吉田 徹巳TETSUMI YOSIDA

Last Updated :2022/06/30

所属・職名
病院(医) 助教
メールアドレス
yoshidathiroshima-u.ac.jp

基本情報

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 血液内科学

研究キーワード

  • リンパ系腫瘍
  • 造血器腫瘍
  • 造血幹細胞
  • 移植療法

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学II
  2. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  3. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  4. 2022年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学II
  5. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  6. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Monthly administration of rituximab is useful for patients with ocular adnexal mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma., Blood Cancer J, 4巻, pp. e245-e245
  2. ★, All-trans retinoic acid and interferon-α increase CD38 expression on adult T-cell leukemia cells and sensitize them to T cells bearing anti-CD38 chimeric antigen receptors., Blood Cancer J, 6巻, 5号, pp. e421-e421
  3. All-trans retinoic acid enhances cytotoxic effect of T cells with an anti-CD38 chimeric antigen receptor in acute myeloid leukemia., Clin Transl Immunology, 5巻, 12号, pp. e116-e116
  4. ★, T cells bearing anti-CD19 and/or anti-CD38 chimeric antigen receptors effectively abrogate primary double-hit lymphoma cells., J Hematol Oncol, 10巻, 1号, pp. 116-116
  5. ★, Mantle cell lymphoma superimposed on multicentric Castleman's disease., J Clin Exp Hematop, 51巻, 2号, pp. 147-150
  6. ★, Lung involvement at initial presentation in blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm lacking cutaneous lesion., Ann Hematol, 92巻, 2号, pp. 269-270
  7. ★, Splenectomy followed by administration of rituximab is useful to treat a patient with hairy cell leukemia-variant., Ann Hematol, 92巻, 5号, pp. 711-713
  8. ★, Concurrent administration of darbepoetin alfa, cyclosporine A, and prednisolone is useful for T cell large granular lymphocyte leukemia associated with myelodysplastic syndrome complicated by Coombs-negative hemolytic anemia., Ann Hematol, 93巻, 11号, pp. 1937-1939
  9. ★, Successful treatment with low-dose dasatinib in a patient with chronic eosinophilic leukemia intolerant to imatinib., 臨床血液, 52巻, 7号, pp. 546-550
  10. ★, Successful treatment with bortezomib for a patient with plasma cell leukemia accompanied by severe hyperbilirubinemia., 臨床血液, 53巻, 1号, pp. 92-96

著書等出版物

  1. 2019年, Human Monoclonal Antibodies Methods and Protocols Second Edition, 13 Basic Procedures for Detection and Cytotoxicity of Chimeric Antigen Receptors, Humana Press, 2019年, 単行本(学術書), 共著, 英語, Mihara K, Yoshida T, Joyeeta Bhattacharyya, etc, 978-1-4939-8958-4, 480, 299-306

