日, 広島大学, 総合科学部, 助手
  • 2002年10月01日, 2003年03月31日, 広島大学, 総合科学部庶務係, 事務補佐員
  • 2004年05月01日, 2004年09月30日, 広島大学, 総合科学部, 研究員
  • 2004年10月01日, 2005年03月31日, 広島大学, 教育室ボランティア活動室, 教務補佐員
  • 2005年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 教育室ボランティア活動室, 特任教員
  • 2007年04月01日, 2008年03月31日, 広島大学, 教育室ボランティア活動室, 特任講師
  • 2008年04月01日, 広島大学, アクセシビリティセンター, 准教授

学位

  • 博士(学術) (広島大学)
  • 修士(学術) (広島大学)

研究分野

  • 複合領域 / 科学教育・教育工学 / 教育工学
  • 数物系科学 / 物理学 / 物性Ⅱ

研究キーワード

  • 不純物効果
  • アクセシビリティ
  • 境界効果
  • 教育支援
  • 高等教育
  • 超流動
  • ICT
  • 障害学生支援

所属学会

  • 日本物理学会
  • 教育システム情報学会
  • 大学教育学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 2ターム, ひろしま平和共生リーダー概論
  2. 2022年, 学部専門, 集中, 障害者支援アクセシビリティ概論
  3. 2022年, 学部専門, 2ターム, 現代アクセシビリティ研究
  4. 2022年, 学部専門, 集中, 現代アクセシビリティ研究
  5. 2022年, 学部専門, 4ターム, アクセシビリティ科学
  6. 2022年, 教養教育, 1ターム, 情報・データ科学入門[1医,1歯,1薬]
  7. 2022年, 教養教育, 2ターム, 情報・データ科学入門[1文,1法昼,1理数,1理生,1工一,1情]
  8. 2022年, 教養教育, 2ターム, 情報・データ科学入門[1理物,1理化,1理地,1工二,1工三,1工四,1工特,1生]
  9. 2022年, 教養教育, 2ターム, 情報・データ科学入門[1総総,1教,1経昼]
  10. 2022年, 教養教育, 1ターム, 障害学生支援ボランティア実習A
  11. 2022年, 教養教育, 3ターム, 障害学生支援ボランティア実習A
  12. 2022年, 教養教育, 2ターム, 障害学生支援ボランティア実習B
  13. 2022年, 教養教育, 4ターム, 障害学生支援ボランティア実習B

