平田 信太郎SHINTARO HIRATA

Last Updated :2022/01/05

所属・職名
病院(医) 教授
メールアドレス
shiratahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県広島市南区霞1-2-3 中央研究棟2階201号室 リウマチ・膠原病科医局
TEL:082-257-5539  FAX:082-257-1584

基本情報

主な職歴

  • 1998年05月06日, 2000年03月31日, 国立呉病院, 研修医
  • 2000年04月01日, 2002年03月31日, 東京女子医科大学, 附属膠原病リウマチ痛風センター, 医師
  • 2002年04月01日, 2003年03月30日, 広島大学, 病院, 医員
  • 2003年04月01日, 2004年03月31日, 広島大学, 病院, 医員
  • 2007年10月01日, 2008年03月31日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2008年04月, 2011年03月, 産業医科大学病院, 膠原病リウマチ内科, 助教
  • 2011年04月, 2012年03月, 産業医科大学若松病院, リウマチ糖尿病内科, 講師
  • 2012年04月, 2015年03月, 産業医科大学病院, 病理・臨床検査・輸血部, 講師
  • 2015年04月, 2016年08月, 産業医科大学病院, 臨床検査・輸血部, 講師
  • 2016年09月, 2020年03月31日, 広島大学, 病院, 講師
  • 2020年04月01日, 広島大学, 病院, 准教授

学歴

  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1992年04月, 1998年03月
  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 展開医科学専攻博士課程, 日本, 2003年04月, 2009年09月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 膠原病・アレルギー内科学

