村松 悟SATORU MURAMATSU

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 助教
ホームページ
メールアドレス
smuramatsuhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県東広島市鏡山1-3-1 理学研究科C-棟510号室
TEL:082-424-7101
自己紹介
研究分野:物理化学、クラスター科学、分子分光学

基本情報

主な職歴

  • 2020年04月, 広島大学, 大学院先進理工系科学研究科先進理工系科学専攻(基礎化学プログラム), 助教
  • 2018年10月, 2020年03月, 広島大学, 大学院理学研究科化学専攻, 助教
  • 2018年04月, 2018年09月, 東京大学, 大学院理学系研究科化学専攻, 日本学術振興会特別研究員PD(資格変更)
  • 2017年04月, 2018年03月, 東京大学, 大学院理学系研究科化学専攻, 日本学術振興会特別研究員DC2

学歴

  • 東京大学, 大学院理学系研究科化学専攻(博士課程), 2015年04月, 2018年03月
  • 東京大学, 大学院理学系研究科化学専攻(修士課程), 2013年04月, 2015年03月
  • 東京大学, 理学部化学科, 2013年03月

学位

  • 博士(理学) (東京大学)
  • 修士(理学) (東京大学)

研究分野

  • 化学 / 基礎化学 / 物理化学

研究キーワード

  • 物理化学
  • クラスター
  • レーザー分光

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 4ターム, 先端化学
  2. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 物理化学演習
  3. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 化学実験I
  4. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 化学実験II
  5. 2022年, 学部専門, 2ターム, Introduction to Advanced and Integrated Science
  6. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 基礎化学特別演習A
  7. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 基礎化学特別演習A
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 基礎化学特別演習B
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 基礎化学特別演習B
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 基礎化学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Gas-Phase Characterization of Hypervalent Carbon Compounds Bearing 7-6-7-Ring Skeleton: Penta- versus Tetra-Coordinate Isomers, Chemistry – A European Journal, 2022
  2. One-Dimensionally Conjugated Carbocyanine Dyes Isolated under Cold Gas-Phase Conditions: Electronic Spectra and Photochemistry, The Journal of Physical Chemistry A, 126巻, 44号, pp. 8127-8135, 2022
  3. Temperature effect on photoelectron spectra of AuCO2: Relative stability between physisorbed and chemisorbed isomers, Chemical Physics Letters, 803巻, 16号, pp. 139823, 2022
  4. Conformation of Benzo-12-Crown-4 Complexes with Ammonium Ions Investigated by Cold Gas-Phase Spectroscopy, The Journal of Physical Chemistry A, 125巻, 48号, pp. 10410-10418, 2021
  5. Spherand Complexes with Li+ and Na+ Ions in the Gas Phase: Encapsulation Structure and Characteristic Unimolecular Dissociation, Physical Chemistry Chemical Physics, 23巻, 44号, pp. 25029-25037, 2021
  6. Gas-Phase UV Spectroscopy of Chemical Intermediates Produced in Solution: Oxidation Reactions of Phenylhydrazines by DDQ, The Journal of Physical Chemistry A, 125巻, 31号, pp. 6697-6702, 2021
  7. Structural Investigation of Photochemical Intermediates in Solution by Cold UV Spectroscopy in the Gas Phase: Photosubstitution of Dicyanobenzenes by Allylsilanes, The Journal of Physical Chemistry A, 125巻, 28号, pp. 6238-6245, 2021
  8. New aspect of photophysics of 7,7,8,8-tetracyanoquinodimethane and its solvated complexes: intra- vs. inter-molecular charge-transfer, RSC Advances, 11巻, 36号, pp. 22381-22389, 2021
