嶋村 正樹masaki shimamura

Last Updated :2024/06/04

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 准教授
メールアドレス
mshimahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
コケ植物について系統分類学・生態学・形態学・細胞生物学などの視点で研究を行っています。コケ植物の紡錘体形成様式の多様性に注目し、陸上植物の細胞分裂機構の進化についての研究も行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2003年04月01日, 2006年03月31日, 財団法人地球環境産業技術研究機構, 植物研究グループ, 研究員
  • 2006年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院理学研究科, 助手
  • 2007年04月01日, 2014年03月31日, 広島大学, 大学院理学研究科, 助教
  • 2014年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院理学研究科, 准教授

学歴

  • 広島大学, 大学院理学研究科, 博士課程後期生物科学専攻, 日本, 1997年04月, 2000年03月
  • 広島大学, 大学院理学研究科, 博士課程前期生物科学専攻, 日本, 1995年04月, 1997年03月
  • 広島大学, 理学部, 生物学科植物学専攻, 日本, 1991年04月, 1995年03月

学位

  • 博士(理学) (広島大学)
  • 修士(理学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 理学部 : 生物科学科 : 生物学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 基礎生物学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 基礎生物学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 生物学プログラム

研究分野

  • 生物学 / 基礎生物学 / 形態・構造
  • 生物学 / 基礎生物学 / 生物多様性・分類

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 3ターム, Introduction to Biology
  2. 2024年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  3. 2024年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  4. 2024年, 学部専門, 1ターム, 基礎生物科学A
  5. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 植物分類生態学演習
  6. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  7. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  8. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験I
  9. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験III
  10. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  11. 2024年, 学部専門, 1ターム, 植物分類学
  12. 2024年, 学部専門, 3ターム, 生物学実験A
  13. 2024年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 生命科学研究計画法
  14. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 先端基礎生物学研究演習A
  15. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習B
  16. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 基礎生物学特別研究
  17. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 細胞生命学特論
  18. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 先端基礎生物学研究演習C
  19. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習D
  20. 2024年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習E
  21. 2024年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習F
  22. 2024年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. An ancestral function of strigolactones as symbiotic rhizosphere signals, NATURE COMMUNICATIONS, 13巻, 1号, 20220708
  2. Taxonomic reevaluation of the Japanese Marchantia taxa belonging to sect. Papillatae of subg. Chlamidium (Marchantiaceae), BRYOLOGIST, 125巻, 1号, pp. 135-147, 2022
  3. Origins and evolution of the dual functions of strigolactones as rhizosphere signaling molecules and plant hormones, CURRENT OPINION IN PLANT BIOLOGY, 65巻, 202202
  4. Phylogenetic and morphological reevaluation of Leucobryum boninense (Leucobryaceae), endemic to the Bonin Islands, BRYOLOGIST, 111巻, 2号, pp. 260-270, 200805
