田中 晋平Shinpei Tanaka

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 准教授
ホームページ
メールアドレス
shinpeihiroshima-u.ac.jp
自己紹介
複雑系、自己駆動システムの研究

基本情報

学位

  • 博士(工学) (東京大学)
  • 修士(工学) (東京大学)

教育担当

  • 【学士課程】 総合科学部 : 国際共創学科 : 国際共創プログラム
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 物理学プログラム
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 理工学融合プログラム
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 物理学プログラム
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 理工学融合プログラム

担当主専攻プログラム

  • 総合物理プログラム
  • 総合科学プログラム

研究分野

  • 数物系科学 / 物理学 / 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理
  • 数物系科学 / 物理学 / 数理物理・物性基礎

研究キーワード

  • コロイド
  • 自己駆動
  • 能動物質
  • 界面活性剤
  • 蛍光相関分光
  • 結晶
  • 結晶化
  • タンパク質

所属学会

  • 日本物理学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 4ターム, 自然科学基礎実験法・同実験B
  2. 2022年, 教養教育, 2ターム, 物理の視点A[旧パッケージ]
  3. 2022年, 教養教育, 1ターム, 物理数学入門
  4. 2022年, 教養教育, 3ターム, 物理学の手法
  5. 2022年, 教養教育, 3ターム, 物理学実験法・同実験I[1教自,1教人,1理化,1理生,1理地]
  6. 2022年, 教養教育, 3ターム, 物理学実験法・同実験I[1工一]
  7. 2022年, 教養教育, 4ターム, 物理学実験法・同実験II[1教自,1教人,1理化,1理生,1理地]
  8. 2022年, 教養教育, 4ターム, 物理学実験法・同実験II[1工一]
  9. 2022年, 教養教育, 4ターム, 基礎電磁気学[1工三]
  10. 2022年, 学部専門, 3ターム, 物理科学英語演習
  11. 2022年, 学部専門, 1ターム, 物理科学概論
  12. 2022年, 学部専門, 1ターム, 統計力学I
  13. 2022年, 学部専門, 2ターム, 物質科学実験D
  14. 2022年, 学部専門, 2ターム, 物質科学実験法D
  15. 2022年, 学部専門, 2ターム, 統計力学II
  16. 2022年, 学部専門, 1ターム, 複雑液体・ソフトマター論
  17. 2022年, 学部専門, 2ターム, Frontiers of Material Science (物質科学の最前線)
  18. 2022年, 学部専門, 3ターム, Invitation to Integrated Global Studies II (国際共創へのいざない II)
  19. 2022年, 学部専門, 通年, Graduation Thesis (特別研究)
  20. 2022年, 学部専門, 2ターム, Experimental Methods and Laboratory Work in Science for IGS I (IGS 自然科学実験法・同実験 I)
  21. 2022年, 学部専門, 2ターム, Experimental Methods and Laboratory Work in Science for IGS II (IGS 自然科学実験法・同実験 II)
  22. 2022年, 学部専門, 4ターム, Natural Disasters and Society I (自然災害と社会 I)
  23. 2022年, 学部専門, 4ターム, Natural Disasters and Society II (自然災害と社会 II)
  24. 2022年, 学部専門, 1ターム, Principles of Physics I (物理学の原理と基礎 I)
  25. 2022年, 学部専門, 2ターム, Principles of Physics II (物理学の原理と基礎 II)
  26. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 理工学融合特別研究(2022年4月博士課程前期入学者)
  27. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 理工学融合特別研究(2022年10月博士課程後期入学者用)
  28. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 理工学融合特別演習A
  29. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 理工学融合特別演習B
  30. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 複雑系構造論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Dynamic ordering caused by a source-sink relation between two droplets, Soft Matter, 18巻, pp. 6465-6474, 20220531
  2. Microbeam X-ray diffraction of non-banded polymer spherulites of it-polystyrene and it-poly(butene-1), POLYMER, 51巻, 8号, pp. 1837-1844, 20100406
  3. Application of a deconvolution method to construct aqueous phase diagram, THERMOCHIMICA ACTA, 500巻, 1-2号, pp. 100-105, 20100310
  4. Fluorescence correlation spectroscopy and Brownian dynamics simulation of protein diffusion under confinement in lipid cubic phases, SOFT MATTER, 8巻, 34号, pp. 8936-8943, 2012
  5. Finger-like pattern formation in dilute surfactant pentaethylene glycol monododecyl ether solutions, JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 138巻, 13号, 20130407