研究キーワード

  • リウマチ病学

所属学会

  • 日本リウマチ学会
  • 日本内科学会 
  • 日本臨床免疫学会
  • 日本免疫学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本炎症・再生医学会
  • 日本シェーグレン症候群学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本骨免疫学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学II
  2. 2021年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  3. 2021年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  4. 2021年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  5. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), リウマチ・膠原病学特別実験
  6. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), リウマチ・膠原病学特別実験
  7. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 臨床医歯学総論
  8. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), リウマチ・膠原病学特別演習
  9. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), リウマチ・膠原病学特別演習
  10. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), リウマチ・膠原病学特別研究
  11. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), リウマチ・膠原病学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Discontinuation of adalimumab after achieving remission in patients with established rheumatoid arthritis: 1-year outcome of the HONOR study., Ann Rheum Dis, 74巻, 2号, pp. 389-395, 2015
  2. Low complements and high titre of anti-Sm antibody as predictors of histopathologically proven silent lupus nephritis without abnormal urinalysis in patients with systemic lupus erythematosus, RHEUMATOLOGY, 54巻, 3号, pp. 405-412, 2015
  3. ★, A multi-biomarker disease activity score tracks clinical response consistently in patients with rheumatoid arthritis treated with different anti-tumor necrosis factor therapies: A retrospective observational study, MODERN RHEUMATOLOGY, 25巻, 3号, pp. 344-349, 2015
  4. Combination therapy for early rheumatoid arthritis: a treatment holiday perspective., Expert Rev Clin Pharmacol, 8巻, 1号, pp. 115-122, 2015
  5. Pulmonary infections following immunosuppressive treatments during hospitalization worsen the short-term vital prognosis for patients with connective tissue disease-associated interstitial pneumonia, MODERN RHEUMATOLOGY, 25巻, 4号, pp. 609-614, 2015
  6. Postoperative complications in patients with rheumatoid arthritis using a biological agent - A systematic review and meta-analysis., Mod Rheumatol, 25巻, 5号, pp. 672-678, 2015
  7. Head-to-head comparison of the safety of tocilizumab and tumor necrosis factor inhibitors in rheumatoid arthritis patients (RA) in clinical practice: results from the registry of Japanese RA patients on biologics for long-term safety (REAL) registry., Arthritis Res Ther, 17巻, pp. 74, 2015
  8. Decreased Expression of Innate Immunity-Related Genes in Peripheral Blood Mononuclear Cells from Patients with IgG4-Related Disease., PLoS One, 10巻, pp. e0126582, 2015
  9. ★, Serum 14-3-3 eta level is associated with severity and clinical outcomes of rheumatoid arthritis, and its pretreatment level is predictive of DAS28 remission with tocilizumab, ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY, 17巻, pp. 280, 2015
  10. Efficacy and safety of abatacept for patients with Sjogren's syndrome associated with rheumatoid arthritis: Rheumatoid Arthritis with Orencia Trial toward Sjogren's syndrome Endocrinopathy (ROSE) trial an open-label, one-year, prospective study Interim analysis of 32 patients for 24 weeks, Mod Rheumatol, 25巻, 2号, pp. 187-193, 2015
  11. Lymphocyte transformation test is not helpful for the diagnosis of methotrexate-induced pneumonitis in patients with rheumatoid arthritis, CLINICA CHIMICA ACTA, 407巻, 1-2号, pp. 25-29, 2009
  12. A case of pulmonary asbestosis presenting with temporal arteritis involving multiple medium-sized vessels, MODERN RHEUMATOLOGY, 18巻, 1号, pp. 100-104, 2008
  13. A Novel Multi-Biomarker Disease Activity Score (Vectra (TM) DA algorithm score) Reflects Clinical Disease Activity Score and Health Assessment Questionnaire for Rheumatoid Arthritis in the BeSt Study, ARTHRITIS AND RHEUMATISM, 63巻, 10号, pp. S132-S132, 2011
  14. Tofacitinib Reduces Interferon-gamma and Interleukin-17 Production From CD4+T Cells in Patients with Rheumatoid Arthritis., ARTHRITIS AND RHEUMATISM, 63巻, 10号, pp. S496-S496, 2011
  15. A Multi-Biomarker Disease Activity (Vectra DA) Algorithm Score for Rheumatoid Arthritis Predicts Radiographic Progression in the BeSt Study, ARTHRITIS AND RHEUMATISM, 63巻, 10号, pp. S630-S630, 2011
  16. A Multi-Biomarker Disease Activity Score (Vectra (TM) DA algorithm score) Reflects Clinical Disease Activity and Tracks Response in a Japanese Rheumatoid Arthritis Population Treated with Anti-TNF Therapy, ARTHRITIS AND RHEUMATISM, 63巻, 10号, pp. S878-S878, 2011
  17. Discontinuation of Adalimumab Without Functional and Structural Progress After Attaining Remission in Patients with Rheumatoid Arthritis, ARTHRITIS AND RHEUMATISM, 63巻, 10号, pp. S962-S962, 2011
  18. Effectiveness and safety of adalimumab in Japanese patients with rheumatoid arthritis: retrospective analyses of data collected during the first year of adalimumab treatment in routine clinical practice (HARMONY study), MODERN RHEUMATOLOGY, 22巻, 3号, pp. 327-338, 2012
  19. A case of catastrophic antiphospholipid antibody syndrome complicated with systemic lupus erythematosus, double positive for anti-cardiolipin/beta(2) glycoprotein I and anti-phosphatidylserine/prothrombin autoantibodies, MODERN RHEUMATOLOGY, 22巻, 5号, pp. 769-773, 2012
  20. Discontinuation of Adalimumab without Functional and Radiographic Damage Progression After Achieving Sustained Remission in Patients with Rheumatoid Arthritis (the HONOR study): 1-Year Results., ARTHRITIS AND RHEUMATISM, 64巻, 10号, pp. S333-S333, 2012
  21. A Multi-Biomarker Disease Activity (VECTRA (TM) DA Algorithm) Score Reflects Clinical Disease Activity and Structural Changes in Rheumatoid Arthritis Patients Treated with Tocilizumab., ARTHRITIS AND RHEUMATISM, 64巻, 10号, pp. S897-S897, 2012
  22. Correlation of A Multi-Biomarker Disease Activity (VECTRA (TM) DA) Score with Clinical Disease Activity and Its Components with Radiographic Progression in Rheumatoid Arthritis Patients Treated with Tofacitinib., ARTHRITIS AND RHEUMATISM, 64巻, 10号, pp. S914-S915, 2012
  23. A Multi-Biomarker Disease Activity (VECTRA (TM) DA Algorithm) Score Reflects Clinical Disease Activity and Tracks Responses in Patients with Rheumatoid Arthritis Treated with Either Adalimumab, Etanercept, and Infliximab, ARTHRITIS AND RHEUMATISM, 64巻, 10号, pp. S1130-S1130, 2012
  24. Phenotypic changes of lymphocyte in a patient with IgG4-related disease after corticosteroid therapy, ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, 71巻, 12号, pp. 2058-U179, 2012
  25. Steroid psychosis in a polyarteritis nodosa patient successfully treated with risperidone: tracking serum brain-derived neurotrophic factor levels longitudinally, ANNALS OF GENERAL PSYCHIATRY, 11巻, 2012
  26. Validation of different sets of criteria for the diagnosis of Sjogren's syndrome in Japanese patients, MODERN RHEUMATOLOGY, 23巻, 2号, pp. 219-225, 2013
  27. Elevation of KL-6 serum levels in clinical trials of tumor necrosis factor inhibitors in patients with rheumatoid arthritis: a report from the Japan College of Rheumatology Ad Hoc Committee for Safety of Biological DMARDs, MODERN RHEUMATOLOGY, 23巻, 2号, pp. 284-296, 2013
  28. A retrospective study of serum KL-6 levels during treatment with biological disease-modifying antirheumatic drugs in rheumatoid arthritis patients: a report from the Ad Hoc Committee for Safety of Biological DMARDs of the Japan College of Rheumatology, MODERN RHEUMATOLOGY, 23巻, 2号, pp. 297-303, 2013
  29. Successful treatment of osteomalacia caused by renal tubular acidosis associated with Sjogren's syndrome, MODERN RHEUMATOLOGY, 23巻, 2号, pp. 401-405, 2013
  30. A multi-biomarker score measures rheumatoid arthritis disease activity in the BeSt study, RHEUMATOLOGY, 52巻, 7号, pp. 1202-1207, 2013
  31. Repeated High Or Low Multi-Biomarker Disease Activity (VECTRA (R) DA Algorithm) Scores Associated With Radiographic Outcomes In Patients with Rheumatoid Arthritis Treated with Tumor Necrosis Factor Inhibitors, ARTHRITIS AND RHEUMATISM, 65巻, pp. S616-S617, 2013
  32. Is It Possible to Withdraw Biologics From Therapy in Rheumatoid Arthritis?, CLINICAL THERAPEUTICS, 35巻, 12号, pp. 2028-2035, 2013
  33. Discontinuation of adalimumab after attaining disease activity score 28-erythrocyte sedimentation rate remission in patients with rheumatoid arthritis (HONOR study): an observational study, ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY, 15巻, 5号, 2013
  34. Abatacept inhibits radiographic progression in patients with rheumatoid arthritis: a retrospective analysis of 6 months of abatacept treatment in routine clinical practice. The ALTAIR study, MODERN RHEUMATOLOGY, 24巻, 1号, pp. 42-51, 2014
  35. Efficacy and safety of reducing duration of infliximab infusion, MODERN RHEUMATOLOGY, 24巻, 2号, pp. 275-280, 2014
  36. Effects of tofacitinib on lymphocytes in rheumatoid arthritis: relation to efficacy and infectious adverse events, RHEUMATOLOGY, 53巻, 5号, pp. 914-918, 2014
  37. Primary and secondary surveys on epidemiology of Sjogren's syndrome in Japan, MODERN RHEUMATOLOGY, 24巻, 3号, pp. 464-470, 2014
  38. Efficacy and safety of abatacept in routine care of patients with rheumatoid arthritis: Orencia (R) as Biological Intensive Treatment for RA (ORBIT) study, MODERN RHEUMATOLOGY, 24巻, 5号, pp. 754-762, 2014
  39. Characteristic Phenotype of Peripheral Blood Lymphocytes in Patients with IgG4-Related Disease, Comparing to Primary Sjogren Syndrome and Healthy Controls., ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY, 66巻, pp. S1225-S1225, 2014
  40. 14-3-3eta Informs Joint Pathological Mechanisms of Treatment Response to Assist with T2T Strategies, ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY, 66巻, 12号, pp. 3537-3537, 2014
  41. Intensive Intervention Can Lead to a Treatment Holiday from Biological DMARDs in Patients with Rheumatoid Arthritis, DRUGS, 74巻, 18号, pp. 2129-2139, 2014
  42. Postoperative complications in patients with rheumatoid arthritis using a biological agent - A systematic review and meta-analysis, MODERN RHEUMATOLOGY, 25巻, 5号, pp. 672-678, 2015
  43. JAK Inhibition Significantly Reduced Fibrogenesis in Rheumatoid Arthritis Patients, ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY, 67巻, 2015