  5. Diversity in meiotic spindle origin and determination of cytokinetic planes in sporogenesis of complex thalloid liverworts (Marchantiopsida), JOURNAL OF PLANT RESEARCH, 123巻, 4号, pp. 589-605, 201007
  6. A plastidial sodium-dependent pyruvate transporter., Nature, 476巻, 7361号, pp. 472-U131, 2011
  7. ヒメトロイブゴケ配偶体における形態学的研究, HIKOBIA, 14巻, 1号, pp. 107-112, 20031201
  8. Meiotic cytokinetic apparatus in the formation of the linear spore tetrads ofConocephalum japonicum (Bryophyta), Planta, 20巻, pp. 604-610, 19980401
  9. コケ植物の減数分裂における分裂面決定様式, 蘚苔類研究, 7巻, pp. 16-23, 19970401
  10. ヤワラゼニゴケの新産地と弾糸の観察, 蘚苔類研究, 7巻, pp. 264-265, 19990401
  11. Occurrence of monoplastidic sporocytes and quadripolar microtuble system in Marchantiales (Bryophyta; Marchantiidae), HIKOBIA, 13巻, 3号, pp. 551-562, 20011201
  12. ゼニゴケ目の胞子体発達過程, Bryological Research, 8巻, 2号, pp. 54-54, 20011101
  13. ミカヅキゼニゴケの胞子体について, Bryological Research, 8巻, 2号, pp. 54-54, 20011101
  14. A review of the occurrence of monoplastidic meiosis in liverworts, Journal of the Hattori Botanical Laboratory, 94巻, pp. xxx-xxx, 20030601
  15. 間接蛍光抗体法を用いたコケ植物の精子形成における微小管の観察, 蘚苔類研究, 8巻, pp. 74-78, 20020401
  16. ミカヅキゼニゴケの胞子体の形態学的研究, HIKOBIA, 13巻, 4号, pp. 679-684, 20021201
  17. Monoplastidic meiosis in Dumortiera hirsuta (Bryophyta; Marchantiales), Journal of the Hattori Botanical Laboratory, 88巻, pp. 267-270, 20000401
  18. 下等陸上植物の細胞分裂機構の多様性と進化, 日本植物分類学会会報, 14巻, pp. 13-29, 19980401
  19. Behavior of plastid and plastid DNA during spermiogenesis in Dumortiera hirsuta, Bryological Research, 7巻, 7号, pp. 201-204, 19990501
  20. 乗鞍岳におけるガッサンクロゴケとナンジャモンジャゴケの生育状況, Bryological Research, 9巻, 8号, pp. 268-269, 20080301
  21. テクノビット樹脂を用いたカンガレイ(Schoenoplectus triangulatus (Roxb.) Sojak)の胚の形態学的研究, Journal of Japanese cyperology, 13巻, pp. 51-54, 20080301
  22. 中国新疆新産の蘚類19種, Hikobia, 15巻, 1号, pp. 87-97, 20071201
  23. ウスバゼニゴケの胞子体における形態学的研究., HIKOBIA, 14巻, 4号, pp. 399-402, 20060710
  24. Transformation of poplar (Populus alba) plastids and expression of foreign proteins in tree chloroplasts., Transgenic Research, 15巻, 5号, pp. 637-646, 20061001
  25. A strategy for desert afforestation using plastid transformation technique for CO2 sequestration., Journal of Arid Land Studies, 15巻, 5号, pp. 505-506, 20060401
  26. Morphological and molecular analyses to solve a taxonomical controversy of Leucobryum juniperoideum (Brid.) Mull.Hal. and L humillimum Cardot (Leucobryaceae, Musci) in Japan., HIKOBIA, 14巻, 4号, pp. 387-398, 20060910
  27. Systematic position of the enigmatic liverwort Mizutania (Mizutaniaceae, Marchantiophyta) inferred from molecular phylogenetic analyses, TAXON, 59巻, 2号, pp. 448-458, 20100401
  28. gamma-tubulin in basal land plants: Characterization, localization, and implication in the evolution of acentriolar microtubule organizing centers, PLANT CELL, 16巻, 1号, pp. 45-59, 200401
  29. Systematic position of the enigmatic liverwort Mizutania (Mizutaniaceae, Marchantiophyta) inferred from molecular phylogenetic analyses, TAXON, 59巻, 2号, pp. 448-458, 201004
