石井 康隆YASUTAKA ISII

Last Updated :2022/01/05

所属・職名
病院(医) 助教
メールアドレス
yishiihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1丁目2-3 研究棟A208
TEL:082-257-5192 FAX:082-257-5194
自己紹介
膵臓・胆道疾患を専門としています。腫瘍性疾患(膵癌や胆道癌)、炎症性疾患(慢性膵炎、自己免疫性膵炎、硬化性胆管炎)の診断・治療、臨床研究を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2004年04月01日, 2006年03月31日, JA尾道総合病院, 初期臨床研修医, 初期臨床研修医
  • 2006年04月01日, 2009年03月31日, JA尾道総合病院, 消化器内科, 医員
  • 2006年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学病院, 消化器・代謝内科, 医科診療医
  • 2014年04月01日, 2015年03月31日, 広島大学病院, 消化器・代謝内科, 医科診療医
  • 2015年04月01日, 広島大学病院, 消化器・代謝内科, 助教

学歴

  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1998年04月, 2004年03月
  • 広島大学大学院, 医歯薬学総合研究科, 創生医科学, 日本, 2010年04月, 2014年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 消化器内科学

研究キーワード

  • 膵癌、胆道癌、自己免疫性膵炎、内視鏡治療、化学療法

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本膵臓学会
  • 日本胆道学会
  • 日本超音波医学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学I
  2. 2021年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  3. 2021年, 学部専門, 集中, 臨床実習II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Occupational Radiation Exposure during Endoscopic Retrograde Cholangiopancreatography and Usefulness of Radiation Protective Curtains, GASTROENTEROLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 20140401
  2. Statins induce apoptosis and inhibit proliferation in cholangiocarcinoma cells., INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 39巻, 3号, pp. 561-568, 20110901
  3. ★, Elevated expression of cyclooxygenase-2 and microsomal prostaglandin E synthase-1 in primary sclerosing cholangitis: ιmplications for cholangiocarcinogenesis., INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 43巻, 4号, pp. 1073-1079, 20131001
  4. A comparative study of 4 Fr versus 6 Fr nasobiliary drainage catheters: A randomized, controlled trial, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 29巻, 3号, pp. 653-659, 20140301
  5. Timing of radiological improvement after steroid therapy in patients with autoimmune pancreatitis., SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 49巻, 6号, pp. 727-733, 20140601
  6. Characteristic Features of Cholangiocarcinoma Complicating Primary Sclerosing Cholangitis, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 61巻, 131号, pp. 567-573, 20140501
  7. Preoperative Biliary Drainage in Cases of Borderline Resectable Pancreatic Cancer Treated with Neoadjuvant Chemotherapy and Surgery, GASTROENTEROLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 20160106
  8. A comparison of 4-Fr with 5-Fr endoscopic nasopancreatic drainage catheters: A randomized, controlled trial., Journal of Gastroenterology and Hepatology, 31巻, 10号, pp. 1783-1789, 20161027
  9. Evaluation of antibiotic use to prevent post-endoscopic retrograde cholangiopancreatography pancreatitis and cholangitis., Hepatogastroenterology, 62巻, 138号, pp. 417-424, 20150301
  10. The Role of the Selective Arterial Secretagogue Injection Test for Non-Functional Pancreatic Neuroendocrine Tumor, JOURNAL OF THE PANCREAS, 16巻, 6号, pp. 601-606, 20151109
  11. Use of 4-Fr versus 6-Fr nasobiliary catheter for biliary drainage: a prospective, multicenter, randomized, controlled study, Diagnostic and Therapeutic Endoscopy, 20170419
  12. Indication and Usefulness of Bile Juice Cytology for Diagnosis of Gallbladder Cancer, GASTROENTEROLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 2018
  13. 術前の鑑別診断に苦慮したTS1膵腺房細胞癌の1例, 膵臓, 33巻, 1号, pp. 71-79, 20180225
  14. 経口電子胆道鏡を用いた胆管癌表層進展範囲診断, 胆と膵, 39巻, 7号, pp. 605-610, 20180715
  15. 選択的動脈内カルシウム注入試験が局在診断に有効であった微小ガストリノーマの一例, 膵臓, 29巻, 1号, pp. 74-82, 20140225
