大池 真知子Machiko Ooike

Last Updated :2021/03/01

所属・職名
ダイバーシティ研究センター 教授
メールアドレス
ooikehiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(人文科学) (お茶の水女子大学)
  • 修士(人文科学) (お茶の水女子大学)

研究分野

  • 人文学 / 文学 / 英米・英語圏文学

研究キーワード

  • 文学
  • アフリカ
  • ジェンダー

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 2ターム, 平和を考える
  2. 2020年, 教養教育, 2ターム, ひろしま平和共生リーダー概論
  3. 2020年, 教養教育, 1ターム, (オ)コミュニケーションIIIB
  4. 2020年, 教養教育, 1ターム, ジェンダーと社会
  5. 2020年, 教養教育, 2ターム, ダイバーシティ概論
  6. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 集中, ダイバーシティの理解
  7. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 学問とジェンダー
  8. 2020年, 学部専門, 1ターム, ジェンダー学 I
  9. 2020年, 学部専門, 2ターム, ジェンダー学 II
  10. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 異文化理解

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 1980年代から2010年代のアフリカの性の研究の潮流――フェミニズムとの関わりを中心に, 黒人研究, 89巻, pp. 86-106, 20200331
  2. アフリカの読者層について…ガーナを例に, えちゅーど, 24号, pp. 19-30, 19940401
  3. 現代アフリカ女性文学紹介(1), えちゅーど, 25号, pp. 25-38, 19950401
  4. 「男の物語」と「女の物語」…Chinua AchebeのThings Fall ApartとFlora NwapaのIduを比較して, 人間文化研究年報, 18号, pp. 96-103, 19950401
  5. 自己・共同体・アフリカ人女性-ブチ・エメチェタのKehinde考, 人間文化研究年報, 19号, pp. 50-57, 19960401
  6. FGM(女子割礼)とアフリカ文学, えちゅーど, 26号, pp. 15-30, 19960401
  7. 現代アフリカ女性文学紹介(2), えちゅーど, 26号, pp. 1-13, 19960401
  8. 内側の植民地――フランツ・ファノンと自己同定の政治学, 思想, pp. 69-102, 19980601
  9. アフリカ文学における女、語り、歴史--チヌア・アチェベとブチ・エメレッタの比較研究, 人間文化研究年報, 23号, pp. 1-3, 1999
  10. <研究文献目録10>アフリカ女性文学研究の発展と文献紹介, ジェンダ-研究, 2号, pp. 113-168, 199903
  11. 海外と日本での現代アフリカ女性文学研究の動向, 日本女性ジャーナル, 26号, pp. 98-118, 19990401
  12. アフリカ女性文学研究の発展と文献紹介, ジェンダー研究, 2号, pp. 113-168, 19990401
  13. アフリカにおけるジェンダーと社会運動――西アフリカの経験を例に, 日米女性ジャーナル, 26号, pp. 73-97, 19990401
  14. アフリカにおけるジェンダーと社会運動 : 西アフリカの事例, 日米女性ジャーナル, 26巻, pp. 73-97, 199912
  15. Symposia第九部門「フェミニズムの今」(日本英文学会第71回大会報告), 英文學研究, 76巻, 2号, pp. 286-287, 19991230
  16. 境界上の故郷-ブチ・エメチェタの『グウェンドレン』とジョアン・ライリ-の『アンビロンギング』に表象された黒人移民の女たち, 黒人研究, 70号, pp. 9-15, 20000401
  17. Hazel V. Carby: Cultures in Babylon: Black Britain and African Americanの書評, 英文学研究, 77巻, 2号, pp. 161-165, 20000401
  18. ヘーゲルの『不幸な意識』論を読む――執拗な取り付きと身体の主体化/隷属化(サブジェクション), 現代思想, 28巻, 14号, pp. 104-124, 20000401
  19. ナイジェリア内戦文学における女の代弁/表象――ブチ・エメチェタの『デスティネーション・ビアフラ』研究, ジェンダー研究, 4号, pp. 55-69, 20010401
  20. 現実の母を描く, 朝日新聞社 世界の文学 朝日百科, pp. 265-267, 20020401
  21. 特集・女性学関連講座――広島県内大学・短大36校中23校が開講, 月刊家族, 197号, pp. 2-3, 20020701
  22. セクシュアリティのグローカルな構築へむけて――女性性器切除をジェンダー学関連の授業で語る, 人間文化研究, 13巻, pp. 45-94, 20041201
  23. ガーナにおけるHIV/エイズと演劇, 黒人研究, 74巻, pp. 64-69, 20050301
  24. HIVに感染した若い女であるということ――ドキュメンタリー『ブシを探して』における権力関係, 人間文化研究, 14巻, pp. 89-116, 20051201