  30. Evolution of apolar sporocytes in marchantialean liverworts: implications from molecular phylogeny., Journal of plant research, 125巻, 2号, pp. 197-206, 2012
  31. Essential Role of the E3 Ubiquitin Ligase NOPPERABO1 in Schizogenous Intercellular Space Formation in the Liverwort Marchantia polymorpha, PLANT CELL, 25巻, 10号, pp. 4075-4084, 201310
  32. Spores of relictual bryophytes: Diverse adaptations to life on land, REVIEW OF PALAEOBOTANY AND PALYNOLOGY, 216巻, pp. 1-17, 201505
  33. ゼニゴケ雌器托の貫生花様の奇形, Hikobia, 16巻, 16号, pp. 499-500, 2014
  34. 蛇紋岩地で発見された日本新産のHeteroscyphus inflatus (Steph.) S.C.Srivast. & A.Srivast.について., Bryological Research, 11巻, 11号, pp. 31-36, 2014
  35. Airborne sperm of Conocephalum conicum (Conocephalaceae), JOURNAL OF PLANT RESEARCH, 121巻, 1号, pp. 69-71, 2008
  36. NOVEL MICROTUBULE BANDS THAT PREDICT MEIOTIC DIVISION SITES OF BRYOPHYTES, Plant and cell physiology, 41巻, 0号, 2000
  37. On the branch primordia structure in the basal pleurocarpous mosses (Bryophyta)., Arctoa, 21巻, pp. 221-236, 2012
  38. ダンゴゴケ属タイ類の1種が日本でも見つかる., Bryological Research, 10巻, pp. 245-249, 2012
  39. ヒメトロイブゴケの無性芽, Bryological Research, 10巻, pp. 13-14, 2010
  40. Sporophyte anatomy of Megaceros flagellaris (Dendrocerotaceae)., Hikobia, 15巻, pp. 261-269, 2009
  41. Tetraphis pellucida var. trachypoda (アリノヨツバ,新称)日本にも産す., Hikobia, 15巻, pp. 239-242, 2008
  42. ジャゴケ精子の空中散布の観察, Bryological Research, 9巻, pp. 300-301, 2008
  43. Sporophyte anatomy of Oedipodium griffithianum (Oedipodiaceae)., Bryology in the New Millennium, pp. 309-316, 2008
  44. Transient gene expression in guard cell chloroplasts of tobacco using ArF excimer laser microabration, J. Biosci. Bioeng, 164巻, pp. 194-198, 2008
  45. Transformations of the pleiomorphic plant MTOC during sporogenesis in the hepatic Marchantia polymorpha., J. Integr. Plant Biol., 49巻, 8号, pp. 1244-1252, 2007
  46. Technical note: Membrane-associated microtubule organizing centern in basal land plants., Cytologia, 70巻, pp. 1-2, 2005
  47. ★, Marchantia polymorpha: Taxonomy, Phylogeny and Morphology of a Model System, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 57巻, 2号, pp. 230-256, 201602
  48. The Naming of Names: Guidelines for Gene Nomenclature in Marchantia, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 57巻, 2号, pp. 257-261, 201602
  49. An Evolutionarily Conserved Plant RKD Factor Controls Germ Cell Differentiation, CURRENT BIOLOGY, 26巻, 13号, pp. 1775-1781, 20160711
  50. The position and geometric orientation of archegonia through the development of archegoniophore of Marchantia polymorpha (Marchantiaceae, Marchantiophyta)., HIKOBIA, 17巻, 3号, pp. 131-136, 20161218
  51. A re-evaluation of Encalypta vulgaris Hedw. (Encalyptaceae, Bryophyta) in Japan., HIKOBIA, 17巻, 3号, pp. 113-116, 20161228
  52. Unequal growth of gemmaling in Marchantia paleacea subsp. diptera (Marchantiophyta, Marchantiaceae)., HIKOBIA, 17巻, 3号, pp. 181-191, 20171228