  9. Conformation of K+(Crown Ether) Complexes Revealed by Ion Mobility-Mass Spectrometry and Ultraviolet Spectroscopy, The Journal of Physical Chemistry A, 124巻, 48号, pp. 9980-9990, 2020
  10. Electronic States and Nonradiative Decay of Cold Gas-Phase Cinnamic Acid Derivatives Studied by Laser Spectroscopy with Laser Ablation Technique, The Journal of Physical Chemistry A, 124巻, 27号, pp. 5580-5589, 2020
  11. Induced Fit of Crown Cavity to Ammonium Ion Guests and Photoinduced Intracavity Reactions: Cold Gas-Phase Spectroscopy of Dibenzo-18-Crown-6 Complexes with NH4+, CH3NH3+, and CH3CH2NH3+, The Journal of Physical Chemistry A, 124巻, 16号, pp. 3228-3241, 2020
  12. Electronic State and Photophysics of 2-Ethylhexyl-4-methoxycinnamate as UV-B Sunscreen under Jet-Cooled Condition, The Journal of Physical Chemistry A, 124巻, 7号, pp. 1272-1278, 2020
  13. Reductive Activation of Small Molecules by Anionic Coinage Metal Atoms and Clusters in the Gas Phase, Chemistry - An Asian Journal, 14巻, 21号, pp. 3763-3772, 2019
  14. Geometric and Electronic Structure of Ag+(Benzo-18-Crown-6), Ag+(Dibenzo-18-Crown-6), and Ag+(Dibenzo-15-Crown-5) Complexes Investigated by Cold Gas-Phase Spectroscopy, The Journal of Physical Chemistry A, 123巻, 42号, pp. 9185-9192, 2019
  15. Conformation of Alkali Metal Ion-Calix[4]arene Complexes Investigated by IR Spectroscopy in the Gas Phase, Physical Chemistry Chemical Physics, 21巻, 31号, pp. 17082-17086, 2019
  16. Laser Spectroscopy and Lifetime Measurements of the S1 State of Tetracyanoquinodimethane (TCNQ) in a Cold Gas-Phase Free-Jet, ChemPhysChem, 20巻, 8号, pp. 996-1000, 2019
  17. Abstraction of the I Atom from CH3I by Gas-Phase Aun (n = 1–4) via Reductive Activation of the C–I Bond, ACS Omega, 3巻, 12号, pp. 16874-16881, 2018
  18. Photoelectron Spectroscopy of Molecular Anion of Alq3: An Estimation of Reorganization Energy for Electron Transport in the Bulk, ACS Omega, 3巻, 11号, pp. 15200-15204, 2018
  19. Hydride-Mediated Controlled Growth of a Bimetallic (Pd@Au8)2+ Superatom to a Hydride-Doped (HPd@Au10)3+ Superatom, Journal of the American Chemical Society, 140巻, 39号, pp. 12314-12317, 2018
  20. Hydride-Doped Gold Superatom (Au9H)2+: Synthesis, Structure and Transformation, Journal of the American Chemical Society, 140巻, 27号, pp. 8380-8383, 2018
  21. Photoassisted Homocoupling of Methyl Iodide Mediated by Atomic Gold in Low–Temperature Neon Matrix, The Journal of Physical Chemistry A, 121巻, 44号, pp. 8408-8413, 2017
  22. Anion Photoelectron Spectroscopy of Free [Au25(SC12H25)18], Nanoscale, 9巻, 36号, pp. 13409-13412, 2017
  23. Suppressing Isomerization of Phosphine-Protected Au9 Cluster by Bond Stiffening Induced by Single Pd Atom Substitution, Inorganic Chemistry, 56巻, 14号, pp. 8319-8325, 2017
  24. Formation of Grignard Reagent-like Complex [CH3–M–I] via Oxidative Addition of CH3I on Coinage Metal Anions M (M = Cu, Ag, Au) in the Gas Phase, Chemistry Letters, 46巻, 5号, pp. 676-679, 2017
  25. Oxidative Addition of CH3I to Au in the Gas Phase, The Journal of Physical Chemistry A, 120巻, 7号, pp. 957-963, 2016