  25. 紛争と飢餓の地での援助を表象する新たな「植民地小説」--ジョナサン・ファラの『プラ・マーシー』分析, 文明科学研究, 1巻, pp. 1-12, 2006
  26. アフリカの「危機」:「家族」からの展望―過去・現在・未来―:2006年度アフリカ学会大会「女性フォーラム」報告, アフリカ研究, 2006巻, 69号, pp. 173-184, 2006
  27. 英語圏ジェンダー理論/表象研究会 第3回文献討論会――Judith Butler, Bodies That Matter: On the Discursive Limits of ”Sex”を読む, F-GENSジャーナル, 5号, pp. 162-163, 20060301
  28. ガーナの大衆芸能における混淆の力ーー「コンサート・パーティー」を例に, 比較文化研究, 29号, pp. 1-14, 20061101
  29. エイズ「危機」とあらたな「家族」の可能性--HIVに感染した若い娘の視点から (学界通信 2006年度アフリカ学会大会「女性フォーラム」報告 アフリカの「危機」:「家族」からの展望--過去・現在・未来), アフリカ研究, 69号, pp. 180-183, 200612
  30. 紛争と飢餓の地での援助を表象する新たな「植民地小説」――ジョナサン・ファラの『プア・マーシー』分析, 文明科学研究, 1巻, pp. 1-11, 20061201
  31. エイズ「危機」と新たな「家族」の可能性――HIVに感染した若い娘の視点から, アフリカ研究, 69号, pp. 180-183, 20061201
  32. エイズの時代のアフリカで少女が成長する物語を語ること――ヤングアダルト小説『はるか彼方』分析, 黒人研究, 76号, pp. 27-33, 20070301
  33. センベーヌ・ウスマン『母たちの村』――美しすぎる母の寓話, 多民族研究, 1号, pp. 169-171, 20071001
  34. 二重の文化を生きるアフリカ系女性作家――双子の表象を比較して, 英語青年, 153巻, 9号, pp. 538-540, 20071201
  35. アフリカが語るHIV/エイズ――演劇、ドラマ、映画、文学、メモリーブック, 黒人研究, 77号, pp. 14-21, 20080301
  36. ウガンダの女性出版社インタビュー, 黒人研究の会会報, 68号, pp. 3-12, 20081201
  37. 女を意味すること、女を生きること、エイズで死ぬこと : ドリーン・バインガナの『熱帯魚』分析, 多民族研究, 3号, pp. 40-63, 2009
  38. 「メモリーブック」を書く私――HIV陽性の親が記す家族史を文学の視点で読む, 広島大学「人間文化研究」, 1号, pp. 20-41, 20090301
  39. アフリカのHIV/エイズ小説が表象する性的な身体ーーアマ・ダーコの『花なしでなく』分析, 黒人研究, 78巻, 59-66号, 20090401
  40. 草の根の母が著す自分史/家族史:ウガンダの「メモリーブック」, MWENGE, 39号, pp. 6-10, 20091001
  41. Becoming A Femimist Writer: Representation of the Subaltern in Buchi Emehceta's Destination Biafra, African Literature Today, 26巻, 60-70号, 20091101
  42. A New African Youth Novel in the Era of HIV/AIDS: An Analysis of Far and Beyon’ by Unity Dow., African Literature Today, 27巻, pp. 75-84, 20100401
  43. アフリカのHIV/エイズ小説が表象する性と身体の政治学 : アマ・ダーコの『花なしでなく』分析, 多民族研究, 4巻, 4号, pp. 89-119, 2011
  44. アフリカの母親たちが書く家族の記録, 日本英文学会第84回大会Proceedings, pp. 89-90, 20120301
  45. 日本の小説とHIV/エイズ, 文明科学研究, 9巻, pp. 1-24, 2014
  46. エイズと自伝ーーアフリカでHIVとともに生きて書く, 広島大学「人間文化研究」, 6号, pp. 20-41, 20140301
  47. 日本の小説とHIV/エイズ <論文>, 広島大学大学院総合科学研究科紀要. III, 文明科学研究, 9巻, pp. 1-24, 20141231
  48. エイズと評伝―ーアフリカでHIVとともに生きる他者について書く, 広島大学「人間文化研究」, 7号, pp. 5-23, 20150301
  49. 女たちの声に耳を澄ます―ー映画『終わらない戦争』が表象する「慰安婦」と「慰安婦」問題, アジア社会文化研究, 16号, pp. 71-94, 20150330
  50. アフリカの草の根のエイズの物語――ウガンダの母が書く病、死、生, α-Synodos, 173巻, 20150601
  51. アフリカの農婦が書いた家族の記録, 人間文化研究, 8巻, 20160301
  52. 2000年代と2010年代の働く女をめぐる社会の問題意識――池井戸潤のお仕事小説, 人間文化研究, 10巻, pp. 3-27, 2018
  53. ナイジェリアの小説が表象する女同士の性愛ーーラジナット・モハムドによる小説『ハビバ』, 黒人研究, 87巻, pp. 77-87, 20180301
  54. ヴェロニク・タジョの絵本『アヤンダ』が表象するアフリカの災厄と回復――アフリカを扱う日本語の絵本のなかに位置づけて考える, 黒人研究, 88巻, pp. 96-110, 2019