  53. Transcription factor DUO1 generated by neo-functionalization is associated with evolution of sperm differentiation in plants, Nature Communications, 9巻, pp. 5283, 20181211
  54. 陸上植物の中心体と鞭毛., 植物科学最前線, 9巻, pp. 178-196, 2018
  55. Andreaea rupestris Hedw. var. rupestris(タカネクロゴケ,新称)日本に産す, HIKOBIA, 17巻, 4号, pp. 325-327, 20181228
  56. A cis-acting bidirectional transcription switch controls sexual dimorphism in the liverwort., The EMBO journal, 38巻, pp. e100240, 20190104
  57. An early arising role of the microRNA156/529-SPL module in reproductive development revealed by the liverwort Marchantia polymorpha, Current Biology, 29巻, pp. 1-8, 20191007
  58. Dual colonization of Mucoromycotina and Glomeromycotina fungi in the basal liverwort, Haplomitrium mnioides (Haplomitriopsida), JOURNAL OF PLANT RESEARCH, 132巻, 6号, pp. 777-788, 201911
  59. The gemma of Marchantia pinnata (Marchantiaceae, Marchantiophyta)., Bryological Research, 12巻, pp. 1-5, 2019
  60. A note on morphology of the heterogamous capitula rarely found in male inflorescences of Petasites japonicus (Siebold et Zucc.) Maxim. (Asteraceae). Hikobia 18: 1–6., HIKOBIA, 18巻, 1号, pp. 1-6, 2019
  61. ヤチゼニゴケ(ゼニゴケ科,タイ類)の新産地., HIKOBIA, 18巻, 1号, pp. 61-63, 2019
  62. ツヤゼニゴケとフタバネゼニゴケの識別点および日本における分布, HIKOBIA, 18巻, 1号, pp. 65-69, 2019
  63. A conserved regulatory mechanism mediates the convergent evolution of plant shoot lateral organs, PLOS BIOLOGY, 17巻, 12号, 20191209
  64. Anthoceros genomes illuminate the origin of land plants and the unique biology of hornworts., Nature Plants, 6巻, 3号, pp. 259-272, 202003
  65. Positional cues regulate dorsal organ formation in the liverwort Marchantia polymorpha., Journal of Plant Research, 133巻, pp. 311-312, 20200323
  66. Morphology of gemmae, an overlooked taxonomic trait in the genus Marchantia L. (Marchantiaceae ), BRYOLOGIST, 123巻, 4号, pp. 601-610, 2020
  67. The hornworts: morphology, evolution and development, The New phytologist, 229巻, 229号, pp. 735-754
  68. 福島県尾瀬におけるヤチゼニゴケの新産地, 蘚苔類研究, 12巻, 3号, pp. 73-75
  69. フキにおける冠毛のない小花からなる雄頭花の発見, HIKOBIA, 18巻, 2号, pp. 109-114
  70. 日本産ナガサキツノゴケ(Anthoceros punctatus L.)の学名, HIKOBIA, 18巻, 2号, pp. 115-117
  71. 日本国内で初めて見つかったヤチゼニゴケ(ゼニゴケ科,タイ類)の雄株, HIKOBIA, 18巻, 2号, pp. 105-109, 2020
  72. Marchantia papillata Raddi subsp. grossibarba (Steph.) Bischl. (Marchantiaceae, Marchantiophyta) new to Japan, HIKOBIA, 18巻, 2号, pp. 93-96
  73. Rotation angle of stem cell division plane controls spiral phyllotaxis in mosses, JOURNAL OF PLANT RESEARCH, 134巻, 3号, pp. 457-473, 202105
  74. Generation of no-yellow-pigment Xenopus tropicalis by slc2a7 gene knockout, DEVELOPMENTAL DYNAMICS, 250巻, 10号, pp. 1420-1431, 202110
  75. The complete chloroplast genome of Petasites japonicus (Siebold & Zucc.) Maxim. (Asteraceae), MITOCHONDRIAL DNA PART B-RESOURCES, 6巻, 12号, pp. 3503-3505, 20211202
  76. The complete plastid genome sequence of the enigmatic moss, Takakia lepidozioides (Takakiopsida, Bryophyta): evolutionary perspectives on the largest collection of genes in mosses and the intensive RNA editing, PLANT MOLECULAR BIOLOGY, 107巻, 4-5号, pp. 431-449, 202111