著書等出版物

  1. ナノ学会会報, 極低温気相分光で紐解く超分子相互作用:赤外分光の例を中心に, ナノ学会, 2021年, 村松悟,井口佳哉
  2. 化学と工業, 支部発話題欄6:極低温イオントラップで拓く気相分子分光学, 日本化学会, 2021年, 村松悟
  3. 月刊化学, 注目の論文:水がケトンを還元する!?―質量分析で捉えた微小水滴中の化学反応―, 化学同人, 2020年, 村松悟

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Gas-Phase Spectroscopy of Cryogenically Cooled Molecular Ions: A Case Study of Cyanine Dyes, Satoru Muramatsu, International Congress on Pure & Applied Chemistry Kota Kinabalu (ICPAC KK) 2022, 2022年11月23日, 招待, 英語, マレーシア・コタキナバル
  2. Collision-induced dissociation of phosphine-protected oblate gold clusters [Au9(PPh3)8]3+ and [MAu8(PPh3)8]2+ (M = Pd, Pt), Satoru Muramatsu, Yuki Nakahigashi, Tsubasa Omoda, Shinjiro Takano, Tatsuya Tsukuda, Yoshiya Inokuchi, 2022 Atomically Precise Nanochemistry Conference GRC, 2022年10月17日, 通常, 英語, アメリカ・ベンチュラ
  3. 1次元共役シアニン色素の極低温気相分光: 電子スペクトルの帰属と光解離過程, 村松悟, 時實崇之, 井口佳哉, 第16回分子科学討論会, 2022年09月19日, 通常, 日本語
  4. Hypervalent iodine compound in the gas phase: observation and assignment of vibronic structures of (C5H5N)2I+, Satoru Muramatsu, Akihito Matsuyama, Yoshiya Inokuchi, 第37回化学反応討論会, 2022年06月01日, 通常, 英語
  5. 気相極低温分光で見るホストゲスト相互作用:超分子の構造と機能の解明に向けて, 村松悟, 日本化学会第102春季年会, 2022年03月23日, 招待, 日本語
  6. 気相分光による溶液内化学反応機構の解明に向けて:中間体の気相単離と質量選別分光, 村松悟, 一般社団法人レーザー学会学術講演会第42回年次大会, 2022年01月13日, 招待, 日本語
  7. Structural characterization of hypervalent carbon compounds in the gas phase: penta-versus tetra-coordinated isomers, Satoru Muramatsu, Keijiro Ohshimo, Motoki Kida, Yuan Shi, Fuminori Misaizu, Yohsuke Yamamoto, Yoshiya Inokuchi, Pacifichem 2021, 2021年12月18日, 通常, 英語
  8. Cold gas-phase spectroscopy: a case study of hypervalent carbon compounds, Satoru Muramatsu, The 18th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2021年12月15日, 招待, 英語
  9. 超原子価5配位炭素化合物の気相中における構造と安定性:光解離分光とイオン移動度質量分析, 村松悟,大下慶次郎,Yuan Shi,美齊津文典,山本陽介,井口佳哉, 第15回分子科学討論会, 2021年09月20日, 通常, 日本語
  10. Gas-Phase Characterization of Hypervalent Carbon Compounds: Penta- versus Tetra-Coordinated Isomers, Satoru Muramatsu, The 29th International Symposium on Molecular Beams (ISMB2021), 2021年07月02日, 招待, 英語, Greece (online)
  11. 極低温冷却された気相分子の紫外可視分光:桂皮酸エステルと超原子価化合物, 村松悟, 東北大院理分子科学セミナー, 2020年12月18日, 招待, 日本語
  12. SN2遷移状態構造を有する超原子価5配位炭素化合物の気相光解離分光, 村松悟,木田基,Yuan Shi,山本陽介,井口佳哉, 第13回分子科学討論会, 2019年09月17日, 通常, 日本語
  13. Laser Spectroscopy of Tetracyanoquinodimethane (TCNQ) Isolated in a Cold Free-Jet: Unusually Long S1 Lifetime and Its Energy Dependence, Satoru Muramatsu, Chaki Nobumasa, Yuji Iida, Seiya Kenjo, Yoshiya Inokuchi, Toshifumi Iimori, Takayuki Ebata, 第35回化学反応討論会, 2019年06月05日, 通常, 英語
  14. Reductive activation of C–I bond of CH3I by Au cluster anions in the gas phase, Satoru Muramatsu, Kiichirou Koyasu, Tatsuya Tsukuda, The 15th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2018年12月08日, 通常, 英語
  15. 金原子Auおよび金原子負イオンAuを用いたハロアルカンのホモカップリング反応, IQCE量子化学探索講演会2017「量子化学で探る化学の最先端」, 2017年10月21日, 招待, 日本語, 量子化学探索研究所, 東京

受賞

  1. 2021年11月18日, 先進理工系科学研究科・研究科長顕彰, 広島大学, 気相中において発現する分子機能の分光学的開拓への挑戦
  2. 2018年04月16日, 学生講演賞(日本化学会第98春季年会), 日本化学会, Effect of charge state of atomic gold on reactivity toward methyl iodide
  3. 2018年03月22日, 理学系研究科研究奨励賞, 東京大学, 貨幣金属原子・クラスターによるCH3IのC–I結合の活性化に関する実験的・理論的研究
  4. 2017年04月18日, 学生講演賞(日本化学会第97春季年会), 日本化学会, Oxidative addition of haloalkanes to coinage metal anions M (M = Cu, Ag, Au) in the gas phase
  5. 2016年06月02日, Best Poster Prize (32nd Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics), 化学反応討論会, Gas phase reaction of Au and Au2 toward CH3I
  6. 2015年10月26日, 分子科学会優秀講演賞(第9回分子科学討論会), 分子科学会, ハロアルカンの炭素–ハロゲン結合への金原子負イオンの挿入
  7. 2013年03月24日, 理学部長賞(第6回理学部学生選抜国際派遣プログラムへの参加), 東京大学

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科研費・若手研究, 気相極低温分光で捉える有機配位子保護金属クラスターの構造ゆらぎとその起源, 2022年04月01日, 2024年03月31日
  2. 中国電力技術研究財団・試験研究―A, 分光学的手法による,高効率な金属クラスター光電変換材料の探索, 2022年04月01日, 2023年03月31日
  3. 双葉電子記念財団自然科学研究助成, "超分子クラスター"の生成とサイズ依存的機能の開拓, 2020年04月01日, 2021年03月31日
  4. 科研費・若手研究, 金属クラスター湿式合成メカニズムの気相分光による解明, 2019年04月01日, 2022年03月31日
  5. 科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業 次世代研究者育成プログラム, 未来を拓く地域協奏プラットフォーム(HIRAKU)スタートアップ研究費, 2018年10月01日, 2019年03月31日
  6. 日本学術振興会特別研究員奨励費, 超原子として見た金属クラスターの化学反応性に関する研究, 2017年04月01日, 2018年09月30日
  7. 量子化学探索研究所IQCE特別研究員奨学助成, 超原子モデルに基づく金属クラスターの化学反応性に対するサイズ依存性の解明, 2016年04月01日, 2017年03月31日