  16. ステロイド治療効果判定にMRI拡散強調画像が有用であった自己免疫性膵炎の1例, 膵臓, 27巻, 4号, pp. 608-616, 2012
  17. 胆管金属ステント留置後に発生した右肝動脈瘤破裂の1例, 日本消化器病学会雑誌, 111巻, 5号, pp. 931-939, 2014
  18. 膵管内乳頭粘液性腫瘍を伴わない膵粘液癌の2切除例, 膵臓, 30巻, 4号, pp. 600-606, 2015
  19. 閉塞性黄疸に対する4Fr ENBDの臨床成績, 胆道, 29巻, 2号, pp. 214-218, 2015
  20. 電子スコープを用いた経口胆道鏡検査, 胆と膵, 36巻, pp. 997-1002, 20151027
  21. 自己免疫性膵炎に合併したIgG4関連硬化性胆管炎の1例, 広島医学, pp. 91-96, 20150901
  22. 早期慢性膵炎のEUS所見を有する無症状・膵酵素値正常例の位置付け, 胆と膵, 37巻, 4号, pp. 377-381, 20160415
  23. 経口胆道鏡が診断に有用であった原発性硬化性胆管炎に合併した胆管内乳頭状腫瘍の1例, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 59巻, 3号, pp. 284-290, 20170320
  24. 分枝型膵管内乳頭状粘液性腫瘍(IPMN)の経過観察中に膵癌を発症した1例, 広島医学, 69巻, 3号, pp. 222-228, 2016
  25. 胆嚢癌早期診断における細胞診の適応と有用性, 肝胆膵, 75巻, 3号, pp. 691-696, 2017
  26. ERCPにおけるミダゾラムを用いた鎮静法ー安全性と有効性の検討ー, 消化器内科, 58巻, 4号, pp. 502-507, 2014
  27. Impact of sclerosing dacryoadenitis/sialadenitis on relapse during steroid therapy in patients with type 1 autoimmune pancreatitis, SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 54巻, 2号, pp. 259-264, 20190201
  28. MCN診断・治療の現況, 肝胆膵, 77巻, 5号, pp. 1011-1017
  29. 全国調査からみたSPN診断・治療の現況, 肝胆膵, 77巻, 5号, pp. 1027-1035
  30. 膵神経内分泌腫瘍の病理組織学的分化度と画像所見の関連性, 膵臓, 34巻, 2号, pp. 63-70
  31. Investigation of Fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography for the Diagnosis of Solid Pseudopapillary Neoplasm of the Pancreas A Study Associated With a National Survey of Solid Pseudopapillary Neoplasms, PANCREAS, 48巻, 10号, pp. 1312-1320, 2019
  32. Transabdominal ultrasound real-time tissue elastography as a screening method for early chronic pancreatitis, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 68巻, 2-3号, pp. 35-41, 2019,9
  33. Usefulness of peroral cholangioscopy in the differential diagnosis of IgG4-related sclerosing cholangitis and extrahepatic cholangiocarcinoma: a sigle-center retrospective study, BMC Gastoenterology, 20巻, 1号, 20200824
  34. Clinical usefulness of serum autotaxin for early prediction of relapse in male patients with type 1 autoimmune pancreatitis, Digestive Disease and Sciences, 66巻, pp. 1268-1275, 20200520
  35. New surgical technique for pancreatic lithotripsy without coring-out, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 13巻, 6号, pp. 1343-1346, 202012
  36. Role of Endoscopic Ultrasonography and Endoscopic Retrograde Cholangiopancreatography in the Diagnosis of Pancreatic Cancer, DIAGNOSTICS, 11巻, 2号, 202102
  37. Clinical Analysis of Early-Stage Pancreatic Cancer and Proposal for a New Diagnostic Algorithm: A Multicenter Observational Study, DIAGNOSTICS, 11巻, 2号, 202102
  38. The role of apparent diffusion coefficient value in the diagnosis of localized type 1 autoimmune pancreatitis: differentiation from pancreatic ductal adenocarcinoma and evaluation of response to steroids, ABDOMINAL RADIOLOGY, 46巻, 5号, pp. 2014-2024, 20210501
  39. Preoperative risk factors for para-aortic lymph node positivity in pancreatic cancer, Pancreatology, 21巻, 3号, pp. 606-612, 20210206
  40. The prognostic impact of peritoneal washing cytology for otherwise resectable extrahepatic cholangiocarcinoma patients, SURGERY TODAY, 51巻, 7号, pp. 1227-1231, 202107
  41. Is surgery justified for elderly patients with extrahepatic cholangiocarcinoma? Reappraisal from a viewpoint of comorbidity and organ function, SURGERY TODAY, 51巻, 11号, pp. 1787-1794, 202111
  42. Utility of the inside stent as a preoperative biliary drainage method for patients with malignant perihilar biliary stricture, JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES, 28巻, 10号, pp. 864-873, 20211027