  44. 14-3-3 eta Positive Status and Higher Titres Are Associated with More Severe RA, ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY, 67巻, 2015
  45. The process of collecting and evaluating evidences for the development of Guidelines for the management of rheumatoid arthritis, Japan College of Rheumatology 2014: Utilization of GRADE approach, MODERN RHEUMATOLOGY, 26巻, 2号, pp. 175-179, 2016
  46. Comparison of the efficacies of abatacept and tocilizumab in patients with rheumatoid arthritis by propensity score matching, ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, 75巻, 7号, pp. 1321-1327, 2016
  47. Comparison of adding tocilizumab to methotrexate with switching to tocilizumab in patients with rheumatoid arthritis with inadequate response to methotrexate: 52-week results from a prospective, randomised, controlled study (SURPRISE study), ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, 75巻, 11号, pp. 1917-1923, 2016
  48. Clinically relevant radiographic progression in joint destruction in RA patients with abnormal MMP-3 or high levels of CRP despite 1-year treatment with infliximab, MODERN RHEUMATOLOGY, 26巻, 6号, pp. 807-812, 2016
  49. Association of the multi-biomarker disease activity score with joint destruction in patients with rheumatoid arthritis receiving tumor necrosis factor-alpha inhibitor treatment in clinical practice, MODERN RHEUMATOLOGY, 26巻, 6号, pp. 850-856, 2016
  50. Effectiveness of abatacept for patients with Sjogren's syndrome associated with rheumatoid arthritis. An open label, multicenter, one-year, prospective study: ROSE (Rheumatoid Arthritis with Orencia Trial toward Sjogren's syndrome Endocrinopathy) trial, MODERN RHEUMATOLOGY, 26巻, 6号, pp. 891-899, 2016
  51. Efficacy and safety of abatacept for patients with Sjogren's syndrome associated with rheumatoid arthritis: Rheumatoid Arthritis with Orencia Trial toward Sjogren's syndrome Endocrinopathy (ROSE) trial an open-label, one-year, prospective study Interim analysis of 32 patients for 24 weeks, MODERN RHEUMATOLOGY, 25巻, 2号, pp. 187-193, 2015
  52. Combination therapy for early rheumatoid arthritis: a treatment holiday perspective, EXPERT REVIEW OF CLINICAL PHARMACOLOGY, 8巻, 1号, pp. 115-122, 2015
  53. Head-to-head comparison of the safety of tocilizumab and tumor necrosis factor inhibitors in rheumatoid arthritis patients (RA) in clinical practice: results from the registry of Japanese RA patients on biologics for long-term safety (REAL) registry, ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY, 17巻, 2015
  54. Deficient activity of von Willebrand factor-cleaving protease in thrombotic thrombocytopenic purpura in the setting of adult-onset Still's disease., Rheumatology (Oxford), 45巻, pp. 1046-1047, 2006
  55. Neutropenic enterocolitis in lung cancer: a report of two cases and a review of the literature., Intern Med,, 44巻, pp. 467-470, 2005
  56. Myocardial dysfunction in a patient with adult-onset Still's disease (AOSD)., Clin Exp Rheumatol,, 22巻, pp. 506-507, 2004
  57. Correlation of T follicular helper cells and plasmablasts with the development of organ involvement in patients with IgG4-related disease, RHEUMATOLOGY, 57巻, 3号, pp. 514-524, 201803
  58. Increased remodelling of interstitial collagens and basement membrane is suppressed by treatment in patients with rheumatoid arthritis: serological evaluation of a one-year prospective study of 149 Japanese patients, CLINICAL AND EXPERIMENTAL RHEUMATOLOGY, 36巻, 3号, pp. 462-470, 2018
  59. Clinical practice guideline for Sjogren's syndrome 2017, MODERN RHEUMATOLOGY, 28巻, 3号, pp. 383-408, 2018
  60. Factors in glucocorticoid regimens associated with treatment response and relapses of IgG4-related disease: a multicentre study, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, 1号, pp. 10262, 20180706
  61. Comparison of efficacy of TNF inhibitors and abatacept in patients with rheumatoid arthritis; Adjusted with propensity score matching., Clin Immunol, 191巻, pp. 67-74, 2018
  62. Efficacy and safety of anti-CD20 antibody rituximab for patients with refractory systemic lupus erythematosus., Lupus, 27巻, 5号, pp. 802-811, 2018
  63. Differential effects of biological DMARDs on peripheral immune cell phenotypes in patients with rheumatoid arthritis., Rheumatology (Oxford), 57巻, 1号, pp. 164-174, 2018
  64. Comparison of performance of the 2016 ACR-EULAR classification criteria for primary Sjögren's syndrome with other sets of criteria in Japanese patients., Ann Rheum Dis, 76巻, 12号, pp. 1980-1985, 2017
  65. Integrating patients' perceptions into clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis in Japan., Mod Rheumatol, 27巻, 6号, pp. 924-929, 2017
  66. A multicenter phase II prospective clinical trial of glucocorticoid for patients with untreated IgG4-related disease., Mod Rheumatol, 27巻, 5号, pp. 849-854, 2017
  67. Clinical, radiographic and functional efficacy of abatacept in routine care for rheumatoid arthritis patients: Abatacept Leading Trial for RA on Imaging Remission (ALTAIR) study., Clin Exp Rheumatol, 34巻, 5号, pp. 834-841, 2016
  68. New assessment method in rheumatoid arthritis, Nihon Rinsho, 74巻, 6号, pp. 931-937, 2016
  69. Assessment of disease activity in rheumatoid arthritis by multi-biomarker disease activity (MBDA) score., Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi, 39巻, 1号, pp. 37-41, 2016
  70. Imaging assessment of bone and cartilage destruction in rheumatoid arthritis, Clin Calcium, 25巻, 12号, pp. 1777-1785, 2015
  71. Discontinuation of biologics in patients with rheumatoid arthritis., Clin Exp Rheumatol, 2013
  72. [Rheumatoid arthritis: progress in diagnosis and treatment. Topics: V. Evaluation; 2. Evaluation of joint destruction by plain X-ray in rheumatoid arthritis., Nihon Naika Gakkai Zasshi, 101巻, 10号, pp. 2893-2898, 2012
  73. Relevance of interferon-gamma in pathogenesis of life-threatening rapidly progressive interstitial lung disease in patients with dermatomyositis, ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY, 20巻, 1号, pp. 240, 20181026
  74. Predictive factors for structural remission using abatacept: Results from the ABROAD study, MODERN RHEUMATOLOGY, 29巻, 3号, pp. 406-412, 20190504
  75. Tocilizumab discontinuation after attaining remission in patients with rheumatoid arthritis who were treated with tocilizumab alone or in combination with methotrexate: results from a prospective randomised controlled study (the second year of the SURPRISE study), ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, 77巻, 9号, pp. 1268-1275, 201809
  76. Tumour necrosis factor alpha augments the inhibitory effects of CTLA-4-Ig on osteoclast generation from human monocytes via induction of CD80 expression, CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY, 196巻, 3号, pp. 392-402, 201906
  77. Large-vessel vasculitis associated with PEGylated granulocyte-colony stimulating factor, NETHERLANDS JOURNAL OF MEDICINE, 77巻, 6号, pp. 224-226, 201907
  78. Non-small Cell Lung Cancer Treated by an Anti-programmed Cell Death-1 Antibody without a Flare-up of Preexisting Granulomatosis with Polyangiitis, INTERNAL MEDICINE, 58巻, 21号, pp. 3129-3132, 2019
  79. Multiple External Root Resorption of Teeth as a New Manifestation of Systemic Sclerosis-A Cross-Sectional Study in Japan, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 10号, pp. 1628, 201910
  80. Sustained discontinuation of infliximab with a raising-dose strategy after obtaining remission in patients with rheumatoid arthritis: the RRRR study, a randomised controlled trial, ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, 79巻, 1号, pp. 94-102, 202001
  81. Tumour necrosis factor alpha promotes secretion of 14-3-3 eta by inducing necroptosis in macrophages, ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY, 22巻, 1号, 20200212
  82. Multicenter Prospective Study of the Efficacy and Safety of Combined Immunosuppressive Therapy With High-Dose Glucocorticoid, Tacrolimus, and Cyclophosphamide in Interstitial Lung Diseases Accompanied by Anti-Melanoma Differentiation-Associated Gene 5-Positive Dermatomyositis, ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY, 72巻, 3号, pp. 488-498, 202003
  83. TGF beta 1 Regulates Human RANKL-Induced Osteoclastogenesis via Suppression of NFATc1 Expression, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 21巻, 3号, 202002
  84. Predictive value of serum amyloid a levels for requirement of concomitant methotrexate in tocilizumab initiation: A post hoc analysis of the SURPRISE study, MODERN RHEUMATOLOGY, 30巻, 3号, pp. 442-449, 20200503
  85. Impaired expression of innate immunity-related genes in IgG4-related disease: A possible mechanism in the pathogenesis of IgG4-RD, MODERN RHEUMATOLOGY, 30巻, 3号, pp. 551-557, 20200503
  86. Activin A Expressed in Rheumatoid Synovial Cells Downregulates TNF alpha-Induced CXCL10 Expression and Osteoclastogenesis, PATHOBIOLOGY, 87巻, 3号, pp. 198-207, 202006
  87. Elevating the role of carers in rheumatoid arthritis management in the Asia-Pacific region, INTERNATIONAL JOURNAL OF RHEUMATIC DISEASES, 23巻, 7号, pp. 898-910, 202007
  88. A Rare Case of IgG4-Related Disease Presenting as a Unilateral Severe Dacryoadenitis Complicated by Hypophysitis and Hypertrophic Pachymeningitis., J Clin Rheumatol, 2019
  89. 5-year remission rate after the discontinuation of adalimumab in patients with rheumatoid arthritis: Long-term follow-up results of the HONOR study, MODERN RHEUMATOLOGY, 30巻, 5号, pp. 799-806, 20200902
  90. Effect ofPorphyromonas gingivalisinfection on gut dysbiosis and resultant arthritis exacerbation in mouse model, ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY, 22巻, 1号, 20201019
  91. Serum CXCL10 levels are associated with better responses to abatacept treatment of rheumatoid arthritis, CLINICAL AND EXPERIMENTAL RHEUMATOLOGY, 38巻, 5号, pp. 956-963, 2020
  92. Coexisting TIF1 gamma-positive Primary Pulmonary Lymphoepithelioma-like Carcinoma and Anti-TIF1 gamma Antibody-positive Dermatomyositis, INTERNAL MEDICINE, 59巻, 20号, pp. 2553-2558, 2020
  93. A retrospective analysis of the relationship between anti-cyclic citrullinated peptide antibody and the effectiveness of abatacept in rheumatoid arthritis patients, SCIENTIFIC REPORTS, 10巻, 1号, pp. 19717, 20201112
  94. ミコフェノール酸モフェチルによる薬剤性脱毛症を呈した全身性エリテマトーデスの1例, 広島医学, 73巻, 11号, pp. 619-623, 2020
  95. 難治性/再発性ANCA関連血管炎に対するリツキシマブの効果, 広島医学, 73巻, 3号, pp. 152-155, 2020