著書等出版物

  1. 2000年, Diversity of meiotic apparatus in hepatics, [嶋村正樹], 嶋村正樹 [著];嶋村, 正樹
  2. 2012年, 新しい植物分類学II, コケ植物, 講談社, 2012年, 単行本(学術書), 共著
  3. 2015年10月, Plant Microtechniques and Protocols, Whole Mount Immunofluorescence Staining of Plant Cells and Tissues., Springer, 2015年, 10, 単行本(学術書), 共著, English

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. コケ植物におけるストリゴラクトン生合成, 依田彬義,謝肖男, 島崎翔太, 児玉恭一, 米山香織, 秋山康紀, 嶋村正樹, 経塚淳子, 野村崇人, 日本農芸化学会 2021 年度大会, 2021年03月19日, 通常, 日本語
  2. Evaluation of Genetic Effects Induced by Radiation Exposure for Wild Bryophytes, Yuya Inoue, Emiko Oguri, Hironori Deguchi, Masaki Shimamura, 福島大学環境放射線研究所第7回成果報告会, 2021年03月18日, 通常, 英語, 福島大学環境放射線研究所, オンライン
  3. フタバネゼニゴケにおける青色光受容機構の解析, 小塚俊明・月山皓太・花田俊樹・御倉彪生・草場 信・嶋村正樹, 日本植物学会第84回大会, 2020年09月21日, 通常, 日本語
  4. ツノゴケにおける雌雄の生殖器官形成過程の類似性., 中村 亮・小林淳平・嶋村正樹・小藤累美子, 日本植物学会第84回大会, 2020年09月21日, 通常, 日本語
  5. 苔類ゼニゴケの無性芽発生における幹細胞系譜, 鈴木秀政・Jill Harrison・嶋村正樹・河内孝之・西浜竜一, 日本植物学会第84回大会, 2020年09月21日, 通常, 日本語
  6. ツノゴケの特異性をもたらした遺伝子基盤, 榊原恵子・嶋村正樹・西山智明, 日本植物学会第84回大会, 2020年09月19日, 通常, 日本語
  7. ツノゴケゲノムの特徴, 西山智明・嶋村正樹・榊原恵子, 日本植物学会第84回大会, 2020年09月19日, 通常, 日本語, 日本植物学会
  8. ツノゴケの細胞生物学, 嶋村正樹, 日本植物学会第84回大会, 2020年09月19日, 通常, 日本語, 日本植物学会, オンライン開催
  9. 長野県におけるヤチゼニゴケの発見., 吉富政宜・水野貴章・鄭 天雄・嶋村正樹., 日本蘚苔類学会第49回オンライン高知大会, 2020年09月05日, 通常, 日本語, 日本蘚苔類学会, 高知市
  10. Taxonomic re-evaluation of Marchanita emarginata subsp. tosana and related taxa in Japan, 鄭天雄・嶋村正樹, 日本蘚苔類学会第49回オンライン高知大会, 2020年09月05日, 通常, 英語, 日本蘚苔類学会, 高知市
  11. コケ植物の規則的葉序を作り出すための頂端細胞分裂面の規則的旋回, 嶋村正樹, 日本蘚苔類学会第49回オンライン高知大会, 2020年09月05日, 通常, 日本語, 日本蘚苔類学会, 高知市

受賞

  1. 2004年, 日本植物学会若手奨励賞, 日本植物学会
  2. 2004年, 日本植物形態学会平瀬賞, 日本植物形態学会
  3. 2004年, 日本植物形態学会奨励賞, 日本植物形態学会
  4. 2005年, 日本蘚苔類学会奨励賞, 日本蘚苔類学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型), 規則的葉序を作り出すための頂端細胞の分裂面の規則的旋回機構の研究 公募研究, 2020年04月01日, 2022年03月31日
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), コマチゴケとナンジャモンジャゴケのゲノム情報を基盤とした総合的研究, 2014年, 2017年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), コケ植物主要分類群の系統関係を明らかにするための葉緑体ゲノム系統学の展開, 2011年, 2013年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 蘚苔類の大綱分類体系に関与する伝統的形質の再検討と新分類体系構築への総合的研究, 2007年, 2010年
  5. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), 陸上植物進化を基軸とした発生ロジックの解明, 2013年, 2017年