著書等出版物

  1. 2017年03月15日, 消化器内視鏡基本手技のすべて, ラジアル型とコンベックス型の違い, 南江堂, 単行本(学術書), 単著
  2. 2017年03月15日, 消化器内視鏡基本手技のすべて, ラジアル型の描出法, 南江堂, 単行本(学術書), 単著
  3. 2015年04月20日, これで納得!画像で見ぬく消化器疾患 胆道・膵臓 , 医学出版, 2015年, 4, 単行本(学術書), 共著, 236, 130-131
  4. 2020年08月25日, あなたも名医!日常診療でめざす早期診断 膵胆道系疾患を見抜く!, 良性胆管狭窄, 日本医事新報社, 2020年, 8, 単行本(学術書), 共著, 石井康隆, 978-4-7849-6669-1, 160, 126-132

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 1型自己免疫性膵炎におけるステロイド寛解維持後の臨床経過, 石井康隆, 芹川正浩, 壷井智史, 河村良太, 津島健, 齋藤裕平, 關藤剛, 中村真也, 平野哲朗, 吹上綾美, 池本珠莉, 清下裕介, 佐伯翔, 田村陽介, 茶山一彰, 第51回日本膵臓学会大会, 2021年01月08日, 通常, 日本語
  2. ERCP関連手技による硬化性胆管炎と胆管癌の鑑別, 石井康隆, 芹川正浩, 茶山一彰, 第56回日本胆道学会学術集会, 2020年10月02日, 通常, 日本語
  3. 早期慢性膵炎スクリーニング法としての経腹壁real-time tissue elastographyの有用性, 石井 康隆、芹川 正浩、壷井 智史、栗原 啓介、辰川 裕美子、河村 良太、中村 真也、平野 哲朗、森 豪、茶山 一彰, 日本超音波医学会第92回学術集会, 2019年05月26日, 通常, 日本語
  4. 原発性硬化性胆管炎に合併する胆管癌の診断, 石井康隆, 芹川正浩, 壷井智史, 茶山一彰, 第112回日本消化器病学会中国支部例会, 2019年12月01日, 通常, 日本語
  5. 自己免疫性膵炎ステロイド長期投与例の臨床経過, 石井 康隆、芹川 正浩、壷井 智史、栗原 啓介、辰川 裕美子、河村 良太、津島 健、齋藤 裕平、中村 真也、平野 哲朗、吹上 綾美、森 豪、池本 珠莉、茶山 一彰, 第50回日本膵臓学会大会, 2019年07月12日, 通常, 日本語
  6. IPMN手術適応基準と経過観察法の検討, 毛利輝生, 佐々木民人, 芹川正浩, 南 智之, 岡崎彰仁, 行武正伸, 石垣尚志, 石井康隆, 小酒慶一, 吉見 聡, 清水晃典, 壺井智史, 茶山一彰, 第100回日本消化器病学会総会, 2014年04月25日, 通常
  7. 血清IgG4値からみた自己免疫性膵炎診断基準の比較, 行武正伸, 佐々木民人, 芹川正浩, 南 智之, 岡崎彰仁, 石垣尚志, 石井康隆, 小酒慶一, 毛利輝生, 吉見 聡, 茶山一彰, 第100回日本消化器病学会総会, 2014年04月26日, 通常
  8. 膵疾患におけるパンクレリパーゼの有用性に関する検討, 毛利輝生, 佐々木民人, 芹川正浩, 南 智之, 岡崎彰仁, 行武正伸, 石垣尚志, 石井康隆, 小酒慶一, 吉見 聡, 清水晃典, 壺井智史, 茶山一彰, 第100回日本消化器病学会総会, 2014年04月24日, 通常
  9. ERCP後膵炎と無症候性高アミラーゼ血症の関連, 石井康隆, 佐々木民人, 芹川正浩, 南 智之, 岡崎彰仁, 行武正伸, 石垣尚志, 小酒慶一, 毛利輝生, 吉見 聡, 清水晃典, 壺井智史, 茶山一彰, 第87回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年05月16日, 通常