著書等出版物

  1. 2020年, Medicina,57(12), 関節リウマチの骨破壊を見える化する, 2020年, 単行本(学術書), 単著, 平田信太郎, 2052-2056
  2. 2020年, 日本医師会雑誌 第149巻・特別号(2), CT検査. 免疫・炎症疾患のすべて, 2020年, 単行本(学術書), 単著, 平田信太郎, 110-113
  3. 2020年, 日経BP, 関節リウマチ. ガイドライン外来診療2020, 2020年, 単行本(学術書), 共著, 杉本智裕, 平田信太郎, 杉山英二, 508-514
  4. 2019年, Medical Practice,36(7), 生物学的製剤の使い分け, 平田信太郎、小田啓介, 1093-1097
  5. 2019年, 内科学書 改訂第9版 Vol.2, 繊維筋痛症と慢性疲労症候群, 2019年, 平田信太郎、杉山英二, 266-268
  6. 2019年, リウマチ科,61(1), 関節リウマチにおけるインフリキシマブ, 2019年, 平田信太郎、杉山英二, 28-32
  7. 2019年, リウマチ科,62(3), 関節リウマチの間質性肺炎疾患に対するアバタセプトの有用性, 2019年, 平田信太郎、杉山英二, 282-286
  8. 2019年, Medical Practice,36(7), 臨床的寛解の指標, 2019年, 平田信太郎、杉山英二, 1057-1061
  9. 2019年, 全身性エリテマトーデス診療ガイドライン2019, 適切な寛解維持の治療は何か?, 2019年, 吉田雄介、平田信太郎、田中良哉, 79-81
  10. 2019年, むかしの頭で診ていませんか?膠原病診療をスッキリまとめました-リウマチ、アレルギーも載っています!, 関節リウマチにはタバコが悪い?, 2019年, 平田信太郎, 36-41
  11. 2018年, リウマチ科,59巻6号, バイオフリー寛解の導入と維持, 2018年, 平田信太郎, 588-592
  12. 2018年, 分子リウマチ治療8, アダリムマブ, 2018年, 平田信太郎、杉山英二, 9-15
  13. 2018年, Modern Physician9,38巻9号, 内科疾患における生物学的製剤の使い分け バイオホリデーの可能性, 2018年, 平田信太郎, 994-996
  14. 2017年, シェーグレン症候群診療ガイドライン2017年版, 特徴的な皮膚病変は何か・特徴的な腎病変は何か・特徴的な末梢神経障害は何か・特徴的な中枢神経障害は何か・特徴的な肺病変は何か・特徴的な関節病変は何か, 2017年, 平田信太郎, 39-50
  15. 2017年, リウマチ科,57巻3号, SELバイオマーカーとしての可溶性VCAM-1, 2017年, 平田信太郎, 317-320
  16. 2017年, リウマチ科,58巻6号, 【医療経済をかんがみた関節リウマチの診療】 Rituximabの費用対効果, 2017年, 平田信太郎, 614-618
  17. 2016年06月, 関節リウマチの新しい評価法 : MBDAスコアによるRAの活動性評価, 日本臨床, 2016年, 平田 信太郎;田中 良哉
  18. 2016年05月, バイオシミラー・バイオフリーについて : 治療費軽減対策, 内科, 平田 信太郎;田中 良哉
  19. 2016年04月, Rheumatology Q&A : 画像が明かす診断と治療のポイント(第11回)鑑別すべき肺疾患について, Rheumatology clinical research : journal of rheumatology clinical research / 「Rheumatology clinical research」編集委員会 編, 平田 信太郎;田中 宏明;中野 和久;田中 良哉
  20. 2016年, 日本臨床免疫学会会誌 39巻1号, Multi-biomarker disease activity(MBDA)scoreによる関節リウマチの活動性評価, 2016年, 平田信太郎, 田中良哉, 37-41
  21. 2016年, Rheumatology Clinical Research,5巻1号, Rheumatology Q&A 画像が明かす診断と治療のポイント(第11回) 鑑別すべき肺疾患について, 2016年, 平田信太郎、田中 宏明、中野 和久、田中 良哉, 63-68
  22. 2016年, リウマチ科,55巻5号, 関節リウマチ診療における新たな課題 バイオフリー寛解・ドラッグフリー寛解の現状, 2016年, 平田信太郎、田中良哉, 488-495
  23. 2016年, 内科,117巻5号, プライマリケア医もできる! 関節リウマチ診療 バイオシミラー・バイオフリーについて 治療費軽減対策, 2016年, 平田信太郎、田中良哉, 1195-1201
  24. 2016年, 日本臨床,74巻6号, 関節リウマチupdate-基礎・臨床の最新情報- 関節リウマチ画像診断と評価 関節リウマチの新しい評価法 MBDAスコアによるRAの活動性評価, 2016年, 平田信太郎、田中良哉, 931-937
  25. 2015年08月, 関節リウマチ診療ガイドライン2014におけるbDMARD(生物学的製剤)治療の意義とその位置づけ, Rheumatology clinical research : journal of rheumatology clinical research / 「Rheumatology clinical research」編集委員会 編, 平田 信太郎;岸本 暢将
  26. 2015年03月, 高齢者での生物学的製剤使用時の注意点, 内科, 平田 信太郎;田中 良哉
  27. 2015年, P7-020 メトトレキサートにて関節リウマチ治療中に悪性リンパ腫を発症した症例の検討, 日本臨床免疫学会会誌, 齋藤 和義;中野 和久;中山田 真吾;久保 智史;澤向 範文;平田 信太郎;宮川 一平;岩田 慈;花見 健太郎;田中 良哉
  28. 2015年, P1-008 関節リウマチ合併二次性シェーグレン症候群に対するアバタセプトの有用性, 日本臨床免疫学会会誌, 坪井 洋人;松本 功;萩原 晋也;高橋 広行;柳下 瑞希;高橋 秀典;藏田 泉;廣田 智哉;江辺 広志;横澤 将宏;浅島 弘充;梅田 直人;近藤 裕也;平田 信太郎;齋藤 和義;田中 良哉;寳來 吉朗;中村 英樹;川上 純;住田 孝之
  29. 2015年, P7-030 関節リウマチにおいてベースライン14-3-3η低値はtocilizumabによる1年後のDAS28-ESR寛解達成を予測する, 日本臨床免疫学会会誌, 平田 信太郎;花見 健太郎;山形 薫;宮川 一平;久保 智史;岩田 慈;澤向 範文;中野 和久;中山田 真吾;齋藤 和義;Marotta Anthony;田中 良哉
  30. 2015年, P7-001 Propensity score-matchingを用いた実臨床におけるアバタセプト(ABT)とトシリズマブ(TCZ)の効果と安全性の比較試験, 日本臨床免疫学会会誌, 久保 智史;中山田 真吾;中野 和久;澤向 範文;平田 信太郎;宮川 一平;齋藤 和義;田中 良哉
  31. 2015年, P7-009 IgG4関連疾患における末梢血リンパ球フェノタイプの解析, 日本臨床免疫学会会誌, 久保 智史;中山田 真吾;中野 和久;平田 信太郎;宮崎 祐介;好川 真以子;齋藤 和義;田中 良哉
  32. 2015年, アダリムマブ. 治療NAVIシリーズ Vol.1, 関節リウマチ治療における生物学的製剤の選択と適正使用, 日本医学出版, 2015年, 平田信太郎, 齋藤和義, 田中良哉, 127-30