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Recovery of normal hematopoiesis by 2nd. Generation TKIs after imatinib treatment in CML-CP., Yoshida T, Tanaka H, 第73回日本血液学会学術集会, 2011年10月14日, 通常, 日本語, 日本血液学会, 名古屋市
  2. 骨髄異形成症候群に関連したT細胞性大顆粒リンパ球性白血病の一例., 吉田 徹巳, 三原 圭一朗, 瀧原 義宏, 麻奥 英毅, 一戸 辰夫, 第52回日本血液学会中国四国地方会, 2013年03月23日, 通常, 日本語, 日本血液学会中国四国地方会, 松江市
  3. Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma Cells Were Eliminated By T Cells With Anti-CD38 Chimeric Antigen Receptor Through CD38 Expression Induced By All-Trans Retinoic Acid., Yoshida T, Mihara K, Kitanaka A, Shimada K, Morishita K, Takihara Y, Ichinohe T, The 55th Annual Meeting of American Society of Hematology, 2013年12月07日, 通常, 英語, American Society of Hematology, New Orleans, LA, USA.
  4. Establishment and genetic analysis of bone marrow mesenchymal cell clones supporting proliferation of CD34+ umbilical cord blood cells., Yoshida T, Mihara K, Mino T, Campana D, Takihara Y, Ichinohe T, The 12th Stem Cell Research Symposium, 2014年05月30日, 通常, 英語, Fukuoka
  5. 寛解後CNS再発を来たした腸症型T細胞リンパ腫の1例., 吉田 徹巳, 三原 圭一朗, 美濃 達治, 勝谷 慎也, 一戸 辰夫, 第54回日本リンパ網内系学会総会, 2014年06月19日, 通常, 日本語, 山形市
  6. リツキシマブ単独投与が著効を示したIgM-monoclonal gammopathy undetermined significanceにより惹起されたIgM関連ネフローゼ症候群の一例., 吉田 徹巳, 三原 圭一朗, 一戸 辰夫, 第55回日本リンパ網内系学会総会, 2015年07月09日, 通常, 日本語, 岡山市
  7. Patterns of immunoglobulin gene rearrangement may predict prognosis of diffuse large B-cell lymphoma., Yoshida T, Mihara K, Taki T, Takihara Y, Ichinohe T, 第77回日本血液学会総会, 2015年10月16日, 通常, 日本語, 金沢市
  8. クラリスロマイシンを含む併用療法が奏効した,再発・難治性多発性骨髄腫の3症例., 吉田 徹巳, 新谷 貴洋, 第78回日本血液学会総会, 2016年10月13日, 通常, 日本語, 横浜市
  9. Patterns of rearrangement of immunoglobulin gene stratify prognosis of the patients with DLBCL., Yoshida T, Mihara K, Ohtaki M, Takihara Y, Ichinohe T, 第79回日本血液学会総会, 2017年10月20日, 通常, 日本語, 東京都
  10. Patterns Of IgH Rearrangement Can Predicts Prognosis of Diffuse Large B-cell Lymphoma in Association with CDC25A Overexpression., Yoshida T, Mihara K, Ohtaki M, Shiroma N, Arihiro K, Sasaki N, Ichinohe T, ASH Meeting on Lymphoma Bioligy, 2018年08月02日, 通常, 英語, Chantilly VA, USA
  11. 悪性貧血と自己免疫性輸血性貧血を合併した1例., 坂本葵, 名越久朗, 藤野啓太, 枝廣太郎, 土石川佳世, 吉田徹巳, 川瀬孝和, 三原圭一朗, 福島伯泰, 一戸辰夫, 日本内科学会中国支部主催 第121回日本内科学会中国地方会, 2019年10月05日, 通常, 日本語, 日本内科学会中国支部主催, 岡山県岡山市
  12. Modified ProMACE-MOPPが奏効したHD-MTX及び全脳照射抵抗性の中枢神経系原発high-grade B-cell lymphoma., 藤野啓太, 名越久朗, 枝廣太郎, 土石川佳世, 美濃達治, 吉田徹巳, 杉原清香, 川瀬 孝和, 三原圭一朗, 福島伯泰, 一戸辰夫, 第81回日本血液学会学術集会, 2019年10月11日, 通常, 日本語, 日本血液学会, 東京都
  13. 移植後早期に診断された、レシピエント由来、MLLT10-PICALM陽性急性単芽急性白血病., 枝廣太郎, 藤野啓太, 土石川佳世, 吉田徹巳, 名越久朗, 川瀬孝和, 三原圭一朗, 福島伯泰, 一戸辰夫, 第81回日本血液学会学術集会, 2019年10月13日, 通常, 日本語, 日本血液学会, 東京都
  14. Longitudinal analysis of B cell repertoire after allogeneic HCT by comprehensive immunosequencing., Ichinohe T, Kawase T, Fujino K, Edahiro T, Toishigawa K, Mino T, Yoshida T, Nagoshi H, Fukushima N, Nakamura Y, Kitaura K, Shin-I T, Suzuki R, Homan JE, Bremel RD, 第42回日本造血細胞移植学会総会, 2020年03月06日, 通常, 日本語, 日本造血細胞移植学会, 東京都(誌面発表)
  15. 高リスク患者におけるFBMレジメンの有用性., 枝廣太郎, 川瀬孝和, 藤野啓太, 土石川佳世, 美濃達治, 吉田徹巳, 名越久朗, 三原圭一朗, 福島伯泰, 一戸辰夫, 第42回日本造血細胞移植学会総会, 2020年03月06日, 通常, 日本語, 日本造血細胞移植学会, 東京都(誌面発表)
  16. 同種造血幹細胞移植前後のギルテルチニブが奏効した再発難治FLT3変異陽性急性骨髄性白血病の一例., 名越久朗, 枝廣太郎, 藤野啓太, 土石川佳世, 美濃達治, 吉田徹巳, 川瀬孝和, 福島伯泰, 山口博樹, 一戸辰夫, 第42回日本造血細胞移植学会総会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本造血細胞移植学会, 東京都(誌面発表)
  17. Primary adrenal diffuse large B cell lymphoma with concomitant CNS involvement at initial findings., Tetsumi Yoshida, Tatsuji Mino, Taro Edahiro, Hisao Nagoshi, Takakazu Kawase, Masatoshi Nishizawa, Noriyasu Fukushima, Tatsuo Ichinohe, 第82回日本血液学会学術集会, 2020年10月10日, 通常, 英語, 日本血液学会, 京都市(Web開催)
  18. 骨髄線維化を伴う骨髄系腫瘍に対する臍帯血移植., 吉田徹巳, 枝廣太郎, 樗木錬, 美濃達治, 川瀬孝和, 藤井輝久, 名越久朗, 西澤正俊,福島伯泰, 一戸辰夫, 第43回日本造血細胞移植学会総会, 2021年03月12日, 通常, 日本語, 日本造血細胞移植学会, 東京都(ハイブリッド開催)

受賞

  1. 2018年08月02日, 米国血液学会リンパ腫生物学賞, ASH Meeting on Lymphoma Bioligy