  10. 早期慢性膵炎の画像所見と臨床症候の関連, 石井康隆, 佐々木民人, 芹川正浩, 南 智之, 岡崎彰仁, 行武正伸, 石垣尚志, 毛利輝生, 吉見 聡, 清水晃典, 壺井智史, 栗原啓介, 辰川裕美子, 宮木英輔, 茶山一彰, 第45回日本膵臓学会大会, 2014年07月11日, 通常
  11. 肝門部胆管癌の進展度診断にPOCSは必要か?, 石井康隆, 佐々木民人, 芹川正浩, 南 智之, 石垣尚志, 毛利輝生, 吉見 聡, 清水晃典, 壺井智史, 栗原啓介, 辰川裕美子, 宮木英輔, 茶山一彰, 第50回日本胆道学会学術集会, 2014年09月27日, 通常
  12. 4Fr ENBDカテーテルの有用性:ランダム化比較試験, 石垣尚志, 佐々木民人, 芹川正浩, 南 智之, 石井康隆, 毛利輝生, 吉見 聡, 清水晃典, 壺井智史, 栗原啓介, 辰川裕美子, 宮木英輔, 茶山一彰, 第56回日本消化器病学会大会, 2014年10月24日, 通常
  13. 早期慢性膵炎EUS所見のみの症例の位置づけ, 石井康隆, 佐々木民人, 茶山一彰, 第101回日本消化器病学会総会, 2015年04月23日, 通常, 日本語
  14. IgG4-SCとPSCの鑑別診断のポイント, 石井康隆, 佐々木民人, 茶山一彰, 第101回日本消化器病学会総会, 2015年04月25日, 通常, 日本語
  15. 体外式超音波Elastographyを用いた膵線維化診断, 清水晃典, 佐々木民人, 芹川正浩, 南 智之, 石垣尚志, 石井康隆, 毛利輝生, 吉見 聡, 壺井智史, 栗原啓介, 辰川裕美子, 宮木英輔, 茶山一彰, 第101回日本消化器病学会総会, 2015年04月24日, 通常, 日本語
  16. 経口胆道鏡を用いたIgG4-SCの胆管像の検討, 石井康隆, 佐々木民人, 茶山一彰, 第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015年05月31日, 通常, 日本語
  17. 胆管癌の進展度診断における経口胆道鏡の有用性, 石井康隆, 芹川正浩, 茶山一彰, 第51回日本胆道学会学術集会, 2015年09月18日, 通常, 日本語
  18. 体外式超音波Elastographyを用いた膵線維化診断, 清水晃典, 芹川正浩, 石井康隆, 毛利輝生, 壺井智史, 栗原啓介, 辰川裕美子, 宮木英輔, 河村良太, 津島 健, 茶山一彰, 第118回広島消化器病研究会, 2016年04月09日, 通常, 日本語
  19. Real-time tissue elastography を用いた早期慢性膵炎EUS所見の評価, 石井康隆, 芹川正浩, 茶山一彰, 第102回日本消化器病学会総会, 2016年04月21日, 通常, 日本語
  20. 胆管癌進展度診断における経口胆道鏡の役割, 石井康隆, 芹川正浩, 茶山一彰, 第91回日本消化器内視鏡学会総会, 2016年05月12日, 通常, 英語
  21. Real-time tissue elastography を用いた早期慢性膵炎の評価, 石井康隆, 芹川正浩, 清水晃典, 壺井智史, 栗原啓介, 辰川裕美子, 宮木英輔, 河村良太, 津島 健, 茶山一彰, 日本超音波医学会 第89回学術集会, 2016年05月27日, 通常, 英語
  22. 硬化性胆管炎の診断におけるIDUS/POCSの有用性, 石井康隆, 芹川正浩, 茶山一彰, 第52回日本胆道学会学術集会, 2016年09月30日, 通常, 英語