  33. 2015年, 関節リウマチと骨粗鬆症 内科医が実践すべき診断と治療, 関節リウマチにおける関節破壊の評価, 医薬ジャーナル社, 2015年, 平田信太郎, 田中良哉, 44-53
  34. 2015年, 内科 115巻3号, 高齢者のリウマチ・膠原病はこう診る】 高齢者で注意が必要な合併症対策 高齢者での生物学的製剤使用時の注意点, 2015年, 平田信太郎, 田中良哉, 433-437
  35. 2015年, Rheumatology Clinical Research 4巻2号, 【日本リウマチ学会関節リウマチ診療ガイドライン2014】 関節リウマチ診療ガイドライン2014におけるbDMARD(生物学的製剤)治療の意義とその位置づけ, 2015年, 平田信太郎, 岸本暢将, 97-102
  36. 2015年, Clinical Calcium. 25巻12号, 関節リウマチの骨・軟骨病変の画像評価, 2015年, 平田信太郎, 田中良哉, 1777-1785
  37. 2014年12月, MBDAスコア, Rheumatology clinical research : journal of rheumatology clinical research / 「Rheumatology clinical research」編集委員会 編, 平田 信太郎;田中 良哉
  38. 2014年12月, Rheumatology Q&A : 画像が明かす診断と治療のポイント(第7回)関節リウマチ治療中に出現した多発性肺結節をどのように鑑別するか?, Rheumatology clinical research : journal of rheumatology clinical research / 「Rheumatology clinical research」編集委員会 編, 平田 信太郎;佐藤 友梨恵;田中 良哉
  39. 2014年08月, マルチバイオマーカーの臨床応用とその可能性, 分子リウマチ治療 / 「分子リウマチ治療」編集委員会 編, 平田 信太郎;田中 良哉
  40. 2014年, P2-009  関節リウマチに対するTNF阻害療法とIL-6R阻害療法によるMBDA12バイオマーカーの挙動比較, 日本臨床免疫学会会誌, 平田 信太郎;花見 健太郎;久保 智史;福與 俊介;宮川 一平;中野 和久;中山田 真吾;山岡 邦宏;LI Wanying;DEFRANOUX Nadine;BOLCE Rebecca;齋藤 和義;田中 良哉
  41. 2014年, 関節リウマチ診療ガイドライン2014, bDMARD (生物学的製剤), メディカルレビュー社, 2014年, 平田信太郎, 岸本暢将, 67-73
  42. 2014年, 日本臨床 72巻増刊3 最新関節リウマチ学, 【最新関節リウマチ学-寛解・治癒を目指した研究と最新治療-】 ガイドライン策定の意義 生物学的製剤使用ガイドライン, 2014年, 岸本暢将, 平田信太郎, 695-703
  43. 2014年, 分子リウマチ治療 7巻3号, 関節リウマチの疾患活動性評価を概説する】 マルチバイオマーカーの臨床応用とその可能性, 2014年, 平田信太郎, 田中良哉, 85-89
  44. 2014年, リウマチ科 52巻1号, 【関節リウマチに対する生物学的製剤に関する最近の知見】 BeSt試験, 2014年, 1-5.
  45. 2014年, Rheumatology Clinical Research 3巻3号, Rheumatology Q&A 画像が明かす診断と治療のポイント(第7回) 関節リウマチ治療中に出現した多発性肺結節をどのように鑑別するか?, 2014年, 平田信太郎, 佐藤友梨恵, 田中良哉, 207-211
  46. 2014年, Rheumatology Clinical Research 3巻3号, 関節リウマチの疾患活動性を見極める】 MBDAスコア, 2014年, 平田信太郎, 田中良哉, 160-164
  47. 2013年11月, リウマチ科 50巻5号, MBDAスコアによるRA活動性評価, 2013年11月, 平田信太郎, 田中良哉, 618-622
  48. 2013年04月, アダリムマブ, Rheumatology clinical research : journal of rheumatology clinical research / 「Rheumatology clinical research」編集委員会 編, 平田 信太郎;田中 良哉
  49. 2013年03月01日, 10. 診療科別セットの見直しによる適正検査推進とその経済効果(第30回産業医科大学学会総会学術講演・展示抄録集), 産業医科大学雑誌, 野原 正信;比嘉 幸枝;渋野 亜由美;田中 真典;荒谷 清;平田 信太朗;木村 総;笹栗 靖之
  50. 2013年, 関節リウマチ治療実践バイブル, 関節リウマチの画像診断と評価法 X線, 南江堂, 2013年, 平田信太郎, 田中良哉, 57-60
  51. 2013年, 関節リウマチ治療実践バイブル, adalimumabが効果的であったケース, 南江堂, 2013年, 平田信太郎, 田中良哉, 225-7
  52. 2013年, Rheumatology Clinical Research 2巻1号, 【TNF阻害薬を見極める】 アダリムマブ, 2013年, 平田信太郎, 田中良哉, 15-20
  53. 2013年, リウマチ科 50巻1号, 【関節リウマチ治療における生物学的製剤に関する新知見】 セルトリズマブ 最近の新知見, 2013年, 平田信太郎, 田中良哉, 80-85
  54. 2012年10月10日, X線による関節破壊評価, 日本内科学会雑誌, 平田 信太郎;田中 良哉
  55. 2012年08月, どのように生物学的製剤を使うか : BeSt & RRR, 分子リウマチ治療 / 「分子リウマチ治療」編集委員会 編, 平田 信太郎;山岡 邦宏;田中 良哉
  56. 2012年04月, 専門医に紹介するタイミングとは?, 内科, 平田 信太郎;田中 良哉
  57. 2012年02月, 生物学的製剤中止のタイミング, 最新医学, 田中 良哉;平田 信太郎;齋藤 和義
  58. 2012年02月, 目でみるシリーズ 関節X線スコアリング : van der Heijde modified Sharp scoreの実際, Frontiers in rheumatology & clinical immunology / Frontiers in rheumatology & clinical immunology編集委員会 編, 平田 信太郎;田中 良哉
  59. 2012年, P2-053  アバタセプト(ABT)の関節リウマチ(RA)疾患活動性制御および関節破壊防止効果(ALTAIR study), 日本臨床免疫学会会誌, 久保 智史;齋藤 和義;平田 信太郎;福與 俊介;山岡 邦宏;澤向 範文;名和田 雅夫;岩田 慈;水野 泰志;田中 良哉
  60. 2012年, 最新医学 67巻2号, 【関節リウマチの最新情報-寛解を目指した診断と治療の新展開-】 治療戦略 生物学的製剤中止のタイミング, 2012年, 田中良哉, 平田信太郎, 齋藤和義, 237-243
  61. 2012年, Frontiers in Rheumatology & Clinical Immunology 6巻1号, 目でみるシリーズ 関節X線スコアリング van der Heijde modified Sharp scoreの実際, 2012年, 平田信太郎, 田中良哉, 4-7
  62. 2012年, 内科 109巻4号, 【関節リウマチ診療update-これだけは知っておきたい知識とは?】 《治療にあたり内科医が知るべき知識》 専門医に紹介するタイミングとは?, 2012年, 平田信太郎, 田中良哉, 615-620