著書等出版物

  1. 2005年01月, マクミラン版世界女性人名事典 , 翻訳, 国書刊行会, 2005年, 01, 事典・辞書, 共訳, 竹村 和子 , 4336043965, 624
  2. 2004年06月, 黒人研究の世界 , 男装させられた女神―ーチヌア・アチェベの『神の矢』論, 青磁書房, 2004年, 06, 単行本(学術書), 共著, 小林 信次郎 , 4916988221, 393, 267-276
  3. 2004年01月, かくも多彩な女たちの軌跡――英語圏文学の再読 , 「第三世界の伝統に抑圧される女」を解体する―ー『母の喜び』における歴史と母, 南雲堂, 2004年, 01, 単行本(学術書), 共著, 海老根 静江 竹村 和子 , 4523292833, 334, 218-36
  4. 2008年05月, スピヴァク みずからを語る――家・サバルタン・知識人, 翻訳, 岩波書店, 2008年, 05, 単訳, 9.784000010764E12
  5. 2013年07月, エイズと文学――アフリカの女たちが書く性、愛、死, 世界思想社, 2013年, 07, 単行本(学術書), 単著, 9.784790716006E12, 312
  6. 2000年03月10日, 多文化を生きる――境界のとらえかた, 翻訳, 境界そのものに身を置く, さっぽろ自由学校「遊」, 2000年, 単行本(学術書), 共著, 原 ひろ子, 901194135, 142, 9-42
  7. 2011年, オルタナティヴ・ヴォイスを聴く, 父権に抗う官能と自然―ーチママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『紫のハイビスカス』, 音羽書房鶴見書店, 2011年, 教科書, 共著, 伊藤 詔子 横田 由理, 9.784755302596E12, 392, 111-114
  8. 2009年, 大学新入生に薦める101冊の本, スピヴァク『サバルタンは語ることができるか』, 岩波書店, 2009年, 教科書, 共著, 9.784000237819E12, 204-205
  9. 2002年, 人間理解のコモンセンス, アフリカとヨーロッパ、女と男の力関係, 培風館, 2002年, 教科書, 共著, 456301902X, 311, 165-178
  10. 2004年, 制度と社会, ジェンダーという考え方, 培風館, 2004年, 教科書, 共著, 4.563019038E9
  11. 2016年04月08日, 追悼文大全, アフリカの民の心を歌う――チヌア・アチェベ氏を悼む, 三省堂, 2016年, 201604, 事典・辞書, 共著, 日本語, 1