  6. The effect of NaCl on the eutectic phase behavior of aqueous poly(ethylene glycol) solutions, Polymer, 50巻, 5号, pp. 1304-1310, 20090201
  7. ポリエチレングリコールによるタンパク質の結晶化, 高分子, 59巻, pp. 473-476, 20100701
  8. Slow molecular dynamics close to crystal surfaces during crystallization of a protein lysozyme studied by fluorescence correlation spectroscopy, Journal of Chemical Physics, 133巻, pp. 095103, 20100901
  9. Histone-based self-assembly into DNA-wrapped meso-clusters, Journal of Physics: Condensed Matter, 23巻, pp. 072206, 20110101
  10. Kinetics of phase separation and coarsening in dilute surfactantpentaethylene glycol monododecyl ether solutions, Journal of Chemical Physics, 20111101
  11. Structural transitions of the mono-olein bicontinuous cubic phase induced by inclusion of protein lysozyme solutions, PHYSICAL REVIEW E, 73巻, 6号, 200606
  12. The effect of NaCl on the eutectic phase behavior of aqueous poly(ethylene glycol) solutions, POLYMER, 50巻, 5号, pp. 1304-1310, 20090223
  13. Slow molecular dynamics close to crystal surfaces during crystallization of a protein lysozyme studied by fluorescence correlation spectroscopy, JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 133巻, 9号, 20100907
  14. Histone-based self-assembly into DNA-wrapped meso-clusters, JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER, 23巻, 7号, 20110223
  15. Improved visibility of lesions of the small intestine via capsule endoscopy with computed virtual chromoendoscopy, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, 73巻, 2号, pp. 299-306, 201102
  16. Flurbiprofen ameliorated obesity by attenuating leptin resistance induced by endoplasmic reticulum stress, EMBO MOLECULAR MEDICINE, 6巻, 3号, pp. 335-346, 201403
  17. Structure and selection in an autocatalytic binary polymer model, EPL, 107巻, 2号, 201407
  18. Spontaneous change in trajectory patterns of a self-propelled oil droplet at the air-surfactant solution interface, PHYSICAL REVIEW E, 91巻, 3号, 20150311
  19. 17aYE-5 ポリエチレングリコールの誘起するタンパク質分子間相互作用と結晶成長, 日本物理学会講演概要集, 56巻, 2号, 20010903
  20. Self-inverted reciprocation of an oil droplet on a surfactant solution, Soft Matter, 13巻, pp. 3422-3430, 20170411
  21. ★, Dynamic ordering in a swarm of floating droplets driven by solutal Marangoni effect, J. Phys. Soc. Jpn., 86巻, pp. 101004, 20170825
  22. ★, Spontaneous emulsification and self-propulsion of oil droplets induced by the synthesis of amino acid-based surfactants, Soft Matter, 20170809
  23. Sequence selection by dynamical symmetry breaking in an autocatalytic binary polymer model, PHYSICAL REVIEW E, 96巻, 6号, 20171213
  24. Dancing performance of organic droplets in aqueous surfactant solutions, Collids and Surfaces A, 566巻, pp. 141-147, 20190115
  25. Free-energy model of phase inversion dynamics in binary phase separation, Phys. Rev. E, 100巻, pp. 022137, 20190826
  26. A surfactant reaction model for the reciprocating motion of a self-propelled droplet, SOFT MATTER, 17巻, 2号, pp. 388-396, 20210114
  27. A reaction-diffusion particle model for clustering of self-propelled oil droplets on a surfactant solution,: Nonlinear Phenomena, Physica D, 425巻, pp. 132949, 20210531