  63. 2012年, 分子リウマチ治療 5巻3号, 【もっと深くエビデンスを読む】 どのように生物学的製剤を使うか BeSt & RRR., 2012年, 平田信太郎, 山岡邦宏, 田中良哉, 131-134
  64. 2012年, 日本内科学会雑誌 101巻10号, 【関節リウマチ(RA):診断と治療の進歩】 評価 X線による関節破壊評価, 2012年, 平田信太郎, 田中良哉, 2893-2898
  65. 2012年, リウマチ科 48巻6号, 【関節リウマチ治療における生物学的製剤治療-薬剤中止寛解の可能性を中心に-】 アダリムマブによるバイオフリー寛解の可能性, 2012年, 平田信太郎, 田中良哉, 636-640
  66. 2011年, 実践リウマチ肺障害の診療 : 実際の症例に基づく胸部X線読影診断のポイント, 永井書店, 田中良哉, 迎寛 編;田中良哉, 迎寛, 齋藤和義, 平田信太郎 著;田中, 良哉, 1959-;迎, 寛;齋藤, 和義, 9784815918781, 37-47
  67. 2011年, 関節リウマチにおけるAdalimumab寛解休薬の検討, 日本臨床免疫学会総会抄録集, 平田 信太郎;齋藤 和義;山岡 邦宏;名和田 雅夫;澤向 範文;岩田 慈;田中 良哉
  68. 2011年, 既存治療抵抗性腸管Behcet's diseaseに対する抗TNF-α抗体Infliximabの有効性・安全性, 日本臨床免疫学会総会抄録集, 宮川 一平;齋藤 和義;岩田 慈;山岡 邦宏;澤向 範文;平田 信太郎;名和田 雅夫;田中 良哉
  69. 2011年, ステロイド抵抗性の成人発症スティル病(AOSD)に対しトシリヅマブ(TCZ)が奏功したNeuropsychiatric Systemic Lupus Erythematosus (NPSLE)の1例, 日本臨床免疫学会総会抄録集, 宮崎 佑介;名和田 雅夫;齋藤 和義;河邊 明男;好川 真以子;平田 信太郎;辻村 静代;山岡 邦宏;田中 良哉
  70. 2011年, ウリナスタチン大量間歇投与療法の膠原病合併難治性活動性間質性肺炎に対する有効性と安全性の検討, 日本臨床免疫学会総会抄録集, 好川 真以子;齋藤 和義;辻村 静代;河邊 明男;宮川 一平;名和田 雅夫;平田 信太郎;山岡 邦宏;田中 良哉
  71. 2011年, 抗CD20抗体リツキシマブが著効した致死的肺胞出血合併Wegener肉芽腫(WG)症例のリンパ球表面抗原の変化, 日本臨床免疫学会総会抄録集, 石崎 淳;齋藤 和義;名和田 雅夫;岩田 慈;澤向 範文;水野 泰志;平田 信太郎;山岡 邦宏;田中 良哉
  72. 2011年, 実践リウマチ肺障害の診療 —実際の症例に基づく胸部X線読影診断のポイント—, リウマチ治療に関連する二次性呼吸器障害, 永井書店, 2011年, 平田信太郎, 38-47
  73. 2010年, 抗IL-6受容体抗体tocilizumabが著効した二次性アミロイドーシス合併関節リウマチの1例, 日本内科学会雑誌, 宮川 一平;齋藤 和義;花見 健太郎;名和田 雅夫;湯川 宗之助;山岡 邦宏;中野 和久;平田 信太郎;福輿 俊介;田中 良哉
  74. 2009年03月01日, 45.職業性線維化疾患を克服するための低用量イマチニブによるマスト細胞制御治療法へ向けた基礎的検討(第26回産業医科大学学会総会 学術講演会記録), 産業医科大学雑誌, 澤向 範文;斎藤 和義;山岡 那宏;中野 和久;平田 信太郎;湯川 宗之助;田中 良哉
  75. 2008年05月20日, OR9-5 当院におけるびまん性肺疾患に対する胸腔鏡下肺生検の検討(VATS(診断),一般口演9,第31回日本呼吸器内視鏡学会学術集会), 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 吉岡 宏治;石川 暢久;秋田 慎;河瀬 成穂;田中 惣之輔;妹尾 直;大成 洋二郎;平田 信太郎;金原 正志;風呂中 誠;藤高 一慶;春田 吉則;峠岡 康幸;服部 登;河野 修興;大朏 祐治
  76. 2008年, 少量イマチニブによる自己免疫疾患への臨床応用に向けたマスト細胞制御療法の基礎的検討, 日本臨床免疫学会総会抄録集, 澤向 範文;斎藤 和義;山岡 邦宏;中野 和久;平田 信太郎;湯川 宗之助;田中 良哉
  77. 2008年, 少量イマチニブによる自己免疫疾患への臨床応用に向けたマスト細胞制御療法の基礎的検討, 日本臨床免疫学会総会抄録集, 澤向 範文;斎藤 和義;山岡 邦宏;中野 和久;平田 信太郎;湯川 宗之助;田中 良哉
  78. 2007年04月30日, P74 関節リウマチ患者における葉酸代謝酵素多型とメトトレキサートによるリンパ球刺激試験の関係の検討(自己免疫,自己免疫性疾患(1)-1, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会), アレルギー, 平田 信太郎;横山 彰仁;熊谷 和彦;春田 吉則;小山 徹;河野 修興
  79. 2006年10月20日, 59.生存中に胃転移を発見された肺大細胞癌の1例(第45回 日本肺癌学会中国・四国支部会,支部活動), 肺癌, 谷本 琢也;藤高 一慶;平田 信太郎;石川 暢久;峠岡 康幸;春田 吉則;服部 登;横山 彰仁;河野 修興
  80. 2006年10月20日, 48.肺高血圧を呈した胸腺カルチノイドの1剖検例(第45回 日本肺癌学会中国・四国支部会,支部活動), 肺癌, 庄田 浩康;藤高 一慶;平田 信太郎;石川 暢久;峠岡 康幸;春田 吉則;服部 登;横山 彰仁;河野 修興
  81. 2006年04月30日, P29 TS-1による薬剤性肺障害3例の検討(薬物アレルギー・薬剤性障害2,ポスターセッション,一般演題,第18回日本アレルギー学会春季臨床大会), アレルギー, 平田 信太郎;熊谷 和彦;石川 暢久;峠岡 康幸;春田 吉則;横山 彰仁;河野 修興
  82. 2005年, Desmoplastic Malignant Pleural Mesotheliomaに対し術前化学療法後,胸膜肺全摘術を施行した1例, 肺癌, 清水 克彦;平田 信太郎;宮崎 満;河野 修興;武島 幸男;井内 康輝
  83. 2004年09月30日, 239 CD4陽性T細胞の受身移入による喘息病態発現の検討, アレルギー, 大西 広志;横山 彰仁;平田 信太郎;中島 拓;大成 洋二郎;香河 和義;中島 正光;河野 修興
  84. 2003年10月20日, 13.肺癌化学療法中に腸管浮腫を来した2症例(第42回日本肺癌学会中国四国支部会), 肺癌, 風呂中 誠;宮崎 満;藤高 一慶;平田 信太郎;近藤 圭一;中島 正光;横山 彰仁;前田 裕行;河野 修興
  85. 2003年03月25日, 35.興味ある転移・進展様式を呈した肝癌肺転移と考えられた1例(一般演題)(第11回日本気管支学会中国四国支部会), 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 稲田 順也;中島 正光;藤高 一慶;平田 信太郎;風呂中 誠;近藤 圭一;前田 裕行;檜山 桂子;粟屋 幸一;河野 修興
  86. 2002年02月10日, 今月の症例 Vascular endothelial growth factor (VEGF)著増を認めたPOEMS症候群の1例, 日本内科学会雑誌, 平田 信太郎;岡本 完;太田 修二 他;太田 修二
  87. 2002年, Vascular endothelial growth factor(VEGF)著増を認めたPOEMS症候群の1例, 日本内科学会雑誌, 平田 信太郎;岡本 完;太田 修二;上里 雅史;谷口 敦夫;寺井 千尋;原 まさ子;鎌谷 直之