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Rough Surface Effects on the p-Wave Fermi Superfluids, Journal of Low Temperature Physics, 110巻, 5-6号, pp. 1135-1171, 1998
  2. Fourth sound propagation in superfluid He-3 in aerogel, JOURNAL OF LOW TEMPERATURE PHYSICS, 138巻, 1-2号, pp. 147-152, 200501
  3. NMR properties of a possible non-unitary state of superfluid He-3 in aerogel, JOURNAL OF LOW TEMPERATURE PHYSICS, 138巻, 1-2号, pp. 153-157, 200501
  4. Theory of acoustic impedance of superfluid He-3, JOURNAL OF LOW TEMPERATURE PHYSICS, 138巻, 1-2号, pp. 349-354, 200501
  5. Microscopic theory of sound propagation in the superfluid He-3-aerogel system, PHYSICAL REVIEW B, 71巻, 13号, 200504
  6. Observation of surface Andreev bound states of superfluid He-3 by transverse acoustic impedance measurements, PHYSICAL REVIEW LETTERS, 95巻, 7号, 20050812
  7. Sound propagation in superfluid He-3 in aerogel, JOURNAL OF PHYSICS AND CHEMISTRY OF SOLIDS, 66巻, 8-9号, pp. 1334-1338, 2005
  8. Transverse acoustic impedance of superfluid He-3-B, JOURNAL OF PHYSICS AND CHEMISTRY OF SOLIDS, 66巻, 8-9号, pp. 1352-1354, 2005
  9. Raman spectra of spin-triplet superconductor Sr2RuO4, PHYSICA B-CONDENSED MATTER, 383巻, 1号, pp. 82-83, 20060815
  10. 大学における障害学生支援のための概論・実習受講者数の動向とその考察, 総合保健科学, 22巻, pp. 1-7, 20060301
  11. Theory of transverse acoustic impedance of superfluid He-3, JOURNAL OF LOW TEMPERATURE PHYSICS, 149巻, 5-6号, pp. 294-313, 200712
  12. Superfluid density in He-3 film, PHYSICA B, 284巻, pp. 271-272, 200007
  13. 大学における「障害のある留学生」の支援と課題--広島大学の事例, 総合保健科学, 23巻, pp. 9-18, 20070301
  14. 障害学生の修学支援活動に対する単位化とその可能性--障害学生修学支援と大学教育の質的相補性に関する考察, 総合保健科学, 23巻, pp. 33-38, 20070301
  15. Surface Bound States in Superfluid 3He, Journal of Physical Society of Japan(共著), 77巻, 11号, pp. 111003-1--11, 20081101
  16. 広島大学における障害学生支援体制について, 総合保健科学, 23巻, pp. 55-60, 20080301
  17. 病弱・内部障害等の障害学生支援について, 総合保健科学, 24巻, pp. 27-31, 20080301
  18. Surface condition dependence of transverse acoustic impedance in superfluid 3He, Journal of Physics: Conference Series, 150巻, pp. 032070(1–4), 20090301
  19. New Anomaly in the Transverse Acoustic Impedance of Superfluid 3He-B with a Wall Coated by Several Layers of 4He, Physical Review Letters, 103巻, pp. 155301(1-4), 20091001
  20. New Anomaly in the Transverse Acoustic Impedance of Superfluid He-3-B with a Wall Coated by Several Layers of He-4, PHYSICAL REVIEW LETTERS, 103巻, 15号, 20091009
  21. 多様化する学生層と支援者育成 <特集:大学における多様な学生支援>, CAMPUS HEALTH, 47巻, 2号, pp. 7-12, 20100301
  22. Surface Majorana Cone of the Superfluid He-3 B Phase, JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 80巻, 1号, 201101
  23. Collision drag effect on propagation of sound in liquid He-3 in aerogel, JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 70巻, 12号, pp. 3483-3486, 200112
  24. 高等教育における内部障害学生の修学支援と配慮, 総合保健科学, 27巻, pp. 73-79, 20110301
  25. 大学における障害のある学生のための情報支援の方法とその課題 : 広島大学の事例, 総合保健科学, 27巻, pp. 81-89, 20110301
  26. 大学におけるアクセシビリティ支援のための実習受講者の動向, 総合保健科学, 28巻, 20120301
  27. 広島大学における障害学生修学支援とコーディネーターの役割, 総合保健科学, 28巻, pp. 71-79, 20120301
  28. 障害のある学生へのAccessible Information Communication Technology (AICT)を活用した修学支援の方法とその課題 : 広島大学の事例, 総合保健科学, 29巻, pp. 79-86, 20130301
  29. 高等教育機関における障害学生修学支援コーディネーターの配置に関する一考察 : 広島大学の事例から, 総合保健科学, 29巻, pp. 71-77, 20130301
  30. 大学から社会への就労移行期における支援の現状と課題について, 総合保健科学, 29巻, pp. 63-70, 20130301
  31. 大学における「アクセシビリティ支援者」の派遣とその課題 : 広島大学の事例より, 総合保健科学, 30巻, pp. 83-91, 20140301
  32. 大学におけるアクセシビリティ支援者の育成と人材活用 : 広島大学の事例から, 総合保健科学, 30巻, pp. 75-82, 20140301
  33. 大学における障害のある学生の就労移行支援とその課題, 総合保健科学, 31巻, pp. 71-78, 20150301
  34. <学位論文要旨>超流動 ^3He 薄膜系における境界効果, Memoirs of the Faculty of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University. IV, Science reports : studies of fundamental and environmental sciences, 27巻, pp. 177-180, 2001
  35. 大学教育における障害のある学生のための支援者派遣とリスク・マネジメント, 総合保健科学, 31巻, pp. 61-70, 20150301
  36. 大学における障害のある学生への合理的支援とその課題 : 広島大学の事例から, 総合保健科学, 31巻, pp. 49-59, 20150301
  37. 高等教育におけるアクセシビリティ支援アクターに関する一考察 : 人的支援を中心に, 総合保健科学, 32巻, pp. 47-54, 20160301
  38. 高等教育における合理的配慮のための遠隔要約筆記サポートシステムとその課題, 総合保健科学, 32巻, pp. 41-45, 20160301
  39. 高等教育における合理的配慮のためのリソース・シェアリングに関する考察, 総合保健科学, 32巻, pp. 31-40, 20160301
  40. 障がい学生支援における合理的配慮の調整過程に関する考察, 総合保健科学, 32巻, pp. 25-29, 20160301
  41. 障害学生支援における合理的配慮の妥当性評価に関する検討, 総合保健科学, 33巻, pp. 51-59, 20170301
  42. 高等教育における障害のある学生に対する合理的配慮のコーディネートに関する考察, 総合保健科学, 33巻, pp. 61-69, 20170301
  43. 大学における合理的配慮のための遠隔要約筆記支援の現状と課題, 総合保健科学, 33巻, pp. 71-76, 20170301
  44. 障害学生支援の合理的配慮の妥当性評価からみた基準作りに関する検討, 総合保健科学, 34巻, pp. 29-40, 20180301
  45. Transverse sound in liquid-He-3-aerogel system, PHYSICAL REVIEW LETTERS, 89巻, 21号, 20021118
  46. 大学教育における合理的配慮のコモディティ化に関する考察 : 広島大学の事例から, 総合保健科学, 34巻, pp. 49-57, 20180301
  47. 大学における情報保障のための遠隔サポート実証実験の報告, 総合保健科学, 34巻, pp. 59-66, 20180301
  48. 大学における障害学生支援の取り組み : キャリア支援と組織連携を中心に (特集 高等教育機関における障害学生支援と職業リハビリテーション機関との連携 : 発達障害のある障害学生を中心とする支援動向と課題に焦点を当てて), 職業リハビリテーション, 32巻, 1号, pp. 32-36, 201809
  49. 大学における「性同一性障害」のある学生への合理的配慮の検討, 総合保健科学, 35巻, pp. 23-33, 20190301
  50. 多様な学生の学内のトイレの利用に関する基礎的環境整備の検討:広島大学の事例から, 総合保健科学, 36巻, pp. 31-42, 2020
  51. Practice and automation of remote real-time captioning support for students with disabilities using speech recognition technology, 2021 10th International Congress on Advanced Applied Informatics, pp. 934-935, 2021
  52. The effect of the rapid increase in online courses on educational accessibility for students with disabilities in Japanese higher education, 10th International Congress on Advanced Applied Informatics, pp. 936-937, 2021
  53. 大学における障害学生就学支援ボランティアの育成--広島大学の事例から, 総合保健科学, 18巻, pp. 67-71, 20020301
  54. Viscoelastic theory of liquid He-3 in aerogel, PHYSICA B-CONDENSED MATTER, 329巻, pp. 299-300, 200305
  55. A-B transition of superfluid He-3 in aerogel under magnetic field, PHYSICA B-CONDENSED MATTER, 329巻, pp. 301-302, 200305
  56. Collision drag effect on two-fluid hydrodynamics of superfluid He-3 in aerogel, JOURNAL OF LOW TEMPERATURE PHYSICS, 134巻, 3-4号, pp. 843-850, 200402