著書等出版物

  1. 2008年03月, 21世紀の教養5 知の根源を問う , 培風館, 2008年, 03, 教科書, 編著, 9784563019044, 260
  2. 2014年03月25日, 基礎から学ぶ力学, 培風館, 2014年, 3, 教科書, 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 水溶液表面を自己駆動する液滴の往復運動に対する界面活性剤反応拡散モデル, 田中晋平, 日本物理学会, 2021年03月12日, 通常, 日本語, 日本物理学会, オンライン
  2. 粘弾性相分離における相反転パター ン形成の自由エネルギーモデル, 田中晋平, 久保佳秀, 山崎義弘, 物理学会第74回年次大会, 2019年09月10日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 岐阜大学
  3. 2019年08月01日, 通常, 英語
  4. 自己駆動有機溶媒液滴の集団運動:拡散モデルによる検討, 田中晋平, 物理学会第73回年次大会, 2018年03月23日, 通常, 日本語, 東京
  5. 2017年10月31日, 通常, 英語
  6. 界面でアミノ酸界面活性剤を合成するアル デヒド油滴の自己駆動現象, 田中晋平, 長坂祐理子, 物理学会2017年秋季大会, 2017年09月22日, 通常, 日本語, 岩手
  7. 気液界面を自己駆動する液滴集団の動的秩序形成 : 非対称な相互作用モデルによる理解, 田中 晋平, 加納剛史, 日本物理学会年次大会, 2017年03月20日, 通常, 日本語
  8. 気液界面を運動するサリチル酸液滴集団の動的秩序形成:一粒子振動と集団振動, 田中晋平, 日本物理学会秋季大会, 2016年09月13日, 通常, 日本語
  9. 気液界面を自己駆動する油滴集団の振動秩序形成, 田中晋平, 日本物理学会年次大会, 2016年03月19日, 通常, 日本語
  10. サリチル酸エステル液滴の往復運動と動的秩序形成, 田中晋平, アクティブマター研究会, 2016年01月23日, 招待, 日本語
  11. 気液界面を自己駆動するサリチル酸油滴集団の秩序形成, 田中晋平, 日本物理学会秋季大会, 2015年09月16日, 通常, 日本語
  12. 脂質高次構造内に閉じ込められた水溶性タンパク質の拡散と構造転移, 田中晋平, 日本物理学会, 2014年03月28日, 招待, 日本語
  13. Diffusion of lysozyme molecules confined in lipid monoolein cubic phases, 田中 晋平, 8th Liquid Matter Conference 2011, 2011年, 通常, 日本語
  14. 脂質高次構造に拘束されたタンパク質分子の結晶成長, 田中 晋平, 日本物理学会 2011年秋季大会、領域9,領域12合同シンポジウム「巨大分子~サブミクロン粒子の自己集積」, 2011年, 通常, 日本語
  15. タンパク質溶液の相挙動と結晶成長, 田中 晋平, 日本物理学会 2009年秋季大会, 2009年09月, 招待, 日本語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(萌芽研究), ゲル変形によるタンパク質結晶化の制御とそのメカニズム解明, 2007年, 2008年
  2. 科学研究費助成事業(特定領域研究), ソフトマター粘弾性場からの結晶化における非平衡構造形成, 2006年, 2011年
  3. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 脂質高次構造内部に拘束されたタンパク質分子ダイナミクスとタンパク質溶液物性, 2005年, 2006年
  4. 基盤研究C, 生物的な動的集団秩序を形成する非生物自己駆動液滴系の研究, 2017年, 2019年
  5. 科学研究費助成事業(基盤B), 自己駆動系の集団運動に対する数理モデリングとその数理解析, 2016年, 2020年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 生物的な動的集団秩序を形成する非生物自己駆動液滴系の研究, 2017年, 2019年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 自己駆動液滴を構成要素として用いた液滴ロボットの設計と機能制御, 2020年, 2024年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広島大学附属高等学校, 2018年04月, 2019年03月, スーパーサイエンスハイスクール研究協力委員
  2. スーパーサイエンスハイスクール研究協力委員, 2019年04月, 2020年03月, 広島大学附属高等学校
  3. スーパーサイエンスハイスクール研究協力委員, 2020年04月, 2021年03月, 広島大学附属高等学校

学術雑誌論文査読歴

  1. 2018年, その他, 1
  2. 2018年, その他, 1
  3. 2018年, その他, 1
  4. 2018年, その他, 1