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 関節リウマチの単純X線評価と進歩, 平田信太郎, 第35回日本臨床リウマチ学会, 2020年11月27日, 通常, 日本語
  2. 生物学的製剤とJAK阻害薬による関節破壊のマネージメント, 平田信太郎, 第35回日本臨床リウマチ学会, 2020年11月27日, 通常, 日本語
  3. 現在の関節リウマチ診療におけるTNF阻害薬の位置づけ, 平田信太郎, 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2020年08月17日, 通常, 日本語
  4. リウマチ膠原病のX線画像の見方, 平田信太郎, 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2020年08月17日, 通常, 日本語
  5. 関節リウマチ診療ガイドライン2020: 生物学的製剤およびその他の抗体療法, 平田信太郎、岸本暢将、河野正孝、河野紘輝、金下峻也、伊藤宣、金子祐子、小嶋俊久、小嶋雅代、杉原毅彦、瀬戸洋平、田中榮一、西田圭一郎、松下功、村島温子、森信暁雄、森雅亮、川人豊、針谷正祥, 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2020年08月17日, 通常, 日本語
  6. 寛解を達成した後の治療をどうするか?, 平田信太郎, 第34回日本臨床リウマチ学会, 2019年11月30日, 通常, 日本語
  7. Tapering and Discontinuing Prednisolone Without Deteriorated Disease Control by Optimizing Methotrexate in Patients with Rheumatoid Arthritis Under Stable Treatment – 2-year Results in the Real-world Clinical Practice –, Hirata S, Omoto T, Kohno H, Watanabe H, Yukawa K, Tokunaga T, Kuranobu T, Oi T, Yoshida Y, Sugimoto T, Mokuda S, Oda K, Nojima T, Sugiyama E, ACR/ARHP Annual Meeting (ACR 2019), 2019年11月08日, 通常, 英語
  8. リウマチ膠原病のX線画像の見方, 平田信太郎、杉山英二, 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019年11月08日, 通常, 日本語
  9. X線, 平田信太郎, 第37回日本骨代謝学会学術集会, 2019年10月12日, 通常, 日本語
  10. 安定用量で治療中の関節リウマチ患者におけるMTX用量適正化とPSL減量・中止による疾患制御の検討--2年間のリアルワールド観察研究-, 平田信太郎、荒木慧、河野紘輝、湯川和俊、德永忠浩、倉信達臣、大井勝博、吉田雄介、杉本智裕、茂久田翔、小田啓介、野島崇樹、杉山英二, 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019年04月15日, 通常, 日本語
  11. 関節リウマチに対するCD80/86標的療法による関節破壊制御と寛解休薬, 平田信太郎、大井勝博、杉山英二, 第46回日本臨床免疫学会総会, 2018年11月08日, 通常, 日本語
  12. Practical Optimization of Methotrexate Dose Improves Disease Control of Rheumatoid Arthritis Despite Reduction or Discontinuation of Oral Glucocorticoids, Shintaro Hirata, Kei Araki, Hiroki Kohno, Kazutoshi Yukawa, Tadahiro Tokunaga, Tatsuomi Kuranobu, Katsuhiro Oi, Yusuke Yoshida, Tomohiro Sugimoto, Keisuke Oda, Takaki Nojima, Eiji Sugiyama, ACR/ARHP Annual Meeting (ACR 2018), 2018年10月19日, 通常, 英語
  13. Optimisation of methotrexate dose induced successful reduction of glucocorticoids without impaired disease control in patients with rheumatoid arthritis, S. Hirata, T. Kondo, K. Yukawa, T.Tokunaga, T.Kuranobu, K. Oi, Y. Yoshida, M. Funaki, K. Oda, T. Nojima, E. Sugiyama, Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2018), 2018年06月13日, 通常, 英語
  14. 関節リウマチ患者における適切なMTX増量による疾患活動性を損なわないPSL減量・中止の検討, 平田信太郎、近藤拓馬、湯川和俊、德永忠浩、倉信達臣、大井勝博、吉田雄介、舟木将雅、小田啓介、野島崇樹、杉山英二, 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2018年04月26日, 通常, 日本語
  15. 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ アナライザーセッション, 平田信太郎, 第115回日本内科学会総会・講演会, 2018年04月13日, 通常, 日本語
  16. 関節リウマチにおける長期予後を見据えた初期治療戦略, 平田信太郎, 第28回日本リウマチ学会関東支部学術集会, 2017年12月09日, 通常, 日本語
  17. 寛解達成後の治療戦略, 平田信太郎, 第32回日本臨床リウマチ学会, 2017年12月02日, 通常, 日本語
  18. 関節リウマチにおける画像評価~レントゲンを中心に~, 平田信太郎, 第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会, 2017年11月24日, 通常, 日本語
  19. 当科開設以来の関節リウマチ(RA)に対する生物学的抗リウマチ薬(bDMARDs)選択と継続に関する検討, 平田信太郎、近藤拓馬、湯川和俊、德永忠浩、倉信達臣、大井勝博、吉田雄介、舟木将雅、小田啓介、野島崇樹、杉山英二, 第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会, 2017年11月24日, 通常, 日本語
  20. 関節リウマチの早期治療とbioフリーの可能性について, 平田信太郎, 第29回日本リウマチ学会中部支部学術集会, 2017年09月08日, 通常, 日本語
  21. 関節リウマチのレントゲン評価-vander Heijde's modified total Sharp scoreを中心に, 平田信太郎, 第54回九州リウマチ学会, 2017年09月02日, 通常, 日本語
  22. Multicenter 14-3-3ETA biomarker reproducibility; the japanese experience, S. Hirata,M. Kaneda,T. Isayama,Y. Gu,A. Marott,W. P. Maksymowyc,Y. Tanaka, Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2017), 2017年06月14日, 通常, 英語
  23. 14-3-3ETA predicts joint damage progression and flaring after adalimumab discontinuation, S. Hirata,M. Kaneda,T. Isayama,Y. Gu,A. Marott,W. P. Maksymowyc,Y. Tanaka, Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2017), 2017年06月14日, 通常, 英語
  24. 寛解達成後の治療戦略, 平田信太郎, 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2017年04月20日, 通常, 日本語
  25. 早期治療介入により得られるベネフィット〝Treatment Holiday″~蓄積されたエビデンスがもたらす価値~, 平田信太郎, 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2017年04月20日, 通常, 日本語
  26. 関節リウマチに伴う間質性肺疾患(RA-ILD)に対するタクロリムス(TAC)の有効性, 平田信太郎、中野和久、久保智史、杉山英二、田中良哉, 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2017年04月20日, 通常, 日本語
  27. 関節リウマチに伴う間質性肺疾患に対するタクロリムスの有用性の検討, 平田信太郎、中野和久、久保智史、杉山英二、田中良哉, 第27回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会, 2016年12月02日, 通常, 日本語
  28. Predicting Flare and Sustained Clinical Remission after Adalimumab Withdrawal Using the Multi-Biomarker Disease Activity (MBDA) Score, Shintaro Hirata,Xingbin Wang,CC Hwang,Ippei Miyagawa,Satoshi Kubo,Kazuhisa Nakano,Shingo Nakayamada,Kazuyoshi Saito,Nadine A. Defranoux,Yoshiya Tanaka, ACR/ARHP Annual Meeting (ACR 2016), 2016年11月11日, 通常, 英語
  29. Lower Baseline 14-3-3η Levels Are Associated with Better Patient Reported Outcomes in Tocilizumab Treated Patients, Shintaro Hirata,Anthony Marotta,Kentaro Hanami, and Yoshiya Tanaka, ACR/ARHP Annual Meeting (ACR 2016), 2016年11月11日, 通常, 英語
  30. Predictive Value of The Multi-Biomarker Disease Activity (MBDA) Score for Flare and Sustained Remission in The Honor Study, S.Hirata,S.Tang,C.C. Hwang,I. Miyagawa, S. Kubo,K. Nakano,S. Nakayamada,K. Saito, N.A. Defranoux,Y. Tanaka, Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2016), 2016年06月08日, 通常, 英語
  31. Baseline Serum 14-3-3 ETA Independently Predicts Clinically Important Improvements in HAQ-DI in Patients with Rheumatoid Arthritis Treated with Tocilizumab, S.Hirata,K. Hanami,A. Marotta,Y. Tanaka, Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2016), 2016年06月08日, 通常, 英語
  32. Anti-JAK Is Anti-Fibrotic in Patients with Rheumatoid Arthritis, S. Hirata,N.S. Gudmann,S. Kubo,M. Karsdal,A.C. Bay-Jensen,Y. Tanaka, Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2016), 2016年06月08日, 通常, 英語
  33. 今後のRA治療 Post RemissionイメージングによるRA治療選択の可能性 関節X線評価とバイオマーカーによるRA寛解導入後治療選択の可能性, 平田信太郎、田中良哉, 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2016年04月21日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2015年04月23日, JCR 国際ワークショップ賞, 日本リウマチ学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 関節リウマチの関節破壊と寛解休薬後再燃リスクを予測する画期的バイオマーカーの探索, 2016年, 2018年
  2. 厚生労働科研費補助金, 我が国の関節リウマチ診療標準化のための研究, 2016年
  3. 厚生労働科研費補助金, 我が国の関節リウマチ診療の標準化に関する臨床疫学研究, 2018年, 2020年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), Cureを可能とする関節リウマチの早期予測バイオマーカーの創出, 2019年, 2021年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), Cureを可能とする関節リウマチの早期予測バイオマーカーの創出, 2019年, 2021年