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. アフリカのフェミニストが語るアフリカの女の性――性暴力の被害者から快楽の主体へ, 大池真知子, 黒人研究学会 第65回年次大会, 2019年06月22日, 招待, 日本語
  2. シンポジウム「ことばと共同体――グローバリゼーション下の想像力」 「アフリカの母親たちが書く家族の記録」, 大池 真知子, 日本英文学会第84回大会, 2012年05月, 招待, 日本語
  3. シンポジウム「フェミニズムの今」「ポストコロニアリズムとフェミニズムの格子」, 大池真知子, 日本英文学会第80回大会, 1998年05月, 招待, 日本語
  4. シンポジウム「アフリカの『危機』:『家族』からの展望」「エイズ『危機』と新たな『家族』の可能性」, 大池真知子, 日本アフリカ学会第43回大会, 2006年05月, 招待, 日本語
  5. シンポジウム「アフリカの半世紀を考える」「アフリカが語るHIV/エイズ―ー映画、演劇、文学、メモリーブック」, 大池真知子, 日本黒人研究の会第53回大会, 2007年06月, 招待, 日本語
  6. エイズとともに生きること、エイズについて書くこと―ーウガンダの「メモリーブック」, 大池真知子, お茶の水女子大学英文学会第2回大会, 2010年11月20日, 招待, 日本語
  7. 女性の語りから読み解く社会(4)ウガンダの母が記す「メモリーブック」―-エイズ、自己、家族, 大池真知子, 日本アフリカ学会第46回大会, 2009年05月24日, 通常, 日本語
  8. アフリカの女性作家が表象するHIV/エイズーーアマ・ダーコの『花なしでなく』, 大池真知子, 日本黒人研究の会 4月例会, 2008年04月, 通常, 日本語
  9. ガーナにおける演劇, 大池真知子, 広島大学比較文化研究会第26回大会, 2005年11月, 通常, 日本語
  10. ガーナにおける演劇とHIV/エイズ, 大池真知子, 日本黒人研究の会 10月例会, 2004年10月, 通常, 日本語
  11. シンポジウム「芸術とジェンダー」「アフリカ文学におけるジェンダー表象」, 大池真知子, 広島芸術学会第17回大会, 2003年07月, 招待, 日本語
  12. アフリカ文学とジェンダー―ーブチ・エメチェタとアフリカの女の自己構築, 大池真知子, 日本黒人研究の会 12月例会, 2000年12月, 招待, 日本語
  13. シンポジウム「性暴力の被害者/サバイバ―としてのアフリカの女を再考する――2010年代の視点から」「アフリカのフェミニストが語るアフリカの女の性――性暴力の被害者から快楽の主体へ, 大池真知子, 黒人研究学会 第65回年次大会, 2019年06月22日, 招待, 日本語, 日本黒人研究学会

社会活動

委員会等委員歴

  1. 図書館資料選定委員, 2014年10月, 2016年03月, 広島県立図書館
  2. 広島県看護職員確保対策協議会委員, 2018年09月, 2021年03月, 広島県

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 人権問題職場研修, ダイバーシティ&インクルージョンの理解――性を例に, 広島県庁 北部総務事務所, 2019年/10月/15日, 広島県庄原庁舎, 講師, セミナー・ワークショップ, 行政機関
  2. 人権問題職場研修, ダイバーシティ&インクルージョンの理解――性を例に, 広島県庁北部総務事務所, 2019年/10月/08日, 広島県三次庁舎, 講師, セミナー・ワークショップ, 行政機関
  3. アフリカからのレポート, 財団法人 広島市ひと・まちネットワーク 広島市石内公民館, 女性とセクシュアリティ, 2003年/05月, 出演, 講演会, 社会人・一般
  4. アフリカの地から学ぶこと, 東広島市中央生涯学習センター, 広島大学連携講座, 2014年/10月/30日, 東広島市中央生涯学習センター, 出演, 講演会
  5. アフリカの母が語るエイズ, NHK, 2013年/12月/03日, 出演, テレビ・ラジオ番組
  6. チヌア・アチェベ氏を悼む, 共同通信, 2013年/04月, 山陽新聞など, 新聞・雑誌
  7. エイズ啓発の映画企画, 共同通信, 2009年/07月, 徳島新聞など, 新聞・雑誌
  8. 広島大学模擬授業, 「あふりかのおばちゃん」のくらしと想い, 広島県立広高等学校, 広島大学模擬授業, 2016年/10月/20日, 広島県立広高等学校, 講師, 出前授業, 高校生
  9. 世羅町議会議員人権研修, 女性の人権と男女共同参画, 世羅町議会, 2018年/12月/12日, 講師, 講演会, 行政機関

学術雑誌論文査読歴

  1. 2020年, 黒人研究, 編集員, 編集委員