著書等出版物

  1. 2009年02月, 大学教育とアクセシビリティ: 教育環境のユニバーサルデザイン化の取組み(叢書インテグラーレ007), 丸善株式会社, 2009年, 02, 単行本(学術書), 共著, 9784621080849, 147
  2. 2017年04月, 大学生からの情報リテラシー, 情報アクセシビリティ, 広島大学情報メディア教育研究センター情報教育研究部門, 2017年, 04, 教科書, 共著, 10, 稲垣知宏,村上祐子,宮尾淳一,森本康彦,宮尾淳一,山本幹雄,平川真,上田大輔,匹田篤,海堀正博

受賞

  1. 第18回日本物理学会論文賞, Hiroshima University, Surface Majorana Cone of the Superfluid 3He B phase

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), AICTクラウドによる教育支援のアクセシブルデザイン研究, 2013年, 2014年
  2. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), AICTクラウドによるスマート・アクセシビリティサポート研究, 2015年, 2016年
  3. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), AICT を活用した教育支援のアクセシブルデザイン研究, 2011年, 2012年
  4. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 音声認識技術を活用した教育支援方法に関する研究, 2008年, 2009年
  5. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 音声認識技術を活用した教育支援方法の研究, 2006年, 2007年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), AICTユビキタス支援による合理的配慮のコモディティ化研究, 2017年, 2019年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), AICTを活用した合理的配慮の自動化・コモディティ化研究, 2020年, 2023年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 独立行政法人日本学生支援機構, 2018年04月, 2022年03月, 障害学生支援実務者育成研修企画会議協力者および研修講師
  2. 障害学生支援委員会委員, 2019年05月, 2022年03月, 独立行政法人日本学生支援機構