社会活動

委員会等委員歴

  1. ニュースレター小委員会 委員, 2019年04月15日, 2021年04月26日, 日本リウマチ学会 
  2. 広島県地域対策協議会 医師確保対策専門委員会 内科ワーキング会議 委員, 2018年04月, 2019年03月, 広島県
  3. 広島県地域対策協議会 医師確保対策専門委員会 内科ワーキング会議 委員, 2019年04月, 2020年03月, 広島県
  4. 編集委員, 2016年04月, Arthritis Care & Research
  5. 評議員, 日本リウマチ学会
  6. 評議員, 日本臨床免疫学会
  7. 非常勤医師, 2016年09月, 2017年03月, 独立行政法人国立病院機構呉医療センター
  8. 非常勤医師, 2016年09月, 2017年03月, 産業医科大学病院
  9. 非常勤医師, 2016年10月, 2017年03月, (医)社団おると会浜脇整形外科病院
  10. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, 独立行政法人国立病院機構呉医療センター
  11. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, (医)社団おると会浜脇整形外科病院
  12. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, 産業医科大学病院
  13. 非常勤医師, 2018年04月, 2019年03月, 市立三次中央病院
  14. 非常勤医師, 2019年04月, 2020年03月, 市立三次中央病院
  15. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, 市立三次中央病院
  16. 非常勤医師, 2021年04月, 2022年03月, 市立三次中央病院

学術雑誌論文査読歴

  1. 2020年, Rheumatology, その他, 4
  2. 2020年, The Journal of Rheumatology, その他, 1
  3. 2020年, Internal Medicine, その他, 2
  4. 2020年, Plos One, その他, 1
  5. 2020年, Modern Rheumatology, その他, 9
  6. 2020年, Journal of Clinical Rheumatology, その他, 4
  7. 2020年, International Journal of Rheumatic Diseases, その他, 2
  8. 2020年, Modern Rheumatology Case Reports, その他, 3
  9. 2020年, Arthritis Research & Therapy, その他, 1
  10. 2019年, Plos One, その他, 1
  11. 2019年, Arthritis Research & Therapy, その他, 3
  12. 2019年, ACR Open Rheumatology, その他, 1
  13. 2019年, International Journal of Rheumatic Diseases, その他, 3
  14. 2019年, Journal of Clinical Rheumatology, その他, 2
  15. 2019年, Modern Rheumatology, その他, 11
  16. 2019年, Modern Rheumatology Case Reports, その他, 6
  17. 2019年, Rheumatology, その他, 5
  18. 2019年, Rheumatology International, その他, 3
  19. 2018年, Modern Rheumatology, その他, 7
  20. 2018年, BMJ Open, その他, 3
  21. 2018年, Arthritis Research & Therapy, その他, 3
  22. 2018年, Geriatrics & Gerontology International, その他, 3
  23. 2018年, Rheumatology, その他, 2
  24. 2018年, International Journal of Rheumatic Diseases, その他, 2
  25. 2018年, Modern Rheumatology Case Reports, その他, 2
  26. 2018年, Rheumatology International, その他, 1
  27. 2018年, Arthritis Care & Research, その他, 1
  28. 2017年, Modern Rheumatology, その他, 13
  29. 2017年, Plos One, その他, 4
  30. 2017年, The Journal of Rheumatology, その他, 2
  31. 2017年, Rheumatology, その他, 1
  32. 2017年, Journal of Bone and Mineral Metabolism, その他, 1
  33. 2017年, Inflammation Research, その他, 1
  34. 2017年, Rheumatology International, その他, 1
  35. 2017年, Journal of Clinical Rheumatology, その他, 1
  36. 2017年, Arthritis Care & Research, その他, 1
  37. 2016年, Modern Rheumatology, その他, 8
  38. 2016年, Rheumatology International, その他, 6
  39. 2016年, Arthritis Care & Research, その他, 4
  40. 2016年, Rheumatology, その他, 2
  41. 2016年, Inflammation Research, その他, 2
  42. 2015年, Modern Rheumatology, 5
  43. 2015年, Rheumatology International, 4
  44. 2015年, Internal Medicine, 4
  45. 2015年, Arthritis Care & Research, 4
  46. 2015年, Journal of Bone and Mineral Metabolism, 1
  47. 2014年, Modern Rheumatology, 7
  48. 2014年, Rheumatology International, 4
  49. 2014年, Arthritis Care & Research, 3
  50. 2014年, Internal Medicine, 2
  51. 2014年, The Journal of Rheumatology, 1
  52. 2013年, Rheumatology International, 1
  53. 2013年, The Journal of Rheumatology, 1
  54. 2011年, Modern Rheumatology, 1
  55. 2010年, Modern Rheumatology, 1