  23. Development of an early screening method for chronic pancreatitis using real-time-elastography, Shimizu A, Serikawa M, Ishii Y, Tsuboi T, Kurihara K, Tatsukawa Y, Miyaki E, Kawamura R, Tsushima K, Chayama K, Asia Pacific Digestive Week, 2016年11月04日, 通常, 英語
  24. 早期慢性膵炎の臨床像ーアルコール性と非アルコール性の比較ー, 石井康隆、芹川正浩、茶山一彰, 第103回日本消化器病学会総会, 2017年04月20日, 通常, 日本語, 東京
  25. 早期慢性膵炎の拾い上げにおける経腹壁real-time tissue elastographyの有用性, 石井康隆、芹川正浩、壷井智史、栗原啓介、宮木英輔、河村良太、關藤 剛、中村真也、茶山一彰, 日本超音波医学会第90回学術集会, 2017年05月26日, 通常, 日本語, 栃木
  26. 自己免疫性膵炎のステロイド治療中再燃例の特徴, 石井康隆、芹川正浩、清水晃典、壷井智史、栗原啓介、辰川裕美子、宮木英輔、河村良太、津島 健、齋藤裕平、關藤 剛、中村真也、茶山一彰, 第48回日本膵臓学会大会, 2017年07月15日, 通常, 日本語, 京都
  27. 胆管癌の診断における経口電子胆道鏡検査の有用性, 石井康隆、芹川正浩、茶山一彰, 第53回日本胆道学会学術集会, 2017年09月28日, 通常, 日本語, 山形
  28. 自己免疫性膵炎診療におけるMRI拡散強調画像を用いたADC値の有用性, 石井康隆、芹川正浩、壷井智史、栗原啓介、辰川裕美子、宮木英輔、河村良太、津島 健、關藤 剛、平野哲朗、吹上綾美、森 豪、茶山一彰, JDDW2017, 2017年10月13日, 通常, 日本語, 福岡
  29. 自己免疫性膵炎ステロイド導入後の臨床経過, 石井康隆、芹川正浩、茶山一彰, 第104回日本消化器病学会総会, 2018年04月21日, 通常, 日本語
  30. 早期慢性膵炎診断におけるEUS所見の重要度評価, 石井康隆、芹川正浩、茶山一彰, 第95回日本消化器内視鏡学会総会, 2018年05月11日, 通常, 日本語
  31. ERCP関連手技によるIgG4関連硬化性胆管炎と肝門部領域胆管癌の鑑別, 石井康隆、芹川正浩、茶山一彰, 第54回日本胆道学会学術集会, 2018年09月28日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2017年10月13日, JDDW2017ポスター優秀演題賞, 自己免疫性膵炎診療におけるMRI拡散強調画像を用いたADC値の有用性

社会活動

委員会等委員歴

  1. 学会評議員, 2020年01月, 日本消化器病学会
  2. 評議員, 2015年04月, 日本消化器病学会中国支部
  3. 評議員, 2015年06月, 日本消化器内視鏡学会中国支部

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. パープルストライド広島2016, 2016年/12月/04日, 2016年/12月/04日, 広島市, 運営参加・支援, フェスティバル, 社会人・一般
  2. 広島炎症性胆膵疾患研究会, 自己免疫性膵炎の実態と課題, 2017年/11月/09日, 2017年/11月/09日, ホテルグランヴィア広島, 講師, 講演会, その他
  3. NST専門療法士認定研修講義, 胃瘻の適応、胃瘻の管理方法, 2016年/12月/07日, 2016年/12月/07日, 広島大学病院, 講師, 資格認定講習, その他
  4. 平成29年度NST専門療法士認定研修, 胃瘻の適応と管理, 2017年/12月/26日, 2017年/12月/26日, 広島大学病院, 講師, 資格認定講習, その他